« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018.07.31

180731 9月10月の山行計画などの予定確定

1808_09_calendar1810_11_calendar 7月10日までに提出された9月10月の各リーダーの例会開催日を同日に例会が重ならないよう日程調整をお願いして、最後にきよもりの開催日をはめ込んで、7月15日に最終調整が終わりました。
 以前はバス運行の都合もあって、平日の木曜日とかに例会を組むことも多かったのですが、最近はJNKさんも参加できるよう、もっぱら土日の休日を当てるようにしています。
 9月10月のように例会開催回数が月間20回にもなると、空いている休日にきよもりの例会開催日をうまくおさめるのには結構気を使います。
 でも何とかうまくいきましたから、下見が2週間前に完了するよう下見の日程も移動して、ようやく10月までの山行計画がまとまりました。
 10月には11月の例会にあわせて下見の日程も入れましたが、11月の例会の開催日はまた移動する可能性が強いので、取りあえずの暫定です。
 12月の予定は未定ですが、1回は恒例になっている水尾の鶏すきが入りますから、12月15日(土)当りが水尾になると思いますが、まだ行程は決められません。

 10月までの下見と例会の計画は行程や予定ルート図、断面図、コメントなどはできていますが、時間が無いので追って、掲載させていただきます。
 取りあえずは、カレンダーにも記載した9月3日(月)、9月17日(月・祝)に予定しているスマホ勉強会の講習会テキスト作りに傾注します。
 来週には東京行きを2週間にわたって計画しているので、結構タイトです。

 


Posted on 7月 31, 2018 at 11:26 午後 | | コメント (0)

2018.07.30

180730 ヘルシー親子丼とローストビーフ

180730 ヘルシー親子丼とローストビーフ180730 ヘルシー親子丼とローストビーフ いつもは鶏もも肉を使いますが、少しでも脂肪分を抑えるために笹身を使ってみました。
 玉ねぎだけでは寂しいので、カイワレ大根と九条ネギも入れてみましたが、果たしてどんな味でしょうか?
 ローストビーフは最近の定番ですが、今回は初めてオージービーフを使いました。
 筋切りをしているから結構柔らかいです。

◆結果
 鶏の笹身はレシピ通り、一口大に切って片栗粉をまぶしてからだし汁で煮ましたから意外にジューシーで美味しかったです。
 これからは同じ手法でもも肉をやめて笹身を使ってカレーなども作ってみます。
 かいわれ大根と九条ネギは折角の鮮度が煮てしまったら台無しでそれぞれの風味が無くなり食感も今イチでした。
 玉ねぎと一緒に煮るなら、レシピ通り、普通の白ネギの薄切り、シシトウなど、食感のある物にしないといけません。
 他のレシピにあるエリンギ、インゲン、カボチャなどでも試してみますが、その時の値段と量によります。
 白ネギ一本とかシシトウ一袋を買っても、使い切れないのと意外に割高なので量の少ない九条ネギとかいわれ大根にしましたが、これらを使うなら鶏肉や玉ねぎを煮終わってから最後に加えるしかありません。
 玉ねぎの皮の出汁も作って使いましたが、手間を掛けて出汁を取るほどのことは無かったかも知れません。

 レシピは例によってcookpadです。
 進化親子丼(血管ダイエット食937) 

Posted on 7月 30, 2018 at 02:37 午後 | | コメント (0)

2018.07.29

180729 台風12号通過

180729 台風12号通過180729 台風12号通過 台風12号はこれまでの台風とは全く異なる進路で、まず房総半島の南から西に進路を変えて関東地方をかすめ、静岡沖から西に進んで、今日未明、三重県に上陸して、近畿地方を東から西へ横断しました。

 今朝方、4時30分頃には丁度、神戸の上を通過して更に岡山県、広島県を東から西へ横断、夕方には九州に再上陸して、そのまま西へ進むかと思ったら、何と!今度は進路を南に変えて鹿児島県に向かっているそうです。

 こんなに変な進路を取った台風は観測史上初めてですが、これは今年の酷暑の原因である大陸の高気圧と太平洋の高気圧の両方が日本列島を覆っていることが密接に関係しています。
 後の世には平成30年の異常気象として、三日間降り続いた豪雨、二週間続いた酷暑、日本列島を東から西に横断した台風として語り継がれるでしょう。

180729_taiu12_mieken_jyoriku3Japan_near_20180729210000largeradarScreenshot_20180730_035353_20180730

Posted on 7月 29, 2018 at 11:46 午後 | | コメント (0)

180729 山行計画:8/5 六甲「逢山峡・桂ヶ谷から古寺山」8/18関西ハイク山友会№1364例会の下見(二回目)

170708_hozankyo_mizunashitaki_09170708_hozankyo_mizunashitaki_16_2
 7月14日(土)に実施した下見は7/5~7/7まで降り続いた豪雨のため、普段の倍以上の水量で、逢山峡の遡行は諦めて、古寺山のルート確認だけ実施しました。
 8月18日(土)の例会本番に備え、再度、下見を実施します。
以下は前回の計画の焼き直しです。

 

 今年も涼を求めて裏六甲の逢山峡の沢歩きを楽しみます。
 鍋谷の滝以外は大きな滝はないので流れの中を沢靴で快適に歩けます。
 今回は鍋谷の滝を右岸から巻いて上流の桂ヶ谷(長尾谷)まで足を延ばします。
 桂ヶ谷は小滝が連続し箱庭風の渓流とのことですから楽しみです。
 後半は一昨年と同じ古寺山を越えて唐櫃台に戻りますが、今回は逢山峡に隣接する北尾根を下ります。
 【山行計画】
六甲「逢山峡・桂ヶ谷から古寺山」 8/18関西ハイク山友会№1364例会の下見(二回目)

 

日 時:平成30年8月5日(日) 9:00~16:30

 

集 合:神戸電鉄有馬線・唐櫃台駅 改札口 午前9時  【参考】 京阪神から唐櫃台(カラトダイ)への時刻表
 京都7:14⇒JR新快速⇒8:07三ノ宮―地下鉄三宮8:17⇒地下鉄⇒8:28谷上8:35⇒神鉄有馬線・三田行⇒8:44唐櫃台
 【雨天の場合】
 下見なので雨天決行です。

 

参加予定者:4名/HMDさん、KWTさん、JNKさん、きよもり 7/29現在
 下見に同行していただける方はメールを下さい。

 

レベル:一般向き (今回は沢歩きなので沢靴または地下足袋+わらじ必携)

 

コース:神鉄・唐櫃台駅―東山橋―逢山峡遡行―鍋谷の滝―三条の滝―桂ヶ谷堰堤―猪鼻橋(遡行終了)―古寺山取付―本堂跡―古寺山636m―左折点520m―鉄塔―北尾根登山口―車道分岐―唐櫃台駅320m(16:40頃、解散)

 

地 図:国土地理院25000分の一「有馬」、昭文社「六甲・摩耶」
 予定断面図予定ルート図  予定ルート拡大図:前半後半

 

行 程:7.9km、所要時間:7時間30分(歩行時間:5時間00分、休憩・昼食:2時間30分)、累積標高差+460m・-460m  神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m―20分―高速下360m―10分―東山橋360m(9:40頃、遡行準備10:00出発)―30分―堰堤390m―20分―鍋谷の滝420m(11:00頃)―30分―三条の滝450m―20分―桂ヶ谷堰堤490m(12:10頃)―20分―猪鼻橋520m(12:40頃、遡行完了・昼食)―15分―古寺山取付550m―20分―急登上610m―20分―本堂跡630m―5分―古寺山636m(14:40頃)―15分―左折点520m―5分―鞍部490m―20分―鉄塔450m(15:30頃)―10分―北尾根登山口380m―10分―車道分岐360m―30分―唐櫃台駅320m(16:40頃、解散)

 

装 備:沢靴または地下足袋+わらじ、昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)
 
参加費:無し/交通費は各自払い

 

【参考】

 

 180715 山行記録:7/14 六甲「逢山峡から古寺山」の下見
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2018/07/180715-714-99b1.html

 

 山行記録:17/8/5 六甲「逢山峡から水無滝」 関西ハイク山友会№1152例会
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2017/08/170806-85-1152-.html

 

Posted on 7月 29, 2018 at 07:45 午後 | | コメント (0)

2018.07.28

180728 台風が接近中

180728 台風が接近中180728 台風が接近中 今日も三日前と同じように夕焼けが真っ赤に燃えています。
 明日はいつもとは逆に東から台風12号が接近中で大雨特別警報が出ています。

Posted on 7月 28, 2018 at 07:16 午後 | | コメント (0)

2018.07.27

180727 「スマホ勉強会」と 山の名前は?

180903_0917_sumahobenkyokai_2 【スマホ勉強会開催について】
 9月に行うスマホ勉強会のテキストを準備中です。
 「地図表示ソフト利用方法勉強会」ということで、①9月3日(月)と②9月17日(月・祝)の二回、同内容で実施しますが、二回目は平日は仕事があって参加できない方を対象にしたもので、いずれも午後1時~5時頃を予定していて、会場は地下鉄・北大路駅のビブレの北端にある「京都市北文化会館」第1会議室です。
 スマホは持っているけど、電話とメール以外はほとんど使わないという方が多いと思います。
 折角のスマホをもっと活用していただくために、スマホに国土地理院地図を読取り、GPS機能を使ってリアルタイムで歩行軌跡を表示したり、現在地を把握する方法を勉強しましょう。
 「ジオグラフィカGeographica」という無料ソフトを利用します。現在スマホを持っていない方でも興味のある方はご参加下さい。

 その準備で、スマホのジオグラフィカの画面をスクリーンショットで何十枚もコピーしましたが、これらの写真を講習会の手順にあわせて編集する作業はかなり大変です。

【GPSと地図アプリについて】
 そんなとき、たまたまネットでジオグラフィカというキーで検索していたら、ヤマケイ オンラインにジオグラフィカのアプリケーションを開発された松本圭司さん自身が8回に分けて、連載された記事を見つけました。
 ◆山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS徹底使いこなし術
 https://www.yamakei-online.com/yama-ya/group.php?gid=4
 講習会では、この記事をベースにさせていただいて、できるだけ要領よく、一歩一歩確実に習得していただけるようにしたいと思います。

 登山におけるGPS利用はGarminの専用機が普及しつつありますが、まだまだ高価で、8万円~12万円もします。
 でも、スマホに搭載されたGPS機能を使って、カラーで大きなスマホの画面に国土地理院の精密な地図を表示させ「現在地の確認」「歩行軌跡の記録」ができれば、新しい世界が広がります。

