2017.12.14

171214 西六甲の地図・高倉山は高倉台に

171112_sumaalps_takatoriyama_009 11月12日(日)にJNKさんと二人で須磨アルプスへ行きました。
 塩屋や須磨浦からでは距離がありすぎるので、いきなりの急登になるけど栂尾山274mの登山口辺りのバス停を探すと、市営地下鉄の妙法寺駅から75系統須磨一ノ谷行きのバスに乗り、高倉台6丁目で降りたらよいことが判りました。
 栂尾山への階段は348段あるそうですが、高低差100mを一気に登ると栂尾山の展望台から明石海峡大橋や淡路島が一望です。
 足元には登山口である高倉台や、六甲全山縦走の起点から続く尾根がおらが茶屋まで来て一気に高倉台へ沈み込むのが判ります。

 この高倉台は昔は高倉山という標高291.5mのれっきとした縦走路上のピークでした。
 きよもりが大学に入った年、1963年11月に、始めて六甲全縦走に挑戦しようと、始発で難波、梅田と乗り継いで、JR塩屋駅に着いたら6時過ぎでしたが、駅の改札を出ると号外を配っていて驚きました。
 何とアメリカ大統領・JFケネディがテキサス州ダラスで暗殺されたという号外でした。
 時は昭和38年11月23日(土)/US時間は11月22日(金)、歴史的な大事件に驚きながら、夜明け間近の塩屋の町を抜けて、尾根に取り付きましたが、途中でアケビの実を拾ったりしながら旗振茶屋を過ぎて、高倉山291.5mの登りにかかりました。

 トッ!、突然足元の地面が消えて、もう一度ビックリ!
 何と高倉山がきれいに消えて、足元が100m以上も切れ落ちた断崖になっています。

 当時はインターネットなんて無いし、もちろんGPSも無い時代ですから、まさか神戸市の一石二鳥の大工事が始まっているとは、現地に着くまで全く知らず、ショックを受けて、途方に暮れました。
 この日は最初にケチが付いたので同行のKSG君(高校山岳部後輩)と全縦走を諦めて、北側から回り込んで取りあえず、多井畑峠まで下り、最期は高取山で打ち切りました。

 帰宅後、新聞などで色々調べると、神戸市が高倉山を大規模に削り取って、残土をベルトコンベアで須磨浦まで降ろし、残土運搬船で神戸沖まで運んで神戸沖に新しく人工島(現在のポートアイランド)を作ろうとしている工事に遭遇したという事情が分かり、ようやく納得しました。

 あれから54年、その間何度も六甲山全縦走に挑戦していますが、最初の山行の印象がもっとも強烈でした。 
 今回、栂尾山からの展望を眺めながら久し振りに当時のことを思い出しました。
 下の地図は「地図で見る神戸の変遷」(H11年・日本地図センター刊3,086円)に添付の当時の5万分の一地形図から拝借した高倉山→高倉台付近の図です。
 S44年版では高倉山から須磨浦まで運ぶ長大なベルトコンベアの導線も描かれています。
 横尾山の北側は地下鉄西神線が開通して妙法寺駅が出来たので広大な宅地に変貌しています。
 ちなみに高倉山という山名は「おらが茶屋」の手前の休憩舎に四等三角点212.2m(点名:立原谷)として残っていますが、縦走路の通過点ですから、立ち止まる登山者も少ないようです。

119352196931987

Posted on 12月 14, 2017 at 11:19 午後 | | コメント (0)

2017.12.12

171212 山行計画:12/17 京都北山「牛松山越えで水尾・忘年会」関西ハイク山友会№1228例会

171125_ushimatuyama_mizuo_01171125_ushimatuyama_mizuo_07

 牛松山は北保津からの表参道を登るルートが一般的ですが、今回は千歳町・国分の愛宕神社から尾根道を登ります。
 尾根道は急ですが、防火帯として道幅が広げられたので迷うところはありません。
 牛松山三角点を踏んで、金比羅社の日差しの下で昼食をとってから、寒谷乗越手前から右折して、関電の鉄塔巡視路を愛宕川林道へ下ります。
 この支尾根は踏み跡はしっかり付いていますが、台風21号の倒木があるので足元に注意して下ります。
 愛宕川林道から再度谷道を登り返して、明智越え北尾根に乗り、清和天皇陵を経由して水尾に出ます。

