« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017.10.31

171031 山行計画:11/3 六甲「樫ヶ峰から北山公園ボルダリングエリア散策」 関西ハイク山友会懇親会の下見

090726_kashigaminekiretto_01130401_kitayamakoen_01

 2週連続の台風襲来で、10月21日(土)の例会「灰屋から雲取山西尾根」、10月22日(日)の下見「花背峠から石楠花尾根」、10月28日(土)~29日(日)の下見「佐々里峠から天狗峠、三国岳」が全て中止になり、すっかり山歩きから遠ざかっています。
 今週末はやっと天気が安定しそうなので、満を持して11月3日(金・祝)は11月26日(日)~27日(月)に予定している関西ハイク山友会懇親会の山行の下見、11月5日(日)は11月18日(土) №1209例会「花背峠から石楠花尾根」の下見の再挑戦を予定しています。
 いずれも飛び入りで組んだ山行計画ですが、同行していただける方は是非メールなどでご連絡いただくようお願い申し上げます。
 
 さて、三日後に迫った「樫ヶ峰から北山公園ボルダリングエリア散策」ですが、本番では二日にまたがる行程を下見では一日で歩く予定です。
 阪急・逆瀬川からバスでエデンの園まで入って、逆瀬川の上流から痩せ尾根を登って樫ヶ峰の主稜線に乗り、キレットルートの岩尾根を経て社家郷山のキャンプ場に下ります。
 午後からは六甲保養荘から北山貯水池を経て北山公園のボルダリングエリアに向かいます。
 ボルダリング(bouldering)とはboulder(巨岩)を手足だけを使って登る、岩登りのバリエーションで、日本ではこの北山公園が発祥の地だそうです。
 北山公園には巨岩がたくさんあって、それぞれに休日になるとたくさんのボルダラーで賑わいます。
 今回は岩登りが目的ではなく、トラバースやフリー登降の練習が出来そうな巨岩を探したいと思います。

【下見山行計画】
六甲「樫ヶ峰から北山公園ボルダリングエリア散策」関西ハイク山友会の下見

日 時:平成29年11月3日(金・祝) 8:30~17:00

集 合:阪急宝塚線・逆瀬川駅 西口バス乗り場 8時
 ※ 阪急バス エデンの園行き・8時10分発に乗車
【雨天の場合】下見なので雨天決行です
 
参加予定者:6名/11/1現在
 ONOさん、NKNさん、HDKさん、ITKさん、KNKさん、きよもり

コース:阪急逆瀬川8:10=阪急バス220円=8:24エデンの園280m―素麺河原―東三ツ辻出合―キレット―長谷峠310m―六甲保養荘270m―北山貯水池西―北山池広場分岐―ボルダータワー ― 十山―展望台―銀水橋―甲陽園駅(17:00頃、解散)

レベル:一般向き (樫ヶ峰のルートは登り、下りとも足元注意)

地図:国土地理院25000分の一「宝塚」、昭文社「六甲・摩耶」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約7.4km、所要時間:8時間30分(歩行時間:5時間40分、休憩・昼食:2時間50分)
 阪急逆瀬川8:10=阪急バス220円=8:24エデンの園
 エデンの園280m(8:30頃)―20分―素麺河原320m―30分―東三ツ辻出合460m(9:40頃)―30分―キレット410m(10:20頃)―30分―長谷峠310m―10分―社家郷山キャンプ場270m―10分―六甲保養荘270m(11:30頃、昼食)―30分―北山貯水池分岐220m―20分―北山貯水池西230m(13:20頃)―10分―左折点・北山池分岐230m―20分―北山池広場分岐220m(14:00頃)―30分―ボルダータワー200m―30分―十山180m(15:30頃)―30分―展望台170m―20分―銀水橋90m―20分―甲陽園駅50m(17:00頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、ハーネス(所有者のみ)
 気温が低くなっていますので休憩時間などには薄手の防寒具が重宝します。

費 用:220円/バス代各自払い

【参考】 北山公園ボルダリングMAP
171103_

【地図】
予定断面図
171103_kasigamine_kitayamakoenborud
予定ルート図
171103_kashigamine_kitayamakoenboru
予定ルート拡大図
前半
171103_1_kashigamine_kitayamakoenbo
後半
171103_2_kashigamine_kitayamakoenbo
GPSの予定ルートデータ
「171103_Kashigamine_KitayamaKoenBorudaAria.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 31, 2017 at 09:30 午後 | | コメント (0)

2017.10.30

171030 猫目線

171030 猫目線 ミルクちゃんはなかなかカメラ目線になってくれないので、思うようなショットが撮れません。
 テーブルの下に潜り込んで撮ったら、自然なポーズがやっと撮れましたが、カメラを低く構えることは出来ても、スマホではシャッターが押せないから、自撮り棒がいりますね。

Posted on 10月 30, 2017 at 05:35 午後 | | コメント (0)

2017.10.29

171029 ソフトバンク連勝

171028 ソフトバンク連勝 昨日から日本シリーズが始まって、今日は第2戦
 7回裏のソフトバンクの攻撃でホームに滑り込んだ今宮が、アウトになりましたが、工藤監督の抗議で映像検証の結果、判定がくつがえってセーフになり、最終的にはこの判定がきいて、ソフトバンクが連勝となりました。
 昔(1978年)、阪急の上田監督がヤクルト大杉のレフトポール際の打球がホームラン、の判定に猛抗議して受け入れられず、その敗戦が尾を引いて、日本シリーズでヤクルトに敗れたのを思い出しました。
 当時ビデオリプレイ検証があったら、阪急が日本一になっていたかも知れません。

Posted on 10月 29, 2017 at 11:29 午後 | | コメント (0)

2017.10.28

171028 下見は中止・降水確率80%~90%

Kosuikakuritu_70_80_80_90 今朝5時発表の京都の降水確率を見ると、今日は午前中が70%、午後が80%、明日も午前中が80%、午後が90%と、ずっと雨が続く予報になっています。
 二転三転して、昨日夕方には10月28日(土)~10月29日(日)の「佐々里峠から天狗峠、三国岳」の下見を決行する決断をしましたが、その後同行していただく方の参加辞退が続き、タクシー手配や食糧計画、団体装備計画の変更が余儀なくされるので、最終的に22時になって下見山行は中止としました。
 同行していただく方には電話連絡をしましたが、タクシーの予約電話が繋がらず、今朝6時になってやっと予約キャンセルが出来、取りあえず一件落着です。
 このところ毎週末の台風で、例会や下見山行の中止が三件も続き非常に残念ですが、これだけ天気が悪ければあきらめも付きます。

171028_tenkizu 天気図を見ると台風が近づいているのは当然として、日本列島は高気圧の谷間にかかっていて、前線に接する太平洋岸はかなりの荒天が当然です。
 ただ、日本海側は前線から遠く離れているので、今回の山行も京都と福井の県境に近いので意外に雨量は多くないかも知れませんが、量はともかく、雨は避けられなかったでしょう。

Posted on 10月 28, 2017 at 08:12 午前 | | コメント (4)

2017.10.27

雨天中止→171027 山行計画修正:10/28~10/29 京都北山「佐々里峠から天狗峠、三国岳」11/11~11/12 関西ハイク山友会№1204の下見

 雨にも交通規制にもめげず、明日、明後日の下見を決行するつもりで、準備が終わりましたが、雨が早まりそうなので、思案の結果、やはり下見は中止することにしました。
 荒天下の下見も経験しておいて損はないのですが、テント泊で初日から降られるとなかなか意気があがりませんから、やむを得ないと思います。
 参加申込みしていただいた皆様にはご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。

   森井 潔 【関西ハイク山友会】
   E-mail:kgh03517@nifty.com
   ブログ:http://morii3.cocolog-nifty.com/
    TEL:078-766-8070
    FAX:050-3156-3814 (ペーパーレスFAX)
    スマホ(Y!mobile):090-4491-0586
_/_/_/_/_/_/_/_/ 17.10.27 22:24 _/_/_/_/_/_/_/_/

 台風21号の後遺症で、京都北部の山間部を縫う道路は寸断状態でしたが、27日になってかなり復旧は進みました。
 しかし、10月28日(土)に予定していた鞍馬から佐々里峠までの府道38号線は広河原から佐々里峠まで3km弱はまだ復旧していません。
 ついでに言うと二日目、生杉手前の桑原橋から朽木までの県道781号線は復旧していて、高島市営バスは正常に運行されているそうですから、二日目の帰路は問題ありません。
 佐々里峠までタクシーで入る予定でしたが、広河原から歩き始める必要があるため、行程を見直しました。
 また、参加者が5名に減ったため、装備計画や食糧計画も見直しましたので、以下では修正後の計画を再掲させていただきます。
160406_07_koundoyama_sangokudake_11160406_07_koundoyama_sangokudake_16

