« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018.02.28

180228 山行計画:3/4 京都北山「長戸谷から桑谷山南西尾根」 関西ハイク山友会 3/11 №1267例会の下見2回目

180224_kuwataniyamananseione_01180224_kuwataniyamananseione_02

2月24日(土)の下見では桑谷山南西尾根の820m付近の岩峰からコースを間違えて、長戸谷へ下ってしまいました。二回目の下見は長戸谷林道を前回の下見で間違えたルートを岩峰820mまで登り返し、当初予定していた南西尾根を杓子屋へ下ります。積雪状態によっては、杓子屋発14:30の早いバスに乗れる可能性がありますが、途中で先週の下見の滑落時に紛失した眼鏡を探したりしますので、あまり無理はしないようにします。

【山行計画】
京都北山「長戸谷から桑谷山南西尾根」 関西ハイク山友会 3/11 №1267例会の下見2回目

日 時:3月4日(日) 9:50~16:10

集 合:叡電・出町柳駅前 京都バス乗り場 7時40分
 7時50分発 広河原行きに乗車
 【雨天の場合】
 下見なので雨天決行です。

参加予定者:7名/3/2現在
 HMDさん、AIMさん、KURMさん、KURJさん、WTNさん、HYSさん、きよもり
  下見に同行していただける方はメールを下さい。

行き先:京都北山「長戸谷から桑谷山南西尾根」

コース:出町柳(集合7:40)7:50(京都バス990円)9:32能見口(9:50頃)―長戸谷出合―長戸谷林道終点―滑落現場―谷床詰め―岩峰下―小P800m―大杉―小P760m―P754m分岐―原地・杓子屋尾根分岐―P756m―林道出合―杓子屋町(16:10頃)17:32(京都バス910円)19:03北大路駅前(解散)

レベル:中級向き (谷の詰めは雪崩に注意、岩峰の巻き道は虎ロープが必要か)

地 図:国土地理院25000分の一「久多」「花背」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」
 予定断面図
 予定ルート図
 予定ルート拡大図

行 程:約5.6km、所要時間:6時間20分(歩行時間:4時間10分、休憩・昼食:2時間10分)
 出町柳(集合7:40)7:50(京都バス990円)9:32能見口
 能見口460m(9:50頃)―10分―長戸谷出合460m―30分―長戸谷林道終点570m―20分―滑落現場610m(11:00頃)―20分―谷床詰め660m―40分―岩峰下820m(12:30頃)―20分―小P800m―10分―大杉790m(13:50頃)―10分―小P760m―10分―P754m分岐750m―10分―原地・杓子屋尾根分岐750m(14:30頃)―25分―P756m―30分―林道出合600m(15:40頃)―15分―杓子屋町430m(16:10頃)
 杓子屋町17:32(京都バス910円)19:03北大路駅前(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、手袋、スパッツ、ストック、ヘッドランプ、軽アイゼン、輪カンまたはスノーシュー、ノコギリ(所有者のみ)

会 費:1,700円/バス代往復1,900円(京都バス990円+910円 回数券を購入)

参考:帰路の京都バス時刻
 能見口14:27→杓子屋14:30→16:01北大路駅前→16:14出町柳駅前
 能見口17:29→杓子屋17:32→19:03北大路駅前→19:16出町柳駅前
 

【地図】
予定断面図
180304_nagatodani_kuwataniyamananse
予定ルート図
180304_nagatodani_kuwataniyamanan_2
予定ルート拡大図
180304_1_nagatodani_kuwataniyamanan
GPSの予定ルートデータ
「180304_NagatoDani_KuwataniYamaNanseiOne.gpx」をダウンロード
参考:北山分水嶺トレッキングマップより
180224_

Posted on 2月 28, 2018 at 02:39 午前 | | コメント (0)

2018.02.27

180227 山行計画:3/3 西六甲「妙法寺から高取山、菊水山」 関西ハイク山友会 4/28 №1299例会の下見

171112_sumaalps_takatoriyama_018171112_sumaalps_takatoriyama_050

101230_hiyodorikoe_kinenhidai_008101230_hiyodorikoe_kinenhidai_010101230_hiyodorikoe_kinenhidai_011

 ゆっくり歩く六甲全山縦走の二回目は高低差270mの山を二つ越える全山縦走前半のヤマ場です。
 高取山には多くの寺社があり毎日登山も盛んです。
 高取神社からは神戸の町並や湾曲する大阪湾の展望が広がります。
 曲折した丸山の町を抜け、鵯越駅を越えて川沿いに菊水山へ向かいます。
 菊水山は急な階段が続くので息切れしないよう景色を振り返りながらゆっくり登りましょう。

【下見山行計画】
西六甲「妙法寺から高取山、菊水山」関西ハイク山友会 4/28 №1299例会の下見

  六甲全山縦走2/6

日 時:3月3日(土) 9:10~17:00

集合場所:神戸市営地下鉄 妙法寺駅 改札口 9時
 JR三ノ宮駅、阪急・神戸三宮、阪神・神戸三宮駅で神戸市営地下鉄に乗り換えてください。

参考
  地下鉄三宮駅から妙法寺駅への乗換/所要時間16分、名谷・西神中央方面行き2番線に乗車
  JR、阪急、阪神からの乗り換え時間はホームからホームまで10分程度かかりますので、余裕を見て乗り換えてください。
  地下鉄三宮駅は西神中央行きは下のホーム2番線です。反対方向の新神戸・谷上行き(上のホーム1番線)に乗らないよう注意
   三宮 8:20→8:36妙法寺  おおむね3分おきに発車します。
   三宮 8:23→8:39妙法寺
   三宮 8:26→8:42妙法寺
   三宮 8:29→8:45妙法寺
   三宮 8:32→8:48妙法寺
   三宮 8:35→8:51妙法寺
   三宮 8:38→8:54妙法寺
参考 JRからの乗り継ぎ
 京都7:14(新快速)→大阪7:45→8:07三ノ宮(乗換)地下鉄三宮8:20→8:36妙法寺
 京都7:29(新快速)→大阪8:00→8:22三ノ宮(乗換)地下鉄三宮8:32→8:48妙法寺
 京都7:44(新快速)→大阪8:15→8:37三ノ宮(乗換)地下鉄三宮:8:44→9:00妙法寺

【雨天の場合】下見なので雨天決行です
 
参加予定者:8 名/2/27現在
 HMDさん、OONさん、KWTさん、KNKさん、HMMさん、MTMさん、JNKさん、きよもり
 下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:神戸市営地下鉄・妙法寺(集合9時―妙法寺交差点―高取山登山口―高取山312.8m―高取神社―安井茶屋―長者町交差点―苅藻川橋―神鉄鵯越駅―烏原配水場―菊水山登山口―菊水山458.8mⅢ―神鉄鈴蘭台(17:00頃、解散)

レベル:一般向き (高取山と菊水山の急登二回、丸山から鵯越の市街地歩きも結構つらい)

地 図:2万5千=「前開」「神戸首部」、昭文社=「六甲・摩耶」、吉備人出版「六甲山系 登山詳細図(西編)」972円
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約11.6km 所要時間7時間50分(歩行時間:5時間50分、休憩・昼食:2時間00分)
 神戸市営地下鉄・妙法寺70m(集合9時、9:10頃)―30分―妙法寺交差点50m―20分―高取山登山口90m―50分―高取山312.8mⅢ(11:10頃)―10分―高取神社300m―10分―安井茶屋230m(11:40頃、昼食)―20分―長者町交差点70m―30分―苅藻川橋95m―20分―神鉄鵯越駅140m(13:50頃)―30分―烏原配水場140m―20分―菊水山登山口180m―60分―菊水山458.8mⅢ(16:00頃)―10分―トイレ420m―40分―神鉄鈴蘭台280m(17:00頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック、軽アイゼン(念のため)

費 用:なし

【参考】
 171112 須磨アルプスから高取山(個人山行)
 171112_sumaalps_takatoriyama_010 【写真】
 昨年11月に歩いた栂尾山から須磨アルプス、高取山のGoogleフォトの写真アルバムです。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
予定断面図
180303_myohoji_takatoriyama_kikusui
予定ルート図
180303_myohoji_takatoriyama_kikus_2
予定ルート拡大図
前半
180303_1_myohoji_takatoriyama_kikus
後半
180303_2_myohoji_takatoriyama_kikus
GPSの予定ルートデータ
「180303_Myohoji_TakatoriYama_KikusuiYama.gpx」をダウンロード


Posted on 2月 27, 2018 at 11:13 午後 | | コメント (0)

2018.02.26

180226 弓弦羽神社の白梅

弓弦羽神社の白梅弓弦羽神社の白梅 弓弦羽神社の本殿横の絵馬掛けは羽生選手の金メダル獲得御礼絵馬で満員です。
 その絵馬のすぐ横にあるのに、意外に気付きませんでしたが、白梅は丁度いまが見頃です。

Posted on 2月 26, 2018 at 08:06 午後 | | コメント (0)

2018.02.25

180225 山行記録:2/24 京都北山「桑谷山西尾根から南西尾根」 関西ハイク山友会 3/11 №1267例会の下見

180224_kuwataniyamanishione_01180224_kuwataniyamanishione_02

180224_kuwataniyamanishione_03180224_kuwataniyamanishione_04

180224_kuwataniyamanishione_nagat_5 【写真】
 Googleフォトの写真アルバム33枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
180224t_kuwataniyamanishione_nansei
歩行ルート図
180224t_kuwataniyamanishione_nans_2
歩行ルート拡大図
前半
180224t1_kuwataniyamanishione_nanse
後半
180224t2_kuwataniyamanishione_nanse
GPSの歩行軌跡データ
「180224T_KuwataniyamaNishiOne_NanseiOne.gpx」をダウンロード
【参考】
 北山分水嶺クラブ刊「北山分水嶺トレッキングマップ 2017年版」の桑谷山周辺図
 180224_


Posted on 2月 25, 2018 at 10:23 午後 | | コメント (0)

