« 180513 今日は雨で下見中止 | トップページ | 180514 山行計画:5/19 西六甲「菊水山から鍋蓋山、摩耶山」関西ハイク山友会 №1314例会 »

2018.05.13

180513 7月8月の下見と例会の山行計画

1807_08_calender 7月8月の例会と下見の計画がようやく固まりました。
 8月は例会を1回しか入れていませんが、8月前半は東京へ帰省する可能性があるので、今年は例会を1回に減らしています。
 7月8月は今のところ以下のスケジュールで進めます。(便宜上、6月23日(土)の町石道の下見計画も記載しています)

6月23日(土) 下見 高野山町石道2/2
高野山 「奥の院町石と大門から紀伊細川」

7月7日(土) 下見 六甲全山縦走5/6
六甲 「記念碑台から六甲最高峰」

7月8日(日) 例会 高野山町石道2/2 初心の山33 定員30名 一般向き
高野山 「奥の院町石と大門から紀伊細川」

7月14日(土) 下見 沢歩き
六甲 「逢山峡・桂ヶ谷から古寺山」

7月16日(月・祝) 例会 六甲全山縦走5/6 初心の山34 定員25名 一般向き
六甲 「記念碑台から六甲最高峰」

8月18日(土) 例会 沢歩き 初心の山35 定員25名 一般向き
六甲 「逢山峡・桂ヶ谷から古寺山」

8月25日(土) 下見 六甲全山縦走6/6
六甲 「六甲最高峰から宝塚」

【下見山行計画の概要】
6月23日(土) 下見 高野山町石道2/2
高野山 「奥の院町石と大門から紀伊細川」
 例会は7月8日(日)開催

行程:
難波(集合8時)8:13(急行870円)=新今宮8:15=橋本9:04~13=9:56極楽橋10:05(ケーブル390円)10:10高野山10:14(バス410円)=10:25奥の院前790m(10:30頃)―20分―奥の院800m№O36―20分―武田信玄公墓所800m№O22―5分―二十町石(町石案内札)800m―5分― 一の橋800m№O17―15分―千手院橋820m―15分―壇上伽藍830m№1(12:00頃、昼食)―15分―大門850m№7―50分―植林の小峠750m№20―25分―鏡石780m№28―20分―四里石700m№36―5分―展望台710m(15:00頃)―30分―押上石600m№54―5分―袈裟掛石580m№55―10分―矢立№60(16:00頃)―50分―紀伊細川駅(17:00頃、解散)17:33(高野線870円)=橋本18:05~11=19:02難波(解散)
コメント:
町石道の二回目は矢立から壇上伽藍まで歩きますが、2時間余りで終わってしまうので、奥之院町石36丁を前半にひっつけて逆コースで歩きます。奥の院町石道の半分は奥の院への参道に設置されているので、静かな杉並木の石畳を歩くことになります。参道の両側には、信長、秀吉、信玄など武将の墓、名家の墓所が並び、独特の景観が続きます。鶴田浩二の墓の横が一の橋で、ここからは車道横の歩道を歩きますが、100m置きに町石が続きます。壇上伽藍(根本大塔)の手前から参道になり、O№4~O№1は境内の通路際に立っています。ここから高野山の町石道180基の開始です。№1、2は柵越しに見て大門から山道に入ります。しばらくジグザグの急坂が続き、町石も自動車道の方に設置されている為№8、№10は確認出来ませんが、下り切ると道は平坦になり、山腹を縫うように緩やかにアップダウンを繰り返しながら下っていきます。鏡石、4里石を越すと大阪湾の向こうに六甲まで見渡せる展望台に着きます。№40からは車道からどんどん離れ、きれいな杉の植林帯に樹齢数百年の大栃や樫の木が混じる爽やかな古道が続きます。押上石と袈掛石を越すと最後の急坂があり、村落を抜けると矢立です。舗装された谷間の道をひたすら下り切ったら紀伊細川です。阪急・京阪・阪神など各私鉄と乗り継ぎの「高野山1dayチケット」が利用できます。
歩行距離13.3km、時間4:40、累積+550m-980m
地図:高野山

