2017.10.16

171016 山行記録:10/14 京都北山「魚谷山南尾根から滝谷峠」 関西ハイク山友会12/9 №1222の下見

171014_iotaniyamaminamionetakitan_2171014_iotaniyamaminamionetakitan_3

171014_iotaniyamaminamionetakitanit【写真】
 Googleフォトの写真アルバムです。
 写真は位置情報付きで66枚あります。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
171014t_iotaniyamaminamione_takitan
歩行ルート図
171014t_iotaniyamaminamione_takit_2
歩行ルート拡大図
前半
171014t1_iotaniyamaminamione_takita
後半
171014t2_iotaniyamaminamione_takita
GPSの歩行軌跡データ
「171014T_IotaniYamaMinamiOne_TakitaniToge.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 16, 2017 at 06:58 午後 | | コメント (0)

2017.10.09

171009 山行記録:10/7 北六甲「丹生山から稚児ヶ墓山」関西ハイク山友会№1183例会

取りあえず、写真と地図を公開します。
171007_tanjyosan_tigogahakayama_035【写真】
 Googleフォトの写真アルバム58枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

Dscn4258【写真】
 K.Takahashiさんの写真アルバムです。
 写真は位置情報付きで10枚あります。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
171007t_tanjyosan_tigogahakayamadan
歩行ルート図
171007t_tanjyosan_tigogahakayama
歩行ルート拡大図
前半
171007t1_tanjyosan_tigogahakayama
後半
171007t2_tanjyosan_tigogahakayama
GPSの歩行軌跡データ
「171007T_TanjyoSan_TigogahakaYama.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 9, 2017 at 12:26 午前 | | コメント (0)

2017.09.24

170924 山行記録:9/23 「灰屋から雲取山西尾根」関西ハイク山友会№1192例会の下見

170923_haiya_kumotoriyamanishione_2170923_haiya_kumotoriyamanishione_3

【写真】
 170923_haiya_kumotoriyamanishione_0 Googleフォトの写真45枚のアルバムです。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
170923t_haiya_kumotoriyamanishioned
歩行ルート図(広域)
 1/3
 170923tk1_haiya_kumotoriyamanishion
 2/3
 170923tk2_haiya_kumotoriyamanishion
 3/3
 170923tk3_haiya_kumotoriyamanishion
歩行ルート拡大図(例会予定行程のみ)
前半
170923ts1_haiya_kumotoriyamanishion
後半
170923ts2_haiya_kumotoriyamanishion
GPSの歩行軌跡データ
「170923T_Haiya_KumotoriYamaNishiOne.gpx」をダウンロード

Posted on 9月 24, 2017 at 11:55 午後 | | コメント (0)

2017.08.22

170822 ブログ更新遅れのお詫び

170819_0820_tomogashima_01170819_0820_tomogashima_02

昔の仕事関連で公私ともにお世話になり、退職後も時々お目にかかって旧交を温めているASIさんから、ブログの更新が途絶えている!
とご心配のメールをいただきました。

他の皆さんにも色々と気にかけていただいて有り難うございます。
今日からぼつぼつとバックデートして、ブログを再開させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。
申し訳ありません。
お詫びに今回の長旅のハイライトの写真を添付します。

   森井 潔 【関西ハイク山友会】
_/_/_/_/_/_/_/_/ 17.08.22 12:36 _/_/_/_/_/_/_/_/

【asiさんのメール】
森井さん、おはようございます。大変ご無沙汰しております。

1日も休みなしに続けておられた貴兄のブログが、8月13日の更新を最後に
ピタっと止まっております。
こんなことは、ここ数年、一度も無かったことで、大変心配になってメールさせてもらいました。

ハードや回線のトラブルで止まっているのならよろしいのですが、
富山に行っておられて、その後何がありましたか?
ブログの再開を待っております!

asi

【きよもりの言い訳】
朝井さん、こんにちは!

ご無沙汰しています。
ご心配をお掛けして申し訳ありません。

かなり疲れてはいますが、身体の方はいたって元気というか、元気を回復したというのが正解かと思います。

カレンダーを見ると8月5日(土)から8月15日(火)まで山―尾道―北アルプス―東京と11日の連続旅のあと、3日間休んでテント泊の準備をして、ようやく今日一段落してこれから骨休みに寿司でも食べに行きます。

優先順位はどうしてもブログを後回しにせざるを得ませんでした。
これからあとはしばらく余裕が出来ますので、押っつけ追いかけで更新するようにしますので、お許し下さい。


Posted on 8月 22, 2017 at 12:58 午後 | | コメント (2)

