« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018.10.31

181031 「きのこたっぷりハヤシライス」

181030_kinoko_hayashiraisu_01181030_kinoko_hayashiraisu_02181030_kinoko_hayashiraisu_03

181030_kinoko_hayashiraisu_04181030_kinoko_hayashiraisu_05
 前日に「カリフラワーとポテトのサラダ」は作ってしまったので、昨日は午前中に「きのこたっぷりのハヤシライス」をゆっくり作りました。
 NHKの栗原はるみさんのレシピでは鍋とフライパン二つを使い分けて効率よく作っておられますが、自宅には大きめのフライパンは一つしか無いし、コンロも一つしか使わせてもらえないので、鍋とフライパンを交互に使って正味45分くらいで段取りよく完成させました。

 男の料理は食材費をあまり意識しないので、店頭で見て新しそうな食材を探すだけですが、JNKさんに教えてもらったハインツのデミグラスソースは二種類あるけど、赤缶ではなく茶色の特選を選ぶのがコツです。
 きのこはマッシュルームは高いのでこれもJNKさんに教えてもらって生椎茸を使いました。
 レシピの手順通りですが、最初に鍋でソースを作り、いったん降ろして、フライパンで牛肉と玉ねぎを時間差で炒め、それをそのままソースの鍋に移し、3番目に空いたフライパンできのこ三種類を炒めます。
 最後に炒めたきのこをソースと肉を入れた鍋に移して、全体の味を見てケチャップとウスターソースを入れて味を調えると完成です。
 甘党のJNKさんに合わせて、隠し味でみりんと赤ワインを少し追加しました。
 レシピが好いからやっぱり美味しいですね。

「181011_nhk_.doc」をダウンロード

きのこたっぷりハヤシライス

Posted on 10月 31, 2018 at 11:08 午前 | | コメント (0)

2018.10.30

181030 ポテトサラダと弓弦羽神社の七五三

Dsc_2665Dsc_2668
 二週間前に作った「きのこのハヤシライス」が好評だったので、昨日食材を買いました。
 その時一緒に作った「カリフラワーとポテトのサラダ」の食材も再度購入しましたが、同時に作るとフライパン一つではかなり時間がかかるので、サラダは昨日作り、ハヤシライスは今日作ることにしました。
 「カリフラワーとポテトのサラダ」はカリフラワーとポテトだけでは寂しいのでベーコンの薄切りを小さく切って一緒に炒めましたが、ジャガイモを炒めるときに入れたので火が強すぎて焦がしてしまいました。
 次回は炒める時間が短いカリフラワーを炒めるタイミングでベーコンを入れて柔らかく仕上げたいと思います。
 でも、ニンニクと塩胡椒しか使わないのに口当たりがよくて、ついビールが欲しくなります。

 今朝も三時から弓弦羽神社にお参り。
 数日前から七五三の幟があがって、いよいよ11月だと実感します。
 今朝は風も強くて木枯らしいちばんかと思いましたが、神社から戻る頃には北風もおさまっていてまだ本格的な寒さにはならないようです。
 あと二ヶ月で今年も終わり、歳を取ると一年は早いと言われますが、このままだと年末までバタバタしそうです。

レシピ:「きのこのハヤシライス」「カリフラワーとポテトのサラダ」
「181011_nhk_.doc」をダウンロード

きのこたっぷりハヤシライス

Posted on 10月 30, 2018 at 10:38 午前 | | コメント (0)

2018.10.29

181029 山行記録:10/28 京都北山「杉坂西尾根から新京見峠、釈迦谷山」下見

 杉坂西尾根の取っ付きは藪漕ぎの急登を覚悟していましたが、1月の例会では気付かなかったひとつ西の尾根にはっきりした尾根道が見つかったので、急登ながら藪は無い尾根を登り、P542mに30分早く到達しました。 
 しかし、次のP565mへの尾根は猛烈な藪で、1時間30分もかかってしまいました。
 新京見峠から京見峠の京都トレイル道も倒木で苦戦しましたが、氷室の車道には15:36に到着、ほぼ予定通りでした。
 釈迦谷山の三角点を踏んで、綺麗に舗装された車道を鷹峯へ下りました。
 鷹峯バス停には16:50に着きましたから、計画より50分早い下山です。

 例会ではP565mへは登らないつもりなので、16時30分には下山できると思います。
 下見に同行していただいたHMDさんKNKさんJNKさん、ありがとうございました。
 お疲れ様でした。
【地図】
歩行断面図
181028t_sugisakanishione_shinkyomit
歩行ルート図
181028t_sugisakanishione_shinkyom_2
歩行ルート拡大図:前半
181028t1_sugisakanishione_shinkyomi
歩行ルート拡大図:後半
181028t2_sugisakanishione_shinkyomi
GPSの歩行軌跡データ
「181028T_SugisakaNishiOne_ShinKyomiToge_SyakataniYama.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 29, 2018 at 11:13 午後 | | コメント (0)

2018.10.28

181028 杉坂西尾根から新京見峠の下見完了

181028 杉坂西尾根から新京見峠の下見完了181028 杉坂西尾根から新京見峠の下見完了181028 杉坂西尾根から新京見峠の下見完了 赤い線が「ジオグラフィカ」の軌跡
 青い線が予定トラックです。

 杉坂西尾根の取っ付きは藪漕ぎの急登を覚悟していましたが、1月の例会では気付かなかったひとつ西の尾根にはっきりした尾根道が見つかったので、急登ながら藪は無い尾根を登り、P542mに30分早く到達しました。
 しかし、次のP565mへの尾根は猛烈な藪で、1時間30分もかかってしまいました。
 新京見峠から京見峠の京都トレイル道も倒木で苦戦しましたが、氷室の車道には15:36に到着、ほぼ予定通りでした。
 釈迦谷山の三角点を踏んで、綺麗に舗装された車道を鷹峯へ下りました。
 鷹峯バス停には16:50に着きましたから、計画より50分早い下山です。
 例会ではP565mへは登らないつもりなので、16時30分には下山できると思います。
 下見に同行していただいたHMDさんKNKさんJNKさん、ありがとうございました。
 お疲れ様でした。

Posted on 10月 28, 2018 at 06:59 午後 | | コメント (0)

181028 京都は快晴

181028 京都は快晴 昨日の予定を今日に順延したおかげで、京都駅前は雲一つ無い快晴の秋晴れに恵まれました。
 16℃で肌寒いけど、風が無いのでしのぎやすい登山日和です。
 尾根の藪漕ぎがどの程度か判りませんが、状況によってはルート変更もありです。

Posted on 10月 28, 2018 at 08:21 午前 | | コメント (0)

2018.10.27

181027 旅猫リポート

181027 旅猫リポート 今日は下見を明日に順延したので、久し振りに映画を見に行きました。
 「旅猫リポート」、本を買って先にJNKさんは読み終えていましたが、きよもりは半分読み終えたばかりでしたから、後半の予想外の展開に驚かされました。
 朝早い時間の上映だったせいですいていましたが、泣きながら見ているおじさんもいました。

181027 旅猫リポート 昼はこれも久し振りにそごう地下の「大井肉店」の焼肉定食です。
 ここはサイコロステーキが安くて美味しいのですが、今日は昼を過ぎていたので売り切れていて残念です。
 少し値上がりしましたが、肉の量が増えたので満足です。

Posted on 10月 27, 2018 at 11:04 午後 | | コメント (0)

2018.10.26

181026 山行計画:10/28 京都北山「杉坂西尾根から新京見峠」関西ハイク山友会11/17 №1424例会の下見

180128_sugisakanishione_sawayama_00180128_sugisakanishione_sawayama__2

 当初、10月27日(土)に下見を予定していましたが、27日は寒冷前線通過のため全国的に雨模様ですから、雨中の藪こぎは10月6日(土)の下見で懲りていますから、急遽翌日の10月28日(日)に順延しました。

 平成30年1月28日(日)の第1245回例会 京都北山「杉坂西尾根から沢山」は積雪期のため、主に林道歩きになりましたが、今回は出来るだけ尾根通しで歩いてみます。
 松茸収穫時期で上水峠は立入禁止なので、新京見峠から釈迦谷山を経て鷹ヶ峰に下ります。
 P542mもP565mも山麓を巻く林道からかなり離れた主稜線上にあるので、台風21号の爪痕で尾根筋は荒れていると思われますが、展望に期待しましょう。
 新京見峠から先で車道に出ますが、途中から車道を離れて釈迦谷山に寄り道してから鷹峯へ下山します。
【下見山行計画】
京都北山「杉坂西尾根から新京見峠」関西ハイク山友会 11/17№1424例会の下見

日 時:10月28日(日) 9:00~17:40 /10月27日(土)から順延  

集合場所:JR京都駅前 JR3乗り場 7時40分
 7時50分発のJRバス周山行きに乗車します

【雨天の場合】 下見なので雨天決行です
 
参加予定者:4名 10/26現在
 HMDさん、KNKさん、JNKさん、きよもり
 下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:JR京都駅前7:50(JRバス800円)8:51杉阪口(9:00頃)―尾根取付―急登Ⅰ上―急登Ⅱ上―林道終点―小屋9―P542m―林道出合―P565m分岐―P565m―林道出合―道風分岐・小屋―上ノ水峠分岐―新京見峠―氷室車道出合―釈迦谷山分岐―釈迦谷山291.1m―近道分岐―千束車道―鷹峯源光庵前バス停(17:40頃、解散)

レベル:中級向き (最初の急登とP542m、P565mは倒木次第)

地 図:2万5千=「周山」「京都西北部」、昭文社=「京都北山」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約8.8km 所要時間8時間40分(歩行時間:6時間00分、休憩・昼食:2時間40分)、累計標高差+640m-730m
 JR京都駅前7:50(JRバス800円)8:51杉阪口
 杉阪口250m(9:00頃)―10分―尾根取付230m―20分―急登Ⅰ上300m―30分―急登Ⅱ上390m(10:10頃)―10分―林道終点420m―30分―小屋910m―10分―P542m(11:30頃、昼食)―10分―林道出合510m―10分―林道分岐550m―20分―P565m分岐490m―30分―P565m(14:00頃)―20分―林道出合500m―20分―道風分岐・小屋430m(14:50頃)―10分―上ノ水峠分岐420m―10分―新京見峠420m―20分―氷室車道出合370m(15:40頃)―20分―釈迦谷山分岐290m―20分―釈迦谷山291.1m(16:30頃)―20分―近道分岐230m―20分―千束車道130m―20分―鷹峯源光庵前バス停150m(17:40頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、スパッツ、ストック、ノコギリ、植木ばさみなど

