« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019.04.30

190430 今日の果無越えは雨天中止

Dsc_1630Dsc_1632

三日間曇り空で、全員15kg~20kgの重荷に耐えて何とか水ヶ峰、伯母ヶ岳、三浦峠と高低差の大きな山を越えることが出来ました。
昨日、三浦峠から西中まで降りて来て、雨が降り始めたので、8kmの車道歩きを避けてタクシーで柳本橋まで移動しました。
雨が次第に本降りになって来て、思案していたら、蕨尾にお住まいの親切なご夫婦にご自宅の道路側壁に設置された広い物置を貸していただき、雨の心配もなく、電灯や水道まで利用出来る最高の環境下で三日目の宿泊となりました。
今朝まで、雨は間断なく降り続いているので、今日の果無越えは中止します。
果無だけなら、別の機会に車二台で再度下見が可能なので今回は無理をせず、今日は十津川温泉でゆっくり疲れをほぐして、午後のバスで川湯温泉へ向かいます。
久し振りに朝寝を楽しんでいます。

Posted on 4月 30, 2019 at 05:29 午前 | | コメント (0)

2019.04.29

190429 小辺路三日目・三浦峠から西中へ下山、車で蕨尾へ移動

天気予報では4月29日~30日は雨模様なので、今日は夕方には雨が降ると覚悟して、昨日同様4時起床のつもりでしたが、昨日の長丁場の疲れもあって、目が覚めたら4時30分でした。何とか6時36分に出発。
三浦口で飲み水を汲んで樹林帯の登りはジグザグに高度を上げていくので比較的楽ですが、三浦峠1070mまで730mも高低差があります。
それでも三浦口から3時間で無事展望の良い三浦峠に到着できました。
ここからは昨日越えてきた伯母子岳のピークと長い三田谷への下り尾根が正面に見えます。
伯母子岳に左奥には護摩壇山も見えて2001年8月11日~14日に果無山脈から龍神温泉、護摩壇岳から伯母子岳へ当時75才だった大先輩のUOSさんと二人で歩いたのを思い出しました。
その時は伯母子小屋で泊まり、翌日、大股からバスで高野山に出て帰りましたが、当時はまだ57才で重荷もそれ程苦にならなかったのですね。

三浦峠から西中まで昼食を挟んで約4時間、西中のバス停に降りてきたら14時50分で、ここから昴の郷まで8kmも歩くのは大変だし、雨も降り始めたので、何とかタクシーと地元のご親切な方々のご厚意に甘えさせていただき、蕨尾のご親切な方の広い倉庫をお借りして雨にも濡れず快適な夜を過ごすことが出来ました。

Screenshot_20190429_151242 Dsc_1628

Dscn9151 Dscn9225

2001年の写真/果無山脈縦走と護摩壇岳から伯母子岳縦走

010813_obakodake01 010813_obakodake02 010813_obakodake03

Posted on 4月 29, 2019 at 11:00 午後 | | コメント (0)

2019.04.28

190428 小辺路2日目/伯母子岳から三浦口・三田谷

2日目の行程は熊野古道の諸行程でも最高の高度になる伯母子岳1344mです。
このピークには過去三度登っていますが、最初はガスの中でしたが、二度目と三度目は快晴で最高の展望だったから、今回も大股から高低差680mもありますが、ひたすら頑張りました。
昨日負荷になっていた2Lの水は料理に使い、1.8Lの焼酎は参加者各人のお腹に収まりましたから、参加者の平均荷重は16kg~19kgまでになりました。
今回はKURさんがdretec(ドリテック) 荷物用はかり  を持ってきていただいたので、日々の荷重を確認しながら歩けます。
伯母子岳から三田谷への長い下りできよもりが踵の痛みで歩けなくなって、皆さんの足を引っ張ることになってしまいましたが、荷物を2kg減らして17kgに軽量化し、KMJさんとSROさんからロキソニンとアミノバイタルをいただいて、痛みを抑えたので何とか三田谷まで下山できました。
Screenshot_20190508_181146 Screenshot_20190428_182314 Dsc_1620 Dsc_1624


 

 

Posted on 4月 28, 2019 at 11:00 午後 | | コメント (0)

2019.04.27

190427 小辺路初日は高野山から大股まで

難波集合で、改札前で共同食料とテントや炊事道具などを各人に振り分ける段階で、すでに20kgを越える方がいてビックリ。
水2L+焼酎1升は早々に片付けることにして、取りあえず出発しました。
三泊四日の初日ですが、行程は17kmもあるので結構ハードでした。
高野山から下り気味なのは助かりますが、大滝から水ヶ峰へ450m登り返すのに苦戦しました。
何とか17時前に大股のかわらび荘の近くまで降りてきて幕営できました。
Screenshot_20190508_174536 Screenshot_20190508_174600  

Posted on 4月 27, 2019 at 11:00 午後 | | コメント (0)

2019.04.26

190426 バック転

Screenshot_20190426_042518

昨日はソフトバンクが10回裏、明石健志のスリーランホームランで見事なサヨナラ勝ち。
ホームベース手前で二度のバック転を決めて、満員のホークスファンを喜ばせてくれました。
バック転と言えば、秋山幸二さんが有名ですが、明石もダイエー時代から16年間憧れていたそうです。
調べてみたら秋山さんが初めてバック転を決めたのは1986年の日本シリーズ、西武対広島の第8戦ですから、33年も前です。

この時は西武が三連敗のあと、三連勝しての最終戦。
秋山さんの見事なバック転が決まって、日本シリーズ制覇を確信したのを思い出します。

Posted on 4月 26, 2019 at 05:00 午前 | | コメント (0)

2019.04.25

190425 ほぼ準備完了

Screenshot_20190425_130038_1

地図が一枚足らないので、これから三宮へ行きます。
折り返してすぐに帰って来ます。
ミルクちゃんはベッドの上、りんごちゃんはクローゼットで、ニアミスです。

 

荷物を詰めました。
20.6kgです。

Posted on 4月 25, 2019 at 03:16 午後 | | コメント (0)

2019.04.24

190424 ミルクちゃんとりんごちゃん

Dsc_1611Dsc_1609

ミルクちゃんは相変わらずイスこたつです。
りんごちゃんは最近、クローゼットの奥で落ち着いていますが、カメラを構えると、シャー!!
まだ馴れてくれません。

Posted on 4月 24, 2019 at 12:38 午後 | | コメント (0)

2019.04.23

190422 山行計画まとめ:4/27~5/7 熊野古道・小辺路、中辺路、雲取越・大日越

熊野古道の核心部を小辺路、中辺路、雲取越・大日越の三パートに分けて下見を行います。
11日間の累計歩行距離は144.2km、歩行時間:53時間10分、休憩昼食:19時間10分、累積高低差:+13,970m-14,710m

行程が長く、食料を全部持って歩くことが出来ないため、各パートの切れ目は川湯温泉、新宮で民宿を利用することにしました。
それに伴い、多少費用が増えましたが、11日間フルで参加しても食料費宿泊料などは約5万円弱、往復の交通費を含めても6万円までに抑えられます。

各パートの詳細は、別途掲載していますが、参考までに概要を記載しておきます。

熊野古道 Part1 小辺路 地図:高野山、梁瀬、上垣内、伯母子岳、重里、十津川温泉、発心門、伏拝
 日程:4月27日(土)~4月30日(火・特休) 
  合計歩行距離:68.0km、歩行時間:22時間15分、休憩昼食:7時間25分、累積高低差:+7110m-7860m

 参加者:7 名/OKJ、KNK、KURM、KURJ、KMJ、SRO、きよもり

4月27日(土)
 高野山⇒千手院橋―野迫川―大股
 集合:
高野線・難波駅7時00分発 橋本行き急行の前から2両目に乗車
 歩行距離:17.4 km、歩行時間:5時間35分、休憩昼食:1時間45分、累積高低差:+1750m-1920m
4月28日(日) 大股―伯母子岳―三浦口―三十丁の水
 歩行距離:17.8 km、歩行時間:6時間20分、休憩昼食:2時間00分、累積高低差:+2130m-2060m
4月29日(月・祝) 三浦峠―西中―昴の郷―果無峠
 歩行距離:22.0 km、歩行時間:6時間50分、休憩昼食:2時間40分、累積高低差:+2540m-2410m
4月30日(火・特休) 果無峠―八木尾―熊野本宮⇒川湯温泉(民宿「立石」5名宿泊)
 KMJさん、KNKさん:川湯温泉15:12(龍神バス1900円)17:15紀伊田辺17:42(くろしお32号3020円+1730円)19:50新大阪
 歩行距離:10.8 km、歩行時間:3時間30分、休憩:1時間00分、累積高低差:+690m-1470m
190427~0430 熊野古道・小辺路 断面図、広域図、予定ルート/装備計画、食糧計画
190427~0430 熊野古道・小辺路「高野山から伯母子岳、果無越で熊野本宮」

熊野古道 Part2 中辺路 地図:栗栖川、皆地、発心門、新宮
 日程:5月1日(水・祝)~5月3日(金・祝)
  合計歩行距離:36.7km、歩行時間:15時間15分、休憩昼食:4時間45分、累積高低差:+3550m-3550m
 参加者:5 名/OKJ、KURM、KURJ、NKN、きよもり

5月1日(水・祝) 川湯温泉⇒滝尻―十丈王子―十丈峠
 NKNさん:新大阪7:33(くろしお1号3020円+2450円)9:58紀伊田辺10:15(明光バス960円)10:53滝尻
 他の4名(SRO除く):川湯温泉8:15(龍神バス1340円)9:31滝尻/滝尻で合流
 歩行距離:6.7 km、歩行時間:3時間25分、休憩昼食:1時間15分、累積高低差:+970m-480m
5月2日(木・特休) 牛馬童子―近露王子―継桜王子
 歩行距離:18.0 km、歩行時間:7時間40分、休憩昼食:2時間40分、累積高低差:+1820m-2000m
5月3日(金・祝) 三越峠―発心門王子―熊野本宮⇒新宮(民宿「高砂」6名宿泊)
 歩行距離:12.0 km、歩行時間:4時間10分、休憩:0時間50分、累積高低差:+760m-1070m
190501_0503 熊野古道・中辺路 断面図、広域図、予定ルート/装備計画、食糧計画
190501~0503 熊野古道・中辺路「滝尻、近露、発心門王子から熊野本宮」