2017.08.21

170821 山行記録:8/19~8/20 紀淡海峡「友ヶ島・行場廻りと砲台跡巡り」 関西ハイク山友会№1158例会

8月19日(土) 友ヶ島の行場廻り
170819_20_tomogashima_05170819_20_tomogashima_06

170819_20_tomogashima_07170819_20_tomogashima_08

8月20日(日) 友ヶ島の砲台跡巡り
170819_20_tomogashima_09170819_20_tomogashima_10

170819_20_tomogashima_11170819_20_tomogashima_12


 友ヶ島は東(虎島)に葛城二十八宿の行場、西(沖ノ島)に旧陸軍の高射砲基地跡や灯台があって、日帰りで両方歩くのは難しいので幕営の練習も兼ねて二日行程にしました。
 波止場のある沖ノ島から行場のある虎島へは干潮時にしか往来できないので干満の差が大きい新月の時期を選びました。
 しかし、干潮の時間が7月の下見時は11時34分ですが、8月の例会時は10時32分で1時間も早くなっているのに気付かず、大潮の時間は同じだと考えていたため、虎島から沖ノ島へ戻る時間が15時30分になって潮位が1m近くまであがってしまいました。
 リーダーの判断ミスで半数の方には予想外の海峡徒渉を強いてしまい、半数の方はたまたま近くにいた親切な船に乗せていただいて野奈浦桟橋まで送っていただけましたが、参加者にはもちろん関係先の方々にも多大なご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。
 【参考】 潮汐グラフ

 加太港からの渡船は満席で予定より30分遅れの10時30分出帆になりましたが、南垂水キャンプ場に荷物をデポし、昼食も終えて、虎島へ向かいました。
 虎島の行場・観念窟は40m35度のスラブ(一枚岩)を登りましたが、リーダーが最初に登り、40mと50mの固定ロープを2本設置しました。
 後続の皆さんは簡易ハーネス(安全ロープ)と固定ロープを接続して登っていただきましたので、危険も無く20分程度で全員無事に登攀することが出来ました。
 虎島から沖ノ島へ戻るところで予想外の海峡徒渉をせざるを得なくなりご苦労をお掛けしましたが、船で野奈浦桟橋へ戻られた方と全員無事合流できました。
 
 二日目は砲台跡から灯台へ途中、コウノ巣山一等三角点を踏んで沖ノ島の西半分を巡りました。
 幕営地の南垂水キャンプ場は広くてトイレや井戸もありますが、井戸水飲料には向かないので、各自料理用+飲料に水を2L程度持参していただきました。

【山行記録】
紀淡海峡「友ヶ島・行場廻りと砲台跡巡り」 8/19~8/20 関西ハイク山友会№1158例会

日 時:平成29年8月19日(土)~8月20日(日)

参加者:15名

レベル:中級向き (初日は海沿いの岩場のへつりと35度の行場岩登り)

行き先:紀淡海峡「友ヶ島・行場廻りと砲台跡巡り」

コース:
8月19日(土) 難波7:45=特急サザン3号=8:43和歌山市駅8:51=9:16加太・・・加太港10:30=友ヶ島汽船=10:50友ヶ島・野奈浦桟橋―南垂水キャンプ場(デポ)―深蛇池分岐―亀ヶ崎―閼伽井跡(アカイアト)―虎島入口―序品窟(ジョホンクツ)―観念窟―役行者像―虎島入口―亀ヶ崎―深蛇池―第4砲台跡―野奈浦桟橋―南垂水キャンプ場(17:46、幕営)
8月20日(日) 南垂水キャンプ場(5:00起床、朝食、6:36出発)―野奈浦分岐―第3砲台跡―コウノ巣山119.9m―桟橋分岐―海の家分岐―孝助松―灯台・第1砲台跡―第2砲台跡―池尻―海の家―野奈浦―南垂水キャンプ場(昼食、撤収)―野奈浦桟橋12:30=友ヶ島汽船=12:50加太港・・・加太13:28=13:52和歌山市駅13:59=特急サザン34号=15:00難波(解散)