2018.02.24

180224 桑谷山の下見完了

180224 桑谷山の下見完了 今日は午前中は快晴でしたが、午後から曇り気味でした。
 でも風が無かったので、尾根上でも5℃でそれほど寒くありません。
 計画通り桑谷山西峰に13:30に到着し、東峰にピストンしました。
 桑谷山南西尾根を下りましたが、途中で岩峰があり、尾根通しでは下れないので、テープに従って西の山腹を巻こうとしましたが、途中虎ロープもあって、どんどん高度を下げていくので、もう一度地図を見直すと、このテープは巻き道ではなく、長戸谷を詰めて桑谷山へ登るルートであることが分かりました。
 尾根から50mも下ってしまったので、今更登り返していては、最終バスに間に合わない可能性があるので、南西尾根の下降は諦めて、長戸谷を下って出発点の能見口へ出ることにしました。
 谷筋は少し荒れていましたが、途中から林道になり、能見口には最終バスの40分前に無事下山して来て、ゆっくり珈琲タイムを取りました。
 谷を降りる途中できよもりが倒木を踏み抜いて10m位滑落しましたが、今回もどこにもケガはありませんでしたが、途中で一回転したのでメガネが飛んでしまいました。
 皆さんに探していただきましたが、どうしても見当たらないので、諦めてメガネ無しで帰ることにします。
 家にはスペアがあるので、問題ありませんが、無事家まで帰れるか、ちょっと不安です。

Posted on 2月 24, 2018 at 06:26 午後 | | コメント (2)

2018.02.23

180223 山行計画:2/24 京都北山「桑谷山西尾根から南西尾根」 関西ハイク山友会 3/11 №1267例会の下見

170129_taihisan_bujyoji_06 桑谷山は積雪期には1mを越す雪があって、輪カンが必要ですが、昨年、平成29年2月12日(日) 第1049回例会 京都北山「大悲山から峰定寺」では大雪に阻まれて桑谷山登頂を諦めて、720m辺りから大悲山に向かいました。
 この例会の下見では720m分岐から南尾根を桑谷山東峰930mまでピストンして、大悲山へ向かいましたが、下山が遅れて、大悲山口からタクシーで鞍馬へ戻りました。
【参考】 昨年冬の桑谷山周辺の山行記録
170130 山行記録:1/29 京都北山「大悲山から峰定寺」 関西ハイク山友会 2/12№1049例会下見
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2017/01/170130-129-2121.html

170214 山行記録:2/12 京都北山「大悲山から峰定寺」 関西ハイク山友会№1049例会
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2017/02/170214-212-1049.html

 今年もコースを変えて、同じ時期に桑谷山を目指しますが、2月になっても積雪は増えず、今週末の下見では輪カンはいらないかも知れません。
 下界に雪が無くても2週間前の雲取山のように900mを越えると20~30cmの雪がありますから、京都北山北部の山域では根雪が30cm近くあるかも知れませんので輪カン、またはスノーシューを持参するようにします。
 桑谷山西尾根は昨年12月6日に服部リーダーの例会で歩かれた行程ですが、今回は冬期の逆コースなので様変わりでしょう。路線バス利用なので桑谷山西峰到着が13時30分を過ぎるようなら東峰往復を諦め、往路を戻るか、南西尾根を下ります。

【山行計画】
京都北山「桑谷山西尾根から南西尾根」 関西ハイク山友会 3/11 №1267例会の下見

日 時:2月24日(土) 9:50~17:00

集 合:叡電・出町柳駅前 京都バス乗り場 7時40分
 7時50分発 広河原行きに乗車
 【雨天の場合】
 下見なので雨天決行です。

参加予定者:6名/2/22現在
 HMDさん、OONさん、AIMさん、KTGさん、KURJさん、きよもり
  下見に同行していただける方はメールを下さい。

行き先:京都北山「桑谷山西尾根から南西尾根」

コース:出町柳(集合7:40)7:50(京都バス990円)9:32能見口(9:50頃)―長戸谷出合―急登上620m―尾根分岐720m―P804m(昼食)―尾根分岐830m―桑谷山西峰924.9mⅢ―桑谷山東峰930m―桑谷山西峰―小P800m―P754m分岐―原町・杓子屋尾根分岐―P756m―林道出合―杓子屋町(16:50頃)17:32(京都バス910円)19:03北大路駅前(解散)

レベル:中級向き (長い登り尾根と下り尾根は積雪次第)

地 図:国土地理院25000分の一「久多」「花背」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約7.6km、所要時間:7時間00分(歩行時間:5時間05分、休憩・昼食:1時間55分)
 出町柳(集合7:40)7:50(京都バス990円)9:32能見口
 能見口460m(9:50頃)―20分―長戸谷出合460m―40分―急登上620m(11:00頃)―25分―尾根分岐720m―25分―P804m(12:00頃、昼食)―10分―尾根分岐830m―25分―桑谷山西峰924.9mⅢ(13:30頃)―20分―桑谷山東峰930m―15分―桑谷山西峰(14:20頃)―20分―小P800m―25分―P754m分岐750m―10分―原町・杓子屋尾根分岐750m(15:30頃)―25分―P756m―30分―林道出合600m―15分―杓子屋町430m(16:50頃)
 杓子屋町17:32(京都バス910円)19:03北大路駅前(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、手袋、スパッツ、ストック、ヘッドランプ、軽アイゼン、輪カンまたはスノーシュー、ノコギリ(所有者のみ)

会 費:1,700円/バス代往復1,900円(京都バス990円+910円 回数券を購入)

参考:帰路の京都バス時刻
 能見口17:29→杓子屋17:32→19:03北大路駅前→19:16出町柳駅前

【地図】
予定断面図
180224_kuwataniyamanishione_nantoon
予定ルート図
180224_kuwataniyamanishione_nanto_2
予定ルート拡大図
前半
180224_1_kuwataniyamanishione_nanto
後半
180224_2_kuwataniyamanishione_nanto
GPSの予定ルートデータ
「180224_KuwataniYamaNishiOne_NantoOne.gpx」をダウンロード

Posted on 2月 23, 2018 at 12:30 午前 | | コメント (0)

2018.02.22

180222 ミルクちゃんノビノビ

180222 ミルクちゃんノビノビ いつもは椅子こたつの上で丸くなって寝ていますが、今日は床暖で背筋を伸ばして寝そべっています。

Posted on 2月 22, 2018 at 05:45 午後 | | コメント (0)

2018.02.21

180221 ミルクちゃんとテレビの猫ちゃん

180221 ミルクちゃんとテレビの猫ちゃん180221 ミルクちゃんとテレビの猫ちゃん ミルクちゃんは相変わらず椅子こたつで丸くなっています。
 テレビで岩合光昭さんの世界猫歩きが始まると、じっと見つめています。

Posted on 2月 21, 2018 at 12:03 午後 | | コメント (0)

2018.02.20

180220 ステーキランド神戸から弓弦羽神社へ

180220 ステーキランド神戸から弓弦羽神社へ180220 ステーキランド神戸から弓弦羽神社へ 久し振りに三ノ宮に出掛けて、ステーキランドで150gのランチを食べました。
 帰路は阪急御影で降りて、今朝もお参りした弓弦羽神社に寄り道しました。
 平日の昼間なのに参拝者が多くて驚きます。
 やはり羽生結弦選手の活躍が呼び水になっているようです。

Posted on 2月 20, 2018 at 06:12 午後 | | コメント (0)

2018.02.19

180219 山行記録:2/18 西六甲「塩屋から旗振山、須磨アルプス」 関西ハイク山友会 3/25 №1276例会の下見

180218_shioya_hatafuriyama_sumaal_2180218_shioya_hatafuriyama_sumaal_3

180218_shioya_hatafuriyama_sumaal_4180218_shioya_hatafuriyama_sumaal_5

 絶好の快晴に恵まれ、旗振山や栂尾山、横尾山の山頂で大展望を楽しみながら六甲全山縦走の初回の下見を無事完了しました。
 アプローチのよい行程なので若い女性グループや家族連れに混じって、全縦走を目指す単独トレランナーなど多くの登山者で賑わっていました。
 午前中は2℃~5℃でしたが、午後には14℃まで気温が上がり、風も無かったので春を想わせる陽気でした。
 塩屋を9時にスタートして、ゴールの妙法寺には14時13分到着なので5時間余りで歩ける行程ですが、明るい稜線歩き、栂尾山の急階段、須磨アルプスの岩場歩き、と変化に富んだコースは快適です。

180218_shioya_hatafuriyama_sumaalps 【写真】
 Googleフォトの写真アルバム62枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

180218_shioya_hatafuriyama_sumaalps 【動画】 テスト
 Googleフォトで動画を作ってみました。
 動画の作成や編集はパソコンでは自由に出来ず、スマホを利用しました。
 BGMはスマホにあらかじめ音楽ファイルを保存しておけばそれを選べるようですが、無い場合はGooglePhoto既定のBGMから選択します。
 左の写真をクリックすると動画が別窓で開きます。

 動画の作成や編集がスマホでしか出来ないので、使い方が制限されます。
 再生時間の調整、BGMの選択、シーン(再生画面)の選択など、かなり面倒なのと、アップできる写真は50枚という制約があります。
 かなり使いにくいから、パソコンで別途動画を作ってBGMを入れ、再生時間の調整やシーンを選んで動画ファイルを作成し、そのファイルをGooglePhotoにアップするのが正解のようです。

【地図】
歩行断面図
180218t_shioya_hatafuriyama_sumaalp
歩行ルート図
180218t_shioya_hatafuriyama_sumaa_2
歩行ルート拡大図
前半
180218t1_shioya_hatafuriyama_sumaal
後半
180218t2_shioya_hatafuriyama_sumaal
GPSの歩行軌跡データ
「180218T_Shioya_HatafuriYama_SumaALPS.gpx」をダウンロード

Posted on 2月 19, 2018 at 09:15 午後 | | コメント (0)

2018.02.18

180218 弓弦羽神社の絵馬、羽生選手おめでとう!

180218_hanyu_goldmedalget_01180218_hanyu_goldmedalget_02

180218_hanyu_goldmedalget_03180218_hanyu_goldmedalget_04

 まさかと思ったけど、今朝3時にいつも通り、弓弦羽神社にお参りして、毎日のことなのでいつもは10円ですが、優勝感謝の気持ちを込めて500円のお賽銭を上げたあとで、絵馬奉納台を見たら・・・
 何と!
 早くも羽生結弦選手のピヨンチャン(平昌)オリンピック 金メダル獲得祝福の絵馬が、数個ですがすでに掛けられていてビックリしました。
 昨日は優勝確定が14時10分頃ですから、それから急いで弓弦羽神社へ駆けつけたファンがいたのですね。
 これら熱烈なファンの思いが通じて本当によかったです。
 清明ノ曲にのって、足先から指先までピンと張ってメリハリのある演技は圧倒的で、全世界を魅了しました。
 
 羽生結弦 「努力は嘘をつく。でも無駄にはならない」
 努力が報われて本当によかったです。
 国民栄誉賞確定です。

Posted on 2月 18, 2018 at 06:36 午前 | | コメント (0)

2018.02.17

180217 羽生結弦選手、金メダル!