 中央分水嶺の佐々里峠から高島トレイルへと接続する尾根を幕営山行として歩いてみます。
 いずれも下見または例会として何度も歩いていますが、例会としての幕営山行は初めてなので、下見で行程を確認します。
 佐々里峠まで広河原から約1時間の登りですが、広河原先は車両通行止めになっていますので、鞍馬から広河原までタクシーを利用します。(鞍馬~広河原9000円くらい)
 鞍馬から京都バスで入れば広河原まで路線バスで入れますが、日没が早くなっていますので、割高になりますが、当初予定通りタクシーを利用することにします。
 佐々里峠から小野村割岳までは小さなアップダウンが続きますが、台風21号の影響で倒木が増えているかも知れません。
 倒木の片付けなどで時間を食う可能性がありますので、当初予定していた天狗峠先の天狗原での幕営は諦めて、光砥山951mの周辺で初日は幕営することにします。
 光砥山周辺の水場は未確認ですが、「北山分水嶺トレッキングマップ」の2017年版で光砥山の北の谷間に水場の記述がありますので、地形的に見ても900m付近で水は採取できると思います。

 二日目は多分雨なので早めに食事をすませて、深洞山分岐P927mから左折して天狗峠に向かいます。
 予定通りの行程ではP927mからアップダウンを繰り返して、天狗峠まで1時間10分を見ていますが、意外に時間がかかります。
 天狗峠へピストンして東に向かい、天狗原を経て曲折する尾根を北上しますが、P636mからは方向を確認して下る必要があります。
 三国岳までは急登が続くのでゆっくり歩きます。
 三国岳で高島トレイルと合流し、主稜線から右折して桑原橋へ下ります。

【下見山行計画】
京都北山「佐々里峠から天狗峠、三国岳」関西ハイク山友会11/11~11/12 №1204例会の下見

日 時:平成29年10月28日(土)~10月29日(日)

集 合:叡山電鉄鞍馬駅 8時00分
 ※ 鞍馬駅から広河原までタクシー2台で直行します
【雨天の場合】下見なので雨天決行です
 
参加予定者:5名/10/27現在
 HMDさん、OONさん、KNKさん、NKZさん、きよもり

コース:
10/28 鞍馬駅(集合8:00)=タクシー2台1台9,000円位=9:10広河原―佐々里峠―雷杉―エイリアン杉―小野村割岳931.7m―光砥山P951m(幕営)
10/29 光砥山P951m―深洞山分岐P927m―P921m―天狗峠928m―天狗原―P636m迷点―岩屋谷分岐―三国岳959.0m―桑原分岐―P686m―下壷谷登山口―桑原橋13:49=高島市営バス220円=14:28朽木学校前14:37=江若バス740円=15:12安曇川(解散)

レベル:中級向き (幕営山行、台風の爪痕に要注意)

地図:国土地理院25000分の一「中」「久多」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半
行 程:二日間合計/歩行距離:19.2km、所要時間:14時間10分(歩行:10時間30分、休憩昼食:3時間40分)
10/28 広河原から光砥山/歩行距離:9.2km、所要時間:6時間30分(歩行:4時間30分、休憩昼食:2時間00分)

 鞍馬駅(集合8:00)8:10=タクシー2台1台9,000円位=9:10広河原
 広河原500m(9:20頃)―60分―佐々里峠740m(10:30頃)―20分―灰屋分岐790m―50分―雷杉830m(12:00頃、昼食)―50分―エイリアン杉860m(13:50頃)―10分―北尾根分岐870m―40分―小野村割岳931.7m(15:00頃)―40分―光砥山P951m(15:50頃、幕営)

10/29 光砥山から桑原/歩行距離:10.0km、所要時間:7時間40分(歩行:6時間00分、休憩:1時間40分)
 光砥山P951m(4:00起床、6:00出発)―30分―深洞山分岐P927m(6:40頃)―35分―P921m―45分―天狗峠928m(8:10頃)―30分―天狗原850m―25分―P636m迷点(9:20頃)―35分―小鞍部850m―30分―岩屋谷分岐890m―20分―三国岳959.0m(11:00頃)―20分―桑原分岐920m―40分―急坂下730m(12:10頃、昼食)―10分―P686m―20分―下壷谷登山口430m―20分―桑原橋400m(13:40頃)
 桑原橋13:48=高島市営バス220円=14:28朽木学校前14:37=江若バス740円=15:12安曇川(解散)

装 備:幕営用具(寝袋、マットなど別紙装備表参照)、昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、ヘッドランプ

費 用:5,000円/交通費3,000円+食材費2,000円

【参考】
山行記録:16/4/6~4/7 京都北山『光砥山から天狗峠、三国岳』 関西ハイク山友会 4/24 №881例会の下見
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2016/04/160408-4647-424.html

【装備・食糧計画】 計画変更に伴い差し替え
5名分の装備と食糧計画です。
今回は久し振りに晩ご飯は麻婆豆腐にします。
炊事用の水は光砥山P951mの北の谷間で確保できる予定です。
トレッキングマップで光砥山の北に水場の印があるのでこちらの水場を利用します。
171028_102951
171028_102952
「171028_10296.xls」をダウンロード

【参考】
160406_07_koundoyama_sangokudake_19【写真】 160406~0407 光砥山から天狗峠、三国岳・下見の写真
 Googleフォトの写真アルバムです。
 写真は位置情報付きで28枚あります。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】行程変更に伴い、地図も差し替えました
【地図】
予定断面図
171028_29_sasaritoge_koundoyama_san
予定ルート図
171028_29_sasaritoge_koundoyama_s_2
予定ルート拡大図
前半
171028_29_1_sasaritoge_koundoyama_s
後半
171028_29_2_sasaritoge_koundoyama_s
GPSの予定ルートデータ
10月28日(土) 広河原から光砥山
 「171028_Hirogawara_OnomurawariDake_KoundYama.gpx」をダウンロード
10月29日(日) 光砥山から桑原橋
「171029_KoundoYama_TenguToge_SangokuDake.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 27, 2017 at 04:05 午後 | | コメント (0)

2017.10.26

171026 「れんこん蒸し」と「大根と手羽中の豆板醤煮」

171026 れんこん蒸しと大根と手羽中の豆板醤煮171026 れんこん蒸しと大根と手羽中の豆板醤煮 JNKさんのリクエストでベターホームの定番料理本から、「れんこん蒸し」と「大根と手羽中の豆板醤煮」に挑戦しました。
 れんこん蒸しは、蓮根とヤマノイモをすりおろし、銀杏を焼いて、ゆり根はゆがく必要があるので、下拵えで1時間30分もかかってしまいましたが、彩りで上に乗せたゆずの香りが味を引き立てて、和の一品が出来上がりました。
 銀杏やゆり根、ゆずはレシピにはありませんが、彩りと食感が引き立って正解でした。

 大根と手羽中は中華仕立てですが、生姜と豆板醤の辛みが程よいアクセントになって、ご飯がすすみます。
 豆板醤を入れなければ、そのまま和食ですが、それなりに目先が変わって美味しかったです。

Photo
Photo_2

Posted on 10月 26, 2017 at 08:49 午後 | | コメント (0)

2017.10.25

171025 京都市の車両通行規制が発令中

291025_1800291024_2100291024_1500
昨日、関西ハイク山友会リーダーの鈴木さんから以下の情報をいただきました。
2017年10月24日 9:59のメール
> 森井 潔様
> こんにちは、
> ご計画ご連絡有難うございます。
> 情報によりますと、花背峠の峠下では台風の影響で道路が通行止めになっています、
> 道路管理者京都市には何時頃通行止め解除になるか確認していませんが、とりあえずご報告いたします。
>  鈴木恒男

10月28日(土)~10月29日(日)には11月11日(土)~11月12日(日)の№1204例会の下見として、鞍馬からタクシーで広河原の先の佐々里峠まで入り、小野村割岳、天狗峠、三国岳へテント泊で歩く計画を立てていますので、車両通行止めでは計画実施は困難ですから、京都市情報館から「京都市内の主な道路の通行規制(通行止め等)箇所について」の道路通行規制情報を調べました。
http://www.city.kyoto.lg.jp/kensetu/page/0000227558.html

10月24日(火) 15時00分現在の通行規制MAPでは、京都北部の道路は寸断状態で、件の鞍馬から広河原間でも、
1.鞍馬から百井分かれを経て小出石まで(MAPの15・赤線区間)
2.大布施から広河原を経て佐々里峠まで(MAPの10・赤線区間)
が通行止めになっていて、中間の百井分かれから花背峠を経て大布施まで(MAPの11・青線区間)は通行できますが、全く意味がありません。
 この時点で下見参加メンバーには、タクシーが入れないようなので、10月26日(木)までに通行規制が解除されないようなら下見は中止する旨、取りあえず連絡しました。

10月24日(火) 21時00分現在になって、他の地域を含め、かなり通行規制は解除されましたが、
1.鞍馬から百井分かれを経て小出石まで(MAPの15・赤線区間)
2.バス終点の広河原から佐々里峠まで(MAPの10・赤線区間)
は相変わらず通行規制されていて、貴船から芹生峠を経て大布施に迂回するコース(MAPの30・赤線区間)も通行規制がされているので、広河原まではいるのも困難でした。

