2019.04.17

190417 東求女塚の桜

Dsc_1573_1 Dsc_1574_1 Dsc_1576_1

御影には処女塚(おとめづか)、西求女塚(にしもとめづか)、東求女塚(ひがしもとめづか) と、三つの古墳があります。
この地域の豪族の墓だと思われますが、伝承では豪族の娘に求婚した二人の若者の板挟みになった娘が思い悩んだ末に入水したのを嘆いて、あとを追った若者を哀れんで、三人の墓を祀ったそうです。
名残の桜が鮮やかです。

Posted on 4月 17, 2019 at 04:00 午後 | | コメント (0)

2019.04.08

190408 王子動物園で花見

190407_oojidobutuen_01190407_oojidobutuen_02
190407_oojidobutuen_03190407_oojidobutuen_04 190407_oojidobutuen_05
 昨日は暖かい好天だったので、久し振りに近くの王子公園の動物園へ花見に行きました。
 12年前には王子公園の近くに住んでいたので王子動物園もお馴染みでしたが、王子動物園の花見は2014年4月1日以来です。
 その時はパンダ館で1時間もかぶりつきで見ていたのを思い出します。
 今回は屋外に顔を出して入れたので明るい日差しと桜の下でゆっくりパンダに会えました。
 日曜日なので子供連れと意外にお年寄りのご夫婦が多いです。

 

140402 王子公園の花見とタンタンちゃん

Posted on 4月 8, 2019 at 04:15 午後 | | コメント (0)

2019.03.28

Fwd: 190327 大阪駅前は海抜1m

 記事が前後してしまいましたが、以下は昨日朝、次女を大阪駅前、桜口まで迎えに行ったとき、投稿した記事です。
 Cocologは少しずつ安定に向かっていて、これまで送信できなかったスマホからの投稿(モブログ)も出来るようになりました。
 でも、「 アドレス不明 ドメイン cocolog-nifty.com が見つからなかったため、メールは 91a96d2a28e60b58@cocolog-nifty.com に配信されませんでした。」というエラーメッセージで送信できません。
 Cocologの設定画面でモブログのアドレスを確認すると・・・
 アドレスが「91a96d2a28e60b58@app.cocolog-nifty.com」に変わっています。
 Cocologのリニューアルに伴う処理でしょうが、@niftyも色々やってくれますね、ヤレヤレ!
 ---------- Forwarded message ---------
From: 森井潔 <kgh03517@nifty.com> Date: 2019年3月27日(水) 8:18
Subject: 190327 大阪駅前は海抜1m
To: A森井潔 <・・・@nifty.com>, 森井 潔 <91a96d2a28e60b58@cocolog-nifty.com> Cc: JNKさん <・・・@ezweb.ne.jp>

次女が大阪へ来るので、大阪駅前まで迎えに来ました。
今更ですが、この辺りは海抜1mしかありません。

Dsc_1409Screenshot_20190327_08132325828657346604

Posted on 3月 28, 2019 at 01:34 午前 | | コメント (0)

2019.03.27

190327 大阪の名所巡り

今日は朝早くに横浜の次女がライブのついでに大阪まで来るとのことで、半年ぶりに会いました。

以下はLINEのメール:

ヨッちゃん、おはよう!
今日は1日、目一杯遊んで、楽しかったです。
有り難うございました。
こちらに住んでいたら、なかなか行く機会の無い大阪城公園、NHK大阪ホール、天神橋筋商店街をたっぷり堪能できました。
今度JNKさんやSKEちゃんとも歩いてみたいです。
大阪城の桜は今日が開花宣言だったそうです。
気をつけて帰って下さい。
SRUさんによろしく!
Dscn8118Dscn8140 Dscn8200Dscn8216

Posted on 3月 27, 2019 at 11:00 午後 | | コメント (0)

2018.11.24

181124 石屋川で焼肉

181124 石屋川で焼肉181124 石屋川で焼肉181124 石屋川で焼肉 今日も快晴で暖かいので、久しぶりに御影公会堂の石屋川の公園で焼肉を食べました。
 和牛のミスジ肉だったので柔らかくて口の中で溶けそうです。
 黄葉が陽の光を受けて鮮やかに輝いています。
 自宅ではなかなか焼肉が出来ないので野外で食べますが、久し振りに満足しました。

Posted on 11月 24, 2018 at 12:56 午後 | | コメント (0)

2018.11.23

181123 渦森台散歩

181123 渦森台散歩181123 渦森台散歩 今朝は久しぶりに渦森台まで朝の散歩に行きました。
 今日も快晴です。
 気温は10℃しかありませんが甲南病院まで200 m上がってきたら汗をかくほど暑くなってきたので羽毛のベストを脱ぎました。
 朝の日差しを受けて光る海が綺麗です。

Posted on 11月 23, 2018 at 11:59 午後 | | コメント (0)

2018.11.22

181122 朝の散歩道で歩きブログ

181122 朝の散歩道 昨日は10匹ぐらいしか猫ちゃんはいませんでしたが、たぶん朝は10℃しかなくて寒かったせいだと思います。
 今朝は16℃もあって暖かいので普段と同じく全部で20匹くらいの猫ちゃんがご飯を食べに出てきていました。
 だんだん慣れてくると、足元に寄ってきて体をすりつけたり、頭を触らせてくれたりしますから、可愛いです。

 今回もEdivoiceを使って、散歩しながらスマホにしゃべりながらブログ記事を書きました。
 歩きスマホならぬ歩きブログです。
 すごい進歩です。

Posted on 11月 22, 2018 at 03:49 午前 | | コメント (0)

2018.11.03

181103 渦森台へ散歩

181103_uzumoridai_01181103_uzumoridai_02181103_uzumoridai_03181103_uzumoridai_04

181103_uzumoridai_08181103_uzumoridai_07181103_uzumoridai_06181103_uzumoridai_05

 今年の正月以来なので11ヶ月ぶりに渦森台まで1時間、高低差300mのハードな散歩に挑戦しました。
 最近は毎朝3時から弓弦羽神社へ40分程度の散歩に代わっていますが、2年前までは毎週一回は歩いていたコースなのでペースは以前と変わりません。
 このコースは途中三個所、甲南病院への急坂、鴨子ヶ原の真っ直ぐな坂、渦森台団地の階段と息が切れる急登がありますが、馴れてきてゆっくりあがれば息も切れなくなります。

 「ジオグラフィカ」の軌跡も設定を距離10mに設定しているのでほぼ軌跡は正確に記録されています。

Posted on 11月 3, 2018 at 09:25 午後 | | コメント (0)

2018.10.30

181030 ポテトサラダと弓弦羽神社の七五三

Dsc_2665Dsc_2668
 二週間前に作った「きのこのハヤシライス」が好評だったので、昨日食材を買いました。
 その時一緒に作った「カリフラワーとポテトのサラダ」の食材も再度購入しましたが、同時に作るとフライパン一つではかなり時間がかかるので、サラダは昨日作り、ハヤシライスは今日作ることにしました。
 「カリフラワーとポテトのサラダ」はカリフラワーとポテトだけでは寂しいのでベーコンの薄切りを小さく切って一緒に炒めましたが、ジャガイモを炒めるときに入れたので火が強すぎて焦がしてしまいました。
 次回は炒める時間が短いカリフラワーを炒めるタイミングでベーコンを入れて柔らかく仕上げたいと思います。
 でも、ニンニクと塩胡椒しか使わないのに口当たりがよくて、ついビールが欲しくなります。

 今朝も三時から弓弦羽神社にお参り。
 数日前から七五三の幟があがって、いよいよ11月だと実感します。
 今朝は風も強くて木枯らしいちばんかと思いましたが、神社から戻る頃には北風もおさまっていてまだ本格的な寒さにはならないようです。
 あと二ヶ月で今年も終わり、歳を取ると一年は早いと言われますが、このままだと年末までバタバタしそうです。

レシピ:「きのこのハヤシライス」「カリフラワーとポテトのサラダ」
「181011_nhk_.doc」をダウンロード

きのこたっぷりハヤシライス

Posted on 10月 30, 2018 at 10:38 午前 | | コメント (0)

2018.08.29

180829 スマホ勉強会用資料・北大路周辺散策マップ

120903_kitabunkakaikan_kitaojiphoto 9月3日(月)と9月17日(月・祝)の2回予定しているスマホGPS勉強会は、おかげさまで2回とも満席になっています。
 勉強会で使うスマホGPSのアプリケーション「ジオグラフィカ(Geographica)」は解説書がしっかり出来ていて、本来ならば解説書だけを説明するだけで、スマホGPSの利用方法を理解していただけると思います。
 しかし、今回の勉強会に参加していただく会員の皆さんは、スマホに関してはまだ使用期間が短く、普段はメールや電話としてスマホを所有している方が多いようです。
 そのため、「ジオグラフィカ」の解説書には触れていないアプリケーション(ここではジオグラフィカ)をスマホに取り込む方法から理解していただく必要があります。

 スマホと言っても現在の市場はGoogleが提供するAndroid(アンドロイド、スマホ用OS・オペレーションシステム)をベースとするいわゆるアンドロイドスマホとAppleが機器(iPhone) も iOSというOSも一社が開発提供するiOSスマホとの2系列に分かれます。
 さらにアンドロイドにもiOSにも電話機能を持たないいわゆるタブレットがあり、SIM無しのスマホも含めると各回3名程度の方が携帯では無く、Wi-Fiでインターネットに繋がる機器を利用されます。

 全員が同じメーカーのスマホであれば、使用開始の手順書も一種類作るだけですが、各人各様の環境に対応するためには、個別指導も含めた環境作りの準備やフォローが必要で、勉強会の資料作りもかなり手間がかかります。

120903_kitabunkakaikan_kitaojimap_d 準備資料に続いて、当日「ジオグラフィカ」のアプリのダウンロード(読込)が完了しても、アプリには地図データ(国土地理院地図)やトラックやマーカーは白紙状態です。
 室内での勉強会ではGPSやWi-Fiが繋がりにくいので、勉強会の途中で一度 教室から外へ出て、勉強会の会場周辺を散策しながら地図の読込や軌跡(トラック)、ポイント(マーカー)の登録などを実際にやっていただくようにします。
 そのための準備で、北大路周辺の地図と、俯瞰図を用意し、あわせて散策予定ルートのトラックデータとポイントデータも用意しました。
 果たしてうまくいくでしょうか?
 皆さん、一緒に頑張りましょう。

「180903_KitabunkaKaikan_KamogawaNisitori.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/180903_KitabunkaKaikan_KamogawaNisitori.gpx

「180903P_KitabunkaKaikan_KitaOji.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/180903P_KitabunkaKaikan_KitaOji.gpx

Posted on 8月 29, 2018 at 02:02 午後 | | コメント (0)

2018.02.16

180216 羽生選手の健闘祈願絵馬/弓弦羽神社

180215_hanyu_ema_03180215_hanyu_ema_04180215_hanyu_ema_05

180215_hanyu_ema_06180215_hanyu_ema_07180215_hanyu_ema_08

 昨日のブログで弓弦羽神社の絵馬のことを書いたのに写真を撮り忘れたので、今朝3時に写してきました。
 弓弦羽神社へのお参りは猫ちゃんにご飯をあげる朝3時からの散歩の途中、立ち寄って毎朝お参りしています。
 それまでは午前4時30分頃からでしたが、人通りの無い早朝3時からの散歩にしてから1年以上になります。
 その間に羽生選手の負傷や山仲間のHRI Drの事故が重なりました。
 毎朝のお参りではお二人の快復を祈念しています。

 今日はいよいよ羽生選手が平昌(ピヨンチャン)のオリンピックの晴れ舞台に立ちます。
 無事に演技を終えられるよう、ひたすら祈ります。
 羽生結弦 「努力は嘘をつく。でも無駄にはならない」

【追記】
羽生結弦 完全復活!異次元の演技でSP首位
 LIVEを固唾を飲んで見守りました。
 結果は圧倒的な演技!
 思わず涙が溢れました。
170216_hanyusensyu_fukkatu

Posted on 2月 16, 2018 at 10:53 午前 | | コメント (0)

2018.02.15

180215 梅一輪ほどの暖かさ

180215 梅一輪ほどの暖かさ180215 梅一輪ほどの暖かさ 毎朝3時に猫ちゃんにご飯をあげながら、お参りしている弓弦羽神社は、羽生結弦さんの回復と健闘を祈願する絵馬が更に増えていますが、絵馬のすぐ横に綺麗に開花を迎えた白梅が夜目にも鮮やかです。
 明日は羽生結弦選手登場です。
 怪我しないよう、悔いの無い演技を全うされるよう祈ります。

Posted on 2月 15, 2018 at 11:04 午後 | | コメント (0)

2018.02.11

180211 ビーナスブリッジから堂徳山へ

180211 ビーナスブリッジから堂徳山へ180211 ビーナスブリッジから堂徳山へ JNKさんに誘われて、久し振りに諏訪山公園からビーナスブリッジ、錨山、市章山、堂徳山と神戸の背山歩きを楽しみました。
 市章山で展望を楽しみながら、これも久し振りの焼き肉で満足しました。
 堂徳山は道標の表示が間違っていて、三角点を見つけるのに苦労しましたが、やっと見つけて二本松から猩々池を経て大師道を下りましたが、一休亭はひと気が無いので心配です。

Posted on 2月 11, 2018 at 11:15 午後 | | コメント (0)

2018.01.27

180127 神戸震災避難路の確認(二回目)

180127_koubeshinsaihinanro_kakunin_180127_koubeshinsaihinanro_kakuni_2180127_koubeshinsaihinanro_kakuni_3180127_koubeshinsaihinanro_kakuni_4

 四年前の同じ1月末に二人で三宮から御影の自宅まで、大きな津波が来ても危険が無い六甲の山裾を巻いて御影まで避難することを想定して、歩いたことがあります。

 JNKさんが平日の昼間は三宮にいるので、同じ想定でもう一度歩いてみました。
 前回は同じ1月でもそれ程寒くなかったように思いますが、今回は真上の空は快晴なのに、六甲の山を越えて雪がちらつく肌寒い日でした。
 山麓リボンの道は紆余曲折して、ところどころ判りにくいですが、今回は避難路を想定して車道であまり起伏が激しくないルートを歩いたので、新神戸から阪急御影駅までおおむね70m前後の平坦な道のりで楽に歩けました。
 途中にはコンビニが何軒もあるし、労災病院のような大きな病院もあり、避難所になりそうな学校も多いから、いざとなったら何とかなる、と改めて安心しました。
 御影まで帰ってきて、「四川」でカニあんかけチャーハンを食べ、「麦麦」で山食を買ってから、さらに渦森台公園まで散歩するJNKさんと別れて自宅へ向かいました。
 ご苦労様でした!

Posted on 1月 27, 2018 at 11:53 午後 | | コメント (0)

2018.01.03

180103 初風呂のあとで渦森台散歩

180102_03_uzumoridai_03180102_03_uzumoridai_04 朝から昨日に続いて渦森台への散歩に出掛けようとしましたが、山を見上げると厚い雪雲がかかっていて、山上は風と雪でかなり寒そうなので尻込みしました。
 散歩の帰りに寄るつもりだった「おとめ塚温泉」の初風呂で暖まって、帰宅したら雪雲も晴れたので、夕方に近くなってから渦森台公園へ散歩に出掛けました。
 折角風呂に入ったのに汗をかきましたから、帰宅してもう一度着替えてさっぱりしました。

Posted on 1月 3, 2018 at 11:06 午後 | | コメント (0)

2018.01.02

180102 午後から渦森台へハードな散歩

180102_03_uzumoridai_01180102_03_uzumoridai_02 年が明けて、今年も穏やかな新年を迎えましたが、家でゴロゴロしていては太るばかりなので、午後から久し振りに渦森台公園340mまで300mの急坂を登りました。
 通いなれた坂道ですが、甲南病院140mまで90m、渦森台下230mまで90m、渦森台公園340mまで110m、と三段構えの急坂が続きます。
 自宅を出て渦森台公園まで約一時間ですが、冬場でも汗をかくのでダイエットには最適です。

 バスで下りて来て、遅めの昼食は山かけそばです。
 そごうで購入した蔵王そばはコシがあって舌触りが抜群で、二人で五人前、平らげてしまいました。

Posted on 1月 2, 2018 at 11:56 午後 | | コメント (0)

2018.01.01

180101 新年恒例の初日の出、墓参、初詣

180101_hatuhinode_bosan_hatumode_01180101_hatuhinode_bosan_hatumode_02 明けましておめでとうございます。
 東京にいた頃から毎年元旦の初日の出を拝むのが楽しみですが、東京時代には荒川の土手、神戸へ来てからは摩耶山の史跡公園、2001年には東おたふく山と場所は変わりましたが、最近は自宅から300m登った渦森台展望公園で初日の出を迎えています。
 今年も生駒・二上のやまなみには厚い雲がかかって、山の端の日の出は拝めず残念でした。

180101_hatuhinode_bosan_hatumode_03180101_hatuhinode_bosan_hatumode_04 渦森台から下りて来て、阪急御影から宝塚へ移動。
 宝塚動物霊園は平成23年3月2日(水)にナッコ君が亡くなってこちらで眠っています。
 それ以来毎年正月にはお墓参りをしていますが、不思議なことに墓参の日はいつも今日のように暖かい好天に恵まれます。
 ナッコ君の陽気な性格が好天を招いてくれているのかも知れません。

180101_hatuhinode_bosan_hatumode_05180101_hatuhinode_bosan_hatumode_06 宝塚動物霊園から坂を下って、山を回り込むとすぐに清荒神です。
 毎年元旦に行われている阪急ハイキング主催の中山寺の初日の出ハイキング。今年は昨年より少ないように思いましたが、昨年は2350名ですから100名くらい減っています。
 清荒神も参拝客が減っているように感じましたが、時間が昨年より少し遅いせいかもしれません。
 清荒神から順路に従って清澄寺まで周回して山門へ戻ります。
 5、6年前まで母も一緒に初詣に来ましたから、あの頃を思い出しながら一社ずつ丁寧に拝礼しました。

180101_hatuhinode_bosan_hatumode_07180101_hatuhinode_bosan_hatumode_08 参拝を終えての楽しみは、昔から明石焼きと決まっています。
 沿道の出店は毎年場所が決まっていて、同じ場所に馴染みのテントを見つけると何となくホッとします。
 明石焼きを食べたあとは、最近は続けて男爵いものジャガバター。
 神戸では滅多に見かけないソフトボールくらい大きな男爵いもを蒸して、バターを乗せるだけですが、絶妙の甘みと塩気のバランスです。

 今年も無事に元旦行事が終わりました。

Posted on 1月 1, 2018 at 11:26 午後 | | コメント (0)

2017.11.14

171114 羽生結弦選手の快復祈願

171114 羽生結弦選手の快復祈願171114 羽生結弦選手の快復祈願171114 羽生結弦選手の快復祈願 NHK杯の練習中、四回転着地時に右足首を痛めて出場を断念した羽生結弦選手。
 翌日から御影の弓弦羽神社には負傷治癒の祈願絵馬奉納のファンが詰めかけて、絵馬が鈴なりになっています。
 弓弦羽神社は1100年以上昔から続く由緒正しい古刹ですが、時ならぬ祈願信者の殺到で七五三詣りの家族連れも遠慮がちです。