地 図:国土地理院25000分の一「加太」「由良」
 8月19日(土) 友ヶ島の行場廻り歩行断面図歩行ルート図

 8月20日(日) 友ヶ島の砲台跡巡り歩行断面図歩行ルート図

行 程:
8月19日(土) 歩行距離:約7.6km、所要時間:6時間48分(歩行時間:3時間10分、休憩・昼食:3時間38分)
、天候:快晴、気温:29℃→32℃
 難波7:45=特急サザン3号=8:43和歌山市駅8:51=9:16加太・・・加太港10:30=友ヶ島汽船=10:50友ヶ島・野奈浦桟橋
 野奈浦桟橋0m10:58―南垂水キャンプ場0m(設営、デポ、昼食)11:13~12:10―第4砲台跡分岐30m12:20―深蛇池分岐20m12:29―亀ヶ崎30m(29℃)12:40~49―閼伽井跡(アカイアト)0m12:56―虎島入口0m13:00―序品窟(ジョホンクツ)入口0m13:17―序品窟出口0m13:22~34―観念窟手前0m(32℃)13:56~14:09―観念窟下0m14:16―観念窟スラブ登攀14:45~15:05―観念窟上40m14:37~15:11―役行者像40m15:15―虎島砲台跡40m15:18―虎島入口0m15:30―海峡徒渉15:40~16:20―閼伽井跡(アカイアト)0m16:23―亀ヶ崎30m16:30―深蛇池分岐20m16:40―第4砲台跡分岐30m16:47―野奈浦桟橋0m(合流)17:00~17:33―南垂水キャンプ場0m17:46(幕営、19:00夕食、21:00就寝)

8月20日(日) 歩行距離::約5.7km、所要時間:5時間29分(歩行時間:1時間59分、休憩・昼食:3時間30分)、天候:快晴、気温:30℃→28℃
 南垂水キャンプ場0m(5:00起床、5:40朝食)6:36―野奈浦分岐10m6:40―第3砲台跡100m6:56~7:05―コウノ巣山119.9mⅠ7:09~15―展望台110m7:20~37―トイレ90m(30℃)7:45~49―桟橋分岐80m7:55―小展望台80m7:57―海の家分岐50m8:00―孝助松10m8:10~29―灯台・第1砲台跡50m8:37~45―第2砲台跡10m8:50~54―池尻0m9:00―海の家0m(28℃)9:05~50―野奈浦0m9:55~58―南垂水キャンプ場0m(昼食、撤収)10:15~11:51―野奈浦桟橋0m12:05
 野奈浦桟橋12:30=友ヶ島汽船=12:50加太港・・・加太13:15~28=13:53和歌山市駅13:59=特急サザン34号=15:00難波(解散)
8/20 友ヶ島~加太 9:30 10:30 11:30 12:30 13:30 14:30 15:30 16:30

予定行程:
8月19日(土) 歩行距離:約7.4km、所要時間:6時間10分(歩行時間:3時間55分、休憩・昼食:2時間15分)

 難波⑥番線 7:45発=特急サザン3号(5号車乗車・難波~加太 960円/回数券利用で約700円、特急料金無料)=8:43和歌山市駅8:51=9:16加太・・・加太港10:00=友ヶ島汽船・1000円=10:20友ヶ島・野奈浦桟橋
 野奈浦桟橋0m(10:30頃)―20分―南垂水キャンプ場0m(10:50頃、デポ、11:10出発)―25分―深蛇池分岐20m―15分―亀ヶ崎30m―5分―閼伽井跡(アカイアト)0m―5分―虎島入口0m(12:20頃、昼食)―5分―序品窟(ジョホンクツ)0m―30分―観念窟10m―20分―役行者像40m(14:10頃)―40分―虎島入口0m―10分―亀ヶ崎30m―20分―深蛇池0m(15:30頃)―20分―第4砲台跡80m―20分―南垂水キャンプ場0m(16:20頃、幕営、夕食)

8月20日(日) 歩行距離::約6.1km、所要時間:5時間20分(歩行時間:3時間05分、休憩・昼食:2時間15分)
 南垂水キャンプ場0m(7:00起床、朝食、8:00出発)―5分―野奈浦分岐10m―30分―第3砲台跡100m―10分―コウノ巣山119.9mⅠ(9:00頃)―10分―桟橋分岐80m―10分―海の家分岐50m―10分―孝助松10m―20分―灯台・第1砲台跡50m(10:10頃)―20分―第2砲台跡10m―10分―池尻0m―10分―海の家0m―10分―野奈浦0m(11::10頃)―20分―南垂水キャンプ場0m(11:40頃、昼食、撤収、12:50出発)―20分―野奈浦桟橋0m(13:20頃)
 野奈浦桟橋13:30=友ヶ島汽船・1000円=13:50加太港・・・加太14:28=14:52和歌山市駅14:59=特急サザン38号=15:59難波(解散)

装 備:テント泊装備/シュラフ、マット他、昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)、水2L(調理用・島には飲料水がありません)、サンダル(キャンプ場での履き物)、サブザック(島内探索は荷物はデポしていきました)
 
会 費:6,600円/参加費200円+交通費3,400円+食材費2,000円+追加集金1,000円
 交通費:3,400円/南海電車往復1,400円(回数券利用)、友ヶ島汽船往復2,000円
 食材費:2,000円/α米、カレーうどん食材など
 追加集金:1,000円/ビール・氷+食材費補填

