2019.03.14

190314 車の自動運転を認可

190314_jidounten1190314_jidounten2 自動車の自動運転を認める法律改正案が、閣議決定されたそうです。
 自動運転を認めるレベルには第1段階から第5段階まであり、今回の閣議決定では第3レベルまでOKだそうです。
 車の暴走とか、エンジントラブルとかによって、起きた交通事故に対して、今後は加害者が人間なのか、機械なのかを選別する必要がありますが、機械が加害者の場合は車のメーカーや整備工場などに責任追及されることになるのでしょうか。
 ドライブレコーダーを積載していないと自動運転は認可されないのでしょうが、今でもながらスマホやながら運転による事故が多発していますから、頭のよい真面目なオートパイロットカーの方がかえって信頼できるかも知れません。

【日経記事】
道交法は運転中のスマートフォン操作やカーナビゲーションの画面注視を禁じている。改正案はこの規定を自動運転には適用しないことが柱だ。緊急時に手動運転に代われることを前提に、スマホ操作などの「ながら運転」を容認する。

+--------------------------------------------------------------------------------------------------------
| 自動運転レベル3対応の法律改正案が閣議決定される、スマホを使用しながらの運転がOKに
| 微妙な線引き 部門より
| hylom による 2019年03月12日 17:15 の掲載 (交通)
| 現在のコメント数: 32
| https://srad.jp/story/19/03/12/0616205/?utm_source=newsletter&utm_medium=email
+--------------------------------------------------------------------------------------------------------

maia曰く、
自動運転レベル3の公道走行を可能にする道路交通法の改正案と道路運送車両法の改正案が閣議決定された(日経新聞)。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42181520X00C19A3MM0000/

緊急時に手動運転に代われることを前提に、車載テレビ視聴や、スマホの閲覧、メール送受信といった操作を容認する。
ということは、ステアリングホイールから手を離してよく、前方注視の必要もないということか?

弁当を食べたり、PC仕事はグレーゾーンというから、何やら微妙だ。
睡眠や飲酒は禁止。
飛行機のように、計器が異常を警告した時にオートパイロットから手動操縦に切り換えるイメージであろうか。
また安全に関わるアプリのアップデートは国による事前チェックが求められ、事故に備えて車両の作動状態を記録する装置も義務化される。
このストーリーへのコメント:
https://srad.jp/story/19/03/12/0616205/?utm_source=newsletter&utm_medium=email#commentlisting

Posted on 3月 14, 2019 at 01:41 午前 | | コメント (0)

2019.01.22

190122 頭蓋骨にAIチップ搭載

190122_ 鉄腕アトムは人工知能を備えたロボットですが、10万馬力のパワーや空を飛ぶパワーなどは現時点では普通の人間にその能力を持たせるのはまだまだ難しい段階です。
 しかし、鉄腕アトムが備えている人工知能は手塚治虫さんが鉄腕アトムを誕生させた1951年4月(「少年」誌上の『アトム大使』)にはまだ夢の世界でしたが、現代では夢ではなくなりつつあります。

 原作の想定ではアトムの誕生日は2003年4月7日となっているようで、すでに15年以上も過去の話です。
 手塚治虫さんの想像(願望?)に反して、まだ鉄腕アトム並みのパワーを持ったロボットは実現できていませんが、人工知能だけなら、すでにそれに近い能力と頭蓋骨に収まるほど小型化する技術が着々と実現されつつあるようです。

 あと5年以内に実現する自動車の自動運転も形の異なる人工知能ですが、今日の「スラド」を見ると、人の頭蓋骨に埋め込むAIチップを実際に作って、実現しようとしている科学者がいるそうです。
 恐らくこの写真にあるような指より細いチップをカテーテルで送り込んで実現するのでしょうから、埋め込まれた方も違和感なく、百科事典以上の知識が無尽蔵に思い浮かぶようになるのでしょうね。

 人の頭脳には記憶中枢がありますが、当然ながら個人差があり、記憶力の優劣が入試のように頭の善し悪しの尺度になるケースもしばしばあります。
 頭脳の優劣を測る尺度には記憶力以外に思考能力もあると思いますが、AIチップが実現すると頭脳の優劣は思考能力だけで決まることになるでしょう。

 でも、記憶能力を無限に上げるのには賛否両論があるでしょうが、デジタル画像のように見たもののイメージをすべて残せるようになったら、今ならデジカメで取り損なうような決定的な瞬間も、すべてプレーバックできるので、これだけでも早く実現して欲しいです。
 今、思い出しましたが、ゴルゴ13の狙撃現場を記録に残すため、自分の眼球を映写機に入れ替えた、マッドサイエンティストがいましたが、ゴルゴに見破られて殺されてしまいました。

+----------------------------------------------------------------------------------------
| イーロン・マスク氏曰く、頭蓋骨にAIチップを搭載した強化人間こそが人類を救う イーロン・マスク氏曰く、頭蓋骨にAIチップを搭載した強化人間こそが人類を救う
| マッドサイエンティストだ 部門より
| hylom による 2019年01月21日 14:24 の掲載 (医療)
| 現在のコメント数: 49
| https://science.srad.jp/story/19/01/21/0446214/?utm_source=newsletter&utm_medium=email
+----------------------------------------------------------------------------------------

あるAnonymous Coward曰く、イーロン・マスク氏は、人間の頭蓋骨に人工知能を備えたチップを埋め込むことこそが、人類を救う手段だと考えているようだ。身体に人工知能チップを埋め込むことで、人間は進化に必要な「デジタル知性」を獲得し、現在の生物における知性の限界を超えられるとしている。むしろ、こうした抜本的な措置を講じなければ、人類に未来はないというのがイーロン・マスク氏の主張であるようだ。そして、彼の持つ企業の一つ「Neuralink」はその目的のために作られた企業であると認めたという。

Neuralinkは、神経と接続可能なミクロレベル電極を開発し、認知症や麻痺のような病気を直す「医療研究」を目的とした企業だとされてきた。しかし、病気治療するために脳に電極を埋め込むことと、人間の知能を拡張するために人工知能チップを埋め込むことでは、大きなギャップがある。

このチップを埋め込まれた強化人間が実現すれば、どんな質問にでも答えることができ、記録された映像や写真を完璧に思い出せる。イーロン・マスク氏は、これが実現すれば「超人的な認識力を持つ人間が誕生するでしょう」とコメントしている(iTMunch、Slashdot)。

このストーリーへのコメント:
https://science.srad.jp/story/19/01/21/0446214/?utm_source=newsletter&utm_medium=email#commentlisting

Posted on 1月 22, 2019 at 12:07 午後 | | コメント (0)

2018.11.24

181124 万博会場が大阪に決定

181124 万博会場が大阪に決定181124 万博会場が大阪に決定 昨夜パリで行われた投票で大阪が2025年の万博会場に決定したそうです。
 おめでとうございます。
 48年前(1970年)の大阪万博はきよもりが入社4年目で大阪から東京へ転勤した年でした。
 一度だけ万博を見に行って、その数日後には東京に向かいました。

Posted on 11月 24, 2018 at 04:10 午前 | | コメント (0)

2018.11.22

181122 ディスプレイ買い換えと音声認識のテキストエディタ

今日は夕方になって、JNKさんのパソコンの画面が突然変な音がして、真っ暗になってしまいました。
電源スイッチを押してもランプが点滅するだけで、画面は暗いままです。
説明書を見ると修理方法は書いてなくて、メーカーに連絡するように書かれているだけです。
このディスプレイはシャープのテレビパソコンの画面ですから、購入した10年前には12万円もしました。
当時としても普通のディスプレイなら5、6万円でしたから、かなり高かったけれど、さすがにaquosの液晶画面は明るくて見やすく10年経ってもほとんど変わりませんでした。
突然壊れたので、修理に出すかどうか考えました。
当然廃番になっているので、買い換えるなら同じシャープの液晶が良いと考えて、現在の機種を探すと、ほぼ同じ仕様で価格はなんと3万円から4万円までで手に入ることがわかりました。
今の機種を修理に出しても最低2万から3万円かかりますから、新しく買い換えるのは正解だと思いました。
結果的には最新機種で43000円程度で買えることがわかりました。
しかし、パソコンのディスプレイは「パソコンリサイクル法」によってメーカーに引き取ってもらう必要があるので、新しいディスプレイを買う時に同時に引き取ってもらう必要があります。
その費用が運送費込みで3500円位かかりますから、合計では46000円位になります。
明日ヨドバシへ行って新しいディスプレイを買う予定です。
急な出費で大変ですが、パソコンなしではどうにもなりませんからやむを得ません。

Screenshot_20181122_003252Screenshot_20181122_002435 上の文章はスマホの音声認識機能を使った「Edivoice(エディボイス)」という無料アプリのテキストエディタで、スマホに向かって15分ほどしゃべって、作成した文書です。
 このソフトの特徴は、日本語の文章をしゃべって認識するのはGoogle音声の機能に依存しますが、丸や点などの句読点、改行、括弧などはマルとかテンとかしゃべるのではなく、句読点や括弧類、改行、スペースはスマホ画面に表示されてキーを叩くという、至極単純でありながら、使い勝手の好い操作方法をとっていることです。

 パソコンのキーボードで入力する早さにはとても及びませんが、少なくともきよもりがスマホの画面をタッチキーで文字をモタモタ打つよりははるか早いです。
 650文字で15分程度だったと思いますから、1分43文字の入力速度です。
 
 昨日予言した5年以内にタッチパネルでの文字入力はなくなると言ったことは、もうすでに移行しつつあると実感できました。
 気になるのは英数字の入力は音声だと面倒になりそうな点だけです。
 AQUOSはaquosになってしまいましたが、小文字から大文字へ変換する方法は判りませんでしたが、あとで調べたら英文字同士なら変換ボタンが出てきます。

【蛇足】
 音声入力の文書の内容は書いてある通りで、今日午前中にヨドバシへ行って新しいディスプレイを買うつもりです。

Posted on 11月 22, 2018 at 01:07 午前 | | コメント (0)

2018.07.11

180711 合わせ鏡

180710dsc_1515 スマホとパソコンを繋いで、スマホの画面をパソコンにも同時に表示したり、パソコンのキーボードやマウスで、スマホを操作できるソフトを見つけました。
 VysorというGoogleChromeアプリです。
 「Androidスマホをパソコンで手軽に操作できるChromeアプリVysor」
 https://tonari-it.com/vysor-android-app-remote-mirrorring/

 早速、ノートパソコンにインストールして環境を作り、パソコンとスマホを繋ぐと、意外にあっさりとパソコンにスマホの画面がリアルでキャプチャーできるようになりました。
 スマホのカメラでパソコンに表示されたスマホを撮影したら、合わせ鏡になりました。
 何となく神秘的です。


Posted on 7月 11, 2018 at 10:23 午後 | | コメント (0)

2018.06.15

180615 「うを勢」のアボガド寿司

180615dsc_1289180614dsc_1297 昨日はJNKさんが振休なので、昼ご飯を一緒に食べました。
 お馴染みの「うを勢」ですが、最近、JNKさんはアボガドのにぎりがお気に入りで、今日も四貫も頼んでいました。
 きよもりは数で勝負だから、巻物入りの定食十二貫です。

 寿司屋を出てから元町まで歩き、元町商店街で昨日調べておいた神戸タータンを扱っている店を片っ端から見て回りましたが、置いている点数が少なく、種類も1、2点しか無いので期待外れでした。
 神戸市の本気度が疑われます。

Posted on 6月 15, 2018 at 11:41 午後 | | コメント (0)

2018.06.14

180614 神戸タータン

180614 神戸タータン180614 神戸タータン 神戸はファッションの町なので、最近、神戸タータンにこだわっています。
 でも、扱っている店が少なく、今日も三宮から元町を探しまわり、最後は住吉まで寄り道して探しました。
 結局、買ったのはセカンドポーチ一つだけですが、以前ロフトで買ったキャップとチーフとで三点なりました。
 次はボタンダウンのシャツが欲しいけど、オーダーメイドになるので来年までお預けです。

Posted on 6月 14, 2018 at 03:54 午後 | | コメント (0)

2018.04.05

180405 ひこにゃんのナンバープレートが登場

180405_hikonyan_noplate_01180405_hikonyan_noplate_02180405_hikonyan_noplate_03180405_hikonyan_noplate_04

 ひこにゃんのナンバープレートが登場するそうです。
 数種類のデザインから人気投票して決まるそうですが、画面で見る限り、どれも甲乙付けがたいので、実際に登場するのが楽しみです。
 ひこにゃんには全国にファンがたくさんいますので、新車登録を彦根で申請するファンが出るかも知れません。
 湘南ナンバーや横浜ナンバーなどの地域名のナンバー以外にナンバープレートに図柄を入れて各エリアをアピールする自治体は意外に多いようです。

 図柄入りご当地ナンバープレート
 それぞれ地域色を表したデザインですが、ゆるキャラを採用した例はあまりないようですから、ブレイクするかも知れませんね。

Posted on 4月 5, 2018 at 05:14 午後 | | コメント (0)

2017.10.07

171007 土屋太鳳とASICS

171006_asics_taotutiya3 映画「トリガール!」で溌剌とした笑顔と抜群の運動神経を遺憾なく発揮した土屋太鳳さんが、ASICSとアンバサダー(ブランド大使)契約をしたそうです。
 「トリガール!」をご覧になっていない方でも、NHK朝ドラ「花子とアン」(2014)で主人公の妹役で苦労の末に幸せを掴む可愛い少女、といえば思い出していただけるでしょう。
 絵のモデルになるシーンと描かれた絵が印象的でしたね。
 そして、続いて朝ドラ「まれ」(2015)では主人公を演じてパティシエを目指す役柄に抜擢され日本中に顔を知られるようになりました。

 ASICSでは早速、彼女を起用したプロモーションビデオが公開されています。
 1分30秒余の長めの動画ですが、まだまだ続きがあるらしく謎に包まれた導入部だけなので、彼女の特長は生かし切れていなくて少し残念ですが、次作以降に期待します。
 アシックスブランドのアンバサダーとして、女優の土屋太鳳(つちや たお)さんを起用。
 女優・土屋太鳳の「I MOVE ME」 私がカラダを動かし続ける理由

Posted on 10月 7, 2017 at 01:09 午前 | | コメント (0)

2017.08.03

170803 ヤマト運輸、Amazon.co.jpに対し1.7倍の値上げ要請

170803_yamato_amazon ネットで商品を探して通販で購入するパターンが定着しています。
 通販サイトはたくさんありますが、Amazonは年間3,900円の会費を払うプレミアム会員に対しては、ほとんどの商品の配送料が無料になります。
 ですからYahooや楽天では購入しないでAmazonで探します。
 でも、通販で購入する商品はあまり高価な物は少なく、一点数百円からせいぜい数千円の物がほとんど。
 商品はほとんど当日か翌日には到着しますから、わざわざ交通費をかけて三宮や梅田まで買いに行くことが無くなりました。
 多いときにはほぼ毎日何らかの荷物が配達されますが、この運送費はAmazonが全部負担していることになりますが、以前からヤマト運輸に対して一個いくらで払っているのか気になっていました。
 少し古い記事ですが、スラドの書き込みに
 「ヤマト運輸、Amazon.co.jpに対し1.7倍の値上げと総量抑制を要請」という書き込みがあったので、読んでみると現在は平均単価は270~280円とのことで、一般運送費の6割引だそうです。

 ヤマト運輸の値上げ要請を承諾してAmazonの負担が増えると、早晩プレミアム会費が値上げになるか、一律数百円の値上げになると思いますので、成り行きに注目です。
 年会費が70%アップなら6,000円~7,000円、この程度ならプレミアム会員継続が得策です。

【スラドの記事】
ヤマト運輸、Amazon.co.jpに対し1.7倍の値上げと総量抑制を要請
ストーリー by hylom 2017年07月25日 15時45分個人的には消費者が一定の負担をしても良いと思う 部門より
maia 曰く、7月25日付けのダイアモンドの記事によると、ヤマト運輸がAmazon.co.jpに対し大幅な値上げを要求しているという。
Amazonの荷物は年間3億個で、その内2億2000万~3000万個はヤマト運輸、残りは日本郵便。ヤマトが受けているAmazonの平均単価は270~280円。これは標準的な運賃の約6割引に相当するらしいが、Amazonがある程度仕分けして持ち込んでいる故。実際には無理があったという。
ヤマトは本年10月1日からの基本料金の値上げを発表しているが、Amazonに対しても470円への値上げと、総量を4000万~5000万個減らす事を要求しているという。なお契約更新は9月。ちなみにヤマトの宅急便総数は年間18億個以上のようだ。

【ダイヤモンドの記事】 2017.7.25
ヤマトがアマゾンに1.7倍の運賃値上げと総量抑制を要請、ヤマ場は9月 須賀彩子:ダイヤモンドZAi編集部
 労働現場がパンクしたヤマト運輸と、その引き金になったアマゾンとの交渉が大詰めを迎えている。関係者によると、ヤマトがアマゾンに対して、現状の1.7倍への値上げを要請しているという。
 ヤマト運輸は、10月には運賃の値上げと総量コントロールする方針を打ち出している。大口の法人客にも値上げを要請しており、アマゾンとて例外ではない。
 ネット通販の王者であるアマゾン・ジャパンの宅配便数は、年間3億個にものぼる。このうち4分の3にあたる2億2000万~3000万個をヤマト運輸が、残りを日本郵便が運んでいる。
 関係者によると、ヤマトが受けているアマゾンの荷物の平均単価は270~280円。これは2013年に佐川急便が利益が出ないとしてアマゾンの仕事から撤退したときの価格に等しい。「タリフ」と呼ばれる運賃表の4割という水準だ。
 にもかかわらず、その価格で受けてきたのは、「アマゾン・ジャパンが物流機能の一部を負担していたから」(ヤマト関係者)だという。アマゾンが配送先のエリア別に仕分けして、基幹センターに持ち込んでいるというのだ。それとて、サービス残業に支えられてこそ見合う価格だったわけで、問題が表面化したことで、この単価では採算が合わなくなった。
 関係者によると、ヤマトはアマゾンに対して、現状単価の270~280円から470円への値上げを要請している。「アマゾンは、短期的にはヤマトの要求を飲まざるを得ないだろう」と言う。直近でもアマゾンは7月10日から年に1度の大セール「Amazonプライムデー」を実施したばかり。荷量が通常期よりも多くなるため、物流現場にかなりの負荷がかかるが、これも「ヤマトに協力をお願いして、なんとか乗り切れた」という。
 さらに、アマゾンを悩ませているのは、ヤマトが値上げのみならず総量コントロールの対象にしていること。アマゾンに対して、現状受けている2億2000万~3000万個の宅配便のうち、4000万~5000万個は受けられないと伝えているという。
 なお、こうした数字について、ヤマト運輸、アマゾン・ジャパンともに「個別交渉の内容については答えられない」と回答している。
 目先、アマゾンの最大の課題は、ヤマトの改革に伴いあぶれる4000万~5000万個の荷物をどうするかだ。
 470円の単価に、さらなる追加料金を支払ってヤマトに委託するのか、それとも日本郵便に委託するのか。アマゾンは、自前で物流網を築くとしているが、「そんなにすぐにはできない。4~5年は要するだろう」(物流関係者)という。
 ヤマ場は、両社の契約が更新される9月。猛暑をますます熱くさせる駆け引きが続きそうだ。
(ダイヤモンドZAi編集部 須賀彩子)

Posted on 8月 3, 2017 at 01:19 午後 | | コメント (0)

2017.06.22

170622 井村屋あずきバーかき氷器

170622_imuraya_azukibar 井村屋のあずきバーは夏の定番です。
 アイスキャンデーやアイスクリームはこの季節になると数十種類もコンビニやスーパーに並びますが、家では常に井村屋のアイスバーを切らすことがありません。
 きよもりは歯が丈夫なので、固いまま歯を立ててカリカリかじりますが、JNKさんはゆっくり溶かしながら時間をかけてゆっくり食べます。
 ほどよい甘さとアズキの舌触りが格別で飽きが来ません。
 そのように愛用しているあずきバーについて、今日の日経トレンディーに「井村屋あずきバーかき氷器」が紹介されていました。
 トミカやリカちゃんなどちょっと目先の異なるおもちゃが得意なタカラトミーの発売ですから、それなりにこだわりがあって、記事を読んでみると、何となく試してみたくなります。
 でも、部品が多くて洗ったりするのが面倒そうで、買ってもすぐ飽きそうですね。

【引用】 日経トレンディー   

「あずきバー」を削ったら違うデザートになった!?
井村屋あずきバーかき氷器を実験 
2017年06月22日

タカラトミーアーツ「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」(2800円)

 タカラトミーアーツが、井村屋の「あずきバー」をかき氷にしてしまう「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」を2017年6月29日に発売する。これが発表されたとき、多くの人が「それは欲しい」「うまいところに目をつけた」と好意的な反応を示した。これは、すぐに反応するくらいに井村屋の「あずきバー」が固くてもう少しラクに食べたいと思っている人が多いということなのだろう。

 井村屋のあずきバーは、たっぷりのあずきと砂糖、コーンスターチ、塩、水あめだけを固めて凍らせてある。柔らかくなる要素がないので、カチカチになるのは当たり前だ。

 固いためになかなか食べられないことがあずきバーの特徴でもあるが、もどかしくもある。固いと感じていた人は多く、「硬度を調べたらすごく固いことが分かった」というニュースまで登場することもあったほどだ。だからこそ、その頑固なあずきバーを「削ってふわふわにして食べられる」ことは魅力になる。さらに、あの固いものを削る機器であるという技術的な興味もそそる。これまでも納豆を練るための「魯山人納豆鉢」や、スフレのようなオムレツが作れる「ふわしゅわびっくり!レッツ!オムレッツ!」、ふわふわのフローズンデザートが作れる「ツメタオイチーノ」など、数々のクッキングトイを開発してきたタカラトミーアーツへの期待もあったのだろう。

 今年の東京おもちゃショーで、タカラトミーアーツのブースには、「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」の数々の失敗作が並べられていた。これらはパッケージにも印刷されていて、ウェブサイトでも紹介され、開発が難航したことを力強く物語っている。実際にスティックタイプのアイスバーを固定して削る機器というのは、あずきバーでなくても難しそうだ。


 以下省略

Posted on 6月 22, 2017 at 01:06 午後 | | コメント (0)

2017.04.07

170407 FRIXIONボールペン

170407 FRIXIONボールペン170407 FRIXIONボールペン170407 FRIXIONボールペン 三宮センター街のナガサワで消せるボールペンと云うのを見つけたので買って来ました。
 パイロットのHPを見ると60℃以上になるとインクが透明になるので、軸の反対側に付いているラバーでこすると摩擦熱でインクの粒子が科学変化で分離して透明になるそうです。
 ものは試しで、フライパンで熱してみたら、見事に消えました。
 HPによると-10℃以下になると元に戻ることがあります、と書いてありますが、自宅の冷凍庫に入れてみたけど、家庭用の冷凍庫は-12℃程度らしいですが、元には戻りませんでした。
 あぶり出しの逆みたいで、何となく楽しいですが、公式文書には使わないのが無難です。

 水性インクだからもちろん水に濡れると文字がにじみます
 フライパンで熱すると鉛筆の文字以外は見事に消えます
 常温に戻しても消えた文字は戻りません→要注意

Dsc_3976【追記】 170410
 冷凍庫に入れても消えた文字が戻らないと書きましたが、しばらく冷凍庫に入れっぱなしにしておいたら、見事に書いた文字が戻りました。
 もちろんこの状態から、もう一度ボールペンの反対側でこすると文字が消えます。
 まさにあぶり出しです。
 インクの粒子が引っ付いたり、離れたり、原理は判っていても摩訶不思議です。

Posted on 4月 7, 2017 at 11:35 午後 | | コメント (0)

2017.04.06

170406 叡電のモノアイ

170406_eiden_newdesign 写真を見てビックリ!
 これは来年運行される叡山電鉄の新車両に採用されたデザインです。
 何とも大胆なデザインですが、シャア専用ザクのモノアイを思い出してしまいました。
 上下にライトが点くようですが、パネルもLEDになれば秋の紅葉や春の若葉などのイメージがわきそうですが、そこまでは期待できません。
 来年お目にかかるのを楽しみにします。

マイナビニュース
叡山電鉄700系の観光用車両「楕円」モチーフの「大胆で新しいデザイン」に!

叡山電鉄は30日、八瀬・比叡山方面へ観光用車両を運行すると発表し、そのイメージ画像を公開した。観光用車両は同社の700系1両をリニューアルするとのこと。イメージ画像は車体前面に楕円形をあしらい、700系がベースとは思えないほど「大胆で新しいデザイン」に。この観光用車両は2018年春から運行される。

「楕円」をモチーフとした車体デザインに関して、「『比叡山』と『鞍馬山』が発するダイナミックな『気』の循環を、2つの山頂を極とする楕円ループになぞらえました」と説明している。叡山電車の終着点にある比叡山と鞍馬山の「神秘的な雰囲気」「時空を超えたダイナミズム」のイメージを大胆に表現したという。

Posted on 4月 6, 2017 at 01:25 午後 | | コメント (0)

2016.07.30

160730 ピカチュウ ゲット~

160730 ピカチュウget160730 ピカチュウget 7月22日から日本でも公開されて、1日一度はテレビのニュースでも取り上げられ、色々話題になっている Pokemon GOですが、きよもりも話題に乗り遅れないよう、初日に早速DLしました。
 自宅周辺を歩き廻っているだけなのでなかなかレベルアップしないし、ポケモンにもあまり逢いませんが、今日やっとピカチュウを見付けてゲットしました。
 初めて見たけど、子供達が夢中になるのも納得できますね。
 可愛い~!

Img_2016073008161492_2Img_2016073008164222 ピカチュウ捕獲中の写真です。
 AR機能(背景とアニメの合成)は臨場感がありますが、ポケモンが動き回るので捕獲するにはARをオフにした方が捕まえやすいそうです。電池の消耗も少なくなります。
 ARとは、Augmented Realityの略語で、『拡張現実』と訳されるそうです。

 毎日何度かポケスポットを繋いで渡り歩いていると、ドラクエの最初の頃、主人公が村の周りをウロウロしながらスライムとか弱い敵を相手に棍棒程度の武器でやっつけながら経験値を上げているのとほとんど一緒だ、と気付きました。
 きよもりはまだレベル8です。


Posted on 7月 30, 2016 at 09:14 午前 | | コメント (0)

2016.07.27

160727 モバイルバッテリー特需

160727_mobilebattely 8月9日(火)~8月15日(月) 白峰三山と東京墓参で長期外出になるので、念のためスマホ用充電池をもう一台買おうとしたら、8月11日入荷予定で、旅行に間に合いません。

 何故 品切れかと思ったら、PokemonGOの爆発でスマホ用の充電器が猛烈な勢いで売れているそうです。
 確かに電源を入れたままGPSで送受信を繰り返すゲームですから、電池の消耗は早いです。
 7月25日、尾道往復で車中でずっと使っていたら、行き4時間の途中で電池残量が40%まで落ちましたから、すぐに充電器に接続して使うようにしました。
 ゲームに嵌まると10,000mAh程度のモバイルバッテリーは必需品ですね。
 Ankerのバッテリーは大容量でも3,000円程度ですから売れ筋№1です。
 モバイルバッテリー の 売れ筋ランキング


Posted on 7月 27, 2016 at 03:30 午後 | | コメント (0)

2015.12.20

151220 スターウォーズ

151220 スターウォーズ 期待通りと云うか、期待はずれと云うか?
 スケールの大きなスペースオペラ
 設定はなぜか第一作(エピソードⅣ)にそっくりです。
 でもやっぱりかっこいいですね。

 今回最大の売りは、ヒロインに抜擢されたデイジー・リドリーでしょう。
 まだ新人だそうですが、23歳の新人女優が他のベテラン俳優が霞むほど見事なアクションを見せてくれます。

Posted on 12月 20, 2015 at 10:10 午後 | | コメント (0)

2015.06.28

150628 Google ClimbingView/Yosemite El Capitan

150628_googleclimingview1 昨日のスラドに:
 ”次期Mac OSの名前の由来となったカリフォルニア州ヨセミテ国立公園の岩壁「El Capitan」をGoogleがベテランのクライマーを使って撮影、ストリートビューで「登頂ドキュメント」を見ることができるようになったという
 クライマーが岩壁をよじ登っていく姿とその周辺風景を360°スクロール可能な形で閲覧できるだけでなく、解説音声(英語)や動画も公開されている。”
 という記事があったので興味半分で覗いてみました。
 スラドからのリンク
 ストリートビューのようにシームレスで画像が移動するところまでは無理だったようで、ヨセミテ国立公園の高度差950mのEl Capitanの岩壁を登頂する二人のクライマーの登頂画像が16個所のポイントで公開されています。
 ストリートビューと同じく画像は360度回転スクロールされますからかなりの迫力で、足元を見る視点だとめまいしそうです。
 El Capitan StreetView

 最近の岩登りは足元は専用シューズだから非常にグリップ性がよいようですね。
 でも、氷壁では通用しないからあくまでもスポーツクライミング用だと思います。

【写真】抜粋
150628_googleclimingview2150628_googleclimingview3

150628_googleclimingview4_2150628_googleclimingview5

Posted on 6月 28, 2015 at 03:04 午前 | | コメント (0)

2015.03.13

150313 深海の戦艦武蔵のライブ:Musashi (武蔵) Expedition

150313_musashi04_2 /.の記事
フィリピン・シブヤン海で発見された戦艦武蔵、本日AM10時よりその様子をネットで生中継
http://it.slashdot.jp/story/15/03/12/1136235/?utm_source=newsletter&utm_medium=email+
あるAnonymous Coward 曰く、Microsoft共同創業者のポール・アレン氏がフィリピンのシブヤン海で発見した戦艦「武蔵」と思われる船の様子を、13日10時よりネットで公開するという(NHK、INTERNET Watch、告知ページ)。

無人の探査機に取り付けたカメラで撮影し、その映像を生中継するという。先に公開されている映像からこの船は武蔵であることはほぼ間違いないとされているという。配信はmusashi.paulallen.comもしくはYouTubeで行われ、1時間半~2時間程度の長さになる模様。
なお、動画は生中継終了後も閲覧できるようになる模様。

https://youtu.be/qNMmqagTt90
 追記:Youtubeの動画は2:55'12"もありますが、最初の26'20"はタイトルしか表示されないので、読み飛ばすようにして下さい。

10時から始まっていて、興味深く見せていただきました。
フィリピン沖1000mの海底にライブカメラを設定して、1時間以上の生中継は迫力がありました。

このため数十億円の私財を投じたポール・アレン氏に感謝します。
2014年3月8日、マレーシア航空の行方不明機の捜索もこういう篤志家が現れて早く見つかればいいですね。
マレーシア航空370便墜落事故

150313_musashi01150313_musashi02

150313_musashi03150313_musashi04

150313_musashi05150313_musashi06

150313_musashi07150313_musashi08

150313_musashi09150313_musashi10

Posted on 3月 13, 2015 at 11:30 午前 | | コメント (0)

2013.10.25

131025 レンズカメラDSC-QX10とミルクちゃん

131025_dscqx10_milk_02131025_dscqx10_milk_03 予約殺到で発売日の入手が難しいと思っていたSONYのレンズカメラ・DSC-QX10が発売日に入手できました。
 おそらく、予想以上の人気にソニーでは急遽、増産体制を敷いて間に合わせてくれたようですね。
 台風27号の雨にもめげず、ヨドバシまで取りに行って、無事ゲットしました。

 帰宅して、ずっと前に購入してあったマイクロSD・32Gbyte とポケット三脚・MP3-D01をセットして、早速試し撮り・・・
 カメラをさりげなくフローリングの床にセットして、スマホからこれもすでにインストールしてあった「PlayMemories Mobile」を起動すると、Wi-Fi接続で無事画像が表示されました。
 床面からの写真撮影は通常はそれこそ這いつくばってモニター画面かファインダーをのぞきながら撮影しなければいけませんが、リモート撮影ならこの通り、ごく自然に猫目線で撮影できます。

131025_dscqx10_milk_01131025_dscqx10_milk_04 今度はミルクちゃんのベッドに移動してズームで撮ろうとしましたが、敵もさる者、なかなかこちらを向いてくれません。
 知らん振りしてそっぽを向いているからレンズカメラの方に目線を向けさせるのに一苦労しました。
 リモート撮影は便利だけど、レンズカメラが固定されるので、ミルクちゃんの正面にレンズカメラを設置しないと好いアングルで撮るのは難しいです。

Posted on 10月 25, 2013 at 11:57 午後 | | コメント (0)

2013.10.16

131016 電動雲台とリモコンタンク

 以前紹介したsonyのレンズカメラDAC-10QXとDSC-100QXは、大人気で10月25日発売にもかかわらず、すでに予約がいっぱいで、ひと月待ちだそうです。
 レンズカメラとスマホをWi-Fiでつなぐと、スマホのカメラアプリ(PlayMemories Mobile)で遠隔操作できますから、デジカメを構えるとプィーとそっぽを向く我が家のミルクちゃんも自然な表情が撮れると思い、ひと月待ちで10倍ズームのDSC-10QXを24,980円で予約しました。
 ヨドバシの通販なら発表間もない頃に予約できたのですが、5年延長補償は通販では効きませんから、店頭予約が始まるまで待っていたので入手が遅れて残念です。

 さて、カメラの操作がリモートでできるようになると、次はレンズカメラ自体を遠隔操作して、パン(左右)やチルト(上下)が出来れば、アングルを変えたりすることが出来て楽しそうです。
 さらに、レンズカメラ自体をリモコン戦車のようなものに乗せれば、ミルクちゃんの動きに合わせて追っかけも出来そうです。

131016_remortundai_2 そう思って、リモコンでパンやチルトが出来て、レンズカメラを搭載できるような機器がないかと、ネットで検索してみました。

 リモコンでパン・チルトが出来る機器は「電動雲台」という呼称で、立派に一カテゴリーを形成していました。
 主にプロの映画撮影やビデオ撮影用の機器として結構需要があるようです。
 ただし、三脚がセットになった商品が多いので、雲台だけのものを探すと、海外商品ですが、eBenk EBRA-121Rsというリモコン操作の雲台があり、国内販売もされていて、13,800円となっています。

【商品紹介】引用記事
オートマチック パン チルト ヘッド (リモコン操作できる電動雲台)
パンチルトヘッドと呼ばれる電動雲台です。デジカメやビデオをセットすると付属のリモコンでパンチルト(上下左右)の遠隔操作ができるようになります。
商品は本体底面に三脚穴があるので、カメラ用三脚の上にネジで固定して設置することも可能です。カメラを取り付ける側はクイックシューがついているので、取り付け・取り外しが簡単です。 可動範囲は上下(チルト)が30度、左右(パン)が120度です。
http://stokjp.blogspot.jp/2012/08/blog-post.html
¥13,800

41wfierr0l さて、これがあればレンズカメラを上下左右、望遠、ズーム、動画撮影と何でも出来そうですが、レンズカメラと雲台を乗せて自走できるタンクみたいなものがないのでしょうか?
 ということで、もう一度ネットを探すと「遠隔操作カメラ」というカテゴリーがあることが判りました。
 これは、リモート操作できる壁面固定式の監視カメラと、小型カメラをリモコンタンクに乗せた、どちらかと言えば盗撮のようなあやしい目的で使うリモコンタンクに分かれています。
 欲しいのはカメラが乗せられる自走式のタンクなので、それらしいのを探すとディズニーアニメのWALL・E(ウォーリー)にそっくりでWi-Fi操作もできるカメラ搭載タンクCOM★MI-OMEGAがあり、値段も5,980円で手頃です。

 でも、DSC-10QXを電動雲台(EBRA-121Rs)にセットして、リモコンタンクに乗せるのは難しいようです。
 そもそもEBRA-121Rsにはカメラ自体のシャッター押下やズームを操作する機能まで付いているけど、DSC-10QXの操作はスマホ側でモニターを見ながらやるので、使うことがありません。
 また、ラジコン戦車の自走操作を別のリモコンでやるとなるととても手に負えません。

 幸い、今回ソニーが発表したレンズカメラの評判が非常によいので、その関連機器として「電動雲台」や「自走式タンク」などが発売されるのに期待したいと思います。 
 あるいは、パナソニックやオリンパスなど、デジカメでの生き残りを図る他メーカーからもレンズカメラが発売される予感があります。あるいはスマホとの連携で案外サムスンがすぐ対抗商品を出すかも知れません。

Posted on 10月 16, 2013 at 06:09 午前 | | コメント (0)

2013.10.11

131011 MP870/Transcendデジタルオーディオプレーヤー

131011_mp870_04131011_mp870_03 デジタルオーディオプレーヤーと聞いてもどのようなものなのかピンときません。
 簡単に言えば、ソニーのウォークマンを源流にする音楽プレーヤーです。
 最近ではすっかりスマホに取って代わられつつあるようですが、APPLEの iPod miniが一番近いと思います。
 もちろん元祖 Walkmanもまだ頑張っていますが、わざわざポータブルオーディオプレーヤーを持たなくても、スマホで充分ですから、今ではマイナーな商品になってしまいました。

 Transcend(トランセンド)と聞いてもどこのメーカーか知らない方も多いでしょうが、最近デジカメやスマホのSDメモリー、パソコン用のUSBメモリーでかなりのシェアを占めている台湾のメーカーです。
 この MP870の特徴はなんと言っても機能が猛烈に豊富なことです。
 縦横厚み 94 x 50 x 12mm、重量 62gでも、2.4インチ液晶ディスプレイ (240 x 320ピクセル)を備え、内部メモリー8Gbyte以外にmicroSDカードスロットもあるからパソコンやデジカメとの相性も問題ありません。
 使えるのは音楽の録音、再生、動画・静止画の再生、テキスト表示とスマホ並みで、FMラジオまで付いています。それでいて通販価格5000円位ですから、お買い得です。
 製品機能
 ■ MP3、WMA、OGG、FLACの音楽ファイル
 ■ MPEG4 SP (Xvid)、RM/RMVB、FLVの動画ファイル
 ■ 画像(JPEG/BMP/GIF/PNG)と電子ブック(.txt)の表示
 ■ FMラジオ(FM録音、20局を設定可能)
 ■ 内蔵スピーカーとマイク
 ■ ライン入力録音機能

 購入動機は外部音源(電子ピアノ)からの録音が目的で、ライン入力の録音機能付きの機器を探していて見つけました。

 

Posted on 10月 11, 2013 at 10:40 午後 | | コメント (0)

2013.09.20

130920 ウェアラブルカメラHDR-AS15

130920 ウェアラブルカメラHDR-AS15 昨日レンズカメラDSC-QX10を見に行ったソニーのショールームで一緒に展示されていた90gのビデオカメラHDR-AS15はモトクロスやマウンテンバイクのライダーがヘルメットやハンドルに固定してライブ映像を記録する事に特化した商品です。
 リモコンを付ければ手元で操作出来ますが、今のところズーム機能は付いていないそうです。
 足で移動する登山ではあまり使い道は無さそうですが、マラソンやスカイダイビング、スキンダイビングなどには結構面白そうです。

Posted on 9月 20, 2013 at 06:44 午後 | | コメント (0)

2013.09.19

130918 DSC-QX10実機確認

130918 DSC-QX10実機確認130918 DSC-QX10実機確認 ソニーが10月25日に発売するレンズカメラ DSC-QX100、DSC-QX10がソニーのショールームで触れるとのことなので梅田のハービスENTまでわざわざ行きました。
 今持っているスマホに装着出来るか、Wi-Fiで画像が転送出来るか気になっていたからですが、スマホにソニーから公開されているPlayMemories Mobileをインストールしたら、自動的にQX10を認識してズームやシャッター操作がスマホからタッチパネルで簡単にできます。
 画像の転送も自動的に完了するから全く問題ありませんでした。
 画像はオリジナルを200万画素に圧縮して転送する事も元の1980万画素でも送れるからメール添付も問題ありません。

130918 DSC-QX10実機確認 ショールームは広くて、説明員の方もたくさんおられ、すごく親切で好印象を受けました。
 上の写真2枚は実際にDSC-QX10で撮影した写真を200万画素に圧縮してスマホに転送したものです。
 さらに、ブログでは1Mバイト以上のファイルを掲載できないので、スマホ側のImageShrinkというアプリで圧縮していますが、3枚目のショールームの外からスマホで撮った写真とは質の違いが歴然としています。
 この画質なら、デジカメが無くてもスマホとDSC-QX10で充分代わりになりそうです。

Posted on 9月 19, 2013 at 02:18 午後 | | コメント (0)

2013.09.18

130918 高級レンズカメラDSC-QX100、DAC-QX10のレビュー

 130906 ソニー、スマホ装着の高級レンズカメラを発表で紹介したソニーの新製品レンズカメラDSC-QX100とDSC-QX10の国内販売は10月25日(金)で価格もDSC-QX100が54,980円、DSC-QX10が24,980円だそうです。
 価格の差はCMOSセンサーやレンズの性能の差で、望遠時の倍率は高額なDSC-QX100の方が3.6倍で低価格DSC-QX10の方が10.0倍と逆転します。
 スマホの性能があがり、パソコンやデジカメの機能もどんどん取り込んでいますが、進歩の壁になっているのはバッテリーの保ちがいちばん大きいですね。あとはキーボードが使いにくいとかデジカメの性能でした。
 カメラとしては望遠やズームの機能が見劣りしていましたが、DSC-QX10を使えば完全にカバーできそうで楽しみです。

L_hi_dsc00147 使い勝手が気になるところですが、ASCII.JP連載の『這いつくばって猫に近づけ』などで猫写真家として有名な荻窪圭さんのレビュー記事がIT Mediaデジカメプラスに掲載されていたので紹介します。

レンズだけカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」徹底解剖(前編)

レンズだけカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」徹底解剖(後編)

うちのミルクとそっくりな真っ白な猫をDSC-QX10で超ローアングルで撮られているので転載させていただきます。

 ミニ三脚を付けて、自然なアングルでミルクちゃんを撮るのが楽しみです。もちろん動画もOKだそうです。

Posted on 9月 18, 2013 at 07:45 午前 | | コメント (0)

2013.09.06

130906 ソニー、スマホ装着の高級レンズカメラを発表

 スマホは通話を主目的としたケータイとしての機能よりもインターネットの閲覧やメールのやりとりを主体に使っています。
 カメラとしても結構解像度もよくてデジカメを構えるよりもポケットからすぐ取り出して、スナップを撮ったり、動画を撮ったり出来るので便利になりました。
 それでも遠景を撮ったり、小鳥を撮ったりするとき、もっと望遠の倍率が上がらないかと不満に思っていました。
 夏に秋葉へ行ったとき、スマホに装着できるアタッチメントレンズを買ったりもしましたが、せいぜい2倍ズームしかできないので、すぐ飽きてしまいました。

Ls6_11024x682 そんなユーザーの不満を解消してくれそうなスマホ用の高級ズームレンズが今秋ソニーから発売されるそうです。

 ソニー、スマホ装着の高級レンズカメラを発表
 「DSC-QX100」のほうは、ソニー独自のCMOS画像センサー「Exmor R(エクスモア・アール)」と3.6倍の光学ズームを搭載した、20メガピクセルの広角レンズだ。もうひとつの「DSC-QX10」は、センサーは小さいものの、より長い10倍ズームを搭載した18メガピクセル・タイプだ。

 問題は値段ですが、
 これは奇妙な商品だ。価格はQX100が399ポンド(約62,000円)、QX10が179ポンド(約28,000円)で、どちらも手ごろな値段とはいえない。画質が、高品質のソニーのコンパクトカメラや同社のデジタル一眼である「NEX」カメラと同じになるとしてもだ。

 高画質よりも10倍ズームの方が魅力的なので、28千円なら買いかも知れません。
 ただ、スマホのレンズの位置がスマホ本体の端に付いている機種ではこのレンズを装着できるかどうかが気になります。
 ・・・と思って、別の動画を見るとこのレンズはスマホ本体のレンズに直接密着させるのではなく、スマホの中央に普通のデジカメのようにアタッチメントを付けて固定するようです。
 レンズだけを手持ちしてリモート操作できるなら当然と云えば当然ですね。

 動画を見ると判りますが、カメラと本体が離れていてもレンズに内蔵した電源を使って本体とWi-Fi接続できるそうですから、工夫次第でリモコンカメラにもなるのはすごいと思います。
 片方の手でレンズを持ち、もう一方の手で携帯電話を持って、リモートヴューファインダーのように使用することができることは便利だろう。

Posted on 9月 6, 2013 at 05:11 午前 | | コメント (0)

2013.02.09

130209 アップル「普通の会社」に/成長神話揺らぐ

96959996889de7e3e7e6eae7e0e2e2eae2e 今日の日経新聞や日経電子版に、
アップル「普通の会社」に 成長神話揺らぐ
という活字が踊っていて注目された方も多いと思います。

 スチーブ・ジョブズのカリスマ性で10年足らずの短期間で一気にマイクロソフトを抜き去ったアップルですが、ジョブズ亡き後の体制に危惧が高まり、株価の低迷が続いているのは周知の通りです。
 また、右肩上がりで売り上げを拡大してきたiPhoneやiPadの伸びが鈍化し始めたのも懸念材料になっています。
 それに追い打ちをかけるように、株価の低迷を背景に株主の資産の目減りが起き、株主から配当性向の向上を求められる結果、手元資産を取り崩さざるを得なくなりつつあるそうです。

 記事によれば
 ”「株主に金を返しても何も生まない。技術革新に使えば、アップルは成長できる」。こう言い切ったジョブズ氏の時代では考えられない姿勢だ。” 
 とありますが、アップルの驚異的な復活と成長は株主よりも会社ありきでジョブズが推進した画期的な技術開発と新しい発想の賜物です。
 このまま、路線変更が進むとかつてのソニーやマイクロソフトと同じ道を歩むのではないかと心配でなりません。

 HPが経営陣が自社株を全額買い取って、上場を廃止するそうですが、日本でも神戸の大手アパレル企業が同様の手段で上場を廃止しました。
 株式会社の制度は諸刃の刃です。
 資金はないが商品の開発力や生産能力、販売能力を持つ起業家に対し、企業経営能力はないが資金はある資産家が株主という形で出資して、企業を設立、運営、拡大し、成果を株主である資産家に配分する仕掛けです。その原則に則れば、株主は金は出すけど口を出さないという前提でないと、経営を委託された起業家はやりにくくてしかたないです。
 アメリカから広まった物言う株主という風潮は、正しく機能すれば大きな問題にはなりませんが、企業の運営拡大よりも株主の利益、配当最優先の風潮を定着させ、金さえ増えれば会社がつぶれてもよいといった愛社精神などには縁がない拝金主義に陥っているようで好きになれません。

96959996889de7e3e7e6eae7e0e2e2eae_2【記事引用】
アップル「普通の会社」に 成長神話揺らぐ 利益配分、株主配慮の姿勢

 【シリコンバレー=岡田信行】開発投資を最優先し、株主との対決姿勢も辞さなかった米アップルが7日、追加的な現金還付など利益配分に前向きな姿勢を示唆、株主との対話姿勢を強めてきた。革新的な新商品・サービスを繰り出した故スティーブ・ジョブズ前会長による成長神話が揺らぎ株価低迷が続く中、株主対策にも意を配る「普通の会社」へ近づく流れが加速しているようにもみえる。

 アップルは7日、大手ヘッジファンドを率いるデイビッド・アインホーン氏が還元策拡充を要求すると、同日のうちに「株主還元の追加策について活発に議論している」とする声明を発表。アインホーン氏の提案を「徹底的に調べる」と前向きな姿勢を示した。

 「株主に金を返しても何も生まない。技術革新に使えば、アップルは成長できる」。こう言い切ったジョブズ氏の時代では考えられない姿勢だ。

 稼ぎ頭のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」も販売台数は好調に伸びているが、驚異的な収益拡大が続いた数年前とは様相が異なる。新興国での販売増や韓国サムスン電子などとの競争激化で売れ筋が低価格機種に移り、収益拡大余地が狭まっている。

 今年1月23日にアップルが発表した四半期決算。売上高も純利益も過去最高だったが、株価は大幅下落した。1~3月期の売上高見通しが市場予想を下回り、成長性への疑念が噴き出した。株式時価総額は上場後で最大となった昨年9月と比べると一時4割近く減った。この間に約2500億ドル(約23兆4000億円)が吹き飛んだ。

 株価上昇が続けば株主の不満も抑えられるが現状では困難。アップルは昨年3月に配当再開などを打ち出したが一部株主はアップルの約1370億ドルの手元資金に目を付け還元の拡充を求めた。

 似たような例は過去にもあった。基本ソフト「ウィンドウズ」でパソコン業界の標準を握った米マイクロソフト(MS)だ。2004年に自社株買いと配当を通じ、4年間で総額700億ドルにも上る株主還元をすると発表。「配当しない会社」というレッテルを返上した。

 MSは10~12月期の純利益が63億7700万ドル。売上高は214億5600万ドルだから、今なお驚異的な収益力を誇るといえるが、成長鈍化への市場の失望は大きく、会社の株価はさえない。

 アップルも同じで足元の業績は好調だが、株主は還元策を要求した。これに前向きに応じる態度をにじませるアップルは今後どこへいくのか。再び新商品で消費者の目を驚かせる技術をみせるのか、低成長に陥って株価も勢いを失う“普通の会社”に近づくのか。今その転機が訪れている。

Posted on 2月 9, 2013 at 01:20 午後 | | コメント (0)

2013.02.08

130208 PM2.5対策:そらまめ君(環境省大気汚染物質広域監視システム)

130208_soramamekunhome 【日経の記事】
環境省、PM2.5観測強化 2013/2/7 22:10
環境省、PM2.5観測強化 健康への影響解析

【そらまめ君】
 「そらまめ君」とは正式には「環境省大気汚染物質広域監視システム」という堅苦しい名称ですが、大気汚染の監視システムで日本各地のポイントでの大気汚染の状況を1時間単位で測定した数値を表示するサイトです。
 現在、中国の北京スモッグの影響で九州から中四国、近畿まで晴れているのに霞がかかったような状態が続いていますが、これはPM2.5(微小粒子状物質)が滞留しているためと思われ、杉花粉以上に細かい粒子のため人体への影響が懸念され、社会問題になっています。
 花粉症やインフルエンザ感染防止に効果があるとされてきたマスクでは防ぎきれないため、国家検定で認可された防塵マスクの着用が必要だと思われます。

 PM2.5の濃度の基準値は20μg/m3だそうですが、地域、時間によっては、この基準値を上回るケースもあり、「そらまめ君」による状況把握が可能になります。
 「そらまめ君」の表示システムは結構よくできていますが、PM2.5に関してはまだ測定ポイントすべてでの観測は出来ていません。特にシステムを見た限りでは東京都ではまだ一ヶ所も測定されていないようです。
 地元、兵庫県では何個所の測定値が公開されていて、直近の数値は基準値以下なので何となく安心しました。近畿圏では宝塚市や堺市の観測ポイントで基準値を上回っていますので、快晴無風の天候が続く時には注意が必要です。

「そらまめ君」のホームページ
そらまめ君 (環境省大気汚染物質広域監視システム)


数値地図
そらまめ君の測定時報値(ポータル)
① 表示項目を選択する → 微小粒子物質(PM2.5)を選択
② 測定曲種別を選択する → 全局を選択
③ 表示地域を選択する → 近畿などを選択
④ 右下の「測定値ランクを選択・・・」 → 3ランクの警告レベルから黄色を選択
表示日時はデフォルトでは現在時刻が表示され、矢印で動かせます。
しかし、県地図をマウスでクリックし、一覧表を別窓で表示した方が時間別推移が一覧できて便利です。

測定値別の推移グラフ表示方法
① 上記、数値地図から見たい県の地図をマウスでクリック
② 別窓で表示される県別の測定ポイント一覧から測定局名称をクリック
③ 別窓で該当ポイントの1時間ごとの全測定値が1週間分表示される
④ 時系列グラフを見たい時は測定項目名の4段目にある波形アイコンをクリックする
   ただし、東京都のように時系列グラフが表示されない県もあります

凡例:各測定値の解説、基準値、警告レベル
大気汚染物質(常時監視測定項目)について

事例:神戸市東灘区のPM2.5測定値グラフ(過去1週間の推移グラフ)
測定位置 測定局コード:28101510 測定局名称:東部自動車 住所:神戸市東灘区青木4丁目
微小粒子状物質(PM2.5)の測定値推移グラフ

【参考】
各地域の推移グラフ(2013年2月1日~7日)
全地域に共通するのは、2月1日(金)が他の日より数値が高いことで、これは快晴無風状態で気温も高かったせいだと思われます。
当然ですが、冷え込む夜間より気温の上がる昼間、特に昼下がりの数値が高くなっています。
四国丸亀を掲載したのは先月末1月31日(木)に讃岐の綾歌三山の山行で讃岐富士が霞んでいて北京スモッグの影響と聞いたから、翌日の数値を見てみました。
130208_soramamekun_0201_0207higas_2130208_soramamekun_0201_0207marug_2

堺市と宝塚市の推移グラフを表示したのは、2月8日(金)3時現在、近畿圏で唯一基準値20μg/m3を上回っていたためです。
130208_soramamekun_0201_0207sakai_2130208_soramamekun_0201_0207takar_2

【基準値の解説】
Photo
Photo_2

Photo_3

Posted on 2月 8, 2013 at 06:01 午前 | | コメント (0)

2013.02.07

130207 明日は晴れる

130207 明日は晴れる 今日は春一番が吹き荒れたそうです。
 例年なら2月末から3月始めにかけて、日本海を台風並みの低気圧が猛スピードで通過して、北アルプスなどで雪崩が起きたり、季節外れの猛吹雪で遭難が起きたりします。
 今年はちょっと早すぎるから、3月までにもう一度か二度春二番とかが吹き荒れると思います。

 神戸ではこの二、三日はっきりしない天気が続きました。
 今日の夕日が綺麗なので明日は晴れそうですが、何となく空が霞んで見えるのは北京のスモッグのせいでしょうか?
 そういえば、昨日のブログで取り上げたせいでもないでしょうが3Mの防塵マスクは3個入りのパッケージも含めてすべて売り切れています。
 これは花粉シーズンが近いのと北京のスモッグの影響でしょう。

130207_tenkizu130207_tenkizu0210yoso 天気図を見ると日本海にある低気圧と大陸にある大きな高気圧の間、等圧線の間隔が迫っているので、今週後半は北風が強くなって、日本海側ではまた雪が降りそうなので、2月10日(日)の京都北山も雪が期待できるかも知れません。
 日曜日は西高東低がゆるみ高気圧におおわれそうだから、またよい天気に恵まれそうでよかったです。

Posted on 2月 7, 2013 at 05:30 午後 | | コメント (0)

