2017.10.03

171003 キーボードも入れ替え

171003 キーボードも入れ替え171003 キーボードも入れ替え 折角、ホームサーバーを交換したので、出費ついでにキーボードもタッチパッド付きの無線キーボードに入れ替えました。
 ホームサーバーを三台目のパソコンとして積極的に使うには、英語配列のキーに馴れる必要があるので、日本語キーボードの上に英語配列のシールを貼って迷わないようにしましたから、これでキー入力の煩わしさからも解放されそうです。

Posted on 10月 3, 2017 at 10:18 午後 | | コメント (0)

2017.10.01

171001 プリンターも買い換え:CanonからEPSONへ

170930_printer_1_2170930_printer_2 2年間愛用していたJNKさんのプリンター(canon MG6730)が回復不可能なエラーで壊れました。
 表示されたエラーコードは”B200”で、きよもりが今年2月に買い換えたときと全く同じです。
 2年半しか使っていないので早すぎるような気がしますが、縁なし写真印刷をきれいモードでしょっちゅう使っているからかも知れません。
 キヤノンQAによるとメーカーに修理依頼せよとあります。
>  サポート番号が表示されている (PIXUS MG6730)
>  サポート番号=B200
>  <原因>
>  修理の依頼が必要なエラーが発生しました。
>  <対処方法>
>  本製品の電源を切ってから、電源プラグをコンセントから抜いてください。
>  パーソナル機器修理受付センターまたはお近くの修理受付窓口に修理をご依頼ください。

 ネットで検索すると、プリンターヘッドが汚れている、または基盤部分に問題があるというメッセージのようで、修理に出すと1万円程度かかるそうです。
 B200エラーは今年2月に買い換えたきよもりのプリンター(同じ機種canon MG6730)と同じメッセージで、その時はネットで調べるとプリンターヘッドを取り外して、洗浄したら治った方もいて、ダメ元でやってみましたが、結局回復せず、また同じ機種を探して買い換えました。

 プリンターヘッドを洗浄しても治らないと割り切って、JNKさんのプリンターも買い換えることにしました。
 しかし、Canonは現行の販売機種は全て前面二段給紙のプリンターを前面一段背面一段に仕様変更しており、もちろんMG6730も廃番で中古市場でも入手できません。
 各メーカーの仕様を検索して、EPSONはまだ前面二段給紙をメインで販売していることが判りました。
 前面二段給紙、スキャン機能、高さ15cmの条件で探して、EPSON EP-810AW 21,390円を買うことにしました。
 ネットで購入すると1年間のメーカー保証しか付かないので、5年保証を付けられるヨドバシ店頭まで出掛けて、商品を指名して買おうとしたら店員さん(何とキャノンのサービスマン!)が今ならこちらの方が安いです、とのことで勧められたのがEPSON EP-879AWで、店頭では15千円程度になっていましたが、最終的には更に値引きして12,840円でした。
 安い理由はすでに後継種EP-880AWが発表されていて廃番になるからで、インクは新機種でも変更ありませんから、EPSON EP-879AW 12,840円を購入し、今回は5年保証も付けました。

 翌日到着したので、早速セットアップし、MG6730では使えなかった無線LANのセットもしましたが、サーバー(W4000+)から無線LAN(FON)を認識しないので、有線LANに切り替えて、自宅のパソコン2台+サーバーの三台どこからでもプリンターを使えるようになりました。
 今回のプリンターはこれまでのものより横幅が12cmも短くなったので、パソコンデスクの天板がスッキリしました。
 取りあえず、一件落着です。

◆追記:廃インクパッド
 Canonのプリンターが使えなくなったのはB200エラーが出たためですが、原因がプリンターヘッドの汚れだと思われるので、多分フチ無し印刷の多用で、ノズルから吹き出してハガキに吸着しないではみ出したインクがプリンターヘッドに残るためではないかと思います。
 わずか二年あまりで修復不可能になるのは納得がいきませんが、EPSONでも同様の問題を抱えていたようで、現在の機種には廃インクパッドというのが装着されて、ドライバー1本で交換できるようになったようです。
 今回購入したEP-879AWに最初に採用されたそうですから、Canonのような不良品まがいのユーザーを馬鹿にした機種を掴まされなくてよかったです。

