« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018.09.30

180930 山行計画:12/15 熊野古道「紀伊路② 布施屋から伊太祁曽神社、海南」下見

 熊野古道・紀伊路を6回に分けて順番に辿るつもりでしたが、青春18切符を最大限利用するため、1回目と2回目の開催順序を入れ替えます。
081228_kumanokodo_p2_007081228_kumanokodo_p2_010081228_kumanokodo_p2_019

081228_kumanokodo_p2_021081228_kumanokodo_p2_022081228_kumanokodo_p2_030

081228_kumanokodo_p2_031081228_kumanokodo_p2_038081228_kumanokodo_p2_044

 布施屋(ほしや)駅から線路に並行する道を途中、川端王子の前を過ぎて西に進み、農道の突き当たりで左折してしばらくあぜ道を進むと井ノ口の集落に到着します。
 ここは古い家並みとマッチした掘割(宮井川)が集落の中央を抜けていて大きな鯉が清流に泳いでいます。
 しばらく行くと江戸時代の大庄屋・中筋家の住宅があり、境内に和歌山市指定天然記念物の柏槇(ビャクシン)がある歓喜寺でひと休み。
 三十三間堂の通し矢で一昼夜に13,053本もの矢を射た和佐大八郎の墓がある和佐王子から70mの長い急坂を登り切ると矢田峠で、徳本(とくほん)上人の名号碑があり、明るいミカン畑の南斜面を塩ノ谷へ下ります。
 昔ながらの街道筋にある平緒王子を過ぎ、タマ電車で有名になった貴志川線の踏切を渡って緑の森に囲まれ木の神様を祀る伊太祁曽(いたきそ)神社に到着します。
 六地蔵まで戻り、長い車道をさらに南下して途中 奈久智王子を経て、阪和自動車道のガードを潜ると武内神社があります。
 古い街道筋を抜けて松坂王子で県道に合流、車に注意しながら緩い登り坂を上がるとクモ池でここにも徳本上人の碑があります。
 汐見峠を越えると海南の町が見えますが、さらに春日大社の松代王子に回り道をしてからようやく海南駅に向かいます。
【下見山行計画】
布施屋から伊太祁曽神社、海南」 関西ハイク山友会 平成31年1月5日(土)例会の下見

 熊野古道・紀伊路2/6

日 時:12月15日(土) 9:30~16:30 

集合場所:JR和歌山線・布施屋駅 改札口 9時20分
 ※JR京都6:44(快速)7:19大阪7:29(紀伊路快速)8:58和歌山9:04(和歌山線)9:14布施屋
【雨天の場合】 下見なので雨天決行です
 
参加予定者:2名 JNKさん、きよもり/9/29現在
  下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:布施屋駅(集合9時20分)―川端王子―旧中筋家住宅―和佐王子―矢田峠―平緒王子―伊太祁曽(いたきそ)神社―奈久智王子―竹内神社―四つ石地蔵―松坂王子―汐見峠―松代王子―菩提房王子―熊野一の鳥居跡―JR海南駅(16時30分頃、解散)

レベル:一般向き (アップダウンの少ないロングコース)

地 図:2万5千=「丸栖」「和歌山」「海南」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約18.5km 所要時間7時間00分(歩行時間:5時間10分、休憩・昼食:1時間50分)、累計登り+320m下り-320m
 布施屋駅10m(集合9:20)―10分―川端王子―40分―旧中筋家住宅―10分―和佐王子20m(10:30頃)―20分―矢田峠90m―50分―平緒王子―20分―伊太祁曽(いだきそ)神社(12:30頃、昼食)―20分―奈久智王子―15分―竹内神社(13:50頃)―30分―四つ石地蔵―20分―松坂王子20m―20分―汐見峠25m(15:20頃)―15分―松代王子―10分―菩提房王子―10分―熊野一の鳥居跡―20分―JR海南駅5m(16:30頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:各自払い/京都~布施屋2,270円+海南~京都2,270円=4,540円
 青春18切符利用可能(1枚@2,370円)

【参考】
081229 山行記録:12/28 熊野古道P2:布施屋~海南
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2008/12/081229-1228-p2-.html
110108 山行記録:1/8 紀北・布施屋駅から海南駅/新ハイキング関西
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2011/01/11010718-f99d-1.html
110107 山行計画:1/8 紀北・布施屋駅から海南駅/新ハイキング関西(P1~P6リンク含む)
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2011/01/11010718-f99d.html

【地図】 12月15日(土) 「布施屋から伊太祁曽神社、海南」
予定断面図
181215_hoshiya_itagisojinjya_kainan
予定ルート図
181215_hoshiya_itagisojinjya_kain_2
予定ルート拡大図:前半
181215_1_hoshiya_itagisojinjya_kain
予定ルート拡大図:後半
181215_2_hoshiya_itagisojinjya_kain
GPSの予定ルート(トラック)データ/トラックとして読込
 ※ルートとして取り込むと、通過点まですべてマーカーとして登録されてしまいますから必ずトラックとして取り込んでください。
 「181215_Hoshiya_ItagisoJinjya_Kainan.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ/マーカーとして読込
「181215P_Hoshiya_ItagisoJinjya_Kainan.gpx」をダウンロード

上記二件のトラックデータとマーカーデータを取り込むには事前に「ジオグラフィカ」をスマホにインストールしておく必要があります。
Android版インストール https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica
 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica

iPhone版インストール https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8
 https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8

※ インストールには 「Playストア」や「APP Store」のアカウント(ユーザー登録)が必要です。
電話機能の無いiPadでもWi-Fi接続が出来れば「ジオグラフィカ」のインストールは可能です。

Posted on 9月 30, 2018 at 04:30 午後 | | コメント (0)

2018.09.29

180929 山行計画:12/29 熊野古道「紀伊路① 山中渓から雄ノ山峠、布施屋」下見

六甲全山縦走が終わったら、来年は初心の山シリーズとして、7年前の新ハイキング時代に狩野さん、仲谷さんリーダーで日帰りで歩いた熊野古道をもう一度歩きたいと思います。
日帰りシリーズは山中渓から御坊まで紀伊路を6回分けて歩きます。
御坊から先、紀伊田辺までは海岸線の車道歩き主体になるので、日帰りは御坊辺りで打ち切らざるを得ません。
① 山中渓―雄ノ峠―布施屋 
② 布施屋―伊太祁曽神社―海南 
③ 海南―藤白坂―紀伊宮原 
④ 紀伊宮原―糸我峠―湯浅 
⑤ 湯浅―鹿ヶ背峠―紀伊内原 
⑥ 紀伊内原―道成寺―西御坊

その先は海岸線や街中歩きは敬遠して、再来年に掛けて、
① 中辺路(滝尻―近露―熊野本宮)
② 小辺路(高野山―野迫川―果無越―熊野本宮)
③ 大雲取・小雲取(速玉大社=那智大社―大雲取越―小雲取越―熊野本宮)
を三度に分けて二泊三日でバスで行ければ好いなと思いますが、貸切バスだと高くなるので、片送り・片迎えでの貸切バス運行が可能か検討し、宿泊は民宿利用にして費用を抑えたいと思います。

081227_kumanokodo_p1_011081227_kumanokodo_p1_017081227_kumanokodo_p1_024

081227_kumanokodo_p1_025081227_kumanokodo_p1_029081227_kumanokodo_p1_031

081227_kumanokodo_p1_038081227_kumanokodo_p1_040081227_kumanokodo_p1_042

 熊野三山詣では、平安から鎌倉時代には上皇をはじめとする王侯貴族を中心に広がりましたが、次第に武家や庶民にまで「蟻の熊野詣で」と言われるくらい盛んになりました。
 京の都から淀川を下り、大阪・天満橋の八軒屋から熊野街道を南下し、道中に点在する九十九王子を繋ぎながら熊野三山を目指しました。
 今も名前が残る阿倍王子神社などを過ぎて二十番目が今回の起点である山中渓の馬目王子です。
 県境である境橋を渡るといよいよ紀州に入り、雄ノ山(おのやま)峠を越えると紀ノ川が前面に広がりますが、国道沿いなので車に注意して下ります。
 小野小町の墓と伝えられる小町堂を過ぎ,山口神社下で国道7号を右折して西に進みます。
 国道沿いに1.5km歩いて、地蔵堂の前で左折して神波(こうなみ)集落に入ると古い家並みが残り、川辺王子・西蓮寺からは紀ノ川沿いの田園風景の展望が広がります。
 ミルクの郷を抜けて和泉山脈のやまなみを眺めながら力侍(りきし)神社に立ち寄って、川辺の古い家並みを抜けるとようやく紀ノ川の土手に突き当たります。
 正面に高積山237mの優美な姿を見ながら紀ノ川にかかる756mの長い川辺橋を渡り、間近になった布施屋(ほしや)駅を横目に、吐前(はんざき)王子に寄り道してから駅に向かいます。
【下見山行計画】
山中渓、雄ノ山峠から布施屋」 関西ハイク山友会 平成31年1月19日(土)例会の下見

 熊野古道・紀伊路1/6

日 時:12月29日(土) 9:40~16:40 

集合場所:JR阪和線・山中渓駅 改札口 9時30分
 ※JR京都7:29(新快速)7:57大阪8:09(紀州路快速)9:21山中渓駅
【雨天の場合】 下見なので雨天決行です
 
参加予定者:2名 JNKさん、きよもり/9/29現在
  下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:山中渓駅(集合9時30分)―馬目王子―境橋・仇討ちの碑―中山王子―雄ノ山峠―山口王子―山口神社鳥居―山口神社―山口神社鳥居―川辺王子・西蓮寺―中村王子―力侍神社―川辺橋北詰―川辺橋南詰―吐前王子―布施屋駅10m(16時40分頃、解散)

レベル:一般向き (アップダウンは少ないが18.2kmのロングコース)

地 図:2万5千=「岩出」「丸栖」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約18.2km 所要時間7時間00分(歩行時間5時間00分、休憩・昼食2時間00分)、累計登り+330m下り-390m
 山中渓駅70m(集合9:30)―10分―馬目王子―5分―紀州街道入口―25分―境橋・仇討ちの碑―10分―中山王子150m(10:30頃)―40分―雄ノ山峠・不動明王190m―30分―山口王子・小野堂50m―20分―山口神社鳥居・ローソン25m―10分―山口神社(12:30頃、昼食)―10分―山口神社鳥居―20分―県道左折点―10分―川辺王子・西蓮寺20m―10分―筒井川・ミルクの郷―10分―中村王子―10分―力侍(りきし)神社(14:50頃)―30分―川辺橋北詰―10分―川辺橋南詰―10分―布施屋(ほしや)の渡し跡―15分―吐前(はんざき)王子―25分―布施屋駅10m(16:40頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:各自払い/京都~山中渓1,580円+布施屋~京都2,270円=3,850円
 青春18切符利用可能(1枚@2,370円)/平成31年1月19日(土)例会は関西1デイパスが利用可能3,600円

【参考】
081228 山行記録:12/27 熊野古道P1:山中渓~布施屋
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2008/12/081228-1227-p1-.html
「ミルクの郷」に関しては、以下のJNKさんのブログをご覧下さい。
2011/03/26 白い猫ちゃんと再会
http://junko32.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/20110326-161e.html

【地図】 12月29日(土) 「山中渓、雄ノ山峠から布施屋」
予定断面図
181229_yamanakadani_onoyamatoge_hos
予定ルート図
181229_yamanakadani_onoyamatoge_h_2
予定ルート拡大図:前半
181229_1_yamanakadani_onoyamatoge_h
予定ルート拡大図:後半
181229_2_yamanakadani_onoyamatoge_h
GPSの予定ルート(トラック)データ/トラックとして読込
 ※ルートとして取り込むと、通過点まですべてマーカーとして登録されてしまいますから必ずトラックとして取り込んでください。
 「181229_YamanakaDani_OnoyamaToge_Hoshiya.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ/マーカーとして読込
 「181229P_YamanakaDani_OnoyamaToge_Hoshiya.gpx」をダウンロード

上記二件のトラックデータとマーカーデータを取り込むには事前に「ジオグラフィカ」をスマホにインストールしておく必要があります。
Android版インストール https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica
 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica

iPhone版インストール https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8
 https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8

※ インストールには 「Playストア」や「APP Store」のアカウント(ユーザー登録)が必要です。
電話機能の無いiPadでもWi-Fi接続が出来れば「ジオグラフィカ」のインストールは可能です。

Posted on 9月 29, 2018 at 04:41 午後 | | コメント (0)

2018.09.28

180928 明日の下見は10月6日(土)に延期

180929_kosuikakuritu_80_80 予想通り、明日、明後日は雨になりそうです。
 17時発表の京都市南部の明日9月29日(土)の降水確率は午前午後共に80%です。
 下見なので雨天決行としていましたが、台風過でかなりの倒木が予想され、雨中の歩行は相当な困難が予想されますので、雨天中止としました。
 例会本番が10月14日(日)なので、日程が詰まっていますが、10月6日(土)に下見を延期します。
 10月に入れば、雨にたたられた9月から解放されて好天になることを期待しましょう。
 ちなみに9月の例会は予定していた20回のうち、明後日を含めて難と3回も中止になってしまいました。
 きよもりの例会も予定していた2回とも雨や台風過による高野線不通のため中止になってしまいました。
 8月25日(土)を最後にひと月以上山歩きからご無沙汰で、身体が鈍ってしまい心配です。


Posted on 9月 28, 2018 at 11:36 午後 | | コメント (0)

2018.09.27

180927 山行計画:9/29 京都北山「杉阪口から峰山、西明寺」 10/14 関西ハイク山友会№1403の下見

130416sugisakakuti_mineyama_saim_14130416sugisakakuti_mineyama_saimy_2130416sugisakakuti_mineyama_saimy_3130416sugisakakuti_mineyama_saimy_4

130416sugisakakuti_mineyama_saimy_5130416sugisakakuti_mineyama_saimy_6130416sugisakakuti_mineyama_saimy_7130416sugisakakuti_mineyama_saimy_8

130416sugisakakuti_mineyama_saimy_9130416sugisakakuti_mineyama_saim_10130416sugisakakuti_mineyama_saim_11130416sugisakakuti_mineyama_saim_12

 9月に入って、不順な天候が続き、今週末9月29日(土)も降水確率は70%となっていて天気が悪そうです。
 例会まで日がありませんので、多少の雨でも何とか下見をしておきたいと思いますが、最悪の場合は翌週10月6日(土)に延期することも視野に入れておきます。
 京都北山も台風21号の影響で倒木が多いとのことなので、お持ちの方はノコギリなどご持参下さい。
 
 今回のコースは平成25年4月16日(火)№273例会として仲谷リーダーか歩かれたコースです。
 最初のP401mまで170mの急登を過ぎると歩き易い尾根道になり、峠の地蔵を過ぎて少し登ると林道に出合います。
 尾根の東を巻く林道を歩き、途中の展望台で昼食としますが、藪尾根の急登で時間がかかるようなら、手前の廃屋辺りでの食事になります。
 午後から林道を離れ、P602mまで上がると半国高山など北山のやまなみが広がります。
 曲折する尾根を下り、峰山に登り返します。
 峰山からは急な支尾根の下りになりますが、仲谷例会での下り道は最後が谷道になったので倒木で埋まっている可能性がありますから、今回は一本西の尾根を下りたいと思います。
 西明寺では紅葉のはしりが見られるでしょうか?
【下見山行計画】
京都北山「杉阪口から峰山、西明寺」関西ハイク山友会10月14日 №1403例会の下見