2013.02.06

130206 中国の大気汚染が日本列島にも飛来 対策は優れものの【防塵マスク】

130131_sanukifuji130206_kasumutyugoku【黄砂?いいえ!北京のスモッグ】
 先日の四国讃岐への懇親旅行、二日目は朝から綾歌三山/大高見峰、猫山、城山の縦走登山を楽しみました。
 城山からは360度の展望が楽しめると聞いていたのでパソコンで360度展望図を作成して皆さんにお配りしました。
 ところが前日から上空は見事な青空なのに讃岐平野はもやがかかったように何となく霞んでいて、期待していたほどの展望は楽しめず少し残念でした。
 春先には神戸でも御影のマンションから三宮が霞んでビルが見えないこともあり、黄砂の影響だと判っていましたから、四国でも黄砂が早くも落ちてきているんでしょうねと言ったら、ONOさんから、いいえ!これは北京のスモッグですよ、といわれてビックリしました。
 北京って地図で見ると日本列島からかなり北にあるから、偏西風で流れてくるのはおかしいのではないかと思ったからです。でも、帰って色々ニュースに取り上げられているのを知って、納得した次第です。

 以下は日経新聞のニュースを拾い読みした引用記事です。

130206_tyugokuotemorikisei 【中国の大気汚染】
中国の大気汚染、日本も「警戒レベル」 ぜんそくや脳梗塞にリスク 汚染物質、黄砂に付着して飛来
中国大気汚染、「官民一体」お手盛りの規制
大気汚染悩める中国、深刻度示す「鼻毛地図」
 ニュースを読んでいくとまさに日本の高度成長期に、四日市や川崎の石油コンビナートで起こったスモッグや、その後自動車の排気ガスで起こった光化学スモッグの公害が、今まさにお隣の中国で起こっているのですね。
 日本との違いは、当時日本では大きな社会問題になって、工場の移転や、煙突の煤煙規制がまず進められ、更に当時としては実現不可能と思われた自動車の排ガス規制、目標値設定による急速なエンジンの改造を国家とメーカーが一体となって進められました。
 おかげで、日本ではその後、光化学スモッグという言葉が死語になるほど都市での大気汚染は解消されました。
 いま中国で起きている問題は急速な経済成長と生活水準の向上がもたらした副作用で、50年前の日本と同じです。
 しかし、日経新聞の記事を読んでいると、根底には官民一体となった利権がらみの癒着体制が国家あげての公害対策を先送りしている様子がうかがえます。
 中国は民衆の声が厳しく規制されているそうですから、かつての欧米や日本以上に悲惨な帝国主義国家になってしまったのではないでしょうか

130206_hanagetizu_pekin130206_hanagetizu_pekin_2130206_hanagetizu_kobe【鼻毛地図とは?】
 社会問題はこれ以上書くと非難されそうなので、身近な話題に戻ります。
 鼻毛の話ですが、鼻毛や眉毛、まつげ、あるいは肌毛、頭髪に至るまで人間にはあらゆるところに毛が生えますが、元来は衝撃を吸収したり、発汗を促進したり、異物の侵入を防いだりして、身体を保護するためのものです。
 鼻毛が伸びるのは煙や塵埃などの体内への侵入を防ぐためにあるのですから、スモッグが多くなる都市ほど鼻毛が伸びるのは当然ですね。
 日本ではそれほど伸びていないそうですから少し安心しました。
空気の汚染度を鼻毛の長さで表した地図が話題に
鼻毛地図


130206_3m_9105jsds2【対策】
 一昨日、またJNKさんにつきあって、三宮をうろうろしましたが、ハンズへ行ったり、あちこちのドラッグストアへ入って何か探しているのですが、結局見つからなかったようでがっかりしていました。
 帰宅してから聞いたら、いつも付けているマスクではインフルエンザの防止には完璧ではないから放射能汚染にも微粒子もカットできるマスクを探していたんだそうです。
 2週間くらい前の「ためしてガッテン!」でマスクが取り上げられて、装着の仕方次第で効果が全然違うと聞いたばかりですが、今回探しているのは福島原発の改修作業に当たる方たちが体内に放射性物質を吸い込まないよう、極細微粒子の侵入も防御できるマスクなんだそうです。
 パソコンで「3M マスク」で検索したらありました。
 装着するにはちょっと抵抗がありますが、防御は完璧のようで、優れものですから、取りあえず通販で申し込みました。20枚入りで2千円弱なのでそれほど高くありませんが、20枚入りは2種類とも品切れだったので、3枚入りを6ケース購入しました。
 やれやれ!
間違いだらけのマスクの知識
除染作業に使用可能な3M™ Vフレックス™ 防じんマスク
3Mの通販サイト
国家検定に合格した防じんマスク

Posted on 2月 6, 2013 at 06:52 午前 | | コメント (0)

2012.11.17

121117 全自動書籍スキャナー「Linear Book Scanner」

121117_linear_book_scanner121117_linear_book_scanner2121117_linear_book_scanner3 久し振りに/.JPの記事を読んでいて、『Google、「掃除機で作る全自動書籍スキャナ」を開発』という記事が目にとまりました。
 ITmediaの記事にリンクすると、発表時のビデオが公開されているようで、構造や装置の概要がよく判ります。
 11万円くらいで自作できるそうですが、会議テーブルくらいの幅があるから、個人の部屋に置くにはちょっと無理があります。
 図書館や学校に設置して、時間貸しとかすれば結構評判になると思います。
 ビデオを見ると判りますが、ページめくりの仕掛けが秀逸で、厚手の本の場合は見開きの左ページと右ページのバランスに配慮して、スキャナがフラットに密着する工夫など、開発者の苦労がよく判ります。
 来年にはどこかのメーカーが製品化するかも知れません。
 家には置けないから買えないけど、図書館でしか閲覧できない貴重な文献など是非デジタル化したいです。

【IT mediaの記事】
IT media ニュース

» 2012年11月14日 15時00分 更新
自炊マニア注目:Googleのエンジニア、家庭用掃除機で作れる全自動書籍スキャナーを公開、特許もオープンソース化
Googleのエンジニアが、一般的なPC用スキャナー部品や家庭用掃除機を組み合わせて自作した「Linear Book Scanner」を公開。特許もオープンソース化するという。
 米国のIT系ニュースサイト「The Verge」によると、米Googleのエンジニアが、一般的なPC用スキャナー部品や家庭用掃除機を組み合わせて自作した書籍スキャナー「Linear Book Scanner」を公開し、特許もオープンソース化したとのこと。
 Linear Book Scannerは、書籍ページをスライドさせつつ、掃除機の吸引で1ページずつめくり、見開きスキャンしていくという制作費1500ドル程度(約11万円)の単純ロボット。ビデオを見ると一見複雑な装置にみえるが、実際の構造はきわめて単純で、最大のキーポイントは吸引口に付けられた“ページめくり刀”部品にある。1000ページの書籍を90分で全スキャンできたとのこと。
 Googleでは特許もオープンソース化し、誰でも類似装置を制作・販売できるようにしている。“非破壊”型の方法を模索している自炊マニアや電子工作マニアには、挑戦に値するとても面白いプロジェクトだろう。
【動画】

Posted on 11月 17, 2012 at 10:58 午前 | | コメント (0)

2012.09.17

120917 カメラ買換

120917 カメラ買換120917 カメラ買換 一眼レフデジカメE-620の電源が時々入らなくなり不安定になりました。
 山歩きに持って行くので雨や汗で濡れるのは完全には防ぎ切れません。
 オリンパスのOM-Dは一眼デジカメでは唯一の防塵防滴対応なので、思い切って買い換えました。

Posted on 9月 17, 2012 at 09:17 午後 | | コメント (0)

2012.08.07

120807 Voyager of the Seas

120807_voyage_of_the_seas_03 何気なくベランダから三宮方向を眺めていて、いつもと様子が違うことに気づきました。
 左手に真っ白なホテルのような建物・・・、
 と見えたのは、神戸港に寄港している超大型の客船でした。

 Voyager of the Seasは、名前の通り、世界を周遊する巨船で、排水量は137千トン、全長が311m、全幅が39mで、旅客定員2840名とありますから、ホテルがそのまま浮かんでいるようです。
 ちなみに現在世界最大の客船はAllure of The SeasとOasis of The Seasで225千トン、全長360m、全幅65m、 
 上には上です。

120807_voyage_of_the_seas_02120807_voyage_of_the_seas_01

巨大客船ランキング
120807_bigship


Posted on 8月 7, 2012 at 10:02 午前 | | コメント (2)

2012.07.24

120724 キヤノンが初のミラーレス一眼「EOS M」発表

01_px240 最後発になりましたが、Canonもニコンに追随しました。
 写真を見ても一眼レフのイメージはなく、デジカメそのもので、ファインダーもなければ、フラッシュも付いていません。
 今後高級機種に広げていくのかも知れませんが、デジカメ世代の取り込みを狙っているのでしょうか。
 先行各社との仕様や価格を比較するとどこも完璧ではなく、画質にこだわるキャノンとニコン、機能で勝負するパナソニック、ソニー、オリンパスといった感じでしょうか。

 個人的には可動式液晶が付いて、ファインダーが付けられて、10倍ズームが使えるミラーレス一眼を待っています。
 現時点でオリンパス E-M5が防塵防滴で可動式液晶ですから、10倍ズームを付ければもっとも要望に近いですが、ボディー+10倍ズームで16~17万円になります。いまのe-620が壊れたら買い換えです。

【引用記事】
キヤノンが初のミラーレス一眼「EOS M」発表、画質や機能は最新Kissと同等

【各社の仕様と価格比較】
120724_canon_eos_m_2

【各社の10倍相当ズーム交換レンズ】
オリンパスがずば抜けて軽いのはレンズ内に駆動モーターを持たないからですが、動画にこだわらなければこれで充分です。

10倍ズームレンズに
相当するレンズ
価格.com 重量 メーカーHP
ニコン 1 NIKKOR VR 10-100mm f/4.5-5.6 PD-ZOOM 64,500円 530g http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/lens/1_nikkor_vr_10-100mmf45-56_pd-zoom.htm#
ソニー SEL18200(E18-200mm F3.5-6.3 OSS) 64,550円 524g http://www.sony.jp/ichigan/products/SEL18200/
オリンパス ED 14-150mm F4.0-5.6 59,584円 260g http://olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/14-150_40-56/index.html
パナソニック LUMIX G VARIO HD 14-140mm 65,990円 460g http://panasonic.jp/dc/lens/lumix_g_vario_hd_14-140.html


Posted on 7月 24, 2012 at 05:15 午後 | | コメント (0)

2012.05.25

120525 東京スカイツリーからの天望Ⅱ

Soramado120520_0000 実際に展望台に上がれるまで待てないから、という理由でもないのですが、やはり地元に出来た東京新名所のことは気になります。
 空窓の紹介はしましたが、年間1050円だったら使わないで公開するより、使ってみた方がよいといつもの野次馬根性で早速申込みしました。
 やはり、ズーム機能と日付・時間を選んで同じアングルの天望を見られるというのはかなり楽しいです。

 この写真はきよもりが25年間住んでいた墨田区北部の昨夜深夜のビューです。
 左手前の隅田川にかかる桜橋(X橋)、上流の白髭橋、右手上に伸びる光の帯は水戸街道でその先に四ツ木橋と新四ツ木橋が並びますから、まさに地元の様子が24時間いつでも見られるというのはかなり恵まれていると言ってよいでしょう。


Posted on 5月 25, 2012 at 09:50 午前 | | コメント (0)

2012.05.23

120523-2 東京スカイツリーからの天望

120523_skytreeview01

120523_skytreeview02

 東京の自宅はスカイツリーから歩いても20分くらいの近くなので、工事中から結構興味を持ってみていましたが、いまは神戸なので、なかなか天望台にあがる機会がありません。
 そこでお奨めなのは360℃の天望を365日間限定で24時間WEBに公開する有料サービス。
 無料でも直近数時間の画面は見られるようですが、有料会員になると過去に遡って画像を見たり、ズームアップも出来るそうです。

【日経ニュースの引用】
日経ニュース 2012年5月22日
東京スカイツリーからの眺望をWebで楽しむサービス、乃村工藝とテンクーが提供羽野 三千世=ITpro

 空間デザイン会社の乃村工藝とITベンチャーのテンクーは2012年5月22日、東京スカイツリー展望デッキからの眺望を、1時間ごとの360度パノラマ写真で提供する有料Webサービス「SKYTREE VIEW ソラマド」を開始した。東京スカイツリーのオープンから1年間の期間限定(2012年5月22日正午から2013年5月21日まで)で公開する。

 同サービスは、東京スカイツリーの第1展望台から撮影した360度パノラマ写真を、Web上で自由に動かしながら閲覧できるというもの。写真は1時間ごとに更新され、過去の写真はアーカイブとして24時間365日ストックされる。ストックされた景色は、好きな日の好きな時間を指定して見ることが可能だ。

 利用料金は通常1200円。同日からしばらくの間は、オープンキャンペーン価格の1050円で提供するという

Posted on 5月 23, 2012 at 10:29 午前 | | コメント (0)

2011.02.08

110208 7notes

110208 7notes 遅ればせながら、少し暇ができたので、先週始めに公開された、浮川さんのMetaMoJiの子会社 7knowledge が発売した『7notes』をアップルストアから購入しました。900円
 手書き文字の認識は評価記事の通り瞬時に表示して快適です。
 あとは、メールなどのアプリとの連携をどうするのか?
 しばらく使い込んでみます。MetaMoJi

Posted on 2月 8, 2011 at 12:37 午後 | | コメント (2)

2011.01.25

110125 発熱手袋!ヒートグローブ

110125_ 冬の登山では歩いているときにはそれほど感じませんが、休憩したり、食事でしばらく身体を動かさないと、次に歩き出すとき指先が冷え切って感覚がなくなります。
 それでも我慢して10分くらい身体を動かせば、指先に感覚が戻ってきますが、手袋が濡れていたりすると、かなり苦痛です。

 先日の花折峠の山仲間例会でAOKさんが見たことのない手袋をしていたので聞いたら、指先にヒーターが入った手袋なんだそうです。
 彼はきよもり以上に毛細血管が細いらしく以前から若丹の雪尾根歩きなどではいつも指先が凍えそうで悩んでいましたから、この手袋はすごく有り難いと話してくれました。

 実は5年も前に知る人ぞ知る秋葉原の「サンコー・レアモノショップ」で同じような手袋でUSB接続のものを見つけ、市販の充電式電池にUSBで繋いで山で使ったことがあります。
 しかし、サンコーの「USBあったか手袋」は手の甲にヒーターがついているだけで、あくまでも自宅の部屋でパソコンに向かってキーを打つときに暖をとる程度の目的にしか使えず、しばらくして捨ててしまいました。まあ値段も1980円ですからまさにレアモノという位置づけで、物珍しさから買う程度のものです。

 今回青木さんが使っていたのは値段も15千円以上しますから、気軽に買うには少し決心がいりますが、ヒーターがカーボンファイバーなので糸状の伸縮自在の発熱素材が10本の指それぞれを先まで巻き込むような形状になっています。
 温度調整もついていて、充電式バッテリーで最大20時間連続利用できるそうですから、日帰りの雪山なら充分実用的だと思います。泊まりの場合は予備の充電池が必要ですが、取りあえず入手して今週末の野坂岳で使ってみてから検討したいと思います。

 AOKさん、紹介有り難うございます。
 発熱手袋!ベスウォーマー・ヒートグローブ

Posted on 1月 25, 2011 at 12:10 午後 | | コメント (0)

2010.11.05

101105-2 ヨドバシ京都

101105_yodobashikyoto01_2
 ヨドバシカメラの京都店は今日11/5の9:30にオープンしました。
 ホームページを見ると、今までの梅田や秋葉原と外観は同じように見えますが、1階部分のウィンドウやアーケードには何となく落ち着いたヨーロッパ風の雰囲気があります。
 また、東本願寺と接する北面や西面にはつたの絡まる緑の壁が全面を囲んでいて、古都らしい雰囲気を壊さないように配慮されています。
 もちろん2階から上は梅田・秋葉と同じ白い縦スリットのお馴染みの外装ですから、気になる方は上を見上げないようにしましょう。

 一昨日も京都駅に戻ってきたけど、オープン前だったので少し残念でした。
 明後日は山の帰りなので、早ければちょっと立ち寄りたいとは思いますが、荷物があるからちょっと思案どころです。
101105_yodobashikyoto02101105_yodobashikyoto03101105_yodobashikyoto04


Posted on 11月 5, 2010 at 10:10 午前 | | コメント (0)

101105 尖閣ビデオがYouTubeで世界に公開

101105_senkaku 予言通りというか、今朝のTVニュースのトップに尖閣ビデオがインターネットの動画サイトに流されたとあり、ビックリしました。
 中国漁船は明らかに意図して衝突してきていますので、正否はこれを見てもはっきりしていますが、それはそれで事実を知らしめた点ではよかったと思います。

 でも、44分にも及ぶ動画が流れたと言うことで、また中国からは映像の管理が悪いとして日本政府が責められるのは間違いありません。
 政府は、また知らぬ存ぜぬを通すくらいなら、いっそ開き直ってすべての映像を世界に公開すると宣言した方がよいのかも知れません。

 尖閣ビデオ「意図的衝突明らか」限定公開で会場ピリピリ:日本経済新聞 http://goo.gl/c352
 kiyo_moriの11/2のTwitter

Posted on 11月 5, 2010 at 07:35 午前 | | コメント (0)

2010.10.04

101004 Android端末「IS03」au SHARP、発表会をUstreamで実況中継

101004_au_sharp
 10月4日、au+SHARPが携帯とスマートフォンとの融合を更に進めた「IS03」が発表されました。
 機能自体は今までの携帯にAndroidOSを載せたものですから、特別目新しいアピールポイントはありません。

 iPhone同様のマルチタッチスクリーンでカメラもワンセグもついていますから、携帯とスマートフォンを二台持つ必要はなくなりますが、ほとんどメールのやりとりでしか使わないきよもりのような使い方ではそれほどメリットは感じられません。
 スライド式キーボードも防水機能もつかないから今回も買換は見送りです。

 面白かったのは、10時からの発表会をUstream でライブ中継したことで、10時に見ようとしたら、5分位何も中継されておらず、横にTwitterのぼやきや苦情の書込が数十件以上も流れるように表示されてすごく生々しい感じでした。5分後にはまともにライブ中継がスタートしましたから、KDDIも非難を避けられてホッとしたでしょう。


【IT mediaの記事引用】
おサイフケータイ対応Android端末「IS03」 au、11月下旬以降に発売 2010年10月04日 10時17分 更新
 KDDIは10月4日、スマートフォンとして初めて、おサイフケータイ機能を備えたAndroid端末「IS03」(シャープ製)を11月下旬以降に発売すると発表した。「1台目として必須の機能」を備え、メイン端末として使えるという。

 KDDIは10月4日、スマートフォンとして初めて、おサイフケータイ機能を備えたAndroid端末「IS03」(シャープ製)を11月下旬以降に発売すると発表した。「1台目として必須の機能」を備え、メイン端末として使えるという。

 OSはAndroid 2.1で、FlashLite 4.0を採用。3.5インチダブルVGA(960×640ピクセル)ディスプレイ搭載し、マルチタッチ操作が可能だ。有効957万画素カメラを搭載。おサイフケータイのほか、ワンセグや赤外線通信、メール(@ezweb.ne.jp)など「1台目として必須の機能」を備えている。

 コンテンツサービス「LISMO!」や、歩行ナビ「au one ナビウォーク」、ソーシャル機能「サンシャイン王国」といったアプリにも対応する。

Posted on 10月 4, 2010 at 11:18 午前 | | コメント (0)

2010.08.25

100825 ミラーレスの次は「透過式ミラー」

26_px250 ミラーレスの次は「透過式ミラー」、ソニーが超高速連写のデジタル一眼 日経トレンディネット http://goo.gl/lQX8 →100825 ミラーレスではないから一眼レフですが、シャッターを押してもファインダーの画像は消えません。新しい流れになりそうな予感がします。
 デジタル一眼としては初めて本体にGPS機能を搭載。撮影した画像や動画にジオタグを付加し、撮影地をパソコンで確認できる機能も食欲をそそります。

21_px250ミラーレスの次は「透過式ミラー」、ソニーが超高速連写のデジタル一眼 2010年08月24日
 デジタル一眼レフカメラの常識を変える機構を搭載し、群を抜く高速連写機能と高速AF機能を備えた「α55」。本体も大幅に小型化された
 ソニーは2010年8月24日、デジタル一眼「α」シリーズの新製品として「α55」「α33」の2機種を発表した。レンズマウント内部にあるミラーを、ごく一部の光だけが反射する透過式ミラーに置き換えたのが最大の特徴。撮像素子と位相差AFセンサーの両方に常に光が届くので、ライブビュー撮影時でも高速な位相差検出AFが利用できるメリットがある。撮像素子に光を導くためにミラーを上下に動作させる必要がなくなったことで、撮影中のAF追随に対応した10コマ/秒の高速連写機能も備えた。ミラー周辺の機構がシンプルになることで、カメラ本体の小型軽量化や低価格化も図った。フルHD画質の動画撮影機能も搭載した。製品のラインアップや実売価格は以下の通りで、発売日は9月10日。

▼新製品のラインアップ
モデル名 付属レンズ  実売価格
α55(ボディー単体) なし 9万円前後
α55(標準ズームキット)  DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM  9万5000円前後
α55(Wズームキット)  DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM、DT 55-200mm F4-5.6 SAM  11万5000円前後
α33(ボディー単体)  なし  7万5000円前後
α33(標準ズームキット)  DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM  8万円前後
α33(Wズームキット)  DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM、DT 55-200mm F4-5.6 SAM  10万円前後

Posted on 8月 25, 2010 at 12:07 午後 | | コメント (0)

2010.07.07

100707 立ち上がる「電書フリマ」

 今日の日経ビジネスONLINEに
『電書革命』5時間で1400部以上売れた電子書籍「文学フリマ」で分かった「電書」の大いなる可能性
という記事があります。

100707_magama 読んでみると、「文学フリマ」というコミケの文学書版みたいなのがあって、既に10回目の開催だそうです。
 入場者が5時間で2400名だそうですから、コミケの数十万人とは桁が違いますが、文学同人誌のフリーマッケットとしては着実に伸びているそうです。

 その会場で、パソコンと机だけのブースがあって、印刷された媒体のない電子書籍を販売して5時間で1453冊売れたとのこと。
 1冊100円程度の短編ばかりのようですが、殆どの人が10冊くらいまとめ買いしていったそうで、購買者168人ですから一人平均8.6冊買っている計算。

100707_densho コミケでもCD-ROMやDVDに焼いたコミックを売っていますが、アドレスを聞いて、書籍のPDFを送信するなんて方法はまだないかも知れません。
 iPadやKindleがまだまだ増えると、このような販売形式が当たり前になるし、何よりも紙媒体がないから、きよもりの息子みたいにコミケで一回十数kgも買ってフウフウ言いながら担いで帰らなくて良いのは素晴らしいです。
 文学書ができるなら、コミックはもっと受け入れられるのは間違いありません。

 ちなみに、これに味を占めたのか、「第一回電子書籍フリーマッケット」が7月17日に開催されるそうです。 

「第一回電子書籍フリマ」は7月17日に開催。
場所: 「渋谷コラボカフェ」(東京都渋谷区渋谷2-9-10青山台ビルB1F)
詳細: 詳細:電子書籍部サイト「未来のテキスト」「電書部OFFICAL WEBSITE
 でも、電書やフリマなんてダサい名前はやめて、デジマとかマガマとかもう少しトレンディな呼称にして欲しいですね。

【日経ビジネスOnLine 記事引用】
『電書革命』5時間で1400部以上売れた電子書籍
「文学フリマ」で分かった「電書」の大いなる可能性【その1】
 iPad(アイパッド)やKindle(キンドル)など、新しいデバイスの登場で電子書籍が注目を集めている。そんな中で、まったくの手作りの電子書籍が画期的な売り上げを記録した。

 今年5月に行われた「第10回文学フリマ」がその会場。文学愛好者が集まって同人誌を売り買いする即売会だ。会場の各ブースの机の上には、それぞれの文学サークルが作った紙の同人誌が山と積まれていたが、一カ所、コンピューターが置かれただけの殺風景なブースがあった。一際目立つそのブースで販売されていたのが、電子書籍化された同人誌だった。

 たった5時間の即売会で売れたのは1400部以上。同人誌即売会としては画期的な数だ。

 仕掛け人は米光一成立命館大学映像学部教授とエンジニアの松永肇一氏。米光氏が中心となって活動する「電子書籍部」が制作と販売を担った。松永氏は技術的なバックボーンを支えた。

 電子書籍をあえて「電書」と呼ぶ米光教授と松永氏。活字離れが叫ばれて久しいが電書と書籍には、新しい可能性まだまだ秘められていると語る。

Posted on 7月 7, 2010 at 12:30 午後 | | コメント (0)

2010.06.30

100630 電気自動車のテスラ上場

 トヨタとの提携で一躍知名度が上がったテスラがニューヨークのナスダック市場に上場されたそうです。
 記事によるとCEOのイーロン・マスク氏はネット決済サービス「ペイパル」などを興した起業家だそうで、会社創業も2003年とまだ7年しかたっていないそうです。
 電気自動車は家電やパソコン並に優秀な部品を組み合わせたらすぐに独自な完成品が組み立てられるので、自動車産業の構造が変わる可能性があります。
100630_tesra【日経新聞記事引用】
電気自動車のテスラ上場 初値、公開価格上回る19ドル
2010/6/30 1:12
 【ニューヨーク=川上穣】米電気自動車(EV)ベンチャーのテスラ・モーターズが29日、米ナスダック市場に上場した。初値は19ドルと公開価格(17ドル)を約12%上回った。有望なベンチャー企業の上場として、投資家の関心の高さを裏付けた。テスラは上場で総額2億ドル超を調達し、成長戦略に資金を投じる計画。

 テスラは2003年の設立。ネット決済サービス「ペイパル」などを興した起業家、イーロン・マスク氏が創業資金を出資した。独ダイムラーとの提携に続き、今年5月にはトヨタ自動車との資本・業務提携を発表。トヨタと米ゼネラル・モーターズ(GM)の旧合弁工場「NUMMI」の土地や建物の一部の購入も決めた。

Posted on 6月 30, 2010 at 10:45 午前 | | コメント (0)

2010.06.16

100616 音声自動翻訳は同時通訳可能か?

100616_sourcenext_honyaku 日経トレンディに音声認識の翻訳ソフトが紹介されています。
ソースネクスト、話すだけで瞬時に翻訳できるソフトなど発表

 日英双方向の音声翻訳ソフト「超速通訳ツージル」という名前からわかるように低価格普及版ソフトの市場展開でソフト市場を拡大したソースネクスト社の製品ですが、名前は何となく軽薄ですが、価格はこの会社としては一桁違う6万4800円!
 びっくりするような高価格ですが、それだからこそ、ひょっとしたら実用性があるのかも知れません。
 以前、IBMとジャストシステムのコラボで音声認識ワープロというのが発売され、現在でもレノボ辺りが継続して発売しているのかも知れませんが、発言者の発声パターンをあらかじめ記憶させるための事前準備がかなり手間と時間がかかるため、一時的な話題にしかなりませんでした。
 今回の「超速通訳ツージル」はそういった事前準備もいらないし、日本語特有の主語が無いような発言でも正しく翻訳して文字表示と同時に英語でも発声もしてくれるそうですから、かなり優秀そうです。

 でも、日本語で入力した文書を翻訳ソフトを使って変換してもまだまだ実用レベルには程遠いという印象なのに、一足飛びに音声自動認識、同時翻訳ができるなら、6万4800円は安いかも知れません。
 どこかで取り上げて使用レポートを書いていただきたいものですね。

100816_hikarunogo 話は全く飛びますが、数年前に「ヒカルの碁」というアニメが話題になったのを覚えている方もおられると思います。最近Gyaoで再放映していて、ついつい、第一話からもう一度見てしまいましたが、その時ふと思ったのは、人間の記憶力には限界があるけど、機械の記憶能力には限界がないから、藤原の佐為(平安時代の囲碁名人の霊)のように、数億通りもあるような囲碁の定石などのデータを保持させて、必要な部分を自ら判断して、直接人の頭脳に情報を流せるようになれば、記憶という物理的制約から解放されるのではないかということです。
 コンピューターの記憶媒体が限りなく小型化していくのは身近に見ているとおりですから、そのうち、身体の一部として取り込んで臨機応変に必要な情報を人の判断中枢に送って、シームレスで正しい答えを発言したり、書いたりできるようになるでしょう。
 物忘れがよい(?)、と自他共に認めていますから、そのような時代に早くなって欲しいと夢見ています。
 思わぬ人工頭脳つながりで横道にそれっぱなしで申し訳ありません。

【日経トレンディの記事】
100616_sourcenext_honyaku2 ソースネクスト、話すだけで瞬時に翻訳できるソフトなど発表 2010年06月15日
 ソースネクストは2010年6月15日、日英双方向の音声翻訳ソフト「超速通訳ツージル」を発表した。パソコンのマイクに向かって日本語や英語で話すだけで、瞬時に文字と音声で翻訳される。最高峰の音声翻訳技術を用いることにより、待たされることなくほぼリアルタイムに音声翻訳できるのが特徴だ(翻訳にかかる時間は約1.5秒ほど)。希望小売価格は6万4800円。発売は7月2日。学割版も用意する(希望小売価格は4万9800円)。

 「モーニングコールをお願いします」「頭がガンガンする」といった主語を省略する日本語特有の言い回しにも対応した。これまでの音声翻訳ソフトとは異なり、利用者の年齢層や性別、実際の声を登録するといった事前の設定は必要ない。インターネットへの接続も不要なため、海外や航空機内でも利用できる。

Posted on 6月 16, 2010 at 12:55 午後 | | コメント (0)

2010.06.14

100614 HAYABUSA 地球帰還、見ました

100613_hayabusa_21 6月13日の23時過ぎ、HAYABUSAの地球帰還の画像を和歌山大学のスタッフがライブ中継していただいたので、一眼レフデジカメで連写しました。
 あまり期待していなかったけど、大きな火球が地平近くを辺りの空を明るく染めながら流れていく様子はすごい迫力でした。
 ライブ中継は同時に37880名の方が見ておられたそうです。
 母校の皆様、歴史に残る快挙を中継していただき有り難う御座いました。
 お疲れ様でした。

Picasaの写真をご覧下さい。

100613 HAYABUSA 帰還

kws_futoさんのビデオ画像です。

NASAのビデオ画像です。
小さいですが画像は鮮明です

Posted on 6月 14, 2010 at 12:09 午前 | | コメント (2)

2010.05.26

100526 通信各社、iPadで回線争奪 料金下げや新型接続器

100526_ipadsetuzoku通信各社、iPadで回線争奪 料金下げや新型接続器
 モバイルルーター接続が一気に広がりそうです。
 きよもりはe-mobileのD25HWを5/8にゲットしましたが、もちろんiPad対策です。

 今日の記事では、e-mobileも値下げするそうですから、大歓迎ですね。
 孫さんの頑張りにもかかわらず、SIMロックやアクセス環境の悪さから評判が良くないiPad 3Dはかなり苦戦すると思います。
 きよもりには関係ないのですが、iPhoneで3D契約している人はiPadで3D契約したら、電話代を二重払いすることになるのではないのでしょうか。
 モバイルルーターなら5台くらいまで同時接続出来ますから、iTuneを使いながらiPadも見るといった使い方ができるかも知れません。

【記事引用】
日本経済新聞 2010/5/25 20:54
 28日に発売される米アップルの「iPad(アイパッド)」など多機能携帯端末を巡り、通信各社の回線争奪戦が激化している。ソフトバンクが販売契約を結んだiPadは同社の携帯回線を使うタイプと無線通信タイプの2種類がある。NTTドコモとNTT東日本は無線タイプの利用者取り込みを狙い、モバイル無線LANルーター(ネット接続器)の提供を6月に始める。イー・モバイルも無線通信を値下げする。アップル製品を事実上独占販売するソフトバンクに対抗する。

 ルーターは持ち運びが可能で、ドコモやソフトバンク、イー・モバイルなどの携帯通信網、公衆無線LAN、光回線を自由に選んで屋外でも使えるのが特徴。iPadだけでなくスマートフォンや携帯ゲーム機、モバイルパソコンなど複数の端末を同時に接続できる。

 ドコモは新型モバイルルーターを使ったデータ通信サービスを6月下旬から始める。ドコモはiPad向けに自社の携帯通信網の提供を目指していた。しかしアップルは携帯通信型iPadの販売契約をソフトバンクとだけ結んだため、戦略を転換し、急きょ無線ルーターの投入を決めた。販売奨励金の投入で「無線ルーター自体は実質0円に近い価格で量販店に並ぶ見通し」(関係者)。

 NTT東日本は光ファイバー回線「フレッツ光」の契約者向けに6月下旬からモバイルルーターのレンタルを月315円で始めるほか、公衆無線LANの利用料金を業界最安値の210円に引き下げると発表した。

100526_ipadroter イー・モバイルも同社の小型無線ルーター「ポケットWiFi」などのデータ通信端末を8月末までに新規に購入した顧客を対象に、月額基本料を1年間、1000円引きの3980円にすると発表した。

 一方、ソフトバンクモバイルはiPad向け携帯回線の通信料金を使い放題で月額3225円に設定した。既存のiPhone(アイフォーン)向けの月額4410円よりも安く、「価格破壊につながりかねない」と競合他社は警戒する。

 料金競争を避けたいドコモやイー・モバイルはキャンペーンで一時的に通信料金を安くした格好だが、それでもソフトバンクより700円以上高い水準。ソフトバンクの携帯回線に対応したiPadの販売が伸びれば、料金引き下げ競争が過熱する可能性もある。

Posted on 5月 26, 2010 at 07:44 午前 | | コメント (0)

2010.05.10

100510 iPad予約完了

100510_ipadreserve やっぱりというか当然というか、iPadをApple Storeで予約しました。
15年前なら、心斎橋の店に5月27日夜中から並んでゲットしていたかも知れませんが、いまはネットで予約もでき、発売日に配送してくれますから、そこまではしません。
ヨドバシで予約すれば、10%のポイントが付くのが判っているのに、わざわざApple Storeに予約するところがこだわりです。
ネット予約は混んでいて、何度かセッションが切れましたが、なんとか受付完了したようです。

Posted on 5月 10, 2010 at 12:42 午後 | | コメント (0)

2010.05.09

100509 山行計画:5/16 山仲間第131回例会案内 京都北山/花背峠から石楠花尾根

100429_syakunageone_026                                      平成22年5月9日
山仲間諸兄諸姉
                                      山仲間事務局 きよもり
     山仲間第131回例会案内 京都北山/花背峠~石楠花尾根

 4月以降、週末は好天に恵まれ、ゴールデンウィークも絶好の行楽日和に恵まれました。皆様それぞれの休日を満喫されたことと存じます。
 4月の例会は花見のシーズンと云うことで、山仲間としては始めて湖北・海津大崎の観桜をかねて、万路越の古道から東山を経て海津大崎までの尾根歩きに挑戦しました。
 最後の下りで道が消えて、少し藪漕ぎも強いられましたが、全体としては非常に明るくて歩きやすい尾根歩きで、最後の花見も楽しんでいただけたと思います。参加いただいた14名の皆様、飛び入り参加していただいた地元・黒山在住のANDさん有り難う御座いました。
 さて、5月の例会は予告では北六甲/丹生山系とし、例会のための下見も東京から参加のNWHさんも含め11名ものご協力をいただき、無事完了しましたが、事務局のわがままで、この時期しか見られない北山の石楠花を目的に花背峠から石楠花尾根を歩きたいと存じます。
 参加していただける方は、5/14(金)までにメールまたはFAXでご連絡ください。
                               敬具

【山行計画】 
日 時:平成22年5月16日(日) 9:10~15:30
行き先:京都北山/花脊峠から石楠花尾根
コース:出町柳(バス)⇒花脊峠~百井峠~天ヶ岳~石楠花尾根~小出石(バス)⇒国際会館
集 合:京阪出町柳バス停32 7:50発・広河原行きバス乗車
  参考:阪急三宮6:00⇒快速急行⇒6:28十三6:33⇒快速急行⇒7:17河原町・祇園四条7:28⇒京阪特急⇒7:33出町柳 
    または阪急三宮5:48⇒各停⇒六甲5:55⇒御影5:57⇒芦屋川6:02⇒6:22十三
地 図:25000分の一「大原」
 レベル:初級の中(最初だけ少し藪)
 断面図予定ルート
行 程:約8.4km 所要時間:6時間20分(歩行時間:4時間50分、休憩・昼食:1時間30分)
 出町柳7:50⇒京都バス\620⇒8:53花脊峠
 花脊峠(9:10頃)→90分→百井峠→30分→鉄塔Ⅰ(11:00頃、昼食)→40分→石楠花尾根分岐→20分→鉄塔Ⅱ(13:30頃)→30分 →P528m→60分→林道→20分→小出石バス停(15:30頃)
 小出石16:00⇒京都バス\430⇒16:35国際会議場16:52⇒地下鉄\280⇒17:11京都(解散)
  参考:小出石に15時前に着くようなら、大原まで3km・45分程度ですから歩きます。
     小出石発 バス時刻(国際会議場行き):14:00、16:00、16:40、17:40
費 用:交通費¥1,330(出町柳起点・京都終点)
追 記:
  6月の例会は6/20(日)に旧福知山線の廃線歩き(生瀬~武田尾)を予定します。
  7月の例会は変則ですが7/25(日)にリトル比良・寒風峠から揚梅(ヤマモモ)の滝+流し素麺を予定します。

【地図】
断面図
100429_hanasetouge_syakunageonedanm
予定ルート
100429_hanasetouge_syakunageone
カシミール3Dルートデータ
「100429_SyakunageOne.gpx」をダウンロード

Posted on 5月 9, 2010 at 09:49 午後 | | コメント (0)

2010.04.23

100423 ユニクロと高島屋がタッグ!新宿2つ目の“都内最大級”店舗

20090123001560601 今日に日経新聞:
 ユニクロと高島屋がタッグ!新宿2つ目の“都内最大級”店舗
 ユニクロの攻勢が止まりません。
 1000坪規模の大型ショップを都心に拡大する最も簡単な手段としては、売上不振の百貨店のフロアを利用するメリットは大きいと思われます。
 2、3年後にはフロア総面積が現在の1.5倍にもなる大阪の百貨店も売上の底上げは困難ですから、ユニクロのような大規模専門店にフロア貸しする事例が増えるでしょう。

 問題は、画一的な安売り衣料が飽和状態になる時期がいずれは来ることです。
 きよもりの場合、頑固にユニクロでの買い物をしたことがありませんが、もし買うなら、30年前に戻って、安いシャツに自前でイラストやアニメを繊維用絵の具で書き足してユニークなものにしたいと思います。
 子どもたちがまだ小学生の頃は、休みになったら、夜中までスヌーピーやドラえもんのアニメを手書きでペイントしていたのを思い出します。
 いまなら、パソコンを使えばもっと簡単に絵を描けそうです。

Posted on 4月 23, 2010 at 10:10 午前 | | コメント (0)

2010.04.16

100416 米Google、Twitterの過去のツイートを検索可能に

100416_google_twitter Googleの検索は強力で、複数のキーワードで探せば、昔なら図書館へ行って探さないといけないような情報が即時入手出来ます。
 きよもりの場合、6年もブログを書いていますから、以前発言した記事や、昔行った山の記録などを探すには最適ですから、サイドバーに自分のブログ記事を検索する窓を貼りつけています。

 そんな便利なGoogle検索でも、ここ一年でユーザーが1億人を越したTwitterの検索機能が弱いことが指摘されていました。
 常にトレンドを押さえるGoogle社ですから、もちろん対応を急いでいて、10年02月にはリアルタイム検索を開始していましたが、今日のASCIIでは過去に遡った検索も可能になったそうです (ただし今のところは英語版のみ)。
 試しに画面を参照してみると、Obamaをキーに過去の発言が検索でき、上部には発言量をグラフで表示してくれます。
 ちょっと見た感じではまだ10年02月までしか遡れないようですが、追っかけ過去データもすべて探せるようになると思われます。

 一方では、今日の日経新聞には
 国会図書館、公的サイト保存し「ウェブ蔵書」に国・日銀など2000機関 法改正受け許諾不要
 米議会図書館、ツイッター全投稿収蔵
 とかの記事が出ていますから、映画並みに知らぬ間に個人情報は何らかの閲覧を受けて、いつでも過去に遡って検索できるようになっていきます。不用意な発言には注意しましょう。

 

【ASCIIの記事引用】

米Google、Twitterの過去のツイートを検索可能に
文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2010年04月15日 01時54分更新
記事提供:SEMリサーチ
.
米Googleは2010年4月14日、リアルタイム検索に関連した新機能として、Twitter上の過去の発言(ツイート)を遡って検索・閲覧できるサービスを追加する。数日内に英語圏で利用可能になる。

関心ある話題についてのキーワードで検索した後に、検索ツール(Search Options)から Update(アップデート)をクリックすると、従来通りの最新のツイートに加えて、画面上部に時間軸と話題の高さを表すチャートが表示される。チャートのスパイク(山)はTwitter上でそのキーワードを含むツイートが数多く行われたことを意味する。このチャートから、閲覧したい任意の時間を選択してクリックすることで、ツイートのアーカイブを読むことができる。

Twitterのアーカイブ検索機能はリリース当初は2010年2月11日までしか遡ることができないが、今後、2006年3月21日までのアーカイブが検索可能になる予定。

過去のツイート検索を試したい場合はこちらの画面を参照のこと

Replay it: Google search across the Twitter archive
http://googleblog.blogspot.com/2010/04/replay-it-google-searc

h-across-twitter.html
【Googleの自己ブログ検索】
100416_google

Posted on 4月 16, 2010 at 08:38 午前 | | コメント (0)

2010.04.06

100406 大企業でもG-mail採用が増えるか?

 Googleは一般ユーザー向けのサービスからユーザーを取り込み、ここ三年余りは企業での検索サービスや、クラウドサービスに浸透しつつあります。
 昨年、「富士ソフト」がG-mailを導入というニュースがありましたが、ソフトウェア開発を主業務とする企業ならばとそれほど大きなインパクトは感じませんでした。現在は、いわゆるクラウドサービスである「Google Apps Premier Edition」の採用まで拡大しているようです。
 今回はわれわれ同様、一般の消費財メーカーとして、「ユニ・チャーム」がG-mailを導入ということですから、インパクトがあります。

100406_unicharm ユニ・チャーム、メール自前主義と決別 ~「コスト」まだ削れる
 今後5年間の費用を半減
 メール保管容量が1人当たり25ギガバイト(ギガは10億)になり、利用者が受信メールを削除する手間がほとんどかからなくなった。
 ユニ・チャームは独自の経営手法「SAPS(サップス)」を強化するため、フリーアドレス型オフィスを採用。会議や打ち合わせによる対面コミュニケーションを重視しているが、その効率化を狙ってメールの活用も盛んだ(写真:山西英二)
 また以前は、急増し続ける迷惑メールの除去処理で、メールシステムにかかる負荷が過大になっていた。

 メリットはメールの容量を気にしなくて良い、スパムや迷惑メールなどほとんど完璧に排除される、などユーザーやシステム運用コストが大幅に軽減されますが、見返りとして社内データの流出という目に見えないリスクを覚悟しなければいけません。
 この辺りの兼ね合いで、システム担当者としては自信を持って踏み切れないわけですから、最終決断は経営者判断となるでしょう。

Posted on 4月 6, 2010 at 06:04 午後 | | コメント (0)

2010.04.05

100405 これぞ本命!→サムスンのミラーレス一眼

 きよもりとJNKさんが使っているオリンパスの一眼レフはE-420E-620ですが、画像も綺麗し、扱い易いので結構気に入っています。でもやはり一眼レフなのでそれなりにかさばって、ずっと首から掛けていると結構負担で、マイクロフォーサーズの発売を心待ちしていました。
 ところが期待に反して、発売されたのはE-P1で、言わばレンズ交換式デジカメでしたから、ファインダーもなければ駆動式ライブビューも無いタイプでした。
 その後、E-P2やE-PL1と後継種が出ても、タイプはあくまでも安っぽいデジカメタイプで継続されていますから、全く食指が動きません。LUMIXにしてもあまり見栄えは変わりませんでしたが、GH1が今までの一眼レフの形を踏襲しているようですから、一度手にとって確認してみます。

 そのような状況下、韓国Samsunsが日本以外の国で発売している一眼カメラの紹介がありましたから、興味津々です。
【引用記事】
100405_samsun_thumb_450_06_px450国内投入に期待! サムスンのミラーレス一眼の高い完成度

APS-C型の撮像素子を搭載する独自規格のミラーレス一眼「NX10」
 サムスン電子が現在もっとも力を入れているのは、レンズ交換式のミラーレスデジタル一眼「NXシリーズ」。同社が開発した独自規格のマウント「NXマウント」を採用する小型モデルで、パナソニックの「LUMIX G」シリーズや、オリンパスイメージングの「オリンパス・ペン」シリーズの競合となる意欲作だ。一眼レフカメラらしいデザインの第一弾製品「NX10」がすでに各国で発売されている。実売価格は、標準ズームレンズ付きモデルが699ドル(約6万5000円)前後となっている。

Posted on 4月 5, 2010 at 12:11 午後 | | コメント (0)

2010.04.02

100402 日経新聞Web版がお薦め

100402_nikkeiweb 3月23日から日経新聞電子版(Web版)がスタートしました。
 単独で購読すると月額4000円と高いので、14年間も購読をやめていた日経新聞の定期購読を再開しました。 新聞購読とWeb版購読の抱合せだとWeb版の差額は1000円なので、殆どの読者はこちらを選択されたのではないでしょうか。
 たまたま、引越ししたマンションが各戸まで毎朝朝刊を配達してくれることになっているのも定期購読を再開した要因です。

 生活パターンも少し変わりました。
 今までぎりぎりまで寝ているか、早めに起きたときにはパソコンでメールチェックをしていたのが、最近では5時過ぎには配達される新聞を取り込んで、ざっと見出しを読んでから出かけるようにしています。見出しを読むだけでも一時間近くかける場合もありますが、興味のある記事は全く同じ構成でWeb版にも掲載されるので、出社してから、インターネットでゆっくり読み直せるのはすごく安心というか重宝です。

100402_nikkeicyokan Web版では、昨年から購読している産経NetView(サンケイネットビュー)のように新聞紙面をそのままのイメージで拡大して読むことも可能ですが、日経新聞の場合、写真やイラストなどはあまり多くありませんから、インターネットの記事と同様、横書きのテキストや、リンクで読むのが楽です。
 もちろん、文化面の私の履歴書も紙面と同様、昨日から始まった有馬稲子さんの履歴が可愛い写真付きで読めます。
 面白いと思ったのは、新聞紙面で記事下広告や右紙面に多い全面広告まで紙面イメージではそのまま見られるのに、文化面下の連載小説、今は「韃靼の馬」(辻原 登)だけは白抜きになっていて紙面イメージでも読めないことです。著作権の関係でしょうね。
 紙面イメージでは広告までそのままなのは、商売上手な日経ですから、そのうち紙面広告からスポンサー企業へのリンクまで視野に入れているのかも知れません。

 もうひとつ、素晴らしいのは、ネット配信のニュースが従来の「日経gooニュース」から「日経主要ニュースメール」(朝昼夕夜の4回)、「日経ニュースメール」(朝昼夕の3回)、「日経速報メール」(都度)と配信頻度が上がり、タイムリーになったことです。
 これで、大事な記事を見逃す恐れはほとんどなくなったと言ってよいでしょう。

Posted on 4月 2, 2010 at 10:28 午前 | | コメント (0)

2010.03.31

100331 巨大ソーラー・プレーン本格飛行実験を開始へ

100331_solarplane今日の日経Tech-Onの記事:
 巨大ソーラー・プレーン,本格飛行実験を開始へ
 という記事があります。
 実際にはまだ地上1mで350mほど飛んだ段階だそうですが、今夏には夜間飛行も含めた36時間連続飛行に挑戦するそうです。
 素人考えですが、最も馬力が必要なのは離陸時ではないかと思いますので、そのあたりはどうなんでしょうね。
 地球に優しい省エネ技術の試みは話題になります。

【主な特徴】 
 1.発電源として太陽電池だけを用いる
 2.2011~2012年には太陽光エネルギーだけで世界一周を目指す
 3.寸法が全長21.85m,翼長63.4m,高さ6.4m,重さ1.6トンで自動車1台分程度と非常に軽い
 4.平均飛行速度は時速70kmと非常に低速
 5.夜間飛行は,Liポリマ2次電池を約400kg搭載,総重量の約1/4をこの電池が占める
 6.2011年には2機目となるさらに大型の機体「HB-SIB」(翼長80m)を製作する計画
 7.2012年に大西洋越えを試み,2013年前後に20~25日かけて世界一周飛行に挑戦する

【引用記事】 日経Tech-On

 スイスSolar Impulse SAは2010年3月30日,同社が製作した,発電源として太陽電池だけを用いる巨大飛行機の試作機「HB-SIA」の飛行実験を本格的に始める(関連サイト)。これは,冒険家のBertrand Piccard氏などが主導して2003年に始まった「Solar Impulseプロジェクト」に基づくもの。2011~2012年には2機目の機体を製作して,太陽光エネルギーだけで世界一周を目指すという。

 HB-SIAは,寸法が全長21.85m,翼長63.4m,高さ6.4mの飛行機。翼長だけなら,米Boeing社の大型旅客機「747」や欧州AirBus社の「A340」に並ぶ大きさである。一方,重さは1.6トンで自動車1台分程度と非常に軽い。

 主翼と水平尾翼上の面積200m2のスペースには,変換効率22%で150μm厚の米SunPower社製太陽電池を1万1628枚敷き詰めている。この太陽電池の出力で,最大出力7.5kW(10馬力),平均出力6kWの電気駆動のエンジン計4台を駆動する。平均飛行速度は時速70kmと非常に低速である。

 夜間飛行に備えては,エネルギー密度が約220Wh/kgのLiポリマ2次電池を約400kg搭載する。総重量の約1/4をこの電池が占めている。

 初飛行は2009年12月に終えているが,距離350m,高さ地上約1mの非常に短くて低い「飛行」だった。今回は,約1時間半飛行を続けて操縦性などを確認し,2010年夏までには夜間も含めた36時間連続の飛行に挑戦する計画である。

 2011年には2機目となるさらに大型の機体「HB-SIB」(翼長80mで,AirBus社の「A380」を超える)を製作する計画。2012年に大西洋越えを試み,2013年前後に20~25日かけて世界一周飛行に挑戦する。途中,世界の5地域に着陸予定で,アジアでは中国および日本に立ち寄ることを検討している

Posted on 3月 31, 2010 at 02:40 午後 | | コメント (0)

2010.03.26

100326 Ustream(ユーストリーム)とは

100326_ustream 孫正義氏のインタビュー記事を読んでいて、始めてユーストリームというサービスを知りました。

 Ustream(ユーストリーム)とは2007年の3月に設立されたアメリカの動画共有サービスですが、動画共有サービスとしては、すでにYoutubeやニコニコ動画が先行しているので、何が孫氏を感動させたのか記事を読んでもピンときませんでした。

 色々検索して判ったことは、Youtubeやニコ動がユーザーが収録編集したビデオ動画を共有サーバーに登録するバッチ処理なのに対して、Ustreamはリアル共有、すなわちライブ中継であるという点です。

 登録方法や設定方法はやさしい始め方シリーズUSTREAM 編にやさしく詳しく解説されていますから、誰でもすぐに始められますが、ライブ中継に必要な機器はカメラ付きのパソコンやiPhoneのようなPDA、携帯とヘッドセット(マイク付きイヤフォン)だけですし、音声なしならヘッドセットもいらないかも知れません。

【引用】

 Youtube やニコニコ動画のように、いったん撮影・編集された動画を配信するための動画投稿サイトとは異なり、「今やっていることをリアルタイムに配信できる仕組み」は、テレビの生中継のようなものとお考えいただいて差し支えありません。
 もちろん、無料で生中継、生放送ができるというだけでなく、予め用意していた動画を放送したり、決められた時間にスケジュール配信したり、2画面同時放送(ピクチャーインピクチャー)を実現できるなど、高度な放送管理機能を持ったシステムでもあります。
 ツイッターのようなフォロー機能のほか、チャット機能、ツイッターと連携させる機能などもあるので、放送を楽しんでもらっているユーザー間でコミュニケーションを取ってもらったり、Twitter から質問を頂戴しつつ映像上でリアルタイムに回答していくなど、配信内容を肴にユーザーとコミュニケーションを行うための周辺機能も充実しています。

 個人的には山の上から360度の展望を生中継するとか、山仲間の主演のライブ中継とかが考えられます。

 会社では、社長の年頭訓辞などを遠隔の営業所とか海外子会社へも生中継とかに使えそうですが、この場合は、公開というわけにはいかないので、非公開のURLを使うことになるでしょう。
 基本的には無料ですが、複数カメラを同時接続したり、より高画質な画像を表示できる有償版もあるようです。

 たしかにすごい時代になったものです。

Posted on 3月 26, 2010 at 10:53 午前 | | コメント (0)

2010.03.02

100302 日本版「フリー」流行の兆し

100302_bunsyun_ph2 今日の日経ビジネスONLINE 「時事深層」で
 「この本、丸ごと無料です」
 という記事を読んで、なるほどと感心しました。

 記事にも書いてある通り、この発想はベストセラー本「フリー」の二番煎じですが、異なるのは本をまず出版し、版を重ねて元がとれたので本の内容全てをPDFファイルでインターネット公開するという、あとさき逆の考えだということです。

 この考え方って、これからかなり広がりそうですね。
 理由1.著作者にとってはすでに原稿料以外に充分な印税を得ており、寛容になっている。
 理由2.出版社にとっては、印刷製本と書籍流通のコストに対する、膨大な返品リスクを考えると、今後更に重版するより、無料宣伝でクチコミが広がれば、購入希望者の底辺が拡大するので息の長い持続的な販売に期待できる。

 前宣伝がよいのか後宣伝がよいのかは内容と本の価格次第かも知れませんが、今回のような事例は読者にも好意的に受け入れられやすいので増えると思います。
 もちろん、インターネットで全文公開される前に本を購入した人からは、苦情が入る可能性もありますが、青空文庫のように、著作権が切れた本を無料公開しているのと同じと考えれば、手元にベストセラー本が残っているのですから、無駄金とは言えません。

 今後、ベストセラーによって充分な報酬を得た著作権者が出版社と話しあって、インターネットで無料公開するケースが増えるでしょう。
 極端な発想で言えば、重版が10版以上になったら、あるいは5万冊以上になったら、著作権者さえ承認すればすべてインターネットで公開するような原則を作れば、KindleやiPadの普及と相乗して若い人達の活字離れも解消し、日本の文化水準向上にも大いに資するし、50%にものぼる書籍流通の返品も減少し、資源の節約にもなると、期待出来ます。