熊野古道 Part3 速玉大社、那智大社/雲取越、大日越 地図:新宮、紀伊大野、本宮、伏拝
 日程:5月4日(土)~5月7日(火)
  合計歩行距離:39.5km、歩行時間:15時間40分、休憩昼食:7時間00分、累積高低差:+3310m-3300m

 参加者:6 名+1名/OKJ、KURM、KURJ、KMJ、SRO、NKN(5/4のみ)、きよもり

5月4日(土・祝) 速玉大社―神倉神社―新宮⇒紀伊勝浦⇒大門坂―那智大社―那智高原
 KMJさん:新大阪7:33(くろしお1号4750円+1940円)11:49新宮/新宮駅で6名と合流
 NKNさん:那智山バス停17:10(熊野交通620円)17:35紀伊勝浦18:02(くろしお36号4430円+1940円)22:06新大阪
 前半歩行距離:4.3 km、歩行時間:1時間25分、休憩:0時間35分、累積高低差:+120m-120m
 後半歩行距離:2.2 km、歩行時間:1時間30分、休憩:0時間20分、累積高低差:+430m-20m
5月5日(日・祝) 那智高原―大雲取越―小口
 歩行距離:14.1 km、歩行時間:5時間20分、休憩昼食:2時間40分、累積高低差:+1020m-1470m
5月6日(月・振休) 小口―小雲取越―百間嵓―請川―川湯温泉
 歩行距離:15.5 km、歩行時間:5時間55分、休憩昼食:3時間05分、累積高低差:+1440m-1440m
5月7日(火) 熊野本宮―大日越―湯の峰温泉⇒紀伊田辺
 6名帰路:湯峰温泉13:04(竜神バス1940円)14:50紀伊田辺15:31(くろしお26号3020円+1730円)17:50新大阪(解散)
 歩行距離:3.4 km、歩行時間:1時間30分、休憩昼食:0時間20分、累積高低差:+300m-250m
190504_0507 熊野古道・速玉&那智から雲取越 断面図、広域図、予定ルート/装備計画、食糧計画
190504~0507 熊野古道・雲取越「速玉大社、那智大社と大雲取から小雲取と大日越」

宿泊場所
4月30日 川湯温泉 民宿 立石 5名宿泊

 647-1717 和歌山県田辺市本宮町川湯1402  電話0735 42 0266  Fax0735 42 0276
   1
28000円 川湯温泉バス停すぐ。隣に公衆浴場。

 5月3日 新宮 民宿 高砂 6名宿泊
 647-0044 和歌山県新宮市五新3-47  電話0735 22 3656   Fax0735 29 1117
 1
26800円+消費税 新宮高等学校前のバス停

Posted on 4月 23, 2019 at 02:32 午前 | | コメント (0)

2019.04.22

190422 山行計画:5/4~5/7 熊野古道・雲取越「速玉大社、那智大社と大雲取から小雲取と大日越」

熊野古道の核心部を小辺路、中辺路、雲取越・大日越の三パートに分けて下見を行います。

行程が長く、食料を全部持って歩くことが出来ないため、各パートの切れ目は川湯温泉、新宮で民宿を利用することにしました。
それに伴い、多少費用が増えましたが、11日間フルで参加しても食料費宿泊料などは約5万円弱、往復の交通費を含めても6万円までに抑えられます。

熊野古道 Part3 速玉大社、那智大社/雲取越、大日越
 日程:5月4日(土)~5月7日(火)
 参加者:6 名+1名/OKJ、KURM、KURJ、KMJ、SRO、NKN(5/4のみ)、きよもり

5月4日(土・祝) 速玉大社・那智大社
 速玉大社―神倉神社―新宮⇒紀伊勝浦⇒大門坂―那智大社―那智高原
行程:
 KMJさん:新大阪7:33(くろしお1号4750円+1940円)11:49新宮/新宮駅で6名と合流
 新宮駅5m(12:00頃発)―20分―熊野速玉大社10m(12:30頃)―10分―千穂幼稚園5m―5分―石段下10m―10分―神倉神社・ゴトビキ岩70m(13:10頃)―10分―石段下10m―20分―浮島の森5m―10分―新宮駅5m(14:00頃)
 JR新宮14:22(紀勢線普通240円)14:39那智(補陀洛山寺・参拝20分)15:18(熊野交通340円)15:29大門坂
 大門坂バス停100m(15:40発)―10分―多富気王子・夫婦杉110m―20分―大門坂190m―10分―那智山バス停250m―10分―那智大社340m―10分―青岸渡寺340m(16:50頃、仮解散)
 NKNさん:那智山バス停17:10(熊野交通620円)17:35紀伊勝浦18:02(くろしお36号4430円+1940円)22:06新大阪
 他の6名:青岸渡寺340m(17:00発)―30分―那智高原510m(17:30頃、幕営)
コメント:
 熊野古道の最終パートは初日に熊野三山の速玉大社、那智大社に参拝して,夕刻に那智高原に至る観光ルート。新宮駅で昼頃到着の特急を待って午後から7名で行動する。補陀洛山寺(ほだらくさんじ)は観音浄土を目指す補陀洛渡海で有名。夕刻那智大社でNKNさんと別れ、残る6名で翌日からの雲取越の出発地、那智高原へ向かう。
前半地図:新宮
歩行距離:4.3 km
歩行時間:1:時間25分
休憩:0時間35分
累積高低差:+120m-120m

後半地図:新宮
歩行距離:2.2 km
歩行時間:1:時間30分
休憩:0時間20分
累積高低差:+430m-20m

 

5月5日(日・祝) 熊野古道・大雲取・小雲取
 那智高原―大雲取越―小口
行程:
 那智高原510m(7:00発)―50分―登立茶屋跡710m―40分―舟見峠880m(8:50頃)―20分―色川辻780m―20分―道路横断800m―40分―地蔵茶屋・水710m(10:30頃)―20分―石倉峠820m―10分―林道合流・越前茶屋跡720m―20分―越前峠850m(11:40頃、昼食)―20分―胴切坂700m―10分―P514m―20分―楠久保旅籠跡345m―5分―中根の旅籠跡290m―20分―円座石230m(14:10頃)―15分―小口橋60m―10分―小口自然の家60m(15:00頃、幕営)
コメント:
 那智の滝をあとに大雲取の尾根に入る。舟見峠までは緩やかな登り道で、峠からは遠く熊野灘まで見渡せる。アップダウンの道をいったん地蔵茶屋まで下り、石倉峠、越前峠の峠越えを過ぎると胴切坂の急な下りが待っている。円座石を過ぎると小口は近い。
小口自然の家キャンプ場/テント一張り3000円・要予約0735-45-2434
地図:新宮、紀伊大野、本宮
歩行距離:14.1 km
歩行時間:5:時間20分
休憩昼食:2時間40分
累積高低差:+1020m-1470m

 

5月6日(月・振休) 熊野古道・大雲取・小雲取
 小口―小雲取越―百間嵓―請川―川湯温泉
行程:
 小口自然の家60m(7:00発)―15分―小和瀬橋60m―20分―堂ノ坂180m―40分―椎の木茶屋跡390m(8:30頃)―20分―桜茶屋跡400m―10分―赤木分岐430m―10分―桜峠460m(9:40頃)―30分―石堂茶屋跡・水400m―15分―小雲取山450m―10分―車道横断420m―30分―百間嵓450m(11:30頃、昼食)―30分―万才峠分岐320m―10分―松畑茶屋跡310m(13:00頃)―60分―請川バス停60m(14:20頃)―40分―川湯キャンプ場60m(15:10頃、幕営)―15分―川湯温泉60m(16:00頃)
コメント:
 小雲取は小和瀬橋から椎の木茶屋跡まで300m登り切るとあとは小さなアップダウンが百間嵓まで5km続く。万才峠分岐まで急坂を下り、緩やかな展望の良い尾根道を請川までのんびり歩く。車に注意しながら川湯キャンプ場に向かう。幕営後、川湯温泉の公衆浴場で汗を流す。
川湯野営場「木魂の里」0735-42-1168 一人800円・予約不要
地図:本宮
歩行距離:15.5 km
歩行時間:5:時間55分
休憩昼食:3時間05分
累積高低差:+1440m-1440m

 

5月7日(火) 熊野古道:大日越
 熊野本宮―大日越―湯の峰温泉⇒紀伊田辺
行程:
 川湯キャンプ場60m(8:00発)―20分―川湯温泉8:26(龍神バス300円)8:38本宮大社(参拝)
 本宮大社70m(9:30発)―10分―大鳥居60m―10分―大斎原50m(10:00頃)―10分―登山口60m―20分―月見丘神社280m(10:30頃)―10分―大日山分岐300m―10分―鼻欠け地蔵270m―20分―湯の峰温泉110m(11:20頃、昼食、入浴)
 湯峰温泉13:04(竜神バス1940円)14:50紀伊田辺15:31(くろしお26号3020円+1730円)17:50新大阪(解散)
コメント:
 熊野古道の最終日は本宮大社に参拝後、33.9mの日本一の大鳥居をくぐって、大斎原(おおゆのはら)にも参拝する。大斎原は熊野川の中州に鎮座されていた熊野本宮の本殿が1889年(明治22年)8月の十津川大水害で流された旧社地。1時間あまりの大日越ショートコースで湯の峰に下ります。湯の峰温泉でゆっくり汗を流して、午後のバスで紀伊田辺を経て帰路につく。
地図:伏拝、本宮
歩行距離:3.4 km
歩行時間:1時間30分
休憩昼食:0時間20分
累積高低差:+300m-250m

