« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017.08.31

170831 ミルクちゃんのお気に入り

170831 ミルクちゃんのお気に入り170831 ミルクちゃんのお気に入り 午後の陽射しが少し和らいで来たので、最近のミルクちゃんはお気に入りのお母さんのスパッツの上で丸まって寝ています。
 でもカメラを向けても、なかなかカメラ目線になってくれません。
 やっと大あくびの瞬間を捉えることが出来ました。

Posted on 8月 31, 2017 at 04:27 午前 | | コメント (0)

2017.08.30

170830 メールのエラーコード552

170830_mailerror 例会の計画書を参加予定の40名にお送りしたら、4人の方宛のメールがエラーで返ってきました。
 これまで一度もエラーになっていない方宛のメールもエラーなのでおかしいと思って、未送信エラーのログを調べてみました。

4件のうち、3件は552エラー 
552 Too many recipients (受信者が多すぎる)
 これまでは多くても30件程度の宛先にBCCでお送りしていましたが、40件以上になったのは今回が初めてなので、docomoのサーバーでスパムと判断して受信エラーになったのだと思われます。
 原因がはっきりしたので、3名の方には元の計画書を3人宛だけにして再送したら、エラーは出ませんでした。

あと1件は504エラーです。
504 Command parameter not implemented(コマンドパラメータが不正)
 これは相手のdocomo携帯の設定が、パソコンからのメールを拒否するという設定になっているのではないかと思われます。
 この方は今回初めての参加なので、携帯の設定を変えていただかないと今後もエラーが出るかも知れません。

 docomoにしてもau、ソフトバンクにしても携帯からスマホに乗り換えている方が多いので、メールのやり取りがパソコン並みに画像やリンクアドレスなども問題なく開くスマホの方と、メールの受信さえデータが大きいとエラーになる携帯の方とは、アドレスをそのまま引き継いでいるため区別が付かず、今回のようなトラブルは今後も発生すると思います。

 ちなみに、エラーで送信できない会員の方にはFAXでの参加申込の方も含めて、計画書を印刷して郵送していますから、問題ありません。

Posted on 8月 30, 2017 at 02:11 午後 | | コメント (0)

2017.08.29

170829 鶏もも肉の煮込み

170829 鶏もも肉の煮込み170829 鶏もも肉の煮込み 昨日に続いて今日も鶏もも肉を使って、煮込みを作りました。
 11:30から始めて12:50に完成
 馴れたら一時間程度で出来上がるのでお手軽です。
 ポイントは黄金生姜で、鶏肉や野菜の味が引き締まります。

Posted on 8月 29, 2017 at 01:17 午後 | | コメント (0)

170829 山行計画:9/2 洛西「明智越え・地図読みハイク再開2」 関西ハイク山友会№1166例会

170422_aketikoe_039170422_aketikoe_042

 雨天中止になった地図読みハイク再開1のリベンジです。
 今回が実質的には再開第一回になります。
 まだ暑さが残る時期ですが、尾根にあがると秋の気配が感じられると思います。
 亀岡駅から明智越え登山口までと水尾車道からJR保津峡駅までは車道歩きなので日傘などがあると重宝すると思います。
 地図読みなので展望がよい好天の尾根歩きに期待しましょう。
 いつも遅くなり申し訳ありません。

 亀岡駅の北側広場で川上先生から地図読みの基本をご指導いただいてから出発します。
 川下りの乗船場を左に見て保津川を渡り 保津の町を抜けて少しあがると明智越えの登山口になります。
 ここからしばらくはえぐれた谷沿いの通い道ですが、支尾根の登りになる頃から開けてきて峯の堂に着きます。
 ポイントポイントで現在地の確認と進行方向を確認しながら歩き易い尾根を東に向かいます。
 樹林帯を抜けて鉄塔に着くと視界が一気に開けます。
 明智越えのルートから少し離れた鉄塔Ⅲで昼食後、地図読みの勉強をします。
 ・真北と磁北の違い、地形図に磁北線を引く
 ・地形図とシルバコンパスの連携により現在地から進行方向を確認する
 ・地形図から尾根や谷のイメージをつかむ、地形図から斜面の角度を読み取る
 ・現在地から見える山を地形図から読み取る
 ・逆に、見える山から現在地を把握する

 講習会終了後は明智越えのルートに戻り、高瀬山三角点から少し下った分岐から左折して支尾根を下りますが、後半の谷道は荒れているので避けて松尾谷林道を下って、水尾の車道に合流し保津峡駅に向かいます。

【山行計画】
 京都西山「明智越え」 関西ハイク山友会 №1166例会
地図読みハイク再開2
 
日 時:9月2日(土) 8:45~16:00

集 合:JR亀岡駅北口(山陰本線) 8時45分
 【参考】 京都発 亀岡方面の時刻
  京都8:14 → 8:42亀岡
  京都7:59 → 8:28亀岡
  京都7:42 → 8:11亀岡
  京都7:35 → 7:56亀岡(快速)

 【雨天の場合】
 前日、9月1日(金) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが50%以上(50%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前9月1日(金) 17時発表の予報)
 今回は降水確率50%以上の場合は中止にしますのでご注意下さい。

参加予定者:42名/8/28現在
 参加者名簿で黄色マークの方は以前の講習会にも参加された方です。
 始めて参加の方が多いので講習会でのお手伝いをお願い申し上げます。

行き先:洛西「明智越え・地図読みハイク再開2」

コース:JR亀岡駅―明智越登山口―峰の堂―土用の霊泉―明智越え分岐―関電道3本目の鉄塔―明智越え分岐―水尾分岐―高瀬山三角点―保津峡駅分岐―松尾谷林道―水尾川車道―JR保津峡駅(解散16時頃)

レベル:一般向き(峯の堂までは少し長い登りで足元注意)

地図:2万5千=「京都西北部」「亀岡」 昭文社=「北摂・京都西山」  
 国土地理院の25000分の1地図:「亀岡」「京都西北部」と方位確認用に「シルバコンパス」(磁石)を持参して下さい。
 地図読みの習得が目的なので今回はルート図は貼付していません。
 当日、磁北線入りの地形図のコピーも配布しますが、ご自身の25000分の1地図:「亀岡」「京都西北部」地形図にあらかじめ磁北線を引いておかれると便利です。
 参考までに磁北線だけ入った地図を添付します。

行 程: 約10.4km 所要時間7時間15分(歩行時間:4時間30分、講習・休憩・昼食:2時間45分)
JR山陰線 亀岡駅北口(集合8時45分)/JR亀岡駅90m(9:05頃)―40分―明智越登山口150m―50分―峰の堂380m(10:50頃)―20分―土用の霊泉400m―20分―明智越え分岐380m―10分―鉄塔Ⅲ420m(11:50頃、昼食&地図読み教室、13:20頃発)―10分―明智越え分岐380m―20分―水尾分岐330m―20分―高瀬山三角点340.6m(14:20頃)―10分―保津峡駅分岐320m―50分―松尾谷林道180m―水尾川車道120m―20分―JR保津峡駅(解散16:時頃)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、日除け帽子・日傘など、ストック
  国土地理院・2万5千分の一地形図 「京都西北部」「亀岡」、シルバ3型コンパス

費 用:各自払い

【参考】 歩行範囲の地形図
170902_map_aketikoe
断面図
170902_aketikoe_tizuyomidanmen

【参考】
9月2日(土)の例会計画

第1166回例会  地図読みハイク再開2 定員なし
  洛西  明智越え                   一般向き
 9月2日(土)    雨天中止:50%以上、気象情報:京都府南部(075-177)
集  合  JR亀岡駅(山陰線)北口  8時45分
行  程  亀岡駅―明智越登山口―峰の堂―土用の霊泉―関電道分岐―関電道3本目の鉄塔(昼食&地図読み教室)―分岐に戻る―水尾分岐―高瀬山三角点340.6m―300m南の分岐東へ―保津川沿いの林道―JR保津峡駅(解散16:時頃)
費  用  交通費各自
地  図  2万5千=「亀岡」「京都西北部」  昭文社=「北摂・京都西山」
装  備  一般日帰り山行、シルバ3型コンパス
(L)  森井 潔 (SL・講師)川上久堅
申込み  E-mail・往復ハガキ・Faxでリーダー宛に申込み
◆川上リーダー主催で大好評だった地図読みハイクを再開します。5月例会が雨天中止になったので今回が初回になります。再開シリーズでも川上先生に講師をお願いして、地図読み技術の習得を図ります。ポイントポイントでコンパスを使って現在地と進行方向を確認しながらゆっくり歩きます。国土地理院の地図「亀岡」「京都西北部」とコンパス(シルバ3型または相当品)を必ず持って参加して下さい。地図読み初心者歓迎です。ベテランの方の参加も可能ですが、講習会では助手としてお手伝いをお願いします。