10月25日(水) 18時00分になって、ようやく1.の規制が解除され
鞍馬から百井分かれを経て小出石まで(MAPの15・青線区間)は通れるようになりました。
あとは2.のバス終点の広河原から佐々里峠まで(MAPの10・赤線区間)が通行規制されたままですが、広河原から佐々里峠までは歩いても1時間程度ですから、この区間の規制が解除されるか否かは当日まで確定しなくても、歩いて佐々里峠まであがることにして、下見は計画通り実施できる見通しが立ちました。

 ただし、道路の通行規制がこれほど広範囲に実施されていると言うことは、尾根筋は倒木や崖崩れなどでかなり荒れていると思われますので、状況を判断して途中で引き返すなり切り上げることも視野に入れ、無理の無い範囲で下見を実施したいと思います。
 また、鋸はもちろん、虎ロープや簡易ハーネスも用意して臨むようにします。
 よろしくお願い申し上げます。

Posted on 10月 25, 2017 at 11:50 午後 | | コメント (0)

2017.10.24

171024 台風の爪痕

171024 台風の爪痕171024 台風の爪痕 台風21号は強烈な風で通り過ぎましたが、一夜あけてあちこちに爪痕を残しています。
 弓弦羽神社の参道でも松の大木が根元からなぎ倒されて、参道をふさいでいました。
 これはチェーンソーで切らないととても片付けられません。

Posted on 10月 24, 2017 at 03:57 午前 | | コメント (0)

2017.10.23

171023 瞬間最大風速45.9m

171023 瞬間最大風速45.9m171023 瞬間最大風速45.9m 昨夜22時頃から間断無く猛烈な暴風雨が続きました。
 神戸では45.9mの瞬間最大風速の記録的な風が吹きました。
 暴風雨は朝方4時まで続き、5時頃にようやく止みました。
 台風一過、嘘のように青空が広がって虹がかかっています。

Posted on 10月 23, 2017 at 07:50 午前 | | コメント (0)

2017.10.22

171022 台風21号襲来

171022_taifu21_shinro 午後から神戸でも風が強くなり、神戸市に土砂災害避難準備の警報が発令されました。
 16時頃には更に風が強くなって、20m以上の北風が間断なく吹きつのり、傘も差せない状態です。
 この台風は更に北上して、明日午前3時には浜松市の南海上に達するとの予報です。
 今夜も風は止まないので、外出は控えるようにします。
 今日予定していた下見は中止にしてよかったです。
平成29年 台風第21号に関する情報 第56号 (位置)
平成29年10月22日16時45分 気象庁予報部発表

(見出し)
 超大型で非常に強い台風第21号は、日本の南を
1時間におよそ40キロの速さで北北東へ進んでいます。

(本文)
 超大型で非常に強い台風第21号は、22日16時には
日本の南の
北緯30度05分、東経134度50分にあって、
1時間におよそ40キロの速さで北北東へ進んでいます。
中心の気圧は945ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は45メートル、
最大瞬間風速は60メートルで
中心から半径280キロ以内では
風速25メートル以上の暴風となっています。
また、中心の西側1300キロ以内と東側750キロ以内では
風速15メートル以上の強い風が吹いています。

この台風は22日17時には、日本の南の
北緯30度25分、東経135度00分にあって、
1時間におよそ40キロの速さで北北東へ進んで
いるものと推定されます。
中心の気圧は945ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は45メートル、
最大瞬間風速は60メートルで
中心から半径280キロ以内では
風速25メートル以上の暴風が
また、中心の西側1300キロ以内と東側750キロ以内では
風速15メートル以上の強い風が吹いているものと推定されます。

今後の台風情報にご注意下さい。

Posted on 10月 22, 2017 at 05:20 午後 | | コメント (0)

2017.10.21

171021 サバと茄子炒め

171021 サバと茄子炒め171021 サバと茄子炒め 昨日作ろうとサバを買いに行ったけど、塩サバしか無かったので、今日やっと真鯖を見つけてサバと茄子の炒め物を作りました。
 でも、サバが小ぶりなので、一緒に作ろうとしていたサバのつみれ汁は次回になります。

Posted on 10月 21, 2017 at 07:00 午後 | | コメント (0)

2017.10.20

171020 明日、明後日は雨

171021_kosuikakuritu_70_80 明日は第1192回例会 京都北山「灰屋から雲取山西尾根」を予定していましたが、17時発表の天気予報で明日10月21日(土)の京都南部の降水確率は午前70%、午後80%で終日雨の予想です。
 かなりの風雨が予想されますので、規定通り例会の開催は中止させていただきます。

 折角楽しみにしていただいていたのに残念ですが、歩き易い行程なので、年明け若葉が芽吹く頃に再挑戦したいと思いますので、その折にはまた参加申込いただくようお願い申し上げます。

171020_taifu21_shinro 10月22日(日)も11月18日(土)第1209回例会 京都北山「花背峠から百井峠、石楠花尾根」の下見を予定していましたが、台風21号の接近で更に雨が強くなりそうなので、雨天中止にせざるを得ません。
 下見は11月5日(日)に延期しますので、下見に参加していただける方はメールでご連絡いただけると有り難いです。


Posted on 10月 20, 2017 at 08:20 午後 | | コメント (0)

2017.10.19

171019 山行計画:10/28~10/29 京都北山「佐々里峠から天狗峠、三国岳」11/11~11/12 関西ハイク山友会№1204の下見

160406_07_koundoyama_sangokudake_11160406_07_koundoyama_sangokudake_16

 中央分水嶺の佐々里峠から高島トレイルへと接続する尾根を幕営山行として歩いてみます。
 いずれも下見または例会として何度も歩いていますが、例会としての幕営山行は初めてなので、下見で行程を確認します。
 佐々里峠まで広河原から約1時間の登りですが、日没が早くなっていますので鞍馬から広河原を経て佐々里峠までタクシーを利用します。(鞍馬~佐々里峠9000円くらい)
 佐々里峠から小野村割岳までは小さなアップダウンが続きますが、よく歩かれているので、問題はありません。
 小野村割岳から先は広葉樹の尾根になり、光砥山を経て、P927mから左折して天狗峠に向かいます。
 光砥山到着が15時を過ぎるようなら、先が長いので光砥山周辺での幕営も視野に入れます。
 その場合、北山分水嶺トレッキングマップの表示通り光砥山の北面の谷で水が汲めると思います。

 予定通りの行程ではP927mからアップダウンを繰り返して、天狗峠まで1時間10分を見ていますが、意外に時間がかかります。
 天狗峠へピストンして30分ほど東に向かうと展望が開け、天狗原の幕営地に到着します。
 水場は幕営地から5分ほど北に下るとすぐに得られます。
 天気が好ければ比良連峰が見渡せます。

 翌日は曲折する尾根を北上しますが、P636mからは方向を確認して下る必要があります。
 三国岳までは急登が続くのでゆっくり歩きます。
 三国岳で高島トレイルと合流し、主稜線から右折して桑原橋へ下ります。

【下見山行計画】
京都北山「佐々里峠から天狗峠、三国岳」関西ハイク山友会11/11~11/12 №1204例会の下見

日 時:平成29年10月28日(土)~10月29日(日)

集 合:叡山電鉄鞍馬駅 8時00分
 ※ 鞍馬駅から佐々里峠までタクシー2台で直行します
【雨天の場合】下見なので雨天決行です
 
参加予定者:6名/10/24現在
 HMDさん、OONさん、KWTさん、KNKさん、NKZさん、きよもり

コース:
10/28 鞍馬駅(集合8:00)=タクシー2台1台9,000円位=9:40佐々里峠―雷杉―エイリアン杉―小野村割岳931.7m―光砥山P951m―深洞山分岐P927m―P921m―天狗峠928m―天狗原850m(17:00頃、幕営)
10/29 天狗原―P636m迷点――岩屋谷分岐―三国岳959.0m―桑原分岐―P686m―下壷谷登山口―桑原橋12:50=高島市営バス220円=13:28朽木学校前14:37=江若バス740円=15:05安曇川(解散)

レベル:中級向き (幕営山行、行程は難しい個所無し)

地図:国土地理院25000分の一「中」「久多」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」
 予定断面図
予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:二日間合計/歩行距離:16.5km、所要時間:11時間00分(歩行:8時間10分、休憩昼食:2時間50分)
10/28 佐々里峠から天狗峠/歩行距離:11.2km、所要時間:7時間00分(歩行:5時間10分、休憩昼食:1時間50分)

 鞍馬駅(集合8:00)8:10=タクシー2台1台9,000円位=9:40佐々里峠
 佐々里峠740m(10:00頃)―20分―灰屋分岐790m―40分―雷杉830m(11:10頃)―40分―エイリアン杉860m(12:00頃、昼食)―10分―北尾根分岐870m―40分―小野村割岳931.7m(13:40頃)―30分―光砥山P951m―30分―深洞山分岐P927m(15:00頃)―30分―P921m―40分―天狗峠928m―30分―天狗原850m(17:00頃、幕営)