費 用:各自払い/集合時にバス代として900円を集金します(行きJRバス800円+帰り市バス230円=1,030円)

GPSデータ
 トラックとして読み込み
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181028TRK_SugisakaNishione_ShinkyomiToge.gpx
 ルートとして読み込み
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181028ROT_SugisakaNishiOne_ShinkyomiToge.gpx

【地図】
予定断面図
181028_sugisakanishione_shinkyomito
予定ルート図
181028_sugisakanishione_shinkyomi_2
予定ルート拡大図:前半
181028_1_sugisakanishione_shinkyo_2
予定ルート拡大図:後半
181028_2_sugisakanishione_shinkyomi

 スマホをお持ちの方は以下の二つのファイルをスマホの「ジオグラフィカ」に読み込んでください。
 今回からはこれまでとは違って「トラック」と「ルート」のファイルになります。
 「マーカー」は「ルート」として保存すると自然に出来ます。これまでとの違いは歩行道順にマーカーが並びます。

予定トラック/ジオグラフィカではトラックとして保存
「181028TRK_SugisakaNishione_ShinkyomiToge.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181028TRK_SugisakaNishione_ShinkyomiToge.gpx

予定ルート/ジオグラフィカではルートとして保存 (マーカーではありません。
「181028ROT_SugisakaNishiOne_ShinkyomiToge.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181028ROT_SugisakaNishiOne_ShinkyomiToge.gpx


Posted on 10月 26, 2018 at 03:29 午後 | | コメント (0)

2018.10.25

181025 うまかっちゃん

Dsc_2650  ウィキペディアによると:―
 うまかっちゃんは、ハウス食品から発売されている袋麺(インスタントラーメン)で、ハウス食品グループ本社株式会社の登録商標(商標登録番号1551720号他)である。
 正式な商品名は九州の味ラーメン うまかっちゃん。
 1979年9月12日に九州限定の豚骨味ラーメンとして発売開始。
 2009年、発売開始から30周年を迎えた。
 ―とのことです。

 初めて食べましたが、お湯の量を間違えて、スープが薄くなってしまいました。
 次回はちゃんとお湯の量をはかって作ります。 


Posted on 10月 25, 2018 at 06:37 午後 | | コメント (0)

2018.10.24

181024 ミルクちゃん

181024 ミルクちゃん181024 ミルクちゃん ミルクちゃんはベッドルームとリビングを行ったり来たり、駆け回っています。
 元気いっぱいです。

 美韻のビデオから静止画写真をコピーしました。
 帰ったら、DVDレーベルとケースに使う写真を決めて下さい。

Posted on 10月 24, 2018 at 12:28 午後 | | コメント (0)

2018.10.23

181023 菜萌食堂

Dsc_2639Dsc_2641 最近は週一回の割合で「菜萌食堂」で夕食を食べています。
 今日は鯖の竜田揚げと淡路鶏の唐揚げ。
 どちらも揚げ物ですが、カラッと揚がっているので意外にあっさりしています。
 さつまいもご飯とかき玉汁もあっさりしていて美味しいです。
 少しずつなじみ客が増えていて、夕方早めには3組くらいのお客さんが入っています。


Posted on 10月 23, 2018 at 11:24 午後 | | コメント (0)

2018.10.22

181022 山行記録:10/21 京都東山「吉田山から大文字火床、南禅寺」 関西ハイク山友会 11/11 №1418例会の下見

 10月21日(日)の下見は9人中きよもり以外の8名がすべて女性で、華やいだ気持ちでスタートしました。
 でも、大文字火床へのアプローチとして谷道は倒木が多くて大変だろうと考えて、円重寺手前の取付から入ってすぐに左手の尾根に取っ付き、P271mを経て千人塚へ抜ける尾根ルートを目指しましたが、急斜面を登り切ったところで猛烈な藪に行く手を阻まれてしまいました。
 P271mへの尾根は猛烈な藪と倒木で通行不能で、諦めて大文字の右はらいの下までよく踏まれた登山道をあがりました。
 藪漕ぎで一時間位遠回りしたので、火床に着いたら30分遅れでした。

 大文字山からの下り道は東山トレイルNo.42から右への登山道があり、途中で若王子へ下る予定ルートに合流すると思われましたが、午前中の倒木に閉口したので、踏跡が明確な南禅寺への尾根道を下りました。
 途中二ヶ所倒木帯がありましたが、踏跡があったので、難なくクリアして、無事に南禅寺奥ノ院を経て、南禅寺の水路閣に降りて来れました。
 蹴上に着いたら15:45で予定より一時間位早く下山出来ました。
 台風21号の後遺症があちこちに残っているので、例会でも今回歩いたルートを歩くようにします。
181021_yoshidayama_daimonjihidoko_n 【写真】
 Googleフォトの写真アルバム53枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
181021t_yoshidayama_daimonji_nanzen
歩行ルート図
181021t_yoshidayama_daimonji_nanz_2
歩行ルート拡大図:前半
181021t1_yoshidayama_daimonji_nanze
歩行ルート拡大図:後半
181021t2_yoshidayama_daimonji_nanze
GPSの歩行軌跡データ
「181021T_YoshidaYama_DaimonjiHidoko_NanzenJi.gpx」をダウンロード

大文字火床への歩行軌跡(拡大図)
181021t_daimonjihidoko_kiseki
東山トレイルから南禅寺への歩行軌跡(拡大図)
181021t_higashiyamatoreiru_nanzenji

【追記】
 吉田山から白川通りへ下る道は途中、町屋の家並みを通り抜けますが、各戸の玄関先に粽(ちまち)がぶら下がっているのが気になりました。
 食べるちまきは「川端道喜」が有名ですが、これは食べられそうもないのでどういう謂われなのか気になって、調べてみました。

粽(ちまき)の由来
その昔、旅人に扮した素戔嗚尊(すさのおのみこと)※1が一夜の宿を借りるために家々を訪ねていたところ、蘇民将来(そみんしょうらい)という男がそれをこころよく受け入れました。蘇民は決して裕福ではありませんでしたが、それでも出来る限り手厚くもてなしました。(裕福であった兄は断っていた)
大変感激したスサノオは、「今後、お前の子孫を末代まで私が護る。目印として、茅(ちがや)の輪を腰につけているように。」と言い残して去っていきました。
そして約束通り、疫病が流行った際も蘇民やその一族は無事に生き残り繁栄しました。
現在のお守りの護符に書かれている「蘇民将来子孫也」は、読んで字のごとく「私は蘇民将来の子孫です。(だから災厄などから護ってください)」という意味になります。
そしてもともと茅の輪だったものは、茅の束を巻いていたため「茅巻き(ちまき)」となり、音が同じ「粽」となったと言われています。
※1素戔嗚尊(すさのおのみこと)とされる場合と、牛頭天王(ごずてんのう)とされる場合があるが、どちらも八坂神社の主神として現在では同一視されている。

Posted on 10月 22, 2018 at 11:53 午後 | | コメント (0)

2018.10.21

181021 吉田山から大文字火床、南禅寺の下見完了

181021 吉田山から大文字火床、南禅寺の下見完了181021 吉田山から大文字火床、南禅寺の下見完了 P271mへの尾根は右折点から先が猛烈な藪と倒木で通行不能で、諦めて大文字の右はらいの下までよく踏まれた登山道をあがりました。
 藪漕ぎで一時間位遠回りしたので、火床に着いたら30分遅れでした。

 大文字山からの下り道は東山トレイルNo.42から右への登山道があり、途中で若王子へ下る予定ルートに合流すると思われましたが、午前中の倒木に閉口したので、踏跡が明確な南禅寺への尾根道を下りました。
 途中二ヶ所倒木帯がありましたが、踏跡があったので、難なくクリアして、無事に南禅寺奥ノ院を経て、南禅寺の水路閣に降りて来れました。
 蹴上に着いたら15:45で予定より一時間位早く下山出来ました。
 台風21号の後遺症があちこちに残っているので、例会でも今日歩いたルートを歩くようにします。

Posted on 10月 21, 2018 at 05:29 午後 | | コメント (1)

2018.10.20

181020 お留守番

181020 お留守番
181020 お留守番
今日はお母さんがひこにゃんに逢いに彦根へ行っているので、ミルクちゃんもお父さんもお留守番です。
ミルクちゃんはウェットご飯、お父さんはサトウのごはんと牛タンシチューのレトルトで晩ごはんです。
明日の下見は秋晴れに期待できそうです。
倒木次第で苦戦するかも知れませんが、頑張ります。

Posted on 10月 20, 2018 at 07:44 午後 | | コメント (0)

2018.10.19

181019 ひと安心

181019 ひと安心181019 ひと安心 高層ビルや最新の官公庁の建物の耐震、免震構造の検査数値を改ざんしていた会社が問題になっていますが、きよもりのマンションも高層で、免震構造ですから、ひょっとして同じ会社が施工したのではないかと、気にしていました。
 同じように気にする人が多いからでしょう、マンションの掲示板に、施工業者は異なる旨の掲示がされました。
 取りあえずひと安心だけど、公的なチェック制度が無いから、他の施工業者なら大丈夫という保証はありません。
 東洋ゴム、神戸製鋼、日産自動車など日本を代表する大手が公的なチェック制度が無いのをよいことに、会社ぐるみで検査数値をごまかしているのは、内部統制が働いていないからです。
 経営者の資質が低下しているのか、高度成長期のひずみなのか、企業倫理の低下が気になります。

 企業の経理や会計に関しては、監査制度が古くから確立していて、監査役や内部監査など、更に会計士や国税局など、何重にもチェックされる仕組みがありますが、今回のような検査数値というのは、国や公共機関が基準を決めたらあとは企業任せでは、全く意味がありません。
 制度の隙を突くような企業は上場廃止など、もっと厳しい罰則制度を確立する必要があるでしょう。