 毎朝3時から猫ちゃんにご飯をあげるために弓弦羽神社まで通い始めて、1年以上になります。
 泊まりの山行日以外は休日も毎日参拝していますから、羽生選手のこともすごく心配です。
 これまでは夏に四国八十八ヶ所のお遍路中に自転車事故で転倒された山仲間のHRIさんの無事快復を祈っていましたが、明日からは羽生選手の快復も祈願するようにします。

Posted on 11月 14, 2017 at 03:54 午後 | | コメント (0)

2017.10.24

171024 台風の爪痕

171024 台風の爪痕171024 台風の爪痕 台風21号は強烈な風で通り過ぎましたが、一夜あけてあちこちに爪痕を残しています。
 弓弦羽神社の参道でも松の大木が根元からなぎ倒されて、参道をふさいでいました。
 これはチェーンソーで切らないととても片付けられません。

Posted on 10月 24, 2017 at 03:57 午前 | | コメント (0)

2017.10.15

171015 雨の渦森台から不在者投票、おとめ塚温泉、御影公会堂食堂

171015 雨の渦森台へ171015 雨の渦森台へ 昨夜から小雨模様でしたが、折角の休日なので、8時頃から渦森台公園まで1時間の山歩で300m登り、帰り道に不在者投票も済ませてから六甲おとめ塚温泉で汗を流しました。
 土地柄、銭湯の客はほとんどが阪神ファンですから、昨日先勝して皆さんご機嫌でした。

Dsc_0061_2Dsc_0065_2 六甲道のモンベルへ寄り道したりしていて、風呂からあがったら11時を過ぎていたので、帰り道に御影公会堂地下の「御影公会堂食堂」で久し振りにオムハヤシを食べました。
 今春改装を終えた公会堂は壁が真っ白にり、内装は明るくてレトロな良い感じです。
 足の便が悪いのに、いつも1時間位待たされる人気はさすがです。


Posted on 10月 15, 2017 at 12:10 午後 | | コメント (0)

2017.09.19

170919 久し振りの渦森台

170919 久し振りの渦森台 かれこれ半年振り(17/2/11)に渦森台まで足を延ばして散歩しました。
 毎週一回は山歩きを続けているので、それほどきつくはありませんが、8時を過ぎているので、汗びっしょりです。

Posted on 9月 19, 2017 at 07:30 午後 | | コメント (0)

2017.09.11

170911 またまた猪

170911 またまた猪170911 またまた猪 このところ、朝の弓弦羽神社への散歩道にはしょっちゅう猪がうろついていて、肝を冷やします。
 ペンライトの光を当てても全く動じませんから、石を投げようとしても手頃な石ころも落ちていないので、砂粒や葉っぱを投げつけて後ろに下がりかけても、また近づいて来て睨めっこ!
 辺りにいつもいる猫ちゃん達はトットと蜘蛛の子を散らすように逃げて、様子をうかがっています。

 やっと猪が行ってしまったので、参拝も終えて帰り道。
 灯籠の窓に最近ふえた黒猫ちゃんがご飯を待っていました。

Posted on 9月 11, 2017 at 04:30 午前 | | コメント (0)

2017.09.08

170908 また猪

170908 また猪170908 また猪 弓弦羽神社の奥でまた猪と遭遇
 今回は雄が一匹だけでしたが、明かりを向けても、逃げる気配もなく、しばらくにらみ合い
 手頃な石も無いので、少しずつ回り込んで、砂利を拾って投げつけたら、ようやく向きを変えてゆっくりと逃げて行きました。
 山に食べ物がなくなるこの時期は、町に降りてくることが多いようです。

 雨上がりなので猫ちゃんもあまり出てきませんが、いつものやんちゃ猫が桜の木の上から眺めていました。

Posted on 9月 8, 2017 at 04:09 午前 | | コメント (0)

2017.09.06

170906 町の猪

170906 町の猪170906 町の猪 朝三時からの弓弦羽神社への散歩道には地域猫ちゃん達以外にも、猪やイタチ、タヌキなどの野生動物も時々現れてビックリします。
 今朝は親子連れの猪がゴミ集積所を荒らしていました。
 母猪は身体が大きいので、近づいても逃げません。
 子連れは気が荒いので、ペンライトの明かりでひるませて、下がった隙に通り抜けました。
 ゴミ集積所のゴミはキチッとネットでおおっておかないと、四方八方に散乱してしまいます。

Posted on 9月 6, 2017 at 05:14 午後 | | コメント (0)

2017.06.25

170625 散歩記録:6/24 北アルプス「上高地」日帰り散策

170624_kamikochisansaku_029 170624_kamikochisansaku_035

 JNKさんに同行して、上高地へ行きました。
 ミルクちゃんがいるので、前夜発ではなく朝一番に出発して、午後10時30分頃に帰宅しました。
 上高地にいた時間は4時間あまりですが、河童橋から明神まで、行きは左岸の一般道、帰りは右岸の遊歩道を歩きました。
 いつもは左岸の登山者も通る一般道を歩いていましたから、右岸の遊歩道を歩いたのは今回が初めて。
 明神池にも初めてだし、もちろん嘉門次小屋もこれまで訪れたことがありませんでしたから、新鮮な体験でした。
 明神池は穂高神社奥ノ宮で明神池は神域なので参拝料300円が必要ですが、明神岳を背にした静かな湖面と二ノ池の石庭のような佇まいは神降地(かみこうち)という名前に相応しい雰囲気でした。

 上高地に着いたのが昼前でしたが、一時間程度身体を動かしてお腹がぺこぺこだったので、嘉門次小屋でおでん、燻製チーズで地ビールを飲み、山かけそばを食べすっかり満足しました。
 今回は時間があまりないので飲めませんでしたが、隣の席のご夫婦が飲んでいた岩魚の骨酒が美味しそうだったので次回は是非挑戦したいと思います。

 梓川右岸の遊歩道はよく整備されていて、適度のアップダウンがアクセントになって歩き易かったです。
 清流を渡ったところで野猿が一匹だけでせっせと笹の若葉や芽を食べていました。
 全くわれわれの目を気にせずせっせと美味しそうに食べていましたが、木道沿いにたくさん落ちているのは野猿の糞だと判明しましたが、このエリアにはおそらく百匹以上の野猿がいると思われます。
 岳沢道と合流して湿原を抜ける木道には蓮華躑躅の大群生が満開でした。
 この木道は平成21年9月22日に槍ヶ岳から大キレットを越えて奥穂高岳から前穂高岳まで縦走したとき、重太郎新道を下って岳沢道を下ってきましたから8年振りになります。
 その時はMTNさん、NWHさんと三名でしたが、岳沢ヒュッテは前年の雪崩で崩壊して再建準備中でした。

 河童橋まで戻ったらちょうど15時だったので、15時40分発の大阪行きの直通バスにピッタリ間に合いました。

行 程:約8.7km、所要時間:4時間03分(歩行:2時間57分休憩昼食:1時間06分)
 住吉5:12=JR東海道線=5:44新大阪6:03=のぞみ202号=6:51名古屋7:00=しなの1号=9:08松本9:21=松本電鉄=9:52新島々10:10=アルピコバス(松本から乗り継ぎ2,450円)=11:15上高地
 上高地1500m11:21―11:36河童橋―梓川左岸道―明神12:23~34―明神奥ノ宮12:47―明神一ノ池・二ノ池(300円)12:50~13:07―嘉門次小屋1530m13:12(昼食)13:45―梓川右岸道―遊歩道分岐1530m14:03~08―清流14:28―野猿に逢う14:38~42―岳沢道合流1520m14:45―木道(蓮華躑躅群生)14:47―河童橋右岸1500m14:58~15:04―河童橋15:09―上高地バスターミナル1500m15:16
 上高地バスターミナル15:40=安房峠・東海北陸道経由=大阪駅21:35

費 用:交通費往復 20,760円/行きはJR・路線バス利用11,760円、帰りは直通バス利用9,000円

170624_kamikochisansaku_007 【写真】 170624 上高地散策
 Googleフォトの写真アルバムです。
 写真は位置情報付きで62枚と動画が2枚あります。

 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。

 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

Posted on 6月 25, 2017 at 11:39 午後 | | コメント (0)

2017.06.07

170607 梅雨入りと猫

170607 梅雨入りと猫170607 梅雨入りと猫 夜明け前の3時頃にはまだ降り始めで灯籠猫ちゃんも元気に三匹出て来てご飯を食べていましたが、8時頃から本降りになり、夕方のニュースで、近畿地方も梅雨入り宣言が出たそうです。
 しばらくははっきりしない天気が続きます。
 ただ、例年より気温が低いような気がします。

Posted on 6月 7, 2017 at 11:59 午後 | | コメント (0)

2017.05.25

170525 灯籠猫ちゃん

170525 灯籠猫ちゃん170525 灯籠猫ちゃん 昨夜から雨が降って、朝方まで止みません。
 毎朝3時から弓弦羽神社までお参りして、途中で地域猫ちゃんにご飯をあげているのですが、今日のように雨だとお互いに大変です。
 山手幹線を渡った参道脇にいる猫ちゃんは雨に濡れない灯籠の窓でご飯を待っていました。

Posted on 5月 25, 2017 at 01:11 午後 | | コメント (0)

2017.05.06

170506 地図読み散歩

170506 地図読み散歩170506 地図読み散歩 今日は予定していた№1099例会「明智越え・地図読みハイク」が雨天中止になったので、二人で自宅近くの渦森台公園から高羽道を地形図とシルバコンパスを見ながら四時間もかけて歩きました。
 1.磁北線の引き方
 2.目的地への方向設定
 3.現在地から見える目標物の特定
 まではうまく出来ましたが、
 4.目標物から逆に現在地を特定する
 は目標物二点の方向が近すぎてなかなかうまくいきませんでした。
 目標物二点は90度位方向が違っていて、距離も10km程度離れていないと現在地の特定が難しいようです。
 市街地では磁石の針が正しい北を指さないケースもあるのかも知れません。

Posted on 5月 6, 2017 at 11:38 午後 | | コメント (0)

2017.04.11

170411 甲山 神呪寺の四国八十八ヶ所石仏

041128_kabutoyama_shikoku88_sekibut041128_kabutoyama_shikoku88_sekib_2041128_kabutoyama_shikoku88_sekib_3

 4月末に開催予定の関西ハイク山友会の懇親会の翌日、5月1日(月)に参加される皆さんを案内して甲山周辺の散策を楽しみます。
 今年は行程が短く展望も楽しめる甲山南山麓の四国八十八ヶ所の石仏巡りを予定します。
 この行程は2004年11月28日に一人で歩いて以来ですが、その時は3時間もかけて、一体ずつ写真を撮りながら歩きましたから、石仏巡りだけなら休憩を挟んで2時間程度の行程だと思います。
 天気が好ければ甲山が正面に見え、阪神の展望もよく、帰路はバスもありますが、本数が少ないので甲陽園まで1時間程度歩いて下るのもよいでしょう。
 13年も前のことで、軌跡も取っていないので、念のため本番までに一度下見をしておく必要があります。 

041128_kabutoyama_shikoku88_sekib_4【写真】
041128 甲山 神呪寺の四国八十八ヶ所_石仏巡り
 Googleフォトの写真アルバムです。
 石仏を全部おさめたので写真は198枚もあります。
 位置関係が判りにくいので、西宮市が作成されてマップも付けています。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

 石仏の詳細に関しては山魚さんのHPが詳しいのでリンクを貼っておきます。

【参考】 山魚(yamauo)のホームページ/山ウオッチング
http://www.geocities.jp/yamauo1945/石仏ウオッチング
「石仏ウオッチング」は、六甲山にある石仏(野仏)を紹介したものです。
石仏の素朴な美しさを鑑賞してください。
  第1部 甲山大師 神呪寺 甲山八十八ヶ所
1章 阿波 発心の道場 第1番~第23番
http://www.geocities.jp/yamauo1945/kabutoyama1.html
2章 土佐 修行の道場 第24番~第39番
http://www.geocities.jp/yamauo1945/kabutoyama2.html
3章 伊予 菩提の道場 第40番~第65番
http://www.geocities.jp/yamauo1945/kabutoyama3.html
4章 讃岐 涅槃の道場 第66番~第88番
http://www.geocities.jp/yamauo1945/kabutoyama4.html

Posted on 4月 11, 2017 at 03:04 午前 | | コメント (0)

2017.04.10

170410 満開

170410 満開170410 満開170410 満開 新装なった御影公会堂は石屋川に隣接していますが、川沿いの桜がちょうど満開で子供連れのママ友さんたちが花見を楽しんでいました。

Posted on 4月 10, 2017 at 11:42 午後 | | コメント (0)

2017.04.03

170403 三分咲き

170403 三分咲き170403 三分咲き 土曜日の例会の帰りに寄った京都駅前の立ち飲み屋で美味しかったので、お代わりをしたレタス炒めの味を思い出しながら、昨夜レタスをヒト玉買ってきて、家で作ってみました。
 ごま油、味醂、だし醤油、胡椒に隠し味で中華出汁を入れて強火で一気に炒めました。
 確かに美味しいですが、少しパンチが効いていないので、次回は黒胡椒の代わりに七味唐辛子を入れてみます。
 シャキシャキとした歯触りで癖になりそうな味です。

 弓弦羽神社参道の桜のミニトンネルの老木にもやっと花がちらちらと付き始めました。
 明後日から最高気温が20℃を越えるそうですから、今週末には満開になりそうです。
 今年は春が遅れています。

 今日も朝一番で尾道に向かっています。

Posted on 4月 3, 2017 at 06:03 午前 | | コメント (0)

2017.03.10

170310 北山ゆば

170310 北山ゆば170310 北山ゆば170310 北山ゆば 昨日、六甲おとめ塚温泉の近くで見つけたゆば専門店へ早速、生湯葉を買いに行ってきました。
 北山食品というのが会社の名前ですから、瀟洒な表構えからは湯葉工場だとは気付きません。
 大正15年創業とありますから、湯葉一筋90年の老舗だったのですね。
 昼過ぎだったので生湯葉もまだありました。
 今夜は湯葉を食べます。

Posted on 3月 10, 2017 at 12:41 午後 | | コメント (0)

2017.03.09

170309 ゆば屋

170309 ゆば屋170309 ゆば屋170309 ゆば屋 六甲おとめ塚温泉の手前にゆば屋さんがあります。
 瀟洒な和風の建物で昔話料亭だったのかも知れません。
 今はゆば専門で店売りもしているようですから、次回にでも買ってみます。
 玄関脇の寒椿、南縁には八重咲きの梅が見事に咲いていました。

 御影界隈には住吉駅近くにがんもどき(ひろうす)で有名なお店(山口とうふ)もありますから、水がよい灘なればこそです。

 帰宅後、六甲 ゆばで検索すると「北山食品(株)」が見つかりました。
 大正15年創業の湯葉専門の会社です。
 社長のお名前が北山さんと仰るそうですから、京都北山とは関係ありませんでした。

Posted on 3月 9, 2017 at 08:07 午前 | | コメント (0)

2017.02.11

170211 渦森台公園の冠雪

Dsc_3430Dsc_3435 今朝は2℃しかありませんが、風が無いのは幸いでした。
 昨夜降った雪が少し残っていて、車道も真っ白ですが、路面が凍っているので、注意して歩かないとスッテンと転びそうです。
 雲は切れて青空が覗いていますが、冬型気圧配置になるので今日から明日はまた大雪が降るかも知れません

Posted on 2月 11, 2017 at 02:12 午後 | | コメント (0)

2017.02.07

170207 渦森台公園は曇天

170207 渦森台公園は曇天170207 渦森台公園は曇天 今朝も小雪が舞って寒いです。

Posted on 2月 7, 2017 at 07:43 午後 | | コメント (0)

2017.02.05

170205 雨ニモ負ケズ

170205 雨ニモ負ケズ170205 雨ニモ負ケズ 昨日は12kmのロングコースでした。
 それでも今朝も3時から弓弦羽神社へ散歩に行きました。
 本殿前の白梅が満開で少し得をした気になりました。

 天気予報通り、6時から雨が降り始めましたが、雨にも負けず渦森台公園まで山歩。
 これから六甲おとめ塚温泉へ行きます。
 適度な運動と温泉浴は美貌と健康と若さの秘訣と信じて二人で頑張っています。
 ついでにダイエット効果にも期待しています。

Posted on 2月 5, 2017 at 07:39 午前 | | コメント (0)

2017.02.02

170202 渦森台公園 二日目

170202 渦森台公園 二日目170202 渦森台公園 二日目 朝3時からの弓弦羽神社散歩から帰って、再度6時から渦森台公園へ300m登るのは結構大変です。
 今朝はチラホラと小雪が舞っていて展望もありませんでしたが、夕方には晴れて綺麗な夕空でした。

Posted on 2月 2, 2017 at 11:42 午後 | | コメント (0)

2017.02.01

170201 久し振りの渦森台

170201 久し振りの渦森台170201 久し振りの渦森台 母が亡くなった1月13日からしばらく途切れていた朝の山歩を再開しました。
 1時間、300mの上りは堪えますが、渦森台公園まであがって来ると丁度 太陽が山の端から顔を出して、少し汗ばんだ身体がリフレッシュされます。

Posted on 2月 1, 2017 at 07:14 午前 | | コメント (0)

2017.01.17

170117 神戸も雪景色

170117 神戸も雪景色170117 神戸も雪景色 四日間 尾道にいましたが、普段は温暖な町なのに、断続的に雪が降って寒かったです。
 やっと神戸に帰って来ましたが、色々の手続きがあって、なかなか落ち着きません。
 体重が1.6kgも減ったので昼は三ノ宮に出て神戸ステーキでエネルギー補給しました。

Posted on 1月 17, 2017 at 11:32 午後 | | コメント (0)

2016.12.28

161228 閑中忙あり

161228 閑中忙あり161228 閑中忙あり 12月25日の花折峠から西折立山の下見が年内最後の山行でした。
 通常なら年末はのんびりと骨休めしたいところですが、例会や下見の報告書作りに追われて、遅れ遅れになっていた年賀状作りにようやく昨夜から取っ掛かりました。
 ところが、いつもごはんをあげている猫ちゃんを病院へ連れて行ったり、尾道へ大晦日に行く打ち合わせをしたりしながら、さらに先週から再開した渦森台公園への高度差320mのハードな山歩もあるので、全く余裕がありません。

Posted on 12月 28, 2016 at 11:26 午後 | | コメント (0)

2016.12.26

161226 渦森展望台公園

161226 渦森展望台公園161226 渦森展望台公園 渦森台公園は正式名称は渦森展望台公園となっていますから、阪神間の展望が綺麗です。
 今日は上空の空気が澄んでいるので、金剛山、葛城山の更に奥に台高山系の日出岳方面、金剛山の右奥には大峰山系の峰々がくっきり見えました。
 朝から得した気がします。

Posted on 12月 26, 2016 at 09:04 午後 | | コメント (0)

