2014.03.14

140314 TwoMon のバージョンアップ/iPad をパソコンのリモートディスプレイに

140312_twimon_ipadview_03 三週間も前の記事になりますが、140221 神戸ステーキランドとiPadを外部ディスプレイに設定 で iPad をパソコンのサブディスプレイにすると云う記事を書きました。
 今回は、再挑戦ではないのですが、前回 戸田覚さんが書かれた TwomonUSB がバージョンアップして、 Twomon というアプリとして、iPad・iTune 及び Android をパソコンのサブディスプレイとして使えるだけではなく、新たにメニューを iPad 側で起動できるようになったので、擬似キーボードを表示したり、画面のモードを変更したり出来るようになりました。
 また、iPad (もちろん iPhone や Android でも)なればこそのタッチスクリーン操作/指でのタップ、スクロール、二本指でのピンチ(拡大・縮小)も可能になったので、パソコンとは独立して、独自な使い方が出来るようになりました。
 さらには、iPad 側のスピーカーが鳴りますので、離れた場所でも、パソコンに保存した動画やビデオ、音楽なども再生出来ます。

 ついでに、現在使っているきよもりのスマホにも Android 版をインストールしました。
 iPad は JNKさんのパソコンと iPad 用の USBケーブル (増幅付き5m) で繋いでいますが、Android は Wi-Fi接続なので当然ワイヤレスです。
 これで外出先から自宅のパソコンを見たり、操作できるようになりました。

 現時点での問題点は二点:
 1.キーボードを画面に表示して、日本語表示も出来る設定になっていますが、何故か入力しても画面に表示されません。アルファベットは表示できます。
 2.iPad などで使える Bluetooth接続の無線キーボードは認識されません。これが使えたら、不自由な擬似キーボードを使わなくてもよいので残念です。

【Twomon の機能】
http://blogs.yahoo.co.jp/twomon_jp Twomonのブログ
Twomonが発売されてから既に1年近く経ちました。
これまで皆様が激励、ご叱責、そして多くのご意見をくださったからこそ、現在のTwomonがつくられたのではないかと思います。
今回は、今まで追加・修正されたTwomonの機能を総整理してみたいと思います。
Twomonをまだよく知らない方々のために簡単に説明すると、
Twomonは皆様のスマート機器をデュアルモニターとして活用したり、
スマート機器を通じてPCを遠隔制御することができるアプリです。

▶ Twomonの主要機能
1. デュアルモニター機能
  Twomonの“拡張”機能を使用すると、文書作業、ネットサーフィン、動画鑑賞などがより便利に行えます。
2. PC遠隔制御機能
  “ミラーリング(複製技能)”機能を利用すると、いつでも、どこでも、手軽にTwomonが設置されているPCに接続してPCを遠隔制御することができます。
3. アプリの中のアプリ
  Twomonの中にはジョイスティック、独自のキーボード、数字キーボード、メモ、計算機などの独自のユーティリティが含まれており、Twomonの活用性を一層高めてくれます。
4. PCのサウンド再生機能
  PCにスピーカーがなくてもTwomonの“サウンド”機能を利用すれば、PCのスピーカーの代わりとしてご利用いただけます。

▶ Twomonの主要特徴
1. 別の装備が必要なくインターネットのみ使用できればOK!
  Twomonは別の装備が必要なく、インターネットさえ使用できれば、いつでも、どこでも、ご使用いただけます。
  Wi-Fiのみならず「3G」や「4G LTE」環境も完璧に支援します。
2. スマート機器のタッチでPCを制御!
  スマート機器をタッチしてPCを制御することができます。
3. 最大6画面を支援
  Twomonはデュアルモニターの構成に止まらずトリプル、そしてそれ以上の構成が可能です。
  ひとつのモニターを選んで見たり、全てのモニターをひとつの画面で見る全体画面モードも支援します。
4. 多国語の支援
  Twomonは現在、韓国語、英語、日本語を支援します。
  今後、中国語、スペイン語、イタリア語などを追加で支援する予定です。

【写真】 iPadとパソコン接続
140312_twimon_ipadview_01140312_twimon_ipadview_02

140312_twimon_ipadview_03_2140312_twimon_ipadview_04

140312_twimon_ipadview_05140312_twimon_ipadview_06

Posted on 3月 14, 2014 at 12:03 午前 | | コメント (0)