参考:初版部数を考える 

【記事引用】日経ビジネスONLINE 「時事深層」 2010年3月2日(火)
「この本、丸ごと無料です」  中原 敬太(日経ビジネス記者)

3月1日、文芸春秋が1冊の新書を全文無料で公開する。無料公開で本は売れなくなるのか、それともさらに売れるのか。電子書籍の登場で揺れる出版業界の注目を集めそうだ。

 大手出版社の文芸春秋が3月1日から1つの実験を始める。昨年10月に出版した新書『生命保険のカラクリ』をインターネット上で全文無料で読めるようにするというもの。大手出版社が丸ごと1冊を無料で公開するのは極めて異例のことだ。

著者の強い希望で実現
 今回の「実験」を言い出したのはこの新書の著者である、岩瀬大輔氏だ。ネット経由で死亡保険や医療保険を販売するライフネット生命保険の副社長である彼はこの本の中で、従来の生命保険のコスト構造を明らかにするなど、生保業界のタブーに切り込んで話題を集めた。

100302_bunsyunbunko02 彼の周囲の著名人のブログなどで取り上げられ、アマゾン・ドット・コムなどネット書店を中心に売れ行きは好調。出版から3カ月で6刷が決まり、発行部数は2万9000部に達した。

 「さらに多くの人に読んでもらうためには、どうしたらいいか」

 出版当初からネットでの無料配信に関心があった岩瀬氏は、クリス・アンダーソン氏の『フリー』の存在を知り、その思いを強めた。『フリー』は、無料にすれば利用者が増え、結果として利益を生むと主張。その本自体が先着1万人にネットで無料公開され、ヒットにつながった。岩瀬氏は文春の担当者に相談した。

 前例のない提案に、最初は戸惑いを隠せなかった文春だが、「どこかが始めるのは時間の問題。文春のような保守的な出版社が先駆けてやることに意味がある」という岩瀬氏の熱意に押し切られる格好で承諾した。
 一部分だけの配信も検討したが、最後はPDF方式で全文公開を決断。期間のみ4月15日までと限定した。年代と性別を答えると、ダウンロードでき、後はコピーするなり、メールで転送するなり、ユーザーの自由だ。

100302_bunsyunbunko_02 ネットで無料公開したら、本が売れなくなるという意見に対しては、「全部印刷する手間と費用を考えたら、新書を買った方がいいと考える人も少なくないはず」(岩瀬氏)と予想する。

 確かに、新書は235ページ。すべて印刷すると1枚5円でも採算が合わない。きちんと製本された形を819円で手に入れられると考えれば、本を購入した方が割安という見方もできる。

 今回の岩瀬氏と文春の取り組みは、起爆剤となって他の書籍にも影響を与えるのか。文春新書の飯窪成幸編集部長は比較的冷静だ。

 「我々は自社の持つコンテンツを大切にするために、どうすべきかを考えなければならない。今回のやり方も1つの方法だとは思っているが、ネット上はすべてタダという考え方は危険」と話す。実験の結果がどうであれ、すぐにほかの新書や書籍の無料公開に踏み切ることは考えていないという。

出版業界の今後占う?
 出版業界はこれまで、著者も出版社も、無料公開はコンテンツの価値否定になると二の足を踏んできた。しかし今回、著者が自ら希望し、それに出版社も同意したのは第一歩と言える。

 内容によっても異なるが、時流を捉えたテーマで勝負することが多い新書は、それだけ賞味期限は短いと見られる。しかし今回のように発売から4カ月が経過した新書の無料公開は、寿命をさらに延ばす可能性もある。

 文春という大手出版社を巻き込んだ今回の実験は、出版業界で話題になりそうだ。どちらの結果となっても、それはキンドルやiPadの登場により、紙媒体と電子媒体の間で揺れる出版業界に有用な視座を与えるに違いない。日本版『フリー』の実験に注目が集まる。

日経ビジネス 2010年3月1日号117ページより

Posted on 3月 2, 2010 at 12:53 午後 | | コメント (0)

2010.02.05

100205 普及が進むLED電球

Zu3_2 LED電球に関しては、地球温暖化対策も含めて、昨年来急激に普及が進んでいるようで、昨年12月では販売個数で8.5%までを占めるようになってきているそうです。
 日経ビジネスONLINEの記事では、普及が進むに従って、大手メーカー三社間では熱対策やさらなる低価格化が焦点と書かれています。
長寿命のカギは熱対策

 今の住んでいるマンションではトイレや廊下、玄関のスポットはすべて60Wの白熱球が全部で5個使われていますが、移転先のマンションでは図面によると11個も使われているようなので、記事を参考にすれば今の白熱電球のままだと年間\25,300も電気代がかかることになります。これをすべてLED電球に替えると年間電気代は\3,300に激減しますので、二年間で購入価格は償却出来る計算です。

 問題は、今後さらに普及が進むとさらに低価格化と熱効率の向上が進むのは目にみえていますから、どこで見切るかでしょう。

【最近の関連ニュース】
 パナソニック、LED電球の生産能力4倍 海外に全面移管 NIKKEI NET 10/02/05 07:00
 シャープ、LED電球で米市場参入 3月に発売 NIKKEI NET 10/01/20 22:32

【日経ビジネス ONLINEの記事引用】

時事深層 2010年2月5日(金)
長寿命のカギは熱対策
LED電球(シャープ、パナソニック、東芝ライテック)

瀧本 大輔(日経ビジネス記者)

 低消費電力であることが注目され、急速に普及し始めたLED電球。メーカーの悩みの種は、LEDが発生する熱が製品寿命に影響を及ぼすことだ。さらなる明るさ追求のために、各社とも放熱効率の向上に腐心している。

Zu3 家電量販店やホームセンターの店頭で存在感を示し始めたLED(発光ダイオード)電球。単価が4000円前後と高額にもかかわらず、昨年後半から売れ行きが加速している。

 きっかけは、昨年8月に家電大手のシャープが参入したことだ。以前は単価が1万円前後だったLED電球だが、シャープは約4000円の製品を投入した。これが「シャープショック」と言われるほど業界に波紋を呼び、各社が価格を一気に引き下げた。

 急速に普及するLED電球の大手は、シャープとパナソニック、東芝ライテックの3社である。新規参入のシャープを除けば、白熱電球からノウハウを蓄積してきた古参メーカーだ。「この3社でLED電球の市場シェアの約9割を占めている」と、調査会社ジーエフケーマーケティングサービスジャパンの山形雄策アナリストは説明する。

電気代は白熱電球の約8分の1

 LED電球の最大の特徴は、白熱電球や蛍光灯と比べて電力消費量が少なく、電気代が安く済むこと。大手メーカー各社の試算によると、1日当たり5時間半の連続点灯で、白熱電球の電気代は年間2300円を超える。LED電球なら約300円で済むという。

 寿命が約4万時間と長いのも特徴だ。1日に10時間使っても10年以上もつ。LED電球の寿命が、照明機器本体の買い替えサイクルより長いことすらあるだろう。加えて紫外線を出さないので虫が寄りつかず、樹脂の劣化や紙の色変化を起こさない利点もある。

 いいとこずくめに聞こえるが、メーカー共通の大きな課題がある。それはLEDから発生する熱の処理だ。

 電球は電気のすべてを光に変えるわけではなく、その多くが熱になってしまう。LED電球は、エネルギー変換効率が白熱電球の6倍程度と優れているが、それでも熱を発する。この熱がLEDや周囲の樹脂を劣化させ、性能や寿命に影響してしまうのだ。

 白熱電球の表面温度は最高で200度近くに達するが、エネルギー利用効率が高いLED電球でも70度前後になる。このため、発生した熱を効率よく外部に逃がすことが、LED電球の優先課題になっている。

 熱を効率よく逃がすには、ヒートシンク(放熱器)を熱源に密着させて配置する。ヒートシンクには一般的に、アルミのような放熱性が高い金属材料を 採用し、立体形状に加工して表面積を広げることで放熱効率を高める。

 LED電球の場合は、本体そのものがヒートシンクの役割を持つ。シャープと東芝ライテックの製品は、いずれも本体に冷却フィンと呼ばれるヒレ状の 突起を設けることで、表面積を増やした。素材にはアルミダイカストを採用している。

 ダイカストとは、溶かした金属を金型に圧力をかけて流し込む鋳造方法を指す。金型や原材料のコストはかさむが、放熱性と耐久性に優れる。あえて高 コストな手法を大手2社が採用するほど、LED電球にとって発熱は大きな問題なのだ。

 ただし、シャープと東芝ライテックでは形状が異なる。シャープの製品は冷却フィンの深さが数mmで数が多いが、東芝ライテックの製品は深さが 1cm以上あり、数は16本だ。


Zu1

放熱対策の手法が異なる
シャープと東芝ライテックはアルミダイカスト製の冷却フィンを採用。
パナソニックはア ルミ板を筒状にし、表面をアルマイト処理して放熱効率を高めた

冷却フィンの形状に工夫

 なぜ形状に差が出るのか。シャープの桃井恒浩・LED照明事業推進センター副所長兼商品企画部長は、「電球のイメージを保ちながら表面積を広げる ために、冷却フィンを浅くして本数を増やした」と説明する。デザイン性を重視すれば放熱効率が落ちることも予想される。そこで、発熱量が多い60ワット相 当の製品に限り、熱を伝導しやすい樹脂を本体内に充填した。

 一方、東芝ライテックの宇津巻隆久・管球事業部商品部長は、「放熱効率が最も高い形状と冷却フィンの本数を選んだ」と言う。表面積を増やすには冷 却フィンが多い方がいいが、多すぎると高密度になって空気の対流が起きにくい。そこで、電球を使用した際に最も効率よく放熱する形状と本数を、シミュレー ションして決めた。

 東芝ライテックの製品は、発光効率の向上でも工夫を施してある。同社は昨年10月、昼白色で810ルーメンという業界で最も明るい製品を発売し た。

 LED電球は、複数のLED素子を小さな基板に並べて樹脂で覆ったLEDパッケージを、円形の基板に円周状に並べてあるのが一般的だ。東芝ライ テックは、十数mm角の基板に100個以上のLED素子を並べた大型のパッケージを開発し、新製品に採用した。

Zu2

 東芝ライテックの宇津巻商品部長は、「従来の小型パッケージでは搭載できるLED素子の数に限界があった。そこで発想を転換して大型化すること で、計100個以上のLED素子を載せられるようにした」とする。

 LED電球の放熱に、全く違う手法を取ったのがパナソニックだ。パナソニックは本体に、アルミ板を絞り加工して筒状にした部品を採用した。冷却 フィンを設けなかったのには理由がある。1つは、白熱電球のようなデザインにこだわったこと。もう1つは、冷却フィンがなくても放熱効率は大差ないと判断 したからだ。

 「電球の周囲に空気の流れがあってこそ冷却フィンの意味があるが、電球は照明器具に“密閉”されることが多い。冷却フィンの隙間に熱がこもりやす いので、なくても影響は少ないと考えた」。パナソニックの松井伸幸・ライティング社LED開発チーム主任技師は、こう説明する。

 アルミ板の表面は、酸化皮膜で覆うアルマイト処理を施してある。アルミ素材はアルマイト処理によって放射率が高まり、熱を外に逃がしやすくなるか らだ。さらに、LEDパッケージと本体を完全に密着させることで、熱が伝わりやすくした。

 アルミダイカストと比べて低コストであることも大きな理由だ。アルミ板なので加工が容易で、材料が少なくて済む。パナソニックのLED電球の重さ は約100gで、他社の150g前後と比べて圧倒的に軽い。空洞が広いので大きな部品も収容できる。

銭単位で部材コストを削減

 原価低減も大きな課題だ。価格競争の口火を切ったシャープの場合も、約4000円という価格は決して赤字覚悟の“出血価格”ではない。販売価格を いくらに設定すれば売れるのか、価格ありきで導き出したという。「従来型電球と比べて寿命が40倍なので、価格を約40倍の4000円に設定した」と、 シャープの桃井副所長は説明する。

 効果的だったのは中国での生産だ。シャープはLED電球の組み立てだけでなく、高コストなアルミダイカスト部品の生産も中国で行うことにした。部 材の調達や金型生産、部品量産をすべて中国で実施することで、調達コストの大幅な引き下げに成功した。

 パナソニックや東芝ライテックは、ガラス原材料の利用効率を向上させ、低コスト部品の採用を進めることで価格を抑えた。パナソニックの松井主任技 師は、「白熱電球や蛍光灯で培ったノウハウを生かし、銭単位のコスト削減を積み重ねた」と説明する。東芝ライテックは、部材の調達を東芝グループのグロー バル調達に切り替えた。

 さらにその先の課題として、より明るい製品の開発がある。電球色のLED電球で最も明るい東芝ライテックの製品でさえ、消費電力は8.7ワット で、明るさは白熱電球で言えば60ワット相当。白熱電球を置き換える存在になるには、100ワット相当が必要だ。

 水面下で各社とも開発を進めているが、「かなりハードルが高そうだ」と、東芝ライテックの宇津巻商品部長は打ち明ける。LEDの数を増やして高密 度に配置する必要があるので、それだけ発熱対策が難しくなるからだ。

 克服するには、抜本的な改善を含む放熱処理の方法を考えると同時に、発光効率が高いLEDパッケージの開発が必要だ。「回路の小型化や放熱効率の 向上など、まだ取り組む余地はある」と、シャープの桃井副所長も認める。

 LED電球が長寿命であるがゆえの悩みもある。それは、従来型電球からの買い替えが一巡すると、次の買い替えまで10年ほどかかることだ。その意 味で、メーカーにとっては「短期決戦型」の商品と言ってもいい。

次なる競争の焦点は照明器具

 新たな需要を生み出すためにメーカー各社が取り組んでいるのが、LEDと照明器具が一体になった製品の開発だ。LED一体型なら照明器具を薄く小 型にできるうえ、1点だけを光らせる点光源や、LEDを1列に並べた線光源といった特殊な形状にも対応できる。シャープの桃井副所長は、「電球にこだわら ず、様々な照明器具に発展させていきたい」と意欲を見せる。

 次世代の照明では、光源に有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)を採用する動きが出ている。ELはLEDより消費電力が少なく薄いので、天井や 壁全体を光らせることも可能になる。ただし、家庭用での商用化には、まだ時間がかかると見られている。

 今後はLED照明も独自性を打ち出しながら、明るさや発熱の少なさ、価格競争力で技術革新が進むはず。照明器具の開発競争は、今後さらに熱を帯び ていきそうだ。

 日経ビジネス 2010年2月1日号102ページより

Posted on 2月 5, 2010 at 12:15 午後 | | コメント (0)

2010.02.04

100204 日本ではiBooksの普及は絶望的?

4_o__2 1/27のAPPLEのiPad発表は、新しいパソコンの時代を予感させる内容でした。
 今まではパソコンは専用機として、専用ラックや文字通りデスクトップに置いて使うもの、携帯やiPhoneなどのPDAは外出先で使うものと云う色分けでしたが、iPadは10年も前にビル・ゲイツが予言した通り、お茶の間でのパソコン利用を定着させる契機になる商品だと思います。

 1/27の夜、Tweetしたように、iPadが一番似合うシーンは、自宅の部屋から部屋へ、居間からトイレ、キッチン、お風呂場、寝室とパジャマ姿でiPadを小脇に抱えてうろうろするスタイルです。老眼鏡もスタイラスペンもいらないし、電源も要らないから本体だけですみます。

 しかし、日本ではその楽しみ方に水を差すような問題が、iBooksにはあるようです。

 数ヶ月前にもgoogleが出版物のコンテンツをデータベース化して、インターネットで公開するという計画を日本では断念すると、話題になりましたが、iPadを使ったiBooksの場合も、日本の出版物の販売に関しては流通機構のタガがあって、街の本屋さんに始まって、大手のブックストアまでもが既存流通を脅かすものとして猛反対しそうな風潮だそうです。

 昨日のASCII.netに掲載されていた池田信夫氏の記事:iPadは「出版のユニクロ」の出るチャンス には以下の記載があります。
 日本では出版物に関しては価格カルテルである、再販売価格維持が認められているため、定価販売以外では出版物の販売は認められないためです。

ある編集者によると「出版業界の状況は非常にきびしく、日販(大手の取次)が在庫を減らすため『総量規制』で中小の出版点数を絞っている。この状態で日販の頭越しに電子出版など開始したら、『おたくはiPadで売るから、うちで扱わなくてもいいでしょ』などと意地悪されるのを恐れて、電子出版に踏み切れない」

 もちろん、流通を握っている日販が、APPLEと調整し、紙メディアの割合を現在の半分程度に減らし、その分をiBooksなどでのダウンロード販売に変えることで、出版物の返品の山に埋まる出版社は労せずして、製造原価ゼロで販売利益が入ってくるし、日販にとっても一定の扱い手数料が流通コストゼロの収益になります。
 問題は街の本屋さんや大手のブックストアがどの程度売上減少になるかです。
 今まででも公立図書館では、地域の住民に対して最新の本も含めて無料貸し出しをしていますから、同じようなものですが、APPLEが出版物のオンライン配信を始めると、規模が桁違いですから、読み捨てるような週刊誌や新聞のたぐい、出張の車中や通勤電車の中で読むような文庫本なんかは売上が激減するでしょう。

 悩ましい問題ですが、レコード業界の二の舞にならないよう四方丸く収まるような解決策に期待したいです。
 ちなみに、きよもりの場合ですが、iBooksが普及したら、文庫本は全集やシリーズのような小説は今まで通り購入しますが、読み切りはとりあえず、iBooksで購入して読み終わってから、もう一度読みたいとか、誰かにも読ませたいような印象に残る本はやはり本屋さんかAmazonで買うことになるでしょう。
 山のガイドブックや、パソコンの本はiPadで読むには向いていないし、いつ必要になるか判らないから印刷物でないと意味が無いと考えています。

【引用記事】

池田信夫の「サイバーリバタリアン」 ― 第103回
iPadは「出版のユニクロ」の出るチャンス
2010年02月03日 12時00分更新
文● 池田信夫/経済学者

リスクもリターンもない日本の書店

 アップルの発表したiPadは、さまざまな話題を呼んでいる。アマゾンのKindleがハードウェアもソフトウェアも英語版しかないのに対して、アップルは日本語ホームページも立ち上げて日本で売る姿勢を見せており、3月に発売されるときは日本語表示も入力も可能だ。しかし残念ながら、日本語の本を読むことはできない。書籍ソフト「iBooks」の日本語版がないからだ。日本で発売されるiPadは、iPhoneを4倍程度に拡大したものにすぎないのである。

4_o_iBooksを表示させたiPad。日本のアップルのサイトでは、iPadの情報はあっても、iBooksの情報はない
 ただ、そのうちiBooksが出る可能性もある。今でもReaderbox>というiPhone用の書籍ソフト(有料)があるので、青空文庫などの無償で配布される本は読める。問題はiPadで売れる本が出てくるかどうかだが、今のところその見通しはほとんどない。ある編集者によると「出版業界の状況は非常にきびしく、日販(大手の取次)が在庫を減らすため『総量規制』で中小の出版点数を絞っている。この状態で日販の頭越しに電子出版など開始したら、『おたくはiPadで売るから、うちで扱わなくてもいいでしょ』などと意地悪されるのを恐れて、電子出版に踏み切れない」という話もある。

 この背景には、日本の特殊な書籍流通システムがある。書籍は委託販売で、小売店で売れ残ったら返品できる代わり、再販制度(価格カルテル)で定価が決められている。在庫リスクを負うのは、取次ではなく出版社だ。最近では返品率は50%近くに達し、返品の山に埋もれて倒産する中小出版社が続出している。また定価のうち出版社に支払われる割合は、大手出版社と中小では差が大きいと言われている。

 このように問屋が価格をコントロールする定価販売システムでは、小売店にはリスクはないが、価格競争でもうけるリターンもない。これはユニクロ(ファーストリテイリング)の登場前の衣料品業界と似ている。ユニクロの柳井正社長は、このように「小売店を生かさぬよう殺さぬよう」利用するシステムでは成長できないと考え、製造直販に踏み切った。在庫リスクを取ることによって、利益も100%取るシステムを構築したのである。

出版社は古い流通機構を守ろうと自縄自縛

 iPadが売れても、こうした古い流通機構が変わらない限り、日本では電子出版は困難だろう。書籍流通については公正取引委員会も問題視し、過去に何度 か内偵が行われたが、結果的には立件に至っていない。返品も原価率も取次が強制したものではなく、他の問屋を使うのは出版社の自由だ、というのが取次側の 主張である。しかし日販・東販のシェアは合計80%で、この2社に取り扱ってもらえなければ、ほとんどの出版社はやっていけない。これは取次の「優越的地 位の濫用」にあたる疑いも強い。

 再販制度が残っているのはもう新聞・出版と音楽CDだけだが、公取委が調査すると新聞業界が「http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51292390.html活字文化があぶない」 などとヒステリックなキャンペーンを繰り広げて再販を守ってきた。出版のような弱小業界 で旧態依然たる流通機構が残っているのは、マスコミの政治力のおかげなのだ。しかし音楽産業で証明されたように、電子流通によって古い流通が「中抜き」さ れる運命は避けられないし、避けるべきではない。流通業者が電子流通を妨害することは消費者の迷惑になるばかりでなく、流通機構の改革を遅らせ、アップル やアマゾンのような外部の業者に主導権を握られる結果になる。

 紙が電子流通になっても、知識を創造する出版社の本質的な機能は変わらない。今は著者の印税は1割しかないが、流通コストが下がれば、アマゾンやアップ ルのように著者が7割とることも可能になり、今は著述業で生活できない著者も生活できるようになるかもしれない。在庫リスクもなくなるので、出版社は企 画・編集・著作権管理を行なうエージェントとしてローコスト・オペレーションに徹すれば生き残れる。

 ただし電子流通になると売り上げも減るので、今の高給サラリーマンを多数雇う出版社の組織は維持できないだろう。つまり新聞・テレビと同じく、出版業界 の問題はネット流通による利益が少なすぎることではなく、固定費が多すぎることなのだ。出版社が古いシステムを守るため自縄自縛になっている現状は、ユニ クロのような低コストのベンチャー企業が出版に参入するチャンスである。

筆者紹介──池田信夫
03_150x
1953年京都府生まれ。東京大学経済学部を卒業後、NHK入社。1993年退職後。国際大学GLOCOM教授、経済産業研究所上席研究員などを経て、現 在は上武大学大学院経営管理研究科教授。学術博士(慶應義塾大学)。著書に、「http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478011923?ie=UTF8&tag=ascii-trend-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4478011923希望を捨てる勇気―停滞と成長の経済学 」(ダイヤモンド社)、「http://www.amazon.co.jp/gp/product/4822247236?ie=UTF8&tag=ascii-trend-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4822247236なぜ世界は不況に陥ったのか 」(池尾和人氏との共著、日経BP社)、「http://www.amazon.co.jp/gp/product/456969991X?ie=UTF8&tag=ascii-trend-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=456969991Xハイエク 知識社会の自由主義 」(PHP新書)、「http://www.amazon.co.jp/gp/product/4822245969?ie=UTF8&tag=ascii-trend-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4822245969ウェブは資本主義を超える 」(日経BP社)など。自身のブログは「http://ikedanobuo.livedoor.biz/池田信夫blog 」。

【Engadget日本版の記事】 日本では当分IBooksは使えないようです。
 iPad日本版ページがオープン。3月から発売、 iBooksの記述なし

【日経 ITproの記事】 iPad及び同様の機器は5年後には5700万台規模の新しい市場を形成するとの予想です。ちなみにIPhoneとiPod Touchは発売後2年の09年9月現在、5000万台出荷されたそうです。
 iPadなどのタブレット・デバイスは5年後に年5700万台市場に---米調査会社

【「googleが出版物をデータベース化」の記事】 記事の原文(YOMIURI ONLINE 09/11/14)は消されています。
 記事のキャッシュ

★グーグル訴訟に修正和解案、日本の出版物除外

・書籍データベース化を巡る米グーグル社と米作家組合、全米出版社協会との和解案に ついて、グーグル社など和解当事者側は13日深夜(日本時間14日午後)、修正案を ニューヨークの連邦地裁に提出した。

 同案は、日本や仏、独などからの異議申し立てを受け、和解案の対象を「米国著作権局に 登録済みの書籍、または米、英、オーストラリア、カナダの4か国で出版された書籍」に 限定し、それ以外の書籍の著作権者を除外した。これで日本の出版物はほぼ対象外となり、 影響を受けないことになった。

 修正案は、米司法省が「米著作権法や反トラスト法に抵触する懸念がある」として、外国の 著者や出版社の懸念への対応、著作権者保護策の強化、競合他社も利用可能な仕組み 作りなどに関して変更を求めたことを受けたもの。和解成立には同地裁の承認が必要で、 修正案提出を受けて、同地裁は関係者などからの意見聴取などの日程を決めるが、 和解問題の決着は来年に持ち越される公算が大きくなった。

 米グーグル社の発表によると、修正案はまた、〈1〉著作権者不明の書籍について、 今後特定される可能性のある著作権者の利益保護に向けた組織を設立する 〈2〉データベース化された絶版書籍、著作権者不明書籍の商用利用に書籍小売り各社の 参加を認める――などとしているほか、著作権者が書籍電子化に関して、グーグル社に 不利な取り決めを他のオンライン企業と結ぶことを事実上禁じた条項を削除することで、 競合他社がグーグルと競争できる道を開くものとなっている。

 だが、米ネット小売りのアマゾンやマイクロソフト社、米ヤフーなどで作る反グーグルの 「オープン・ブック連合」は、修正案について、「小手先のまやかしに過ぎない」などと声明で 批判した。

Posted on 2月 4, 2010 at 12:55 午後 | | コメント (0)

2010.01.28

100128 APPLE iPad 発表、B5サイズ $499~$829で予想通り

Dimensions_20100127 APPLE iPad、名前はiPodと少し紛らわしいけど、iPhoneをそのまま大きくしたような厚さ13.4mm、0.73kgのHomeボタンしかないデザインです。
 別売でキーボードも発表されていますが、これだけ大きければ、スクリーンキーボードで充分用が足りそうですね。
 64Gで$829(Wi-Fi/3G)なら、16Gで$499(なし)を選ぶことは無いでしょうが、USB2.0で、SIMportしかありませんから、拡張性はあまり期待できません。
 10時間保つとしても電池の交換は出来ないみたいだから、電源は持ち歩かないと駄目でしょう。
 USB3.0が一般化する次期バージョンまで待つ手も考えられます。

 まあ、大方の予想通りのタッチパネルですが、電車の中で使うには大きすぎるから、セカンドマシーンあるいはパソコンの代わりに普段使うことになるかも知れません。

【News 引用】
 AV Watch 米Apple、9.7型液晶搭載/720p再生対応の「iPad」
 GigaZine 発表会写真

Keyboard
Keyboard_dock_1_20100127

Virtual Keyboard
Case_5_20100127

Posted on 1月 28, 2010 at 06:12 午前 | | コメント (0)

2010.01.26

100126 Web刊誕生! 日本経済新聞 電子版 創刊へ

100126_nikkeiweb_promo_sample_img 今更の感がありますが、日本経済新聞が有料のWeb版を今春から発行するとアナウンスしています。
 無料記事と有料記事があるようですが、記事の内容によって切り分けするのでしょうが、いま現在も日経NETや日経BP、日経ITproなどを インターネットで閲覧しているユーザーにとっては、改めて有料サービスがアナウンスされると戸惑いを隠せません。
 現在は、産経新聞を産経NET Viewで新聞紙面のイメージをそのまま有料(月額\420)で閲覧していますが、インターネットの記事と新聞紙面の記事との差別化が難しいでしょうね。

 きよもりが新聞をとらなくなったのは、Windows95が発売された頃だと思いますが、きっかけはやはりインターネットでの情報収集がTPO(時・場所・場合)を意識しなくてよい点が最も大きいです。
 さらにこの5年余りはGoogle効果と云うか、ニュースやトピックの深堀が簡単になりましたから、今更紙文化に戻れないと思います。
 「2011年 新聞・テレビ消滅」(文春文庫)のタイトル通り、情報の一方通行の時代は終わろうとしています。

【NIKKEI NETでの紹介記事を引用】
Web刊誕生! 日本経済新聞 電子版 創刊へ

日本経済新聞は今春、「日本経済新聞 電子版」を創刊します。日経本紙の記事はもちろん、紙にない情報、機能も満載した全く新しい媒体です。最新ニュースや解説が24時間、パソコンでも携帯電話でも読めます。日経グループよりすぐりの記事や海外有力紙のコラムも提供。検索、保存なども簡単にでき、知りたい情報にいつでもどこでもアクセスできます。朝刊、夕刊に次ぐ「Web刊」の誕生です。

「日本経済新聞 電子版」は紙のクオリティーとデジタルの特性をあわせ持ったまったく新しいメディアです。単に紙を電子化したものではありません。最先端のデジタル技術を使った多彩な便利機能を搭載します。世界中からビジネスに不可欠な情報を厳選して、映像や豊富なデータとともにお届けします。若者など紙に飽き足らない新しい読者のニーズにもおこたえし、ネット時代にふさわしいビジネスに必須のメディアとなります。
■ 24時間、いつでもどこでも最新情報

インターネットの特性を生かし、朝刊、夕刊といった枠にとらわれず、デジタル時代の「Web刊」として24時間体制で常に最新の情報を発信します。パソコンのほか、携帯電話でも手軽に利用でき、いつでも、どこでも、より身近に必要な情報にアクセスできます。

特ダネ、最新ニュースをいつでもどこでも、経済から暮らしの情報まで、一人一人におすすめ記事、豊富な記事を簡単検索

紙の新聞では表現できない映像や豊富な数値データなど、複数の媒体やデータベースを組み合わせなければ提供できなかった多様な情報もまとめて閲覧できます。ニュースの経緯をさかのぼったり、その場で用語解説や株価データをチェックしたり。これまでにない読み方を提案します。

提供する情報は紙の新聞の記事だけではありません。最新のニュースのほか、企業戦略の舞台裏や詳細な新製品・価格情報、デジタル技術のトレンド予測など紙にはない話題を満載します。投資情報、生活、スポーツなど、それぞれに専門コーナーを設け、見逃せない情報を手厚く発信します。

さらに、日経産業新聞など専門紙のおすすめ記事のほか、日経BPやQUICKなど日経グループ各社のよりすぐった情報、データも電子版に集めて提供します。海外有力紙の優れた記事や名物コラムも日本経済新聞の編集者が厳選してお届けします。
■ 一人ひとりの専用ページ「My日経」

豊富な情報を便利に活用してもらえるよう、最先端のデジタル技術を駆使し、多彩な機能を用意します。
自動記事収集
登録したキーワードを含む記事が配信されると自動で表示します。メールにも転送し、大事な情報を見逃しません。
おすすめ
読者の関心がありそうな記事を選び出しておすすめ。情報収集の厚みが増します。
記事の保存
気になった記事を保存、見出しや本文を一覧できます。面倒なスクラップ作業が不要に。

一人ひとりに合わせた読者本位の読み方を可能にする「My日経」機能の一例です。

有料会員に登録していただくと、便利な機能をすべて利用できます。取って置きの情報は有料会員向けです。電子版だけの購読プランと、よりお得な料金で利用できる「日本経済新聞」との併読プランがあります。有料契約前にお試しになる場合は、氏名などを入力して登録する無料会員になれば、一部の有料記事やサービスを利用できます。登録せずに見られる無料の記事もあります。便利なビジネスツールとして「日本経済新聞」とともにご活用下さい。

Posted on 1月 26, 2010 at 12:01 午後 | | コメント (2)

2010.01.19

100119 Apple Tablet 1/27発表

Appletabletpc 今日の日経ITproやITmediaなどには『Appleが1月27日にイベント開催、うわさのタブレットPCを発表か?』という活字が踊っています。

 アメリカの各報道誌やネットワーク各社にアップルから招待状が送られていますから、まず間違いないところだそうです。

 AppleはiPodTouch以外は今まで使ったことはありませんので、タブレットになってもパソコンを乗り換えることは考えていませんが、Microsoftが折角Windows7でタッチスクリーン対応になったのに、あまり話題にならない状況ですから、Appleの卓越したセンスとプロモーションには興味津々です。

 でも、『10~11インチのタッチスクリーンを備え、映画やテレビ番組の視聴、ゲーム、ネット・サーフィンや電子書籍の閲覧が可能で、価格は1000ドル程度』という仕様だと、パソコンとしてよりもiPhoneの大画面版と云う見方が近いのかも知れません。それにしては9万円は取りあえず買うにはちょっと高いです。

Appleが1月27日にイベント開催、うわさのタブレットPCを発表か
 米Appleは、米国時間2010年1月27日にカリフォルニア州サンフランシスコでイベントを開催する。同社から1月18日の朝に招待メールが届いたことを、米メディア各社が報じた。Appleを巡ってはこの数カ月間、タブレット型コンピュータ(タブレットPC)を間もなく発表するとの噂が多くのブログを賑わせていた。

 メディア各社の記事(FOXNews.comCNNNew York TimesCNET News.com)に掲載されている招待メールを見ると、鮮やかな色を散らした中心に同社のロゴを据えた画像と、「Come see our latest creation(当社の最新の創作を見に来てください)」のメッセージが添えられている。

 FOXNews.com記者がApple関係者に取材したところ、イベントはタブレット型デバイスと「iPhone 4」「iLife 2010」の3つのプロジェクトに焦点を当てたものになると語ったという。

 Appleの新製品開発に関する秘密主義は有名だ。これまで世間の噂にはコメントせず、招待状でも何を披露するか明確にしていない。しかし、このイベントでAppleはタッチスクリーン式タブレットPCを発表するというのが大方の見方だ。

 イベントの会場はサンフランシスコのYerba Buena Center for the Arts。入場は招待者のみに限られ、太平洋時間1月27日午前10時に開始する。

 なお、米Wall Street Journal(WSJ)は1月4日、関係筋から得た情報として、Appleがタブレット型のマルチメディア機器を1月中に発表し、3月に出荷すると報じていた。同機器は10~11インチのタッチスクリーンを備え、映画やテレビ番組の視聴、ゲーム、ネット・サーフィンや電子書籍の閲覧が可能で、価格は1000ドル程度と、アナリストらは推測している(関連記事:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100105/342852/?ST=platformApple、うわさのタブレットを3月に出荷へ、WSJが報じる)。
(ITpro) [2010/01/19]

Posted on 1月 19, 2010 at 04:12 午後 | | コメント (2)

2010.01.13

100113 テープルがスピーカーに変身する「Tunebug Vibe」

100113_top_photo 今日の日経BPの記事:
  置くだけでテープルがスピーカーに変身する不思議なアイテム
 サウンドジェネレーターという部門の商品です。
 通常のスピーカーでも木製のキャビネットの共鳴を利用して音質を高める効果を出すのが一般的ですが、最近のノートパソコンに付いている内蔵スピーカーやイヤフォーンジャックに直接接続して音を出すような外部スピーカーはどうしても薄っぺらい音になります。
 オーディオの知識もこだわりもありませんが、この商品で音を出したらどれくらいの音質になるのでしょうか、もちろん置くテーブルの大きさや材質によってかなり音が変わるのでしょうが興味があります。
 Amazonで見ると\8768でした。
 ただし、当然ですが、ステレオ入力の場合は2chミックスのモノラル出力になります。

【株式会社エンティスの製品紹介ページ】
モバイルサウンドジェネレーター「Tunebug Vibe」
100113_spec_photo「Tunebug Vibe」は、米シリコンバレーグローバル社が開発したモバイル用途での利用に最適な超小型のサウンドジェネレーターです。MP3などのデジタルオーディ オプレーヤーや携帯電話、ノートパソコンなどでオーディオを楽しむモバイルユーザーに、ヘッドホンや卓上スピーカーに代わるまったく新しいリスニング環境 を提供します。
「Tunebug Vibe」本体を机やテーブルなどの平らな面に置くだけで、音声入力信号を本体下部の振動体が振動に変換して接触面に伝え、あたかも置いた平面全体がフ ラットパネルスピーカーになったかのように360°に音が拡がります。
「Tunebug Vibe」は、フラットパネルスピーカーの心臓部となる音響技術で定評のある英NXT社のSurfaceSound技術を採用しており、通常のスピーカー と異なり聴く場所を選ばないため、家事や仕事、読書などをしながらのBGMに最適です。
また、内蔵充電池で動作し、アンプも内蔵しているため、モバイルオーディオ機器のヘッドホン端子と「Tunebug Vibe」本体をケーブル1本で接続するだけで利用することができます。さらに、手のひらサイズのため持ち運びも容易で、外出先やアウトドアでのリスニン グ環境としてはもちろん、会議室でのプレゼンテーションやテレビ会議などビジネスシーンにもご利用頂けます。

モバイルオーディオに新しいリスニング環境を提供
「Tunebug Vibe」は、デジタルオーディオプレーヤーや携帯電話、ノートパソコンなどにデジタルオーディオコンテンツを保存し持ち運んで楽しんでいるモバイルオー ディオユーザーに、新しいリスニング環境を提供するモバイルサウンドジェネレーターです。ヘッドホンのように手軽に持ち運び、モバイルオーディオ機器と簡 単に接続することができ、机やテーブルなどの平らな面に置くだけで、それをフラットパネルスピーカーとして複数の人が同時に楽しむことが可能です。旅行先 や外出先の屋内はもちろん、ダンスなどの趣味の集まりやアウトドアシーンなど、モバイルオーディオの楽しみ方をさらに拡げます。

通常のスピーカーでは味わえない拡がりのある音
「Tunebug Vibe」は、本体下部に振動体を備え、音声入力信号を振動に変換して接触面に伝えることで、あたかも平面全体がフラットパネルスピーカーになったかのよ うに360°に音が拡がります。フラットパネルスピーカーの心臓部となる音響技術で定評のある英NXT社のSurfaceSound技術を採用しており、 モノラルでも自然で拡がりのある音楽鑑賞が可能です。通常のステレオスピーカーと異なり聴く場所を選ばないため、家事や仕事、読書などをしながらのBGM に最適です。
また、設置場所の材質や面積などにより帯域や音量が異なるため、音楽のジャンルやシチュエーションに合わせて設置場所を変えることで、様々な音の変化を楽しむこともできます。

モバイルオーディオ機器とケーブル1本で簡単接続
内蔵リチウムポリマー充電池で動作し、本体内にアンプも内蔵しているため、デジタルオーディオプレーヤーや携帯電話、ノートパソコンなどモバイルオーディオ機器のヘッドホン端子にケーブル1本で接続するだけのシンプルな構成で利用することができます※。複雑な設定も必要なく、誰でも簡単に使い始めることができます。

※モバイル機器側にオーディオミニジャックが必要です。携帯電話の機種によっては変換コネクタが必要になる場合があります。

手のひらサイズでクールなデザインの筐体
手 のひらにすっぽり収まる柔らかなカーブで構成された三角形のデザインは、こだわりのインテリアの中にあっても邪魔をすることがありません。シチュエーショ ンに合わせてより音がきれいに響く設置場所を試しながら探すことも簡単です。また、本体がピッタリ収まる付属のケースは、発泡材が充填されており、ケース 自体が本体を上に置くとスピーカーとして最適なベースとなり、モバイルシーンで威力を発揮します。

USB経由で手軽に充電
内蔵リチウムポリマー充電池は、付属の充電ケーブルでパソコンなどのUSB端子に接続することで充電することができます。また、市販のUSB電源出力に変換できるACアダプタを利用すれば、家庭用コンセントからの充電も可能です。

ビジネスシーンでも効果を発揮
イ ンターネット回線とパソコンを利用するテレビ会議システムを使ったミーティングや音声を利用するプレゼンテーションでは、「Tunebug Vibe」をパソコンと接続し会議机に置くことで、あたかも会議机全体がフラットパネルスピーカーになったかのように座席位置に関係なく参加者すべてに聞 きやすい環境を提供することができます。


製品名称・型番 Tunebug Vibe
音声入力端子 3.5mmフォンジャック(充電用電源端子兼用)
定格出力 0.72W
電源 リチウムポリマー充電池(450mAH) ※交換不可
連続動作時間 約5時間
本体寸法 約58.5 x 58.5 x 25.4mm(幅 x 奥行き x 高さ)
重量 約150g
パッケージ内容
 Tunebug Vibe本体
 ステレオミニケーブル(3.5mmオーディオミニ – 3.5mmオーディオミニ)※
 充電ケーブル(3.5mm – USB A 端子)
 サウンドベース(ケース)
 ※ステレオ入力の場合は2chミックスのモノラル出力となります。

Posted on 1月 13, 2010 at 12:32 午後 | | コメント (0)

2010.01.12

100112 CokePhone

 今日の/.jpの記事:
 コーラで動く携帯、コンセプトモデルで登場
 何となく興味をそそりますから、当然見てみました

Coke_phone00_mCoke_phone03_m コーラの糖分を分解して、酵素を触媒として炭水化物から発電すると云うことですが、化学分解を使う点では、4、5年前から実用化されながら、なかなかブレイクしない燃料電池と同じ原理のようです。
 でも、こちらの方は、今やどこでも安く入手出来ますから、実用化されたら結構広がるかも知れません。

 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー part1」のラストシーン、未来から戻ったブラウン博士がゴミ箱のクズをデロリアンの燃料として、補給するシーンを思い出します。
 早く乾電池の呪縛から逃れたいですね。
 海外では人体の体温で発電する携帯電話とか、テレビやラジオなどの電波から充電できる携帯電話など、貧弱な発想からは生まれない研究が進められているそうです。
 日本の大手三社からはこんな話が全く聞こえてこないのは、寡占化による甘えが原因なのでしょうか?

【/.jpの記事引用】
コーラで動く携帯、コンセプトモデルで登場

soara による 2010年01月11日 12:05 の掲載 (携帯電話)
自販機でちょっと「電池」を補給してくる 部門より
http://slashdot.jp/mobile/article.pl?sid=10/01/11/0232221
+--------------------------------------------------------------------+
andyff 曰く、Dezeenの記事Gigazineの記事によると、NOKIAから、清涼飲料水などの糖分をバイオ電池にかえて利用する携帯のコンセプトモデルがでたそうだ。
デザインは Daizi Zheng氏。酵素を触媒として炭水化物から発電し、反応により生成されるのは水と酸素ということで環境にも優しい。充電は不要で、電池がなくなれば糖分を多く含むコーラなどの清涼飲料水を入れれば良いという。将来的には、1回のチャージで一般的なリチウム電池の 3\x{ff5e}4倍は使えるようになるとか。実用化を楽しみにしたい。

Posted on 1月 12, 2010 at 12:09 午後 | | コメント (0)

2010.01.07

100107 iDecade と gDecade

100107_windows95kan 2010年に入って、21世紀も第二クールですが、21世紀の最初の10年は、Windows95でOS市場では先行したMicrosoftが、同時に仕掛けたインターネットではGoogleに敗れ、並行して市場が拡大した情報端末(スマートフォン・PDA)でAppleに遅れを取ったことが鮮明になったDecade(10年)でした。

 今日の日経ビジネスOnlineに
 そしてアップル黄金時代はまだ続く 「iDecade」――他社の追随を許さなかった10年
 という記事があります。

 第二クールの10年がどうなるのかは、神のみぞ知るですが、Windows95が発売されたときに、古川享氏が『壁がなくなる』と予言されたことが実現した10年ですから、これから先の10年は、引き続き情報の開放というキーワードで、人・物・金の壁がなくなるのではないでしょうか?

 具体的に言えば、文字・言葉の同時通訳、ネットワーク接続料の無料化、マイクロチップ化による人体埋め込み型パソコン・PDA・携帯、仮想空間ディスプレイ(3D)などがイメージされます。
 なんとかあと10年現役でその変化の流れを追っかけて行きたいものです。

2010年1月7日(木)
そしてアップル黄金時代はまだ続く
「iDecade」――他社の追随を許さなかった10年

BusinessWeek Arik Hesseldahl (BusinessWeek.com記者)
米国時間2009年12月31日更新 「Apple's iDecade 」

 21世紀に入ってからの米国の10年間を振り返ると、いい出来事はあまりなかった気がする。

 思えば、滑り出しは希望に満ち、新たな千年期への期待にあふれていた。米国経済は活況を呈し、1999年の国内総生産(GDP)の伸びは6.1%、ダウ平均は1年間で2300ポイント上昇。失業率は4%にとどまり、米国は平和で、脅威の影は薄かった。

 しかし、状況は無残に一変した。米国はテロ攻撃を受け、2つの戦争に乗り出した。IT(情報技術)バブルは終焉を迎えた。その後、ごく短い回復期もあったものの、金融システムが崩壊寸前に陥り、大恐慌以来の深刻な経済危機に見舞われた。希望に満ちて幕を開けた2000年代の最初の10年は、色々な意味で悲惨だった。

 だが、例外もある。その筆頭が米電子機器大手アップル(AAPL )だ。同社の従業員、株主、ユーザーは、この10年間にたくさん楽しい思いをしたのではないだろうか。かつて、カナダの作家ダグラス・クープランドは、ロックバンドのR.E.M.を、「80年代に輝きを失わなかった数少ない存在の1つ」と評していた。この10年間のアップルについても同じことが言える。

暗い見通しが一変

 1999年末の時点で、アップルは弱小企業に転落する運命にあるように見えた。最盛期の1995年に110億ドル(約1兆210億円)あった売上高は、1999年には60億ドル(約5570億円)まで減少。米国パソコン市場でのシェアも、1991年の9.6%から、1999年には4%弱に落ち込んだ(関連資料 )。2000年9月末には、同年7~9月期の業績に関して同社が非常に厳しい見通しを示したのをきっかけに、株価が1日で半値以上も急落したこともあった。

 だがその頃、1996年に同社に復帰した創業者スティーブ・ジョブズ 氏が、再び影響力を発揮し始めていた。同氏の復帰後に登場した製品には、1998年発売のパソコン「iMac(アイマック)」などがある。

 iMacは大反響を呼んだが、アップルが次に手がけた一大プロジェクトは、さらに大きな反響をもたらすものだった。2001年初頭に同社は、“ジュークボックスソフト”と銘打って、デジタル音楽の管理・再生ソフトウエア「iTunes(アイチューンズ)」をリリース。さらに同年10月には、携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」の初代機を発売した。

iPodが世界を変えた

 「iPodが世界を変えた」と言うと大げさに聞こえるかもしれない。だが考えてみてほしい。1949年に米国の一般家庭が所有していたテレビの数は計200万台で、1959年にはこれが計4200万台になった。一方iPodは、2001年末時点では出荷台数はわずか12万8000台だったのが、2009年末には累計で2億5000万台近くに達したのだ。これは一種の社会変革と言えよう。21世紀初頭という時代の象徴として、iPodほどふさわしい存在はほかにない。

 2003年にはiTunesに音楽販売ストアの機能が加わり、2005年には動画の販売も始まった。2008年には、音楽販売でアップルが米小売大手ウォルマート・ストアーズ(WMT )を抜き、世界全体の首位に立った。iTunesで販売された楽曲数は世界中で80億曲を超える。

 100年の歴史を誇る音楽業界は、iPodによる変化の波に飲み込まれた。1999年時点では、消費者向け音楽販売の市場規模は計390億ドル(約3兆6200億円)で、大半はCDだった。現在、市場規模は176億ドル(約1兆6300億円)で、CDは確実に衰退の道を歩んでいる。

 社会生活のみならず、政治の舞台でもiPodは欠かせない存在になった。選挙の候補者は、愛読書に加えて、iPodに入っている愛聴曲を尋ねられるようになった。

 バラク・オバマ米大統領は、エリザベス英女王にiPodを贈呈して周囲を驚かせた。外交の作法をわきまえない行為だとして批判の声も上がったが、以前の記事でも書いたように、申し分のない贈り物だったと私は思う(BusinessWeek.comの記事を参照:2009年4月1日「An iPod For The Queen? A Perfect Gift, Mr. President 」)。

iPhoneがもたらした大変革

 iPodで音楽業界を一変させたアップルは、その数年後には、スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」を発売し、通信業界を震撼させた。2007年発売のiPhoneは当初、iTunesの音楽や動画の再生用携帯電話だと思われていたが、しばらくすると、目を見張るほど便利なアプリケーション10万本が動作することが最大の魅力となった。

 確かに、iPhoneでは音楽も聴けるが、天気予報を確認したり、レストランを予約したり、新聞記事を読んだり、目的地まで道案内してもらったり、人気の音楽ゲーム「Tap Tap Revenge(タップ・タップ・リベンジ)」を地下鉄の車内で楽しんだりといった使い方もできる。iPhoneとその姉妹機「iPod touch(アイポッド・タッチ)」でダウンロードされたアプリケーションは累計で25億本に及ぶ。

 iPhoneの登場を機に、スマートフォンに対する消費者の期待は大きく様変わりした。こうした期待にいち早く応えようと、フィンランドのノキア(NOK )、米モトローラ(MOT )、カナダのリサーチ・イン・モーション(RIM、RIMM )をはじめとする数々の携帯端末企業が、タッチ式画面の搭載機などを投入。アプリを販売する独自のオンラインストアを開設した企業も多い。

 今や、スマートフォンは新時代のパーソナルコンピューターとなった。そして現在のスマートフォン業界は、1983年頃のパソコン業界と似た状況にある。パソコン市場で米マイクロソフト(MSFT )が築き上げたのと同等の地位をモバイル機器の世界で確立しようと、数々の企業がしのぎを削っているのだ。

 iPod、iPhone、iTunesの相乗効果がもたらす影響は、あらゆる形態のあらゆるメディアに及んでいる。ラジオ、テレビ、動画、出版といった業界から、携帯ゲーム業界(BusinessWeek.comの記事を参照:2009年5月17日「Will the iPhone Grab the Lead in Games? 」)に至るまで、名の知れた企業の数々が、アップルの進出を少なからぬ脅威としてとらえている。望むと望まざるとにかかわらず、変化に飲み込まれるのは避けられないからだ。

 iPodを学習の補助機器として学生に配布する大学や、iPhoneを患者の治療に役立てる医師も出てきた(BusinessWeek.comの記事を参照:2009年3月23日「Paging Dr. iPhone: Tapping a Physician's Digital Reference 」)。様々な「i」製品を、いたるところで目にするようになった。

Macも復活

 一方、アップルのパソコン「Mac(マック)」シリーズも息を吹き返してきている。初代機の発売から25周年となった2009年、米国パソコン市場でのMacのシェアは9~10%程度で、過去20年間では最も高い水準にある。出荷台数は、1999年度の350万台から、2009年度(2009年9月期)は1040万台と、約3倍に伸びた。

 だがそのアップルも、すべてが順風満帆だったわけではない。2000年に発売したパソコン「Power Mac G4 Cube(パワーマックG4キューブ)」はさっぱり売れなかったし、セットトップボックス「Apple TV(アップルTV)」も人気商品になっていない。ストックオプションの不正付与問題では、ジョブズ氏が同社の経営から身を引かざるを得なくなるのでは、との懸念が一時期持ち上がった。

 ほかにも、2004年に判明した同氏のすい臓ガンと、2009年に受けた肝臓の移植手術をめぐって、アップルでの長期的な職務の可能性について不安説が取りざたされた。しかし、2009年前半に半年間の療養を経て復帰した後、9月に初めて公の場に姿を見せたジョブズ氏は、痩せてはいたが、相変わらず精力的だった。

 同社の株主からも、この10年間についての不満はほとんど聞かれない。1997年当時、落ち目にあったアップルについて、あなたならどうするかと聞かれた米デル(DELL )の創業者マイケル・デル 氏は、「会社を廃業し、株主に金を返す」と答えていた。仮に、1997年の暮れにデル株を1000ドル分購入していたら、現在は1360ドルになっている。一方、同じ頃にアップル株を1000ドル分購入していたら、現在は4万5000ドルの価値になっている。

 コンピューターの販売台数で見れば、デルの方がアップルより3~4倍多いが、1台当たりの利益で見れば、アップルの方がずっと多い。2009年7~9月期のアップルの粗利益率は36.6%で、デルの倍以上だ。12月31日時点のアップルの時価総額は1900億ドル(約17兆6334億円)で、デルのほぼ7倍だ。

マイクロソフトを置き去りに

 2000年代に入った頃のアップルには、マイクロソフトに敗北した観があった。1997年にマイクロソフトから受けた1億5000万ドル(約139億円)の出資は重要な頼みの綱となったが、同じく重要だったのは、マイクロソフトが統合ソフト「Office(オフィス)」のMac版の開発を続けると約束したことだ。

 現在でも、マイクロソフトの基本ソフト(OS)「Windows(ウィンドウズ)」は世界中で大きなシェアを持つが、それ以外の面では、今やマイクロソフトはアップルの敵ではない。

 スマートフォン市場を先導したいとの思いで、マイクロソフトは7年間にわたり悪戦苦闘を続けてきたが、市場の制覇にはほど遠い。米調査会社ガートナー(IT )の調べによると、スマートフォン向け基本ソフト市場でのマイクロソフトのシェアは8%弱で、下落傾向にある。一方、アップルのシェアは17%強で、さらに上昇しているという。同市場でアップルは、RIMの「BlackBerry(ブラックベリー)」、ノキアの「Symbian(シンビアン)」に続き、第3位につけている。

 現時点でアップルを脅かす有望株と言えるのは、スマートフォン向け基本ソフト「Android(アンドロイド)」を推進する米グーグル(GOOG )だ。アンドロイドは1年間で3.5%の市場シェアを獲得。両社の競争は、今後数年間のIT業界の覇権をめぐる決戦の場となりつつある。

 アップルはこの10年間で、ビジネスを大きく転換し、メディアやIT業界全体を巻き込む大変革をもたらし、成長著しいモバイル界でも主導権を握った。こうした点をふまえると、2000年以降の10年間(decade)は、今後、「iDecade(アイディケイド)」として記憶されるのではなかろうか。しかも、アップルの時代はまだまだ続きそうだ。

© 2010 Bloomberg L.P. All Rights Reserved

Posted on 1月 7, 2010 at 09:43 午前 | | コメント (2)

2009.12.24

091224 世界でもっともサイズの大きいデジタル写真、105m×35m

091224_dresden
 今日の/.jpに
 世界でもっともサイズの大きいデジタル写真、そのサイズは26ギガピクセル
 という記事があります。

 記事には公開された写真へのリンクも貼ってありますので、開いてみてびっくり!
 よく出来ていて、パノラマ写真の下に並んだサムネイルの写真をクリックすると、ダイナミックにズームアップされて、聖母教会(Frauenkirche)テレビ塔が細部まで拡大されます。
 これって、距離としてはすぐ手前のホテルまででも1kmは離れているようですから、ゴルゴ13なら、Maritim Hotelの窓から頭を出している人物を撃つことも出来そうです。
091224_dresdenmap ドレスデンというのは、ベルリンの南、100kmに位置する古都ですが、きよもりはミュンヘンへ一度だけ仕事で行っただけだし、観光もライン川を車で案内していただいたくらいですから、ドレスデンなんて全く縁がありませんでした。

【/.jpの記事引用】
 世界でもっともサイズの大きいデジタル写真、そのサイズは26ギガピクセル
hylom による 2009年12月22日 15:20 の掲載 (テクノロジー)
メガではなくギガ 部門より
http://slashdot.jp/article.pl?sid=09/12/22/0623249
+--------------------------------------------------------------------+
本家/.より。ドイツのAFB Mediaにより、「世界でもっとも画素数の多いデジタル写真」が撮影された(http://translate.google.com/translate?hl=en&ie=UTF-8&sl=de&tl=en&u=http://www.sz-online.de/nachrichten/artikel.asp%3Fid%3D2341875&rurl=translate.google.com&twu=1ネタ元のsz-online.de)。この写真の画素数は260億3125万ピクセル(約26ギガピクセル)にも上り、印刷したものは105×35メートルというサイズになるそうだ。

この写真、もちろん普通に撮影されたものではなく、21.4メガピクセルサイズの写真1655枚を合成して作られたものだそうだ。ちなみに画像の合成には16CPU、48GBのメモリを搭載したコンピュータが使用され、処理には94
時間以上が費やされたとのこと。
この画像は特設サイトで公開されている。



【YouTube】
 撮影の様子

Posted on 12月 24, 2009 at 12:30 午後 | | コメント (0)

2009.12.18

091218 自画像パズル

091218 自画像パズル091218 自画像パズル /.jpの12月15日に
誰の顔でも作れる「ジガゾーパズル」が面白いらしい
 という記事があって、例によって新し物がり屋の虫が騒いで買いました。
 300ピース\1890

 昨夜到着したので早速やってみました。
 これはジグソーパズルと違って、完成図の各ピースの位置がそれぞれのピースに300種類のアイコンで表示されていて、設計図の位置に向きに注意しながら、はめていくだけですから簡単です・・・

 何て言いながら、実際に300枚の中から一つを探し出すのは、トランプの神経衰弱並に大変です。

091218 自画像パズル JNKさんがピースを探す役、きよもりが決まった位置にピースをはめていく役、と手分けして挑戦しましたが、結局2時間半かかってようやく完成しました。
 ヤレヤレ!
 忙しいのか、暇なのか?