Posted on 8月 29, 2017 at 05:33 午前 | | コメント (0)

2017.08.28

170828 ミルクちゃんとカレー作り

170810_0810_kumonotaira_sugoroku_02170810_0810_kumonotaira_sugoroku_01 ミルクちゃんはまたスパッツの上で丸くなっています。
 カレー作り終わりました。
 お米セットしました。

--- JNK:
> ミルクちゃん元気かな?
> カレー🍛出来たん⁉
>

Posted on 8月 28, 2017 at 05:31 午後 | | コメント (0)

2017.08.27

170827 昼は天ぷら定食

170827 昼は天ぷら定食170827 昼は天ぷら定食 朝から「ボブという名の猫」を見て、猫ちゃんの演技に感心しましたが、英国社会の底辺層の若者のすさんだ現実には考えさせられました。

 昼過ぎになったので、以前から気になっていた三宮センタープラザ・地下食堂街の天ぷら定食 まきの センタープラザ店に行きました。
 この店は平日も休日もいつも行列が出来ていて、なかなか入る機会がありませんでしたが、20分ほど並んだ甲斐がありました。
 目の前で揚げた天ぷらを次々とトレイに乗せてくれますから、アツアツでパリッとしています。
 具は海老も大きく、イカは柔らかいし、野菜も新鮮です。
 驚いたのは玉子で、衣をつけて揚げた玉子はご飯に乗せて、醤油と薬味をかけて玉子かけご飯のようにして混ぜて食べます。
 つい、ご飯のお代わりをしてしまいますから、食べ過ぎにご用心です。
 これで千円以下ですから行列ができるのは当然ですね。

 揚げたて 天ぷら定食 まきの

Posted on 8月 27, 2017 at 09:58 午後 | | コメント (0)

2017.08.26

170826 尾道へ

170826 尾道へ170826 尾道へ 尾道の猫ちゃん、今年春に救出した子猫ちゃんの兄弟猫が心配なので、JNKさんと一緒に様子を見に行きました。
 だいぶ大きくなりましたが、痩せていて、二週間前にも気になった左目はまだ右目より少し小さいようです。
 素速いので手では捕まえられません。
 次回に捕獲器を用意して来て、予防接種と目の検査をする事にします。
 朝のうちは曇っていましたが、午後からは雲が切れて夏空が広がりました。

Posted on 8月 26, 2017 at 04:48 午後 | | コメント (0)

170825 ヨドバシ

170825 ヨドバシ170825 ヨドバシ 友ヶ島での海峡渡渉で濡れて、調子が悪くなったデジカメの修理依頼で半年振りにヨドバシカメラへ行きました。
 修理受付は以前は地下二階でしたが、四階に変わっていて、地下二階はゲーム機や玩具売り場になっていてビックリ!
 外に出て振り返るとJRと阪急電鉄をつなぐ陸橋からヨドバシカメラの二階に渡る歩道橋が出来ています。
 理由が判り納得しました。

 これまでは信号待ち無しでは地下通路から入るしかなかったので人の流れが変わるでしょうね。
 帰りにこれも半年振りにインディアンでカレーライスを食べて満足しました。

Posted on 8月 26, 2017 at 04:39 午前 | | コメント (0)

2017.08.24

170824 お母さんが恋しいミルクちゃん

170824 お母さんが恋しいミルクちゃん170824 お母さんが恋しいミルクちゃん ミルクちゃんは午前中は涼しい寝室のベッドの上で気持ち良さそうに寝ていましたが、夕方になって、窓際の日当たりの良いクーラーの下に移動して来ました。

 でも折角 姫様ベッドがあるのに、何故かJNKさんの山用スパッツの上で丸まっています。
 やっぱりお母さんの匂いが好きなんですね。

Posted on 8月 24, 2017 at 04:25 午後 | | コメント (0)

2017.08.23

170823 夏バテにはカレー

170824 夏バテにはカレー170824 夏バテにはカレー 夏でもカレーライスは美味しいです。
 山から帰って、無性にカレーが食べたくなり、いつものスパイシーチキンカレーを作りました。
 ルーはハウスの「ザ・ホテル カレー」を使いますが、マサラやローリエ、クミンなどの香辛料を加えると、味に深みが出て絶妙な美味しさになります。
 辛いのが苦手なJNKさんに合わせて辛みは抑えていますが、地鶏と玉ねぎ、ルーの相性が好いから、辛いのが好きなきよもりでも満足します。

Posted on 8月 23, 2017 at 11:12 午後 | | コメント (0)

2017.08.22

170822 元気回復にはやっぱりステーキ

170822 元気回復にはやっぱりステーキ170822 元気回復にはやっぱりステーキ 友ヶ島から帰ってきて、落ち着く暇もなく、昨日はまた京都で会議があったので、今日はようやく解放されて、栄養補給のため、三宮に出てステーキランドでランチ。
 本当はうを勢でにぎり寿司を食べるつもりでしたが、夏休みで臨時休業だったから、急遽ステーキに切り替えました。

 いつもなら、娘グループとの山行を終えて東京に帰ったら、夜は焼き肉を目一杯食べて、体力回復していたのですが、今回は新宿に戻って来たら21:10だったので、焼き肉を食べ損なったから、それの埋め合わせでちょうどよかったです。

Posted on 8月 22, 2017 at 11:59 午後 | | コメント (0)

170822 ブログ更新遅れのお詫び

170819_0820_tomogashima_01170819_0820_tomogashima_02

昔の仕事関連で公私ともにお世話になり、退職後も時々お目にかかって旧交を温めているASIさんから、ブログの更新が途絶えている!
とご心配のメールをいただきました。

他の皆さんにも色々と気にかけていただいて有り難うございます。
今日からぼつぼつとバックデートして、ブログを再開させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。
申し訳ありません。
お詫びに今回の長旅のハイライトの写真を添付します。

   森井 潔 【関西ハイク山友会】
_/_/_/_/_/_/_/_/ 17.08.22 12:36 _/_/_/_/_/_/_/_/

【asiさんのメール】
森井さん、おはようございます。大変ご無沙汰しております。

1日も休みなしに続けておられた貴兄のブログが、8月13日の更新を最後に
ピタっと止まっております。
こんなことは、ここ数年、一度も無かったことで、大変心配になってメールさせてもらいました。

ハードや回線のトラブルで止まっているのならよろしいのですが、
富山に行っておられて、その後何がありましたか?
ブログの再開を待っております!

asi

【きよもりの言い訳】
朝井さん、こんにちは!