Re:180217 羽生結弦選手、メダル確定Re:180217 羽生結弦選手、メダル確定 羽生結弦選手が金メダル、宇野選手が銀メダルです!
 羽生結弦選手が泣いています。
 日本人全員に感動と勇気を与えてくれて、有り難うございました。

Posted on 2月 17, 2018 at 02:22 午後 | | コメント (0)

180217 ◆ web.config.default

「web.config.default」をダウンロード

「backup-020418.log」をダウンロード

「backup-020518.log」をダウンロード

Posted on 2月 17, 2018 at 01:30 午後 | | コメント (0)

2018.02.16

180216 羽生選手の健闘祈願絵馬/弓弦羽神社

180215_hanyu_ema_03180215_hanyu_ema_04180215_hanyu_ema_05

180215_hanyu_ema_06180215_hanyu_ema_07180215_hanyu_ema_08

 昨日のブログで弓弦羽神社の絵馬のことを書いたのに写真を撮り忘れたので、今朝3時に写してきました。
 弓弦羽神社へのお参りは猫ちゃんにご飯をあげる朝3時からの散歩の途中、立ち寄って毎朝お参りしています。
 それまでは午前4時30分頃からでしたが、人通りの無い早朝3時からの散歩にしてから1年以上になります。
 その間に羽生選手の負傷や山仲間のHRI Drの事故が重なりました。
 毎朝のお参りではお二人の快復を祈念しています。

 今日はいよいよ羽生選手が平昌(ピヨンチャン)のオリンピックの晴れ舞台に立ちます。
 無事に演技を終えられるよう、ひたすら祈ります。
 羽生結弦 「努力は嘘をつく。でも無駄にはならない」

【追記】
羽生結弦 完全復活!異次元の演技でSP首位
 LIVEを固唾を飲んで見守りました。
 結果は圧倒的な演技!
 思わず涙が溢れました。
170216_hanyusensyu_fukkatu

Posted on 2月 16, 2018 at 10:53 午前 | | コメント (0)

2018.02.15

180215 梅一輪ほどの暖かさ

180215 梅一輪ほどの暖かさ180215 梅一輪ほどの暖かさ 毎朝3時に猫ちゃんにご飯をあげながら、お参りしている弓弦羽神社は、羽生結弦さんの回復と健闘を祈願する絵馬が更に増えていますが、絵馬のすぐ横に綺麗に開花を迎えた白梅が夜目にも鮮やかです。
 明日は羽生結弦選手登場です。
 怪我しないよう、悔いの無い演技を全うされるよう祈ります。

Posted on 2月 15, 2018 at 11:04 午後 | | コメント (0)

2018.02.14

180214 山行計画:2/18 西六甲「塩屋から旗振山、須磨アルプス」関西ハイク山友会 3/25 №1276例会の下見

171112_sumaalps_takatoriyama_009171112_sumaalps_takatoriyama_021

 神戸市や兵庫県勤労者山岳連盟(兵庫労山)が主催する六甲全山縦走大会は、数千人が参加する人気イベントですが、全行程48km(公称56km)を1日で歩き通すには、不退転の決意がいります。
 いつかは歩き通したいが、まずコースを知りたいという会員の皆さんのため、JR塩屋から宝塚までを六回に分けて、ゆっくり展望を楽しみながらコースのチェックポイントを紹介します。
 一回目はJR塩屋から旗振山、須磨アルプスの展望コースで明石海峡大橋や大阪湾の展望が素晴らしいです。

 六甲全山縦走大会は参加者が多いので、集合場所が広い須磨浦公園がスタートになっていますが、本来はJR塩屋駅が始点ですので、今回も塩屋から歩き始めます。
 塩屋の狭い商店街を抜けて毘沙門道の坂を辿ると次第に傾斜がきつくなり、主稜線に乗ります。
 遊園地の広場を縫うように登り切ると旗振茶屋がある旗振山。
 ここではいつもお馴染みさんが展望を楽しみながら憩っている姿が見られますが、振り返ると明石海峡大橋が間近で、南から東にかけて広がる大阪湾の光る海が眩しいでしょう。
 広葉樹林帯の小さなアップダウンを抜けると目の前が広がり高倉山からおらが茶屋へと明るい広尾根を下って行きます。
 急階段を高倉台へ下り、団地を抜けて再び栂尾山への急階段に取っ付きます。
 栂尾山の展望台からは今朝歩いてきた旗振山やおらが茶屋の尾根、明石海峡大橋の向こうには淡路島が重なります。
 横尾山は二等三角点ですが、すぐ先から須磨アルプスの岩稜下りが始まるので、ゆっくり休んでいる余裕はありません。
 以前はコースも整備されておらず、岩稜を巻く急斜面は雨後などにはかなり緊張しましたが、今は危険個所はほとんど鉄の階段や鎖が設置されて、家族連れでも危険はありません。
 馬の背まで下り切って、東山に登り返し、横尾町へ最後の下りに入ります。 

【下見山行計画】
西六甲「塩屋から旗振山、須磨アルプス」関西ハイク山友会 3/25 №1276例会の下見

日 時:2月18日(日) 9:10~15:30

集合場所:JR塩屋駅 改札口 9時
 塩屋は新快速、快速とも停車しませんので、三ノ宮で普通列車に乗り換えて下さい。

参考
 京都7:14(新快速)→大阪7:45→8:07三ノ宮(乗換)8:10(普通電車)→8:28塩屋
                            三ノ宮8:17(普通電車)→8:39塩屋
 京都7:29(新快速)→大阪8:00→8:22三ノ宮(乗換)8:26(普通電車)→8:43塩屋
                            三ノ宮8:32(普通電車)→8:54塩屋
 京都7:44(新快速)→大阪8:15→8:37三ノ宮(乗換)8:41(普通電車)→8:58塩屋

【雨天の場合】下見なので雨天決行です
 
参加予定者:8 名/2/14現在
 HMDさん、KWTさん、HMMさん、IWMさん、WTNさん、SDUさん、JNKさん、きよもり
  KNKさんが行けなくなり、新たにSDUさんが参加していただけることになりました。
 下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:JR塩屋(集合9時)―毘沙門堂―主稜線―旗振山252.6m―鉄拐山―高倉山212.2m―おらが茶屋―高倉台―栂尾山―横尾山312.0m―須磨アルプス・馬の背―東山―横尾町―地下鉄妙法寺(15:30頃、解散)

レベル:一般向き (展望の素晴らしい尾根道、須磨アルプスは足元注意)

地 図:2万5千=「須磨」「前開」、昭文社=「六甲・摩耶」、吉備人出版「六甲山系 登山詳細図(西編)」972円
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約8.0km 所要時間6時間20分(歩行時間:4時間55分、休憩・昼食:1時間25分)
 JR塩屋(集合9時、9:10頃)―25分―毘沙門堂75m―25分―主稜線160m(10:10頃)―30分―旗振山252.6mⅣ―25分―鉄拐山―15分―高倉山212.2mⅣ―10分―おらが茶屋200m(11:30頃、昼食)―15分―高倉台140m―40分―栂尾山274m(13:20頃)―25分―横尾山312.0mⅡ―25分―須磨アルプス・馬の背210m(14:20頃)―15分―東山243m―25分―横尾町130m―10分―妙法寺分岐90m―10分―地下鉄妙法寺70m(15:30頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック、軽アイゼン(念のため)

費 用:なし

【参考】
 171112 須磨アルプスから高取山(個人山行)
 171112_sumaalps_takatoriyama_010 【写真】
 昨年11月に歩いた栂尾山から須磨アルプス、高取山のGoogleフォトの写真アルバムです。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
予定断面図
180218_shioya_hatafuriyama_sumaalps
予定ルート図
180218_shioya_hatafuriyama_sumaal_2
予定ルート拡大図
前半
180218_1_shioya_hatafuriyama_sumaal
後半
180218_2_shioya_hatafuriyama_sumaal
GPSの予定ルートデータ
「180218_Shioya_HatafuriYama_SumaALPS.gpx」をダウンロード

Posted on 2月 14, 2018 at 03:23 午後 | | コメント (0)

180214 「あわ丸」と「京ラテ」でお薄

Dsc_0319Dsc_0318 「あわ丸」という名前を聞いてもご存じない方が多いと思います。
 これは元仕事仲間のYMZさんが、苦節20年かけて開発された泡立て器です。
 普通はお抹茶でお薄を点てるときには茶せんを使いますが、家庭では普段使う機会も無いので、茶道具を一式所有している方でも、気軽にお茶を点てるのは結構面倒なので、つい、珈琲や日本茶、紅茶ですませてしまい、お抹茶を飲む機会は少ないのではないでしょうか。
 YMZさんは、『健康に効能を持つ日本茶、特に抹茶が珈琲や紅茶に比べ世界に普及していないことに発憤し起業』されたとのことで、最初から海外市場に焦点を当てて製品化に取り組み国際特許も取得しておられます。
 この商品の特徴はきめ細かな泡立ちはもちろんですが、他の電動泡立て器、フードブレンダーと違い、飛び散りが一切無いことに尽きます。
 モーター回転部の構造全体を透明プラスチックの特殊なスリット構造のカバーがおおっているため、コップやコーヒーカップのように口の狭い食器で使っても、泡は盛り上がるだけで飛び散りません。
 もう一つの特徴は、このように複雑な構造のカバーだと洗うのが大変なはずですが、使用したコップやコーヒーカップを洗うときに、水を流しながらこの「あわ丸」の電源を入れ流水で食器を洗うと、機械自体もすみずみまで汚れが落とせます。
 汚れがひどいときには食器洗い洗剤を利用することも出来ますから、手間もかかりません。
 乾かすときは付属の透明スタンドに立てておけば場所も取らず、埃も付きません。

 抹茶を普段飲む習慣はありませんでしたが、これを使って「抹茶スティック」でお薄を点てて、桜餅などの和菓子を食べると、日本人の食文化の素晴らしさを堪能できます。

【参考】
 「あわ丸」製品紹介
 泡立ての達人「あわ丸」株式会社マイティータイム
 本体は3,500円(税込み3,780円)、別売で八女茶厳選の「抹茶スティック」30本入り3,000円(税込み3,240円)もあります。
 ただし、購入は代引きのみで、3点以上だと代引き手数料、送料が無料になります。

 「あわ丸」の通販購入(楽天市場4,590円)
 キッチン用品 岡山県 株式会社マイティータイム

◆「京ラテ」
 「京ラテ」は抹茶にミルクと砂糖をブレンドしたスティック状の飲み物ですが、先月、京都での会議の帰路、ONYさんから頂戴しました。
 これは京の老舗茶舗「辻利」が発売していますが、店頭販売は京都周辺だけのようで、神戸方面では見かけません。
 抹茶とミルクがほどよくミックスされ、砂糖も入っているから、お湯で溶かせばそのまま飲めます。
 これをお湯で溶かしてから、「あわ丸」で泡立てると、まったりした泡が立って、エスプレッソのような口触りになります。
【参考】
 「京ラテ」の通販購入/辻利 京ラテ 抹茶&ミルク 10P×4個(Amazon1,929円)
 辻利 京ラテ 抹茶&ミルク

