« 180121 雲取山西尾根の下見完了 | トップページ | 180122 山行記録:1/21 京都北山「灰屋から雲取山西尾根」 関西ハイク山友会 2/12 №1252例会の下見 »

2018.01.22

180122 Digital Music Player

180122 Digital Music Player180122 Digital Music Player 昔はウォークマンから始まって、CDウォークマンとか音楽を歩きながら聞くのに専用の機器がおおいに流行りましたが、今はiPhoneやスマホがあれば、音楽を聞くのも、メールを見るのも、ネットを閲覧するのも、電話もカメラも、すべて一台でこなしてくれます。
 でも、iPhoneはもちろん、スマホも持っていないガラケイの人が歩きながら音楽を聞くには、iPadとかこのようなデジタルミュージックプレーヤーを使うしかありません。
 実際にCDからMP3でコピーしてみましたが、音質が劣化していると、JNKさんには却下されました。
 昔ながらのCDプレーヤーはもうほとんど売っていませんが、ヨドバシで見つけたCDプレーヤーがJNKさんにはお気に入りです。

知っておきたいレンタル/購入CDの高音質コピー・取り込み方法
http://music-lifestyle.net/how_to_copy_cd/
を拝見すると、CDからの取込形式としては、非圧縮のWAVやFLACを選択すべきで、MP3では元のデータの10分の一程度まで圧縮されるので、音の深みや広がりは間違いなく犠牲になるから奨めないとのことです。

Mp3_14mb_liszt_jorge_bolet

Wav_105mb_liszt_jorge_bolet

 HPの記事を参考にして、もう一度CDからweb形式でiTuneに音楽を読み込んでみました。
 mp3形式では約14MBだった曲がweb形式では105MBになりました。
 web形式では元の音源データを圧縮しませんから、音質の劣化はありませんが、iTuneで表示されるアルバム名やアーティスト、トラック№などの付加情報はコピーできません。
 曲名はファイル名になるのでミュージックプレイヤーのような携帯機器での利用時には問題ないと思います。
 今まであまり音質にこだわっていなかったので、mp3とwebの差はあまり明確に感じませんが、心なしか音に深みと広がりが出たように思います。
 SDメモリーやHDDの容量が大きくなっていますから、一曲100MB以上でも保存容量がパンクする心配は当分無いと思います。
 あとは、再生音質を決めるのはイヤホーンですから、ノイズキャンセルで低音の再生性能がよいイヤホーンを探してみます。

Posted on 1月 22, 2018 at 10:05 午後 |

コメント

コメントを書く