2016.12.23

161223 夜明け前

161223 夜明け前161223 夜明け前 朝の山歩もやっと四日目
 今朝は6時前に家を出たので、渦森台の入口ではまだ夜明け前で、神戸の夜景が綺麗です。
 渦森台公園に着く頃に日が昇り、冬桜が咲き始めていました。
 後ろは坊主山の鉄塔です。

Posted on 12月 23, 2016 at 03:01 午後 | | コメント (0)

2016.12.22

161222 渦森台公園とカレーうどん

161222 渦森台公園とカレーうどん161222 渦森台公園とカレーうどん 朝の渦森台公園への山歩も、やっと三日目。
 ようやく400g体重が落ちて61kg台になりました。
 このまま続けば、60kgまで落とせるかも知れません。

 天気予報の通り午後から雨になり、例会中止は正解でしたが、夕方から三宮へ出掛けました。
 帰りに「うどんのう」で久し振りのカレーうどん、美味しかったです。

Posted on 12月 22, 2016 at 09:22 午後 | | コメント (0)

2016.12.21

161221 天気は下り坂

161221 天気は下り坂161221 天気は下り坂 今日も渦森台公園へ登って来ました。 よく晴れていますが、大阪方面は地上付近に厚く雲がかかっていて、あべのハルカスやコスモタワーだけが雲の上に頭を出しています。

161221_kosuikakuritu_40_80161221_yosotenkizu 明日は例会が予定されていますが、11時現在の降水確率は午前中は40%ですが午後は80%になっていますから、中止になりそうです。
 予想天気図では気圧の谷にかかっていて寒冷前線が通過しますから、全国的に天気が崩れるようなので中止はやむを得ないようです。


Posted on 12月 21, 2016 at 11:56 午前 | | コメント (0)

2016.12.20

161220 渦森台公園

161220 渦森台公園161220 渦森台公園 約一年振りに渦森台公園まで登って来ました。
 自宅から320mの高度差がありますから、一時間かかりますが、展望が広がって気持ちよかったです。
 最近は例会や下見で結構きつい登りが続いているので、甲南病院の急坂もあまり堪えません。
 果たしてダイエット効果があるでしょうか→JNKさん

Posted on 12月 20, 2016 at 11:25 午後 | | コメント (0)

2016.12.14

161214 イノシシ

161214 イノシシ写真 いつものように弓弦羽神社まで散歩の帰り道
 道路脇に大きなイノシシがいて、こちらに向かって来たので慌てて逃げました。
 しばらくにらめっこして、ペンライトの光を当てたら、ようやく向きを変えて、山の方へゆうゆうとあがって行きました。
 辺りはゴミ袋を破って食べ散らかしたゴミが散乱していましたから、冬に備えて食べ物をあさっていたのでしょうが、突然目の前に現れると怖いです。

Posted on 12月 14, 2016 at 06:29 午前 | | コメント (0)

2016.11.28

161128 イノシシと猫

161128 イノシシと猫161128 イノシシと猫 朝早く散歩していると、路上に300kgもありそうな巨大なイノシシが、悠々と歩いていて、ビックリ!
 山は冬枯れで、餌を求めてふもとへ降りて来ているのでしょうが、これだけ大きいと人や車が近づいても全く動じません。
 ようやくノソノソと山の方へ上がって行ったので、いつもの猫ちゃんにご飯をあげることが出来ました。

Posted on 11月 28, 2016 at 11:00 午前 | | コメント (0)

2016.10.07

161007 猫MAP

Dsc_1789Dsc_1798 毎朝の散歩は4時30分頃からなので秋が深まるとまだ真っ暗です。
 それでもいつもの時間にご飯をあげているから兼安公園の猫ちゃんは出迎えてくれます。
 ですから、JNKさんは雨の日でも傘を差して毎日欠かさず通っています。

161007_1_161007_2_ 兼安公園で分かれてきよもりは弓弦羽神社までお参りに行きますが、毎朝通ううちに顔なじみの猫ちゃんがだんだん増えてきて、最近では10ヶ所近いポイントで待っている猫ちゃんにそれぞれ少しずつご飯をあげ、参拝を終えて帰り道に、ちゃんと食べているか確認しながら兼安公園へ戻ります。

Posted on 10月 7, 2016 at 09:49 午前 | | コメント (0)

2016.10.01

161001 イノシシも散歩

161001 イノシシも散歩 朝の散歩道には地域猫が沢山いますが、それぞれ生活エリアが決まっていて、上手に共存しています。
 同じエリアで二三匹一緒にいる場合もありますが、ご飯を食べる時には順番が決まっていて喧嘩したりしませんから、人間より行儀正しいです。
 でも今朝は猫ちゃんのエリアにイノシシの家族四頭が闖入して猫ちゃんもこちらも大騒ぎ。
 ひたすら立ち去ってくれるのを待っていました。

Posted on 10月 1, 2016 at 06:18 午前 | | コメント (0)

2016.09.19

160919 散歩道のイノシシ

160919 散歩道のイノシシ160919 散歩道のイノシシ 小雨模様でしたが、いつも通り4:30頃から弓弦羽神社まで散歩して戻って来たら、目の前にイノシシが二頭通せんぼうしていてビックリ!
 しばらく、にらめっこしていて、いざとなったら手に持っていた傘で撃退しようとしていたら、相手の方が道をあけてくれました。
 夜明け前だから、結構緊張しました。
 御影辺りは山が迫っているから、先月はJNKさんがイノシシの家族六頭に遭遇して怖かったそうです。

Posted on 9月 19, 2016 at 05:27 午後 | | コメント (0)

2016.07.30

160730 猫ちゃんの散歩道

160730 猫ちゃんの散歩道160730 猫ちゃんの散歩道 毎朝5時過ぎから弓弦羽神社まで歩いていますが、JNKさんは地域猫ちゃんにすっかりなつかれて、近づくと寄って来てご飯をねだります。
 行きにお皿に盛って、お参りの帰りに皿を回収して、ご飯を残さないよう注意しているのは、猫嫌いの人もおられるからですが、この辺りの猫ちゃんはみんな耳カットされた一代限りの桜猫なのでこれ以上増えることがありませんから、幸せに暮らしてほしいですね。

Posted on 7月 30, 2016 at 08:48 午前 | | コメント (0)

2016.05.20

160520 深田池の主、青鷺

160520 深田池の主、青鷺160520 深田池の主、青鷺 毎朝の散歩で深田池まで行くと、池の対岸の松の枝に止まって悠々と羽根を伸ばしている青鷺が、今朝は手前の川辺の釣り人と並んで、人が近づいても平気な顔でのんびりしていました。
 流石は池の主です。
 ミルクちゃんはベッドの窓際で大あくび、鷺君も猫ちゃんもストレスとは無縁で羨ましいです。

Posted on 5月 20, 2016 at 04:17 午後 | | コメント (0)

2016.04.22

160422 羽衣ジャスミンと石楠花

160422 羽衣ジャスミンと石楠花160422 羽衣ジャスミンと石楠花 朝の散歩道は花がいっぱいです。
 弓弦羽神社参道脇にある兼安公園はこまめに手入れをされる方がおられて、羽衣ジャスミンが見事に花を付けています。
 つぼみがたくさん付いているから、しばらく楽しめます。
 名前の通りほのかな香りが漂っています。
 昨日まで気づかなかったけど、大輪の石楠花も綺麗なピンクの花が開きました。

Posted on 4月 22, 2016 at 11:21 午前 | | コメント (0)

2016.04.17

160417 四川で昼食と青鷺

160417 四川で昼食160417 四川で昼食 昨日の快晴が嘘のように朝から雨で野球の応援は中止になりました。
 昼前にはやんだので、久し振りに六甲おとめ塚温泉で昨日の激下りでパンパンに張った筋肉を源泉でほぐしました。
 帰り道、珍しく空いていたから山手幹線沿いの中華料理 四川で たっぷり九条ネギ蒸し鶏ラーメンと蟹肉あんかけチャーハンを食べました。
 1200円くらいですが、二人では食べきれないほどのボリュームでお腹いっぱい。
 深田池に寄ったら 池の主の青鷺が釣り人と並んで のんびりと日向ぼっこ。
 流石に池の主は 人怖じしません。

Posted on 4月 17, 2016 at 07:08 午後 | | コメント (0)

2016.03.08

160308 春Ⅲ

Dsc_0286Dsc_0310 先週から暖かくなってこのまま春を迎えそうです。
 今朝も5時30分に家を出て、渦森台公園に6時30分。
 いったんバスに乗って白鶴美術館前で下車、瀟洒な邸宅が並ぶ御影山手のお屋敷通りを抜けて深田池経由で帰宅したら7時25分でした。
 冬場なら寒くて夜明け前の暗闇を二時間も歩けませんが、朝から15℃もありますから、散歩も苦になりません。
 でも、2時間の散歩はちょっとハードです。

 今年も春が一気に花を運んできた感じで、梅が散る前に早くも白木蓮が満開を迎えそうですから、来週辺り桜のつぼみも膨らむかも知れません。
 やっぱり春は何となく気持ちが高揚します。

Posted on 3月 8, 2016 at 01:29 午後 | | コメント (0)

2016.03.07

160307 春Ⅱ

Dsc_0259Dsc_0268 夜明けが早くなり、暖かくなってきたので今日は5時30分から歩き始めました。
 梅は満開、白木蓮も白い花が開きだして何となく気持ちも浮き立ちます。
 渦森台公園に6時30分に着いて、バスで白鶴美術館まで降りてきてから再度深田池で鳩にもご飯をあげました。
 帰宅したら7時30分、朝から2時間の散歩は堪えますね。

 雲南黄梅も緋寒桜もネットで名前を教えていただきました。
 有り難うございます。

Posted on 3月 7, 2016 at 04:00 午後 | | コメント (0)

2016.03.06

160306 春

1457241642517114572416217190 今週後半はすっかり春らしくなりました。
 320mの渦森台公園でも18℃もあります。
 これから花が一斉に咲き揃うのが楽しみです。

Posted on 3月 6, 2016 at 04:20 午後 | | コメント (0)

2016.03.01

160301 朝の散歩再開

160301 朝の散歩再開160301 朝の散歩再開 ひと月近く中断していた朝6時頃からの坂道散歩を昨日から再開しました。
 昨日は暖かかったけど、今朝は渦森台下でも0℃で風があって手先が凍えそうです。
 山からの風に運ばれて粉雪がちらついていますが、空気が澄んでいて気持ちいいです。

Posted on 3月 1, 2016 at 01:13 午後 | | コメント (0)

2016.01.25

160125 渦森台は-4.5℃

-4.5℃ 夜明け直前の渦森台はマイナス4.5℃
 風はあまり吹いていないのでましですが、300m登って汗だくなので、立ち止まると寒さがこたえます。
 少し夜明けが早くなり、朝日が昇り出しました。

Posted on 1月 25, 2016 at 07:50 午前 | | コメント (0)

2016.01.19

160119 マイナス3℃

160119 マイナス3℃ 昨日は雨で朝の坂道散歩をやめたけど、今日はいつも通り6時から渦森台まで歩きました。
 渦森台はマイナス3℃、昨夜降った雪が少し残っていて路面が凍っていました。
 やっと冬らしい天候になり、六甲おろしが身体にしみ込みます。

Posted on 1月 19, 2016 at 01:42 午後 | | コメント (0)

2015.12.12

151212 また風吹岩

151212 また風吹岩151212 また風吹岩 朝6:30からのラジオ体操を終えて、渦森台までの散歩はいつも通りですが、今日はその足で阪急芦屋川までバスと電車を乗り継いで移動しました。
 芦屋川から先週の例会と同じルートを登ってロックガーデンから風吹岩に着いたら9:30
 鉄塔の手前に一匹でいた猫ちゃんがお目当てでしたが、昨日雨が降ったから今日は見当たらず、残念でした。
 そのまま引き返したら未練が残るので、風吹岩まで足を伸ばし、10匹近くいる猫ちゃんにご飯をあげて、帰り道は岩場を避けてキャッスルウォールの方へ下り、高座谷沿いに高座の滝へ下山しました。
 滝に着いたら10:30だったので長い散歩になりました。

Posted on 12月 12, 2015 at 12:23 午後 | | コメント (2)

2015.11.28

151128 羽生結弦さん圧勝

151128 羽生結弦さん圧勝151128 羽生結弦さん圧勝 今夜のNHK杯で羽生結弦さんが昨日のショートに続いてフリーでも完璧な演技を見せて合計得点322.40と史上初めて300点を大幅に超え、これまでの世界最高点295.27(パトリック・チャン)を一気に30点近くも更新して優勝しました。(NHKニュース

 毎日の散歩道に欠かさずお参りしている弓弦羽神社には、羽生さんが絵馬を寄進していて、その絵馬にファンが何十個も絵馬をぶら下げています。
 これでますます参拝客が増えます。

 羽生結弦さんも弓弦羽神社もおめでとうございます。

Posted on 11月 28, 2015 at 07:38 午後 | | コメント (0)

2015.11.23

151123 渦森台とステーキ丼

151123 渦森台とステーキ丼151123 渦森台とステーキ丼 毎日の散歩道の渦森台は昭和46年に出来たそうです。
 Wikipediaに以下の記述があります。
 昭和36年度(1961年)から昭和43年度(1969年3月まで)にかけて旧・住吉村域内(住吉地区)にある渦ヶ森(うずがもり)と呼ばれる標高362.2mの山を造成した。ここから運び出された1480万 m³の土砂は住吉川川底に作られたダンプ専用道(現・清流の道)を使って、東部第三工区(魚崎浜町)の埋め立てに使用された。元・住吉町渦森・西谷山・赤塚山の各一部が1971年(昭和46年)に渦森台1~4丁目となった。

 渦森台は造成前には渦森山というお椀を伏せたような362mの山で、3分の2辺りまで削り取って、宅地造成されました。
 現在の写真では全体が傾斜した高台に見えますが、実際に歩いてみると、渦森台公園、渦森台4丁目、渦森台3丁目、渦森台1・2丁目と4段になった裾広がりの丘陵状になっているので、元の姿が想像できます。
 渦ヶ森という地名は諸説ありますが、この辺りの山裾には銅鐸や、土器、矢尻などたくさん出土されていますから、大陸からの渡来人である秦氏が住んでいたので秦ヶ森(ウズガモリ)と呼称された、というのが近いように思います。
 渦森台のすぐ下に隣接する鴨子ヶ原は出雲系の豪族である加茂氏が居住したので加茂氏が住む原から鴨子ヶ原と呼称されたと云われています。

 ステーキ丼は「肉のツクモ」というお店。
 サンチカの南のどんつきにあった「さがみ」がリニューアルして「さがみ」と「ツクモ」に分かれました。
 ニュートウキョウの系列店ですから、味はしっかり、価格は手ごろです。
 150gの厚切りステーキがのっていてボリュームがありますが、和風のたれが絶妙で改装前からこればかり食べていました。
 その頃から人気メニューだったから店を独立させたのでしょう。

【渦森山と渦森台の今昔】
151123_uzumoriyama_0120151124_123504


Posted on 11月 23, 2015 at 11:51 午後 | | コメント (0)

2015.11.08

151108 哲学の道から疎水の史蹟

151108 哲学の道から疎水の史蹟151108 哲学の道から疎水の史蹟 昨日は例会が13時に完了したので、哲学の道から蹴上までのんびり散歩。
 以前から気になっていた南禅寺境内の水路閣と蹴上のインクライン周辺を散策しました。
 明治の先人達の情熱を肌で感じました。

 今日の晩ご飯は今年初めての栗ご飯をいただきました。
 やさしい甘味が美味しいです。

【地図】
歩行断面図
151107ts_tetugakunomiti_keagedanmen
歩行ルート図
151107ts_tetugakunomiti_keage
GPSの歩行軌跡データ
「151107TS_TetugakunoMiti_Keage.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 8, 2015 at 07:28 午後 | | コメント (0)

2015.09.30

150930 渦森台公園の展望

150930 渦森台公園の展望150930 渦森台公園の展望 秋の深まりと共に空気が澄んで、遠くの山々の展望がよくなりました。
 金剛山と葛城山の奧には100km離れた台高や大峰が見えます。
 南には淡路島の諭鶴羽山も見えました。

Posted on 9月 30, 2015 at 11:46 午後 | | コメント (0)

2015.09.23

150923 山歩道の花/藪蘭、芙蓉、小葉のランタナ

150922_uzumoridaisanpomiti_03150922_uzumoridaisanpomiti_01150922_uzumoridaisanpomiti_02

 8月27日(木)から二人で始めたラジオ体操あとの坂道山歩がやっとひと月になりました。
 1時間で4.2km、300mの坂ですから、空身とは云え結構汗だくになります。
 途中 深田池で鳩に餌をあげるのに5分くらい休憩しますが、最初の頃は70分かかっていたのがいまは1時間で登れるようになりました。
 ひたすら歩いているだけでは余計疲れるので路傍の花を見たり、展望に足を止めたりしますが、きよもりはともかくJNKさんはよく頑張っていると感心します。
 これから寒くなるので、汗で身体が冷えますから、羽毛のベストかヤッケを持っていかないと風邪を引くので小さなリュックが必要になります。
 ご苦労様です。

Posted on 9月 23, 2015 at 03:45 午後 | | コメント (0)

2015.09.18

150918 渦森台散歩道の彼岸花

150918_uzumoridaikoen_04 8月の終わりから毎朝のラジオ体操を終えて、その足で渦森台公園まで一時間位散歩しています。
 やっと風が涼しくなりましたが、300mの登り坂は結構厳しいです。
 冬まで続けたら2kg程度痩せるかも知れません。
 秋になって彼岸花やコスモス、タマスダレが咲き出したので楽しみです。

150918_uzumoridaikoen_01150918_uzumoridaikoen_02150918_uzumoridaikoen_03

【地図】
散歩ルート断面図
150827_uzumoridai_sanpomitidanmen
散歩ルート図
150827_uzumoridai_sanpomiti

Posted on 9月 18, 2015 at 09:28 午前 | | コメント (0)

2015.08.27

150827 渦森台まて散歩

150827 渦森台まて散歩150827 渦森台まて散歩 いつもならラジオ体操のあと深田池50mまで20分ほど歩くだけですが、今日は一時間以上足を延ばして渦森台公園340mまであがりました。
 結構ハードな登り坂ですが、風が爽やかで心地よいです。
 お腹すいた!