会費精算/参加費200円+交通費3,400円+食材費2,000円+追加集金1,000円
170819_0820 集 金:96,000円/当初集金 81,000円(5,400円×15名)+追加集金 15,000円(1,000円×15名)
 支 払:98,761円/交通費48,000円(南海電車15名20,600円(回数券利用)、友ヶ島汽船15名27,400円(団体割引))
             食材費など50,761円(立替4名分5,000円、ビール・氷8,200円、食材購入34,873円、ガスボンベ2,688円)
 差引額:-2,761円/不足金は参加費3,000円より補填します。

【地図】
8月19日(土) 友ヶ島の行場廻り
歩行断面図
170819t_tomogashimagyobameguridanme
歩行ルート図
170819t_tomogashimagyobameguri
GPSの歩行軌跡データ
「170819T_TomogaShimaGyobaMeguri.gpx」をダウンロード

8月20日(日) 友ヶ島の砲台跡巡り
歩行断面図
170820t_tomogashimahoudaiatomegurid
歩行ルート図
170820t_tomogashimahodaimeguri
GPSの歩行軌跡データ
「170820T_TomogaShimaHodaiMeguri.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 21, 2017 at 11:42 午後 | | コメント (0)

2017.08.06

170806 山行記録:8/5 六甲「逢山峡から水無滝」 関西ハイク山友会№1152例会

170805_hozankyo_mizunashitaki_01170805_hozankyo_mizunashitaki_02170805_hozankyo_mizunashitaki_03

 昨年9月の例会が意外?に好評だったので今年も沢歩きを楽しみました。
 逢山峡は神鉄・唐櫃台駅から手軽に入れる沢として人気があります。
 鍋谷ノ滝と猪ノ鼻滝以外は大きな滝はなく、小滝が連続しますがいずれも沢靴かわらじなら簡単に直登できます。
 谷は広くて明るく、すぐ横を一般車両が通らない車道が並行するので遡行するにしても巻くにしても臨機応変に対応できますから、沢歩きの初心者でも気軽に挑戦できます。

 今回は中間の鍋谷ノ滝出合の上流にある三段の幻の滝・不動滝にも行くことが出来ました。
 不動滝はゴルジュとその上に続く7m+3mの斜瀑の総称ですが、ゴルジュは深さ3mもありへつれないので下から眺めていったん車道に戻り、ゴルジュ上の二段滝下の川床に下りて、そのまま滝の横を巻いて最後の猪ノ鼻滝下に出ました。

 午後は仏谷を源流まで詰めて仏峠、水無峠を越え、水無滝を見てから荒れた水無谷を神鉄・有馬口へ下山しました。

 【山行記録】
六甲「逢山峡・沢歩きから水無滝」 8/5関西ハイク山友会№1152例会 初心の山 21

日 時:平成29年8月5日(土) 8:57~16:53

参加者:24名

レベル:一般向き (沢歩きなので沢靴または地下足袋+わらじ必携)

行き先:六甲「逢山峡から水無滝」

コース:神鉄・唐櫃台駅―東山橋―逢山峡谷遡行―鍋谷ノ滝―ゴルジュ―猪ノ鼻滝(遡行終了)―広河原(昼食)―仏谷峠―水無滝―車道―高速下―神鉄・有馬口駅(16:53、解散)

地 図:国土地理院25000分の一「有馬」、昭文社「六甲・摩耶」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約8.8km、所要時間:7時間56分(歩行時間:4時間35分、休憩・昼食:3時間21分)、天候:快晴、気温:28℃→29℃→27℃
 神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m8:57―高速下360m9:16―東山橋360m(遡行準備)9:22~44―谷遡行―堰堤下390m10:20~25―鍋谷ノ滝出合400m(28℃)10:42~49―鍋谷ノ滝420m10:55~11:02―鍋谷ノ滝出合400m11:09―堰堤上車道430m11:15~26―ゴルジュ410m11:20~26―車道430m11:30―不動滝420m11:37~40―猪ノ鼻滝下440m(遡行終了)11:45~54―車道440m11:55―広河原460m(昼食)12:10~56―仏谷中間520m(29℃)13:16~24―仏谷峠610m(27℃)13:46~14:04―深戸谷鞍部590m14:09~13―水無峠610m14:17―水無谷出合490m14:34~45―水無滝510m14:56~15:09―水無谷出合490m15:15~23―堰堤Ⅰ上460m15:39―堰堤Ⅱ下(27℃)440m15:44~58―堰堤Ⅲ上400m16:12―林道330m16:28~37―高速下310m16:42―神鉄・有馬口駅290m16:53(解散)

計画行程:約8.0km、所要時間:7時間30分(歩行時間:5時間00分、休憩・昼食:2時間30分)
 神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m―20分―高速下360m―10分―東山橋360m(9:40頃、遡行準備10:00出発)―30分―堰堤390m―30分―鍋谷ノ滝420m(11:20頃)―30分―ゴルジュ430m―20分―猪ノ鼻滝450m(遡行終了)―10分―広河原460m(昼食、12:30頃)―50分―仏谷峠610m(14:10頃)―10分―水無峠610m―20分―水無滝510m(15:00頃)―50分―車道340m―5分―高速下310m―15分―神鉄・有馬口駅290m(16:30頃、解散)