日 時:9月29日(土) 9:00~16:50

集合場所:京都駅烏丸口・JR2バス乗り場 7時40分
 ※京都駅前発 7時50分のJRバス周山行きに乗車します
【雨天の場合】 下見なので雨天決行です
 
参加予定者:6名/9/25現在
 HIMさん、KURMさん、KURJさん、KWIさん、HYSさん、きよもり 
 下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:京都駅7:50(JRバス800円)8:51杉阪口(9:00頃)―P401m―峠の地蔵尊―林道―展望台―P602m分岐―P602m―左折点560m―峰山537.4m―尾根分岐460m―左折点370m―P260m―西明寺―山城高雄バス停(16:50頃、解散)

レベル:中級向き (台風21号の影響がどの程度か?最初の急登170mが勝負 )

地 図:2万5千=「周山」「京都西北部」、昭文社=「京都北山」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約7.5km 所要時間7時間50分(歩行時間:5時間15分、休憩・昼食:2時間35分)、累計登り+670m下り-750m
 京都駅烏丸口・JR2バス乗り場(集合7:40)7:50(JRバス800円)8:51杉阪口
 杉阪口230m(9:00頃)―50分―P401m(10:00頃)―10分―峠の地蔵尊320m―30分―林道410m(11:00頃)―20分―廃屋480m―15分―展望台490m(11:50頃、昼食)―15分―P602m分岐―30分―P602m(13:30頃)―10分―左折点560m―30分―峰山537.4m(14:30頃)―15分―尾根分岐460m―20分―左折点370m―20分―P260m―30分―西明寺130m(16:20頃)―20分―山城高雄バス停160m(16:50頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、傘、着替え、スパッツ、ストック、ノコギリ
 台風21号の後遺症で倒木が多いと思われますので、ノコギリなどお持ちの方はご持参下さい

費 用:各自払い/バス代はまとめて支払いますので、集合時に900円集金します(JRバス行き800円+帰り230円=1030円回数券利用)

【参考】 
山行記録:2013/4/16 京都北山「杉坂口から峰山、西明寺」/関西ハイク山友会 第273回例会・仲谷L
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2013/06/130503416-273l-.html
 2013/4/16の写真 「130416 杉坂から峰山_仲谷L№273」
http://bit.ly/130416_Sugisaka_Mineyama

【地図】
予定断面図
180929_sugisaka_mineyama_saimyojida
予定ルート図
180929_sugisaka_mineyama_saimyoji
予定ルート拡大図:前半
180929_1_sugisaka_mineyama_saimyoji
予定ルート拡大図:後半
180929_2_sugisaka_mineyama_saimyoji
GPSの予定ルート(トラック)データ/トラックとして読込
 ※ルートとして取り込むと、通過点まですべてマーカーとして登録されてしまいますから必ずトラックとして取り込んでください。
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/180929_Sugisaka_MineYama_SaimyoJi.gpx
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ/マーカーとして読込
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/180929_P_Sugisaka_MineYama_SaimyoJi.gpx

上記二件のトラックデータとマーカーデータを取り込むには事前に「ジオグラフィカ」をスマホにインストールしておく必要があります。
Android版インストール https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica
 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica

iPhone版インストール https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8
 https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8

※ インストールには 「Playストア」や「APP Store」のアカウント(ユーザー登録)が必要です。
電話機能の無いiPadでもWi-Fi接続が出来れば「ジオグラフィカ」のインストールは可能です。

Posted on 9月 27, 2018 at 06:17 午前 | | コメント (0)

2018.09.26

180926 茄子、カボチャとささみカレー

180926 茄子、カボチャとささみカレー180926 茄子、カボチャとささみカレー 今日はヘルシーに野菜と鶏肉ささみのカレーを作りました。
 以前は鶏もも肉と玉ねぎ、ニンジン、じゃがいもベースでしたが、健康志向で油を全く使わない野菜カレーにシフト。
 旬の茄子とカボチャはアクも少なくて、煮込むと口の中でとろけます。
 ささみは片栗粉をまぶして少し炒めると旨味が逃げなくてジューシーです。
 ただ、野菜はかなりかさばるから新しいフライパンからあふれそうです。
 火加減を見ながらかき混ぜ、途中で水を足して最後にカレールーを加えて完成。
 今夜はカレーです。

Posted on 9月 26, 2018 at 03:21 午後 | | コメント (0)

180925 カツオのたたきと夕焼け空

Dsc_2462Dsc_2466 今日は散髪のついでにひと月振りでカツオのたたきを食べました。
 夕方、西の空が夕焼けで真っ赤に染まりました。

Posted on 9月 26, 2018 at 05:45 午前 | | コメント (0)

2018.09.24

180924 スマホGPSを使うノウハウ

 9月3日(月)、9月17日(月・祝)に実施した「スマホGPS勉強会」は延べ37名もの方に参加していただき、何とか無事終了いたしました。
 参加していただいた皆さん、お疲れ様でした。
 有り難うございました。
 
 ただし、二回目はともかく、一回目は教える方も初めてということもありましたが、事前にお願いしていた「ジオグラフィカ」のインストールはほぼ完了していましたが、同時に添付ファイルとしてお送りしていた練習用のトラックとマーカーのファイルをスマホに読み込む段階でつまずく方が多くて、参加者18名中、勉強会当日までに読込完了していた方は3名しかおられず、当日、会場で読込していただくのに1時間30分もかかってしまいました。
 二回目はその経験から個別に電話でフォローしたり、ご自宅で娘さんに手伝ってもらったりしながら取込に挑戦していただいたので、19名中15名は成功していて、ほぼ予定通りのスケジュールをこなすことが出来ました。

 初めての勉強会で、「ジオグラフィカ」の概要や軌跡の記録方法は理解していただけたので、次回の勉強会では「ジオグラフィカ」のメニューからどのような機能があり、どのように利用、活用するかを、深掘りしていただくようにしたいと思っています。
 その準備として、次回の勉強会に備えた資料を準備し始めました。
 今日、ほぼ1日掛けて、作者の松本圭司さんがインターネットやFacebookで公開しておられるノウハウを寄せ集めて、編集させていただきました。
 170624+N_スマホ用登山GPSアプリ『ジオグラフィカ』と、山でスマホGPSを使うノウハウ.pdf
【原本】
 スマホ用登山GPSアプリ『ジオグラフィカ』と、山でスマホGPSを使うノウハウ
 
 スマホ用地形図アプリ『ジオグラフィカ』のファイル管理 - ヤマレコ
 
 あまり知られていない、ジオグラフィカの13機能
  
 その中から、GPXファイルの取込や書き出しに関連した部分は以下の通りです。
 解説はiPhoneを例に書かれていますが、Androidの場合でも操作はほぼ同じです。

P.18 ヤマレコのトラックを取り込んで地図に表示する手順
ヤマレコのGPXファイルなど、既存のトラックを読み込んで地図に表示することが出来ます。
まずはヤマレコから取り込む方法。
iPhoneのブラウザ(Chromeなど)でヤマレコを開いて、ダウンロードしたい山行のページを開きます。
次に『GPSログ(GPX)』ボタンをタップします。
右下にある『ダウンロード』をタップしてください。
ダウンロードが始まります。
『次で開く』をタップしてください。
対応アプリのアイコンが表示されます。
『Geographicaで開く』をタップしてください。
Geographicaが正常に起動すれば、読み込みの確認画面が表示されます。
『はい』をタップしてください。
180925_yamareko_inport_2

[メニュー]-[ファイル]-[トラック]にインポートされます。
名前が空白になる場合もあります。
気になるなら『>』ボタンを押して詳細を開き、名前を設定してください。
『→ボタン』を押すとメニューが表示されます。
『表示してジャンプ』を選ぶと地図にトラックが表示され、トラックのスタート地点にジャンプします。
180925_yamareko_inport2

P.21 記録したトラックをパソコンなどに送る方法
180925_yamareko_exportジオグラフィカで記録したトラックログを他のアプリに送る方法を説明します。
Dropboxに送ればパソコンに同期出来ます。
Dropboxはなにかと便利なのでパソコンとiPhoneの両方にインストールしておくとよいでしょう。
1.ファイルメニューからトラック一覧を出します。
2.送りたいトラックをタップしてチェックマークを付けます。1個でも複数でも送れますが、複数の場合はzipで圧縮されます(※)。
3.画面下部のチェックマークボタンを押すと左の様なメニューが表示されます。
4.ヤマレコに登録したいのなら『GPXエクスポート』とタップしてください。エクスポートとは、外部のアプリにデータを送るという意味です。逆はインポートです。
5.次の画面で送り先のアプリを選びます。直接エクスポートする以外にメールに添付して送る事も出来ます。 トラックだけでなくマーカー、ルート、カスタムマップのインポートとエクスポートが出来ます。

P.21 パソコンにあるトラックをインポートする場合
180925_pasocon_inportパソコンに入っているトラック(GPXファイルなど)をインポートする場合はDropboxを使うと簡単です。
まずiPhoneとパソコン両方にDropboxをインストールします。
次にパソコンのDropboxフォルダにファイルをコピーしてください。
しばらく待つとiPhoneのDropboxに同期されます。
iPhone側のDropboxでGPXファイルを開くと、GPXファイルの中身が表示されます。
右上にあるエクスポートボタン『□に↑ボタン』をタップしてください。
メニューが表示されるので『別のアプリで開く』をタップしてください。
Geographicaのアイコンをタップすれば後はヤマレコの場合と同じです。
カシミール3Dで作ったトラック、ルート、カスタムマップなども同じ手順でインポート出来ます。
Dropboxを使うのが一番簡単ですので、それらデータをGeographicaに送りたい時はDropboxをお使い下さい。

Posted on 9月 24, 2018 at 11:14 午後 | | コメント (0)

2018.09.23

180923 台風21号「根返り倒木」相次ぐ/NHKニュース

Screenshot_20180923_041535Screenshot_20180923_041610Screenshot_20180923_041655

 台風21号は9月4日(火)に神戸三宮付近に上陸して、そのまま北上し日本海に抜けました。
 神戸では35mの風が吹きましたが、昨年平成29年10月23日(月)に掛川辺りに上陸した同じく台風21号では、神戸は43mの暴風で、立って歩けないほどでしたから、今年の台風は直撃した割に昨年より小さいのかと思っていました。
 ところが、その後、和歌山や奈良、京都で相当な被害が出ていることを知り、台風の被害範囲が中心付近より暴風圏が広い外周寄りの方が多いことを納得しました。
 現実的に9月9日(日)に予定していたきよもりの高野山町石道は、昨年に続き今年も高野線が台風による被害の影響で橋本から高野下間が不通になったため中止せざるを得なくなり、京都北山でも登山道が崩れてルート変更を余儀なくされた例会が増えました。
 叡山鉄道も台風21号による影響で市原から鞍馬の間が今もまだ不通になっています。

 昨日夕方のNHKニュースで京都北山では台風による「根返り」で倒れた木が広範囲に及んでおり、実態調査のためドローンを使った上空からの調査を進めている、と報じられました。
 「根返り」という言葉は知りませんでしたが、元来 根が地下深くまで伸びず横に広がりやすい杉などでは、強風による根返りが発生しやすいのだと思います。
 きよもりは9月末から12月にかけて、京都北山や東山の下見や例会が8回も続きますから、心準備をして臨む必要があります。
 杉の倒木は太くて横に長いので幹を潜ったり跨いだりすると倍以上時間がかかるためコースの短縮やコース変更もやむを得ないかも知れません。

NHK ONLINE 09月22日 21時10分

“根返り”被害 ドローンで調査

京都市の山あいでは、台風21号の強い風で、木が根元からひっくり返って倒れる「根返り」と呼ばれる被害が相次ぎ、土砂災害が起きやすくなっているとして、研究グループが22日、ドローンを使って調査を始めました。

京都市左京区の山あいで調査を始めたのは、森林の災害に詳しいNPO法人の高田研一さんと島根大学の米康充准教授の研究グループです。
9月4日の台風21号では各地で倒木が相次ぎ、京都市の森林組合によりますと、京都市内では倒木が起きた面積が少なくとも甲子園球場40個分以上におよんでいます。
木が途中から折れるのではなく、根元からひっくり返って倒れる「根返り」の被害が広範囲で見られるのが特徴で、22日はカメラを搭載したドローンを上空に飛ばして「根返り」が集中している場所を撮影していきました。
「根返り」が起きた場所は水を吸い込みやすく土砂災害のおそれが以前より高まっているということです。
研究グループは「今後の少しの雨によって山肌が崩れるおそれがあり、今のうちに丁寧に調べておく必要がある」として撮影した映像を分析し、倒木の撤去などに役立てていきたいとしています。

Posted on 9月 23, 2018 at 10:28 午前 | | コメント (0)

2018.09.22

180922 HDDの換装完了

Dsc_2456Dsc_2460
 昨日、HDDの換装は終わりましたが、ドライブレターが変わったり、DropboxをCドライブからDドライブに移動したりするのに今日まる1日かかってしまいました。
 朝4時から始めたDropboxの移動が終わったら14時。
 130Gbyteもあるから仕方がありません。
 更にドライブレターの変更でFastStoneImageViewerやClipOut、カシミール3Dなども修正や再インストールを強いられ、結構大変でした。
 夕焼け空が見事だから明日は久し振りにスッキリ晴れそうでよかったです。

Posted on 9月 22, 2018 at 09:55 午後 | | コメント (0)

2018.09.21

180921 HDDを換装

180921_hdd_kanso_01180921_hdd_kanso_02180921_hdd_kanso_03
 スマホGPSの勉強会にあわせて、中古のノートパソコンを買いました。
 PanasonicのLet's note CF-SX2 60,666円
 あまり期待はしていませんでしたが、意外に優れもので、コンパクトなのにキビキビ動くから、お気に入りです。
 めったに外で使う機会は無いので、内蔵HDDは250Gbyteと小さく、勉強会では外付けの500GbyteHDDを繋いで使いました。
 二度の勉強会が終わったけれど、折角色々のアプリもセットアップし、Dropboxも共有したので、まだ使う機会がありそうです。
 このままでは、外付けのHDDが邪魔になるので、少し時間が取れるうちにと、HDDを換装する事にしました。
 
 HDDにするかSSDにするか、1TBにするか2TBにするか、さんざん迷ったあげく、いちばん手頃な1TBのHDDを6,977円、外付けAT接続BOXを910円で購入しました。
 システムドライブとかレジュームエリアが当初からCドライブとは異なるパーティションに切ってあるので、ドライブ丸ごとコピーが出来るツールソフトを使うしかありません。
 EaseUP Partation Masterというフリーソフトを使いましたが、どうしても書き込みが始まらないので、やむを得ず有償版に切り替えて、予定外に5,378円もかかってしまいました。
 でも、さすがに専用アプリですから、BIOS段階からボリュームコピーをしてくれて、至極簡単にCドライブのクローンが出来ました。
 ところが、外付けの500GB(D)も同じアプリでクローンを作ろうとしたら、クラスターエラーとかで途中まで行ったら、止まってしまいます。
 試行錯誤の末、最後の手段で、HDDを換装して、新しい1TBを本体にセットし、600GBのパーティションを作ってフォーマットしてから、DOSコマンド画面でRobocopy F: D: /E /ZBの呪文を入れて、強引に丸ごとコピーをしました。
 いくつかのファイルがアクセス拒否されましたが、一時ファイルがほとんどのようですから、今のところ無事に動いています。
 中古パソコンは安かったけど、HDD換装で13,265円かかったから、本体と合わせて、60,666円の中古パソコンが73,931円の高級パソコンになってしまいました。

Posted on 9月 21, 2018 at 11:49 午後 | | コメント (0)

2018.09.20

180920 ジオグラフィカとカシミール3Dの連携

Screenshot_20180920_013315 9月17日(月・祝)の勉強会にお越しいただいたTKUさんから早速お礼と質問を頂戴しました。
 自分で色々と試したり確認したりして回答をお送りしましたので、参考までにブログに転載させていただきます。
 なかなか要点を突いた質問で、ジオグラフィカをかなり使い込まれていることがうかがえます。
 回答を書いていて、色々確認もできたので、頭の中も整理できました。
 TKUさん、有り難うございます。


TKUさん、こんばんは!

