« 200310 後手後手に回る安倍首相と台湾の蔡英文総統の先手必勝 | トップページ | 200312 Windows10に増設HDDを内蔵 »

2020.03.11

200311 デジカメ写真の移動完了

200311_dejicamesyashin_ido_01 200311_dejicamesyashin_ido_02 200311_dejicamesyashin_ido_03 200311_dejicamesyashin_ido_04 200311_dejicamesyashin_ido_05
Windows7からWindows10へのリプレイスもやっと最終段階に入りました。
Windows10の機器が到着したのは2月22日(土)で、篠山から帰宅した2月25日(火)からセットアップを始めましたから、かれこれ2週間。
DropBoxを利用していたおかげで、大部分のファイルはクラウドに置いたままで新しいWindows10からアクセスできましたから、非常に助かりました。
ですから、Windows10のCドライブは新しいOSの設定だけで構成されているので、非常にすっきりしています。
Cドライブの使用領域は230Gbyteしかなく、まだまだ余裕があります。
問題はWindows7でも容量が大きすぎてDropBoxに移動するのが難しく、2Tbyteの外付けHDDに保存していたデジカメの写真データです。
約720Gbyteありますから、既述の通り単純に旧HDDから新しいHDDへコピーするだけで丸5日かかりました。

やっとコピーが終わり、一昨日からWindows10のデジカメ管理ソフトで、コピーしたデジカメ写真データをファイル単位で読めるように設定しました。
デジカメ管理ソフトは「デジカメde!!同時プリント」というアプリですが、使い始めたのはWindows95が出始めた頃ですから、すでに25年も前です。
当時勢いのあった「AIソフト」という会社が発売していましたが、その後、エプソンと合併し、そのエプソンでも数年前を最後に新規販売は終わっているようです。
デジカメの管理ソフトなんて、どこの商品もあまり変わらないと言われそうですが、このソフトの優れている点は、ファイルの多重管理ができるところです。
写真は撮影日付単位で年月日6桁を頭につけたファイルに保存しているので、取り込みも年月日順に落とせば良いのですが、全件を一括で取り込むのはパソコンのメモリー容量に限界がありますから、せいぜい1年分、もしくは半年単位程度でしか取り込めません。
ちなみに年単位の容量は2013年:88.5G、2014年:73.3G、2015年:66.7G、2016年:50.7G、2017年:45.0g、2018年:28.5Gでした。2018年が小さいのは、今回の移行前に旧Windows7から別のUSBメモリーに2018年~2019年の写真データをコピーしてあったからです。
移行作業はほぼ1日で完了し、新しいWindows10でアルバムが表示できることも確認できましたから、ひと安心です。
明日からは、現在USB3.0で外付けになっている3TbyteのHDDを内蔵HDDとして設置したいと思います。
本体ボード上でHDDコネクターは確認できていますが、電源ケーブルの予備はないので、電源分岐ケーブルを探さないといけません。

Posted on 3月 11, 2020 at 11:00 午後 |

コメント

コメントを書く