2017.06.22

170622 井村屋あずきバーかき氷器

170622_imuraya_azukibar 井村屋のあずきバーは夏の定番です。
 アイスキャンデーやアイスクリームはこの季節になると数十種類もコンビニやスーパーに並びますが、家では常に井村屋のアイスバーを切らすことがありません。
 きよもりは歯が丈夫なので、固いまま歯を立ててカリカリかじりますが、JNKさんはゆっくり溶かしながら時間をかけてゆっくり食べます。
 ほどよい甘さとアズキの舌触りが格別で飽きが来ません。
 そのように愛用しているあずきバーについて、今日の日経トレンディーに「井村屋あずきバーかき氷器」が紹介されていました。
 トミカやリカちゃんなどちょっと目先の異なるおもちゃが得意なタカラトミーの発売ですから、それなりにこだわりがあって、記事を読んでみると、何となく試してみたくなります。
 でも、部品が多くて洗ったりするのが面倒そうで、買ってもすぐ飽きそうですね。

【引用】 日経トレンディー   

「あずきバー」を削ったら違うデザートになった!?
井村屋あずきバーかき氷器を実験 
2017年06月22日

タカラトミーアーツ「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」(2800円)

 タカラトミーアーツが、井村屋の「あずきバー」をかき氷にしてしまう「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」を2017年6月29日に発売する。これが発表されたとき、多くの人が「それは欲しい」「うまいところに目をつけた」と好意的な反応を示した。これは、すぐに反応するくらいに井村屋の「あずきバー」が固くてもう少しラクに食べたいと思っている人が多いということなのだろう。

 井村屋のあずきバーは、たっぷりのあずきと砂糖、コーンスターチ、塩、水あめだけを固めて凍らせてある。柔らかくなる要素がないので、カチカチになるのは当たり前だ。

 固いためになかなか食べられないことがあずきバーの特徴でもあるが、もどかしくもある。固いと感じていた人は多く、「硬度を調べたらすごく固いことが分かった」というニュースまで登場することもあったほどだ。だからこそ、その頑固なあずきバーを「削ってふわふわにして食べられる」ことは魅力になる。さらに、あの固いものを削る機器であるという技術的な興味もそそる。これまでも納豆を練るための「魯山人納豆鉢」や、スフレのようなオムレツが作れる「ふわしゅわびっくり!レッツ!オムレッツ!」、ふわふわのフローズンデザートが作れる「ツメタオイチーノ」など、数々のクッキングトイを開発してきたタカラトミーアーツへの期待もあったのだろう。

 今年の東京おもちゃショーで、タカラトミーアーツのブースには、「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」の数々の失敗作が並べられていた。これらはパッケージにも印刷されていて、ウェブサイトでも紹介され、開発が難航したことを力強く物語っている。実際にスティックタイプのアイスバーを固定して削る機器というのは、あずきバーでなくても難しそうだ。


 以下省略

Posted on 6月 22, 2017 at 01:06 午後 | | コメント (0)

2017.06.20

170620 かつおの藁焼き定食

170620 かつおの藁焼き定食170620 かつおの藁焼き定食 今日は久し振りに三宮へ出たので、昼は東通りの「土佐清水ワールド」でかつおのたたきを食べました。
 大10切で1300円。
 普通のたたきの倍の厚切りでボリューム満点です。
 久し振りにご飯のおかわりをしたのでお腹いっぱいでした。
 藁の草の香りがほのかにして野趣満点、美味しかったです。

Posted on 6月 20, 2017 at 11:49 午後 | | コメント (0)

2017.06.11

170611 鶏もも肉の煮込み・三度目

Dsc_4486Dsc_4489 4月26日(水)のNHK「あさイチ」で紹介された「鶏もも肉の煮込み」は当日すぐに作ってJNKさんにも好評でした。
 その後、鶏もも肉を骨付きから皮付きの鶏もも肉でもう一度作りましたが、家で作るには骨が無い方がフライパンとの馴染みがよくて、均等に皮を焼けますから、作る手間も少し楽になりました。
 先週作ったポークカレーがまだあるけど、また食べたいと頼まれたので、食材を買いに行きました。

