2017.08.13

170813 全員無事に新穂高に下山

170813 全員無事に新穂高に下山170813 全員無事に新穂高に下山 台風の影響で富山で1日足止めを喰いましたが、太郎平から雲の平を経て、昨夜は双六小屋で満天の星を眺めました。
 今朝は小池新道からワサビ平でソーメンを食べ、新穂高温泉で汗を流して、松本に向かいます。

Posted on 8月 13, 2017 at 03:16 午後 | | コメント (0)

2017.08.11

170811 初日(8/10)は折立から太郎平まで

Dsc_5078Dsc_5084 台風の影響で東京組も含めた全員が富山で一日足止めを食いましたが、8月10日(木)は林道も開通して、予定通り朝一のバスで折立に向かいました。
 折立は有峰湖の北岸ですが、夏場だけ路線バスが入っていて、8:14取付1350mから500mの急登を2時間で登り切ると青淵三角点1869.9mで景色が一変して明るく開け、太郎平までなだらかな登りになります。
 木道とガレ場の断続する長い登りは、気温32℃で日差しを遮る木立も少ないのですが、高度があるので意外に歩き易くて助かりました。
 太郎平小屋2330mに着いたら14:33でしたから、初日の行程としては楽な方で助かりましたが、明日はいったん黒部川まで下って薬師沢の吊り橋から今日よりはるかに長い急登が控えていますから気を引き締めないといけません。
 最近はどこの山小屋でも生ビールが飲めるようになりましたから、つい飲んでしまいます。
 小屋の近くにはニッコウキスゲがきれいに咲いていました。


Posted on 8月 11, 2017 at 10:55 午後 | | コメント (0)

2017.08.10

170810 1日遅れの出発

Dsc_5033Dsc_5042 林道通行止めで昨日は富山観光とグルメの1日でした。
 ガラス美術館から始めて、昼は富山湾の寿司を食べ、富山城の見学を終えて、日帰り温泉 剣の湯でさっぱりして、夜は牛鍋を堪能しました。
 1日遅れなので、槍ヶ岳は諦めて双六から新穂高に下山する事になりそうです。

Posted on 8月 10, 2017 at 05:56 午前 | | コメント (0)

2017.08.09

170809 富山駅で足止め

170809 富山駅で足止め170809 富山駅で足止め せっかく富山までたどり着いたけど、今日もバスが午前運休で、足止めです。
 ゲートが閉まっているのでタクシーも入れないそうです。
 午後も未定。
 また状況がわかり次第連絡します。

Posted on 8月 9, 2017 at 05:59 午前 | | コメント (0)

2017.08.08

170808 腹ごしらえ

170808 腹ごしらえ170808 腹ごしらえ 特急電車も二時間以上遅れているので、トットと敦賀で駅弁寿司を買って、腹ごしらえしました。
 鯖寿司とマス寿司、美味しいです。
 川の水量を見ると電車の遅れも仕方ないかも知れません。

Posted on 8月 8, 2017 at 06:06 午後 | | コメント (0)

170808 米原まで来たけれど・・・

170808 米原まで来たけれど・・・ 姉川の増水で運転再開の見通しはたっていないとの米原駅の案内放送が流れていましたから、前途多難です。
 今日中に富山までたどり着けるでしょうか?

Posted on 8月 8, 2017 at 09:37 午前 | | コメント (0)