Posted on 8月 27, 2015 at 08:37 午前 | | コメント (0)

2015.06.30

150630 アサガオ

150630 アサガオ150630 アサガオ 毎朝の深田池までの散歩道は双体仏弓弦羽神社香雪美術館などがあって静かな住宅街です。
 先日、紫雲木が枝が隠れるほどに咲いていた阪急御影駅前に、今は紫色のアサガオがいっせいに開いて目を奪われます。

Posted on 6月 30, 2015 at 05:05 午後 | | コメント (0)

2015.06.29

150629 茅の輪くぐり

150629 茅の輪くぐり150629 茅の輪くぐり 毎日ラジオ体操のあと、深田池まで往復40分位散歩しています。
 昨日も弓弦羽神社まであがって来たら神殿の正面に茅の輪ができていました。
 夏越大祓の厄除けだそうです。
 早速、茅の輪をくぐってリフレッシュしました。

Posted on 6月 29, 2015 at 06:09 午前 | | コメント (0)

2015.06.15

150615 神戸凮月堂

150615 神戸風月堂150615 神戸風月堂 朝から京都のジュンク堂へ行きました。
 とんぼ返りで御影に戻って来て、凮月堂(風月堂)でグリーンティーとわらび餅
 優しい甘みで美味しいです。

 阪急御影駅の南側車道脇に鮮やかな紫の花が満開でした。
 葉だけ見ると細い対生でネムノキのようです。
 帰宅して「ネムノキに似た葉の紫の花」でネットで検索したら、一発で出てきました。
 ジャカランダ (jacaranda) という中南米原産の木で世界3大花木のひとつだそうです。
 世界3大花木:ジャカランダ(紫雲木)、フランボヤン(鳳凰木)、スパトデア(火炎木)
 紫雲木という呼称はいかにも花の様子を表していて覚えやすいですね。
 

Posted on 6月 15, 2015 at 02:44 午後 | | コメント (0)

2015.06.11

150611 御影の散歩道

150611 散歩道150611 散歩道 朝の散歩
 深田池の主の老鷺、今日も元気です。
 鳩はすっかり顔を覚えていっせいに寄って来ます。

Posted on 6月 11, 2015 at 08:09 午前 | | コメント (0)

2015.06.08

150608 弓弦羽神社参道の道標2

150608 弓弦羽神社参道の道標2150608 弓弦羽神社参道の道標2 6月5日の弓弦羽神社参道の双体仏と道標の記事で道標の文字が読めないと書きましたが、今朝もう一度確認したら、三文字かと思っていたらその下に「界」という文字が読めたので、この石標には「牛馬結界」と彫られていると判明しました。
 本殿の二百メートル位下ですから、参拝者は、ここで乗り物から降りてお参りしたようです。
 問題解決ですっきりしました。

Posted on 6月 8, 2015 at 05:13 午後 | | コメント (0)

2015.06.05

150605 弓弦羽神社参道の双体仏と道標

150605_yuduruhajinjyasando_sotaibut150605_yuduruhajinjyasando_sotaib_2 毎朝6:30からのラジオ体操の前に5時過ぎから深田池経由で甲南病院まで往復1時間あまり、高度差12mを散歩しています。
 日の出が早くなり、まだそれ程暑くないので朝の散歩は気持ちが引き締まりますが、深田池40mから甲南病院120mの登りはかなりの急登で結構ハードです。

 JRの高架をくぐり、兼安公園から斜めに入る坂道は江戸時代には西国街道から弓弦羽神社に参拝するための参道だったらしく、公園の角に「弓弦羽神社」の石標があります。
 この坂道を少しあがっていくと道路から1mほど下がった空き地に双体仏と道標が安置されています。
 双体仏は信州や北関東では路傍の道祖神としてかなり安置されているようですが、関西、特に神戸周辺ではまず見かけません。
 双体仏には男女一対の道祖神と地蔵二体の双体仏があるようですが、ここにあるのは台座がありますから双体仏だと思われます。
 双体仏の横には石標があって、文字が彫られていますが、残念ながらきよもりには読めません。
 
 神戸・道標・石仏などのキーワードで東灘区内の道標地蔵尊で検索してもヒットしませんが、御影石の摩耗状態から考えて江戸時代の作だと思われます。

150605_yuduruhajinjyasando_sotaib_3150605_yuduruhajinjyasando_sotaib_4

Posted on 6月 5, 2015 at 10:55 午前 | | コメント (0)

2015.05.28

150528 弓弦羽神社

150528 弓弦羽神社150528 弓弦羽神社 昨日からラジオ体操を終わって、その足で軽い散歩を始めました。
 30分位なので深田池までしか行けませんが、途中に弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)が有ります。
 弓弦羽神社は羽生結弦選手が名前につながる縁で参拝して一躍有名になりました。
 絵馬も羽生選手の活躍や怪我からの復帰を祈願したものがたくさんあります。
 この神社は神功皇后縁の由緒正しい古刹です。

Posted on 5月 28, 2015 at 12:22 午後 | | コメント (0)

2015.05.27

150527 深田池

150527 深田池150527 深田池 朝のラジオ体操が終わって、その足で弓弦羽神社を抜けて深田池まで散歩
 深田池は高校山岳部の頃からお馴染みですが、周りがマンションに囲まれても、落ち着いた雰囲気は変わりません。
 一羽だけ棲みついた鷺も相変わらずのんびりと羽根を休めていました。

Posted on 5月 27, 2015 at 08:47 午前 | | コメント (0)

2015.05.08

150508 明石海峡大橋見学ツアー

150508 明石海峡大橋見学ツアー150508 明石海峡大橋見学ツアー 今日は明石海峡大橋見学ツアーに参加しました。
 申し込み制で3000円ですが、一般公開されていない298mの主塔の塔頂まで上がって淡路島や海峡を通る船、橋を渡る車を足下に見下ろすと高度感に目が眩みます。
 親切なガイドが橋の工法や技術解説までしてくれるので、世界一の橋が身近に感じられました。
 高校山岳部の先輩で大学卒業と同時に本州四国連絡橋公団に出向され、児島坂出の架橋(瀬戸大橋)が終わると引き続き明石海峡に異動して明石海峡大橋の完成後、定年を迎えられた方がおられますが、男が一生を賭ける仕事として素晴らしいと、納得出来ました。

Posted on 5月 8, 2015 at 04:50 午後 | | コメント (0)

2015.04.06

150406 尾道の桜

150406 尾道の桜150406 尾道の桜 今朝一番の鈍行で姫路で乗り換えて、10時に尾道にやって来ました。
 生憎の小雨模様でしたが、千光寺山からの展望や散り初めの桜が見事でした。

 新幹線だと新神戸から福山または新尾道まで1時間程度で着きますが、青春18切符で乗り継いでいくと約3時間半もかかります。
 汽車の旅が好きな人にはゆっくり沿線風景を楽しみながら時間を過ごせるので気になりませんが、時間に追われない身分はある意味では贅沢かも知れません。
 今回気付いたのは山陽本線は意外に山間部を走っているということでした。

 須磨から舞子辺りまでは海岸線に沿って走るので明石海峡大橋を見ながら景色を楽しめますが、朝霧辺りから内陸に入り、播磨から備中に掛けて山陽本線は山を縫うようにして西に延びます。
 車窓からの風景は間近の山と川沿いに点在する地方都市を結ぶように岡山まで続き、岡山、倉敷と都会を抜けるとまた山間部の地方都市が続いてようやく福山に到着します。
 今回はちょうど桜の季節で沿線の桜並木や早くも花が付き始めた山ツツジに気を紛らすことが出来ました。
 福山を過ぎて尾道が近づくと2時間半も離れていた海が再度迫り、尾道駅の手前から尾道水道に沿った海岸線をしばらく走って電車は尾道駅に到着しました。
 新幹線で行くときでも、普段は停車列車が少ない新尾道駅ではなく手前の福山で降りて、福山から在来線で尾道に入るからこれまでも海に再会する感慨を味わっていましたが、神戸から長時間揺られてくると、海との再会はことさら感慨深いものでした。

 林芙美子の「放浪記」で東京での生活に疲れた主人公がふるさとの尾道へ帰ってくるシーン
 「海が見えた。海が見える。  五年振りに見る尾道の海はなつかしい。 汽車が尾道の海にさしかかると煤けた小さい町の屋根が提灯のように拡がってくる。 赤い千光寺の塔が見える。山は爽やかな若葉だ。 緑色の海の向こうにドックの赤い船が帆柱を空に突きさしている。 私は涙があふれていた。」(放浪記より)
 東京から延々と汽車に揺られてようやく戻ってきた尾道、この描写は作者の心からの感慨を素直に表したもので、きよもりもいつも尾道へ来る度に同じ感慨に触れてこの一節を思い出します。
 尾道と放浪記のふるさと

Posted on 4月 6, 2015 at 03:33 午後 | | コメント (0)

2015.04.04

150404 姫路城とひこにゃん

150403_himejijyo_hikonyan_01150403_himejijyo_hikonyan_02_2

 週末は天気が悪くなるという予報なので、昨日朝早い時間に出掛けて、八時の開門を待って姫路城へ行きました。
 姫路城は大改修がようやく終わって一般開放されてまだ日が浅いのですが、時間が遅くなると天守閣にあがるのに何時間も並ぶとのことだったから、早く出掛けたのは正解で、すいすいと天守にあがることが出来ました。
 天守閣から降りてきてゆっくり西の丸の百間廊下を歩きながら三歳で長男が夭逝し、夫にも先立たれた不遇の千姫に思いを馳せました。
 姫路城の周囲は2km以上ありますが、桜の花が堀端や庭園、石垣上など一面に植えられているため今が最盛期を迎え見事でした。

 昼前から小雨が降り出しましたが、もう一つのお目当てであるひこにゃんにも無事会えて、握手も出来たし、じゃんけん大会で勝ち抜いて記念グッズももらえたからJNKさんは大満足でした。


Posted on 4月 4, 2015 at 09:08 午後 | | コメント (0)

2015.04.03

150403 姫路城

150403 姫路城150403 姫路城 今日は午後から雨の予報なので、朝早く出掛けて8時の開門前に姫路城に着きました。
 桜が満開です。

Posted on 4月 3, 2015 at 08:02 午前 | | コメント (0)

2015.04.02

150402 春の花Ⅴ:住吉川岸の桜と「細雪」の碑

20150402_14032220150402_143311

 明日から天気が崩れそうなので、花見がてら住吉川の川岸を散策しました。
 神戸の桜は今日満開を迎えたそうですから、枝が隠れるほど花が開いて見事でした。
 住吉川の向かい側(左岸)にはイチローが住んでいたというモダンな高級マンション(オーキッドコート)が城郭のようなたたずまいを見せています。
 保久良神社や甲南女子大学がある金鳥山の尾根にも山桜の花が満開を迎えているようです。

 JRのトンネルを越えたところには「細雪」の碑がありますが、これは甲南小学校の50周年記念でこの地で「細雪」を執筆した谷崎潤一郎直筆と、神戸出身の小磯良平画伯作の雪の結晶をあしらったものだそうです。
 「細雪」の碑は阪急芦屋川駅の近くにあるものが有名ですが、旧邸があって縁の深い住吉川の川堤にもあったのですね。
 谷崎潤一郎はこの住吉川に接する堤上に住んでいて、現在も旧邸は「倚松庵(いしょうあん)」として土曜日だけ解放されています。
 住吉川は昭和13年の阪神大水害の増水でこの辺りは完全に水没しましたが、数十年にわたる河川の改修工事で今は護岸もしっかりしていますが、住宅地より10m以上も川床が高い天井川ですから絶対安全と油断するのは禁物です。

 全くの偶然ですが、今日夕方 ”谷崎潤一郎「細雪」などの創作ノート見つかる”というニュースが流されていました。
 戦災での焼失を懸念して親友に創作ノートを写真に撮って預けていたものだそうですが、70年も経て見つかったのは奇遇です。

東京紅團(東京紅団)の谷崎潤一郎の「細雪」を歩く 阪神大水害編
http://www.tokyo-kurenaidan.com/tanizaki-sasameyuki-3.htm
150402_tokyo_kurenaidan_sumiyoshiga


Posted on 4月 2, 2015 at 10:53 午後 | | コメント (0)

2014.10.25

141025 神戸医療産業都市と京コンピューター

141025 神戸医療産業都市と京コンピューター141025 神戸医療産業都市と京コンピューター141025 神戸医療産業都市と京コンピューター 毎年一回公開されているポートアイランドの理化学研究所、先端医療センター、京コンピューターなどの施設見学会に行きました。
 医療産業や理化学研究所など普段間近に見る機会は無いので朝10時から夕方16時まで目一杯あちこち回りました。
 それでも、全体の三分の一程度しか見れませんでしたから、また来年行きたいと思います。

Posted on 10月 25, 2014 at 05:56 午後 | | コメント (0)

2014.09.13

140913 神戸空港から神戸動物王国へ

140913_kobekuko_dobutuoukoku_01140913_kobekuko_dobutuoukoku_02140913_kobekuko_dobutuoukoku_03 今週はずっと好天が続いたので、思い立って、気になっていた神戸動物王国(旧花鳥園)へ行きました。
 家を早く出たので、動物王国の前にもう一足伸ばして神戸空港に寄りました。
 きれいに澄み渡った青空を背に小型のジェット機が発着する様子は何となくわくわくします。

 動物王国は動物好きのJNKさんはすっかりはまって、童心に帰り、楽しんでいました。

【GPSテスト】
140913_gps_logkobekuko_dobutuookoku 今回もOREGON 650TCJ の軌跡記録の確認を行いました。
 ポートライナーは車内で移動中の軌跡ですが、途切れることなく、ほとんど修正無しで軌跡を拾えていました。
 明日の例会から本番利用開始とします。

Posted on 9月 13, 2014 at 07:37 午後 | | コメント (0)

2014.09.02

140902 「栂池自然園」のフォトムービーを公開

140806_tugaikeshizenen_map01 8月5日(火)~8月9日(土)に東京にいる長女と仲間の山ガールの5人グループに便乗させていただいて、50年ぶりに白馬岳へ行きました。
 その時の記録や地図は先に公開しましたが、写真は1000枚以上あるのでなかなか手につかず、延び延びになっていました。
 やっと初日、8月6日に娘達に先立って栂池山荘に到着したので、5時間もかけて一周した「栂池自然園」で撮った写真を整理完了しましたので公開させていただきます。

 山行記録にも書きましたが、園内はちょうど高山植物が見頃を迎え、名前を確認できた植物だけでも35種以上ありました。
 普段は京都北山や若狭の1000m未満の低山しか歩いていませんから、高山植物はほとんど名前も判りませんでしたが、たまたまゴンドラ乗り場で販売されていた今の時期に咲く花の写真集と首っ引きでほとんど名前を確認できたのは幸いでした。
 動画ではゆっくり名前を確認していただけないかも知れませんので、PicasaのWEBアルバムも添付させていただきます。

【参考】元のブログ記事
 140816 山行記録:8/6 北アルプス「栂池自然園散策」

【Youtubeのフォトムービー】
中間に鶯の鳴き声を挟んで再生時間は14分02秒になります。
BGMは甘茶の音楽工房 から「八月の青い空」と「アイリッシュの風」を使わせていただきました。

【写真】
写真は234枚あります。
花の種類は35種類くらいあります。

140806 栂池自然園

【花名メモ】約35種(見かけた順)
入口~風穴
オニシモツケ(鬼下野)、ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)、オニシオガマ(鬼塩釜)、ヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲)、モミジカラマツ(紅葉唐松)、クルマユリ(車百合)、オタカラコウ(雄宝香)、ワタスゲ(綿菅)、キヌガサソウ(衣笠草)、シラビソ(白檜曽)、ダケカンバ(岳樺)、シラカンバ(白樺)、ナナカマド(七竈)
風穴~楠川
ニッコウキスゲ(日光黄萓)、チングルマ(稚児車・実)
楠川~浮島湿原
ゴゼンタチバナ(御前橘)、ウサギギク(兎菊)、サンカヨウ(山荷葉)、イブキトラノオ(伊吹虎の尾)、ニッコウキスゲ(日光黄萓)・
ヤセ尾根下~展望台
イワオウギ (岩黄蓍)、ハクサンオミナエシ(白山女郎花)、クロトウヒレン(黒唐飛廉)、ミソガワソウ(味噌川草)、オオバギボウシ(大葉擬宝珠)、シナノサイコ(信濃柴胡)、シモツケソウ(下野草)、ホツツジ(穂躑躅)、ヤマハハコ(山母子)
展望湿原~モウセン池
コイワカガミ(小岩鏡)、ハクサンコザクラ(白山小桜)、チングルマ(稚児車・花)、ミヤマツボスミレ(深山坪菫)、モミジカラマツ(紅葉唐松)・、オガラバナ(麻幹花)、ゴゼンタチバナ(御前橘)・、キバナシャクナゲ(石楠花)、イワイチョウ(岩銀杏)、ウラジロタデ (裏白蓼)
モウセン池~楠川
ヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲)・、オニシオガマ(鬼塩釜)・、ミソガワソウ(味噌川草)・、エンレイソウ(延齢草)
楠川~入口
オオバミゾホオズキ(大葉溝酸漿)

Posted on 9月 2, 2014 at 10:51 午後 | | コメント (0)

2014.08.28

140828 嵐山

140828 嵐山140828 嵐山140828 嵐山 車折神社(くるまざきじんじゃ)から街並みを嵐山まで散策して、これから帰ります。

Posted on 8月 28, 2014 at 05:56 午後 | | コメント (0)

140828 一里塚橋

140828 一里塚140828 一里塚140828 一里塚 阪神御影辺りは江戸時代は海岸で海沿いに西国街道が伸びていました。
 御影タワーレジデンスが建つ前は御影工業高校で、その前には軍需工場があったそうです。
 軍需工場を建てる時に西国街道を挟んだ敷地に建物が建設されたために西国街道は寸断されてしまい、今は一里塚橋に名残を留めています。

Posted on 8月 28, 2014 at 12:37 午後 | | コメント (0)

2014.08.16

140816 山行記録:8/6 北アルプス「栂池自然園散策」

140806_tugaikeshizenen_01140806_tugaikeshizenen_02 東京から合流する娘達の五人グループの到着までたっぷり時間があるので、足慣らしも兼ねて栂池山荘横に広がる「栂池自然園」を一番奥の展望湿原まで約5時間もかけて散策しました。

 「栂池自然園」は昔からある栂池ヒュッテの西側に広大な面積で広がる高山植物の宝庫です。
 園内には数百種の植物がありますが、今の時期はワタスゲ、ニッコウキスゲ、チンぐるまなど種類も彩りも豊富で見応えがありました。
 数百枚の写真を撮りましたから、おそらく30種類以上の花が写っていると思いますが、名前を確認するだけでも一仕事ですから、公開はまだまだ先になると思いますのでご了解下さい。

【山行記録】
北アルプス「栂池自然園散策」

日 時:平成26年8月6日(水) 11:27~16:06

参加者:1名/きよもり

コース:
栂池山荘―風穴―楠川―浮島湿原―ヤセ尾根下―展望台―展望湿原―銀命水―浮島湿原―楠川―栂池山荘

レベル:一般向き (展望湿原コースまでの周遊は3時間半程度の時間がかかる)

地 図:25000分の1「白馬岳」
断面図GPSの歩行ルート図

行 程:約5.7km 所要時間:4時間39分(歩行時間:9時間08分、昼食:35分)、天候:曇り一時小雨、気温:23℃→18℃→19℃→20℃
 長野駅東口7:20=アルピコバス1900円=9:53栂池高原10:10=栂池ゴンドラリフト・ロープウエイ1920円=10:45栂池高原―10:55栂池山荘(荷物預け)
 栂池自然園入口(1850m、23℃)11:27―風穴(1860m、18℃)11:58―楠川(1840m)12:24―浮島湿原(1900m、左折19℃)12:54―ヤセ尾根下(1970m)13:17―展望台(2020m、昼食、20℃)13:40~14:15―展望湿原(2000m)14:25―モウセン池(1970m)14:53―銀命水(1930m)15:09―浮島湿原(1900m)15:18―楠川(1840m、左折)15:34―栂池自然園入口(1850m、SKEグループと会う)16:06

