2017.12.12

171212 山行計画:12/17 京都北山「牛松山越えで水尾・忘年会」関西ハイク山友会№1228例会

171125_ushimatuyama_mizuo_01171125_ushimatuyama_mizuo_07

 牛松山は北保津からの表参道を登るルートが一般的ですが、今回は千歳町・国分の愛宕神社から尾根道を登ります。
 尾根道は急ですが、防火帯として道幅が広げられたので迷うところはありません。
 牛松山三角点を踏んで、金比羅社の日差しの下で昼食をとってから、寒谷乗越手前から右折して、関電の鉄塔巡視路を愛宕川林道へ下ります。
 この支尾根は踏み跡はしっかり付いていますが、台風21号の倒木があるので足元に注意して下ります。
 愛宕川林道から再度谷道を登り返して、明智越え北尾根に乗り、清和天皇陵を経由して水尾に出ます。

 気温が下がっているので防寒装備と念のため軽アイゼンもご持参下さい。

 なお、食材手配の関係で今回は雨天決行としています、ご注意下さい。
 雨の場合は愛宕川林道から神明峠を経て水尾まで傘を差して歩きます。

【山行計画】
京都北山「牛松山越えで水尾」関西ハイク山友会 12/17 №1228例会

日 時:平成29年12月17日(日) 9:10~14:30

集 合:JR亀岡駅 改札口 8時30分
 ※ 亀岡駅北口 8時54分発 千代川行きに乗車
        バス代は各自払い・バス代200円(ICOCA、Suicaが使えます)

【雨天の場合】
 忘年会は鶏すきの食材手配の関係で雨天決行とさせていただきます。

 雨の場合は、愛宕林道を神明峠まで歩いて水尾へ下ります。
 
参加予定者:25 名/12/12現在
 忘年会参加者は21名です。

コース:JR亀岡駅(集合8:30)8:54=亀岡市ふるさとバス200円=9:00国分(9:10頃)―愛宕神社―P350m―牛松山629.2m―金比羅神社―支尾根分岐―鉄塔―愛宕川林道―北尾根縦走路―清和天皇陵―水尾(14:30頃、解散、有志のみ水尾「六兵衛」忘年会(14:30~17:00)―JR保津峡(18:00頃)

  忘年会不参加の方は水尾バス停15:40(自治会バス250円)15:55JR保津峡
  【参考】水尾自治会バス 所要時間約15分 水尾発 7:45 8:45 14:00 15:40 17:00

  忘年会参加者は「六兵衛」の車でJR保津峡まで送っていただけますが、ピストンになります。

レベル:中級向き (牛松山へは480mの登り、愛宕林道への下り尾根は倒木注意)

地図:国土地理院25000分の一「亀岡」、昭文社「京都北山」「北摂・京都西山」いずれも一部
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

コース:歩行距離:6.5km、所要時間:5時間20分(歩行時間:3時間55分、休憩・昼食1時間25分)
 JR亀岡駅(集合8:30)8:54=亀岡市ふるさとバス200円=9:02国分
 国分120m(9:10頃)―10分―愛宕神社150m―10分―尾根上220m―20分―P350m(10:00頃)―15分―尾根合流450m―25分―牛松山629.2m―5分―金比羅神社620m(11:00頃、昼食)―20分―関電巡視路分岐・右折600m―20分―鉄塔480m―20分―愛宕川林道290m(12:50頃)―45分―北尾根縦走路450m―15分―天皇陵分岐470m(14:00頃)―15分―清和天皇陵310m―15分―水尾「六兵衛」260m(14:30頃、解散、有志のみ忘年会17:00頃まで)―JR保津峡80m(18:00頃)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、軽アイゼン
 気温が低くなっていますので防寒具、懐炉などが重宝します。
 念のため軽アイゼンをご持参下さい。

費 用:参加費200円/亀岡~国分のバス代は各自払い・バス代200円(ICOCA、Suicaが使えます)
 忘年会費:男性4,800円、女性3,800円
 忘年会参加の方は参加費込みで男性は5,000円、女性は4,000円になります。

【地図】
予定断面図
171217_ushimatuyama_mizuodanmen
予定ルート図
171217_ushimatuyama_mizuo
予定ルート拡大図
前半
171217_1_ushimatuyama_mizuo
後半
171217_2_ushimatuyama_mizuo
GPSの予定ルートデータ
「171217_UshimatuYama_Mizuo.gpx」をダウンロード

Posted on 12月 12, 2017 at 05:54 午後 | | コメント (0)

2017.12.04

171204 山行計画:12/9 京都北山「魚谷山南尾根から滝谷峠」関西ハイク山友会№1222例会

171014_iotaniyamaminamionetakitanit171014_iotaniyamaminamionetakitan_2

 魚谷山南尾根は3年前の平成26年11月18日(火)に第574回例会で歩いていますが、その時は魚谷峠から西に平行する惣谷山へ回り込んだので、今回は柳谷峠から直谷へ下り、滝谷峠を越えて貴船へ下山します。
 歩行距離が12kmあってかなりのロングコースですが、前半2km、後半3kmは車道なので、正味7kmの登山コースになります。
 魚谷山南尾根はアプローチがよい割にはあまり歩いている登山者はいません。
 3年前の例会はちょうど時期がよくて、紅葉の絨毯を踏みながらナメコ茸狩りが出来ましたが、今回はどうでしょうか?
 10月14日(土)の下見の時は紅葉はもちろんナメコも全く見かけませんでしたが、今年は紅葉が2週間遅れているようですから、紅葉が残っているかも知れません。
 魚谷山からは直谷上流の細ヶ谷を下りますが、谷道は荒れているので、ゆっくり慎重に下るようにします。
 日没が早くなっていますので、念のためヘッドランプをご持参下さい。
 なお、台風21号の影響で倒木や枯れ枝が多いと思われますので、ノコギリを持っておられる方はご持参下さい。

 北大路からタクシー8台に分乗して中津川・出合橋まで入りますが、運が良ければ南尾根取付までタクシーが入るかも知れません。
 北大路の集合場所はビブレの一階広場です。
【山行計画】
京都北山「魚谷山南尾根から滝谷峠」関西ハイク山友会 №1222例会

日 時:平成29年12月9日(土) 9:10~17:00

集 合:12月9日(土) 北大路駅前 ビブレ 一階広場 8時30分
 タクシーは大谷大学の東・烏丸通り沿いに待機しますので、集合後、徒歩で移動します。

【雨天の場合】
 前日(12/8) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前12月8日(金) 17時発表の予報)