 このパズルの凄いのは、自分の顔写真などを携帯メールでメーカーに送ると、折り返しその顔写真を濃淡で分析して300種類のピースの濃淡に関連づけ、わずか10秒くらいでパズルの解答となる設計図を送ってきてくれることです。
 技術的にも凄いし、更に凄いのは、送る写真は一回一枚ですが、別の写真を何度送っても追加料金はかからないことです。
 ということで、早速2枚の写真を続けて送って設計図をいただきました。

091218_jigazopuzzle_jnk091218_jigazopuzzle_jnk_kai

091218_jigazopuzzle_nakko091218_jigazopuzzle_nakko_kai

Posted on 12月 18, 2009 at 07:12 午前 | | コメント (0)

2009.12.01

091201-2 09年流行語大賞は「Twitter」 ただしアメリカの話

0912012_us 今日の夕方のITmediaの記事:
 2009年の流行語1位は「Twitter」――米Global Language Monitor

 オバマを引き離してトップに選ばれたのはツイッターですが、これはアメリカでの話です。(ちなみに日本は「政権交代」だそうです。)
 ツイッター(Twitter)は日本ではまだ200万人台のユーザーしかいませんが、本場アメリカでは既に2000万人を超すユーザーがいるのだそうです。
 ツイッターの実例はきよもりのサイドバーにも貼り付けていますが、ブログが個人の日記だとすればツイッターは個人の独り言です。
 日本ではタレントとか、敬愛する古川亮氏も積極的につぶやいておられますので、興味のある方には堪えられないかも知れません。逆につぶやいている人が著名人でない場合には、「それがどうしたの?」という感じですから、個人のツイッターが日本でこれ以上広がるとはちょっと考えにくいです。

 ただし、日経PCが始めているような各企業のホームページの記事への誘因手段としては、抜群の効果があるかも知れません。
 日経BPやITmedia、ASCIIjpなどの記事は結構盛りだくさんで、その中から重要なあるいは読者が感心深い見出しをツイッターで引用することで、フォロワーが注目する機会が飛躍的に増えるでしょう。

 一般企業でも新製品のプレゼンを雑誌やメディアで単発で発表するより、関心あるユーザーにフォロワー登録していただいて、ツイッター発信すると積極的な広報活動として抜群の効果があると思います。
 その前提として、日本でもオタクの世界からもっと若いユーザーを巻き込むような仕掛けが必要かも知れません。
 最近はユニクロファミリーマートタワーレコード楽天などもそのことに気が付いたみたいですね。日本では朝日新聞がかなり早く始めた09年6月)ようです。
 一般企業ではまだまだフォロワーの数は少なくて、多いユニクロでも2万人未満です。ただし、メディア系はyahooや朝日新聞、毎日新聞など20万人前後なのはさすがです。
 公式企業アカウント一覧
 

Posted on 12月 1, 2009 at 07:08 午後 | | コメント (0)

2009.11.27

091127 道路を電池にする発想?/電気自動車の話題

091127_eliica 注目を集めつつある電気自動車に関して、「エリーカ」で有名になった清水浩氏のインタビュー記事が日経BPに掲載されています。
なぜ電気自動車が世界を変えるのか 清水浩が新会社をつくったわけ 2009年11月26日
シムドライブ社長/慶應義塾大学教授 清水 浩氏

 以前から何度もこの話題を取り上げていますが、企業化を三段階に捉え、生産ラインが10万台を超えれば、ブレイクするという視点は明確です。
 ギアなど噛まさず、モーターとタイアホイールを直結するダイレクトドライブ方式ですから、エネルギー効率がよく車体構造も単純化できるとの発想は、企業化の障壁も低く車体デザインも既存の自動車のフォルムにとらわれることもないから、多産業が参入すれば価格も急激に下がると期待されます。

 普及のネックになるのはここでも電池ですが、清水浩氏のお話から、思いつくのは日本の場合だと高速道路の側壁などに全面に太陽電池を設置して、路面から電気を車体に充電できるようにすれば、充電式の電池の容量、重量、価格の問題も充電時間の課題もかなり緩和されそうです。

【日経BPの記事引用抜粋】

 電気自動車と太陽電池が世界を変える
清水: 私はいま、2回目の産業革命が起ころうとしているのだと考えています。1回目は農業社会から工業化社会への変革で、社会を支える基盤が食料からエネルギーへと変わりました。農業も工業もサービスも、すべてエネルギーに立脚しています。20世紀はエネルギーを十分に使える豊かな生活を目指しましたが、その豊かさを手に入れたのは一部の先進国の人たちだけで、世界人口から見たら1割に過ぎません。残る9割は農業社会時代と変わらない生活を送っているのです。

 そうした状況を打開する技術の一つが電気自動車。そしてもう一つが太陽電池です。解決できるのは環境問題だけではありません。

 試算では、地表の1.5%に太陽電池を張り付ければ世界の70億人が米国人並みにエネルギーを使えるようになります。エネルギーが行きわたるようになれば、世界の農業や工業、教育もすべてが変わる。そして、電気で走る電気自動車は環境やエネルギーの制約を受けない最も手軽な移動手段として世界中で自由に使えるようになるでしょう。そうなれば、世界中の人々の生活を変わります。貧困や人口爆発もなくなって、先進国と途上国の差がなくなっていきます。

 これが21世紀の産業革命だと私は考えています。成功のカギは、こうすれば我々は明るい未来をつくれるのだと、世界中のみんながポジティブに考えることだと思います。

Posted on 11月 27, 2009 at 12:24 午後 | | コメント (0)

2009.11.19

091119 Twitter(ツイッター)

091119_twitter Twitter(ツイッター)というのは、つぶやき(twit)という言葉から連想できるように、独り言を140文字(全角・半角の区別無し)で書き込むサービスです。
 利用者はあくまでも自分自身の言葉で書くのですが、公開されるため、世界中の人がそれを閲覧したり、投稿者に返信したり出来るサービスが基本のようです。

 きよもりは、まだ始めて3日位ですから、なぜこんなに(全世界のユーザー数4450万人/09年6月・米調査会社コムスコア、日本のユーザー数193万人/09年8月・ビデオリサーチインタラクティブ)利用者が多いのかは判りません。
 ブログの場合は、自分の日記という位置づけで日々書き続けることで、ある意味では目的も手段もはっきりしていますが、Twitterの場合、今きよもりがイメージできるのは備忘録代わりといった用途位でしょうか。

 オバマ大統領も書いているとか、総選挙前にツイッターの利用は公職選挙法に違反するなどといった話題がありましたから、日本で普及するとしたら、露出度の高いアイドルがTwitterを始めて、若い人が認知してからでしょう。
 今のところ日本での普及は200万人位で、70%は男性だそうですから、まだオタクの世界です。

Posted on 11月 19, 2009 at 11:53 午前 | | コメント (0)

2009.11.18

091118-2 青い薔薇

Img10332033637 今日の日経ビジネスオンラインの記事
 発表から5年の理由  青いバラ(サントリーホールディングス)

 記事によると、新品種開発まで15年、生態系に影響を与えないことを実証し、農林水産省から認可を得るまで5年かかってようやく今年から市販を始めたのだそうです。
 既に通販などでもかなり出回っているようで一本240円、20本の花束でも4800円程度で発売されています。
 鉢植えがあったら毎年楽しめるから買いたいですね。

Posted on 11月 18, 2009 at 12:39 午後 | | コメント (0)

2009.11.11

091111 スキャナ付きフォトフレーム

091111_020501 新しもの好きなので、ヤシカから発売されているスキャナ付きのフォトフレーム (DVF828) を通販で購入しました。
 スキャナはプリンターに付いているから要らないはずですが、パソコンラックの上に乗せてある多機能プリンターにいちいち昔取り貯めた印画紙焼きの写真を並べてパソコンに取り込むのは、写真が1000枚以上ありそうですから、膨大な作業量になります。
 かといってスキャナだけ単体で買うのも、今手元にある写真を読み取ったあとは、ほとんど出番が無くなるので、二の足を踏んでいました。

 たまたま、ひと月位前に読んだITmediaの記事が頭の隅に残っていたので、スキャナが要らなくなってもフォトフレームとして使えるから、ちょっと高かった (\22,400) けど購入しました。

 写真取り込みの前に、フォトフレームの機能確認と云うことで、デジカメのデータをUSBメモリーで読ませてみると結構綺麗に表示されて一安心、これで今あるパソコンの写真データから気に入ったものをコピーして簡単にスライドショーが楽しめます。

 つぎに、スキャナの機能確認、こちらも思ったより読み取り速度は速くて、本体内蔵の1Gbyteメモリーに自動割り付け連番で保存されます。
 実際には、ある程度グループ化して焼付け写真を取り込まないと、元の写真とデジカメデータになった写真との関連づけが面倒になりそうですが、内蔵メモリーからUSB経由か、直接ケーブル接続でパソコンに取り込めます。

 ついでに、動画も音楽付きで表示できるとのことだったから、AVS Video Converterという映像形式変換ソフトを利用して、パソコンのWMV形式ファイルをフォトフレーム用にMPGファイルに変換しましたが、これが結構くせ者で、結局、AVS Video Converter の対応フォーマットのうちからIBM Motion JPEG仕様のAVI形式に落としてようやく動画が表示できた時には2:00になっていました。
 ビデオの画像形式って何種類もあって、更にそれぞれにビットレートとかフレームレートとかの設定がありますから、普段動画をダビングしたりしていないので全く理解できません。ムツカシイ!

【裏話:スキャナ付きフォトフレームを秋葉探索】
 興味を持ったヤシカのスキャナー付きのフォトフレーム (DVF828) ですが、10月下旬発売の筈なのに、11/8日曜日に息子と3時間も秋葉を捜し回ったのに扱っている店はありませんでした。
 それどころかメーカーも型番も判らない時点で、某ヨ*バシで店員に「スキャナ付きのフォトフレームを扱っていませんか」と聞いたら、「そんなものは聞いたことがない」と、けんもほろろ。
 頭に来て、ヴィ・ド・フランスに入って、珈琲を飲みながら、神戸から持参していたノートパソコンで E-mobile経由インターネットに接続して”スキャナ付きフォトフレーム”で検索したら、ヤシカが発売している事が判り、型番も知れました。
 
 秋葉の探索が無駄足だったから、結局、神戸に帰る新幹線の車中で再度E-mobileでインターネットに接続して、通販で発注し、無事昨夜、手元に届きました。

【ヤシカはヤシカにあらず】
 wikipediaによると、50歳代以上の方なら皆さんご存じの老舗カメラメーカーであったヤシカは、1983年に京セラに吸収され、その京セラも2007年にはカメラ事業から撤退したのだそうです。
 今回購入したヤシカ製品は、京セラから商標権を買い取ったJNCという会社の製品なんだそうです。
 wikipediaの記事はヤシカの創業期から一世を風靡した電子シャッターEEカメラを武器に日本最大のカメラメーカーだった昭和30年代、内部不正や労働争議などで景気破綻を経て、京セラに吸収される経緯など、非常に詳しく記載されていて、同じ企業人として悲哀を感じました。

Posted on 11月 11, 2009 at 12:35 午後 | | コメント (4)

2009.11.09

091109 オリンパス、海外で「E-P2」発表!

今日の日経TrendyNetに 
【速報】オリンパス、海外で「E-P2」発表! 黒ボディーと高精細ファインダーが特徴
 という記事があります。091109_olympus_ep2body 
 現行のマイクロフォーサーズ E-P1 の発売が7/3でしたから、約半年遅れで、少し機能アップした改良機種の発売と言うことになります。

【コメント】
 きよもりの場合、今年の春から同じくOLYMPUSの一眼レフデジカメ E-42010倍ズーム(ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm)を付けて山へ持って行くようになり、変化のある写真が撮れるようになった反面、本体と望遠レンズで850gあるため、かなり首が痛くなっていますので、重量軽減のマイクロフォーサーズには昨年発表の時から期待していましたが、まだ高倍率ズームが発表されていなかったのでE-P1は見送りました。

 今回のE-2Pで一番気になるのは、やはりファインダー(電子ビューファインダー)です。接眼部は自由に動きますから、ローアングルや、手持ち撮影でも重宝しそうですが、本体と同じぐらい上に伸びますから、高倍率の交換レンズを付けていると、前と上に突出していかにも扱いにくそうです。
 一方、高倍率のズームレンズは、非常に魅力的です。
 これまで標準的なズームレンズしか発売していなかったので、魅力が半減していましたから、価格がどの程度かにもよりますが、10倍ズームの重量がどの程度なのかも気になるところです。

【写真】
091109_olympus_ep2 本体は黒に変わったけど形はほぼE-P1を踏襲、イメージは一眼レフタイプではなく、いわゆるデジカメの形に近い

091109_olympus_ep2finder ファインダーを付けると本体の高さが倍くらいになるので、好みが分かれるところ

091109_olympus_ep2lens 10倍以上の望遠になる、高倍率ズームM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6は最大の魅力

【記事引用】
 オリンパスイメージングの欧州現地法人は2009年11月5日、マイクロフォーサーズ対応デジタル一眼の新製品「OLYMPUS PEN E-P2」を発表した。国内外で大ヒットした「オリンパス・ペン E-P1」を改良したものだ。

 海外での発売は2010年1月の予定。価格は、専用液晶ビューファインダーのセットモデルが949ユーロ(約12万7000円)。現時点で、国内向け製品の発表はない。

 E-P2のおもな特徴は以下の通り。
・高級感のあるブラックボディー
・背面に拡張端子を新設、ホットシューに電子ビューファインダーやマイク接続ユニットなどが装着できる
・電子ビューファインダーは144万ドットの高精細タイプ
・撮像素子のスペックはE-P1と同じ
・E-P1と同じく、内蔵ストロボは持たない
・動画撮影機能もE-P1と同じ(1280×720ドット)
・アートフィルターを2種類追加(ジオラマモード、クロスプロセスモード)、計8種類に
・主要な被写体のみを鮮やかにする「i-エンハンス」機能
・被写体追尾AF機能を追加
・マイクロフォーサーズ専用の超広角ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」と高倍率ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6」を発表(いずれも2010年前半に発売予定)

Posted on 11月 9, 2009 at 12:40 午後 | | コメント (0)

2009.10.13

091013 エジソンの電球はLEDに変わる

091013_toshibadenkyu_top 最近、ヨドバシに行くとLED電球が照明機器のコーナーの一角を占めています。
 でも40Wの電球1個が4千円近くしますから、気安く購入して、使ってみるには勇気が要ります。

 鳩山首相の25%削減の公約(2009/09/22ニューヨークの国連総会演説、2020年までに1990年比で25%の温室効果ガスを削減)を実現するには、自動車のハイブリット(HV)化や電気自動車(EV)へのシフトに加え、太陽熱発電の普及などとともに、家庭での電力やガス消費量を、思い切って削減する国あげての方策が必要でしょう。

 そのような視点で電球を考えると、技術進歩と大量生産による価格の大幅低下によって家庭用の電球や蛍光灯はもちろん企業における照明用蛍光灯などをLEDに代えることが現実味のある対策だと思われます。

 統計資料では「調査機関によって若干異なるものの、消費エネルギ全体の15~35%を占めている」そうですから、以下の試算の通り消費電力が2分の1(蛍光灯との比較)乃至8分の1(白熱電球との比較)になると、発熱量の低下に伴う空調の効率化効果も期待できますから、わが国の総エネルギー消費量は7%~20%も削減する可能性があります。

 現状では、LED電球を生産するメーカーはOEMを含めても数社NECライティング、シャープ、東芝ライテック、三菱電機オスラムがすでに出荷を開始しており、今後、パナソニックと日立ライティングがそれぞれ2009年10月と11月に出荷を予定している)に留まっていますから、競争原理が働けばLED電球は現行価格の1割程度(400~500円)まで一気に下がり、住宅用に普及すると予想します。

 また、事務所用の蛍光灯に関しても既にコンビニ等では採用が続いているようですが、一般オフィスでも蛍光管型LED蛍光灯の性能と価格の低下が相乗効果となって、2011年くらいには一般に普及すると思います。ちなみに現時点では40W筒型蛍光灯@200程度に対し、ようやく流通し出したLED蛍光管は20000円弱と約100倍もの差があります。蛍光灯の寿命は6000時間程度ですから、LED蛍光灯の耐用時間4万時間に相対的に比例させるには、1300円程度まで価格が下がらないと使えません。このことは一般家庭でのリビング等の照明器具についても同様です。

【引用記事に加筆】
CostPlanの記事を元に、白熱電球と電球型蛍光灯とLED電球の電気代比較をしてみました。
白熱電球と蛍光灯の電気代比較について

まずは、電気代を計算する手段として以下の簡易的な計算式を用いて計算します。
電気代=W数/1000×点灯時間×23円

1家庭で利用する40W形の白熱電球が10個・1日の点灯時間8時間という計算の下で、これらを全て「電球形蛍光灯」、「LED電球」に交換したと仮定して電気代を計算していきます。

40W形白熱電球8時間当たりの電気代(年間)(10個分)
=40/1000×8時間×365日×23円×10個=26,864円

同様の明るさを持つ電球形蛍光灯は10Wの消費電力で点灯が可能となっています。よって、
40W形電球形蛍光灯8時間当たりの電気代(年間)(10個分)
=10/1000×8時間×365日×23円×10個=6,716円
以上のように、1年間で2万円以上も電球形蛍光灯を利用した方がお得になるという計算が成立します。

LED電球の場合は4.1Wの消費電力なので白熱電球の10分の一程度と更に消費電力は低くなります。
=4.1/1000×8時間×365日×23円×10個=2,754円

白熱電球と電球形蛍光灯の価格比較
「コストプランショッピング」では、40W形の白熱電球と同様の明るさを持つ電球形蛍光灯が以下の価格で販売されています。LED電球はヨドバシで以下の価格になっています。
・白熱電球(L100V40W):84円/個(税込)
・電球形蛍光灯(EFA10EL/8-R):945円/個(税込)
・LED電球(LEL-AW4N/2):3,680円/個(税込)
これだけを見ると、白熱電球の方が1個あたり電球型蛍光灯は10分の1以下、LED電球の40分の1以下の価格で販売されており、電球価格比較をすると圧倒的に白熱電球の方がお得ということになります。

しかし、電球には寿命というものがあります。
上記の白熱電球の寿命はおよそ「1,000時間」、対して電球形蛍光灯の寿命はおよそ「6,000時間」となっており、約6倍電球形蛍光灯の方が長寿命ということになります。
更にLED電球の寿命はおよそ「40,000時間」となっており、白熱電球の約40倍LED電球の方が長寿命ということになります。
この寿命分を補正すると、電球形蛍光灯が1回切れる間に白熱電球は6回買換えが必要と言う事になります。
LED電球が1回切れる間に白熱電球は40回買換えが必要と言う事になります。
上記の補正を行うと

・白熱電球(L100V40W):3360円/40個(税込)
・電球形蛍光灯(EFA10EL/8-R):6,300円/6.7個(税込)
・LED電球(LEL-AW4N/2):3,680円/個(税込)
LED電球を4万時間使うと電球の価格は白熱電球とほぼ同額になります。

白熱電球と蛍光灯、lED電球の節約度比較
電気代と電球の費用を加味して、LED電球も含めた3種比較では以下のように計算する事が可能です。
4万時間(一日8時間点灯で約13年)使うと、合計額では白熱電球の5分の1、電球型蛍光灯の約半額になります。

・白熱電球(40,000時間点灯・電球10個)
電気代:368,000円
電球代:84円×10個×40回=33,600円
合計額:401,600円

・電球形蛍光灯(40,000時間点灯・電球10個)
電気代:92,000円
電球代:945円×10個×6.7回=63,000円
合計額:155,000円

・LED電球(40,000時間点灯・電球10個)
電気代:37,720円
電球代:3,680円×10個=36,800円
合計額:74,520円

上記の通り、電気代と電球代を含めて計算した場合、電気の消費量を必然的に減少させることができるため、家計だけでなく問題となっている地球温暖化などの地球規模への影響も少なくすることができ、省エネ効果が高いと言えます。

091013_denkyuhiyografランニングコストの経年比較
白熱電球とLED電球を比較すると約4千時間(一日8時間点灯で約1年4ヶ月)、電球型蛍光灯とLED電球を比較すると約12千時間(一日8時間点灯で約4年1ヶ月)でトータルコストが逆転します。
LED電球の寿命は4万時間(一日8時間点灯で約9年1ヶ月)なので、5年目以降は費用が安くなります。


【参考資料】
一般40W 電球とLED40W相当を比較した場合
電球型蛍光灯とLED照明、省エネ対決は一長一短
 2009/02/23 David Carey:米Portelligent社
 (前略)宅内用や商業用の照明器具の消費電力量も非常に大きいことをご存じだろうか。数値は調査機関によって若干異なるものの、消費エネルギ全体の15~35%を占めている。白熱電球は、長年にわたって照明器具の主力製品として広く使用されてきた。しかし、発光効率が著しく低いことから、代替光源への切り替えが求められている。白熱電球の発光効率は一般に、5%をはるかに下回るとされる。

Posted on 10月 13, 2009 at 03:58 午後 | | コメント (0)

2009.09.02

090902 キャットカット

090902 キャットカット 自分で食べるキットカットにナッコ君登場です。
 チョコラボです。

Posted on 9月 2, 2009 at 11:33 午前 | | コメント (0)

2009.08.28

090828-2 時速370kmの電気自動車と10万台製造ラインが出来れば7年で電気自動車が主流になる

090828_car このところ、ホンダとか日産の電気自動車が話題になる機会が増えています。ハイブリッドはガソリン自動車から電気自動車に移行する過渡期の商品と見るのが正しいような気がします。
 そのような状況下、電気自動車普及の一番のネックは充電方法で電池の容量増加とともにインフラが出来ないと普及しないという見方もありますが、ブレイクすればインフラは自然に付いてくるという見方が正しいと思います。
 もう一つ気になっているのは、GPSを使った自動運転。これも電気自動車の普及が進めばごくすんなりとインフラが整備されるのかも知れません。

 このようなことを、運転もしないきよもりが考えていたら、この考え方をベースにすでに着々と未来の自動車に向けた技術やインフラ開発に意欲を燃やしている方がいることが判りました。
 日経ビジネスOnlineの記事は長いので引用は避けますが、時速370kmの電気自動車の動画を見るだけでも値打ちがあるでしょう。

【日経ビジネスOnline 2009年8月20日(木)の記事】
「みんな勝ち」の未来へ急発進! 時速370kmの電気自動車
 エリーカ【清水 浩 慶應義塾大学教授・前編】
 【走行ビデオ画像】 CGではありません。
  “スーパー電気自動車”「エリーカ」
【日経ビジネスOnline 2009年8月26日(水)の記事】
「10万台、7年で電気自動車が主流になる」~祝・社長就任! 「シムドライブ」は未来を開くか?
 エリーカ【清水 浩 慶應義塾大学教授・後編】

Posted on 8月 28, 2009 at 08:14 午前 | | コメント (0)

2009.08.24

090824 意外に使えるポケットGPSロガー/HOLUX社M-241c

090819_holux 8/19にGPSロガーという記事を書きました。
 TrendWatcherとしては、買ってみないと判らないので、早速通販で\7,980送金して現物を入手しましたが、昨日の例会で使ってみて、驚くほどの高性能で感激しました。GARMINのGPSは14万円もしますから、価格差は非常に大きいのに、GPSを捉えるアンテナ性能は60CSxより上かも知れません。
  使い方としては、このM-241c単体では地図を表示出来ませんから、あくまでも移動軌跡を記録するのが目的と割り切る必要がありますが、写真とルートを紐付きにして楽しめるので、新しい発見が出来ます。
HOLUX社のM-241cはこちらで購入しました。

090823t_ujiujihatyo_holuxm241c 昨日は、住吉から京都に向かうJR車内、尼崎辺りで電源を入れ、GarminのGPS-60CSxと一緒に胸ポケットに入れてそのまま、京都駅でバスに乗り換え、周山街道の愛宕道からはウジウジ谷を登り、首無地蔵から八丁尾根を清滝まで歩いて、清滝でスイッチを切りました。
 今朝、ezTourという付属の閲覧ソフトでデータを落としてみると、ほぼ完璧に軌跡が残っていました。
 JR京都線の走行軌跡、京都駅での乗換、JRバスが円町で西大通りを右折して立命館大学で再度西に向かい、高尾を経由して周山街道を北に向かう状態が5秒ごとに時間、高度データとして記録されています。
 このHOLUX社のM-241cという機種は、ほぼ昔?の銀塩カメラ用のフィルムケース大で、単Ⅲ電池で12時間記録できますから、気軽に持ち歩けます。
 あとはこの軌跡とデジカメで撮影した写真を時間をキーに紐付きにして、緯度経度をデジカメ写真に取り込みGoogleMapやカシミール3Dと写真がリンクできれば大成功です。
 カメラにGPS機能が付くのはもう少し先でしょうが、カシミール3DやGoogleMAPに写真がリンクされる時代になりました。

090823t2_ujiujihatyo_holuxm241c

 写真の取り込みもあっという間に完了しました。
090823t3_ujiujihatyo_holuxm241c


Posted on 8月 24, 2009 at 07:01 午前 | | コメント (0)

2009.08.19

090819 GPSロガー

 今日の日経Torendynetに
 ◆夏休みに最適! 旅行の思い出を完璧にするGPSロガー  (戸田覚の1万円【自腹】研究所)
 という記事があります。
090819_holux GPSは車載用の専用機が相当普及して価格が下がっていますが、登山用となると高感度で高機能な商品の領域に入っていて、一台15万円近くするGarmin社の独壇場です。

 通常は山行前の予定ルートをカシミール3Dで作成し、GPS 60CSxにアップロードし、帰宅後は逆にGPS 60CSxからカシミール3Dへトラックデータをダウンロードして、記録を作成します。
 地図データを作成確認するだけならば、今使っているGPS 60CSxで充分なのですが、以前からデジカメ写真と地図をリンクできないかと考えていました。
 デジカメにGPS機能を付加したカメラはまだ高価ですが、この記事にもあるとおり、近い将来、デジカメに位置情報データも記録するのが当然になると思います。

 それはともかく、今使っているデジカメにはGPS機能は付いていませんから、何とかGPS 6CSxのトラックデータの時間データとデジカメ(OLYPUS E-420)の撮影データに持っている時間データをマッチングさせて、時間をキーにしてデジカメ写真に位置情報を書き込みたいと思っています。
 この流れは、カシミール3Dのオプションとして時間をキーに写真を取り込むツールがあり、実際に2回ばかり使ってみましたが、手間が大変なのでその後使っていません。

 今回のHOLUX社のM-241で収集された位置情報はこのあたりがうまくリンクするようなので、駄目元で購入してみます。通販で\7,980でした。

参考:HOLUX社

Posted on 8月 19, 2009 at 01:02 午後 | | コメント (0)

2009.08.07

090807 これはやばい!携帯電話電池の充電器

090807_keitaijyudenl_si_03_76632 今日のITmediaに
上海問屋、携帯電話などのバッテリーをUSBで充電するバッテリーチャージャー発売
 エバーグリーンは8月6日、USBバスパワー対応のモバイルバッテリーチャージャーを発表、同社直販「上海問屋」にて販売を開始した。充電機能のみの「DN-UBC807」、microSDカードリーダー機能付きモデルの「DN-TBC201」の2モデルをラインアップ。価格はそれぞれ499円/699円だ(ともに税込み)。
 2製品はともに、USBバスパワーでの電力供給により携帯電話やデジカメなどのバッテリーを充電することが可能。バッテリーの固定はクリップ式で、クリップの根元の端子をバッテリーに接触させることで充電が可能だ。

 という記事があって、今更USB充電器なんて、と思いながら記事を読んでもさっぱり判らなかったのですが、写真を拡大してビックリ!
 これはまさにキワモノです。
 でも、携帯の電池は現在スペアを4つ持っていますが、3日以上の山行ではどうしても予備電池を持って行かないと不安ですし、実際に剱岳では3つまで使いましたので、帰宅後一つずつ携帯にセットして充電する手間は面倒でした。これは使えるかも知れません。
 メーカーのホームページを見ると、携帯の電池をむき出しのまま挟み込んで、プラスとマイナスの電極に直接端子を接続して充電しますから、電極間が5mm~10mmなら機種は選ばないようなので、一眼レフの専用電池の充電にも使えそうです。
 リスクがありますが、試しに購入して使ってみます。値段が倍くらいになってもよいから過充電防止とか充電完了ランプくらいは付けてほしかったですね。

Posted on 8月 7, 2009 at 12:14 午後 | | コメント (0)

2009.08.06

090806 ニコン、世界初の「プロジェクタ内蔵カメラ」を発表

090806_nikon_s1000pj 今日の/.jpでもNikonのプロジェクター内蔵デジカメが取り上げられています。
【/.jpの記事引用】
 ニコン、世界初の「プロジェクタ内蔵カメラ」を発表
hylom による 2009年08月05日 11:42 の掲載 (ハードウェア)
差別化のネタが尽きてきたのか? 部門より

 あるAnonymous Coward 曰く、ニコンが、世界初となる「プロジェクタ内蔵カメラ」、COOLPIX S1000pjを発表した。
 有効画素数が12.1メガピクセルで光学5倍ズームを備えたいわゆる「最近のデジカメ」に、コンパクトプロジェクタ機能を合体させたもの。プロジェクタはカメラの前面中央部に搭載されている。プロジェクタ部のスペックは投影サイズが5~40インチ、解像度はVGA相当、明るさは最大10ルーメン。最近では定番の動画撮影機能や手ぶれ補正などももちろん搭載されている。
 ニコンは無線LAN機能搭載デジカメを早い時期に出すなど意欲的な商品開発を行っている印象があるが、まさかこの方向に行くとは思っても見なかった。

【コメント】
 液晶プロジェクターはここ4、5年で高機能化と小型化、低価格化がどんどん進んでいます。最近では手のひらサイズで4、5万円の製品も出回っていますから、このニュース自体にあまり驚くことはないのかも知れませんが、天下のニコンが発売することには意外性があります。
 しかし、デジカメがどんどんレンズ交換式の一眼レフや一眼カメラに移行し、若い女性も気軽に高機能化された一眼カメラを持つようになっていますから、レガシーなコンパクトデジカメが存続するにはこのような新機能を折り込む道しかないのかも知れません。最近では立体写真が撮影できるデジカメとか超高速度撮影が可能なデジカメとか、光学26倍撮影が出来るデジカメとか、無線LAN内蔵のデジカメとか、各メーカーの攻勢は色とりどりですが、結局画質の差は一眼カメラにはかなわないようで、JNKさんなんかE-620をいつも持ち歩いてます。

Posted on 8月 6, 2009 at 12:10 午後 | | コメント (0)

2009.08.03

090803 段ボールに革命起こす「ダンパー」

Thumb_450_01_px450 今日の日経TRENDYnetに
 ◆【文具王】地味だが効果絶大!ダンボールに“革命”起こす「ダンパー」
 (文具王・高畑正幸の最新文具ワンダーランド)
  → http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20090729/1027964/?ml
 という記事があります。

【記事の引用】
 万能梱包資材であるダンボールだが、よくよく考えるとちょっと不便な点も少なくない。中身が見えない、水に弱い、過度に積み重ねるとつぶれる、出し入れの際にフタが邪魔、など。
 日ごろ自宅で1箱だけ使用する程度ではあまり気にならないが、倉庫などで頻繁に出し入れを行うような場合には、ダンボール箱のフタはかなり邪魔だ。特にたくさんの箱を並べて作業するときには、隣り合う箱のフタがペロンと倒れてくるとイラッとする。私は気になりだしたら我慢できないタチ。開けたままで使う時は、フタをカッターナイフで切り取ったり、外側に折り返してガムテープで固定したりしていた。それも数が多くなると、面倒で仕方がない。
 毎日ダンボール箱に商品を出し入れする人たちにも、そんな小さな不満が積もっていたに違いない。そんなイライラに耐えかねた人たちの手によって製品化されたツールが、今回紹介する「ダンパー」だ。

【コメント】
090803_damper_2 おっしゃる通り、段ボールは非常に便利な梱包材ですが、耐久性や積載に問題があり、運送時の使い捨てと割り切っていましたが、ふたの開け閉めや積み重ねの問題を一気に解決するアイテムとして、この「ダンパー」は画期的かも知れません。ハンズにもありそうですから、購入して使ってみます。
 でも、一組(4隅に一つずつ)で504円は少し高すぎますね。人気が出て数が売れるようになれば、一組200円~300円程度になるでしょう。意匠登録、特許などの関係次第ですが、おそらく模倣品が出回れば、型抜きだけで完成品が作れますから、かなり低価格で売られるようになるでしょう。
 個人的にはゴミ箱として使うという発想が気に入りました。自宅ではいま、30個くらい折り畳みコンテナを使っていますが、これもダンパーをセットして段ボールにするのがよいのかも知れません。

 会社でも配送センターは段ボール箱の規格を統一していますから、うまく使えば簡易棚としても活用できます。
【商品紹介】
 Damperが即解決!!


Posted on 8月 3, 2009 at 11:53 午前 | | コメント (2)

2009.07.22

090722-2 受信機能付きフォトフレーム「Photo Vision HW001」

Photovision1_588x339 今日のASCII.jpに
置くだけで写真が入る ケータイならではのフォトフレーム

という記事があります。
 これは、パソコンを持たない、携帯も持たない、使えるのは電話とFAXだけといった、きよもりの母のような大正生まれのお年寄り向けのコミュニケーション手段としては、用途が単純明快でお奨めです。

 機能的には、縦横15cm×21cmの7インチ画面に電話番号を持たせて、この番号宛に他の携帯からデジカメで撮った写真を送るだけで、自動的に表示されます。
 内蔵メモリーだけで1000枚程度の写真を保存できますが、SDメモリースロットも付いているので、1GBのメモリーをセットしておけば、数年くらいは電気だけ入れておけば、どんどん写真がたまっていくし、いつでも閲覧できます。

 残念ながら、ソフトバンク製なので今のところauやパソコンでは送信できません。かといって今更 、iPhoneやソフトバンクに買い替えも出来ませんから、早くKDDIからも同様の機能を持たせた携帯フォトフレームを発売してほしいですね。

 これが使えるようになれば、デジカメ写真を葉書に印刷してまめに尾道の母に近況を送ってくれているJNKさんの手間も軽くなるかも知れませんが、やっぱり年寄りは手書きの葉書や手紙の方が好ましいでしょうね。

【ITmedia +D 解説記事】
メールした写真を自動で表示――通信機能付きフォトフレーム「Photo Vision HW001」

メールに添付した写真を表示する、通信機能付きフォトフレームが登場。フォトフレームのメールアドレスに写真を送ると、7インチの大画面に送った写真が自動で表示される。

 ソフトバンクモバイルの「Photo Vision HW001」は、通信機能を搭載したデジタルフォトフレーム。携帯やPCからデジタルフォトフレームのメールアドレス宛てに写真を送信すると、7インチの画面に自動で表示。インターネットやPCの面倒な設定を行う必要なく、写真を通じたコミュニケーションを楽しめる。

 ソフトバンクモバイルのユーザーなら、フォトフレームの電話番号宛てに写真付きメールを送るだけで、フォトフレームに表示する写真を送信可能だ。
 電源を入れると、自動でスライドショーがスタートするなど、操作が簡単な点も特徴の1つ。フォトフレームの右側にはタッチパネル式のボタンが用意され、削除や回転、表示効果などの操作を行える。

 利用料金は、月額980円の専用定額プランが用意され、2010年の1月12日までに加入すると、月額490円で利用できるデビューキャンペーンを実施する。
 ボディカラーはブラックとホワイトのほか、ハローキティのキャラクターをあしらったピンクの「HW011 KT」をラインアップする。

「Photo Vision HW001」の主な仕様
機種名    Photo Vision HW001
サイズ(幅×高さ×厚さ)   約213×151×32ミリ
重さ   約510グラム
ディスプレイ   約7インチワイドVGA(480×800ピクセル)TFT液晶(最大6万5000色)
内蔵メモリ  384Mバイト(300kバイトサイズ平均の写真を1200枚保存可能)
ネットワーク  W-CDMA
外部メモリ   SDHCカード(最大8Gバイト)、MMC(最大2Gバイト)
写真管理   JPEG、BMP、GIFに対応
画素数   最大16Mピクセル表示
主な機能   スライドショー再生、プレビュー、非表示、削除、回転、拡大、サムネイル、表示効果、SMS/MMS、メールの受信(本文表示)、メモリカードへのデータ移動とコピー、カレンダー表示
ボディカラー   ホワイト、ブラック、ピンク(HW011KT)
発売予定   HW001は6月中旬以降、HW001 KTは7月下旬以降

【ASCII.jpの記事引用】
 なお、このPhoto VisionはソフトバンクのMMSだけに対応する。一応通常のメールアドレスも持ってはいるが、現在はソフトバンクのケータイから電話番号で送信されたメールのみ受信できるようになっている。他社ケータイやPCからのメールを受信できないのは、少々残念なところだ。iPhoneシリーズはiPhone OS 3.0からMMSに対応したが、ここからの写真付きメールももちろんPhoto Visionで表示できる。

Posted on 7月 22, 2009 at 01:21 午後 | | コメント (0)

2009.07.07

090707 夜道に自分専用自転車レーンを投影

090707_lightlane 今日の/.jpに
 夜道にいつでも自分専用自転車レーンを
 という記事があって、覗いてみて納得しました。
 
 自転車の反射板の替わりに、後方から接近する自動車に自転車の走行を明示的に浮かび上がらせるために、自分専用の自転車レーンを投影できるガジェット(小物)と云うことです。
 確かに夜道を自転車で走るのは危険だし、自動車の方でも結構神経を使うでしょうから、こういった小物が普及すれば少しは事故が減るかも知れません。
 投影されるレーンの幅が狭いので、せめて倍ぐらいの幅がないと後続車からは見えにくいようです。

 きよもりの場合は、最初は駐車中の車の横をすり抜けようとして、ドアが突然開かれて、車道にひっくり返りました。二度目は夜道を一生懸命漕いでいて、停車中の車に気が付かず、後ろからバンパーにぶっつけました。
 二回目のは不注意ですが、一回目の場合は、本当に怖かったから、その後は駐車中の車の横は出来るだけ避けて追い抜くようにしています。

夜道にいつでも自分専用自転車レーンを
reo による 2009年07月06日 11:00 の掲載 (テクノロジー)
爆撃地点を事前にレーザーで告知するのと同じか… 部門より
+--------------------------------------------------------------------+
 ある Anonymous Coward 曰く、自転車の夜間走行でヒヤッとしたことのあるサイクリストもいるかと思うが、夜道に自分専用の自転車レーンを投影できるガジェット「LightLane」が紹介されている (H2OVisions の記事本家 /. の記事より) 。デザイナー Alex Tee 氏と Evan Gant 氏は、サイクリストの安全のためにLightLane を開発したとのこと。
 自転車用レーンはサイクリストの安全を高めるが予算もかかるため設置されていない道路も多いのが現実だ。また自転車の反射板は視認性を高めるが、一部分しかハイライトされない。LightLane はレーンを投影することで自動車などからの視認性を高め、また自転車の周りにスペースを確保することでより安全に走行することが可能になるという。LightLane はシートポストにクランプで取り付けることができ、レーンは視認性の高いグリーンDPSSレーザーで投影される。
 リチウムイオン電池で 3 時間の連続使用が可能。現在はまだプロトタイプ段階だが、近いうちに製品化される予定だそうだ。今年 5 月に行われた Proof of Concept 走行の動画も公開されている。思ったほど「レーン」に見えなかったり、明るい道ではレーンが目立たなかったりもするが、なかなか面白いコンセプトなのではないだろうか。

Posted on 7月 7, 2009 at 01:11 午後 | | コメント (0)

2009.06.29

090629-2 ゲリラ豪雨をGPSで予測?

090629_gps_weathernews 昨年7月28日、六甲山系の都賀川で鉄砲水のため5名もの方が亡くなった事故がありました。
 この事故以来、ゲリラ豪雨という呼称が一般化されたように思いますが、現状ではピンポイント天気予報でも気象レーダーやアメダスの情報は10分遅れ、半径2km以上の雲の動きしか補足できていないそうですから、局地的な降雨を予測するのは難しいのだそうです。

 このような状況を打破すべく研究が進められていて、今日のITmediaでは以下の記事がありました。
 ゲリラ豪雨をGPSで予測?
 この記事の中に『ウェザーニューズは各地のユーザーから寄せられたリポートをもとにゲリラ豪雨アラートメールを送信する試みを昨年実施。(ニュースリリースより)
 とあって、株式会社ウェザーニューズでは、昨年7月から、“ゲリラ雷雨防衛隊員”といわれる会員登録した一般ユーザーの情報を元に局地豪雨を事前に予測する試みを始めています。

 この動きとは別に、日本気象協会でもGPS電波の大気遅延現象という、電波が水分を含む大気中を通過する際の微少な時間差を把握することで、水分の多い積乱雲などの雨雲の発生を的確に把握し、局地的な豪雨を予測するシステムを早ければ今秋から実用化する予定だそうです。

 ウェザーニューズの方法では、登録会員の分散により精度の片寄りが考えられますが、日本気象協会の方法なら、全国1200ヶ所のGPS受信機データから平均的なデータが常時把握できますから、期待して良さそうです。

 ちなみに、学生時代の記憶ですが、7月に行く予定の剱岳では合宿中、毎日必ず夕方15時頃から夕立に見舞われました。これは日射による岩尾根や岩壁の温度上昇が、雪渓が残る低温の谷間との間に大きな温度差を発生させるため、雲が湧いて雨を降らせたのではないかと今でも考えています。 

【毎日新聞ニュース】引用
090629_mainichijp ゲリラ豪雨:GPSを使って発生を予測 今秋にも運用開始 気象庁は「ゲリラ豪雨」の予測精度向上に向け、局地的な集中豪雨を引き起こす積乱雲の発生の兆候をいち早くつかむことができるシステムを開発した。GPS(全地球測位システム)のデータから空気中の水蒸気量を割り出し、雲の発生状況を予測する仕組みで、早ければ今秋にも運用を開始する。GPSを気象予測に活用するのは初めて。

 気象庁によると、約30基あるGPS用人工衛星から出された電波は、空気中の水蒸気が多いほど地表に到達するまでの時間が長くなる。システムはまず、この関係を利用。国土地理院が地殻変動の調査用に全国約1200カ所に設置しているGPS受信機のデータから、各地点で電波の到達時間の遅れを求め、それを基に大気中の水蒸気量の分布状況を割り出す。

 さらにスーパーコンピューターで天気を予測する「数値予報」の初期データに、求めた水蒸気のデータを入力。積乱雲が発達する時間と場所を予想する。

 この手法は、気象庁気象研究所(茨城県つくば市)などが97年から研究を開始。これまでの約10例のゲリラ豪雨などを対象に、発生時のデータを使って予測実験をしたところ、実用可能な精度があることが分かった。

 昨年7月28日に神戸市で5人が死亡した集中豪雨の際のデータを使った実験では、大雨が降り出す約1時間前には現場付近の豪雨を予測できたという。気象庁は当時、豪雨を全く予測できなかった。【福永方人】
毎日新聞 2009年6月9日 2時30分(最終更新 6月9日 9時44分)


Posted on 6月 29, 2009 at 12:53 午後 | | コメント (0)

2009.06.12

090612-2 徘徊患者の位置を特定できるGPS搭載靴

090612_gps_shoes 今日の/.に
 徘徊患者の位置を特定できるGPS搭載靴、開発中
 という記事があります。

 ランニングシューズへのセンサーチップの装着はすでに10年以上も前からマラソンレースなどで個人別の通過タイムの測定やラップデータの収集・確認に使われはじめ、東京マラソンでも全ランナーの5kmラップデータを収集できるようになっていたことをご存じの方も多いでしょう。

 システムの概要や種類は計測工房に詳しいのですが、いわゆるICチップ(計測チップ)には電池を持つアクティブタグ(RTタグ)と電池を持たないパッシブタグ(RCチップ)との二種類があるようで東京マラソンの場合は、コストが安く小型で靴に装着できる電池なしのタイプが使われているそうです。

 さて、コースが決まったマラソンではセンサーを使う方法は有効ですが、どこに移動するか判らない徘徊患者の場合は、センサーは使えませんので、この記事のようにGPSを使う方法が有効だと考えられます。
 問題は靴に取り付けられたGPS発信装置の微弱な信号をどのように衛星を通じて検索・収集するのでしょうか。この辺りのノウハウが開発のポイントだと思われますが、GPS発信装置側は何らかの電源が必要でしょうから、この電池の保ちも気になるところです。

 もし、技術的な問題がクリアできれば、登山靴にも装着して、万一の遭難時の捜索や雪崩で埋まった場合の位置特定も容易になるでしょう。ちなみにいまわれわれが使っているGarminのGPSでは、単3電池2本で1日~2日の電池寿命ですから、遭難捜索などには有効ではありません。もっと消費電力の少ない発信装置が必要でしょう。あるいは太陽電池で代行できるようにするかでしょうが、悪天候ではお手上げだし、遭難には悪天候がつきものです。

+--------------------------------------------------------------------+
徘徊患者の位置を特定できるGPS搭載靴、開発中
hylom による 2009年06月11日 16:52 の掲載 (テクノロジー)
それ以外の用途にも使えそう 部門より
http://slashdot.jp/article.pl?sid=09/06/11/0434258
+--------------------------------------------------------------------+

あるAnonymous Coward 曰く、
靴のメーカーAetrex Worldwide社と小型GPS装置を開発しているGTX Corp社が、徘徊の症状のあるアルツハイマー病の患者に向けたGPS靴を共同で開発しているという(本家/.記事news.com.au)。

アルツハイマー病の患者の6割は少なくとも1度は「徘徊による危険な出来事」を経験するという。多くの場合は1度では済まず、何度も危険な目に遭ってしまうそうだ。開発中のGPS搭載の靴を履いていれば地球上のどこであろうと9mの誤差内でその位置を特定できるとのことで、徘徊してしまった患者の位置特定に多いに役立つことが期待でき
るとのこと。また、患者は首にかけられた見慣れない装置などは外してしまうことが多いが、服を着たり靴を履いたりといった行為は最後まで覚えているとのことで、靴に装置を組み込むことが有効だそうだ。

Posted on 6月 12, 2009 at 02:00 午後 | | コメント (0)

2009.05.26

090526 乗用車用自動スピード制御装置試験実施へ

090526_speedlimited_2 align="left" hspace="5"/> 今日の/.jpに
乗用車用自動スピード制御装置、英国と豪州で試験実施へ
 という記事があります。
 
 21世紀中には自動運転ハイウェイが実現すると思いますが、運転が好きなドライバーにとっては、スピード制御なんて余計なお節介かも知れません。
 でも、GWで高速道路の渋滞を経験してみると、のろのろ運転でストレスが溜まるのを防止するには、自動運転になればよいと思う人は多いでしょう。

 車載機器の電子化や、衛星監視システムによって、スピード制御や、自動運転は決して夢物語ではなくなっているのですから、いつ頃から導入されるか興味があります。

+--------------------------------------------------------------------+
乗用車用自動スピード制御装置、英国と豪州で試験実施へ
reo による 2009年05月25日 10:30 の掲載 (交通)
性善説でここは一つ 部門より
http://slashdot.jp/article.pl?sid=09/05/24/2254256
+--------------------------------------------------------------------+
ある Anonymous Coward 曰く、英国と豪州で、乗用車がスピード制限を超えないよ
う自動的に速度を制御する装置の試験が実施されるそうだ (本家 /. の記事より)
。Intelligent Speed Adaptation (ISA) と呼ばれるこの装置は衛星によるトラッ
キングとデジタルマップを使い制限速度を割り出すとのこと。オートモードに設定
した場合、制限速度を超えると警告が発せられ、警告を無視し続けるとエンジンへ
の燃料供給を制限して特定の速度を超えないよう減速させるという。他にも制限速
度内で走行していればスマイルマークが表示され、スピードを出しすぎている場合
はしかめっ面マークが表示されるモードもあるとのこと。この装置の有効性が実証
された場合スピード違反の罰金などによる税収が大幅に減ることになるが、スピー
ド違反による事故の犠牲者やかかるコストが減る方が重要であると豪州当局はいう
。英国ではロンドンで 6 ヶ月の試験期間を設けるとのことで、バスやタクシーな
ど一部の車に ISA が取り付けられるという。一部のみでも他の車の減速に繋がる
ため効果があると見られているとのこと。また、もしロンドンの車の 2/3 がこの
装置を搭載したとすれば、ロンドンにおける交通事故の犠牲者は 1 割減ると予測
されるという。しかしこの装置はスイッチ一つで切ることが出来るため、その有効
性に疑問を抱く声も挙がっており、また危険な追い越しを生むのではないかと懸念
する声もあるそうだ。
http://www.timesonline.co.uk/tol/driving/article6260444.ece

Posted on 5月 26, 2009 at 12:40 午後 | | コメント (0)

2009.05.21

090521-2 ワイヤレス電源 家電から電源コードが消える

090522_wirelesselectronic_01 話題自体は、今までも何度か取り上げた天才物理学者、ニコラ・テスラが発明した共振コイルを使用したワイヤレス電力に関する特許(テスラコイル)の実用化にめどが付いたという事です。
 参考:081216 テスラコイルを使用したワイヤレス電源、800W分の電球を点灯

 記事を読むと、『数十cmから数m離れた「アンテナ」間で、数十W~数百Wの電力を比較的高い伝送効率を保ちながら、しかも理論的には人体に安全に伝送できる。』とありますから、当面は室内で電池等の別電源を使わないで、パソコンを始め各種家電を電灯線につながずに使えるようにしようと云うことです。

 何十年か先には例の宇宙エレベーターの推進力としてもこの技術が使われることになるのでしょうね。


ワイヤレス電源
家電から電源コードが消える

 およそ15年前の1990年代半ば、電話機から通信ケーブルが消え、どこにでも持ち歩けるようになり始めた。10年前には、パソコンからも通信ケーブルが消え始め、仕事や生活の環境が様変わりした。そしてついに、最近になって電源コードさえも不要にする技術が登場した。

 開発したのは、米マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology、MIT)の研究者であるマリン・ソーリャチッチ氏。同氏はこの技術を2006年に開発し、「Witricity(wirelessとelectricityを合わせた造語)」と名づけた。携帯電話のように基地局から数百mも離れて使うことはできないものの、数十cmから数m離れた「アンテナ」間で、数十W~数百Wの電力を比較的高い伝送効率を保ちながら、しかも理論的には人体に安全に伝送できる。

 実用化できれば、携帯電話などと同様かそれ以上に、私達の生活を刷新する可能性がある。例えば、アンテナとなる大型コイルの一種を天井に埋め込むことで、その部屋内にあるほとんどの家電への給電がワイヤレスでできるようになる。携帯電話機やパソコンはもちろん、炊飯器、扇風機、照明機器、こたつ、掃除機など多くの家電製品の電源コードが不要になるだろう。もちろん、可能性は屋内に限らない。道路にアンテナを並べて埋め込むか、あるいはパンタグラフのように空中につるせば、走行中の自動車やバスにも給電可能になる。

強い共鳴の利用がポイント
 理論的な性能は、直径60cmの特殊なアンテナを用いると、1m離れた場所になら90%以上、2m離れても約40%の伝送効率で数十W~数百Wの電力を送れる。伝送距離は、アンテナを大きくしさえすれば延ばすことができる。2008年秋には800Wの電力を5m伝送した実験例も出てきた。

 伝送装置は一見、これまでの無線通信とあまり変わらない。違うのは回路やアンテナのパラメータの選び方である。原理的には、電磁誘導の一種を利用する。既存の電磁誘導との違いは、共鳴の強さだ。共鳴とは特定の周波数だけ二つの素子が高い効率でエネルギーをやり取りする現象のこと。この共鳴が弱い一般の電磁誘導技術では、コイル同士をぴったり合わせるようにしなければ高い効率が得られない。MITの技術は共鳴が非常に強く、たとえコイルの軸や向きが揃っていなくても高い効率が得られる。一方、「人体は共鳴相手とならないため、人体への悪影響はほとんどない」(MITのソウリャチーチ氏)。

Intel社が開発に名乗り
 既に、米インテルなどのメーカーがMITの技術に興味を示し、開発に取り掛かっている。現在の課題は、実際の伝送効率を理論的な効率に近づけることや、人体や電子機器への影響の程度を確認すること。原理は非常に単純であり、低コストで実現でき、理論的には人体などへの影響も小さい。予想外の問題が出てこない限り、実用化に時間はかからないだろう。

(野澤哲生=日経エレクトロニクス)

Posted on 5月 21, 2009 at 04:03 午後 | | コメント (0)

2009.05.20

090520 ホッチキス Vaimo11

090520 ホッチキス Vaimo11090520 ホッチキス Vaimo11 紙を40枚も綴じられるホッチキスが発売されています。
 従来型の10号針より幅と脚高を長くした11号針を使い、従来型では20枚が限度だった綴じ厚を倍の40枚にアップ
 並べると何となくズングリムックリですが、機構的には専門メーカーならこそのノウハウが詰まっています。
 一生モノですから1575円は安いです。

 詳しくは「文具王・高畑正幸の最新文具ワンダーランド」:40枚とじの衝撃!“究極”のホチキス「Vaimo11」(前編)本体もすごい!“究極”ホチキス「Vaimo11」(後編)をご覧下さい。開発者のこだわりがよくわかります。

Posted on 5月 20, 2009 at 09:05 午前 | | コメント (1)

2009.05.14

090514-2 宇宙エレベーターの実験

090514_spaceelevator_011_r_c_800x 今日のASCII jp.の記事に
 SFの世界が現実に!? 宇宙エレベーターの実験を見てきた【動画アリ】
 というのがあります。

 宇宙エレベータというのは、きよもりのブログでも、過去数度(071013080703090121)取り上げた事がありますが、今回の実験ではヘリウムガス気球で幅5cmのケブラーテープを吊り上げてレールとし、エレベーターの篭をリモコン操作で100m上空まで上げようという実験です。
 もちろん、最終的には36千mの衛星軌道上までカーボンナノテープで地表からつながないといけませんから、気の遠くなるような話ですが、ライト兄弟同様、100年後に評価されるかも知れません。
 宇宙への夢は果てしなくて、ロマンがありますね。

SFの世界が現実に!? 宇宙エレベーターの実験を見てきた【動画アリ】
文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 2009年05月13日 12時00分更新

090514_spaceelevator_007_r_c_800x53上(宇宙)にまいりま~す!
 「宇宙エレベーター」や「軌道エレベーター」という言葉を聞いたことがあるだろうか? 「機動戦士ガンダム00」をはじめ、SFアニメや小説などで出てくるような「地球から宇宙ステーションへ行くことのできるエレベーター」である。そんな物語の中でしか見ることができなかったモノが現実に登場しようとしているのだ。宇宙エレベーターの原理などは説明し出すととんでもなく長くなるので、こちらのウェブサイトを参考にして欲しい。

 さて、5月1日に千葉県船橋市で開催された「クライマーモデル昇降実験」は、日本における宇宙エレベーター開発の第一歩とも言えるだろう。大学の学生たちが、自身で作成した宇宙エレベーターの昇降機(クライマーと呼ばれる)を持ち寄って、どのくらいの高さまで何秒で上昇できるかを実験した。

 実験方法は、ヘリウムガスを入れたバルーンを上空に飛ばし、そこからぶら下がるケーブルを、クライマーがどのくらいのスピードでどのくらい上ることができるのかというもの(上の写真参照)。クライマーも、ローラーのスピードが速いだけではダメで、キッチリとトルクなどを計算し、上っている最中に落ちないように製作しないといけないのだ。

 当日の天候は快晴だったものの、風が非常に強く、あまりにもバルーンが不安定だったので当初予定した高さまで上昇させることができなかった。しかし、風が弱まった瞬間を狙って、最終的には50~100メートル以上まで上昇させることができた。日本宇宙エレベーター協会の方の話によると「風のせいで思うように実験ができなかったが、最終的には100メートルも上げることができたので、ひとまず成功でしょう。また、問題点や課題などもたくさん見つかったので、8月に行なわれる、第1回宇宙エレベーター技術競技会ではさらにレベルの高いクライマーが登場するのではないでしょうか」とのこと。

 そう、クライマーモデルの上昇スピードや高さを競う大会が8月8~9日にかけて、同じ千葉県船橋市の日本大学二和校地にて行なわれるのだ。興味のある人は見に行ってみよう! 宇宙への第一歩の目撃者になれるかも!?