10/29 天狗峠から桑原/歩行距離:5.3km、所要時間:4時間00分(歩行:3時間00分、休憩:1時間00分)
 天狗峠928m(7:00発)―20分―P636m迷点―30分―小鞍部850m(8:00頃)―20分―岩屋谷分岐890m―15分―三国岳959.0m(9:00頃)―15分―桑原分岐920m―30分―急坂下730m(10:00頃)―10分―P686m―20分―下壷谷登山口430m―20分―桑原橋400m(11:00頃、昼食)
 桑原橋12:50=高島市営バス220円=13:28朽木学校前14:37=江若バス740円=15:05安曇川(解散)

装 備:幕営用具(寝袋、マットなど別紙装備表参照)、昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、ヘッドランプ

費 用:5,000円/交通費3,000円+食材費2,000円

【参考】
山行記録:16/4/6~4/7 京都北山『光砥山から天狗峠、三国岳』 関西ハイク山友会 4/24 №881例会の下見
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2016/04/160408-4647-424.html

【装備・食糧計画】
6名分の装備と食糧計画です。
今回は久し振りに晩ご飯は麻婆豆腐にします。
炊事用の水は予定通り行けば、幕営地である天狗峠の先の天狗原で確保できるはずです。
トレッキングマップで光砥山の北に水場の印があるので、初日天狗峠まで行けないようなら光砥山の北斜面で幕営してこちらの水場を利用します。
171028_102961
171028_102962
「171028_10296.xls」をダウンロード

【参考】
160406_07_koundoyama_sangokudake_19【写真】 160406~0407 光砥山から天狗峠、三国岳・下見の写真
 Googleフォトの写真アルバムです。
 写真は位置情報付きで28枚あります。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
予定断面図
171028_29_sasaaritoge_onomurawarida
予定ルート図
171028_29_sasaritoge_tengutoge_sang
予定ルート拡大図
前半
171028_29_1_sasaritoge_onomurawarid
後半
171028_29_2_tengutoge_sangokudake_k
GPSの予定ルートデータ
10月28日(土)
「171028_SasariToge_OnomurawariDake_TenguToge.gpx」をダウンロード
10月29日(日)
「171029_TenguToge_SangokuDake_Kuwabara.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 19, 2017 at 03:55 午後 | | コメント (0)

2017.10.18

171018 チキンカレーと親子丼/一日置きの定番

Dsc_0075Dsc_0087 10月16日(月)はチキンカレー。
 鶏もも肉は皮や脂身を丁寧に取り除いてヨーグルトとクミンを揉み込みます。
 あとは玉ねぎを色が変わるまで炒めてから人参を加え、野菜をいったん引き上げて、鶏肉に火を入れます。
 野菜と鶏肉、香料をフライパンに入れてジャガイモも加えて、20分ほど煮込みます。
 最後にカレールーを溶かして7、8分煮たら完成。
 好みでマサラやクミンで辛みを調整します。
 優しい辛さで脂身を除いているのでJNKさんには好評です。

Dsc_0097Dsc_0099 今日(10/18)は親子丼。
 三回目ですが、最後の卵とじはJNKさんにお任せですから、生地を作るだけなので30分もあれば完成します。
 使う食材は鶏もも肉と玉ねぎだけなので手軽ですが、味の決め手は煮汁の調味料でしょうか。
 醤油1、みりん1、酒1/2、砂糖1/2を溶かせて、ダシの素を加えたらできあがり。
 玉ねぎを煮込んで、柔らかくなったら鶏肉を加えて火が入ったら完成ですから簡単です。
 こちらも鶏もも肉は皮や脂身を丁寧に取り除くのがポイントでしょうか。
 これも脂肪分が少ないのでJNKさんには好評です。

Posted on 10月 18, 2017 at 05:20 午後 | | コメント (0)

2017.10.17

171017 焼き肉 「太田家」

Dsc_0089Dsc_0090Dsc_0094

 湊川の肉屋「橘屋」へ焼き肉の食材を買いに行くと、帰りに同じ湊川にある焼き肉食堂「太田家」でよく昼食をとります。
 三宮近くでよく行っていた焼き肉屋のメニューが替わって、脂ばかりで美味しくなくなったので、三宮周辺の雰囲気のよい焼き肉屋さんを探しました。
 そうしたら三宮の鯉川筋と生田新道の交差点近くに前述の「太田家」の神戸元町支店が見つかったので行って見ました。

 雰囲気がよくて、肉も選りすぐりで期待以上のお店でした。
 特選ハラミを追加オーダーして昼定食二人前で6千円弱ですからお手軽で、満足しました。

Posted on 10月 17, 2017 at 05:38 午後 | | コメント (0)

171017 山行計画:10/22 京都北山「花背峠から百井峠、石楠花尾根」11/18 関西ハイク山友会№1209例会の下見

雨天中止にしました/171020 17:00予報で降水確率90%、台風が近づいています。
 下見の再挑戦は11月5日(日)を予定しますので、参加希望の方はメールを下さい。

090505_syakunageone_014090505_syakunageone_027 地図読みハイクの再開二回目の下見。
 花背峠から曲折した百井尾根を方向確認しながら百井峠まで歩き、展望のよい鉄塔で地図読みの講習を実施します。
 花背電波塔直下から百井尾根に入りますが、小さなアップダウンを繰り返す百井尾根は支尾根の分岐が多いので地図と磁石で現在地を確認しながら百井峠へ下ります。
 百井峠からは明確な尾根が続きますが、鉄塔Ⅰ770mでは展望が広がりますので地図読みの研修をしながらゆっくり休憩します。
 時間があれば天ヶ岳788mにピストンして、尾根の南面を巻く山腹を石楠花尾根分岐まで下り気味に急尾根を南東に進みます。
 焼杉山への主稜線から左折して石楠花尾根に入りますが、鉄塔560mからは南に焼杉山717.4m、北にナッチョ(天ヶ森)812.5mが間近に確認できます。
 石楠花尾根の後半はアップダウンの多い石楠花群生が続き、最後は杉植林の急尾根を200m下りますが、足元を確認しながらゆっくり小出石に向かいます。
 小出石発のバスは17:07と19:07しかないので下山時間に留意します。(国道小出石発は17:42)

【下見山行計画】
京都北山「花背峠から百井峠、石楠花尾根」関西ハイク山友会11/18 №1209例会の下見

日 時:平成29年10月22日(日) 9:10~16:40

集 合:叡山電鉄出町柳駅前バス乗り場 7時40分
 ※ 京都バス 広河原行き・7時50分発に乗車
【雨天の場合】下見なので雨天決行です
 
参加予定者:6名/10/18現在
 KWKさん、KNKさん、HMMさん、KTGさん、TKUさん、きよもり

コース:出町柳駅前7:50=京都バス640円=8:53花背峠―杉ノ峠―百井尾根入口―百井峠―鉄塔Ⅰ―尾根分岐―石楠花尾根分岐―鉄塔―P528m―P490m―林道出合―小出石公民館17:07=京都バス440円=国際会館駅(17:42頃、解散)

レベル:一般向き (前半は曲折した尾根のアップダウン)

地図:国土地理院25000分の一「大原」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」
 予定断面図、 予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半 後半

行 程:約8.4km、所要時間:7時間30分(歩行時間:4時間20分、休憩・昼食・地図読み研修:3時間10分)
 出町柳駅前(集合7:30)7:50=京都バス640円=8:53花背峠
 花背峠758m(9:10頃)―20分―杉ノ峠830m―10分―百井尾根入口830m―20分―右折点820m―30分―百井峠740m(11:00頃)―20分―鉄塔Ⅰ770m(11:40頃、昼食・地図読み研修、13:20発)―10分―尾根分岐730m―30分―石楠花尾根分岐560m―20分―鉄塔560m(14:30頃)―20分―P528m―30分―P490m―20分―林道出合300m(16:00頃)―30分―小出石公民館280m(16:40頃)
 小出石公民館17:07=京都バス440円=17:42国際会館駅(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、ヘッドランプ(念のため)、シルバコンパス
 気温が低くなっていますので休憩時間などには薄手の防寒具が重宝します。

費 用:900円/バス代640円+440円=1080円(回数券利用)

【過去の記録】 7~8年前の記録ですが、行程は今回の例会と同じです。
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2009/05/090507-3-55-8ec.html
090507 山行記録:09/5/5 京都北山「花脊峠から石楠花尾根」 下見

http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2010/04/index.html
100430 山行記録:10/4/29 京都北山「花脊峠から石楠花尾根」 下見2

http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2010/05/100517-516-131-.html
100517 山行記録:10/5/16 山仲間第131回例会 京都北山「花背峠から石楠花尾根」