 講習会ではGPSの仕組み、有効性、地図アプリ「Geographica・ジオグラフィカ」の導入、利用方法を実際に参加者各自が持っておられるスマホを操作しながら体得していただきます。

 地図アプリはジオグラフィカだけでは無く、松本さんの記事でも、ジオグラフィカの他、「FieldAccess2」(iPhone用)、「ヤマレコMAP」を紹介しており、きよもりも以前は「地図ロイド」(Android用)をスマホに導入していました。
 ジオグラフィカが他のアプリよりすぐれているのは2点。
 一点はiPhoneにもAndroidにも対応していること。
 あと一点はヘルプ画面や、36ページにも及ぶ「スマホGPSと読図の基礎」というテキストがあり、操作に迷ったらすぐ調べられることです。

Geo1_03 【山の名前は?】
 講習会のベースにする予定の松本さんの連載記事の第1回「スマホのGPSって登山に使えるの? 道迷いのリスクをグッと減らせる強い味方になるかも!」
 https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=261
 を開くと、最初にスマホの写真とか出てきて、そのあとの記事を読んでいくと突然、朝焼けに輝くきれいな山の写真が出てきます。
 写真には「安心してください、山奥でもGPSと登山用アプリは動作します。」とコメントがありますが、これがどこの山なのか、説明が無く、ファイル名からも判断が付きません。
 でも、岩肌や稜線の続き具合からは北アルプスか、南アルプス、あるいは八ヶ岳連峰のどこかでは無いかと想定されます。
 きよもりにも何となく見覚えがあるような山容なので、心当たりを昨年歩いた鷲羽岳、3年前の常念岳、昔歩いた赤岳、と思い出しながら地図や写真で確認していきましたが、見つかりません。
 しかし、もう一度写真を見直して、気付いたのは朝焼けの山容は撮影点から稜線が繋がっていますから、この山は撮影点から西に位置するはずです。
 そこで、やっと気付いて赤岳から阿弥陀岳へ続く尾根からならこのように見えるのではないかと、2009年6月に昔の山仲間5人で行った山行の写真を見直したら、当りでした。
 https://photos.app.goo.gl/vN71a3rfgbbQQ57F7

090605_07_yatugadake_090090605_07_yatugadake_0970906074

 違うアングルで何枚も写真を撮っているし、まして下山後にはフォトスケッチャー(FotoSketcher)で絵手紙まで作っていますから、9年も経っていても、もう少し早く思い出してもよさそうですが、こんなに荒々しい岩稜だったという記憶は無いからやむを得ないかも知れません。
 そういえば、今年の春山ではこの山頂を目指した7人パーティーがアンザイレン(全員が一本のザイルで相互確保しながら登攀するテクニック)したまま、トップのリーダーが滑落したのに引っ張られて全員転落し、3名が亡くなるという痛ましい山岳事故が起きました。
 ご冥福をお祈り申し上げます。

【2009年6月の山行記録】
09年06月05日(金)~06月07日(日) 3日間 八ヶ岳 5 名 橋本、田村、西野、丹羽、森井
 美濃戸~赤岳鉱泉、硫黄岳~赤岳山頂、赤岳~阿弥陀岳~行者小屋~美濃戸
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2009/06/090609-657-e4a2.html

 この年は八ヶ岳から始まる遠征山行が4回もあり、いずれもレベルが高いコースでしたから、いま思い出しても元気だったと我ながら感心します。

09年07月09日(木)~12日(日) 4日間 北ア 4 名 丹羽、田村、西野、森井
 夜行・富山~室堂~剱沢、長次郎雪渓~剱岳、剱沢~立山~室堂

09年08月13日(木)~16日(日) 4日間 北ア 7 名 重廣、佐藤、村田、松波、秋枝、青木、森井
 大阪~馬場島、取水口~ブナクラ~赤谷山、猫又山~釜谷山~取水口、馬場島~大阪

09年09月19日(土)~23日(水) 5日間 北ア 5 名 松波、丹羽、森井、青木、秋枝
 夜行・楠葉→新穂高、新穂高~飛騨沢~槍の肩、大キレット~北穂高~涸沢岳、奥穂高~前穂~岳沢~上高地→新穂高、新穂高→松本→京都

前年には奥白根山から皇海山の百名山を繋ぐ尾根縦走
08年08月11日(月)~15日(金) 5日間 奥日光 2 名 丹羽、森井
 丸沼~奥白根山~五色沼小屋、錫ヶ岳~ネギト沢コル、三俣山~国境平、皇海山~鋸山~六林班峠、庚申山荘~銀山平⇒神戸

 翌年には西穂高岳から奥穂高岳の岩稜尾根の縦走
10年08月11日(水)~14日(土) 4日間 北ア 3 名 田村、丹羽、森井
 新穂高~西穂山荘、西穂山荘沈殿、西穂山荘~ジャンダルム~奥穂高岳、穂高山荘~上高地
も達成していますから、たいしたものです。

Posted on 7月 27, 2018 at 11:03 午後 | | コメント (0)

2018.07.26

180726 VtsorとScreenpressoで試行錯誤中

20180726_05h56_02n2 スマホ教室でGPSの地図表示ソフト「Geographica」(ジオグラフィカ)をインストールから利用方法を説明しょうと考えています。
 関西ハイク山友会の会員が対象なので、60歳以上の高齢者が多く、スマホを持っていても電話とメールでの利用がほとんどで、今回のようなアプリケーションを使うのは初めて、という方が多いと思います。
 ジオグラフィカの前に、パソコン同様、キーボードならぬタッチパネルの使い方やファイルのダウンロードから始めないと何も始められないので結構大変だと思います。

 初めての方でも判りやすい説明をしなければいけませんので、スマホの画面をノートパソコンに同時表示し、そのノートパソコンの画面をプロジェクターを使って、スクリーン(壁)に大きく写しながら説明すれば、プロジェクターの画面を見ながらスマホを操作できるのではないでしょうか。

 スマホ画面をパソコンに表示させるためにVysorというアプリを使います。
Androidスマホをパソコンで手軽に操作できるChromeアプリVysor
https://tonari-it.com/vysor-android-app-remote-mirrorring/

 スマホの操作をエミュレートするために画面キャプチャーのアプリも利用します。
スクリーンショットのキャプチャ・注釈・画像加工におすすめのフリーソフトScreenpresso
https://tonari-it.com/screenpresso-introduction/

 GIFファイルは静止画を連続再生することにより、動画のように見せてくれますが、MP4のように容量が大きくないので、ブログなどにも貼り付けることができます。
 たとえば、スマホの設定画面から、プロフィールを選び、スマホのメールアドレスをコピーする、といった一連の作業も、文字で書いたり、それぞれの動作を画像にするとかなり説明が長くなりますが、「Screenpresso」を使うと、動画なので、直感的に理解できます。

20180726_09h54_11n2 スマホでGPS機能を使って地図を表示するためには、最初にGPS地図表示アプリをダウンロードする必要があります。

地図表示アプリの主要機能
・ 地図データのダウンロード(キャッシュ)
・ 現在地の表示
・ トラックログ(GPSログ)の記録

Posted on 7月 26, 2018 at 06:33 午前 | | コメント (0)

2018.07.25

180725 夕焼け空

180725 夕焼け空180725 夕焼け空 今日も日中は暑かったけれど、19時でも31.6℃あります。
 好天が続いているので夕焼けが見事です。
 でも、高温のせいか、普段より赤みが強いようで、少し不吉です。

Posted on 7月 25, 2018 at 07:38 午後 | | コメント (0)

2018.07.24

180724 猛暑は続く

180724 猛暑は続く180724 猛暑は続く 神戸の昼間は36℃ですが、空の色がまた赤っぽくなって、猛烈に暑いです。
 夕方17時になっても日差しは弱くならず、直射日光を受けたベランダの温度計はついに、47.3℃になりました。
 でも、20時を過ぎたら32℃まで急降下していたのは風があるからでしょう。
 今夜は涼しそうです。

Posted on 7月 24, 2018 at 09:01 午後 | | コメント (0)

2018.07.23

180723 京都はやっぱり熱風

180723 京都はやっぱり熱風180723 京都はやっぱり熱風 昨日の神戸は36℃で暑かったけれど、空がくっきり晴れ渡り、風も爽やかでした。
 今日は午後からの会議で京都に来ましたが、昼には38℃になり、空は晴れているのに、風は熱風です。
 祇園祭の花傘巡行は中止になって正解です。

Posted on 7月 23, 2018 at 01:07 午後 | | コメント (0)

2018.07.22

180722 山行記録の再編集:2004/9/11~9/12「三県境トレッキング:白山・三ノ峰」

040911_12_hakusan_sannomine_013040911_12_hakusan_sannomine_023040911_12_hakusan_sannomine_032040911_12_hakusan_sannomine_044

 サイドバーにもあるようにきよもりがブログを始めたのは2004年1月1日からです。
 それから14年以上にわたって、ほぼ毎日ブログを更新していることになりますが、その間色々ありました。
 おそらく2004年以前の身辺変化よりそれ以降の身辺変化の方がはるかに激しかったと思います。
 特に山行に関しては2004年以前は大学を卒業後、会社勤務の合間に年数回程度の山行だったのが、神戸に転勤になった1997年を境に月一回程度から始まって、次第に山行頻度が上がり、月二回、月三回と増え、この数年はほぼ毎週、月四回の山行が当たり前になってしまいました。
 山行回数が増えるのはよいとして、この一年は山行に付帯する業務が増えてきて、山行記録の整備がどんどん遅れていて、気持ちに余裕が無くなっています。

 そのくせ、たまたま会員の方が白山・三ノ峰へ行かれるとお聞きして、そう言えばきよもりも昔三ノ峰へ行ったのを思いだし、それが2004年9月だと判ったので、それならブログの記録が残っているはず、と検索したのが運の尽き!
 確かに、ブログの山行記録は残っているけれど、肝心の写真のリンクが全部消えています。
 消えた原因ははっきりしていて、当時は@niftyが運営するcocologのサーバーが貧弱?でユーザーに開放されたデータの容量制限があって、当時から写真や地図などの掲載が多かったきよもりのブログは一年あまりですぐパンクしてしまう状態でした。 
 ブログをやめるわけにはいかないので、対策として、ブログのIDを次々と増やしていったのです。
 きよもりのURLがmorii3.cocolog・・・になっているのはそのせいで、その前にmorii.cocologもmorii2.cocologもあったのです。
 しかし、時を経ずして@niftyのサーバーが拡張され、有料プランならほとんどデータの容量を気にしなくてもよくなりました。
 その結果、現在のmorii3.cocolog・・・へそれまでの記事を全部移転させたのですが、移行ソフトの不備か、@niftyの手抜きかは不明ですが、地図や写真などのデータはうまく移行できませんでした。
 移転できたデータもあるのですが、今回気付いた三ノ峰に関しては、地図も写真も移行できておらず、非常に残念でした。
 折角、山行記録はちゃんと残っているので、それならとばかりに、写真アルバムから抜き出して再度過去の記事に写真を掲載する作業を始めたら、だんだん凝りだして、全部の写真にコメントを入れ、花の名前も全部調べて書き加えるのに丸1日かかってしまいました。