小さいけれど、未来への大きな第一歩
 宇宙エレベーターが実現すれば、ロケットを使わず、化石燃料も消費せずに宇宙へ行ける魅力的な移動手段になる。宇宙へ資材を運搬しやすくなることから宇宙開発が進み、エネルギー問題の解決など、人類に多大なメリットをもたらしてくれるだろう。

 だが、現段階では問題も多い。今は軽くて小さいクライマーのみだが、人や資材を載せて、さらに時速何百キロで36000km上空にある静止軌道ステーションまで上昇させるには、もっと開発を進めないといけないという。さらに、テロや自然災害、隕石や宇宙ゴミ(スペースデブリ)への対策もある。アメリカでもまだ開発が始まったばかりで、恐らく、我々が生きているうちは実現は不可能かもしれない。だが、人類は宇宙にまた一歩近づいたのは確かである。宇宙エレベーターの今後に注目したい。

■関連サイト
日本宇宙エレベーター協会

Posted on 5月 14, 2009 at 12:36 午後 | | コメント (0)

2009.04.21

090421 国内初の太陽電池ケータイ

090421_taiyodenchu_keitai 今日の日経BPnetに
  国内初の太陽電池ケータイ、シャープ製KDDI端末として6月に発売
 という記事があります。

 太陽電池は、地球環境保全という視点から、日本だけでなく、世界各国で実用化、効率化に向けた研究開発、製品化にいま一番勢いのある分野です。
 ただ、身近な商品としては、屋上取り付けのソーラーパネルが補助金による政府の普及支援が話題になってはいますが、普段手元に置いて、使うにはどうしても熱効率が悪く、腕時計以外では、使う機会がありませんでした。

 シャープが6月に発売を予定している太陽電池ケータイは、いまきよもりが使っているau(KDDI)から発売されるし、記事では防水機能付加とありますから、買い換えの食指が動きます。
 でも、10分充電で1分の通話では、あくまでも電池式の充電器の補助程度の役割しか果たしそうもありません。やはり、せめて10分充電で3分くらい使えないと、予備電池の代替とまではいかないのではないでしょうか。

【日経BPproの記事】
国内初の太陽電池ケータイ,シャープ製KDDI端末として6月に発売 2009/04/20 16:01赤坂 麻実=Tech-On!

 KDDIは2009年4月20日,地球環境保全への取り組みとして,太陽電池パネルを搭載したシャープ製の携帯電話機を2009年6月に発売すると発表した(発表資料)。太陽電池パネルを搭載する携帯電話機は中国や台湾では2007年頃から製品化されているが,国内では初めて。太陽電池による10分間の充電で1分程度の通話や2時間程度の待ち受けが可能になるという。本体の電池容量の80%までを太陽電池で充電できるとする。
 このほかの機能や仕様の詳細は今後検討するとしているが,IPX5/IPX7相当の防水機能を盛り込む予定という。価格については「携帯電話機の現在の主流価格帯は4万円台から5万円台の前半。これから大きく外れることはない。もちろん太陽電池搭載にコストはかかるが,ほかの機能の絞込みなどで価格を調整していきたい」(KDDI広報)とした。

Posted on 4月 21, 2009 at 12:32 午後 | | コメント (0)

2009.04.07

090407 ウイルスでリチウムイオン電池を作成

090407_virusbatt1enlarged 今日の/.jpの記事に
 MIT、ウイルスでリチウムイオン電池を作成する手法を開発
 というのがあります。

 ウィルスという表現には何となく引っかかりますが、ウィルスにリチウムイオン電池の電極を生成させる技術、というのはどのようなものなのでしょうか?

MIT Newsによると、「ウイルスを使ってリチウムイオン電池の陽極と負極を生成する方法を発見した」とのことで、ウイルスで作ったバッテリは既存のリチウムイオン電池と同様の容量/パフォーマンスを持つという。また、この製造プロセスは室温で動作し、また有害な有機溶剤を使用しないため、安価かつ低環境負荷であるという特徴があるとのこと。

 いま読んでいる「天才の発想力・エジソンとステラ、発明の神に学ぶ」 新戸 雅章著/サイエンス・アイ新書 にも記載がありますが、新しい独創的な発明は既存技術の延長線や応用によるものではなく、1%のひらめきや脳の直感に寄るところが大きいそうですから、ウィルスから自己再生型の電池を作るという発想は、ひらめきの産物ではないでしょうか。
 電池というと、AC電源による充電や最近では燃料電池による充電が一般的ですが、光合成と同様、バクテリアや触媒、生殖活動を利用したバイオテクには何となく夢があります。

【/.jpの記事】
MIT、ウイルスでリチウムイオン電池を作成する手法を開発
hylom による 2009年04月06日 14:10 の掲載 (サイエンス)
小人さんが作る電池 部門より
http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=09/04/06/0311243
+--------------------------------------------------------------------+
KuRo-CaT 曰く、
engadgetの記事より

米国マサチューセッツ工科大学のアンジェラ・ベルチャー教授のレポートによると、「M13」と呼ばれるウイルスを利用してリチウムイオンバッテリの構造を作ることができるとのこと(MIT News、Science誌オンライン版の論文要旨)。

ギークが大好きなガジェットに欠かせないバッテリ、しかしその製造コストと環境負荷は大きな問題となります。バッテリを安全に低コストになおかつ環境に優しく製造出来る手法の確立は多くのメーカーが望んでいるでしょう。マトリックスのように機械が支配し人間が電池として利用される世界は遠慮願いたいところですが:-(

MIT Newsによると、「ウイルスを使ってリチウムイオン電池の陽極と負極を生成する方法を発見した」とのことで、ウイルスで作ったバッテリは既存のリチウムイオン電池と同様の容量/パフォーマンスを持つという。また、この製造プロセスは室温で動作し、また有害な有機溶剤を使用しないため、安価かつ低環境負荷であるという特徴があるとのこと。


以下は、Microsoftが無料で公開しているTranslatorという機械翻訳サービスを使った、MITNewsの原文と機械翻訳の結果です。ほとんどそのままでは使えませんが、単語単位では正しいので、原文の構成を見ながら、読んでみると何となく意味が通じます。
機械翻訳はまだまだ改良の余地がありますが、単語10個くらいまでの構文なら、問題ないレベルまできているようですから、機械翻訳するときにはできるだけ、文節を短くするのがコツだと思います。

MS Translator(ワールドワイドの無料オンライン翻訳サービス) の機械翻訳

【MIT News】
New virus-built battery could power cars, electronic devices
Anne Trafton, News Office
April 2, 2009
新しいウイルスが構築したバッテリでした車、電子機器の電源
Lef Trafton、ニュース Office
2009 年 4 月 2

For the first time, MIT researchers have shown they can genetically engineer viruses to build both the positively and negatively charged ends of a lithium-ion battery.
初めて、遺伝的、積極的と否定的有料の両端のリチウム イオン バッテリをビルドするウイルスを設計することができます MIT 研究者がわかりました。

The new virus-produced batteries have the same energy capacity and power performance as state-of-the-art rechargeable batteries being considered to power plug-in hybrid cars, and they could also be used to power a range of personal electronic devices, said Angela Belcher, the MIT materials scientist who led the research team.
ウイルス-生成された新しいバッテリが電力パフォーマンス - 最先端の電池、プラグインのハイブリッド車電源を検討して、同じエネルギーの容量にあるし、個人の電子デバイスの範囲を電源に使用することができますではもアンジェラ メインイベント、調査チームを率いている MIT 材料の科学者を言った。

The new batteries, described in the April 2 online edition of Science, could be manufactured with a cheap and environmentally benign process: The synthesis takes place at and below room temperature and requires no harmful organic solvents, and the materials that go into the battery are non-toxic.
安いおよび環境的良性プロセスと、4 月 2 日のオンライン エディションで説明した、新しい電池を製造する可能性があります。 合成行わと部屋の温度以下有害な有機溶剤は必要なく、バッテリに移動する材料がない-毒物。

In a traditional lithium-ion battery, lithium ions flow between a negatively charged anode, usually graphite, and the positively charged cathode, usually cobalt oxide or lithium iron phosphate. Three years ago, an MIT team led by Belcher reported that it had engineered viruses that could build an anode by coating themselves with cobalt oxide and gold and self-assembling to form a nanowire.
伝統的なリチウムイオン電池を否定的に有料のアノード、通常グラファイトと積極的有料のカソードでは、間のリチウム イオン フロー通常コバルト酸化またはリチウム鉄リン酸。 3 年前、メインイベントに率い、MIT チームでは、ウイルス自体コバルト酸化と金に coating を self-assembling、ナノワイヤを形成する、アノードを構築できますがいたエンジニアリングされたを報告します。

In the latest work, the team focused on building a highly powerful cathode to pair up with the anode, said Belcher, the Germeshausen Professor of Materials Science and Engineering and Biological Engineering. Cathodes are more difficult to build than anodes because they must be highly conducting to be a fast electrode, however, most candidate materials for cathodes are highly insulating (non-conductive).
最新の作品で、チームが番いに、アノードに非常に強力なカソードを構築焦点とメインイベント、材料科学と技術および Biological 技術、Germeshausen 教授をいいます。 ただし、ほとんど候補 cathodes 材料は高い (導電性) を絶縁、cathodes は難しくする必要がありますが強く実施電極を高速にするために素子により構築します。

To achieve that, the researchers, including MIT Professor Gerbrand Ceder of materials science and Associate Professor Michael Strano of chemical engineering, genetically engineered viruses that first coat themselves with iron phosphate, then grab hold of carbon nanotubes to create a network of highly conductive material.
実現することには、MIT の教授 Gerbrand Ceder の材料科学、化学工学の教授 Michael Strano など、研究者、遺伝的エンジニアリング ウイルス最初自体で鉄リン酸、コートをし、導電性高い物質のネットワークを作成するカーボンナノチューブのグラブを保持します。

Because the viruses recognize and bind specifically to certain materials (carbon nanotubes in this case), each iron phosphate nanowire can be electrically "wired" to conducting carbon nanotube networks. Electrons can travel along the carbon nanotube networks, percolating throughout the electrodes to the iron phosphate and transferring energy in a very short time.
ウイルス認識できず、ある材料 (ここではカーボンナノチューブ) に具体的にはバインドので、それぞれ鉄リン酸ナノワイヤことができますが電気的「有線」炭素ナノチューブ ネットワークを実施しますします。 電子は、炭素ナノチューブ ネットワーク、鉄リン酸塩に電極を通じて percolating and ごく短時間でエネルギーを transferring に沿って旅行ことができます。

The viruses are a common bacteriophage, which infect bacteria but are harmless to humans.
ウイルスは、一般的なファージが細菌感染は人間に無害であります。

The team found that incorporating carbon nanotubes increases the cathode's conductivity without adding too much weight to the battery. In lab tests, batteries with the new cathode material could be charged and discharged at least 100 times without losing any capacitance. That is fewer charge cycles than currently available lithium-ion batteries, but "we expect them to be able to go much longer," Belcher said.
そのカーボンナノチューブを組み込む増加カソードの導電率バッテリにあまり重量を追加せずがわかりました。 ラボ テストでは、新しい陰極材料あるバッテリ バッテリでした請求も少なくとも 100 回の容量を失わずに放出されます。 メインイベントするには、現在利用可能なリチウムイオン電池、「私たち期待をはるかに長い時間で行ける」より少ない充電サイクルといいます。

The prototype is packaged as a typical coin cell battery, but the technology allows for the assembly of very lightweight, flexible and conformable batteries that can take the shape of their container.
プロトタイプは、典型的な coin 電池としてパッケージ化しますが、技術をそのコンテナの形状が実行できる非常軽量で柔軟な conformable の電池のアセンブリの使用できます。

Last week, MIT President Susan Hockfield took the prototype battery to a press briefing at the White House where she and U.S. President Barack Obama spoke about the need for federal funding to advance new clean-energy technologies.
先週、MIT 大統領 Susan Hockfield かかった、プロトタイプ バッテリ キーを押してブリーフィングがホワイトハウスで彼女は、米大統領 Barack の Obama を新しいクリーンアップ エネルギー技術を進める連邦 funding の必要性について話した場所。

Now that the researchers have demonstrated they can wire virus batteries at the nanoscale, they intend to pursue even better batteries using materials with higher voltage and capacitance, such as manganese phosphate and nickel phosphate, said Belcher. Once that next generation is ready, the technology could go into commercial production, she said.
研究者が、ナノスケールでウイルス電池を連結することができます発揮、上位の電圧とマンガン リン酸ソルダニッケル リン酸塩など、容量で材料を使用する良い電池を pursue しようとするメインイベントといいます。 その次世代準備が完了、技術でしたに方向付け商業生産、彼女は言った。

Lead authors of the Science paper are Yun Jung Lee and Hyunjung Yi, graduate students in materials science and engineering. Other authors are Woo-Jae Kim, postdoctoral fellow in chemical engineering; Kisuk Kang, recent MIT PhD recipient in materials science and engineering; and Dong Soo Yun, research engineer in materials science and engineering.
科学用紙の先行の作成者は、雲の中の李および Hyunjung 李、材料科学や工学で大学院生です。 他の作成者は Woo-柳金、化学工学の postdoctoral の男で、Kisuk 港、材料科学や工学; での最近の MIT 博士受信者と東秀雲、研究の材料科学や工学技術者です。

The research was funded by the Army Research Office Institute of the Institute of Collaborative Technologies, and the National Science Foundation through the Materials Research Science and Engineering Centers program.
研究が、陸軍 Office 研究所、大学のコラボレーション テクノロジ、およびプログラム材料研究科学およびエンジニアリング ・ センターを使用して、National Science Foundation のよって拠出されました。

Posted on 4月 7, 2009 at 12:45 午後 | | コメント (0)

2009.03.14

090314 道頓堀から“おじさんの人形”を釣り上げるゲームが登場

090314__2 3月11日の朝のフジTV系「めざましテレビ」で、道頓堀川の改修工事でケンタッキーフライドポテト(大阪ではケンタとしか言いませんが・・・)のカーネル・サンダースおじさんの人形の上半身が見つかったと流れて・・・、

 一瞬、「何で?」

 と思ったら、なんと24年前(1985年)に阪神タイガースがセリーグで優勝したときに、興奮して道頓堀川に飛び込んだりして騒いだファンが、大活躍したランディ・バースに似ているからということで、道頓堀筋にあったケンタの看板人形を道頓堀に(一緒に泳ぐつもりで?)放り込んでから行方不明になっていたものが見つかったのだそうです。

 新聞記事には下半身も捜索するとありますが、翌日の「めざましテレビ」では、下半身や腕も見つかってほぼ全身が再現できたと流れましたから、ケンタ側の希望通りいけば、今年の阪神甲子園球場内のケンタの店先にお里帰りしたカーネルおじさんの人形が飾られるかもしれません。

 ランディ・バースといえば、この1985年には、きよもりは東京にいましたから、西武ファン(というより、田淵ファン)だったので、日本シリーズの第一戦、所沢球場まで見に行きました。
 球場全体が虎キチのような異様な雰囲気の中で、小さくなって見ていましたが、いきなりバースにどでかいホームランを打たれて、度肝を抜かれ、「こりゃだめだ!」と観念したのを思い出します。

 脇道にそれますが、ホームランで度肝を抜かれたのは、この時が二回目で、一回目は後楽園球場での巨人vs阪神戦で王さんが上田投手から打ったホームラン
 この時、王さんが上田投手から3本続けてライト側・一塁観客席へファールを打ったのですが、ファールの弧がだんだんセンター寄りに近づいていくのを見て、はらはらしていたら、案の定、4本目は見事な弧を描いてライトスタンドに消えました。
 打った王さんはもちろん凄いけど、三発もホームラン性のファールを打たれたら、少し目先を変えてカーブを投げればよいのに、その時、上田投手はむきになって四球目もストレート勝負して、墓穴を掘りました。ちなみにこの頃きよもりは田淵さんがいたので阪神ファンでした。

閑話休題
 この話題に敏感に反応したケータイ用のゲームが登場していますから、商魂たくましいというか、何となく大阪商人の心意気を感じました。

【ケータイWatchの記事】
090314_道頓堀から“おじさんの人形”を釣り上げるゲームが登場

 ジー・モードは、携帯向けサイト「ゲームモラエール」で、大阪・道頓堀から人形を引き上げる「道頓堀の呪いのおじさん」の提供を開始した。同サイトの利用料は無料。

 今回配信が開始された「道頓堀の呪いのおじさん」は、道頓堀から24年の歳月を経て引き上げられ話題になっている“あの人形”をミニゲームにしたもの。クレーンを使い、バラバラになった人形の各パーツを釣り上げる。

 同サイトではこのほか、無料のミニゲームが多数配信されており、URL入力でアクセスできる。
■ URL
  「ゲームモラエール」
  http://gamemora.jp/
  ジー・モード
  http://www.g-mode.co.jp/

(太田 亮三) 2009/03/13 16:02

【日刊スポーツの記事】
道頓堀川のカーネルおじさん24年ぶり発見

 大阪市は10日、市内の道頓堀川の中から「日本ケンタッキー・フライド・チキン」のカーネル・サンダース人形の上半身が見つかったと発表した。1985年に阪神タイガースがセ・リーグ優勝した際、当時の主砲ランディ・バース選手に「似ている」とファンに胴上げされ、投げ込まれたものとみられる。

 チームはその後、17年間優勝を逃し、2003、05年にリーグ優勝したが、日本一からは今も遠ざかっている。ファンの間では「優勝できないのは人形の“のろい”」とささやかれていた。

 市によると、発見場所は、人形が投げ込まれた戎橋から約200メートル西の大阪市中央区道頓堀2丁目、新戎橋付近。10日午後4時ごろ、水辺工事の磁気探査の作業中に障害物に当たり、ダイバーが潜って確認。クレーンで引き揚げたところ、カーネル人形の上半身だったという。

 下半身の部分は見つかっておらず、市は11日も工事を続け、見つかれば回収する予定。

 日本ケンタッキーの広報担当者は「報道で見た感じは本物のようだ。もし本物なら『長い間、お疲れさまでした』と言いたい。早く会いたいですね」と話している。(共同)

 [2009年3月10日22時36分]

Posted on 3月 14, 2009 at 10:30 午前 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.13

090313 鼻栓・ノーズマスク「ピット」

090313_jc2250 春が近づく今頃になると杉花粉に悩まされる機会が増えます。
 
 3年くらいも前に若丹国境の尼公峠から尼来峠に向かう尾根道で、先頭を歩いていたきよもりが、獣道を横切るように倒れていた杉の木を超えようとして、上に乗ったら、黄色い粉が一斉に舞い上がってびっくりしましたが、すぐ後ろを歩いていたHSMさんが思わずのけぞって「ぎゃー」と叫ばれたのを思い出します。
 
 日本には2千万人も花粉症患者がいるそうですが、山仲間の中では、その割合はもっと高いみたいで、先日の高島トレイルでも、5人のうち2人が2日間花粉症に悩まされておられました。山仲間は大げさに言えば、決死の覚悟で山へ入っておられるのですね。

 そのような、厳しい状況ですが、最近見た日経ビジネスオンラインの記事に花粉症でもマスクいらずの“鼻栓”、というのがあって、花粉除去率99.9%とあるからかなりの効果がありそうで、高島トレイルでHSMさんが言われていた鼻栓がこれだったんだ、と合点しました。

 昨夜、自宅で山仲間の例会参加メールをやりとりしていて、鼻栓の話題になったので、試しにアマゾンを覗くと通販で在庫もありそうでしたから、試しに発注してみることにしました。

 ワンパック・3個入り¥525ですが、いくつ買うかが問題で、山仲間の顔を浮かべながら指折り勘定すると5、6人いそうなので、花粉症と縁のないきよもりの分も含めて10パック発注しました。

 他のサイトでは品切れも出ているようなので、3/15の例会には間に合わないかもしれませんが、来週行く東京へはTMRさんを含めて3人の山仲間の分をNWHさんに渡せるでしょう。

【メーカーのホームページ】直接に通販もやっているようです。
 バイオインターナショナル

【日経ビジネス オンラインより引用】 2009年3月11日(水)
【売れ筋探偵団】花粉症でもマスクいらずの“鼻栓”
覗き込まれても大丈夫

* 鈴木 裕美(日経ビジネス記者)

090313_hanasen_1 耳栓ならぬ“鼻栓”の需要が30~60代の男女の間で急増している。これは鼻に挿入する“マスク”。小指の先ほどの大きさの半円形のものがバーでつながれており、鼻の中に押し込んで使う。会話や飲食も普通にできる。使い捨てタイプや洗って5~6回使えるものなど、数種類が発売されている。

 店頭では入荷するそばから売れていき、担当者は品切れしないかと冷や汗をかく日々が続く。購入者のほとんどが花粉症の患者だ。

 症状のうち、中でもつらいのが、鼻から入る花粉が引き起こすくしゃみと鼻水。薬に頼らずにこれを改善できる商品として、一躍、注目を集めている。

穴に同化する暗色のフタ
 主流は使い捨てタイプ。特に、バイオインターナショナル(松山市)が製造・販売する「ノーズマスク・ピット」と「ピット・ストッパー」は、それぞれ3個525円と値頃で人気だ。

 前者はフィルターが不織布でできており、10マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の粒子なら99.9%以上を遮断する機能を持つ「マスク」。

 後者はフィルターに圧縮されたセルローススポンジを使い、鼻水を吸収する効果も加わる。水に浸した後、軽く潰すように絞ると吸水性を発揮する。

 着けても目立たず、言われなければまず分からない。2つのフィルターをつなぐバーは細く、色も薄いピンクで肌になじむ。フィルターの外側には紺色のフタが付いており、鼻の穴に入れても影にしか見えない。

 挿入してすぐは違和感があるが、「しばらくすると気にならなくなる」(東原松秀社長)。フィルターには合成樹脂で作った傘の骨組みのようなお椀形のカバーをかぶせている。これが柔らかく、表情の変化に合わせて形状を変えてフィットするからだ。

 鼻と口を覆うタイプのこれまでのマスクだと、様々な不満があった。「ひもをかけているため、耳が痛くなる」「メガネがくもる」「飲食・喫煙ができない」「相手の会話が聞き取れない」「呼吸がしにくい」「化粧が崩れる」「接客業なので、顧客からのイメージが悪くなる」…。

090313_hanasen_2 こうした不便さが気になり、東原社長が「鼻だけを覆う“マスク”を作れないか」と考えたのは8年前。試行錯誤を繰り返し、2005年10月には、合成樹脂カバーのない、フィルターのみの鼻挿入型マスクを開発した。2007年2月には米国で、同5月には韓国で特許も取得。しかし、フィルターが直接鼻の粘膜に当たってムズムズするなど難点があり、販売は振るわなかった。

違和感ない着け心地に腐心

 その後、「いかに違和感なく、長時間の装着ができるか」をコンセプトに改良を重ねた。小さい部品の微調整には苦労したが、2008年9月、ようやく発売に漕ぎ着けた。満を持して発売したところ、今回のヒットにつながったというわけだ。

 発売から今までの出荷数は、30万パック。うち、8割が「マスク」、2割が「ストッパー」だ。「30万パック」という数値は当初、今年3月までの目標だった。しかし、スギ花粉が飛び始めた1月後半から一気に売り上げを伸ばし、現在も受注残がある状況。3月には、予定の倍は売れるはずという。

 東原社長は「これからも10年後、20年後の社会ニーズを先取りした商品開発を続けていきたい」と張り切っている。

 日経ビジネス 2009年3月9日号80ページより

Posted on 3月 13, 2009 at 12:18 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.19

090219 インターネットエクスプローラーはIE8(Internet Explorer 8)で大変身?

090220_ie8_01_px400 昨日の日経トレンディネット(TRENDYnet)に
 IE8をテスト! 動作は7より軽快作業効率を上げる3つの注目機能の実力は?(トレンド・フォーカス)
  マイクロソフトの次世代Webブラウザー「Internet Explorer 8」には多く新機能が
  盛り込まれている。多くの新機能の中で使い勝手を高めるのが「検索候補」「アクセ
  ラレータ」「Webスライス」の3つだ。これらの機能を中心にIE8をテストしてみよう。

 
 という記事があります。

 きよもりの場合は、先週末に会社のパソコンを代替機に変更しましたので、ついでにプレインストールされたIE6からIE7を飛び越してIE8にしてしまいました。
 IE8といっても現時点では「製品候補版」となっていますから、Microsoftのホームページからダウンロードすることになります。


 記事にもある通り動作は軽くなっていますし、従来自社提供サービス以外には閉鎖的であったMicrosoftでしたが、国内の主要コンテンツ/Webサービスプロバイダー21社がIE8の新機能に対応したサービスを発表(関連記事) とあるように、アドオンや検索プロバイダーに価格.comや産経ニュース、Weblio辞書(多機能辞書)など海外を含め多方面の追加サービスが利用できるようになっています。

 詳しくは、前述の日経トレンディネットの記事を参照していただけば詳細に記載されていますが、一番気に入ったのは「アクセラレータ」機能で、閲覧中の記事の気になった単語や熟語をマウスで範囲指定すると、反転した文字列の右下に090220_ie8_acceleratoricon青いアイコンが表示され、それにマウスを重ねると別窓が開いて、確認したい検索、翻訳、地図などのサービスへジャンプできるようになっています。
 今のところ最初に表示されるのはMS提供サービスのLive Searchが優先されていますが、追加アクセラレータで登録していけばgoogleもgooも検索できます。ただし、きよもりのもっとも使用頻度が高いWikipediaはgoogleを経由しないと一発では検索できないようです。

 

Posted on 2月 19, 2009 at 12:20 午後 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.06

090206 自分の居場所をGoogle Mapsで表示「Google Latitude」

 今日の/.jpに
 自分の居場所をGoogle Mapsで表示するGoogle Latitude、サービス開始 という記事があります。

 このニュースは、既に昨日夕方ITmediaに掲載されていて、 興味を持って読みましたが、記事の中で
 携帯向けGoogle Mapsの新機能として、友人の現在位置が把握できる「Google Latitude」が登場した。
  ……
 現時点では27カ国42言語に対応しているが、日本における日本語での利用は現在はできない。

090206_google_latitude

 とありましたから、日本の地図上では表示できないものと思っていましたが、/.jpからリンク先を見ると、ちゃんと日本語の地図で位置情報に顔写真が載っていますから、既に使えるのかも知れません。

 GPS付きの携帯はもはや珍しくありませんが、いま使っている携帯(casio W62CA)でもGoogleMapが使えたら、このGoogle Latitudeで山の中にいても自分の居場所が見られるかも知れません。きよもりの場合は見られると云うより監視されるといった方が正しいような気がしますけど。

 これが普及したら、東京マラソンでどの辺りを走っているかとかも逐次見えますから、急激に普及しそうです。
 実用的にはお母さんが家にいながら、子供がどこで遊んでいるのか判るし、老人の一人歩きの場合にも家族の皆さんが安心ですから、爆発的な普及の予感がします。

自分の居場所をGoogle Mapsで表示するGoogle Latitude、サービス開始
hylomによる 2009年02月05日 15時28分の掲載
ここにいるよ、部門より。
あるAnonymous Coward 曰く、

米国時間2月4日、Google Mapsのモバイル版であるGoogle Mobile MapsにGoogle Latitudeというアプリケーションが加わった(TechCrunch Japan)。

これは、GPSなどで取得できる携帯電話の位置情報を指定した人間に対し公開することができるもので、自分がいまどこにいるのかを地図上に表示することが可能だ。現在対応する携帯電話はAndroidおよびBlackberry、Windows Mobile(5.0以上)、Nokia S60。27か国で利用可能で、日本でも使えるようだ。

また、近いうちにiPhoneやJ2ME対応携帯電話にも対応する模様。

なお、公開設定などを間違えると、自分の居場所を知られたくない人にまで晒してしまう可能性があるのでご注意を。さすがに自分の携帯電話にこっそりと仕込まれる、ということはないかと思いますが……。

Posted on 2月 6, 2009 at 12:20 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.02

090202 揚げないポテトチップス

 今日の日経 BPnetに
 「揚げないポテトチップス」で競合多いスナック市場に参入 サッポロファインフーズの「ポテかるっ」 2009年1月30日

という記事があります。
090202_potekaru 「ポテかるっ」は油で揚げず、遠赤外線で焼き上げる独自の方法で製造しているのが特徴。油分を72%削減し、1袋食べても摂取カロリーは138kcalにとどまるという。味は「うすしお味」と「あらびき黒胡椒味」の2種類。希望小売価格は150円。

 とありますから、これは画期的です。
 2、3年前から火を使わないオーブンレンジとか、水を使わない洗濯機とか、過去の常識を覆すような新しい発想の商品が市場を賑わすニュースを見かける機会が増えましたが、さしずめ油を使わないポテトチップスという新しい発想の商品です。

 記事にもある通り、従来から油で揚げていないポテチというのはありましたが、すべてマッシュポテトベースの粉末ジャガイモを固めて作る製法だったのを今回はサイコロ状のイモそのものを圧縮・熱加工して作っているそうなので食感がポテチに近いとか。
 これはコンビニに走るしかありません。でも、首都圏から発売とありますから、神戸で買えるのはいつのことでしょう。

 ロッテリアの産地直送ポテトも今のところ東京都内だけで発売だそうですから、各メーカーは東京での評価を受けて全国版に拡大するのが定法になっているようですね。でも、昔からイモ蛸南京は女性の大好物ですし、ポテトは男性でもビールのアテに好む人が圧倒的に多いのですから、もっと積極的に販売網を広げても間違いはないと思います。

 「揚げないポテトチップス」で
競合多いスナック市場に参入
 サッポロファインフーズの「ポテかるっ」 2009年1月30日
(聞き手:小林 佳代)

 サッポロホールディングス傘下のサッポロファインフーズは2月23日、首都圏地区のコンビニエンスストアでポテトチップス「ポテかるっ」を発売し、スナック市場に参入する。
 「ポテかるっ」は油で揚げず、遠赤外線で焼き上げる独自の方法で製造しているのが特徴。油分を72%削減し、1袋食べても摂取カロリーは138kcalにとどまるという。味は「うすしお味」と「あらびき黒胡椒味」の2種類。希望小売価格は150円。
 サッポロファインフーズは2008年3月の設立で、今回が初の商品発売となる。3月2日からはコンビニエンスストア以外のチャネルでも販売を始める。「ポテかるっ」の特徴やスナック市場参入の背景などをサッポロファインフーズの酒見謙三社長、荻野芳則取締役総合企画部長に聞いた。

── 最初に「ポテかるっ」の特徴を教えてください。

酒見 何と言っても、最大の特徴は油で揚げていないことです。通常のポテトチップスは油で揚げるため、重量の半分以上を油が占めます。「ポテかるっ」の場合は、遠赤外線で焼き上げているので、従来のポテトチップスに比べ、油分を72%削減できます。非常に軽い、今までにない食感に仕上がっています。ノンフライですから、当然、摂取カロリーも少ない。1袋食べても138kcalに抑えられます。

 我々は大手企業もひしめくポテトチップス市場に新規参入します。既にある商品と同じようなものを開発しても、太刀打ちできません。新しく、楽しく、自然な食生活が楽しめる商品を提供することを念頭に、従来なかったポテトチップスとして、この「ポテかるっ」を開発しました。

サクッ、フワッとした独特の口当たりを実現

── 油で揚げない製法はどのように確立したのですか。

酒見 サッポログループのサッポロ飲料が出資していた大分県の食品会社・ユニバースフーズが特許を持っているノンフライ製法の使用許諾契約を結び、その技術・ノウハウを使っています。

── 具体的には、どのような製法なのでしょうか。

荻野 通常のポテトチップスは、1mm程度にスライスしたポテトを油で揚げて、味付けして作ります。「ポテかるっ」の場合は、原料にサイコロ状にカットした乾燥ジャガイモを使用します。これにいったん加水し、特殊な機械で高温高圧をかけ、水分を蒸発させます。「膨化」という工程なのですが、この工程を経ると、ジャガイモがふわっとします。これに味付けし、遠赤外線で焼成し、製品に仕上げます。遠赤外線の持つ電磁波の効果で、内部から自己発熱し、水分が飛びます。それによって、サクッ、フワッとした独特の口当たりになります。

── 今までも、「油で揚げていない」ことをうたったスナック菓子はありましたが、「ポテかるっ」はどういう点が違うのですか。

酒見 「揚げない」製法で作ったポテトスナックは、海外にも国内にもあります。これらのものは、原料がフレークポテト、つまり粉で、その粉を成形して、焼いているケースが多いのです。「ポテかるっ」は乾燥ジャガイモ自体を使って作っているので、素材そのものの味が楽しめます。

メーンターゲットを大人の女性に設定した

── 油で揚げていないけれど、「ノンオイル」ではないのですか。

荻野 味付けする際、オイルスプレーをかける工程があります。口当たりを良くしたり、しっかり味がなじむようにするためです。

 「ノンオイル」と表示するためには、添加するオイルが本当に微量でなくてはなりません。技術的には不可能ではないと思います。ただ、スナック菓子の本質的な価値は「おいしい」ことです。おいしさを担保した上で、プラスアルファの価値があってこそ、差別化できる。おいしい、食感がいい、油分が少ない……。お客様が求める価値のバランスを取りながら、製品に仕上げるということで、現在のスタイルとなっています。

── ターゲットとしているのはどういう顧客層ですか。

荻野 開発段階で、「低脂質ポテトチップス」がどのように受け入れられるか、調査を行いました。油で揚げない、油分をカットしている、カロリーが低いといった特徴を示し、購入意向を調べたところ、全体の8割は「買いたい」、中でも、2割以上が「非常に買いたい」と答えました。「非常に買いたい」という回答が2割を超えるというのは、あまり例がないそうです。

 女性で、年齢が高くなるほど、また、ポテトチップスを食べる頻度が多いユーザーほど、「買いたい」「非常に買いたい」という回答が増える傾向にありました。そこで、「ポテかるっ」は25~44歳の女性をメーンターゲットと据えています。

後発の「ポテかるっ」は普通のポテトチップスとどう違うかを伝えることがカギになる。次回は、大人の女性に向け、パッケージや広告に施した工夫などを聞く。

小林佳代
1967年東京都生まれ。1990年慶応義塾大学法学部政治学科卒業。同年日経BP社に入社。「日経ビジネス」記者などを経て2001年に退社、フリーに。現在、「日経ビジネス」、「日経ビジネスアソシエ」、「日経エコロジー」など、主に経営・ビジネス関係の媒体で執筆中。

Posted on 2月 2, 2009 at 04:27 午後 | | コメント (0)

2009.01.29

090129 am/pm、セルフレジの導入を30店舗に拡大

 今日のITmediaに
  決済時間は半分に:am/pm、セルフレジの導入を30店舗に拡大へ レジ担当の人件費を減らす
 という記事があります。

090129_selfseven 写真だけでは使い方とかは判りにくいのですが、4店舗に試験的に導入していたのを、決済時間の短縮やレジ担当の人件費節減効果が認められるとして25~30店舗に拡大するそうです。

 コンビニやスーパーではいつもレジの待ち行列が問題になりますから、今後他のチェーン店でもこのようなセルフレジ化が進んでいくと思います。

 問題は万引き防止対策と操作の簡略化ですが、万引き防止は商品タグで対応しているのでしょうが、操作の簡略化はこの写真で見る限りでは、タッチスクリーンとPOS読み取り機は独立しているようですから、メカに弱い年寄りなんかには操作は無理でしょう。オフィスに近い店舗で若い勤め人を主たる対象に活用されているのだと思います。もちろんPASMOやEdyを使っている人ですから当然ですね。

 一歩進めるとしたら、ICタグを利用して、電車の改札のようにレジの前を篭に商品を入れたままで通過したら、全商品のICタグを一括して読み取り、プリペイカードからの代金引き落としとレシートの発行が出来るようになれば完璧ですが、実用化にはタグの精度と製造コストを解決しないといけませんから、あと5年くらいかかるでしょう。

【ITmediaの記事】
決済時間は半分に:am/pm、セルフレジの導入を30店舗に拡大へ レジ担当の人件費を減らす

am/pmは、セルフレジの導入を25~30店舗にまで拡大する見通しだ。電子マネー専用のセルフレジを使うことで決済時間を短縮できるほか、レジ担当の人件費を減らすことにもつながるという。[藤村能光,ITmedia] 2009年01月28日 17時11分 更新

 エーエム・ピーエム・ジャパンは1月27日、顧客がレジを操作して会計を済ませる電子マネー専用のセルフレジの導入店舗を拡大すると発表した。4店舗に試験的に導入していたセルフレジを3月上旬より増やし、25~30店舗に導入するという。

 導入するのは電子マネーの「PASMO」と「Edy」の両方、もしくは一方で支払いができるセルフレジ。本体の液晶ディスプレイに表示される動画やイラストによる案内に合わせて画面に触れていくことで、購入の手続きができる。レシートの発行の有無を選べる機能を備え、買い物袋をディスプレイの横に置いて自由に取れるようにする。増設しても新たに店員を増やさなくてもいいため、レジ担当者の人件費を減らせる。

 都心のコンビニエンスストア「am/pm」では、出勤前や昼食時などの混雑時に、レジの待ち時間が発生していた。4店舗でEdy専用のセルフレジを試験的に導入したところ、顧客と店員による現金の受け渡しがなくなり、店員によるレジの対応に比べて、決済時間が半分に減った。

 セルフレジを利用した100人に調査をしたところ、顧客の75%がレジの待ち時間や会計時間の短縮にセルフレジを使いたいと回答。混雑の緩和や待ち時間の短縮ができ、来店客数の向上が見込めることが分かった。レシートや買い物袋をもらわなかった利用者は約7割に上るなど、資源の削減にも寄与するという。

 今後は、駅やビジネス街など、電子マネーの利用率が高く、朝や昼に混雑が予想される店舗を中心に、電子マネー専用のセルフレジの導入を拡大していく。

Posted on 1月 29, 2009 at 12:07 午後 | | コメント (0)

2009.01.27

090127 職人が作った折りたたみギター

今日のITmediaに
創造する人々:ポメラみたいにカバンに――職人が作った折りたたみギター
 という記事があって、あのかさばるクラシックギターを折りたたむなんて!、と思って何となく興味を持ちました。

 実際には、クラシックギターではなく、エレキギターですから、いわゆる共鳴胴のないタイプです。
 それでも、長くてかさばるのは同じですから、ご本人が書いておられるように、ハーモニカのようにどこでも気軽に持ち出せるギターには、楽器好きのこだわりを感じます。
 それにしても折りたたみ+伸縮を組み合わせて、コンパクト化とリードの伸張を実現したアイディアは素晴らしいです。
090127_shimanoguitar_2

 きよもりは楽器は全く駄目ですが、大学に入った夏休みまでのほんの5ヶ月ばかり、マンドリンクラブに所属していたことがあって、義父にもらったクラシックギターを抱えて夜行列車に乗って合宿地の野尻湖へ行ったことがあります。忘れられないのは、その時、部員のたくさんの楽器と一緒に積み重ねていたため、ギターの胴に割れ目が入って折角もらったギターを傷めてしまって悲しかったことです。
 幸か不幸か、その合宿以降は山歩きの方にのめり込んでしまって、以来楽器というものには触らなくなってしまいました。ギターが壊れずあのままほとんどが女性のマンドリンクラブに入っていたら、全く違う人生を歩んでいたのかも知れません。

【島野裕次氏のメッセージ】
http://www1.ocn.ne.jp/~bluesman/cont.htm
■ Shimano Guitar ■
--------------------------------------------------------------------------------
私はある時、どうしてもシカゴに本物のブルーズを探しに行きたくなりました。ただでさえ、荷物が多くなってしまう海外旅行、その上、ギター・・・。ハーモニカ吹きのポケットに必ずハーモニカが入っているように、ギタリストも常にギターを身につけていたい・・・そう思っていました。ギターも折りたためたらいいのに・・・当時、自動車修理工の仕事をしていた私は、構造の組み合わせによりかなりコンパクトなレギュラースケールのギターができると思いました。試行錯誤の結果、10秒ほどで変形できる折りたたみギターが完成。一部の機構で特許も取ることが出来ました。シカゴ旅行は、このギターのおかげでいろいろな思い出ができました。このギターを完成させる為、技術面、細かい修正やデザインに協力して頂いた人、なんとなく話を聞いてくれた人、かかわってくれた全ての人達に感謝し、私一人で作ったギターではないという意味で、 Made in Sendai 仙台発 のギターに出来たらと思っています。

★ ケースを開けるたびに、ほっとするような、お気に入りの詰まった宝箱。そんな、気持ちでこの箱を開けてもらえたら・・・。
--------------------------------------------------------------------------------
Shimano Guitar   島野裕次

【ITmediaの記事】
創造する人々:ポメラみたいにカバンに――職人が作った折りたたみギター

創造をする人々が創る製品やビジネス。その「アイデアの起源」「アイデア具現化の壁」についてフォーカスして、アイデアマンの実際に学びたい。第2回目は、折りたたみギター職人を取材した。2009年01月26日 15時48分 更新

 折りたたみギター職人の島野裕次氏を取材した。世界的に見れば、折りたたみギターはほかにも存在するが、彼の「blues walker(ブルーズウォーカー)」は、たたんだ状態が圧倒的に小さい。というのも、折りたたみ機構と伸縮機構を組み合わせているからだ。

 WebサイトではCGの折りたたみギターをクリックして開閉を試せる(Viewpoint Media Playerのインストールが必要)。

090127_shimanoguitar_3blues walkerの大きさは、演奏時で770×125×65ミリ(幅×奥行き×高さ)。写真のたたんだ時は390×125×75ミリと約半分の長さになる。弦の長さが626ミリなので、たたんだ時は弦長よりも短くなるのだ。重さは本体だけで2キログラム。アンプとスピーカーを備えた箱にしまうと6キロ

 島野氏が白いカバンを机に置く。ビジネスパーソンが持っているカバンと同じサイズだ。パチンパチンと留め金を外すと、中からそろばんを二回りほど大きくしたような長方形のギターネックが見える。

 それをカバンから取り出し、折りたたまれたギターをくの字にひらいて、まっすぐにする。長さ方向に少し引っ張ると本体に着いたハンドルがせり上がる。そのハンドルを手でぐいっと押しこむと、弦がぴんと張る。革のベルトをつけ、アンプ内蔵カバンとケーブルでつなげば準備OK。エレキギターとして普通に演奏できる。電源は乾電池なのでコンセントはいらない。カバンを置いてからここまで、時間にして約1分。

 音色は、折りたたみギターといえど、なかなかいい。それもそのはず、2008年12月に神奈川県川崎市で催された「全国手づくり楽器アイデアコンテスト '08」では、この折りたたみギターは、審査員特別賞を受賞しているほどなのだ。

 筆者は初めてこのギターを手に取ったとき、技術的な工夫に非常に興味をもった。何度も折りたたみ状態と伸ばした状態を繰り返してみると構造上の遊びが一切ないことが分かる。拡げる途中の半端な位置で本体を振ってみたりしたがガタツクことがない。レバーをぐっと押し込むと、弦に十分なテンションが得られて、そのままチューニングなしでも弾ける。

 難点も強いてあげるならば3つある。1つ目は価格で、1本30万円から。2つ目は納期。手作りということもあり、最短で1カ月だ。先に取りかかっている注文があれば、その分さらに納期は長くなる。3つ目は、弦の扱い。カバンに入るほどに小さくなるという製品特性上、折りたたむとき、弦の扱いに注意を要する。

 こんな難点もあるが、最近、筆者がお気に入りで使っているポメラに、どことなく“哲学”が近いと感じた。どこにでも連れて行ける小ささと広げればフルサイズ。気軽にもっていけ、乾電池で動き、すぐに広げられ、その場の空気を逃さずに、道具本来の用途を楽しむ。しっかりした質感をもつ仕上げ――。

 彼は、いつも自分のペースで作品を作る。量産や大もうけにはあまり興味がないのかもしれない。取材時には、金属の塊から自分で削り出したこだわりの金づちや、自分で改造した3輪ハーレーなども見せてもらった。職人としての多彩な技能を持ちながら、日々を楽しんでゆっくりと生きている。

折りたたみギター、だけど特許は“伸縮”すること
 blues walkerの大きさは、演奏時で770×125×65ミリ(幅×奥行き×高さ)。たたんだ時は390×125×75ミリと約半分の長さになる。弦の長さが626ミリなので、たたんだ時は弦長よりも短くなるのだ。

 「ハーモニカプレーヤーのポケットに必ずハーモニカが入っているように自分も常にギターを身につけていたい。長い間そんな思いを抱いていました」と島野氏。当時、自動車鈑金工だった彼はドアヒンジ(ちょうつがい)にヒントを得て、「これでとりあえず作ってみよう!」と実行に移した。

 コンセプトは、弦長(弦を支えている2点間の距離)を縮小せずに(リアルな演奏をするため)限りなくコンパクトに折りたたんで持ち運べること。まず弦長の半分くらいの長さがバッグに入る長さだったので、その長さまで縮めることを目標にした。

 ギターのヘッドにはペグ(糸巻の部品)がついていて出っ張っている。このスペースが問題だった。そんな時ひらめいたのがボディそのものの伸縮機能だ。本体をしまうとき、数センチ収縮するスライド機構を備えることで、たたむ前の本体長さを弦の長さと等しくできた。これを半分に折り曲げると弦長のおよそ半分の長さになりバッグに入る――というわけだ。

 当初ペグだけを部分的に見ていて悩んでいたが、製品全体をながめた時に思いついたという。この瞬間、blues walkerは単なる折りたたみギターではなく、折りたためて伸縮するギターになったのだ。さらにこの機構は、一気に弦を緩めたり張ったりできるという一石二鳥の発想だった。ちなみに、この伸縮機構は特許も取得している。

アイデアは“ケンカ”する
 もっとも困難だった点は、全体のバランス取り。ネックは背面に折ることによって、ボディ裏側にもぐりこませ収納時の厚みを押さえた。ボディの伸縮は、オートバイのフロントサスペンション(テレスコピックサスペンション)をヒントに、2本の柱を出入りさせる構造を採用。弦の張りに打ち勝てるような、リンク構造も備えたという。

 「しかし、これらのアイデアは“ケンカ”するんですね」(島野氏)。ここがぶつかる、ここにこの部品が入らない、弦の振動が延びない、音が悪い、楽器としての色っぽさがなくなる、コンパクトさを考えると強度が落ちる、強度を考えると大きくなる――といった問題が生じた。結局、「考える、考える、考える!」「やってみる!」「失敗する!」「息抜きをする」と試行錯誤して解消したのだった。

--------------------------------------------------------------------------------
 彼のアイデアの原点は非常に素朴だが、それを具現化するにはそれなりの苦労があった。アイデア同士は具現化段階でけんかをする。アイデアと現実的な制約もケンカする。それを乗り越えるのは「やって失敗」を繰り返すこと。誰もが知っている当たり前のことだけれども、それを当り前に実行し続けることは、実はつらいものだ。アイデアマンは、発想力と具現化の努力をセットで持ちたい――今回の取材で改めて強く感じた筆者であった

Posted on 1月 27, 2009 at 12:33 午後 | | コメント (1)

2009.01.26

090126 ポスト・イットとボールペン、蛍光ペンが1つに―「ポスト・イット フラッグペン」

090126_postitt_l_ts_3m1 今日のITmedia 仕事耕具:に
ポスト・イットとボールペン、蛍光ペンが1つに――「ポスト・イット フラッグペン」
というのがあって、アイデア商品としては、面白い発想だと思いました。

 仕事でも、家ででも、蛍光ペンとポストイットは結構使う頻度が高いので、一体化は大歓迎です。

 でも、蛍光ペンはともかくボールペンは普通の使い方なら1年近く使えますから、消耗品のポストイットが単色50枚ではすぐ無くなるのに、と思ったら、さすがは3Mで3色の詰め替え用を241円で提供とありましたから、安心しました。
 今度、文具店で見つけたら是非買うことにします。

090126_postitt_3m2 IT media
 仕事耕具:
 ポスト・イットとボールペン、蛍光ペンが1つに――「ポスト・イット フラッグペン」
 住友スリーエムは、両端がボールペンと蛍光ペンで、キャップ部にはフィルム素材のポスト・イットを50枚セットした「ポスト・イット フラッグペン」を発売した。2009年01月26日 14時00分 更新
 住友スリーエムは、「ポスト・イット フラッグ」とボールペン、蛍光ペンを1つにまとめた「ポスト・イット フラッグペン」を発売した。価格は262円。

 ポスト・イット フラッグペンは、両端がそれぞれボールペンと蛍光ペンで、キャップ部には丈夫で破れにくいフィルム素材の「ポスト・イット フラッグ」を50枚セットした多機能ペン。ポスト・イットは1枚を引き出すと次の1枚の先端が自動で引っ張り出される構造になっており、「透明で貼った部分の文字や図を隠さないので、重要な部分のマーキングやインデックスにも使える」(住友スリーエム)。

 本体カラーはイエロー/ピンク/ブルーの3種類で、蛍光ペンとポスト・イットは本体カラーと同色、ボールペンのインク色は3種類とも黒。ボール径は1.0ミリ、ポストイットのサイズは7.5ミリ×34.5ミリ。本体サイズは145×13ミリ(長さ×軸径)、重さは17グラム。ポストイットは、50枚×3色セットの詰め替え用(241円)も販売する。

 住友スリーエムは、「資料や参考書などの重要部分にボールペンでメモを書き、蛍光ペンでチェックし、そのページに印を付けるためにポスト・イットを貼るという、3つの機能を1本のペンで持ち歩ける製品。アイデアや情報整理、試験・資格勉強のポイント確認を、より効率的に行える」としている。

Posted on 1月 26, 2009 at 06:18 午後 | | コメント (0)

2009.01.21

090121 映画『ザ・ムーン』

 今日の日経BPにドキュメンタリー映画『ザ・ムーン』の紹介記事がありました。

 スチール写真があまりに美しいので引用させていただきました。

090121_themoon『ザ・ムーン』
人類初の月面着陸から40年!
NASAの映像で明かされる真実
  2009年1月15日
 1969年7月20日、アポロ11号が人類初の月面着陸に成功。翌21日、船長のニール・アームストロングが人類で初めて月面に降り立った──。それから40年目を迎える2009年、彼ら宇宙飛行士たちによる月への旅が、奇跡のドキュメンタリー映画として甦った。

 映画『ザ・ムーン』は、1万本に及ぶプリントから発掘されたNASAの蔵出し映像と、実際に月面に降り立った元宇宙飛行士たちのインタビューを交えて構成したドキュメンタリー映画だ。