ご無沙汰しています。
ご心配をお掛けして申し訳ありません。

かなり疲れてはいますが、身体の方はいたって元気というか、元気を回復したというのが正解かと思います。

カレンダーを見ると8月5日(土)から8月15日(火)まで山―尾道―北アルプス―東京と11日の連続旅のあと、3日間休んでテント泊の準備をして、ようやく今日一段落してこれから骨休みに寿司でも食べに行きます。

優先順位はどうしてもブログを後回しにせざるを得ませんでした。
これからあとはしばらく余裕が出来ますので、押っつけ追いかけで更新するようにしますので、お許し下さい。


Posted on 8月 22, 2017 at 12:58 午後 | | コメント (2)

2017.08.21

170821 山行記録:8/19~8/20 紀淡海峡「友ヶ島・行場廻りと砲台跡巡り」 関西ハイク山友会№1158例会

8月19日(土) 友ヶ島の行場廻り
170819_20_tomogashima_05170819_20_tomogashima_06

170819_20_tomogashima_07170819_20_tomogashima_08

8月20日(日) 友ヶ島の砲台跡巡り
170819_20_tomogashima_09170819_20_tomogashima_10

170819_20_tomogashima_11170819_20_tomogashima_12


 友ヶ島は東(虎島)に葛城二十八宿の行場、西(沖ノ島)に旧陸軍の高射砲基地跡や灯台があって、日帰りで両方歩くのは難しいので幕営の練習も兼ねて二日行程にしました。
 波止場のある沖ノ島から行場のある虎島へは干潮時にしか往来できないので干満の差が大きい新月の時期を選びました。
 しかし、干潮の時間が7月の下見時は11時34分ですが、8月の例会時は10時32分で1時間も早くなっているのに気付かず、大潮の時間は同じだと考えていたため、虎島から沖ノ島へ戻る時間が15時30分になって潮位が1m近くまであがってしまいました。
 リーダーの判断ミスで半数の方には予想外の海峡徒渉を強いてしまい、半数の方はたまたま近くにいた親切な船に乗せていただいて野奈浦桟橋まで送っていただけましたが、参加者にはもちろん関係先の方々にも多大なご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。
 【参考】 潮汐グラフ

 加太港からの渡船は満席で予定より30分遅れの10時30分出帆になりましたが、南垂水キャンプ場に荷物をデポし、昼食も終えて、虎島へ向かいました。
 虎島の行場・観念窟は40m35度のスラブ(一枚岩)を登りましたが、リーダーが最初に登り、40mと50mの固定ロープを2本設置しました。
 後続の皆さんは簡易ハーネス(安全ロープ)と固定ロープを接続して登っていただきましたので、危険も無く20分程度で全員無事に登攀することが出来ました。
 虎島から沖ノ島へ戻るところで予想外の海峡徒渉をせざるを得なくなりご苦労をお掛けしましたが、船で野奈浦桟橋へ戻られた方と全員無事合流できました。
 
 二日目は砲台跡から灯台へ途中、コウノ巣山一等三角点を踏んで沖ノ島の西半分を巡りました。
 幕営地の南垂水キャンプ場は広くてトイレや井戸もありますが、井戸水飲料には向かないので、各自料理用+飲料に水を2L程度持参していただきました。

【山行記録】
紀淡海峡「友ヶ島・行場廻りと砲台跡巡り」 8/19~8/20 関西ハイク山友会№1158例会

日 時:平成29年8月19日(土)~8月20日(日)

参加者:15名

レベル:中級向き (初日は海沿いの岩場のへつりと35度の行場岩登り)

行き先:紀淡海峡「友ヶ島・行場廻りと砲台跡巡り」

コース:
8月19日(土) 難波7:45=特急サザン3号=8:43和歌山市駅8:51=9:16加太・・・加太港10:30=友ヶ島汽船=10:50友ヶ島・野奈浦桟橋―南垂水キャンプ場(デポ)―深蛇池分岐―亀ヶ崎―閼伽井跡(アカイアト)―虎島入口―序品窟(ジョホンクツ)―観念窟―役行者像―虎島入口―亀ヶ崎―深蛇池―第4砲台跡―野奈浦桟橋―南垂水キャンプ場(17:46、幕営)
8月20日(日) 南垂水キャンプ場(5:00起床、朝食、6:36出発)―野奈浦分岐―第3砲台跡―コウノ巣山119.9m―桟橋分岐―海の家分岐―孝助松―灯台・第1砲台跡―第2砲台跡―池尻―海の家―野奈浦―南垂水キャンプ場(昼食、撤収)―野奈浦桟橋12:30=友ヶ島汽船=12:50加太港・・・加太13:28=13:52和歌山市駅13:59=特急サザン34号=15:00難波(解散)

地 図:国土地理院25000分の一「加太」「由良」
 8月19日(土) 友ヶ島の行場廻り歩行断面図歩行ルート図

 8月20日(日) 友ヶ島の砲台跡巡り歩行断面図歩行ルート図

行 程:
8月19日(土) 歩行距離:約7.6km、所要時間:6時間48分(歩行時間:3時間10分、休憩・昼食:3時間38分)
、天候:快晴、気温:29℃→32℃
 難波7:45=特急サザン3号=8:43和歌山市駅8:51=9:16加太・・・加太港10:30=友ヶ島汽船=10:50友ヶ島・野奈浦桟橋
 野奈浦桟橋0m10:58―南垂水キャンプ場0m(設営、デポ、昼食)11:13~12:10―第4砲台跡分岐30m12:20―深蛇池分岐20m12:29―亀ヶ崎30m(29℃)12:40~49―閼伽井跡(アカイアト)0m12:56―虎島入口0m13:00―序品窟(ジョホンクツ)入口0m13:17―序品窟出口0m13:22~34―観念窟手前0m(32℃)13:56~14:09―観念窟下0m14:16―観念窟スラブ登攀14:45~15:05―観念窟上40m14:37~15:11―役行者像40m15:15―虎島砲台跡40m15:18―虎島入口0m15:30―海峡徒渉15:40~16:20―閼伽井跡(アカイアト)0m16:23―亀ヶ崎30m16:30―深蛇池分岐20m16:40―第4砲台跡分岐30m16:47―野奈浦桟橋0m(合流)17:00~17:33―南垂水キャンプ場0m17:46(幕営、19:00夕食、21:00就寝)

8月20日(日) 歩行距離::約5.7km、所要時間:5時間29分(歩行時間:1時間59分、休憩・昼食:3時間30分)、天候:快晴、気温:30℃→28℃
 南垂水キャンプ場0m(5:00起床、5:40朝食)6:36―野奈浦分岐10m6:40―第3砲台跡100m6:56~7:05―コウノ巣山119.9mⅠ7:09~15―展望台110m7:20~37―トイレ90m(30℃)7:45~49―桟橋分岐80m7:55―小展望台80m7:57―海の家分岐50m8:00―孝助松10m8:10~29―灯台・第1砲台跡50m8:37~45―第2砲台跡10m8:50~54―池尻0m9:00―海の家0m(28℃)9:05~50―野奈浦0m9:55~58―南垂水キャンプ場0m(昼食、撤収)10:15~11:51―野奈浦桟橋0m12:05
 野奈浦桟橋12:30=友ヶ島汽船=12:50加太港・・・加太13:15~28=13:53和歌山市駅13:59=特急サザン34号=15:00難波(解散)
8/20 友ヶ島~加太 9:30 10:30 11:30 12:30 13:30 14:30 15:30 16:30

予定行程:
8月19日(土) 歩行距離:約7.4km、所要時間:6時間10分(歩行時間:3時間55分、休憩・昼食:2時間15分)

 難波⑥番線 7:45発=特急サザン3号(5号車乗車・難波~加太 960円/回数券利用で約700円、特急料金無料)=8:43和歌山市駅8:51=9:16加太・・・加太港10:00=友ヶ島汽船・1000円=10:20友ヶ島・野奈浦桟橋
 野奈浦桟橋0m(10:30頃)―20分―南垂水キャンプ場0m(10:50頃、デポ、11:10出発)―25分―深蛇池分岐20m―15分―亀ヶ崎30m―5分―閼伽井跡(アカイアト)0m―5分―虎島入口0m(12:20頃、昼食)―5分―序品窟(ジョホンクツ)0m―30分―観念窟10m―20分―役行者像40m(14:10頃)―40分―虎島入口0m―10分―亀ヶ崎30m―20分―深蛇池0m(15:30頃)―20分―第4砲台跡80m―20分―南垂水キャンプ場0m(16:20頃、幕営、夕食)

8月20日(日) 歩行距離::約6.1km、所要時間:5時間20分(歩行時間:3時間05分、休憩・昼食:2時間15分)
 南垂水キャンプ場0m(7:00起床、朝食、8:00出発)―5分―野奈浦分岐10m―30分―第3砲台跡100m―10分―コウノ巣山119.9mⅠ(9:00頃)―10分―桟橋分岐80m―10分―海の家分岐50m―10分―孝助松10m―20分―灯台・第1砲台跡50m(10:10頃)―20分―第2砲台跡10m―10分―池尻0m―10分―海の家0m―10分―野奈浦0m(11::10頃)―20分―南垂水キャンプ場0m(11:40頃、昼食、撤収、12:50出発)―20分―野奈浦桟橋0m(13:20頃)
 野奈浦桟橋13:30=友ヶ島汽船・1000円=13:50加太港・・・加太14:28=14:52和歌山市駅14:59=特急サザン38号=15:59難波(解散)