9月17日(月)の勉強会に参加いただき、有り難うございました。
森井もジオグラフィカを使い始めてまだ3ヶ月なので、どこまで理解しての回答になるのか自信がありませんが、判る範囲で疑問点に回答させていただきます。
カシミール3Dの使用はおそらく15年以上になりますから、大体合っていると思います。

2018年9月18日(火) 23:46 TKU:

先日はありがとうございました。地図のダウンロ-ドではお騒がせしました。

ジオグラフィカは2週間ほど練習しておりましたので楽しく受講できました。

パソコンもスマホもよくわからないまま使っておりますので意味不明の文になっています。

カシミ-ル3Dと自由にやり取りできればありがたいのですが。

  素人相手で恐れ入りますが、今後とも参考事例を「山友―リンクー山行記録」に掲載していただければ利用させていただきます。

   私もぼつぼつですががんばってみます。

       527 TKU

ジオグラフィカの今後ですが

① 非常に使いやすく、わかりやすいです。

    会場でも申し上げましたが、ジオグラフィカが他の地図表示ソフトよりすぐれているのは以下の三点です。
    1.スマホの全機種アンドロイドでもアップルのiOSでも使えること
    2.ヘルプや作者のHP等でのフォロー体制が非常に充実していること
    3.作者本人が登山家であるため、山登りをする人の立場で機能や使い勝手が工夫されていること

② ジオグラフィカで作成した地図を、自由に印刷する方法。 → スマホから直接印刷できますか。またはパソコン経由ですか。

    スマホからインターネットの無線を使って、パソコンなどに接続したプリンターなどに印刷することは可能ですが、森井は使ったことがありません。
    印刷したいときはスマホで作成したデータを画像なら.JPGファイル、文字なら.TXTファイルにしてメールに添付して送信しています。
    パソコンのメールから添付ファイルを読み込んでそれを印刷します。
    おたずねの地図を印刷する方法は、ジオグラフィカ自体に地図を保管したり印刷するというメニューが無いので、無理でしょう。
    唯一考えられるのは、スマホが持っている画面をそのまま画像ファイル(.JPGか.PNGピング)に保存して、前述の方法でメールに添付するくらいしか思い当たりません。
    でも、あくまでもスマホの画面に表示されているものをそのまま記録するだけですから、地図としての実用性はありませんね。
    
    地図は送れませんが、トラックやマーカーならパソコンに送れます。
    スマホで軌跡を取って、そのトラックデータをメニュー →ファイル →トラックで対象トラックに✓を付け、画面左下の✓を押すと別画面が表示されるので、
    GPXエクスポートかGPXメール送信でご自身のパソコンのメールアドレス宛に添付ファイルとして送信する方法でトラックを送ります。
    あとは、パソコンメールで添付ファイルをいったんデスクトップ等に保存し、カシミール3Dを起動して、デスクトップのファイルを追加読込で取り込めばカシミール3Dにスマホで取った軌跡トラックが表示されます。
    ちなみに、 GPXエクスポートとGPXメール送信の違いはGPXエクスポートでは単純に軌跡トラックだけ送信されますが、 GPXメール送信を使うと歩行距離や高低差、などGPXファイルの中身も一緒に送信できて便利です。
    パソコンに軌跡トラックを表示させて、カシミール3Dで範囲を指定して地図と一緒に印刷する、という手順になります。

③ 他の方のスマホやパソコンに地図を送る方法。 → 相手がジオグラフィカをダウンロ-ド済みの方は普通のメ-ルとして対応するでよろしいですか。

 → ジオグラフィカをダウンロ-ドしていない場合はダメなのですね。

    ②で書いたように、地図自体はジオグラフィカからは送れませんので以下の手順で軌跡トラックをメールで送ることになります。
    メニュー →ファイル →トラックで対象トラックに✓を付け、画面左下の✓を押すと別画面が表示されるので、
    GPXメール送信で送信先のメールアドレスを手入力して送ります。
    ちなみに送信するファイルのデータはGPXでもKMLでも同じです。
    ネットで調べると
    Google Earth/Mapに直接読み込むことができるGoogle Earth(Keyhole) Markup LanguageであるKML形式(拡張子 .kml)と、
    GPs eXchange Formatで、地理情報システム(GIS)ソフトウエアで使われている代表的ファイル形式GPX形式(拡張子 .gpx)
    となっていますから、トラックを表示できるMAPソフトによって、使い分けているだけです。
    ですから、相手がジオグラフィカをインストールしていなくてもGoogkeEarthやヤマレコ、地図ロガーなどのソフトで地図を表示できれば読み込むことが可能です。
    ※追記
    ちなみに軌跡トラックにはマーカーは含まれていませんが、練習用ファイルを取り込むときにやっていただいたのと全く逆の操作で、
    マーカーのデータもGPSファイルとしてメールに添付して送信すれば、トラック上にマーカー(カシミール3Dの場合は「ウエイポイント」として、トラックと同様に表示されます。
    メニュー →ファイル →マーカー で「マーカー一覧」で送信するマーカーのグループの >を押す
    マーカーが個別に表示されるので画面左上の✓を押して、すべてのマーカーを選択すると、マーカ全部の前に✓が付くので
    画面左下の✓を押すと、別窓が開きます。
    「エクスポート」を押すと、画面下部に送信方法が出ますから、Gmailやメールを選択
    メール送信の画面になり、添付ファイルとして、マーカーの先頭のマーカー名.gpxというファイルが添付されているので、適当に件名を入力して送信します。
    これで、先に送った軌跡トラックと同じ地図上に、マーカーも表示されます。
        

④ 他の方から私のパソコン(スマホ)に送っていただいた地図を、自分のスマホ(パソコン)に取り込む方法 → (後藤リ-ダ-の図を取り込みたいのですが、カシミ-ル3Dはだめですか。)

送信側と受信側の両方がジオグラフィカをダウンロ-ド済みでないと難しいのですか。

    後藤リーダーの例会案内に添付されているファイルは、拡張子が.GDBになっている場合と.GPXになっている場合があるようです。
    ちなみにGDBファイルはGarmin社のマップツール「MapSource」で用いられているGPS用データベースファイルで、カシミール3Dしか対応していません。
    このままでも、いったんデスクトップなどに保存して、パソコンのカシミール3Dで追加読み込みすれば、カシミール3Dに軌跡が表示されます。

    しかし、スマホのジオグラフィカは.GDBファイルを取り込むことが出来ません。
    カシミール3Dで軌跡が表示されたら、それを選択して、GPXファイルとして書き出せば、スマホに読み込むことが出来ます。
    トラックを選択して、マウスの右ボタン →トラックの操作 →ファイルに書き出し、を選択し、
    ファイル名を 180902_GOTO_Sanninnyama_AmagoiDake.gpxなどと名前を付けてデスクトップなどに保存
    パソコンメールでスマホのメールアドレスに添付して送信すると、以下は同じ手順でジオグラフィカに表示できます。結果は添付ファイルを参照

⑤ 自分のパソコンとスマホ → 自由にやり取りができるのですね。

    以上長々と書きましたが、パソコンもスマホも仕組みは同じですから、データの使い回しは問題なく可能です。
    しかし、スマホにはキーボードやマウスがありませんから、パソコンでしか操作しにくい文字入力やマウスによる予定トラックの作成はパソコンで行い、
    機動性や携帯性にすぐれたスマホにパソコンで作成したファイルなどを取り込んでその結果を利用する。
    という使い方が現時点ではいちばんおすすめできる方法です。
    カシミール3Dは現在アップルのiPhoneで動く簡易版が出来ていますが、森井はiPhoneを使っていないので、使い勝手は分かりません。
    参考
    カシミール3D「スーパー地形セット」にiPhone/iPadアプリが登場!
    https://www.kashmir3d.com/online/superdemapp/
    Android版は「スーパー地形LITE」となり、現時点では地図閲覧機能+GPS現在位置機能のみの無料アプリです。他の機能は開発中です。

 カシミール3Dのスマホ版が出来たとしても、詳細な予定トラックの作成や軌跡の編集作業、マーカーの登録など、スマホが機動性の代わりに犠牲にしているキーボード入力→マウスによる操作は
 当分はパソコンで対応するしかありません。
 カシミール3DのAndroid版が出来たらトラックの色分けやマーカーの編集などではジオグラフィカよりすぐれているかも知れませんが、画面の構成やヘルプなどはジオグラフィカが優位だと思います。

 以上です。

森井 潔 【関西ハイク山友会】
_/_/_/_/_/_/_/_/ 18.09.20 02:19 _/_/_/_/_/_/_/_/

Posted on 9月 20, 2018 at 02:50 午前 | | コメント (0)

2018.09.19

180919 一段落/ミルクちゃんの大あくびと「うを勢」ランチ寿司

180917_sumaho_gps_benkyokai_40180917_sumaho_gps_benkyokai_39 9月も半ばを過ぎ、一昨日二回目の勉強会も無事に完了しました。
 昨日は何となくのんびりと家で過ごし、ミルクちゃんの大あくびに癒されていました。
 今日は気分転換も兼ねてJNKさんを誘って三宮に出て、久し振りに「うを勢」で寿司ランチを食べてから、ジュンク堂書店とナガサワ文具店、Loftをぶらぶらして気分転換でリフレッシュ。
 スッキリしました。

Posted on 9月 19, 2018 at 11:38 午後 | | コメント (0)

2018.09.18

180918 9/17 「地図表示ソフト利用方法勉強会・第1回 ②」無事完了

180917_kitaooji_map_hyoji1180917_kitaooji_map_hyoji2 昨日の勉強会はきよもりを含めて20名の満席状態でしたが、前回9月3日(月)の反省から、事前に「ジオグラフィカ」のインストールはもちろん練習用の予定トラックとマーカーのファイル読込を参加者全員にお願いし、前日までに練習用ファイル取込が終了していない方とは個別に固定電話で話しながら、お互いスマホを操作しながら、ファイルの取込作業をしていただきました。
 そのお陰で当日、会場でファイルの取込が未完了の方は4名だけでした。
 
 ただし、練習用ファイルを取り込むとき、トラックとして取り込まず、ルートとして取り込んだ方が数名おられたので、削除して現場で歳取り込みしていただいたり、マーカーだけピックアップして無用なポイントを削除していただいたりするのに少し手間取りました。
 当日夜、皆さんから多数、以下のようなお礼メールを頂戴しました。
 有り難うございます。

【引用】
 2018/09/17 20:50
 きよもり様、奥様

    本日は、大変お世話様になり、有難うございました。
    トラック取り込みには苦戦しましたが、衰え行く頭に、喝を入れるいい機会となりました。
    
    季節も良くなりましたので、山行に参加し実践して、教えて頂いたことを、次は忘れないように
    努力したいと思います。
    今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。
                                        YNS

2018/09/18 22:50
YNSさん、こんばんは!

 昨日はスマホGPS勉強会に参加、有り難うございました。
 講師も不慣れで何かと不手際があり、申し訳ありませんでした。
 でも、何とか参加していただいた皆さん全員が地図を表示したり軌跡が取れたようなので、まずまず成果はあったと思います。
 あとは皆さんが、各自自分の好きな山道とか、公園の散歩の折に実際に軌跡を取ってみていただいて、うまくいくかどうか、試しながら馴れていただくのが一番だと思います。

 本来は、各自で昨日やったように予定のルート(予定トラック)をあらかじめ作っていただいて、実際歩いた時にどの程度正しく表示が同じ軌跡になるか見ていただくのが良いのでしょうが、予定ルートを道に沿ってきれいに作るにはやはりパソコンを使うのが最善ですから、スマホだけでは限界があります。
 来年、機会を作ってパソコンとスマホの連携によるGPS活用方法の勉強会を開催したいと思っていますので、もしご自分でノートパソコンをお持ちならそちらの方にも是非ご参加下さい。

 昨日の勉強会の様子をHDKさんが写真に撮っていただきました。
 HDKさん、有り難うございました。
 興味がありましたら、関西ハイク山友会のHPで勉強会にリンクを貼り付けましたのでご覧下さい。
 https://photos.app.goo.gl/bmXhuFeW54NskKud8

森井 潔 【関西ハイク山友会】
_/_/_/_/_/_/_/_/ 18.09.18 22:39 _/_/_/_/_/_/_/_/

Posted on 9月 18, 2018 at 11:52 午後 | | コメント (0)

2018.09.17

180917 スマホGPS勉強会

Dsc_2400Dsc_2402Dscn1863 9月3日(月)に続いて、スマホを使ってGPS活用方法の勉強会を開催しました。
 参加者が20名にもなったので、勉強会のテキストやレジメ、パソコンとスマホの画像を壁面に投射するので、プロジェクター、パソコン、ケーブルなど、かなりのかさと重量になるので、キャリアーで転がしていきます。
 勉強会は最初にスマホで使う「ジオグラフィカ」のインストールを確認しましたが、事前にお送りしたインストールの手順通り、全員インストールは完了していました。
 次に「ジオグラフィカ」に練習用の予定トラックとウエイポイント(マーカー)のインストールは前日までに15名の方が完了していて、4名だけ会場で実際にファイルの取込をしていただきました。
 一通り操作方法をお教えしてから、予定より30分遅れでしたが、15時頃から実際に軌跡を記録しながら賀茂川堤を散策していただきました。
 散策からもう一度勉強会の会場に戻り、解説書の中から重要な個所だけピックアップして要領を1時間あまりかけて把握していただきました。
 前回は散策から戻ってきたら16時頃で最後のまとめまで行かず途中で時間切れになりましたが、今回は何とか要点だけはピックアップしてお教えすることが出来たので、多少消化不良の点があるとは思いますが、概要は把握していただけたのではないかと思います。
 次回までに実際に大文字山での地図読み+GPSの例会(下見10月21日(日)、例会11月11日(日))を計画していますので、その頃までに各自実際に使っていただいて、馴れていただくようお願いして、勉強会を無事終えることが出来ました。
 参加していただいた皆さん、有り難うございました。
 お疲れ様でした。

Posted on 9月 17, 2018 at 11:39 午後 | | コメント (0)

2018.09.16

180916 確認→9月17日(月・祝) スマホ2「地図表示ソフト利用方法勉強会・第1回②」

皆さん、こんにちは!