 ソ連が最初の人工衛星「スプートニク」を打ち上げたのが1957年10月4日だそうですから、ニュースが流れた日にはきよもりが通っていた勉強学校(いまの学習塾)では、先生も一緒になって勉強もしないでひたすらこの話題に終始したのを思い出しました。

 それから、12年かけて人類は月面に立ったわけですが、この間の米ソの打ち上げ競争を見て、あと20年もしたら、南極大陸のような恒久的な探索、研究基地が月に設置されるだろうと、誰もが思いましたが、現実はそう甘くはなかったようです。
 40年たった今も月に水があるとか無いとか、議論されている状況では、これから先、50年経ってもまだ恒久的な基地は出来ていないかも知れませんから残念です。

 以前話題にした、カーボンナノチューブを使った軌道エレベータで月と地球間36.7万kmを繋ぐことが出来れば、無重力空間基地の足がかりも出来るのかも知れませんが、やはり、今の技術レベルの延長上では夢のまた夢で、新しいエネルギー供給技術の出現を待つしか無いでしょう。

 ワイヤレスエネルギー伝送Wireless_energy_transfer)が実用化されれば、膨大な費用を浪費するロケットによる点の時代から、ケーブルによる線の時代に脱皮できるように思います。

 それはともかく、『ザ・ムーン』はシネリーブルで上映しているようですから、是非見ておきます。

【映画『ザ・ムーン』の写真』
090121_themoon_2
090121_themoon_3
090121_themoon_4
090121_themoon_5
090121_themoon_6

Posted on 1月 21, 2009 at 12:06 午後 | | コメント (0)

2009.01.16

090116 空飛ぶ車、来月テスト飛行へ

090116_flyingcar 今日の/.jpに空飛ぶ車、来月テスト飛行へ という記事がありました。

 2人乗りの主翼折りたたみ式小型飛行機に自動車用タイヤを付けて一般車道を走らせるようにした改造飛行機の域を出ませんから、がっかりしました。
 やっぱり、バックツーザフューチャーⅡで空中から突然出現して、優雅に車庫に入って行くシーンと比較してしまいます。

【/.jpの記事】
http://slashdot.jp/article.pl?sid=09/01/15/0411215
空飛ぶ車、来月テスト飛行へ
hylomによる 2009年01月15日 14時30分の掲載
トランスフォーム! 部門より。
あるAnonymous Coward 曰く、

 Terrafugia社が手がける空飛ぶ車のテスト飛行が来月実施されるそうだ(TimesOnline本家記事 )。

 15秒で2シーターの車から飛行機に変形(?)できるというこの「Terrafugia Transition」、テスト飛行が成功すれば1年半ほどでショールームにお目見えするとみられている。ガソリンを満タンにすれば、巡航速度115mph(約時速185km)で500マイル(約800km)飛行可能としているが、今のところは最高90mph(約時速145km)でのロードテストしか行われていない。

 販売価格は20万ドルとされ、小型飛行機にしては手頃だが車としては高額な価格帯となっているが、既に40件の予約が入っている。ちなみにガレージに納まるサイズとのことなので置き場所には困らなさそうだが、離陸する道路を見つけるのが難しそうだ。ちなみに米国では、道路からの離陸が法律で許可されているのはアラスカ州のみとなっている。

Posted on 1月 16, 2009 at 01:23 午後 | | コメント (0)

2009.01.15

090115 ユニ・チャーム 社内メールをGmailに移行

090115_gmail 今日のITproの記事にユニ・チャーム 社内メールをGmailに移行というのがあって、正直驚きました。

 googleの躍進は個人でのインターネット利用上での利便性の枠を越えて、企業でも積極的にgoogleの提供するインフラを活用しだしたのですね。

 引用記事にもメリットとして記載されていますが、Gmailを実際に使っていて痛切に感じるのは、迷惑メールやスパムメールがすべてgoogleのサーバーでフィルタリングされて、皆無になったことです。これだけ完璧にガードされていると、実は有用なメールもガードされているのではないかと心配になるくらいです。

 使い方や有効活用の提言は野口悠紀雄さんの「超「超」整理法」(講談社刊 \1,470)に詳細にわたって、書かれていますが、この本はGmailの活用法の本と言っても過言ではありません。

日経 ITpro の記事
ユニ・チャーム 社内メールをGmailに移行、既存メールの制約なくし、使い勝手を向上

 ユニ・チャームは2009年1月14日、社内で利用するメール・システムを米グーグルが提供するサービス「Google Apps Premier Edition(グーグル・アップス・プレミア・エディション)」に移行させた。保存可能なメールの容量を大幅に拡大するなど社員のメール利用環境を向上させただけでなく、約6800人いる国内外のグループ各社に所属する全社員のメールのドメインを「@unicharm.com」に一本化していく。現時点では国内の約3000人が同サービスを利用している。

 Google Apps Premier Editionは、グーグルのウェブメール・サービス「Gmail」にスケジュール共有や会議室予約などの機能を加え、99.9%の稼働率を保証したものだ。電話などによる24時間365日のサポートも受けられる。

 ユニ・チャームでは、従来は自社でメール・システムを運用。セキュリティーを考慮し、メールは社員のパソコンではなくサーバーに保存する形を採っていた。しかしメールの利用が増え続けたうえに、急増し続ける迷惑メールの除去処理によって、メール・システムにかかる負荷が過大になった。同社の情報システム部の部員たちは、システム強化やシステム障害対応に追われるようになっていた。特に、全国の営業担当者がいっせいにミーティングをする金曜日は、資料を添付したメールを多くの社員が大量にやり取りするため、遅延や停止などの障害が起こりやすかった。
 
 Google Apps Premier Editionに移行したことで、情報システム部員は運用負荷が減り、社員はメールを安定的に利用できるようになる。さらに、これまでは1人あたり300メガバイト(メガは100万)までしかメールを保存できなかったが、25ギガバイト(ギガは10億)まで拡大され、メールを頻繁に削除する手間をかけずに済むようにもなった。1通のメールに添付できるファイルの最大容量は2メガバイトから20メガバイトに拡大できた。

 ユニ・チャームは、同サービスへのログイン機能はベンダーの協力で独自開発したものを使っている。「Gmailはもともと消費者向けの無償サービスとして始まったもの。セキュリティーが気になった」とユニ・チャームの知名俊郎情報システム部長はその真意を説明する。また、社内での使い勝手を考えて、アドレス帳を部署別や会社別に表示できるように変えた。ベンダーの選定は、グーグルのアドバイスも参考にしたという。

 今回のユニ・チャームでのGoogle Apps Premier Editionの利用開始に先立ち、子会社のユニ・チャーム ペットケアが2008年11月から同サービスの利用を始めていた。

(杉山 泰一=日経情報ストラテジー) [2009/01/15]

Posted on 1月 15, 2009 at 10:48 午前 | | コメント (0)

2009.01.14

090114 ネオンサイン衛星「KaSpI-1(カスピ1号)」

090114_kaspi1 おじゃま虫さんネタで恐縮ですが、今日の/.jpに
 関西発のネオンサイン衛星「KaSpI-1」、2013年打ち上げを目指す というのがあって、どのようなものなのか興味を持って覗いてみました。

 50cm立方の衛星からカメラを突き出して、地球をバックに衛星側面に立てられたネオンプレートに表示された文字や画像のネオンサインを撮影した画像を衛星通信で地上に送るものなんだそうです。

 詳しいことは記載されていませんが、運用には市民も参加とありますから、自由なメッセージを電光掲示板に表示して宇宙からの中継映像をパソコンで見られるなんて、何となく楽しい話です。

【/.jp ネオンサイン衛星の記事】
+--------------------------------------------------------------------+
関西発のネオンサイン衛星「KaSpI-1」、2013年打ち上げを目指す
hylom による 2009年01月13日 16:57 の掲載 (宇宙)
お空を見上げたら広告が…… 部門より
http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=09/01/13/038255
+--------------------------------------------------------------------+
papa-pahoo 曰く、
朝日新聞の記事によると、関西宇宙イニシアティブ(KaSpI)
は、今月21日に打ち上げ予定の「まいど1号」に続く関西発の衛星として、市民参加型衛星「KaSpI-1」(カスピ-1)を製作する構想を発表した。2013年度の打ち上げを目指すという。

KaSpI-1は大きさ50センチ立方以下のキューブ型衛星。外部に電光掲示板を設置し、衛星から突き出たマストの先に付けたカメラで、地球をバックに掲示板のメッセージを撮影し、その映像を地球に向けて送信できるものにな
るようだ。

KaSpI-1に科学的・技術的・ビジネス的な意義があるのかどうか定かではないが、タレコミ人的には、また出資してもいい気分にさせられるのであった。

【/.jp まいど1号の記事】
http://slashdot.jp/science/02/12/10/1721254.shtml
人工衛星の名は「まいど1号」
yourCatによる 2002年12月11日 2時15分の掲載
宇宙に羽ばたく東大阪魂部門より。
snowy曰く、"公式、関連サイト共に見付からなかったので、すぐに消えてしまうAsahi.comの記事からで失礼。大阪府東大阪市の中小企業のグループが3年後の打ち上げを目指している人工衛星の愛称が「まいど1号」に決まったとのこと。まずはおめでとう。そして頑張れー!
この企画自体は知っている方も多い (たれこみ子も知ってはいました) と思われるので、より詳しい情報をお持ちの方のフォローアップをお願いします。"

下請け工場の集まる東大阪で、それぞれの技術を持ち合えば人工衛星も飛ばせるはず……とはじまったプロジェクト。概要を知りたい人向けにTV大阪の紹介記事を上げておく。

【まいど1号のリンク】
まいど1号

Posted on 1月 14, 2009 at 12:16 午後 | | コメント (0)

2009.01.09

090109 発熱を感知する赤外線システム

090109_nec_sekigaisennnetukantisyst 旧聞で恐縮ですが、08/12/26のITmedia の記事に NEC、発熱を感知する赤外線システムを本社ビルに設置 というのがあって、興味を持ちました。

 記事では、新型インフルエンザウィルスに感染した外部からの入館者を発熱感知装置で事前に察知して、体温の測定、マスクの着用、手洗いなどを促すそうです。

 赤外線熱感知装置というと、映画「プレデター」をつい思い出してしまいましたが、今までは軍事衛星での偵察システムとかで秘密基地を探すのに使われているらしいとか、これも映画「パトリオット・ゲーム」などで見て、なるほどと思っていましたが、ごく身近にもこういう形で利用され始めたんですね。

 記事では既に成田空港や関西空港でも実際に設置されているそうですから、何となく怖い(失礼)です。

 NEC本社に設置されたと云うことは状況次第で京橋のNEC関西にも早晩設置されるかも知れませんので、元々体温が高めの、きよもりなんか、即引っかかるかも知れません。寒いからと云って、zippo懐炉を点けていたら、これも引っかかるんでしょうね。

脇道にそれますが:
 空港では、熱感知以外にも、金属感知、液体感知などどんどん導入されているようですし、麻薬などは麻薬感知犬で見つかるケースも多いのでしょうが、それでも航空テロが避けられないのは、爆発物探知方法が無いのか、装置の開発が遅れているからでしょうか。

 3年も前のasahi.comの記事に「日立が爆発物探知装置に本腰 3年後に100億円目指す」というのがありますが、この記事では『米主要空港ではすでに米企業製の同様の装置が約6000台設置されている』、とありますから、もっと普及していると思うのですが、相変わらず、空港での不快なボディチェックは、地球規模で99.9%の無駄な時間と膨大な人的費用を浪費しています。

【[ITmedia の記事】
新型インフルの感染防止へ:
NEC、発熱を感知する赤外線システムを本社ビルに設置
新型インフルエンザの拡大を防止するため、NECは発熱を感知する赤外線システムを本社ビル入り口に設置した。  [ITmedia]2008年12月26日 12時34分 更新

 NECは12月25日、新型インフルエンザ対策の実証実験として、本社入り口に「赤外線サーモグラフィシステム」を設置したと発表した。入場者の体温を調べて、発熱していれば対応する。新型インフルエンザの感染拡大の防止が狙いだ。

 赤外線サーモグラフィは、物体から放射される赤外線を解析して、温度の分布を映像にして表示する装置。NECでは、体表面温度が38℃以上の入場者を感知し、体温の測定やマスクの着用、手洗いの徹底を促す。

 新型インフルエンザが発生した場合は、本社や事業所、支社の入り口に設置を検討する。

 同装置はグループ会社のNEC Avio赤外線テクノロジーが開発した。成田空港や関西国際空港などは、海外で流行した新型肺炎(SARS)の被害を食いとめるために既に同装置を導入しているという。

Posted on 1月 9, 2009 at 12:10 午後 | | コメント (1)

2008.12.16

081216 テスラコイルを使用したワイヤレス電源、800W分の電球を点灯

081216_teslacoil テスラコイルと聞いても、文系人間にはピンと来ませんが、変圧器による放電現象に近いモノだと思います。
 今日の/.jpの記事です。テスラコイル使用したワイヤレス電源、800W分の電球を点灯

 共振変圧器という装置を使って、無線で電灯を点ける実験の結果とのことですが、,原理はともかくとして、世界中の町や村に張り巡らされた電柱の電線や、山と尾根を渡る高圧電線を見るたびに、電気の必要性と裏腹に電力供給のために避けられない電線が無くなれば世界は変わるだろうと思っている一人として、こういった技術が一般化すれば、本当の意味でのワイヤレス無線パソコンの実現へとイメージがふくらみます。

テスラコイル使用したワイヤレス電源、800W分の電球を点灯
hylom による 2008年12月15日 12:45 の掲載 (電力)
トラブルは発明の母、 部門より
http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=08/12/15/031224

あるAnonymous Coward 曰く、
Nevada Lightning Laboratoryテスラコイルを使い無線で電力を送電し、5m離れた場所で800W分の電球を点灯させる実験に成功した。今年8月にはMITが2m離れた場所で60W電球を点灯させることに成功していたが、今回はこれを大きく超える結果となった。

なお、共振コイルを使用したワイヤレス電力に関する特許はテスラコイルを発案したニコラ・テスラ氏によって100
年以上前に特許が取得されているとのことで、同社は今回の実験を元に特許取得など知的財産を追及する意向はないことを明らかにしている。実験のデータなどは同社サイトに写真とともに掲載されている。

ちなみに今回の実験は、同社が高周波変圧器の実験を行っていた際に電源の抜いてあった別の変圧器が煙を出したことの原因究明がきっかけとなったそうである。

Posted on 12月 16, 2008 at 04:10 午後 | | コメント (2)

2008.10.29

081029-2 携帯用キーボード

携帯用キーボード ケーブルが到着したので早速繋いだけど、ウンともスンとも言いません。
 これは電池かなと思って、慌てて駆け足でミドリ電化へ
 閉店直前に間に合ってよかった。
 電池を入れ替えたら、バッチリでした。
 

Posted on 10月 29, 2008 at 09:38 午後 | | コメント (0)

081029 折りたたみ式キーボード

081029 折りたたみ式キーボード081029 折りたたみ式キーボード 最近はすっかり馴れてしまいましたが、携帯でメールを打ったり、ブログを更新するのは、文字入力が結構面倒です。携帯ではいわゆる「ポケベル入力方式」なので、通常のキーボード入力の倍以上かかります。

 このau携帯用の折りたたみキーボードを購入したのは、もう3年も前で、当時はメールを閲覧することが主で携帯を使ってメールに返信したり、ブログを更新したりすることもなく、購入したもののずっと会社の机の引き出しに入っていました。

 でも、最近は山でのブログ更新や、山仲間とのやりとりに携帯を使って長文を入力する機会が増えたので、再度、この折りたたみキーボードに陽の目を見せてあげることにします。
 ただし、3年前に使っていた携帯と今の携帯とではコネクターの位置が変わったため、キーボードとの接続には別売りのコードが必要なので現在、手配中です。

 iPhoneでも次の世代ではスライド式のハードキーボードも搭載といううわさですが、折角Bluetoothを搭載しているのですから、無線キーボードが使えたらよいのにと思います。

 この折りたたみ式キーボードを発売しているREUDO(リュード)という会社でもDocomoやボーダーフォン用のBluetooth折りたたみキーボードも発売していますが、HIDプロトコルでないと無線キーボードは繋がらないそうで、きよもりのau(W62CA)はBluetoothを搭載しているのにHFPプロファイル対応で、HIDプロファイルではありません。同様にiPhoneもHSPというプロファイル対応なので、REUDOのBluetoothキーボードには接続出来ません。

 Bluetoothにはプロファイルが何種類も林立しているようで、それぞれ相互に接続する機器が限られています。キーボード、ヘッドセット(イヤフォンマイク)、マウス、AVリモコン、テキストデータ等々、機器の種類ごとにこのプロファイルを使い分けるようですが、一般ユーザーには区別が付きません。この辺りがBluetoothが10年経っても普及しない原因でしょう。

【参考】 
 Bluetooth (wikipediaより引用)
 HID(Human Interface Device Profile) : マウスやキーボードなどの入力装置を無線化するためのプロファイル
 HSP(Headset Profile) : Bluetooth搭載ヘッドセットと通信するためのプロファイル、モノラル音声の受信だけではなく、マイクで双方向通信する
 HFP (Hands-Free Profile) : 車内やヘッドセットでハンズフリー通話を実現するためのプロファイル、HSPの機能に加え、通信の発信・着信機能を持つ

Posted on 10月 29, 2008 at 03:35 午後 | | コメント (0)

2008.10.24

081024 モバイル無線LANルーター「PHS300」

 一昨日のITproに[特別レポート]検証! ついに登場したモバイル無線LANルーター「PHS300」
という記事があって、今年の8月にも取り上げた080805 携帯用無線LANルーター 
の日本での発売が、11月から開始されるそうです。

> コミューチュアが運営するWeb上のショッピングサイトで10月23日から予約を受け付け、11月初旬に商品の発送を開始する。価格は1万9800円。
>無線LAN搭載端末でどこでもインターネット接続
 今回、PHS300をコミューチュアから借り、様々な端末を接続して使い勝手を検証した。利用した端末はパソコン(パナソニックのLet’s Note W4)、アップルのiPod touchと携帯電話機「iPhone」、任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」、ソニーの携帯ゲーム機「PSP」、携帯コミュニケーション端末「mylo」、ウィルコムのスマートフォン「WILLCOM 03」の7機種(写真3)。インターネット接続する3Gデータ通信モデムにはイー・モバイルの「D02HW」を利用した(写真4)。

ITproが実機で検証したレポートは詳細で大変参考になりました。
ただし、きよもりの場合、購入しても、最近は外出する機会が減っているので使う機会がどの程度あるかが問題で、購入する場合は、イーモバイルのモデム「D02HW」も購入しなければいけませんから、ニンテンドーのDSiが発売されるまで少し様子を見ようと思います。
ウィルコム・Buffalo・三洋電機が発表した「どこでもWi-Fi」という無線LANルーター+PHSという選択ワザもありますから、今後はホットスポットを探したり、FONのAPに期待しなくてもよくなりそうです。
つなぎ放題で月3千円を切るようになれば、一気にブレークするでしょうが、今のところはPHSの固定+機器の月割りで5千円前後かかるようです。


[特別レポート]検証! ついに登場したモバイル無線LANルーター「PHS300」

081014_phs300_ph01 コミューチュアは2008年10月23日、持ち歩ける無線LANルーター「PHS300 Mobile WiFi AccessPoint」(PHS300)を発売する(写真1)。電池で動作し、携帯電話の電波が届く場所であればどこでも無線LANアクセスを可能にする(関連記事)。当初は8月末に発売する予定だったが2カ月遅れの登場となった。

 PHS300は米クレードルポイント・テクノロジーズ製のIEEE 802.11b/gに準拠した無線LANルーター。WAN回線への接続口にUSBポートを搭載する。第3世代携帯電話(3G)対応の携帯電話やモデムをこのポートにつなげてインターネットに接続する。

081014_phs300_ph02 サイズは122×73×18.5mm、重さは250g。ポケットに入れるにはやや大きいが、カバンに入れて邪魔になる大きさではない。本体には電源切り替え専用のハードスイッチを用意。スイッチをオンにするだけで、PHS300の周囲一体が無線LANスポットになる(写真2)。移動中や外出先で、米アップルの携帯音楽プレーヤ「iPod touch」や携帯ゲーム機などでインターネット接続する用途に向きそうだ。

 コミューチュアが運営するWeb上のショッピングサイトで10月23日から予約を受け付け、11月初旬に商品の発送を開始する。価格は1万9800円。送料735円と代金引換手数料420円が別途必要になる。まずは個人向けに販売するが、法人向けの販売も検討する。「自動車をオフィスにしたいなど法人固有のニーズもあるだろう」(コミューチュアPHS-300サポート窓口の川野清氏)。
 発売が2カ月遅れたことについて、川野氏は「電気通信事業法や電波法、電気用品安全法などにかかわる各種の認証制度をクリアするため、開発元とのやり取りに時間がかかっていた」と説明する。10月にすべての認証を取得。日本国内で販売できる準備が整った。

無線LAN搭載端末でどこでもインターネット接続
081014_phs300_ph03081014_phs300_ph04 今回、PHS300をコミューチュアから借り、様々な端末を接続して使い勝手を検証した。利用した端末はパソコン(パナソニックのLet’s Note W4)、アップルのiPod touchと携帯電話機「iPhone」、任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」、ソニーの携帯ゲーム機「PSP」、携帯コミュニケーション端末「mylo」、ウィルコムのスマートフォン「WILLCOM 03」の7機種(写真3)。インターネット接続する3Gデータ通信モデムにはイー・モバイルの「D02HW」を利用した(写真4)。

 その結果、すべての端末で問題なくインターネットに接続できることが確認できた。通信速度は3Gデータ通信の接続状況に依存する。場所や時間によるが300kビット/秒~2Mビット/秒と“遅めのADSL”程度の速度で通信できた。

 無線LAN接続の安定性はおおむね良好。電波が弱いのか、たまに速度が低下したが、無線LAN側が通信速度のボトルネックとなることはなかった。無線LAN接続が突然切れる現象は、利用した範囲ではなかった。メールやWeb閲覧では特に不満を感じることなく利用できる。ただし、時間帯や場所によって3Gデータ通信の通信速度が不安定になることはあった。

 myloを使ってIP電話「Skype」で通話したが、特に問題は感じなかった。SkypeOutを利用した一般の電話への発信でも、音声が途切れることなく利用できた。今回は検証しなかったが、ほかのIP電話ソフトでも問題なく通話できるだろう。

 動画閲覧では、不安定な3Gデータ通信が通信速度のボトルネックとなってストリーミング再生はやや厳しい。端末にデータをため込みながら再生する「YouTube」のような動画投稿サイトなら快適に視聴できた。

 iPhoneでは外出先でiTunesから楽曲をダウンロードできた。iPhoneは3Gデータ通信機能を搭載しているが、iTunesでの楽曲ダウンロードは無線LAN接続時にしかできない。PHS300と併用すれば、いつでもどこでも楽曲ダウンロードが可能になる。

 難点は電池の持ち時間だ。頻繁にデータをやり取りする使い方をしていると、2時間もしないうちに電池が切れてしまう。必要な時だけ電源を入れるような使い方にしておくのが賢明だろう。どうしても外出中に常時接続したいユーザーは、予備バッテリーや外部バッテリーを別途用意したほうがよい。

「かんたん設定」はない、事前設定は多少の専門知識が必要
 事前設定はやや面倒だと感じられる。事前設定は大きく2ステップ。(1)無線LAN搭載端末をPHS300に無線LANで接続、(2)3GモデムでPHS300をインターネットに接続、となる。これらの設定はほとんどブラウザ上で行える。

 ただし、現時点では英語の設定画面しかない。加えて設定画面には専門用語が多く、ネットワーク知識が浅いユーザーにはややハードルが高い。「日本語での設定画面を準備中。ファームウェアのアップデートで対応する」(川野氏)という。

081014_phs300_ph05081014_phs300_ph06 実際に接続までの流れを見ていこう。まずはPHS300の電源をオンにして、無線LAN搭載のパソコンでPHS300のSSIDを選択して接続する。SSIDはPHS300本体の電池収納部に記載されている。初期状態では暗号化がされていない。SSIDを選択すればDHCPでIPアドレスが割り当てられてそのまま接続できる。その後、ブラウザを起動するとパスワード(初期設定ではMACアドレスの下6桁)の入力を求める画面になる(写真5)。入力するとPHS300の設定画面が表示される。

 次に3Gモデムの接続設定を行う。設定画面の「BASIC」タブ内から「WAN」を選択して、ユーザー名とパスワードを入力する(写真6)。これらは携帯電話事業者やMVNO(仮想移動体通信事業者)ごとに異なる。携帯電話事業者のWebサイトのサポートページや契約時の書類などで確認する必要がある。正しく設定できていれば、PHS300を再起動するとインターネットに接続できる。

 3Gモデムによるインターネット接続は一度設定すれば、特別なことがない限り変更は不要だ。次回からはPHS300のスイッチを入れるだけで、インターネットに接続できる。

ブラウザ非搭載の端末を接続するには一工夫
 通常の利用時には(1)PHS300の電源を入れる、(2)端末側でSSIDを指定して無線LANでPHS300に接続する、(3)端末のブラウザでパスワードを入力する、の3ステップでインターネットに接続できる。パスワード入力が面倒ならば、接続を許可する端末をPHS300に記憶させる方法もある。接続時に「Remember Me」というボタンをクリックすれば、次の接続時からパスワード入力が不要になる(写真7)。 081014_phs300_ph07081014_phs300_ph08 一部の端末ではブラウザを搭載していなかったり、ブラウザを搭載していてもパスワード入力を正しく受け付けないことがある。例えばニンテンドーDSはブラウザを搭載していないし、PSPとWILLCOM 03はブラウザで正しいパスワードを入力しても接続できなかった。こうした端末は、管理画面から「接続許可を記憶する」という設定にすれば正常に接続できた(写真8)。

 ニンテンドーDSを例に説明しよう。まず、ニンテンドーDSとパソコンを用意。パソコンにはPHS300の管理画面の「STATUS」のタブにある「WIRELESS(WI-FI)」を選択して表示させておく。管理画面には接続している端末の一覧(MEMBER OFWIRELESS(WI-FI) CLIENTS)が表示される。この一覧の右にあるチェックマークのアイコン(二つ並んだアイコンの左側)をクリックすると、接続許可を記憶した状態にできる。

 ニンテンドーDSでPHS300への無線LAN接続を選択し、パソコンの管理画面でニンテンドーDSが表示されたら、すかさずチェックマークのアイコンをクリックする。この設定をしておけば、以後はニンテンドーDSから接続先(SSID)を指定するだけでPHS300によるインターネット接続が可能になる。PSPやWILLCOM 03も同様の手順でインターネット接続が可能になる。

*     *     *     *
 PHS300を使うと、無線LANを搭載した端末が3Gデータ通信モデムを接続した場合と同じように利用できる。iPod touchやニンテンドーDS、PSPなど3Gデータ通信モデムを接続できない端末が、外出先や移動中に利用可能になる。Web閲覧やメールはもちろん、ホームサーバーにアクセスしたりとエンターテインメント端末の可能性を広げるかもしれない。

 法人利用では、自動車に搭載することで「移動可能なオフィス」を実現できる。自動車のシガーライターから電源供給できるオプション製品もある。PHS300のような製品は企業の拠点を銅線や光ファイバの制約から解放する。シンクライアントなどのセキュリティ技術と組み合わせれば、「営業拠点」や「保守拠点」のあり方まで変えるかもしれない。

 とはいえ、電池の持ちや設定の難しさなど課題は多い。この点は今後の技術開発に期待したい。ウィルコムとバッファローがPHS300同様の製品を来春発売に向け準備中(関連記事)。「モバイル無線LANルーター」というジャンルの製品が増加すれば、おのずと使い勝手は向上してくる。今後のモバイル無線LANルーターの進展から目を離せない。

(白井 良=日経コンピュータ) [2008/10/22]

Posted on 10月 24, 2008 at 02:31 午後 | | コメント (0)

2008.10.16

081016 MacBook Air 興味津々

081016_macbookair_01アップル MacBook Air

 昨日、発表即発売開始されたMacBook(Airの発売は11月上旬)はデザイン、機能、価格の何れをとっても国内海外のノートパソコンとは一線を画する画期的な商品のような気がします。
 気がするとしか言えないのは、きよもりの場合、ようやくiPodtouchを買ったものの、無線LANをこき使うほど出歩くわけでもなく、iTuneはWindowsで使えていますから、結局、Macに乗り換える踏ん切りが付かないのです。
 元々仕事でMacを使っておられるMTNさんや、立場もわきまえず(失礼)、自宅パソコンをMacに乗り換えたTKNさんの非難を浴びそうですが、やっぱりもう少し様子を見ようと思います。

新型MacBook Airの不満な点
1.HDDまたはSSDの容量が小さい
 HDDが120G、もしくは上位機種で128GのSSDが選べる点は良いのですが、今の自分の環境では128G程度では既にあるデータさえ入り切りません。会社で使っているノートパソコン(Let's note CF-Y2)の場合、USB外付けで500GのHDDを繋いでいますが、USBの宿命でデータアクセス速度は本体内蔵とは雲泥の差です。
 2.5インチのHDDが既に2万円台まで下がっていますから、内蔵も500Gまであげて欲しいところです。
2.画面解像度が1280×800では不足
 先月JNKさん用に買い替えたデスクトップ(PC-AX120V)は画面もフルハイビジョン(LC-22P1)なのでパソコン画面も1920×1080で圧倒的な広さです。22インチでフルハイビジョンが出来るのですから、せめて1400×875とか1600×1000が欲しいですね。ちなみにきよもりの会社で使っているノートパソコンは4年半も前(2004年1月)発売なのに1400×1050のSXGA+です。

MacBook Air の羨ましい点
1.やっぱりデザイン
 JNKさんのような素人が見てもAPPLEのセンスの良さはソニーでさえ足元にも及びません。すごいのはデザインと機能が表裏一体になっていることで、バックライト付キーボードなんてそれだけでも欲しくなります。
2.マルチタッチトラックパッド
 iPhoneで一気に人気が出て、他の携帯とかPDAも真似をしだしたマルチタッチのタッチパネルをMacBookのタッチパッドにも採用し、さらに二本指だけではなく、三本指や四本指で機能を使い分けられるのですね。
 来年は他のパソコンメーカーもどんどん真似をするでしょうから、昔からノートパソコンではタッチパッドを使っているきよもりにとっては楽しみです。

Posted on 10月 16, 2008 at 01:07 午後 | | コメント (1)

2008.10.15

081015-2 カプセル内視鏡発売

081015_olympusnaishikyo_o1 三年くらい前から話題になっていたカプセル状の内視鏡がようやく日本でも厚生労働省の認可が下りて10/15から販売されるそうです。
 価格だけ見るとカプセル本体とアンテナなどの個別ユニットは89,250円と意外に安いのですね。かといって個人で買えるとも思えないし、実際にはデータを送信するためのアンテナと受信機、ビューワーやモニターまで揃えないと駄目でしょうから最低構成でも500万円以上にはなりそうです。
 カプセルのサイズは外径11mm,長さ26mmですから、薬のカプセルのように水で一気に飲み下すのはちょっと苦しいものの何とか嚥下(えんげ)出来そうです。
 今日9/11の製造販売認可の記事を読んで動作原理がやっと判りましたが、カプセルをリモコンでコントロールして必要な部位を集中的にモニターするのではなく、患者がカプセルを飲むと,消化管を通りながら1秒間に2枚,約8時間かけて合計約6万枚の画像を撮影する。撮影した画像は,カプセル本体から患者が身に付けたアンテナに無線送信され,順次受信装置に蓄積される。患者は,カプセルを飲んでから1~2時間後には病院を出て,通常の生活に戻れる、のだそうです。
 カプセルが腸の蠕動運動によって移動するのにまかせ、ストリートビューみたいにひたすら写真を撮り続けるのですね。

 将来的には医師がリモコンで患者の体内をくまなく移動させながら患部の発見や治療まで出来るようになるでしょう。また、以前取り上げた白血球を使用した癌治療などに段階的に進化していくのでしょう。
 その先は夢物語ですが、最近ビデオを購入した「ミクロの決死圏」やハヤカワ文庫SFの「サイボーグ士官ジェニー・ケイシー3部作」(エリザベス・ベア作)へと、人間の内宇宙への探求は宇宙の探求と同様に果てがありません。

 先日検査入院で切り取ってもらった手術も最初からずーっとモニターで見ていましたが、執刀医の先生は内視鏡で患部を見ながら、内視鏡の先にワイヤー状のメスを付けて、小豆大の腫瘍をスパッ!と切っておられました。そして返す刀で腫瘍の根元を少し深めに再度スパッ!とえぐるように切り取り、そのために血が噴き出した切り口を熱コテで焼いて止血し、最後にローラーみたいなボール状のコテで患部全体を熱消毒?して手術完了、という感じでした。
 気の弱い人なら途中の血が噴き出す辺りで目をつむるか気絶しかねないところですが、きよもりの場合は滅多にない機会だとばかりに結構熱心に一部始終を見せてもらって感心しました。麻酔を打つ前から、手術完了して部屋を出るまで約50分でしたが、内視鏡で患部の処置をしていたのはわずか10分くらいだったと思います。
 執刀して頂いた若い先生は腕も良いし思い切りも良いので名人技を見ているようでした。

【カプセル内視鏡の価格構成】
オリンパスのカプセル内視鏡,10月15日に国内販売開始 2008/10/14 22:22

 オリンパスメディカルシステムズは,同社が開発する小腸用のカプセル内視鏡「エンドカプセル(Endo Capsule)」の国内販売を,2008年10月15日に始めると発表した。同社は2008年9月,厚生労働省からカプセル内視鏡の日本における製造販売承認を取得したことを発表していた。


081015_olympus_naishikyo_02 価格は次の通り。
■カプセル内視鏡システムセットA「MAJ-1467」
  126万円
*含まれるもの:受信装置,ビューワ,電池パック,アンテナ・ユニット,ホルダー,充電器,クレードル,ビューワ・ケーブル

■ワークステーション「OLYMPUS WS-1」
  399万円
*含まれるもの:エンドカプセルPCセット,液晶モニター,レーザ・プリンター

■カプセル内視鏡セット「MAJ-1733」
  8万9250円
*含まれるもの:小腸用カプセル内視鏡(1個),アンテナ・カバー(10個入り),カプセル内視鏡回収セット(5個分)

小谷 卓也=日経エレクトロニクス


【製造販売認可の記事】
オリンパスのカプセル内視鏡,厚労省の製造販売承認を取得 2008/09/11 15:52

 オリンパスメディカルシステムズは,同社が開発するカプセル内視鏡に関して,日本における製造販売承認を2008年9月8日に厚生労働省から取得したことを発表した。既に欧州では2005年10月,米国では2007年10月に販売を始めている。日本における薬事申請は,2007年1月に済ませていた。申請から約1年8カ月を経ての認可となる。

 同社が販売するカプセル内視鏡は,小腸領域の診断を目的とするもの。愛称は「エンドカプセル(Endo Capsule)」。外径11mm,長さ26mmのカプセルに,小型CCDや照明,自動調光機能などを搭載する。患者がカプセルを飲むと,消化管を通りながら1秒間に2枚,約8時間かけて合計約6万枚の画像を撮影する。撮影した画像は,カプセル本体から患者が身に付けたアンテナに無線送信され,順次受信装置に蓄積される。患者は,カプセルを飲んでから1~2時間後には病院を出て,通常の生活に戻れるという。撮影が終わったら,医師が受信装置から画像データをワークステーションにダウンロードして診断する。

 国内において製造販売承認を取得したカプセル内視鏡は,イスラエルGiven Imaging Ltd.に次いで2例目。先行するメーカーに対しオリンパスメディカルシステムズは,同社が品ぞろえするほかの診断・治療装置と合わせて,総合的な価値を提供する考え。

Posted on 10月 15, 2008 at 05:36 午後 | | コメント (0)

081015 「消せる紙」

081015_keserushi 7/10ですからもう三ヶ月も前に記事になっていたようですが、今日のITmediaの記事によると、市販開始とあり、価格も予定通りかなり安く設定されているようです。
ISOT 2008:「消せる紙」は持ち運びホワイトボードの決定版になるか
市販された消せる紙の価格は模造紙大のA1判(594×841ミリ) 2枚セット 980円 、A3判(297×420ミリ) 8枚セット 1380円 、A4判(210×297ミリ) 8枚セット 680円ですから手頃だし、3000回もマーカーペンで書いたり消したり出来て耐久性も充分です。

ITmedia 仕事耕具:
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0810/14/news080.html

あの“持ち運びできるホワイトボード”が発売 欧文印刷の「消せる紙」
ISOT 2008で注目を集めたホワイトボードマーカーで書いたり消したりできる「消せる紙(し)」。いよいよ都内で販売が始まった。 2008年10月14日 16時37分 更新

 欧文印刷は10月11日、リライタブルペーパー「消せる紙(し)」を発売した。A1判が2枚セットで980円、A3判が8枚セットで1380円、A4判が8枚セットで680円。現在、東急ハンズ池袋店6階の文具売り場のみで販売している。

新たに加わったA3判とA4判
 特殊コーティングをほどこしており、市販のホワイトボードマーカーを使えば何度も書いたり消したりできる。重さも54グラム(A1判)と軽量なため、持ち運びにも便利だという。

 欧文印刷によれば、ISOT 2008に出品した試作品に比べて、紙の厚みを増し、書きやすさを向上させた。また種類もA1判だけでなく、A3判、A4判を用意。壁に張るだけでなく、ノートやメモ帳代わりに利用することも可能だという。なお、A1判は方眼罫だったが、A3判とA4判は白地とした。

 この消せる紙、印刷会社の欧文印刷にとって実は初めてのオフィス文具製品。今後はカラーバリエーションや罫線の種類も増やす予定で、ネット販売などの販路も検討している。

種類 セット内容 価格
A1判(594×841ミリ) 2枚セット 980円
A3判(297×420ミリ) 8枚セット 1380円
A4判(210×297ミリ) 8枚セット 680円

Posted on 10月 15, 2008 at 12:58 午後 | | コメント (0)

2008.10.03

081003 ニンテンドーのPDA:DSi

081003_nintendodsi 昨日(10/2)午後になって、「任天堂カンファレンス 2008.秋」で新型の携帯ゲーム機「ニンテンドーDSi」を初公開されたというニュースが流れました。
 でも、ASCIIjpの記事では、
 新型DSの名称は「ニンテンドーDSi(ディーエスアイ)」。従来型に比べ、カメラ機能や音楽再生機能を追加した。岩田社長によれば、耐久性を犠牲にしない範囲で薄型化をすすめ、現行のDSライトに比べ12%(2.6ミリ)薄くした。画面サイズも3.0インチから3.25インチに拡大し、音質の向上も進めた。機能面では、音楽再生やカメラを追加。インターネットを閲覧するためのソフトを提供し、無線LAN機能も向上させたという。
 -とあるだけで、読んだ時点では、今更、カメラや音楽再生機能を付加しても、ケータイやiPodの後追いじゃないか、と大して気にもとめませんでした。
 でも、今朝になって、実際の発表内容を読んでみると、これは新しいPDAの誕生だと感じます。

 今のスマートフォンにあって、ニンテンドーDSiに無いのは電話機能だけで、その点ではきよもりが持っているiPodtouchと同様です。
 ソフトのカスタマイズや追加が出来る点、SDメモリーを内蔵する点、マクドナルドでホットスポットが使える点、カメラを2つも備えている点、等々iPodtouchやiPhoneの目指す方向と限りなく近いような予感がします。

 他のPDAやスマートフォンには無いDSiの最大の武器は大きな2つの画面、フルキーボードが表示出来るタッチスクリーン、そして国内2300万台という圧倒的な既存DSの普及台数、そして18,900円という価格です。

 当面はマックで「ニンテンドーゾーン」というホットスポットサービスを展開とありますが、普及台数から考えて、無線LANの利用エリアは一気に拡張するでしょう。また、コンテンツの販売で維持費がカバー出来れば、現在ヨドバシなどに設置している「ニンテンドーDSステーション」と同様に接続料の無料化が当たり前になると期待出来ます。

 iPhoneは予約購入に食指が動きませんでしたが、これは即予約しないと3ヶ月くらい待たされそうです。さしずめ昨日書いたDQⅨはこのDSiでプレーになりそうですね。
 ついでに書くと、車中でDSを開いていると、これまでは、いかにもゲームかパズルをしているように見られていましたが、今後はDSiのブラウザー(Opera)でインターネット接続やメールチェックが出来そうですから、堂々と使えそうですね→SKEさん

【引用記事1】
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/23362.html
任天堂、「ニンテンドーゾーン」をマクドナルドで開始

 任天堂は2日、ニンテンドーDS向けの施策として、「ニンテンドーゾーン」を開始すると発表した。開始当初は関東、中京、近畿圏のマクドナルドでサービスを提供する。

 ニンテンドーゾーンは、エリア内でニンテンドーDS向けのさまざまなコンテンツを提供するサービス。利用には専用の「ニンテンドーゾーンビューア」が必要だが、11月1日発売のニンテンドーDSiはビューアを標準搭載するほか、自動でエリア内に入ったことを通知する機能を搭載する。

 無線LANの接続設定などが一切必要なく、エリア内であれば自動で接続。体験版や追加コンテンツなどに加え、エリアごと独自のコンテンツも提供するという。

【引用記事2】
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/23361.html
「ニンテンドーDSi」が発表。カメラやSDカードスロットを搭載

 任天堂は2日、「Nintendo Conference(任天堂カンファレンス 2008.秋)」でニンテンドーDSの新モデル「ニンテンドーDSi」を発表した。日本では11月1日に発売され、標準価格は1万8900円。

 ニンテンドーDSiは、従来の「ニンテンドーDS Lite」と比較して2.6mmの薄型化を実現。これに伴い、ゲームボーイアドバンス用スロットが廃止されたが、ゲームボーイアドバンススロット搭載の従来モデルであるニンテンドーDS Liteも「要望がある限り引き続き併売する」としている。本体カラーはつや消しのホワイトとブラック。

 画面もニンテンドーDS Liteの3インチよりも17%の大型化となる3.25インチを採用。スピーカーも音質が向上し、30万画素のカメラ機能やオーディオプレーヤー機能も搭載。カメラは本体外側と内側の双方に装備している。また、カメラの写真をカスタマイズできる「DSiカメラ」機能、音楽ファイルを編集できる「DSiサウンド」といった機能も標準で搭載する。

 SDカードスロットも搭載し、DSiで録音した音声をAAC形式で保存して再生できるほか、カメラで撮影した写真も保存できる。本体保存メモリも新たに搭載され、さまざまなソフトを「DSiショップ」からダウンロードして組み込める。これはWiiのショッピングチャンネルと同様の仕組みだという。

 ブラウザ機能も本体発売と同時に無償でダウンロード提供。OperaをニンテンドーDSi向けにチューニングしたもので、本体に内蔵できるほかニンテンドーDSブラウザーと比べて動作の高速化も図られた。また、ニンテンドーDSi専用ソフトではより高速な通信が可能など、無線の高速化も図られている。

 本体サイズは137.0×74.9×18.9mm(横×縦×厚)で、重量は約214g(タッチペン、バッテリーパック含む)。電池持続時間は輝度設定により異なり、最低輝度の場合が約9~14時間、最高輝度が約3~4時間。なお、充電時間は約2時間30分になる。

 無線LANセキュリティは、これまでWEPのみだった方式がWPA(TKIP/AES)、WPA2(TKIP/AES)をサポート。さらに無線LAN接続設定方式も従来まで対応していたバッファローの「AOSS」、NECアクセステクニカの「らくらく無線スタート」に加えて、Wi-Fi Allianceの「WPS」をサポート。設定プロファイルも設定システム用が3個、手動設定が3個の合計6個まで保存できるようになった。


【引用記事3】
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/23375.html
任天堂岩田氏「ニンテンドーDSiは1人1台の“マイDS”を目指す」

 10月2日に開催された「任天堂カンファレンス 2008.秋」では、任天堂の岩田聡取締役社長が登壇。新型の携帯ゲーム機「ニンテンドーDSi」を初公開したほか、DSおよびWiiの今後の展開について語った。

■ 新型DSは「1世帯に1台」から「1人に1台」を目指す
 岩田氏は冒頭、「ゲーム人口の拡大という基本戦略を掲げてニンテンドーDSを発売したのが2004年12月2日であり、今日はそれから3年と10カ月が経った」とコメント。「本日は最初にニンテンドーDSファミリーの新たなモデルであるニンテンドーDSiを紹介したい」とDSiを取り出した。

 ニンテンドーDS、ニンテンドーDS Liteに次ぐニンテンドーDSプラットフォーム第3のモデルと位置付けられたDSi開発の背景の前置きとして、岩田氏は現状のゲーム市場の概要を説明。「ニンテンドーDSはこれまでの国内のゲーム市場の歴史の中で最速のペースで普及し、すでに2300万台を超えている」とのデータを紹介し、「これはDSの登場前にもっとも普及台数が多かったプレイステーション 2(PS2)を上回る数である」とコメント。「2000万台を突破したのもPS2が6年9カ月だったが、DSは3年弱」と補足した。

 ユーザー層も「7歳から74歳まで幅広い世代で男女ともに楽しんでいただいている」とし、「調査ではニンテンドーDSを触っている人の54%が女性だった」というデータも紹介。「世帯あたりユーザー数も前回調査よりは下がったがそれでも高い水準である」とし、「DSの普及ペースも落ち着いてきたが、今でもこれまでも主流プラットフォームの普及期に遜色ないペースで売れている」とした。

 一方で、「現状ではDSの世帯あたりユーザー数は2.8だが、世帯あたりのDS普及台数は1.8台であり、携帯ゲーム機は複数のお客様に共有されている」と指摘。「携帯ゲーム機はいつでもどこでも楽しんでいただける可能性を持ったデバイスであり、普及の究極の姿は1家に1台ではなく1人に1台」との目標を掲げ、「すでに国民6人に1人という前例のない普及数となった今、DSを持っていない世代だけでなく、複数でDSを共有している家庭でもDSを自分専用にしていもらい、1人1台の流れを作りたい」との考えから生まれたのがDSiだとした。

 本体の薄型化、画面の大型化はユーザーからの要望を踏まえて実現。薄型化によって「DS Liteより12%の薄型化を実現でき、いつでも持ち歩きやすく」とした一方、薄型化によってゲームボーイアドバンス(GBA)スロットが廃止された点については、「ユーザーの要望がある限り、(GBAスロットを搭載した)ニンテンドーDS Liteを引き続き販売していく」とした。

■ 本体メモリにソフトを追加することで自分だけの「マイDS」に
 本体スペックでは「地味ながら大きな意味がある改善」として、スピーカーの音量や音質の向上を紹介。また、新たな機能として搭載したカメラやオーディオ機能については、「いまどきのたいていの携帯電話には搭載されており、本体に標準搭載するのは任天堂らしくないのではという印象をお持ちの方もいるだろう」とした上で、「われわれはツールとしてでの機能ではなく、生活の中で映像や音で遊び楽しんでいただき、生活を豊かにする提案」と説明。撮影した写真やオーディオプレーヤーの音楽を編集できる「DSiカメラ」「DSiサウンド」機能を紹介した。

 これらカメラやオーディオ機能の利用を想定してSDカードスロットを搭載。カメラやオーディオプレーヤーのデータをSDカードに保存できるほか、撮影した写真をWiiで再生することもできる。また、「1人1台の“マイDS”となるために、DSiでは本体保存メモリを搭載した」と紹介。DSiカメラ、DSiサウンドといった機能は本体に標準搭載されるほか、「DSiショップ」と呼ばれるサービスを通じて「ニンテンドーDSiウェア」を入手、DSi本体に保存できる。岩田社長は具体例として「毎日楽しむソフトを本体に内蔵して自分専用に強化できるようになるほか、ソフトメーカーにとっても新たなビジネスチャンスになる」とした。

 ニンテンドーDSiウェアのサービス開始に合わせて、従来まで「Wiiポイント」の名称だったポイントシステムを「ニンテンドーポイント」と改称し、ニンテンドーDSiウェアの購入にも利用できるようになる。ニンテンドーDSiウェアは無償のソフトに加えて、200ポイント、500ポイント、800ポイントの段階で有料ソフトを用意する。

■ ブラウザ機能を無償で搭載。ネット接続環境も拡充
 Oeraベースのブラウザ機能「DSiブラウザー」や、パラパラマンガを作成できる「うごくメモ帳」は無償ソフトとして提供し、「脳を鍛える 大人のDSトレーニング」をDSiウェア向けにカスタマイズした「ちょっと脳を鍛える 大人のDSトレーニング 文系編/理系編」の提供も予定。また、2010年3月末までにDSiショップを利用したDSiに一度だけ1000ポイントをプレゼントするキャンペーンも実施する。

 さらにニンテンドーDS向けの施策として、専用コンテンツなどを外出先で配信する「ニンテンドーゾーン」も発表。これまで家電量販店などに設置していた専用端末「ニンテンドーDSステーション」に続くワイヤレス接続拠点の第2弾として展開するもので、当初は関東、中京、近畿のマクドナルドでサービスを開始する。

 すでにマクドナルドではDS向けコンテンツ配信サービス「ニンテンドースポット」を提供しており、ニンテンドーゾーンのサービスもこの仕組みを踏襲。DSおよびDS Liteの場合は本体のダウンロード機能を利用して専用ビューアを毎回入手する必要があるが、DSiではこのビューアを標準搭載するほか、ニンテンドーゾーンに入ったことを自動で検知する機能を備える。

 ニンテンドーゾーンでは体験版や追加コンテンツの配信、ニンテンドーWi-Fiコネクションを通じたオンラインプレイなどに加えて、エリアごと独自の情報サービスも提供。「ネットワーク接続設定も一切不要で、手軽に利用できる」とした。

Posted on 10月 3, 2008 at 12:11 午後 | | コメント (2)

2008.10.01

081001 次はレーザープロジェクターの時代

081001_projector パソコンやTVの表示画面をスクリーンに投影するプロジェクターは12年くらい前には当時ノートパソコンが40万円前後だったのに、プロジェクターは70万円もしていました。
そのため会社でも本社や東京支店など大きな拠点で1台、2台の購入に留まっていつも貸し出し予約されていたのを思い出します。VGA(640×480)から少しずつ解像度が上がってSVGA(800×600)、XGA(1024×768)へとパソコンの表示画素が増えるに従ってプロジェクターの表示能力も上がっていきましたが、価格は常に70万円前後でパソコンのように解像度が上がっても値段は下がって値崩れする様子は全くありませんでした。
この5年くらいは家庭でのTV画面の大型化に伴い、比較的安価に大画面が楽しめる液晶プロジェクターが普及しだしたため、パソコン接続の液晶プロジェクターもようやく20万円~40万円、ものによっては10万円台で購入出来るようになっています。

しかし、いままでのプロジェクターは光源に高圧水銀ランプを使うために発熱と消費電力がネックになっていました。
それが最近の記事では光源をLEDランプに変えて筐体の小型化と発熱を抑えたプロジェクターがぼつぼつ普及しつつあるようです。
今日の記事では更に進んでレーザーを光源としたプロジェクターが発売されるようです。記事によると焦点を合わす必要が無いため、凹凸のある衣服とかに投影しても画像のピント合わせは不要だそうで、大きさもマッチ箱(死語?)くらいになるそうですから、5万円程度ならかなり普及するでしょう。

携帯にも内蔵する予定と書かれていますが、ここまで来ると、何れはノートパソコン内蔵も視野に入ります。
ノートパソコンはiPhoneやWillcom W-ZERO3のようなPDA・スマートフォンとの壁が段々無くなりつつありますが、PDAの最大ネックは表示画面が小さいこととキーボードです。一方のノートパソコンでもNetBookが普及してきましたが、やはり画面表示と小型化の矛盾を抱えています。

また、無責任な予測になりますが、NetBookのような小型ノートにこのレーザープロジェクターを内蔵出来れば、少人数でのプレゼン以外にも、個人で使う場合に手近な壁やノートなどに高解像度で投影してパソコンのディスプレイ替わりにするといった用途が出てくると思います。
あとはキーボードと電池の将来形がどうなるのかです。

【追記】
プロジェクターの未来像を予測したら、同様の記事を戸田 覚氏も今日の日経BPに書かれていました。
戸田 覚のPC進化論【戸田覚がCEATECで思案中】
モバイルプロジェクターの世界が見えてきた!
 『今のディスプレイの制約をブレイクスルーするのは、電子ペーパーやら折りたためる液晶かと思っていたが、もしかしたらプロジェクターによる投影が真打ちなのかもしれない。』

【追記2】
戸田さんの記事を読みながら、考えついたことですが、Star Wars EpisodeⅣの最初にレイア姫がオビワン宛のメッセージ3D画像をロボットに取り込ませるシーンがあって、四半世紀も前のことですからビックリしましたが、現代では3Dでの投影が実用化されつつあります。
ということは、文字情報であっても別に投影するのにいちいちスクリーンを用意しなくても、キーボードの前の空間に3Dで浮かび上がらせて表示することが可能になりそうな気がします。そのためにはもちろん光源が2箇所以上必要でしょうが、ある程度の幅があるNetBookパソコンなら光源を2箇所確保することはそれほど難しくないでしょう。
どんどん夢がふくらみます。
【参考記事】
情報空中表示装置なんていうのもあります。
空中に文字や立体映像を表示できる装置

風と海と空と星が大好きな技術者の日記には、YouTubeに分かりやすくてすごく面白い表示装置紹介のデモ映像があります。

http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0809/30/news078.html
ITmedia ニュース
CEATEC JAPAN 2008:
ポケットサイズ、フォーカス調整いらずの“次世代レーザープロジェクタ”

光源にレーザーを採用したプロジェクタは、ポケットサイズでフォーカスの調整も必要ない。CEATECで見かけた2つの試作機を紹介しよう。 2008年09月30日 17時08分 更新

 重さが数百グラムの小型プロジェクタが増えてきた。携帯電話のような形状の独3Mの「Mini Beamer」や、米Dellが販売する手のひらサイズの「M109S」などだ。国内でも、海連の「X Pro920」や加賀コンポーネントの「KG-PL105S」など小型の製品が続々と発表されている。

 これらのプロジェクタは、光源に高圧水銀ランプではなく、LEDを採用している。LEDプロジェクタは消費電力が低く、静音性が高く、ランプ寿命が長いといったメリットがあり、本体サイズも小型だ。これで輝度がもっと高くなれば完璧なのに……などと考えていた矢先に、CEATEC会場で“LEDプロジェクタを上回るかもしれない”「レーザープロジェクタ」を見かけた。

フォーカス調整の必要なし、色再現性も高いポケットサイズプロジェクタ
 そのレーザープロジェクタは、米Microvisionの「Pico Projector SHOW」の試作機。赤/緑/青の3色のレーザーを、極小サイズのミラーに当てて反射させ、投影する。レーザープロジェクタは、光源ランプからの光を液晶パネルに透過させるLCDプロジェクタや、ミラーに反射した光をカラーホイールに当てて色付けするDLPプロジェクタと異なり、3色のレーザーを強度変調しプリズムで混色して色調を再現する。Pico Projector SHOWの色域はNTSC比で150%で、通常のLCDやDLPなどの方式に比べて色再現性も高いという。

 レーザー光はレンズを通さず投影されるため、スクリーンとの距離を変えても常にピントが合っている状態で、フォーカスを調整する必要がない。凹凸がある壁や布などの平面以外に投影するような使い方もできる。

 試作機の解像度は848×480ピクセルで、輝度は10ルーメン。電源はリチウムポリマーバッテリーで、1回の充電で約1.5時間の連続使用が可能だ。外部インタフェースはアナログRGB/コンポジット/S-ビデオ/USBで、USB経由の場合はバッテリー充電もできる。製品はスタンドアロンのモバイルプロジェクタとして発売するほか、携帯電話などに内蔵される予定だという。

“たばこの箱サイズ”の試作機は製品版では“マッチ箱サイズ”に
 レーザープロジェクタやバーコードレーザースキャナに使われるMEMSミラー(極小の電子機械部品を用いた駆動ミラー)「エコスキャン」を開発する日本信号のブースでも、レーザープロジェクタの試作機を発見。こちらもたばこの箱ほどのサイズと小型だったが、製品化されるまでにはさらに小さくなり、マッチ箱程度の大きさになる予定だという。

 小型、軽量、フォーカスフリーと非常に魅力的に思えるレーザープロジェクタだが、日本信号によれば、「コストなどの問題から、国内での発売は2010年頃。価格は同サイズのLEDプロジェクタと同じくらいになるのでは」とのことだった。近い将来、プロジェクタを自由に持ち運び、スクリーンのないところでどこでもプレゼンが始められる日が来るのかもしれない。

Posted on 10月 1, 2008 at 01:01 午後 | | コメント (0)

2008.09.30

080930-2 Ghost Bottles

080930_ghostbottle01 アメリカ映画を見る機会が多いのですが、昔からエイリアンとかゾンビとかが出てくる映画は苦手です。やっぱり恐がりなんでしょうね。
 ですから、今日の/.jpに出ていた「幽霊の瓶詰め」という記事もこわごわ掲載します。


http://slashdot.jp/article.pl?sid=08/09/28/1448250
産地直輸入の「幽霊の瓶詰め」はいかが?
GetSetによる 2008年09月29日 0時00分の掲載
(この部門名は呪われています)部門より.