装 備:テント泊装備/シュラフ、マット他、昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)、水2L(調理用・島には飲料水がありません)、サンダル(キャンプ場での履き物)、サブザック(島内探索は荷物はデポしていきました)
 
会 費:6,600円/参加費200円+交通費3,400円+食材費2,000円+追加集金1,000円
 交通費:3,400円/南海電車往復1,400円(回数券利用)、友ヶ島汽船往復2,000円
 食材費:2,000円/α米、カレーうどん食材など
 追加集金:1,000円/ビール・氷+食材費補填

会費精算/参加費200円+交通費3,400円+食材費2,000円+追加集金1,000円
170819_0820 集 金:96,000円/当初集金 81,000円(5,400円×15名)+追加集金 15,000円(1,000円×15名)
 支 払:98,761円/交通費48,000円(南海電車15名20,600円(回数券利用)、友ヶ島汽船15名27,400円(団体割引))
             食材費など50,761円(立替4名分5,000円、ビール・氷8,200円、食材購入34,873円、ガスボンベ2,688円)
 差引額:-2,761円/不足金は参加費3,000円より補填します。

【地図】
8月19日(土) 友ヶ島の行場廻り
歩行断面図
170819t_tomogashimagyobameguridanme
歩行ルート図
170819t_tomogashimagyobameguri
GPSの歩行軌跡データ
「170819T_TomogaShimaGyobaMeguri.gpx」をダウンロード

8月20日(日) 友ヶ島の砲台跡巡り
歩行断面図
170820t_tomogashimahoudaiatomegurid
歩行ルート図
170820t_tomogashimahodaimeguri
GPSの歩行軌跡データ
「170820T_TomogaShimaHodaiMeguri.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 21, 2017 at 11:42 午後 | | コメント (0)

2017.08.20

170820 友ヶ島例会、何とか無事完了

170819_20_tomogashima_03170819_20_tomogashima_04 昨日は干潮と満ち潮の時間差を読み間違えて、虎島から沖ノ島へ戻る干潟に潮が満ちて、予定外で海峡の徒渉を初体験しましたが、12mmのメインザイルを固定して簡易ハーネスを使って徒渉したので、何とか8名は徒渉できましたが、残る7名は近くを通りかかった個人の釣り船が親切にも接岸していただいて、船で野奈浦桟橋まで送っていただき、桟橋で全員無事に合流できました。
 帰宅後ネットで再確認すると、7月の潮見表と8月の潮見表とでは1時間の差があり、潮が満ちる時間も一時間程度早いことが判りました。
 加太港の出港が30分遅れた段階で初日と二日目の行程を入れ替えれば問題なかったのですが、リーダーの判断の甘さで皆さんにはご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

 二日間の波乱の多い例会を無事終えて、全員元気に帰路につきました。


Posted on 8月 20, 2017 at 11:09 午後 | | コメント (0)

2017.08.19

170819 友ヶ島へ

170819_20_tomogashima_01170819_20_tomogashima_02 今日明日はきよもりの例会としては初めてのテント泊で友ヶ島です。
 友ヶ島は西半分は砲台跡や灯台があって、夏場は行楽客で賑わいますが、東にある虎島は葛城二十八宿の行場があって、観光目的ではなく行者の修行場して知られています。
 今回は初日は行場廻り、二日目は砲台跡巡りで毛色の変わった例会になります。
 下見の時と同様に絶好の好天に恵まれましたが、あまり暑いと木陰の無い海際をへつる行場廻りは熱中症が心配です。
 加太港から10時00分発の渡船に乗る予定でしたが、行楽客で満船のため出帆が10時30分になってしまいました。
 虎島への干潮時に干潟になる海峡はすでに潮が引いていました。

Posted on 8月 19, 2017 at 11:54 午後 | | コメント (0)

2017.08.18

170818 富士登山、お疲れ様

170816_0818_jyunbi_03 きよもりが雲ノ平へ行くのと前後して、ミルクちゃんの主治医のARM先生と小学校二年生のSSK君が富士山に挑戦しました。
 山行途中のJNKさんとの電話のやり取りでお二人とも無事に下山されたと聞いていましたが、山頂直前で悪天のため登頂は断念されたそうで、少し残念ですが、昨日一緒に食事をしてSSK君と会うと、また来年挑戦したいと、ますます元気そうなので安心しました。
 富士山は夏場は比較的天候が安定しますが、今回は台風の影響をまともに受けましたから、山頂直下まで行けただけでも大成功です。
 お疲れ様でした。


Posted on 8月 18, 2017 at 09:32 午前 | | コメント (0)

2017.08.17

170817 友ヶ島の準備・簡易ハーネス

170816_0818_jyunbi_01170816_0818_jyunbi_02 一昨日、東京から三ノ宮まで戻ってきたらまだ17時前だったので、サンチカでステーキ丼を食べてからIBS石井へ
 8月19日(土)~20日(日)はまた友ヶ島・行場廻りと砲台跡巡りの例会があるので、観念窟の岩場を登るための簡易ハーネスと炊事用のガスボンベを購入しました。
 簡易ハーネスは3mのテープスリングと安全環付きカラビナ+カラビナ、補助ロープ2mでワンセットですが、手元にある分では足らないので、あと5組分購入しました。

Posted on 8月 17, 2017 at 09:20 午前 | | コメント (0)

2017.08.16

170816 8日振りに帰宅

170815_tokyo_sumiyoshi_01170815_tokyo_sumiyoshi_02 8月8日(火) 住吉発7時19分で青春18切符を使って富山へ向かいましたが、北陸線が台風による増水の影響で大幅に遅れ、14時に富山に着くはずが富山に着いたら19時46分で6時間も遅くなってしまいました。
 折角富山に着いたけど、翌日8月9日(水)は朝一番で折立まで入るバスがやはり雨で運休になり、結局 娘達5人と一緒に1日 観光とグルメの富山の休日となりました。
 ようやく8月10日(木)~8月13日(日)で当初計画より行程を1日カットして槍ヶ岳には行けませんでしたが、お花畑が続く雲ノ平から双六の尾根や草原を縦走できました。
 東京で墓参りを終えて、やっと昨日、再び青春18切符を使って帰路につきました。
 東京6:07発ですが、各駅停車ですから、乗り換え待ちの間に熱海では駅前の足湯でゆっくり足をほぐしたりして、三ノ宮に戻ったら16時06分、往路ほどではないにしても10時間の長旅は疲れも出てほとんど寐ていました。


Posted on 8月 16, 2017 at 08:49 午前 | | コメント (0)

2017.08.15

170815 東京へ

170813_14_tokyo_01170813_14_tokyo_02170813_14_tokyo_03 一昨日は松本発18時35分のあずさだったので蓮沼の長女のマンションに戻ったら22時を過ぎていて、楽しみにしていた焼き肉屋は閉店していました。
 それではと遅くまでやっている焼き鳥屋で無事帰参をねぎらいました。

 昨日は恒例の墓参りに次女も同行して夕方からいつもの寿司屋でたっぷりにぎりを食べて体力回復し、雨に曇るスカイツリーを見上げて早めに東京の自宅に戻りました。


Posted on 8月 15, 2017 at 08:25 午前 | | コメント (0)

2017.08.14

170814 四日目(8/13)は双六小屋から新穂高温泉へ下山

170810_13_kumonodaira_sugoroku_shin170810_13_kumonodaira_sugoroku_sh_2

 最終日は双六小屋から新穂高温泉までほとんど下りですが、高低差が1500m、距離は13kmもあるので、小屋の前で日の出を拝んでから、出発しました。
 弓折岳の分岐まではゆるい登りになり、途中黒百合のつぼみを見つけたりしてゆっくりペース。
 弓折乗越2550mから急な支尾根を一気に下ると鏡平2280m池を前にした山小屋はテラスが広くのんびりするにはよさそうですが、あいにく槍ヶ岳は雲間に隠れて写真が撮れなかったので、夜明け前から双六岳へピストンして、追いついた娘の到着を待って一足先に小池新道の下りに入りました。
 シシウドヶ原からは日差しが強くなり、石ころの多い下り坂に閉口しましたが、秩父小沢で頭から水をかぶって息を吹き返し、一気に林道まで下ることが出来ました。
 林道をさらに15分歩いてワサビ平に到着、待望の冷やしソーメンで汗も引きました。
【地図】
歩行断面図
170813t_sugorokukoya_kagamidaira_sh
歩行ルート図
1/2
170810_0813t4_kumonodaira_sugoroku_
2/2
170810_0813t5_kumonodaira_sugoroku_
GPSの歩行軌跡データ
「170813T_SugorokuKoya_KagamiDaira_ShinhodakaOnsan.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 14, 2017 at 06:41 午前 | | コメント (0)