地図関係と装備、食糧計画は同じファイルで、以下のリンクに含まれています。

190504_0507 熊野古道・速玉&那智から雲取越 断面図、広域図、予定ルート/装備計画、食糧計画
190504~0507 熊野古道・雲取越「速玉大社、那智大社と大雲取から小雲取と大日越」

 

Posted on 4月 22, 2019 at 01:33 午前 | | コメント (0)

190422 山行計画:5/1~5/3 熊野古道・中辺路「滝尻、近露、発心門王子から熊野本宮」

熊野古道の核心部を小辺路、中辺路、雲取越・大日越の三パートに分けて下見を行います。

行程が長く、食料を全部持って歩くことが出来ないため、各パートの切れ目は川湯温泉、新宮で民宿を利用することにしました。
それに伴い、多少費用が増えましたが、11日間フルで参加しても食料費宿泊料などは約5万円弱、往復の交通費を含めても6万円までに抑えられます。

熊野古道 Part2 中辺路
 日程:5月1日(水・祝)~5月3日(金・祝)
 参加者:5 名/OKJ、KURM、KURJ、NKN、きよもり

 

5月1日(水・祝) 熊野古道・中辺路
 川湯温泉⇒滝尻―十丈王子―十丈峠
行程:
 NKNさん:新大阪7:33(くろしお1号3020円+2450円)9:58紀伊田辺10:15(明光バス960円)10:53滝尻
 他の4名:川湯温泉8:15(龍神バス1340円)9:31滝尻/滝尻で合流
 滝尻王子80m(11:00頃)―20分―不寝王子220m―25分―P371m―10分―飯盛山341.1mⅢ(12:10頃、昼食)―15分―車道横断P232m―45分―高原熊野神社・水330m(14:00頃)―20分―
一里塚・トイレ440m―30分―大門王子530m―40分―十丈峠560m(15:40頃、幕営)
コメント:
 滝尻から始まる中辺路のメインルートは、最初の300mの急登を越えると、小さなアップダウンが続く尾根になる。尾根に沿って民家が続くのどかな景色が広がる。正味半日しか無いので行程は短い。
地図:栗栖川
歩行距離:6.7 km
歩行時間:3:時間25分
休憩昼食:1時間15分
累積高低差:+970m-480m

 

5月2日(木・特休) 熊野古道・中辺路
 牛馬童子―近露王子―継桜王子
行程:
 十丈峠560m(7:00発)―15分―小判地蔵640m―25分―悪四郎山681m―20分―上多和茶屋跡640m(8:10頃)―20分―三体月伝説580m―5分―逢坂峠560m―15分―大坂本王子・水390m(9:00頃)―20分―牛馬童子口バス停360m―20分―牛馬童子像380m(9:50頃)―5分―箸折峠310m―10分―近露王子280m(10:20頃)―20分―近野神社350m―30分―お地蔵さん450m―10分―比曽原王子450m―20分―継桜王子・トイレ500m(12:00頃、昼食)―5分―秀衡桜530m―15分―中川王子480m―15分―高尾隧道480m―25分―小広峠540m(14:00頃)―10分―古道分岐490m―20分―熊瀬川王子580m―10分―わらじ峠590m(15:00頃)―30分―仲人茶屋跡500m―35分―岩神王子620m―40分―おぎん地蔵450m―20分―蛇形地蔵390m(17:20頃、幕営)
コメント:
 中辺路の核心部、有名な牛馬童子や近露の賑わい、野中の一方杉や継緋桜など見所も多いが、人気スポットなので多数の旅行者で混雑している。小広峠から先はアップダウンの急登急坂が多いので要注意
地図:栗栖川、皆地、発心門
歩行距離:18.0 km
歩行時間:7:時間40分
休憩昼食:2時間40分
累積高低差:+1820m-2000m

 

5月3日(金・祝) 熊野古道・中辺路
 三越峠―発心門王子―熊野本宮⇒新宮
行程:
 蛇形地蔵390m(7:00発)―10分―湯川王子420m―20分―三越峠540m(7:40頃)―40分―林道分岐・階段右折310m―25分―船玉神社WC240m(9:00頃)―10分―猪鼻王子240m―20分―発心門王子310m―5分―発心門休憩所300m(9:40頃)―25分―水呑王子250m―25分―菊水井戸200m―10分―伏拝王子230m(10:50頃)―20分―三軒茶屋跡130m―35分―祓所王子90m―5分―熊野本宮80m(12:00頃)
 熊野本宮12:40(龍神バス300円)13:04湯峰温泉(入浴250円・つぼ湯770円、昼食)14:50(龍神バス300円)15:10熊野本宮15:20(熊野交通1540円)16:12新宮
コメント:
 中辺路の最終日は発信門王子、伏拝王子など本宮大社の聖域になりますが、更に観光客が増える。熊野本宮からバスで湯の峰温泉へ寄り道して小栗判官も湯治した温泉の雰囲気を楽しんでから再度本宮大社に引き返し、急行バスで新宮を目指す。
地図:新宮
歩行距離:12.0 km
歩行時間:4:時間10分
休憩:0時間50分
累積高低差:+760m-1070m

地図関係と装備、食糧計画は同じファイルで、以下のリンクに含まれています。

190501_0503 熊野古道・中辺路 断面図、広域図、予定ルート/装備計画、食糧計画
190501~0503 熊野古道・中辺路「滝尻、近露、発心門王子から熊野本宮」

Posted on 4月 22, 2019 at 01:22 午前 | | コメント (0)

190422 山行計画:4/27~4/30 熊野古道・小辺路「高野山から伯母子岳、果無越で熊野本宮」

熊野古道の核心部を小辺路、中辺路、雲取越・大日越の三パートに分けて下見を行います。

行程が長く、食料を全部持って歩くことが出来ないため、各パートの切れ目は川湯温泉、新宮で民宿を利用することにしました。
それに伴い、多少費用が増えましたが、11日間フルで参加しても食料費宿泊料などは約5万円弱、往復の交通費を含めても6万円までに抑えられます。

熊野古道 Part1 小辺路
 日程:4月27日(土)~4月30日(火・特休)
 参加者:7 名/OKJ、KNK、KURM、KURJ、KMJ、SRO、きよもり

 

4月27日(土) 熊野古道・小辺路
 高野山⇒千手院橋―野迫川―大股
集合:

 高野線・難波駅7時00分発 橋本行き急行の前から2両目に乗車
 ※JRは「春の関西1デイパス」3,600円/JR在来線と新今宮乗換の高野線・高野山まで+千手院橋までのバス
  または関西私鉄の「高野山1dayチケット」/私鉄各駅から高野山までの乗車券+千手院橋までのバス
  /各私鉄により2,980円(阪神)、3,090円(阪急)、2,930円(大阪メトロ) 注:近鉄と京阪は扱い無し
 ※初日は森井が一括で準備した食料品がかなりの量になるので、出来るだけ難波駅からご乗車下さい。


行程:
 難波7:00(高野線急行870円)新今宮7:02→7:50橋本7:55→8:34極楽橋8:39(ケーブル390円)8:44高野山8:49(南海りんかんバス290円)8:59千手院橋
 千手院橋820m(9:10頃)―20分―ろくろ峠910m―10分―円通寺分岐930m―10分―P966m下―30分―薄峠990m(10:30頃)―40分―御殿川橋680m―20分―大滝集落790m―30分―龍神道合流940m―15分―野迫川村分岐990m(12:30頃、昼食)―30分―水ヶ峰1120m―10分―林道合流1160m―10分―檜股辻1080m(14:10頃)―15分―P1108m―20分―辻合峰1117.6mⅢ(15:00頃)―30分―平辻1020m―30分―野迫川温泉分岐850m―15分―大股660m(16:30頃、幕営)
コメント:
 小辺路の起点は高野山の千手院橋なので、高野線で入山する。初日の行程が長く、途中大滝でいったん川筋まで降りるので、アップダウンの高低差も大きい。野迫川村分岐では龍神スカイラインと接するので、飲み物などは補給できる。大股で水が得られるが、翌日の行程も長いので出来れば、大股から300mあがった萱小屋跡まで足を伸ばしておきたい。
地図:高野山、梁瀬、上垣内
歩行距離:17.4 km
歩行時間:5:時間35分
休憩昼食:1時間45分
累積高低差:+1750m-1920m

 

4月28日(日) 熊野古道・小辺路
 大股―伯母子岳―三浦口―三十丁の水
行程:
 大股660m(7:00発)―50分―萱小屋跡960m(8:00頃)―45分―檜峠1230m―20分―伯母子岳分岐1200m―20分―伯母子岳1344m―10分―伯母子峠小屋1230m(10:00頃)―45分―上西家跡1010m―45分―弘法大師像800m(11:40頃、昼食)―35分―待平屋敷跡530m―25分―三田谷集落340m(13:30頃)―15分―三浦口350m―30分―吉村家跡500m―40分―三十丁の水720m(15:20頃、幕営)
コメント:
 小辺路の2日目は熊野古道の最高地点・伯母子岳1344mを越えるロングコース。伯母子岳へは長い登りになるが意外に傾斜が緩いので歩き易い。いったん三浦口に出てもう一度、三浦峠に登り返すのはきついので、中間の三十丁で幕営とする。
地図:上垣内、伯母子岳
歩行距離:17.8 km
歩行時間:6時間20分
休憩昼食:2時間00分
累積高低差:+2130m-2060m

 

4月29日(月・祝) 熊野古道・小辺路
 三浦峠―西中―昴の郷―果無峠
行程:
 三十丁の水720m(7:00発)―35分―三浦峠1070m(7:50頃)―30分―古矢倉跡920m―10分―P745m下―10分―出店跡710m―15分―今西分岐710m(9:10頃)―30分―矢倉観音堂500m―30分―西中大谷橋230m(10:20頃)―30分―川合神社200m―25分―福田寺跡分岐190m(11:30頃、昼食)―20分―串崎バス停190m―25分―大津越バス停180m―20分―昴の郷150m(13:30頃)―10分―蕨尾150m(13:50頃)―10分―柳本170m―30分―果無集落370m(14:40頃)―20分―二七丁520m―20分―二五丁610m―20分―P719m―20分―観音堂830m(16:30頃、幕営)
コメント:
 三浦峠への登りは高低差700mもあるが、前日に350m稼いでいるので、意外に簡単で峠からの展望は疲れを忘れさせてくれる。西中に降りてから昴の郷まで平坦な車道を8kmも歩くが、距離は稼げるので、午後早くに昴の郷に到着できるようなら、出来れば蕨尾から650mあがった観音堂まで2時間あまり足を伸ばしておきたい。
地図:伯母子岳、重里、十津川温泉
歩行距離:22.0 km
歩行時間:6時間50分
休憩昼食:2時間40分
累積高低差:+2540m-2410m

