« 190513 KH交流会準備 | トップページ | 190512GT奥の院町石と大門から紀伊細川 Tracklog »

2019.05.13

190513 山行記録:5/12 高野山「190512 奥の院町石と大門から紀伊細川」下見

 190512_okunointyoishi_daimon_kiihosokawa 190512_okunointyoishi_daimon_kiihosokawa_1 190512_okunointyoishi_daimon_kiihosokawa_2
 190512_okunointyoishi_daimon_kiihosokawa_3 190512_okunointyoishi_daimon_kiihosokawa_5 190512_okunointyoishi_daimon_kiihosokawa_6

  昨年平成30年7月8日(日)に計画した例会のリベンジを5月25日(土)に行いますが、昨年秋の台風で町石道が一時通行止めになっていたので、念のため再度下見を実施しました。
 世界遺産に登録された町石道なので、今回もう一度歩いたところ、懸念した倒木や、崖崩れなどはきれいに修復され、昔通り歩き易い町石道が復元されていました。
 今回久し振りに歩いてみて驚いたのは、同じ町石道を歩いている登山者が以前より大幅に増えていることとそれらの半数近くは若い人たちだったことで、新鮮な喜びでした。

 町石道Ⅰは平成30年6月17日(日)に「九度山から矢立」として36名の参加で無事完了していますから、今回はその続きになります。
 町石道に先立って歩いた奥の院三十六町は主に奥の院の参道に沿って設置されていますが、町石道歩きとは一風変わった杉並木に沿った石畳歩きを楽しみました。
 ただ、今回も弘法大師廟のすぐ手前にあるはずの№34と№33をうっかり見過ごしてしまいましたから、例会では見過ごさないようにしたいと思います。

 壇上伽藍から始まる町石道180基は大門№6までが山上の道路沿いで、今回も№8を見つけることが出来ませんでしたが、いったん大門に戻ったら、車道の西側かなり離れたところに設置されているのを見つけましたから、矢立の№60まですべて確認できました。
 台風による倒木は№28鏡石の先辺りから爪痕が残っていて、町石道を跨ぐように直径1mもの巨木が数本幹の途中で折れていました。
 4里石を越えて、展望台で最後の休憩を取りましたが、快晴ながら霞がかかっていて、大阪湾までは見えなくて残念でした。
 矢立№60からは舗装された谷間の道をひたすら下って紀伊細川まで約40分、今回は余裕を持って当初予定の17時33分発の電車に間に合いました。

 阪急3,090円・阪神2,980円など各私鉄と乗り継ぎの「高野山1dayチケット」が利用できます。
 JRは「夏の関西1デイパス」3,600円が利用できます。
 難波または新今宮から高野山(りんかんバス含む)+帰路の紀伊細川から難波または新今宮、の交通費は2,500円ですから、JRまたは私鉄・地下鉄代を加算した費用で利用の可否をご検討ください。
 JRの場合、京都なら1,000円程度安くなりますが、芦屋や吹田からだと割高です。

【山行記録】
高野山「奥の院町石と大門から紀伊細川」関西ハイク山友会 5/25 №1544例会の下見

日 時:5月12日(日) 10:41~17:17

集 合:南海高野線・難波駅 改札口 8時
 ※ 高野線 8時13分発 急行・橋本行きの前から二両目に乗車
   JR環状線から乗り換える方は、新今宮8時15分です。
   奈良方面からお越しの方は、橋本駅発9時13分極楽橋行きに乗車
 
参加者:6名/HMDさん、HMMさん、KNKさん、WTNさん、JNKさん、きよもり

コース:南海高野線・難波8:13=(急行870円)=新今宮8:15=9:04橋本9:13=9:56極楽橋10:05(ケーブル390円)10:10高野山10:14(バス410円)=10:25奥の院前―奥の院№36―武田信玄公墓所№22― 一の橋№17―千手院橋―壇上伽藍№1―大門№7―植林の小峠№20―鏡石№28―四里石№36―展望台―押上石№54―袈裟掛石№55―矢立№60―紀伊細川駅(17:17、解散)17:33(高野線870円)=橋本18:05~11=19:02難波

レベル:一般向き (町石道の初めと最後は少し急坂道)

地図:国土地理院25000分の一「高野山」、ヤマケイ分県ガイド「和歌山県の山」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約14.6km、所要時間:6時間36分(歩行時間:4時間47分、休憩・昼食:1時間49分)、天候:快晴、気温:20℃→24℃、累積登り+490m、下り-920m  南海高野線・難波8:13=(急行870円)=新今宮8:15=9:04橋本9:13=9:56極楽橋10:05(ケーブル390円)10:10高野山10:14(バス410円)=10:33奥の院前
 奥の院前790m10:41―奥の院800m№36 10:55~11:02―武田信玄公墓所800m№22 11:27~42― 一の橋800m№17 11:54~12:03―千手院橋820m12:21―三昧堂830m12:34(昼食、20℃)13:05―壇上伽藍830m№1 13:10~18―トイレ840m13:27~32―大門850m№713:36~40―№9 13:45(戻り)―№8 13:56―№9 14:03―植林の小峠750m№20(24℃)14:30~37―谷沿いの道№22 14:47―鏡石780m№28 14:55―四里石700m№36 15:13―展望台710m15:25~38―押上石600m№54 16:11―袈裟掛石580m№55 16:14―六地蔵№59 16:22~24―矢立№60 16:28~36―紀伊細川駅17:17(解散)
 紀伊細川駅17:33(高野線870円)=18:05橋本18:11=19:02難波

予定行程:約13.3km、所要時間:6時間30分(歩行時間:4時間50分、休憩・昼食:1時間40分)、累積登り+550m、下り-980m  南海高野線・難波8:13=(急行870円)=新今宮8:15=9:04橋本9:13=9:56極楽橋10:05(ケーブル390円)10:10高野山10:14(バス410円)=10:25奥の院前
 奥の院前790m(10:30頃)―20分―奥の院800m№36―20分―武田信玄公墓所800m№22―5分―二十町石(町石案内札)800m―5分― 一の橋800m№17―15分―千手院橋820m―15分―壇上伽藍830m№1(12:00頃、昼食)―15分―大門850m№7―50分―植林の小峠750m№20―25分―鏡石780m№28―20分―四里石700m№36―5分―展望台710m(15:00頃)―30分―押上石600m№54―5分―袈裟掛石580m№55―10分―矢立№60(16:00頃)―50分―紀伊細川駅(17:00頃、解散)
 紀伊細川駅17:33(高野線870円)=18:05橋本18:11=19:02難波

【参考】帰路時刻表:
 紀伊細川16:52→18:23難波、紀伊細川17:33→19:02難波、紀伊細川17:58→19:26難波

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック

【写真】下見の写真集です
 190512 奥の院町石と大門から紀伊細川・下見

【地図】
歩行断面図
190512t_okunointyoishi_daimon_kiihosokaw
歩行ルート図
190512t_okunointyoishi_daimon_kiihosokaw_1
歩行ルート拡大図:前半
190512t1_okunointyoishi_daimon_kiihosoka
歩行ルート拡大図:後半
190512t2_okunointyoishi_daimon_kiihosoka
GPSの歩行軌跡データ

ダウンロード - 190512t_okunointyoishi_daimon_kiihosokawa.gpx

 

 

Posted on 5月 13, 2019 at 11:00 午後 |

コメント

コメントを書く