2017.08.13

170813 三日目(8/12)は雲ノ平から双六小屋

Dsc_5102Dsc_5106 三日目の行程は11.2kmもあり、雲ノ平2550mから尾根通しでアップダウンを繰り返して鷲羽岳2924mまで縦走します。
 鷲羽岳からいったん三俣山荘2545mまで一気に400m下り切り、昼ご飯を食べて予定通りなら再度三俣蓮華岳へ登り返して双六岳まで尾根通しで縦走することになっていましたが、三俣蓮華直下で二手に分かれ山頂へピストンする娘達の帰りを待って、全員巻き道を利用して草原状の谷間を下り気味に歩いて双六小屋にショートカットしました。
 きよもりは学生時代に黒部五郎岳から三俣蓮華岳、双六岳の尾根は歩いていますが、年寄りに付き合ってもらって申し訳なかったです。
 雲ノ平の草原はゆるい起伏で東西3km広がりますが、歩き出しに寄り道したスイス庭園は北側が大きく切れ落ちて左手に薬師岳の大きな山塊、右手は裏銀座の尾根に挟まれた黒部川の谷間は、何となくサンモリッツの谷間を思わせる絶景でした。
【地図】
歩行断面図
170812t_kumonotaira_washibadake_sug
歩行ルート図
170810_0813t3_kumonodaira_sugoroku_
GPSの歩行軌跡データ
「170812T_KumonoTaira_WashibaDake_SugorokuKoya.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 13, 2017 at 06:33 午後 | | コメント (0)

170813 全員無事に新穂高に下山

170813 全員無事に新穂高に下山170813 全員無事に新穂高に下山 台風の影響で富山で1日足止めを喰いましたが、太郎平から雲の平を経て、昨夜は双六小屋で満天の星を眺めました。
 今朝は小池新道からワサビ平でソーメンを食べ、新穂高温泉で汗を流して、松本に向かいます。

Posted on 8月 13, 2017 at 03:16 午後 | | コメント (0)

2017.08.12

170812 二日目(8/11)は薬師沢を越えて雲ノ平まで

Dsc_5089Dsc_5092 二日目の行程は8.7kmで距離は短いですが、太郎平2330mから薬師沢1910mまでいったん下って、黒部川の吊り橋を渡り、今回最大の急登400mを雲ノ平の西端2350mまで登り返します。
 水平距離は900m、高低差が435mありますからtanは25度50分です。
 取っ付くまでは地形図ではほとんど真っ直ぐ東へあがっていますが、登山道だから適当にジグザグ道になっているかと期待したのは大間違いで、まさに直登の激登りでした。
 薬師沢の取付が9:50、途中4回の休憩を挟んで急登上2350mに到着したら11:40でした。
 休みを含めても1時間50分で登り切れたのはたいしたものですが、平均年齢45歳の熟女パワーに引っ張られたお陰で、一人ではとてもこうはいかなかったでしょう。
 なだらかな傾斜で木道から草原へと続く登山道を3km上ると雲ノ平山荘2550m
 傾いた日差しを受けて雲が切れると水晶岳の岩稜が正面に見えました。

【地図】
歩行断面図
170811t_tarodairakoya_yakushizawa_k
歩行ルート図
170810_0813t2_kumonodaira_sugoroku_
GPSの歩行軌跡データ
「170811T_TaroDaira_YakushiZawa_KumonoTaira.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 12, 2017 at 07:43 午後 | | コメント (0)

2017.08.11

170811 初日(8/10)は折立から太郎平まで

Dsc_5078Dsc_5084 台風の影響で東京組も含めた全員が富山で一日足止めを食いましたが、8月10日(木)は林道も開通して、予定通り朝一のバスで折立に向かいました。
 折立は有峰湖の北岸ですが、夏場だけ路線バスが入っていて、8:14取付1350mから500mの急登を2時間で登り切ると青淵三角点1869.9mで景色が一変して明るく開け、太郎平までなだらかな登りになります。
 木道とガレ場の断続する長い登りは、気温32℃で日差しを遮る木立も少ないのですが、高度があるので意外に歩き易くて助かりました。
 太郎平小屋2330mに着いたら14:33でしたから、初日の行程としては楽な方で助かりましたが、明日はいったん黒部川まで下って薬師沢の吊り橋から今日よりはるかに長い急登が控えていますから気を引き締めないといけません。
 最近はどこの山小屋でも生ビールが飲めるようになりましたから、つい飲んでしまいます。
 小屋の近くにはニッコウキスゲがきれいに咲いていました。

【地図】
歩行断面図
170810t_oritate_tarodairakoyadanmen
歩行ルート図
170810_0813t1_kumonodaira_sugoroku_
GPSの歩行軌跡データ
「170810T_Oritate_TaroDairaKoya.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 11, 2017 at 10:55 午後 | | コメント (0)

2017.08.10

170810 1日遅れの出発

Dsc_5033Dsc_5042 林道通行止めで昨日は富山観光とグルメの1日でした。
 ガラス美術館から始めて、昼は富山湾の寿司を食べ、富山城の見学を終えて、日帰り温泉 剣の湯でさっぱりして、夜は牛鍋を堪能しました。
 1日遅れなので、槍ヶ岳は諦めて双六から新穂高に下山する事になりそうです。

Posted on 8月 10, 2017 at 05:56 午前 | | コメント (0)

2017.08.09

170809 富山駅で足止め

170809 富山駅で足止め170809 富山駅で足止め せっかく富山までたどり着いたけど、今日もバスが午前運休で、足止めです。
 ゲートが閉まっているのでタクシーも入れないそうです。
 午後も未定。
 また状況がわかり次第連絡します。

Posted on 8月 9, 2017 at 05:59 午前 | | コメント (0)

2017.08.08

170808 腹ごしらえ

170808 腹ごしらえ170808 腹ごしらえ 特急電車も二時間以上遅れているので、トットと敦賀で駅弁寿司を買って、腹ごしらえしました。
 鯖寿司とマス寿司、美味しいです。
 川の水量を見ると電車の遅れも仕方ないかも知れません。

Posted on 8月 8, 2017 at 06:06 午後 | | コメント (0)

170808 近江塩津到着→Re: 勝っています

170810_0810_kumonotaira_sugoroku_04170810_0810_kumonotaira_sugoroku_03 てっきり負けたと思ったのに!
 よかったね!

 こちらは、米原から一時間以上かかってやっと近江塩津に着きました。
 この先の電車が何時に来るか判らないけど、余呉湖や東山など周りの山々には馴染みがあるから米原でモンモンとしているより気持ち良いです。
 30℃で曇り空、涼しいです。

> 9回裏、5対6で逆転勝ちしましたあ🙌
> JNK

Posted on 8月 8, 2017 at 02:16 午後 | | コメント (0)

170808 米原まで来たけれど・・・

170808 米原まで来たけれど・・・ 姉川の増水で運転再開の見通しはたっていないとの米原駅の案内放送が流れていましたから、前途多難です。
 今日中に富山までたどり着けるでしょうか?