 ということで、折角過去の記録を整理したので、興味のある方は是非ご覧下さい。
 040913 山行記録:9/11~9/12「三県境トレッキング:白山・三ノ峰」 参加報告
 写真は以下のリンクです。
 040911_12_hakusan_sannomine_011 【写真集】
 Googleフォトの写真アルバム 61枚です。
 写真アルバムに予定断面図と予定ルート図を追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

Posted on 7月 22, 2018 at 05:16 午前 | | コメント (0)

2018.07.21

180721 尾道へ

180721 尾道へ180721 尾道へ 今日も暑かったけれど、空気が乾燥しているから尾道は爽やかな暑さでよかったです。

Posted on 7月 21, 2018 at 08:59 午後 | | コメント (0)

2018.07.20

180720 熱気去る

180720 熱気去る180720 熱気去る 昨日まで夕方になっても瘴気が消えず、空全体がもやもやとした熱気に覆われていました。
 今日も昼間は35℃ありましたが、日没前には30℃を切って、西空はすっきりくっきり、澄み渡っています。
 ようやく猛暑の峠は越えたようでよかったです。

Posted on 7月 20, 2018 at 07:40 午後 | | コメント (0)

2018.07.19

180719 アッチチの42.9℃

180719 アッチチの42.9℃180719 アッチチの42.9℃180719 アッチチの42.9℃

 昼過ぎに外へ出たら38℃だったので、驚いて用件もそこそこに帰って来ました。
 ところが16時を過ぎてふっとベランダの温度計を見て、更にビックリ!
 この暑さでも中学校の校庭ではクラブ活動中の生徒がいますが、大丈夫でしょうか?
 明日は関西ハイクの例会「男山散策」が予定されていましたが、京都は神戸より更に暑くなりそうだから、Hリーダーに中止勧告しました。

 午後5時20分現在、45.2℃になりました。

Posted on 7月 19, 2018 at 04:44 午後 | | コメント (0)

2018.07.18

180718 熱気

180718 熱気180718 熱気 今日は多治見市で40℃を超えて記録的な暑さになったそうです。
 神戸も猛暑が続いていて、19時を過ぎてもベランダは36.7℃もあります。
 風が無いから、上空は熱気がこもり、雲は止まったまま、三日月も熱気を帯びているみたいです。

Posted on 7月 18, 2018 at 07:44 午後 | | コメント (0)

2018.07.17

180717 山行記録:7/16 六甲「記念碑台から六甲最高峰」関西ハイク山友会№1347例会

180716_kinenhidai_rokkosaikoho_004180716_kinenhidai_rokkosaikoho_010180716_kinenhidai_rokkosaikoho_023180716_kinenhidai_rokkosaikoho_027

180716_kinenhidai_rokkosaikoho_03_2180716_kinenhidai_rokkosaikoho_036180716_kinenhidai_rokkosaikoho_046180716_kinenhidai_rokkosaikoho_048

180716_kinenhidai_rokkosaikoho_052180716_kinenhidai_rokkosaikoho_054180716_kinenhidai_rokkosaikoho_057180716_kinenhidai_rokkosaikoho_062

 7月5日(木)~7月7日(土)まで降り続いた豪雨が終わったと思ったら、今度は猛烈な暑さが連日続き、神戸でも35℃を越える日々です。
 JR六甲道のバス停は早朝にもかかわらず、すでに35℃になっていました。
 ケーブル山上駅から記念碑台までの車道は、日傘や団扇で日差しを避けながら歩きましたが、縦走路に入ると木陰も増え気温も30℃になり、ほっとしました。
 夏場の尾根歩きなので、15分歩き、5分休憩の短いピッチで水分を補給しながら歩くようにしました。
 神戸GCを抜け、みよし観音の横から少し急階段を登ってガーデンテラスに着きましたが、連日の熱気でほとんど展望が無く、神戸や芦屋の町並みは見えません。
 極楽茶屋跡を過ぎると縦走路は六甲山上のドライブウェイと交差しながら最高峰まで続きますが、登山道は高低差20m程度の小さなコブを5つも越えるアップダウンを繰り返します。
 途中の西おたふく山分岐の木陰で昼食をとって、最後の階段を登り切り、ようやく六甲最高峰に到着しました。
 休憩を頻繁に取ったお陰で、皆さんの足並みが揃い、予定より1時間以上も早いペースでした。
 石の宝殿から少し藪尾根を下り、再び車道に出て、芦有道路の宝殿橋に着いたら14時10分だったので、予定より1時間早いバスで芦屋川に向かいました。
 暑い時期の登山は直射日光を浴びると熱中症や脱水症状になる危険がありますので、できるだけ日陰を歩くように心がけていますが、短いピッチで歩けば息切れや発汗も少なく済みますから、意外にバテません。
 最後までどなたも遅れず歩き通していただいて有り難うございました。お疲れ様でした。

【山行記録】
六甲「記念碑台から六甲最高峰」関西ハイク山友会 №1347例会 六甲全山縦走5/6

日 時:7月16日(月・祝) 9:26~14:10
 
参加者:23 名

コース:JR六甲道(集合8:30)8:35(神戸市バス16系統210円)8:50六甲ケーブル下9:00=六甲ケーブル590円=9:10ケーブル山上駅(9:26)―記念碑台796.0mⅢ―神戸GC―みよし観音―ガーデンテラス―極楽茶屋跡―西おたふく山分岐―六甲最高峰931.3mⅠ― 一軒茶屋―石の宝殿―宝殿橋バス停(14:10)14:52(阪急バス530円)15:15阪急芦屋川(解散)

レベル:一般向き (ガーデンテラスから最高峰まではアップダウンが多い)

地 図:2万5千=「有馬」「宝塚」、昭文社=「六甲・摩耶」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行  程:約8.1km 所要時間4時間44分(歩行時間:2時間51分、休憩・昼食:1時間53分)、天候:晴、気温:35℃→30℃→34℃、累積標高差+430m・-460m
 JR六甲道(集合8:30、35℃)8:35=神戸市バス16系統210円=8:50六甲ケーブル下9:00=六甲ケーブル590円=9:10ケーブル山上駅
 ケーブル山上駅740m(30℃)9:26―西松池770m9:35―記念碑台下780m9:45~52―RokkoBaseCafe800m9:56―神戸GC830m10:05~10―みよし観音830m10:24~29―ガーデンテラス870m10:41~57―極楽茶屋跡870m11:15~21―小P880m11:38~45―西おたふく山分岐850m11:52(昼食)12:27―山頂下870m12:42―階段途中900m12:46~48―六甲最高峰931.3mⅠ12:52~13:00― 一軒茶屋880m13:06~15―石の宝殿860m13:31~44―車道840m(34℃)13:54―宝殿橋バス停700m14:10
 宝殿橋14:52=阪急バス530円=15:15阪急芦屋川(解散)

計画行程:約8.0km 所要時間5時間50分(歩行時間:3時間45分、休憩・昼食:2時間05分)、累積標高差+450m・-480m
 JR六甲道(集合8:30)8:44=神戸市バス16系統210円=9:05六甲ケーブル下9:20=六甲ケーブル590円=9:30ケーブル山上駅
 ケーブル山上駅740m(9:40頃)―15分―西松池770m―15分―記念碑台796.0mⅢ(10:20頃)―30分―神戸GC830m―20分―みよし観音830m―15分―ガーデンテラス870m(11:50頃、昼食)―20分―極楽茶屋跡870m―30分―西おたふく山分岐850m―30分―六甲最高峰931.3mⅠ(14:10頃)―10分― 一軒茶屋880m―20分―石の宝殿860m―20分―宝殿橋バス停(15:30頃)
 宝殿橋15:52=阪急バス530円=16:15阪急芦屋川(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、傘、着替え、スパッツ、ストック
 日差しの強い車道は傘が有効でした。

費 用:各自払い/市バス210円+六甲ケーブル590円+阪急バス530円=合計1,330円
 割引はほとんどありませんので、各自払いとします。バスはICOCA、Suica等が使えます。

180716_kinenhidai_rokkosaikoho_017 【写真集】
 Googleフォトの写真アルバム62枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
180716t_kinenhidai_rokkosaikohodanm
歩行ルート図
180716t_kinenhidai_rokkosaikoho
歩行ルート拡大図
前半
180716t1_kinenhidai_rokkosaikoho
後半
180716t2_kinenhidai_rokkosaikoho
GPSの歩行軌跡データ
「180716T_KinenhiDai_RokkoSaikoho.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 17, 2018 at 04:16 午後 | | コメント (0)

2018.07.16

180716 猛暑の例会無事完了

180716 猛暑の例会無事完了180716 猛暑の例会無事完了 今日は記念碑台から六甲最高峰の六甲全山縦走のメインコースですが、800m以上ある山上でも34℃もあり風が無いので、15分の短いピッチで5分の休憩を取りながらゆっくり歩きました。
 石の宝殿から芦有道路に降り、バスを芦屋川で乗り換えて三宮の産直市場へ直行。
 生ビールで元気回復です。

Posted on 7月 16, 2018 at 08:07 午後 | | コメント (0)

180716 9月10月の下見と例会の山行計画

1809_10 大幅に遅れてしまいましたが、やっと9月10月の下見と例会の山行計画が固まりました。
 9月は例会が2回、下見が1回だけですが、別途スマホ勉強会を同一内容で2回行います。
 10月は例会が2回、下見が2回ですが、下見の詳細はまだ詰めていません。
 以下に日付順に概要を記載します。
 地図は今回から予定ルートのデータとスマホのアプリで、ウエイポイント(マーカー)を表示するためのポイントデータも掲載します。
 最初は少し要領がいりますが、手順が判れば、「ジオグラフィカGeographica」や「山レコMAP」「地図ロイド」などで予定ルートやポイントが表示できます。


8月25日(土) 下見 六甲 六甲全山縦走6/6
「東六甲縦走・宝殿橋から宝塚」
地図:宝塚 (歩程11.0km、累積標高差+550m・-1220m)

9月2日(日) 例会 六甲 初心の山36 六甲全山縦走4/6
「摩耶山から三国池、記念碑台」
定員25名 一般向き
地図:神戸首部、有馬 (歩程7.8km、累積標高差+640m・-350m)