廃インクパッドに革命! エプソン2016年モデル発表! 2016年9月1日
> エプソンの2016年モデルが発表になりました!
> 機種がいくつも発表されていますけど、専門的なやつはそのうちご紹介することにして、
> 今回はメインのマシン、6色多機能モデルの
> 「EP-879Aシリーズ」
> を詳しく見てみたいと思います!
>
> 本体の写真の前に、マニアックで申し訳ないですが、ちょっとコレ見てください。
> クマノミ互換_吸収パッド_EPMB1
>
> エプソンの直販サイトで税込み1,058円、型番が「EPMB1」、商品名は「メンテナンスボックス」です。
> 簡単に言うと、「交換用廃インクパッド」です!
>
> 従来のインクジェットプリンタは、「たくさんヘッドクリーニングを行うと、廃インクパッドが
> いっぱいになってしまって、メーカー修理が必要になる」というのが泣き所でした。
> 特にエプソンは本体サイズが小さいので「キヤノンよりも早く廃パッドの限界が来るような気がする」と
> 言われ続けていたのですが、何と今回、廃パッドが自分で交換できるようにしてしまったわけですね。
> インク屋としましては、これは革命的な進化です。
> 少しでも「カスれたかな?」と思ったら、思う存分ヘッドクリーニングできますね!

Posted on 10月 1, 2017 at 11:01 午後 | | コメント (0)

2017.09.30

170930 9インチディスプレイ「DG-NP09D」 

Dsc_5750Dsc_5762 自宅用サーバーが壊れて、WSS2012R2E(Windows Strage Server 2012 R2 Essenntials)への切り替えに悪戦苦闘しましたが、9月28日にJNKさんときよもりのパソコンの全ファイルのバックアップが無事に完了し、毎日定期的にバックアップする体制が復活できました。

 サーバー-の運用が軌道に乗れば、サーバーの画面をしょっちゅう見ることは無いのですが、セットアップ時にはサーバーの画面とクライアント(二人のパソコン)の画面を交互に見ながらの作業が続きました。
 ところが自宅の環境ではきよもりのパソコンのディスプレイとサーバーのディスプレイとを切替スイッチで1台の23インチ ディスプレイ(Mitubishi RDT231WLM)で共用しています。
 切替だけならそれ程の手間はかかりませんが、パソコンは1920X1080ドット表示、サーバーは1280X1024ドット表示なので、一度サーバーに切り替えるとパソコンの方も1280X1024ドット表示に変わってしまい、その都度 画面の解像度を1920X1080ドット表示に手作業で戻さないといけません。

 サーバーとしての利用だけなら、WSS2012R2Eのセットアップが終わってしまえば、あとは滅多に見ることも無いので、このままでもよいかと諦めかけていました。
 9月12日にサーバーの修理に持ち込んだ三宮センター街のドスパラで見かけた小さな液晶ディスプレイが気になっていたので、9月28日にもう一度ドスパラへ行って値段を聞いてみると、税込み14,580円とのことで、意外に安いので思い切って購入してしまいました。
 9インチのディスプレイと言っても、最近はやりのAndoroidやiPadのタブレットとほとんど区別が付きません。

 パソコン通販 ドスパラ : Diginnos モバイルモニター DG-NP09D
 西川和久の不定期コラム:2万円で買えるドスパラ製8.9型モバイルディスプレイ ~バッテリ内蔵、解像度1,920×1,200ドット

 帰宅して早速、接続を試みましたが・・・
 W4000+のHDMI出力端子とDG-NP09DをHDMIオス→miniHDMIオスで繋いでも、「入力信号無し」ですぐに画面が消えてしまいます。
 W4000+ の取説を探し当てて、読んでみると「HDMIもしくはVGAにモニターを接続します」(P11)とあります。
 しかし、画面には表示されず、BIOSでの設定でもHDMIに関しては設定がありません。
 W4000+には画像出力端子はVGA(D-sub15pin)とHDMIとの2個が付いているので、どちらからでもディスプレイに接続できる筈なのに、理由が分かりません。

 窮余の一策でVGA出力をHDMI に変換するアダプターを噛ませばいけると考えて、変換アダプターを何種類かネットで探して、取り寄せました。
 結果的にはGana Inc.のANA VGA→HDMI 出力 ビデオ変換アダプタ USB給電(1,099円)で無事にDG-NP09Dへの画面表示が出来ました。
 ただし、アダプターのVGA側はメスなのでW4000+と繋ぐためにはVGAのオス→VGAオスの変換アダプターが必要です。
 留意点は以下の2点ですがこの商品にはどちらのケーブルも付属します。
 ① VGA端子には音声信号が無いので、オーディオケーブルを繋ぐ
 ② HDMIケーブルを繋ぐだけでは「信号無し」になるので、USBケーブルで給電が必要