参加予定者:32名/12/3現在

コース:北大路駅前8:40(タクシー8台に分乗、1台4,000円くらい)出合橋―魚谷南尾根取付―区境界―P764m―魚谷山816.2mⅢ―柳谷峠―今西錦司レリーフ―滝谷峠―奥貴船橋―貴船神社―叡電貴船口駅(17:00頃解散)

レベル:中級向き (魚谷山南尾根は長い登り、柳谷峠からの谷道は荒れているので足元注意)

地図:国土地理院25000分の一「周山」「大原」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約12.0km、所要時間:7時間50分(歩行時間:5時間50分、休憩・昼食:2時間00分)
 北大路駅前(集合8:30)8:40=ヤサカタクシー8台に分乗、1台4,000円くらい=出合橋(9:00頃)
 出合橋(9:10頃)―30分―魚谷南尾根取付347m―50分―区境界570m(10:50頃)―50分―左折点750m―10分―P764m右折(12:00頃、昼食)―40分―魚谷山816.2mⅢ(13:30頃)―10分―柳谷峠770m―30分―今西錦司レリーフ640m―10分―豆ノ木谷出合630m―30分―滝谷峠682m(15:00頃)―40分―奥貴船橋380m―10分―奥宮340m(16:10頃)―10分―貴船神社310m―30分―叡電貴船口駅210m(17:00頃解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、ヘッドランプ(念のため)、ノコギリ(所有者のみ)

会 費:1,200円/参加費200円+タクシー代割り勘1,000円

【参考1】
 タクシー/ヤサカタクシー 075-842-1212、MKタクシー 075-721-4141
【参考2】
平成26年11月18日(火)の記録と写真です。前年10月に下見をしましたが、雨で2回流れました。
 山行記録:14/11/18 京都北山「魚谷山南尾根から魚谷山、惣谷山」 関西ハイク山友会 第574回例会

【地図】
予定断面図
171209_iotaniyamaminamione_takitani
予定ルート図
171209_iotaniyamaminamione_takita_2
予定ルート拡大図
前半
171209_1_iotaniyamaminamione_takita
後半
171209_2_iotaniyamaminamione_takita
GPSの予定ルートデータ
「171209_IotaniYamaMinamiOne_TakitaniToge.gpx」をダウンロード

Posted on 12月 4, 2017 at 01:45 午前 | | コメント (0)

2017.11.29

171129 2018年1月2月の下見と例会日程

171129_1801_02_shitaminittei 10月11月は台風や悪天候が続き、関西ハイク山友会の例会は半分程度が中止になり、残念でした。
 きよもりの例会や下見も10月は計画した6日中、4日が中止、11月も18日までに計画した5日中、3日が中止になってしまいましたから、晴れ男の面目丸つぶれです。
 11月の後半になってようやく天気が安定し、11月19日(日)以降は順調に下見や懇親会山行が4回連続で開催できてホッとしています。
 12月も例会3回、下見2回を予定していますが、順調に開催できれば良いですね。

 関西ハイク山友会の会報は二ヶ月一回の発行で、前回37号(11月12月計画)からA4版の大判になり、表紙の裏表4ページをカラー写真が飾るようになり、見違えるほど素晴らしくなりました。
 12月10日頃に発送される38号(1月2月計画)にも、会員の皆さんが大いに期待されていますが、できあがりが楽しみです。
 きよもりの例会山行計画も会報に合わせて日程を組み、下見計画もほぼ固まりましたので、掲載させていただきます。
 例会の参加申込は会報発行後になりますが、下見の参加申込は今からでも結構ですから、ご希望の方はメール等でご連絡下さい。
 3月4月で高野山町石道を二度に分けて挑戦します。
 台風21号の後遺症で高野下から極楽橋のケーブルが不通になっていますので、計画の詳細は詰めていませんが、下見日程はほぼこのまま実施します。

Posted on 11月 29, 2017 at 11:23 午後 | | コメント (0)

2017.11.28

171128 山行計画:12/2 北六甲「キスラシ山からナダレ尾山」 12/23 関西ハイク山友会№1230例会の下見

081019_kisurashiyama_02090118_kisurashiyama_01090118_kisurashiyama_02

 丹生山系縦走の二回目。キスラシ山は京都北山の惣谷山の別名が「キズラシ山」であることから、共に伐採した原木を斜面に沿って滑らせた「木ずらし」が語源だと思われます。
 131028 山名考察 惣谷山

 中尾神社からキスラシ山までは高速道路の跨線橋を渡ると岩尾根の急登になります。
 採石場の上を迂回して、キスラシ山まで回り込むと曲折した尾根になります。
 後半は混成林が続くので見通しが悪く、現在地を確認しながら歩く必要があります。
 天ヶ峰とナダレ尾山は共に四等三角点です。下山時刻が早ければ「からとの湯」へ寄ります。

【追記】
 今回のルートは2013年10月29日 №372例会として塚本リーダーが催行されています。
 北神戸 キスラシ山からナダレ尾山
 きよもりは2008年8月から2009年1月にかけて5回も歩いていますが、当初はキスラシ山への取付が判らず、何度か試行錯誤して三度目にようやく尾根ルートが歩けるようになりました。

【下見山行計画】
北六甲「キスラシ山からナダレ尾山」関西ハイク山友会 12/23 №1230例会の下見

日 時:平成29年12月2日(土) 9:20~15:30

集 合:神戸電鉄・五社駅 9時10分
 参考:
  神戸市営地下鉄三宮駅から谷上駅乗換、神戸電鉄有馬線・五社駅まで約40分 890円
   地下鉄・三宮8:27→8:38谷上8:51→9:05五社
   地下鉄・三宮8:17→8:28谷上8:35→8:49五社

  または神戸電鉄・新開地駅から神戸電鉄有馬線・五社駅まで約40分 680円
   神戸電鉄:新開地8:26→9:05五社
   神戸電鉄:新開地8:10→8:49五社
【雨天の場合】下見なので雨天決行です
 
参加予定者:5 名/11/28現在
 HMDさん、KWTさん、KNKさん、HMMさん、きよもり
 下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:五社駅―中尾神社―小ピーク―キスラシ山443m―天ヶ峰486.7m―P495m分岐―鉄塔510m―八多分岐―P538m―ナダレ尾山527.4m―天下辻―神鉄大池350m(15:30頃、解散)

レベル:中級向き (キスラシ山への登りは急登、採石場上の迂回路は足元に注意)

地図:国土地理院25000分の一「有馬」
 予定断面図、 予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半、 後半