2014.02.21

140221 神戸ステーキランドとiPadを外部ディスプレイに設定

140221_steakland_ipadmoniter_01140221_steakland_ipadmoniter_02140221_steakland_ipadmoniter_03 気持ちだけ若いのか、時々、無性に肉を食いたくなる習慣は直りません。
 家具の移動や震災のビデオのダビングが一段落したので、神戸ステーキランドへステーキランチを食べに行きました。
 150gの神戸牛がランチタイムは1380円なのでお手軽に満足できます。

140221_steakland_ipadmoniter_05140221_steakland_ipadmoniter_06140221_steakland_ipadmoniter_07 ステーキで気を良くしたわけでもありませんが、日経パソコンOnLineの記事、
◆コラム 《戸田 覚「iPad大人の活用術」》iPadをパソコンの外付けディスプレイにする
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20140217/1121303/?set=ml
を読んで、家に寝ているiPadをパソコンのセカンドモニターにしてみようと、twomonUSBというソフトをダウンロードして設定してみました。
 取りあえず、パソコンの画面がそのままiPadにも表示されるようになりましたが、仮想ディスプレイのようにそれぞれで異なる画面を表示することが出来ません。
 intelのグラフィックドライバーがあれば、それぞれ異なる画面を表示できそうですが、自宅のパソコンはAMDなのでグラフィックドライバーが呼び出せず設定を変更できません。
 あす、もう一台自宅にあるSONYのVAIOと接続してみて再挑戦したいと思います。

Posted on 2月 21, 2014 at 11:03 午後 | | コメント (2)

2010.11.26

101126 期待はずれの iPad バージョンアップ iOS4.2.1

Thumb_480_ph3_px480 根っからのAPPLEファンやMacユーザーには叱られるか判りませんが、きよもりの場合は、新しい流れを体感する目的でiPad を購入しましたから、普段は仕事でも自宅でもWindowsパソコンがメインです。
 iPad は購入当初、音楽を入れたり、写真のスライドショーを見たり、i文庫でPDFファイルを取り込んでそれなりに楽しんだり、感激したりしていましたが、一通りやってみるとそれで納得して引き出しに入ったままになっていました。

 今回はiPadのOSも iTouch iPhoneと同レベルのiOS4.2にバージョンアップしたので、少し遅れて一昨夜バージョンアップしました。
 いくつかの大きな変更点がある中で、関係ありそうなのはフォルダー機能と壁紙変更、50音順キーボードの追加、コントロールパネル画面の追加、の4点くらいです。
 OSのバージョンアップは従来通りiTuneからスムーズに完了しましたが、完了したはずなのに iPadの画面では見慣れない水滴の背景が出るだけで何も変化がありません。

 今日、各誌のネット記事を読んで設定の方法などを見ながらようやく少しずつ新機能をセットアップしてみました。

 最初にホームボタンをダブルクリックしたら、画面切り替えとコントロールパネルが出せるようになりました。これって便利かも知れないけどあまり気にするほどの新機能とは思えません。

 次は、フォルダー機能を使おうと試行錯誤しましたが、どうしても判らずに、またインターネットで探しまくって、デスクトップのアイコンを長押しして、震えた状態で同じフォルダーに加えたいアイコン同士を重ね合わせたらフォルダーが出来ることが判りました。
 今度はスクリーンから別のスクリーンへアイコンを移動したり、スクリーンをまたいでアイコンをフォルダーにまとめる方法が判らず 、また、ネットで調べたら、動かしたいアイコンやフォルダーを長押しして震える状態にしたままスクリーンの端まで持っていくとスクリーンが切り替わるのでそこでドラッグを解除するのだと判りました。
 その結果、4つあったスクリーンが2つにまとまりましたから、少しすっきりしました。

 残る50音順キーボードなんて使うことはないから、せめて背景を自分が気に入った写真に変更したら少しは見栄えも変わりましたから、良しとしました。

 このバージョンアップにどれほどの意味があったのか疑問ですが、少なくともATOKの漢字変換アプリがインストールできることになるでしょうからそれだけは楽しみです。
 それが終わったら、やっぱりJail Breakするでしょうね。
 『全てのiOS4.2又はiOS4.2.1のJailbreak手順。[iPad,iPhone,iPodtouch]
 違法ではなくなったけど、APPLE非公認なのでもちろん自己責任です。

Thumb_480_ph2_px480


Posted on 11月 26, 2010 at 03:19 午後 | | コメント (0)

2010.11.17

101117 iNOTES

101117 iNOTES iPadでLotus Notesを動かすアプリに挑戦中
 と言っても、きよもりには社内のゲートウェイの設定などは触れませんから、プロに設定はお任せです。
 画面操作などはこちらが馴れていますが、設定は試行錯誤しながらなので、結構奥が深いです。