やっと天気が回復してきて少し暑くなってきましたが、お元気でしょうか?
いよいよ明日が「地図表示ソフト利用方法勉強会・第1回②」開催ですが、事前にメールでお願いしていた「ジオグラフィカ」のインストールと、当日使う練習用の予定トラックとマーカーの取込はうまくいきましたでしょうか。
「ジオグラフィカ」のインストールは9月3日(月)の第1回でも18名中17名の方は事前にインストールが終わっていましたので、皆さんもうまくインストールできたのでは無いかと思います。

問題は、 練習用の予定トラックとマーカーの取込ですが、昨日現在、きよもりの把握している範囲ですが、この2件のファイルの取込が完了されたと判っている方は19名中13名です。(9月16日(日)12時00分現在)
練習用トラックとマーカーは当日会場で取り込むための時間を設けていますので、難しければ当日きよもりの方で手順をお教えして、取り込みしていただいても問題ありません。
前回の勉強会では18名中3名しか事前の取込が完了していませんでしたが、当日、取込をお教えして最終的には16名の方が取込完了でした。
残念ながらお二人は当日、予定トラックとマーカーを表示しない状態で練習をしていただきましたが、申し訳ありませんでした。

すでに 練習用の予定トラックとマーカーの取込が完了されているのであれば、問題ありませんが、もしまだ完了せず、苦戦しておられるようであれば、遠慮無くきよもりにメールか電話でお問い合わせいただくようお願い申し上げます。
メールは普段の例会参加申込で使っていただいているアドレス宛で結構です。
電話をいただく場合は、スマホでの操作をお教えする必要がありますから、スマホからではなく、ご自宅の固定電話などからきよもりの自宅の固定電話へお電話ください。

念のため、取り込みしていただきたいファイル2件を再度添付します。そのファイルをダウンロードする手順の写真をお送りします。

> スマホ勉強会2 定員20名 参加者20名 初心者向き
> 「地図表示ソフト利用方法勉強会」 
>  開催日 ② 9月17日(月・祝) 北文化会館:第1会議室
> ◆ 時間配分
> 13:00~13:15 会場準備
> 13:15~14:00 アカウントの確認(アカウントが無い場合の対応)、「ジオグラフィカ」インストール
> 14:00~14:30 「ジオグラフィカ」の起動と練習用のトラックの読込
> 14:30~15:00 屋外で地図の読込と軌跡の記録/北文化会館周辺の散策
> 15:00~16:45 「ジオグラフィカ」の利用方法を習得
> 16:45~16:55 後片付け

> 会場は北大路の京都市・北文化会館の第1会議室になります。
> 大半の方は地下鉄烏丸線で京都駅、または河原町からお越しになると思いますが、北大路駅では一番前、北側(国際会館より)で降りてください。
> 京都駅寄りで降りると、ビブレになり、通り抜けの通路が判りにくいと思います。
> 北大路駅の一番前にあるエスカレーターを上がり、改札を出て更に前(北)に進むと長いエスカレーターがあります。
> このエスカレーター登り切ったところが北文化会館になります。

> 持ち物は以下の通りですが、時間が長いので、お茶、おやつ?などを各自お持ちください。
> 途中休憩は14:30~15:00の野外活動の前後だけです。
> 座席はテーブルレイアウトを決めていますが、席順は不公平にならないよう、当日、受付時にテーブル№ A~Jのカードを引いて決めていただきます。
> ただし、机は二人一組(T1~T10)で10台なので、受付の早かった方にカードを引いていただきます。
> 参加費200円と交換で、勉強会の資料と名札をお渡しします。
> 名札はきよもりの方で、質疑応答などの折、間違わないようにするためですから、各自首に掛けていただくようお願い申し上げます。
> 名札は記念にお持ち帰りいただいても結構ですが、返していただいても結構です。

> 【当日持参品】
> 1.スマホまたはタブレット : 本体は充電してからご持参下さい。電源は延長コードを持ち込みますので、充電しながらでも使えます。
> 2.充電用のコードと差し込みコンセント : 途中で電池切れにならないよう、念のためご持参下さい。
> 3.筆記用具/ボールペンまたはシャープペンシルと蛍光ペン : 資料は印刷してお渡ししますが、書き込んだり重要個所に蛍光ラインを引くためご持参下さい。
> 4.スマホ用の充電池(所有の方のみ) : 当日、充電池を使うことはありませんが、「ジオグラフィカ」を山行時に使う場合、GPS機能だけなら一日以上使えますが、Wi-Fi接続などでインターネットやメールを常時繋いでいると、電池の保ちが悪くなります。将来的には10,000mA程度の大容量予備電源を所有されるようお奨めします。

> ◆重要
>  前回の勉強会では参加者18名(きよもり除く)のうち、「ジオグラフィカ」を事前にインストールが出来ていなかった方は1名だけでした。
>  ところが、同時にお願いしていた練習用トラックとマーカーのファイルを事前にスマホに取り込めた方はわずか3名しかおられませんでした。
>  今回は、9月15日(土)現在で練習用トラックとマーカーのファイルを取込完了している方は、きよもりが把握できている範囲で8名おられます。
>  あとの11名の方の状況は、把握できていません。
>  皆さんの状況は当日会場での把握になりますが、前回の案内でも添付した二件のファイルを再度添付しますので、頑張って事前に取り込みしてください。
>  出来ない方は、きよもり宛にメールか電話をいただければできる限りのフォローをさせていただきます。
>   電話される場合は きよもりもスマホを操作しながらお教えしますので、ご自宅の固定電話などでスマホを手元に置いて森井宛に電話してください。

> なお、このメールは例会申込み時に伺っているメールアドレスと、スマホのメールアドレスの両方に送らせていただきます。
> 2 個の添付ファイル
スマホ勉強会用資料・北大路周辺散策マップ
予定ルートデータ/トラックとして読込
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/180903_KitabunkaKaikan_KamogawaNisitori.gpx

ポイントデータ/マーカーとして読込
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/180903P_KitabunkaKaikan_KitaOji.gpx

P2_2


Posted on 9月 16, 2018 at 11:38 午後 | | コメント (0)

2018.09.15

180915 「カシミール3D」から「ジオグラフィカ」へ予定ルート(トラック)とウエイポイントデータ(マーカー)転送手順

NKTさん、こんにちは!

先日の小委員会で以下の提案をして、了解をいただきました。
1.9月に2回スマホを使ったGPS勉強会を一般会員対象に開いているが、折角、スマホで現在地や軌跡が残せても、山行予定ルートが判らないと道間違いを防止するには、データが不足している。
2.山行前に当日歩く予定ルートをスマホに表示できるようにしておき、山行中は予定ルートと軌跡のずれが起きないように注意すれば、道迷いも防げる。
3.各リーダーが山行計画を立案するに際して必ず予定ルートを決めており、自宅にパソコンを持っているリーダーは「カシミール3D」を使って予定ルートを作成している方も多いと思われる。
4.折角、予定ルートを作成していても、それを各リーダーのGarminなどのGPS専用機に落とすことはしていても、サブリーダーを含め各参加者がその予定ルートが共有できないのは、もったいない。
5.「カシミール3D」で作成した予定ルートやウエイポイントをGPXファイルに保存して、サブリーダーや参加会員のスマホに添付ファイルとして事前に送信することは可能である。
6.リーダーを対象として「カシミール3D」+スマホのパソコン教室を開催し、スマホの「ジオグラフィカ」の地図に予定ルート(トラック)やウエイポイント(マーカー)を表示できるようにしたい。
7.サブリーダーや一般会員が山行時に予定ルートを事前に把握し、歩行中も予定ルートと軌跡のチェックが出来るようになり、経験や知識が増えると山行の楽しみも広がり、次期リーダー養成にもつながる。
というような趣旨です。

この提案の前提として、カシミール3Dで作成したGPXファイルをスマホに送る手順をまとめました。
NKTさんの問い合わせは、ほぼこの内容に一致しますので、以下の手順で画面コピーの写真を見ながら、実施してみてください。

「参考」
ちなみにきよもりの11月12月の山行計画に関しては、すでにブログに予定ルートとウエイポイントのファイルを掲載していますので、興味がありましたら、「カシミール3D」や「ジオグラフィカ」などで表示してみてください。
180913 11月12月の山行計画、地図と詳細/地図データ取込手順
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2018/09/181213.html

「カシミール3D」から「ジオグラフィカ」へ予定ルート(トラック)とウエイポイントデータ(マーカー)を転送する手順
1.「カシミール3D」での操作
STEP01:編集→GPSデータ編集からルートを開く 送信するルートを選択してダブルクリック
STEP02: Ctrl+Aですべてのポイントを選択
STEP03:マウス右ボタンのメニューからプロパティをクリック
STEP04:プロパティで「時刻変更」にチェックを入れて 日付を山行実施予定日に変更→OK
STEP05:すべてのポイントが同じ日付に書き換えられる
STEP06:書き出すルートを選択しマウスの右ボタン ファイルへの書き出しをクリック
STEP07:保存するファイル名を入力、文字化けするので英数字を使う ファイルの種類はGPXを指定
STEP08:再度、ルートを選択してダブルクリックでポイント一覧を開く マーカー登録するポイントをCtrl+左ボタンでスクロールしながらすべて選択
STEP09:マウスの右ボタンメニューから「交換」→「ウエイポイントへコピー」
STEP10:GPSデータから「ウエイポイント」を選択してダブルクリック
STEP11:ポイント名の時刻をダブルクリックして日付順に並べる 書き出すポイントがまとまって表示される
STEP12:書き出すポイントをShiftを押しながら範囲指定して右ボタンを押す
STEP13:右ボタンメニューから「ファイルへの書き出し」を選びダブルクリック
STEP14:ファイル名を入力して「保存」 先に保存したルート名と区別できる名前にする

2.パソコンのメールアプリでの操作
STEP15:メールを開き、スマホのメールアドレス宛に先のファイル2件を添付して送信

3.スマホでの操作
STEP16:スマホのメールを開き、添付ファイルをタップ
STEP17:マーカーのファイルを展開中
STEP18:トラックのファイルを展開中
STEP19:ジオグラフィカ選んでタップ
STEP20:読込の確認でYESをタップすれば完了
以上
Kashmir_geographica01_03Kashmir_geographica04_06

Kashmir_geographica07_09Kashmir_geographica10_12

Kashmir_geographica13_15Kashmir_geographica16_18

Kashmir_geographica19_20

Posted on 9月 15, 2018 at 11:27 午後 | | コメント (0)

2018.09.14

180914 11月12月の山行計画・最終版

 11月12月の山行計画で行程とコメントなども作成しましたから、まとめておきます。

10月21日(日) 下見 新地図読み+GPS1
京都東山 「吉田山から大文字火床、南禅寺」

 下見参加予定者 4 名 /きよもり、HMDさん、HMMさん、JNKさん
行程:出町柳(集合8時)50m―10分―百万遍交差点50m―30分―吉田山120m(9:00頃)―20分―白川通り60m―10分―哲学の道70m―10分―霊鑑寺100m―10分―登山口140m(10:30頃)―30分―P271m―10分―大文字左はらい290m―10分―大文字火床350m(11:40頃、昼食)―30分―大文字山465.3m(13:30頃)―10分―四ツ辻440m―20分―山科分岐400m―20分―蹴上分岐310m(15:00頃)―50分―若王子70m―10分―永観堂60m―20分―南禅寺50m―10分―地下鉄蹴上60m(17:00頃、解散)
コメント:9月3日(月)、9月17日(月・祝)に実施したスマホ勉強会の実践も兼ねて、大文字山周辺で地図読みの練習をします。スマホの無い方も地図読みの基本習得は同じなので参加歓迎です。登山者の少ない霊鑑寺からの登路と若王子への支尾根を下降します。
 (歩程:9.1 km、5時間10分、累積標高差+550m-530m)
地図:京都東北部
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

10月27日(土) 下見
京都北山 「杉坂西尾根から新京見峠、釈迦谷山」

 下見参加予定者 6 名 /きよもり、HMDさん、KNKさん、KURMさん、KURJさん、KWIさん
行程:JR京都駅前7:50(JRバス800円)8:51杉阪口
 杉阪口250m(9:00頃)―10分―尾根取付230m―20分―急登Ⅰ上300m―30分―急登Ⅱ上390m(10:10頃)―10分―林道終点420m―30分―小屋910m―10分―P542m(11:30頃、昼食)―10分―林道出合510m―10分―林道分岐550m―20分―P565m分岐490m―30分―P565m(14:00頃)―20分―林道出合500m―20分―道風分岐・小屋430m(14:50頃)―10分―上ノ水峠分岐420m―10分―新京見峠420m―20分―氷室車道出合370m(15:40頃)―20分―釈迦谷山分岐290m―20分―釈迦谷山291.1m(16:30頃)―20分―近道分岐230m―20分―千束車道130m―20分―鷹峯源光庵前バス停150m(17:40頃、解散)
コメント:平成30年1月28日(日)の第1245回例会 京都北山「杉坂西尾根から沢山」は積雪期のため、主に林道歩きになりましたが、今回は出来るだけ尾根通しで歩いてみます。松茸収穫時期で上水峠は立入禁止なので、新京見峠から釈迦谷山を経て鷹ヶ峰に下ります。P542mもP565mも山麓を巻く林道からかなり離れた主稜線上にあるので、台風21号の爪痕で尾根筋は荒れていると思われますが、展望に期待しましょう。新京見峠から先で車道に出ますが、途中から車道を離れて釈迦谷山に寄り道してから鷹峯へ下山します。
(歩程:8.8 km、6時間、累積標高差+640m-730m)
地図:周山、京都西北部
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

11月11日(日) 例会 新地図読み+GPS1 一般向き 定員30名
京都東山 「吉田山から大文字火床、南禅寺」

行程:出町柳(集合8時)50m―10分―百万遍交差点50m―30分―吉田山120m(9:00頃)―20分―白川通り60m―10分―哲学の道70m―10分―霊鑑寺100m―10分―登山口140m(10:30頃)―30分―P271m―10分―大文字左はらい290m―10分―大文字火床350m(11:40頃、昼食)―30分―大文字山465.3m(13:30頃)―10分―四ツ辻440m―20分―山科分岐400m―20分―蹴上分岐310m(15:00頃)―50分―若王子70m―10分―永観堂60m―20分―南禅寺50m―10分―地下鉄蹴上60m(17:00頃、解散)
コメント:9月3日(月)、9月17日(月・祝)に実施したスマホ勉強会の実践も兼ねて、大文字山周辺で地図読みの練習をします。スマホの無い方も地図読みの基本習得は同じなので参加歓迎です。登山者の少ない霊鑑寺からの登路と若王子への支尾根を下降します。
(歩程:9.1 km、5時間10分、累積標高差+550m-530m)
地図:京都東北部
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半


11月17日(土) 例会 北山の尾根と峠59 中級向き 定員25名
京都北山 「杉坂西尾根から新京見峠」

行程:JR京都駅前7:50(JRバス800円)8:51杉阪口
 杉阪口250m(9:00頃)―10分―尾根取付230m―20分―急登Ⅰ上300m―30分―急登Ⅱ上390m(10:10頃)―10分―林道終点420m―30分―小屋910m―10分―P542m(11:30頃、昼食)―10分―林道出合510m―10分―林道分岐550m―20分―P565m分岐490m―30分―P565m(14:00頃)―20分―林道出合500m―20分―道風分岐・小屋430m(14:50頃)―10分―上ノ水峠分岐420m―10分―新京見峠420m―20分―氷室車道出合370m(15:40頃)―20分―釈迦谷山分岐290m―20分―釈迦谷山291.1m(16:30頃)―20分―近道分岐230m―20分―千束車道130m―20分―鷹峯源光庵前バス停150m(17:40頃、解散)
コメント:平成30年1月28日(日)の第1245回例会 京都北山「杉坂西尾根から沢山」は積雪期のため、主に林道歩きになりましたが、今回は出来るだけ尾根通しで歩いてみます。松茸収穫時期で上水峠は立入禁止なので、新京見峠から釈迦谷山を経て鷹ヶ峰に下ります。P542mもP565mも山麓を巻く林道からかなり離れた主稜線上にあるので、台風21号の爪痕で尾根筋は荒れていると思われますが、展望に期待しましょう。新京見峠から先で車道に出ますが、途中から車道を離れて釈迦谷山に寄り道してから鷹峯へ下山します。
(歩程:8.8 km、6時間、累積標高差+640m-730m)
地図:周山、京都西北部
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