 気温が下がっているので防寒装備と念のため軽アイゼンもご持参下さい。

 なお、食材手配の関係で今回は雨天決行としています、ご注意下さい。
 雨の場合は愛宕川林道から神明峠を経て水尾まで傘を差して歩きます。

【山行計画】
京都北山「牛松山越えで水尾」関西ハイク山友会 12/17 №1228例会

日 時:平成29年12月17日(日) 9:10~14:30

集 合:JR亀岡駅 改札口 8時30分
 ※ 亀岡駅北口 8時54分発 千代川行きに乗車
        バス代は各自払い・バス代200円(ICOCA、Suicaが使えます)

【雨天の場合】
 忘年会は鶏すきの食材手配の関係で雨天決行とさせていただきます。

 雨の場合は、愛宕林道を神明峠まで歩いて水尾へ下ります。
 
参加予定者:25 名/12/12現在
 忘年会参加者は21名です。

コース:JR亀岡駅(集合8:30)8:54=亀岡市ふるさとバス200円=9:00国分(9:10頃)―愛宕神社―P350m―牛松山629.2m―金比羅神社―支尾根分岐―鉄塔―愛宕川林道―北尾根縦走路―清和天皇陵―水尾(14:30頃、解散、有志のみ水尾「六兵衛」忘年会(14:30~17:00)―JR保津峡(18:00頃)

  忘年会不参加の方は水尾バス停15:40(自治会バス250円)15:55JR保津峡
  【参考】水尾自治会バス 所要時間約15分 水尾発 7:45 8:45 14:00 15:40 17:00

  忘年会参加者は「六兵衛」の車でJR保津峡まで送っていただけますが、ピストンになります。

レベル:中級向き (牛松山へは480mの登り、愛宕林道への下り尾根は倒木注意)

地図:国土地理院25000分の一「亀岡」、昭文社「京都北山」「北摂・京都西山」いずれも一部
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

コース:歩行距離:6.5km、所要時間:5時間20分(歩行時間:3時間55分、休憩・昼食1時間25分)
 JR亀岡駅(集合8:30)8:54=亀岡市ふるさとバス200円=9:02国分
 国分120m(9:10頃)―10分―愛宕神社150m―10分―尾根上220m―20分―P350m(10:00頃)―15分―尾根合流450m―25分―牛松山629.2m―5分―金比羅神社620m(11:00頃、昼食)―20分―関電巡視路分岐・右折600m―20分―鉄塔480m―20分―愛宕川林道290m(12:50頃)―45分―北尾根縦走路450m―15分―天皇陵分岐470m(14:00頃)―15分―清和天皇陵310m―15分―水尾「六兵衛」260m(14:30頃、解散、有志のみ忘年会17:00頃まで)―JR保津峡80m(18:00頃)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、軽アイゼン
 気温が低くなっていますので防寒具、懐炉などが重宝します。
 念のため軽アイゼンをご持参下さい。

費 用:参加費200円/亀岡~国分のバス代は各自払い・バス代200円(ICOCA、Suicaが使えます)
 忘年会費:男性4,800円、女性3,800円
 忘年会参加の方は参加費込みで男性は5,000円、女性は4,000円になります。

【地図】
予定断面図
171217_ushimatuyama_mizuodanmen
予定ルート図
171217_ushimatuyama_mizuo
予定ルート拡大図
前半
171217_1_ushimatuyama_mizuo
後半
171217_2_ushimatuyama_mizuo
GPSの予定ルートデータ
「171217_UshimatuYama_Mizuo.gpx」をダウンロード

Posted on 12月 12, 2017 at 05:54 午後 | | コメント (0)

