2016.03.14

160314 映画 『エヴェレスト 神々の山嶺』

160313_kamigaminoitadaki 山の映画なので、はずすわけにはいきません。
 夢枕獏原作「神々の山嶺」を映画化したもので、タイトルは「エヴェレスト 神々の山嶺」となって、エヴェレストに挑戦する登山家の苦闘を描く真面目な映画でした。
 主役は岡田准一ですが、完全にサブの阿部寛に食われていました。
 「何故山に登るのか」、「ザイルパーティが宙づりになったとき、パートナーが取れる行動」という二つのテーマが軸になっています。
 いずれも答えはないのですが、二つのテーマに命がけで挑戦する阿部寛は格好良すぎます。
 やはり見ておかないといけない映画でした。
 映像が見事で、それだけでも充分値打ちがあります。


Posted on 3月 14, 2016 at 11:39 午後 | | コメント (0)

2015.12.20

151220 スターウォーズ

151220 スターウォーズ 期待通りと云うか、期待はずれと云うか?
 スケールの大きなスペースオペラ
 設定はなぜか第一作(エピソードⅣ)にそっくりです。
 でもやっぱりかっこいいですね。

 今回最大の売りは、ヒロインに抜擢されたデイジー・リドリーでしょう。
 まだ新人だそうですが、23歳の新人女優が他のベテラン俳優が霞むほど見事なアクションを見せてくれます。

Posted on 12月 20, 2015 at 10:10 午後 | | コメント (0)

2014.07.15

140715 アナと雪の女王

140715 アナと雪の女王 評判になって随分経ちましたが、まだロングラン上映しているので、午後からの通院に先立って「アナと雪の女王」を見に行きました。
 何度も見に行くリピーターがたくさんいるそうです。
 日本語吹き替え版をあえて選択しましたが、やはり英語版で見たかったですね。

Posted on 7月 15, 2014 at 11:15 午後 | | コメント (0)

2014.03.07

140307 好天寒冷 ホビットⅡ

20140307_17201120140307_175231 今朝も寒かったけれど、風がおさまったので意外に過ごし易い一日でした。
 三ノ宮の背山もスッキリした夕映えで、帰宅して西の空を見るとほとんど雲のない西空に鮮やかな夕陽が沈むところでした。

140307_hobitto 先月末からカシミール3Dで5月6月の山行予定ルートの作成を始めていましたが、ようやく三日くらい前から例会の計画作りのまとめに入りました。
 最後の仕上げを昨夜24時頃から始めて、やっと今日の昼頃に例会や下見の計画書が出来て、行程表、バス配車依頼などの送信も終わりホットしました。

 何となく気分転換をしたくなったので三宮へ出て、食事のあと半年ぶりくらいに映画を見ました。
 半年ぶりくらいかと思ったら、最後に映画館で見たのは昨年7月と判りましたので、9ヶ月も前でした。
 見た映画は「ホビット Ⅱ」ですが、超大作の割にあまり宣伝もしていなくて、きよもり自身も2月末から封切りしていたのに気付きませんでした。
 そういうことであまり期待しないで、映画館の中で寝てしまわないか不安でしたが、案に相違して3Dのせいだけではなくすごい迫力で息を呑んで寝ている暇はありませんでした。
 前作の「ロードオブザリング」も三部作でしたが、この「ホビット」も三部作で、Ⅲは来年2月公開予定だそうです。
 きよもりのような年寄りや、若い女性が見るたぐいの映画ではないし、かといって子供が見るには長すぎるし、結局 冒険ファンタジーファンが多い海外でしか評価されないのかも知れません。

 でも、このホビット Ⅱ」は竜が主役と言ってもよいくらいで、日本人がイメージする竜とは全く形が異なりますが、会話も出来、ユーモアセンスもあり、火山でもへっちゃらと云う不死身のキャラですから、登場人物なんか束になって蹴散らされて全く歯が立ちません。
 「ホビット Ⅲ」で殺されるはずですが、予告編でもほとんど姿を見せないのは、宣伝としては逆効果だったかも知れません。


Posted on 3月 7, 2014 at 08:43 午後 | | コメント (0)

2013.03.01

130301 映画「ライフ-オブ-パイ」

130301_life_of_pie 昨日は映画「ライフ-オブ-パイ」を見るついで?に週末の舌見と例会の焼き肉用の紙食器などを購入するJNKさんにお付き合いして、久し振りに見る外猫ブチ君を横目に出かけました。

 昼時だったので、あちこち探し回ってようやく見つけた「うを勢総本店」で昼定食の寿司を食べ、元町の「播磨屋本店」で御やきもちを買って、サービスのぜんざいで別腹を満たしてから映画館に向かいました。