コース:歩行距離:7.3km、所要時間:6時間10分(歩行時間:3時間40分、休憩・昼食2時間30分)
 神戸電鉄五社駅270m(集合9:10)9:20―10分―中尾神社270m―20分―小ピーク360m(10:00頃)―30分―キスラシ山443m―30分―天ヶ峰486.7m(11:20頃、昼食)―30分―P495m分岐―10分―鉄塔510m―10分―八多分岐520m―10分―P538m―10分―鞍部・大池分岐480m―20分―ナダレ尾山527.4m(14:40頃)―20分―天下辻450m―20分―神鉄大池350m(15:30頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、ノコギリ(所有者のみ)
 後半、モトクロスの轍がありますので、スパッツと汚れても良い靴でご参加下さい。
 台風18号の影響で倒木が多いと思われますので所有者はノコギリをご持参下さい。

費 用:各自払い/電車賃は三宮から谷上経由五社まで890円、新開地から五社までは680円(ICOCA、Suicaが使えます)

【地図】
予定断面図
171202_kisurashiyama_nadareoyamadan
予定ルート図
171202_kisurashiyama_nadareoyama
予定ルート拡大図
前半
171202_1_kisurashiyama_nadareoyama
後半
171202_2_kisurashiyama_nadareoyama
GPSの予定ルートデータ
「171202_KisurashiYama_NadareoYama.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 28, 2017 at 11:22 午後 | | コメント (0)

2017.11.21

171121 山行計画:11/25 京都北山「牛松山越えで水尾」 関西ハイク山友会 12/17 №1228例会の下見

170902_aketikoe_tizuyomi_0011612_toin_jizoyama_mizuo_051
 牛松山は北保津からの表参道を登るルートが一般的ですが、今回は千歳町・国分の愛宕神社から尾根道を登ります。
 牛松山からの下りも寒谷乗越の谷は荒れているので支尾根を愛宕川林道へ下ります。
 この支尾根は未踏査ですが、途中に鉄塔480mがあるので、踏み跡があると思われます。
 愛宕川からは尾根越えで清和天皇陵を経由して水尾に出ます。
 台風21号の影響で倒木が多いと予想されますので、ノコギリを持っている方は藪刈りのお手伝いをお願いします。

【下見山行計画】
京都北山「牛松山越えで水尾」関西ハイク山友会 12/17 №1228例会の下見

日 時:平成29年11月25日(土) 9:10~15:30

集 合:JR亀岡駅 改札口 8時30分
 ※ 亀岡駅北口 8時47分発 千代川行きに乗車
【雨天の場合】下見なので雨天決行です
 
参加予定者:8 名/11/22現在
 HMDさん、OONさん、HMMさん、KURMさん、KOUJさん、IWMさん、JNKさん、きよもり

コース:JR亀岡駅(集合8:30)8:47=亀岡市ふるさとバス200円=8:55国分(9:10頃)―愛宕神社―P350m―牛松山629.2m―金比羅神社―支尾根分岐―鉄塔―愛宕川林道―北尾根縦走路―清和天皇陵―水尾「六兵衛」―JR保津峡(15:30頃、解散)

レベル:一般向き (牛松山へは480mの登り、愛宕林道への下り尾根は踏み跡次第)

地図:国土地理院25000分の一「亀岡」、昭文社「京都北山」「北摂・京都西山」いずれも一部
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図: 前半、 後半

コース:歩行距離:6.1km、所要時間:5時間10分(歩行時間:3時間55分、休憩・昼食1時間15分)
 JR亀岡駅(集合8:30)8:47=亀岡市ふるさとバス200円=8:55国分
 国分120m(9:10頃)―10分―愛宕神社150m―30分―尾根上280m(10:00頃)―10分―P350m―20分―尾根合流450m―30分―牛松山629.2m―5分―金比羅神社620m(11:20頃、昼食)―10分―支尾根分岐590m―5分―右折迷点550m―5分―鉄塔480m―20分―愛宕川林道290m(12:40頃)―45分―北尾根縦走路450m―15分―天皇陵分岐470m―15分―清和天皇陵310m―15分―水尾「六兵衛」260m(14:20頃)―60分―JR保津峡80m(15:30頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、ノコギリ(所有者のみ)
 気温が低くなっていますので休憩時間などには薄手の防寒具が重宝します。

費 用:各自払い/バス代200円(ICOCA、Suicaが使えます)

【地図】
予定断面図
 171125_ushimatuyamakoe_mizuodanmen
予定ルート図
 171125_ushimatuyamakoe_mizuo
予定ルート拡大図
 前半
 171125_1_ushimatuyamakoe_mizuo
 後半
 171125_2_ushimatuyamakoe_mizuo
GPSの予定ルートデータ
 「171125_UshimatuYamaKoe_Mizuo.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 21, 2017 at 08:16 午後 | | コメント (0)

2017.11.18

171118 山行計画:11/19 六甲「ガベノ城から北山公園」 個人山行

080315_gabenojyo
 11月18日(土)の例会が雨で流れたので、11月19日(日)は飛び入りでまた六甲の山歩を計画しました。
 先週は西六甲の縦走でしたが、明日は方向を変えて、甲山周辺の低山歩きになります。
 このコースは平成20年3月15日(土)に下見
  http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2008/03/080318_7ced.html
 平成20年4月20日(日)に旧山仲間の例会
  http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2008/04/0804204_420_107_7944.html
 で歩いていますが、下見は仁川から甲山を越えて観音山、ガベノ城、最後は北山公園と13.9kmのかなりロングコースでした。山仲間例会は観音山、ガベノ城は諦めて甲山から北山公園へ抜けていますから7.8kmのショートコースでした。

 明日は9年前と同じでは行程が長すぎるので、前半の甲山を省略して鷲林寺の交差点から観音山、ガベノ城、いったん降りて、北山公園の尾根歩きで甲陽園に下山します。
 北山公園はボルダリングエリアの再確認と11月3日(金)の下見では寄らなかったエレファントノーズの岩塔も確認したいと思います。

【山行計画】
六甲「ガベノ城から北山公園」個人山行

日 時:平成29年11月19日(日) 8:50~16:30

集 合:西宮甲山高校前 バス停 8時40分
【雨天の場合】 明日は晴れます
 参考

 集合は甲山高校前バス停に8時40分とします。
 ※ さくらやまなみバス 有23 名来行き(料金は220円)
   8:12 西宮戎 (阪神西宮駅北100m国道2号線沿い、西宮郵便局前)
   ↓
   8:14 JRさくら夙川 (さくら夙川駅の東側 JR高架ガード下)
   ↓
   8:20 阪急夙川 (阪急夙川駅南改札のロータリー 1番乗り場)
   ↓
   8:38 西宮甲山高校前 (「甲山高校」)
 

参加予定者:WTNさん、KNKさん、JNKさん、きよもり/11/18 18時30分現在
 同行していただける方はメールでご連絡ください。

コース:西宮甲山高校前―鷲林寺交差点―鷲林寺―観音山526m―奥池分岐―ゴロゴロ岳565.3mⅢ―ガベノ城―P333m―北山貯水池分岐―北山北山貯水池西―ボルダリングタワー北山池―展望台―銀水橋―甲陽園駅(16:30頃、解散)