装 備:沢靴または地下足袋+わらじ、昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)
 
参加費:200円/交通費は各自払い

【地図】
歩行断面図
170805t_hozankyo_mizunashitakidanme
歩行ルート図
170805t_hozankyo_mizunashitaki
歩行ルート拡大図
前半
170805t1_hozankyo_mizunashitaki
後半
170805t2_hozankyo_mizunashitaki
GPSの歩行軌跡データ
「170805T_HozanKyo_MizunashiTaki.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 6, 2017 at 06:01 午前 | | コメント (0)

2017.07.16

170716 山行記録:7/15 京都北山「皆子山南尾根から東尾根」 関西ハイク山友会№1140例会

170715_minakoyamaminamione_01170715_minakoyamaminamione_02

170715_minakoyamaminamione_03170715_minakoyamaminamione_04
 皆子山南尾根は2013年9月の例会で登った県境尾根ではなく、皆子山から西に延びる西尾根の中間から南に分岐する尾根で、西・南尾根という呼称が一番相応しいかも知れません。
 ヒノコからの北山修道院分岐から大見川沿いに300m北上した大見川に架かる橋の横から取っ付きました。
 植林の作業道をジグザグに登って支尾根に乗り、二度ほど短い急登を登り切ると北山修道院から北上する主稜線と合流します(小P840m)。
 主稜線は明るい広葉樹林の広尾根で踏み跡もはっきりして非常に歩き易く50分で西尾根との合流点に到着しました。
 曲折した小さなアップダウンを方向確認しながら30分あまりで皆子山に到着しました。
 皆子山山頂からは比良の武奈ヶ岳や蓬莱山が一望でき、北には峰床山や桑谷山の双耳峰も間近に見えますが、あいにく霞んでいて遠望はききませんでした。
 東尾根は登降路としてすっかり定着したようで後半は急坂になりますが、15時前には平の正教院に下山しました。

【山行記録】
京都北山「皆子山・南尾根から東尾根」 関西ハイク山友会 №1140例会 初心の山 20

日 時:7月15日(土) 9:26~15:17

参加者:35名

行き先:京都北山「皆子山・南尾根から東尾根」

コース:叡電鞍馬駅(8:40集合)=タクシー9台分乗1台3500円位=ヒノコ―支尾根上―小P840m―P889m―小P930m―西尾根合流(昼食)―P926m―皆子山971.5m―P941m―P837m―急坂上720m―正教院―平バス停15:59=江若バス\760=16:36堅田(解散)

レベル:中級向き (取付から280mの尾根登りを過ぎればあとはなだらかな広尾根。ショートコース)

地 図:国土地理院25000分の一「花背」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約7.3km、所要時間:5時間51分(歩行時間:3時間19分、休憩・昼食:2時間32分)、天候:快晴、気温:27℃→26℃→25℃→26℃
 叡電鞍馬駅(8:40集合)8:45=タクシー9台に分乗=ヒノコ9:10
 ヒノコ560m9:26―取付・「モモイ248」電柱560m9:31―支尾根上640m(27℃)9:45~53―急登上710m10:05~15―急登Ⅱ上810m(26℃)10:27~34―小840m10:40~53―P889m11:09~15―小P930m11:28~35―西尾根合流920m(昼食、25℃)11:43~12:16―P926m12:23―右折迷点910m12:28―皆子山971.5m12:48~13:11―P941m13:35~46―P837m14:00―急坂上720m(26℃)14:15~26―正教院460m14:50~15:13―平バス停460m15:17
 平バス停15:56=江若バス\760=16:36堅田(解散)

 計画行程:約7.2km、所要時間:6時間10分(歩行時間:4時間30分、休憩・昼食:1時間40分)
 叡電鞍馬駅(8:40集合)=タクシー3,500円=ヒノコ(9:10頃)
 ヒノコ560m(9:20頃)―5分―取付・「モモイ248」電柱560m―15分―支尾根上640m―20分―急登上710m(10:10頃)―25分―小840m―20分―P889m(11:00頃)―15分―小P930m―10分―西尾根合流920m(11:30頃、昼食)―10分―P926m―10分―右折迷点910m―30分―皆子山971.5m(13:10頃)―30分―P941m―20分―P837m(14:10頃)―20分―急坂上720m―30分―正教院460m―10分―平バス停460m(15:30頃)
 平バス停15:59=江若バス\760=16:30堅田(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック

会 費:1,700円/参加費200円+交通費1,500円(タクシー代・割り勘870円位+江若バス760円/昼間回数券購入630円位)
 タクシー1台:3,000円位

会費精算
170715 参加費 :  7,000円/参加費200円×35名
 集金計 : 52,500円/タクシーバス代集金1,500円×35名
 支払計 : 49,390円/タクシー9台26,990円+バス代760円×35名=26,600円-4,200円(回数券割引)
 差引残 :  3,110円/余剰金は預り金に繰り入れします。(タクシー駐車料が不要だったので4,500円安くなりました。)

【地図】
歩行断面図
170715t_minakoyama_minamione_higash
歩行ルート図
170715t_minakoyama_minamione_higa_2
歩行ルート拡大図
前半
170715t1_minakoyama_minamione_higas
後半
170715t2_minakoyama_minamione_higas
GPSの歩行軌跡データ
「170715T_MinakoYama_MinamiOne_HigashiOne.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 16, 2017 at 11:37 午後 | | コメント (0)

2017.07.09

170709 山行記録:7/8 裏六甲「逢山峡・沢歩きと水無滝」 8/5 関西ハイク山友会№1152例会の下見

170708_hozankyo_mizunashitaki_17170708_hozankyo_mizunashitaki_41

 前日まで降水確率が高くて心配しましたが、天気が回復して、日差しが強くなる中を東山橋で、沢靴やわらじに履き替えて逢山峡の遡行を始めました。
 昨年と比べてかなり水量が多く、登山靴では渡れない徒渉もあり沢靴が快適でした。
 沢通しに歩き、途中一度だけ堰堤を巻いて、鍋谷ノ滝に寄り道してから再度堰堤を巻いて谷へ降りると今日の目玉、ゴルジュに到着。
 ゴルジュは予想通り水かさが多く3m位ありそうですから、とてもへつりの取付まで行けませんでしたが、若い軽装の沢屋さんが二人、挑戦しておられるのを見物して楽しみました。
 このゴルジュは更に上に滝が続いていて3m+8m+3mの三段の滝(行者滝)になっており、最下段の3mがゴルジュに落ち込んでいるそうですから、例会本番では出来れば中段の滝下へも行ってみます。
 午後から水無滝を目指しましたが、仏谷の谷沿いルートで最後の分岐を間違えて高尾山の登山道まで追い上げられてしまいました。
 大きな山腹の崩壊を沢の本流と勘違いして右寄りにルートをとったためですが、沢の分岐点では方向確認しなければいけないという原則を忘れたミスで、反省します。
 水無滝はこれまでよりは水量がありましたが、名前の通りほとんど途中で飛沫になってしまうほどの水量なのが残念です。
 でも、滝の両岸は覆い被さるような岩壁で迫力があります。
 水無川は谷筋は倒木が多くて歩けないので左岸沿いに下り、堰堤辺りからようやく踏み跡がはっきりしたので歩き易くなります。
 仏谷で迷ったこともありますが、午後からの行程は4時間20分もかかってしまいました。
 計画では2時間20分程度とみていましたが、仏谷の谷道や水無川の下降に予想以上時間がかかりそうですから例会では4時間程度として組み直す必要があります。
 下見に同行していただいた皆さん、有り難うございました。
 下山時間が遅くなり申し訳ありませんでした。

【山行記録】
六甲「逢山峡・沢歩きから水無滝」 8/5関西ハイク山友会№1152の下見

日 時:平成29年7月8日(土) 9:04~17:51

参加者:6名/HMMさん、KNKさん、HIMさん、NKZさん、JNKさん、きよもり

行き先:六甲「逢山峡から水無滝」

コース:神鉄・唐櫃台駅―東山橋―逢山峡谷遡行―鍋谷ノ滝―ゴルジュ―猪ノ鼻滝(遡行終了)―河原(昼食)―仏谷峠―水無滝―車道―高速下―神鉄・有馬口駅(17:51、解散)

レベル:一般向き (今回は沢靴かわらじが必携)

地 図:国土地理院25000分の一「有馬」、昭文社「六甲・摩耶」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約8.4km、所要時間:8時間47分(歩行時間:5時間01分、休憩・昼食:3時間46分)、天候:晴時々曇、気温:32℃→25℃→26℃
 神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m9:04―高速下360m9:22―東山橋360m(遡行準備、32℃)9:28~52―沢遡行―堰堤・不動明王390m10:30~43―鍋谷ノ滝分岐400m11:04~09―鍋谷ノ滝420m11:15~18―鍋谷ノ滝分岐400m11:22―車道ゴルジュ分岐11:30―ゴルジュ410m11:35~46―車道(遡行終了)420m11:50―猪ノ鼻滝440m11:55―広河原460m12:03(昼食)13:37―仏谷上流(迷点)570m14:13―支尾根上部640m14:33~46―仏谷峠610m14:53~15:05―水無峠・鬼ヶ島分岐610m15:16―水無滝分岐490m15:31~40―水無滝510m15:51~57―水無滝分岐490m(25℃)16:03~16―水無川・荒れ谷下降―堰堤Ⅰ(左階段)460m16:35―堰堤Ⅱ下430m16:40~50―堰堤Ⅲ(右階段)400m17:07―車道340m(26℃)17:21~34―高速下310m17:39―神鉄・有馬口駅290m17:51(解散)