12月1日(土) 例会 初心の山39 六甲全山縦走4/6 一般向き 定員25名
六甲 「摩耶山から三国池、記念碑台」

行程:阪急王子公園(集合9時)9:11(神戸市営バス102系統210円)9:25摩耶ケーブル下10:00(摩耶ケーブル440円・高齢割引360円)10:10虹の駅
 虹の駅450m(10:20頃)―30分―天上寺山門跡540m―15分―史跡公園610m(11:15頃)―25分―摩耶山698.6m)―10分―掬星台710m(12:00頃、昼食)―25分―天上寺690m―15分―アゴニー坂下630m―20分―杣谷峠620m(13:40頃)―10分―縦走路分岐620m―35分―三国池760m(14:40頃)―15分―三国岩800m―20分―丁子ヶ辻770m(15:30頃)―10分―シュラインロード入口770m―15分―記念碑台796.0m(16:10頃)―30分―六甲山上駅740m(16:50頃、解散)(六甲ケーブル590円)六甲ケーブル下
コメント:二度も雨天中止になった六甲全山縦走の4回目は摩耶山から記念碑台の一般ハイキングコース。距離が短いので摩耶ケーブル虹の駅から旧天上寺の史跡公園を経て摩耶山三角点を踏んで摩耶石舞台で展望を楽しみながらゆっくり昼食をとってから、冬枯れの穂高湖に寄り道して杣谷峠へ戻ります。しばらく車道を歩きますが、縦走路は途中から尾根に入り三国池、三国岩を経て、ノースロードを丁子ヶ辻に向かいます。記念碑台でのんびりしてから六甲ケーブルを利用して下山します。
(歩程:7.8 km、4時間35分、累積標高差+640m-350m)
地図:神戸首部、有馬
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

12月8日(土) 下見
京都北山 「中尾根から愛宕山、水尾」

 下見参加予定者 2 名 /きよもり、JNKさん
行程:JR保津峡駅(集合8時20分)―40分―中尾根取付(9:00頃)―50分―P366m―10分―大岩・米買い道出合370m(10:10頃)―70分―水尾分かれ700m(11:30頃、昼食)―40分―愛宕神社920m(13:00頃)―30分―水尾分かれ700m―50分―水尾「六兵衛」(14:30頃、解散、有志のみで忘年会)=送迎バス=JR保津峡駅
コメント:保津峡から愛宕山への登山ルートはツツジ尾根から長坂峠を経由するルートが人気ですが、滅多に歩く人がいない中尾根を最短コースで愛宕神社を目指します。台風21号の爪痕で米買い道もかなり荒れているそうですが、中尾根も倒木が多いかも知れません。中間の米買い道出合・大岩からの急登で水尾の分かれに12時までに到着できない場合は、愛宕神社往復は取りやめます。
京都7:53→8:14保津峡、または京都7:41→8:02保津峡に乗車して下さい。
(歩程:8.6km、4時間50分、累積標高差+990m-820m)
地図:京都西北部、亀岡
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

12月23日(日) 例会 北山の尾根と峠60 中級向き 定員25名
京都北山 「中尾根から愛宕山、水尾・忘年会」

行程:JR保津峡駅(集合8時20分)―40分―中尾根取付(9:00頃)―50分―P366m―10分―大岩・米買い道出合370m(10:10頃)―70分―水尾分かれ700m(11:30頃、昼食)―40分―愛宕神社920m(13:00頃)―30分―水尾分かれ700m―50分―水尾「六兵衛」(14:30頃、解散、有志のみで忘年会)=送迎バス=JR保津峡駅
コメント:保津峡から愛宕山への登山ルートはツツジ尾根から長坂峠を経由するルートが人気ですが、滅多に歩く人がいない中尾根を最短コースで愛宕神社を目指します。台風21号の爪痕で米買い道もかなり荒れているそうですが、中尾根も倒木が多いかも知れません。中間の米買い道出合・大岩からの急登で水尾の分かれに12時までに到着できない場合は、愛宕神社往復は取りやめます。
京都7:53→8:14保津峡、または京都7:41→8:02保津峡に乗車して下さい。
(歩程:8.6km、4時間50分、累積標高差+990m-820m)
会費:忘年会参加者のみ 男性4800円、女性3800円
地図:京都西北部、亀岡
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

12月29日(土) 下見 熊野古道・紀伊路1/6
熊野古道 「山中渓、雄ノ山峠から布施屋」

 下見参加予定者 2 名 /きよもり、JNKさん
 (予定ルートの地図は未作成)
コメント:六甲全山縦走が終わったら、来年は初心の山シリーズとして、7年前の新ハイキング時代に狩野さん、仲谷さんリーダーで日帰りで歩いた熊野古道をもう一度歩きたいと思います。
 日帰りシリーズは山中渓から御坊まで紀伊路を6回分けて歩きます。
 御坊から先、紀伊田辺までは海岸線の車道歩き主体になるので、日帰りは御坊辺りで打ち切らざるを得ません。
 ① 山中渓―雄ノ峠―布施屋
 ② 布施屋―伊太祁曽神社―海南
 ③ 海南―藤白坂―紀伊宮原
 ④ 紀伊宮原―糸我峠―湯浅
 ⑤ 湯浅―鹿ヶ背峠―紀伊内原
 ⑥ 紀伊内原―道成寺―西御坊
 その先は海岸線や街中歩きは敬遠して、再来年に掛けて中辺路、小辺路、熊野三山から雲取越を三度に分けて二泊三日でバスで行ければ好いなと思いますが、貸切バスだと高くなるので、片送り・片迎えでの貸切バス運行が可能か検討し、宿泊は民宿利用にして費用を抑えます。
 ① 中辺路:滝尻―近露―熊野本宮
 ② 小辺路:高野山―野迫川―果無越―熊野本宮
 ③ 熊野三山と大雲取・小雲取:速玉大社=那智大社―大雲取越―小雲取越―熊野本宮

Posted on 9月 14, 2018 at 03:06 午前 | | コメント (0)

2018.09.13

180913 11月12月の山行計画、地図と詳細/地図データ取込手順

 11月12月の山行計画を作成しました。

10月21日(日) 下見 新地図読み+GPS1
京都東山 「吉田山から大文字火床、南禅寺」

下見参加予定者 4 名 /きよもり、HMDさん、HMMさん、JNKさん
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

10月27日(土) 下見
京都北山 「杉坂西尾根から新京見峠、釈迦谷山」

下見参加予定者 6 名 /きよもり、HMDさん、KNKさん、KURMさん、KURJさん、KWIさん
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

11月11日(日) 例会 新地図読み+GPS1 一般向き 定員30名
京都北山 「吉田山から大文字火床、南禅寺」

11月17日(土) 例会 北山の尾根と峠59 中級向き 定員25名
京都北山 「杉坂西尾根から新京見峠」

12月1日(土) 例会 初心の山39 六甲全山縦走4/6 一般向き 定員25名
六甲 「摩耶山から三国池、記念碑台」

 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

12月8日(土) 下見
京都北山 「中尾根から愛宕山、水尾」

下見参加予定者 2 名 /きよもり、JNKさん
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

12月23日(日) 例会 北山の尾根と峠60 中級向き 定員25名
京都北山 「中尾根から愛宕山、水尾・忘年会」

12月29日(土) 下見 熊野古道・紀伊路1/6
熊野古道 「山中渓、雄ノ山峠から布施屋」

下見参加予定者 2 名 /きよもり、JNKさん
 (予定ルートの地図は未作成)

◆ ノウハウ
【スマホの「ジオグラフィカ」での地図データ取込】
 スマホやパソコンで予定ルート(トラック)とウエイポイント(マーカー)を取り込むためのリンクを作成してあります。
 「ジオグラフィカ」で取り込む方は以下の注意をご覧下さい。
1.GPSの予定ルート(トラック)データはトラックとして読み込む。
 ルートとして取り込むと、通過点まですべてマーカーとして登録されてしまいますから必ずトラックとして取り込んでください。
2.GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ/マーカーとして読込
 ウエイポイント(マーカー)を取り込むとジオグラフィカの地図上に地名、標高などが表示されます。

【注意:事前準備】
 トラックデータとマーカーデータを取り込むには事前に「ジオグラフィカ」をスマホにインストールしておく必要があります。
 アンドロイドとiPhone(iOS)とでは処理が異なるので要注意
1.Android版インストール https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica
 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica
2.iPhone版インストール https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8
 https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8
※ インストールには 「Playストア」や「APP Store」のアカウント(ユーザー登録)が必要です。
電話機能の無いiPadでもWi-Fi接続が出来れば「ジオグラフィカ」のインストールは可能です。

【パソコンの「カシミール3D」などでの地図データ取込】
 パソコンではマウスを利用して、予定ルート(トラック)とウエイポイントを取り込みます。
 リンクファイルをダブルクリックしても、画面には長大な文字列(テキストファイル)が表示されるだけです。
 xxxx.gpxのファイルをダウンロードするには以下の手順で実行します。
1.ダウンロードするファイルにマウスカーソルを移動して、マウスの右ボタンをクリック
2.別窓が開くので、「対象をファイルに保存」(MSエクスプローラー)、「名前を付けてリンク先を保存」(Googleクローム、ファイアフォックス)をマウスの左ボタンでクリック
3.保存場所をデスクトップなどに指定して、ファイルを保存する。
4.「カシミール3D」を起動して、該当ファイルを追加で読み込む 
 ファイル → GPS各種ファイルを読む  
※ デスクトップなどに保存したファイルを「カシミール3D」が起動していない状態で、不用意にダブルクリックすると、「カシミール3D」に保存してある過去のGPSファイルや地名ファイルが消えることがあります。
 必ず、「カシミール3D」を起動して、追加でGPSファイルを読み込みます。  
180913_gpx

【地図】
10月21日(日) 下見 / 11月11日(日) 例会
京都東山 「吉田山から大文字火床、南禅寺」

予定断面図
181021_yoshidayama_daimonji_nanzenj
予定ルート図
181021_yoshidayama_daimonji_nanze_2
予定ルート拡大図:前半
181021_1_yoshidayama_daimonji_nanze
予定ルート拡大図:後半
181021_2_yoshidayama_daimonji_nanze
GPSの予定ルート(トラック)データ/トラックとして読込
 ※ルートとして取り込むと、通過点まですべてマーカーとして登録されてしまいますから必ずトラックとして取り込んでください。
「181021_YoshidaYama_DaimonjiHidoko.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ/マーカーとして読込
「181021P_YoshidaYama_DaimonjiHidoko.gpx」をダウンロード

【地図】
10月27日(土) 下見 / 11月17日(土) 例会
京都北山 「杉坂西尾根から新京見峠、釈迦谷山」

予定断面図
181027_sugisakanishione_shinkyomito
予定ルート図
181027_sugisakanishione_shinkyomi_2
予定ルート拡大図:前半
181027_1_sugisakanishione_shinkyomi
予定ルート拡大図:後半
181027_2_sugisakanishione_shinkyomi
GPSの予定ルート(トラック)データ/トラックとして読込
「181027_SugisakaNishiOne_ShinKyomiToge.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ/マーカーとして読込
「181027P_SugisakaNishiOne_ShinKyomiToge.gpx」をダウンロード

【地図】
12月1日(土) 例会 (下見は5月20日(日)に完了済)
六甲 「摩耶山から三国池、記念碑台」

予定断面図
181201_mayasan_mikuniike_kinenhidai
予定ルート図
181201_mayasan_mikuniike_kinenhid_2
予定ルート拡大図:前半
181201_1_mayasan_mikuniike_kinenh_2
予定ルート拡大図:後半
181201_2_mayasan_mikuniike_kinenhid
GPSの予定ルート(トラック)データ/トラックとして読込
「181201_MayaSan_MikuniIke_KinenhiDai.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ/マーカーとして読込
「181201P_MayaSan_MikuniIke_KinenhiDai.gpx」をダウンロード

【地図】
12月8日(土) 下見 / 12月23日(日) 例会
京都北山 「中尾根から愛宕山、水尾」

予定断面図
181208_nakaone_atagoyama_mizuodanme
予定ルート図
181208_nakaone_atagoyama_mizuo
予定ルート拡大図:前半
181208_1_nakaone_atagoyama_mizuo
予定ルート拡大図:後半
181208_2_nakaone_atagoyama_mizuo
GPSの予定ルート(トラック)データ/トラックとして読込
「181208_NakaOne_AtagoYama_Mizuo.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ/マーカーとして読込
「181208P_NakaOne_AtagoYama_Mizuo.gpx」をダウンロード

Posted on 9月 13, 2018 at 04:10 午前 | | コメント (0)

2018.09.12

180912 11月12月の山行計画

1809_10_09121811_12_
 取りあえず、11月12月の各リーダーの例会山行の日程が出揃ったので、きよもりの例会を各月二回入れて日程を固めました。
 それに伴って、下見の日程も入れましたので、ほぼ12月まではこの予定で進めます。
 あとは、各山行の行程を決めたので、明日、予定ルートの地図も含めて山行計画を確定したいと思います。

【蛇足】
 12月末に熊野古道の下見を入れています。
 六甲全山縦走が終わったら、来年は初心の山シリーズとして、7年前の新ハイキング時代に狩野さん、仲谷さんリーダーで日帰りで歩いた熊野古道をもう一度歩きたいと思います。
 日帰りシリーズは山中渓から御坊まで6回くらいに分けて歩いてみようと考えていますが、御坊から先、紀伊田辺までは海岸線の車道歩き主体になるので、日帰りは御坊辺りで打ち切らざるを得ません。
 ① 山中渓―雄ノ峠―布施屋
 ② 布施屋―伊太祁曽神社―海南
 ③ 海南―藤白坂―紀伊宮原
 ④ 紀伊宮原―糸我峠―湯浅
 ⑤ 湯浅―鹿ヶ背峠―紀伊内原
 ⑥ 紀伊内原―道成寺―西御坊

 その先は海岸線や街中歩きは敬遠して、再来年に掛けて、
 ⑦ 中辺路:滝尻―近露―熊野本宮
 ⑧ 小辺路:高野山―野迫川―果無越―熊野本宮
 ⑨ 大雲取・小雲取:速玉大社=那智大社―大雲取越―小雲取越―熊野本宮
と三度に分けて一泊二日か二泊三日でバスで行ければ好いなと思いますが、貸切バスだと高くなるので、片送り・片迎えでの貸切バス運行が可能か検討し、宿泊は民宿利用にして費用を抑えたいと思います。
 でも、小野さんに相談したら、温泉もあるから最低二泊、出来たら三泊くらいにした方がよいとのことなので、もう少し日程を考えてみます。

Posted on 9月 12, 2018 at 11:07 午後 | | コメント (0)

2018.09.11

180911 9月17日(月・祝) スマホGPS勉強会(第2回)の開催に関して、お知らせとお願い

本日、9月17日(月・祝)の勉強会に参加される方に以下のメールをお送りしました。
約三ヶ月実際にスマホでGPSを使ってみての経験から書いていますので、まだまだ舌足らずですが、スマホGPSにはGarminのGPS専用機には無いメリットもありますので、うまく使い分けるか、併用していきたいと思います。

180903_downroad_01_03n180903_downroad_04_06n

【参加者へのメール】

皆さん、こんにちは!

