2017.07.02

170702 梅雨明け?

170702 梅雨明け?170702 梅雨明け? 今朝の天気図を見ると梅雨前線は日本海まで上がり、太平洋の高気圧が北上しています。
 この気圧配置になると夏型ですから、梅雨明け宣言がそろそろ出ると思います。
 ベランダの温度計も朝9時でも28℃を超えていますから、今日は35℃近くまで上昇する気配です。

Posted on 7月 2, 2017 at 09:48 午前 | | コメント (0)

2017.06.30

170630 明日も雨?

170630 明日も雨? 11時の天気予報では、明日の京都南部の降水確率は午前中60%午後40%です。
 今朝から神戸も小雨で、六甲山も雲の中です。

Posted on 6月 30, 2017 at 11:49 午前 | | コメント (0)

2017.06.07

170607 梅雨入りと猫

170607 梅雨入りと猫170607 梅雨入りと猫 夜明け前の3時頃にはまだ降り始めで灯籠猫ちゃんも元気に三匹出て来てご飯を食べていましたが、8時頃から本降りになり、夕方のニュースで、近畿地方も梅雨入り宣言が出たそうです。
 しばらくははっきりしない天気が続きます。
 ただ、例年より気温が低いような気がします。

Posted on 6月 7, 2017 at 11:59 午後 | | コメント (0)

2017.06.03

170603 今日は快晴

170603 今日は快晴170603 今日は快晴 7時現在、気温は18.5℃です。
 最高気温の予想が25℃なのでしのぎやすい日和になりそうでよかったです。
 マンションの窓から正面に今日のコースがよく見えます。
 たまには近くて歩く距離が短い例会もいいですね。

Posted on 6月 3, 2017 at 07:41 午前 | | コメント (0)

2017.06.01

170601 日本版GPS衛星「みちびき」2号機、打ち上げ成功

Constellationgps2 先ほど「日本版GPS衛星「みちびき」2号機、打ち上げ成功」のニュースが流れました。
 GPS(Global Positioning System, 全地球測位システム)は元来はアメリカが軍事目的で地球全体をおおうように20基以上の衛星を打ち上げ、戦略的に活用されていましたが、1983年の大韓航空機撃墜事件を契機に民生利用の要請が高まり、1996年3月には『GPSを直接課金することなく全世界に開放する』ことが発表され、それ以降一般にも利用が可能になりました。
 当初は航空機、船舶、測量機器を主体に利用されてきましたが、近年はカーナビや携帯電話などに搭載され利用範囲が拡張しています。
 更に今後は車の自動運転や、老人介護などでの利用が進められるでしょう。
 GPSは山行の歩行軌跡を記録するためには必需品ですが、20年近く前(2001年5月3日~5月7日・台高全縦走)から利用していますが、利用できるGPS衛星が増えるのは大歓迎です。

【引用記事】 日経ネット 2017/6/1 9:50
170601_mitibiki_2 日本版GPS衛星「みちびき」2号機、打ち上げ成功 2017/6/1 9:50

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、日本版GPS(全地球測位システム)をめざす準天頂衛星「みちびき」2号機を載せたH2Aロケット34号機の打ち上げに成功した。1日午前9時17分に種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げ、約28分後に衛星を分離し、所定の軌道へ投入した。
H2Aの打ち上げ成功は28回連続。成功率は97.05%と、国際的に高い信頼性の目安とされる95%を大きく上回る。

 準天頂衛星は位置を測る電波を地球に送り、受信機の正確な位置がわかる。日本の真上を通る軌道を飛び、電波がビルや山に遮られにくい。位置情報の精度が飛躍的に向上する。GPSで約10メートルだった誤差が、準天頂衛星と地上設備をGPSと併用するとほぼ6センチメートルにおさまる。

 政府は今年度中に準天頂衛星をあと2基打ち上げ、1、2号機と合わせて合計4基体制の運用を来春にも始める。

 4基そろうと少なくとも1基が常に日本上空にとどまり、高精度な位置情報サービスをいつでも利用できるようになる。正確に走る自動運転車や無人で動く農機、高齢者の居場所を見守るサービスなどへの応用が期待される。

 米国のGPSは軍事システムとして開発が進み、位置情報を部隊の配置などに生かしてきた。GPSを民生分野でも使えるようにし、スマートフォン(スマホ)で使う位置情報サービスの普及や自動運転の研究を後押ししている。

 政府は2023年度をめどに4基から7基体制へ拡充する計画をまとめている。7基になると、GPSに頼らず、日本独自に位置情報を取得できるようになる。

 日常生活に欠かせなくなった位置情報が使えなくなると社会が混乱しかねない。安全保障の面からも、日本独自の衛星測位システムの構築を急ぐ。海外では欧州や中国などが独自の衛星測位システムの整備を始めている。

Posted on 6月 1, 2017 at 01:51 午後 | | コメント (0)

2017.05.17

170517 明日は快晴

170518_kosuikakuritu_0_0 昨日、今日と爽やかな好天が続きました。
 予想外に涼しくて、まだ半袖では肌寒い位です。
 明日の京都南部の降水確率は午前、午後とも0%、気温は最低14℃、最高26℃で爽やかな好天に恵まれそうです。