Posted on 2月 14, 2018 at 12:07 午後 | | コメント (0)

2018.02.13

180213 チキンカレーとローストビーフ

180213_curry_roastbeef120_kansajitu180213_curry_roastbeef120_kansaji_2180213_curry_roastbeef120_kansaji_3180213_curry_roastbeef120_kansaji_4

 昨年9月から時々、晩ご飯のおかずを作り始めましたが、試行錯誤しながらも少しずつ新しい料理に挑戦しています。
 料理本は使わず、食べたくなった料理をインターネットで検索して、レシピを葉書大のカードに印刷しながら、少しずつ貯め込んだレシピは40種類くらいになりました。
 見よう見まねなのでなかなか要領よくいきませんが、食材の種類が多いとどうしても作り終わるまで1時間30分もかかります。
 それでもJNKさんのお好み料理が大体決まってきたので、同じ料理を何度か作る内に手慣れてきました。

 今日は定番のチキンカレーを作りましたが、クラッセに安い国産牛のブロックがあったので、それも買って、一緒に作ることにしました。
 コンロは一つしか使わないので、まず、牛ブロックをフォークやトンカチで筋切りをしてからフライパンで焦げ目が付くほど焼き、あとはキッチンペーパーやラップに包んで急速冷凍すれば完成です。
 フライパンで炒めたあとの肉汁にみりん、砂糖、出汁醤油、ニンニクなどを入れて煮詰めてローストビーフのソースを作ります。
 簡単ですが、意外に美味しいソースが出来ます。

 次はチキンカレー。これは何度も作っているから手順は迷いませんが、最初に鶏もも肉の皮を切り取った正肉にヨーグルト、マサラを揉み込んで下味を付けるところがポイントです。
 あとは玉ねぎと人参の細切り、これはレシピではみじん切りとなっていますが、細切りの方が食感がよいようです。
 これもレシピ外ですが、北海道の男爵いもをキッチンスチーマーで湯がいて、サイコロ状にしてカレーを煮込むときの最後に入れます。
 カレールーはハウスの「ザ ホテルカレー」を使いますが、自宅にあるタイム、ローリエ、マサラ、クミン、等を少しずつ加えて、味に深みを出します。 
 馴れたら簡単ですが、煮込むのでどうしても仕上がりまでに1時間30分もかかります。

 今日はローストビーフ、チキンカレー、ついでに男爵のふかしイモ、ゆで卵まで作って、約2時間かかりましたが、同時並行して四種類の料理?が出来たからまずまず効率的でした。

【追記】
 1日遅れでローストビーフを食べました。
 国産牛のもも肉部位ですが、フォークやトンカチで下ごしらえしたから結構柔らかくて美味しいです。
 肉汁で作ったソースが抜群です。
180215_hanyu_ema_01180215_hanyu_ema_02

【今日の料理のレシピ】
Photo171212_

Photo_2Photo_3

Posted on 2月 13, 2018 at 11:47 午後 | | コメント (0)

180213 山行記録:2/12 京都北山「灰屋から雲取山西尾根」関西ハイク山友会 №1252例会

180212_haiya_kumotoriyamanishione_2180212_haiya_kumotoriyamanishione_3

180212_haiya_kumotoriyamanishione_4180212_haiya_kumotoriyamanishione_5

 昨年10月21日(土)に雨天中止になったコースを雪中登山として再挑戦しました。
 2月になっても前日まで新たな降雪はなく、直近の京北・山国にある「京北パラグライダースクール」のライブカメラの画像で630mのフライト基地辺りの積雪は10cm未満でした。
 この状況ではアイゼンは必要ですが、輪カンやスノーシューを使う必要は無いと判断し、かさばらない輪カン持参の方だけ輪カンも持って、灰屋でバスを降りました。
 雲取山西尾根の取付は、灰屋バス停から250m下流に下り、赤い橋を渡ったところにある太神神社(ダイジンジンジャ)です。
 神社周辺では10cm程度の残雪があり、凍っているので、最初からアイゼンを付けて歩き始めました。
 鉄塔Ⅰ650mまで高低差250mの急登ですが、アイゼンのお陰で滑ることもなく、予定通り1時間で鉄塔Ⅰに到達できました。
 鉄塔Ⅰから先は傾斜もゆるくなりますが、小ピークの急登と曲折する尾根が続くので、意外に時間がかかります。
 小P770mで風を避けて日なたで昼食をとり、林道と平行する植林尾根をP839mまで辿りました。
 830mの展望所からはあいにく雲がかかっていてあまり展望は得られず、粉雪が降り始めて気温も-6℃まで下がりました。
 植林を抜けた辺りから積雪が20cmになったので、南尾根分岐860mで輪カン持参者9名が輪カンを着け、先頭を交代しながらラッセルして、再度急斜面を登り尾根に乗りました。
 P899mの先で藪を巻くと、ようやく雲取山も見えて、程なく雲取峠からの一般登山道に合流しました。
 雲取山から展望ピークに寄り道して、比良の展望を楽しみ、ハタカリ峠を経由して寺山峠までの長い尾根歩きをへて、花背高原へ下山しました。
 雲取山西尾根は尾根が曲折して分岐が多いので、磁石とGPSが無いと支尾根に入りやすいのですが、尾根筋にはおおむね作業道があって、二度の下見のお陰で、迷うことなく歩けました。
 往路のバスが予定より20分も遅れ、ハタカリ峠から寺山峠の尾根も意外に時間がかかったせいで、花背高原に下りて来たら計画より26分遅れていましたが、帰路のバスは渋滞もなく走れたので、京都駅には計画より17分遅れでした。

【山行記録】
京都北山「灰屋から雲取山西尾根」 関西ハイク山友会 2/12 №1252例会
 北山の尾根と峠歩き55 雪中登山

日 時:2月12日(月・祝) 9:40~17:56

参加者:38名

行き先:京都北山「灰屋から雲取山西尾根」

コース:京都駅八条東口7:48(貸切バス)9:40灰屋―太神神社―鉄塔Ⅰ―鉄塔Ⅱ―小P820m左折点―P839m―南尾根分岐―P899m―雲取山911.1m―展望ピーク―雲取峠―ハタカリ峠―寺山峠―花背高原前18:07(貸切バス)19:27京都駅(解散)

レベル:中級向き (曲折した尾根歩き、最初は250mの急登)

地 図:国土地理院25000分の一「上弓削」「花背」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約8.6km、所要時間:8時間16分(歩行時間:5時間27分、休憩・昼食:2時間49分)、天候:曇のち小雪、気温:-4℃→-6℃
 京都駅八条東口(集合)7:48(貸切バス)9:40灰屋
 灰屋420m9:40―太神神社400m(アイゼン着用)9:44~10:00―急斜面上470m10:15~19―急登上560m(-4℃)10:30~37―鉄塔Ⅰ650m10:58~11:07―右折点700m11:15―鉄塔Ⅱ700m11:18―左折点710m11:25―関電巡視路分岐740m11:42~48―小P770m左折点(昼食)11:58~12:33―小P820m左折・林道出合12:49―P839m右折13:02~08―小P830m・展望所(小雪)13:20~29―林道・南尾根分岐860m(輪カン着用)13:52~14:03―小P880m14:16~22―P899m右折14:30~36―小P880m右折14:50―登山道合流880m15:04―雲取山911.1m15:10~21―展望ピーク910m15:39~52―雲取峠880m15:58―ハタカリ峠890m16:09―急登上880m(-6℃)16:21~27―地蔵杉山下860m16:30―急登Ⅱ上880m16:44―寺山峠810m(輪カン外し)17:05~19―林道終点650m17:33―スキー場跡610m(アイゼン外し)17:40~50―花背高原前580m17:56
 花背高原前18:07(貸切バス)19:27京都駅(解散)

計画行程:約8.6km、所要時間:8時間00分(歩行時間:6時間20分、休憩・昼食:1時間40分)
 京都駅八条東口(集合)7:40(貸切バス)9:20灰屋
 灰屋420m(9:30頃)―5分―太神神社400m―30分―急登上560m―30分―鉄塔Ⅰ650m(10:50頃)―15分―鉄塔Ⅱ700m―35分―小P770m左折点―20分―小P820m左折・林道出合(12:00頃、昼食)―20分―P839m迷点―10分―小P830m・展望所(13:20頃)―20分―林道・南尾根分岐860m―20分―小P880m広場(14:10頃)―15分―P899m―20分―小P880m右折点―25分―雲取山911.1m(15:20頃)―15分―展望ピーク910m―10分―雲取峠880m―15分―ハタカリ峠890m―15分―地蔵杉山下860m―30分―寺山峠810m(16:55頃)―30分―花背高原前580m(17:30頃)
 花背高原前17:40(貸切バス)19:10京都駅(解散)
装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、手袋、スパッツ、ストック、軽アイゼン(必携)輪カンまたはスノーシュー(所有者のみ) 会 費:3,500円/参加費200円+貸切バス代3,300円

【参考】 下見記録です。
 山行記録:1/21 京都北山「灰屋から雲取山西尾根」 関西ハイク山友会 2/12 №1252例会の下見
 18/1/21「灰屋から雲取山西尾根」の下見

180212_haiya_kumotoriyamanishione_0 【写真】
 Googleフォトの写真アルバム60枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
180212t_haiya_kumotoriyamadanmen
歩行ルート図
180212t_haiya_kumotoriyamanishione
歩行ルート拡大図
前半
180212t1_haiya_kumotoriyamanishione
後半
180212t2_haiya_kumotoriyamanishione
GPSの歩行軌跡データ
「180212T_Haiya_KumotoriYamaNishiOne.gpx」をダウンロード

Posted on 2月 13, 2018 at 11:05 午後 | | コメント (0)

2018.02.12

180212 山行記録:六甲背山「ビーナスブリッジから堂徳山、再度谷」個人山行

180211_venusbridge_dotokusan_034180211_venusbridge_dotokusan_038

180211_venusbridge_dotokusan_017 【写真】
 Googleフォトの写真アルバム61枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
180211t_venusbridge_dotokuyama_futa
歩行ルート図
180211t_venusbridge_dotokuyama_fu_2
歩行ルート拡大図
前半
180211t1_venusbridge_dotokuyama_fut
後半
180211t2_venusbridge_dotokuyama_fut
GPSの歩行軌跡データ
「180211T_VenusBridge_DotokuYama_FutatabiDani.gpx」をダウンロード