2017.12.10

171210 山行記録:12/9 京都北山「魚谷山南尾根から滝谷山」 関西ハイク山友会№1222例会

171209_iotaniyamaminamione_takitani171209_iotaniyamaminamione_takita_2

【地図】
歩行断面図
171209t_iotaniyamaminamione_takitan
歩行ルート図
171209t_iotaniyamaminamione_takit_2
歩行ルート拡大図
前半
171209t1_iotaniyamaminamione_takita
後半
171209t2_iotaniyamaminamione_takita
GPSの歩行軌跡データ
「171209T_IotaniYamaMinamiOne_TakitaniToge.gpx」をダウンロード

Posted on 12月 10, 2017 at 11:06 午後 | | コメント (0)

2017.12.04

171204 山行計画:12/9 京都北山「魚谷山南尾根から滝谷峠」関西ハイク山友会№1222例会

171014_iotaniyamaminamionetakitanit171014_iotaniyamaminamionetakitan_2

 魚谷山南尾根は3年前の平成26年11月18日(火)に第574回例会で歩いていますが、その時は魚谷峠から西に平行する惣谷山へ回り込んだので、今回は柳谷峠から直谷へ下り、滝谷峠を越えて貴船へ下山します。
 歩行距離が12kmあってかなりのロングコースですが、前半2km、後半3kmは車道なので、正味7kmの登山コースになります。
 魚谷山南尾根はアプローチがよい割にはあまり歩いている登山者はいません。
 3年前の例会はちょうど時期がよくて、紅葉の絨毯を踏みながらナメコ茸狩りが出来ましたが、今回はどうでしょうか?
 10月14日(土)の下見の時は紅葉はもちろんナメコも全く見かけませんでしたが、今年は紅葉が2週間遅れているようですから、紅葉が残っているかも知れません。
 魚谷山からは直谷上流の細ヶ谷を下りますが、谷道は荒れているので、ゆっくり慎重に下るようにします。
 日没が早くなっていますので、念のためヘッドランプをご持参下さい。
 なお、台風21号の影響で倒木や枯れ枝が多いと思われますので、ノコギリを持っておられる方はご持参下さい。

 北大路からタクシー8台に分乗して中津川・出合橋まで入りますが、運が良ければ南尾根取付までタクシーが入るかも知れません。
 北大路の集合場所はビブレの一階広場です。
【山行計画】
京都北山「魚谷山南尾根から滝谷峠」関西ハイク山友会 №1222例会

日 時:平成29年12月9日(土) 9:10~17:00

集 合:12月9日(土) 北大路駅前 ビブレ 一階広場 8時30分
 タクシーは大谷大学の東・烏丸通り沿いに待機しますので、集合後、徒歩で移動します。

【雨天の場合】
 前日(12/8) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前12月8日(金) 17時発表の予報)

参加予定者:32名/12/3現在

コース:北大路駅前8:40(タクシー8台に分乗、1台4,000円くらい)出合橋―魚谷南尾根取付―区境界―P764m―魚谷山816.2mⅢ―柳谷峠―今西錦司レリーフ―滝谷峠―奥貴船橋―貴船神社―叡電貴船口駅(17:00頃解散)

レベル:中級向き (魚谷山南尾根は長い登り、柳谷峠からの谷道は荒れているので足元注意)

地図:国土地理院25000分の一「周山」「大原」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約12.0km、所要時間:7時間50分(歩行時間:5時間50分、休憩・昼食:2時間00分)
 北大路駅前(集合8:30)8:40=ヤサカタクシー8台に分乗、1台4,000円くらい=出合橋(9:00頃)
 出合橋(9:10頃)―30分―魚谷南尾根取付347m―50分―区境界570m(10:50頃)―50分―左折点750m―10分―P764m右折(12:00頃、昼食)―40分―魚谷山816.2mⅢ(13:30頃)―10分―柳谷峠770m―30分―今西錦司レリーフ640m―10分―豆ノ木谷出合630m―30分―滝谷峠682m(15:00頃)―40分―奥貴船橋380m―10分―奥宮340m(16:10頃)―10分―貴船神社310m―30分―叡電貴船口駅210m(17:00頃解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、ヘッドランプ(念のため)、ノコギリ(所有者のみ)