 今のところ、メールの閲覧と返信まではOKですが、キーボードがないのとメニューが全く違うので使い勝手はまだよくありません。
 DB機能や、ワークフローまで使えるようにならないと、パソコン並みにNotesを使うことにはならないから、先は長いです。

Posted on 11月 17, 2010 at 06:09 午後 | | コメント (0)

2010.07.07

100707 立ち上がる「電書フリマ」

 今日の日経ビジネスONLINEに
『電書革命』5時間で1400部以上売れた電子書籍「文学フリマ」で分かった「電書」の大いなる可能性
という記事があります。

100707_magama 読んでみると、「文学フリマ」というコミケの文学書版みたいなのがあって、既に10回目の開催だそうです。
 入場者が5時間で2400名だそうですから、コミケの数十万人とは桁が違いますが、文学同人誌のフリーマッケットとしては着実に伸びているそうです。

 その会場で、パソコンと机だけのブースがあって、印刷された媒体のない電子書籍を販売して5時間で1453冊売れたとのこと。
 1冊100円程度の短編ばかりのようですが、殆どの人が10冊くらいまとめ買いしていったそうで、購買者168人ですから一人平均8.6冊買っている計算。

100707_densho コミケでもCD-ROMやDVDに焼いたコミックを売っていますが、アドレスを聞いて、書籍のPDFを送信するなんて方法はまだないかも知れません。
 iPadやKindleがまだまだ増えると、このような販売形式が当たり前になるし、何よりも紙媒体がないから、きよもりの息子みたいにコミケで一回十数kgも買ってフウフウ言いながら担いで帰らなくて良いのは素晴らしいです。
 文学書ができるなら、コミックはもっと受け入れられるのは間違いありません。

 ちなみに、これに味を占めたのか、「第一回電子書籍フリーマッケット」が7月17日に開催されるそうです。 

「第一回電子書籍フリマ」は7月17日に開催。
場所: 「渋谷コラボカフェ」(東京都渋谷区渋谷2-9-10青山台ビルB1F)
詳細: 詳細:電子書籍部サイト「未来のテキスト」「電書部OFFICAL WEBSITE
 でも、電書やフリマなんてダサい名前はやめて、デジマとかマガマとかもう少しトレンディな呼称にして欲しいですね。

【日経ビジネスOnLine 記事引用】
『電書革命』5時間で1400部以上売れた電子書籍
「文学フリマ」で分かった「電書」の大いなる可能性【その1】
 iPad(アイパッド)やKindle(キンドル)など、新しいデバイスの登場で電子書籍が注目を集めている。そんな中で、まったくの手作りの電子書籍が画期的な売り上げを記録した。

 今年5月に行われた「第10回文学フリマ」がその会場。文学愛好者が集まって同人誌を売り買いする即売会だ。会場の各ブースの机の上には、それぞれの文学サークルが作った紙の同人誌が山と積まれていたが、一カ所、コンピューターが置かれただけの殺風景なブースがあった。一際目立つそのブースで販売されていたのが、電子書籍化された同人誌だった。

 たった5時間の即売会で売れたのは1400部以上。同人誌即売会としては画期的な数だ。

 仕掛け人は米光一成立命館大学映像学部教授とエンジニアの松永肇一氏。米光氏が中心となって活動する「電子書籍部」が制作と販売を担った。松永氏は技術的なバックボーンを支えた。

 電子書籍をあえて「電書」と呼ぶ米光教授と松永氏。活字離れが叫ばれて久しいが電書と書籍には、新しい可能性まだまだ秘められていると語る。

Posted on 7月 7, 2010 at 12:30 午後 | | コメント (0)

2010.07.02

100702-3 iPadでリモートアクセス

100702-3 iPadでリモートアクセス100702-3 iPadでリモートアクセス LogMeInというアプリです。
 簡単にいえばリモートアクセスですが、すごいのは両方の機械にLogMeInのアプリケーションさえいれておけば、外出先からでも自宅や会社のパソコンの画面を操作できることです。
 セキュリティやウィルスの問題がありますが、自宅のパソコンが簡単に会社からでも利用出来るのは重宝するかも知れません。
 今のところ、まだマウスの動きがもたついていますが、もう少しキビキビ動けば、使えそうです。
 あとは、iPadにはマウスが付けられないから、どのようにしてファイルを選んだりダブルクリックしたり、右ボタンを押したらよいのかまだ試行錯誤中です。