レベル:一般向き (展望のよい尾根歩き)

地図:国土地理院25000分の一「宝塚」、昭文社「六甲・摩耶」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半
行 程:約9.8km、所要時間:6時間40分(歩行時間:5時間00分、休憩・昼食:1時間40分)
 西宮甲山高校前260m(8:50頃)―10分―鷲林寺交差点240m―20分―鷲林寺石碑330m(9:30頃)―20分―鉄塔410m―30分―観音山526m(10:40頃)―10分―鞍部・奥池分岐520m―20分―ゴロゴロ岳分岐560m―10分―ゴロゴロ岳565.3mⅢ(11:30頃、昼食)―10分―ゴロゴロ岳分岐560m―20分―鉄塔470m―10分―ガベノ城483m(13:30頃)―10分―P333m―10分―住宅街270m―20分―北山貯水池分岐220m―20分―北山北山貯水池西230m(14:40頃)―30分―ボルダリングタワー220m ―10分―北山池190m(15:30頃)―10分― コックロック180m―10分―展望台170m―10分―銀水橋90m―10分―甲陽園駅40m(16:30頃、解散)

装 備:昼食、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック
 気温が低くなっていますので休憩時間などには薄手の防寒具が重宝します。

費 用:各自払い/甲山高校までのバス代220円

【参考】 北山公園ボルダリングMAP
 171119_1map

【補足】
 ガベノ城という地名は、何となく気になる呼称ですが、以下の引用から「画餅の城」(城のように見えるが城跡では無い、という意味を持たせた呼称)から名付けられたと推測されます。
 「六甲山の話」のHPでは以下の記述があります。
  http://www5f.biglobe.ne.jp/~tsuushin/sub5a.html
 

そもそも、「ガベ」の呼称を史上初めて公開したのは竹中靖一『六甲』(昭和8年)の本文と付図であり、その呼称の採集者は六甲をくまなく巡って付図「六甲山の地名と登路」を作り、直木重一郎氏と共に六甲地図の基盤を作った古市達郎氏であろうと推定できる。
 直木氏はそれまでの聞き取りで得て神戸徒歩会会員用地図(大正14年)に記載していた「ガメノ城」の呼称を捨てて、竹中氏の友人、古市氏の採集した「ガべ」を採用して、自分の「○○ノ城」という呼び方とミックスして、昭和9年に発行した六甲地図で歴史上初めて「ガべノ城」の呼称を確定したと推定できるのである。
 一般に藤木九三氏の命名とされる「芦屋ロックガーデン」は、直木氏自身は「小生が命名」と書いているし(直木重一郎「保久良の思い出」、『保久良登山会創立三十周年記念誌』昭和53年、41頁所収)、直木氏は、また、ロックガーデンのいろいろな奇岩に私的に名称を付けて楽しむということもあったという。
 もっとも、川上弘一「直木重一郎さんのこと」(『保久良登山会創立六十周年記念誌』平成20年、37~8頁)には「直木さんの仲間たちでロックガーデンという名前を付けた」とあり、RCC創設メンバー(藤木九三、富田砕花、直木重一郎)が名付けの当事者であった。
 「ガベノ城」は最初に地図に記載したという意味において、直木氏自身が名付け親であると言えるのではないだろうか。
 その当事者たる直木氏と竹中氏(「ガベ」の採集者の古市氏の友人)が、二人とも、「ガベ」は「画餅」であると語ったというのであるから、信ぴょう性は高いと受け止めることができよう。。

【地図】
予定断面図
171119_gabenojyokitayamakoendanme_2
予定ルート図
171119_gabenojyo_kitayamakoen
予定ルート拡大図
前半
171119_1_gabenojyo_kitayamakoen
後半
171119_2_gabenojyo_kitayamakoen
GPSの予定ルートデータ
「171119_GabenoJyo_KitayamaKoen.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 18, 2017 at 03:53 午後 | | コメント (3)

2017.11.11

171111 2018年1月2月の下見と例会の計画


【下見計画】
12月30日(土) 下見 六甲 「芦屋地獄谷からキャッスルウォール」
 阪急芦屋川30m(集合9:00)―40分―高座の滝200m―40分―ショウベン滝260m―20分―A懸310m(11:00頃)―30分―ピラーロック380m(12:00頃、昼食)―20分―キャッスルウォール350m(13:30頃)―20分―鷹尾山稜線410m―20分―岩梯子440m―30分―荒地山549m(15:30頃)―40分―芦屋ゲート360m(16:30頃)=阪急バス=芦屋川(17:00頃、解散)
 ロックガーデンのバリエーションルート。芦屋地獄谷は短いながら小滝が連続して滝のへつりが楽しめます。A懸は初心者用の岩登りゲレンデとして人気がありますが、岩場の基部をトラバースする練習をします。ピラーロック周辺でロープを使ったアップダウンの練習も出来ればやりたいと思います。キャッスルウォールは岩場の左にあるガリー(岩溝)を登って高尾山からの稜線と合流し、岩梯子から荒地山を経て芦屋ゲートに下ります。
歩行距離 5.6 km
地図 西宮、宝塚


平成30年1月8日(月・祝) 下見 京都北山「杉坂西尾根から沢山」
 JR京都駅前7:50(JRバス800円)8:51杉阪口250m―30分―急登Ⅰ上290m―30分―急登Ⅱ上400m―30分―林道終点510m(10:40頃)―5分―P542m―5分―林道出合510m―10分―小P570m下―20分―P565m分岐490m―10分―P565m下510m―10分―林道交差490m―10分―林道分岐430m―10分―新京見峠分岐420m(12:20頃、昼食)―20分―P436m―20分―上ノ水峠340m―5分―沢山登山口350m―40分―沢山515.8m(14:40頃)―5分―沢ノ池分岐480m―10分―沢ノ池湖畔380m―10分―沢ノ池南端380m(15:15頃)―10分―ホトグリ峠410m―30分―白砂山分岐210m―10分―白砂山登山口240m―10分―白砂山268m(16:30頃)―30分―三宝寺バス停70m(17:00頃、解散)
 杉坂西尾根は仮称ですが、周山行きのJRバス杉阪口で下車してすぐ対岸の尾根で、結構長くて新京見峠から沢山の方まで尾根通しで歩けます。ただし、尾根直下には作業用の林道が新京見峠の方まで延びているので、尾根通しで歩けるか否かは下見の結果待ちです。新京見峠からは上ノ水峠、沢山へと尾根を歩いて、いったん沢ノ池へ下り、ホトグリ峠から再度尾根通しで白砂山へ寄り道して三宝寺バス停へ下山します。
歩行距離 10.9 km
地図 周山、京都西北部