Posted on 8月 8, 2017 at 09:37 午前 | | コメント (0)

170808 山行計画:8/19~8/20 紀淡海峡「友ヶ島・行場と砲台跡巡り」関西ハイク山友会№1158例会

170722_23_tomogashima_01170722_23_tomogashima_02

 10年以上前に一度だけ訪れた友ヶ島は東(虎島)に葛城二十八宿の行場、西(沖ノ島)に旧陸軍の高射砲基地跡や灯台があって、日帰りで両方歩くのは難しいので幕営の練習も兼ねて二日行程にします。
 波止場のある沖ノ島から行場のある虎島へは干潮時にしか往来できないので干満の差が大きい新月の時期を選びました。虎島の行場・観念窟は40m35度の一枚岩を登りますが、リーダーが最初に登り、40m固定ロープを2本設定しますので、後続の皆さん各自は簡易ハーネス(安全ロープ)と固定ロープとを2m補助ロープでプルージック結びで連結して登っていただきますから、転落の危険はありません。
 簡易ハーネスや2m補助ロープは10組程度用意しますが、自分で所有してられる方は持参していただくようお願いします。
 二日目は砲台跡から灯台へ途中一等三角点を踏んで沖ノ島の西半分を巡ります。
 幕営地の南垂水キャンプ場は広くてトイレや井戸もありますが、井戸水は塩分を含んでいるので飲料には向きません。各自料理用+飲料に水を2L程度持参して下さい。
 【友ヶ島】観光・キャンプ情報を完全網羅!

【山行計画】
紀淡海峡「友ヶ島・行場廻りと砲台跡巡り」 8/19~8/20 関西ハイク山友会№1158例会

日 時:平成29年8月19日(土)~8月20日(日)

集 合:8月19日(土) 南海本線・難波駅北改札口(三階) 7時35分
 難波⑥番線 7:45発・特急サザン3号の5号車に乗車します。
 難波~加太 960円/回数券利用で約700円、特急料金無料

 【雨天の場合】
 前日、8月18日(金) 17:00発表の気象情報で、和歌山県北部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:和歌山県北部 073-177 前8月18日(金) 17時発表の予報

参加予定者:16名/8/8現在

レベル:中級向き ((初日は海沿いの岩場のへつりと35度の行場岩登り)

行き先:紀淡海峡「友ヶ島・行場廻りと砲台跡巡り」

コース:
8月19日(土) 難波7:45=特急サザン3号=8:43和歌山市駅8:51=9:16加太・・・加太港10:00=友ヶ島汽船・1000円=10:20友ヶ島・野奈浦桟橋―南垂水キャンプ場(デポ)―深蛇池分岐―亀ヶ崎―閼伽井跡(アカイアト)―虎島入口(昼食)―序品窟(ジョホンクツ)―観念窟―役行者像―虎島入口―亀ヶ崎―深蛇池―第4砲台跡―南垂水キャンプ場(16:20頃、幕営)
8月20日(日) 南垂水キャンプ場(7:00起床、朝食、8:00出発)―野奈浦分岐―第3砲台跡―コウノ巣山119.9m―桟橋分岐―海の家分岐―孝助松―灯台・第1砲台跡―第2砲台跡―池尻―海の家―野奈浦―南垂水キャンプ場(昼食、撤収)―野奈浦桟橋13:30=友ヶ島汽船・1000円=13:50加太港・・・加太14:28=14:52和歌山市駅14:59=特急サザン38号=15:59難波(解散)

地 図:国土地理院25000分の一「加太」「由良」
 予定断面図:8/19 行場廻り8/20 砲台跡巡り
 予定ルート図
 予定ルート拡大図:8/19 行場廻り8/20 砲台跡巡り

行 程:
8月19日(土) 歩行距離:約7.4km、所要時間:6時間10分(歩行時間:3時間55分、休憩・昼食:2時間15分)

 難波⑥番線 7:45発=特急サザン3号(5号車乗車・難波~加太 960円/回数券利用で約700円、特急料金無料)=8:43和歌山市駅8:51=9:16加太・・・加太港10:00=友ヶ島汽船・1000円=10:20友ヶ島・野奈浦桟橋
 野奈浦桟橋0m(10:30頃)―20分―南垂水キャンプ場0m(10:50頃、デポ、11:10出発)―25分―深蛇池分岐20m―15分―亀ヶ崎30m―5分―閼伽井跡(アカイアト)0m―5分―虎島入口0m(12:20頃、昼食)―5分―序品窟(ジョホンクツ)0m―30分―観念窟10m―20分―役行者像40m(14:10頃)―40分―虎島入口0m―10分―亀ヶ崎30m―20分―深蛇池0m(15:30頃)―20分―第4砲台跡80m―20分―南垂水キャンプ場0m(16:20頃、幕営、夕食)

8月20日(日) 歩行距離::約6.1km、所要時間:5時間20分(歩行時間:3時間05分、休憩・昼食:2時間15分)
 南垂水キャンプ場0m(7:00起床、朝食、8:00出発)―5分―野奈浦分岐10m―30分―第3砲台跡100m―10分―コウノ巣山119.9mⅠ(9:00頃)―10分―桟橋分岐80m―10分―海の家分岐50m―10分―孝助松10m―20分―灯台・第1砲台跡50m(10:10頃)―20分―第2砲台跡10m―10分―池尻0m―10分―海の家0m―10分―野奈浦0m(11::10頃)―20分―南垂水キャンプ場0m(11:40頃、昼食、撤収、12:50出発)―20分―野奈浦桟橋0m(13:20頃)
 野奈浦桟橋13:30=友ヶ島汽船・1000円=13:50加太港・・・加太14:28=14:52和歌山市駅14:59=特急サザン38号=15:59難波(解散)
7/16 友ヶ島~加太 9:30 10:30 11:30 12:30 13:30 14:30 15:30 16:30

装 備:テント泊装備/シュラフ、マット他、昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)、水2L(調理用・島には飲料水がありません)、サンダル(キャンプ場での履き物)、サブザック(島内探索は荷物はデポしていきます)
 装備表は別紙参照
 
会 費:5,600円/参加費200円+交通費3400円+食材費2000円
 交通費:3,400円/南海電車往復1,400円(回数券利用)、友ヶ島汽船往復2,000円
 食材費:2,000円/α米、カレーうどん食材など
  食材内訳は別紙参照

040703_04_tomogashima_49 【写真・再掲】
 040703_04 友ヶ島・行場廻りと砲台跡、灯台
 Googleフォトの写真アルバムです。
 写真は位置情報付きで54枚あります。

 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【装備表と食糧計画】
1/2
170819_2016
2/2
170819_2016_2
EXCELファイル(装備食料計画表)
「170819_2016n.xlsx」をダウンロード

【地図】
予定断面図
【地図】
予定断面図
8/19 行場廻り
170722_tomogashima_gyoubamegurida_2
8/20 砲台跡巡り
170723_tomogashima_hodaiatomegurida
予定ルート図
170722_0723_tomogashima_gyoba_hodai
予定ルート拡大図
8/19 行場廻り
170722_tomogashima_gyobameguri
8/20 砲台跡巡り
170723_tomogashima_hodaiatomeguri
GPSの予定ルートデータ
8/19 行場廻り
「170722_TomogaShima_Gyobameguri.gpx」をダウンロード
8/20 砲台跡巡り
「170723_Tomogashima_HodaiatoMeguri.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 8, 2017 at 02:23 午前 | | コメント (0)

2017.08.07

170807 備前長船

170807 備前長船170807 備前長船 尾道は台風が東へ移動して、朝から降っていた雨が止んでいましたが、赤穂線の長船(おさふね)まで来たらまた雨です。
 台風に追い付いたようです。

Posted on 8月 7, 2017 at 05:05 午後 | | コメント (0)

170807 猫ちゃん オハヨウ!