 

4月30日(火・特休) 熊野古道・果無越
 果無峠―八木尾―熊野本宮⇒川湯温泉
行程:
 観音堂830m(7:00発)―40分―果無1070m(8:00頃)―40分―三十町石600m―10分―七色分岐460m―15分―東谷垣内375.4mⅣ―25分―八木尾バス停90m(9:40頃)―20分―道の駅「奥熊野古道ほんぐう」80m―10分―平岩口バス停―10分―国道合流80m―40分―熊野本宮70m(11:30頃、昼食)
 熊野本宮12:40(龍神バス290円)12:50川湯温泉(入浴250円、解散)
 /KMJさん、KNKさん:川湯温泉15:12(龍神バス1900円)17:15紀伊田辺17:42(くろしお32号3020円+1730円)19:50新大阪
コメント:
 小辺路の最終日は果無越。蕨尾から900mの登りはきついので、前日の内に観音堂まで700m上がっておけば行程が楽であり、熊野本宮へもゆっくり参拝できる。その場合、八木尾に10:00を目安に到着すると、徒歩で熊野本宮には11:30到着、参拝して、本宮大社12:40(龍神バス290円)12:50川湯温泉でゆっくり入浴できる。
地図:十津川温泉、発心門、伏拝
歩行距離:10.8 km
歩行時間:3:時間30分
休憩:1時間00分
累積高低差:+690m-1470m

地図関係と装備、食糧計画は同じファイルで、以下のリンクに含まれています。

190427~0430 熊野古道・小辺路 断面図、広域図、予定ルート/装備計画、食糧計画
190427~0430 熊野古道・小辺路「高野山から伯母子岳、果無越で熊野本宮」

Posted on 4月 22, 2019 at 01:11 午前 | | コメント (0)

2019.04.21

190421 山行計画:熊野古道下見の地図データに装備計画、食糧計画を追加/4月27日(土)~5月7日(火)・10泊11日

熊野古道の下見計画は地図に続いて、装備計画と食糧計画が出来上がりましたので、概算費用も算定できました。
それぞれ、EXCEL表からJPEG画像に落としましたが、ブログに個別に掲載するのは要領的に無理なので、地図データと同様、Googleフォトにアップしました。
あとは行程表との結合が終われば計画表は完成です。
方法としては、パート別に行程表などをブログにアップし、それにすでに作成してあるGoogleフォトのリンクをコピペするのがいちばん楽で大きなファイルにならなくてすみそうです。
ただし、実際参加するときには紙の情報が必要ですから、それは参加人数分だけ印刷して事前にスマートレターでお送りしたいと思います。

190427_0507 熊野古道・小辺路、中辺路、雲取越・大日越/装備計画、食糧日別配分計画、費用概算

190427_0507 熊野古道・小辺路、中辺路、雲取越・大日越/装備計画、食糧日別配分計画、費用概算

190427_0430 熊野古道・小辺路 断面図、広域図、予定ルート/装備計画、食糧計画

190427~0430 熊野古道・小辺路「高野山から伯母子岳、果無越で熊野本宮」

190501_0503 熊野古道・中辺路 断面図、広域図、予定ルート/装備計画、食糧計画

190501~0503 熊野古道・中辺路「滝尻、近露、発心門王子から熊野本宮」

190504_0507 熊野古道・速玉&那智から雲取越 断面図、広域図、予定ルート/装備計画、食糧計画

190504~0507 熊野古道・雲取越「速玉大社、那智大社と大雲取から小雲取と大日越」

 

Posted on 4月 21, 2019 at 08:39 午後 | | コメント (0)

2019.04.20

190420 山行計画:4/27~5/7 熊野古道の食糧計画

190427_0507_ やっと10泊11日の熊野古道の山行計画がほぼ固まりました。
 当初は11日間すべてテント泊で過ごす覚悟でしたが、途中でひと息入れて民宿に泊まって汗を流したり、洗濯をしたり、スマホの充電をしたりする必要がありそうだし、中休みも必要と考えて、4月30日(火・特休)と5月3日(金・祝)はそれぞれ川湯温泉と新宮の民宿に宿泊することにします。
 途中での民宿利用に伴い、当初は途中から参加される方にお願いするつもりだった、食料品のデポはあらかじめ民宿に宅配で送らせてもらえます。
 実際に食料計画を立案してみると、食料品がそれぞれ17.7kg、10.4kg、16.6kgもあります。
 参加人数と期間によってかなりの差があります。
熊野古道 Part1 小辺路
 日程:4月27日(土)~4月30日(火・特休) 参加者:7名
熊野古道 Part2 中辺路
 日程:5月1日(水・祝)~5月3日(金・祝) 参加者:5 名
熊野古道 Part3 速玉大社、那智大社/雲取越、大日越
 日程:5月4日(土)~5月7日(火) 参加者:6 名+1名(5/4のみ) 

 食料なので日が経つに従って、軽くなるから多少励みになります。

Posted on 4月 20, 2019 at 03:05 午後 | | コメント (0)

2019.04.19

190419 山行計画:4/27~5/7 熊野古道「小辺路、中辺路、雲取越」下見

別記事で地図関係を掲載しましたが、山行計画を小辺路、中辺路、雲取越の三回分をまとめて掲載します。

熊野古道 Part1 小辺路
 日程:4月27日(土)~4月30日(火・特休)
 参加者:7 名/森井、岡地、兼子、甲良雅弘、甲良淳子、亀島、城尾

 

4月27日(土) 熊野古道・小辺路
 高野山⇒千手院橋―野迫川―大股
行程:
 難波7:00(高野線急行870円)新今宮7:02→7:50橋本7:55→8:34極楽橋8:39(ケーブル390円)8:44高野山8:49(南海りんかんバス290円)8:59千手院橋
 千手院橋820m(9:10頃)―20分―ろくろ峠910m―10分―円通寺分岐930m―10分―P966m下―30分―薄峠990m(10:30頃)―40分―御殿川橋680m―20分―大滝集落790m―30分―龍神道合流940m―15分―野迫川村分岐990m(12:30頃、昼食)―30分―水ヶ峰1120m―10分―林道合流1160m―10分―檜股辻1080m(14:10頃)―15分―P1108m―20分―辻合峰1117.6mⅢ(15:00頃)―30分―平辻1020m―30分―野迫川温泉分岐850m―15分―大股660m(16:30頃、幕営)
コメント:
 小辺路の起点は高野山の千手院橋なので、高野線で入山する。初日の行程が長く、途中大滝でいったん川筋まで降りるので、アップダウンの高低差も大きい。野迫川村分岐では龍神スカイラインと接するので、飲み物などは補給できる。大股で水が得られるが、翌日の行程も長いので出来れば、大股から300mあがった萱小屋跡まで足を伸ばしておきたい。
地図:高野山、梁瀬、上垣内
歩行距離:17.4 km
歩行時間:5:時間35分
休憩昼食:1時間45分
累積高低差:+1750m-1920m

 

4月28日(日) 熊野古道・小辺路
 大股―伯母子岳―三浦口―三十丁の水
行程:
 大股660m(7:00発)―50分―萱小屋跡960m(8:00頃)―45分―檜峠1230m―20分―伯母子岳分岐1200m―20分―伯母子岳1344m―10分―伯母子峠小屋1230m(10:00頃)―45分―上西家跡1010m―45分―弘法大師像800m(11:40頃、昼食)―35分―待平屋敷跡530m―25分―三田谷集落340m(13:30頃)―15分―三浦口350m―30分―吉村家跡500m―40分―三十丁の水720m(15:20頃、幕営)
コメント:
 小辺路の2日目は熊野古道の最高地点・伯母子岳1344mを越えるロングコース。伯母子岳へは長い登りになるが意外に傾斜が緩いので歩き易い。いったん三浦口に出てもう一度、三浦峠に登り返すのはきついので、中間の三十丁で幕営とする。
地図:上垣内、伯母子岳
歩行距離:17.8 km
歩行時間:6時間20分
休憩昼食:2時間00分
累積高低差:+2130m-2060m

 

4月29日(月・祝) 熊野古道・小辺路
 三浦峠―西中―昴の郷―果無峠
行程:
 三十丁の水720m(7:00発)―35分―三浦峠1070m(7:50頃)―30分―古矢倉跡920m―10分―P745m下―10分―出店跡710m―15分―今西分岐710m(9:10頃)―30分―矢倉観音堂500m―30分―西中大谷橋230m(10:20頃)―30分―川合神社200m―25分―福田寺跡分岐190m(11:30頃、昼食)―20分―串崎バス停190m―25分―大津越バス停180m―20分―昴の郷150m(13:30頃)―10分―蕨尾150m(13:50頃)―10分―柳本170m―30分―果無集落370m(14:40頃)―20分―二七丁520m―20分―二五丁610m―20分―P719m―20分―観音堂830m(16:30頃、幕営)
コメント:
 三浦峠への登りは高低差700mもあるが、前日に350m稼いでいるので、意外に簡単で峠からの展望は疲れを忘れさせてくれる。西中に降りてから昴の郷まで平坦な車道を8kmも歩くが、距離は稼げるので、午後早くに昴の郷に到着できるようなら、出来れば蕨尾から650mあがった観音堂まで2時間あまり足を伸ばしておきたい。
地図:伯母子岳、重里、十津川温泉
歩行距離:22.0 km
歩行時間:6時間50分
休憩昼食:2時間40分
累積高低差:+2540m-2410m