Posted on 2月 12, 2018 at 11:56 午後 | | コメント (0)

180212 京都北山「灰屋から雲取山西尾根」無事下山

180212 無事下山 積雪は10cm位で雪が固いので、灰屋の歩き始めから全員アイゼンを着けて急登から鉄塔を越え順調に進みました。
 昼食後、高度が800mを越えると積雪が20~30cmになったので、先頭9人が輪カンを着けラッセルして、ほぼ予定通りの時間に雲取山に着きました。
 展望ピークで武奈ヶ岳、蓬莱山、峰床山、桑谷山の遠望を堪能したあと、ハタカリ峠を経て寺山峠に着いたら20分遅れになってしまいましたが、焦っても仕方ないので、最後の下り坂も慎重に下り、予定より25分遅れで全員無事に花背高原バス停に下山してきました。
 期待通りの雪尾根歩きでしたが、一年ぶりのラッセルは疲れます。
 皆さんお疲れ様でした。

Posted on 2月 12, 2018 at 07:03 午後 | | コメント (0)

2018.02.11

180211 ビーナスブリッジから堂徳山へ

180211 ビーナスブリッジから堂徳山へ180211 ビーナスブリッジから堂徳山へ JNKさんに誘われて、久し振りに諏訪山公園からビーナスブリッジ、錨山、市章山、堂徳山と神戸の背山歩きを楽しみました。
 市章山で展望を楽しみながら、これも久し振りの焼き肉で満足しました。
 堂徳山は道標の表示が間違っていて、三角点を見つけるのに苦労しましたが、やっと見つけて二本松から猩々池を経て大師道を下りましたが、一休亭はひと気が無いので心配です。

Posted on 2月 11, 2018 at 11:15 午後 | | コメント (0)

2018.02.10

180210 2018年3月4月の下見と例会の計画

1802_03calender1804_05calender 関西ハイク山友会の会報№39 18年3月4月号が完成し、全会員に発送されました。
 きよもりが担当する例会は3月が2回、4月が3回で、その間に各例会の下見があるので相変わらず結構日程が逼迫していて毎週一回の日帰り山行が続きます。

 一覧にすると以下の通りになっています。

2月18日(日) 下見 六甲・六甲全山縦走1/6
 「JR塩屋から旗振山、須磨アルプス」

2月24日(土) 下見 京都北山
 「桑谷山西尾根から南西尾根」

3月3日(土) 下見 六甲・六甲全山縦走2/6
 「妙法寺から高取山、菊水山」

3月11日(日) 例会№1267 京都北山
 「桑谷山西尾根から南西尾根」
  北山の尾根と峠歩き56 定員25名 中級向き 雪中登山

3月17日(土) 下見 京都北山
 「花背の三本杉探訪」

3月25日(日) 例会№1276 六甲・六甲全山縦走1/6
 「塩屋から旗振山、須磨アルプス」
 初心の山27 定員25名 一般向き

3月31日(土) 下見 湖北
 「海津大崎から万路越え」

4月7日(土)  下見 六甲・六甲全山縦走3/6
 「菊水山から市ヶ原、摩耶山」

4月15日(日) 例会№1290 湖北
 「海津大崎から万路越え」
 初心の山28 定員40名 一般向き 貸切バス利用 会費3,300円

4月21日(土) 例会№1294 京都北山
 「花背の三本杉探訪」
 北山の尾根と峠歩き57 定員25名 中級向き

4月28日(土) 例会№1299 六甲・六甲全山縦走2/6
 「妙法寺から高取山、菊水山」
 初心の山29 定員25名 一般向き

日程が前後しているので、下見と例会を分けて計画を記載しますが、例会に関しては、下見の結果で行程やタイムテーブルの変更があり得ますので、取りあえず下見計画の地図などをそのまま転載しますのでご了解下さい。
【下見計画】 参加予定者は2月10日現在です。
2月18日(日) 下見 六甲・六甲全山縦走1/6
 「塩屋から旗振山、須磨アルプス」
 参加予定者:6 名/HMDさん、KWTさん、KNKさん、HMMさん、JNKさん、きよもり
 行程:JR塩屋(集合9時、9:10頃)―25分―毘沙門堂75m―25分―主稜線160m(10:10頃)―30分―旗振山252.6mⅣ―25分―鉄拐山―15分―高倉山212.2mⅣ―10分―おらが茶屋200m(11:30頃、昼食)―15分―高倉台140m―40分―栂尾山274m(13:20頃)―25分―横尾山312.0mⅡ―25分―須磨アルプス・馬の背210m(14:20頃)―15分―東山243m―25分―横尾町130m―10分―妙法寺分岐90m―10分―地下鉄妙法寺70m(15:30頃、解散)
 コメント: 神戸市や兵庫県勤労者山岳連盟(兵庫労山)が主催する六甲全山縦走大会は、数千人が参加する人気イベントですが、全行程48km(公称56km)を1日で歩き通すには、不退転の覚悟がいります。いつかは歩き通したいが、まずコースを知りたいという会員の皆さんのため、JR塩屋から宝塚までを六回に分けて、ゆっくり展望を楽しみながらコースのチェックポイントを紹介します。一回目はJR塩屋から旗振山、須磨アルプスの展望コースで明石海峡大橋や大阪湾の展望が素晴らしいです。
 歩行距離:8.0 km
 地図:須磨、前開、吉備人出版「六甲山系 登山詳細図(西編)」972円
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

2月24日(土) 下見 京都北山
 「桑谷山西尾根から南西尾根」
 参加予定者:3 名/HMDさん、OONさん、きよもり
 行程:出町柳(集合7:40)7:50(京都バス990円)9:32能見口(9:50頃)―20分―長戸谷出合460m―40分―急登上620m(11:00頃)―25分―尾根分岐720m―25分―P804m(12:00頃、昼食)―10分―尾根分岐830m―25分―桑谷山西峰924.9mⅢ(13:30頃)―20分―桑谷山東峰930m―15分―桑谷山西峰(14:20頃)―20分―小P800m―25分―P754m分岐750m―10分―原町・杓子屋尾根分岐750m(15:30頃)―25分―P756m―30分―林道出合600m―15分―杓子屋町430m(16:50頃)17:32(京都バス910円)19:03北大路駅前(解散)
 コメント:毎年恒例の雪中登山で、今回も桑谷山を目指します。桑谷山西尾根は昨年12月6日に服部リーダーの例会で歩かれた行程ですが、今回は冬期の逆コースなので様変わりでしょう。路線バス利用なので桑谷山西峰到着が13時30分を過ぎるようなら東峰往復を諦め、往路を戻るか、南西尾根を下ります。
 歩行距離:7.6 km
 地図:久多、花脊
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

3月3日(土) 下見 六甲・六甲全山縦走2/6
 「妙法寺から高取山、菊水山」

 参加予定者:6 名/HMDさん、OONさん、KWTさん、KNKさん、HMMさん、きよもり
 行程:神戸市営地下鉄・妙法寺70m(集合9時、9:10頃)―30分―妙法寺交差点50m―20分―高取山登山口90m―50分―高取山312.8mⅢ(11:10頃)―10分―高取神社300m―10分―安井茶屋230m(11:40頃、昼食)―20分―長者町交差点70m―30分―苅藻川橋95m―20分―神鉄鵯越駅140m(13:50頃)―30分―烏原配水場140m―20分―菊水山登山口180m―60分―菊水山458.8mⅢ(16:00頃)―10分―トイレ420m―40分―神鉄鈴蘭台280m(17:00頃、解散)
 コメント:ゆっくり歩く六甲全山縦走の二回目は高低差270mの山を二つ越える全山縦走前半のヤマ場です。高取山には多くの寺社があり毎日登山も盛んです。高取神社からは神戸の町並や湾曲する大阪湾の展望が広がります。曲折した丸山の町を抜け、鵯越駅を越えて川沿いに菊水山へ向かいます。菊水山は急な階段が続くので息切れしないよう景色を振り返りながらゆっくり登りましょう。
 歩行距離:11.6 km
 地図:前開、神戸首部、吉備人出版「六甲山系 登山詳細図(西編)」972円
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

3月17日(土) 下見 京都北山
 「花背の三本杉探訪」

 参加予定者:4 名/HMDさん、KNKさん、MTIさん、きよもり
 行程:出町柳(集合7:40)7:50(京都バス930円)9:25大悲山口420m(9:40頃)―40分―峰定寺駐車場455m―20分―三本杉林道出合480m―20分―三本杉560m(11:10頃)―60分―小P750m(12:20頃、昼食)―20分―P826m―10分―八丁平林道分岐820m―10分―休憩舎820m―15分―チセロ山P871m(14:10頃)―20分―八丁平分岐820m―15分―展望台分岐730m―15分―三本杉展望台590m(15:10頃)―30分―展望台分岐730m―15分―P682m―10分―八桝越640m―20分―知世路谷山715.6mⅢ(16:30頃)―30分―ちしょろ尾根分岐420m―5分―交流の森分岐400m―15分―八桝橋(17:30頃)17:40(京都バス830円)19:03北大路駅前(解散)
 コメント:昨年11月にテレビや新聞でも取り上げられ話題になった「花脊の三本杉」を実際に触って、下から見上げるだけでは無く、尾根上から見て高さを実感します。三本杉の谷を詰めて北面の支尾根を回り込み、八丁平林道に乗ります。チセロ山P871mに寄り道して、ちしょろ尾根の途中から支尾根を下って、ビューポイントを見つけます。
 歩行距離:11.4 km
 地図:花脊
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

3月31日(土) 下見 湖北
 「海津大崎から万路越え」

 参加予定者:4 名/HMDさん、KNKさん、MTIさん、きよもり
 行程:住吉7:17→7:20芦屋7:29→新快速→8:15京都→9:25マキノ9:35⇒タクシー\1500⇒9:50大崎寺下100m(10:00頃)―10分―東山登山口130m―20分―小鞍部220m―50分―P483m(11:30頃)―20分―支尾根分岐560m―20分―東山594.6m(12:20頃、昼食)―20分―反射板・展望台566m―10分―広尾根520m―15分―迷点3・右折点520m―25分―峯山531.8m(14:20頃)―15分―迷点2・広いピーク500m―10分―P493m―10分―万路越え420m(15:10頃)―40分―万路谷下180m―10分―道の駅・追坂160m16:00頃―5分―小荒路バス停170m16:07(湖国バス200円)16:37マキノ(解散)16:50→新快速→17:59京都→18:43芦屋
 コメント:昨年平成29年3月25日(土)に下見を終わっている行程ですが、その後 倒木なども増えていると思われますから、再度下見をします。平成25年4月14日の№272例会では万路越えから海津大崎へ歩きましたが、今回は大崎寺から急尾根を東山594.6mまで450mの高低差を登ります。ブナの新緑と琵琶湖の展望を楽しみながら万路峠まで縦走して万路谷を追坂峠へ下ります。万路谷は以前歩いた時(2010年5月1日)はかなりの倒木で苦労しましたが、永原へ下るより距離が短いので時間的には早いと思います
 歩行距離:10.0 km
 地図:海津
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