個人装備:昼食、飲み物、雨具、スパッツ、ストック、手袋、ヘッドランプ/楠川より先は登山服装が必要

費 用:自然園入園料300円/栂池山荘宿泊なので入場券をいただきました。
【MAP】
HPで公開されている自然園の案内図と、栂池山荘でいただいた案内図です。
140806_tugaikeshizenen_map2
140806_tugaikeshizenen_map4
140806_tugaikeshizenen_map3

【写真】0902 写真をPicasa3にアップしました
写真は234枚あります。
花の種類は35種類くらいあります。

140806 栂池自然園

【Youtubeのフォトムービー】
中間に鶯の鳴き声を挟んで再生時間は14分02秒になります。
BGMは甘茶の音楽工房 から「八月の青い空」と「アイリッシュの風」を使わせていただきました。

【地図】
断面図
140806t_tugaikeshizenendanmen
GPSの歩行ルート図
140806t_tugaikeshizenen
GPSの軌跡データ
「140806T_TugaikeShizenen.gpx」をダウンロード

【花名メモ】約35種(見かけた順)
入口~風穴
オニシモツケ(鬼下野)、ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)、オニシオガマ(鬼塩釜)、ヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲)、モミジカラマツ(紅葉唐松)、クルマユリ(車百合)、オタカラコウ(雄宝香)、ワタスゲ(綿菅)、キヌガサソウ(衣笠草)、シラビソ(白檜曽)、ダケカンバ(岳樺)、シラカンバ(白樺)、ナナカマド(七竈)
風穴~楠川
ニッコウキスゲ(日光黄萓)、チングルマ(稚児車・実)
楠川~浮島湿原
ゴゼンタチバナ(御前橘)、ウサギギク(兎菊)、サンカヨウ(山荷葉)、イブキトラノオ(伊吹虎の尾)、ニッコウキスゲ(日光黄萓)・
ヤセ尾根下~展望台
イワオウギ (岩黄蓍)、ハクサンオミナエシ(白山女郎花)、クロトウヒレン(黒唐飛廉)、ミソガワソウ(味噌川草)、オオバギボウシ(大葉擬宝珠)、シナノサイコ(信濃柴胡)、シモツケソウ(下野草)、ホツツジ(穂躑躅)、ヤマハハコ(山母子)
展望湿原~モウセン池
コイワカガミ(小岩鏡)、ハクサンコザクラ(白山小桜)、チングルマ(稚児車・花)、ミヤマツボスミレ(深山坪菫)、モミジカラマツ(紅葉唐松)・、オガラバナ(麻幹花)、ゴゼンタチバナ(御前橘)・、キバナシャクナゲ(石楠花)、イワイチョウ(岩銀杏)、ウラジロタデ (裏白蓼)
モウセン池~楠川
ヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲)・、オニシオガマ(鬼塩釜)・、ミソガワソウ(味噌川草)・、エンレイソウ(延齢草)
楠川~入口
オオバミゾホオズキ(大葉溝酸漿)

Posted on 8月 16, 2014 at 10:23 午前 | | コメント (0)

2014.06.11

140611 六甲連山バイブル

140611_rokkorenzanbible_01 NHK大阪でも取り上げられ、神戸新聞でも記事になって話題になっている「六甲連山バイブル」(東 充著・自費出版 5冊セット16000円)の第5巻「六甲周辺神社・仏閣編」を図書館で借りました。
 実際には5冊すべてに予約を入れましたが、待ち状態なので、当分他の冊は借りられそうもありません。
 神社仏閣編ですから、六甲周辺のお寺や神社が網羅されているのと、山中にある保久良神社や石の宝殿、天上寺などもすべて網羅され、写真で紹介されています。
 すごいのはきよもりも興味本位で周回したシュラインロードの三十三ヶ所石仏、甲山大師の八十八ヶ所石仏なども全部写真で紹介されていますから時間と労力に敬服します。
 もちろんバイブルと銘打つだけあって、登山者でも知る人が少ない六甲比命神社、古寺山石塔なども掲載されていて知らない人は訪問意欲を駆り立てられると思います。
 対象の位置も神社仏閣位置図小神社・地蔵・野仏・史跡位置図がついていますから、登山地図を片手に探し回るのもよいと思います。
 さすがにきよもりは登山道沿いの石仏やモニュメントはほぼ知っていて安心しましたが、興味のある方はこの本の第一分冊などを見て探す楽しみがありそうです。

 きよもりの関心事は六甲山上池巡りPart1Part2がどの分冊で取り上げられているかです。


140611_rokkorenzanbible_02140611_rokkorenzanbible_03


Posted on 6月 11, 2014 at 08:15 午後 | | コメント (0)

2014.06.09

140609 神戸元町を歩く

01 久し振りの街歩きで元町から三宮を行ったり来たり、5時間もウロウロしました。
 きよもりはアシックスウォーキング 神戸元町店で普段履きのタウンウオーキングシューズを購入。
 JNKさんは元町のYAMAHAで6月に新発売になった電子ピアノ、Clavinovaシリーズ CLP-575、CLP-585を実際に触って、キータッチを確認していました。

 アシックスウォーキング 神戸元町店は全国50店舗以上ある直営ウオーキング専門ショップでも売上、評価ともトップを維持している有名店ですが、客として伺ったの初めてです。親切な店員さんの応対に感心して満足しました。
 JNKさんもYAMAHAの新シリーズ発売を待っていたので実際に鍵盤を触って満足の様子でした。

Posted on 6月 9, 2014 at 11:12 午後 | | コメント (0)

2014.05.13

140513 御影の地名由来

140513 御影の地名由来140513 御影の地名由来 御影石は六甲山地で切り出した花崗岩を船で運んで石屋川沿いの石材屋で加工したり、住吉浜から積み出しでいました。
 そのため御影石という名前が付けられました。
 ちなみに石屋川という川の名前も石材屋さんがたくさん川沿いにあったから付けられた呼称です。
 現在は川筋には石材屋さんはほとんどありませんし、石屋川自体すでに船で下ることは護岸と砂防ダム工事が進んで不可能です。
 現在川沿いにある石材屋さんは2軒だけですが、いずれも昭和以降の開業です。
 御影石は名前だけ残っていますが、日本では瀬戸内地方(岡山県の北木島や香川県の小豆島、与島)他から切り出されていましたが、現在は中国産等海外からの輸入が大半です。

 それではなぜ御影という地名がついたのか?
 神功皇后が新羅遠征の帰路、住吉浜に上陸され、澄んだ湧き水に御姿を映して化粧をなおされた、という故事来歴からきているそうです。
 綺麗な湧き水、澤乃井が阪神電車のガード下にいまも豊かに水をたたえています。

 この湧き水を使って仕込んだ酒を後醍醐天皇に献上したことから、嘉納という姓を賜り、この嘉納家が白鶴や菊正宗の醸造業、さらには講道館の創始者の嘉納治五郎、そしてこの治五郎は超名門校の灘中、灘高校の創始者でもあることは、御影に住み始めて初めて知りました。

Posted on 5月 13, 2014 at 01:27 午後 | | コメント (0)

2014.04.29

140429 六甲ガーデンテラスは嵐

140429 六甲ガーデンテラスは嵐140429 六甲ガーデンテラスは嵐140429 六甲ガーデンテラスは嵐140429 六甲ガーデンテラスは嵐 雨で京都北山の下見が中止になったので、六甲高山植物園で九輪草を見ようとケーブルで山上まで上がりました。
 しかし、風が強く横殴りの雨なので、六甲ガーデンテラスでジンギスカンの食べ放題で満腹になって満足して降りて来ました。

Posted on 4月 29, 2014 at 02:15 午後 | | コメント (0)

2014.04.08

140408 六甲ガーデンテラスから保壘岩展望台

20140408_120823_320140408_11594420140408_120056_2 今日もJNKさんに付き合って六甲ガーデンテラスまで上がって来ました。
 と言っても、ケーブルとバスでやってきたから軟弱モードです。
 お弁当を食べ終わったから、のんびりと高山植物園に寄ってまたケーブルで降ります。

140407_rokkogardenterrasse_01140407_rokkogardenterrasse_02140407_rokkogardenterrasse_03【追記】
 高山植物園はこの時期はほとんど花が咲いておらず時期的には5月に入らないと九輪草や大山蓮華なども咲き始めないので今日は寄るのを諦めて、そのまま神戸GCの前を抜けてツゲ池で美韻(先々代のJNKさんの愛猫)のプレートを見ました。
 記念碑台下の信号を左折してケーブル山上駅に向かいましたが、車の往来が多いバス道を避けて、右に入り、どんどん下っていくと西松池を西南から回り込むようにして、保壘岩の正面にでました。
 この道は真水谷の西尾根でこのまま尾根を下っていくと、ドライブウエイの真水谷出合で車道に出ますから、記念碑台から下る場合、アイスロードや天望尾根を下るより早いと思われます。

【山歩記録】
六甲ガーデンテラスから保壘岩展望台

日 時:平成26年4月8日(火) 11:56~14:22

参加者:2名/JNKさん、きよもり

コース:六甲ガーデンテラス―みよし観音―神戸GC―つげ池―保壘岩展望台―六甲山上駅

レベル:初級(六甲山上の遊歩道)

地 図:国土地理院25000分の一「有馬」、昭文社「六甲・摩耶」
 歩行断面図GPSトラックのルート図

行 程:約3.9km、所要時間:2時間26分(歩行:1時間15分、休憩昼食:1時間11分)、天候:快晴、13,137歩
 JR六甲道10:59(市バス210円)11:12ケーブル下11:20(六甲ケーブル・往復1000円)11:30ケーブル山上駅11:40(山上バス260円)11:55有馬ロープウエイ乗り場
 ロープウエイ乗り場(870m)11:56―六甲ガーデンテラス(870m、昼食)12:00~13:06―みよし観音(830m)13:16―神戸GC(830m)13:29―登六庵(廃業、810m)13:35―つげ池(790m)13:41―右折(790m)13:44―真水谷西尾根分岐(710m)13:54―保壘岩展望台(実松庵、700m)14:02~07―分岐(710m)14:09―車道(770m)14:15―ケーブル山上駅(740m)14:22
 ケーブル山上駅14:40(六甲ケーブル)14:50ケーブル下15:06(市バス210円)15:33御影

費 用:交通費1680円/市バス210円×2、ケーブル往復1000円、山上バス260円

【地図】
歩行断面図
140408t_rokkogardenterrassedanmen
GPSトラックの軌跡ルート図
140408t_rokkogardenterrasse
GPSトラックの軌跡データ
「140408T_RokkoGardenTerrasse.gpx」をダウンロード

Posted on 4月 8, 2014 at 12:50 午後 | | コメント (0)

2014.04.07

140407 天満から中之島へ

140407 天満から中之島へ140407 天満から中之島へ 昨日の京都北山の春の嵐山行が嘘のように今日の大阪は見事な快晴です。

 またJNKさんに付き合って天満のOAPに来ました。
 12階から見下ろすと大川の川堤の桜が満開です。
 これから桜並木を天満橋まで歩いて船場へ行きます。

【散歩記録】
天満から中之島

日 時:平成26年4月7日(月) 10:37~14:58

参加者:2名/JNKさん、きよもり

コース:天満OAP―天満橋―船場―中之島―大阪駅前

レベル:散歩(ほとんどアップダウンのない市街地歩き)

地 図:国土地理院25000分の一「大阪東北部」「大阪西北部」
 歩行断面図GPSトラックのルート図

行 程:約5.9km、所要時間:2時間21分(歩行:1時間39分、休憩昼食:42分)、天候:快晴、19,425歩
 大阪駅前9:40(送迎バス)9:55天満OAP
 OAP10:37―桜之宮公園川堤―造幣局10:48―川崎橋10:55―天満橋11:00―八軒屋船着場11:04―谷町二丁目(20m)11:10~13―右折(船場へ)11:17―中大江公園(10m)11:20―中大江小学校(入学式)11:23―松屋町筋(右折)11:25―平野町筋(左折)11:27―平野橋(船場へ)11:29―平野町二丁目(ステーキあだち、昼食)11:38~12:04―右折(北浜へ)12:07―そば一山(鰻・本家柴籐)12:14―御堂筋(右折)12:23―淀屋橋12:26―北詰左折12:28―ガーデンブリッジ12:33―全日空ホテル(DELICA SHOP、ブランデーケーキ)12:36~49―駅前第四ビル12:59

費 用:交通費なし

【地図】
断面図
140407s_oap_senbadanmen
GPSトラックの軌跡ルート図
140407s_oap_senba
GPSトラックの軌跡ルート図
「140407S_OAP_Senba.gpx」をダウンロード

Posted on 4月 7, 2014 at 01:16 午後 | | コメント (0)

2014.04.05

140405 破竹のリハビリ三連チャン 布引滝から城山

140405_nunobikinotaki_shiroyama_01140405_nunobikinotaki_shiroyama_02140405_nunobikinotaki_shiroyama_03 一昨日は渦森台公園、昨日は北山貯水池、と下り中心で3時間程度の散歩でしたが、3日目の散歩は新神戸から城山まで約300mの登りでした。
 ゆっくりしたペースながら途中ほとんど休憩も取らずに布引の滝上から城山まで30分かけて登り着きましたから、JNKさんはすっかり元気になったようです。
 安心しました。

 城山(滝山城址)からは尾根通しに急下降で、北野の風見鶏館の横に下りましたが、降り切ったところで以前もこの急尾根を通ったことがあるのを思い出しました。
 記憶のあとを遡るとこの道は神戸背山にある北前船の電飾看板を探訪したときに登った道だと気付きました。
 碇山や市章山は登山ルートになっていますが、北前船は登山ルートから離れていて場所を知る人は少なく、たとえ行けたとしても電飾の電球が何百個もぶら下がっているだけなので面白味に欠けるのは残念です。
 060226-2 2/25北前船の電飾探訪

 北野町まで降りてきて、北野天満宮にお参りして三宮に出ました。
 チキンチキンで少し遅めのランチでしたが、JNKさんはご飯を全部食べてマンゾクしていましたから、もうすっかり元に戻ったようで良かったです。

【山歩記録】
布引の滝から城山

日 時:平成26年4月5日(土) 9:33~12:33

参加者:2名/JNKさん、きよもり

コース:新神戸―布引の滝―猿のかずら橋―城山―北野天神―三宮

レベル:一般(ショートコースながら急登と急下降)

地 図:国土地理院25000分の一「神戸首部」、昭文社「六甲・摩耶」
 歩行断面図GPSトラックのルート図

行 程:約4.8km、所要時間:3時間00分(歩行:2時間18分、休憩:42分)、天候:快晴、気温:8℃
 三宮9:18(地下鉄210円)9:22新神戸
 新神戸(40m)9:33―布引雄滝(70m)9:46―展望台(140m、8℃)9:57~10:05―猿のかずら橋(150m)10:10―滝山城址(城山、320m)10:40~58―堂徳山分岐(340m、左折)11:10―新神戸分岐(290m、右折)11:22―風見鶏の館・北野天神(70m)11:55~12:11―三宮(25m)12:33

費 用:交通費210円/神戸地下鉄210円

【地図】
歩行断面図
140405s_nunobiki_shiroyamadanmen
GPSトラックの軌跡ルート図
140405s_nunobiki_shiroyama
GPSトラックの軌跡データ
「140405S_Nunobiki_ShiroYama.gpx」をダウンロード

Posted on 4月 5, 2014 at 11:56 午後 | | コメント (0)

2014.04.04

140404 北山公園から夙川堤の花見

140404_kitayamakoen_syukugawa_01140404_kitayamakoen_syukugawa_02140404_kitayamakoen_syukugawa_03 元気になったJNKさんに引っ張られて、今日もお弁当を持って北山公園へ花見に行きました。
 昨夜少し雨が降って今朝は曇っていましたが、天気は回復に向かっているので、バスで甲山墓園まで入り、歩き始めました。
 しかし、昨日とは打って変わった肌寒さで、今にも泣きそうな曇り空。北山貯水池の満開の桜を横目に見て北山池への尾根道に向かいました。
 尾根道に入ると風も和らぎ時々薄日も差して、まだ咲き始めながら鮮やかな紅色の花を付けたツツジが迎えてくれて気分も軽くなりました。
 北山池でお弁当を広げ、銀水橋まで下るとすっかり雲も切れて花見日和になりました。

 夙川堤は平日にもかかわらず結構な人出で川に伸びた桜の枝も今がちょうど見頃です。

【山歩記録】
北山公園から夙川堤の花見

日 時:平成26年4月4日(金) 9:42~13:22

参加者:2名/JNKさん、きよもり

コース:甲山墓園―北山貯水池―北山池―夙川堤―阪急夙川駅

レベル:初級(登山道ながら下り行程)

地 図:国土地理院25000分の一「宝塚」「西宮」、昭文社「六甲・摩耶」
 歩行断面図GPSトラックのルート図

行 程:約6.3km、所要時間:3時間40分(歩行:2時間09分、休憩昼食:1時間31分)、天候:曇りのち晴れ、16,804歩
 阪急御影8:40(阪急神戸線)8:49夙川9:21(阪急バス210円)9:41甲山墓園
 甲山墓園(210m)9:43―北山貯水池(230m)9:50―北山公園北口(230m)10:01―北山植物園分岐(230m)10:10―ロックヒル(210m)10:29―北山池(190m、昼食)10:37~11:20―展望台(170m)11:35―銀水橋・北山公園南口(90m)11:50―夙川川堤上流(50m)11:59~12:16―夙川堤(25m、花見)12:35~13:06―夙川駅(20m)13:22
 夙川13:26(阪急神戸線)13:31岡本

費 用:交通費210円/阪急バス210円

【地図】
歩行断面図
140404s_kitayamatyosuiti_syukugawad
GPSトラックの歩行ルート図
140404s_kitayamatyosuiti_syukugawa
GPSトラックの軌跡データ
「140404S_KitayamaTyosuiti_Syukugawa.gpx」をダウンロード

Posted on 4月 4, 2014 at 11:57 午後 | | コメント (0)

2014.04.03

140403 渦森台公園の花見

20140403_102825 昨日はJNKさんのリハビリ?を兼ねて一昨日に続いて、近郊の花見に出かけました。
 渦森台公園は展望も好いし、結構桜も多いからこの時期は見頃です。
 御影駅前からバスに乗れば、終点まで20分、ほとんど歩かないで海抜340mの渦森台公園に着きますから、下り道だけ歩くようにすれば身体の負担も少なく、回復期には絶好の足慣らしです。

 花は桜だけではなく、タムシバ、晩生の梅、ラッパ水仙、沈丁花なども咲いていて、暖かい陽気に汗ばむほどでした。

【散歩記録】
渦森台公園の花見

日 時:平成26年4月3日(木) 9:43~13:00

参加者:2名/JNKさん、きよもり

コース:渦森台バス停―渦森台公園―甲南病院―深田池―御影

レベル:散歩(登り無しの舗装道路下り)

