« 200317 白木蓮と沈丁花 | トップページ | 200319 Windows10のHDD増設で苦戦中 »

2020.03.18

200318 例会開催中止:4月4日(土)~5日(日) 第1748回例会 熊野古道・小辺路「三浦峠越え」

皆さん、おはようございます。

新型コロナウィルスの感染は当初の勢いは収まりつつあるようですが、海外ではヨーロッパを中心にさらに拡大傾向のようです。
関西ハイク山友会では227()に安倍首相の「小中高校を臨時休校とする」という声明を反映して、31()から319()までの例会開催を中止と決定しました。

その後、新型コロナウィルスの感染経路や、クラスターと称される閉鎖空間で多人数が接近して長時間同席する環境を避ける、約二週間の潜伏期間がある、重症や死に至るケースは持病のある高齢者が多い、といった特徴が見えてきました。

そのような状況を理解した上で、関西ハイク山友会として、320()以降の例会開催をどうするか、316()に臨時の運営委員会を招集して協議しました。

結論は:
1.320()以降の例会は計画通り開催する
2.ただし、例会開催に伴い新型コロナウィルスに感染するリスクが大きいと懸念される場合は、リーダー判断により例会の開催を中止する
という決議になりました。

森井の令和244()5() 第1748回例会 熊野古道・小辺路「三浦峠越え」は、山行の行程には問題はありませんが、
・大和八木から十津川温泉までの往路、三浦口から大和八木までの復路、の往復貸切バス利用時間が6時間に及ぶこと
・宿泊先の十津川温泉「田花館」は一室4名~5名の相部屋であり、食堂なども含めて密閉された空間、狭い場所でお互い近距離で長時間過ごすとクラスターになる懸念がある

というリスクがあります。
以上の状況から 「№1748例会は開催を中止するのが妥当」と リーダーとして判断いたしました。
折角楽しみにして参加申し込みしていただいた皆さんには誠に申し訳ありません。

熊野古道で最後に歩き残した三浦峠ですから、再度例会を組んで挑戦したいと思います。
旅館とバス会社の都合にもよりますが、再挑戦は暑い時期を避けて、今秋103()104()を予定したいと思います。
その際は、再度参加申し込みしていただくよう、よろしくお願い申し上げます。
                                      
         森井 潔  【関西ハイク山友会】
           E
mail : kgh03517@nifty.com
           ブログ: http://morii3.cocolog-nifty.com/
          TEL : 078-766-8070
          FAX 050-3156-3814 (ペーパーレスFAX)
          携帯(au)090-4491-0586
_/_/_/_/_/_/_/_/ 20.03.18 09:55 _/_/_/_/_/_/_/_/

参考までに、316()の臨時運営委員会で決議した緊急通達を添付させていただきます。

【緊急通達】
3月16日(月) 午後から、臨時運営委員会を開催しました。
3月1日(日)から3月19日(木)までの例会開催中止期間を延長するか否かの検討を行いました。

結論:
1.320()以降の例会は計画通り開催する
 新型コロナウィルスは飛沫感染、接触感染以外では発症しないので、極端に恐れる必要はない
 開放的空間での適度な運動は健康維持のためにも是非再開したい

2.ただし、行程や地域、アプローチ手段などに不安を伴う例会に関しては、リーダー判断で開催中止とする
 その場合の中止理由は「リーダー判断で中止」とする

3.集合地までのアプローチ、下山地以降の帰路に関しては、関西ハイク山友会は関知しないので、参加者各自の自己責任で以下のウィルス感染防止の手段を講じる
 1)閉鎖的空間、多人数の集合場所、長時間にわたる換気の悪い環境は、感染リスクが高いので日頃から近づかない
 2)日々の検温を実施し、平熱を上回る日が三日以上続く場合は例会参加を見合わせる
 3)公共交通機関やマイカー、貸切バスなどの利用に際して、マスクの着用、手洗い、消毒を励行する
 4)同居家族や身辺に感染者がいる場合も保菌の可能性があるので例会参加は見合わせる

4.山行中は以下の注意を守り、リーダー指示に従う
 1)お互いに1m以上の間隔を空けて歩行し、横に並んでの歩行は避ける
 2)休憩時のおやつや果物の配布、昼食時のおかずのやりとりなどは当面禁止する
 3)下山後の懇親会、反省会などもできる限り自粛する
 4)マスク、消毒液(またはアルコール消毒ウェットティッシュ)を携行する

令和2317()
 関西ハイク山友会 代表:小野和良、山行リーダー部長:森井
 

Posted on 3月 18, 2020 at 10:00 午後 |

コメント

コメントを書く