4月7日(土) 下見 六甲・六甲全山縦走3/6
 「菊水山から鍋蓋山、摩耶山」

 参加予定者:1 名/きよもり
 行程:神鉄・鈴蘭台駅280m(集合9時、9:10頃)―50分―トイレ420m―20分―菊水山458.8m(10:30頃)―50分―天王橋260m(11:30頃、昼食)―50分―鍋蓋山486.1m(13:00頃)―20分―再度越400m―10分―再度山470m―10分―大龍寺下350m―10分―大龍寺山門330m―20分―市ヶ原260m(14:30頃)―40分―ハーブ園分岐410m―30分―稲妻坂上500m(16:00頃)―55分―摩耶山698.6m―5分―掬星台680m(17:10頃)=摩耶ロープウェイ=摩耶ケーブル=王子公園(18時頃、解散)
 コメント:六甲全山縦走シリーズの三回目。前半戦最後は菊水山、鍋蓋山、摩耶山、三つの三角点を越えるハードコースです。ルートは明確ですが、特に鍋蓋山への220mの急登と市ヶ原から稲妻坂上までの240mの急登、更に続く摩耶山まで200mの天狗道の登りは堪えます。摩耶山山頂からはロープウェイとケーブルを乗り継いで下山します。
 歩行距離:11.1 km
 地図:神戸首部、吉備人出版「六甲山系 登山詳細図(西編)」972円
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

【例会計画】 地図は下見のものと同じですが、下見の結果により修正があります。
3月11日(日) 例会№1267 京都北山
 「桑谷山西尾根から南西尾根」 北山の尾根と峠歩き56

 定員:25名 中級向き
 雪中登山/軽アイゼン必携、所有者は輪カン、スノーシュー持参
 行程:出町柳(集合7:40)7:50(京都バス990円)9:32能見口(9:50頃)―20分―長戸谷出合460m―40分―急登上620m(11:00頃)―25分―尾根分岐720m―25分―P804m(12:00頃、昼食)―10分―尾根分岐830m―25分―桑谷山西峰924.9mⅢ(13:30頃)―20分―桑谷山東峰930m―15分―桑谷山西峰(14:20頃)―20分―小P800m―25分―P754m分岐750m―10分―原町・杓子屋尾根分岐750m(15:30頃)―25分―P756m―30分―林道出合600m―15分―杓子屋町430m(16:50頃)17:32(京都バス910円)19:03北大路駅前(解散)
 コメント:毎年恒例の雪中登山で、今回も桑谷山を目指します。桑谷山西尾根は昨年12月6日に服部リーダーの例会で歩かれた行程ですが、今回は冬期の逆コースなので様変わりでしょう。路線バス利用なので桑谷山西峰到着が13時30分を過ぎるようなら東峰往復を諦め、往路を戻るか、南西尾根を下ります。
 歩行距離:7.6 km
 地図:久多、花脊
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半
 
3月25日(日) 例会№1276 六甲・六甲全山縦走1/6
 「塩屋から旗振山、須磨アルプス」 初心の山27

 定員:25名 一般向き
 行程:JR塩屋(集合9時、9:10頃)―25分―毘沙門堂75m―25分―主稜線160m(10:10頃)―30分―旗振山252.6mⅣ―25分―鉄拐山―15分―高倉山212.2mⅣ―10分―おらが茶屋200m(11:30頃、昼食)―15分―高倉台140m―40分―栂尾山274m(13:20頃)―25分―横尾山312.0mⅡ―25分―須磨アルプス・馬の背210m(14:20頃)―15分―東山243m―25分―横尾町130m―10分―妙法寺分岐90m―10分―地下鉄妙法寺70m(15:30頃、解散)
 コメント:神戸市や兵庫県勤労者山岳連盟(兵庫労山)が主催する六甲全山縦走大会は、数千人が参加する人気イベントですが、全行程48km(公称56km)を1日で歩き通すには、不退転の覚悟がいります。いつかは歩き通したいが、まずコースを知りたいという会員の皆さんのため、JR塩屋から宝塚までを六回に分けて、ゆっくり展望を楽しみながらコースのチェックポイントを紹介します。一回目はJR塩屋から旗振山、須磨アルプスの展望コースで明石海峡大橋や大阪湾の展望が素晴らしいです。
 歩行距離:8.0 km
 地図:須磨、前開、吉備人出版「六甲山系 登山詳細図(西編)」972円
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

4月15日(日) 例会№1290 湖北
 「海津大崎から万路越え」 初心の山28

 定員:40名 一般向き 貸切バス利用 会費3,300円
 行程:山科駅南ロータリー(集合)7:50~8:00(貸切バス)海津大崎入口90m9:50~10:00頃―40分―大崎寺下100m―10分―東山登山口130m(11:00頃)―20分―小鞍部220m―50分―P483m(12:20頃、昼食)―15分―支尾根分岐560m―15分―東山594.6m(13:40頃)―20分―反射板・展望台566m―10分―広尾根520m―15分―迷点3・右折点520m―25分―峯山531.8m(15:00頃)―10分―迷点2・広いピーク500m―10分―P493m―10分―万路越え420m(15:40頃)―40分―万路谷下180m―10分―道の駅・追坂160m16:30頃~16:40頃(貸切バス)山科駅南ロータリー19:00頃(解散)
 コメント:昨年は雨で中止になったコース。2013年には万路越えから海津大崎へ歩きましたが、今回は逆コースで海津大崎の桜並木を抜けて、大崎寺から急尾根を東山594.6mまで450mの高低差を登ります。ブナの新緑と琵琶湖の展望を楽しみながら万路峠まで縦走して万路谷を追坂峠へ下ります。
 歩行距離:10.0 km
 地図:海津
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

4月21日(土) 例会№1294 京都北山
 「花背の三本杉探訪」 北山の尾根と峠歩き57

 定員:25名 中級向き
 行程:出町柳(集合7:40)7:50(京都バス930円)9:25大悲山口420m(9:40頃)―40分―峰定寺駐車場455m―20分―三本杉林道出合480m―20分―三本杉560m(11:10頃)―60分―小P750m(12:20頃、昼食)―20分―P826m―10分―八丁平林道分岐820m―10分―休憩舎820m―15分―チセロ山P871m(14:10頃)―20分―八丁平分岐820m―15分―展望台分岐730m―15分―三本杉展望台590m(15:10頃)―30分―展望台分岐730m―15分―P682m―10分―八桝越640m―20分―知世路谷山715.6mⅢ(16:30頃)―30分―ちしょろ尾根分岐420m―5分―交流の森分岐400m―15分―八桝橋(17:30頃)17:40(京都バス830円)19:03北大路駅前(解散)
 コメント:昨年11月にテレビや新聞でも取り上げられ話題になった「花脊の三本杉」を実際に触って、下から見上げるだけでは無く、尾根上から見て高さを実感します。三本杉の谷を詰めて北面の支尾根を回り込み、八丁平林道に乗ります。チセロ山P871mに寄り道して、ちしょろ尾根の途中から支尾根を下って、ビューポイントを見つけます。
 歩行距離:11.4 km
 地図:花脊
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

4月28日(土) 例会№1299 六甲・六甲全山縦走2/6
 「妙法寺から高取山、菊水山」 初心の山29

 定員:25名 一般向き
 行程:神戸市営地下鉄・妙法寺70m(集合9時、9:10頃)―30分―妙法寺交差点50m―20分―高取山登山口90m―50分―高取山312.8mⅢ(11:10頃)―10分―高取神社300m―10分―安井茶屋230m(11:40頃、昼食)―20分―長者町交差点70m―30分―苅藻川橋95m―20分―神鉄鵯越駅140m(13:50頃)―30分―烏原配水場140m―20分―菊水山登山口180m―60分―菊水山458.8mⅢ(16:00頃)―10分―トイレ420m―40分―神鉄鈴蘭台280m(17:00頃、解散)
 コメント:ゆっくり歩く六甲全山縦走の二回目は高低差270mの山を二つ越える全山縦走前半のヤマ場です。高取山には多くの寺社があり毎日登山も盛んです。高取神社からは神戸の町並や湾曲する大阪湾の展望が広がります。曲折した丸山の町を抜け、鵯越駅を越えて川沿いに菊水山へ向かいます。菊水山は急な階段が続くので息切れしないよう景色を振り返りながらゆっくり登りましょう。
 歩行距離:11.6 km
 地図:前開、神戸首部、吉備人出版「六甲山系 登山詳細図(西編)」972円
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

2月18日(日) 下見 六甲・六甲全山縦走1/6
 「塩屋から旗振山、須磨アルプス」
【地図】
歩行断面図
180218_shioya_hatafuriyama_sumaalps
歩行ルート図
180218_shioya_hatafuriyama_sumaal_2
歩行ルート拡大図
前半
180218_1_shioya_hatafuriyama_sumaal
後半
180218_2_shioya_hatafuriyama_sumaal
GPSの歩行軌跡データ
「180218_Shioya_HatafuriYama_SumaALPS.gpx」をダウンロード


2月24日(土) 下見 京都北山
 「桑谷山西尾根から南西尾根」
【地図】
予定断面図
180224_kuwataniyamanishione_nantoon
予定ルート図
180224_kuwataniyamanishione_nanto_2
予定ルート拡大図
前半
180224_1_kuwataniyamanishione_nanto
後半
180224_2_kuwataniyamanishione_nanto
GPSの予定ルートデータ
「180224_KuwataniYamaNishiOne_NantoOne.gpx」をダウンロード


3月3日(土) 下見 六甲・六甲全山縦走2/6
 「妙法寺から高取山、菊水山」
【地図】
予定断面図
180303_myohoji_takatoriyama_kikusui
予定ルート図
180303_myohoji_takatoriyama_kikus_2
予定ルート拡大図
前半
180303_1_myohoji_takatoriyama_kikus
後半
180303_2_myohoji_takatoriyama_kikus
GPSの予定ルートデータ
「180303_Myohoji_TakatoriYama_KikusuiYama.gpx」をダウンロード