9月9日(日) 例会 高野山 初心の山37 高野山町石道Ⅱ
「奥の院町石と大門から紀伊細川」
定員30名 中級向き
地図:高野山 (歩程13.2km、累積標高差+560m・-990m)

9月29日(土)下見 京都北山 北山の尾根と峠歩き58
「杉阪口から峰山、西明寺」
定員25名 中級向き
地図:周山、京都西北部 (歩程7.5km、累積標高差+670m・-750m)

10月7日(日) 例会 六甲 初心の山38 六甲全山縦走6/6
「東六甲縦走・宝殿橋から宝塚」 "
定員25名 一般向き
地図:宝塚 (歩程11.0km、累積標高差+550m・-1220m)

10月13日(土) 京都北山 北山の尾根と峠歩き58
「杉阪口から峰山、西明寺」
定員25名 中級向き
地図:周山、京都西北部 (歩程7.5km、累積標高差+670m・-750m)

8月25日(土)下見 六甲 六甲全山縦走6/6
「東六甲縦走・宝殿橋から宝塚」
地図:宝塚 (歩程11.0km、累積標高差+550m・-1220m)
【地図】
予定断面図
180825_hodenbashi_takaradukadanmen
予定ルート図
180825_hodenbashi_takaraduka
予定ルート拡大図
前半
180825_1_hodenbashi_takaraduka
後半
180902_2_mayasan_mikuniike_kinenhid
GPSの予定ルートデータ
「180825_HodenBashi_Takaraduka.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ
「180825_P_HodenBashi_Takaraduka.gpx」をダウンロード


9月2日(日)例会 六甲 初心の山36 六甲全山縦走4/6
「摩耶山から三国池、記念碑台」
定員25名 一般向き
地図:神戸首部、有馬 (歩程7.8km、累積標高差+640m・-350m)
【地図】
予定断面図
180902_mayasan_mikuniike_kinenhidai
予定ルート図
180902_mayasan_mikuniike_kinenhid_2
予定ルート拡大図
前半
180902_1_mayasan_mikuniike_kinenhid
後半
180902_2_mayasan_mikuniike_kinenh_2
GPSの予定ルートデータ
「180902_MayaSan_MikuniIke_KinenhiDai.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ
「180902_P_MayaSan_MikuniIke_KinenhiDai.gpx」をダウンロード


9月9日(日)例会 高野山 初心の山37 高野山町石道Ⅱ
「奥の院町石と大門から紀伊細川」
定員30名 中級向き
地図:高野山 (歩程13.2km、累積標高差+560m・-990m)
【地図】
予定断面図
180909_okunoin_daigaran_kiihosokawa
予定ルート図
180909_okunoin_daigaran_kiihosoka_2
予定ルート拡大図
前半
180909_1_okunoin_daigaran_kiihosoka
後半
180909_2_okunoin_daigaran_kiihosoka
GPSの予定ルートデータ
「180909_OkunoIn_DaiGaran_KiiHosokawa.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ
「180909_P_OkunoIn_DaiGaran_KiiHosokawa.gpx」をダウンロード


9月29日(土)下見 京都北山 北山の尾根と峠歩き58
「杉阪口から峰山、西明寺」
定員25名 中級向き
地図:周山、京都西北部 (歩程7.5km、累積標高差+670m・-750m)
【地図】
予定断面図
180929_sugisaka_mineyama_saimyojida
予定ルート図
180929_sugisaka_mineyama_saimyoji
予定ルート拡大図
前半
180929_1_sugisaka_mineyama_saimyoji
後半
180929_2_sugisaka_mineyama_saimyoji
GPSの予定ルートデータ
「180929_Sugisaka_MineYama_SaimyoJi.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ
「180929_P_Sugisaka_MineYama_SaimyoJi.gpx」をダウンロード


10月7日(日) 例会 六甲 初心の山38 六甲全山縦走6/6
「東六甲縦走・宝殿橋から宝塚」 "
定員25名 一般向き
地図:宝塚 (歩程11.0km、累積標高差+550m・-1220m)
【地図】
予定断面図
180825_hodenbashi_takaradukadanmen
予定ルート図
180825_hodenbashi_takaraduka
予定ルート拡大図
前半
180825_1_hodenbashi_takaraduka
後半
180902_2_mayasan_mikuniike_kinenhid
GPSの予定ルートデータ
「180825_HodenBashi_Takaraduka.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ
「180825_P_HodenBashi_Takaraduka.gpx」をダウンロード


10月13日(土) 京都北山 北山の尾根と峠歩き58
「杉阪口から峰山、西明寺」
定員25名 中級向き
地図:周山、京都西北部 (歩程7.5km、累積標高差+670m・-750m)
【地図】
予定断面図
180929_sugisaka_mineyama_saimyojida
予定ルート図
180929_sugisaka_mineyama_saimyoji
予定ルート拡大図
前半
180929_1_sugisaka_mineyama_saimyoji
後半
180929_2_sugisaka_mineyama_saimyoji
GPSの予定ルートデータ
「180929_Sugisaka_MineYama_SaimyoJi.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ
「180929_P_Sugisaka_MineYama_SaimyoJi.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 16, 2018 at 12:45 午前 | | コメント (0)

2018.07.15

180715 山行記録:7/14 六甲「逢山峡から古寺山」の下見

180714_hozankyo_furuderayama_008180714_hozankyo_furuderayama_016

 例会は8月18日(土)開催なのでまだ早いのですが、連日の猛暑なのでこれ幸いと沢歩きの下見に行きました。
 ところが、東山橋で谷へ下り、沢靴を履き終わって、さあ、行くぞとスタートしたトタン、どうも水量が多いような気がしました。
 今週になってからは、好天が続き、こんなに水量が多いのはおかしいのですが、よく考えると先週7月5日(木)~7月7日(土)まで降り続いた豪雨で、六甲山頂付近でも1m近くも雨が降ったそうですから、山に染み込んだ水が7日間経っても、まだ流れきれずに水かさが増えているのです。
 最初に対岸へ渡るところで、普段なら靴の甲が濡れる程度なのに今日は膝下までの徒渉になり、水量が多くて早いから、このまま沢歩きを続けるのは無理と判断しました。
 谷沿いの車道を上流に向かい、長尾谷の猪鼻橋で昼食。
 午後から古寺山へ登り直し、表参道の急尾根を下って唐櫃台へ戻りました。
 同行していただいた皆さん、お疲れ様でした。
 下見のリベンジは8月5日(日)に実施します。
 ご都合がつけばまた同行をお願いします。
 【山行記録】
六甲「逢山峡・桂ヶ谷から古寺山」 8/18関西ハイク山友会№11354例会の下見

日 時:平成30年7月14日(土) 8:51~15:26

参加者:4名/HMDさん、KWTさん、JNKさん、きよもり
 
レベル:一般向き (沢歩きはできなかったけど、古寺山は新ルートで変化があります)

コース:神鉄・唐櫃台駅―東山橋―逢山峡遡行断念―車道―鍋谷の滝下―車道―仏谷分岐―猪鼻橋―古寺山取付―急登上―古寺山636m―観音道分岐・右折―鉄塔―T字分岐・右折―車道分岐―唐櫃台駅15:26(解散)

地 図:国土地理院25000分の一「有馬」、昭文社「六甲・摩耶」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:8.2km、所要時間:6時間35分(歩行時間:3時間29分、休憩・昼食:3時間06分)、天候:快晴、気温:34℃→30℃→35℃→34℃、累積標高差+460m・-460m
 神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m8:51―高速下360m9:11―東山橋360m(遡行準備、34℃)9:18~30―遡行断念―車道370m9:40―不動明王堰堤390m9:48~58―車道―鍋谷の滝下400m(徒渉断念)10:06~20―車道―仏谷分岐480m10:36~58―猪鼻橋520m11:13(昼食、30℃)12:20―古寺山取付550m12:30~36―急登上610m(35℃)12:49~59―本堂跡分岐610m13:11―古寺山636m(34℃)13:17~40―右折点610m13:47―観音道分岐・右折520m13:59―谷道分岐・直進510m14:02―尾根520m14:05~09―右折点480m14:24―鉄塔460m14:30~40―T字分岐・右折450m14:42―有刺フェンス430m14:45―車道390m14:50―表参道取付380m14:56―車道分岐360m15:00~08―唐櫃台駅320m15:26(解散)

計画行程:7.9km、所要時間:7時間30分(歩行時間:5時間00分、休憩・昼食:2時間30分)、累積標高差+460m・-460m
 神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m―20分―高速下360m―10分―東山橋360m(9:40頃、遡行準備10:00出発)―30分―堰堤390m―20分―鍋谷の滝420m(11:00頃)―30分―三条の滝450m―20分―桂ヶ谷堰堤490m(12:10頃)―20分―猪鼻橋520m(12:40頃、遡行完了・昼食)―15分―古寺山取付550m―20分―急登上610m―20分―本堂跡630m―5分―古寺山636m(14:40頃)―15分―左折点520m―5分―鞍部490m―20分―鉄塔450m(15:30頃)―10分―北尾根登山口380m―10分―車道分岐360m―30分―唐櫃台駅320m(16:40頃、解散)

装 備:沢靴または地下足袋+わらじ、昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽、日傘
 
参加費:無し/交通費は各自払い

180714_hozankyo_furuderayama_032 【写真集】
 Googleフォトの写真アルバム 72枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【参考】
 山行記録:17/8/5 六甲「逢山峡から水無滝」 関西ハイク山友会№1152例会
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2017/08/170806-85-1152-.html

【地図】
歩行断面図
180714t_hozankyo_furuderayamadanmen
歩行ルート図
180714t_hozankyo_furuderayama
歩行ルート拡大図
前半
180714t1_hozankyo_furuderayama
後半
180714t2_hozankyo_furuderayama
GPSの歩行軌跡データ
「180714T_HozanKyo_FuruderaYama.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 15, 2018 at 05:02 午後 | | コメント (0)

180715 神戸のベランダは39.6℃

180715 神戸は39.6℃180715 神戸は39.6℃ 昨日も一昨日も暑かったけれど、今日も猛暑日です。
 明日の例会が心配ですが、できるだけ木陰の多い登山道を歩きますが、皆さん、日傘やうちわをお忘れなく!