Posted on 10月 19, 2018 at 11:42 午後 | | コメント (0)

2018.10.18

181018 山行計画:10/21 京都東山「吉田山から大文字火床、南禅寺」 関西ハイク山友会 11/11 №1418の下見

151024_yamashina_daimonjiyama_018151024_yamashina_daimonjiyama_020151024_yamashina_daimonjiyama_021

151024_yamashina_daimonjiyama_024151024_yamashina_daimonjiyama_025151024_yamashina_daimonjiyama_051

 台風21号では京都北山、京都東山の広範囲にかなりの被害が出ており、10月14日の例会「杉阪口から峰山、栂ノ尾」も下見の結果、高山寺の境内には直径120cmもの杉の巨木が根返りで参道を閉鎖していて、山腹を巻く一般登山道には200本もの杉の倒木が登山道を寸断していて通行不能となっていたので、ルート変更を余儀なくされました。
 12月7日に予定されていた鈴木リーダーの例会「桃山から吉兆山」も倒木のため通行不可能として早々に中止になりました。
 今回の下見で予定している大文字周辺でも山科からノ谷ルートは通行不能になっているそうですが、霊鑑寺奥の円重寺からP271mへの尾根登山ルート、蹴上分岐310mから若王子への曲折した尾根の下山ルートはどの程度の倒木があるでしょうか。
 9月3日(月)、9月17日(月・祝)に実施したスマホ勉強会の実践も兼ねて、大文字山周辺で地図読みの練習をします。
 スマホの無い方も地図読みの基本習得は同じです。
 登山者の少ない霊鑑寺からの登路と若王子への支尾根を下降しますが、倒木の状況によってはコース変更もあり得ます。
 お持ちの方はノコギリや植木ばさみをご持参お願い申し上げます。
【下見山行計画】
京都東山「吉田山から大文字火床、南禅寺」関西ハイク山友会 11/11 №1418例会の下見

 新地図読み+GPS1

日 時:10月21日(日) 8:10~17:00 

集合場所:叡電出町柳駅 改札付近 8時 (バスには乗りません)

【雨天の場合】 下見なので雨天決行です
 
参加予定者: 7名/ 現在
 HMMさん、KNKさん、TJMさん、KBNさん、SKMさん、JNKさん、きよもり
 下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:出町柳―百万遍交差点―吉田山―白川通り―哲学の道―霊鑑寺―登山口―P271m―大文字左はらい―大文字火床―大文字山465.3m―四ツ辻―山科分岐―蹴上分岐―若王子―永観堂―南禅寺―地下鉄蹴上(17:00頃、解散)

レベル:中級向き (台風の影響がどの程度か?)

地 図:2万5千=「京都東北部」、京都一周トレイル会=「東山」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約9.1km 所要時間8時間50分(歩行時間:5時間10分、休憩・昼食:3時間40分)、累計標高差+550m-530m
 出町柳(集合8時)50m―10分―百万遍交差点50m―30分―吉田山120m(9:00頃)―20分―白川通り60m―10分―哲学の道70m―10分―霊鑑寺100m―10分―登山口140m(10:30頃)―30分―P271m―10分―大文字左はらい290m―10分―大文字火床350m(11:40頃、昼食)―30分―大文字山465.3m(13:30頃)―10分―四ツ辻440m―20分―山科分岐400m―20分―蹴上分岐310m(15:00頃)―50分―若王子70m―10分―永観堂60m―20分―南禅寺50m―10分―地下鉄蹴上60m(17:00頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、傘、着替え、スパッツ、ストック、ノコギリ、植木ばさみなど

費 用:各自払い

 スマホをお持ちの方は以下の二つのファイルをスマホの「ジオグラフィカ」に読み込んでください。
 今回は地図読みで使うため「トラック」と「ルート」のファイルになります。
 「マーカー」は「ルート」として保存すると自然に出来ます。これまでとの違いは歩行道順にマーカーが並びます。

予定トラック/ジオグラフィカではトラックとして保存
 「181021TRK_DaimonjiHidoko.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181021TRK_DaimonjiHidoko.gpx

予定ルート/ジオグラフィカではルートとして保存 (マーカーではありません。
 「181021ROT_DaimonjiHidoko.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181021ROT_DaimonjiHidoko.gpx

【地図】
予定断面図
181021_yoshidayama_daimonji_nanzenj
予定ルート図
181021_yoshidayama_daimonji_nanze_2
予定ルート拡大図:前半
181021_1_yoshidayama_daimonji_nanze
予定ルート拡大図:後半
181021_2_yoshidayama_daimonji_nanze
GPSの予定ルート(トラック)データ/トラックとして読込
 「181021TRK_DaimonjiHidoko.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181021TRK_DaimonjiHidoko.gpx

GPSのウエイポイント(ルート)のデータ/ルートとして読込(マーカーではありません。)
 「181021ROT_DaimonjiHidoko.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181021ROT_DaimonjiHidoko.gpx

Posted on 10月 18, 2018 at 11:41 午後 | | コメント (0)

2018.10.17

181017 明日は尾道へ

Dsc_2605Dsc_2608
 10月に入って6日から14日まで9日の間に5日も下見や例会が続きました。
 それまでの40日間は雨が降って、全く山へ行けなかったので、足がビックリしたのか、雨が昼過ぎまで降り続いた10月6日の杉阪口から峰山、西明寺下見の翌日、東六甲縦走例会の最後の下りでは、踵が痛くて歩行困難になり皆さんにご迷惑をかけてしまいました。
 翌日、病院でレントゲンを撮ったら、三年前にも傷めた足底腱膜炎で、急激な運動再開が原因でした。

 それでも、10月14日の例会に備えて、11日、13日も下見に行きましたから、ロキソニンのお陰で踵の痛みは引きましたが、なかなか太腿やふくらはぎのしこりが消えませんでした。
 やっと昨日辺りから痛みも無くなり、今日は三宮に出るついでにカツオの藁焼きで、栄養補給して来ましたが、急遽、明日は日帰りで尾道へ行って来ます。
 なかなか暇になりません。

 夜、電話したら問題は片付いたそうで、尾道へ行く用事が無くなりました。
 よかったです。

Posted on 10月 17, 2018 at 06:21 午後 | | コメント (0)

2018.10.16

181016 キノコのハヤシライス、ポテトとカリフラワーのホットサラダ

181016 キノコのハヤシライス181016 キノコのハヤシライス 10月11日のNHKで紹介していた栗原はるみさんの料理番組
 キノコたっぷりのハヤシライスとポテトサラダを作りました。
 黒毛和牛をはりこんだので、材料費が高くなってしまいましたが、味がまろやかでおいしかったです。
 ハヤシライスはデミグラスソース、玉ねぎと牛肉、キノコ三種、フライパンや鍋を入替ながら別々に調理するので、手間がかかりますが、それぞれの味がうまくミックスして絶妙のバランスでした。

 ポテトとカリフラワーのホットサラダもポテトをカリカリに炒め、カリフラワーも別に炒めるので手間がかかりましたが、にんにくと塩胡椒だけなのに、口当たりが良くて、ビールにピッタリでした。
「181011_nhk_.doc」をダウンロード

きのこたっぷりハヤシライス

Posted on 10月 16, 2018 at 11:48 午後 | | コメント (0)

2018.10.15

181015 伏見の酒蔵

181015 伏見の酒蔵181015 伏見の酒蔵 今日は午後から丹波橋で開催された恒例の小委員会が終わって、これも恒例の伏見の酒呑み会。
 月桂冠の酒蔵をそのまま使った「月の蔵人(つきのくらびと)」という店です。
 無事に昨日の例会が終わったので、酒が美味しいです。

Posted on 10月 15, 2018 at 08:10 午後 | | コメント (0)

181015 山行記録:10/14 京都北山「杉阪口から峰山、栂ノ尾」 関西ハイク山友会№1403例会

181014_sugisakakuti_mineyama_togano181014_sugisakakuti_mineyama_toga_2

 平成25年4月16日(火)№273例会として仲谷リーダーか歩かれたコース。
 最初のP401mまでの藪こぎの急登を過ぎると尾根道になりますが、途中倒木帯を抜けると、林道に飛び出します。
 少しずつ高度をあげながら廃屋を過ぎ、展望台の手前では寝屋川の三井小学校の生徒さんが風船に託した風船便りを見つけてひとはしゃぎ。
 日差しが暖かい展望台でゆっくり昼食をとって、いよいよP602mへの藪尾根の急登。
 下見の時は尾根に忠実に登ったため猛烈な藪こぎを強いられたので今日は尾根の北側を巻くようにしてP602mの少し手前で尾根に乗り、あまり苦労せずに本日の最高点であるP602mに到達できました。
 P602mからは桟敷ヶ岳や半国高山など北山のやまなみ、遠く比良の蓬莱山まで望めました。
 曲折する尾根を下り、峰山に登り返し、下山は二度目の下見で確認した栂ノ尾バス停へほとんど真南に延びる栂ノ尾尾根(仮称)を下山しました。
 栂ノ尾バス停に着いたら15時46分(予定は17時30分)で1時間40分も早かったのは、三度にわたる下見と皆さんの健脚に助けられたお陰です。
 お疲れさまでした。

【山行記録】
京都北山「杉阪口から峰山、栂ノ尾」関西ハイク山友会 №1403例会

  【北山の尾根と峠歩き58】

日 時:10月14日(日) 9:17~15:46

参加者:29名

コース:京都駅7:50(JRバス800円)8:51 杉阪口―P401m―峠の地蔵尊―林道―廃屋―展望台―P602m―左折点560m―峰山537.4m―植林広場―簡易発電施設―栂ノ尾バス停(15:46、解散)15:58(JRバス520円)17:17京都駅

レベル:中級向き (台風21号の影響による倒木が多い、P602mは藪こぎ)