 DG-NP09D側の設定は以下の2点
 ① 内蔵リチュームイオン電池の充電は付属のACアダプターを利用(5V 2.5Aの高出力が必要)する。
 ② 初期値ではW4000+の解像度1280X1024で表示されるので、メニューボタンで画像モードをユーザープリセット→スタンダード、アスペクト比をドットバイドット→フル、に変更すると全画面表示になる。

 これで、9インチの小さな画面ながらサーバーのディスプレイが完成です。
 画面が明るくて文字がくっきり見えますから、非常に快適です。
 折角、苦労して画面表示が出来るようになったので、サーバーにFireFoxをインストールして、G-mailのチェックをしながら、パソコンを使っています。
 その内、EXCELやWordもインストールするかも知れませんが、9インチ画面では細かい作業は難しいでしょうね。

Posted on 9月 30, 2017 at 11:37 午後 | | コメント (0)

2017.09.29

170929 自宅サーバー復活

Dsc_5735Dsc_5737 9月12日に自宅のサーバーが壊れて、5年前に購入したドスパラへ持ち込み修理に出しましたが、マザーボードが壊れているとのことで、修理を諦めて、新しくW4000+のWindows Storage Server 2012 R2 Essentials(WSS2012R2E)を発注して、9月21日に到着しました。
 W4000+にはHDDは付いていないので、これまで使っていた2TbyteのHDDを四台セットして、Raid 5でワンドライブに設定しました。(有効領域は5.4Tbyte)
 まだきよもりのパソコンはCドライブのバックアップしか完了していませんから、明日以降でデータの大きいFドライブとD、Gドライブのバックアップを行います。
 壊れてから二週間、新しいサーバーが来てから一週間、ようやく軌道に乗りそうで、ホッとしました。

 ここまでが9/27の書き込みですが、引き続ききよもりのパソコンのバックアップを始め、丸1日かかって、昨日(9/29)にようやく全ドライブのバックアップが完了しました。
 バックアップデータを見るとクライアント2台分(JNKさん2,280Gbyte、きよもり4,084Gbyte) で6,364Gbyteもありますが、使用分はJNKさん734Gbyte、きよもり1,829Gbyteで合計2,563Gbyteですが、バックアップサーバーでの使用容量は1,400Gbyteですから54.6%に圧縮されています。
 サーバーの空き容量はまだ4,000Gbyteあるので当分心配ありません。

Posted on 9月 29, 2017 at 05:38 午後 | | コメント (0)

2017.09.27

170927 バックアップ進行中

170927 バックアップ進行中170927 バックアップ進行中 9月12日に自宅のサーバーが壊れて、修理を諦めて、新しくW4000+のWindows Storage Server 2012 R2 Essentials(WSS2012R2E)を発注して、9月21日に到着しました。
 W4000+にはHDDは付いていないので、これまで使っていた2TbyteのHDDを四台セットして、Raid 5でワンドライブに設定しました。(有効領域は5.4Tbyte)
 バックアップ作業の最初にサーバーのバックアップをしたのが間違いで、クライアントのバックアップがなかなかうまくいきません。
 サーバーのバックアップデータをWbadminというdosコマンドを使ってやっと削除して、今朝早くにJNKさんの全ドライブのバックアップが完了しました。
 まだきよもりのパソコンはCドライブのバックアップしか完了していませんから、明日以降でデータの大きいFドライブとD、Gドライブのバックアップを行います。
 壊れてから二週間、新しいサーバーが来てから一週間、ようやく軌道に乗りそうで、ホッとしました。

Posted on 9月 27, 2017 at 11:23 午後 | | コメント (0)

2017.09.26

170926 灯籠猫とマカロニグラタン

170926 灯籠猫とマカロニグラタン170926 灯籠猫とマカロニグラタン ようやく自宅サーバーの再構築も二台のパソコンのバックアップが始まりましたが、データが大きいので、完了までまだしばらくかかりそうです。