170807 猫ちゃん オハヨウ!170807 猫ちゃん オハヨウ! 昨夜は満月の海岸通りがきれいでしたが、今朝は台風の影響で雨が降っています。
 尾道の猫ちゃんは朝ご飯を食べ終わって、ひとかたまりになってくつろいでいます。
 この春、生まれた子猫ちゃんもすっかり家族の一員にとけ込んでいます。
 良かったですね。

Posted on 8月 7, 2017 at 09:27 午前 | | コメント (0)

2017.08.06

170806 久し振りに尾道へ

170806 久し振りに尾道へ 尾道の猫ちゃん
 子猫ちゃんも元気いっぱいです。

Posted on 8月 6, 2017 at 09:10 午後 | | コメント (0)

170806 山行記録:8/5 六甲「逢山峡から水無滝」 関西ハイク山友会№1152例会

170805_hozankyo_mizunashitaki_01170805_hozankyo_mizunashitaki_02170805_hozankyo_mizunashitaki_03

 昨年9月の例会が意外?に好評だったので今年も沢歩きを楽しみました。
 逢山峡は神鉄・唐櫃台駅から手軽に入れる沢として人気があります。
 鍋谷ノ滝と猪ノ鼻滝以外は大きな滝はなく、小滝が連続しますがいずれも沢靴かわらじなら簡単に直登できます。
 谷は広くて明るく、すぐ横を一般車両が通らない車道が並行するので遡行するにしても巻くにしても臨機応変に対応できますから、沢歩きの初心者でも気軽に挑戦できます。

 今回は中間の鍋谷ノ滝出合の上流にある三段の幻の滝・不動滝にも行くことが出来ました。
 不動滝はゴルジュとその上に続く7m+3mの斜瀑の総称ですが、ゴルジュは深さ3mもありへつれないので下から眺めていったん車道に戻り、ゴルジュ上の二段滝下の川床に下りて、そのまま滝の横を巻いて最後の猪ノ鼻滝下に出ました。

 午後は仏谷を源流まで詰めて仏峠、水無峠を越え、水無滝を見てから荒れた水無谷を神鉄・有馬口へ下山しました。

 【山行記録】
六甲「逢山峡・沢歩きから水無滝」 8/5関西ハイク山友会№1152例会 初心の山 21

日 時:平成29年8月5日(土) 8:57~16:53

参加者:24名

レベル:一般向き (沢歩きなので沢靴または地下足袋+わらじ必携)

行き先:六甲「逢山峡から水無滝」

コース:神鉄・唐櫃台駅―東山橋―逢山峡谷遡行―鍋谷ノ滝―ゴルジュ―猪ノ鼻滝(遡行終了)―広河原(昼食)―仏谷峠―水無滝―車道―高速下―神鉄・有馬口駅(16:53、解散)

地 図:国土地理院25000分の一「有馬」、昭文社「六甲・摩耶」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約8.8km、所要時間:7時間56分(歩行時間:4時間35分、休憩・昼食:3時間21分)、天候:快晴、気温:28℃→29℃→27℃
 神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m8:57―高速下360m9:16―東山橋360m(遡行準備)9:22~44―谷遡行―堰堤下390m10:20~25―鍋谷ノ滝出合400m(28℃)10:42~49―鍋谷ノ滝420m10:55~11:02―鍋谷ノ滝出合400m11:09―堰堤上車道430m11:15~26―ゴルジュ410m11:20~26―車道430m11:30―不動滝420m11:37~40―猪ノ鼻滝下440m(遡行終了)11:45~54―車道440m11:55―広河原460m(昼食)12:10~56―仏谷中間520m(29℃)13:16~24―仏谷峠610m(27℃)13:46~14:04―深戸谷鞍部590m14:09~13―水無峠610m14:17―水無谷出合490m14:34~45―水無滝510m14:56~15:09―水無谷出合490m15:15~23―堰堤Ⅰ上460m15:39―堰堤Ⅱ下(27℃)440m15:44~58―堰堤Ⅲ上400m16:12―林道330m16:28~37―高速下310m16:42―神鉄・有馬口駅290m16:53(解散)

計画行程:約8.0km、所要時間:7時間30分(歩行時間:5時間00分、休憩・昼食:2時間30分)
 神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m―20分―高速下360m―10分―東山橋360m(9:40頃、遡行準備10:00出発)―30分―堰堤390m―30分―鍋谷ノ滝420m(11:20頃)―30分―ゴルジュ430m―20分―猪ノ鼻滝450m(遡行終了)―10分―広河原460m(昼食、12:30頃)―50分―仏谷峠610m(14:10頃)―10分―水無峠610m―20分―水無滝510m(15:00頃)―50分―車道340m―5分―高速下310m―15分―神鉄・有馬口駅290m(16:30頃、解散)

装 備:沢靴または地下足袋+わらじ、昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)
 
参加費:200円/交通費は各自払い

【地図】
歩行断面図
170805t_hozankyo_mizunashitakidanme
歩行ルート図
170805t_hozankyo_mizunashitaki
歩行ルート拡大図
前半
170805t1_hozankyo_mizunashitaki
後半
170805t2_hozankyo_mizunashitaki
GPSの歩行軌跡データ
「170805T_HozanKyo_MizunashiTaki.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 6, 2017 at 06:01 午前 | | コメント (0)

170806 久し振りに尾道へ

170806 久し振りに尾道へ 5月28日以来だから2ヶ月半振りに尾道へ行きます。
 明日は母の初盆です。
 早いもので、もう8ヶ月も経ったんですね。

Posted on 8月 6, 2017 at 05:44 午前 | | コメント (0)

2017.08.05

170805 逢山峡から水無滝の例会無事完了

170805 逢山峡から水無滝の例会無事完了 快晴の炎天下ですが沢歩きは涼しくて快適でした。
 ゴルジュの上に続く幻の滝、不動滝も確認できて満足です。
 水無谷を下って有馬口で解散して有志10名でからとの湯で汗を流してさっぱりしました。

Posted on 8月 5, 2017 at 07:38 午後 | | コメント (0)

2017.08.04

170804 猫ちゃんにも個性

170804 猫ちゃんにも個性170804 猫ちゃんにも個性 毎朝3時から弓弦羽神社まで往復一時間の参道には20匹以上の猫ちゃんがご飯を待っています。
 ほとんどが地域猫ですから去勢、避妊手術をされているので一代限りです。
 同じような猫でもそれぞれ個性がはっきりしていて、参道脇の灯籠近くにいる白黒猫は、やんちゃで、木の上に乗ったり、猫パンチを仕掛けてきます。

Posted on 8月 4, 2017 at 02:12 午後 | | コメント (0)

2017.08.03

170803 ヤマト運輸、Amazon.co.jpに対し1.7倍の値上げ要請

170803_yamato_amazon ネットで商品を探して通販で購入するパターンが定着しています。
 通販サイトはたくさんありますが、Amazonは年間3,900円の会費を払うプレミアム会員に対しては、ほとんどの商品の配送料が無料になります。
 ですからYahooや楽天では購入しないでAmazonで探します。
 でも、通販で購入する商品はあまり高価な物は少なく、一点数百円からせいぜい数千円の物がほとんど。
 商品はほとんど当日か翌日には到着しますから、わざわざ交通費をかけて三宮や梅田まで買いに行くことが無くなりました。
 多いときにはほぼ毎日何らかの荷物が配達されますが、この運送費はAmazonが全部負担していることになりますが、以前からヤマト運輸に対して一個いくらで払っているのか気になっていました。
 少し古い記事ですが、スラドの書き込みに
 「ヤマト運輸、Amazon.co.jpに対し1.7倍の値上げと総量抑制を要請」という書き込みがあったので、読んでみると現在は平均単価は270~280円とのことで、一般運送費の6割引だそうです。

 ヤマト運輸の値上げ要請を承諾してAmazonの負担が増えると、早晩プレミアム会費が値上げになるか、一律数百円の値上げになると思いますので、成り行きに注目です。
 年会費が70%アップなら6,000円~7,000円、この程度ならプレミアム会員継続が得策です。

【スラドの記事】
ヤマト運輸、Amazon.co.jpに対し1.7倍の値上げと総量抑制を要請
ストーリー by hylom 2017年07月25日 15時45分個人的には消費者が一定の負担をしても良いと思う 部門より
maia 曰く、7月25日付けのダイアモンドの記事によると、ヤマト運輸がAmazon.co.jpに対し大幅な値上げを要求しているという。
Amazonの荷物は年間3億個で、その内2億2000万~3000万個はヤマト運輸、残りは日本郵便。ヤマトが受けているAmazonの平均単価は270~280円。これは標準的な運賃の約6割引に相当するらしいが、Amazonがある程度仕分けして持ち込んでいる故。実際には無理があったという。
ヤマトは本年10月1日からの基本料金の値上げを発表しているが、Amazonに対しても470円への値上げと、総量を4000万~5000万個減らす事を要求しているという。なお契約更新は9月。ちなみにヤマトの宅急便総数は年間18億個以上のようだ。