地 図:2万5千=「周山」「京都西北部」、昭文社=「京都北山」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行  程: 7.2km 所要時間6時間29分(歩行時間:4時間14分、休憩・昼食:2時間15分)、天候:快晴、気温:17℃→20℃→18℃、累積標高差+600m-710m
 京都駅烏丸口・JR2バス乗り場(集合7:40)7:50(JRバス800円)9:05杉阪口
 杉阪口バス停250m9:17―P401m9:50~10:04―峠の地蔵尊320m10:16~22―峠Ⅱ360m(17℃)10:30―林道410m10:49―下見時の昼食場所430m(20℃)10:58~11:06―廃屋480m11:15―風船便り470m11:20―展望台490m11:25(昼食)12:05―P602m分岐490m12:11―巻き道右折点510m12:18~21―P602m12:53~13:20―左折点・大岩560m13:33―峰山537.4m13:58~14:14―植林広場470m14:28―旧谷道(廃道)分岐390m14:40―下見時の谷分岐340m(18℃)14:50~56―急斜面上320m15:03―簡易発電施設180m15:22~37―周山街道車道130m15:40―栂ノ尾バス停160m15:46(解散)15:58(JRバス520円)17:17京都駅
 栂ノ尾17:43(JRバス520円)18:40京都駅

行  程: 約6.9km 所要時間8時間30分(歩行時間:6時間20分、休憩・昼食:2時間10分)、累計標高差+580m-690m
 京都駅烏丸口・JR2バス乗り場(集合7:40)7:50(JRバス800円)8:51 杉阪口
 杉阪口バス停250m(9:00頃)―60分―P401m(10:10頃)―20分―峠の地蔵尊320m―50分―林道410m(11:30頃)―20分―廃屋480m(12:00頃、昼食)―15分―展望台490m―15分―P602m分岐(13:20頃)―50分―P602m(14:30頃)―20分―左折点560m―40分―峰山537.4m(15:40頃)―20分―植林広場470m―30分―谷道分岐340m―30分―簡易発電施設180m(17:10頃)―10分―栂ノ尾バス停160m(17:30頃、解散)
 栂ノ尾17:43(JRバス520円)18:40京都駅

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、手袋
 藪こぎがありますので、服装は長袖で手袋をご用意下さい。
 一応藪刈りはしていますが、所有者はノコギリや植木はさみもご持参下さい。

費 用:参加費200円/交通費は各自払いですが、集合時に往復のバス代として、1,100円集金します(参加費込みで1,300円)
 京都市の敬老パス利用の方、途中乗車の方は参加費200円のみお支払い下さい。

181014_sugisakakuti_mineyama_toga_3 【写真】
 Googleフォトの写真アルバム58枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
181014t_sugisakakuti_mineyama_togan
歩行ルート図
181014t_sugisakakuti_mineyama_tog_2
歩行ルート拡大図:前半
181014t1_sugisakakuti_mineyama_toga
歩行ルート拡大図:後半
181014t2_sugisakakuti_mineyama_toga
GPSの歩行軌跡データ
「181014T_SugisakaKuti_MineYama_Toganoo.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 15, 2018 at 05:37 午後 | | コメント (0)

2018.10.14

181014 杉阪口から峰山、栂ノ尾の例会無事完了

181014 杉阪口から峰山、栂ノ尾の例会無事完了 三度の下見でルートは確認出来ましたが、倒木と藪漕ぎの連続なので、多人数では時間が掛かりそうで心配していました。
 結果的には、ゴールの栂ノ尾バス停に降りて来たら、15:47で計画書では17:30としていたから、二時間近くも早く下山出来ました。
 皆さんがノコギリや植木ハサミを持って来ていただいて、藪刈りがはかどったお陰です。
 皆さん、ありがとうございました。
 お疲れ様でした。

Posted on 10月 14, 2018 at 04:46 午後 | | コメント (0)

181014 バスは杉坂口へ

181014 バスは杉坂口へ 今日は曇り空ながら雨の気配なしで最適な山行日和。
 左大文字を見て、左折すると御室になります。
 山城高雄を越えて杉阪口まで、京都駅前から一時間のバス旅です。

Posted on 10月 14, 2018 at 08:29 午前 | | コメント (0)

2018.10.13

181013 栂ノ尾尾根末端の下見完了

181013 栂ノ尾尾根末端の下見完了181013 栂ノ尾尾根末端の下見完了181013 栂ノ尾尾根末端の下見完了 明日の例会では最後は峰山から栂ノ尾尾根を降りてきます。
 10月11日の二回目の下見では最後に関電の発電水導管施設の上に出て、急な階段を下るしかありませんでした。
 今日は最後の下山路を再度確認するため、JNKさんに同行していただいて、栂ノ尾バス停から発電施設の上までのルートを再確認しました。
 前回は最後に尾根から西(右)へ下りましたが、東(左)へ急な岩稜を下るルートがすぐに見つかって、これで峰山から栂ノ尾尾根を末端まで問題無く下れることが確認出来ました。
 明日の例会は29名もの参加なので、P602mに何時に到着出来るかによって、時間が足らないようなら、峰山往復を諦めて30分程度短縮したいと思います。
 P602mに14:30までに到着出来ないようなら、峰山往復は止めて峰山下から栂ノ尾尾根を下ることにします。

【地図】
歩行ルート図
181013t_toganooonemattan

Posted on 10月 13, 2018 at 01:34 午後 | | コメント (0)

2018.10.12

181012 山行報告:10/11 京都北山「高山寺から峰山、栂ノ尾尾根」関西ハイク山友会10/14 №1403の下見2

181011_kozanji_mineyama_toganooone_181011_kozanji_mineyama_toganooon_2181011_kozanji_mineyama_toganooon_3181011_kozanji_mineyama_toganooon_4

181011_kozanji_mineyama_toganooon_5181011_kozanji_mineyama_toganooon_6181011_kozanji_mineyama_toganooon_7181011_kozanji_mineyama_toganooon_8

 10月14日(日)に迫った第1403回例会 京都北山「杉阪口から峰山、西明寺」に備え、10月6日(土)に下見を行いました。
 しかし、台風21号の後遺症の倒木と藪こぎ、更に雨にも遭って、結果的には当初予定の西明寺へ下山して来たら予定より2時間30分遅れの19時になってしまいました。
 例会本番は現時点で30名もの参加申込があり、天気は問題ないとしても倒木と藪こぎは回避できませんから、峰山から西明寺への下山ルートを変更することにし、10月11日(木)にKNKさん、KURMさん、JNKさんも同行していただいて、峰山から栂ノ尾・高山寺へ下山するルートの下見を行いました。
 
 栂ノ尾バス停の背後から尾根に取り付く予定でしたが、明確な登山道はないため諦めて、高山寺奥の明恵上人御廟の背後から入ることにしましたが、高山寺は台風により樹齢1千年の巨大杉が参道を塞いでいて、台風の威力のすさまじさに仰天しました。
 開山堂の奥から尾根を巻くようにして登山道がありましたが、栂ノ尾バス停の背後の尾根(仮称:栂ノ尾尾根)へ取っ付くには間にある深い谷間を越えなければなりません。
 事前に作成した計画では、地形図上に道路と思われる実線が描かれ、階段ではないかと思われる構築物も描かれているので、谷を簡単に渡れると思い込んだのが間違いで、実際には道路の実線と見えたのは水路で、構築物は発電施設の水導管でした。
 谷を渡るのはとても無理だと判ったので、御廟の背後の山腹を谷沿いに巻く登山道を歩き始めました。
 この谷沿いに山腹を巻く道は、2002年6月に峰山からの下山時に歩いた登山道だと思いますが、取付のすぐ先で山腹を覆うように杉の根返りによる倒木が登山道を寸断していました。
 倒木を越えたり潜ったり巻いたりしながら奥へ進みましたが、1時間ほど歩いて巻き道は終わり、谷沿いの登山道に変わりました。
 この登山道は地形図にも描かれている点線道ですが、途中から谷全体を埋め尽くすような倒木になって、谷通しでの通行は困難になりました。
 谷通しでは無理なので右手の尾根に向かって、30度の急斜面を四つん這いになってよじ登り、ようやく本来目的の栂ノ尾尾根に乗ることが出来ました。
 高山寺奥、御廟背後の登山道始点から栂ノ尾尾根に乗るまで1時間50分かかりました。

 尾根に乗ってからは倒木は多いものの踏み跡ははっきりしているので、無事に峰山まで到達できました。
 峰山からの復路は谷から這い登った尾根出合まで下り、その先は谷へ下ると往路と同様に時間がかかりすぎるので、栂ノ尾尾根を直進して栂ノ尾バス停まで下ることにしました。
 栂ノ尾尾根は途中一箇所だけ急斜面がありましたが難なく下り、バス道が左手に見えだしてひと安心しましたが、尾根末端には関電の簡易発電所の制御施設があって、フェンスを巻くのにまた一苦労しましたが、何とか越えることが出来て予定(14:30)より1時間15分遅れの15時45分に無事に栂ノ尾バス停に帰着できました。

 10月14日(日)の峰山からの下降路としては今回下った栂ノ尾尾根を利用します。
 恐らく峰山から休憩を挟んでも1時間30分位で下山できると思います。
【地図】
歩行断面図
181011t_kozanji_mineyama_toganoodan
歩行ルート図
181011t_kozanji_mineyama_toganoo
GPSの歩行軌跡データ
「181011T_KozanJi_MineYama_ToganoO.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181011T_KozanJi_MineYama_ToganoO.gpx


181006_sugisakakuti_mineyama_saimyo 【写真集】
 Googleフォトの写真アルバム 60枚です。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

 【追記】
 昨日の二度目の下見で下山ルートは決まりましたが、最後の関電の間に発電施設周辺の下山路が不確定なので、明日10月13日(土)にJNKさんと二人で三度目の下見にいきます。
 下見といっても1時間程度で完了しますから、時間は決めず適当にバスで往復したいと思います。

Posted on 10月 12, 2018 at 04:58 午後 | | コメント (0)

2018.10.11

181011 高山寺から峰山往復の下見完了

181011_kozanji_mineyama_toganooon_9181011_kozanji_mineyama_toganooo_10181011_kozanji_mineyama_toganooo_11181011_kozanji_mineyama_toganooo_12