 明日は昨年一度中止になった京都北山「大岩山から点名奥山」の №1106例会が予定されていますので、開催できてよかったです。
 今回は平日開催ということもあって、申込数が少なく最終17名の参加予定です。

 石楠花が咲いていれば良いですね。
 午後からは展望がよいスポットがありますから、午前中の急登を頑張りましょう。

_/_/_/_/_/_/_/_/ 17.05.17 17:15 _/_/_/_/_/_/_/_/

Posted on 5月 17, 2017 at 08:53 午後 | | コメント (0)

2017.05.12

170512 明日は雨

170512_kosuikakuritunara90_70 夕方16時頃、NKTさんから電話がありました。
 明日予定している例会は降水確率が高いので、中止になりそうだけど、明後日は天気が回復するので日曜日に順延したい、とのことです。
 参加申込者全員の合意があれば、順延もやむを得ませんが、原則的には会報記載の例会は雨の場合は中止と決めています。
 ただ明日の例会申込者は11名と比較的少人数なので、この時間なら全員に電話なりメールでの変更連絡は出来そうです。
 代表の承認もいただくということで、順延を決めました。
 きよもりの例会も先週5月6日(土)で同じ土曜日が中止になりましたから、このところ毎週土曜日は天気が安定しないようです。
 4月29日(土)も地蔵杉の山頂でゲリラ雷雨に遭遇しましたから、天気が一週間サイクルになっています。
 土曜日開催が多いきよもりの例会はこの先も心配です。


Posted on 5月 12, 2017 at 08:00 午後 | | コメント (0)

2017.05.04

170503 山行計画:5/6 京都西山「明智越え」 関西ハイク山友会 №1099例会

170422_aketikoe_039170422_aketikoe_042

 週末は天気が崩れそうで心配ですが、好天を祈りながら山行計画を作成します。
 いつも遅くなり申し訳ありません。

 亀岡駅の北側広場で川上先生から地図読みの基本を少しご指導いただいてから出発します。
 川下りの乗船場を左に見て保津川を渡り 保津の町を抜けて少しあがると明智越えの登山口になります。
 ここからしばらくはえぐれた谷沿いの通い道ですが、支尾根の登りになる頃から開けてきて峯の堂に着きます。
 ポイントポイントで現在地の確認と進行方向を確認しながら歩き易い尾根を東に向かいます。
 樹林帯を抜けて鉄塔に着くと視界が一気に開けます。
 明智越えのルートから少し離れた鉄塔Ⅲで昼食後、地図読みの勉強をします。
 ・真北と磁北の違い、地形図に磁北線を引く
 ・地形図とシルバコンパスの連携により現在地から進行方向を確認する
 ・地形図から尾根や谷のイメージをつかむ、地形図から斜面の角度を読み取る
 ・現在地から見える山を地形図から読み取る
 ・逆に、見える山から現在地を把握する

 講習会終了後は明智越えのルートに戻り、高瀬山三角点から少し下った分岐から左折して支尾根を下りますが、後半の谷道は荒れているので避けて松尾谷林道を下って、水尾の車道に合流し保津峡駅に向かいます。

【山行計画】
 京都西山「明智越え」 関西ハイク山友会 №1099例会
地図読みハイク再開 1
 
日 時:5月6日(土) 8:45~16:00

集 合:JR亀岡駅北口(山陰本線) 8時45分
 【参考】 京都発 亀岡方面の時刻
  京都8:14 → 8:42亀岡
  京都7:59 → 8:28亀岡
  京都7:42 → 8:11亀岡
  京都7:35 → 7:56亀岡(快速)

 【雨天の場合】
 前日、5月5日(金) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが50%以上(50%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前3月31日(金) 17時発表の予報)
 今回は降水確率50%以上の場合は中止にしますのでご注意下さい。

参加予定者:38名/5/3現在
 参加者名簿で黄色マークの方は以前の講習会にも参加された方です。
 始めて参加の方が多いので講習会でのお手伝いをお願い申し上げます。

行き先:京都西山「明智越え・地図読みハイク」

コース:JR亀岡駅―明智越登山口―峰の堂―土用の霊泉―明智越え分岐―関電道3本目の鉄塔―明智越え分岐―水尾分岐―高瀬山三角点―保津峡駅分岐―松尾谷林道―水尾川車道―JR保津峡駅(解散16時頃)

レベル:一般向き(峯の堂までは少し長い登りで足元注意)

地図:2万5千=「京都西北部」「亀岡」 昭文社=「北摂・京都西山」  
 国土地理院の25000分の1地図:「亀岡」「京都西北部」と方位確認用に「シルバコンパス」(磁石)を持参して下さい。

 地図読みの習得が目的なので今回はルート図は貼付していません。
 当日、川上講師より磁北線入りの地形図のコピーが配布されますが、ご自身の地形図にあらかじめ磁北線を引いておかれると便利です。
 参考までに磁北線だけ入った地図を添付します。