Technobose 曰く、
ソリッドアライアンスのニュースリリースによると、幽霊の瓶詰め『ゴーストボトル』の販売を始めるとのこと。
毎日の生活に退屈しているあなた、非日常の体験を得るために一本いかがですか?

ところで、フロリダのあたりで捕獲された幽霊を瓶詰めして、輸入するようですが、検疫とかは大丈夫なんですね。
あと欧米では秋から冬が幽霊の時期ですが、日本では夏が幽霊の旬です。
ちょっと時期を外してしまっているような気がするのですが……。
2008年9月24日

【引用記事】
株式会社ソリッドアライアンス(本社:東京都中央区)と堤裕司オカルト通信舎は、全米騒然のオカルトアイテム“ゴーストボトル”の販売を開始します。

このゴーストボトルは、米国フロリダ州を拠点に捕獲されたゴーストがボトルに閉じ込められている商品です。商品の製造には、ゴーストの捕獲の作業が伴うため、お届けまでに少々お時間をいただく場合がございます。あらかじめご容赦願います。

販売に関しては、堤裕司オカルト通信舎が全国オカルトファンの皆様のご要望対応させていただきます。

●商品説明
このボトルには、住宅、ホテル、船、墓地、等からプロのゴーストハンターによって詰められたGhostが封入されています。ご自身の判断で、ボトル内のGhostを再び外に逃がす事が出来ます。

しかし、以下の「警告」を十分に読んで自己責任のもと行ってください。

なお、それぞれのボトルには、「証明書」が付きます。プロのゴーストハンターによって署名され、ボトルは特別なワックスで封印されています。

警告 WARNIG 警告 WARNIG 警告 WARNIG 警告 WARNIG 警告 WARNIG 警告 WARNIG 警告
このボトルをあなたが所持する事で、どんな不運が襲っても、私達は責任を負う事は出来ません。
このボトルを開けたり、割ったりしたときに発生する実際の報告事例は以下のとおりです。

・どこからか声がする
・昼夜関係なしに、長期間、「呻きとうめき声」がする
・ドアや窓がゆっくり開いたり閉じたりする
・誰かがあなたについてきている感じがする
・TVの音量が急に大きくなる、あるいは小さくなる
・台所の流し台の水がゆっくり動く
・誰かに見られている感じがする
・誰もいない部屋から音がする
・なじみのない香水のような匂いがする
・勝手にライトがON、OFFする
・勝手に電気製品がONされる
・シーツがもぎ取られたり、夜に枕が投げ出される
・何かにタッチされる

●ユーザーからの声
・ジョージア州 アレックスさん
私は独り者のために、ビールパーティを多く開いています。私は「クレイジー・ウェット・バー (ネオンサイン、写真や会話の関心の多くのこと) 」を経営しています。私の友人がこの「Ghost Bottles」を購入したと言っていました。その週の土曜日にビールパーティを開き、「Ghost Bottles」を開封しました。その時の会話は大いに盛り上がりました。私達は大きな声で会話し、音楽を流してましたが、窓の外を見ると周りの住宅の電気が消えていました。町が停電になっていたのです。私のバー以外が。本当に身の毛のよだつようです。

警告 WARNIG 警告 WARNIG 警告 WARNIG 警告 WARNIG 警告 WARNIG 警告 WARNIG 警告
※上記はあくまでユーザーからの報告例であり、本製品の効果を確約するものではありませんのでその点、ご了承ください。
--------------------------------------------------------------------------------
【製品概要】
商品名:ゴーストボトル
本体サイズ:約280mm(H) x 89mm(W) x 89mm(D)
販売方法:①ソリッドアライアンス楽天市場店 (http://www.rakuten.ne.jp/gold/sastore/)
     ②堤裕司のオカルト通信舎(http://www.occult.jp)
商品名 型番 JANコード 販売価格
ゴーストボトル GSTBT-01 4571164054155 オープン価格
--------------------------------------------------------------------------------
【ソリッドアライアンスに関して】
(株)ソリッドアライアンス(本社:東京都中央区)は、国内・海外のメーカーと協力し、世界のユニークで優れた製品を紹介している。自社でも独自のコンセプトによる新製品を開発、販売しており、なかでもあひる型USBメモリー”i-Duck(アイダック)”、すし型USBメモリー”SushiDisk”は世界的なヒット商品となった。
(http://www.solidalliance.com)

【堤裕司のオカルト通信舎に関して】
堤裕司のオカルト通信舎は日本ダウジング界の第一人者である、堤裕司氏が運営するオフィシャルオカルトポータルサイトである。おどろおどろしいものからちょっと笑えるオカルトニュースまで様々なオカルト情報を発信している。またサイトでは他では買えない危険なアイテムを販売中。
(http://www.occult.jp)

【堤裕司氏に関して】
日本ダウザー協会会長。日本波動医学協会理事。1992年には幽霊退治団体『ゴーストハンターズ』を結成。さまざまな場所でダウジングに基づく幽霊理論と科学的測定器による幽霊調査/退治に携わる。超常現象に関する著書多数。TV、ラジオにも数多く出演している。著書は「驚異のダウジング」(太田出版)、「驚異のダウジングⅡ」(太田出版)、「ついに幽霊を捕獲した」(廣済堂出版)、「超意識の秘密」(編著、コボリ出版)、「マインドテクノロジー(上、下)」(智玄舎)、「あなたもペットと話が出来る」(学研)他。

【本記事に関するお問い合わせ先】
堤裕司のオカルト通信舎
広報部
Email: info@occult.jp
(http://www.occult.jp)

(株)ソリッドアライアンス
広報部
TEL:03-5652-1251
FAX:03-5652-1252
Email:koho@solidalliance.com
http://www.solidalliance.com
[2008.09.24]

Posted on 9月 30, 2008 at 05:23 午後 | | コメント (2)

2008.09.26

080926-2 レンズ交換式デジタルカメラ

080926_olympus_micro4_3 9/17にPanasonicのLUMIX DMC-G1という一眼レフの新規格マイクロフォーサーズに沿ったデジタル一眼カメラを紹介しましたが、今回は同規格を採用したオリンパスのデジタル一眼カメラの写真(但しモック)が掲載されていたので紹介します。
ただし、あくまでもデザインコンセプトモデルだそうですから、実売時にはこの写真とかなり違うかも知れません。

写真を見ただけではこれが一眼レフカメラだとは思えませんし、規格通り跳ね上げ式鏡がないからもはやレフがない一眼カメラだとしても、通常のデジカメとの区別は困難です。
まあ、レンズ交換式デジカメというジャンルが正しいのでしょうね。現実に接眼ファインダーもなく、被写体をレンズを通して液晶パネルでみると考えれば、この形が究極の筐体と云えるでしょう。

いまの一眼レフ(E-420)より40%位コンパクトになるようですから、これで、持ち運びが楽になりそうで期待します。

マイコミジャーナル【レポート】
フォトキナ 2008 - オリンパス、フォーサーズとマイクロフォーサーズの新モデルを参考出品 2008/09/25 小山安博

独ケルン・メッセで開催中の映像機器関連イベント「photokina 2008」(フォトキナ)のオリンパスブースでは、開発発表されたフォーサーズとマイクロフォーサーズの2台のカメラが参考出品されていた。

【中略】

もう1つが、マイクロフォーサーズ規格のカメラ。規格自体は8月5日に発表され、すでに松下電器産業からは「LUMIX DMC-G1」が登場しているが、今回オリンパスはモックの展示のみとなった。

マイクロフォーサーズの特徴は、フランジバックがフォーサーズの約半分になり、ミラーレス構造で小型化、軽量化が実現できるという点(そのため、正確に言うと「一眼レフカメラ」ではない)。松下電器のG1では、スタイルは一眼レフカメラに近いが、どちらかというと高倍率ズーム機のLUMIX FZシリーズにも近いスタイルだった。

それに対してオリンパスは、デザインを従来の一眼レフカメラから一新。グリップやファインダーもなく、デザインとしては懐かしさも感じさせつつ、ほとんどコンパクトデジカメのスタイルとなった。

マイクロフォーサーズの特徴を生かしたスタイルともいえ、同社の小型軽量デジタル一眼レフ「E-420」よりもさらにコンパクトで軽量なレンズ交換式のカメラが登場しそうだ。

現時点では、こちらも発売日や価格、スペックの詳細などは不明。「コンセプトモデル」という表記もあり、今後どういった形でリリースされるかは分からないが、実際の製品化が期待される。

Posted on 9月 26, 2008 at 05:55 午後 | | コメント (0)

2008.09.25

080925 Androidケータイ登場

080925_tmobileg1_keyiPhone 3Gの騒ぎもこのところ沈静化しているようですが、携帯電話としての機能がまだインフラが整っていないためか、爆発的な普及の足かせになっているようです。PDA(携帯情報端末)として見れば、スタイルも機能も最高ですから、割り切って使う必要があるでしょう。
きよもりの場合、iPod touchを持っていることもあってiPhoneまで手が出ませんが、キーボード付きのiPhoneが出ればやっぱり買い替えると思っていました。

そのような状況下で昨日(正確には日本時間08/09/23 23:30)、googleのAndroid仕様を搭載したスマートフォン携帯電話が発表されました。
スタイルや、機能はiPhoneにそっくり。スライド式のキーボードを付けた分部厚くなっていますが、興味津々です。


http://ascii.jp/elem/000/000/174/174149/?mail
iPhone対抗の本命登場!?
ストリートビューも見られる――世界初のAndroidケータイ登場
文● 西川仁朗/トレンド編集部 2008年09月24日 13時54分更新

080925_tmobileg1scオープンソースの携帯電話用プラットフォームとして注目のAndroidの端末が、いよいよ登場した。米T-Mobileから発表された「T-Mobile G1」(HTC製)である。

 T-Mobile G1はタッチスクリーン機能とQWERTYキーボードを搭載。画面をワンタッチするとGoogleの検索窓が出てくるなど、グーグルの提供するサービスが使いやすいように設計されている。

 メニューの中にGmailやGoogleマップなどのアイコンがあらかじめ表示されており、何かと話題を振りまくことの多いストリートビューも使用できる。ストリートビューでは端末を動かすことで、画面上の街の写真が切り替わる「コンパスモード」といったケータイならではの機能も搭載されている。

 同社はT-Mobile G1が音楽プレーヤーとして使用されることも期待しているようだ。アマゾンが開発した「Amazon MP3」にワンタッチでアクセスできるように設計されている。iTunes Music Storeのように音楽データを購入できるAmazon MP3では600万曲が用意されている。モバイルアプリとして搭載されるのはT-Mobile G1が初。

 またT-Mobile G1にはiPhoneにおけるAppStoreのように、「Android Market」と呼ばれるアプリケーションストアがある。ニューヨークで23日に実施された会見では、「パックマン」を購入する様子が公開された。他にも買い物の途中で商品の価格を他の店と比べることのできる「ShopSavvy」や、自分が撮影した写真で地図をつくる「BreadCrumbz」といったアプリがあるそうだ。

 スマートフォン市場の第3の勢力となるT-Mobile G1。果たしてどの程度市場に食い込むことができるのか? その動向が注目される。

■関連サイト
T-Mobile G1

Posted on 9月 25, 2008 at 10:41 午前 | | コメント (0)

2008.09.04

080904 Google Chrome

昨日の話題は何と言ってもGoogleのブラウザーβ版公開。
おじゃま虫さんのブログでもグーグル、独自の閲覧ソフト「クローム」取り上げられています。
昨日実際にダウンロードして立ち上げてみましたが、多くの記事にも書かれている通り、URLを入力する窓と検索キーを入れる窓が一つになって、ツールバーは非常にシンプルになっています。
きよもりは自宅でも会社でもFireFoxを使っているので、今更Googleのブラウザーを使うこともない、と思って昨日はそのまま閉じてしまいました。
でも、今朝になって日経ITやITmedia、ImpressのBBwatch、ASCIIなどあらゆるメディアが特徴やGoogleの戦略等を取り上げていますので、再度起動して色々試してみました。

080904_googlechrome01一番感心したのは、検索です。
例えば、「皇海山」と検索キーを入れると、自分の記事から皇海山という文字を黄色ですべてハイライトしてくれます。 更に、縦スクロールバーをよく見ると検索キーがある記事の場所が黄色いラインで表示されていて、その箇所へ容易にジャンプできる仕掛けになっています。
さすがに検索を本業とする企業だけのことはあります。

080904_googlechrome二番目に感心したのは履歴
Ctrl+Hまたは右上のスパナアイコンを押すと、履歴画面が出ますが、これが半端じゃありません。
自分が過去2週間(?)に開いたホームページが日付、時間、リンク付項目一覧で表示されます。
該当項目をクリックするとそのホームページが表示されますから、FireFoxのようにいくつもタブを開いておくことはありません。

シンプルでありながら内容が充実しているという評価は当たっているようです。

気になったのはかな漢字の変換です。ATOKを使っているせいかもしれませんが、ローマ字入力で一行分くらいの文節を入力して変換を押したとき、単語の区切範囲を変えようとしてもできず、かといってMS-IMEのようにアンダーバーがShift+→←では切り替わらないことです。


Posted on 9月 4, 2008 at 10:53 午前 | | コメント (4)

2008.09.03

080903 画像で検索できる携帯サービス「写リンク」

080903_utulink_evryx02昨日(9/2)の携帯watchに
画像で検索できる携帯サービス「写リンク」開始
という記事がありました。

これは8/21に掲載したイメージ検索のアイディア と同じアイディアですが、携帯のカメラで画像データを検索して商品や映画のプロモーション画像などのデータとリンクすることが出来るそうです。

両方の記事に共通するのは利用範囲が今のところ限定されていることでしょう。
8/21に取り上げたTinEyeは著名人の顔写真や、モナリザなどの肖像が検索の対象ですし、写リンクはスポンサーから提供された商品画像やポスターなどが対象で,どちらも商用目的から実用化がされた技術です。

利用目的が限定されるのはサーバーやサーバーを経由した画像リンクサイトに元の画像データを置かないといけないし、元データの登録には人的な作用が伴うからやむを得ないでしょう。
wikipediaのような非営利のボランティアサイトでこのようなサービスを始めたら、インターネットはもっと楽しくなるでしょうが、費用対効果の壁はどこの世界にもありますから、きよもりが望むような高山植物の画像検索などはまだまだ実現できない夢です。

でも、画像検索と画像比較の技術面のノウハウが公開されたら、意外に簡単に非営利の画像検索サービスが立ち上がるかも知れません。
商品の写真を送ったらその商品の品番や価格などのデータがすぐ判るというサービスは一般企業でも使えそうです。

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/41615.html
画像で検索できる携帯サービス「写リンク」開始

 エブリクス・ジャパンは、カメラ付き携帯電話を使った検索サービス「写リンク」の正式サービスを開始した。

 「写リンク」は、専用アプリを使って撮影した画像を元に検索が行えるサービス。iアプリ、EZアプリ、S!アプリに対応する。街頭広告、雑誌、商品などを撮影するとサーバー側に画像が送信され、画像認識技術によって商品購入ページや情報サイトなど、携帯電話側に検索結果が表示される。これまでiモード向けにのみ公開されていたが、8月にauとソフトバンクモバイルの承認を得て、今回初めてメディアに発表された。iPhone版もまもなく登場する予定。

 2日に行われた説明会では、ファッション誌に掲載された洋服を撮影して商品購入ページへアクセスしたり、映画の予告編動画を撮影して作品の公式サイトにアクセスするといったデモが紹介された。実際のコーラの缶を撮影して、コカ・コーラに関する検索結果を表示せることも可能だという。

 米Evryx社は、NASAの画像認識技術のエンジニアによって2001年に設立された。日本では「写リンク」、海外では今後「SnapNow」の名前で展開される予定。画像の認識率は95%で、コーラの缶など立体物になると精度は80%台になるという。

 説明を行ったエブリクス・ジャパンの代表取締役社長の河合秀義氏は、「写リンク」を新たなマーケティングツールと紹介し、「動画、実物、雑誌でも検索できる。画像検索からの広告モデルだ」とアピールした。アプリはGPSとの連携も可能で、画像を位置情報を組み合わせて、特定のスポット周辺の情報なども検索できるとした。

 なお、画像と検索結果を結びつけるサーバーは、サービス開始当初、広告配信企業などの画像情報とリンクしており、Amazon.co.jpとの連携なども検討しているという。CDやDVDなどの画像を撮影すると、Amazon.co.jpの商品ページにアクセスできるというものだ。河合氏は、サーバーの情報量が拡大されれば、検索ツールとしての価値が高まると話しており、将来的にはあらゆるものが画像で検索できるようにしたいという。

 ちなみに、「写リンク」はこれまでにもOEM供給されており、インデックスの携帯SNS「Gocco」やロッテの「コアラのマーチ」、楽天市場などの販促キャンペーンなどで導入されてきた。「写リンク」を使った販促には、登録するリンク数などに応じた費用がかかる。

 エブリクス・ジャパンでは「写リンク」の知名度向上を図ることで、QRコードのように、携帯電話にプリセットされるアプリケーションとして普及拡大したい考え。2010年を目途に売上げ5億円を目指すとしている。
■ URL
  エブリクス・ジャパン
  http://www.evryx.com/jp/

(津田 啓夢) 2008/09/02 15:27

Posted on 9月 3, 2008 at 12:21 午後 | | コメント (0)

2008.08.22

080822 パソコンはハードディスクからSSDメモリーへ

080822_ssd今日の/.jpの記事です。
Intel、SSD市場に参入
パソコンやデジカメの外付けメモリーはパソコン用にはUSBメモリ、デジカメにはSDメモリーが優勢で、10年位前に各メーカーが一斉に各社の仕様で発表したメモリーカードですが、メモリースティック(ソニー)やxDピクチャーカードなどは次第に市場が縮小し、SDメモリーが2Gbyteの壁をクリアして、SDHC(SD High Capacity)としてどんどん大容量化が進み、デジカメやデジタルビデオカメラの高機能化画素数の拡大との相乗効果で記録容量も16G、32Gとどんどん倍増して、安くなりました。
あとは、パソコンの主記憶装置としてHDDに替わるのが見えてきていますが、今回のIntelの進出はパソコンの主記憶装置もSDメモリー型への移行を速めることになります。

以前書いたようにSDメモリーをSSDとして使う機器もバルクで出回り始めているようですが、色々読んでいくと本来のSSDというのはパソコンのHDDに取って代われるようHDDと同じインターフェースを内蔵したものを指すようです。
しかし、原理としては記録保持用の電源が不要なフラッシュメモリーですから、SDメモリーやSDHCメモリーとも共存して、ますます低価格化が進むことは間違いありません。
来年は256G~512Gbyte辺りまで市販品が出て、普及価格帯として128Gbyteが1万円程度になるかも知れません。

Flash SSD (wikipdiaの解説)
http://ja.wikipedia.org/wiki/Flash_SSD

ComputerWorldJPの解説記事
高速処理と省電力を共に実現する新世代ストレージ「SSD」の可能性
ハードディスクに取って代わるか/企業向け製品でも普及が進むか (2008年04月04日)
http://www.computerworld.jp/topics/itb/102649-1.html


+--------------------------------------------------------------------+
Intel、SSD市場に参入
hayakawa による 2008年08月22日 8:55 の掲載 (ストレージ)
お値段はおいくらでしょうか 部門より
http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=08/08/21/2218245
+--------------------------------------------------------------------+
hide.jikyll 曰く、
The Registerの記事によると、現在サンフランシスコで開催中のIDF(Intel Developer Forum)2008において、IntelがSSD市場に参入することが明らかにされた。ノートPCおよびデスクトップPC向けの製品ライン(1.8イ
ンチの「X18-M」と2.5インチの「X25-M」)は今後30日以内に出荷が開始される。

容量は80GBで、2009年第一四半期には160GBモデルも投入される。また、サーバ向けの「X25-E」(32GB or 64GB)も2009年第一四半期に登場する予定。何でも10本のNANDフラッシュチャネルと32並列オペレーション対応のNCQでパフォーマンスを改善しており、上位モデルの性能は読み出し250MB/s、書き込み170MB/sで、標準モデルは読み出し250MB/s、書き込み70MB/sだそうだ。

残念ながら元記事は価格のことに触れていないのだが、この性能で低価格だったら一気にSSDの普及が進みそ
うだ。

Posted on 8月 22, 2008 at 12:05 午後 | | コメント (1)

2008.08.21

080821 イメージ検索のアイディア

080821_tineye例によって、今日の/.JPに
似た画像を探してくれる検索エンジンTinEye
というのを見て、似た画像を検索するサービスという記事に興味を持ちました。

ユーザー登録して実際に写真をUpload an Imageボタンでアップしてみました。
デモ画像にあるようなモナリザなんかだと当然ヒットしますが、自分の写真などでは当然というか、ヒットしません。
検索は7億件以上のデータを1秒以内にサーチして結果表示しますから、機能的には充分ですが、7億件というのが果たして必要充分かというと、一般の個人画像まで検索対象にするなら、まだまだかも知れません。

きよもりとしては人物の画像を探すようなニーズはまず今後もありませんが、いま一番画像検索で特定したいのは山で見かけた花の名前です。
名前から画像を探すのは比較的簡単ですが、名前が分からない花の場合、自宅にある8冊もの高山植物図鑑を花の色や属で探していますが、これは結構時間のかかる作業で、場合によっては一つの花の名前を見つけるのに30分もかかる場合があります。記憶力もあやふやだし、写真によってはなかなか区別が付かない場合もあり、いつも苦労しています。

今回のサーチエンジンは人物画像、それも著名人だけの画像のようですが、こういった画像のイメージ検索が人物だけではなく、花や景色まで画像から探せるようになれば素晴らしいでしょうね。

TechCrunchというブログに08/05/27にErick Schonfeld氏が書いている記事では、サービスが始まったのは今年の5月からだそうで、データベースは新聞や雑誌の写真を著作権(肖像権?)に抵触しないか確認する目的に利用されているのだそうですから、ちょっと目的が異なります。

googleがこういったイメージサーチに進出したら、一般人の画像も含めてサーチできるようになるかも知れませんが、そうなればなったで先日のStreetViewのようなプライベートの侵害問題になるでしょう。
きよもりのように花の名前を調べるようなサービスならそのような懸念はないんですが、有償サービスにでもしないとコマーシャリズムには乗りにくいですね。

+--------------------------------------------------------------------+
似た画像を探してくれる検索エンジンTinEye
hayakawa による 2008年08月20日 15:25 の掲載 (インターネット)
うまく使うとおもしろそうですね 部門より
http://slashdot.jp/it/article.pl?sid=08/08/20/0311217
+--------------------------------------------------------------------+
あるAnonymous Coward 曰く、
ある画像に似た画像を検索してくれるサーチエンジンTinEyeのベータ版が公開されている。検索キーワードを入力する代わりに画像をアップロードすると、ピクセル単位でのサーチを行い似た画像を探してきてくれる。解像度が異なっていたり、元の画像から切り抜きされていたり、加工・修正が加えられていても拾ってきてくれる。(PC Pro・本家記事より)

著作権保護目的での利用がすぐに浮かぶが、他にも昔の写真に写っている人物の調査や、研究用資料画像の帰属を特定するためなどに使われているそうだ。今後、指定した画像がネット上に見つかった場合ユーザに知らせる機能や、複数画像を一括検索できるバッチ機能なども予定されている。

まだベータ版とのことだが、なかなか期待できるサービスなのではないだろうか。

現時点では使用する際にアカウント登録が必要なようです。登録後、ログインすると使用できるようになります。検索する方法として、画像を直接アップロードする方法と、画像のURLを指定する方法の2種類があるようです。また、Firefox及びIE用のプラグインも用意されています。

Posted on 8月 21, 2008 at 11:51 午前 | | コメント (0)

2008.08.05

080805 携帯用無線LANルーター

080805_phs300今日の日経ITproに
iPod touchやPSPでどこでもネット接続、3G対応の持ち歩ける無線LANルーターが8月末にも登場
という記事があります。
きよもりのIPod touchはインターネット接続には無線LAN接続が必要ですが、通勤経路には無線LANのスポットが少ないので、もっぱら自宅のFONで無線LANに接続するだけで、外出には持ち歩くことがありません。
 この機器を併用すれば、外出先の携帯がつながる場所ならどこでもインターネット接続が利用できそうです。電池の持続時間が3時間では心許ないですが、大容量の充電式電池は手持ちがありますから、その電池も兼用できれば実用上は問題なさそうなので期待したいと思います。でもauではダメかも知れませんね。

iPod touchやPSPでどこでもネット接続、3G対応の持ち歩ける無線LANルーターが8月末にも登場
 通信システム構築を手がけるコミューチュアは2008年8月1日、持ち歩き可能な無線LANルーター「PHS-300 Personal Wifi Hotspot」(写真)を8月末にも発売すると明らかにした。この製品は電池で駆動し、携帯電話の電波が届く場所であれば、どこでも無線LANアクセスを可能にする。通常は無線LAN環境がない場所で、無線LANしか通信機能を内蔵しない機器でインターネット接続する用途に向く。
 PHS-300はUSBポートを搭載し、イー・モバイルやNTTドコモが提供する第3世代携帯電話の通信モデムを接続できる。さらに1800mAhの大容量電池を内蔵。通信し続ける場合で1時間30分、ほとんど通信しない場合で3時間の連続使用が可能だ。携帯電話の電波と無線LANの電波を変換し、いつでもどこでも無線LANスポットを作り出すような装置となる。
 現在、コミューチュアが技術基準適合証明の取得を申請中。順調に手続きが進めば8月末をメドに販売を開始する。価格は1万5000~1万8000円程度を想定しているという。まずはWebサイトなどで直販し、その後、家電量販店などでも販売したいという。
(白井 良=日経コンピュータ) [2008/08/01

Posted on 8月 5, 2008 at 12:36 午後 | | コメント (2)

2008.07.16

080716 集光パネルを使った太陽発電装置

080715_mitnews_solarpanel今日の/.JPに
色素を使った集光パネルで太陽電池が変わる
という記事があります。
絵を見ても何となく判りにくいのですが、通常の太陽発電装置の場合、受光部に半導体パネルを並べて、熱エネルギーに変換する仕組みですが、MITで発明された装置では、通常の窓硝子に、特殊な色素を含む膜状のシートを貼り、集積された太陽光を窓枠の縁にある半導体装置に誘導して熱変換するようです。
日本では、三洋や京セラのようにソーラーパネルをモニュメントやビル側面に設置した景色をよく見かけますし、一般家庭でも、屋根をソーラーパネルにしたり、発電装置を屋上に設置したりした家屋をかなり見かけます。
しかし、都心や、新興都市に林立する高層オフィスビルや、マンションの窓硝子そのものにこのような太陽光収集による発電装置が普及すると、建築段階から地球に優しい建物として、画期的な省エネが実現すると期待できます。
真夏になると窓際では太陽の輻射熱でかなり暑いのは皆さん経験していることですから、これは一石二鳥の効果があるかも知れません。車のフロントガラスなんかにも使えたらいいですね。

色素を使った集光パネルで太陽電池が変わるhylomによる 2008年07月15日 14時23分の掲載
schiavona 曰く、
MITで色素を使った太陽電池パネルが開発された。

この太陽電池パネルは、現在あるような全面半導体でなく、「ふち」だけに半導体があればよい構造だ。MIT News記事内に図解があるが、まず、第1層にある色素が太陽光を吸収して、特定波長の光を放出する。その光はちょうど光ファイバーのようにパネル内を通っていき、パネル端に到達する。したがって、パネル端の極薄い部分に集光できる形になり、「ふち」に受光できる発電半導体があれば太陽電池が完成するという具合である。

新しいパネルは半導体部分が少なくてよく、コスト面でかなり有利だろう。また、太陽光発電所においては、IBM、液体金属で冷却する太陽光発電技術を開発にあるような、集光と冷却に課題があったが、この新しいパネルを使えば、一気に解を与えてしまう構造のように思える。

研究チームでは、構造が簡単であり3年以内に実用化されると考えているそうで、かなり期待したい技術である。

Posted on 7月 16, 2008 at 12:35 午後 | | コメント (0)

2008.07.11

080711 iPhone発売

今朝7:00を皮切りにiPhoneが発売開始ですね。
きよもりは様子見ですが、飛びつかなかった要因は2つ
① 何で今更16G?
 iPodtouchでは既に16Gの上に32Gのメモリーを内蔵して発売されていますから、普及価格帯で一気に市場を押さえるというAPPLEの戦略としか考えられません。モバイルパソコンの代替という主目的から考えると、外部メモリーが使えない現状では、どうしても16Gでは不満です。
② Bluetoothキーボードは?
 今回のiPhoneには携帯並みの日本語入力方式が採用されていて、現行のiPodtouchの文字入力のストレスはかなり解消できるようですが、やっぱり折角Bluetoothを内蔵しているのですから、折りたたみ式の無線キーボードを待望します。
 ちなみにiPhoneの日本語入力方式はタッチパネルだからこその発想で携帯の一歩先を行きますね。これって、iPodtouchでも使えるようになるのでしょうか?

引用記事:
080711_iphone_2
携帯とは少し違う、iPhone 3G の新しい日本語入力方式(動画)
携帯電話では、「あ」のボタンを何度も押すことによって「あ」「い」「う」・・・と入力する文字を選ぶのに対し、iPhone 3G では、「あ」のボタンを短く押すと「あ」、長押しすると「い」「う」「え」「お」が左・上・右・下に表示され、指をスライドさせることで選択する、という方式を採用しています。
youtubeの動画


「iPhone 3G」実機レビュー・日本での実力を徹底検証

Posted on 7月 11, 2008 at 10:27 午前 | | コメント (10)

2008.07.03

080703 白血球を使用した癌治療

080703_worldwired_hayakawabunko例によって今日の/.JPからの引用です。
白血球を使用した癌治療が臨床試験段階に

癌の治療は今のところ患部を除去する範囲から抜けていないように思いますが、この記事によると抗体を持つ白血球を患者の血液中に輸血することで、癌細胞を抹殺するという治療法のようです。

医学的な知識も入院の経験もないので素人考えですが、この記事を読んでいて、40年も前の映画「ミクロの決死圏」を思い出しましたが、同時にいま読んでいるハヤカワ文庫SFのサイボーグ士官ジェニー・ケイシー3部作「HAMMERED」「SCARDOWN」「WORLDWIRED」(エリザベス・ベア作)を思い出します。
この文庫はかなり厚手ですが、SF的要素がてんこ盛りでざっとあげただけでも
宇宙エレベーター、恒星間宇宙船、ガンダムにも出てくる人為的な小惑星の地球衝突、世界規模で意識コントロールできるバーチャル人格、異星人とのコンタクト、等々アニメのガンダムも真っ青の要素がびっしり詰まっています。
いま最終巻の真ん中辺りですから、これから異星人とのコンタクトに挑戦するところで盛り上がっています。
この本の中身をあまり書くとネタバレになりますので、興味のある方は3冊3千円弱の投資をしていただくか、来週以降ならきよもりに本を回すようご依頼下さい。

この本の中で最も大きなキーになるのが「微少ロボット」です。これは人の体内に注入されることによって、患部の治療はもちろん、意識能力の強化やいわゆるテレパシー能力さえ付加させることが出来るオールマイティのスペードのAです。
本を読んでいて、こんなものがあれば病気や怪我の治療には画期的だけど、あくまでもSFの中だけの話と思っていました。「ミクロの決死圏」でも医者や科学者を細胞レベルまで微少化することで患者の患部を治療する話ですが、面白い反面、こんなことが出来るわけ無いと半身に構えながら見ていました。

でも、この記事の内容を見る限り、これは絵空事ではなくて、既にネズミでの臨床実験が成功し実用化に近づいていると云うことですから、素晴らしいと思います。
そういえば、胃カメラの代わりにカプセル型の飲み込むカメラも実用化されているのですね。これは想像の延長線でしたから、あまり驚きませんでしたが、普及はまだ遅れているようです。

+--------------------------------------------------------------------+
白血球を使用した癌治療が臨床試験段階に
nabeshin による 2008年07月02日 14:49 の掲載 (医療)
がん治療最前線 部門より
http://slashdot.jp/article.pl?sid=08/07/02/0323217
+--------------------------------------------------------------------+
capra 曰く、
白血球の顆粒球を使用した癌治療が臨床試験段階に入るとのことです(scientificblogging.com、本家記事)。マウスを使った実験では、癌に耐性を持つマウスから採取された顆粒球を癌のマウスに輸血することで、癌を根絶できることが分かっています。研究を率いているZheng Cui氏曰く、マウスでは進行の速いタイプの大きな悪性腫瘍も根絶することができたので、人間でも同じ効果がでることを期待しているとのことです。さらに、研究では健康な人間の顆粒球の抗癌作用はマウスよりさらに強いことが示唆されているとのこと。なお、臨床実験では500人の健康なドナーの中から白血球の抗癌作用が高い100人をスクリーニングし、癌患者にその顆粒球を輸血するというかたちで行われるそうです。

Posted on 7月 3, 2008 at 12:45 午後 | | コメント (2)

2008.06.30

080630-2 バーチャル窓

【追記」
 娘から携帯で東京自宅屋根裏部屋の天井の写真を送ってきました。
 本当に天井裏ぎりぎりまで本を積み上げていますね。早く片付けなさいよ!→MRT君

【元の記事】
080630_skyfactory先週末6/28の/.JPに
いつでも青空が見られる「バーチャル窓」
という記事があります。
この記事で思い出すのは、きよもりの東京の3階のロフト部屋です。
子供達が大きくなるに伴い、それぞれ自分の部屋をほしがるのは当然ですから、息子が中学校に入る頃に木造二階建ての自宅に3階を増設しました。
屋根裏部屋ですから、当然天井はありませんので、一切間仕切りをせず、14畳ワンルームにして、屋根の裏側には青空に浮かぶ雲の壁紙を全面に貼ってもらいました。
二段ベッドに寝転がって天井を見上げると広い草原で空を見上げているような気分になって結構気に入っていました。今では14畳分すべて息子の書庫みたいになっていて、息子本人でさえ、寝返りが打てない状態になってますけど・・・

記事にも書いてありますが、窓がない事務所や、密閉された空間、それこそ宇宙船の中などにこういった空や雲や木々の緑があると、たとえ写真と判っていても、精神的にはかなりの安らぎの効果があると思います。
今回のは時間やシーズンによってその景色も変化させられるようですから、日本でもそれなりの需要があるのではないでしょうか。

きよもりの屋根裏部屋の写真を送って下さい→夏穂どの

+--------------------------------------------------------------------+
いつでも青空が見られる「バーチャル窓」
hylom による 2008年06月27日 11:45 の掲載 (変なモノ)
宇宙船の天井にもどうぞ 部門より
http://slashdot.jp/article.pl?sid=08/06/27/0242238
+--------------------------------------------------------------------+
insiderman 曰く、
SkyFactory社という企業から、「The Programmable SkyCeiling」というアレゲな照明器具が発売された。 SkyFactory社は青空の写真を照明に仕込んだ、どこでも青空が見られる窓(照明器具?)を作っているメーカーだが
、このThe Programmable SkyCeilingはさらにそれを発展させた製品で、時刻に応じて青空の色や光の強さを自動調整、日の出から日没まで刻々と変わる青空ををリアルにシミュレートしてくれるそうだ。 もしこの照明システムが職場にあれば、憂鬱な仕事でも朝日や夕日を浴びながら明るくこなせるかも?

【東京自宅の屋根裏】
Dc070208Dc070209


Posted on 6月 30, 2008 at 05:09 午後 | | コメント (1)

2008.06.13

080613 iPod touchの可能性

080613_06540001weddingdress080613 iPod touchの可能性080613 iPod touchの可能性脱獄に成功して楽しくなりました。
ビデオカメラで撮影した動画をiPodTouchに取り込んで再生したり(1枚目の写真)、アプリケーションをインターネットで探して①画面のスナップや③音楽の歌詞検索、⑤FONのスポット検索など、2枚目の写真のようにカスタマイズにより機能がどんどん拡大されます。
取り込んだ写真に手書きでメモや落書きしたりすることも出来ます。(3枚目の写真)

しかし、こうやって書いてみると、それがどうしたんや!といった機能ばっかりと言われそうですね。
きよもりの場合、遊びでこの機械を買っていますからこれでよいのですが、Macのようにデザイン、画像作成・編集のような特化された機能をうまくアピールして、ビジネスニーズを掘り起こすのが今後のポケコン+ケータイに進化したPDAの使命ですね。

でもやっぱり仕事だって楽しいのがよいです。

Posted on 6月 13, 2008 at 07:12 午前 | | コメント (0)

2008.06.10

080610-3 ガソリンと水で走るハイブリッドカー

080610_red_scorpion今日の/.JPにガソリンと水で走るハイブリッドカーという記事があります。
何となく読み飛ばしそうな記事ですが、内容を読むと、いまハイブリッドカーの実現に向けて水素ガスの保管・給油?方法が問題になっていますが、この記事では水を補給して、電気分解で水素を生成するシステムを搭載しているのだそうです。
何となく、バックツーザフューチャー(Back to the Future)PartⅠの最後で博士(ドク)が未来から帰ってきて、燃料補給にプルトニウムの代わりにゴミ箱からゴミを放り込むシーンを彷彿とさせました。

+--------------------------------------------------------------------+
ガソリンと水で走るハイブリッドカーが登場

hylom による 2008年06月09日 14:03 の掲載 (テクノロジー)
水と油 部門より
http://slashdot.jp/article.pl?sid=08/06/09/0240223
+--------------------------------------------------------------------+

insiderman 曰く、
米国のオースティンにある、Ronn Motor Campanyが、ガソ
リンと水素を燃料として利用するハイブリッド自動車「Scorpion」を、この秋にも
発売すると発表しました(Ronn Motor Campanyのプレスリリース)。 このハイブ
リッド自動車が画期的なのは、水素タンクを搭載せず、代わりに搭載している水タ
ンクから電気分解によって水素を必要に応じて生成する点です。生成した水素は30
\x{ff5e}40%の割合でガソリンと混ぜて使用するとのこと。水素生成システムは、Hydror
unner社が開発したもので、燃費は1ガロン当たり約40マイル(17km/L)以上とのこ
とです。 また、Scorpionは環境にやさしいだけでなくデザインや性能も優れてお
り、停止状態から時速60マイル(時速96km)まで、3.5秒で加速できるそうです。
価格に関しては不明ですが、面倒な水素の補給なしに水素を燃料として利用できる
というのは、非常に画期的ではないでしょうか。

Posted on 6月 10, 2008 at 11:09 午前 | | コメント (2)

2008.05.23

080523-2 デジカメ用のGPSチップ

今日の/.JPにデジタル・カメラ向け、1mA消費のGPSチップ
という記事があります。
 山での歩行データの記録はGarmin GPS60CSxで簡単に正確に落とせますが、別途写しているデジカメの写真と位置情報をキーにリンクさせることは、MTNさんにお聞きすると現状ではかなり高機能なデジカメ、例えばリコー RDC-i700 model G(208,000円)などにしかできないのだそうです。
デジカメとGPSのトラックデータをリンクさせるには両方に共通して記録させている時間情報をキーにして、カシミール3Dのプラグインを使ってデジカメの写真データに位置情報を追記させます。
きよもりが2、3回挑戦した状況では、手間はかかりますが時計さえ合っておれば、正確に位置情報を記録できます。ただ、現時点では地図情報から写真を表示する形なので、出来れば、写真から地図や記録にリンクできた方がよいような気がして、最近はあまり使っていません。

今回のニュースではデジカメの写真データ自体に撮影の都度位置情報を記録できるようなので、来年後半くらいに実用化されるのを期待しましょう。
記事を読むと複雑そうですが、普段は位置誤差数kmのデータを1mAの微量電流で衛星から受信しておいて、撮影の瞬間に30m~100mAの必要電流を流して正確な位置情報を衛星から取り込むということで、電力の消費を押さえているのだそうです。

080523_gps_chip_2+--------------------------------------------------------------------+
デジタル・カメラ向け、1mA消費のGPSチップ
nabeshin による 2008年05月22日 14:34 の掲載 (テクノロジー)
デジタルカメラにGPSチップが載る日 部門より
http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=08/05/22/0334207
+--------------------------------------------------------------------+
maia 曰く、
英Air Semiconductor社は携帯型電子機器向けGPS受信チップ「Airwave 1」を開発し、検証を終えたと発表した(eetimes.jp:「エア社が1mA消費のGPSチップ開発」、日本語PDFのプレスリリース)。位置情報を得るまでの時間が25ms程度と短く、消費電力も少ないのが特徴。数km程度の精度の「Coarseモード」と、3~4mの精度の「Preciseモード」を使い分け、通常は前者で常時位置を把握し、シャッターを押した瞬間に後者に切り替える。室内では、最後に記録した座標を記憶している。第一世代はデジタルカメラ市場向けで、2009年第3四半期に量産開始予定。 デジタルカメラにはGPSが殆ど標準搭載でも構わないと思っているので、こういう製品は大いに期待したい。なお携帯電話向けは第二世代の「Airwave 2」となる


http://www.eetimes.jp/contents/200805/34685_5_20080520111203.cfm

「EE Times Japan」無料読者受付中!
「位置情報を25msで取得可能」、
エア社が1mA消費のGPSチップ開発 (2008/05/16)
80523_gpschip_photo 英Air Semiconductor社は、位置情報を得るまでの時間が25ms程度と短い、携帯型電子機器向けGPS用受信チップ「Airwave 1」を開発し、動作の検証を終えたと発表した(参考記事)。建物内部でも、位置情報が得られると主張する。GPS用高周波(RF)回路とDSP、マイクロ・プロセッサを集積したもので、受信したGPS信号を基に位置情報を算出して出力する役割を担う。
 今回、GPS衛星をトラッキング(捕捉)して信号を受信する際の消費電流を平均1mAと極めて小さく抑えたことで、「バッテリ駆動型の携帯型電子機器でも常時チップを動作させて、継続的にGPS信号を受信することが可能になった。この結果、極めて短い時間で位置情報が得られる」(同社のCo-FounderでVice President Marketingを務めるStephen Graham氏)とする。しかも、継続的に得ている位置情報はチップ内部のメモリーに記録するため、屋内に入ってGPS信号が受信できなくなった場合でも、最後に記録した位置情報を利用できる。

 同社はまず、潜在的な市場規模が大きいデジタル・カメラ市場に開発品を売り込む。撮影した写真に位置情報を付加するジオタギング(Geotagging)機能に使えるとする。「カメラ・メーカーが長い期間、採用を検討してきた機能であるにも関わらず、現在は特殊用途向けや高級機のごく一部に採用されるにとどまっている」(同氏)。2008年末ころにサンプル出荷を開始し、2009年第3四半期(2009年7月~9月)に量産を開始する予定である。

位置精度の調整で1mA達成
 消費電流を小さく抑えられた理由は、位置精度の高低を調整する仕組みを用意したことにある。一般に、位置精度とGPSチップの消費電流の間にはトレード・オフの関係がある。すなわち、消費電流が大きければ、小さいものに比べて高い位置精度が得られる。
 
 今回開発したAirwave 1では、数kmと低い精度で位置を算出する「コース(Coarse)モード」と、競合他社品と同等の3~4mの精度で位置を算出する「プリサイス(Precise)モード」を用意しており、この2つを使い分ける。デジタル・カメラを例に採ると、通常はコース・モードで動作させておき、撮影ボタンが押されると瞬時にプリサイス・モードに切り替えるといった使い分けをする。これによって、「数時間というオーダーで平均すると、消費電流は1mAと小さく抑えられる」(Graham氏)とする。RF回路とDSPを構成するハードウエア回路のアーキテクチャや、マイクロ・プロセッサで動作させるソフトウエアのアルゴリズムに工夫を施すことで、位置精度を調整する仕組みを実現したという。
 
 現在同社は、携帯電話機などに向けた第2世代品「Airwave 2」の開発を進めている。このチップでは「ホット・ゾーン」と呼ぶ、さらに複雑なモードを用意する。これによって、例えば自宅に近づいたときに携帯型電子機器に何らかの動作をさせるといった、位置情報に基づいたさまざまなアプリケーションを実現できるようになるという。

 なお、「現在市場に投入されているGPSチップでは、GPS信号の受信を始めたのち位置情報が得られるまでの時間である「初期位置算出時間(TTFF:Time to First Fix)」が、長ければ数分程度になる。さらに、建物内部では位置情報が得にくい」(同氏)という課題がある。「消費電流がGPS信号を受信しているときに30m~100mAと大きい」(同氏)ために、位置情報が必要なときにのみチップを動作させて、GPS信号の受信を始める仕組みを採る。従って、GPS機能を利用するたびに利用者はTTFFに相当する時間、待たされることになる。さらに、トラッキングを開始したときに利用者が屋内にいれば、GPS信号を受信することすら難しいという。
(前川慎光)

参考リンク >> 英Air Semiconductor社(ホームページ)
連 絡 先 >> 英Air Semiconductor社の日本代表事務所、電話03-5579-9284

Posted on 5月 23, 2008 at 02:57 午後 | | コメント (0)

2008.05.19

080519-2 Rocket Man

今日の/.JPにスイス人冒険家、翼付きジェットパックで空を飛ぶという記事があります。
翼を持って空を自由に飛び回るのは人類共通の夢ですが、機器の小型化と後続時間の問題はなかなか片付きません。
この記事では最高速度300kmとすごいですが、後続時間は10分程度とありますから、きよもりが昔大和川で飛ばしたロケット推進のグライダーとそれほど変わりません。きよもりが飛ばしたロケットグライダーは100mの大和川を一気に飛び越して、当時堺市側の堤下にあったダイセルの工場敷地に突入しました。
懐かしい想い出です。 

写真中心のAFPBBの記事を引用します。
Afp_bbnews_logohttp://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2391082/2927015
鳥か?飛行機か?スイス人冒険家がジェットの「翼」で飛行に成功 2008年05月15日 09:18 発信地:ベー/スイス
080519_rocket01スイスのベー(Bex)で、世界で初めてジェット燃料を積んだ「翼」を背負っての飛行に成功したYves Rossyさん(2008年5月14日撮影)。(c)AFP/Fabrice Coffrini

【5月15日 AFP】太陽に向かって飛び、近づきすぎたために燃えて地に落ちたイカロス(Icarus)・・・しかし現代のスイス人冒険家は、ジェットの「翼」でテスト飛行に成功し、無事着陸した。

 自称「フュージョンマン」ことYves Rossyさん(48)は14日、スイス西部の小さな町ベー(Bex)の上空2500メートルで、新しいカーボン製の翼を装着して飛行機から飛び立った。5分間飛行した後、パラシュートを開いて着陸した。

 Rossyさんは2004年、初めて「翼」の構想を明らかにした。「翼」は直径2.5メートル。小型ジェットを4機搭載しており、飛ぶ直前に点火する。最高時速300キロメートルでの飛行が可能だが、燃料容量が小さいため最長10分までしか空中にとどまれない。

 ロッシーさんは元空軍パイロットで、現在はスイス・インターナショナル・エアラインズ(Swiss International Air Lines)に勤務する。(c)AFP

+

/.の記事
--------------------------------------------------------------------+
スイス人冒険家、翼付きジェットパックで空を飛ぶ
mhatta による 2008年05月19日 7:00 の掲載 (変なモノ)
飛びます飛びます 部門より
http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=08/05/18/2152253
+--------------------------------------------------------------------+

insiderman 曰く、
「ジェットパック」と呼ばれる、空を飛ぶためのジェットエンジンを搭載したバックパックが各所で開発されているが、このたびスイスで翼付きのジェットパックでの実験飛行がおこなわれ、5分間の飛行に見事成功した(写真付きのAFP BB Newsの記事、Yahoo! Newsの記事)。
このジェットパックを開発したのは、スイス人冒険家の「Fusion Man」ことYves Rossy氏。翼は全長2.5メートルで、ジェットエンジンを4基搭載。飛行テストはスイス西部のBexで行われ、約800メートルの高度まで上昇。360度ロールなども披露し、最高速度は時速300kmにまで達したそうだ。Rossy氏は次はグランドキャニオンを飛びたいということで、翼をより大きくし、より強力なジェットエンジンの搭載を検討しているらしい。
ちなみに、このジェットパックや専用フライトスーツの開発にかかった費用は約28万5000ドル以上とのことで、これがもし製品化された場合、値段がいくらになるかはまったく想像もつかないとのこと。

Posted on 5月 19, 2008 at 12:03 午後 | | コメント (0)

2008.05.09

080509 8倍望遠携帯カメラ

080509 8倍望遠携帯カメラ080509 8倍望遠携帯カメラ昨日予告の通り、携帯電話のカメラにセットする望遠レンズを入手しました。
使用例は写真の通りで光学8倍ですからインパクトは大きいです。
予想されたことですが、携帯とレンズをセットする治具の出来はあまりよくありませんから、気軽に望遠携帯にするには無理があります。
機能的な問題はズームではないから、望遠レンズのピントを合わすのが面倒です。
製造上の問題は付属のミニ三脚の雲台接続の金具が固定されていないので、このままではカメラを立てて使おうとしたら、携帯が三脚からはずれて落ちます。これは恐らく製造工程の手抜きです。→グリーンハウス様

最短で3mだから室内での利用は難しいでしょうが、明日山で使ってみます。
ξきよもり

Posted on 5月 9, 2008 at 01:03 午後 | | コメント (0)

2008.05.08

080508 携帯電話用望遠レンズ

080508_keitaiboen携帯電話用望遠レンズ以前取り上げた話題ですが、ようやく現物が出荷されるそうなので、明日にはレポートが出来るかも知れません。
いま持っている携帯は、そろそろ4年になりますが、最近はブログの投稿用に結構使っています。
携帯ならこその機動性と低解像度ながら写真も添付できる手軽さが便利です。
ただ、カメラのせいなのか、設定が悪いのか判りませんが、携帯で撮る写真はピントが合っていないものが多くて、不満でしたから、この望遠レンズで多少とも緩和されたら嬉しいです。

Posted on 5月 8, 2008 at 02:13 午後 | | コメント (0)

2008.04.21

080421 末はロボコップかガンダムか

080421_hal_2昨日の/.にロボットスーツ量産工場建設に着手というのがあります。
開発会社がサイバーダイン社、ロボット名がHALというのは出来すぎのような気もしますが、以前も取り上げたニュースが実現に向けて一歩前進です。
医療介護や製造業現場での重量物運搬を想定しているそうですが、ロボコップのように無敵の戦士や、ガンダムのように重火器装着によって機動的な武器に繋がる機器ですから、悪用されないよう祈ります。
+--------------------------------------------------------------------+
大和ハウスとサイバーダイン、ロボットスーツ量産工場の建設に着手
Acanthopanax による 2008年04月20日 5:50 の掲載 (ロボット)
量産型 部門より
http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=08/04/19/2046214
+--------------------------------------------------------------------+
MITsu_at_mit-net 曰く、
日経ネットによると、大和ハウス工業とサイバーダインが、ロボットスーツ「HAL」量産工場の建設に着手したと発表したそうです(プレスリリース)。場所はつくば市内で10月に稼働予定。ロボットスーツの量産工場は世界初だとか。介護現場や身障者のリハビリ、製造現場での利用を想定しているとのこと。リース料は個人向けが月額7万円とあるのですが、この値段なら借りてみたい人も多数いるのでは。

080421_cyberdyne_img_logohttp://www.cyberdyne.jp/robotsuithal/index.html
HAL(Hybrid Assistive Limb)について


HAL(Hybrid Assistive Limb)とは、体に装着することによって、身体機能を拡張したり、増幅したりすることができる世界初のサイボーグ型ロボットです。
人が筋肉を動かそうとしたとき、脳から運動ニューロンを介して筋肉に神経信号が伝わり、筋骨格系が動作しますが、その際に、微弱な生体電位信号が皮膚表面に漏れ出してきます。HALは、装着者の皮膚表面に貼り付けられたセンサでこの信号を読み取り、その信号を基にパワーユニットを制御して、装着者の筋肉の動きと一体的に関節を動かすのです。これによって動作支援が可能になります。
生体信号から人間の意思を先取りし、人間の思い通りに動く「随意的制御システム」だけではなく、人間のような動作を実現することができるロボット的な「自律的制御システム」の二つの制御系が混在したサイボーグ型ロボットです。
生体電位センサの他にも、関節角度を測定する角度センサ、重心の位置を検出する床反力センサ等が取り付けられています。
HALの応用分野は幅広く、医療福祉分野ではリハビリテーション支援や身体訓練支援、身体機能に障害がある方への自立動作支援、介護支援、工場などでの重作業支援、災害現場でのレスキュー活動支援、エンタテイメントなど、幅広い分野での適用が期待されています。

HAL-5スペック表
サイズ  人体装着型 高さ1,600mm
重量  全身一体型約23kg、下半身型約15kg
動力(電気)  充電用100V バッテリー駆動
稼働可能時間  約2時間40分(バッテリー交換で連続使用可)
動作  立ち上がり・座り、歩行、階段昇降、パワースクワット、リハビリテーション動作、重量物保持・運搬など。さらに進めば、遠隔リハビリも可能。
操作  装着者が操作、遠隔のオペレーターが操作。
使用環境  屋内外日常生活環境

Posted on 4月 21, 2008 at 10:00 午前 | | コメント (2)

2008.03.07

080307-2 ドラミちゃんならぬドレミくんとは?