 おもちゃの仕掛けがどんどん進歩して、遊ぶのも大変です。

Posted on 7月 2, 2010 at 06:21 午後 | | コメント (0)

2010.07.01

100701 iPad専用のケース

100701_belkin_gripergo_2 iPadを購入してひと月。ずっと家の中で使っていましたが、写真を見たり、音楽を聞くのはパソコンででもできますから、iPadでしかできないのは、電子書籍を読むことと、秀逸なフォトフレームくらい。

 家の中ではやることが限られてきたので、今週は会社へ持ってきて、それこそ見せびらかしたり、興味のある同僚に貸したりしています。

 そのような状況で外に持ち出すに際して、最初に準備したのは液晶画面の保護シートと、本体のカバー。
 持ち歩き用のバッグも専用のものがたくさん出ていますが、本体の大きさがB5に近いので、ノートパソコン用の数百円の安いものをとりあえず購入しました。
 
 本体カバーは、バッグ型、ブックカバー型、シェル型と三つくらいのタイプがあるそうですが、使用時にうっかり落としたり、傷つけたりしないよう、裏蓋全体を後ろから覆うシェル型を購入しました。
 買ってから気が付きましたが、シェル型のケースというのはiPodやiPhoneなどでもおなじみですが、どれもシリコンか硬質プラスチックのいかにもカバーという無粋なデザインがほとんどです。
 そのような中にあって、このBELKINの「Grip Ergo」というのは、少し厚みがあって、全体にスリットがウエーブしています。このウエーブが絶妙なデザインになっていて、なんともおしゃれっぽくて、そのくせ確実なグリップ性を確保できるスグレモノでお薦めです。アマゾンでは2500円くらいです。
BELKIN-iPad専用-熱可塑性ポリウレタン-シリコンケース Grip Ergo

Posted on 7月 1, 2010 at 11:14 午前 | | コメント (0)

2010.06.25

100625 iPadで遊ぶ

100625_findwally 休日は山や結婚式などのイベント、普段の夜はパソコンでブログの写真や地図の作成に追われていて、折角買ったiPadなのにゆっくり遊んでいる暇がありません。
 でも、昨夜は結婚式の写真をフォトムービーに変換したついでに、iPadのフォトフレーム(?)にも写真をコピーしましたから、少しiPadに触る機会がありました。
 iPadに写真を読み込むにはパソコンでiTuneを使うのが一番手っ取り早いのですが、写真を読み込む作業の行きがけの駄賃にApp Storeでいくつかゲームを落としました。
 Air Hockey Gold(エアホッケー)とか、Real Racing(カーレーシング)、CANABALT(ビルジャンプ)など、iPadの発売前から話題になっていたゲームと一緒にたまたま目についたウォーリーの姿が懐かしくて Find Wally(正式名はWhere's Wally? The Fantastic Journey) というゲーム(絵本?)も落としました。
 子供たちがまだ小学校の低学年の頃に何冊か絵本を買った覚えがありますが、大画面のiPadならこその復活といったところですね。
 遊び方などはこちらをご覧ください。http://onlyipad.blog130.fc2.com/blog-entry-50.html


Posted on 6月 25, 2010 at 08:50 午前 | | コメント (0)

2010.06.11

100611 CACHATTO

100611_cachatto_index_img01CACHATTO(カチャット)というのは、VPNと同じ発想で、モバイル機器から社内のLANに接続して、LotusNotesやサーバーアプリを直接操作できるインフラを提供するアプリケーションです。

【CACHATTOの紹介記事】

「いつでも、どこでも、安全に」 - それがCACHATTOの提案するビジネススタイルCACHATTOは、複数のセキュリティ技術や製品との連携により、モバイルアクセスにおける最高レベルのセキュリティを実現しているため、既存モバイル端末を仮想的なシンクライアント(記憶装置を持たない端末)として有効活用することが出来ます。

インターネットに接続できる環境と端末さえあれば、いつでも、どこでも、安全に、社内のメールやスケジュール、グループウェアを利用できます。場所や時間にとらわれないビジネススタイルを確立することで、業務の効率化やクイックレスポンスを実現します。



100611_cachattoBizID誠には、iPadでCACHATTOを使うことで、今までのスマートフォンやモバイル端末での使い勝手と大きく変る様子が写真入りで記載されていて、非常に興味があります。
やはりパソコン並みの大画面で見るメリットはNotesやEXCELのように情報の一覧性が要求されるビジネスシーンでは絶大な威力があるのですね。