170808 山行計画:8/19~8/20 紀淡海峡「友ヶ島・行場と砲台跡巡り」関西ハイク山友会№1158例会

170722_23_tomogashima_01170722_23_tomogashima_02

 10年以上前に一度だけ訪れた友ヶ島は東(虎島)に葛城二十八宿の行場、西(沖ノ島)に旧陸軍の高射砲基地跡や灯台があって、日帰りで両方歩くのは難しいので幕営の練習も兼ねて二日行程にします。
 波止場のある沖ノ島から行場のある虎島へは干潮時にしか往来できないので干満の差が大きい新月の時期を選びました。虎島の行場・観念窟は40m35度の一枚岩を登りますが、リーダーが最初に登り、40m固定ロープを2本設定しますので、後続の皆さん各自は簡易ハーネス(安全ロープ)と固定ロープとを2m補助ロープでプルージック結びで連結して登っていただきますから、転落の危険はありません。
 簡易ハーネスや2m補助ロープは10組程度用意しますが、自分で所有してられる方は持参していただくようお願いします。
 二日目は砲台跡から灯台へ途中一等三角点を踏んで沖ノ島の西半分を巡ります。
 幕営地の南垂水キャンプ場は広くてトイレや井戸もありますが、井戸水は塩分を含んでいるので飲料には向きません。各自料理用+飲料に水を2L程度持参して下さい。
 【友ヶ島】観光・キャンプ情報を完全網羅!

【山行計画】
紀淡海峡「友ヶ島・行場廻りと砲台跡巡り」 8/19~8/20 関西ハイク山友会№1158例会

日 時:平成29年8月19日(土)~8月20日(日)

集 合:8月19日(土) 南海本線・難波駅北改札口(三階) 7時35分
 難波⑥番線 7:45発・特急サザン3号の5号車に乗車します。
 難波~加太 960円/回数券利用で約700円、特急料金無料

 【雨天の場合】
 前日、8月18日(金) 17:00発表の気象情報で、和歌山県北部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:和歌山県北部 073-177 前8月18日(金) 17時発表の予報

参加予定者:16名/8/8現在

レベル:中級向き ((初日は海沿いの岩場のへつりと35度の行場岩登り)

行き先:紀淡海峡「友ヶ島・行場廻りと砲台跡巡り」

コース:
8月19日(土) 難波7:45=特急サザン3号=8:43和歌山市駅8:51=9:16加太・・・加太港10:00=友ヶ島汽船・1000円=10:20友ヶ島・野奈浦桟橋―南垂水キャンプ場(デポ)―深蛇池分岐―亀ヶ崎―閼伽井跡(アカイアト)―虎島入口(昼食)―序品窟(ジョホンクツ)―観念窟―役行者像―虎島入口―亀ヶ崎―深蛇池―第4砲台跡―南垂水キャンプ場(16:20頃、幕営)
8月20日(日) 南垂水キャンプ場(7:00起床、朝食、8:00出発)―野奈浦分岐―第3砲台跡―コウノ巣山119.9m―桟橋分岐―海の家分岐―孝助松―灯台・第1砲台跡―第2砲台跡―池尻―海の家―野奈浦―南垂水キャンプ場(昼食、撤収)―野奈浦桟橋13:30=友ヶ島汽船・1000円=13:50加太港・・・加太14:28=14:52和歌山市駅14:59=特急サザン38号=15:59難波(解散)

地 図:国土地理院25000分の一「加太」「由良」
 予定断面図:8/19 行場廻り8/20 砲台跡巡り
 予定ルート図
 予定ルート拡大図:8/19 行場廻り8/20 砲台跡巡り

行 程:
8月19日(土) 歩行距離:約7.4km、所要時間:6時間10分(歩行時間:3時間55分、休憩・昼食:2時間15分)

 難波⑥番線 7:45発=特急サザン3号(5号車乗車・難波~加太 960円/回数券利用で約700円、特急料金無料)=8:43和歌山市駅8:51=9:16加太・・・加太港10:00=友ヶ島汽船・1000円=10:20友ヶ島・野奈浦桟橋
 野奈浦桟橋0m(10:30頃)―20分―南垂水キャンプ場0m(10:50頃、デポ、11:10出発)―25分―深蛇池分岐20m―15分―亀ヶ崎30m―5分―閼伽井跡(アカイアト)0m―5分―虎島入口0m(12:20頃、昼食)―5分―序品窟(ジョホンクツ)0m―30分―観念窟10m―20分―役行者像40m(14:10頃)―40分―虎島入口0m―10分―亀ヶ崎30m―20分―深蛇池0m(15:30頃)―20分―第4砲台跡80m―20分―南垂水キャンプ場0m(16:20頃、幕営、夕食)