【地図】
予定断面図
171022_hanasetoge_momoitoge_syakuna
予定ルート図
171022_hanasetoge_momoitoge_syaku_2
予定ルート拡大図
前半
171022_1_hanasetoge_momoitoge_syaku
後半
171022_2_hanasetoge_momoitoge_syaku
GPSの予定ルートデータ
「171022_HanaseToge_MomoiToge_SyakunageOne.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 17, 2017 at 03:51 午後 | | コメント (0)

2017.10.16

171016 山行記録:10/14 京都北山「魚谷山南尾根から滝谷峠」 関西ハイク山友会12/9 №1222の下見

171014_iotaniyamaminamionetakitan_2171014_iotaniyamaminamionetakitan_3

171014_iotaniyamaminamionetakitanit【写真】
 Googleフォトの写真アルバムです。
 写真は位置情報付きで66枚あります。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
171014t_iotaniyamaminamione_takitan
歩行ルート図
171014t_iotaniyamaminamione_takit_2
歩行ルート拡大図
前半
171014t1_iotaniyamaminamione_takita
後半
171014t2_iotaniyamaminamione_takita
GPSの歩行軌跡データ
「171014T_IotaniYamaMinamiOne_TakitaniToge.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 16, 2017 at 06:58 午後 | | コメント (0)

2017.10.15

171015 ミルクちゃん

171015 ミルクちゃん スマホ用アプリのペンシルスケッチを使うと、いつもおすましのミルクちゃんが何となく絵になります。

Posted on 10月 15, 2017 at 12:14 午後 | | コメント (0)

171015 雨の渦森台から不在者投票、おとめ塚温泉、御影公会堂食堂

171015 雨の渦森台へ171015 雨の渦森台へ 昨夜から小雨模様でしたが、折角の休日なので、8時頃から渦森台公園まで1時間の山歩で300m登り、帰り道に不在者投票も済ませてから六甲おとめ塚温泉で汗を流しました。
 土地柄、銭湯の客はほとんどが阪神ファンですから、昨日先勝して皆さんご機嫌でした。

Dsc_0061_2Dsc_0065_2 六甲道のモンベルへ寄り道したりしていて、風呂からあがったら11時を過ぎていたので、帰り道に御影公会堂地下の「御影公会堂食堂」で久し振りにオムハヤシを食べました。
 今春改装を終えた公会堂は壁が真っ白にり、内装は明るくてレトロな良い感じです。
 足の便が悪いのに、いつも1時間位待たされる人気はさすがです。


Posted on 10月 15, 2017 at 12:10 午後 | | コメント (0)

2017.10.14

171014 魚谷山南尾根の下見完了

171014 魚谷山南尾根の下見完了171014 魚谷山南尾根の下見完了 天気の悪化を心配しましたが、終日雨は降らず、風もなくて爽やかな天候の尾根歩きを楽しみました。
 柳谷峠からの谷道が荒れていて、下るのに時間がかかりましたが、奥貴船からの車道を早足で歩いたので、貴船口には予定通り17時に下山出来ました。
 同行いただいた6人の皆さん、ありがとうございました。
 お疲れ様でした。

Posted on 10月 14, 2017 at 06:29 午後 | | コメント (0)

2017.10.13

171013 山行計画:10/21 京都北山「灰屋から雲取山西尾根」関西ハイク山友会№1192例会

雨天中止にしました/171020 17:00予報で降水確率70%80%
170923_haiya_kumotoriyamanishione_0170923_haiya_kumotoriyamanishione_2

 雲取山は東の寺山峠から、あるいは南の芹生からの登山が一般的ですが、ほとんど歩かれた記録がない西の灰屋から尾根伝いに登ります。

 雲取山西尾根への取付は、京北ふるさとバス灰屋線終点から250m下流に下り、赤い橋を渡ったところにある太神神社(ダイジンジンジャ)です。
 尾根に取っ付くと鉄塔Ⅰ650mまで高低差250mの急登です。
 鉄塔Ⅰから先は傾斜もゆるくなり小ピークをいくつか越えながら高度を上げていきます。
 目立ったピークのない曲折した尾根歩きになりますので、GPSと磁石で現在地を確認しながら歩く必要があります。

 小ピーク820mから南尾根分岐860mの間1kmは林道が平行しますが、尾根通しの方が快適なので尾根道を歩きます。
 後半少し藪がありますが、迂回できますのでコース全体を通して北山らしい尾根歩きが楽しめると思います。

 路線バスでは朝の集合時間が早くなるのと、帰りの花背高原からのバスの便が悪いので、貸切バスを利用します。
 路線バス利用の場合、往復で2,700円なので貸切バス利用でもあまり割高になりません。

【山行計画】
京都北山「灰屋から雲取山西尾根」
関西ハイク山友会 №1192例会 北山の尾根と峠歩き51

日  時:平成29年10月21日(土) 9:20~16:40

集 合:京都駅八条東口 南側アバンティ前 団体バス乗り場 7時40分出発
 団体バス乗り場は京都駅東口南側のアバンティ(AVANTI)前になります。
 団体バス駐車場は更に規制が強くなって無料駐車時間10分(有料でも最大20分2,000円)という制約がありますので、7時40分に出発できるよう余裕を持って集まっていただくようお願い申し上げます。

 バスは京都バスの小型バスで満席ですから、整列乗車をお願い申し上げます。
 
 【雨天の場合】
 前日、10月20日(金) 17:00発表の気象情報で、京都府南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前10月20日(金) 17時発表の予報)

参加予定者:24名/10/16現在

コース:京都駅八条東口(貸切バス)花背峠経由=灰屋―太神神社―鉄塔Ⅰ―鉄塔Ⅱ―小P820m林道出合―P839m―南尾根分岐・林道左折―P899m―小P880m右折点―雲取山911.1m―展望ピーク―雲取峠― 一ノ谷分岐―寺山峠―花背高原前(貸切バス)京都駅(18:20頃、解散)

レベル:中級向き (最初の急登は300m。曲折した尾根のアップダウン)

地 図:2万5千=「上弓削」「花背」、昭文社=「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約7.6km 所要時間:7時間20分(歩行時間:5時間00分、休憩・昼食:2時間20分)
 京都駅八条東口(7:40集合)7:40(貸切バス、花背峠経由)9:00灰屋
 灰屋420m(9:20頃)―5分―橋・太神神社400m―30分―急登上560m―20分―鉄塔Ⅰ650m(10:30頃)―10分―鉄塔Ⅱ700m―15分―関電道分岐740m―10分―小P770m左折点―20分―小P820m・林道出合(11:40頃)―20分―P839m迷点―10分―展望所830m(12:20頃、昼食)―20分―南尾根分岐・林道左折860m(13:30頃)―10分―小P880m―10分―P899m―藪迂回―10分―小P880m右折点―15分―雲取山911.1m(14:30頃)―20分―展望ピーク910m―5分―雲取峠880m(15:00頃)―30分― 一ノ谷分岐760m―10分―寺山峠810m(16:00頃)―30分―花背高原前580m(16:40頃)
 花背高原前(貸切バス)京都駅(18:20頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、ヘッドランプ
 17時過ぎには暗くなりますので、念のためヘッドランプも持ってきてください。

費 用:3,500円/参加費200円+貸切バス代3,300円

【参考】 9月23日(土)の下見の写真アルバムです。
 170923_haiya_kumotoriyamanishione_0【写真】
 Googleフォトの写真45枚のアルバムです。
 写真アルバムに下見時の歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
予定断面図
171021_haiya_kumotoriyamanishioneda
予定ルート図
171021_haiya_kumotoriyamanishione
予定ルート拡大図
前半
171021_1_haiya_kumotoriyamanishione
後半
171021_2_haiya_kumotoriyamanishione
GPSの予定ルートデータ
「171021_Haiya_KumotoriYamaNishiOne.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 13, 2017 at 12:01 午前 | | コメント (0)

2017.10.12

171012 栗剥き

171012 栗剥き171012 栗剥き 銀寄(ぎんよせ)と云う甘味の強い品種を四国高知から通販で取り寄せました。
 1kgもあるので皮と渋皮を剥くのに1時間30分もかかりましたが、今回は二回目なので、あまり実を崩さないできれいに剥けました。
 明日にでも栗ご飯を作りますが、甘いのでこのままおやつに食べても美味しいです。

171012_ 【レシピ】
 甘味が増す♡おいしい栗のゆで方&むき方

Posted on 10月 12, 2017 at 01:54 午後 | | コメント (0)

2017.10.11

171011 親子丼

Dsc_0010Dsc_0012Dsc_0016

 カレーライス、鶏もも肉のソテー、マカロニグラタン、など鶏を使った洋食が続いたので、たまには和食を食べたいとのリクエストで、思いついたのは親子丼でしたが、相変わらず鶏料理です。
 レシピを見ると食材は鶏もも肉、玉ねぎ、卵だけなので前準備は簡単です。
 鶏もも肉は親子丼の味を左右するので、岩手の地鶏を使い、脂の多い皮を丁寧に切り取りました。
 あとは、醤油1、みりん1、砂糖1/2、酒1/2で煮汁を作り、玉ねぎ、鶏の順に煮込んだら生地は完成です。

 2回分なので生地を二つに分けて、ご飯が出来てからとじ卵を作りますが、ここはやはりベテラン主婦にお任せしないとうまくいきません。
 きよもりが作ったら卵が固くなってうまくご飯に乗せられませんでした。
 脱帽!