地 図:国土地理院25000分の一「神戸首部」「西宮」、昭文社「六甲・摩耶」
 歩行断面図GPSトラックのルート図

行 程:約4.9km、所要時間:3時間17分(歩行:1時間40分、休憩昼食:1時間37分)、天候:快晴、13,631歩
 阪神御影9:23(バス210円)9:43渦森台
 渦森台(300m)9:43―渦森台展望公園(340m、食事+花見)9:56~10:50―三角公園(260m)11:12―渦森台入口(230m)11:21―鴨子ヶ原公園(170m)11:30~41―甲南病院(140m)11:50~58―深田池(50m)12:08~15―山手幹線(いかり、30m)12:30~39―宇柳公園(20m、花見)12:44~52―御影クラッセ(15m)13:00

費 用:交通費210円/神戸市バス210円

【地図】
歩行断面図
140403s_uzumoridaidanmen
GPSトラックのルート図
140403s_uzumoridai
GPSトラックの軌跡データ
「140403S_Uzumoridai.gpx」をダウンロード

Posted on 4月 3, 2014 at 11:57 午後 | | コメント (0)

140403 王子動物園の花見 /写真

 王子動物園の花見の写真、パンダの動画は公開しましたが、お花とたくさんの動物たちの写真も整理できたので公開します。
【写真】
PicasaのWEBアルバムは写真が43枚あります。

140401 王子動物園のパンダと花見

【スライドショー】
YouTubeのスライドショーです。

 BGMは甘茶の音楽工房午後のお散歩」です。

Posted on 4月 3, 2014 at 11:20 午後 | | コメント (0)

2014.04.01

140401 花見とパンダ

Dc140402018_2140401 花見とパンダ 永らく体調を崩していたJNKさんが元気になってきたので、王子公園へ花見に行きました。
 平日にもかかわらず、赤ちゃん連れのお母さんがたくさんいて驚きました。
 花は今週が見頃で、風もなく暖かい日差しに心も洗われるようです。
 パンダはちょうど食事時間でおいしそうに笹の葉を食べているのを見て、初めてパンダに会えたJNKさんは大感激!
 元気になって良かったです。

Posted on 4月 1, 2014 at 11:10 午後 | | コメント (2)

2014.01.29

140129 散歩記録:1/29 震災時帰宅ルート確認「三ノ宮から御影」

140129 震災時帰宅ルート確認140129 震災時帰宅ルート確認140129 震災時帰宅ルート確認 三宮から御影まで歩いて帰るには通常は国道2号線を通りますが、震災時に津波が来ると海抜15m〜20mの国道ルートは危険です。
 そこで三宮から新神戸まで行って、王子公園の上まで山麓リボンの道と平行に東進し、高羽交差点を越えてから阪急御影まで歩くと70m〜80mの高度なので津波に遭う危険はありません。
 約8.5km、2時間半かかりますが、取りあえずルート確認が出来たから安心です。
 ヤレヤレ!

 結局、4日連チャンになって、96,000歩も歩いたことになりました。
 1月26日(日) 31,862歩 京都北山「ウジウジ峠から八丁尾根」下見
 1月27日(月) 21,794歩 北摂「勝尾尾寺旧参道から勝尾寺南山、箕面大滝」関西ハイク新年懇親会
 1月28日(火) 23,617歩 北摂「箕面山から六個山」関西ハイク新年懇親会
 1月29日(水) 19,522歩 神戸震災時避難路確認「三ノ宮から御影」

【散歩記録】
六甲「三ノ宮から御影」  震災時帰宅ルート確認

日 時:平成26年1月29日(水) 14:07~16:46

参加者:2名/JNKさん、きよもり

コース:三ノ宮―新神戸―王子公園―阪急六甲分岐―高羽交差点―阪急御影駅―東灘警察

レベル:初級向き (市街地歩き)

地 図:国土地理院25000分の一「神戸首部」「西宮」

行 程: 歩行距離:8.6km、所要時間:2時間39分(歩行:2時間29分、休憩:10分)、天候:晴れ
JR三ノ宮(15m)14:07―新神戸(30m)14:26~28―野崎通3(90m、右折)14:50―王子公園上(85m)15:04~14―阪急六甲分岐(90m)15:45―高羽交差点(75m)15:53―阪急御影駅(55m)16:23―東灘警察(20m)16:46

費 用:無し

【地図】
1.カシミール3Dの地図
歩行断面図
 歩行距離:8.6km、所要時間:2時間39分(歩行:2時間29分、休憩:10分)
 高低差が50mしかないので、縦軸を10倍に強調表示しています。
 実際には自転車で登れる程度の傾斜しかありません。
140129s_sannomiya_mikagedanmen
歩行ルート図
140129s_sannomiya_mikage
GPSトラックのデータ
「140129S_Sannomiya_Mikage.gpx」をダウンロード

2.MapFan.netの地図
 カシミール3Dのトラックデータは国土地理院の地形データを使っているため、市街地の表示はおおざっぱであまり参考になりません。
 マップファンの地図にGPSトラックを読み込んだ歩行ルートも添付しておきます。
 KML形式のGPSデータなので、YahooMapやGoogleEarthなどにも簡単に読み込めます。
歩行ルート図
140129s_sannomiya_mikagehinanroot
KML形式の歩行ルートデータ
「140129S_Sannomiya_Mikage.kml」をダウンロード

Posted on 1月 29, 2014 at 05:47 午後 | | コメント (0)

2014.01.02

140102 謹賀新年と初山歩

20142 あけましておめでとうございます。
 ブログを始めて丸10年が経ちました。
 10年間、一日も休まずで書き連ねた記事が5870件、一日平均1.6件になります。
 もちろん、山行中で更新できない日もあったけど、バックデートや事前登録の裏技を使って、一日も抜けないようにカバーしました。
 アクセスカウントも124万回にもなっていますから一日平均340回。
 飽きずに毎日ご覧いただいている皆さんに深く御礼申し上げます。

 昨年末に作成した年賀状です。
 会社を退職して交友関係も会社中心から山仲間中心にシフトしましたが、関西ハイク山友会の会員の方々からいただく年賀状が増え、こちらからお送りする年賀状も三分の一が山友会の方になりました。
 出す賀状の枚数をあまり増やすわけにもいきませんので、心ならずも会社関係の方には欠礼してしまい、お詫び申し上げます。
 年賀状のデザインは毎年同じ構成で代わり映えしませんが、左上から時計回りで1月から12月の写真を並べています。
 中央は昨年はミルクちゃんでしたが、夫婦が比較的まともに撮れているのでひこにゃんとのスリーショットをお借りしました。ミルクちゃん、ゴメンね!

140101_uzumoridai_takahanemiti_nada 1997年1月に神戸に来てから17年、毎年山上で初日の出を見るのを楽しみにしていますが、今年も歩いて行ける一番近い標高340mの渦森台公園で日の出を迎えました。
 近いといっても自宅からだと約4km、70分かかりますから、今年も5時過ぎに御影を出発しました。
 夜明け前の谷沿いの道はヘッドランプも持ってきましたが、街灯もあって意外に明るく、6:24に無事渦森台公園に到着しました。
 会場は替わったけど、6:30から恒例のラジオ体操に参加し、7:05の初日の出に備え満を持して待機しましたが、今年は大阪平野から東は一面厚い雲に覆われていて、曙光の兆しさえ見えず、早々に見切りをつけて高羽道に向かいました。
 初風呂は元旦ではなく、二日を指すようですが、神戸は元旦から開いている、というか年中無休の銭湯が多いので、灘温泉も結構混んでいました。
 ちなみに最近よく行く「六甲おとめ塚温泉」も年中無休です。

【山行記録】
六甲「渦森台から高羽道、灘温泉」 初日の出(空振り)と初風呂

日 時:平成26年1月1日(水)5:17~9:20

参加者:1名/きよもり

コース:中御影―大仏橋―渦森台公園―高羽道―六甲ケーブル下―灘温泉
レベル:一般向き (散歩に毛が生えた程度)

地 図:国土地理院25000分の一「神戸首部」「西宮」、昭文社「六甲・摩耶」
 歩行断面図GPSトラックの歩行ルート図

行 程:約9.8km 所要時間:4時間03分(歩行:2時間56分、休憩:1時間07分)、天候:曇りのち晴、気温:10℃→8℃→7℃→6℃→7℃→10℃→14℃
 中御影(国道3号線、20m)5:17―御影霊園上(70m)5:35―大仏橋(150m、渡って鴨子ヶ原へ、10℃)5:50―渦森台入口(230m、8℃)6:04―渦森台公園(340m、ラジオ体操、初日の出待機、6℃)6:24~7:12―坊主山分岐(350m、日の出撮影)7:21~27―展望岩(440m、7℃)7:40~44―高羽道―油コブシ分岐(440m、7℃)7:55―ケーブル展望台(310m、7℃)8:10―六甲ケーブル下駅(250m、10℃)8:26~35―大土神社(210m)8:40―灘温泉9:40(40m、14℃、入浴\410)10:35―阪神・大石駅10:50

費 用:410円/入浴料
 
【写真】
PicasaのWEBアルバム、写真は位置情報付きで36枚あります。

140101 渦森台から高羽道、灘温泉

【地図】
歩行断面図
140101t_uzumoridai_takahanemiti_nad
GPSトラックの歩行ルート図
140101t_uzumoridai_takahanemiti_n_3
GPSの軌跡データ
「140101T_Uzumoridai_TakahaneMiti_NadaOnsen.gpx」をダウンロード

Posted on 1月 2, 2014 at 12:07 午後 | | コメント (0)

2013.11.01

131101-3 御影公会堂

131101-3 御影公会堂131101-3 御影公会堂131101-3 御影公会堂 御影公会堂は「火垂るの墓」にも登場するからご存知の方も多いのですが、この建物は昭和8年(1933年)に建てられたそうですから、今年で満80歳になります。
 戦災にも震災にも耐えた名建築ですが、地下食堂は建築当初から営業してきたそうですから、昭和の香りを残すオムライスが美味しいのは当然です。

Posted on 11月 1, 2013 at 03:46 午後 | | コメント (0)

2013.09.28

130928 古寺山遺跡調査資料

130928_furuderayamaisekityosa_01 昨日は足慣らしを兼ねて、渦森台展望公園から歩き始めて寒天山道を登り、六甲山上を横断して雲ヶ岩・心経岩・仙人窟址と六甲神秘ゾーンを廻り、シラケ谷から古寺山へ登りなおして最後はからとの湯へ出ました。
 約12.1km、6:42の行程ですが、絶好の秋晴れで風はないものの山上は18度で涼しく、秋らしい薊や、曙草、秋丁子などの花も見られ、楽しめました。
 最後に寄り道した古寺山はずっと「こじやま」と思っていましたが、山頂付近の遺跡調査資料を読むと「ふるでらやま」となっていますから、改めないといけません。

 この古寺山へ最後に登ったのは2008-7-27になっていますから、5年前の夏の盛りです。
 080728-2 山行記録:裏六甲・逢山峡~古寺山/例会下見
 当時はほとんど登る人もなく、道も紛らわしいところがあって、最後は強引に谷を下って、ドライブウエイの車道に飛び出しましたが、今回歩いてみると要所要所に親切な道案内があり、分岐には立派な道標が設置されていて驚きました。
 当時は気付かなかった登山路が四方から伸びているようで、シュラインロードや逢山峡と組み合わせると立派な1日コースになりそうでお奨めです。

 今回は源平合戦の最中に焼き討ちに遭い、廃寺に追い込まれた旧多聞寺の遺跡なども見られたので、興味を持って、インターネットで調べると1996年に「古寺山遺跡調査と多聞廃寺跡概要」というレポートが刊行されていると知りました。
 非売品なので、購入できませんが、神戸中央図書館で閲覧できるのが判り、早速出かけてきました。

 1996年資料以後の調査報告:神戸大学図書館公開資料 
 KobeUniversityRepository:Kernel 2013-9-29 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/81002269.pdf

 古寺山の最近の登山記録
 古寺山(お勧め度★★☆) 北六甲【2-14】 2013-2-9 http://www.geocities.jp/yamaaruki17/furudera.html

 神戸市北区 古寺山(636m) 2012-5-8 http://karamatsutei.web.fc2.com/h24/0508furuderayama.htm

 多聞寺の紹介記事
 多聞寺 - 唐櫃 http://www7b.biglobe.ne.jp/~yyyy/nojigiku2/tamonji.html

【資料抜粋】 「古寺山遺跡調査と多聞廃寺跡概要」

130928 古寺山遺跡調査資料

【地図】
歩行断面図
130927t_kantensando_kumogaiwa_kojiy
GPSトラックの歩行ルート図
130927t_kantensandou_kumogaiwa_koji
GPSトラックの軌跡データ
「130927T_KantenSandou_KumogaIwa_KojiYama.gpx」をダウンロード

Posted on 9月 28, 2013 at 11:23 午後 | | コメント (0)

2013.07.12

130712 待望の東灘図書館

130712 待望の東灘図書館130712 待望の東灘図書館130712 待望の東灘図書館 永らく摂津本山での仮住まいだった東灘図書館が9月23日に住吉川のたもとに新築オープンします。
 高層マンションに隣接したツーフロアの明るい建物が全貌を現しました。
 住吉だんじり資料館も併設されるようです。
 自宅から15分くらいなので、散歩を兼ねて来るには最適です。

Posted on 7月 12, 2013 at 12:52 午後 | | コメント (0)

2013.06.12

130612 モダンシティ KOBE

 神戸は戦災にも震災にも壊滅的な被害に遭っていますが、その都度見事に息を吹き返し、新しい街に生まれ変わっています。
 元町にあるこの建物は、角にあったビルを建て替えたのですが、モンマルトルの街並みが出現したみたいで、初めは違和感があったけど、今では辺りの雰囲気に溶け込んでいます。

Posted on 6月 12, 2013 at 01:31 午後 | | コメント (0)

2013.06.09

130503 散歩記録:4/12 吉野山名残の花見

 2ヶ月前のことなので、そのまま没にしてもよかったのですが、折角写真を撮ったり、GPSの軌跡を取っていましたので、思い出の印で公開しておきます。
 お気づきの通り、5月の連休前に私用でバタバタし、準備していた写真や軌跡マップを仕上げないままでまた山へ行くようなサイクルで、その間東京へ帰ったりもしていたから、やっと今週辺りからこの1、2ヶ月の記録を整理して公開できるようになった次第です。
 申し訳ありません。

130412_yoshinoyamahanami_016 吉野の桜は2000年5月3日~7日でに吉野から玉置山まで奥駆けを歩いた時に花が散ったあとの奥の千本を通って以来ですから、13年振りになります。
 神戸からだと三時間も掛かるので二の足を踏んでいましたが、手元に一枚だけ残った3dayチケットがもったいないのでJNKさんと出かけました。でも、近鉄は吉野まで3dayチケットで行けるわけではなく、手前の壷阪山までだったので950円が420円になっただけですが、御影から梅田を経由して壷阪山まで1250円の往復2500円が3dayチケットで1670円に割引になった計算です。

 駅の表示では奥の千本は満開となっていましたが、中の千本でバスを乗り継いで奥の千本まで行っても桜の花は半ば以上散っていて、期待はずれで残念でした。
 でも、奥の千本から奥駆道を吉野駅まで歩くことが出来たので、13年前には奥の千本までバスを利用していたのをリカバリーできてよかったです。
 また、途中の高城山展望台から正面に高見山の秀峰や台高北部の山を望めたので、来た甲斐がありました。
 次回はもう少し早い時期に訪れてひと目千本の絶景を堪能しようと思います。

【散歩記録】
吉野「吉野山・名残の花見」

日 時:平成25年4月12(金) 11:22~14:26

参加者:2名/JNKさん、きよもり

コース:近鉄・吉野(バス\350)中の千本(バス\400)奥の千本―金峯神社―義経隠れ塔下―奥の千本―高城山展望台―水分神社―花矢倉展望台―御所の芝―中の千本―勝手神社―吉野温泉―近鉄・吉野
レベル:初級向き (下りのみ)

地 図:国土地理院25000分の一「吉野山」「新子」
 歩行断面図歩行ルート図

行 程:約7.3km 所要時間:3時間04分(歩行:2時間01分、休憩昼食:1時間03分)、天候:快晴、気温:10℃
 大阪阿部野橋8:20(近鉄・吉野線/壷阪山~吉野\420)9:50吉野10:12(吉野自動車バス\350)10:27中の千本11:10(吉野自動車バス\400)11:22奥の千本
 奥の千本(700m)11:22―金峯神社(750m)11:30―義経隠れ塔・P726m(昼食、10℃)11:36~12:10―奥の千本バス停(700m)12:17―高城山展望台(690m)12:28~37―水分神社(600m)12:50―花矢倉展望台(560m)12:56~13:06―御所の芝・雨師観音堂(460m)13:20~30―中の千本(400m)13:35―勝手神社(右折、360m)13:45―吉野温泉元湯(260m)14:05―近鉄・吉野14:26
 吉野15:04(近鉄・特急\420+\500)16:22大阪阿部野橋
費 用:交通費(バス代)750円、近鉄は往復1340円(3デイキップ無しでは2400円)

【写真】130608掲載 写真は57枚あります

130412 吉野山のお花見

【地図】
歩行断面図
130412t_yoshinoyamadanmen
GPSトラックの歩行ルート図
130412t_yoshinoyama
GPSの軌跡データ
「130412T_YoshinoYama.gpx」をダウンロード

Posted on 6月 9, 2013 at 12:10 午前 | | コメント (0)

2013.05.18

130518 明日の雨を見越して山歩

130518 明日の雨を見越して山歩130518 明日の雨を見越して山歩130518 明日の雨を見越して山歩 明日は関西ハイク山友会の例会が予定されていますが、天気が下り坂です。
 今日17時の天気予報で決まりますが、中止になったら9月にリベンジします。

 今日はJNKさんのリハビリに付き合って、渦森台から六甲ケーブル下までゆっくり山歩して、ケーブル下で弁当を食べてから久し振りに灘温泉で汗を流してきました。
歩行距離:2.9km、歩行時間:1:37

【地図】
歩行断面図
130518t_uzumoridai_takahamiti_rokko
GPSトラックの軌跡
130518t_uzymoridai_takahamiti_rokko
GPSデータ
「130518T_Uzymoridai_TakahaMiti_RokkoKeburuSita.gpx」をダウンロード
20130518_114006motion

Posted on 5月 18, 2013 at 03:27 午後 | | コメント (0)

2013.04.12

130412 吉野山の残念桜

130412 吉野山の残念桜130412 吉野山の残念桜130412 吉野山の残念桜130412 吉野山の残念桜 またまたJNKさんのお供で吉野まで花見に来ました。
 今年は吉野山の桜も開花が早くて、奥の千本まで上がりましたが、花の盛りは過ぎていて残念桜でした。
 でも高城山の展望台からは東に高見山や曽爾の山、西には金剛山、葛城山、二上山もよく見えて、気持ちよかったです。
 帰りは500円奮発してビールを飲みながらユッタリと特急で帰ります。

Posted on 4月 12, 2013 at 03:38 午後 | | コメント (0)