Posted on 7月 15, 2018 at 04:26 午後 | | コメント (0)

2018.07.14

180714 山行計画:7/16 六甲「記念碑台から六甲最高峰」 関西ハイク山友会№1347例会

180712_kinenhidai_rokkosaikoho_02180712_kinenhidai_rokkosaikoho_10

 六甲全山縦走も後半に入り、今回は六甲山上の車道と並行する一般行程。
 ケーブル山上駅から記念碑台で全山縦走路に入ります。
 日本最初のゴルフコースである神戸GCを通り抜け、みよし観音の横からひと登りでガーデンテラスに着きます。
 ガーデンテラスからいったん極楽茶屋跡に下ると、車道と平行する登山道になりますが、最高峰まで5つくらいの小ピークを越えるので結構堪えます。
 六甲最高峰からは遙かに塩屋から摩耶山へ続く長い尾根や大阪湾の広い展望が得られますが、果たしていかがでしょうか?
 石の宝殿からは縦走路を離れ芦有道路の宝殿橋へ下ります。

【山行計画】
六甲「記念碑台から六甲最高峰」関西ハイク山友会 №1347例会 六甲全山縦走5/6

日 時:7月16日(月・祝) 9:40~15:30

集合場所:JR六甲道駅 北側の市バス16系統 乗り場 8時30分
 六甲道 8時46分発 神戸市バス16系統に乗車します。
 京都大阪方面からのJR新快速は六甲道には止まりませんので、芦屋で快速か普通に乗り換えて下さい。
 【参考】京都方面からの乗換
 京都7:23→新快速→大阪7:56→8:11芦屋8:15→快速→8:22六甲道
 京都7:32→新快速→大阪8:04→8:19芦屋8:24→快速→8:31六甲道

 【雨天の場合】
 前日、7月15日(日) 17:00発表の気象情報で、兵庫県南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:兵庫県南部 078-177(前7月15日(日) 17時発表の予報)
 
参加予定者:24 名/7/13現在

コース:JR六甲道(集合8:30))8:46(神戸市バス16系統210円)9:07六甲ケーブル下9:20=六甲ケーブル590円=9:30ケーブル山上駅(9:40頃)―記念碑台796.0mⅢ―神戸GC―みよし観音―ガーデンテラス―極楽茶屋跡―西おたふく山分岐―六甲最高峰931.3mⅠ― 一軒茶屋―石の宝殿―宝殿橋バス停(15:30頃)15:52(阪急バス530円)17:15阪急芦屋川(解散)

レベル:一般向き (ガーデンテラスから最高峰まではアップダウンが多い)

地 図:2万5千=「有馬」「宝塚」、昭文社=「六甲・摩耶」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約8.0km 所要時間5時間50分(歩行時間:3時間45分、休憩・昼食:2時間05分)、累計登り+450m下り-480m
 JR六甲道(集合8:30)8:44=神戸市バス16系統210円=9:05六甲ケーブル下9:20=六甲ケーブル590円=9:30ケーブル山上駅
 ケーブル山上駅740m(9:40頃)―15分―西松池770m―15分―記念碑台796.0mⅢ(10:20頃)―30分―神戸GC830m―20分―みよし観音830m―15分―ガーデンテラス870m(11:50頃、昼食)―20分―極楽茶屋跡870m―30分―西おたふく山分岐850m―30分―六甲最高峰931.3mⅠ(14:10頃)―10分― 一軒茶屋880m―20分―石の宝殿860m―20分―宝殿橋バス停(15:30頃)
 宝殿橋16:52=阪急バス530円=17:15阪急芦屋川(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、傘、着替え、スパッツ、ストック
 整備された道なので雨の場合は傘を差して歩けます。

費 用:各自払い/市バス210円+六甲ケーブル590円+阪急バス530円=合計1,330円
 割引はほとんどありませんので、各自払いとします。バスはICOCA、Suica等が使えます。

180712_kinenhidai_rokkosaikoho_08 【写真集】 7月12日(木)の下見時の写真です。
 Googleフォトの写真アルバム 12枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【参考】110126 山行記録:11/1/22 六甲全山縦走・16時間46分
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2011/01/110125122-164-1.html

【地図】
予定断面図
180716_kinenhidai_rokkosaikohodanme
予定ルート図
180716_kinenhidai_rokkosaikoho
予定ルート拡大図
前半
180716_1_kinenhidai_rokkosaikoho
後半
180716_2_kinenhidai_rokkosaikoho

GPSの予定ルートデータ
「180716_KinenhiDai_RokkoSaikoho.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ
「180716_P_KinenhiDai_RokkoSaikoho.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 14, 2018 at 02:38 午前 | | コメント (0)

2018.07.13

180713 山行計画:7/14 六甲「逢山峡・桂ヶ谷から古寺山」8/18関西ハイク山友会№1364例会の下見

170708_hozankyo_mizunashitaki_09170708_hozankyo_mizunashitaki_16_2

 今年も涼を求めて裏六甲の逢山峡の沢歩きを楽しみます。
 鍋谷の滝以外は大きな滝はないので流れの中を沢靴で快適に歩けます。
 今回は鍋谷の滝を右岸から巻いて上流の桂ヶ谷(長尾谷)まで足を延ばします。
 桂ヶ谷は小滝が連続し箱庭風の渓流とのことですから楽しみです。
 後半は一昨年と同じ古寺山を越えて唐櫃台に戻りますが、今回は逢山峡に隣接する北尾根を下ります。

 【山行計画】
六甲「逢山峡・桂ヶ谷から古寺山」 8/18関西ハイク山友会№11354例会の下見

日 時:平成30年7月14日(土) 9:00~16:30

集 合:神戸電鉄有馬線・唐櫃台駅 改札口 午前9時
 【参考】 京阪神から唐櫃台(カラトダイ)への時刻表
 京都7:14⇒JR新快速⇒8:07三ノ宮―地下鉄三宮8:17⇒地下鉄⇒8:28谷上8:35⇒神鉄有馬線・三田行⇒8:44唐櫃台
 【雨天の場合】
 下見なので雨天決行です。

参加予定者:4名/HMDさん、KWTさん、JNKさん、きよもり 7/12現在
 
レベル:一般向き (今回は沢歩きなので沢靴または地下足袋+わらじ必携)

コース:神鉄・唐櫃台駅―東山橋―逢山峡遡行―鍋谷の滝―三条の滝―桂ヶ谷堰堤―猪鼻橋(遡行終了)―古寺山取付―本堂跡―古寺山636m―左折点520m―鉄塔―北尾根登山口―車道分岐―唐櫃台駅320m(16:40頃、解散)

地 図:国土地理院25000分の一「有馬」、昭文社「六甲・摩耶」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:7.9km、所要時間:7時間30分(歩行時間:5時間00分、休憩・昼食:2時間30分)、累積標高差+460m・-460m
 神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m―20分―高速下360m―10分―東山橋360m(9:40頃、遡行準備10:00出発)―30分―堰堤390m―20分―鍋谷の滝420m(11:00頃)―30分―三条の滝450m―20分―桂ヶ谷堰堤490m(12:10頃)―20分―猪鼻橋520m(12:40頃、遡行完了・昼食)―15分―古寺山取付550m―20分―急登上610m―20分―本堂跡630m―5分―古寺山636m(14:40頃)―15分―左折点520m―5分―鞍部490m―20分―鉄塔450m(15:30頃)―10分―北尾根登山口380m―10分―車道分岐360m―30分―唐櫃台駅320m(16:40頃、解散)

装 備:沢靴または地下足袋+わらじ、昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)
 
参加費:無し/交通費は各自払い

【参考】
 山行記録:17/8/5 六甲「逢山峡から水無滝」 関西ハイク山友会№1152例会
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2017/08/170806-85-1152-.html

【地図】
予定断面図
180714_hozankyo_katuragadani_furude
予定ルート図
180714_hozankyo_katuragadani_furu_2
予定ルート拡大図
前半
180714_1_hozankyo_katuragadani_furu
後半
180714_2_hozankyo_katuragadani_furu
GPSの予定ルートデータ
「180714_HozanKyo_KaturagaDani_FuruderaYama.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ
「180714_P_HozanKyo_KaturagaDani_FuruderaYama.gpx」をダウンロード


Posted on 7月 13, 2018 at 11:38 午後 | | コメント (0)

2018.07.12

180712 記念碑台から六甲最高峰の下見完了

180712 記念碑台から六甲最高峰の下見完了 例会が7月16日と迫っているので、平日で変則ですが、HMDさん、JNKさんに同行していただいて三人で下見に行きました。
 曇り空でしたが、日照りが無いので、わりとしのぎ易くて助かりました。
 六甲最高峰に着いたら13時で計画より1時間以上早かったので、宝殿橋発14時52分の2時間早いバスに間に合いました。
 本番も今日くらいの曇天を祈りましょう。

180712 記念碑台から六甲最高峰の下見完了 スマホのジオグラフィカで記録したトラックの写真です。
 途中一時的に記録が抜けましたが、まずまず、ちゃんと表示されました。

Posted on 7月 12, 2018 at 03:07 午後 | | コメント (0)

2018.07.11

180711 合わせ鏡

180710dsc_1515 スマホとパソコンを繋いで、スマホの画面をパソコンにも同時に表示したり、パソコンのキーボードやマウスで、スマホを操作できるソフトを見つけました。
 VysorというGoogleChromeアプリです。
 「Androidスマホをパソコンで手軽に操作できるChromeアプリVysor」
 https://tonari-it.com/vysor-android-app-remote-mirrorring/

 早速、ノートパソコンにインストールして環境を作り、パソコンとスマホを繋ぐと、意外にあっさりとパソコンにスマホの画面がリアルでキャプチャーできるようになりました。
 スマホのカメラでパソコンに表示されたスマホを撮影したら、合わせ鏡になりました。
 何となく神秘的です。


Posted on 7月 11, 2018 at 10:23 午後 | | コメント (0)

2018.07.10

180710 山行計画:7/12 六甲「記念碑台から最高峰」 7/16関西ハイク山友会№1347例会の下見

7月7日(土)は豪雨で雨天中止としたため下見の再挑戦です。
180520_mayasan_mikuniike_kinenhidai180520_mayasan_mikuniike_kinenhid_2160206_higashiotafukuyama_rokkosaik160206_higashiotafukuyama_rokkosa_2

 例会本番7月16日(月・祝)まで週末は日程が取れず、平日になりますが、7月12日(木)に下見をします。
 行程は六甲全山縦走の六甲山上区間ですから、迷う心配はありませんが、2年以上歩いていない石の宝殿周辺の状況確認もしておきたいと思います。

 六甲全山縦走も後半に入り、今回は六甲山上の車道と並行する一般行程。
 天気が回復すれば、登山道脇の紫陽花や展望を楽しめます。
 六甲最高峰からは遙かに塩屋から摩耶山へ続く長い尾根や大阪湾の広い展望が得られますが、果たしていかがでしょうか?
 石の宝殿からは縦走路を離れ芦有道路の宝殿橋へ下ります。