 

4月30日(火・特休) 熊野古道・果無越
 果無峠―八木尾―熊野本宮⇒川湯温泉
行程:
 観音堂830m(7:00発)―40分―果無1070m(8:00頃)―40分―三十町石600m―10分―七色分岐460m―15分―東谷垣内375.4mⅣ―25分―八木尾バス停90m(9:40頃)―20分―道の駅「奥熊野古道ほんぐう」80m―10分―平岩口バス停―10分―国道合流80m―40分―熊野本宮70m(11:30頃、昼食)
 熊野本宮12:40(龍神バス290円)12:50川湯温泉(入浴250円、解散)
 /KMJさん、KNKさん:川湯温泉15:12(龍神バス1900円)17:15紀伊田辺17:42(くろしお32号3020円+1730円)19:50新大阪
コメント:
 小辺路の最終日は果無越。蕨尾から900mの登りはきついので、前日の内に観音堂まで700m上がっておけば行程が楽であり、熊野本宮へもゆっくり参拝できる。その場合、八木尾に10:00を目安に到着すると、徒歩で熊野本宮には11:30到着、参拝して、本宮大社12:40(龍神バス290円)12:50川湯温泉でゆっくり入浴できる。
地図:十津川温泉、発心門、伏拝
歩行距離:10.8 km
歩行時間:3:時間30分
休憩:1時間00分
累積高低差:+690m-1470m

 

熊野古道 Part2 中辺路
 日程:5月1日(水・祝)~5月3日(金・祝)
 参加者:5 名/森井、岡地、甲良雅弘、甲良淳子、中野

 

5月1日(水・祝) 熊野古道・中辺路
 川湯温泉⇒滝尻―十丈王子―十丈峠
行程:
 NKNさん:新大阪7:33(くろしお1号3020円+2450円)9:58紀伊田辺10:15(明光バス960円)10:53滝尻
 他の4名:川湯温泉8:15(龍神バス1340円)9:31滝尻/滝尻で合流
 滝尻王子80m(11:00頃)―20分―不寝王子220m―25分―P371m―10分―飯盛山341.1mⅢ(12:10頃、昼食)―15分―車道横断P232m―45分―高原熊野神社・水330m(14:00頃)―20分― 一里塚・トイレ440m―30分―大門王子530m―40分―十丈峠560m(15:40頃、幕営)
コメント:
 滝尻から始まる中辺路のメインルートは、最初の300mの急登を越えると、小さなアップダウンが続く尾根になる。尾根に沿って民家が続くのどかな景色が広がる。正味半日しか無いので行程は短い。
地図:栗栖川
歩行距離:6.7 km
歩行時間:3:時間25分
休憩昼食:1時間15分
累積高低差:+970m-480m

 

5月2日(木・特休) 熊野古道・中辺路
 牛馬童子―近露王子―継桜王子
行程:
 十丈峠560m(7:00発)―15分―小判地蔵640m―25分―悪四郎山681m―20分―上多和茶屋跡640m(8:10頃)―20分―三体月伝説580m―5分―逢坂峠560m―15分―大坂本王子・水390m(9:00頃)―20分―牛馬童子口バス停360m―20分―牛馬童子像380m(9:50頃)―5分―箸折峠310m―10分―近露王子280m(10:20頃)―20分―近野神社350m―30分―お地蔵さん450m―10分―比曽原王子450m―20分―継桜王子・トイレ500m(12:00頃、昼食)―5分―秀衡桜530m―15分―中川王子480m―15分―高尾隧道480m―25分―小広峠540m(14:00頃)―10分―古道分岐490m―20分―熊瀬川王子580m―10分―わらじ峠590m(15:00頃)―30分―仲人茶屋跡500m―35分―岩神王子620m―40分―おぎん地蔵450m―20分―蛇形地蔵390m(17:20頃、幕営)
コメント:
 中辺路の核心部、有名な牛馬童子や近露の賑わい、野中の一方杉や継緋桜など見所も多いが、人気スポットなので多数の旅行者で混雑している。小広峠から先はアップダウンの急登急坂が多いので要注意
地図:栗栖川、皆地、発心門
歩行距離:18.0 km
歩行時間:7:時間40分
休憩昼食:2時間40分
累積高低差:+1820m-2000m

 

5月3日(金・祝) 熊野古道・中辺路
 三越峠―発心門王子―熊野本宮⇒新宮
行程:
 蛇形地蔵390m(7:00発)―10分―湯川王子420m―20分―三越峠540m(7:40頃)―40分―林道分岐・階段右折310m―25分―船玉神社WC240m(9:00頃)―10分―猪鼻王子240m―20分―発心門王子310m―5分―発心門休憩所300m(9:40頃)―25分―水呑王子250m―25分―菊水井戸200m―10分―伏拝王子230m(10:50頃)―20分―三軒茶屋跡130m―35分―祓所王子90m―5分―熊野本宮80m(12:00頃)
 熊野本宮12:40(龍神バス300円)13:04湯峰温泉(入浴250円・つぼ湯770円、昼食)14:50(龍神バス300円)15:10熊野本宮15:20(熊野交通1540円)16:12新宮
コメント:
 中辺路の最終日は発信門王子、伏拝王子など本宮大社の聖域になりますが、更に観光客が増える。熊野本宮からバスで湯の峰温泉へ寄り道して小栗判官も湯治した温泉の雰囲気を楽しんでから再度本宮大社に引き返し、急行バスで新宮を目指す。
地図:新宮
歩行距離:12.0 km
歩行時間:4:時間10分
休憩:0時間50分
累積高低差:+760m-1070m"

 

熊野古道 Part3 速玉大社、那智大社/雲取越、大日越
 日程:5月4日(土)~5月7日(火)
 参加者:7 名/森井、岡地、甲良雅弘、甲良淳子、亀島、城尾、中野(5月4日のみ)

5月4日(土・祝) 速玉大社・那智大社
 速玉大社―神倉神社―新宮⇒紀伊勝浦⇒大門坂―那智大社―那智高原
行程:
 KMJさん:新大阪7:33(くろしお1号4750円+1940円)11:49新宮/新宮駅で6名と合流
 新宮駅5m(12:00頃発)―20分―熊野速玉大社10m(12:30頃)―10分―千穂幼稚園5m―5分―石段下10m―10分―神倉神社・ゴトビキ岩70m(13:10頃)―10分―石段下10m―20分―浮島の森5m―10分―新宮駅5m(14:00頃)
 JR新宮14:22(紀勢線普通240円)14:39那智(補陀洛山寺・参拝20分)15:18(熊野交通340円)15:29大門坂
 大門坂バス停100m(15:40発)―10分―多富気王子・夫婦杉110m―20分―大門坂190m―10分―那智山バス停250m―10分―那智大社340m―10分―青岸渡寺340m(16:50頃、仮解散)
 NKNさん:那智山バス停17:10(熊野交通620円)17:35紀伊勝浦18:02(くろしお36号4430円+1940円)22:06新大阪
 他の6名:青岸渡寺340m(17:00発)―30分―那智高原510m(17:30頃、幕営)
コメント:
 熊野古道の最終パートは初日に熊野三山の速玉大社、那智大社に参拝して,夕刻に那智高原に至る観光ルート。新宮駅で昼頃到着の特急を待って午後から7名で行動する。補陀洛山寺(ほだらくさんじ)は観音浄土を目指す補陀洛渡海で有名。夕刻那智大社でNKNさんと別れ、残る6名で翌日からの雲取越の出発地、那智高原へ向かう。
前半地図:新宮
歩行距離:4.3 km
歩行時間:1:時間25分
休憩:0時間35分
累積高低差:+120m-120m

後半地図:新宮
歩行距離:2.2 km
歩行時間:1:時間30分
休憩:0時間20分
累積高低差:+430m-20m

 

5月5日(日・祝) 熊野古道・大雲取・小雲取
 那智高原―大雲取越―小口
行程:
 那智高原510m(7:00発)―50分―登立茶屋跡710m―40分―舟見峠880m(8:50頃)―20分―色川辻780m―20分―道路横断800m―40分―地蔵茶屋・水710m(10:30頃)―20分―石倉峠820m―10分―林道合流・越前茶屋跡720m―20分―越前峠850m(11:40頃、昼食)―20分―胴切坂700m―10分―P514m―20分―楠久保旅籠跡345m―5分―中根の旅籠跡290m―20分―円座石230m(14:10頃)―15分―小口橋60m―10分―小口自然の家60m(15:00頃、幕営)
コメント:
 那智の滝をあとに大雲取の尾根に入る。舟見峠までは緩やかな登り道で、峠からは遠く熊野灘まで見渡せる。アップダウンの道をいったん地蔵茶屋まで下り、石倉峠、越前峠の峠越えを過ぎると胴切坂の急な下りが待っている。円座石を過ぎると小口は近い。
小口自然の家キャンプ場/テント一張り3000円・要予約0735-45-2434
地図:新宮、紀伊大野、本宮
歩行距離:14.1 km
歩行時間:5:時間20分
休憩昼食:2時間40分
累積高低差:+1020m-1470m

 

5月6日(月・振休) 熊野古道・大雲取・小雲取
 小口―小雲取越―百間嵓―請川―川湯温泉
行程:
 小口自然の家60m(7:00発)―15分―小和瀬橋60m―20分―堂ノ坂180m―40分―椎の木茶屋跡390m(8:30頃)―20分―桜茶屋跡400m―10分―赤木分岐430m―10分―桜峠460m(9:40頃)―30分―石堂茶屋跡・水400m―15分―小雲取山450m―10分―車道横断420m―30分―百間嵓450m(11:30頃、昼食)―30分―万才峠分岐320m―10分―松畑茶屋跡310m(13:00頃)―60分―請川バス停60m(14:20頃)―40分―川湯キャンプ場60m(15:10頃、幕営)―15分―川湯温泉60m(16:00頃)
コメント:
 小雲取は小和瀬橋から椎の木茶屋跡まで300m登り切るとあとは小さなアップダウンが百間嵓まで5km続く。万才峠分岐まで急坂を下り、緩やかな展望の良い尾根道を請川までのんびり歩く。車に注意しながら川湯キャンプ場に向かう。幕営後、川湯温泉の公衆浴場で汗を流す。
川湯野営場「木魂の里」0735-42-1168 一人800円・予約不要
地図:本宮
歩行距離:15.5 km
歩行時間:5:時間55分
休憩昼食:3時間05分
累積高低差:+1440m-1440m