『Lotus Notes/Dominoやマイクロソフトの「Exchange」シリーズ、サイボウズの「Office」シリーズなど、社内のイントラネット内で構築したシステムに、社外からセキュアにアクセスしたい――CACHATTOはそういうニーズに応えるミドルウエアだ。モバイル端末からCACHATTOを通してアクセスすれば、社内メール・スケジュール・ファイル・Webなどを使っても、データは端末に残らない。』
とありますから、セキュリティー面でもやシンクライアントの方向にも沿った新しい選択技として注目されます。

価格は一例ですが、以下のとおりなので、試してみる価値は十分ありそうだし、代理店もNEC、大塚商会、ソフトバンクなど広範囲なのでとっつきやすそうです。
■「CACHATTO SecureBrowser(Android)」価格
初年度1ユーザー単価:1,800円(購入単位:10ユーザー)
次年度1ユーザー単価:600円(購入単位:10ユーザー)
■「CACHATTO専用インターフェース対応オプション」価格
初年度1サーバー単価:150,000円(購入単位:1サーバー)
次年度以降:0円

Posted on 6月 11, 2010 at 02:20 午後 | | コメント (0)

2010.06.10

100610 iPadで欲しいもの/Dock延長コードとBleutooth

愛丁会のtknさんのコメントへの返事です。
iPadを買って2週間、毎日1時間程度しか使う時間が無いので、なかなか使いこなせませんが、少しずつ慣れてきました。

tknさん、
neu.Notes インストールしましたが、マニュアルを見ながら使わないと猫に小判で、単なる落書き帳になっています。
昨日ネット記事を見ていたらgoogleの音声認識検索というのはあったから、インストールしてみました。
山仲間(ヤマナカマ!)は認識しましたが、ナッコ君(ナッコクン!)は何度話しかけてみても誤検索ばっかり。
このあたりは限界なのか、発音が悪いのか、面白いけど、まだまだ使い込まないとアカンみたいです。
http://ameblo.jp/iptelfr/entry-10554657635.html

100610_dockextendercableDockの延長ケーブル、買いました。
プレアデスという会社から0.5mなら1580円、1.8mでも1980円で発売されていますが、直売もネットショップもすべて売り切れ
やむを得ず、別メーカーの2980円 (2フィート)を買いました。
iPodやNanoなんかのドック付きスピーカーがたくさん出回っていますが、コネクターは同じでもiPadではそのまま刺せませんから、今後この手の延長ケーブルがどっと出回るでしょう。

ついでに、本体と同時に買ったiPad用のキーボードだと、iPadを横置きではコネクターが直結なので使えませんから、このケーブルとElecomの書見台を併用すれば画面の角度調整も簡単で縦置き横置き関係なしなので快適な入力環境になると思いますが、時間がなくてまだ試していません。

Drcbt30あわせて、iPadでは音が悪いからBluetoothで音を飛ばすアダプターが流行ると思います。
これもsonyのDRC-BT30を買いましたが、充電式で連続使用5時間程度ですから、今後はACアダプターで常時接続するか、スピーカーから電源を取れるようなタイプが売れると思います。

ちなみに、スピーカーはiPodTune用に購入していたBOSEのSoundDockサウンドドックですが、iPad側のBluetooth設定も、Bluetooth本体設定も自動認識してSoundDockのステレオコネクターで綺麗な音が出ましたが、iPadの方で別ソフトを立ち上げると音楽が中断したりしますので、音楽再生に特化しないと駄目みたいです。

Posted on 6月 10, 2010 at 03:55 午後 | | コメント (5)

2010.06.07

100607 iPad用のブックスタンド

100607 iPad用のブックスタンド100607 iPad用のブックスタンド100607 iPad用のブックスタンド iPadの付属ドックやキーボードドックでは縦置きしか使えないし、立てたときに角度も変えられません。
 ネットで調べたらブックスタンドが一番手頃で使いやすいという書き込みがあったので、エレコムのブックスタンド EDH-004(\1277)を買いました。

 角度も変えられるし、足には滑り止めも付いているので、使いやすそうです。使わないときには折りたためるし、意外に軽いのもイイです。

Posted on 6月 7, 2010 at 10:54 午後 | | コメント (2)

2010.06.04

100604-4 iPadのガラス面は意外に頑丈

日経新聞web版の記事によると
前面ガラスの強度はどのくらい? iPadを解剖
 iPadのガラス面は意外なほど丈夫で、落としても割ないし、踏んづけてもヒビがいかないそうです。
 そのかわりすごく重くて、本体重量の27%を占めるそうです。

100604_ipad_grass
100604_ipad_weight

Posted on 6月 4, 2010 at 02:00 午後 | | コメント (0)

100604-3 iPad買いましたか?