計画行程:約7.9km、所要時間:6時間10分(歩行時間:3時間50分、休憩・昼食:2時間20分)
 神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m―25分―高速下360m―10分―東山橋360m(9:45頃、遡行準備10:00出発)―20分―堰堤390m―20分―鍋谷ノ滝420m(11:00頃)―20分―ゴルジュ430m―10分―猪ノ鼻滝450m(遡行終了)―10分―広河原460m(昼食、12:00頃)―40分―仏谷峠610m―10分―鬼ヶ島分岐610m―10分―水無滝510m(14:00頃)―30分―車道340m―10分―高速下310m―15分―神鉄・有馬口駅290m(15:10頃、解散)

装 備:沢靴またはわらじ+地下足袋、昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)
 
会 費:無し/交通費は各自払い

170708_hozankyo_mizunashitaki_39 【写真】 170708 逢山峡から水無滝・下見

 Googleフォトの写真アルバムです。
 写真は位置情報付きで50枚あります。

 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。

 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
170708t_hozankyo_mizunashitakidanme
歩行ルート図
170708t_hozankyo_mizunashitaki
歩行ルート拡大図
前半
170708t1_hozankyo_mizunashitaki
後半
170708t2_hozankyo_mizunashitaki
GPSの歩行軌跡データ
「170708T_HozanKyo_MizunashiTaki.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 9, 2017 at 11:29 午後 | | コメント (0)

2017.07.04

170704 6/17 京都北山 「皆子山南尾根から東尾根」のGoogleフォト

ココログのサーバーがエラーで開けません。
自宅のネットサーバー、J:COMも接続エラーです。
どちらか一方がエラーなのか、両方共にエラーなのか、解りませんが、スマホからの更新は出来るので、遅ればせながら6/17の下見の写真をアップします。

https://goo.gl/photos/vmp8cZav985G6R1r7

Posted on 7月 4, 2017 at 05:58 午前 | | コメント (0)

2017.06.18

170618 山行記録:6/17 京都北山「皆子山・南尾根から東尾根」 7/15 関西ハイク山友会№1140例会の下見

170617_minakoyama_minamione_higas_2170617_minakoyama_minamione_higas_3

 皆子山の登路は10年も前には北面の足尾谷からツボクリ谷を詰めるルート、南面の皆子谷や寺谷の谷沿いルートが一般的で、現実に2003年5月の下見、6月の山仲間例会ではツボクリ谷から皆子山へ雨の中を登り着いて、下見では皆子谷、例会では途中まで尾根を下り寺谷を下降していました。
 2年後の2005年6月5日には平から百井川沿いに入り、徒渉して県境尾根に取っ付いて皆子山に到達し、県境に忠実にツボクリ谷から再度尾根にあがり最後は足尾谷上流から腰までの徒渉を繰り返して坂下へ下山しました。
 2005年以前の経験から、谷ルートはヒルが多く、雨のあとでなくても近づかないのが無難と判りましたので、関西ハイク山友会の例会では尾根ルートを歩くことにして、2013年8月(下見)、9月にはヒノコから入って、県境尾根を登り、東尾根を下降しました。
 2015年3月(下見)、4月には鞍馬から大見集落の奥の前坂峠までタクシーで入り、西尾根から皆子山へ広尾根を快適に登りました。
 今回の下見は西尾根の上部で合流するので南尾根という呼称は適切ではありませんが、皆子山から南へ延びる尾根を県境尾根として、ヒノコから北へ延びる尾根を便宜上、南尾根としています。