 プリンターの印刷で縮尺25000分の1の地図を原寸通り印刷するのは非常に難しいのですが、左右の余白で調整してほぼ原寸で印刷できるようにしました。
 印刷の際、A4用紙いっぱいに印刷する設定にして左右それぞれ10.9mmの空白を入れて印刷するとほぼ原寸になります。(MS-paintでの設定)

行 程: 約10.4km 所要時間7時間15分(歩行時間:4時間30分、講習・休憩・昼食:2時間45分)
JR山陰線 亀岡駅北口(集合8時45分)/JR亀岡駅90m(9:05頃)―40分―明智越登山口150m―50分―峰の堂380m(10:50頃)―20分―土用の霊泉400m―20分―明智越え分岐380m―10分―鉄塔Ⅲ420m(11:50頃、昼食&地図読み教室、13:20頃発)―10分―明智越え分岐380m―20分―水尾分岐330m―20分―高瀬山三角点340.6m(14:20頃)―10分―保津峡駅分岐320m―50分―松尾谷林道180m―水尾川車道120m―20分―JR保津峡駅(解散16:時頃)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、ストック
  国土地理院・2万5千分の一地形図 「京都西北部」「亀岡」、シルバ3型コンパス

費 用:各自払い

【参考】
 予習されるなら 「山岳地図の読み方・使い方」

     出版社: エイ出版社 (2008/3/6) 1404円
 山岳地図の読み方・使い方がお奨めです。
 10年近く前の本なので書店では購入は難しいですが、Amazon等では購入可能です。
 図版が小さいのが玉に瑕ですが、地形図の説明から地形と地図の連携へ順を追った解説なので非常に判りやすいと思います。

【参考】 歩行範囲の地形図
170506_akethigoemap2

断面図
170506_aketikoedanmen

【参考】
5月6日(土)の例会計画

第1099回例会  地図読みハイク再開 1  定員なし
  洛西  明智越え                 一般向き
 5月6日(土)  雨天中止:50%以上、気象情報:京都府南部(075-177)
集  合  JR山陰線・亀岡駅北口 8時45分
行  程  JR亀岡駅―明智越登山口―峰の堂―土用の霊泉―関電道分岐―関電道3本目の鉄塔(昼食&地図読み教室)―分岐に戻る―水尾分岐―高瀬山三角点340.6m―300m南の分岐東へ―保津川沿いの林道―JR保津峡駅(解散16:時頃)
費  用  交通費各自
地  図  2万5千=「亀岡」「京都西北部」 昭文社=「北摂・京都西山」
装  備  一般日帰り山行、シルバ3型コンパス
(L)  森井 潔  (SL・講師)  川上久堅
申込み  E-mail・往復ハガキ・Faxでリーダー宛に申込み
◆川上リーダー主催で大好評だった地図読みハイクを再開します。前回(№200回例会)は55名の参加で大盛況でした。再開シリーズでも川上さんに講師をお願いして、次回以降は各リーダー持ち回りで地図読み技術の習得を図ります。前回と同じコースですが練習のためコンパスを使いながらゆっくり歩きます。国土地理院の地図とコンパス(シルバー3型または相当品)を必ず持って参加して下さい。地図読み初心者歓迎です。ベテランの方の参加も可能ですが、会講習では助手としてお手伝いをお願いします。

Posted on 5月 4, 2017 at 02:09 午前 | | コメント (0)

2017.04.14

170414 明日の天気は?

170414_kosuikakuritu_20_40 今朝5時発表の滋賀県北部の明日4月15日(土)の降水確率は午前中が20%、午後が40%です。
 ところによって午後は雨模様とのことで、天気は下り坂です。
 夕方17時の予報で確定ですが、折角の花見で残雪も解けているようですから、何とか開催できればいいですね。
 最低気温9℃、最高気温21℃なので、快適な尾根歩きに期待できそうですが・・・


Posted on 4月 14, 2017 at 09:58 午前 | | コメント (0)

2017.03.31

170331 明日は好天

170331_kosuikakuritu_10_0 明日は京都北山「井戸山からジョウラク峠、飯森山」の例会が予定されています。
 今朝方から曇り気味で午後から弱い雨が降り続き夕方になっても肌寒くはっきりしない天気でした。
 でも、17時の天気予報を見ると明日の京都南部の降水確率は午前中10%、午後は0%ですから、明日は天気が回復しそうです。
 3月は週半ばに天気が崩れ、週末に一度回復してまた週明けに悪くなるようなサイクルの繰り返しで、あまり気温が上がらず桜の開花も遅れ気味でした。
 明日から4月ですからそろそろ本格的に暖かくなってほしいものです。
 先週3月25日(土)に行った海津大崎の桜もまだつぼみは堅く、急尾根を登り切った東山594.6mでは30cmから50cmも残雪があって驚きました。
 例年なら残雪があっても10cm程度で歩行に苦労することはないので、思わぬラッセルで時間を食ってしまいました。
 4月15日(土)に予定している例会本番の頃には雪は消えていると思いますが、気温が上がって、まとまった雨でも降らないと完全に消えない可能性がありますから、輪カンを持って行くべきかどうか思案処です。

Posted on 3月 31, 2017 at 11:38 午後 | | コメント (0)

< 最後 « これより前10件 | 全件