 食材と煮汁がうまくマッチして美味しかったです。

Posted on 10月 11, 2017 at 11:46 午後 | | コメント (0)

2017.10.10

171010 山行計画:10/14 京都北山「魚谷山南尾根から滝谷峠」関西ハイク山友会12/9 №1222例会の下見

141118_iotaniminamione_iotaniyama_2141118_iotaniminamione_iotaniyama_3

 魚谷山南尾根はアプローチがよい割にはあまり歩いている登山者はいないようです。
 この尾根には2年前の平成26年11月18日(火)に例会で歩きましたが、その時はちょうど時期がよくて、紅葉の絨毯を踏みながらナメコ茸狩りが出来ました。
 今回は下見が10月14日(土)、例会本番が12月9日(土) とキノコの時季からはずれていますので、ナメコはないかも知れません。
 当初は滝谷峠から更にユリ道を下って二ノ瀬まで歩くつもりでしたが、例会の開催日が12月9日(土)と遅くなり、日没が早いので下見の行程も短くしました。
 魚谷山から細ヶ谷を経て滝谷峠を越え、貴船へ下山します。
 紅葉には少し早いですが、秋の広尾根歩きが楽しめると思います。

 林道歩き30分の短縮、日没が早いことを考えると北大路集合を8時00分頃にして直接 南尾根取付までタクシー(4000円位)を利用するのが得策かも知れませんが、人数が6名でタクシーが割高になるため下見はもくもくバスを利用します。
 例会はもくもくバスでは人数が限られるので、北大路からタクシー6台程度で入ります。

【下見山行計画】
京都北山「魚谷山南尾根から滝谷峠」関西ハイク山友会12/9 №1222例会の下見

日 時:平成29年10月14日(土) 9:10~17:00

Map集 合:10月27日(日) 北大路駅前 雲ヶ畑バス停留所 8:20
 北大路駅前発8:40 雲ヶ畑岩屋橋行きに乗車

  バス停は北大路バスターミナルの南東向かい側(北大路通りの南、烏丸通りの東)です。
  バスの定員は9名しかありませんので早い目に集合して下さい。
【雨天の場合】下見なので雨天決行です
 
参加予定者:6名/10/10現在
 HMDさん、OONさん、KWTさん、OOTさん、KBNさん、きよもり

コース:北大路駅前8:40(もくもくバス\500)9:04出合橋―魚谷南尾根取付―区境界―P764m―魚谷山816.2mⅢ―柳谷峠―今西錦司レリーフ―滝谷峠―奥貴船橋―貴船神社―叡電貴船口駅(17:00頃解散)

レベル:中級向き (長い登り尾根)

地図:国土地理院25000分の一「周山」「大原」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約12.1km、所要時間:7時間50分(歩行時間:5時間35分、休憩・昼食:2時間15分)
 北大路駅前(集合8:20)8:40(もくもくバス\500)9:04出合橋
 出合橋(9:10頃)―30分―魚谷南尾根取付347m―50分―区境界570m(10:50頃)―50分―左折点750m―10分―P764m右折(12:00頃、昼食)―40分―魚谷山816.2mⅢ(13:30頃)―10分―柳谷峠770m―20分―今西錦司レリーフ640m―10分―豆ノ木谷出合630m―30分―滝谷峠682m(15:00頃)―30分―奥貴船橋380m―10分―奥宮340m(16:00頃)―15分―貴船神社310m―30分―叡電貴船口駅210m(17:00頃解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、ヘッドランプ(念のため)

会 費:500円/バス代(もくもくバス北大路~出合橋500円)
【参考】
 もくもくバス/ヤサカ自動車・上堀川営業センター
  075-491-0251
 タクシー/ヤサカタクシー 075-842-1212、MKタクシー 075-721-4141

【参考】
平成26年11月18日(火)の記録と写真です。前年10月に下見をしましたが、雨で2回流れました。
 山行記録:14/11/18 京都北山「魚谷山南尾根から魚谷山、惣谷山」 関西ハイク山友会 第574回例会

平成25年10月27日(日)の記録と写真です。
 山行記録:13/10/27 京都北山「惣谷山から魚谷南尾根」 関西ハイク山友会 11/10 第381回例会の下見

平成24年11月16日(金)の魚谷山南尾根初挑戦の記録と写真です。
 山行記録:12/11/16 京都北山「魚谷山南尾根と魚谷山周辺谷ルート探索

【地図】
歩行断面図
171014_iotaniyamaminamione_takitani
歩行ルート図
171014_iotaniyamaminamione_takita_2
歩行ルート拡大図
前半
171014_1_iotaniyamaminamione_takita
後半
171014_2_iotaniyamaminamione_takita
GPSの歩行軌跡データ
「171014_IotaniYamaMinamiOne_TakitaniToge_KibuneKuti.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 10, 2017 at 05:40 午後 | | コメント (0)

2017.10.09

171009 山行記録:10/7 北六甲「丹生山から稚児ヶ墓山」関西ハイク山友会№1183例会

171007_tanjyosan_tigogahakayama_014171007_tanjyosan_tigogahakayama_041

 前日17時発表の降水確率予報では午前中が20%、午後も20%となっていたので、安心していましたが、当日は朝から曇り空で、六甲トンネルを抜けて箕谷まで来ると重い雲が垂れ込めていました。
 バスの終点の衝原(ツクハラ)に着く頃には本降りになり、慌ただしく雨具を着けて歩き始めました。

 丹生山系(タンジョウサンケイ)は六甲山脈の北側に東西12kmの尾根が延びていますが、今回は西部の丹生山から帝釈山を経て稚児ヶ墓山の行程を歩きました。
 丹生神社の参道は長いので衝原から義経道を登り、途中で表参道に合流し広い尾根道をしばらく進むと程なく丹生神社に到着します。
 丹生山は明確な山頂はなく丹生神社の神域全体を丹生山と呼称するようです。
 雨が少し小降りになったので早めの昼食をとって、帝釈山へ向かいました。
 丹生山から帝釈山は途中シビレ山への分岐や北へ下る峠道などもあって、判りにくい個所もありますが、神鉄が設置した道標が点在するので迷う心配はありません。
 帝釈山に着く頃からまた雨足が強くなって、休憩もそこそこに岩谷峠への下りに入りました。
 岩谷峠から舗装道路をしばらく下り、双坂池へ回り込んで再度 稚児ヶ墓山へ登り返しました。
 稚児ヶ墓山は戦国時代の遺構ですが、稚児伝説を偲ばせるのは地元の有志が手植えされた椿の1樹だけです。
 ようやく雨が上がり、雲が切れて麓の町並が望めたので気持ちも晴れました。
 肘曲りからの志染峠道は石ころ道で歩きにくいので肘曲りの手前、火打峠と名付けられた尾根の乗越から支尾根に入り、藪尾根を残置虎テープと磁石、GPSを確認しながら藪尾根を下り、銀河の湯へ通じる遊歩道へ無事下りきって、雨にたたられた例会を無事完了しました。

【山行記録】
北六甲「丹生山から稚児ヶ墓山」 関西ハイク山友会№1183例会 初心の山23

日 時:10月7日(土) 10:06~17:54

コース:三宮駅前=市バス64系統=箕谷駅前(乗換)=市バス111系統=衝原―丹生山―帝釈山―岩谷峠―双坂池―稚子ヶ墓山―火打峠―P514m―小P380m―志染道―柏尾台団地270m―箕谷バス停(解散)=市バス64系統=三宮駅前

参加予定者:17名

レベル:一般向き (少しロングコース、最後は稚児ヶ墓山まで200mの登り)

地 図:2万5千=「淡河(オウゴ)」「有馬」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行  程: 約11.6km 所要時間7時間48分(歩行時間:5時間25分、休憩・昼食:2時間23分)、天候:雨、気温:20℃
 地下鉄三宮駅前(集合8:50)9:10=市バス64系統・神戸北町行440円=9:28箕谷駅前9:41=神戸市バス111系統・衝原行き140円(乗り継ぎ210円割引)=9:55衝原
 衝原150m10:06―サイクリングセンター150m(閉鎖、トイレ利用)10:11~15―P336下320m10:41~46―参道分岐440m11:05~17―表参道460m11:20―丹生神社・丹生山515m(昼食、20℃)11:30~12:10―谷道分岐510m12:32―帝釈山Ⅱ585.9m12:55~13:05―左折点500m13:30~40―岩谷峠430m14:05―双坂池386m14:19~29―無動寺分岐530m14:57~15:05―稚子ヶ墓山596.9m15:13―稚児ヶ墓展望台590m15:18~37―火打峠510m15:50―P514m16:05―右折迷点470m16:04~20―小P380m16:40―尾根取付300m16:58―遊歩道休憩舎290m17:01~10―志染道・銀河の湯分岐300m17:22―柏尾台団地入口200m17:43―箕谷バス停17:54(解散)
 箕谷バス停18:00=市バス64系統三宮駅前行き440円=18:17三宮