【ダイヤモンドの記事】 2017.7.25
ヤマトがアマゾンに1.7倍の運賃値上げと総量抑制を要請、ヤマ場は9月 須賀彩子:ダイヤモンドZAi編集部
 労働現場がパンクしたヤマト運輸と、その引き金になったアマゾンとの交渉が大詰めを迎えている。関係者によると、ヤマトがアマゾンに対して、現状の1.7倍への値上げを要請しているという。
 ヤマト運輸は、10月には運賃の値上げと総量コントロールする方針を打ち出している。大口の法人客にも値上げを要請しており、アマゾンとて例外ではない。
 ネット通販の王者であるアマゾン・ジャパンの宅配便数は、年間3億個にものぼる。このうち4分の3にあたる2億2000万~3000万個をヤマト運輸が、残りを日本郵便が運んでいる。
 関係者によると、ヤマトが受けているアマゾンの荷物の平均単価は270~280円。これは2013年に佐川急便が利益が出ないとしてアマゾンの仕事から撤退したときの価格に等しい。「タリフ」と呼ばれる運賃表の4割という水準だ。
 にもかかわらず、その価格で受けてきたのは、「アマゾン・ジャパンが物流機能の一部を負担していたから」(ヤマト関係者)だという。アマゾンが配送先のエリア別に仕分けして、基幹センターに持ち込んでいるというのだ。それとて、サービス残業に支えられてこそ見合う価格だったわけで、問題が表面化したことで、この単価では採算が合わなくなった。
 関係者によると、ヤマトはアマゾンに対して、現状単価の270~280円から470円への値上げを要請している。「アマゾンは、短期的にはヤマトの要求を飲まざるを得ないだろう」と言う。直近でもアマゾンは7月10日から年に1度の大セール「Amazonプライムデー」を実施したばかり。荷量が通常期よりも多くなるため、物流現場にかなりの負荷がかかるが、これも「ヤマトに協力をお願いして、なんとか乗り切れた」という。
 さらに、アマゾンを悩ませているのは、ヤマトが値上げのみならず総量コントロールの対象にしていること。アマゾンに対して、現状受けている2億2000万~3000万個の宅配便のうち、4000万~5000万個は受けられないと伝えているという。
 なお、こうした数字について、ヤマト運輸、アマゾン・ジャパンともに「個別交渉の内容については答えられない」と回答している。
 目先、アマゾンの最大の課題は、ヤマトの改革に伴いあぶれる4000万~5000万個の荷物をどうするかだ。
 470円の単価に、さらなる追加料金を支払ってヤマトに委託するのか、それとも日本郵便に委託するのか。アマゾンは、自前で物流網を築くとしているが、「そんなにすぐにはできない。4~5年は要するだろう」(物流関係者)という。
 ヤマ場は、両社の契約が更新される9月。猛暑をますます熱くさせる駆け引きが続きそうだ。
(ダイヤモンドZAi編集部 須賀彩子)

Posted on 8月 3, 2017 at 01:19 午後 | | コメント (0)

2017.08.02

170802 蛸めし完成

170802 蛸めし完成170802 蛸めし完成 KMRさんから戴いた明石の蛸は、一昨日刺身で食べたので、今日は半分残してあった切り身を小さめに切って、枝豆を加えて蛸めしを作りました。
 JNKさんは吸盤は食べられないので、ご飯を混ぜる前に二つに分けてから最後に生姜を混ぜ込みます。
 味見したら、絶妙の味付けですから、アツアツを食べるのが楽しみです。

Posted on 8月 2, 2017 at 04:36 午後 | | コメント (0)

170802 山行計画:8/5 六甲「逢山峡・沢歩きから水無滝」 関西ハイク山友会№1152例会

170708_hozankyo_mizunashitaki_09170708_hozankyo_mizunashitaki_41

 昨年9月の例会で歩いた逢山峡ですが、意外?に好評だったので今年も沢歩きを楽しみたいと思います。
 逢山峡は神鉄・唐櫃台駅から手軽に入れる沢として人気があります。
 鍋谷ノ滝と猪ノ鼻滝以外は大きな滝はなく、小滝が連続しますがいずれも沢靴かわらじなら簡単に直登できます。
 谷は広くて明るく、すぐ横を一般車両が通らない車道が並行するので遡行するにしても巻くにしても臨機応変に対応できますから、沢歩きの初心者でも気軽に挑戦できます。
 途中数ヶ所で堰堤を巻く必要がありますが、その点を割り引いても夏の沢遊びとしてはお奨めです。

 昨年は時間の都合もあって、鍋谷ノ滝から車道にあがりましたが、今回は堰堤上から再度谷へ降りて、ゴルジュと上に続く三段の幻の滝・不動滝にも行ってみます。
 ゴルジュは水量にもよりますが、3m近い深さで右岸に棚があるのでへつれますが、棚までは泳いでいくしかありません。
 ゴルジュの出口には大きなチョックストーンがあって、更に上には3m+7mの滝が続き、全体を不動滝というようですが、ゴルジュを左から巻いて行者滝の中間テラスまで行きます。

 午後は仏谷を源流まで詰めて仏峠、水無峠を越え、水無滝を見てから荒れた水無谷を神鉄・有馬口へ下山します。
 水無滝は水量が少なく残念ですが、上部がハングした直滝で迫力があります。
 時間によりますが、希望者のみ唐櫃台で途中下車して「からとの湯」で汗を流して帰りたいと思います。

 【山行計画】
六甲「逢山峡・沢歩きから水無滝」 8/5関西ハイク山友会№1152例会 初心の山 21

日 時:平成29年8月5日(土) 9:00~16:30

集 合:神戸電鉄有馬線・唐櫃台駅 改札口 午前9時
 【参考】 京阪神から唐櫃台(カラトダイ)への時刻表
 京都7:14⇒JR新快速⇒8:07三ノ宮―地下鉄三宮8:17⇒地下鉄⇒8:28谷上8:35⇒神鉄有馬線・三田行⇒8:44唐櫃台
 【雨天の場合】
 前日、8月4日(金) 17:00発表の気象情報で、兵庫県南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:兵庫県南部 078-177 前8月4日(金) 17時発表の予報

参加予定者:25名/8/1現在

レベル:一般向き (今回は沢歩きなので沢靴または地下足袋+わらじ必携)

行き先:六甲「逢山峡から水無滝」

コース:神鉄・唐櫃台駅―東山橋―逢山峡谷遡行―鍋谷ノ滝―ゴルジュ―猪ノ鼻滝(遡行終了)―広河原(昼食)―仏谷峠―水無滝―車道―高速下―神鉄・有馬口駅(16:00頃、解散)

地 図:国土地理院25000分の一「有馬」、昭文社「六甲・摩耶」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半
行 程:約8.0km、所要時間:7時間30分(歩行時間:5時間00分、休憩・昼食:2時間30分)
 神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m―20分―高速下360m―10分―東山橋360m(9:40頃、遡行準備10:00出発)―30分―堰堤390m―30分―鍋谷ノ滝420m(11:20頃)―30分―ゴルジュ430m―20分―猪ノ鼻滝450m(遡行終了)―10分―広河原460m(昼食、12:30頃)―50分―仏谷峠610m(14:10頃)―10分―水無峠610m―20分―水無滝510m(15:00頃)―50分―車道340m―5分―高速下310m―15分―神鉄・有馬口駅290m(16:30頃、解散)

装 備:沢靴または地下足袋+わらじ、昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)
 
参加費:200円/交通費は各自払い

【参考】
 16/9/3 六甲 「逢山峡から古寺山」 関西ハイク山友会 №951例会

 17/7/8 六甲 「逢山峡・沢歩きと水無滝」下見

【地図】
予定断面図
170805_hozankyo_mizunashitakidanmen
予定ルート図
170805_hozankyo_mizunashitaki
予定ルート拡大図
前半
170805_1_hozankyo_mizunashitaki
後半
170805_2_hozankyo_mizunashitaki
GPSの予定ルートデータ
「170805_HozanKyo_MizunashiTaki.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 2, 2017 at 12:07 午前 | | コメント (0)

2017.08.01

170801 ミルクちゃんはお昼寝

170802 ミルクちゃんはお昼寝170802 ミルクちゃんはお昼寝 ベランダは34.8℃もあるけど、ミルクちゃんは窓際の姫様ベッドで前足に頭を乗せて熟睡中です。
 部屋の中はクーラーが効いているから、陽射しも気にならないんでしょうね。

Posted on 8月 1, 2017 at 04:31 午後 | | コメント (0)