« 181230 山行記録:12/29 熊野古道・紀伊路1「山中渓、雄ノ山峠から布施屋」下見 | トップページ | 181231 年越しそば »

2018.12.30

181230 居候猫 りんごちゃん

181228_ringotyan プラスチックの輪っぱが口元に嵌まって自力では外せなくなっていたノラの黒猫ちゃんを保護したのは、12月1日(土)です。
 病院で輪っぱを強引に外してもらい、口元が切れて痛々しい状態だったので、しばらくリバティ動物病院に入院していました。
 やっと出血と化膿が止まって、しばらくわが家に預かり、その間に新しい里親を探すことにしました。
 181209 黒猫リンゴちゃんからのメッセージ

 ところが約三週間経つのになかなか馴れなくて、用意したゲージにはもちろんパソコンルームの背面にある山道具のスチール棚の奥に潜んだままいっこうに出てきません。
 それでも、部屋を暗くして無人になると、棚の足元に用意したカリカリやかつお節、チュールなど見事に完食して、ゲージの横に用意した猫トイレでちゃんとおしっこもウンコもしていますから、すっかり怪我は回復したようですごく元気そうです。

 きよもりは毎年年末迫ってから、年賀状を一気に作成するため、12月27日(木)の夜中から12月28日(金)の夜中に掛け、ずっとパソコンの前に貼り付いて、年賀状作りをしていました。
 その間、部屋の明かりも点けっぱなしで、人がいるので、普段なら絶対に出てこないのですが、さすがに我慢できなくなったのか、きよもりの足元をするっと抜けて、ゲージの前に置いた猫トイレでゆうゆうとおしっこをして、スッキリしたのか終わるとまたスチール棚の奥へと戻っていきました。

 その間、わずか1分弱でしたが、初めて明るい電灯の前で顔を上げてくれましたから、動画に撮ることが出来ました。
 でも、その後は相変わらず、棚の奥に潜んだまま・・・
 時々手渡しでご飯やチュールをあげようとして腕を伸ばすと、「シャー!」と叫んで、足の爪で引っかかれそうになりますから、お手上げ状態です。
 ひと月くらいで馴れるかと思ったけど、この状態では、半年くらいかかるかも知れませんね。
 いつになったら、頭や身体を撫でさせてくれるのやら・・・
 人の心、猫知らずです。 

181228_ringotyan_2 Youtubeの動画です。

https://youtu.be/t8t0Xs0v_Q8

 181228_ringotyan_2 【写真】 Googleフォトのリンゴちゃんの動画とアルバムです。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

Posted on 12月 30, 2018 at 11:51 午後 |

コメント

コメントを書く