2013.04.06

130406 甲山大師道の石仏

980830_kabutoyama_sekibutu130401_kabutoyama_sekibutu_01 昨日の散歩では、甲山から甲陽園までは4月1日(月)同様、大師道を下りましたが、十年位昔(04/11/28)にこの道に沿ってたくさん並ぶ石仏を巡ったのを思い出しながら歩きました。
 ここに石仏があるのを知ったのは東京から神戸へ単身赴任した翌年(98/8/30)ですから、15年も前のことです。
 この石仏は江戸時代中期に四国八十八ヶ所廻りのミニ版として建立されたのだそうです。
 甲山八十八ヶ所
 あちこちHPを探してやっと石仏の探索地図を見つけました。
 甲山神呪寺 88ヶ所めぐり

【地図とリスト】
PhotoPhoto_2

Posted on 4月 6, 2013 at 04:35 午前 | | コメント (0)

2013.04.05

130405 明日明後日の下見は4月9日、10日に延期

明日明後日の下見は4月9日、10日に延期 明日の京都北部の降水確率は午後から90%。
 雨天決行としていましたが、山は大荒れになりそうなので、3日ずらせて4月9日(火)〜10日(水)に下見に行くことにします。
 参加者は6名になりました。

 ということで、今日は嵐の前の最後の花見で、再度北山公園から甲山を歩きました。

Posted on 4月 5, 2013 at 06:56 午後 | | コメント (0)

2013.04.04

130404 渦森台の桜

130404 渦森台の桜130404 渦森台の桜130404 渦森台の桜130404 渦森台の桜 昼前から手近な花見でまた渦森台へやってきました。
 満開の花の下で寛いで汗ばむ陽気の高台から春霞の街へ下り、三宮へ

Posted on 4月 4, 2013 at 02:27 午後 | | コメント (0)

2013.04.01

130401 夙川から北山公園

130401 夙川から北山公園130401 夙川から北山公園130401 夙川から北山公園 昨日の今日ですが、4月末のSAC懇親山行の下見で夙川から北山公園、甲山を歩きました。
 下りは甲山から仁川まで歩くと距離があるので、甲山から大師道を通って甲陽園に抜けました。
 ゆっくり休みを入れて6時間だから、夙川を9時から歩き始めたら15時には甲陽園に着けると思います。
 夙川の川沿いの散歩道は桜が満開で平日にも関わらず、人出が多くてビックリしました。

130401 夙川から北山公園130401 夙川から北山公園 北山公園でゆっくり昼御飯を食べましたが、本番では北山貯水池で昼食になります。
 その頃には桜は散っていますが、三つ葉ツツジの花が咲き誇っているでしょう。

Posted on 4月 1, 2013 at 06:04 午後 | | コメント (0)

2013.03.20

130320 渦森台公園から三角公園へ花の散歩

130320_029 黄砂が神戸の空を覆い、更に雨が降り出しそうな天気ですが、暖かいので岡本梅林へ梅を見に行こうと云うことになりました。
 その前に折角出かけるのだから冷凍庫に保存してあるヘレ肉を持って行くことにしましたが、岡本梅林ではコンロは使えないのでいつもの渦森展望公園で焼き肉を食べてから、岡本へ回るつもりでバスの乗りました。

 渦森台公園は例によって誰もいませんが、公園は綺麗に整備され季節の花が咲き始めて落ち着きます。
 桜の木が20本以上あるから、来週辺りには咲き始めて花見で賑わうのかも知れませんが今日は二人占めでゆっくりヘレ肉を堪能しました。
 焼き始めてすぐに雨が降り出したけど、幸い屋根がある東屋に避難してたっぷり食後のコーヒーまで楽しみました。

 御影駅に向かうつもりで渦森台の住宅街を下っていきましたが、途中の三角公園に梅の花が見えたので寄り道してみると、これまで何度も前を通っていたのに気付かなかった梅の木が数十本もあって、すべての木に梅の花が満開でビックリしました。
 ゆっくり観梅出来たので今更雨の岡本梅林へ行くまでもないと、渦森台や鴨子ヶ原の住宅街の庭先を飾る白木蓮やぼけ、桃、梅などの花を拝見しながら御影駅に下っていきました。

 残念ながらデジカメを持って行かなかったので折角の花がはっきり写っていませんが携帯で撮った写真を掲載させていただきます。

【地図】
歩行断面図
130320s_uzumoridai_sankakukoendanme
GPSトラックの歩行ルート図(約3.8km)
130320s_uzumoridai_sankakukoen
GPSの軌跡データ
「130320S_Uzumoridai_SankakuKoen.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 20, 2013 at 11:45 午後 | | コメント (0)

2013.02.04

130304 打出神社

130304 打出神社 毎週、山行の翌日の月曜日は年末に痛めたアキレス腱のリハビリのためバスで芦屋の山打出にある整形外科に通っています。
 今日初めて海側にある阪神・打出駅に向かいました。
 なぜバス停が山打出なのか判りませんでしたが、海側に下ってすぐに打出神社があるからだったんですね。
 打出の小槌は一寸法師の童話に出てきますが、神社の起源はたびたびの災厄で失われて不明だそうです。
 阪神淡路大震災でも鳥居が倒れて翌年再建されたそうですが、西国街道の要地に在りますからいにしえより信者が多かったんでしょうね。
 
 参考:打出神社由緒

Posted on 2月 4, 2013 at 10:55 午後 | | コメント (0)

2013.01.07

130107 渦森台焼き肉

130107 渦森台焼き肉130107 渦森台焼き肉130107 渦森台焼き肉 今日もまたバスで渦森台まで上がって焼き肉で昼ご飯です。
 この正月は天気に恵まれ、ほとんど風のない過ごしやすい絶好の日和が続きました。
 折角の日和なので、バタバタと食材を用意して、またバスで渦森大展望公園に上がってきました。

 今日はほとんど散策する人もなく広い公園を二人で占領してしまいました。
 日差しを浴びながら一人200g以上、食べ切ってしましましたが、体重が心配です。

Posted on 1月 7, 2013 at 02:52 午後 | | コメント (0)

2013.01.03

130103 初散歩

130101_uzumoridaihatuhinode_004_2 神戸に来てから18年、毎年元旦は初日の出を拝むようにしています。
 最初の頃は東おたふく山や、中山最高峰など毎年行き先が変わっていましたが、ここ10年は摩耶山の掬星台か史跡公園で初日の出を拝むようになりました。
 最初の頃は王子公園のマンションからヘッドランプを点けてせっせと昇っていましたが、最近は摩耶ケーブルの始発に乗って、700mの山頂まで一気に運んでもらう軟弱パターンが定着しています。
 今年もそのつもりでいましたが、昨年末から、今年3月まで摩耶ケーブルは改修工事中とのことで、当てが外れてしまいました。
 それでは、お馴染みの渦森大展望公園で初日の出を迎えようと、バス時間を調べたら、6時台にはまだ走っていないので、自宅から歩くことにしました。
 5時に出発してノンストップで1時間10分、6時10分に渦森台展望公園(340m)に到着しました。
 まさか、こんな所へ夜明け前から来ている人はいるまいと思ったら、お年寄りを中心に6時半頃には30人以上の人が公園に上ってきてビックリしました。
 でも初日の出を拝むにしては皆さん手ぶらで軽装なのでおかしいと思ったら、ラジオが大音声でなり出して、アアそうか!と気付きました。そうです、ラジオ体操のために皆さん公園に上がってきているんですね。

 今年の初日の出は、久し振りに山の端の厚い雲もなく、二上山と信貴山の竜田川の谷間のはるか先、台高山脈の池木屋山と思われる山の端から昇りました。

【散歩記録】
御影山手・渦森台展望公園の初日の出

日 時:平成25年1月1(火曜日)5:00~10:30
コース:御影駅前ローソン―頌栄短期大学―渦森台―渦森台展望公園(初日の出)―甲南病院―石屋川―灘温泉

地図:国土地理院25000分の一「神戸首部」「西宮」
 歩行断面図歩行ルート図

行 程:約9.5km 所要時間:3時間41分(歩行:2時間29分、休憩昼食:1時間12分)、天候:快晴
 ローソン御影駅前店5:00―阪急御影駅西8:13―頌栄短大5:24―大仏河原5:38―渦森台5:51―渦森台展望公園6:10~7:17―渦森台7:41―甲南病院7:51~56―石屋川8:15―八幡神社8:30―灘温泉8:41
【写真】
PicasaのWEBアルバムです

130101 渦森台展望公園・初日の出

【動画】youtube

【写真】
130101_uzumoridaihatuhinode_001_2130101_uzumoridaihatuhinode_002_2

130101_uzumoridaihatuhinode_003130101_uzumoridaihatuhinode_004

130101_uzumoridaihatuhinode_005130101_uzumoridaihatuhinode_006

【地図】
歩行断面図
130101s_uzumoridaihinodedanmen
GPSトラックの歩行ルート図
130101s_uzumoridaihatuhinode
【動画】圧縮無しYoutube

Posted on 1月 3, 2013 at 11:51 午後 | | コメント (0)

2012.12.06

121206 散歩道

121207 散歩道121207 散歩道121207 散歩道 家にいては身体がなまるので風があって寒いけど、また渦森台展望公園まで上がってきました。
 日陰は寒いけど日なたは気持ちが洗われます。
 家から一時間、休み無しで300m登ったら少し汗ばむほどで丁度よい散歩になりました。
 名残の紅葉が迎えてくれました。
 これから折り返して、買い物をして帰ります。

Posted on 12月 6, 2012 at 11:15 午前 | | コメント (0)

2012.11.23

121123 渦森台展望公園

121123 渦森台展望公園121123 渦森台展望公園121123 渦森台展望公園121123 渦森台展望公園121123 渦森台展望公園
 今日は雨になるのが判っていたので、昨日、紅葉が色づき始めた裏山へ出掛けました。
 と言っても、山登りではなく焼き肉の食材を小さなリュックに詰めてバスで御影奥の渦森台展望公園まで行っただけですが、340mあるから大阪湾が一望です。
 あいにく、大阪湾はもやがかかっていて、生駒山や金剛山も見えませんでしたが、期待した紅葉はちょうど見頃でした。
 広い公園を二人で独占して用意したバーナーと鉄板で牛タンと上ロースを目一杯堪能しました。
 山の例会や下見ではゆっくりする時間がなかなかありませんが、春になったら軟弱コースを設定して北山で焼き肉例会をやりたいと思います。
 湊川市場の橘屋の肉は安くておいしいから、食材は一人千円くらいで用意出来ます。

【参考地図】下りだけ渦森台展望公園から阪急御影駅まで2.5km歩きました。
断面図歩行ルート図

断面図
121122t_uzumoridaikoen_mikagedanmen

歩行ルート図
121122t_uzumoridaikoen_mikage

Posted on 11月 23, 2012 at 05:46 午前 | | コメント (2)

2012.10.11

121011-2 からとの湯

121011-2 からとの湯121011-2 からとの湯121011-2 からとの湯 焼き肉のあと、午後からは散歩から山歩モードに切り換えて、油こぶしからケーブル山上に上がり、記念碑台を経てシュラインロードの三十三体仏をカメラに納めながら唐櫃に降りてきたら19時で真っ暗でした。
 久し振りにからとの湯でゆったり寛いで帰ります。
 ここのお湯は傷にはてきめんに効くし、冷や奴は抜群なんです。

Posted on 10月 11, 2012 at 08:13 午後 | | コメント (0)

121011-2 仕上げ

121011-2 仕上げ121011-2 仕上げ 山ステーキの仕上げはやっばり珈琲ですね。
 山用のコップはいつも三つ持っていますが、一つだけチタンではなくスチールにしているのは、このままコンロにかけてお湯が沸かせるからなんです。
 肉のあとはやっぱり珈琲に限ります。

Posted on 10月 11, 2012 at 01:35 午後 | | コメント (0)

121011 山ステーキ

121011 山ステーキ121011 山ステーキ121011 山ステーキ121011 山ステーキ いつもの散歩コースを歩いて340mの渦森台公園まで登ってきました。
 今日は中途半端に残ったガスボンベを片付けるつもりもあって、コンロと昨日買っておいた肩ロース肉をサブザックに入れてきましたから、ビールを飲みながら山ステーキです。
 久し振りに鉄板プレートの出番ですが、程良く焦げ目がついてやっぱりおいしいです。

Posted on 10月 11, 2012 at 01:31 午後 | | コメント (2)

2012.09.27

120927 灘温泉から水道筋

120927 灘温泉から水道筋120927 灘温泉から水道筋120927 灘温泉から水道筋 12時から散歩に出かけて、三角点(点名:鉄塔下246.5m)から尾根通しに薮漕ぎをして坊主山(376m)に登りました。
 さらに展望所(440m)まで急坂を登り、油こぶしの分岐から六甲ケーブル下に降りてきました。
 灘温泉で汗を流し、JNKさんと待ち合わせて、水道筋の魚河岸のすし「えびす」で寿司を食べて、やっと長い半日が終わりました。

【追記】
きよもり同様、物好きな(失礼)先達がおられました。
四等三角点 鉄塔下 (坊主山)/平成19年6月3日(日)
地図付きなところまでそっくりです。GPSを持っていればコソの荒技をこなしておられます。

ホームページ:観石万歩 伊丹市近郊山歩き 三角点を訪ねて
探訪された三角点のマップを見てびっくりしました。
三角点へのこだわりは半端じゃありません。
ご苦労様です。

Posted on 9月 27, 2012 at 08:12 午後 | | コメント (0)

2012.09.12

120912 風見鶏から灘温泉へ

120912 風見鶏から灘温泉へ120912 風見鶏から灘温泉へ 昼から北野坂を上がり山沿いの北野道を新神戸まで歩いて、気になっていた山麓リボンの道をたどりましたが、紆余曲折していてなかなかルートが判らず残念です。
 昇ったり下ったりで、最後は摩耶ケーブル駅から都賀川に出て灘温泉をゴールにしました。
 3時間45分18000歩ですが、坂が多くて結構疲れたから源泉が心地良いです。

【地図】
断面図
120912t_kitanosaka_nadaonsendanmen
ルートラボの軌跡
http://yahoo.jp/x0uy_i
GoogleMAPの地図

より大きな地図で 120912 北野坂から灘温泉 を表示
【写真】

120912 北野坂から灘温泉

Posted on 9月 12, 2012 at 04:57 午後 | | コメント (0)

2012.09.07

120907 住吉川河口から渦森台

120907 住吉川河口から渦森台120907 住吉川河口から渦森台120907 住吉川河口から渦森台 今日は午後から足慣らしのつもりで歩き始めて、住吉川河口から白鶴美術館まで川沿いに登りました。
 途中で明日の例会が中止との連絡をいただいたので、そのまま足を伸ばして渦森展望台まであがってきました。
 日が陰ったので涼しいです。
 今から帰ります。

歩行時間: 3:52、歩行距離:12.4km、18,464歩

【写真】

120907 住吉川河口から渦森台公園

【地図】
120907t_sumiyoshigawa_uzumoridaikoe
ルートラボの地図
120907 住吉川河口から白鶴美術館、渦森台公園
GoogleMAPの地図

より大きな地図で 120907 住吉川河口から白鶴美術館、渦森台公園 を表示

Posted on 9月 7, 2012 at 05:47 午後 | | コメント (0)

2012.08.31

120831 西田眞人の神戸の絵画

120831 西田眞人の神戸の絵画120831 西田眞人の神戸の絵画 西田眞人さんは日本画家ですが、震災跡地や神戸の風景を題材として繊細な作風で描かれたています。
 再び六甲大橋を渡って住吉川河口に戻ってきました。

Posted on 8月 31, 2012 at 02:01 午後 | | コメント (0)

120831 昼マック

120831 昼マック 先週休館日で入れなかった六甲アイランドの神戸ゆかりの美術館へ来ました。
 1時間歩いただけで汗だくです。
 身体を冷やさないとのぼせそうなので、早めの昼食を兼ねてマックでアイスシェーク
 やっと汗が引きました。
 明日から9月なのに連日の快晴で、今年の8月は30度を越した日が29日だったそうです。
 山が恋しいですね。

Posted on 8月 31, 2012 at 11:40 午前 | | コメント (0)

2012.08.30

120830 坊主山から鉄塔下三角点へ

120830 坊主山から鉄塔下三角点へ120830 坊主山から鉄塔下三角点へ 坊主山から鉄塔下三角点の薮刈完了しました。
 花は綺麗なのに、蛇結茨(ジャケツイバラ) のとげは長くて強いから、今日は長袖と手袋の完全装備なのに満身創痍です。
 灘温泉で汗を流して、着替えてサッパリしたからバスで帰ります。

Posted on 8月 30, 2012 at 05:34 午後 | | コメント (0)

2012.08.22

120822 六甲アイランド

120822 六甲アイランド120822 六甲アイランド 今日の散歩は方向を変えて、住吉川河口から橋を渡って六甲アイランドへ
 お目当ての『神戸ゆかりの美術館』は水曜定休で入れなかったので、六甲アイランドの外周5kmの遊歩道を一周しました。
 南端は六甲マリンパークで海が広がっていましたが、釣り人が二人いただけで、発着する船もなく閑散としていました。
 それにしても、山と違って木陰も無いから暑さに閉口しました。

 歩行時間:4:42、歩行距離:13.9km、17,172歩
【写真】
PicasaのWEBアルバム、写真は37枚あります。

120822 六甲アイランド

【地図】
ルートラボの地図
GoogleMAPの地図

より大きな地図で 120822 六甲アイランド一周 を表示

Posted on 8月 22, 2012 at 02:32 午後 | | コメント (0)

2012.08.18

120818 弓場線と御影町役場跡

120818 弓場線と御影町役場跡120818 弓場線と御影町役場跡 最近頻繁に出かける渦森台公園への散歩の歩き始めはマンションのすぐ西を南北に伸びる幅27mの弓場線を北へ上っていくことが多いです。
 でも弓場と云う地名はこの付近にはありませんから、不思議に思っていました。

 wikipediaで調べると、昔、御影町役場が置かれていた弓場筋を震災後、拡幅・延長して、深田池の北側で御影山手線という東西に延びるこちらも工事中の道路と接続する計画になっているそうです。ただ、道路としては戦時中に空襲時の避難道路として用地確保されたそうですから、70年を経てようやく完成に近づいています。
 更に調べると弓場というのは、阪神御影駅の南側一帯の古地名で『旧小字名であると同時に町制時代の区の名で「弓ノ場町」と呼ばれていた』由緒正しい呼称だそうです。御影のだんじり祭りには「弓場」のだんじりも威勢よく練り歩きます。

 調べついでに、旧御影町役場跡の石碑を見に行ってきました。ミドリ電化(エディオン)のすぐ西向かいにひっそりと石碑がありました。

120818


Posted on 8月 18, 2012 at 12:48 午後 | | コメント (0)