 弓弦羽神社入り口の灯籠猫ちゃん、最近新顔が増えて少しずつ顔ぶれが代わっています。
 以前からいた猫ちゃんの顔が見えなくなるのは、やっぱり寂しいです。

 今日は思い付いて、またマカロニグラタンを作りました。
 ちょっと塩を入れすぎたようで、しょっぱいです。
 次回は蟹マカロニグラタンを作ってみょうと思います。

Posted on 9月 26, 2017 at 11:35 午後 | | コメント (0)

2017.09.22

170922 HDDの領域拡張/ XCOPYコマンド

170922 HDDの領域拡張170922 HDDの領域拡張 自宅のパソコンのドライブはCドライブにシステムを入れて、写真や地図などのデータはDropBoxでクラウにバックアップさせるために、Fドライブにまとめています。
 5年前にはHDDが2Tbyteもあるからと、CとFを同じHDDに設定していましたが、年々システムファイルやデータファイルがどんどん膨れ上がって、現在ではCもFも90%前後になっていました。

 壊れたサーバーを新規に入れ替えるので、今後のことも考えて、自宅のパソコンの整理を優先させるため、ドライブ丸ごと別のHDDに引っ越しました。

 単純なコピーではプログラムに不具合が起こりうるので、20年前からいざという時にお世話になっているDOSコマンドを今回も利用したら、時間は12時間以上かかりましたが、見事に成功しました。
 「パソコン引越」や「ドライブコピー」など有償、無償のアプリケーションが沢山有りますが、DOSプロンプトでXCOPYを使うのが、一番早くて確実です。
 例:XCOPY F:*.* J: /e/c/h/r/k/y/x
 ちなみに/e以下はスイッチの設定で、
  /e サブディレクトリーが空からでもコピー
  /c エラー発生を無視
  /h 隠しファイル、システムファイルもコピー
  /r 読み取り専用ファイルを上書き
  /k 属性もコピー
  /y 上書きの確認を表示しない
  /x ファイル監査設定をコピー
 呪文だと考えてあまり考えずこのスイッチを指定すれば、うまくいきました。
 今回はブートドライブでは無いから問題ありませんでしたが、Cドライブの場合は最初に別のドライブにシステムを導入しておかないとうまくいきません。

 DOSプロンプトは"cmd"命令で起動します。
 これって、Windows95以前からあったMS-DOSのコピーコマンドですから、かれこれ20年以上現役で使えるのですね。


Posted on 9月 22, 2017 at 05:18 午後 | | コメント (0)

2017.09.21

170921 Windws Storage Server 2012 R2 Essentials

170921 Windws Storage Server 2012 R2 Essentials170921 Windws Storage Server 2012 R2 Essentials 先週 自宅のWindows Home Server 2011が壊れて、ドスパラへ修理依頼しましたが、マザーボードが壊れているとのことで、修理は諦めて新しくサーバーを購入する事にしました。
 今日 新しい機械が到着したので、セットアップを始めました。
 手持ちのHDDを四台セットして、キーボード、マウス、ディスプレイを繋いだら、意外に簡単に初期設定が完了しましたが、自宅のパソコン2台のバックアップの設定は一からやり直しですから、最低でも3日位かかると思いますので、焦らず慎重に進めたいと思います。
 ついでにきよもりのパソコンのCドライブとFドライブの空き容量が少なくなっているので、HDDのパーテーションを切り直して、容量を増やします。
 新しいサーバーはこれまでの半分位の大きさなので、好ましいです。

Posted on 9月 21, 2017 at 10:49 午後 | | コメント (0)

2017.09.14

170914 ホームサーバー故障

170914 ホームサーバー故障170914 ホームサーバー故障 一昨日からパソコンの反応が悪くなって、我慢しながら使っていましたが、昨日夕方になると、"プラグインがビジー状態か応答を停止している"、というメッセージが出て、閉じても、また同じメッセージが繰り返し、FireFoxのブラウザーが固まってしまいました。
 再起動しても電源を入れ直しても同じ状態で、Flash Playerの更新をしようとしても"Internet Explorerを閉じて下さい"というメッセージで更新が出来ません。
 FireFozを再インストールしても修復出来ません。