【下見山行計画】
六甲「記念碑台から六甲最高峰」関西ハイク山友会 7月16日(月・祝) №1347例会の下見 六甲全山縦走5/6

日 時:7月12日(木) 9:40~16:00

集合場所:JR六甲道駅 北側の市バス16系統 乗り場 8時30分
 六甲道 8時44分発 神戸市バス16系統に乗車します。
 京都大阪方面からのJR新快速は六甲道には止まりませんので、芦屋で快速か普通に乗り換えて下さい。
 【参考】京都方面からの乗換
 京都7:23→新快速→大阪7:56→8:11芦屋8:15→快速→8:22六甲道
 京都7:32→新快速→大阪8:04→8:19芦屋8:24→快速→8:31六甲道

【雨天の場合】今度は雨天決行です
 
参加予定者:4 名/7/10現在
 HMDさん、KWTさん、JNKさん、きよもり
 下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:JR六甲道(集合8:30)8:44=神戸市バス16系統210円=9:05六甲ケーブル下9:20=六甲ケーブル590円=9:30ケーブル山上駅(9:40頃)―記念碑台796.0mⅢ―神戸GC―みよし観音―ガーデンテラス―極楽茶屋跡―西おたふく山分岐―六甲最高峰931.3mⅠ― 一軒茶屋―石の宝殿―縦走路分岐―宝殿橋バス停(16:00頃)16:52(阪急バス530円)17:15阪急芦屋川(解散)

レベル:一般向き (ガーデンテラスから最高峰まではアップダウンが多い)

地 図:2万5千=「有馬」「宝塚」、昭文社=「六甲・摩耶」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約8.0km 所要時間6時間20分(歩行時間:4時間20分、休憩・昼食:2時間00分)、累計登り+450m下り-480m
 JR六甲道(集合8:30)8:44=神戸市バス16系統210円=9:05六甲ケーブル下9:20=六甲ケーブル590円=9:30ケーブル山上駅
 ケーブル山上駅740m(9:40頃)―15分―西松池770m―15分―記念碑台796.0mⅢ(10:20頃)―30分―神戸GC830m―20分―みよし観音830m―15分―ガーデンテラス870m(11:50頃、昼食)―20分―極楽茶屋跡870m―30分―西おたふく山分岐850m―30分―六甲最高峰931.3mⅠ(14:10頃)―10分― 一軒茶屋880m―50分―石の宝殿860m―5分―縦走路分岐840m―20分―宝殿橋バス停(16:00頃)
 宝殿橋16:52=阪急バス530円=17:15阪急芦屋川(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、傘、着替え、スパッツ、ストック
 整備された道なので雨の場合は傘を差して歩けます。

費 用:各自払い/市バス210円+六甲ケーブル590円+阪急バス530円=合計1,330円
 割引はほとんどありませんので、各自払いとします。バスはICOCA、Suica等が使えます。

【参考】110126 山行記録:11/1/22 六甲全山縦走・16時間46分
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2011/01/110125122-164-1.html

【地図】
予定断面図
180707_kinenhidai_rokkosaikohodanme
予定ルート図
180707_kinenhidai_rokkosaikoho
予定ルート拡大図
前半
1807071_kinenhidai_rokkosaikoho
後半
1807072_kinenhidai_rokkosaikoho
GPSの予定ルートデータ
「180707_KinenhiDai_RokkoSaikoho.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ
「180707_P_KinenhiDai_RokkoSaikouho.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 10, 2018 at 09:31 午前 | | コメント (0)

2018.07.09

180709 スマホ勉強会を開催通知/GPSを使った地図読みに挑戦しましょう

180903_17_ 携帯電話(いわゆるガラケイ)からスマホ(iPhoneやAndroid)へのシフトが進みつつありますが、高齢者には携帯で慣れ親しんだボタン入力から指を使ったタッチパネル操作への移行にはどうしても抵抗があるようです。
 しかし、いったんスマホを使い始めると画面が大きいし、心配した使用料金も利用方法にもよりますが、携帯電話と比べてもそれ程増えません。
 でも、待ってください!
 貴方のスマホはどのように利用していますか?
 おそらく大半の方は今まで通り、電話か、少し馴れてきてメールをやり取りしたり、インターネットを覗いたり、少し進んだ方でも誰かに言われて、LINEやInstagram、Facebook、Twiterに挑戦し始めたところでしょうか。

 でもスマホはどんどん進化していて、今やノートパソコンに取って代わる勢いです。
 スマホは単純にいえばマウスが使えないパソコンです。
 いつでも何処でも使えますから、やがてノートパソコンは駆逐されるでしょう。

180526_hanasetoge_momoitoge_oohar_6 さて、折角スマホを持っているのですから、スマホには必ず搭載されているGPS機能を利用して、登山地図の表示や歩行計画、歩行軌跡の作成に挑戦してみませんか?
 過日の関西ハイク山友会の小委員会できよもりからスマホを使ったGPS地図読み教室をやりたいと提案し、承認をいただきました。
 早速、HMMさんにお願いして9月3日(月)に北大路の「北文化会館」に会場を抑えていただきましたので、9月から二ヶ月に一回程度「スマホ勉強会」を開催します。
 当面は「ジオグラフィカ(Geographica)」という無料のiPhoneでもAndroidでも使えるアプリケーション(ソフトウェア)をスマホに導入し、国土地理院の地形図を表示して、歩行軌跡などをリアルタイムで確認できるアプリケーションの利用方法を勉強します。
 きよもりも使い始めてまだ二ヶ月あまりですから、一緒に勉強しましょう。
 詳しくは8月10日(金)頃発送される会報をご覧下さい。

 9月3日(月)が平日にあたるため、平日開催では仕事を持っている人は勉強できないので、土日でもう一度開催して欲しいとJNKさんから言われました。
 たしかに、その通りなので、同一内容で別の休日に同じ内容で再度スマホ勉強会を開催したいと思います。
 土日は各リーダーの例会と重なることが多いので、日程調整が難しいのですが、取りあえず、9月17日(月・祝)に二回目を開催することにしたいと思います。
 もちろん、ある程度利用方法に慣れていただいたら、並行して「地図読みハイク」を再開し、磁石、スマホを併用した地図読みを実践体験していただきます。

 定員 1回15名/部屋は30人まで机イスがありますので増員可能です。
 参加費は会場費の頭割りとして一人200円
 参加資格はスマホを持っておられる方としますが、これから携帯をやめてスマホに切り替えたい、今後スマホを持つつもり、という方の見学参加も歓迎です。

Posted on 7月 9, 2018 at 11:42 午後 | | コメント (0)

2018.07.08

180708 クラッセで夕食

180708dsc_1505180708dsc_1504 やっと三日間降り続いた雨が止んだので、今日は朝から六甲おとめ塚温泉へ行って、べたついた身体をさっぱりしました。
 クラッセの二階にはクラッセ カフェというイートインコーナーが出来ています。
 カウンター式のレジががいくつかあって、ケーキやコーヒー、甘味処に混じって、「レッド ミート」というステーキ屋があるので、初めて入ってみました。
 ステーキもローストビーフ丼も見かけは良いけど・・・
 やっぱりこういう店ではあまり味を期待しない方が良いようですね。
 「奈萌食堂」と値段は同じくらいですが、味や料理へのこだわりには格段の差があるようで残念でした。

Posted on 7月 8, 2018 at 11:40 午後 | | コメント (0)

2018.07.07

180707 明日の例会は中止

180707 明日の例会は中止180707 明日の例会は中止 一昨日から降り続く雨は西日本全体に記録的な雨量になっています。
 京都府と兵庫県には大雨特別警報が発令されました。
 渡月橋は橋桁のすぐ下まで激流が迫っているし、地元の東灘区でも甲南病院のすぐ近くで土砂崩れが発生して、道路に溢れ、電柱も倒れています。
 
 このような状況下で明日の例会を開催すべきか否か悩みましたが、集合地の極楽橋や高野山まで、京都や奈良、神戸方面から来られる会員の足の便や、皆さんの自宅周辺の浸水や増水の被害状況などの事情を勘案して、開催中止を今朝6時に決定し、全員にメールまたはFAXさせていただきました。
 明日の和歌山県北部は午前中が30%、午後が10%と天気が回復しそうですが、9月に再度挑戦、ということでご了解いただくようお願い申し上げます。

【18.07.07 05:54 のメール】

皆さん、おはようございます。

今朝5時発表の明日7月8日(日) の和歌山県北部の降水確率は午前中30%、午後10%となって、三日間降り続いた雨はやっと止んで天気は好転するようです。
規定通りであれば明日の例会は予定通り開催となりますが、会員の皆さんがお住まいの地域での被害状況や 交通機関の乱れなどを配慮すると、集合時刻までに極楽橋や高野山に到着できない会員がおられるのでは無いかと懸念します。
申込みいただいた会員の皆さんが全員が揃ってこその例会ですから、明日の例会開催は中止にした方がよいと判断いたしました。
折角楽しみにしていただきながら申し訳ありませんが、規定外になりますが、明日7月8日(日)№1342例会「奥の院町石と大門から紀伊細川」は中止いたします。
まことに勝手で申し訳ありませんが、状況を判断しての中止ですので、どうぞご了承下さい。

リベンジは9月の上旬に予定したいと思います。
私鉄の「高野山1dayチケット」は改札を通らない限り11月25日(日)まで有効です。
JRの「夏の関西1デイパス」は残念ながら、すでに購入されておられる場合は、払戻の手続きをお願い申し上げます。
JRは9月に同様の企画があるか否かは未定です。

本日17時発表の予報にかかわらず、明日の例会は中止しますので、お間違いの無いようお願い申し上げます。

Posted on 7月 7, 2018 at 01:56 午後 | | コメント (0)

2018.07.06

180706 大雨でクラッセも早仕舞い

180706 大雨でクラッセも早仕舞い180706 大雨でクラッセも早仕舞い 昨日から丸二日間降り続く雨。
 御影の山手でも道路が土砂崩れで通行止めになっています。
 クラッセも15時で閉店です。
 ミルクちゃんだけは全く関知せずのんびりと丸くなって寝ています。

Posted on 7月 6, 2018 at 05:57 午後 | | コメント (0)

2018.07.05

180705 山行計画:7/8 高野山「奥の院町石と大門から紀伊細川」関西ハイク山友会№1342例会

180623_okunointyoishi_daimon_kiihos180623_okunointyoishi_daimon_kiih_2180623_okunointyoishi_daimon_kiih_3180623_okunointyoishi_daimon_kiih_4

180623_okunointyoishi_daimon_kiih_5180623_okunointyoishi_daimon_kiih_6180623_okunointyoishi_daimon_kiih_7180623_okunointyoishi_daimon_kiih_8