 朝から雨模様だったので、雨具の上下を着て歩きました。
 でも予想に反してほとんど雨が降らず、17℃の涼しい曇り空でした。
 栂ノ尾バス停からすぐ尾根に入る取っ付きが分からず、やむを得ず、高山寺の奥まで歩いて、尾根の裾を巻きながら谷沿いに高度を上げていきましたが、最後は倒木に埋まった谷から右手の尾根へ強引に逃げました。
 谷沿いの巻き道は杉の巨木が根返りで道をふさぎ、かなり手こずりました。

 尾根に乗ってからは、意外にスムーズに高度を上げて13時には峰山に到着しました。
 1時間20分の遅れでした。
 峰山からの復路は当初予定通り、尾根通しで栂ノ尾バス停まで降りました。
 約2時間かかりましたが、正味1時間30分位ですから、例会での下山路として、利用する目処がついて良かったです。
 同行していただいたKNKさん、KURMさん、JNKさん、ありがとうございました。
 お疲れ様でした。

Posted on 10月 11, 2018 at 05:01 午後 | | コメント (0)

181011 今日も京都は曇り空

181011 今日も京都は曇り空 昨夜から雨が降ったり止んだりで、朝5時の予報では、午前中が70%、午後は60%の降水確率になっています。
 今回も雨の下見になりそうです。

Posted on 10月 11, 2018 at 08:12 午前 | | コメント (0)

2018.10.10

181010 山行計画:10/14 京都北山「杉阪口から峰山、栂ノ尾」 関西ハイク山友会№1403例会

181006_sugisakakuti_mineyama_saimyo181006_sugisakakuti_mineyama_saim_2181006_sugisakakuti_mineyama_saim_3181006_sugisakakuti_mineyama_saim_4

181006_sugisakakuti_mineyama_saim_5181006_sugisakakuti_mineyama_saim_6181006_sugisakakuti_mineyama_saim_7181006_sugisakakuti_mineyama_saim_8

181006_sugisakakuti_mineyama_saim_9181006_sugisakakuti_mineyama_sai_10181006_sugisakakuti_mineyama_sai_11181006_sugisakakuti_mineyama_sai_12

 平成25年4月16日(火)№273例会として仲谷リーダーか歩かれたコース。
 最初のP401mまでの藪こぎの急登を過ぎると尾根道になりますが、途中倒木帯を抜けます。
 やがて林道に出合い、尾根の東を巻く途中で昼食をとります。
 午後からはこれから向かう峰山や沢山方面の展望を眺め、やがて林道を離れ、再び藪こぎと倒木を越えながらP602mまで上がると桟敷ヶ岳や半国高山など北山のやまなみが広がります。
 P602mから曲折する尾根を下り、峰山に登り返します。
 峰山からは当初計画を変更して栂ノ尾バス停へ直接下る栂ノ尾尾根(仮称)を栂ノ尾へ下山します。
【追記】
 10月6日(土)に当初計画ルートの下見を実施しましたが、コースは非常に荒れていて、P602m到着は14時35分になりました。(1時間05分遅れ)
 更に峰山から西明寺への下り尾根もシダの藪と倒木でかなり難渋しました。
 10月11日(木)に再度下見を実施した結果、峰山から高山寺へ通じる一般登山道は台風21号による猛烈な倒木帯で通行不能になっていましたので高山寺への下山も諦め、栂ノ尾尾根を末端まで下り切って、栂ノ尾バス停に下山します。
 それでも、栂ノ尾バス停到着は17時30分頃になると思いますので、念のためヘッドランプをご持参下さい。

【山行計画】
京都北山「杉阪口から峰山、栂ノ尾」関西ハイク山友会 №1403例会

  【北山の尾根と峠歩き58】

日 時:10月14日(日) 9:00~17:30

集合場所:京都駅烏丸口・JR2バス乗り場 7時40分
 ※京都駅前発 7時50分のJRバス周山行きに乗車します
【雨天の場合】
  前日、10月13日(土) 17:00発表の気象情報で、京都府南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前10月13日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:29名/10/12現在

コース:京都駅7:50(JRバス800円)8:51 杉阪口―P401m―峠の地蔵尊―林道―廃屋―展望台―P602m―左折点560m―峰山537.4m―植林広場―簡易発電施設―栂ノ尾バス停(17:30頃、解散)17:43(JRバス520円)18:40京都駅

レベル:中級向き (台風21号の影響による倒木が多い、P602mは藪こぎ)

地 図:2万5千=「周山」「京都西北部」、昭文社=「京都北山」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約6.9km 所要時間8時間30分(歩行時間:6時間20分、休憩・昼食:2時間10分)、累計登り+580m下り-690m
 京都駅烏丸口・JR2バス乗り場(集合7:40)7:50(JRバス800円)8:51 杉阪口
 杉阪口バス停230m(9:00頃)―60分―P401m(10:10頃)―20分―峠の地蔵尊320m―50分―林道410m(11:30頃)―20分―廃屋480m(12:00頃、昼食)―15分―展望台490m―15分―P602m分岐(13:20頃)―50分―P602m(14:30頃)―20分―左折点560m―40分―峰山537.4m(15:40頃)―20分―植林広場470m―30分―谷道分岐340m―30分―簡易発電施設180m(17:10頃)―10分―栂ノ尾バス停160m(17:30頃、解散)
 栂ノ尾17:43(JRバス520円)18:40京都駅

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、手袋、ヘッドランプ
 藪こぎがありますので、服装は長袖で手袋をご用意下さい。
 下山が遅れる場合に備えて念のためヘッドランプもご持参下さい。
 一応藪刈りはしていますが、所有者はノコギリや植木はさみもご持参下さい。

費 用:参加費200円/交通費は各自払いですが、集合時に往復のバス代として、1,100円集金します(参加費込みで1,300円)
 京都市の敬老パス利用の方、途中乗車の方は参加費200円のみお支払い下さい。

181006_sugisakakuti_mineyama_sai_13 【写真集】
 10月6日(土)に実施した下見の写真です。
 当日は昼過ぎまで、生憎の雨でした。
 台風21号による倒木と藪が連続して、相当苦戦しましたが、例会本番では峰山から高山寺へ一般登山道を下りますので、下見ほどの苦労はありません。
 ただし、倒木は潜ったり越えたりでどうしても時間がかかりますので、手袋や長袖など、念のためヘッドランプもご用意下さい。
 Googleフォトの写真アルバム 54枚です。
 写真アルバムに歩行断面図と歩行軌跡を追加します。(後日)
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
予定断面図
181014_sugisakakuti_mineyama_togano
予定ルート図
181014_sugisakakuti_mineyama_toga_2
予定ルート拡大図:前半
181014_1_sugisakakuti_mineyama_toga
予定ルート拡大図:後半
181014_2_sugisakakuti_mineyama_toga
GPSの予定ルート(トラック)データ/トラックとして読込
 ※ルートとして取り込むと、通過点まですべてマーカーとして登録されてしまいますから必ずトラックとして取り込んでください。
「181014_SugisakaKuti_MineYama_Toganoo.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181014_SugisakaKuti_MineYama_Toganoo.gpx

GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ/マーカーとして読込
「181014P_SugisakaKuti_MineYama_Toganoo.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181014P_SugisakaKuti_MineYama_Toganoo.gpx

上記二件のトラックデータとマーカーデータを取り込むには事前に「ジオグラフィカ」をスマホにインストールしておく必要があります。
Android版インストール https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica
 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica

iPhone版インストール https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8
 https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8

※ インストールには 「Playストア」や「APP Store」のアカウント(ユーザー登録)が必要です。
電話機能の無いiPadでもWi-Fi接続が出来れば「ジオグラフィカ」のインストールは可能です。

Posted on 10月 10, 2018 at 09:20 午後 | | コメント (0)

2018.10.09

181009 神戸ステーキランドとモンベル

181009 神戸ステーキランドとモンベル181009 神戸ステーキランドとモンベル 土日とハードな山行が続いたので、久し振りに三宮に出てステーキランドで昼食を取りました。
 店が改装されて長いカウンター席に変わりましたが、相変わらず繁盛しています。
 でも、以前より肉の味が落ちたような気がするのは、きよもりだけでしょうか?
 これだけ海外からの客が増えたら、名前と値段だけで商売になるから、材料の吟味が甘くなったような気がします。
 以前は入口脇のレジでいつも目を光らせていたお婆さんの姿が見えなくなったのも寂しいですね。

181010_montbell_1132101 午後から旧居留地のモンベルで下見の藪漕ぎでボロボロになったかぶりのヤッケと同タイプのゴアテックスの雨具を買いました。
 何故かフィールドレインアノラックという呼称で雨具売り場ではなく、畑仕事などの野外作業着の売り場にありました。
 登山用より生地も防水性能も高いのはワーキングウェアの分類に含まれているからでしょうか?
 フロントポケットはA4版の紙がそのまま入るほど大きいから、何でもポケットに入れるきよもりの使い方にはピッタリかも知れません。
 JNKさん、ありがとうございます。

Posted on 10月 9, 2018 at 11:17 午後 | | コメント (0)

181009 山行記録:10/7 六甲「東六甲縦走・宝殿橋から宝塚」関西ハイク山友会 10/7 №1396例会

181007_hodenbashi_takaraduka_013181007_hodenbashi_takaraduka_022

 六甲全山縦走の最後です。
 東六甲縦走は全山縦走でも距離の割に前半は展望も無く、岩混じりの急な下り道が続くので苦戦しますが、大谷乗越からの後半はアップダウンも少なくなり、右手に阪神間の市街地の展望も広がり縦走気分が味わえます。
 歩き出しは曇り空でしたが、次第に青空が広がり昼には暖かい日差しの下で展望を楽しみました。
 六甲全山縦走を通じて昔と違ってトレランのランナーがすごく増えています。
 今回もゆっくりペースで歩いていると後ろからどんどんトレランのグループに追い抜かれました。
 六甲の登山スタイルも大きく様変わりしているようです。