214634
 SKEちゃん、お元気ですか?

5/10にAPPLE Storeにインターネットで予約を入れていたので、5/28の発売日に入手しました。
家で使う分には画面が大きいし、キーボードもコードもLANケーブルも無いから、スッキリサッパリ。
時間さえあれば一日中、本を読んだりネットサーフィンしたり、ビデオを見たりで不自由することはありません。

でも、きょう日経の記事を見ていて、これって仕事にも充分使えそうだということに気がつきました。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20100602/214740/?P=2
インターネットが“空気”になる!

>相手に資料を見せて説明しながら、自分が資料を確認するときは本体を自分側に傾ければ、画面に表示された資料がくるっと180度回転して自分の方を向く。
>不動産業や建築士なんて、もっと分かりやすい。間取り図や物件の写真、所在地の地図まで大きな画面で顧客に見せることが可能だ。

マンションにはゲストルームもあって割安で泊まれるから仕事や遊びで来ることがあったら連絡下さい。
親爺より

Posted on 6月 4, 2010 at 12:02 午後 | | コメント (0)

100604 iPadでフォトフレーム

100604 iPadでフォトフレーム iPadはスクリーンセーバー代わりにフォトフレーム機能があって、取り込んだ写真と音楽を組み合わせて、バタバタマンガみたいにランダムに表示してくれます。
これにBluetoothで好きな曲をBOSEのスピーカーへ無線で飛ばせば、BGMにもなります。

Posted on 6月 4, 2010 at 06:29 午前 | | コメント (0)

100604 日経ビジネス5月31日号を購入 iPad特集

100605_nikkeibusiness_ipad 現在自分で定期購読している雑誌は「日経パソコン」と「日経PC21」の二紙だけです。
 新聞は今年になって、「日経新聞電子版」が始まったので、12年間も定期購読をやめていた日経新聞も購読を再開しましたから、日々活字漬けになっています。
 電子版を購読するようになって、毎日最低6回以上速報や主要ニュース、まとめニュースが配信されますので、世間の動きにはかなり感度が敏感になって、日経新聞のスタッフの皆さんには感謝のしようもありません。

 配信されてくるニュースや記事の中には「日経ビジネスオンライン」というのがあって、本来はコンピュータやICTの記事だけではなく、政治経済全般のテーマが対象のはずですが、どうしても関心の深い情報システムやパソコン、インターネットに関連した記事に目が行きます。
 「日経ビジネス」が他社の定期刊行誌や同社のICT関連諸紙と一線を引いているのは、記事に一定のポリシーが感じられるからでしょうか。

100605_nikkeibusiness 先週末に発行された5月31日号では、「iPad上陸・ジョブスが迫る破壊と創造」と刺激的なタイトルで最新の情報がまとまって読めそうです。
 ところが、ご存じの通り「日経ビジネス」は定期購読者のみに直送形態を取っているため、一冊売りはしませんし、大きな書店に行っても購入できないようです。
 もちろん会社では年間購読していますから、読むだけならそれを借りれば事は済むのですが、目次を見ると最低でも10頁以上にわたって、多方面の切り口で記事が掲載されているようなので、やはり買って手元に置きたいと思いました。

 昨日帰り道に三宮のジュンク堂で探しましたが、やはり置いていません。
 昼間検索したときにJRの駅で購入した方がいるのを思い出して、本屋からJR三ノ宮駅のキオスクに行きましたが、乗換口の方の店には置いておらず、諦めて帰りかけましたが、念のためと前売り券の窓口近くのキオスクを覗いたら、ARIMASITA!

 これで心置きなく記事を読めます。

日経ビジネスの定期購読

Posted on 6月 4, 2010 at 05:47 午前 | | コメント (4)

2010.06.03

100603-2 YouTubeに投稿された猫が弾く動画

ASCIIのiPadアプリ紹介で取り上げられていました。
どこの猫も好奇心旺盛ですね。

Posted on 6月 3, 2010 at 04:58 午後 | | コメント (0)

2010.05.29

100529 ZiplocにiPad

100529 ZiplockにiPad 昨夜帰宅して、早速、i文庫、元素図鑑、ピンボールなどを落として、一通り試しました。
 Safariで自分のブログを見て、写真があまりにも綺麗なので、ヤッパリ、「私にも買って〜」、とねだられてしまいました。