平成30年1月16日(火) 下見 北六甲「花折山から金剛童子山」
 地下鉄三宮駅前(集合8:20)8:32=市バス64系統・神戸北町行440円=8:50箕谷駅前9:01=神戸市バス111系統・衝原行き無料(乗り継ぎ160円割引)=9:05大滝口210m(9:15頃)―30分―柏尾台団地270m―5分―銀河の湯分岐300m―40分―肘曲460m(10:40頃)―40分―花折山573.8mⅣ(11:30頃、昼食)―10分―車道530m―10分―兵庫GC入口530m―20分―金剛童子山分岐480m―20分―金剛童子山565.4mⅢ(13:20頃)―10分―道路520m―10分―黒甲越490m―10分―兵庫GC車道460m―10分―鰻ノ手池分岐440m―20分―P454m―20分―鉄塔450m(14:50頃)―10分―風越峠450m―20分―天下辻450m―20分―神鉄大池駅350m(15:50頃、解散)
 丹生山系縦走の三回目。谷沿いの志久道を肘曲まで辿り、縦走路に入ります。花折山を越えると兵庫GCの車道に出ます。途中から左折して踏み跡の薄い金剛童子山を越えて黒甲峠を下ると車道に戻ります。鰻の手池から先は林道になり、モトクロスの轍を避けながら天ヶ辻に向かいます。
歩行距離 10.7 km
地図 有馬


平成30年1月21日(日) 下見 京都北山「灰屋から雲取山西尾根」
 京都駅烏丸口(6:40集合)6:50(JRバス1,180円)8:11周山8:15(京北ふるさとバス860円)8:52灰屋420m(9:00頃)―5分―太神神社400m―30分―急登上560m―30分―鉄塔Ⅰ650m(10:20頃)―15分―鉄塔Ⅱ700m―35分―小P770m左折点―20分―小P820m左折・林道出合(11:30頃、昼食)―20分―P839m迷点―10分―小P830m・展望所(12:50頃)―20分―林道・南尾根分岐860m―20分―小P880m広場(13:40頃)―15分―P899m―20分―小P880m右折点―25分―雲取山911.1m(14:50頃)―15分―展望ピーク910m―10分―雲取峠880m―15分―ハタカリ峠890m―15分―地蔵杉山下860m―30分―寺山峠810m(16:25頃)―30分―花背高原前580m(17:00頃)18:00(京都バス660円)19:03北大路駅前(解散)
 10月21日(土)に雨天中止になったコースを雪中登山として平成30年2月12日(月・祝)に再挑戦しますが、台風21号の影響と、積雪期の状況を確認するため再度下見を行います。
雲取山は東の寺山峠から、南の芹生からの登山が一般的ですが、西の灰屋から尾根伝いに登ります。途中の小P820mから南尾根分岐860mは林道が平行します。目立ったピークのない曲折した尾根ですが、意外に踏み跡はしっかりしていて、P899mの先で藪を巻きますが、あとは北山らしい尾根歩きが楽しめます。雲取峠からの一ノ谷道は荒れているので遠回りになりますが、ハタカリ峠を経由して寺山峠まで尾根歩きになります。周山からの路線バスの時間が変わったので日曜日は灰屋まで路線バスで入れるようになりました。
歩行距離 8.6 km
地図 上弓削、花背


【例会計画】
平成30年1月13日(土) 例会№
六甲 「芦屋地獄谷からキャッスルウォール」 初心の山25
定員25名 一般向き
 阪急芦屋川30m(集合9:00)―40分―高座の滝200m―40分―ショウベン滝260m―20分―A懸310m(11:00頃)―30分―ピラーロック380m(12:00頃、昼食)―20分―キャッスルウォール350m(13:30頃)―20分―鷹尾山稜線410m―20分―岩梯子440m―30分―荒地山549m(15:30頃)―40分―芦屋ゲート360m(16:30頃)=阪急バス=芦屋川(17:00頃、解散)
 ロックガーデンのバリエーションルート。芦屋地獄谷は短いながら小滝が連続して滝のへつりが楽しめます。A懸は初心者用の岩登りゲレンデとして人気がありますが、岩場の基部をトラバースする練習をします。ピラーロック周辺でロープを使ったアップダウンの練習も出来ればやりたいと思います。キャッスルウォールは岩場の左にあるガリー(岩溝)を登って高尾山からの稜線と合流し、岩梯子から荒地山を経て芦屋ゲートに下ります。
歩行距離 5.6 km
地図 西宮、宝塚


平成30年1月28日(日) 例会№
京都北山 「杉坂西尾根から沢山」 北山の尾根と峠歩き54
定員25名 中級向き 軽アイゼン必携
 JR京都駅前7:50(JRバス800円)8:51杉阪口250m―30分―急登Ⅰ上290m―30分―急登Ⅱ上400m―30分―林道終点510m(10:40頃)―5分―P542m―5分―林道出合510m―10分―小P570m下―20分―P565m分岐490m―10分―P565m下510m―10分―林道交差490m―10分―林道分岐430m―10分―新京見峠分岐420m(12:20頃、昼食)―20分―P436m―20分―上ノ水峠340m―5分―沢山登山口350m―40分―沢山515.8m(14:40頃)―5分―沢ノ池分岐480m―10分―沢ノ池湖畔380m―10分―沢ノ池南端380m(15:15頃)―10分―ホトグリ峠410m―30分―白砂山分岐210m―10分―白砂山登山口240m―10分―白砂山268m(16:30頃)―30分―三宝寺バス停70m(17:00頃、解散)
 杉坂西尾根は仮称ですが、周山行きのJRバス杉阪口で下車してすぐ対岸の尾根で、結構長くて新京見峠から沢山の方まで尾根通しで歩けます。ただし、尾根直下には作業用の林道が新京見峠の方まで延びているので、尾根通しで歩けるか否かは下見の結果待ちです。新京見峠からは上ノ水峠、沢山へと尾根を歩いて、いったん沢ノ池へ下り、ホトグリ峠から再度尾根通しで白砂山へ寄り道して三宝寺バス停へ下山します。
歩行距離 10.9 km
地図 周山、京都西北部