 きよもりは前日の10時間に及ぶ雨中の藪こぎと倒木越え、くぐりの連続の下見の後遺症。
 昼頃までは何とか歩けましたが、だんだん踵の痛みがひどくなって、塩尾寺に着いたら青息吐息でした。
 最後の力を振り絞って、急な近道を何とか下りきって、紅葉橋でついにダウン。
 宝塚までは一本道なので、紅葉橋で解散とさせていただきました。
 皆様にはご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。

 翌日、皮膚科へ行ったら「足底腱膜炎」と診断されました。
 3年前にも一度踵が痛くて「足底腱膜炎」と診断されましたが、その時は二ヶ月くらい毎週泊まりの下見や例会が続いて、筋肉が疲労しての結果でした。
 今回は10月6日(土)まで雨天中止が続いて、約40日も山へ行けなかったブランクがあり、突然藪こぎや倒木の続く下見で雨の中を10時間も歩き、更に翌日も10kmのロングコースを歩いたためだと思います。

【山行記録】
六甲「東六甲縦走・宝殿橋から宝塚」 関西ハイク山友会 №1396例会
 六甲全山縦走6/6

日 時:平成30年10月7日(日) 9:20~15:56

参加者: 15名

コース:阪急芦屋川8:38(阪急バス80系統530円)8:59宝殿橋―東六甲縦走路入口―水無山―船坂峠―大平山下―大谷乗越―赤子谷右俣分岐―岩倉山488.4m―塩尾寺―紅葉橋(15:56、解散)―阪急宝塚駅

レベル:一般向き (前半はガレた急な下り道が多いので足元注意)

地 図:2万5千=「宝塚」、昭文社=「六甲・摩耶」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行  程: 9.9km 所要時間6時間36分(歩行時間:4時間55分、休憩・昼食:1時間41分)、天候:晴、気温:23℃→24℃、累計登り+490m下り-1100m
 阪急芦屋川(集合8時20分)8:38(阪急バス80系統530円)8:59宝殿橋
 宝殿橋700m9:20―奥池分岐750m9:28―東六甲縦走路入口840m9:44~49―水無山790m10:14~20―船坂峠660m(23℃)11:03~10―展望台680m11:40(昼食)12:20―大平山下670m12:28―大谷乗越分岐620m12:41―大谷乗越500m13:05~10―赤子谷右俣分岐490m13:55~14:10―岩倉山488.4m14:30~39―塩尾寺370m(24℃)15:06~20―紅葉橋100m15:56(解散)―阪急宝塚駅40m

行  程: 約11.0km 所要時間6時間50分(歩行時間:5時間10分、休憩・昼食:1時間40分)、累計登り+560m下り-1230m
 阪急芦屋川(集合8時20分)8:38(阪急バス80系統530円)8:59宝殿橋
 宝殿橋700m(9:10頃)―30分―東六甲縦走路入口840m―30分―水無山790m―40分―船坂峠660m(11:00頃)―30分―展望台680m(11:40頃、昼食)―10分―大平山下670m―10分―大谷乗越分岐620m―20分―大谷乗越500m(13:10頃)―40分―赤子谷右俣分岐490m―30分―岩倉山488.4m―20分―塩尾寺370m(15:00頃)―30分―紅葉橋100m―20分―阪急宝塚駅40m(16:00頃、解散)
装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:参加費200円/交通費は各自払い(阪急バスはPiTaPa、ICOCA等が使えます)

181007_hodenbashi_takaraduka_009 【写真】
 Googleフォトの写真アルバム24枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
181007t_hodenbashi_takaradukadanmen
歩行ルート図
181007t_hodenbashi_takaraduka
歩行ルート拡大図:前半
181007t1_hodenbashi_takaraduka
歩行ルート拡大図:後半
181007t2_hodenbashi_takaraduka
GPSの歩行軌跡データ
「181007T_HodenBashi_Takaraduka.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 9, 2018 at 09:15 午後 | | コメント (0)

2018.10.08

181008 山行計画:10/11 京都北山「高山寺から峰山往復」10/14 №1403例会の下見2回目

020622_0721__1020622_0721__2020622_0721__3
 雨で一週間順延して10月6日(土)に10月14日(日) №1403で予定している京都北山「杉阪口から峰山、西明寺」の下見を実施しました。
 前日17時発表の京都南部の降水確率は30%、40%なので、安心して臨みましたが、高尾へ向かうバスの中から雨が降り出し、杉阪口で降りたらかなりの雨脚。
 天気予報を信じてそのうち止むと期待しましたが、時々止みはしましたが、昼食を終え、14時30分に本日の最高点であるP602mに到達してやっと雨が上がりました。

 杉阪口のバス停から予想通りの倒木と茨の藪こぎで大苦戦。
 P602mに着いたら1時間遅れの14時30分でした。
 更に倒木が続く尾根を下って、峰山537.6mは16時00分(予定は14時30分、1時間30分遅れ)で遅れが広がり、長い西明寺への下り尾根もシダの藪と倒木に悩まされ、17時35分(310m)にはヘッドランプも出して、やっと西明寺130mに着いたら19時00分(予定16時20分、2時間40分遅れ)でした。
 例会では同じ行程を歩くのは時間的に難しいので、峰山から高山寺へ距離の短い尾根を下るようにします。
 但し、峰山から高山寺の尾根道はきよもりが最後に歩いたのが2002年6月22日、2002年7月21日なので、10月11日(木)に再びKNKさんにお付き合いいただいて、高山寺のバス停から尾根道を峰山まで往復して、例会時の下山路を確認します。
 10月6日(土)の下見と同じく、京都駅前7時50分発のJRバス周山行きに乗ります。
 もしご都合がつけば、ご同行いただければ有り難いですが、平日なので無理でしょうか?

 栂尾高山寺のバス停から峰山まで登り1時間30分、下り1時間、程度だと思いますが、台風の影響で倒木があると往復3時間程度になるかも知れませんが、当初例会の西明寺への下山路より、1時間以上早く下山できると思います。

【下見山行計画2】
京都北山「高山寺から峰山往復」関西ハイク山友会10月14日 №1403例会の下見2

日 時:10月11日(木) 9:00~14:00

集合場所:京都駅烏丸口・JR2バス乗り場 7時40分
 ※京都駅前発 7時50分のJRバス周山行きに乗車します
【雨天の場合】 下見なので雨天決行です
 
参加予定者:4名/10/9現在
 KNKさん、KURMさん、JNKさん、きよもり 
 下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:京都駅7:50(JRバス520円)8:41栂ノ尾(9:00頃)―峰山登山口―谷道合流―峰山537.6m―峰山北―谷道分岐―峰山登山口―高山寺分岐―栂ノ尾バス停(14:30、解散14:39)(JRバス520円)15:36京都駅

レベル:中級向き (台風21号の影響がどの程度か?)

地 図:2万5千=「京都西北部」、昭文社=「京都北山」
 予定断面図予定ルート図

行  程: 約4.1km 所要時間5時間00分(歩行時間:3時間20分、休憩・昼食:1時間40分)、累計登り下り±460m
 京都駅7:50(JRバス520円)8:41栂ノ尾
 栂ノ尾バス停130m(9:00頃)―20分―峰山登山口180m―50分―谷道合流340m―40分―峰山537.6m―10分―峰山北490m―20分―谷道分岐340m―30分―峰山登山口180m―10分―高山寺山門140m―20分―栂ノ尾バス停130m(14:30頃、解散)
 栂ノ尾14:39(JRバス520円)15:36京都駅

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、傘、着替え、スパッツ、ストック、ノコギリ
 台風21号の後遺症で倒木が多いと思われますので、ノコギリなどお持ちの方はご持参下さい

費 用:各自払い/バス代はまとめて支払いますので、集合時に900円集金します(JRバス往復1,040円回数券利用)

【地図】
予定断面図
181011_kozanji_mineyamadanmen
予定ルート図
181011_kozanji_mineyama
GPSの予定ルート(トラック)データ/トラックとして読込
 ※ルートとして取り込むと、通過点まですべてマーカーとして登録されてしまいますから必ずトラックとして取り込んでください。
「181011_KozanJi_MineYama.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181011_KozanJi_MineYama.gpx

GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ/マーカーとして読込
「181011P_KozanJi_MineYama.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181011P_KozanJi_MineYama.gpx

上記二件のトラックデータとマーカーデータを取り込むには事前に「ジオグラフィカ」をスマホにインストールしておく必要があります。
Android版インストール https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica
 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica

iPhone版インストール https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8
 https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8

※ インストールには 「Playストア」や「APP Store」のアカウント(ユーザー登録)が必要です。
電話機能の無いiPadでもWi-Fi接続が出来れば「ジオグラフィカ」のインストールは可能です。

Posted on 10月 8, 2018 at 11:42 午後 | | コメント (0)

181008 山行記録:10/6 京都北山「杉阪口から峰山、西明寺」下見

 降水確率40%だったのに、14時頃まで雨が止まず、藪こぎと倒木と雨で最悪のコンディションでしたが、3時間遅れで予定通りの行程を完了しました。
 倒木を越えたり巻いたり潜ったり、結構時間が掛かりました。
 例会は来週なので、行程を短くする必要があります。
 峰山へピストンして高山寺へ下る行程を検討してみます。
【地図】
歩行断面図
181006t_sugisakakuti_mineyama_saimy
歩行ルート図
181006t_sugisakakuti_mineyama_sai_2
歩行ルート拡大図:前半
181006t1_sugisakakuti_mineyama_saim
歩行ルート拡大図:後半
181006t2_sugisakakuti_mineyama_saim
GPSの歩行軌跡データ
「181006T_SugisakaKuti_MineYama_SaimyoJi.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 8, 2018 at 08:44 午後 | | コメント (0)

2018.10.07

181007 六甲「東六甲縦走・宝殿橋から宝塚」例会は無事?完了

181007__1181007__2

 きよもりは昨日の10時間に及ぶ雨中の藪こぎと倒木越え、くぐりの連続の下見の後遺症。
 昼頃までは何とか歩けましたが、だんだん踵の痛みがひどくなって、塩尾寺に着いたら青息吐息でした。
 最後の力を振り絞って、急な近道を何とか下りきって、紅葉橋でついにダウン。
 宝塚までは一本道なので、紅葉橋で解散とさせていただきました。
 皆様にはご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。