計画行程: 約11.4km 所要時間7時間(歩行時間:5時間10分、休憩・昼食:1時間50分)  地下鉄三宮駅前(集合8:50)9:10=市バス64系統・神戸北町行440円=9:28箕谷駅前9:41=神戸市バス111系統・衝原行き140円(乗り継ぎ210円割引)=10:00衝原  衝原150m(10:10頃)―30分―林道分岐―30分―丹生山515m(11:30頃、昼食)―50分―帝釈山585.9m(13:20頃)―40分―岩谷峠430m―20分―双坂池386m―30分―稚子ヶ墓山596.9m(15:00頃)―10分―火打峠510m―10分―P514m―20分―小P380m―20分―志染道300m(16:20頃)―10分―柏尾台団地270m―10分―階段230m―30分―箕谷バス停(17:10頃、解散)  箕谷バス停17:21=市バス64系統三宮駅前行き440円=17:40三宮(解散)

【参考】 神戸市バス・バス時刻表
64系統 箕谷発 土曜日 箕谷~三宮駅前 19分
15時 07分 17分 25分 35分 44分 53分 
16時 00分 08分 15分 22分 29分 36分 42分 48分 56分 
17時 02分 08分 15分 21分 28分 35分 42分 50分 
18時 00分 10分 19分 30分 45分 
19時 01分 17分 38分 

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:参加費 200円/バス代は各自払い
  バスはICカードで乗り継ぎするとバス代往復1,230円が1,020円になります。

171007_tanjyosan_tigogahakayama_035【写真】
 Googleフォトの写真アルバム58枚です。
 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

Dscn4258【写真】
 K.Takahashiさんの写真アルバムです。
 写真は位置情報付きで10枚あります。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
171007t_tanjyosan_tigogahakayamadan
歩行ルート図
171007t_tanjyosan_tigogahakayama
歩行ルート拡大図
前半
171007t1_tanjyosan_tigogahakayama
後半
171007t2_tanjyosan_tigogahakayama
GPSの歩行軌跡データ
「171007T_TanjyoSan_TigogahakaYama.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 9, 2017 at 12:26 午前 | | コメント (0)

2017.10.08

171008 例会無事完了/丹生山から稚児ヶ墓山

171008 例会無事完了/丹生山から稚児ヶ墓山171008 例会無事完了/丹生山から稚児ヶ墓山 三宮の集合時には昨日来の雨もようやく上がったようでしたが、六甲トンネルを抜け箕谷駅前に着くとまた降り出して、17名全員雨具上下とザックカバーを着けました。
 衝原から雨の中を歩き出して、丹生山では霧雨になり昼からは上がると期待しましたが、午後からまた降り出して、結局止んだのは14:20 稚児ヶ墓山登山口の双坂池に着いた頃でした。
 稚児ヶ墓山から雲が切れた神戸北町の住宅街も見えましたが、六甲連山は最後まで雲の中でした。
 肘曲がり手前の火打峠から藪尾根をGPSと磁石で方向を確認しながら分岐の多い尾根を下り、火打峠から約1時間で無事に銀河の湯へ続く遊歩道に降りて来ました。
 雨にたたられた1日でしたが、最後の藪尾根下りも迷うことなく降りられたので、良かったです。
 皆さん満足して、夕陽が眩しい遊歩道の休憩所で着替えを済ませ箕谷に向かいました。

Posted on 10月 8, 2017 at 01:32 午前 | | コメント (0)

2017.10.07

171007 土屋太鳳とASICS

171006_asics_taotutiya3 映画「トリガール!」で溌剌とした笑顔と抜群の運動神経を遺憾なく発揮した土屋太鳳さんが、ASICSとアンバサダー(ブランド大使)契約をしたそうです。
 「トリガール!」をご覧になっていない方でも、NHK朝ドラ「花子とアン」(2014)で主人公の妹役で苦労の末に幸せを掴む可愛い少女、といえば思い出していただけるでしょう。
 絵のモデルになるシーンと描かれた絵が印象的でしたね。
 そして、続いて朝ドラ「まれ」(2015)では主人公を演じてパティシエを目指す役柄に抜擢され日本中に顔を知られるようになりました。

 ASICSでは早速、彼女を起用したプロモーションビデオが公開されています。
 1分30秒余の長めの動画ですが、まだまだ続きがあるらしく謎に包まれた導入部だけなので、彼女の特長は生かし切れていなくて少し残念ですが、次作以降に期待します。
 アシックスブランドのアンバサダーとして、女優の土屋太鳳(つちや たお)さんを起用。
 女優・土屋太鳳の「I MOVE ME」 私がカラダを動かし続ける理由

Posted on 10月 7, 2017 at 01:09 午前 | | コメント (0)

2017.10.06

171006 天気回復

171006 天気回復 昨日まで降水確率70%だったので、明日の例会は中止になると諦めていましたが、今朝5時の発表では、明日10月7日の降水確率が午前50%午後20%に劇的に好転しました。
 最高気温25℃、最低気温19℃の予想なので、涼しい山歩きになりそうです。
 よかったです。

Posted on 10月 6, 2017 at 05:20 午前 | | コメント (0)

2017.10.05

171005 蟹マカロニグラタン

171005 蟹マカロニグラタン171005 蟹マカロニグラタン 一つ600円のあけぼの蟹缶を2つ入れて蟹グラタンを作りました。
 具材は蟹以外に鶏もも肉、ホワイトマシュマロ、玉ねぎだけ。
 小麦粉とマカロニがセットになったハウスの「北海道マカロニグラタン」を使いますから、あとは、粉チーズ、牛乳を用意しました。
 クックパッドのレシピでは牛乳300cc~となっていますが、実際に使ったのは700ccと、かなり多めでした。
 レシピではもちろん鶏もも肉は入っていませんが、蟹のほぐし身だけでは食感がないので、いつもの半分量の地鶏のもも肉を入れました。
 かにの身は美味しいのですが、ほぐしてあるので、あまり蟹肉を食べた感覚がありません。
 次回は店頭で生食用に売っているズワイガニの足の身を焼く前に乗せて蟹グラタンらしくしたいと思います。
 生地が出来上がるまで30分しかかかりませんでしたが、やっぱり美味しいです。

 来週は栗おこわに挑戦しょうと思います。

Posted on 10月 5, 2017 at 11:52 午後 | | コメント (0)

2017.10.04

171004 山行計画:10/7 北六甲「丹生山から稚児ヶ墓山」関西ハイク山友会№1183例会

170408_tanjyosan_tigogahakayama_01170408_tanjyosan_tigogahakayama_02

 丹生山系(タンジョウサンケイ)と言ってもご存じない方が多いのですが、六甲山脈の北側に東西12kmの尾根が六甲山脈と平行して延びています。
 最高峰の稚児ヶ墓山でも596.3mしかありませんから目立ちませんが、地元の神戸電鉄が主催するハイキングが結構盛んでアップダウンと曲折の多い尾根歩きは山歩きになれた登山者には人気があります。
 5月の例会に組むつもりでしたが、別の計画が入ったので10月になりました。

 今回は丹生山系の西部縦走で丹生山から帝釈山を経て稚児ヶ墓山の行程になります。
 丹生神社の参道は長いので衝原(ツクハラ)から義経道を登ります。丹生山から帝釈山は判りやすい尾根道ですが、帝釈山から岩谷峠、双坂池までいったん下って再度 稚児ヶ墓山へ登り返します。
 肘曲りからの志染峠道は石ころ道で歩きにくいので火打峠から藪尾根を下り、柏尾台団地に出ます。
 
 三宮から箕谷までは割安な市バスを利用します。
 Pitapa、Icocaを利用すると行きの乗継バスが210円割引(通常350円が140円)になります。(通常は往復で1230円が1020円で約17%引き)。
 ICカードの無い方は神戸市バス専用カードを使うと往復1,230円が1,120円で110円割引です。(約9%引き)

【山行計画】
北六甲「丹生山から稚児ヶ墓山」 関西ハイク山友会№1183例会 初心の山23

日 時:10月7日(土) 10:10~17:10

集合場所:三宮 大ガード下の N3バス乗り場 8時50分
  JR三ノ宮駅と阪急三宮駅の間の大きなガード下の西側にバス乗り場があります。
  バス停名は「地下鉄三宮駅前」となっていますが、地下ではなく地上のバス停です。
  神戸市バス64系統・神戸北町行 9時10分発に乗ります。
  バス代はICカード利用で30%割引になりますから、各自払いとします。
  ICカード(Icoca,Pitapaのいずれか)をお持ちで無い方は市バス専用カードを用意しますので事前にご連絡下さい。その場合はバス代として1,100円集金します。(割引無しだと1,230円、ICカードだと1,020円)