 

5月7日(火) 熊野古道:大日越
 熊野本宮―大日越―湯の峰温泉⇒紀伊田辺
行程:
 川湯キャンプ場60m(8:00発)―20分―川湯温泉8:26(龍神バス300円)8:38本宮大社(参拝)
 本宮大社70m(9:30発)―10分―大鳥居60m―10分―大斎原50m(10:00頃)―10分―登山口60m―20分―月見丘神社280m(10:30頃)―10分―大日山分岐300m―10分―鼻欠け地蔵270m―20分―湯の峰温泉110m(11:20頃、昼食、入浴)
 湯峰温泉13:04(竜神バス1940円)14:50紀伊田辺15:31(くろしお26号3020円+1730円)17:50新大阪(解散)
コメント:
 熊野古道の最終日は本宮大社に参拝後、33.9mの日本一の大鳥居をくぐって、大斎原(おおゆのはら)にも参拝する。大斎原は熊野川の中州に鎮座されていた熊野本宮の本殿が1889年(明治22年)8月の十津川大水害で流された旧社地。1時間あまりの大日越ショートコースで湯の峰に下ります。湯の峰温泉でゆっくり汗を流して、午後のバスで紀伊田辺を経て帰路につく。
地図:伏拝、本宮
歩行距離:3.4 km
歩行時間:1時間30分
休憩昼食:0時間20分
累積高低差:+300m-250m

 

 

Posted on 4月 19, 2019 at 08:40 午後 | | コメント (0)

2019.04.18

190418 山行計画:熊野古道下見の地図/4月27日(土)~5月7日(火)・10泊11日

 

190427_0430 熊野古道・小辺路 断面図、広域図、予定ルート

190427~0430 熊野古道・小辺路「高野山から伯母子岳、果無越で熊野本宮」

190501_0503 熊野古道・中辺路 断面図、広域図、予定ルート

190501~0503 熊野古道・中辺路「滝尻、近露、発心門王子から熊野本宮」

190504_0507 熊野古道・速玉&那智から雲取越 断面図、広域図、予定ルート

190504~0507 熊野古道・雲取越「速玉大社、那智大社と大雲取から小雲取と大日越」

Posted on 4月 18, 2019 at 12:11 午後 | | コメント (0)

2019.04.17

190417 東求女塚の桜

Dsc_1573_1 Dsc_1574_1 Dsc_1576_1

御影には処女塚(おとめづか)、西求女塚(にしもとめづか)、東求女塚(ひがしもとめづか) と、三つの古墳があります。
この地域の豪族の墓だと思われますが、伝承では豪族の娘に求婚した二人の若者の板挟みになった娘が思い悩んだ末に入水したのを嘆いて、あとを追った若者を哀れんで、三人の墓を祀ったそうです。
名残の桜が鮮やかです。

Posted on 4月 17, 2019 at 04:00 午後 | | コメント (0)

2019.04.16

190416 きのこのハヤシライス

Dsc_1567 今夜はハヤシライスを作りました。
 熊野古道の下見は幕営が基本なので、自炊ですが、毎日レトルトカレーというわけにはいきません。
 三回ある区切りの初日は冷凍にしたハヤシライスにしたら?とJNKさんに言われて、その気になって試しに作ってみました。
 一度に作れるのは4人分~6人分位なので、まとめて作るにしても大変ですが、何とかなりそうです。
Dsc_1571 出来上がったハヤシライスをジップロックに分けて入れてみました。
 ワンケースで約1kgです。
 これで3人前位でしょうか?

Posted on 4月 16, 2019 at 04:47 午後 | | コメント (0)

2019.04.12

190412 ミルクちゃんとりんごちゃん

少しずつですが、りんごちゃんが馴れてきたので、時々パソコンルームのドアを開けてリビングに出られるようにしています。
でも、こわごわリビングに出てきても、すぐにパソコンルームへ戻ります。

Dsc_15617920697405267755873Dsc_15591684056022477981794

Posted on 4月 12, 2019 at 11:52 午後 | | コメント (0)

2019.04.11

190411 かぼちゃのコロッケ

今日は恒例の外食で菜萌食堂です。
コロッケ美味しいです!

Dsc_1552Dsc_1550

Posted on 4月 11, 2019 at 03:55 午前 | | コメント (0)

2019.04.09

190409 週末の天気は微妙

今週末の4月14日(日)は海津大崎から万路越えの例会を予定していますが、今日夕方17時の週間予報では4月14日の降水確率は50%にあがっています。
二年連続で雨天中止になっていますから今年こそスッキリ晴れてくれると期待していたので、残念です。
でも何とか天気が回復して三度目の正直で例会が開催出来るよう祈っています。

Screenshot_20190410_035947

Posted on 4月 9, 2019 at 11:11 午後 | | コメント (0)

2019.04.08

190408 王子動物園で花見

190407_oojidobutuen_01190407_oojidobutuen_02
190407_oojidobutuen_03190407_oojidobutuen_04 190407_oojidobutuen_05
 昨日は暖かい好天だったので、久し振りに近くの王子公園の動物園へ花見に行きました。
 12年前には王子公園の近くに住んでいたので王子動物園もお馴染みでしたが、王子動物園の花見は2014年4月1日以来です。
 その時はパンダ館で1時間もかぶりつきで見ていたのを思い出します。
 今回は屋外に顔を出して入れたので明るい日差しと桜の下でゆっくりパンダに会えました。
 日曜日なので子供連れと意外にお年寄りのご夫婦が多いです。

 

140402 王子公園の花見とタンタンちゃん

Posted on 4月 8, 2019 at 04:15 午後 | | コメント (0)

2019.04.07

190407 山行記録:4/6 熊野古道「紀伊内原から道成寺、御坊」関西ハイク山友会№1515例会

190406_kiiutihara_dojyoji_gobo_01_1190406_kiiutihara_dojyoji_gobo_03_1190406_kiiutihara_dojyoji_gobo_04_1190406_kiiutihara_dojyoji_gobo_02_1
 紀伊路の6回目・最終回は安珍清姫の伝承の地、道成寺を中心とした春爛漫の田園歩きでした。
 紀伊内原から道成寺まではほとんど平坦な道で、路傍の石仏や名号碑、竹藪の奥にひっそり残る王子社の跡地などのポイントを巡りながら満開の桜を見上げながらのんびり歩けました。
 清姫蛇塚のパワースポットに立ち寄ってから道成寺で「絵解き説法」を拝聴しました。
 住職のユーモアを交えた当意即妙の説法は評判通りで、楽しませていただきました。
 
【山行記録】
「紀伊内原から道成寺、御坊」関西ハイク山友会 №1515例会 紀伊路6/6

日 時:4月6日(土) 10:30~15:05 
 
参加者:25名 

コース:大阪7:41(紀州路快速)9:12和歌山9:16(紀勢線)10:13紀伊内原(集合10:20)―高家分岐・右折― 一里塚跡―道分地蔵―善童子王子―徳本上人碑―愛徳山王子―道成寺―海士王子―宮子姫の像―重力踏切―湯川子安神社―九品寺―JR御坊駅(15:05、解散)15:33(紀勢線)16:36和歌山16:39(紀州路快速)18:13大阪

レベル:一般向き (ほとんど平坦な田園歩き、分岐に注意)

地 図:2万5千=「高家」「御坊」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半
行  程: 約8.7km 所要時間4時間35分(歩行時間:2時間14分、休憩・昼食:2時間21分)、天候:快晴、気温:23℃→29℃、累計標高差+110m-110m
 大阪7:41(紀州路快速)9:12和歌山9:16(紀勢線)10:13紀伊内原(集合10:20)
 紀伊内原10m(23℃)10:30―高家分岐・右折15m10:40― 一里塚跡30m10:55~11:00―道分地蔵40m11:07~09―善童子王子30m11:16~22―徳本上人碑11:27―愛徳山王子20m11:41(昼食)12:18―清姫蛇塚20m12:34~36―道成寺20m12:41(絵とき法話拝聴)13:52―海士王子20m(29℃)14:01~03―宮子姫像14:11―重力踏切10m14:15―湯川子安神社10m14:21~37―九品寺10m14:47―JR御坊駅5m15:05(解散)
 御坊15:33(紀勢線)16:36和歌山16:39(紀州路快速)18:13大阪

計画行程:約8.6km 所要時間5時間00分(歩行時間:2時間30分、休憩・昼食:2時間30分)、累計標高差+160m-160m
 京都6:58(快速)7:33大阪7:41(紀州路快速)9:12和歌山9:16(紀勢線)10:13紀伊内原
 紀伊内原10m(集合10:20)―10分―高家分岐・右折15m―20分― 一里塚跡30m(11:00頃)―10分―道分地蔵40m―10分―善童子王子30m―5分―徳本上人碑―15分―愛徳山王子20m―20分―道成寺20m(12:10頃、昼食、絵とき法話拝聴、14:10頃発)―15分―海士王子20m―5分―宮子姫の像―5分―重力踏切10m―10分―湯川子安神社―10分―九品寺10m(15:00頃)―15分―JR御坊駅5m(15:20頃、解散)
 御坊15:33(紀勢線)16:36和歌山16:39(紀州路快速)18:13大阪