9月17日(月・祝)のスマホGPS勉強会は、おかげさまでほぼ満席になっています。
会場の北大路の北文化会館第1会議室の定員は30名となっていますが、各テーブル2名ずつでお座り下さい。

【当日持参品】

1.スマホまたはタブレット : 本体は充電してからご持参下さい。電源は延長コードを持ち込みますので、充電しながらでも使えます。
2.充電用のコードと差し込みコンセント : 途中で電池切れにならないよう、念のためご持参下さい。
3.筆記用具/ボールペンまたはシャープペンシルと蛍光ペン : 資料は印刷してお渡ししますが、書き込んだり重要個所に蛍光ラインを引くためご持参下さい。
4.スマホ用の充電池(所有の方のみ) : 当日、充電池を使うことはありませんが、「ジオグラフィカ」を山行時に使う場合、GPS機能だけなら一日以上使えますが、Wi-Fi接続などでインターネットやメールを常時繋いでいると、電池の保ちが悪くなります。将来的には10,000mA程度の大容量予備電源を所有されるようお奨めします。

【事前準備のお願い】
講習会の当日にスマホの 「Playストア」や「APP Store」から「ジオグラフィカ (Geographica) 」をインストールすることも可能ですが、時間があれば事前に以下のリンクからインストールの手続きをして、「ジオグラフィカ」を起動できるようにしておいていただければ、勉強会の運営が効率的になります。
もちろん、スマホではメールや電話しか使ったことが無い方にとっては手続きが面倒ですから、インストールが難しい方は当日一緒にインストールをしていただきますのでご安心下さい。

「ジオグラフィカ」のホームページ http://geographica.biz/

Android版インストール https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica

iPhone版インストール https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8
インストールには 「Playストア」や「APP Store」のアカウント(ユーザー登録)が必要です。

【勉強会で利用する練習用データの取込お願い】
「ジオグラフィカ」をインストールして、画面が表示されても、最初は地図は表示されません。
地図を表示するにはWi-Fi接続などでインターネットに接続し、国土地理院の地形図データを読み込む必要があります。
通常の使い方としては、山行の前に目的の地域の地形図データをインターネットで読み込んで、「ジオグラフィカ」に目的地の地図が表示できるようにしておきます。
実際の山行時にはインターネット接続は遮断しておいて、スマホが持っているGPS機能を使って人工衛星から位置情報を受信し、現在地を表示させます。
その時、トラックの記録を残すよう設定しておけば、実際に歩いた軌跡が「ジオグラフィカ」の画面に表示されます。

それだけでも、現在地の把握や登山開始から今までの軌跡が「ジオグラフィカ」に表示され感激しますが、出来れば山行前に登山ルートを決めておいて、その予定ルート(トラック)を「ジオグラフィカ」に読み込んでおけば、実際に歩いた軌跡と予定ルートの両方が画面に表示されます。
予定ルートと実際の軌跡とが表示されるとコースを間違ってもすぐに気付きますし、山頂や分岐点など目的のポイント(マーカー)までの行程や距離、所要時間も推定しやすくなります。

今回は勉強会の途中で30分程度、会議室から外へ出て、予定ルートを表示した状態で実際に軌跡を取りながら北大路の周辺を歩いていただきます。
そのための練習用の予定ルートデータとポイント(マーカー)を各人のスマホに取り込んでいただきます。
添付ファイルは「ジオグラフィカ」が起動できる状態でないと利用できません。
事前準備で「ジオグラフィカ」の起動が出来るようになった方、またはすでに「ジオグラフィカ」をインストール済の方は添付のGPXファイル2件を読み込んで下さい。
添付ファイルをタップするとファイルが展開され、「ジオグラフィカ」に予定ルートとポイントが表示されます。

スマホ勉強会用資料・北大路周辺散策マップ
予定ルートデータ/トラックとして読込
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/180903_KitabunkaKaikan_KamogawaNisitori.gpx

ポイントデータ/マーカーとして読込
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/180903P_KitabunkaKaikan_KitaOji.gpx

◆ 9月3日(月)の第1回の勉強会では、この添付ファイル2件を事前に読み完了している方は18名中3名しかおられませんでした。
  スマホで二件の練習用ファイルがうまく取り込めない方は、以下の森井のブログ記事が参考になるかも知れません。
  http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2018/09/180910-5403.html
  それでも出来なかった方は当日、会場でお教えいたしますので、ご安心ください。
  ちなみに9月3日(月)の勉強会では最終的に18名中16名の方は練習用ファイルの取込に成功しました。
  取り込みできなかった方は、この森井のメールに添付したファイルが、ウイルス感染防止のため開けない設定になっていたなどの理由でした。

【ジオグラフィカの解説書】
勉強会で使うスマホGPSのアプリケーション「ジオグラフィカ」の解説書は「ジオグラフィカ」作者である松本圭司氏が自ら書かれたので、判りやすくまとまっています。
本来ならば解説書だけを説明するだけで、スマホGPSの利用方法を理解していただけると思います。
前述の「ジオグラフィカ」のホームページには、 印刷して使える説明書へのリンクも添付されています。
 http://geographica.biz/tmp/map_and_geographica.pdf

今回の勉強会はこの解説書をテキストとして使いますので、当日小型冊子の形で印刷した物を全員にお渡しし、その内容を解説させていただきます。
36ページもありますので、時間的には全部を詳しく説明できませんが、画面に表示されているメニューや現在地追尾、トラックログの開始・保存など、最低限必要な機能を中心に説明させていただきます。
前項で書いた予定ルートやポイントの登録方法も説明いたしますが、予定ルートの登録は歩く予定の山道に沿って紆余曲折まで作成するのはかなりの労力が必要で、詳細なルート図を作るのはパソコンの「カシミール3D」でマウスを使って作成する方が圧倒的に早くて便利です。
勉強会ではパソコンを使った予定ルート作成方法を簡単に説明します。
現在関西ハイク山友会の例会リーダーで予定ルートデータを参加者に事前に送っておられるのは後藤さんと森井だけですが、小野さんや重松さんも地図データを作成しておられるので、今回の勉強会の評判次第では、今後は他のリーダーも予定ルートやポイントのデーターを例会前に参加の皆さんに送っていただける方が増えると期待しています。
なお、森井以外の各リーダーから参加者に送られている予定ルートデータ、あるいは下見時の軌跡データは拡張子がGDBの場合もありますが、カシミール3Dでは拡張子GDBのファイルを簡単にGPXファイルに変換できます。

【勉強会のテキストについて】
勉強会に参加していただく会員の皆さんは、スマホに関してはまだ使用期間が短く、普段はメールや電話としてスマホを所有している方が多いようです。
そのため、「ジオグラフィカ」の解説書には触れていないアプリケーション(ここではジオグラフィカ)をスマホに取り込む方法から理解していただく必要があります。
スマホと言っても現在の市場はGoogleが提供するAndroid(アンドロイド、スマホ用OS・オペレーションシステム)をベースとするいわゆるアンドロイドスマホとAppleが機器(iPhone) も iOSというOSも一社が開発提供するiOSスマホとの2系列に分かれます。
さらにアンドロイドにもiOSにも電話機能を持たないいわゆるタブレットがあり、SIM無しのスマホも含めると6名の方が携帯では無く、Wi-Fiでインターネットに繋がる機器を利用されます。
全員が同じメーカーのスマホであれば、お教えする方も統一的な使用開始の環境作りを説明すればよいのでしょうが、各人各様の環境に対応するためには、いろいろなパターンを想定する必要がありました。
そういった事情もあって、勉強会の資料作りもかなり手間がかかり、御案内も遅れて申し訳ありませんでした。
果たしてうまくいくでしょうか?
頑張りましょう。

【追記】
なお、このメールは事前にお伺いしたスマホのメールアドレスにだけお送りします。
もしメール送信がエラーになった場合は、普段の例会申込でお伺いしているメールアドレスに再送させていただきます。
勉強会の当日、このメールが会場で読めるように削除せず保存しておいていただくようお願い申し上げます。


森井 潔 【関西ハイク山友会】
E-mail : kgh03517@nifty.com
ブログ: http://morii3.cocolog-nifty.com/
  TEL : 078-766-8070
  FAX : 050-3156-3814 (ペーパーレスFAX)
  携帯(au):090-4491-0586
ξ 自宅Address : 〒658-0054
■P  神戸市東灘区御影中町3-2-4
 ̄   御影タワーレジデンス1103
_/_/_/_/_/_/_/_/ 18.09.11 15:15 _/_/_/_/_/_/_/_/


2 個の添付ファイル
https://mail.google.com/mail/u/0?ui=2&ik=e9aeb703b3&attid=0.1&permmsgid=msg-a:r-3131136624245037469&th=165c72c299aab33c&view=att&disp=safe&realattid=f_jlx955q00

https://mail.google.com/mail/u/0?ui=2&ik=e9aeb703b3&attid=0.2&permmsgid=msg-a:r-3131136624245037469&th=165c72c299aab33c&view=att&disp=safe&realattid=f_jlx95mxe1

Posted on 9月 11, 2018 at 03:14 午後 | | コメント (0)

2018.09.10

180910 ジオグラフィカのトラックやマーカー/取込の成功と失敗

 ジオグラフィカでトラックのファイルやマーカーのファイルをスマホに取り込むのは非常にむつかしいです。
 画像ファイル(拡張子.jpg)やWord文書(拡張子.doc、.docx)、EXCEL表(拡張子.xls、.xlsx)などのファイルだとリンクや添付ファイルをダブルクリックしても長押ししても、すぐにそれぞれ、画像表示、ワード、エクセルが自動的に起動します。
 しかし、GPSの地図表示に使うトラックファイル(拡張子.gpx)の場合、利用するソフト(アプリケーション)がそれ程一般的で無いためか、自動的にジオグラフィカなどの地図表示アプリが起動することはありません。
 
 試行錯誤の末、拡張子.gpxのファイル取込に際して、失敗するパターンと成功するパターンをスマホの画面のコピーで分類してみました。
 スマホでのトラックやマーカーを取り込むときの参考にしてください。
 メールに添付したファイルをダブルクリックするのが最もうまくいきやすいようです。
 リンクファイルのアドレスを長押ししたり、ダブルクリックする場合、その後の選択次第で成功か失敗かに分かれます。

1.失敗パターン2件
P1
P4

2.成功パターン3件
P2
P3
P5


Posted on 9月 10, 2018 at 11:06 午前 | | コメント (0)

2018.09.09

180909 映画「フジコ・ヘミングの時間」

180908_fujiko_hemming180908_fujiko_hemming2 ピアノが好きなJNKさんに誘われて、映画「フジコ・ヘミングの時間」を見に行きました。
 久し振りに涙が出るほど感激しました。
 全編フジコ・ヘミングの日常を追いながら、バックに流れる彼女のピアノ演奏でテンポよく画像が流れます。
 ピアノ教師だった母の厳しいピアノレッスン、子供の頃の絵日記の記憶、あこがれのフランスでの修行、機会がありながら聴力喪失による挫折、60歳を越えてから訪れた思わぬデビューチャンス、それからの世界をまたに掛けた演奏会開催と絶賛、父の記憶と思わぬ再会。
 数々のエピソードは、初めて知る波瀾万丈の人生が彼女の感情を込めたピアノ演奏に彩りと奥行き与え、最後の「ラ・カンパネラ」の演奏へと導かれました。
 「ラ・カンパネラ」は素人のきよもりが見ていても両手の10本の指がそれぞれ独立して生きているように鍵盤上を自由自在に躍動します。

 彼女が幼い頃、「ピアノを歌うように弾きなさい」と教えてくれた母の言いつけを守っているという言葉で、やっと気付きました。
 楽器の中でもピアノは鍵盤を一つずつ叩くことで音を出す楽器ですから、弦楽器や吹奏楽器のように同じ音で短く弾いたり長く伸ばしたりするのではなく、いわばデジタルの楽器です。
 それをまるでアナログ時計の秒針が流れるように弾くから、われわれが美空ひばりや森繁久弥の歌に感涙するように魂に直接響いてくるのでしょう。
 感情の起伏に逆らわず、素直に弾くと、多少のミスがあっても聞く方にとっては全く気にならず、素直に全身で音色を感じられるから涙が出るのでしょう。
 ピアニストによっては元の譜面通り、完全無欠に弾き通す天才もいますが、同じ「ラ・カンパネラ」を弾いても演奏会のたびに感情の起伏に従って弾くから、演奏時間がいつも異なるフジコ・ヘミングが、他のピアニストと一線を画する点で、聞く人の魂を揺さぶるのだと思います。


Posted on 9月 9, 2018 at 07:51 午後 | | コメント (0)

180909 会報の山行計画、山行報告の書式/リンク

関西ハイク山友会では会報に掲載する山行計画や山行報告掲載にあたっては印刷書式を統一するため、会報所定の書式に則って作成しています。
・計画書、報告書はMicrosoft Wordで作成し、フォントはMS明朝及びCenturyを使用する
・山行日以外の英数字は、半角文字を使用する
・その他、所定の書式は参照リンクの内容を参照して下さい

【山行計画作成要領 会報42号(18年9月・10月号)以降に適応】
http://bit.ly/SankoKeikaku_SakuseiYoryo1809
【山行計画作成要領 会報42号(18年9月・10月号)以降に適応】
http://bit.ly/SankoHokoku_SakuseiYoryo1809

Posted on 9月 9, 2018 at 05:02 午後 | | コメント (0)

2018.09.08

180908 ジオグラフィカのコミュニティ/Google+

180907_ ジオグラフィカで位置情報を送ると、メールで留守宅などに登山中の現在地の位置情報を知らせることが出来、同時にGoogleMAPにリンクされていて、地図上で現在地を確認できるようになっています。
 この機能を使えば、万が一遭難したときでも、携帯の電波さえ捉えられれば、留守宅やメールアドレスが判れば警察にも遭難信号を送れることになります。
 通常の山行中でも目的の山に着いたら、この機能を利用して、留守宅に写真なども付けてメールをしてあげれば、もらった方も安心すると思いますので、ジオグラフィカの利用方法を勉強するとこういうメリットもあります。
 
 それはさておき、昨日スマホで記録した弓弦羽神社までの散歩道のトラックをパソコンに送ったら、送信ファイルの最後に以下のリンクが貼ってありました。

Geographica http://geographica.biz/

Geographica GooglePlay https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica

Geographica Google+コミュニティ https://plus.google.com/communities/101449938338653027895

Geographica facebookページ https://www.facebook.com/geographica.iphone

 その中で、Geographica Google+コミュニティ というのが気になったのでリンク先に飛んでみると、ジオグラフィカの作者である松本圭司さんが主管する情報交換のサイトのようです。
 ジオグラフィカを利用させていただいてまだ3ヶ月ですが、曲がりなりにも一応使えるようになって、その知識を無謀?にも他の会員の皆さんをお伝えして、山行時に活用していただければ、山歩きの楽しみも広がると考えて、スマホGPS勉強会を開催させていただきました。
 その経緯を松本氏にもお知らせして、感謝の意を表明したいと考えて、以下の書き込みをさせていただきました。