平成30年2月3日(土) 例会№
北六甲 「花折山から金剛童子山」 初心の山26
定員25名 一般向き
 地下鉄三宮駅前(集合8:50)9:10=市バス64系統・神戸北町行440円=9:28箕谷駅前9:41=神戸市バス111系統・衝原行き無料(乗り継ぎ160円割引)=9:45大滝口210m(9:55頃)―30分―柏尾台団地270m―5分―銀河の湯分岐300m―40分―肘曲460m(11:20頃)―40分―花折山573.8mⅣ(12:10頃、昼食)―10分―車道530m―10分―兵庫GC入口530m―20分―金剛童子山分岐480m―20分―金剛童子山565.4mⅢ(14:00頃)―10分―道路520m―10分―黒甲越490m―10分―兵庫GC車道460m―10分―鰻ノ手池分岐440m―20分―P454m―20分―鉄塔450m(15:30頃)―10分―風越峠450m―20分―天下辻450m―20分―神鉄大池駅350m(16:30頃、解散)
 丹生山系縦走の三回目。谷沿いの志久道を肘曲まで辿り、縦走路に入ります。花折山を越えると兵庫GCの車道に出ます。途中から左折して踏み跡の薄い金剛童子山を越えて黒甲峠を下ると車道に戻ります。鰻の手池から先は林道になり、モトクロスの轍を避けながら天ヶ辻に向かいます。
歩行距離 10.7 km
地図 有馬


平成30年2月12日(月・祝) 例会№
京都北山 「灰屋から雲取山西尾根」 北山の尾根と峠歩き55
定員40名 貸切バス利用3,300円 中級向き
雪中登山/軽アイゼン必携、所有者は輪カン、スノーシュー持参
 京都駅八条東口(7:40集合)7:40(貸切バス)8:40周山=9:20灰屋420m(9:30頃)―5分―太神神社400m―30分―急登上560m―30分―鉄塔Ⅰ650m(10:50頃)―15分―鉄塔Ⅱ700m―35分―小P770m左折点―20分―小P820m左折・林道出合(12:00頃、昼食)―20分―P839m迷点―10分―小P830m・展望所(13:20頃)―20分―林道・南尾根分岐860m―20分―小P880m広場(14:10頃)―15分―P899m―20分―小P880m右折点―25分―雲取山911.1m(15:20頃)―15分―展望ピーク910m―10分―雲取峠880m―15分―ハタカリ峠890m―15分―地蔵杉山下860m―30分―寺山峠810m(16:55頃)―30分―花背高原前580m(17:30頃)17:40(貸切バス)19:10京都駅(解散)
所要時間:7時間20分(歩行:6時間00分、休憩昼食:1時間20分)
 10月21日(土)に雨天中止になったコースを雪中登山として再挑戦します。雲取山は東の寺山峠からか、南の芹生からの登山が一般的ですが、西の灰屋から続く西尾根は目立ったピークはありませんが、北山らしい尾根歩きが楽しめます。目立ったピークのない曲折した尾根ですが、意外に踏み跡はしっかりしていて、藪はP899mの先で少し巻く程度です。雲取峠からの一ノ谷道は荒れているので遠回りになりますが、ハタカリ峠を経由して寺山峠まで尾根歩きになります。路線バスでは朝の集合時間が早くなりますので貸切バスを利用します。路線バス利用の場合往復で2,770円なので貸切バス利用でもあまり割高になりません。
歩行距離 8.6 km
地図 上弓削、花背

平成29年12月30日(土) 下見 六甲 芦屋地獄谷からキャッスルウォール
【地図】
予定断面図
171230_ashiyajigokudani_castlewalld
予定ルート図
171230_ashiyajigokudani_castlewall
予定ルート拡大図
前半
171230_1_ashiyajigokudani_castlewal
後半
171230_2_ashiyajigokudani_castlewal
GPSの予定ルートデータ
「171230_AshiyaJigokuDani_CastleWall.gpx」をダウンロード

平成30年1月8日(月・祝) 下見 京都北山 杉坂西尾根から沢山
【地図】
予定断面図
180108_sugisakanishione_sawayamadan
予定ルート図
180108_sugisakanishione_sawayama
予定ルート拡大図
前半
180108_1_sugisakanishione_sawayama
後半
180108_2_sugisakanishione_sawayama
GPSの予定ルートデータ
「180108_SugisakaNishione_Sawayama.gpx」をダウンロード

平成30年1月16日(火) 下見 北六甲 花折山から金剛童子山
【地図】
予定断面図
180116_hanaoreyama_kongodojiyamadan
予定ルート図
180116_hanaoreyama_kongodojiyama
予定ルート拡大図
前半
180116_1_hanaoreyama_kongodojiyama
後半
180116_2_hanaoreyama_kongodojiyama
GPSの予定ルートデータ
「180116_HanaoreYama_KongodojiYama.gpx」をダウンロード

平成30年1月21日(日) 下見 京都北山 灰屋から雲取山西尾根
【地図】
予定断面図
180121_haiya_kumotoriyamanishioneda
予定ルート図
180121_haiya_kumotoriyamanishione
予定ルート拡大図
前半
180121_1_haiya_kumotoriyamanishione
後半
180121_2_haiya_kumotoriyamanishione
GPSの予定ルートデータ
「180121_Haiya_KumotoriYamaNishione.gpx」をダウンロード

例会の地図は下見の結果によって修正しますので未貼付です。
平成30年1月13日(土) 例会№ 六甲 芦屋地獄谷からキャッスルウォール
平成30年1月28日(日) 例会№ 京都北山 杉坂西尾根から沢山
平成30年2月3日(土) 例会№ 北六甲 花折山から金剛童子山
平成30年2月12日(月・祝) 例会№ 京都北山 灰屋から雲取山西尾根

【参考】
2月後半の暫定計画ですが、これ以外に通常の北山の尾根と峠歩きが追加されます。
平成30年2月18日(日) 下見 高野山 町石道Ⅰ・慈尊院(百八十町石)から矢立(六十町石)
平成30年3月3日(土) 例会 高野山 町石道Ⅰ・慈尊院(百八十町石)から矢立(六十町石)
平成30年3月24日(土) 下見 高野山 町石道Ⅱ・奥の院三十六町と根本大塔(一町石)から矢立(六十町石)
平成30年4月7日(土) 例会 高野山 町石道Ⅱ・奥の院三十六町と根本大塔(一町石)から矢立(六十町石)
平成30年4月14日(土) 例会 湖北 海津大崎から万路越え

Posted on 11月 11, 2017 at 02:50 午後 | | コメント (0)

2017.11.08

171108 山行計画:11/27 六甲「北山公園ボルダリングエリア散策」関西ハイク山友会懇親会山行・2日目

171103_kashigamine_kitayamakoenbo_3171103_kashigamine_kitayamakoenbo_4171103_kashigamine_kitayamakoenbo_5