 【雨天の場合】
 前日、10月6日(金) 17:00発表の気象情報で、兵庫県南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:兵庫県南部 078-177(前10月6日(金) 17時発表の予報)

コース:三宮駅前=市バス64系統=箕谷駅前(乗換)=市バス111系統=衝原―丹生山―帝釈山―岩谷峠―双坂池―稚子ヶ墓山―火打峠―P514m―小P380m―志染道―柏尾台団地270m―箕谷バス停(解散)=市バス64系統=三宮駅前

参加予定者:19名/10月5日現在

レベル:一般向き (少しロングコース、最後は稚児ヶ墓山まで200mの登り)

地 図:2万5千=「淡河(オウゴ)」「有馬」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約11.4km 所要時間7時間(歩行時間:5時間10分、休憩・昼食:1時間50分)
 地下鉄三宮駅前(集合8:50)9:10=市バス64系統・神戸北町行440円=9:28箕谷駅前9:41=神戸市バス111系統・衝原行き140円(乗り継ぎ210円割引)=10:00衝原
 衝原170m(10:10頃)―30分―林道分岐―30分―丹生山515m(11:30頃、昼食)―50分―帝釈山585.9m(13:20頃)―40分―岩谷峠430m―20分―双坂池386m―30分―稚子ヶ墓山596.9m(15:00頃)―10分―火打峠510m―10分―P514m―20分―小P380m―20分―志染道300m(16:20頃)―10分―柏尾台団地270m―10分―階段230m―30分―箕谷バス停(17:10頃、解散)
 箕谷バス停17:21=市バス64系統三宮駅前行き440円=17:40三宮(解散)

【参考】 神戸市バス・バス時刻表
64系統 箕谷発 土曜日 箕谷~三宮駅前 19分
15時 07分 17分 25分 35分 44分 53分 
16時 00分 08分 15分 22分 29分 36分 42分 48分 56分 
17時 02分 08分 15分 21分 28分 35分 42分 50分 
18時 00分 10分 19分 30分 45分 
19時 01分 17分 38分 

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:参加費 200円/バス代は各自払い
  バスはICカードで乗り継ぎするとバス代往復1,230円が1,020円になります。
  同じくバス共通回数カードを使うと1,120円です。

【地図】
予定断面図
171007_tanjyosan_tigogahakayamadanm
予定ルート図
171007_tanjyosan_tigogahakayama
予定ルート拡大図
前半
171007_1_tanjyosan_tigogahakayama
後半
171007_2_tanjyosan_tigogahakayama
GPSの予定ルートデータ
「171007_TanjyoSan_TigogahakaYama.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 4, 2017 at 12:49 午後 | | コメント (0)

2017.10.03

171003 キーボードも入れ替え

171003 キーボードも入れ替え171003 キーボードも入れ替え 折角、ホームサーバーを交換したので、出費ついでにキーボードもタッチパッド付きの無線キーボードに入れ替えました。
 ホームサーバーを三台目のパソコンとして積極的に使うには、英語配列のキーに馴れる必要があるので、日本語キーボードの上に英語配列のシールを貼って迷わないようにしましたから、これでキー入力の煩わしさからも解放されそうです。

Posted on 10月 3, 2017 at 10:18 午後 | | コメント (0)

2017.10.02

171002 ミルクちゃんのスケッチ

171002 ミルクちゃんのスケッチ171002 ミルクちゃんのスケッチ スマホのフリーソフトでミルクちゃんの写真をカラースケッチ風に加工してみました。
 写真より色の濃淡がはっきりして、なかなか綺麗な出来上がりです。

 ペンシルスケッチ -Android版 Pencil Sketch

 ペンシルスケッチ -iTunes版:Pencil Sketch

Posted on 10月 2, 2017 at 11:29 午後 | | コメント (0)

2017.10.01

171001 プリンターも買い換え:CanonからEPSONへ

170930_printer_1_2170930_printer_2 2年間愛用していたJNKさんのプリンター(canon MG6730)が回復不可能なエラーで壊れました。
 表示されたエラーコードは”B200”で、きよもりが今年2月に買い換えたときと全く同じです。
 2年半しか使っていないので早すぎるような気がしますが、縁なし写真印刷をきれいモードでしょっちゅう使っているからかも知れません。
 キヤノンQAによるとメーカーに修理依頼せよとあります。
>  サポート番号が表示されている (PIXUS MG6730)
>  サポート番号=B200
>  <原因>
>  修理の依頼が必要なエラーが発生しました。
>  <対処方法>
>  本製品の電源を切ってから、電源プラグをコンセントから抜いてください。
>  パーソナル機器修理受付センターまたはお近くの修理受付窓口に修理をご依頼ください。

 ネットで検索すると、プリンターヘッドが汚れている、または基盤部分に問題があるというメッセージのようで、修理に出すと1万円程度かかるそうです。
 B200エラーは今年2月に買い換えたきよもりのプリンター(同じ機種canon MG6730)と同じメッセージで、その時はネットで調べるとプリンターヘッドを取り外して、洗浄したら治った方もいて、ダメ元でやってみましたが、結局回復せず、また同じ機種を探して買い換えました。

 プリンターヘッドを洗浄しても治らないと割り切って、JNKさんのプリンターも買い換えることにしました。
 しかし、Canonは現行の販売機種は全て前面二段給紙のプリンターを前面一段背面一段に仕様変更しており、もちろんMG6730も廃番で中古市場でも入手できません。
 各メーカーの仕様を検索して、EPSONはまだ前面二段給紙をメインで販売していることが判りました。
 前面二段給紙、スキャン機能、高さ15cmの条件で探して、EPSON EP-810AW 21,390円を買うことにしました。
 ネットで購入すると1年間のメーカー保証しか付かないので、5年保証を付けられるヨドバシ店頭まで出掛けて、商品を指名して買おうとしたら店員さん(何とキャノンのサービスマン!)が今ならこちらの方が安いです、とのことで勧められたのがEPSON EP-879AWで、店頭では15千円程度になっていましたが、最終的には更に値引きして12,840円でした。
 安い理由はすでに後継種EP-880AWが発表されていて廃番になるからで、インクは新機種でも変更ありませんから、EPSON EP-879AW 12,840円を購入し、今回は5年保証も付けました。

 翌日到着したので、早速セットアップし、MG6730では使えなかった無線LANのセットもしましたが、サーバー(W4000+)から無線LAN(FON)を認識しないので、有線LANに切り替えて、自宅のパソコン2台+サーバーの三台どこからでもプリンターを使えるようになりました。
 今回のプリンターはこれまでのものより横幅が12cmも短くなったので、パソコンデスクの天板がスッキリしました。
 取りあえず、一件落着です。

◆追記:廃インクパッド
 Canonのプリンターが使えなくなったのはB200エラーが出たためですが、原因がプリンターヘッドの汚れだと思われるので、多分フチ無し印刷の多用で、ノズルから吹き出してハガキに吸着しないではみ出したインクがプリンターヘッドに残るためではないかと思います。
 わずか二年あまりで修復不可能になるのは納得がいきませんが、EPSONでも同様の問題を抱えていたようで、現在の機種には廃インクパッドというのが装着されて、ドライバー1本で交換できるようになったようです。
 今回購入したEP-879AWに最初に採用されたそうですから、Canonのような不良品まがいのユーザーを馬鹿にした機種を掴まされなくてよかったです。

廃インクパッドに革命! エプソン2016年モデル発表! 2016年9月1日
> エプソンの2016年モデルが発表になりました!
> 機種がいくつも発表されていますけど、専門的なやつはそのうちご紹介することにして、
> 今回はメインのマシン、6色多機能モデルの
> 「EP-879Aシリーズ」
> を詳しく見てみたいと思います!
>
> 本体の写真の前に、マニアックで申し訳ないですが、ちょっとコレ見てください。
> クマノミ互換_吸収パッド_EPMB1
>
> エプソンの直販サイトで税込み1,058円、型番が「EPMB1」、商品名は「メンテナンスボックス」です。
> 簡単に言うと、「交換用廃インクパッド」です!
>
> 従来のインクジェットプリンタは、「たくさんヘッドクリーニングを行うと、廃インクパッドが
> いっぱいになってしまって、メーカー修理が必要になる」というのが泣き所でした。
> 特にエプソンは本体サイズが小さいので「キヤノンよりも早く廃パッドの限界が来るような気がする」と
> 言われ続けていたのですが、何と今回、廃パッドが自分で交換できるようにしてしまったわけですね。
> インク屋としましては、これは革命的な進化です。
> 少しでも「カスれたかな?」と思ったら、思う存分ヘッドクリーニングできますね!

Posted on 10月 1, 2017 at 11:01 午後 | | コメント (2)