森井潔
Geographica
9月7日, 6:55
ジオグラフィカをインストールしてまだ3ヶ月ですが、使い易いのと松本さんの懇切丁寧な解説書やHPでのフォローのおかげですっかり嵌まっています。
これだけ整備されたGPS地図ソフトは他にはありません。
特にAndroidでもiOSでも使えるのは、たいへんありがたいです。
というのは、関西ハイク山友会という山の会でリーダーをしている関係で、山行に参加された会員からスマホやタブレットで地図の表示と現在地表示、軌跡の保管をしたいという要望が増え、garminの専用機は高いので、普段持ち歩いているスマホでそれが出来れば便利なので、希望者に勧めています。
一人一人教えていては、効率が悪いので、今週初めに、会議室を借りて18名参加でスマホGPSの勉強会を開催しました。
独りで18人に教えるのは大変でしたが、18名中16名は、ジオグラフィカのインストールはもちろん、事前に用意した練習用のトラックとマーカーの取り込みもできたので、勉強会の途中で外に出て、練習用のトラックとマーカーと同じコースを軌跡を取りながら歩き、予定トラックと実際のトラックをチェックしてもらいました。
今回の勉強会で一番苦労したのは、事前に各自のスマホアドレスに送っていた練習用のトラックとマーカーを当日までに取り込み完了していたのは、わずか3名しかいなかったことです。
理由はスマホでは機種によって添付ファイルのダウンロード方法が異なるため、拡張子GPXのファイルを認識しない機種が多かったことです。
うまくいかなかった二人のうちひとり(女性 iPhone7)は、ジオグラフィカのインストールは出来ていましたが、iPhoneのアドレス宛てに送ったメールをアップル独自のメッセージというアプリで読んだため、添付ファイルが表示されていないためでした。
これはその方の娘さんが、高齢の母親が不用意に添付ファイルを開いて、ウイルスやスパムの被害に遭わないように通常のメールが使えなかったためでした。
もうひとり(男性 AQUOS SH-01K)は、Playストアでジオグラフィカをインストールしようとしたけれど、Googleアカウント取得で必須の有償アプリの支払口座はスマホの使用料支払いはすべて奥さんが対応していて、どのようにしているのか本人は全く知りません。
当日の会場でプリペイドカードでの支払も可能とは申し上げましたが、時間的にコンビニへ走るのは無理でした。
16人にはジオグラフィカの主な機能と留意点までは説明出来ましたが、練習用のトラックとマーカーの取り込みに時間がかかり過ぎたので、肝心のジオグラフィカの修得にあまり時間が取れなくて残念です。
今回は初心者対象でしたから、次回は更に詳しい使い方を勉強する機会を作ります。
ちなみに、同内容の勉強会を来週9月17日に17名参加で開催します。
その後、11月に展望のよい大文字火床でGPS地図読みの例会を30名程度の定員で開催します。
若い方ならネットワークを使ったインターネットやLINEなどはお馴染みですが、平均年齢69歳の高齢者は娘さんや奥さんが緊急連絡用に持たせたスマホですから、これまでは電話とメールしか使っていなかった方がほとんどです。
それでも、ジオグラフィカを使えれば、道迷いの防止はもちろん、緊急時に現在地連絡も簡単に出来ますから、留守宅の家族も安心です。
ありがとうございます。
次回の勉強会までに練習用のトラックとマーカーファイルを取り込む方法を何パターンか確認して、機種の違いの壁を破りたいと思います。
前述の練習用のトラックとマーカーファイルはパソコンのカシミール3Dでマウスを使って詳細な予定トラックを作って、トラックファイルと主要なマーカー(ウエイポイント)のファイルを事前に作成しています。
ジオグラフィカでのルート作成はマーカーを繋いで作りますが、地形に沿った詳細ルート作成は難しいので、スマホでマウスが使えるようになるまではパソコンのカシミール3Dと連携した利用を続けたいと思います。
長文で申し訳ありません。
関西ハイク山友会 森井 潔
山友会のHP、www.kansaihaiku.com
きよもりの山行記録のブログ http://morii3.cocolog-nifty.com
もご覧ください。

Posted on 9月 8, 2018 at 12:10 午前 | | コメント (0)

2018.09.07

180907 スマホGPSの設定変更

180907 スマホGPSの設定変更180907 スマホGPSの設定変更>180907 スマホGPSの設定変更

 ジオグラフィカのトラック取得間隔はデホルトでは自動になっています。
 しかし、8月25日の東六甲縦走の下見でGarminとスマホのジオグラフィカとの両方でGPSの軌跡を取ったところ、ポイント(マーカー)の取得間隔に大きな差が有ることが判りました。
 Garminだとおおむね10mに一回軌跡を記録していますが、ジオグラフィカの自動設定では、35mに一回軌跡を記録していました。
 そのため、軌跡のトラックには大きな相違があって、ジオグラフィカのトラックは粗くなって見栄えに差が有りすぎます。
 気になったので、今日はジオグラフィカの軌跡の取得間隔を自動から距離で20mに変更して朝3時から45分位、弓弦羽神社まで往復のトラックを記録してみました。
 結果はご覧の通り、見慣れたGarminの軌跡とほとんど差がありません。
 カシミール3Dに転送して、軌跡の取得間隔を確認すると、ほとんどすべて20m間隔でキチッと記録されていて、当然ですが、2.2kmの歩行距離なので、取得マーカー数は106になっていますから、20.8m毎に記録されています。
 これで実用化の目処が立ちましたから、次回9月29日の杉阪口から峰山の下見で、どの程度電池を消耗するか、確認してみます。

Posted on 9月 7, 2018 at 05:10 午後 | | コメント (0)

2018.09.06

180906 緊急連絡 9月9日(日)の町石道例会は高野線不通のため中止

皆さん、こんばんは!

先ほど、9月9日(日)例会にも参加申込をいただいている和歌山県岩出市在住のKBHさんから電話を頂戴しました。
内容は、「21号台風の影響で高野線が不通になっている」とのことでした。
早速、南海電車のHPを見ると,以下の記載があり、またまた橋本から極楽橋、高野山間の電車ケーブルが不通になっているようです。
運転再開には数日を要するとのことですから、9月9日(日)までには高野線の開通は見込めません。

ということで、非常に残念ですが、今回も高野山「奥の院町石と大門から紀伊細川」の例会は開催を中止させていただきます。
高野線の復旧にどの程度かかるか判りませんが、冬期は積雪もあり難しいので、例会の再々チャレンジは来年3~4月に延期させていただきます。
折角楽しみにしていただいていた皆さんには申し訳ありませんが、ご了承ください。

お電話いただいた、KBHさん、大変有り難うございます。
おかげさまで早い目の中止決断が出来て助かりました。
皆さん、よい週末をお過ごしください。

森井 潔 【関西ハイク山友会】
_/_/_/_/_/_/_/_/ 18.09.06 20:30 _/_/_/_/_/_/_/_/

【南海電車のHP引用】
高野線の以下区間につきましては、線路などの諸施設の復旧作業に時間を要することから運転を見合わせています。なお、運転再開には、数日を要する見込みです。
(2)高野下駅~極楽橋駅間 (高野線)※鋼索線【極楽橋駅~高野山駅間】を含む。

http://www.nankai.co.jp/railinfo.html
列車運行状況 (2018年9月6日20時00分現在)
高野下駅~極楽橋駅間は台風の影響により運転を見合わせております。

http://www.nankai.co.jp/library/pdf/201809typhoon.pdf
列車運転状況に関するお知らせ
9 月 4 日(火)に発生した台風21号の影響により、沿線各所で倒木や飛来物などの影響を受
け、線路などの諸施設の安全確認と復旧作業に時間を要し、南海電鉄では、9 月 5 日(水)の始
発から全線で運転を見合わせました。
一部の区間につきましては、線路などの諸施設が復旧できたため、9 月 5 日(水)15 時 30 分
ごろから、ほぼ正常通りのダイヤで運転しています。
しかしながら、高野線の以下区間につきましては、線路などの諸施設の復旧作業に時間を要
することから運転を見合わせています。なお、運転再開には、数日を要する見込みです。
<運転を見合わせている区間>
(1)汐見橋駅~岸里玉出駅間(高野線)
(2)高野下駅~極楽橋駅間 (高野線)※鋼索線【極楽橋駅~高野山駅間】を含む。
※本区間において、9月6日(木)より代行バスを運行いたしております。(6時30分~19時まで)
ルート:橋本駅前~高野山駅前
<運転を再開した区間>
(1)難波駅~和歌山市駅間(南海本線)
(2)羽衣駅~高師浜駅間(高師浜線)
(3)みさき公園駅~多奈川駅間(多奈川線)
(4)和歌山市駅~加太駅間(加太線)
(5)和歌山市駅~和歌山港駅(和歌山港線)
(6)難波駅~高野下駅間(高野線)
南海電気鉄道株式会社

Posted on 9月 6, 2018 at 09:49 午後 | | コメント (0)

2018.09.05

180705 山行計画:7/8 高野山「奥の院町石と大門から紀伊細川」関西ハイク山友会№1342例会

180623_okunointyoishi_daimon_kiihos180623_okunointyoishi_daimon_kiih_2180623_okunointyoishi_daimon_kiih_3180623_okunointyoishi_daimon_kiih_4

180623_okunointyoishi_daimon_kiih_5180623_okunointyoishi_daimon_kiih_6180623_okunointyoishi_daimon_kiih_7180623_okunointyoishi_daimon_kiih_8

 7月8日(日)に予定していた例会が台風の影響で中止になりましたので、今回はリベンジです。
 6月17日(日)に町石道Ⅰ「九度山から矢立」が36名の参加で無事完了致しました。
 順当なら続きは矢立№60から壇上伽藍№1の順路で町石道を登るべきですが、今回は奥の院町石三十六町もあわせて歩きたいので、足の便がよく、時間的にも無理が無い逆コースで歩きます。

 奥の院町石の半分は弘法大師廟への参道に設置されているので、静かな杉並木の石畳を歩くことになります。
 参道の両側には、信長、秀吉、信玄など武将の墓、名家の墓所が並び、独特の景観が続きます。
 鶴田浩二の墓の横が一の橋で、ここからは車道脇の歩道を歩きますが、車道の両側に町石が続くので、見過ごさないようにしましょう。
 壇上伽藍(根本大塔)の手前から参道になり、O№4~O№1は境内の通路際に立っています。
 ここから高野山の町石道180基の開始です。№1、2は柵越しに見て大門から山道に入ります。
 しばらくジグザグの急坂が続き、下り切ると道は平坦になり、山腹を縫うように緩やかにアップダウンを繰り返しながら下っていきます。
 鏡石、4里石、№36を過ぎて、車道脇に立つ№37~№39に寄り道してから展望台で大阪湾を望ながらゆっくり休憩します。
 №40からは車道からどんどん離れ、きれいな杉の植林帯に樹齢数百年の大栃や樫の木が混じる爽やかな古道が続きます。
 押上石と袈掛石を越すと最後の急坂があり、村落を抜けると矢立です。
 舗装された谷間の道をひたすら下り切ったら紀伊細川です。

 阪急3,090円・京阪3,100円・阪神2,980円など近鉄以外の各私鉄と乗り継ぎの「高野山1dayチケット」が利用できます。
 難波、新今宮、天下茶屋から高野山(りんかんバス含む)+帰路の紀伊細川から天下茶屋、新今宮、難波の交通費は2,500円位ですから、JRまたは私鉄・地下鉄代を加算した費用で利用の可否をご検討ください。
  JRは「夏の関西1デイパス」3,600円は8月31日で終了していますので、割安な阪急や京阪を使って「高野山1dayチケット」をご利用ください。
 京都方面からなら阪急・淡路で阪急千里山線・地下鉄堺筋線に乗り換えて、天下茶屋まで行くと南海高野線に乗り換えられます。天下茶屋では南海本線では無く、南海高野線に乗り換えてください。

 残念ながら9/5現在、9月9日(日)の降水確率は80%ですが、天気の回復を祈りましょう

【山行計画】
高野山「奥の院町石と大門から紀伊細川」関西ハイク山友会 №1342例会

日 時:9月9日(日) 10:30~17:00

集 合:南海高野線・難波駅 改札口 8時
 ※ 高野線 8時13分発 急行・橋本行きの前から二両目に乗車
   JR環状線から乗り換える方は、新今宮8時15分です。
   阪急方面から乗り換える方は、天下茶屋8時18分です。
   奈良方面からお越しの方は、橋本駅発9時13分極楽橋行きに乗車

 【雨天の場合】
 前日、9月8日(土) 17:00発表の気象情報で、和歌山県北部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:和歌山県北部 073-177(前9月8日(土) 17時発表の予報)
 
参加予定者:33名/9/5現在

コース:南海高野線・難波8:13=(急行870円)=新今宮8:15=9:04橋本9:13=9:56極楽橋10:05(ケーブル390円)10:10高野山10:14(バス410円)=10:25奥の院前―奥の院O№36―武田信玄公墓所O№22―二十町石(町石案内札)― 一の橋O№17―千手院橋―壇上伽藍№1―大門№7―植林の小峠№20―鏡石№28―四里石№36―展望台―押上石№54―袈裟掛石№55―矢立№60―紀伊細川駅(17:00頃、解散)17:33(高野線870円)=橋本18:05~11=19:02難波(解散)

レベル:中級向き (町石道の初めと最後は少し急坂道)

地図:国土地理院25000分の一「高野山」、ヤマケイ分県ガイド「和歌山県の山」
 断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約13.3km、所要時間:6時間30分(歩行時間:4時間50分、休憩・昼食:1時間40分)、累積登り+550m、下り-980m
 南海高野線・難波8:13=(急行870円)=新今宮8:15=9:04橋本9:13=9:56極楽橋10:05(ケーブル390円)10:10高野山10:14(バス410円)=10:25奥の院前
 奥の院前790m(10:30頃)―20分―奥の院800mO№36―20分―武田信玄公墓所800mO№22―5分―二十町石(町石案内札)800m―5分― 一の橋800mO№17―15分―千手院橋820m―15分―壇上伽藍830m№1(12:00頃、昼食)―15分―大門850m№7―50分―植林の小峠750m№20―25分―鏡石780m№28―20分―四里石700m№36―5分―展望台710m(15:00頃)―30分―押上石600m№54―5分―袈裟掛石580m№55―10分―矢立№60(16:00頃)―50分―紀伊細川駅(17:00頃、解散)
 紀伊細川駅17:33(高野線870円)=18:05橋本18:11=19:02難波

【参考】帰路時刻表:
 紀伊細川16:52→18:23難波、紀伊細川17:33→19:02難波、紀伊細川17:58→19:26難波

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、日除け帽子など
  天気が崩れそうですが、奥の院参道は傘を差して歩けます。

費 用:参加費200円/交通費は各自払い/難波起点の場合1,670円+870円=2,540円、新今宮起点の場合1,670円+830円=2,500円です。
 高野山1dayチケットがあります。阪急・阪神・京阪全駅から高野山まで終日利用可能で、各私鉄の主要駅で購入可能です。
 JRや近鉄の1dayチケットはありません。

【参考】
180623_okunointyoishi_daimon_kiihos 【写真】 6月23日(土)の下見の写真です。生憎の雨でした。
 Googleフォトの写真アルバム85枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【参考】 平成24年9月21日(金)の山行記録です。
121003 山行記録:9/21 高野山町石道②/関西ハイク山友会 第158回例会
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2012/10/2012-6bf4.html