 11月26日(日)~11月27日(月)に予定している関西ハイク山友会の懇親会の二日目は、昨年も歩いた北山公園ですが、2020年の東京オリンピックで正式種目に採用されたボルダリング競技にちなんで、わが国におけるボルダリング発祥の地である巨岩エリアを巡る散策を楽しみます。
 ボルダリング(bouldering)とはboulder(巨岩)を手足だけを使って登る競技?ですが、巨岩と言ってもせいぜい4、5mの大きさなので、優しいルートなら、素手で岩塔に登ることも可能です。
 関西ハイク山友会の対象は楽しい山歩きが目的なので、ロッククライミングは範疇に入れていませんが、北アルプスや八ヶ岳などの高山では、剱岳のカニの横這いや槍穂高縦走のように最低限の岩稜歩きの経験が要求されます。
 今回はあくまでもボルダリングエリアの散策としていますので、巨岩を眺めるだけになると思いますが、興味のある方は緩い斜面の登降で岩場の感触を是非試していただきたいと思います。
【山行計画】
六甲「北山公園ボルダリングエリア散策」関西ハイク山友会懇親会山行・2日目

日 時:平成29年11月27日(月) 9:30~15:30

集 合:「六甲保養荘」玄関 9時30分
【雨天の場合】北山公園から一般ルートを甲陽園まで歩きます。
 
参加予定者:未定/11/8現在

コース:六甲保養荘―北山貯水池西―北山池広場分岐―ボルダータワー ―北山池―展望台―銀水橋―甲陽園駅(15:30頃、解散)

レベル:一般向き (展望のよい岩尾根歩き)

地図:国土地理院25000分の一「宝塚」、昭文社「六甲・摩耶」
 予定断面図:11月27日(月)
 予定ルート図(11/26~11/27)
 予定ルート拡大図:前半(11/26~11/27)後半(11/27)

行 程:約7.4km、所要時間:6時間00分(歩行時間:3時間00分、休憩・昼食:3時間00分)
 六甲保養荘270m(9:30頃)―30分―北山貯水池分岐220m―20分―北山貯水池西230m(10:30頃)―10分―左折点・北山池分岐230m―20分―北山池広場分岐220m(11:20頃)―30分―ボルダータワー200m(12:00頃、軽食、ボルダリング散策、14:00出発)―10分―北山池190m―10分―ショーギ岩170m―10分―展望台170m―20分―銀水橋90m(15:00頃)―20分―甲陽園駅50m(15:30頃、解散)

装 備:軽食(カップラーメン、パンなど)、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、ハーネス(所有者のみ)
 「六甲保養荘」には弁当やおにぎりなど置いていませんので各自カップヌードルやパンなどご持参下さい。
 気温が低くなっていますので休憩時間などには薄手の防寒具が重宝します。

費 用:なし

【参考】 北山公園ボルダリングMAP
 北山公園ボルダリングエリア核心部
 北山公園ボルダリングエリアMAP

【地図】
予定断面図 11月26日(日)
171126_kasigamine_kirettorootdanmen
予定断面図 11月27日(月)
171127_kitayamakoen_borudaariadanme
予定ルート図(11/26~11/27)
171103_kashigamine_kitayamakoenboru
予定ルート拡大図
前半(11/26~11/27)
171103_1_kashigamine_kitayamakoenbo
後半(11/27)
171103_2_kashigamine_kitayamakoenbo
北山公園ボルダリングエリア核心部
171103t_kitayamakoen_borudaaria
北山公園ボルダリングエリアMAP
171103_
GPSの予定ルートデータ
11月26日(日)
「171126_KashigaMine_KirettoRoot.gpx」をダウンロード
11月27日(月)
「171127_KitayamaKoen_BorudaAria.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 8, 2017 at 01:46 午前 | | コメント (0)

2017.11.07

171107 山行計画:11/26 六甲「樫ヶ峰・キレットルート」関西ハイク山友会懇親会山行・1日目

171103_kashigamine_kitayamakoenboru171103_kashigamine_kitayamakoenbo_2

 11月26日(日)~11月27日(月)に予定している関西ハイク山友会の懇親会に合わせて、初日は宿泊地の「六甲保養荘」に接する樫ヶ峰を北面の逆瀬川から越える山行を予定します。
 樫ヶ峰は東六甲縦走路からも東の甲山からもよく見える山塊ですが、東西2kmしかないため意外に登山者が少なく静かな尾根歩きが楽しめます。
 樫ヶ峰の北面は急な支尾根が何本も逆瀬川から延びており、展望を楽しみながら岩尾根を登ります。
 主稜線からの下り尾根は中間にキレットと名付けられた岩稜が派生していて、ここも足元が切れ落ちた痩せ尾根になっています。
 キレットルートの後半は固定ロープが設置された急な下りで、下り切ると昨年の5周年行事で利用した社家郷山(シャケゴウヤマ)キャンプ場で「六甲保養荘」は指呼の間です。
 懇親山行ですが、登り下りとも急尾根になりますので、一般日帰り山行の装備でご参加下さい。
【山行計画】
六甲「樫ヶ峰・キレットルート」関西ハイク山友会懇親会山行・1日目

日 時:平成29年11月26日(日) 10:40~15:00

集 合:阪急宝塚線・逆瀬川駅改札口 10時
 ※ 阪急バス エデンの園行き・10時15分発に乗車
 【雨天の場合】
 前日、11月25日(土) 17:00発表の気象情報で、兵庫県南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが50%以上(50%を含む)場合は山行は中止します。
 ℡情報:兵庫県南部 078-177(前11月25日(土) 17時発表の予報)

 山行中止の場合は、下記のバス時刻を参考に、16時を目安に「六甲保養荘」へ直接お越し下さい。

【山行中止の場合】
 集合:阪急神戸線・夙川駅南口のロータリー 阪急バス乗り場 14時30分
 ※ さくらやまなみバス 有23 名来行き・14時40分発に乗車
  14:32 西宮戎 (阪神西宮駅北100m国道2号線沿い)
   ↓
  14:34 JRさくら夙川 (さくら夙川駅の東側ガード下)
   ↓
  14:40 阪急夙川 (阪急夙川駅南改札のロータリー)
   ↓ 
  15:01 かぶとやま荘 (「六甲保養荘」玄関)
 参考:さくらやまなみバス時刻(ほぼ1時間に1本、料金は220円)
  西宮戎 12:12 → JRさくら夙川12:14 → 阪急夙川12:20 → かぶとやま荘12:41
  西宮戎 13:27 → JRさくら夙川13:29 → 阪急夙川13:35 → かぶとやま荘13:56
  西宮戎 14:32 → JRさくら夙川14:34 → 阪急夙川14:40 → かぶとやま荘15:01
  西宮戎 15:42 → JRさくら夙川15:44 → 阪急夙川15:50 → かぶとやま荘16:11
  西宮戎 16:42 → JRさくら夙川16:44 → 阪急夙川16:50 → かぶとやま荘17:11(最終)