 らちがあかないので、3日前のバックアップから正常な環境をリストアしようとしたら、自宅サーバーがエラーで起動できなくなっていました。
 サーバーは普段は見ることが無いので、いつ頃からサーバーがおかしくなったのか判りません。
 周辺機器を全部はずして電源だけ入れてみても2分くらいで電源が落ちてしまいます。
 電源が入らないようでは手を打てないので、購入したドスパラへ電話したら、持ち込み修理が出来ると言うことなので、今日三宮センタープラザのドスパラへ持って行くことにしました。
 故障診断だけで6,480円もかかりますが、新規にホームサーバーを購入すると、55,000円(Windows storage Server 2012 R2 Essentials)もするので、再インストールの手間も考えて、故障診断を依頼することにします。

Posted on 9月 14, 2017 at 02:57 午後 | | コメント (0)

2017.09.12

170912 「sorry payment failure」にご注意/フィッシング詐欺

 普段の買い物は、ここ数年ほとんど通販で探して購入しています。
 利用するのはプレミアム会員になると送料がかからないのでAmazonがほとんどで、たまに商品が見あたらないときにYahooや楽天を利用するのと、送料がかからないのでヨドバシの通販サイトをよく利用します。
 ほとんどの商品は早ければ当日、あるいは翌日には到着しますから、ヨドバシも含めて店舗まで出掛けて買い物する機会がほとんど無くなってしまいました。
 通販市場の拡大に伴って、運送業者の配達件数や頻度の増大、配達時間の延長などが社会問題になっていますが、配送料がかからない、というメリットは心理的にもかなり通販利用の利点になっています。

 通販を利用し始めたのは2013年12月頃からですが、当初から購入と引き落としの金額照合のため、ネットで購入時の購入明細、金額と購入サイトのアドレスリンクと共にEXCELで残すようにしています。
 購入先のサイトが数社に限られているため、これまでなりすましやフィッシング詐欺に遭ったことはありませんでした。

 でも、今日初めてフィッシング詐欺に遭ってしまいました。
 探している商品がネットで検索してもAmazon、Yohoo、楽天にないため、通常の一般企業のホームページで見つけ、多少の不安がありましたが、会社名や住所、資本金など、まともな会社だと思われたので、発注内容を入力し、最後にクレジット決済のカード番号、有効期限、セキュリティーコードを入力して、次のページに行こうとすると、また元の画面に戻ってしまいました。
 どこかにエラーがあるのかと見直すと画面の上部に「sorry payment failure」というメッセージが表示されています。
 カードの有効期限や番号にはエラーが見あたらないので、ネットで「sorry payment failure」を検索すると、フィッシング詐欺の可能性がある、とのことでビックリ!

 フィッシングに遭ったので原因と対処法まとめておく
 https://k1oz.com/card-phishing/#2-1
 【引用】
 2-1.今回の原因は通販サイト
 今回、カード情報を読み取られたのは通販サイトでした。
 メール添付のURLでもなくググって出てきたサイトです。
 そこでクレカ支払いをしようとカード番号などを入力し送信

 そうすると
 sorry payment failure
 と、カード決済できなかったぞという画面に切り替わるだけ。
 カード番号などを入力間違えたかなと思って再入力するもエラー
  面倒だったのでそのサイトでは買い物をせずに終了。
 
 その次の日、別件で同じカードを使った所別サイトでは支払いができたので
 「おや?あのサイト側で何かトラブルがあったのかな」
 と思ってスルーしていました。

 まさにこのままですから、これは引っかかったかなと思い、ネットで件の会社の住所と社名から電話番号を調べて、すぐに電話しました。
 すると、会社は実在して、住所も一致していますが、扱い商品が全く異なっていて、やっぱりフィッシング詐欺に引っかかったことが判りました。

 もたもたしていてはまずいので、すぐにカード会社に電話して、カードを停止してもらいました。
 カード会社での確認でカードの利用は9月11日(月)が最終で、電話受付段階でカードの利用は停止、ということで被害は免れました。
 でも、カードの再発行まで10日くらいはかかりますからその間は通販での購入は出来なくなるのと、新しいカードで各通販会社の決済情報の変更手続きがあるので結構面倒です。

 海外サイトでの購入も何度か経験しましたが、いずれも一般的に名を知られた企業や、ソフトウエアの販売会社だったので、これまで問題ありませんでしたから油断していました。
 たとえ国内のサイトでも名前を知らないようなサイトには要注意です。
 よい経験になりました。

Posted on 9月 12, 2017 at 01:15 午後 | | コメント (0)

< 最後 « これより前10件 | 全件