【地図】
予定断面図
180909_okunoin_daigaran_kiihosokawa
予定ルート図
180909_okunoin_daigaran_kiihosoka_2
予定ルート拡大図
前半
180909_1_okunoin_daigaran_kiihosoka
後半
180909_2_okunoin_daigaran_kiihosoka
GPSの予定ルート(トラック)データ/トラックとして読込
 ※ルートとして取り込むと、通過点まですべてマーカーとして登録されてしまいますから必ずトラックとして取り込んでください。
「180909_OkunoIn_DaiGaran_KiiHosokawa.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/180909_OkunoIn_DaiGaran_KiiHosokawa.gpx
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ/マーカーとして読込
「180909P_OkunoinTyoishi_Daimon_KiiHosokawa.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/180909P_OkunoinTyoishi_Daimon_KiiHosokawa.gpx

上記二件のトラックデータとマーカーデータを取り込むには事前に「ジオグラフィカ」をスマホにインストールしておく必要があります。
Android版インストール https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica
 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica
iPhone版インストール https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8
 https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8
インストールには 「Playストア」や「APP Store」のアカウント(ユーザー登録)が必要です。
電話機能の無いiPadでもWi-Fi接続が出来れば「ジオグラフィカ」のインストールは可能です。

Posted on 9月 5, 2018 at 06:40 午後 | | コメント (0)

180905 JR西昼間特割きっぷ、ついに9月末で廃止

 JRの昼得がついに無くなるようです。
 神戸線の住吉駅から京都駅まで行くと通常は1,080円ですが、昼得を使うと何と600円で45%近くも安いので、助かっていましたが、ICOCAにポイントが付いても通常回数券とどの程度差があるかが気になります。
 普通回数券は京都~大阪560円+大阪~住吉390円=950円が11枚で9,500円ですから一枚当たり約860円で約20%割引です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
| JR西昼間特割きっぷ、ついに今月末で廃止
| こんなものがあったのか 部門より
| hylom による 2018年09月03日 14:24 の掲載 (交通)
| 現在のコメント数: 12
| > https://srad.jp/story/18/09/03/0456236/?utm_source=newsletter&utm_medium=email
+--------------------------------------------------------------------------------------------------------

あるAnonymous Coward曰く、JR西日本の「昼間特割きっぷ」が、9月30日で販売終
了となる。

関西JR駅周辺でお馴染みの、金券ショップ系切符自動販売機群も淘汰
か。時間特割きっぷは利用可能な時間帯が限られている回数券型の乗車券で、割引
率が高いため人気だった(産経新聞、乗りものニュース)。

昼間特割きっぷの代
替としては、IC乗車券「ICOCA」を特定時間帯・特定区間で利用した際にポイント
を付与する「ICOCAポイント」が10月1日より提供される(ITmedia)。

このストーリーへのコメント:
>https://srad.jp/story/18/09/03/0456236/?utm_source=newsletter&utm_medium=email#commentlisting

Posted on 9月 5, 2018 at 03:56 午後 | | コメント (0)

180905 山行計画? 東山「吉田山から大文字火床、南禅寺」 10/21下見 11/3例会(未定)の予定トラックとマーカー

 9月3日(月)に実施したスマホ勉強会「地図表示ソフト利用方法勉強会・第1回①」は18名もの方に参加していただき、有り難うございました。
 第1回の勉強会のレポートは続きを読むをご参照ください。
 
 スマホでメールに添付された写真を見る場合は、ファイルの拡張子 .jpgをスマホが判断して簡単に見たりダウンロード出来ます。
 しかし、地図データは拡張子が.gpxの特殊なファイル形式なので、最初はなかなか取り込んだりファイルを読み込んだり出来ないようです。
 一度「ジオグラフィカ」への取込が成功すればその後は多分同じ手順で取り込めます。

 参考までに11月3日(土)に予定している大文字火床の新地図読みハイクで歩く予定の予定トラックとマーカーのファイルを添付しますので、読み込めるかどうか試してみて下さい。
 うまくいけば、是非例会に参加して、実際に使ってみてください。
 ただし、例会開催日は仮で決めていますので、開催日は未定です。
 下見を10月21日(日)に予定していますので、そちらに来ていただいても結構です。
 集合は出町柳駅の改札口8時00分の予定です。
 出町柳―吉田山―哲学の道・南天茶店―霊鑑寺―千人塚―大文字左はらい―大文字火床(昼食)―大文字山―№43蹴上分岐―哲学の道・若王子―永観堂―南禅寺山門―ねじりんぼ―地下鉄蹴上駅(解散17時頃)
 一般登山道は11月に守田さんの例会で歩かれる予定なので、地図を見ながら新しいルートを考えました。
 果たして道があるかどうか?
 下見の方が何が起こるか判らないから面白いと思います。

【地図】
予定断面図
181103_yoshidayama_daimonji_nanzenj
予定ルート図
181103_yoshidayama_daimonji_nanze_2
予定ルート拡大図
前半
181103_1_yoshidayama_daimonji_nanze
後半
181103_2_yoshidayama_daimonji_nanze

GPSの予定ルートデータ(トラックとして読込)
「181103_YoshidaYama_Daimonji_NanzenJi.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181103_YoshidaYama_Daimonji_NanzenJi.gpx

GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ
「181103P_YoshidaYama_Daimonji_NanzenJi.gpx」をダウンロード
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181103P_YoshidaYama_Daimonji_NanzenJi.gpx

【9月3日(月)のスマホ勉強会の結果報告】
◆ 時間配分(当初予定)
13:00~13:15 会場準備
13:15~14:00 アカウントの確認(アカウントが無い場合の対応)、「ジオグラフィカ」インストール
14:00~14:30 「ジオグラフィカ」の起動と練習用のトラックの読込
14:30~15:00 屋外で地図の読込と軌跡の記録/北文化会館周辺の散策
15:00~16:45 「ジオグラフィカ」の利用方法を習得
16:45~16:55 後片付け

9月3日(月)のスマホ勉強会は18名参加で無事終わりました。
予定通り進行せず、さんざんでしたが、結果的には90%の方は、ジオグラフィカのインストール、練習用予定ルートとポイント(マーカー)の読込を完了し、屋外での歩行軌跡の記録まで完了しました。
18人中90%ということは、10%2人はそこまでたどり着けなかったのですが、それなりの理由があるので、当日の対応は不可能と判断したためです。

「ジオグラフィカ」のインストールは受講者18名中、17名は完了していて、懸念していた「Play ストア(Google Play) 」や「App Store」を使った「ジオグラフィカ」のインストールが出来ていなかったのは1名だけでした。
一番ネックになったのは、当日までに練習用に使う 予定ルートとポイント(マーカー)の読込が18人中3名しか終わっておらず、あとの15名中13名は当日会場で取込の作業をしていただいたため、予定していた14:00~14:30の所要時間が14:00~15:30まで約1時間30分もかかってしまいました。

事前に取り込みできなかった理由は、スマホの機種が多種多様で、練習用データの取込手順が、機種毎に異なり、一律的な処理では完了しなかったためです。
参加者は実際に各自、ご自宅で練習用データの取込をしていただいたけれども、うまくいかず、当日会場で森井や他の参加者に聞きながら取り込むしかなかったので、参加者の責任ではありません。
今回の失敗を教訓として、9月17日(月・祝)の二回目では、事前に参加者全員に練習用データの取込が終わっているか確認すると共に、取り込むためのデータの形式も数種類揃えて臨むようにしたいと思います。

ちなみに最後まで 予定ルートとポイント(マーカー)の読込が出来なかった2名の方はそれぞれ事情が分かりましたから、当日での対応は諦めました。
一人は 「Play ストア(Google Play) 」は開くけれど、課金の引き落とし方法が判らない(奥様しかご存じない)ため、グーグルのアカウントが作れず、「ジオグラフィカ」のインストールさえ出来ませんでした。
もう一人の方は、「ジオグラフィカ」は事前にインストールできていましたが、スマホ(iPhone)宛に送った 予定ルートとポイント(マーカー)のリンクや添付ファイルがメールには表示されないので、おかしいと思ったら、その方はお嬢様からメールソフトではなく「メッセージ(iMessage)」の使い方しか教えてもらっていないとのことでした。 iMessageでは添付ファイルは表示できないように設定されているようで、これはiPhoneの仕様では無く、お嬢様がそのように設定して、迷惑メールやウイルスファイルを開かないよう配慮されての設定では無いかと思います。

【参考】
懸案になった練習用データは二件です。
以下のリンクファイルをスマホで読み込める方と添付ファイルで付けた同じファイルを読み込んで取り込める方がいました。
取り込み方も各自のスマホによっていろいろなパターンがあって、未だに最適な方法が見つからないのが実情です。

スマホ勉強会用資料・北大路周辺散策マップ
 以下のリンクを「ジオグラフィカ」をインストールしたスマホで読み込んで、タップして取り込んでください。
 リンクが開かない方は添付の二件の「.GPX」ファイルをタップするとスマホに取り込めるかも知れません。

予定ルートデータ/トラックとして読込
 ※ルートとして取り込むと、通過点まですべてマーカーとして登録されてしまいますから必ずトラックとして取り込んでください。
180903_KitabunkaKaikan_KamogawaNisitori.gpx 10 KB
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/180903_KitabunkaKaikan_KamogawaNisitori.gpx

ポイントデータ/マーカーとして読込
180903P_KitabunkaKaikan_KitaOji.gpx 3 KB
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/180903P_KitabunkaKaikan_KitaOji.gpx

上記二件の練習用データを取り込むには事前に「ジオグラフィカ」をスマホにインストールしておく必要があります。
Android版インストール https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.keiziweb.geographica
iPhone版インストール https://itunes.apple.com/jp/app/geographica-jiogurafika/id887734855?mt=8
インストールには 「Playストア」や「APP Store」のアカウント(ユーザー登録)が必要です。
電話機能の無いiPadでもWi-Fi接続が出来れば「ジオグラフィカ」のインストールは可能です。

Posted on 9月 5, 2018 at 02:10 午後 | | コメント (0)

180905 今夜は鴨鍋

180905 今夜は鴨鍋180905 今夜は鴨鍋180905 今夜は鴨鍋 ミルクちゃんはベッドルームのサイドチェストにJNKさんに作ってもらった寝床でリラックスしています。
 今夜は鴨鍋を作ります。

Posted on 9月 5, 2018 at 12:09 午後 | | コメント (0)

2018.09.04

180904 夕空晴れて

180904 夕空晴れて180904 夕空晴れて写真追加 台風一過、
 雲が切れて次第に夕焼け空が広がります。

Posted on 9月 4, 2018 at 06:27 午後 | | コメント (0)

180904 台風21号、神戸に襲来

180904 台風21号神戸に襲来180904 台風21号神戸に襲来180904 台風21号神戸に襲来41.8m

 またまた兵庫県に台風が上陸しました。今年三回目ですから台風の当たり年です。
 今回は前回の姫路より更に東寄りで神戸市となっているので、三宮辺りかも知れません。
 ベランダから西の空を見ると三宮方面の上空は雲が切れているから、ちょうど14時頃に台風の目が通過しているものと思います。心なしか、横殴りの風が弱まりました。

 神戸空港で最大瞬間風速45.3mを記録したそうです。

Posted on 9月 4, 2018 at 02:16 午後 | | コメント (0)

180903 京都は快晴

180903 京都は快晴180903 京都は快晴 今日は午後から北大路でスマホの勉強会があるので、早い目に出掛けました。
 京都駅前は抜けるような青空が広がっています。
 嵯峨野山陰線30番ホーム手前にある駅ナカの「麺家+さがの」でやまかけソバを食べて腹ごしらえです。
 この店は立ち喰いそば屋には珍しく全席座れるからゆっくり食べられるからよく行きます。

Posted on 9月 4, 2018 at 03:56 午前 | | コメント (0)

2018.09.02

180902 三宮で昼食、明日の勉強会の準備完了

Dsc_2283Dsc_2284

 昨日 予行演習も終わったので、今日は気分も軽く「六甲おとめ塚温泉」の朝風呂へ行って、昼前から三宮に出ました。
 いつも行列が出来る三宮センター街地下の天ぷら定食「まきの」で久し振りに揚げたての天ぷらと名物の卵の天ぷらを食って、ご飯のおかわりをしました。
 最近は食事の量を減らすように意識しているので、食べ過ぎが心配です。
 食後は例の神戸タータンコーナーが出来た東急ハンズに寄りました。
 でもあまり目新しい物は無くて、かろうじてメガネ拭きのクロスだけ買いました。

 14時前には帰宅して、明日の用意の仕上げ。 
 昨日の予行演習で気付いた勉強会のレジメの修正をして、会場のレイアウト図と名札を作成して印刷関係は終わりました。
 明日になって慌てて忘れないよう、USBケーブル、コンセント、GarminGPS、予備電池、カメラ、三脚、磁石まで思いつくままに全部揃え、印刷物を人数分揃えてセット完了です。

 明後日は台風が来るようですが、明日はまだ雨は降らないようなのでよかったです。

Posted on 9月 2, 2018 at 11:39 午後 | | コメント (0)

2018.09.01

180901 例会中止で勉強会の練習、夕食は菜萌食堂

Dsc_2279 今日予定していた№1372例会「摩耶山から三国池、記念碑台」が雨で中止になったので、午後からJNKさんにお願いして、9月3日(月)に予定している「地図表示ソフト利用方法勉強会・第1回 ①」の予行演習をしました。

 スマホ勉強会1 定員20名 参加者19名 初心者向き
 「地図表示ソフト利用方法勉強会」 
 開催日 ① 9月3日(月) 北文化会館:第1会議室
◆ 時間配分
13:00~13:15 会場準備
13:15~14:00 アカウントの確認(アカウントが無い場合の対応)、「ジオグラフィカ」インストール
14:00~14:30 「ジオグラフィカ」の起動と練習用のトラックの読込
14:30~15:00 屋外で地図の読込と軌跡の記録/北文化会館周辺の散策
15:00~16:45 「ジオグラフィカ」の利用方法を習得
16:45~16:55 後片付け

 予定では13時から17時の4時間の長丁場ですが、途中30分程度の休憩を兼ねた屋外演習があるので、正味 きよもり がしゃべるのは3時間程度になると思います。
 予行演習は14時から始めましたが、さすがは初心者で、JNKさんからは次々と「わからへん!」とか「ここはどうなってんのん!」と次々と突っ込みがあって、説明する方も結構一生懸命でした。

 今回が初めての勉強会ですが、13:15から14:30に予定しているスマホでのアカウント設定(ユーザー登録)やアプリケーション(プログラム)のインストールに関しては、今回受講される18名の会員のうち半数近くは初めての経験では無いかと思われますので、JNKさん相手の予行演習は有意義でした。

 15:00から16:45の「ジオグラフィカ」の利用方法習得は、「ジオグラフィカ」のインストールと練習用トラックの読込さえ終わっていれば、プロジェクターで会議室のスクリーンに映す きよもり のスマホ画面での操作にあわせて、各自のスマホで実際に操作してもらえば、細部まで理解できなくても、大まかな操作の流れは判っていただけるように思います。

 予行演習は14時から始めて何とか18時前に終わったので、時間配分もおおむね大丈夫だと思われます。
 ただし、解説書は36ページもあって、後半部分には読図の基礎や、道迷い遭難事故の防止にまで、触れられていますので、そこの部分は次回の勉強会で「ジオグラフィカ」の細部の解説も含めて詳しく勉強していただくようにします。

 やっと予行演習が終わり、何となくホッとして、いつもの「菜萌食堂」でさけのちゃんちゃん焼きと淡路地鶏のチキン南蛮を食べに行きました。
 JNKさん、有り難うございました。

Posted on 9月 1, 2018 at 11:24 午後 | | コメント (0)