 参考:紀勢線・御坊発 14:03、14:33、15:00、15:33、16:05、16:32、17:06

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え

費 用:700円/参加費:200円+道成寺宝物殿拝観と絵とき法話拝聴:500円

【地図】
歩行断面図
190406t_kiiutihara_dojyoji_gobodanmen_2
歩行ルート図
190406t_kiiutihara_dojyoji_gobo_2
歩行ルート拡大図:前半
190406t1_kiiutihara_dojyoji_gobo_1
歩行ルート拡大図:後半
190406t2_kiiutihara_dojyoji_gobo_1
GPSの歩行軌跡データ

ダウンロード - 190406t_kiiutihara_dojyoji_gobo.gpx

 

 

Posted on 4月 7, 2019 at 10:00 午後 | | コメント (0)

2019.04.06

190406 スーパー地形Lite

スマホのGPS機能を使って地図や軌跡を表示するアプリは、現在iOSでもAndroidでも使えるジオグラフィカを利用させていただいています。
パソコンではカシミール3Dが定番ですが、昨年まではスマホ版が無いため、予定データや軌跡のファイルをメールや共有フォルダーを介しやり取りしていました。
そのカシミール3Dのスマホ版が昨年後半になって、iOS対応のスーパー地形Liteとしてリリースされ、Android版を待望していましたが、最近になって、パソコンからのファイル読み込みにも対応するようになったようです。
早速、試行錯誤しながら、今日の紀伊路例会の予定データをパソコンから読み込みました。
Googleの航空写真マップに予定データを表示させると、ジオグラフィカとは違った印象で楽しいです。

Screenshot_20190406_065916Screenshot_20190406_072430Screenshot_20190406_072450

Posted on 4月 6, 2019 at 08:10 午前 | | コメント (0)

2019.04.05

190405 山行計画:4/14 湖北「海津大崎から万路越え」関西ハイク山友会№1520例会

190323_kaiduoosaki_manjigoe_001 190323_kaiduoosaki_manjigoe_004_1 190323_kaiduoosaki_manjigoe_010 190323_kaiduoosaki_manjigoe_012 190323_kaiduoosaki_manjigoe_017 190323_kaiduoosaki_manjigoe_021_1 190323_kaiduoosaki_manjigoe_026 190323_kaiduoosaki_manjigoe_029_1 190323_kaiduoosaki_manjigoe_035_1 190323_kaiduoosaki_manjigoe_039_1 190323_kaiduoosaki_manjigoe_041_1 190323_kaiduoosaki_manjigoe_050 190323_kaiduoosaki_manjigoe_052_1 190323_kaiduoosaki_manjigoe_056 190323_kaiduoosaki_manjigoe_057_1 190323_kaiduoosaki_manjigoe_060 190323_kaiduoosaki_manjigoe_064_1 190323_kaiduoosaki_manjigoe_070

 昨年、一昨年と同時期に計画した例会が雨天中止になりましたので、今回は三度目の正直です。
 今年は週間予報では天気は下り坂で曇時々晴ですが、花見日和に期待したいと思います。
 6年前、2013年4月14日№272例会では万路越えから海津大崎へ歩きましたが、今回は逆ルートで海津大崎の桜を見て、大崎寺から東山594.6mまで450mの高低差を登り、長い北尾根を万路越えまで縦走します。
 京阪神では先週末に満開を迎えましたが、海津大崎は湖北で開花が少し遅れますから、今週末は花見には絶好だと思います。
 大崎寺110mから2度の休憩を挟んで急尾根を1時間30分登ると、P483mで尾根が広くなりブナ林や杉の植林が現れます。
 明るい広尾根を更に30分ほど登り切ると二等三角点のある東山594.6mです。
 東山からは小さなアップダウンが続く北尾根になりますが、途中の反射板P566mでは琵琶湖に浮かぶ竹生島が「ひょっこりひょうたん島」そっくりの形に見えます。
 東山から右折点520mまで広尾根の斜面にタムシバの白い花が見られるでしょうか。
 右折点520mからは杉植林の尾根に変わり、峯山531.8mを経て万路越えまでは、昨年の台風の後遺症で倒木が多く、予想以上に時間がかかります。
 万路越えからは西の万路谷を下って道の駅・追坂(オッサカ)で待つ貸切バスに向かいます。

【山行計画】
湖北「海津大崎から万路越え」 関西ハイク山友会 №1290例会
 初心の山47

日  時:平成31年4月14日(日) 10:00~16:50

集 合:JR山科駅南口 京阪バスロータリー 7時50分
 京阪電車の踏切を渡って左側、牛丼「松屋」の前に集合
 バスは京都京阪バスの大型バスです。定員49席+補助席9席でゆったり座れますが、整列乗車をお願い申し上げます。

 【雨天の場合】前日、4月13日(土) 17:00発表の気象情報で、滋賀県北部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
  ℡情報:滋賀県北部 0749-177(前4月13日(土) 17時発表の予報)
  滋賀県の天気予報は南部、北部同じ案内なのでご注意下さい。

参加予定者:44名 4/8現在

コース:山科駅南=湖西道=海津大崎・入口―大崎寺―東山―P566m展望台―右折点520m―峯山―万路越え―万路谷―道の駅・追坂=湖西道=京都駅八条東口(19時30分頃 解散)

レベル:中級向き (大崎寺からP483mまでは370mの急登、峯山周辺は倒木が多い)

地 図:2万5千=「海津」 高島トレイルクラブ「中央分水嶺・高島トレイル詳細マップ」
 予定断面図予定ルート図
 ルート拡大図:前半後半

行  程: 約9.8km 所要時間6時間50分(歩行時間:5時間10分、休憩・昼食:1時間40分)、累積高低差:+730m-660m
 山科駅南ロータリー(集合7:50)8:00=貸切バス・湖西道経由=海津大崎入口(9:50頃)
 海津大崎入口90m(10:00頃)―40分―大崎寺下100m(10:40頃・再集合)―10分―東山登山口130m(11:00頃)―20分―小鞍部220m―50分―P483m(12:20頃、昼食)―15分―支尾根分岐560m―15分―東山594.6m(13:40頃)―20分―反射板・展望台566m―10分―広尾根520m―15分―迷点3・右折点520m―25分―峯山531.8m(15:00頃)―20分―迷点2・広いピーク500m―20分―万路越え420m(15:50頃)―30分―林道出合230m―10分―林道ゲート180m―10分―道の駅・追坂160m(16:50頃)
 道の駅・追坂17:00頃=貸切バス・朽木経由=京都駅八条東口19:30頃(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:3,500円/参加費200円+貸切バス代3,300円

【地図】
予定断面図
190414_kaiduoosaki_manjigoedanmen
予定ルート図
190414_kaiduoosaki_manjigoe
ルート拡大図:前半
190414_1_kaiduoosaki_manjigoe
ルート拡大図:後半
190414_2_kaiduoosaki_manjigoe
GPS予定データ トラック(トラックとして読み込み)
 190414TRK_KaiduOosaki_ManjiGoe.gpx
GPS予定ポイント マーカー(ルートとして読み込み)
 190414ROT_KaiduOosaki_ManjiGoe.gpx

Posted on 4月 5, 2019 at 04:46 午後 | | コメント (0)

190405 Gmailに送信日時設定機能が追加

190405_gmail_soshinyoyaku2190405_gmail_soshinyoyaku1
今日のスラドに
「Gmailに送信日時設定機能が追加される」という記事が掲載されています。
 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/02/news061.html
+--------------------------------------------------------------------------------------------------------
| Gmailに送信日時設定機能が追加される
| 便利そう 部門より
| hylom による 2019年04月04日 13:01 の掲載 (Google)
| 現在のコメント数: 25
| https://it.srad.jp/story/19/04/04/0339248/?utm_source=newsletter&utm_medium=email
+--------------------------------------------------------------------------------------------------------
> Gmailにメールの予約送信機能が実装される(Google Cloud Product News Blog、
> ITmedia)。この機能は今後数週間かけてユーザーに解放されていくとのこと。
> この機能ではメッセージ作成UIの「送信」ボタン横にドロップダウンが付き、ここ
> で送信日時を指定できるようだ。設定後に送信日時を変更したりキャンセルするこ
> ともできるという。
送信日時予約はすでにRight Inbox https://www.rightinbox.com/features
というアプリがあって、きよもりは3年くらい前から重宝して使っています。
しかしこのアプリは有料で、年間8,000円もしますから、今回のニュースは有り難いです。

Posted on 4月 5, 2019 at 01:20 午後 | | コメント (0)

2019.04.04

190404 山行計画:4/6 熊野古道「紀伊内原から道成寺、御坊」関西ハイク山友会№1515例会

190321_kiiutihara_dojyoji_gobo_006190321_kiiutihara_dojyoji_gobo_008190321_kiiutihara_dojyoji_gobo_016190321_kiiutihara_dojyoji_gobo_019
190321_kiiutihara_dojyoji_gobo_023190321_kiiutihara_dojyoji_gobo_024190321_kiiutihara_dojyoji_gobo_027190321_kiiutihara_dojyoji_gobo_032
190321_kiiutihara_dojyoji_gobo_035190321_kiiutihara_dojyoji_gobo_039190321_kiiutihara_dojyoji_gobo_044
 紀伊路の6回目・最終回は安珍清姫の伝承の地、道成寺を目指します。
 紀伊内原から道成寺まではほとんど平坦な道ですから、路傍の石仏や名号碑、古墳などのポイントを巡りながら春の紀州路を歩きたいと思います。
 帰路の乗換の関係で、西御坊まで足を伸ばすのはやめて、JR御坊までのショートコースとします。
 行程が短く、時間に余裕がありますので、道成寺で寄り道して評判の「絵解き説法」を拝聴します。

【山行計画】
「紀伊内原から道成寺、御坊」関西ハイク山友会 №1515例会 紀伊路6/6

日 時:4月6日(土) 10:20~15:20 

集合場所:紀勢線 紀伊内原 改札口 10時20分
 ◆大阪駅発7:41の紀州路快速は8両編成ですが、関空快速4両+紀州路快速4両の電車編成です。前4両は関空快速で日根野で切り離しで関空へ行きます。
  紀州路快速は後ろ4両(5号車~8号車)なので、後ろから2両目辺り(7号車)に乗ってください。
 ◆紀州路快速はJR環状線内回りの京橋駅が始発です
  大阪、西九条、新今宮を経由して天王寺から阪和線に入りますので、鶴橋は通りません。
  大阪駅や天王寺から乗車の場合は満員で座れない可能性がありますので、時間に余裕があれば、始発駅の京橋から乗車されるようお薦めします。
  京橋(始発)7:33 →大阪7:41 →天王寺7:59 →日根野8:42(前4両の関空快速を切り離し) →9:12和歌山(乗換)9:16 →10:13紀伊内原