3月11日(日) 例会№1267 京都北山
 「桑谷山西尾根から南西尾根」
  北山の尾根と峠歩き56 定員25名 中級向き 雪中登山
【地図】
予定断面図
180224_kuwataniyamanishione_nantoon
予定ルート図
180224_kuwataniyamanishione_nanto_2
予定ルート拡大図
前半
180224_1_kuwataniyamanishione_nanto
後半
180224_2_kuwataniyamanishione_nanto
GPSの予定ルートデータ
「180224_KuwataniYamaNishiOne_NantoOne.gpx」をダウンロード


3月17日(土) 下見 京都北山
 「花背の三本杉探訪」
【地図】
予定断面図
180317_hanase_sanbonsugi_tanbodanme
予定ルート図
180317_hanase_sanbonsugi_tanbo
予定ルート拡大図
前半
180317_1_hanase_sanbonsugi_tanbo
後半
180317_2_hanase_sanbonsugi_tanbo
GPSの予定ルートデータ
「180317_Hanase_SanbonSugi_Tanbo.gpx」をダウンロード


3月25日(日) 例会№1276 六甲・六甲全山縦走1/6
 「塩屋から旗振山、須磨アルプス」
 初心の山27 定員25名 一般向き
【地図】
歩行断面図
180218_shioya_hatafuriyama_sumaalps
歩行ルート図
180218_shioya_hatafuriyama_sumaal_2
歩行ルート拡大図
前半
180218_1_shioya_hatafuriyama_sumaal
後半
180218_2_shioya_hatafuriyama_sumaal
GPSの歩行軌跡データ
「180218_Shioya_HatafuriYama_SumaALPS.gpx」をダウンロード


3月31日(土) 下見 湖北
 「海津大崎から万路越え」
【地図】
予定断面図
180331_kaiduoosaki_manjigoedanmen
予定ルート図
180331_kaiduoosaki_manjigoe
予定ルート拡大図
前半
180331_1_kaiduoosaki_manjigoe
後半
180331_2_kaiduoosaki_manjigoe
GPSの予定ルートデータ
「180331_KaiduOosaki_ManjiGoe.gpx」をダウンロード


4月7日(土)  下見 六甲・六甲全山縦走3/6
 「菊水山から鍋蓋山、摩耶山」
【地図】
予定断面図
180407_kikusuiyama_nabebutayama_may
予定ルート図
180407_kikusuiyama_nabebutayama_m_2
予定ルート拡大図
前半
180407_1_kikusuiyama_nabebutayama_m
後半
180407_2_kikusuiyama_nabebutayama_m
GPSの予定ルートデータ
「180407_KikusuiYama_NabebutaYama_MayaSan.gpx」をダウンロード


4月15日(日) 例会№1290 湖北
 「海津大崎から万路越え」
 初心の山28 定員40名 一般向き 貸切バス利用 会費3,300円
【地図】
予定断面図
180331_kaiduoosaki_manjigoedanmen
予定ルート図
180331_kaiduoosaki_manjigoe
予定ルート拡大図
前半
180331_1_kaiduoosaki_manjigoe
後半
180331_2_kaiduoosaki_manjigoe
GPSの予定ルートデータ
「180331_KaiduOosaki_ManjiGoe.gpx」をダウンロード


4月21日(土) 例会№1294 京都北山
 「花背の三本杉探訪」
 北山の尾根と峠歩き57 定員25名 中級向き
【地図】
予定断面図
180317_hanase_sanbonsugi_tanbodanme
予定ルート図
180317_hanase_sanbonsugi_tanbo
予定ルート拡大図
前半
180317_1_hanase_sanbonsugi_tanbo
後半
180317_2_hanase_sanbonsugi_tanbo
GPSの予定ルートデータ
「180317_Hanase_SanbonSugi_Tanbo.gpx」をダウンロード


4月28日(土) 例会№1299 六甲・六甲全山縦走2/6
 「妙法寺から高取山、菊水山」
 初心の山29 定員25名 一般向き
【地図】
予定断面図
180303_myohoji_takatoriyama_kikusui
予定ルート図
180303_myohoji_takatoriyama_kikus_2
予定ルート拡大図
前半
180303_1_myohoji_takatoriyama_kikus
後半
180303_2_myohoji_takatoriyama_kikus
GPSの予定ルートデータ
「180303_Myohoji_TakatoriYama_KikusuiYama.gpx」をダウンロード

Posted on 2月 10, 2018 at 11:54 午後 | | コメント (0)

2018.02.09

180209 明日は雨

Dsc_0293Dsc_0292180210_shiga40_70 今日は午後から暖かくなって、午後もきれいな青空が広がっていました。
 今週は好天が続き、今日も夕焼けが見事ですが、天気予報では明日は天気が崩れるそうです。
 明日予定されている小野リーダーの例会も滋賀県の降水確率が午後から70%、ということで中止になりました。
 残念です。

Posted on 2月 9, 2018 at 07:42 午後 | | コメント (0)

2018.02.08

180208 ミルクちゃん 床暖でまったり

Dsc_0219Dsc_0255

Dsc_0268 寒くなるとほとんど一日中、イスこたつの上で丸くなって寝ているミルクちゃん。
 イスこたつには毎朝お母さんが24時間の使い捨てカイロを何枚も入れてミルクちゃんが快適にのんびり出来るようにしています。
 今朝は外が寒いので床暖房も入れたら、珍しくフローリングに降りて、床に身体を一杯に伸ばしてのびのび寛いでいます。
 寝ているのかと思ったら、しっぽの先がちょこちょこと動いているから、床の暖かさに満足してまったりしているようです。
 しばらくすると寝返りを打ち、あくびをしてまた元のスタイルに戻りました。
 何となく羨ましいですね。

 ※ 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

Posted on 2月 8, 2018 at 10:54 午前 | | コメント (0)

2018.02.07

180207 京北の積雪状況は?

180207_keihokulivecamera1180207_keihokulivecamera2180207_keihokulivecamera3 来週初め、2月12日(月・祝)は関西ハイク山友会の例会として、京北の灰屋から歩き始めて雲取山の西尾根を登る予定です。
 この時期になると例年京都北山も根雪になり、三月中旬まで30cm以上の雪が残ります。
 今年もそのつもりで、参加される会員の皆さんには軽アイゼンはもちろん所有者には輪カンやスノーシューの持参をお願いしました。
 でも、京北山国にある「パラグライダースクール京北」のライブカメラの映像を見ると・・・
 平地はもちろん天童山の中腹にあるテイクオフ基地にさえ、ほとんど雪が残っていません。
 ※ ライブカメラは20:00-翌6:00までは休止しています。
 ※ 操作画面のログインは”keihoku”パスワード”keihoku1313”です。

 例会まであと5日もありますから、ここ数日の北陸地方を中心とした日本海側の「五六豪雪」以来の記録的な大雪から考えても、若丹国境はかなりの積雪でしょうから、県境から18km~20km離れた城丹国境尾根でも新たな積雪が予想されますので、期待半分、不安半分、といったところです。
 いずれにしても、輪カン、スノーシューは持って行くようにします。

Posted on 2月 7, 2018 at 11:56 午後 | | コメント (0)

2018.02.06

180206 山行計画:2/12 京都北山「灰屋から雲取山西尾根」関西ハイク山友会№1252例会

180121_haiya_kumotoriyamanishione_2180121_haiya_kumotoriyamanishione_0

 昨年10月21日(土)に雨天中止になったコースを雪中登山として再挑戦します。
 雲取山は東の寺山峠から、南の芹生からの登山が一般的ですが、西の灰屋から尾根伝いに登ります。
 西尾根への取付は、京北ふるさとバス灰屋線終点から250m下流に下り、赤い橋を渡ったところにある太神神社(ダイジンジンジャ)です。
 尾根に取っ付くと鉄塔Ⅰ650mまで高低差250mの急登です。
 積雪状況によっては鉄塔Ⅰまでの急登には時間がかかるかも知れません。

 鉄塔Ⅰから先は傾斜もゆるくなり小ピークをいくつか越えながら高度を上げていきますが、鉄塔Ⅱ700mの先で尾根が左折するので注意が必要です。
 途中の小P820mから南尾根分岐860mは林道が平行します。
 目立ったピークのない曲折した尾根ですが、積雪が30cm以上だと輪カンが威力を発揮します。
 P899mの先で藪を巻きますが、雲取山までは見通しのよい疎林が続きます。

 雲取峠からの一ノ谷道は荒れているので1kmほど遠回りになりますが、ハタカリ峠を経由して寺山峠まで尾根歩きになります。
 途中2個所固定ロープ設置の急登がありますが、アイゼンがあれば問題ないと思います。
 寺山峠からの下りは夏道が出ていると思いますが、凍っているので林道終点まではアイゼンが必要です。

 今週後半は強い寒波が予想されています。
 積雪がどの程度か不明ですが、30cm以上積雪があると輪カンまたはスノーシューが効率的です。
 軽アイゼンは必携ですが、輪カンもしくはスノーシューを所有しておられる方はご持参ください。
 風の穏やかな好天を祈りましょう。

【山行計画】
京都北山「灰屋から雲取山西尾根」 関西ハイク山友会 2/12 №1252例会
 北山の尾根と峠歩き55 雪中登山

日 時:2月12日(月・祝) 9:00~17:00

集 合:京都駅八条東口 南側アバンティ前 団体バス乗り場 7時40分出発
 団体バス乗り場は京都駅東口南側のアバンティ(AVANTI)前になります。
 団体バス駐車場は更に規制が強くなって無料駐車時間10分(有料でも最大20分2,000円)という制約がありますので、7時40分に出発できるよう余裕を持って集まっていただくようお願い申し上げます。

 バスは京都バスの中型バスで満席ですから、整列乗車をお願い申し上げます。

 【雨天の場合】
 前日、2月11日(日) 17:00発表の気象情報で、京都府南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前2月11日(日) 17時発表の予報)

参加予定者:39名/2/5現在

行き先:京都北山「灰屋から雲取山西尾根」

コース:京都駅八条東口7:40(貸切バス)9:20灰屋(9:30頃)―太神神社―鉄塔Ⅰ―鉄塔Ⅱ―小P820m左折点―P839m―南尾根分岐―P899m―雲取山911.1m―展望ピーク―雲取峠―ハタカリ峠―寺山峠―花背高原前17:40(貸切バス)19:10京都駅(解散)

レベル:中級向き (曲折した尾根歩き、最初は250mの急登)