 今回も皮付きの鶏もも肉を使うことにして、玉葱はあるのでキャベツとショウガ(黄金ショウガ)だけ買いました。
 レシピは前回印刷したのがあるので、それを見ながら作り始めて1時間弱で完成。
 レシピ通り、調味料は酒を使いましたが、最初の時はみりんを使ったから、みりんを使って少し甘みがあった方がよいかも知れません。
 ショウガは前回は入れすぎたような気がしたので、今回は小さめ(2cm各)のショウガを薄切りにしてから細切りにしました。
 キャベツは新キャベツは終わっているので、もう少し長く蒸し焼きにしてしんなりさせた方がよかったかも知れません。
 材料費は1,000円弱ですから、二人で食べると結構安上がりです。

 家で料理を作るのは結構好きですが、食材さえ揃えれば、レシピ通り調理して、出来上がるまで1時間程度。
 すぐ結果が出るから短時間勝負で面倒がありません。
 鶏肉のさっぱりした味に繊維質が少ない黄金ショウガの辛みがうまくマッチして美味しいです。

【参考】
 鶏もも肉の煮込み
 
170426_

Posted on 6月 11, 2017 at 11:35 午後 | | コメント (0)

2017.06.09

170609 焦がし玉葱のポークカレー

Dsc_4469Dsc_4473 昼間はテレビを付けたまま、パソコンに向かっているので、時々気になる番組だとパソコンを離れてテレビを見ます。
 今日のテレビで玉葱をこんがり炒めて作るカレーが美味しそうでした。
 ネットでレシピを探して、食材を買いに行きましたが、まず「ガルママサラ」を探して、意外に安いので安心しました。
 あとは豚肉ですがブロックは高いのでとんかつ用の厚切りを買いました。
 にんじん、玉葱はばら売りだと多少高いけど、置いておいても傷むので仕方ありません。
 ついでに好きなジャガイモも入れることにしました。
 ハウスのカレールーを買って、閉めて食材費は1,800円、まずまずです。
 鍋はフライパン一つで、最初から最後まで完了します。
 下ごしらえはほとんどありませんが、とんかつ用の豚肉は裏表とも包丁で細かい切れ目をたくさん入れて味の染み込みと筋切りを兼ね、短冊に切りました。
 玉葱をクシ型に切って炒めますが、どの程度炒めたら良いか判らず、レシピには強火で我慢して焦げ目が付くまで炒めるとあったから、ちょっと焼きすぎたかも知れませんが、こんなもんでしょう。
 あとは悩むこともなくスイスイと進み、最後の煮込み20分を終えてマサラを加えて完成。ほぼ1時間でした。

 食材は単純ですからいつでもすぐ作れそうですが、焦がし玉葱が効いているのかマサラがよいのか判りませんが、味がまろやかでご飯との相性もバッチリでした。
 案外、購入したハウスのカレールー「ザ・ホテル・カレー(コク深い中辛)」がよかったのかも知れませんが・・・

【参考】
 趣味どき カレーの世界水野式ポークカレーのレシピ
 「170606_.doc」をダウンロード

Posted on 6月 9, 2017 at 11:13 午後 | | コメント (0)

2017.05.19

170519 久し振りの大阪

170519 久し振りの大阪170519 久し振りの大阪 今日はJNKさんにお付き合いして、大阪天満のOAPへ。
 大阪城の向こうに金剛生駒山脈が霞んでいました。
 帰りには、ドウチカの『new KOBE』でこれも久し振りに一人しゃぶしゃぶをふたり並んで食べました。

Posted on 5月 19, 2017 at 10:30 午後 | | コメント (0)

2017.05.07

170507 御影公会堂食堂のオムライス

170507 御影公会堂食堂のオムライス170507 御影公会堂食堂のオムライス 先月、改修工事が終わってリニューアルした御影公会堂の地下食堂へ数年ぶりに行きました。
 地図読みの帰り道だったので13時頃でしたが、満席で30分位待ちました。
 先代が亡くなられて、お嬢さんが引き継いでおられるそうですが、当分はお昼タイム11時から14時のみの営業だそうです。定休日は火曜日。
 オムハヤシのセットで1300円程度ですが、ふわふわ卵と程よい甘味のハヤシソースのバランスが絶妙で、レトロな雰囲気をそのまま残した内装は昭和にタイムスリップしたようでした。