2012.08.17

120817 散歩記録:8/16 藪と茨と蜘蛛の巣をかき分けて「鉄塔下」三角点へ

120816_uzumoridaikoen_tettoshitasan 懸案だった坊主山の南にある四等三角点(点名:鉄塔下・246.5m)をようやく確認しました。 
 坊主山から三角点に向かう尾根の取付が判らず何度も行き来したけど、笹と茨の藪で踏み跡は判然とせず。 
 20mほど降りた辺りから尾根がはっきりして踏み跡もあり、急尾根を降り切ると鉄塔巡視路に合流し、無事三角点のある鉄塔に到着。 
 36℃の猛暑で、藪こぎと日差しに辟易しながら、「六甲おとめ塚温泉」に着いたときには青息吐息。
 綺麗な源泉と湯上がりのビールで息を吹き返しました。 
 お疲れ様!
【写真】
PicasaのWEBアルバムです。
写真は位置情報付きで40枚あります。

120816_渦森台から鉄塔下三角点

【地図】
カシミール3Dの断面図
120816t_uzumoridaikoen_tettousitasa
ルートラボの歩行ルート図

ルートラボの地図

GoogleMAPの地図

Posted on 8月 17, 2012 at 03:40 午前 | | コメント (0)

2012.08.16

120816 薮漕ぎと温泉

120816 薮漕ぎと温泉 軽い気持ちで坊主山から鉄塔下三角点へ向かいましたが、すごい薮と茨、蜘蛛の巣で泥んこの汗みどろになりました。
 このまま帰ったらひんしゅくを買いますから、気になっていたおとめ塚温泉で汚れや蜘蛛の巣を洗い流してサッパリ
 生ビールにゆで卵で空腹もおさまりました。
 朝65.4kgだったのに63.4kgに減っていました。

Posted on 8月 16, 2012 at 02:58 午後 | | コメント (0)

2012.08.14

120814 荒れ模様

120814 荒れ模様 予約してあったので、また神鋼病院の皮膚科へ
 今回はヒルに噛まれたのは一ヶ所なので病院へ行くほどのことではないけれど、折角だから見てもらいました。
 噛まれてすぐ塗る薬と膿みだしたら塗る化膿止め薬を調合してもらいました。
 帰りにまた御影山手に散歩で回るつもりでしたが、雨が断続的に降っているから、三宮まで歩くだけで我慢しました。

Posted on 8月 14, 2012 at 10:58 午後 | | コメント (0)

2012.08.09

120809 散歩か山歩か/8/8 渦森台公園から鶴甲

120808_uzumoridai_turukabuto_014 8/7、前日に踏み損ねた坊主山の南南西に伸びる尾根の下部にある四等三角点(点名:鉄塔下246.5m)を再度確認するため、また昼前から散歩に出ました。
 渦森台公園までは深田池の横から甲南病院の東に突き上げる最短ルートをとり、更に直線の車道を鴨子ヶ原の上端に上がって、13時前には渦森台公園に着きました。

 午後1時から、坊主山へ登るつもりで山道に入りましたが、途中の分岐から道標に展望所という表示があるのが気になって坊主山へ行く前に寄り道してもすぐ戻れる、とたかをくくって登り始めたら、これがまた相当な急登で、とてもじゃないけど戻るのがもったいなくなってきました。
 躊躇の末、三角点探訪は次の機会に譲ることにして、鶴甲を目指しましたが、展望所からの登山道はほとんど平坦な幅広い木陰道で、日差しが遮られて28℃くらいしか無くて快適でした。

 油コブシ分岐からは六甲ケーブル下までお馴染みの登山ルートを逆に下って、日差しにうんざりしながら、十善寺を目指しましたが、バス道から十善寺に通じる道はないようで、20mくらい登って十善寺の奥の院からお寺へ出ました。多分十善寺へは山側から入る一般道はなく、通常は高羽交差点から上がってくるのだと思われます。
 あとはお馴染みの灘温泉・六甲店で汗を流し、御影に新しくできたパン屋さんに寄って帰宅したら18:15でした。
 
 六甲山頂には上がってないとはいえ、高度450mなら立派な登山と言ってもよいかも知れません。
 散歩なのか山歩なのか微妙ですが、登山スタイルで歩いたわけではないからやはり散歩としておきます。
 ちなみに歩行距離は13.0km、所要時間は温泉入浴の1時間込みで6時間24分、歩数は一日で19.069歩でした。

【地図】
カシミール3Dのトラックデータ
断面図
120808t_uzumoridaikoen_turukabutoda
GPSトラックのルート図
120808t_uzumoridaikoen_turukabuto

120808_渦森台から鶴甲

ルートラボの市街地地図
http://yahoo.jp/6cWPgc
Google Mapの市街地図
http://goo.gl/maps/1bGgw
ルートラボの特徴は
1.歩行GPSデータを元に行程の断面表示ができる
2.経過時間にシミュレーションされた歩行の模擬体験ができる
3.航空写真データが新しい
GoogleMapの特徴は
1.ストリートビューで歩いたルートの視覚化ができる

どちらもそれなりの特徴がありますが、共通した欠点は写真の埋め込みが地図ルートと連動していないと言うことです。

Posted on 8月 9, 2012 at 07:24 午後 | | コメント (2)

2012.08.08

120808 渦森展望台から灘温泉

120808 渦森展望台から灘温泉120808 渦森展望台から灘温泉120808 渦森展望台から灘温泉 今日は夕方から飲み会があるけど、何となく気になっていた坊主山の三角点を確認するつもりで昼前に出掛けました。
 ところが、坊主山への分岐からちょっと覗くつもりで展望台へ寄り道したら、これが結構急登で、同じ道を下るのも面妖なのでそのまま、尾根を縫って途中で油コブシの分岐をへて鶴甲に降りてしまいました。
 十善寺でゆっくり休んで、灘温泉で汗を流して帰るから飲み会にはぎりぎり間に合いそうです。

Posted on 8月 8, 2012 at 05:21 午後 | | コメント (0)

2012.08.07

120807 渦森展望公園から坊主山


より大きな地図で 120807 渦森展望公園から坊主山 を表示
気になっていた坊主山へ初めて登ってきました。
本当は坊主山の南にある三角点まで行きたかったけど、藪のようなので次回の楽しみにしておきます。
今日の行程は9.8km、3:51でした。
万歩計は14,845歩になっています。
体重は1.6kg減っていました。

ルートラボでカシミール3Dのトラックデータを.GPXのファイルに落としたものを読み込むと、所要時間や各ポイントでの時間まで表示されます。
また、ルートのトレースが経過時間通りのスピードで移動します。
ルートラボの地図

【おまけ】
ルートラボでGPSデータを読み込みできることが確認できたので、過去のトラックも読み込んでみました。
7月19日に初めて渦森展望台公園まで登り、住吉川の河口まで高度差350mを登り下りしたデータです。

コメント:
頌栄短大横から新田川沿いに上がり、新神戸変電所の手前で鴨子ヶ原への階段を上がり、更に川の左岸沿いの車道を奥まで行くと急階段。
急階段を上ったところは渦森台の入口で、団地を迂回しながら最奥の渦森展望公園で大休止。
後半は住吉川へ向かうため、西山谷の河原から寒天橋、渦森橋、赤塚橋と下って、白鶴美術館の横から住吉川の河原に降り、左岸を河口まで歩きました

Posted on 8月 7, 2012 at 06:30 午後 | | コメント (0)

2012.08.01

120801 ルートラボの散歩軌跡


 GoogleMAPで散歩道の軌跡を表示することができて、ストリートビューが楽しめましたが、Yahoo!ロコの地図データを使ったルートラボでもGPSの軌跡データを取り込めましたので、試しに公開します。
 こちらのおもしろいのは歩行の矢印マークが移動します。
 それだけのことですが、航空写真はGoogleより新しいようで、マンションとかは最近の様子にほぼ近いです。
 しかし、公開用のURLでは地図と航空写真の切り替えができないようです。

 こちらではどうでしょうか。
 リンクで飛ぶと、うまく航空写真の切り替えもできます。
 歩行速度を変えたり、歩行マークの高度が表示されたり、結構こちらも楽しいです。

 GPSの機器はGARMINの地図が表示できるオレゴン(Oregon550TC)やイートレック(eTrex30)などの機種だと8万円から10万円もしてなかなか手が出ませんが、いまきよもりがやっているように歩いた軌跡だけをデータとして残すなら、GPSロガーとして1万円以下(例:I/Oデータ旅レコ 7500円位)で手に入りますから、パソコンと組み合わせて、軌跡を地図に表示させたり、メールで送ったりもできます。

Posted on 8月 1, 2012 at 01:40 午後 | | コメント (0)

2012.07.29

120729 散歩道の地図表示―GoogleMapにGPSトラック表示

120726_uzumoridai_takahamiti 登山の地図はGARMINのGPSトラックをカシミール3Dに読み込むと歩行ルートも断面図も簡単に表示できてブログ掲載もできますが、散歩道のGPSトラックをカシミール3Dのトラックデータとして読み込んでも、市街地の表示が国土地理院の電子国土は25000分の一なので道路はかなり省略されています。
 GoogleMAPやGoogleEarth、Yahoo!ロコ、MapFan.netでは市街地の詳細表示ができ、衛星写真とオーバーラップできるので、結構使えそうですが、今のところ一番機能が多いYahoo!ロコにGPSトラックを読み込むのはJAVA Scriptを使わないと駄目みたいで敷居が高すぎます。
 ということで、GoogleMapを使ってみることにしました。
 GoogleMapは市街地の地図表示が詳細でズームができて、航空写真とも合成でき、ストリートビューが表示されるので、結構楽しいです。

120726 御影渦森展望台公園から高羽道
【追記】
 7/19の行程も掲載しておきます
120719渦森展望台公園から住吉川河口

【ストリートビューの写真】
甲南病院入口と高羽桜ヶ丘付近
120726_koonanbyoin120726_takahasakuragaoka

【マンションからの俯瞰写真】
 今日(7/29)、マンションの47階に上がる機会があったので、北側の景色を撮ってみました。
120729_tenbo_001120729_tenbo_002

120729_tenbo_003120729_tenbo_004

Posted on 7月 29, 2012 at 06:01 午後 | | コメント (0)

2012.07.26

120726 再び渦森台公園

120726 再び渦森台公園120726 再び渦森台公園120726 再び渦森台公園 午後から汗をかくつもりで35℃の猛暑の中を散歩に出ました。
 渦森展望台公園まで1時間30分歩いた分だけタップリ汗をかきました。
 渦森展望台公園には先客がいて、同じく汗だくで伸びていました。
 ここから一度歩いた巻き道をたどって油コブシに抜ける予定です。

Posted on 7月 26, 2012 at 03:17 午後 | | コメント (2)

2012.07.23

120723 臨港線跡

120723 臨港線跡120723 臨港線跡120723 臨港線跡 明治40年(1907年)から平成15年(2003年)まで神戸港と灘貨物駅を結ぶ貨物線として明治大正昭和を通じて活躍した神戸臨港線も役目を終えて今は線路敷や鉄橋が遊歩道になっています。
 もちろん信号もないから絶好の散歩道です。
 御影から三宮まで2時間半、約8kmでした。

Posted on 7月 23, 2012 at 04:44 午後 | | コメント (0)

120723 西求女塚古墳

120723 西求女塚古墳120723 西求女塚古墳120723 西求女塚古墳 御影から1時間
 阪神西灘駅の近くに西求女塚古墳があります。
 処女塚古墳を挟んで東西に同じ距離を置いて求女塚古墳があるのは偶然ですが、それを元に処女塚伝説が語り継がれているのは不思議です。

Posted on 7月 23, 2012 at 03:17 午後 | | コメント (0)

2012.07.20

120720 雨模様

120720 雨模様120720 雨模様 昨日は曇り空でしたが、今日は朝から雨が降ったり止んだりで、結局出そびれました。


 昨日は帰ってみれば5時間、12.4kmも歩いていました。
 10:30に出て、渦森台展望公園で昼弁当、懐かしい寒天橋からそのまま住吉川河口まで歩きましたから、散歩なのか山歩なのか区別が付きません。
【7/19の地図】
歩行断面図
120719t_uzymoridai_sumiyoshigawadan
GPSトラックの歩行ルート図
120719t_uzymoridai_sumiyoshigawa2

Posted on 7月 20, 2012 at 05:23 午後 | | コメント (0)

2012.07.19

120719 渦森台公園

120719 渦森台公園120719 渦森台公園120719 渦森台公園 御影から出ているバスに乗れば30分もあれば高度350mの渦森台公園まで一気に運んでくれますが、今日は1時間30分かけてここまで歩いてきました。
 高校時代、阪急御影駅から大月地獄谷や西山谷に入るのに車道を1時間近く歩いたのを思い出します。
 上りは新田川に沿って登ってきたから下りは住吉川に出て河口まで行きます。
 毎日3時間も歩いていたらいくらビールを飲んでも痩せます。
 先月より2kg体重が減りました。

Posted on 7月 19, 2012 at 12:50 午後 | | コメント (0)

2012.07.18

120718 深田池と謎の塔

120718 深田池と謎の塔120718 深田池と謎の塔120718 深田池と謎の塔120718 深田池と謎の塔 阪急御影駅の北に深田池があって、災害時の避難場所になっているし、西山谷や大月地獄谷へ入るときはこの池の前を通り、白鶴美術館から川沿いに登っていきます。
 今は奥まで宅地が広がって、バスが頻繁に通うようになり、この池で集合したりする機会は減りました。
 深田池は周りを緑で囲まれ、高台なので風もよく通りますから、絶好の憩い場所で昼間から釣りを楽しむお年寄りや水辺を求めて青サギが悠々と寛いでいたりします。

 ただひとつ気になるのは、池の借景になっている山の頂上に唐風の塔が建っていることです。
 まだ中学生だった頃から深田池の前を通る度に気になっていたから、50年来の疑問でした。
 今日はこの塔の下まで行ってみようと、池の西から回り込んでみましたが、御影霊園や頌栄短期大学がこの山の西と北にあって、この山全体が個人のお宅のようです。
 結局山を一周して深田池に戻ってきました。
 あとはインターネットで検索するしかないですね。
 そう言えば、岡本の保久良神社の西にも山の上に目立つ多重の塔がありますが、あちらは某宗教法人の塔で一般の人は近づけません。

ps:この山上にあるのは「大林組」所有の仏舎利塔でした。VIPの客のために作られた「展望台」なんだそうです。
  ちなみに岡本の方に見える多宝塔は「霊法会」の仏舎利塔だそうです。

Posted on 7月 18, 2012 at 12:24 午後 | | コメント (0)

2012.07.17

120717 敏馬(みぬめ)神社

120717 敏馬(みぬめ)神社120717 敏馬(みぬめ)神社120717 敏馬(みぬめ)神社 敏馬と書いてみぬめと読みます。
 ここは万葉集でも多くの歌人がみぬめのうらと詠んだ景勝の地
 昭和の初めに阪神電車の地下化工事の残土で埋め立てられるまでは、すぐ南に海が迫っていたそうです。
 今は正面にHAT神戸のビルが建って海は見えませんが、神社は木立に囲まれて静かです。

【参考】
神戸の空の下で。  ~近畿の史跡めぐり~
敏馬神社(みぬめじんじゃ)

大伴旅人も、次の歌を詠んでいます。
敏馬の崎を過[ヨ]ぎる日に作る歌
『妹と来し敏馬の崎を帰るさに独し見れば涙ぐましも』(四四九)
『行くさには二人吾が見しこの崎を一人過ぐれば心悲しも』(四五〇)

往きは、奥さんと一緒に敏馬の浦から大和の山々を眺めたのですが、帰りは、一人で見ることになってしまったという悲しい歌です。
大伴旅人は九州・大宰府長官として赴任時には奥さん同伴であったのに赴任先で奥様が亡くなり、帰路はひとりぼっちだったそうです。

Posted on 7月 17, 2012 at 11:20 午前 | | コメント (0)

2012.07.16

120716 白鶴資料館

120716_115601120716_120101 昼前にちょっと息抜きのつもりで散歩に出たのが間違いで、空がすっかり晴れ渡って、神戸は夏空になっていました。
 海が近いので浜風が頬を撫で、日陰は結構しのぎやすいのですが、日向は立っているだけでも汗がしみ出してきます。
 たまらないので、白鶴資料館に逃げ込んで、誰もお客さんがいない2階の展示室でゆっくりと汗が引くまで見学させていただきました。
 同じ資料館でも、先日行った菊正宗酒造記念館とこちらの白鶴資料館とでは。感じが異なります。
 中でゆっくり寛ぐには菊正宗酒造記念館の方が向いているかも知れません。
 もちろんどちらでも利き酒はできますが、散歩エリアにある5軒の酒造記念館をハシゴするだけで充分ほろ酔いになりそうです。今日は帰り道でまた汗がでそうだったから利き酒はやめました。

Posted on 7月 16, 2012 at 11:07 午後 | | コメント (0)

2012.07.14

120714 倚松庵から東求女塚

120714 椅子松庵から東求女塚120714 椅子松庵から東求女塚 住吉の駅に用事があったので、午後から出掛けました。
 途中で土曜日だと気づいて、倚松庵(いしょうあん)に遠回りして、初めておうちに上がらせていただきました。
 谷崎潤一郎と松子夫人の家族関係と細雪で語られる四人姉妹を中心とした小説での家族関係が系図として対比してあって面白かったです。
 帰りに同じく気になっていた東求女塚(ひがしもとめづか)古墳にも寄りましたが、こちらは石碑が一つあるだけで期待はずれでした。

Posted on 7月 14, 2012 at 04:57 午後 | | コメント (0)

2012.07.12

120712 処女塚

120712 処女塚120712 処女塚120712 処女塚 西国街道を御影から西にたどると処女塚の石標があって、少し南に下がったところに高さ10m位の小さな古墳があります。
 万葉の頃、二人の男性に慕われて板挟みを苦にして亡くなった乙女のお墓だそうです。
 処女塚とともに二人の男性のお墓も東西に東求女塚古墳西求女塚古墳として残っているそうです。
 謡曲「求塚」や森鴎外の戯曲「生田川」が書かれてるそうですが、「おしゃれ天使」さんが悲恋物語をきれいにまとめておられますのでこちらもご覧ください。
 古墳の東斜面には万葉歌人・田辺福麻呂の歌碑と新田義貞を守ってこの塚に討ち死にした鎌倉時代の武将・小山田高家の石碑もあります。
 灘住吉は古代から畿内と西国を結ぶ往来なので史跡が多いです。
 神戸・西国街道まわり道には、ルート図も付いて詳細な案内があります。
 山陽道の道標という石碑専門のブログもあって、熱心な探訪者の方もたくさんおられるようですね。

 近くの誠味屋本店で佃煮を買いました。

Posted on 7月 12, 2012 at 03:21 午後 | | コメント (0)

2012.07.07

120707 沢の井

120707 沢の井120707 沢の井 御影の地名の由来にもなっている沢の井は今も阪神のガード下に満々と清水をたたえています。
 この水で醸造した酒を後醍醐天皇に献上した方が嘉納という氏を授かったとあります。
 講道館を創設した嘉納治五郎はその子孫で、かの灘高校の理事長はやはり嘉納さんだそうですから、系譜は由緒正しい血筋なんですね。

Posted on 7月 7, 2012 at 06:50 午後 | | コメント (0)

| これより後10件 » 最新 >