会 費:1,200円/参加費200円+タクシー代割り勘1,000円

【参考1】
 タクシー/ヤサカタクシー 075-842-1212、MKタクシー 075-721-4141
【参考2】
平成26年11月18日(火)の記録と写真です。前年10月に下見をしましたが、雨で2回流れました。
 山行記録:14/11/18 京都北山「魚谷山南尾根から魚谷山、惣谷山」 関西ハイク山友会 第574回例会

【地図】
予定断面図
171209_iotaniyamaminamione_takitani
予定ルート図
171209_iotaniyamaminamione_takita_2
予定ルート拡大図
前半
171209_1_iotaniyamaminamione_takita
後半
171209_2_iotaniyamaminamione_takita
GPSの予定ルートデータ
「171209_IotaniYamaMinamiOne_TakitaniToge.gpx」をダウンロード

Posted on 12月 4, 2017 at 01:45 午前 | | コメント (0)

2017.12.03

171203 山行記録:12/2 北六甲「キスラシ山からナダレ尾山」 関西ハイク山友会 12/23 №1230例会の下見

171202_kisurashiyama_nadareoyama_01171202_kisurashiyama_nadareoyama_02171202_kisurashiyama_nadareoyama_03171202_kisurashiyama_nadareoyama__2

【地図】
歩行断面図
171202t_kisurashiyama_nadareoyamada
歩行ルート図
171202t_kisurashiyama_nadareoyama
歩行ルート拡大図
前半
171202t1_kisurashiyama_nadareoyama
後半
171202t2_kisurashiyama_nadareoyama
GPSの歩行軌跡データ
「171202T_KisurashiYama_NadareoYama.gpx」をダウンロード

Posted on 12月 3, 2017 at 11:39 午後 | | コメント (0)

2017.11.30

171130 山行記録:11/26~11/27 六甲「樫ヶ峰キレットルートと北山公園ボルダリングエリア散策」 関西ハイク山友会の懇親会山行

【地図】
歩行断面図
171126_1127t_kashigamine_kitayamako
歩行ルート図
171126_1127t_kashigamine_kitayama_2
歩行ルート拡大図
前半
171126_1127t1_kashigamine_kitayamak
後半
171126_1127t2_kashigamine_kitayamak
GPSの歩行軌跡データ
11月26日(日) 樫ヶ峰キレットルート
「171126T_Kashigamine_KirettoRoot.gpx」をダウンロード
11月27日(月) 北山公園ボルダリングエリア散策
「171127T_KitayamaKoen_BorudaringAria.gpx」をダウンロード


Posted on 11月 30, 2017 at 12:09 午後 | | コメント (0)

2017.11.28

171128 山行計画:12/2 北六甲「キスラシ山からナダレ尾山」 12/23 関西ハイク山友会№1230例会の下見

081019_kisurashiyama_02090118_kisurashiyama_01090118_kisurashiyama_02

 丹生山系縦走の二回目。キスラシ山は京都北山の惣谷山の別名が「キズラシ山」であることから、共に伐採した原木を斜面に沿って滑らせた「木ずらし」が語源だと思われます。
 131028 山名考察 惣谷山

 中尾神社からキスラシ山までは高速道路の跨線橋を渡ると岩尾根の急登になります。
 採石場の上を迂回して、キスラシ山まで回り込むと曲折した尾根になります。
 後半は混成林が続くので見通しが悪く、現在地を確認しながら歩く必要があります。
 天ヶ峰とナダレ尾山は共に四等三角点です。下山時刻が早ければ「からとの湯」へ寄ります。

【追記】
 今回のルートは2013年10月29日 №372例会として塚本リーダーが催行されています。
 北神戸 キスラシ山からナダレ尾山
 きよもりは2008年8月から2009年1月にかけて5回も歩いていますが、当初はキスラシ山への取付が判らず、何度か試行錯誤して三度目にようやく尾根ルートが歩けるようになりました。