 6月17日(日)に町石道Ⅰ「九度山から矢立」が36名の参加で無事完了致しました。
 順当なら続きは矢立№60から壇上伽藍№1の順路で町石道を登るべきですが、今回は奥の院町石三十六町もあわせて歩きたいので、足の便がよく、時間的にも無理が無い逆コースで歩きます。

 奥の院町石の半分は弘法大師廟への参道に設置されているので、静かな杉並木の石畳を歩くことになります。
 参道の両側には、信長、秀吉、信玄など武将の墓、名家の墓所が並び、独特の景観が続きます。
 鶴田浩二の墓の横が一の橋で、ここからは車道脇の歩道を歩きますが、車道の両側に町石が続くので、見過ごさないようにしましょう。
 壇上伽藍(根本大塔)の手前から参道になり、O№4~O№1は境内の通路際に立っています。
 ここから高野山の町石道180基の開始です。№1、2は柵越しに見て大門から山道に入ります。
 しばらくジグザグの急坂が続き、下り切ると道は平坦になり、山腹を縫うように緩やかにアップダウンを繰り返しながら下っていきます。
 鏡石、4里石、№36を過ぎて、車道脇に立つ№37~№39に寄り道してから展望台で大阪湾を望ながらゆっくり休憩します。
 №40からは車道からどんどん離れ、きれいな杉の植林帯に樹齢数百年の大栃や樫の木が混じる爽やかな古道が続きます。
 押上石と袈掛石を越すと最後の急坂があり、村落を抜けると矢立です。
 舗装された谷間の道をひたすら下り切ったら紀伊細川です。

 阪急3,090円・京阪3,100円・阪神2,980円など近鉄以外の各私鉄と乗り継ぎの「高野山1dayチケット」が利用できます。
 JRは「夏の関西1デイパス」3,600円が利用できます。
 難波、新今宮、天下茶屋から高野山(りんかんバス含む)+帰路の紀伊細川から天下茶屋、新今宮、難波の交通費は2,500円位ですから、JRまたは私鉄・地下鉄代を加算した費用で利用の可否をご検討ください。
 JRの場合、京都なら1,000円程度安くなりますが、芦屋や吹田からだと割高です。

 残念ながら7/5現在、7月8日(日)の降水確率は60%ですが、天気の回復を祈りましょう

【山行計画】
高野山「奥の院町石と大門から紀伊細川」関西ハイク山友会 №1342例会

日 時:7月8日(日) 10:30~17:00

集 合:南海高野線・難波駅 改札口 8時
 ※ 高野線 8時13分発 急行・橋本行きの前から二両目に乗車
   JR環状線から乗り換える方は、新今宮8時15分です。
   阪急方面から乗り換える方は、天下茶屋8時18分です。
   奈良方面からお越しの方は、橋本駅発9時13分極楽橋行きに乗車

 【雨天の場合】
 前日、7月7日(土) 17:00発表の気象情報で、和歌山県北部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:和歌山県北部 073-177(前7月7日(土) 17時発表の予報)
 
参加予定者:36名/7/4現在

コース:南海高野線・難波8:13=(急行870円)=新今宮8:15=9:04橋本9:13=9:56極楽橋10:05(ケーブル390円)10:10高野山10:14(バス410円)=10:25奥の院前―奥の院O№36―武田信玄公墓所O№22―二十町石(町石案内札)― 一の橋O№17―千手院橋―壇上伽藍№1―大門№7―植林の小峠№20―鏡石№28―四里石№36―展望台―押上石№54―袈裟掛石№55―矢立№60―紀伊細川駅(17:00頃、解散)17:33(高野線870円)=橋本18:05~11=19:02難波(解散)

レベル:中級向き (町石道の初めと最後は少し急坂道)

地図:国土地理院25000分の一「高野山」、ヤマケイ分県ガイド「和歌山県の山」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約13.3km、所要時間:6時間30分(歩行時間:4時間50分、休憩・昼食:1時間40分)、累積登り+550m、下り-980m
 南海高野線・難波8:13=(急行870円)=新今宮8:15=9:04橋本9:13=9:56極楽橋10:05(ケーブル390円)10:10高野山10:14(バス410円)=10:25奥の院前
 奥の院前790m(10:30頃)―20分―奥の院800mO№36―20分―武田信玄公墓所800mO№22―5分―二十町石(町石案内札)800m―5分― 一の橋800mO№17―15分―千手院橋820m―15分―壇上伽藍830m№1(12:00頃、昼食)―15分―大門850m№7―50分―植林の小峠750m№20―25分―鏡石780m№28―20分―四里石700m№36―5分―展望台710m(15:00頃)―30分―押上石600m№54―5分―袈裟掛石580m№55―10分―矢立№60(16:00頃)―50分―紀伊細川駅(17:00頃、解散)
 紀伊細川駅17:33(高野線870円)=18:05橋本18:11=19:02難波

【参考】帰路時刻表:
 紀伊細川16:52→18:23難波、紀伊細川17:33→19:02難波、紀伊細川17:58→19:26難波

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、日除け帽子など
  天気が崩れそうですが、奥の院参道は傘を差して歩けます。

費 用:参加費200円/交通費は各自払い/難波起点の場合1,670円+870円=2,540円、新今宮起点の場合1,670円+830円=2,500円です。
 高野山1dayチケットがあります。阪急・阪神・京阪全駅から高野山まで終日利用可能で、各私鉄の主要駅で購入可能です。
 JRも「夏の関西1デイパス3,600円」が高野山チケットを含みます(新今宮駅で引き換え)

【参考】
180623_okunointyoishi_daimon_kiihos 【写真】 6月23日(土)の下見の写真です。生憎の雨でした。
 Googleフォトの写真アルバム85枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【参考】 平成24年9月21日(金)の山行記録です。
121003 山行記録:9/21 高野山町石道②/関西ハイク山友会 第158回例会
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2012/10/2012-6bf4.html

【地図】
予定断面図
180708_okunoin_daigaran_kiihosokawa
予定ルート図
180708_okunoin_daigaran_kiihosoka_2
予定ルート拡大図
前半
180708_1_okunoin_daigaran_kiihosoka
後半
180708_2_okunoin_daigaran_kiihosoka
GPSの予定ルートデータ
「180708_OkunoIn_DaiGaran_KiiHosokawa.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ
「180708_P_OkunoinTyoishi_Daimon_KiiHosokaw.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 5, 2018 at 12:02 午前 | | コメント (0)

2018.07.04

180704 山行計画:7/7 六甲「記念碑台から最高峰」 7/16関西ハイク山友会№1347例会の下見

【追記】 2018年7月5日 18:14
7月5日(木)から雨が降り続き、7月7日(土)まで降りそうなので、下見は中止し、7月12日(木)に再挑戦します。

180520_mayasan_mikuniike_kinenhidai180520_mayasan_mikuniike_kinenhid_2160206_higashiotafukuyama_rokkosaik160206_higashiotafukuyama_rokkosa_2

 週末の天気が心配ですが、例会本番7月16日(月・祝)まで時間がありませんので、雨天覚悟で下見を実施します。
 行程は六甲全山縦走の六甲山上区間ですから、迷う心配はありませんが、2年以上歩いていない石の宝殿周辺の状況確認もしておきたいと思います。

 六甲全山縦走も後半に入り、今回は六甲山上の車道と並行する一般行程。
 天気が回復すれば、登山道脇の紫陽花や展望を楽しめます。
 六甲最高峰からは遙かに塩屋から摩耶山へ続く長い尾根や大阪湾の広い展望が得られますが、果たしていかがでしょうか?
 石の宝殿からは縦走路を離れ芦有道路の宝殿橋へ下ります。

【下見山行計画】
六甲「記念碑台から六甲最高峰」関西ハイク山友会 7月16日(月・祝) №1347例会の下見 六甲全山縦走5/6

日 時:7月7日(土) 9:40~16:00

集合場所:JR六甲道駅 北側の市バス16系統 乗り場 8時30分
 六甲道 8時46分発 神戸市バス16系統に乗車します。
 京都大阪方面からのJR新快速は六甲道には止まりませんので、芦屋で快速か普通に乗り換えて下さい。
 【参考】京都方面からの乗換
 京都7:29→新快速→8:13芦屋8:16→普通→8:25六甲道

【雨天の場合】下見なので雨天決行です
 
参加予定者:3 名/7/5現在
 HMDさん、HMMさん、きよもり
 下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:JR六甲道(集合8:30)8:46=神戸市バス16系統210円=9:07六甲ケーブル下9:20=六甲ケーブル590円=9:30ケーブル山上駅(9:40頃)―記念碑台796.0mⅢ―神戸GC―みよし観音―ガーデンテラス―極楽茶屋跡―西おたふく山分岐―六甲最高峰931.3mⅠ― 一軒茶屋―石の宝殿―縦走路分岐―宝殿橋バス停(16:00頃)16:52(阪急バス530円)17:15阪急芦屋川(解散)

レベル:一般向き (ガーデンテラスから最高峰まではアップダウンが多い)

地 図:2万5千=「有馬」「宝塚」、昭文社=「六甲・摩耶」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約8.0km 所要時間6時間20分(歩行時間:4時間20分、休憩・昼食:2時間00分)、累計登り+450m下り-480m
 JR六甲道(集合8:30)8:46=神戸市バス16系統210円=9:07六甲ケーブル下9:20=六甲ケーブル590円=9:30ケーブル山上駅
 ケーブル山上駅740m(9:40頃)―15分―西松池770m―15分―記念碑台796.0mⅢ(10:20頃)―30分―神戸GC830m―20分―みよし観音830m―15分―ガーデンテラス870m(11:50頃、昼食)―20分―極楽茶屋跡870m―30分―西おたふく山分岐850m―30分―六甲最高峰931.3mⅠ(14:10頃)―10分― 一軒茶屋880m―50分―石の宝殿860m―5分―縦走路分岐840m―20分―宝殿橋バス停(16:00頃)
 宝殿橋16:52=阪急バス530円=17:15阪急芦屋川(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、傘、着替え、スパッツ、ストック
 整備された道なので雨の場合は傘を差して歩けます。

費 用:各自払い/市バス210円+六甲ケーブル590円+阪急バス530円=合計1,330円
 割引はほとんどありませんので、各自払いとします。バスはICOCA、Suica等が使えます。

【参考】110126 山行記録:11/1/22 六甲全山縦走・16時間46分
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2011/01/110125122-164-1.html

【地図】
予定断面図
180707_kinenhidai_rokkosaikohodanme
予定ルート図
180707_kinenhidai_rokkosaikoho
予定ルート拡大図
前半
1807071_kinenhidai_rokkosaikoho
後半
1807072_kinenhidai_rokkosaikoho
GPSの予定ルートデータ
「180707_KinenhiDai_RokkoSaikoho.gpx」をダウンロード
GPSのウエイポイント(マーカー)のデータ
「180707_P_KinenhiDai_RokkoSaikouho.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 4, 2018 at 10:28 午後 | | コメント (0)