 困ったのはiPad DockやKeyboard Dockとかカバーも一緒に買ったけど、縦位置でしか使えないから使い勝手が悪いです。
 結局、裸のままジップロックに入れて使うのが一番使い易いんです。

Posted on 5月 29, 2010 at 01:16 午後 | | コメント (0)

2010.05.28

100528 届いた

100528_ipadarriveありがとうございました。
これで、ブログネタが出来ました。

ξ
■P きよもり
 ̄ _/_/_/_/_/ 10.05.28 15:38 _/_/_/_/_/

2010/05/28 14:37
件名 届いた

やっと届いたよ~。4箱ありました。
今日ヤマトさん、大変みたいやよ。
ヤレヤレだわ!
JNK


Posted on 5月 28, 2010 at 03:42 午後 | | コメント (0)

100528 iPad発売、ターゲットは家庭の主婦!?

100527_ipadsales 日本でもようやくiPad の発売が開始されました。
iPad、国内販売開始 店頭では行列も  日本経済新聞 2010/5/28 8:40

 写真のように店頭に並んで買う人達は、おそらくお祭りの神輿に乗りに行っている人たちでしょうね。
 店頭で当日購入できるかも知れないというニュースが流れたのはほんの数日前のことですから、発売日が決まった段階で予約開始を待って即インターネットや店頭で予約を入れた人が大部分でしょう。

 きよもりもAppleStoreに直接インターネット予約したくちですが、今日帰宅したら多分届いていると期待しています。それにしては、JNKさんから宅急便が着いたという連絡があってもよさそうなものですが・・・

 今朝気がついたのですが、JNKさんとの会話の中で、電源コードやキーボードみたいなごちゃごちゃしたものがないならリビングに置いてもキッチンに置いても違和感がないから使ってみたい、とのことでした。
 会社でも、SGWさんの奥さんも興味を持っていて、買おうかなと仰っているとのことです。

 ひょっとしたら、iPadって、初めて家庭の主婦を中心にブレイクする機械になるのかも知れません。

【記事引用】
iPad、国内販売開始 店頭では行列も  日本経済新聞 2010/5/28 8:40
 米アップルは28日、多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」を発売した。午前8時から販売を始めたソフトバンクモバイルの販売店「ソフトバンク表参道」(東京・渋谷)では、当日販売分を目当てに、26日からの待機組を含む数百人が列をつくった。販売開始を前に孫正義ソフトバンク社長があいさつに立ち、「生活を変えるすばらしいマシン」と宣伝した。

 アイパッドは持ち運べる情報端末で、スマートフォンなどに比べて画面が大きく、タッチパネルを使った直感的な操作でホームページの閲覧などを楽しめる。無線LAN(構内情報通信網)のみで通信する機種と、ソフトバンクの携帯電話回線も使える機種があり、それぞれデータの記憶容量によって3モデルが用意されている。

 米国では4月3日の発売から28日間で100万台を売る大ヒットとなり、在庫不足から米国外での発売を当初予定の4月末から1カ月延期していた。

Posted on 5月 28, 2010 at 12:10 午後 | | コメント (2)

2010.05.27

100527-3 出荷案内

予定通り、ヤマト便で明日到着するようです。

ご注文商品のお届けについて:
iPadのご注文は5月28日にお届致します。
出荷した商品 商品名  製品番号   単価   数量  商品合計
IPAD WI-FI 64GB-JPN  MB294J/A 65,524円  1   65,524円

Posted on 5月 27, 2010 at 06:03 午後 | | コメント (0)

2010.05.26

100526-3 日本発売「iPad」の先行レビュー

日経新聞の「モバイルの達人」の記事
 日本発売「iPad」を先行レビュー
 かなり詳しいiPadの紹介記事です。
 発売日まであと二日、否応なく期待感が盛り上がります。
 記事にも書かれていますが、画面が大きいことによるインパクトの大きさ、使い勝手の良さは今まで目を凝らしながら携帯の小さな画面やPDAでメールを読んでいたユーザーにとってはカルチャーショックだそうです。

 また無線LANや3Gの通信速度の比較がありますので、これから無線LANルーターを購入する場合は参考になります。
100526_ipadspeedtest 1.95Mbps Softbank3G iPad 3G
 1.59Mbps e-mobile Pocket WiFi(D25HW)
 0.33Mbps 日本通信 b-mobileWiFi
 2.74Mbps NTTドコモ ポータブルWi-Fi(DWR-PG)
 3.25Mbps UQコミュニケーションズ モバイルWiMax(URoad-5000)