8月20日(日) 歩行距離::約6.1km、所要時間:5時間20分(歩行時間:3時間05分、休憩・昼食:2時間15分)
 南垂水キャンプ場0m(7:00起床、朝食、8:00出発)―5分―野奈浦分岐10m―30分―第3砲台跡100m―10分―コウノ巣山119.9mⅠ(9:00頃)―10分―桟橋分岐80m―10分―海の家分岐50m―10分―孝助松10m―20分―灯台・第1砲台跡50m(10:10頃)―20分―第2砲台跡10m―10分―池尻0m―10分―海の家0m―10分―野奈浦0m(11::10頃)―20分―南垂水キャンプ場0m(11:40頃、昼食、撤収、12:50出発)―20分―野奈浦桟橋0m(13:20頃)
 野奈浦桟橋13:30=友ヶ島汽船・1000円=13:50加太港・・・加太14:28=14:52和歌山市駅14:59=特急サザン38号=15:59難波(解散)
7/16 友ヶ島~加太 9:30 10:30 11:30 12:30 13:30 14:30 15:30 16:30

装 備:テント泊装備/シュラフ、マット他、昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)、水2L(調理用・島には飲料水がありません)、サンダル(キャンプ場での履き物)、サブザック(島内探索は荷物はデポしていきます)
 装備表は別紙参照
 
会 費:5,600円/参加費200円+交通費3400円+食材費2000円
 交通費:3,400円/南海電車往復1,400円(回数券利用)、友ヶ島汽船往復2,000円
 食材費:2,000円/α米、カレーうどん食材など
  食材内訳は別紙参照

040703_04_tomogashima_49 【写真・再掲】
 040703_04 友ヶ島・行場廻りと砲台跡、灯台
 Googleフォトの写真アルバムです。
 写真は位置情報付きで54枚あります。

 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【装備表と食糧計画】
1/2
170819_2016
2/2
170819_2016_2
EXCELファイル(装備食料計画表)
「170819_2016n.xlsx」をダウンロード

【地図】
予定断面図
【地図】
予定断面図
8/19 行場廻り
170722_tomogashima_gyoubamegurida_2
8/20 砲台跡巡り
170723_tomogashima_hodaiatomegurida
予定ルート図
170722_0723_tomogashima_gyoba_hodai
予定ルート拡大図
8/19 行場廻り
170722_tomogashima_gyobameguri
8/20 砲台跡巡り
170723_tomogashima_hodaiatomeguri
GPSの予定ルートデータ
8/19 行場廻り
「170722_TomogaShima_Gyobameguri.gpx」をダウンロード
8/20 砲台跡巡り
「170723_Tomogashima_HodaiatoMeguri.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 8, 2017 at 02:23 午前 | | コメント (0)

2017.08.05

170805 逢山峡から水無滝の例会無事完了

170805 逢山峡から水無滝の例会無事完了 快晴の炎天下ですが沢歩きは涼しくて快適でした。
 ゴルジュの上に続く幻の滝、不動滝も確認できて満足です。
 水無谷を下って有馬口で解散して有志10名でからとの湯で汗を流してさっぱりしました。

Posted on 8月 5, 2017 at 07:38 午後 | | コメント (0)

2017.08.02

170802 山行計画:8/5 六甲「逢山峡・沢歩きから水無滝」 関西ハイク山友会№1152例会

170708_hozankyo_mizunashitaki_09170708_hozankyo_mizunashitaki_41

 昨年9月の例会で歩いた逢山峡ですが、意外?に好評だったので今年も沢歩きを楽しみたいと思います。
 逢山峡は神鉄・唐櫃台駅から手軽に入れる沢として人気があります。
 鍋谷ノ滝と猪ノ鼻滝以外は大きな滝はなく、小滝が連続しますがいずれも沢靴かわらじなら簡単に直登できます。
 谷は広くて明るく、すぐ横を一般車両が通らない車道が並行するので遡行するにしても巻くにしても臨機応変に対応できますから、沢歩きの初心者でも気軽に挑戦できます。
 途中数ヶ所で堰堤を巻く必要がありますが、その点を割り引いても夏の沢遊びとしてはお奨めです。