Posted on 5月 7, 2017 at 04:59 午後 | | コメント (0)

2017.04.26

170426 鶏もも肉の煮込み

170426 鶏もも肉の煮込み170426 鶏もも肉の煮込み170426 鶏もも肉の煮込み 何気なくあさイチを見ていたら、鶏肉の煮込みを紹介していたので、気が向いて、食材や調味料を揃えて作ってみました。
 生の生姜の風味が利いていて、口当たりが良く、うまく出来ました。
 時々このように何か作りたくなります。

Dsc_4103【写真】
 170426 鶏もも肉の煮込み
 Googleフォトの写真アルバムです。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。


Posted on 4月 26, 2017 at 11:32 午後 | | コメント (0)

2017.04.21

170421 メバルと最中

170421 メバルともなか170421 メバルともなか 今夜は頂き物のメバルで晩ご飯。
 JNKさんの山とものKMRさんのご主人が和歌山の海で釣ってこられたメバルは身が締まっていて、美味しいです。
 ご馳走様でした。

170421 メバルともなか最中 最中はKMRさんが東京・銀座 並木通りにある「空也」までわざわざ買いに行かれたそうです。
 この最中はここの店頭でしか販売されていないので貴重です。
 『我輩は猫である』にも「空也餅」が登場する程、夏目漱石が好んで通ったお店だそうです。
 ご馳走様でした。

Posted on 4月 21, 2017 at 06:47 午後 | | コメント (0)

2017.04.09

170409 丹生山から稚児ヶ墓山の下見完了/フルーツ餅

170409 丹生山から稚児ヶ墓山の下見完了 昨日の下見は昼過ぎまでは雨は降らず、衝原湖からの義経道は三ツ葉躑躅も咲き始めて快適でした。
 丹生神社の本殿前で昼ご飯を食べて帝釈山まで樹林尾根を歩いたところで雨が降り出したので雨具やザックカバーを着けましたが、小雨が止まず、後半は谷沿いの岩混じりの道で滑りやすいので、苦労しました。
 そのため計画より30分遅れましたが、バスの本数が多い箕谷まで足をのばして、全員無事に三宮へ戻って来ました。
 あいにくの雨でしたが、和気あいあいムードで楽しい下見でした。
 参加していただいた皆さんありがとうございます。お疲れ様でした。

170409 丹生山から稚児ヶ墓山の下見完了 三宮まで戻ってきて解散しましたが、買い物に出てきたJNKさんと会って、久し振りに三宮をぶらついてから帰宅。
 数年前、千里近くのお店まで買いに行ったことがあるフルーツ餅の店の支店が摂津本山に出来たので、早速買いに行っていたそうで、半分ずつ切って食べました。
 松竹堂 神戸店
 フルーツ餅は苺、メロン、パイン、キウイ、蜜柑など、季節に合わせた新鮮な果物を生地と薄いあんこで包み込んだ見ても楽しめる和菓子です。

Posted on 4月 9, 2017 at 05:57 午前 | | コメント (0)

2017.04.03

170403 三分咲き

170403 三分咲き170403 三分咲き 土曜日の例会の帰りに寄った京都駅前の立ち飲み屋で美味しかったので、お代わりをしたレタス炒めの味を思い出しながら、昨夜レタスをヒト玉買ってきて、家で作ってみました。
 ごま油、味醂、だし醤油、胡椒に隠し味で中華出汁を入れて強火で一気に炒めました。
 確かに美味しいですが、少しパンチが効いていないので、次回は黒胡椒の代わりに七味唐辛子を入れてみます。
 シャキシャキとした歯触りで癖になりそうな味です。

 弓弦羽神社参道の桜のミニトンネルの老木にもやっと花がちらちらと付き始めました。
 明後日から最高気温が20℃を越えるそうですから、今週末には満開になりそうです。
 今年は春が遅れています。

 今日も朝一番で尾道に向かっています。

Posted on 4月 3, 2017 at 06:03 午前 | | コメント (0)

< 最後 « これより前10件 | 全件