080307_doremikun今日の/.JPに「アレゲながっきのおまけつき!「小学一年生」4月ごう、ぜっさんはつばい中!!
」という記事があります。
記事を読んで、「ゆびピアノ」という文字が気になって見に行きました。
「小学一年生」のサイト(音声注意)
ヘ~!
これってバーチャルキーボードですね。
でも5本指でどのようにして7音階出すんでしょう?
ピアノ好きのJNKさんは指も細いから小学一年生になったつもりで買ってあげます。

+--------------------------------------------------------------------+
アレゲながっきのおまけつき!「小学一年生」4月ごう、ぜっさんはつばい中!!
http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=08/03/06/0353203
+--------------------------------------------------------------------+
Nuisan 曰く、
恐るべし「小学一年生」-NextReality経由で知りましたが
、タレコミ人を含む皆様の多くもお世話になったでありましょう小学館発行「小学
一年生」、その最新号(4月特大号)には何と、手指に装着すると「どんな ばし
ょでも ひけちゃうよ!」という触れ込みの、「ドラえもん どこでもゆびピアノ
ドレミくん」なるアレゲな楽器がおまけでついてくるようです。
「小学一年生」のサイト(音声注意)で演奏の実演動画が見られるのですが、想像よりはるかに
まともな演奏だったので、楽器にうといタレコミ人は大いにびっくり&感心しまし
た。このおまけをきっかけに多くの小学一年生がアレゲな世界に足を踏み入れてく
れれば、/.Jと日本の未来は明るい!?

Posted on 3月 7, 2008 at 11:46 午前 | | コメント (0)

2008.02.27

080227-2 ロボキャッチャー

080227_robot_mmi_robo_07今日のITmedia NEWSに2足歩行で景品つかめ! ロボットベンチャーの起死回生策というのがあります。

起業以来、数台しか売れなかった65万円の2足歩行ロボット。どうすればもっと売れ
るのか――思いついたのは、クレーンゲームに応用するというアイデアだった。

という見出しにひかれて見せていただきましたが、百聞は一見にしかず、YouTubeの動画を見て納得してください。
何となくユーモラスで、可愛いですね。
ゲーセンとかには行くことがありませんが、機会があったら現物を見てみたいものです。

2足歩行で景品つかめ! ロボットベンチャーの起死回生策 (1/2)
起業以来、数台しか売れなかった65万円の2足歩行ロボット。どうすればもっと売れるのか――思いついたのは、クレーンゲームに応用するというアイデアだった。
2008年02月27日 11時17分 更新

ロボットの高さは約30センチ。アームの幅は店側が128段階から設定できる 秒速10センチで歩く、2足歩行ロボ。ゆっくりと景品に近づいて抱え上げ、穴に運んで落とす――「ロボキャッチャー」は、身長約30センチのロボットを、ボタン操作で動かして景品を取るというクレーンゲームだ。

 福岡市のロボットベンチャー・メカトラックスが開発した。創業者の1人で、2足歩行ロボットの競技大会「ROBO-ONE」で2連覇した経験を持つ古賀俊亘さんが技術開発リーダーを務める。

ロボキャッチャー。左端の穴まで景品を運んで落とす 起業は2005年12月。古賀さんがROBO-ONEで使った2足歩行ロボットを改良した「KRB-1」を販売してきたが、価格は65万円と高価で、これまでに売れたのは5台ほどだ。

 KRB-1は、ロボット用のOSやマイコン基板などを搭載して検証するプラットフォームとして、大学の研究機関などで使われている。「趣味で欲しいという人もたまにいたが、一般向けには売れなかった」と、もう1人の創業者・永里壮一社長は話す。

 どうすれば売れるのか。同社が思いついたのは、アミューズメント施設向けの製品に応用するというアイデアだった。

「ベンチャーが作った1500万円のゲーム機なんて買わない」

「社員は4人、アルバイトが1人。わたし以外は皆、開発者です」と永里壮一社長 コントローラーでロボットを操り、ステージ上で戦う――最初に企画したのはそんなゲーム機だったが、試算すると売価は1500万円にもなった。ゲームセンターに話してみたが、「セガやナムコが作った機械ならともかく、ベンチャーが作った1500万円のゲーム機なんて買わない」と言われた。

 次に目を付けたのが、クレーンゲームへの応用だ。「全く新しいものを作るより安く開発できる」と思ったからだ。

 永里社長によると、全国のクレーンゲーム機による売り上げは年間約2000億円。ゲームセンターの売り上げの3割ほどを占めているという。

 「クレーンゲームはゲームセンターの主力商品だが、差別化が難しい。景品で差別化するのではなく、ロボットを使った新しいゲーム機を作れば、ゲームセンターが受け入れてくれるんじゃないか」

“手作り”の試作機

AOU2008アミューズメント・エキスポ(今年2月)の様子 試作機は2006年秋ごろから作り始めた。中古のクレーンゲームを購入し、ホームセンターで買ってきた蛍光灯やベニヤ板、布で装飾した。

 ロボットはKRB-1を改造したブラックボディ機。長時間稼動に耐えられるよう、関節のモーターをより耐久性の高いものに変更した。自由度は19と、KRB-1の21より減らしてコストダウン。身長はKRB-1より7センチ小さい約30センチで、毎秒10センチで歩く。

 アームの長さは約20センチ。景品をつかむ際のアームの開き具合は、ゲームセンター側に128段階から調節できるようにしてもらった。持ち運べるのは最大200グラムまでの景品。背面でケーブルとつながっており、ゲーム機の外からボタンで操作できる。

 試作機には不具合もあった。景品を持ったまま歩くとロボットがバランスを崩す、床にすべって転倒する、アームにケーブルがからまる――などで、何とか修正して「AOU2007アミューズメント・エキスポ」(昨年2月)に間に合わせた。

 「半信半疑で出展したけどかなり評判が良かった。20~30代のゲーム好きの男性にうけるかと思っていたら、女性からも『かわいい』と想定外の人気だった」。ロボキャッチャーに1時間待ちの行列もできたという。

 「これは良いアイデア」「キャタピラで動くロボットかと思ったら、2足歩行とは」――ゲームセンター側からの評価も高く、手ごたえをつかんだ。

アミューズメント・エキスポに出展したことがきっかけで、投資ファンドから開発費の出資も得られた。製造メーカーも決まった。

 昨年12月、製品版のロボキャッチャーを50台出荷した。価格は198万円で、一般的なクレーンゲームの2~3倍だが、生産が追いつかないほど注文が来ているという。初年度の販売目標台数は200台だ。

 「150万円くらいまで価格を下げればもっと売れる」とゲームセンターから言われたが、「ロボットの関節のモーターの価格が高いから、価格をあまり下げられない」

いざ挑戦!

永里社長も挑戦するも獲れず、がっかり 記者もロボキャッチャーに挑戦してみた。操作ボタンは、前進、後進、右旋回、左旋回、つかむ、はなすの6つ。制限時間は店側が設定できる仕組みで、記者が試したときは1分だった。景品は20センチくらいのスヌーピーのぬいぐるみだ。

 永里社長によると、1カ所にかためて置かれた景品より、景品の山から離れた場所に置かれたものの方が取りやすいとのこと。穴の近くのぬいぐるみに狙いを定めた。

 ロボットをスヌーピーの頭側に周りこませ、抱え上げたが、ほかのぬいぐるみにつまずいて転倒。もう一度チャレンジするが、今度はうまくつかめない。あと20秒。最後にスヌーピーの足をつかもうとしたが、ロボットのアームが空を切った。

 残念! ぬいぐるみを取れず悔しかったが、倒れても自動で起き上がるロボットがかわいらしく、女性に人気があるというのも分かる気がした。

「ロボキャッチャーの楽しさを知って欲しい」とYouTubeも活用

穴まであと少し! 「珍しいクレーンゲームなので、お客さんは最初おっかなびっくりという感じ。気軽にトライしてほしい」――ロボキャッチャーの楽しさを知って欲しいとの思いから、YouTubeでロボキャッチャーの試作機の動画を公開している。

 今後は、人が近づくとセンサーが感知して、ロボットが手を振る、というデモ機能を追加。客がいなくなると、ロボットが自動で景品を並べる機能も追加したいという。

 ロボキャッチャーで、ロボットの新技術も試していく予定だ。「ロボキャッチャーなら失敗しても面白いから、技術をテストするのにちょうどいい」

YouTubeの動画 ロボットがゲーム機に応用できることが分かった今、「ロボキャッチャーを作る前に考えた、ロボットを戦わせるゲーム機も実現させたい」と永里社長の夢はふくらむ。

[宮本真希,ITmedia]
Copyright© 2008 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Posted on 2月 27, 2008 at 05:44 午後 | | コメント (0)

2008.01.28

080128-2 iPodTouchは今が買い時

080128_ipodtouch_00以前から時々取り上げている iPod Touchですが、ファームウェアが更新されているようです。
元々からアメリカで先行発売された iPhoneのクローンですから、電話機能を含めて期待大でしたが、メール機能や、googleMapの表示など、携帯に近づいてきました。
携帯でもほとんど電話としては使わないきよもりにとっては、携帯を持つ意味がだんだん薄くなっていきそうです。
様子を見ておられた方々にとってもiPodTouchは今が買い時でしょう。

レビュー2008年01月25日 11時44分 更新
Itmedia_plusd_lifestyle_logoiPod touch「8つの新機能」をチェックする

アプリケーションが追加されiPhoneとほぼ同等の能力を持つに至った「iPod touch」。アプリ追加&ファームアップで利用可能になる8つの機能をチェックしてみた。
 iPod touchに「1月のソフトウェア・アップグレード」が登場した(関連記事)。ファームウェアアップデートと有料のアプリケーション追加で、iPod touchの機能を最新iPhoneと同等にするものだ。両製品はカメラと携帯電話以外は同等の能力を有しているはずであるが、iPhoneを使えない日本においては非常にありがたいこと。

これで何ができるようになるのか、ざっと挙げる。

1.歌詞表示が(やっと)可能になった
2.ホーム画面のアイコンを自在に並べ替えられるようになった
3.SafariからWebページをホーム画面に張り付けられるようになった(Webクリップ機能)
4.メール機能がついた。それに伴って、写真やWebページをメールで送れるようになった
5.Google Maps機能がついた
6.メモ帳が(やっと)使えるようになった
7.天気予報を見られるようになった
8.株価チェック

4~8はiPhoneですでに実現されていたものであるが、使えるアプリがいきなり増えたのは素晴らしいことである。これなら、無線LANの電波さえ捕まえればiPodを越えた幅広い使い方が可能になるってもんだ。
以下省略

ニュース2008年01月16日 04時41分 更新
iPod touchに5つのアプリケーションが追加

iPod touchにMailを始めとした5つのアプリケーションが新たに用意される。有償のアップグレードサービスも用意される。
 米Appleは1月15日(現地)、開催中のMacworld Conference & Expo 2008にてiPod touchに5つのアプリケーションを新たに用意すると発表した。基調講演を行った同社CEO スティーブ・ジョブズ氏が明らかにした。

 追加されるのはMail/マップ/天気/株価/メモの5つで、1月15日以降に出荷されるiPod touchにはこれらアプリケーションがプリインストールされている。以前に出荷された製品を対象としたアップグレードサービスも用意される。アップグレードはiTunes Storeを利用し、価格は2480円。

 MailはHTMLメールならびにPDF、Word、Excelの閲覧も可能。マップはGoogleマップを利用し、地図表示のほかナビゲーションも行える。天気は向こう1週間の天気を、Stocksは任意の銘柄について日/週/月/半年/1年/2年足を表示できる。メモはメモを取るほか、ToDoリストの作製も行える。

 このアップグレードを実施することで、Webクリップとホーム画面のカスタマイズ機能も追加される。ホーム画面のカスタマイズでは、Dockをカスタマイズするほか、Webクリップを配置することでワンタップで任意のサイトへアクセスできる。また、同時発表されたiTunesを利用してのムービーレンタルも利用できる(米国のみ)ようになる。

Posted on 1月 28, 2008 at 12:10 午後 | | コメント (0)

2008.01.23

080123-2 巻き取り式ディスプレイ発売

080123_makitoridhisuplay今日のITmediaに「巻き取り式ディスプレイ付き携帯、2008年半ば発売へ」という記事がありました。

この記事によると
Philips傘下のPolymer Visionは、名刺2枚分サイズの画面を巻き込んで収納できる携帯電話を発表した。iPhoneやKindleの手ごわいライバルになりそうだ。(ロイター)
2008年01月22日 15時15分 更新

とあり、実際に画像を見るとどこかで見たことあるなと思い、自分の過去の書き込みを探しました。
ありました!
070209-2 巻き取り式ディスプレイ
丸1年前の記事でまさに同じ写真ですが、予告通り08年に発売ですね。
でも、例によって日本での発売には触れていません。
携帯の日本と日本以外との壁は相変わらずのようです。

【ITmedia 記事引用】
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0801/22/news105.html
ニュース
巻き取り式ディスプレイ付き携帯、2008年半ば発売へ
Philips傘下のPolymer Visionは、名刺2枚分サイズの画面を巻き込んで収納できる携帯電話を発表した。iPhoneやKindleの手ごわいライバルになりそうだ。(ロイター) 2008年01月22日 15時15分 更新

 オランダのPolymer Visionは携帯電話サイズの端末に名刺2枚分の大きさのディスプレイを組み込むことに成功した。それを可能にしたのが、使わないときには巻いて収納できるディスプレイだ。

 この携帯端末「Readius」に搭載される5インチ(13cm)のディスプレイは世界で初めての巻き取り式となっており、ニュースやブログ、メールを読む際には広げて用い、それ以外のときにはコンパクトに巻き取ってポケットに収まる大きさにできる。

 Polymer VisionはオランダのPhilipsからベンチャーキャピタルの出資を受けてスピンアウトした企業で、Philipsは現在もPolymer Visionの25%の株式を所有している。Polymer Visionは2年ほど前にこの端末のプロトタイプを披露し、ガジェット愛好家の好奇心をかき立てた。同端末は現在製造中で2008年半ばのリリースが予定されており、米Appleの携帯端末「iPhone」やAmazonの電子書籍リーダー「Kindle」との競合が予想される。

 「電子読書を楽しむための大型ディスプレイ、電子読書に適した長時間のバッテリー駆動、ハイエンドな接続性を、携帯電話のフォームファクタと重量で実現している」とPolymer VisionのCEO、カール・マックゴールドリック氏は語っている。

 「われわれの狙いは電子読書を携帯電話の世界にも拡大することだ」と同氏。

 マックゴールドリック氏はReadiusの価格については明言を避けたが、通常のハイエンドな携帯電話と同程度の価格になるだろうと語っている。

 また同氏によると、動画を再生できる8インチのカラーディスプレイを搭載した携帯電話は彼にとって「夢のデバイス」であり、同社はそうした端末も5年以内に開発する計画という。

 AmazonのKindleと同様、Readiusはいわゆる電子ペーパー型のディスプレイを搭載し、紙の印刷物のような読みやすさで白黒テキストや画像を表示できる。

 またこの端末は通常の音声通話に使用できるほか、第3世代(3G)携帯電話網を介して高速データ通信でインターネットにも接続できる。

 現在Polymer Visionはこの端末の販売をめぐり、小売業者や携帯電話事業者と交渉を進めているところという。AppleのiPhoneと同様、この端末は携帯電話事業者にとって、音声通話よりも収益性の高いデータ通信の利用を促進するチャンスとなる。

 ユーザーは自宅のコンピュータを使って、メールアカウントやニュースソース、ポッドキャスト、オーディオブック、ブログフィードなどを設定し、情報が更新されるたびにReadius端末に最新のデータが送信されるようにすることが可能だ。

 直接Webを閲覧させるのではなく、こうしたアプローチを選択した理由について、マックゴールドリック氏は「その方がモバイル環境をシンプルにできるからだ」と説明している。

 「この手の端末には50個もの操作ボタンを搭載するものもあるが、Readiusには操作ボタンは8個しか付いていない」と同氏は語り、さらに今後のモデルにキーパッドを追加する計画も明らかにしている。

Posted on 1月 23, 2008 at 07:09 午後 | | コメント (2)

2008.01.15

080115 携帯型プロジェクター

080115_miniprojecter先週末、1/12の/.に携帯型プロジェクタが数ヶ月以内に発売?という記事があります。

液晶プロジェクターは10年以上前から会社では導入を始めました。その後、年々表示解像度が上がっていますが、それを理由にしてか、なかなか20万円前後から価格が下がりません。
ビジネスでは会議等での利用機会が増えて、現在では社内でも各部署で導入が当然になっています。

この市場には、きよもりも東京の自宅で購入した家庭用の液晶プロジェクションというのがありますが、どうしても明るい室内では画像の再現性に遜色があり、なかなか個人市場では広がりが見られません。

今回の記事では携帯電話程度の大きさまで小さくなっていますから、あくまでも2、3名のグループでオフィスや自宅の壁面などの投影するには最適な機器になるでしょう。
解像度はまだVGA程度のようですが、これも数年以内にはフルハイビジョン並になるでしょうから、DVDで映画を楽しめるようになるかも知れません。でも、パソコンがないと駄目だから、折角プロジェクターを使うのですからやっぱり少なくとも50インチ程度の大画面にきれいに写って欲しいですね。

【/.の記事】
+--------------------------------------------------------------------+
携帯型プロジェクタが数ヶ月以内に発売?
nabeshin による 2008年01月11日 10:54 の掲載 (モニター)
携帯に内蔵していたTIのDLPはどこいった 部門より
http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=08/01/11/0125206
+--------------------------------------------------------------------+
k_f 曰く、
本家でも記事になっているが、米国3Mがマッチ箱サイズで厚さ1/2インチ未満のプロジェクタを発表した
本家記事が参照しているPC Proの記事 によれば、明るさは8~10ルーメンで解像度がVGA、50インチ(状況がよければ60インチ)まで拡大できるという。消費電力の面でも、携帯電話レベルのバッテリーで連続2時間動作が可能だそうだ。またAFP BBの記事では、実際に動作しているらしいミニプロジェクタが紹介されている。今後数ヶ月以内に「リーズナブルな値段で」商品化されるとのこと。さて、どんな形の商品になるのだろうか?

【AFP BBの記事引用】
http://www.afpbb.com/article/economy/2334100/2505788
家電見本市で注目される携帯型ミニプロジェクター
2008年01月09日 14:26 発信地:ラスベガス/米国

【1月9日 AFP】米ラスベガス(Las Vegas)で開催されている世界最大の家電見本市「2008国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で、動画やGPS画像を机や壁に投影できる携帯型プロジェクターが出品されている。新しいプロジェクションテクノロジーに注目が集まっている。

 プロジェクターはマッチ箱大で、携帯電話、MP3プレイヤー、携帯GPSナビゲーション装置に対応し、インターネット上の動画やテレビ番組、画像など好きな場所に投影できる。プレゼンテーションや商品のプロモーションにも有用だ。

 スリーエム(3M corporation)のグレッグ・ロバーツ(Greg Roberts)氏は、「動画や画像を2人以上で見たいときに役に立つ」と語る。同氏によると、この端末は既存のテクノロジーを組み合わせるだけで実現可能なため、数か月以内に「リーズナブルな値段で」発売される見込みという。ちなみに同社の製品は発光ダイオードと液晶ディスプレイが使用されている。

 ミニプロジェクター市場は今後4年間で爆発的に拡大すると複数の専門家は見る。ある専門家は、「安価かつ省電力で大きな画面を提供する。しかも小さく軽量だ」とその要因を分析する。

 ディスプレイ市場のリサーチ会社Pacific Media Associatesは、省電力ミニプロジェクターの売上台数は2011年までに650万台に達すると予想している。(c)AFP/Glenn Chapman

Posted on 1月 15, 2008 at 11:47 午前 | | コメント (0)

2008.01.10

080110-3 自動車の自動運転実現

1/10の/.にGM、運転不要な車を2018年までに販売準備という記事があります。

きよもりが最近読んだいくつかの記事からも、自動運転や無事故運転は現在の技術の延長線上に実現可能性があるように思います。
記事1.車車間通信システム NECのユーザー誌「コンセンサス」08/01~02月号 P24P25
 この記事は各車両から電波を発信して、他の車のセンサーで感知し、車間を一定にたもつ技術の紹介です。
記事2.飲酒運転は自動車のエンジンがかからない 週間 東洋経済 08/01/12号
 この雑誌の「格差なき成長は可能だ!『北欧』はここまでやる」という特集の中に、運転者は乗る前に車に備え付けられた感知器に息を吹き付けてアルコール濃度が合格しないとエンジンがかからない、という車が紹介されています。
記事3.改正道交法により飲酒運転事故約28%減 産経ニュース 07/12/27
 罰則が厳しくなって飲酒運転の摘発も事故も減っているそうです。でも「死亡事故は94件あり、昨年を3件上回る結果」とありますから、それでも悲惨な事故はなくなっていません。

10年後にGMが自動運転自動車を発売すると云うことは、トヨタでもすでに技術は持っているのでしょうから、4年前にも書いたように、利益に走って投資回収を優先しているとXEROXの轍を踏むことになりますよ。

【/.記事】
GM、運転不要な車を2018年までに販売準備
http://slashdot.org/articles/08/01/08/210246.shtml本家のネタとなっているが、GMの研究開発部門のvice presidentが、 http://ap.google.com/article/ALeqM5gX_0j9c5xALZczXkvPXQaZlMOnRQD8U0LUMO02018年までに運転不要な自動車の販売準備ができるとAPのインタビューに応えたらしい。安価なコンピュータチップとアンテナを使って各車両を結ぶネットワークを作り、動作を制御するようだが、 2015年までに必要な技術のテストを行い、2018年までに実際に販売という計画のようだ。
漠然とした内容だが、販売台数ではTOYOTAに追い越され、米国の自動車メーカーには次の利益の源泉が求められている状況からすると、現状を打開するためにこうした驚くような技術を開発してくるかもしれない

【NECのユーザー誌コンセンサス】
0801_02_consensus_car1

0801_02_consensus_car2


【東洋経済の表紙】
080110_toyokeizai080112

Posted on 1月 10, 2008 at 12:10 午後 | | コメント (0)

2008.01.07

080107 iPhoneはブレイクする!?

080107_ipodtouch080107_bose_sounddock080107_nikeheadphoneiPod touchはきよもりの自宅でもようやく市民権を得て、定着しつつあります。
定着の最初のキッカケは、FONへの加入
FONは公共のアクセスポイントを公開する代わりに、無線の個人用アクセスポイントが設置されますから、自宅でのiPod touchやDS LightのWi-Fi接続環境が提供されます。無線のルーターを買うことを考えたら3千円程度ですから安いです。これで自宅でいつでも好きなだけインターネット接続して、ネットサーフィンやG-mail閲覧が出来るようになりました。

次の環境改善は、一昨日(1/5)、APPLE StoreからBOSEのSound DockとNike Headphoneが到着
BOSEのスピーカーは高いですが、小型でも音はよいので\46,200の投資もやむを得ないし、iPod touchを外で聞くにはやっぱり耳に負担が少ないHeadPhoneが欲しいところです。
これで、iTuneとのリンクも簡単になりました。

そのような状況下ですが、本国では昨年9月から発売されているiPhoneの日本での発売に関する日経ビジネスの記事が出ています。

これによると、日本では必ずしもiPhoneは成功しないとの観測ですが、きよもりは逆に売れないはずはないと思っています。
電話機能の付いていないiPod touchを触って見ると気付きますが、この操作感覚は今までの携帯電話や携帯情報端末(PDA)、ノートパソコンとは一線を画するものです。
直感的な操作性はどちらかといえば、DS Lightに近いかも知れません。
DSのタッチパネルとの違いは、DSを含めた通常のタッチパネルは一点のセンサーしか付いていないのに、iPod touchのマルチタッチインターフェースは、指を2本使って指の動作を認識します。その為、タッチペンや手袋をしていては感知しません。
そういえば、「プレイステーション・ポータブル(PSP)」でIP電話ソフト「Skype」を利用可能にする という記事も今日の日経IT proにありましたが、個人的には、ゲーム機と携帯、PDAの区別はこの1、2年で無くなっていくと思っています。
BusinessWeek誌の記事が本当か、きよもりの予言が本当かは時間が答えを出してくれるでしょうが、iPhoneが日本で成功しないとしたら、ユーザーのせいではなく、NTT、au、Softbankの三すくみ寡占市場と互換性のないローカルな通信規格が枷になるからでしょう。

Nbonlinelogo
日本にアイフォンは必要か?

ケータイ先進国の消費者はそっぽを向くかも 2008年1月7日 月曜日
Kenji Hall (BusinessWeek誌、東京支局テクノロジー担当記者)
米国時間2007年12月20日更新 「Does Japan Need the iPhone? 」

 「iPod(アイポッド)」は日本でバカ売れだ。ならば「iPhone(アイフォン)」だって歓迎されないはずがない――。
 米アップル(AAPL、本社:カリフォルニア州クパチーノ)のアイポッドが日本で収めた成功を考えれば、同じ遺伝子を持つハイテク携帯電話、アイフォンも大ヒットするだろうと考えたくなるのも無理はない。

 なにしろ、アイポッドは日本の携帯メディアプレーヤー市場で約50%のシェアを占めている(市場調査会社BCN<本社:東京>の調べ)。センスが良くて、カッコいい、なおかつ使いやすい携帯機器のメーカーという、アップルが入念に築き上げた企業イメージも有利に働くに違いない。

日本のユーザーはさほど驚かない
 だが2008年に世界で最も進化した日本の携帯電話市場に参入すれば、9800万人ものユーザーを満足させるのは一筋縄ではいかないことが分かるだろう。例えば、ほかの国と違って日本のユーザーはアイフォンのハイテク機能にさほど驚くことはないだろう。

 国内の大手携帯端末メーカー10社は、既に10機種以上の端末を投入している。一般に価格は数百ドルで、電子メールの送受信、インターネットの閲覧、動画撮影もできるカメラ、テレビ番組の視聴といった機能を備えている。位置情報が得られるGPS(全地球測位システム)機能は大半の機種に搭載されており、クレジットカードや通勤定期を兼ねたり、指紋認証や顔認識で個人データを保護したりするものもある。

 またアイフォンの現行機種は、日本の先進3G(第3世代)ネットワークでは使えない。スティーブ・ジョブズCEO(最高経営責任者)率いるアップル経営陣が来年新たにアイフォンの高速3G対応機種を発売するとの噂もある。だがそれで日本の消費者が満足するかといえば、アナリストは懐疑的だ。

 アイフォンの現行機種の特長は、3.5インチのタッチパネルのほか、米グーグル(GOOG)の動画共有サイト「YouTube(ユーチューブ)」や地図サービス「Google Map(グーグルマップ)」といったオンラインアプリケーションに接続できる点のみ。ほかの機能は既存の端末とさほど変わらない。

ジョブズ氏と中村雅夫NTTドコモ社長が会談、その中身は?
 日本の端末の方がアイフォンよりも技術的に優れており、アイフォンの一部機能は必ずしも有用とは言えない。例えば、無線LAN(構内情報通信網)の標準規格である「WiFi(ワイファイ)」によるネットワーク接続機能は大して役に立たない。ワイファイを利用できるホットスポット(短距離の高速無線LAN接続サービス)を提供している店は国内にほとんどないからだ。

 「あまり売れそうにない」と、スイスの金融グループUBS(UBS)傘下のUBS証券でマネージング・ディレクターを務める乾牧夫氏も否定的だ。日本の消費者はアイフォンの価格の高さと貧弱な機能にそっぽを向くのではないかと見ている。

 アイフォンが“受ける”としたら、オオハシ・ケイコさん(32歳)のような消費者だろう。営業部長をしているオオハシさんはアイポッドのユーザーである。国産の携帯電話は余計な機能が多すぎると感じている。望んでいるのは、パソコンと同じ配列のキーボードとブラウザーを備えた端末だ。「アイフォンが発売されたら、ぜひ買いたい」と言う。

 その望みはかないそうだ。ジョブズ氏は先頃、アイフォンの日本市場投入に向け、携帯電話サービス国内最大手NTTドコモ(DCM)の中村維夫社長と会談した。アップルの目当てはドコモの高速3Gネットワークだけではない。その販売力とマーケティング力にも期待をかけている。ドコモと手を組むことで、年間約5000万台という市場規模を誇る日本の携帯電話市場に食い込むことが容易になる。また2008年までのアイフォンの世界販売目標1000万台の達成も見えてくる(10月22日までの販売台数は140万台)。

ドコモとの交渉は難航する可能性が高い
 しかし業界幹部は、この交渉は難航する可能性が高いと見ている。ドコモは会談の詳細を明らかにしていないが、ジョブズ氏はアイフォンの加入者からの通信料収入の一部を支払うことをドコモに強く要求していると報じられている(アップル幹部からのコメントは得られなかった)。ドコモ幹部はこれに断固として抵抗すると見られる。アップルの要求に応じれば、ほかの端末メーカーも便乗してもっと有利な条件を引き出そうとしてくるからだ。

 またアップルは、米国でアイフォンを独占的に扱う米AT&Tと同様に、自社のオンライン楽曲ストア「iTunes(アイチューンズ)」を通じてアイフォンの利用開始手続きを行うよう提案している。この案にもドコモが難色を示す可能性がある。

 現在、ドコモの携帯電話の利用開始手続きができるのは正規のドコモショップだけだ。アイフォンユーザーがドコモショップに行かなくていいということは、ドコモ独自のポータル(玄関)サイト「iモード」や、iモード経由で提供されている音楽、ショッピング、投資などのサービスも利用されなくなる可能性が出てくる。

 こうした利益率の高いサービスからの収入を奪われたら、ドコモは無線ネットワークの基地局やサーバーを管理する単なる接続業者になってしまう。「そうなれば、ドコモは“パイプ”を張るだけの会社になってしまう。それだけは避けたいはずだ」と、ある通信業界幹部は匿名を条件に語る。

 選択肢はほかにもある。例えば、MVNO(仮想移動体通信事業者)契約を締結し、ドコモがアップルに帯域を貸し出すというものだ。ただしその場合、アップル側の負担は大きい。音声通話とデータ送信処理のためのデータセンターを設立するだけでも、少なくとも3000万ドルという多額の費用がかかる。また自前の無線事業の運営管理のため、現地スタッフの雇用も必要となる。

 あるいは、ドコモはアイフォン利用者からの通信料収入の一部をアップルに支払い、アップルは帯域料をドコモに支払うという折衷案も考えられる。

 いずれにせよ、妥協点を見いだすにはまだしばらく時間がかかりそうだ。

c 2007 by The McGraw-Hill Companies, Inc. All rights reserved.

Posted on 1月 7, 2008 at 01:59 午後 | | コメント (0)

2007.12.26

071226 タケコプター

071226_takekoputer トレンドウォッチャーといえば聞こえはよいのですが、きよもりの場合は対象がいつまでも子供っぽくて、なかなか乳離れできません。
でも、子供達が小学生の頃、一緒に見たTVやアニメの影響は彼女・彼達だけでは無く、その親たちにも大いにトラウマとして残っているのではないでしょうか。
ガンダムやマジンガーZ、このドラえもんもみんな夢中になって一緒に見ていましたね。
だから、30年前の当時、このようなおもちゃが出ていたら当然買っていたのでしょうから、今買うのには何の抵抗もありません。

Itmedia_plusdmobile_logoドラえもん、タケコプターでヘリコプターになる 2007年12月25日 19時12分 更新

 エポック社がラジコントイ「ドラえもん ひみつ道具 空飛ぶタケコプター」を発売。「のび太の町」もついてくる。
071226_takekoputer01 エポック社は12月25日、「ドラえもん ひみつ道具 空飛ぶタケコプター」を2008年2月23日より販売開始すると発表した。価格は7329円。
 タケコプターを装着する体感ゲーム(?)、「ドラえもん 体感タケコプター! ~空とぶ大冒険~」(→ドラえもんの道具で1番欲しかったアレ)とは異なり、タケコプターを装着したミニチュアのドラえもんを操作できるヘリコプター型トイ。
 ヘリコプターはラジコンの中でも操縦が難しいことで知られるが、本製品はスティック2本で操縦可能(上昇・下降/右旋回・左旋回)で、より「飛ぶ」楽しさを味わえるようになっている。もちろん組み立てや設定は不要だ。コントローラーは充電器も兼ねており、ケーブルでドラえもん(本体)を接続するだけで充電が完了する。満充電状態で3分の飛行が楽しめる。
 ドラえもん(本体)のサイズは全高7センチ、21.3グラム。パッケージには未使用時にディスプレイ(展示ベース)になる「のび太の町」や、さまざまなひみつ道具も付属。ドラえもんにひみつ道具を持たせることで、「前進」のアクションをとらせることも可能となっている。

テクノラティプロフィール

Posted on 12月 26, 2007 at 10:25 午前 | | コメント (0)

2007.12.20

071220 イヤフォンマイク/ありそうでなかったもの

071220_earphonemic_yo_emimi01今朝のITmedia ヘッドラインに「イヤフォンがマイクにもなるハンズフリー装置「e耳くん」」という記事があります。
イヤフォンマイクというのは、通販会社の電話の受付やファミレス(死語?)なんかで口元に通話用の小さなマイクと、受信用のイヤフォンが一体になったものを思い浮かべますが、使ってみると耳から口元に伸びる細いケーブルが意外に気になります。
イヤフォンには昔から骨伝導という原理があって、聞く方が可能ならしゃべる方でも使えるのではないかと思っていましたが、ようやく実現したようですね。
それにしても4万円(有線型)とか6万円(ブルーツース無線型)とかやけに高いです。出始めですからやむを得ないでしょうが、有効性が評価されれば爆発的に売れると思いますし、その時には1万円を切るでしょう。
技術的には受信音と送信音を切り分けるのが難しいと書いてあります。あとは電池ボックス並みに大きい外部装置がもっと小さくなれば使いやすそうですね。
携帯電話にもイヤフォンマイクを接続できますが、現在はあくまでも通話する場合はマイクとイヤフォンが別々の装置しかありませんので、目立ってしまうため街中で使っている人はまず見かけません。
このイヤフォンマイクが普及すると耳に付けるイヤフォンだけなので周りからじろじろ見られることもありません。でも、独り言を大きな声でしゃべっているようで何となく怖いですね。しゃべる方はどの程度の声を出す必要があるのでしょう。

Itmedia_plusdmobile_logo更新騒音をシャットアウト:
耳は口ほどに物を言う? イヤフォンがマイクにもなるハンズフリー装置「e耳くん」
 2007年12月18日 23時23分

日鉄エレックスと三洋電機は、騒音のある環境でも快適に会話ができるイヤフォンマイク「e耳くん」を発表した。イヤフォンがマイクの役割も果たすため、マイクの位置を気にせずハンズフリー通話が行える。

「e耳くん」 日鉄エレックスと三洋電機は12月17日、雑音の中でも快適なハンズフリー通話が可能なイヤフォンマイク「e耳くん」を発表した。発売は2008年4月1日。価格は有線型(NEH-A20)が4万円、無線型(NEH-B30)が6万円。

 e耳くんは、イヤピース内の振動板にスピーカーとマイクの2つの役割を持たせ、発話と受話が同時に行えるイヤフォンマイク。自分の声と相手の声を分離する技術によって双方向での通話が行えるほか、90デシベルというゲームセンターや工場レベルの騒音下でも、ノイズキャンセル機能によって55~65デシベルのオフィス並みの通話環境を作り出せるという。

Posted on 12月 20, 2007 at 07:00 午前 | | コメント (0)

2007.11.12

071112-2 記者の目に異議あり:エコワット

Ecowat今日の日経ITproの「記者の目」に電力メタボリックには“見える化”をという記事がありました。
内容的には、 「いつまでもデブと思うなよ」というダイエット本をたとえに、データを数値化、すなわち見える化することによって、省エネに関しても見える化をしないといけないと書かれています。

気になったのは、以下の記述です。
消費電力を把握できない
 IT機器の消費電力を減らすということであれば,まずは現状を把握した上で対策を講じ,その効果を計る取り組みが必要なのではないだろうか。しかし,そのための有効な手立てが今のところ見あたらない。
 サーバーやストレージの消費電力を計測しようとしても,そのような機能を備えているハードウエアは,ブレード・サーバーなどごく一部である。

電力測定器ってほんとに高いものしかないのかと思って「電力消費量 測定器」で検索したら、 家庭用には「エコワット」という3千円程度の簡易計測器が発売されているようです。
鹿児島市のように省エネ促進のために家庭に無料貸し出ししている地域もあります。
実際にパソコンでどれくらいの電気を食っているかを奥さんへの対抗策で調べておられる例もあったりして、結構皆さん真剣です。

電化製品の消費電力について
エコワット(簡易型電力量表示器)の貸し出し(鹿児島市の例、他に徳島市、藤沢市も同様の貸し出しあり)
パソコンの電気代を計るエコワット

始めの例では具体的な機器単位の電気代や、グラフまで掲載されています。これってどのようにして測定されたのでしょうね。
http://www1.ocn.ne.jp/~yasuko/ecowat.html
 先日、家庭で簡単に電化製品の消費電力量が測定できる「エコワット」という測定器をインターネットショッピングで買いました。 壁のコンセントに差し込むだけで、経過時間、消費電力量(0.01kWh単位)、電気料金(1kWh=25円で計算)が順次表示されます。 値段は3,000円くらいです。早速、エコワットを使って我が家の電化製品の消費電力量を測定してみました。
 我が家の2001年度の電力使用量(中部電力の検針)は月平均447kWh(10,606円、23.7円/kWh換算)でしたが、 エコワットで調べた電化製品の消費電力量の合計は月平均の電力使用量に近い値になり、まあまあの結果でした。

 我が家にある電化製品の消費電力量(9-12月)と消費電力割合を下の表と円グラフに記します。

071112_ekowattograf

071112_ekowattoengraf


Nikkeiitprohttp://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20071108/286660/
記者の眼
電力メタボリックには“見える化”を

 岡田斗司夫氏のダイエット本「いつまでもデブと思うなよ」が好評だ。毎日の食事の内容を手帳などに書き出すことからダイエットを始めるという,誰でも簡単に取り組めそうな手法が多くの読者にウケた。これによって,徐々に食事のメニューや回数を意識し,摂取カロリーを計算するようになるという。

 これは言い換えると,食生活習慣を“見える化”する取り組みである。筆者はこの本を読んで,ITの消費電力問題に何が欠けているのかを改めて痛感した。それは,消費電力の“見える化”である。

省電力化製品を使うだけで十分なのか
 企業が環境対策を進める上で,IT機器の電力削減は避けては通れない。これは以前にも別の記事で触れた(関連記事1)。サーバーやストレージ,クライアントPCが消費する電力は,ここ数年増加する一方だといわれている。いわば,“電力のメタボリック症候群”である。特にデータセンターでは,2~3年前から消費電力の増加に設備が追いつかなくなることが大きな問題になり始めた。ここへ来て,大手企業のサーバー設備でも,同様の問題が指摘されるようになってきた。

 「ウチはそれほどでもない」という企業にも,電力問題は忍び寄っている。経済産業省と環境省の合同審議会が,39業界に属する業界団体にCO2削減の自主行動計画の策定を求めるなど,業界団体ごとに具体的な数値目標を掲げて環境問題に取り組まねばならない状況になりつつある。原油価格の高騰によって電力料金の上昇傾向も,程度の差こそあれ,企業が消費電力を削減する動機になるかもしれない。

 このような状況を受けて,ITベンダー各社は省電力をうたう製品を出荷し始めている。各社のブレード・サーバーは揃って,通常サーバーよりも消費電力が小さいこと,電力消費効率が高いことをアピール・ポイントにしている。NECや日立製作所は,省エネを求めるユーザー企業に特化したPCサーバーの出荷を始めた(関連記事2関連記事3)。

 では,こういった製品を採用すれば情報システムの消費電力削減が進むかというと,必ずしもそうはいえない。そもそも企業の多くが,自社の情報システムを構成するIT機器がどのくらい電力を消費しているか,把握できていないのが実状である。サーバーの台数が増えたり,新システムを構築したりといった,電力増加要素も抱えている。一部の製品が入れ替わったからといって,情報システムの消費電力が減ったとは言い切れない。

 ベンダーが称する「省電力型製品」も,あくまで従来製品とカタログ・スペック上で比較すると消費電力が小さいということにすぎない。実際に企業が使った場合の電力削減効果を保証するものとは限らない。それをもって消費電力を削減したとはいえそうにない。

消費電力を把握できない
 IT機器の消費電力を減らすということであれば,まずは現状を把握した上で対策を講じ,その効果を計る取り組みが必要なのではないだろうか。しかし,そのための有効な手立てが今のところ見あたらない。

 サーバーやストレージの消費電力を計測しようとしても,そのような機能を備えているハードウエアは,ブレード・サーバーなどごく一部である。例えば,日本ヒューレット・パッカードは,ブレードPCサーバーに電力計測機能を組み込み,消費電力を削減した企業向けの割引サービスを提供している(関連記事4)。しかし,このような機能を持つ機種は,まだ限定的だ。

 電力設備側で計測する手はある。データセンターにサーバーを預けている場合は,データセンター事業者がユーザー企業ごとに電力計を設置し,消費電力を計測していることが多い。難しいのは,オフィスの1区画にサーバー室を設置しているケース。消費電力をオフィス・フロア全体の量しか計測していない場合が多く,サーバー室でどれだけ使ったかがわからない。同様の理由で,台数が多いクライアントPCの消費電力も把握するのが難しい。オフィス内には,複合機やプリンタ,蛍光灯,空調機などがあり,IT機器が使った分だけを電力設備側で計測することは,事実上不可能だろう。

 APCジャパンなどが出荷している,電力計測が可能なUPS(無停電電源装置)や電源タップを使うという手段はある。ただし,装置を購入する分コストがかかってしまう。

ベンダーは“見える化”の手段を
 現状把握と効果測定を抜きにした電力削減は,日々の食生活を記録することもなく,体重計にも乗らないダイエットのようなものだ。ただ闇雲に,ダイエット食品に手を伸ばしても,健全に痩せるのは難しい。

 ITベンダー各社には,省電力型製品に加えて,ぜひユーザー企業が電力を“見える化”するための製品,サービスの提供を期待したい。

 と,ここまで書いたところで,米IBMが電力計測ツール「Systems Director Active Energy Manager」の新版を提供するというプレスリリースを,11月6日に発表していることに気づいた。PCサーバーのほか,同社のUNIXサーバーやメインフレーム,ストレージの電力もリアルタイムで計測でき,システム運用管理ツール「Tivoli」とも連携可能だという。12月7日から無償でダウンロードできるようだ。

 米国では,米AMDや米デルなどが設立した「The Green Grid」や,米インテルと米グーグルが設立した「Climate Saversコンピュータ・イニシアチブ」といった業界団体が,電力消費の現状把握のための手法やガイドラインの作成に着手する意向を表明している。日本のベンダーにもより積極的な取り組みが求められる。

(福田 崇男=ITpro)  [2007/11/12]

Posted on 11月 12, 2007 at 02:44 午後 | | コメント (0)

2007.11.06

071106-2 googleかAppleか

この3~4年はgoogleとAppleがすごく元気です。

今日の記事では日経の一面を飾ったgoogleの携帯電話進出が目立っています。
でも、携帯電話機を売るとか作るのではなくて、携帯用の共有プラットホームとしてOS(オペレーションシステム)を無料で公開すると云うところが如何にもgoogleらしいというか、MSの機先を制しているというか・・・
でもアンドロイドというネーミングには何となく未来指向型というより末世的イメージがあっていやですが、記事を読んでも具体的なイメージはなかなか掴めません。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20071106/286448/
「グーグル携帯電話」の概要が判明、ドコモやKDDIなど34社が参加し携帯電話のオープン・プラットフォームAndroid」を開発へ

071106_ipodtouch一方のAppleはiPodをキーにしてなかなか興味津々ですが、最近入手したiPod touchはアメリカで売り出したiPhoneの電話機能を外したものですが、キーボードを無くして全面タッチパネルの如何にもAppleらしい飛んだ機械で気に入っています。でも、なかなか無線LANに繋がらなくて、まだ試行錯誤中です。
アキバ辺りでは無料フリースポットがあって簡単にインターネットに繋がりましたが、自宅で無線LANターミナルで接続しようとするとWEPキーを入力しても有効になりません。まだ市販の入門書とかムックがないので苦戦しています。
でも、繋がったら、機械の向きを自動的に認識して横型や縦型に瞬時で変わるし、指先でスクロールしたり、拡大縮小したりで結構面白いです。
この機械は今までのiPodとは見かけも機能も一線を引いていますから、あと数ヶ月もしたら大ブレークすると思います。

Posted on 11月 6, 2007 at 01:28 午後 | | コメント (0)

2007.11.02

071102 低価格ラジコン飛行機

071102_thumb_570_01_px570小学生、中学生の頃にはラジコンは高くて買えませんでしたが、最近は技術の改革に並行して、メカやプロポの小型化が進んで、きよもり流に言うと小型化=材料費の削減、という方式で価格がどんどん下がっています。
今日の日経トレンディに「ブームの低価格ラジコン飛行機「Qスカイ」は簡単に飛ばせるのか?」という記事がありましたので、紹介します。

Nikkeitrendynet_logo【動画付き】ブームの低価格ラジコン飛行機「Qスカイ」は簡単に飛ばせるのか?2007年11月1日

 2005年にタカラトミーがラジコンカー「エアロアールシー」を1050円で発売したことで始まった低価格ラジコンブーム。本体を組み立て式にすることや外装以外のパーツを共通化することでコストを削減し、“ラジコン=高い”というイメージを払拭した。このエアロアールシーは30~40代の男性を中心に450万台以上の大ヒットを記録。これを受けて、タイヨーなど他メーカーも低価格ラジコン市場に参入するなど、ブームはさらなる広がりを見せている。

 そして現在、ブームは陸から空へ移行。室内向けだが、低価格のラジコンヘリコプターや飛行機が増え始めている。ブームを仕掛けたメーカー、タカラトミーからも9月に空を飛ぶチョロQ「Qスカイ」(4200円)が発売された。そう、あのチョロQが空を飛ぶのである。

 Qスカイの魅力はちゃんと離着陸すること、タカラトミーの言うところの“デスクトップエアポート”を実現する点だ。デスクサイズ(長さ100×幅30cm)程度のスペースがあれば離発着が可能なのである。ひとりで楽しむのもいいが、子供がいる人なら一緒に飛ばせば喜ぶこと間違いなし。しかし、問題は素人でも簡単に飛ばせるのか? という点。早速、Qスカイの実機を入手して飛ばしてみることにした。

mms://wmt9-od.stream.ne.jp/vod11/nikkeibp/trendy/pickup/20071029/1003978/Q_sky.wmv

Posted on 11月 2, 2007 at 09:23 午前 | | コメント (2)

2007.10.04

071004-2 変なもの:SpaceWarp?

今日のITmedia夕刊に
102:あの「スペースワープ」が夜のインテリアに
http://cgi.itmedia.co.jp/g/03_040a074111_/lifestyle/articles/0710/04/news031.html

バンダイは、インテリアホビーの新製品「SPACEWARP desktop」を11月中旬に発売
する。机の上で楽しめるコンパクトサイズを実現。また“夜光球”の採用で
インテリア性を高めた。

という記事があります。
071004_spacewarpあの「スペースワープ」が夜のインテリアに
バンダイは、以前取り上げた「∞プチプチ」とか、小物の電子おもちゃが得意のようですね。
∞プチプチもまだ買えていませんが、神戸にいて会社と自宅の往復の線上にはおもちゃ屋はないので、次回東京へ帰ったらこの辺りをまとめて買おうかなと思っています。
これは名前のイメージ通り、昔からある玉転がしのようですが、寸法が380(幅)×232(高さ)×150(奥行き)ミリと小さいのと蓄光式夜光球が付きますから、真っ暗の中で眺めるには面白いと思います。

もう一つの楽しみはわが家の同居猫がどんな反応をするかです。
実は、1999年に購入したSONYのAIBO(ロボット犬)が7年振りにお袋の手元から戻ってきましたので、先日対面させたら、本人(本猫?)はびっくりして一目散に逃げてしまったので、大笑い。
思うに同居猫はかなりの恐がりのようです。でも、プラモデルが突然動き出したら人間でも驚くでしょうね。ゴメン!ゴメン!


http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0710/04/news031.html
今度は机の上に置ける:
あの「スペースワープ」が夜のインテリアに
バンダイは、インテリアホビーの新製品「SPACEWARP desktop」を11月中旬に発売する。机の上で楽しめるコンパクトサイズを実現。また“夜光球”の採用でインテリア性を高めた。

「SPACEWARP desktop」 バンダイは10月4日、インテリアホビー「SPACEWARP desktop」(スペースワープ・デスクトップ)を発表した。20年の時を経て一昨年に復活を果たした「スペースワープ」の新機軸。机の上で楽しめるコンパクトサイズを実現したほか、“夜光球”の採用でインテリア性を高めた。価格は5250円。11月中旬に発売する。

 Webサイト「たのみこむ」に端を発し、2005年2月に復活した「スペースワープ」。2007年9月末までに累計14万台を販売する人気商品となっている。しかし組み立てが難しく、サイズが大きいこともあって「もっと気軽に楽しめる商品が欲しいという要望が多かった」(同社プレイトイ事業部コミュニケーショントイチームの近藤創氏)という。

 「SPACEWARP desktop」は、組み立てた状態で380(幅)×232(高さ)×150(奥行き)ミリのコンパクトサイズ。奥行きが短いため机の上に置いてもあまり邪魔にならない。またレールは、ジョイント部を組み合わせて捻るだけで接合が可能になり、作業時間を大幅に短縮。さらに既存の製品に比べると転がる距離が短い点を補うため、カーブとストレートではレールの幅を変え、鉄球のスピードに緩急を付けたという。


レール内の段差でボールのスピードに緩急がつく
 ボールは、通常の鉄球4個にくわえ、畜光剤入りの“夜光球”が5個付属する。本体の切換スイッチで「デイモード」「ナイトモード」に合わせるとヤード(玉をストックする場所)内で玉が切り替わる仕組みだ。明るい昼間は鉄球の動きが楽しみ、夜は暗闇の中で光る球とクリア素材の本体による神秘的な光景を楽しめる。

「デイモード」と「ナイトモード」
白い玉が夜光球。暗闇では緑色に光る(左)。ヤードの天井に設置されたブラックライトLED(右)
 「光る玉という機能は、ユーザーからの要望としてかなり多かったもの。ヤード内にブラックライトLEDを備えたため、動かしている間は玉も光り続けることができます。ホタルの光のように“癒し”アイテムとしても使えるでしょう」(同氏)。

 なおバンダイでは、「SPACEWARP desktop」の発売に合わせて新ブランド「Gadget」(ガジェット)を立ち上げる。主に20代から30代の男性に向けた製品群をリリースしていく予定で、従来の「Human Player」(ヒューマンプレイヤー)「CUBE WORLD」(キューブワールド)も含まれる。

Posted on 10月 4, 2007 at 04:50 午後 | | コメント (0)

2007.08.22

070822-2 キンカンカメラ

070822-2 キンカンカメラ27Kを投資(本体+SD2G+アダプター)してビデオカメラをゲット!
さて何に使うかが課題ですが、取りあえず5m防水でかさばらないし、SDメモリーも2Gで1時間以上記録出来るから、今まで未挑戦だったビデオデータ編集を勉強してみます。VGA画面で2分位記録すると、20M〜30Mbyteになっていますから、320×240のVGA画面の四分の一で記録した5Mbyte位ならHPにも掲載出来るかも知れません。
YOU TUBEなんかはどのようにして圧縮してるんでしょう。
全て白紙からのスタートだから、先の長い話です。
形と大きさから、誰もカメラとは気付かないかも知れません。

Posted on 8月 22, 2007 at 07:04 午後 | | コメント (0)

2007.08.08

070808-2 アクションカムって何?

今日の/.JPに以下の記事があって、覗いてみました。

+--------------------------------------------------------------------+
アクションカム ATC-2K
yoosee による 2007年08月08日 1:23 の掲載 (テクノロジー)
自転車旅行のお供にいかが 部門より
http://slashdot.jp/article.pl?sid=07/08/07/1514234

070808_atc2kこれは面白そうですね。
山では、06/04/24購入のキャノンのPowerShot S2 ISというデジカメを使っています。12倍ズームなので少しかさばりますがセルフタイマーで連続撮影が出来たりしてそれなりに気に入っています。ただ、星や月を撮るのに解放撮影とかできないのでそろそろ買い替えたいけど、一眼レフも価格が下がっていて魅力的ですが、かさばるのは駄目です。
もう一つの問題は防水性で、いつでも撮れるようむき出しで首にぶら下げていますから、今年の梅雨みたいに行くたびに雨の時には神経を使いますが、携帯もカメラもアウトドア用の仕様になってもらわないと気易く扱えません。
携帯はカシオのG'zOneに替えて安心して乱暴に扱えるようになったけど、デジカメは6月に一度雨に濡らしてから、電源が入りにくくなって閉口しています。
防水デジカメも発売されていますが、せいぜい3倍ズームで、マイナーな機種なので手は伸びないです。
今日のアクションカムというのはカメラではなくビデオカメラなんですね。
ビデオカメラは今まで使ったことはありませんが、なんと言っても防水仕様だし、ズームはないけど120gですから、手軽に持ち歩いて使ってみたいと思います。
HPで写真を動画もどきにGIFファイルで時々掲載していますが、ビデオとなるとどのようにして掲載できるのかこれから試行錯誤してみたいと思います。最近はYouTubeみたいにネットでビデオ公開が大流行ですから、まあ、時代の流れに乗ってみようと云うことで乞うご期待ですね。

ImpressJPのAV Watchの記事

Posted on 8月 8, 2007 at 11:47 午前 | | コメント (0)

| これより後10件 » 最新 >