100526_ipadroter_4 通信料と通信速度、インフラのバランスを考えるとNTTドコモが最も有利のようですね。
 機器の価格と通信料は左の表のとおりですが、各社の表示方法が異なるため、表にまとめてもなかなか判りにくいです。

【引用】
3Gモデルを買うか、Wi-Fiモデルを選ぶか

 iPadの購入を考えるとき、まず悩むのは3G+Wi-Fiモデルを選ぶか、Wi-Fiのみのモデルを選ぶかという問題。3G版であればいつでもどこでもネットを使えるが、すでに携帯電話やiPhone、パソコン用のデータ通信端末などを持っている人には二重三重の出費となってしまうからだ。

 そこで今回は、Wi-FiモデルとモバイルWi-Fiルーターを組み合わせて使う実験をしてみた。モバイルWi-Fiルーターとは携帯型の無線LANルーターのこと。通信事業者の携帯ネットワークを経由してインターネットにつながり、iPadだけでなくノートパソコンやゲーム機など無線LAN接続機器に幅広く使える。

 モバイルWi-Fiルーターはイー・モバイルの「Pocket WiFi」が先鞭をつけたが、日本通信がSIMフリーの「b-mobileWiFi」の出荷を5月24日に開始し、さらにNTTドコモ向けの「ポータブルWi-Fi」(バッファロー製)も6月に発売になる予定だ。UQコミュニケーションズの高速通信サービスであるモバイルWiMAXも、USBデータ端末「MW-U2510」と「URoad-5000」を組み合わせて使えば、持ち運びできる無線LANルーターとして機能する(単体でWi-Fiルーターとして使える製品もある)。

 この4社のモバイルWi-Fiルーターを集めてiPadと接続し(3G回線はオフ)、実際の速度を比較してみた。場所は東京・新宿で、iPad用アプリケーション「SpeedtestX HD」を使って全10回測定して平均値を出した。

 まず、ソフトバンクモバイルの3G回線を使った実験では、平均値で毎秒1.95メガビット(Mbps)という速度が出た。実際の使用には全く問題のないレベルだ。

 次に試したのはイー・モバイルのPocket WiFi(D25 HW)。モバイルWi-Fiルーター市場を作ってきたパイオニアだけにユーザーも多い。iPadと組み合わせると、平均1.59Mbpsという数値となった。ソフトバンクモバイルと比べても少し遅い程度といえる。

 日本通信のb-mobileWiFiは、同社のプリペイドSIMカード「b-mobileSIM」を使った。月額2500円程度と低価格なうえ、NTTドコモの3G回線を借りているからドコモと同じエリアで使える。ただし、安い分、速度制限をかけており、だいたい毎秒300キロビット(Kbps)超までしか出ないようになっている。

 実際に試しても、やはり平均値は328kbpsという結果だった。使ってみて気になったのは地図の表示で、3Gと比べればかなり遅い。iPhoneなど画面が小さい端末なら問題ないだろうが、iPadの大画面となると無視できない遅さだ。安さをとるか速さをとるかは悩ましいところである。

 NTTドコモ向けのポータブルWi-Fiは平均2.74Mbpsという結果。モバイルWiMAXはさらに速く平均3.25Mbpsだった。ただし、モバイルWiMAXは屋内では場所によって速度が遅くなることもある。エリアの整備が進んでいるものの、屋内で利用する頻度が高い場合はあらかじめ電波が届いているかを確認したほうがいい。

 モバイルWi-Fiルーターは端末と一緒に持ち歩くため、サイズも比較のポイントになる。イー・モバイルや日本通信は筐体のサイズが小さく、NTTドコモ向けのポータブルWi-FiやモバイルWiMAX用のURoad-5000はそれよりやや大きい。

 また、URoad-5000は専用の充電ケーブルが必要で、いざという時にパソコンのUSBポートなどから充電できないから注意が必要だ(他はいずれもminiUSBタイプの端子を備える)。

 もちろん余裕があれば、3Gモデルを選ぶに越したことはない。ただ、ノートパソコンを持ち歩くことが多いユーザーであれば、パソコンとiPadでモバイルWi-Fiルーターを共用してネットにつなぐといったこともできる。最近は公衆無線LANサービスも低価格化しているので、月々の支払額と使い方をよく考えて選ぶといいだろう。

Posted on 5月 26, 2010 at 11:55 午前 | | コメント (0)

| これより後10件 » 最新 >