Posted on 10月 7, 2018 at 11:20 午後 | | コメント (0)

2018.10.06

181006 杉阪口から峰山、西明寺の下見完了

Screenshot_20181006_200929Screenshot_20181006_200920 降水確率40%だったのに、14時頃まで雨が止まず、藪こぎと倒木と雨で最悪のコンディションでしたが、3時間遅れで予定通りの行程を完了しました。
 倒木を越えたり巻いたり潜ったり、結構時間が掛かりました。
 例会は来週なので、行程を短くする必要があります。
 峰山へピストンして高山寺へ下る行程を検討してみます。

【引用】 180903_0917_地図表示ソフト利用方法勉強会レジメ.doc
 (9月3日(月)、9月17日(月・祝)に開催した勉強会の資料より)
 「ジオグラフィカ」は初期設定では「記録間隔」が「自動」になっています。
 「自動」ではおおむね1分に一回、35mで一回とかなり間隔があります。
 GarminのGPS専用機ではおおむね20秒に一回、10mで一回ですから、当然スマホのGPSで残る軌跡はかなり荒くなってしまいます。
 電池の消耗を抑えるためジオグラフィカの作者の配慮で初期値では記録頻度を少なめにしているのかも知れませんが、登山でGPS専用機の代わりにスマホのGPSを使うのであれば、以下の設定変更をお奨めします。
 「メニュー」 →「設定」 →「トラック」で 記録タイプを「自動」 →「距離」に変更、「距離」を20m 程度に設定すると、GPS専用機に匹敵する詳細な軌跡が残せます。

 今回の下見では勉強会の記載通り、記録間隔を距離=20mに設定して、歩いて見た結果です。
 西明寺周辺では、計画トラックと実際のトラックが大きく乖離していますが、これは神護寺から山城高雄バス停への道が崖崩れで崩壊しているとの情報を得て、あえて坂の緩い迂回ルートを歩いたためです。
 尾根道では計画トラック(赤線)と実際のトラック(青線)とがほぼ一致しているのが判ります。
 この程度の軌跡が記録できれば充分実用に耐えると思います。

Posted on 10月 6, 2018 at 08:46 午後 | | コメント (0)

181006 久し振りの京都

181006 久し振りの京都181006 久し振りの京都  天気が好転して、今日は杉阪口から峰山、西明寺の下見。
 今朝、少し雨が降ったようで、駅前は濡れています。
 台風21号の後遺症で山城高雄から神護寺への参道は土砂崩れで通行止めになっているそうです。
 帰り道は槙ノ尾からバスになりそうです。

Posted on 10月 6, 2018 at 07:19 午前 | | コメント (0)

2018.10.05

181005 明日は予定通り→10/6 京都北山「杉阪口から峰山、西明寺」関西ハイク山友会10/14№1403下見

181006_30_40_23d_30d 皆さん、こんばんは!

 天気が回復傾向で明日の京都南部は午前が30%午後が40%になっています。
 朝早いですが、7:40京都駅北側のJRバス乗り場でお目にかかります。

森井 潔 【関西ハイク山友会】
E-mail : kgh03517@nifty.com
ブログ: http://morii3.cocolog-nifty.com/
_/_/_/_/_/_/_/_/ 18.10.05 17:22 _/_/_/_/_/_/_/_/

山行計画:10/6 京都北山「杉阪口から峰山、西明寺」関西ハイク山友会10/14№1403下見

 9月29日(土)に予定していた下見を雨天の為延期して、10月6日(土)に実施します。
 京都北山も台風21号の影響で倒木が多いとのことなので、お持ちの方はノコギリなどご持参下さい。
 
 今回のコースは平成25年4月16日(火)№273例会として仲谷リーダーか歩かれたコースです。
 最初のP401mまで170mの急登を過ぎると歩き易い尾根道になり、峠の地蔵を過ぎて少し登ると林道に出合います。
 尾根の東を巻く林道を歩き、途中の展望台で昼食としますが、藪尾根の急登で時間がかかるようなら、手前の廃屋辺りでの食事になります。
 午後から林道を離れ、P602mまで上がると半国高山など北山のやまなみが広がります。
 曲折する尾根を下り、峰山に登り返します。
 峰山からは急な支尾根の下りになりますが、仲谷例会での下り道は最後が谷道になったので倒木で埋まっている可能性がありますから、今回は一本西の尾根を下りたいと思います。
 西明寺では紅葉のはしりが見られるでしょうか?
【下見山行計画】
京都北山「杉阪口から峰山、西明寺」関西ハイク山友会10月14日 №1403例会の下見

日 時:10月6日(土) 9:00~16:50

集合場所:京都駅烏丸口・JR2バス乗り場 7時40分
 ※京都駅前発 7時50分のJRバス周山行きに乗車します
 【雨天の場合】 下見なので雨天決行です
 
参加予定者:4名/10/2現在
 HMDさん、KNKさん、HYSさん、きよもり
 下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:京都駅7:50(JRバス800円)8:51杉阪口(9:00頃)―P401m―峠の地蔵尊―林道―展望台―P602m分岐―P602m―左折点560m―峰山537.4m―尾根分岐460m―左折点370m―P260m―西明寺―山城高雄バス停(16:50頃、解散)

レベル:中級向き (台風21号の影響がどの程度か?最初の急登170mが勝負 )

地 図:2万5千=「周山」「京都西北部」、昭文社=「京都北山」
 GPSの予定ルート(トラック)データ/トラックとして読込
 ※ルートとして取り込むと、通過点まですべてマーカーとして登録されてしまいますから必ずトラックとして取り込んでください。
  http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/180929_Sugisaka_MineYama_SaimyoJi.gpx
 GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ/マーカーとして読込
  http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/180929_P_Sugisaka_MineYama_SaimyoJi.gpx

行  程: 約7.5km 所要時間7時間50分(歩行時間:5時間15分、休憩・昼食:2時間35分)、累計登り+670m下り-750m
 京都駅烏丸口・JR2バス乗り場7:50(JRバス800円)8:51杉阪口
 杉阪口230m(9:00頃)―50分―P401m(10:00頃)―10分―峠の地蔵尊320m―30分―林道410m(11:00頃)―20分―廃屋480m―15分―展望台490m(11:50頃、昼食)―15分―P602m分岐―30分―P602m(13:30頃)―10分―左折点560m―30分―峰山537.4m(14:30頃)―15分―尾根分岐460m―20分―左折点370m―20分―P260m―30分―西明寺130m(16:20頃)―20分―山城高雄バス停160m(16:50頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、傘、着替え、スパッツ、ストック、ノコギリ
 台風21号の後遺症で倒木が多いと思われますので、ノコギリなどお持ちの方はご持参下さい

費 用:各自払い/バス代はまとめて支払いますので、集合時に900円集金します(JRバス行き800円+帰り230円=1030円回数券利用)

【参考】 5年前の記録と写真
  山行記録:2013/4/16 京都北山「杉坂口から峰山、西明寺」/関西ハイク山友会 第273回例会・仲谷L
  http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2013/06/130503416-273l-.html
  2013/4/16の写真 「130416 杉坂から峰山_仲谷L№273」
  http://bit.ly/130416_Sugisaka_Mineyama

【地図】
予定断面図
180929_sugisaka_mineyama_saimyojida
予定ルート図
180929_sugisaka_mineyama_saimyoji
予定ルート拡大図:前半
180929_1_sugisaka_mineyama_saimyoji
予定ルート拡大図:後半
180929_2_sugisaka_mineyama_saimyoji

Posted on 10月 5, 2018 at 10:40 午後 | | コメント (0)

2018.10.04

181004 フジコ・ヘミング演奏会チケット購入

181004_fujiko_hemingu_1104tiket 9月9日(日)に映画「フジコ・ヘミングの時間」を見て、二人とも感激しました。
 その後、演奏会のDVDを購入したり、CDも購入しましたが、11月に明石で演奏会があると知って、大騒ぎ。
 チケットぴあで予約を取ろうとしましたが、カード認証の段階で何度やってもその先が進まず、半ば諦めていました。
 でも、ネットで予約しても最後の発券はローソンやセブンイレブンの店頭で手続きをしないといけませんから、それなら予約段階からファミマの店頭へ行って申込みして、発券まですればよいのでは無いか、と思いついて、21時過ぎに近くのファミマへ行きました。
 結果は大成功、無事にチケットを二枚入手できて、バンザイです。
 先ほど、チケットぴあの残数を見たら、2枚しか残っておらず、この記事を書いている途中では完売となりました。
 まさにぎりぎりセーフです。
 相変わらず悪運は付いているようです、よかったね JNKさん!