ライフ-オブ-パイ」は本年度アカデミー賞で監督賞、撮影賞、視覚効果賞、作曲賞の4つを獲得した映画です。
 画面の美しさに目を見張りました。3Dだから迫力がありますが、3D効果が無くても圧倒的迫力の画像でさすがはアカデミー賞です。

 最近、毎週のように映画を見る機会が増えていますが、自宅でもツタヤディスカスで昨年、一昨年とアカデミー賞を複数獲得した「ヒューゴの不思議な発明」や「英国王のスピーチ」などのビデオを借りていますから、映画付いています。

Posted on 3月 1, 2013 at 03:50 午前 | | コメント (0)

2013.02.23

130223 映画「遺体」と うどんのう

130223 うどんのう130223 うどんのう 今日はJNKさんに誘われて映画「遺体 明日への十日間」を見ました。
 悲惨な現実を前にして生き残った人たちが、自分達が今出来ることをそれぞれが精一杯やる姿に打たれました。

 午後から久し振りに「うどんのう」へ行ったらすっかりメニューが替わっていてビックリ!
 黒酢サラダうどんと、彩り野菜と鶏肉の豆乳うどん
 どちらもヘルシーです。

Posted on 2月 23, 2013 at 07:53 午後 | | コメント (0)

2012.12.15

121215 映画「ホビット」

121215 映画「ホビット」121215 映画「ホビット」 8年前に3部作が完結した「ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)」と同じトールキン原作のファンタジー「ホビット
 物語は指輪物語の一世代前の設定ですが、今回も3部作ですから、完結は3年先です。
 映像技術が飛躍的に進んだから、CGには全く違和感もなく、田園風景や山脈、ドラゴンやゴブリンなどの動きも自然です。
 でも第一部なのに3時間の大作でしかも3Dだから、見終わったらヘトヘトです。
 ということで、昼ご飯は軽くオムライスとハンバーグだけにしました。
 これでも軽い方なんです。

Posted on 12月 15, 2012 at 04:06 午後 | | コメント (0)

2012.08.25

120825 久し振りに映画、『あなたへ』

120825 久し振りに映画へ120825 久し振りに映画へ 01月22日に『ALWAYS 三丁目の夕日'64』を見に行って以来、7ヶ月振りに映画を見ました。
 『あなたへ』は高倉健主演、降旗康男監督ですから、安心して見られますが、前知識無しで観たので、何となくしっくり来なくて、帰りにジュンク堂で原作本を立ち読みして、やっと納得できました。
 正確には脚本をベースにノベライズされたそうですが、映像だけからは伝わらない主人公の心情が一人称で描かれているから、得心がいきました。
 昼に映画館を出たら、眩しい夏空が広がっていました。

Posted on 8月 25, 2012 at 06:37 午後 | | コメント (0)

2012.05.21

120521 5/20 永谷坂から尼公峠 お地蔵様三体を中心に

 昨日は初夏を思わせる暖かくて穏やかな好天に恵まれました。
 ショートコースでアップダウンも少ない尾根歩きだったので、皆さん一糸乱れず最初から最後まで快調に歩き通していただいたので、川上で待機するバスに着いたらまだ15:15でした。
 これまでの例会ではなかなか実現できなかった立ち寄り温泉も今回は余裕を持って「あやべ温泉」でゆっくり汗を流せました。
 参加していただいた35名の皆さん、有り難うございました。

 取りあえず、記念写真と今回周りを片付け、前掛けで化粧直しできた菅ノ坂のお地蔵様を中心に、地蔵三体の写真を掲載させていただきます。
 さあ、金環日食を見に行きましょう!
【写真抜粋】
120520_nagatanisaka_nikotoge__01_2120520_nagatanisaka_nikotoge__02_2120520_nagatanisaka_nikotoge__03_2

120520_nagatanisaka_nikotoge__04_2120520_nagatanisaka_nikotoge__05_2120520_nagatanisaka_nikotoge__06_2


Posted on 5月 21, 2012 at 06:08 午前 | | コメント (0)

2012.02.12

120212 映画「はやぶさ」

120212 映画「はやぶさ」120212 映画「はやぶさ」 今日も4時から起きて100件あまりもいただいた関西ハイク山友会例会の参加者リストを作ったり、FAXでいただいた申し込みにFAXで返信したり追われていました。
 折角、山行の予定が無く、天気も好いし仕事も休みなので、三宮に出て映画「はやぶさ」を見ました。
 やはりビデオ「HAYABUSA」を超えることは出来なかったけど、あの感動を呼び起こしました。

Posted on 2月 12, 2012 at 03:00 午後 | | コメント (0)

< 最後 « これより前10件 | 全件