7月7日(土) 下見 六甲全山縦走5/6
六甲 「記念碑台から六甲最高峰」
 例会は7月16日(月・祝)開催

行程:
JR六甲道(集合8:30)8:46(神戸市バス16系統210円)9:07六甲ケーブル下9:20(六甲ケーブル590円)9:30ケーブル山上駅740m(9:40頃)―15分―西松池770m―15分―記念碑台796.0mⅢ(10:20頃)―30分―神戸GC830m―20分―みよし観音830m―15分―ガーデンテラス870m(11:50頃、昼食)―20分―極楽茶屋跡870m―30分―西おたふく山分岐850m―30分―六甲最高峰931.3mⅠ(14:10頃)―10分― 一軒茶屋880m―50分―石の宝殿860m―5分―縦走路分岐840m―20分―宝殿橋バス停(16:00頃)16:52(阪急バス530円)17:15阪急芦屋川
コメント:
六甲全山縦走も後半に入り、今回は六甲山上の車道と並行する一般行程。暑い時期なので日差しを避けてできる限り緑陰の尾根通しで歩いて紫陽花や展望を楽しみます。六甲最高峰からは遙かに塩屋から摩耶山へ続く長い尾根や大阪湾の広い展望が得られます。石の宝殿から縦走路を離れ芦有道路の宝殿橋へ下ります。
歩行距離8.0km、時間4:20、累積+450m-480m
地図:有馬、宝塚

7月14日(土) 下見 沢歩き
六甲 「逢山峡・桂ヶ谷から古寺山」
 例会は8月18日(土)開催

行程:
神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m―20分―高速下360m―10分―東山橋360m(9:40頃、遡行準備10:00出発)―30分―堰堤390m―20分―鍋谷の滝420m(11:00頃)―30分―三条の滝450m―20分―桂ヶ谷堰堤490m(12:10頃)―20分―猪鼻橋520m(12:40頃、昼食)―15分―古寺山取付550m―20分―急登上610m―20分―本堂跡630m―5分―古寺山636m(14:40頃)―15分―左折点520m―5分―鞍部490m―20分―鉄塔450m(15:30頃)―10分―北尾根登山口380m―10分―車道分岐360m―30分―唐櫃台駅320m(16:40頃、解散)
コメント:
今年も涼を求めて裏六甲の逢山峡の沢歩きを楽しみます。鍋谷の滝以外は大きな滝はないので流れの中を沢靴で快適に歩けます。今回は鍋谷の滝を右岸から巻いて上流の桂ヶ谷(長尾谷)まで足を延ばします。桂ヶ谷は小滝が連続し箱庭風の渓流とのことですから楽しみです。後半は一昨年と同じ古寺山を越えて唐櫃台に戻りますが、今回は逢山峡に隣接する北尾根を下ります。
歩行距離7.9km、時間5:10、累積+460m-460m
地図:有馬

◆ 地図
6月23日(土) 下見 高野山町石道2/2
高野山 「奥の院町石と大門から紀伊細川」
 7月8日(日) 例会を予定

【地図】
予定断面図
180623_okunoin_daigaran_kiihosokawa
予定ルート図
180623_okunoin_daigaran_kiihosoka_2
予定ルート拡大図
前半
180623_1_okunoin_daigaran_kiihosoka
後半
180623_2_okunoin_daigaran_kiihosoka
GPSの予定ルートデータ
「180623_OkunoIn_DaiGaran_KiiHosokawa.gpx」をダウンロード

7月7日(土) 下見 六甲全山縦走5/6
六甲 「記念碑台から最高峰」
 7月16日(月・祝)に例会を予定

【地図】
予定断面図
180707_kinenhidai_rokkosaikohodanme
予定ルート図
180707_kinenhidai_rokkosaikoho
予定ルート拡大図
前半
1807071_kinenhidai_rokkosaikoho
後半
1807072_kinenhidai_rokkosaikoho
GPSの予定ルートデータ
「180707_KinenhiDai_RokkoSaikoho.gpx」をダウンロード

7月14日(土) 下見 沢歩き
六甲 「逢山峡・桂ヶ谷から古寺山」
 8月18日(土)に例会を予定

【地図】
予定断面図
180714_hozankyo_katuragadani_furude
予定ルート図
180714_hozankyo_katuragadani_furu_2
予定ルート拡大図
前半
180714_1_hozankyo_katuragadani_furu
後半
180714_2_hozankyo_katuragadani_furu
GPSの予定ルートデータ
「180714_HozanKyo_KaturagaDani_FuruderaYama.gpx」をダウンロード

Posted on 5月 13, 2018 at 03:46 午後 |

コメント

コメントを書く