180909 映画「フジコ・ヘミングの時間」

Posted on 10月 4, 2018 at 11:08 午後 | | コメント (0)

2018.10.03

181003 例会参加者実績を集計

2018ranku 関西ハイク山友会は設立以来7年経過し、会員数も400名を超えて安定期に入っています。
 昨年来懸案になっていた、過去の記録をまとめる作業ですが、先週西村さんが過去7年間の山行計画と山行報告をまとめ、EXCEL表を作っていただきました。
 きよもりはその一覧表に便乗して、各例会毎の参加者名簿を作成し、個人別、例会別、期間別に把握できるようにDB化する作業にかかりました。
 HPや会報の資料が基になりますが、注意しているつもりでも、どうしても誤字があって、名前が一意にならないと参加者数の合計が一致しません。
 取りあえず2018年の125回の例会の参加者名を登録しました。
 10ヶ月で125回の例会開催ですが、中止になった例会が48回もあるので、今年は天候が安定していなくて残念です。
 125回の例会に延べ参加者は3,853名でした。
 例会一回平均の参加者数は30.8名!
 会員数の増加と同時に参加者も増加していることが判ります。

 125回の例会のうち参加回数が67回の方を筆頭に、6名の方が40回以上参加していただいています。
 毎週一回はコンスタントに例会に参加していただいている計算になりますから、有り難うございます。


Posted on 10月 3, 2018 at 11:59 午前 | | コメント (0)

2018.10.02

181002 山行計画:10/7 六甲「東六甲縦走・宝殿橋から宝塚」 関西ハイク山友会№1396例会

180825_hodenbashi_takaraduka_001180825_hodenbashi_takaraduka_005180825_hodenbashi_takaraduka_007_2

180825_hodenbashi_takaraduka_010180825_hodenbashi_takaraduka_015180825_hodenbashi_takaraduka_021

180825_hodenbashi_takaraduka_027180825_hodenbashi_takaraduka_029180825_hodenbashi_takaraduka_031

 六甲全山縦走の最終回は東六甲の尾根歩きです。
 生駒山脈まで遮るものがない阪神方面の大展望に期待したいと思います。
 前回の例会では石の宝殿から宝殿橋へ下りましたが、今回は宝殿橋から行程が始まりますので、最初は車道を140m登って、東六甲縦走路に入ります。
 行程の途中には人家は無く、樹林帯が続くので静かな尾根歩きが楽しめます。
 縦走路入口から船坂峠までは目立った山が無いアップダウンが多い行程ですが、ガレた急な下りが続きますので足元に注意して歩きます。
 大平山の手前には、以前は無かった切り開きがあり、足下の甲山から阪神の広大な市街地まで見渡せる展望台でゆっくり昼食をとります。
 大平山下でいったん車道に出ますが、途中から右折して大谷乗越まで急尾根を下ります。
 後半はなだらかな雑木林の尾根歩きになり、秋の日差しを浴びながらのんびり塩尾寺に向かいます。

【山行計画】
六甲「東六甲縦走・宝殿橋から宝塚」 関西ハイク山友会 №1396例会
 六甲全山縦走6/6

日 時:平成30年10月7日(日) 9:10~16:00

集合場所:阪急・芦屋川駅 北側の阪急バス 乗り場 8時20分
 芦屋川 8時38分発 山口営業所行き(80系統)に乗車します。

【雨天の場合】
 前日、10月6日(土) 17:00発表の気象情報で、兵庫県南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:兵庫県南部 078-177(前10月6日(土) 17時発表の予報)

参加予定者: 15名/10/3現在

コース:阪急芦屋川8:38(阪急バス80系統530円)8:59宝殿橋(9:10頃)―東六甲縦走路入口―水無山―船坂峠―大平山下―大谷乗越―赤子谷右俣分岐―岩倉山488.4m―塩尾寺―紅葉橋―阪急宝塚駅(16:00頃、解散)

レベル:一般向き (前半はガレた急な下り道が多いので足元注意)

地 図:2万5千=「宝塚」、昭文社=「六甲・摩耶」、
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約11.0km 所要時間6時間50分(歩行時間:5時間10分、休憩・昼食:1時間40分)、累計登り+560m下り-1230m
 阪急芦屋川(集合8時20分)8:38(阪急バス80系統530円)8:59宝殿橋
 宝殿橋700m(9:10頃)―30分―東六甲縦走路入口840m―30分―水無山790m―40分―船坂峠660m(11:00頃)―30分―展望台680m(11:40頃、昼食)―10分―大平山下670m―10分―大谷乗越分岐620m―20分―大谷乗越500m(13:10頃)―40分―赤子谷右俣分岐490m―30分―岩倉山488.4m―20分―塩尾寺370m(15:00頃)―30分―紅葉橋100m―20分―阪急宝塚駅40m(16:00頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:参加費200円/交通費は各自払い(阪急バスはPiTaPa、ICOCA等が使えます)

180825_hodenbashi_takaraduka_007 【写真集】 8月25日(土)の下見時の写真です。午前中は濃いガスでほとんど展望がありませんでしたが、昼頃から雲が切れ最後は大展望が楽しめました。
 Googleフォトの写真アルバム 36枚です。
 写真アルバムに歩行断面図と歩行軌跡を追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
予定断面図
181007_hodenbashi_takaradukadanmen
予定ルート図
181007_hodenbashi_takaraduka
予定ルート拡大図:前半
181007_1_hodenbashi_takaraduka
予定ルート拡大図:後半
181007_2_hodenbashi_takaraduka
GPSの予定ルート(トラック)データ/トラックとして読込
 ※ルートとして取り込むと、通過点まですべてマーカーとして登録されてしまいますから必ずトラックとして取り込んでください。
 「181007_HodenBashi_Takaraduka.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ/マーカーとして読込
 「181007P_HodenBashi_Takaraduka.gpx」をダウンロード

上記二件のトラックデータとマーカーデータを取り込むには事前に「ジオグラフィカ」をスマホにインストールしておく必要があります。
Android版インストール https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica
 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica

iPhone版インストール https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8
 https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8

※ インストールには 「Playストア」や「APP Store」のアカウント(ユーザー登録)が必要です。
電話機能の無いiPadでもWi-Fi接続が出来れば「ジオグラフィカ」のインストールは可能です。

Posted on 10月 2, 2018 at 06:18 午前 | | コメント (0)

2018.10.01

181001 山行計画:10/6 京都北山「杉阪口から峰山、西明寺」 10/14 関西ハイク山友会№1403の下見

130416sugisakakuti_mineyama_saim_14130416sugisakakuti_mineyama_saimy_2130416sugisakakuti_mineyama_saimy_3130416sugisakakuti_mineyama_saimy_4

130416sugisakakuti_mineyama_saimy_5130416sugisakakuti_mineyama_saimy_6130416sugisakakuti_mineyama_saimy_7130416sugisakakuti_mineyama_saimy_8

130416sugisakakuti_mineyama_saimy_9130416sugisakakuti_mineyama_saim_10130416sugisakakuti_mineyama_saim_11130416sugisakakuti_mineyama_saim_12

 9月29日(土)に予定していた下見を雨天の為延期して、10月6日(土)に実施します。
 京都北山も台風21号の影響で倒木が多いとのことなので、お持ちの方はノコギリなどご持参下さい。
 
 今回のコースは平成25年4月16日(火)№273例会として仲谷リーダーか歩かれたコースです。
 最初のP401mまで170mの急登を過ぎると歩き易い尾根道になり、峠の地蔵を過ぎて少し登ると林道に出合います。
 尾根の東を巻く林道を歩き、途中の展望台で昼食としますが、藪尾根の急登で時間がかかるようなら、手前の廃屋辺りでの食事になります。
 午後から林道を離れ、P602mまで上がると半国高山など北山のやまなみが広がります。
 曲折する尾根を下り、峰山に登り返します。
 峰山からは急な支尾根の下りになりますが、仲谷例会での下り道は最後が谷道になったので倒木で埋まっている可能性がありますから、今回は一本西の尾根を下りたいと思います。
 西明寺では紅葉のはしりが見られるでしょうか?
【下見山行計画】
京都北山「杉阪口から峰山、西明寺」関西ハイク山友会10月14日 №1403例会の下見

日 時:10月6日(土) 9:00~16:50

集合場所:京都駅烏丸口・JR2バス乗り場 7時40分
 ※京都駅前発 7時50分のJRバス周山行きに乗車します
【雨天の場合】 下見なので雨天決行です
 
参加予定者:4名/10/1現在
 HMDさん、KNKさん、HYSさん、きよもり 
 下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:京都駅7:50(JRバス800円)8:51杉阪口(9:00頃)―P401m―峠の地蔵尊―林道―展望台―P602m分岐―P602m―左折点560m―峰山537.4m―尾根分岐460m―左折点370m―P260m―西明寺―山城高雄バス停(16:50頃、解散)

レベル:中級向き (台風21号の影響がどの程度か?最初の急登170mが勝負 )

地 図:2万5千=「周山」「京都西北部」、昭文社=「京都北山」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約7.5km 所要時間7時間50分(歩行時間:5時間15分、休憩・昼食:2時間35分)、累計登り+670m下り-750m
 京都駅烏丸口・JR2バス乗り場(集合7:40)7:50(JRバス800円)8:51杉阪口
 杉阪口230m(9:00頃)―50分―P401m(10:00頃)―10分―峠の地蔵尊320m―30分―林道410m(11:00頃)―20分―廃屋480m―15分―展望台490m(11:50頃、昼食)―15分―P602m分岐―30分―P602m(13:30頃)―10分―左折点560m―30分―峰山537.4m(14:30頃)―15分―尾根分岐460m―20分―左折点370m―20分―P260m―30分―西明寺130m(16:20頃)―20分―山城高雄バス停160m(16:50頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、傘、着替え、スパッツ、ストック、ノコギリ
 台風21号の後遺症で倒木が多いと思われますので、ノコギリなどお持ちの方はご持参下さい

費 用:各自払い/バス代はまとめて支払いますので、集合時に900円集金します(JRバス行き800円+帰り230円=1030円回数券利用)

【参考】 
山行記録:2013/4/16 京都北山「杉坂口から峰山、西明寺」/関西ハイク山友会 第273回例会・仲谷L
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2013/06/130503416-273l-.html
 2013/4/16の写真 「130416 杉坂から峰山_仲谷L№273」
http://bit.ly/130416_Sugisaka_Mineyama

【地図】
予定断面図
180929_sugisaka_mineyama_saimyojida
予定ルート図
180929_sugisaka_mineyama_saimyoji
予定ルート拡大図:前半
180929_1_sugisaka_mineyama_saimyoji
予定ルート拡大図:後半
180929_2_sugisaka_mineyama_saimyoji
GPSの予定ルート(トラック)データ/トラックとして読込
 ※ルートとして取り込むと、通過点まですべてマーカーとして登録されてしまいますから必ずトラックとして取り込んでください。
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/180929_Sugisaka_MineYama_SaimyoJi.gpx
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ/マーカーとして読込
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/180929_P_Sugisaka_MineYama_SaimyoJi.gpx

上記二件のトラックデータとマーカーデータを取り込むには事前に「ジオグラフィカ」をスマホにインストールしておく必要があります。
Android版インストール https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica
 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica

iPhone版インストール https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8
 https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8

※ インストールには 「Playストア」や「APP Store」のアカウント(ユーザー登録)が必要です。
電話機能の無いiPadでもWi-Fi接続が出来れば「ジオグラフィカ」のインストールは可能です。

Posted on 10月 1, 2018 at 11:51 午後 | | コメント (0)