【下見山行計画】
北六甲「キスラシ山からナダレ尾山」関西ハイク山友会 12/23 №1230例会の下見

日 時:平成29年12月2日(土) 9:20~15:30

集 合:神戸電鉄・五社駅 9時10分
 参考:
  神戸市営地下鉄三宮駅から谷上駅乗換、神戸電鉄有馬線・五社駅まで約40分 890円
   地下鉄・三宮8:27→8:38谷上8:51→9:05五社
   地下鉄・三宮8:17→8:28谷上8:35→8:49五社

  または神戸電鉄・新開地駅から神戸電鉄有馬線・五社駅まで約40分 680円
   神戸電鉄:新開地8:26→9:05五社
   神戸電鉄:新開地8:10→8:49五社
【雨天の場合】下見なので雨天決行です
 
参加予定者:5 名/11/28現在
 HMDさん、KWTさん、KNKさん、HMMさん、きよもり
 下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:五社駅―中尾神社―小ピーク―キスラシ山443m―天ヶ峰486.7m―P495m分岐―鉄塔510m―八多分岐―P538m―ナダレ尾山527.4m―天下辻―神鉄大池350m(15:30頃、解散)

レベル:中級向き (キスラシ山への登りは急登、採石場上の迂回路は足元に注意)

地図:国土地理院25000分の一「有馬」
 予定断面図、 予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半、 後半

コース:歩行距離:7.3km、所要時間:6時間10分(歩行時間:3時間40分、休憩・昼食2時間30分)
 神戸電鉄五社駅270m(集合9:10)9:20―10分―中尾神社270m―20分―小ピーク360m(10:00頃)―30分―キスラシ山443m―30分―天ヶ峰486.7m(11:20頃、昼食)―30分―P495m分岐―10分―鉄塔510m―10分―八多分岐520m―10分―P538m―10分―鞍部・大池分岐480m―20分―ナダレ尾山527.4m(14:40頃)―20分―天下辻450m―20分―神鉄大池350m(15:30頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、ノコギリ(所有者のみ)
 後半、モトクロスの轍がありますので、スパッツと汚れても良い靴でご参加下さい。
 台風18号の影響で倒木が多いと思われますので所有者はノコギリをご持参下さい。

費 用:各自払い/電車賃は三宮から谷上経由五社まで890円、新開地から五社までは680円(ICOCA、Suicaが使えます)

【地図】
予定断面図
171202_kisurashiyama_nadareoyamadan
予定ルート図
171202_kisurashiyama_nadareoyama
予定ルート拡大図
前半
171202_1_kisurashiyama_nadareoyama
後半
171202_2_kisurashiyama_nadareoyama
GPSの予定ルートデータ
「171202_KisurashiYama_NadareoYama.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 28, 2017 at 11:22 午後 | | コメント (0)

2017.11.27

171127 山行記録:11/25 洛西「牛松山越えで水尾」 関西ハイク山友会 12/17 №1228例会の下見

171125_ushimatuyama_mizuo_02171125_ushimatuyama_mizuo_08_2

171125_ushimatuyama_mizuo_05 【写真】
 Googleフォトの写真アルバム41枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
171125t_ushimatuyamakoe_mizuodanmen
歩行ルート図
171125t_ushimatuyamakoe_mizuo
歩行ルート拡大図
前半
171125t1_ushimatuyamakoe_mizuo
後半
171125t2_ushimatuyamakoe_mizuo
GPSの歩行軌跡データ
「171125T_UshimatuYamaKoe_Mizuo.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 27, 2017 at 11:58 午後 | | コメント (0)