 南尾根を登るにあたって、もっとも気になったのは取付です。
 尾根を忠実に辿るならヒノコの北山修道院の裏から取っ付く必要がありますが、修道院の敷地内を通り抜けるのは、多人数では、はばかりがありますので、OkaokaClubさんの記録皆子山(寺谷~西尾根~ヒノコ)と地図にある「モモイ248」電柱を目印に大見川沿いの車道から取っ付くことにしました。
 実際の取付地点はヒノコ分岐から大見川沿いに少し北上して橋を渡ったらすぐに左手に「モモイ248」の電柱560mがあり、右手の広い植林斜面の作業道から取っ付くのだと判りました。
 ジグザグのはっきりした登山道を80m登ると支尾根640mに乗って、ここからは植林尾根を登ります。
 二度ほど短い急尾根を登り切ると植林が切れて急尾根上710mになり、更にゆるい傾斜の尾根を20分ほどで北山修道院からの主稜線出合・小P840m。取付から休憩二度を挟んでも1時間強であっけなく主稜線に到着しました。
 主稜線は西尾根を歩いた時に見ていた通り広葉樹の広尾根がゆるい傾斜で伸びており、気持ちも洗われるようでした。
 西尾根出合920mまで明るい尾根を快適に歩き、時計を見たらまだ11時過ぎだったので、皆子山まで足を延ばすことにして曲折する尾根で一ヵ所行き過ぎたりしながらも山頂直下の草原状の斜面に目を奪われながらも12時過ぎに皆子山に到達しました。
 今日は絶好の快晴なので比良の連山や峰床山、桑谷山の展望を楽しみながらゆっくり昼食をとりました。
 午後は歩き慣れた東尾根の下り。左折点の先で比良連峰の南端の山や琵琶湖、比叡山等の南面の展望が開けます。
 後半は植林を抜け、左手に平の家並みを見ながら最後は急な尾根を一気に下って予定より20分早く正教院に下山しました。

【山行記録】
京都北山「皆子山・南尾根から東尾根」 関西ハイク山友会 7/15 №1140例会の下見

日 時:6月17日(土) 9:17~15:24

参加者:10名/HMDさん、OONさん、KWTさん、KNKさん、KTGさん、HMMさん、TKUさん、TKHさん、NKZさん、きよもり

行き先:京都北山「皆子山・南尾根から東尾根」下見

コース:叡電鞍馬駅(8:40集合)=タクシー=ヒノコ―P819m急登上―小840m―P889m―小P930m―西尾根合流―P926m―皆子山971.5m―P941m―P837m―急坂上720m―正教院―平バス停15:59=江若バス\760=16:52堅田(解散)

レベル:中級向き (全体に比較的ゆるい登り。ショートコース)

地 図:国土地理院25000分の一「花背」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約7.4km、所要時間:6時間07分(歩行時間:3時間27分、休憩・昼食:2時間40分)
 叡電鞍馬駅(8:40集合)8:36=タクシー3台(2,910円2台+2,990円/計8,810円)=ヒノコ9:05
 ヒノコ560m9:17―取付(「モモイ248」電柱)560m9:23―支尾根上640m(18℃)9:35~43―急登Ⅰ上710m(20℃)9:57~10:03―急登Ⅱ上800m10:19―小840m主稜線(21℃)10:25~37―P889m10:52~59―小P930m11:14―西尾根合流920m11:21~33―P926m11:40―右折迷点910m11:49―皆子山971.5mⅢ12:11(昼食、24℃)13:17―P941m13:37~47―P837m14:03~05―植林尾根下800m14:10~26―急坂上720m(21℃)14:34―正教院460m14:59~15:20―平バス停460m15:24
 平バス停15:59=江若バス\760(渋滞で遅れ)=16:52堅田(解散)

計画行程:約7.0km、所要時間:7時間10分(歩行時間:4時間40分、休憩・昼食:2時間30分)
 叡電鞍馬駅(8:40集合)=タクシー3500円=ヒノコ(9:10頃)
 ヒノコ560m(9:20頃)―60分―P819m急登上(10:30頃)―20分―小840m―20分―P889m―20分―小P930m―10分―西尾根合流920m(12:00頃、昼食)―10分―P926m―30分―皆子山971.5m(13:30頃)―30分―P941m―20分―P837m―20分―急坂上720m―30分―正教院460m―10分―平バス停460m(15:30頃)
 平バス停15:59=江若バス\760=16:30堅田(解散)
装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック

会 費:1,700円/タクシー割り勘1,000円+江若バス760円(回数券購入700円位)
170617費用精算:
 集金:17,000円/1,700円×10名
 支払:15,090円/タクシー代3台8,810円+バス代6,280円(7,600円-割引1,320円)
 差引:+1,910円/余剰金は預り金に繰り入れさせていただきます。

170617_minakoyama_minamione_higashi【写真】 170617 皆子山南尾根から東尾根・下見
 Googleフォトの写真アルバムです。
 写真は位置情報付きで64枚あります。

 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。

 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
170617t_minakoyama_minamione_higash
歩行ルート図
170617t_minakoyama_minamione_higa_2
歩行ルート拡大図
前半
170617t1_minakoyama_minamione_higas
後半
170617t2_minakoyama_minamione_higas
GPSの歩行軌跡データ
「170617T_MinakoYama_MinamiOne_HigashiOne.gpx」をダウンロード

Posted on 6月 18, 2017 at 11:23 午後 | | コメント (0)

< 最後 « これより前10件 | 全件