« 190304 猫ちゃん四代 | トップページ | 190306 山行計画:3/9 熊野古道「「紀伊宮原から糸我峠、湯浅」 関西ハイク山友会 №1493例会 »

2019.03.05

190305 熊野古道_宿泊山行計画_素案

1905___1905_

 現在進めている熊野古道・紀伊路は下見があと二回、例会はあと三回で完了する予定で、雨天中止にならなければ4月6日(土)で終わります。
 青春18きっぷの利用可能期間と云うことで、3月4月に集中して開催したため、参加していただく会員の皆さんの顔ぶれも青春18きっぷを最大限に活用すべく、お馴染みの方が増えていて、開催する方も安心で心強いです。

 当初、紀伊路を六回に分けて歩くと決めたときから、それが終わったら、熊野本宮を中心とした熊野古道の核心部を二泊三日、もしくは三泊四日で三回に分けて、小辺路、中辺路、大雲取・小雲取を歩くと宣言していました。
 紀伊路が進むにつれて、泊まりでの熊野古道の日程や開催に関して問い合わせをいただくことが増えてきました。

 三回に分けること、それぞれ二泊か三泊とすること、というところは変わりませんが、例会として組む以上、宿泊は民宿利用が前提になりますので、交通費と宿泊費などを含めると二泊三日で40,000円、三泊四日だと50,000円はかかります。交通費は貸切バスを使うと一人頭は片道3,000円程度で済みますが、宿泊行程では運転手の宿泊費の負担があるのと、最低限25名程度の参加が無いと採算が合いません。
 もう一つの問題は下見で、三回の行程を例会並みの民宿泊まりで、JR特急利用で実施すると延べ11日(4日+3日+4日)で交通費が三回で60,000円、宿泊費が8泊で80,000円、となって合計140,000円の負担になります。

 過去の実績を古い山日記を引っ張り出してみると、初めのうちは民宿泊まりでやっていましたが、後半は幕営で対応していることが判りました。
 幕営と民宿利用との差は歴然で、2005年12月29日~2006年1月2日の幕営四泊五日山行では、食費・交通費込みで26,300円しかかかっていません。
 最初の2000年12月29日~2001年1月1日の三泊四日山行の民宿三泊利用の宿泊費、食費、交通費合計で44,940円との差は宿泊費の違いです。

 10年も前なら古くからの山仲間がいて、必ずどなたかが同行してもらえましたが、当時の仲間は皆さん歳を取られて幕営山行から遠ざかっておられます。
 今回の下見は、基本的には一人で最長11日の巡礼旅に挑戦することにして、三つに区切り、途中からの同行していただける方の参加や途中からの切り上げも可能な計画を立ててみようと思います。
 11日分の食料は持って歩けませんので、α米とカセットガス以外は3日分ないし4日分だけ持つようにし、4日目と7日目に熊野本宮や新宮で食料などを補充することにします。
 テントは二人用なら500g程度なので、食料や水2Lを含めても16kg程度で抑えられると思います。
 α米は20パックで2kg、カセットガスは5個で2kg、水2kg、テント・マット・シート・寝袋等で3kg、ですから、食料を含めて何とかなりそうです。

 日程は折角5月に10連休があるので、この間を利用すれば、同行していただける方が増えると思いますが、ジパング倶楽部が使えないのが残念です。
 下見の行程を見ると最初の小辺路が1日の行程も長く大変ですが、ほとんど登山者もいませんから、伯母子山や果無越もあるので山歩きを満喫できるでしょう。
 最後の大雲取、小雲取は4日間を見ていますが、熊野三山の速玉大社、那智大社も行程に含めています。
 また、3日目に熊野本宮まで足を伸ばしてその日のうちに新大阪まで帰ることも可能です。その場合は二泊三日の行程になります。
 でも折角ですから、川湯温泉でもう一泊して翌日熊野本宮参り、大日越、湯の峰温泉のつぼ湯を楽しみたいです。

 素案なのでまだ詰め切っていませんが、下見同行可能な方はご連絡下さい。
 ただし、すべて幕営での山行ですから、最低限寝袋とマットが必要ですが、テントや食料炊事道具などはこちらで用意します。
 各自12kg程度の荷物になると思います。
 費用は現地までのJR・高野線などの交通費は各自払い、バス代、食料費として一泊5,000円程度になります。
 なお、例会は民宿利用を想定しています。貸切バスを利用しないので定員は15名程度、会費はJR・高野線などの交通費は各自払いで、会費は一泊10,000円、現地でのバス代等で別途5,000円程度になりますから、二泊三日で25,000円、三泊四日で35,000円位に抑えたいと思います。(JR新大阪~新宮往復は約15,000円)
 夏場は暑いので、9月か10月に一回目の小辺路(三泊四日)を開催出来ればと思います。

 あとの二回は来年年明けと春になりそうです。年明けなら川湯温泉の仙人風呂が2月まで開設されています。
「1905___.jpg」をダウンロード

Posted on 3月 5, 2019 at 05:21 午後 |

コメント

KURさん、こんばんは!

下見参加表明、有り難うございます。
取りあえず、お二人をフル参加という形で、参加メンバーに掲載させていただきます。
まだ時間がありますので、ご検討下さい。

洗髪は難しいですが、夏場なら、川に頭を突っ込んで汗を流すことも可能ですが、5月はまだ寒いでしょうね。
水を使わないシャンプーくらいしか思い当たりません。

投稿: | 2019/03/12 9:56:39

ご返事ありがとうございます。
それでは、体をふくシートを持って行きます。
主人は頭がかゆくなると言いますので、帽子をかぶっておけと申しましたら、帽子をかぶると余計にかゆいとの事。
希望は日程全部通しというところですが、どうなることやら…

投稿: | 2019/03/11 16:22:42

KURさん、こんばんは!

熊野古道下見の参加宣言、有り難うございます。

熊野本宮に着けば、湯の峰や川湯温泉に公衆浴場または露天風呂がありますが、行程の途中では民宿に泊まらないとちょっと入浴は難しいかも知れません。
きよもり

> こんにちは。
> 少しご無沙汰しております。
>
> さて、連休の熊野古道の下見の件、お世話になりたいと思います。希望は全コースなのですが、
> 何やかやで部分的になるのでは、と思っております。
>
> できるだけ、リーダーのご負担を少なくするように、テントは自分のものを持参しようかと思います。
> それから、一つお聞きしたいのは、このかん入浴する機会はあるのでしょうか?
> それがちょっと気になりました。
>
> 楽しみにしております。
> よろしくお願い申し上げます。
>KUR

投稿: | 2019/03/08 19:17:21

コメントを書く