【雨天の場合】  前日、4月5日(金) 17:00発表の気象情報で、和歌山県北部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:和歌山県北部 073-177(前4月5日(金) 17時発表の予報)
 
参加予定者:24名 /4/4現在

コース:京都6:58(快速)7:33大阪7:41(紀州路快速)9:12和歌山9:16(紀勢線)10:13紀伊内原(集合10:20)―高家分岐・右折― 一里塚跡―道分地蔵―善童子王子―徳本上人碑―愛徳山王子―道成寺―海士王子―宮子姫の像―重力踏切―湯川子安神社―九品寺―JR御坊駅(15:20頃、解散)15:33(紀勢線)16:36和歌山16:39(紀州路快速)18:13大阪18:30(新快速)18:59京都

レベル:一般向き (ほとんど平坦な田園歩き、分岐に注意)

地 図:2万5千=「高家」「御坊」
 予定断面図予定ルート図
 ルート拡大図:前半後半

行  程: 約8.6km 所要時間5時間00分(歩行時間:2時間30分、休憩・昼食:2時間30分)、累計標高差+160m-160m
 京都6:58(快速)7:33大阪7:41(紀州路快速)9:12和歌山9:16(紀勢線)10:13紀伊内原
 紀伊内原10m(集合10:20)―10分―高家分岐・右折15m―20分― 一里塚跡30m(11:00頃)―10分―道分地蔵40m―10分―善童子王子30m―5分―徳本上人碑―15分―愛徳山王子20m―20分―道成寺20m(12:10頃、昼食、絵とき法話拝聴、14:10頃発)―15分―海士王子20m―5分―宮子姫の像―5分―重力踏切10m―10分―湯川子安神社―10分―九品寺10m(15:00頃)―15分―JR御坊駅5m(15:20頃、解散)
 御坊15:33(紀勢線)16:36和歌山16:39(紀州路快速)18:13大阪18:30(新快速)18:59京都
 ※紀勢線・御坊発 14:03、14:33、15:00、15:33、16:05、16:32、17:06

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え

費 用:700円/参加費:200円+道成寺宝物殿拝観と絵とき法話拝聴:500円

交通費は各自払いですが、青春18きっぷが利用できます。
◆青春18きっぷが使えます。5枚綴り11,850円(1枚2,370円)
 大阪~紀伊内原 2,270円+御坊~大阪 2,270円=4,540円/-2,170円
 京都~紀伊内原 3,020円+御坊~京都 3,020円=6,040円/-3,670円
 住吉~紀伊内原 2,590円+御坊~住吉 2,590円=5,180円/-2,810円
 3月と4月10日まで例会、下見では青春18切符を利用できます。(3/1~4/10)
 チケットショップでの購入や残券の買い取りが可能です。

 

190321_kiiutihara_dojyoji_gobo_030_1 【写真】2019年3月21日の下見時の写真です。

 Googleフォトの写真アルバム45枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

 

【地図】
予定断面図
190406_kiiutihara_dojyoji_gobodanmen
予定ルート図
190406_kiiutihara_dojyoji_gobo
ルート拡大図:前半
190406_1_kiiutihara_dojyoji_gobo
ルート拡大図:後半
190406_2_kiiutihara_dojyoji_gobo
GPS予定データ トラック(トラックとして読み込み)
190406TRK_KiiUtihara_DojyoJi_Gobo.gpx

GPS予定ポイント マーカー(ルートとして読み込み)
190406ROT_KiiUtihara_DojyoJi_Gobo.gpx

Posted on 4月 4, 2019 at 11:36 午前 | | コメント (0)

2019.04.02

190402 山行記録:3/30 熊野古道「湯浅から鹿ヶ瀬峠、紀伊内原」関西ハイク山友会№1509例会

190330_yuasa_shisigasetoge_01_1190330_yuasa_shisigasetoge_02 紀伊路の5回目は高低差300mの鹿ヶ瀬越えですが、行程が18kmもあり、そのうち13kmは車道歩き。
 特に後半8kmの車道歩きは雨になったので足に堪えました。
 湯浅から広川沿いの道を河瀬王子まで5km歩くと、いよいよ鹿ヶ瀬峠への長い登りで、山肌に沿うように高度を上げていくと、後半は傾斜が緩くなり鹿ヶ瀬峠に到着しました。
 峠から急な下り坂を下りて行くと小峠から先には紀伊路では唯一550mの石畳道が残っていますが、地元の方がきれいに清掃していただいているので、石畳は往時のままの景観が保たれていました。
 金魚茶屋跡からは山村の集落沿いの長い街道歩きですが、生憎の雨で、ゆっくり春の田園風景を楽しむ時間も無く紀伊内原へ急ぎました。

【山行記録】
「湯浅から鹿ヶ瀬峠、紀伊内原」関西ハイク山友会 №1509例会
 紀伊路5/6

日 時:3月30日(土) 10:14~16:46 

参加者:25名

コース:大阪7:41(紀州路快速)9:12和歌山9:16(紀勢線)9:58湯浅(集合10:10)―勝楽寺―久米崎王子―津兼王子―丹賀神社―河瀬王子―馬留王子―鹿ヶ瀬峠―小峠―石畳道・古道散策公園―金魚茶屋跡―沓掛王子― 爪書き地蔵―黒竹民芸館―西の馬留王子―内ノ畑王子―高家王子―紀伊内原(16:50頃、解散)17:10(紀勢線)18:08和歌山18:10(紀伊路快速)19:43大阪

レベル:一般向き (ロングコースながら大半が車道歩き、鹿ヶ瀬越えがポイント)

地 図:2万5千=「湯浅」「高家」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行  程: 約17.9km 所要時間6時間35分(歩行時間:5時間00分、休憩・昼食:1時間35分)、天候:曇のち雨、気温:22℃→24℃→16℃、累計標高差+580m-580m
 大阪7:41(紀州路快速)9:12和歌山9:16(紀勢線)9:58湯浅(集合10:10)
 湯浅10m10:14―満願寺10:17―勝楽寺10m10:24―久米崎王子10m10:28―新広橋10m10:33―弘法大師道20m(22℃)10:50~54―柳瀬橋10:59―津兼王子30m11:18―丹賀神社30m11:42―河瀬王子30m11:45―汗かき地蔵30m(トイレ、24℃)11:50~12:04―馬留王子60m12:14―登山口90m12:21―急坂上160m12:31~33―大峠の地蔵330m13:03―鹿ヶ瀬峠360m13:07(昼食、16℃)13:47―小峠280m13:58~14:00―石畳道―古道散策公園180m14:14~18―金魚茶屋跡130m(トイレ、雨)14:33~41―沓掛王子110m14:50― 爪書き地蔵90m15:05~09―西の馬留王子・光明寺70m15:27~38―滑橋40m15:54―内ノ畑王子40m15:57―右折点20m16:08―高家王子20m(トイレ)16:21~27―紀伊内原10m16:49(解散)
 紀伊内原17:10(紀勢線)18:08和歌山18:10(紀伊路快速)19:43大阪
 ※参考:紀勢線・紀伊内原発15:36、16:08、16:35、17:10、17:33、18:15、18:38

計画行程:約17.7km 所要時間6時間40分(歩行時間:4時間40分、休憩・昼食:2時間00分)、累計標高差+660m-660m
 京都6:58(快速)7:33大阪7:41(紀州路快速)9:12和歌山9:16(紀勢線)9:58湯浅
 湯浅(集合10:10)10m―10分―勝楽寺10m―5分―久米崎王子10m―30分―津兼王子30m(11:05頃)―20分―丹賀神社30m―5分―河瀬王子30m―10分―馬留王子60m―30分―急坂上240m―20分―鹿ヶ瀬峠360m(13:00頃、昼食)―10分―小峠280m―20分―石畳道・古道散策公園180m―10分―金魚茶屋跡130m(14:30頃)―10分―沓掛王子110m―15分― 爪書き地蔵90m―15分―黒竹民芸館80m(15:20頃)―5分―西の馬留王子70m―20分―内ノ畑王子40m―25分―高家王子20m―20分―紀伊内原10m(16:50頃、解散)
 紀伊内原17:10(紀勢線)18:08和歌山18:10(紀伊路快速)19:43大阪20:00(新快速)20:29京都

【地図】
歩行断面図
190330t_yuasa_shishigasetoge_kiiutiharad
歩行ルート図
190330t_yuasa_shishigasetoge_kiiutihara
歩行ルート拡大図:前半
190330t1_yuasa_shishigasetoge_kiiutihara
歩行ルート拡大図:後半
190330t2_yuasa_shishigasetoge_kiiutihara
GPSの歩行軌跡データ
190330T_Yuasa_ShishigaseToge_KiiUtihara.gpx

Posted on 4月 2, 2019 at 11:22 午前 | | コメント (0)

2019.04.01

190401 令和

万葉集の令月からの引用

Dsc_1462 新元号は令和と決まりました。

 万葉集の出典では令月はよい月という意味だそうです。
 OOIさんは苓子さんですから、よい子という気持ちが込められてはいたのですね。

>  バランス取りにくい漢字だし、
> 言いにくいな。
> JNK

万葉集の令月からの引用ですね。
Screenshot_20190401_123158

Posted on 4月 1, 2019 at 11:45 午前 | | コメント (0)

190401 満開の桜

Dsc_1449 Dsc_1447 先週末にやっと開花したと思ったら、あっという間に満開です。
 今週末が花見頃です。

 

Posted on 4月 1, 2019 at 03:56 午前 | | コメント (0)