 昨年は時間の都合もあって、鍋谷ノ滝から車道にあがりましたが、今回は堰堤上から再度谷へ降りて、ゴルジュと上に続く三段の幻の滝・不動滝にも行ってみます。
 ゴルジュは水量にもよりますが、3m近い深さで右岸に棚があるのでへつれますが、棚までは泳いでいくしかありません。
 ゴルジュの出口には大きなチョックストーンがあって、更に上には3m+7mの滝が続き、全体を不動滝というようですが、ゴルジュを左から巻いて行者滝の中間テラスまで行きます。

 午後は仏谷を源流まで詰めて仏峠、水無峠を越え、水無滝を見てから荒れた水無谷を神鉄・有馬口へ下山します。
 水無滝は水量が少なく残念ですが、上部がハングした直滝で迫力があります。
 時間によりますが、希望者のみ唐櫃台で途中下車して「からとの湯」で汗を流して帰りたいと思います。

 【山行計画】
六甲「逢山峡・沢歩きから水無滝」 8/5関西ハイク山友会№1152例会 初心の山 21

日 時:平成29年8月5日(土) 9:00~16:30

集 合:神戸電鉄有馬線・唐櫃台駅 改札口 午前9時
 【参考】 京阪神から唐櫃台(カラトダイ)への時刻表
 京都7:14⇒JR新快速⇒8:07三ノ宮―地下鉄三宮8:17⇒地下鉄⇒8:28谷上8:35⇒神鉄有馬線・三田行⇒8:44唐櫃台
 【雨天の場合】
 前日、8月4日(金) 17:00発表の気象情報で、兵庫県南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:兵庫県南部 078-177 前8月4日(金) 17時発表の予報

参加予定者:25名/8/1現在

レベル:一般向き (今回は沢歩きなので沢靴または地下足袋+わらじ必携)

行き先:六甲「逢山峡から水無滝」

コース:神鉄・唐櫃台駅―東山橋―逢山峡谷遡行―鍋谷ノ滝―ゴルジュ―猪ノ鼻滝(遡行終了)―広河原(昼食)―仏谷峠―水無滝―車道―高速下―神鉄・有馬口駅(16:00頃、解散)

地 図:国土地理院25000分の一「有馬」、昭文社「六甲・摩耶」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半
行 程:約8.0km、所要時間:7時間30分(歩行時間:5時間00分、休憩・昼食:2時間30分)
 神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m―20分―高速下360m―10分―東山橋360m(9:40頃、遡行準備10:00出発)―30分―堰堤390m―30分―鍋谷ノ滝420m(11:20頃)―30分―ゴルジュ430m―20分―猪ノ鼻滝450m(遡行終了)―10分―広河原460m(昼食、12:30頃)―50分―仏谷峠610m(14:10頃)―10分―水無峠610m―20分―水無滝510m(15:00頃)―50分―車道340m―5分―高速下310m―15分―神鉄・有馬口駅290m(16:30頃、解散)

装 備:沢靴または地下足袋+わらじ、昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)
 
参加費:200円/交通費は各自払い

【参考】
 16/9/3 六甲 「逢山峡から古寺山」 関西ハイク山友会 №951例会

 17/7/8 六甲 「逢山峡・沢歩きと水無滝」下見

【地図】
予定断面図
170805_hozankyo_mizunashitakidanmen
予定ルート図
170805_hozankyo_mizunashitaki
予定ルート拡大図
前半
170805_1_hozankyo_mizunashitaki
後半
170805_2_hozankyo_mizunashitaki
GPSの予定ルートデータ
「170805_HozanKyo_MizunashiTaki.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 2, 2017 at 12:07 午前 | | コメント (0)

2017.07.29

170729 能登又谷から三重岳の例会無事完了

170729 能登又谷から三重岳の例会無事完了170729 能登又谷から三重岳の例会無事完了 今日は終日曇り空、尾根上は26℃位で谷風もあって過ごし易い縦走日和でした。
 心配した雨にもあわず、足並みも揃って快調でしたが、16km歩き通して、さすがに疲れました。
 参加していただいた24名の皆さんありがとうございました。
 お疲れ様でした。
 これから朽木の道の駅へ直行してビールをゲットします。
 京都駅帰着は予定通り21時頃になると思います。

Posted on 7月 29, 2017 at 07:36 午後 | | コメント (0)

< 最後 « これより前10件 | 全件