参加予定者:未定/11/8現在

コース:阪急逆瀬川10:15=阪急バス220円=10:29エデンの園―素麺河原―東三ツ辻出合―キレット―長谷峠―社家郷山キャンプ場―六甲保養荘(15:00頃、宿泊)

レベル:一般向き (樫ヶ峰のルートは登り、下りとも足元注意)

地図:国土地理院25000分の一「宝塚」、昭文社「六甲・摩耶」
 予定断面図:11月26日(日)
 予定ルート図(11/26~11/27)
 予定ルート拡大図:前半(11/26~11/27)

行 程:約2.6km、所要時間:4時間20分(歩行時間:2時間30分、休憩・昼食:1時間50分)
 阪急逆瀬川10:15=阪急バス220円=10:29エデンの園
 エデンの園280m(10:40頃)―20分―素麺河原320m―40分―東三ツ辻出合460m(12:00頃、昼食)―30分―キレット410m(13:40頃)―40分―長谷峠310m―10分―社家郷山キャンプ場270m―10分―六甲保養荘270m(15:00頃)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、手袋、スパッツ、ストック

費 用:220円/バス代各自払い

【地図】
予定断面図 11月26日(日)
171126_kasigamine_kirettorootdanmen
予定断面図 11月27日(月)
171127_kitayamakoen_borudaariadanme
予定ルート図(11/26~11/27)
171103_kashigamine_kitayamakoenboru
予定ルート拡大図
前半(11/26~11/27)
171103_1_kashigamine_kitayamakoenbo
後半(11/27)
171103_2_kashigamine_kitayamakoenbo
北山公園ボルダリングエリア核心部
171103t_kitayamakoen_borudaaria
北山公園ボルダリングエリアMAP
171103_
GPSの予定ルートデータ
11月26日(日)
「171126_KashigaMine_KirettoRoot.gpx」をダウンロード
11月27日(月)
「171127_KitayamaKoen_BorudaAria.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 7, 2017 at 11:09 午後 | | コメント (0)

2017.11.01

171101 山行計画:11/5 京都北山「花背峠から百井峠、石楠花尾根」11/18 関西ハイク山友会№1209例会の下見

 10月22日(日)の台風21号の襲来で中止にした下見の再挑戦です。
 行程、集合時間などは前回と同じなので、参加していただける方はご連絡をお願い申し上げます。

090505_syakunageone_014090505_syakunageone_027 地図読みハイクの再開二回目の下見。
 花背峠から曲折した百井尾根を方向確認しながら百井峠まで歩き、展望のよい鉄塔で地図読みの講習を実施します。
 花背電波塔直下から百井尾根に入りますが、小さなアップダウンを繰り返す百井尾根は支尾根の分岐が多いので地図と磁石で現在地を確認しながら百井峠へ下ります。
 百井峠からは明確な尾根が続きますが、鉄塔Ⅰ770mでは展望が広がりますので地図読みの研修をしながらゆっくり休憩します。
 時間があれば天ヶ岳788mにピストンして、尾根の南面を巻く山腹を石楠花尾根分岐まで下り気味に急尾根を南東に進みます。
 焼杉山への主稜線から左折して石楠花尾根に入りますが、鉄塔560mからは南に焼杉山717.4m、北にナッチョ(天ヶ森)812.5mが間近に確認できます。
 石楠花尾根の後半はアップダウンの多い石楠花群生が続き、最後は杉植林の急尾根を200m下りますが、足元を確認しながらゆっくり小出石に向かいます。
 小出石発のバスは17:07と19:07しかないので下山時間に留意します。(国道小出石発は17:42)

【下見山行計画】
京都北山「花背峠から百井峠、石楠花尾根」関西ハイク山友会11/18 №1209例会の下見

日 時:平成29年11月5日(日) 9:10~16:40

集 合:叡山電鉄出町柳駅前バス乗り場 7時40分
 ※ 京都バス 広河原行き・7時50分発に乗車
【雨天の場合】下見なので雨天決行です
 
参加予定者:4名/11/1現在
 KWKさん、HMMさん、TKUさん、きよもり

コース:出町柳駅前7:50=京都バス640円=8:53花背峠―杉ノ峠―百井尾根入口―百井峠―鉄塔Ⅰ―尾根分岐―石楠花尾根分岐―鉄塔―P528m―P490m―林道出合―小出石公民館17:07=京都バス440円=国際会館駅(17:42頃、解散)

レベル:一般向き (前半は曲折した尾根のアップダウン)

地図:国土地理院25000分の一「大原」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」
 予定断面図、 予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半 後半

行 程:約8.4km、所要時間:7時間30分(歩行時間:4時間20分、休憩・昼食・地図読み研修:3時間10分)
 出町柳駅前(集合7:30)7:50=京都バス640円=8:53花背峠
 花背峠758m(9:10頃)―20分―杉ノ峠830m―10分―百井尾根入口830m―20分―右折点820m―30分―百井峠740m(11:00頃)―20分―鉄塔Ⅰ770m(11:40頃、昼食・地図読み研修、13:20発)―10分―尾根分岐730m―30分―石楠花尾根分岐560m―20分―鉄塔560m(14:30頃)―20分―P528m―30分―P490m―20分―林道出合300m(16:00頃)―30分―小出石公民館280m(16:40頃)
 小出石公民館17:07=京都バス440円=17:42国際会館駅(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、ヘッドランプ(念のため)、シルバコンパス
 気温が低くなっていますので休憩時間などには薄手の防寒具が重宝します。

費 用:900円/バス代640円+440円=1080円(回数券利用)

【過去の記録】 7~8年前の記録ですが、行程は今回の例会と同じです。
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2009/05/090507-3-55-8ec.html
090507 山行記録:09/5/5 京都北山「花脊峠から石楠花尾根」 下見

http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2010/04/index.html
100430 山行記録:10/4/29 京都北山「花脊峠から石楠花尾根」 下見2

http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2010/05/100517-516-131-.html
100517 山行記録:10/5/16 山仲間第131回例会 京都北山「花背峠から石楠花尾根」

【地図】
予定断面図
171022_hanasetoge_momoitoge_syakuna
予定ルート図
171022_hanasetoge_momoitoge_syaku_2
予定ルート拡大図
前半
171022_1_hanasetoge_momoitoge_syaku
後半
171022_2_hanasetoge_momoitoge_syaku
GPSの予定ルートデータ
「171022_HanaseToge_MomoiToge_SyakunageOne.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 1, 2017 at 11:35 午前 | | コメント (0)

< 最後 « これより前10件 | 全件