2017.11.21

171121 山行計画:11/25 京都北山「牛松山越えで水尾」 関西ハイク山友会 12/17 №1228例会の下見

170902_aketikoe_tizuyomi_0011612_toin_jizoyama_mizuo_051
 牛松山は北保津からの表参道を登るルートが一般的ですが、今回は千歳町・国分の愛宕神社から尾根道を登ります。
 牛松山からの下りも寒谷乗越の谷は荒れているので支尾根を愛宕川林道へ下ります。
 この支尾根は未踏査ですが、途中に鉄塔480mがあるので、踏み跡があると思われます。
 愛宕川からは尾根越えで清和天皇陵を経由して水尾に出ます。
 台風21号の影響で倒木が多いと予想されますので、ノコギリを持っている方は藪刈りのお手伝いをお願いします。

【下見山行計画】
京都北山「牛松山越えで水尾」関西ハイク山友会 12/17 №1228例会の下見

日 時:平成29年11月25日(土) 9:10~15:30

集 合:JR亀岡駅 改札口 8時30分
 ※ 亀岡駅北口 8時47分発 千代川行きに乗車
【雨天の場合】下見なので雨天決行です
 
参加予定者:8 名/11/22現在
 HMDさん、OONさん、HMMさん、KURMさん、KOUJさん、IWMさん、JNKさん、きよもり

コース:JR亀岡駅(集合8:30)8:47=亀岡市ふるさとバス200円=8:55国分(9:10頃)―愛宕神社―P350m―牛松山629.2m―金比羅神社―支尾根分岐―鉄塔―愛宕川林道―北尾根縦走路―清和天皇陵―水尾「六兵衛」―JR保津峡(15:30頃、解散)

レベル:一般向き (牛松山へは480mの登り、愛宕林道への下り尾根は踏み跡次第)

地図:国土地理院25000分の一「亀岡」、昭文社「京都北山」「北摂・京都西山」いずれも一部
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図: 前半、 後半

コース:歩行距離:6.1km、所要時間:5時間10分(歩行時間:3時間55分、休憩・昼食1時間15分)
 JR亀岡駅(集合8:30)8:47=亀岡市ふるさとバス200円=8:55国分
 国分120m(9:10頃)―10分―愛宕神社150m―30分―尾根上280m(10:00頃)―10分―P350m―20分―尾根合流450m―30分―牛松山629.2m―5分―金比羅神社620m(11:20頃、昼食)―10分―支尾根分岐590m―5分―右折迷点550m―5分―鉄塔480m―20分―愛宕川林道290m(12:40頃)―45分―北尾根縦走路450m―15分―天皇陵分岐470m―15分―清和天皇陵310m―15分―水尾「六兵衛」260m(14:20頃)―60分―JR保津峡80m(15:30頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、ノコギリ(所有者のみ)
 気温が低くなっていますので休憩時間などには薄手の防寒具が重宝します。

費 用:各自払い/バス代200円(ICOCA、Suicaが使えます)

【地図】
予定断面図
 171125_ushimatuyamakoe_mizuodanmen
予定ルート図
 171125_ushimatuyamakoe_mizuo
予定ルート拡大図
 前半
 171125_1_ushimatuyamakoe_mizuo
 後半
 171125_2_ushimatuyamakoe_mizuo
GPSの予定ルートデータ
 「171125_UshimatuYamaKoe_Mizuo.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 21, 2017 at 08:16 午後 | | コメント (0)

2017.11.20

171120 山行記録:11/19 六甲「ガベノ城から北山公園ボルダリングエリア」 個人山行

171119_gabenojyo_kitayamakoen_004171119_gabenojyo_kitayamakoen_030

171119_gabenojyo_kitayamakoen_010 【写真】
 Googleフォトの写真アルバム35枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
171119t_gabenojyo_kitayamakoendanme
歩行ルート図
171119t_gabenojyo_kitayamakoen
歩行ルート拡大図
前半
171119t1_gabenojyo_kitayamakoen
後半
171119t2_gabenojyo_kitayamakoen
GPSの歩行軌跡データ
「171119T_GabenoJyo_KitayamaKoen.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 20, 2017 at 12:26 午後 | | コメント (0)

< 最後 « これより前10件 | 全件