180704 エアコン修理

Dsc_1475_20180704115627Dsc_1478_20180704115618 エアコンは購入して7年経過しましたが、先週になって、突然室外機のパネルからポタポタと水が漏れて、フローリングが水浸し。
 慌ててバケツを受けて、水漏れを止めようと室外機のドレン(パイプ)ブラシで掃除したり、前面パネルを開けて覗いてみましたが、どこが悪いのかさっぱり判りません。
 取説を全部見ても室内機の水漏れに関しては裏表紙に「電源を抜いて販売店に点検を依頼して下さい」と書いてあるだけ。
 メーカーの窓口に修理依頼して、今日10:30に修理に来てくれました。

 1時間くらい掛けてドレンの掃除やカバーを開いて見てもらいましたが、おかしいところは見当たらず、カバーがいがんでいたのを直してもらいました。
 運転再開してみたら全く正常で水漏れは止まりました。
 結局、自然復旧と言うことで、出張費3,780円だけ支払いました。

 この機種(CS-400CX)は「エコナビ搭載エアコン」とうたっているだけあって、フィルターの掃除や温度調整など、全く手がかからず自動で処理してくれるので手間いらずです。
 でも、本体カバーも外せず、中を覗くことも出来ませんから、今回のような事態になるとユーザーは全くお手上げですが、修理に来ていただいた担当者でも、外から見てもどこが悪いのか、なかなか判りにくいようで、天井に近いところにあるから、本体を壁からはずさないと分解掃除は難しいようですね。
 このマンションに引っ越してきて8年目ですから、クーラー以外の冷蔵庫や、洗濯機もそろそろ心配です。

 修理屋さんが来られている間、人に会うと怖がるミルクちゃんはドアを閉めたベッドルームでおとなしく窓際で寝ていました。

Posted on 7月 4, 2018 at 01:38 午後 | | コメント (0)

2018.07.03

180703 京都も夏

180702 京都も夏180702 京都も夏 昨日は午後からの会議で昼過ぎに京都に着いたら35℃でした。
 会議が終わって地下の飲み屋に入りまずはビール。
 いつもは生ビールですが、店長お薦めのプレミアムモルツの京都限定品を頼みました。
 コクがあって美味しいです。

「ザ・プレミアム・モルツ 中瓶 京都ラベル」

Posted on 7月 3, 2018 at 06:17 午後 | | コメント (0)

2018.07.02

280702 ハン・ソロ

280602 ハン・ソロ 雷雨の山行で一昨日の帰宅は23時になってしまいました。
 遠方から参加していただいた会員の皆さん、帰宅が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
 あれだけの雷に遭遇したのは初めてですが、皆さんケガもなく全員無事に下山していただけて、よかったです。

 厳しい例会の翌日でしたが、午後からスターウォーズの最新作「ハン・ソロ」を見に行きました。
 休日だったので三宮の映画館はほぼ満席でした。
 興行的には失敗作だそうですが、懐かしいミレニアムファルコンやソロの相棒チュウバッカも健在で、面白かったです。

Posted on 7月 2, 2018 at 12:41 午後 | | コメント (0)

2018.07.01

180701 山行記録:6/30 湖北「石田川ダムから三重岳」関西ハイク山友会№1338例会

180630_ishidadum_sanjyodake_007180630_ishidadum_sanjyodake_017180630_ishidadum_sanjyodake_018180630_ishidadum_sanjyodake_023

180630_ishidadum_sanjyodake_024180630_ishidadum_sanjyodake_028180630_ishidadum_sanjyodake_037180630_ishidadum_sanjyodake_039

180630_ishidadum_sanjyodake_045180630_ishidadum_sanjyodake_049180630_ishidadum_sanjyodake_056180630_ishidadum_sanjyodake_063
 三重岳(サンジョウダケ)974.1m二等三角点は高島トレイル80kmの最高峰です。
 前日17時の発表では午後40%だった降水確率が当日5時の発表で60%に跳ね上がり、何となくいやな予感がしました。
 行程が長いのとアップダウンの差が大きいので健脚向きとしましたが、15時過ぎから強烈な雷雨に遭遇し、ユズリハの藪を抜けるのに手間取ったこともあって、下山が予定より1時間も遅れてしまいました。
 帰路の交通渋滞も重なって、山科到着は当初予定していた19時30分が21時24分と2時間も遅くなりました。
 参加していただいた皆さんにお詫び申し上げます。

 ワサ谷出合から高島トレイルの主稜線まで500mの登りですが、予定より早く着いて、昼食後いったん最低鞍部まで下り直し、三重岳まで330m登り返しました。
 最低鞍部からは比較的緩い登りですが、ところどころ尾根が広くなっていて、高島トレイルとして整備されているものの逆に下る場合は方向を間違わないよう注意が必要です。

 三重岳に着いたらほぼ予定通りの時刻でしたが、午後から予報通り雲が降りて来て、南尾根を下り始める頃にはぽつぽつと降り出しました。
 それでもブナの樹林帯なのであまり濡れることも無く急尾根を下り切り、石楠花の群生する水平尾根になりました。
 その頃から大粒の雨になり、更に稲光が走って雷鳴がとどろきだしたので全員雨具を着けて予定外の雨中の行軍になりました。
 通り雨なら30分くらいで雨も雷も収まりますが、山塊全体を包むような雲は風が無いのでなかなか動かず、結局、雷雨は石楠花とゆづりはの見通しの悪い藪を抜けるまで1時間あまりも続きました。
 杉の植林帯になって、やっと雨も止み、最後の急尾根を慎重に下って、約1時間遅れで石田川ダムに戻ってきました。
 すぐ近くの稲妻や雷鳴に肝を冷やしましたが、誰一人弱音を吐くことも無く、ひたすら歩いていただいたので全員無事に下山できて本当によかったです。
 お疲れ様でした。

【山行記録】
湖北 「石田川ダムから三重岳」
関西ハイク山友会 №1338例会 若丹国境尾根縦走 43

日  時:平成30年6月30日(土) 9:41~18:37

参加者:27名

コース:山科=湖西道経由=石田川ダム―ワサ谷出合―P478m―右折点620m―石田川分岐―最低鞍部―天増川水谷分岐―P855m―南尾根分岐―三重岳974.1m―南尾根分岐―P807m―P686m―左折点―八王子谷出合―ワサ谷出合―石田川ダム=湖西道経由=山科(21:24、解散)

レベル:健脚向き (ワサ谷出合300mから主稜線800mまで500m、最低鞍部640mから南尾根分岐950mまで310m、と二度にわたる長い登り、三重岳南尾根は石楠花とユズリハの藪あり、最後の急尾根下降は要注意)

地 図:2万5千=「熊川」 高島トレイルクラブ「中央分水嶺・高島トレイル詳細マップ」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行  程: 約12.8km 所要時間:8時間56分(歩行時間:6時間47分、休憩・昼食:2時間09分)、天候:曇のち雨、気温:24℃→21℃、累積標高差+1,120m・-1,120m
 山科7:45=湖西道経由=石田川ダム9:16
 石田川ダム300m9:41―ワサ谷出合300m9:51―P478m10:22~34―尾根上部710m11:12~24―石田川分岐800m11:41(昼食、24℃)12:17―P674m12:39~45―最低鞍部640m12:49―天増川水谷分岐760m13:19~29―池・迷点830m13:47~57―南尾根分岐950m14:23~26―大日分岐970m14:36―三重岳974.1m14:39~45―南尾根分岐950m(21℃)14:55~59―P807m15:26―石楠花群生750m15:34~39―雨具着用720m15:45~51―雷雨・ユズリハ藪―P686mブナ大木16:28~31―境界石680m16:45―右折点630m16:52~59―右折点560m17:08―左折点420m17:24~31―八王子谷出合340m18:03~05―ワサ谷出合300m18:27―石田川ダム300m18:37
 石田川ダム19:02=藤樹の里19:35~45=湖西道経由=長等トンネル出口20:25=山科駅手前21:05=山科車道脇21:24(解散)
 ※ 往復とも湖西道を利用しましたが往路は1時間31分で快走しましたが、帰路は2時間22分もかかってしまいました。
   山科手前の国道1号合流点での渋滞と、山科駅のロータリーが混んでいては入れず、迂回して最終的には車道脇に停車して下車したためです。
   時間にもよりますが、行きはともかく帰りの下車地として山科は避けた方が無難です。

予定行程: 約12.4km 所要時間:7時間30分(歩行時間:5時間40分、休憩・昼食:1時間50分)、累積標高差+1,120m・-1,120m
 山科(7:50出発)=白川通、朽木・保坂経由(61.9km・1時間50分)=石田川ダム(9:50頃)
 石田川ダム300m(10:00頃)―10分―ワサ谷出合300m―30分―P478m―25分―右折点620m(11:15頃)―35分―石田川分岐800m(12:00頃、昼食)―20分―P674m―5分―最低鞍部640m―10分―小P690m―20分―天増川水谷分岐760m(13:45頃)―15分―迷点830m―5分―P855m―20分―南尾根分岐950m―5分―大日分岐970m―5分―三重岳974.1m(14:50頃)―5分―大日分岐970m―5分―南尾根分岐950m―15分―P807m―35分―P686mブナ大木(16:00頃)―10分―右折点630m―20分―左折点420m―20分―八王子谷出合340m(17:00頃)―15分―ワサ谷出合300m―10分―石田川ダム300m(17:30頃)
 石田川ダム(17:40頃)=保坂・朽木、白川通経由(61.9km・1時間50分)=京都駅(19:30頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、ヘッドランプ

費 用:4,500円/参加費200円+貸切バス代4,300円

180630_ishidadum_sanjyodake_032 【写真】
 Googleフォトの写真アルバム64枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
180630t_ishidagawadum_sanjyodakedan
歩行ルート図
180630t_ishidagawadum_sanjyodake
歩行ルート拡大図
前半
180630t1_ishidagawadum_sanjyodake
後半
180630t2_ishidagawadum_sanjyodake
GPSの歩行軌跡データ
「180630T_IshidagawaDUM_SanjyoDake.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 1, 2018 at 11:31 午後 | | コメント (0)

180701 梅雨明け?

180701 梅雨明け? 昨日の雨から一転、今日は神戸も夏空が戻って、昼前に乙女塚温泉に汗を流しに向かう頃には36℃の真夏日になっていました。
 神戸も梅雨明けが近いです。

Posted on 7月 1, 2018 at 02:53 午後 | | コメント (0)