地 図:国土地理院25000分の一「上弓削」「花背」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約8.6km、所要時間:8時間00分(歩行時間:6時間20分、休憩・昼食:1時間40分)
 京都駅八条東口(集合)7:40(貸切バス)9:20灰屋
 灰屋420m(9:30頃)―5分―太神神社400m―30分―急登上560m―30分―鉄塔Ⅰ650m(10:50頃)―15分―鉄塔Ⅱ700m―35分―小P770m左折点―20分―小P820m左折・林道出合(12:00頃、昼食)―20分―P839m迷点―10分―小P830m・展望所(13:20頃)―20分―林道・南尾根分岐860m―20分―小P880m広場(14:10頃)―15分―P899m―20分―小P880m右折点―25分―雲取山911.1m(15:20頃)―15分―展望ピーク910m―10分―雲取峠880m―15分―ハタカリ峠890m―15分―地蔵杉山下860m―30分―寺山峠810m(16:55頃)―30分―花背高原前580m(17:30頃)
 花背高原前17:40(貸切バス)19:10京都駅(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、手袋、スパッツ、ストック、ヘッドランプ、軽アイゼン(必携)輪カンまたはスノーシュー(所有者のみ)

会 費:3,500円/参加費200円+貸切バス代3,300円

【参考】 下見記録です。
 山行記録:1/21 京都北山「灰屋から雲取山西尾根」 関西ハイク山友会 2/12 №1252例会の下見
 18/1/21「灰屋から雲取山西尾根」の下見

【地図】
予定断面図
180212_haiya_kumotoriyamanishioneda
予定ルート図
180212_haiya_kumotoriyamanishione
予定ルート拡大図
前半
180212_1_haiya_kumotoriyamanishione
後半
180212_2_haiya_kumotoriyamanishione
GPSの予定ルートデータ
「180212_Haiya_KumotoriYamaNishiOne.gpx」をダウンロード

Posted on 2月 6, 2018 at 10:29 午前 | | コメント (0)

2018.02.05

180205 鶏もも肉の煮込みとジャーマンポテト

180205_torinikomi_01180205_torinikomi_02 先週は定番のチキンカレーを作ったので、今日は同じく定番の鶏もも肉の煮込みを作りました。
 最近は手順も馴れてきたので平行して男爵いもの在庫を使ってジャーマンポテトを作りました。
 煮込みに入れるキャベツや男爵いもはキッチンスチーマーを使って湯がきますから、簡単で美味しいです。
 
 鶏の煮込みは皮付きのもも肉を使うので皮の脂身をカリカリに炒めて脂を拭き取ります。
 ショウガは黄金ショウガを使うと味にアクセントが出ます。

 ジャーマンポテトは玉ねぎとベーコンを炒めてふかしたジャガイモを絡めるだけなのであっという間に出来ます。
 塩、胡椒やスープの素、醤油など味を確認しながら調整します。

【レシピ】
170426_Photo

Posted on 2月 5, 2018 at 05:32 午後 | | コメント (0)

2018.02.04

180204 山行記録:2/3 北六甲「花折山から金剛童子山」関西ハイク山友会№1248例会

180203_hanaoreyama_kongodojiyama_01180203_hanaoreyama_kongodojiyama_02

180203_hanaoreyama_kongodojiyama__2180203_hanaoreyama_kongodojiyama__3

 丹生山系縦走路の最終回は歩き残した中間区間になります。
 神社や遺蹟がある一回目の「丹生山から稚児ヶ墓山」、採石場への急登と曲折した尾根が続く二回目の「キスラシ山からナダレ尾山」とは異なり、三角点は二つあるものの、アプローチの志久道は古道の面影が残っておらず、後半の行程はモトクロスの轍が無残で歩きにくいので、例会でも最後に残していました。
 この行程は過去何度か歩いていますが、脇道や迂回路分岐が多く、後半はほぼ450mの高度で目立ったアップダウンも無いので初めて歩く方はGPSが無いと、どこを歩いているのか地図を見ても判りにくいと思います。
 ただ、マイナーなコースなればこそで、ほとんど他の登山者に会うことも無く、心配したモトクロスの騒音も冬場なのでほとんど聞こえませんでした。
 午後から粉雪が舞う生憎の天候でしたが、風が無かったのでそれ程寒さを感じることもなく、快適な藪山歩きを堪能できました。
 参加していただいた皆さん、有り難うございました。お疲れ様でした。

【山行記録】
北六甲「花折山から金剛童子山」関西ハイク山友会 №1248例会
 初心の山26
日 時:2月3日(土) 9:52~16:30

集合場所:三宮 大ガード下の N2バス乗り場 8時50分
  バス停はJR三ノ宮駅と阪急三宮駅の間の大きなガード下の西側です。
  バス停名は「地下鉄三宮駅前」となっていますが、地下ではなく地上のバス停です。
  バス代はICカード利用で160円割引になりますから、各自払いとします。
  Pitapa、ICOCAなどの交通系ICカードをご用意下さい。
  集合場所が判りにくいのでご注意下さい。
  三宮の大ガードの阪急側になります。バス停の近くのガード下に「やよい軒」という食堂があります。
 
参加者:14 名

コース:地下鉄三宮駅前(集合8:50)8:59=市バス64系統・神戸北町行440円=9:16箕谷駅前9:41=神戸市バス111系統・衝原行き無料(乗り継ぎ160円割引)=9:48大滝口―柏尾台団地―肘曲―花折山573.8m―兵庫GC―金剛童子山565.4m―黒甲越―鰻ノ手池―P454m―風越峠―天下辻―神鉄大池駅(16時30分 解散)

レベル:一般向き (曲折する尾根道、三角点へは少し藪こぎあり)

地 図:2万5千=「有馬」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行  程: 約10.6km 所要時間5時間38分(歩行時間:3時間59分、休憩・昼食:1時間39分)、曇のち小雪、気温:3℃
 地下鉄三宮駅前(集合8:50)8:59=市バス64系統・神戸北町行440円=9:16箕谷駅前9:41=神戸市バス111系統・衝原行き無料(乗り継ぎ160円割引)=9:48大滝口
 大滝口210m9:52―柏尾台団地270m10:19~25―中間道標320m10:34~38―肘曲460m10:58~11:04―志久峠分岐480m11:15―「太陽と緑の道」分岐510m11:26―花折山573.8mⅣ11:37(3℃、昼食)12:15―車道530m12:25―兵庫GC入口530m12:34―金剛童子山分岐480m12:47~50―金剛童子山565.4mⅢ13:02~07―道路520m13:12―黒甲越490m13:26~28―兵庫GC車道460m(小雪)13:36―鰻ノ手池下分岐440m13:45~52―点名:上峠三角点分岐430m14:05―P454m14:10―林道出合「太陽と緑の道」450m14:16―鉄塔450m(珈琲タイム)14:23~45―風越峠450m14:49―天下辻450m15:03~09―神鉄大池駅350m15:30(解散)

計画行程: 約10.7km 所要時間6時間30分(歩行時間:5時間00分、休憩・昼食:1時間30分)

 地下鉄三宮駅前(集合8:50)9:10=市バス64系統・神戸北町行440円=9:28箕谷駅前9:41=神戸市バス111系統・衝原行き無料(乗り継ぎ160円割引)=9:45大滝口

 大滝口210m(10:00頃)―30分―柏尾台団地270m―40分―肘曲460m(11:20頃)―40分―花折山573.8mⅣ(12:10頃、昼食)―10分―車道530m―10分―兵庫GC入口530m―20分―金剛童子山分岐480m―20分―金剛童子山565.4mⅢ(14:00頃)―10分―道路520m―10分―黒甲越490m―10分―兵庫GC車道460m―10分―鰻ノ手池分岐440m―20分―P454m―20分―鉄塔450m(15:30頃)―10分―風越峠450m―20分―天下辻450m―20分―神鉄大池駅350m(16:30頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック、軽アイゼン(念のため)
費 用:参加費200円、バス代は各自払い
  バスはICカードで乗り継ぎするとバス代600円が440円になります。
180203_hanaoreyama_kongodojiyama_03 【写真】
 Googleフォトの写真アルバム45枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

  
【参考】 1月16日(火)下見の記事
 180117 山行報告:1/16 北六甲「花折山から金剛童子山」 2/3 関西ハイク山友会№1248例会の下見
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2018/01/180117-116-23-1.html

【参考2】 志久道の呼称の由来
 昭和54年(1979年)の『山田郷土誌』は、神戸市への合併にによりタイトルから「村」の文字が消え、かつ大正9年版を意識してのことだろう、「第二篇」と付されている。宿越の名は、宿という集落が昔この道筋にあったことから来ている (Ts Schlaraffenleben)
丹生山系2:志久道

【地図】
歩行断面図
180203t_hanaoreyama_kongodojiyamada
歩行ルート図
180203t_hanaoreyama_kongodojiyama
歩行ルート拡大図
前半
180203t1_hanaoreyama_kongodojiyama
後半
180203t2_hanaoreyama_kongodojiyama
GPSの歩行軌跡データ
「180203T_HanaoreYama_KongodojiYama.gpx」をダウンロード

Posted on 2月 4, 2018 at 11:27 午後 | | コメント (0)

2018.02.03

180203 花折山から金剛童子山の例会完了

180203 花折山から金剛童子山の例会完了 降水確率は20%、10%で低かったけど、曇り空で肌寒い日和でした。
 午後からボタン雪が降りましたが、雨とは違うので濡れなくて良かったです。
 小人数でベテラン揃いなので、予定より1時間も早く神鉄大池に下山して来ました。
 お疲れ様でした。

Posted on 2月 3, 2018 at 07:16 午後 | | コメント (0)

2018.02.02

180202 人間ドック再検査

180202 人間ドック再検査 1月12日に受診した人間ドックの結果報告が来たので、JNKさんにせっつかれて、再検査に行きました。
 逆流性食道炎は食後すぐに寝ないように、とのことです。
 徐脈は昔から脈拍数が少ないので、問題なし。
 問題は肺機能で、一秒率という息を吹き出す力が年々弱くなっているそうです。
 三ヶ月禁煙して結果を見るようにと、宣言されました。
 ヤレヤレ!
 帰りに大井肉店でステーキ弁当を食べて気持ちを切り換えました。
 明日からしばらく禁煙します。

Posted on 2月 2, 2018 at 11:50 午後 | | コメント (0)

2018.02.01

180201 月食の名残

180201_1203_gessyoku 折角の皆既月食でしたが、あいにく東空から中天にかけての月なので、西空が開けたマンションの窓からはほとんど見られませんでした。
 かろうじて食が終わる時刻に中天に懸かった月を見ることが出来ましたが、わずかに右端が欠けているように見えましたから、まあよしとします。


Posted on 2月 1, 2018 at 12:28 午前 | | コメント (0)