« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017.07.31

170731 今夜は蛸

170801 今夜は蛸170801 今夜は蛸 JNKさんの山とものKMRさんからご主人が明石沖で釣り上げられた蛸を戴きました。
 ありがとうございます。
 40杯も釣られたそうですが、暑い中での釣りは好きなればこそですね。

 JNKさんは蛸の吸盤が苦手なので、きよもりが包丁で吸盤を切り取って、振り分けます。
 もちろん吸盤はきよもりがいただきます。

 二杯を捌くと一度では食べきれないので、次はたこ飯を作ってみます。

Posted on 7月 31, 2017 at 11:51 午後 | | コメント (0)

2017.07.30

170730 山行記録:7/29 若狭「能登又谷から三重岳」関西ハイク山友会№1150例会

170729_notomatadani_sanjyodake_01170729_notomatadani_sanjyodake_02

【地図】
歩行断面図
170729t_notomatadani_sanjyodakedanm
歩行ルート図
 前半
 170729tk1_notomatadani_sanjyodake
 後半
 170729tk2_notomatadani_sanjyodake
歩行ルート拡大図
 1/3
 170729ts1_notomatadani_sanjyodake
 2/3
 170729ts2_notomatadani_sanjyodake
 3/3
 170729ts3_notomatadani_sanjyodake
GPSの歩行軌跡データ
「170729T_NotomataDani_SanjyoDake.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 30, 2017 at 11:09 午後 | | コメント (0)

2017.07.29

170729 能登又谷から三重岳の例会無事完了

170729 能登又谷から三重岳の例会無事完了170729 能登又谷から三重岳の例会無事完了 今日は終日曇り空、尾根上は26℃位で谷風もあって過ごし易い縦走日和でした。
 心配した雨にもあわず、足並みも揃って快調でしたが、16km歩き通して、さすがに疲れました。
 参加していただいた24名の皆さんありがとうございました。
 お疲れ様でした。
 これから朽木の道の駅へ直行してビールをゲットします。
 京都駅帰着は予定通り21時頃になると思います。

Posted on 7月 29, 2017 at 07:36 午後 | | コメント (0)

2017.07.28

170728 今夜はカレー

170728 今夜はカレー170728 今夜はカレー 暑くなったのでまたまたカレー作りに励みました。
 マサラやクミン、ローリエ、ナツミグ等、冷蔵庫に入っている香料を適当に入れて、最後にカレールーを入れるだけなので簡単です。
 JNKさんは辛いのが苦手なので、火を止めてからヨーグルトを加えたらマッタリとした味に香りがたって、美味しそうです。

Posted on 7月 28, 2017 at 12:18 午後 | | コメント (0)

2017.07.27

170727 友ヶ島の星空/TimeLapseの星軌跡動画

 デジカメで撮影したTimeLapse(微速度動画)のテストです。
 星軌跡は30秒間隔で150分かけて300枚の写真を撮影し、動画として集約します。
 しかし、そのままでは再生時間が10秒しかないので、再生時間を5倍程度に加工して星の流れを感じられるようにしました。
 途中で左上から右下にクロスする光線は関空からのジャンボジェットの航跡です。

 星の軌跡は一眼カメラの開放で撮影できるのは知っていましたが、カメラの性能に左右されるし、しっかりした三脚が必要なので敷居が高いです。
 デジカメのTimeLapse(微速度動画)機能が使えると手軽に星軌跡を撮影できるのが便利です。
 ただし、所有しているNikon AW130では、再生時間が10秒固定なので、「VideoPad動画編集ソフト」というソフトで再生時間と画像解像度を変更しました。
 再生時間:10秒 → 50秒、解像度:1080p → 1920p に加工しています。

 軌跡はちゃんと撮影できていますが、あまり面白味がないので次回は、地平の海や街明かりなどを一緒に写し込むようにして撮ってみようと思います。

Dscn5758 【写真】 170722_0723 友ヶ島の星空(TimeLapse・星軌跡)
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。


Posted on 7月 27, 2017 at 02:19 午後 | | コメント (0)

170727 神戸の三日月・TimeLapse・微速度動画のテスト

 デジカメでタイムラプスの動画を撮影できることは判りましたが、手持ちのデジカメでは再生時間が10秒とで固定されていて、夕焼けの場合だと10秒ごとに1枚写真を撮って約50分で300枚もの写真を撮影します。
 しかし、折角50分も撮影しているので再生も30秒から1分程度のゆったりした流れの方が落ちつきます。
 
 ネットで”動画の再生速度を調整する”というキーで探してみると、「VideoPad動画編集ソフト」というソフトが見つかりました。
 フリーソフトですが、「Corel VideoStudio」(6,900円くらい)と同等の機能があります。
 ビデオの編集だけではなく、再生時間の調整、画像の解像度変更なども簡単な操作で出来ます。
 次回はもう少し動きのあるターゲットを選んで挑戦してみます。
 
Dsc_4830 【写真】 170726 神戸の三日月(TimeLapse)
 デジカメで撮影したTimeLapse(微速度動画)のテストです。
 神戸の夕焼けを撮るつもりでしたが、夕焼けより月の入りがメインになりました。
 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

Posted on 7月 27, 2017 at 10:04 午前 | | コメント (0)

2017.07.26

170726 熱帯夜

170727 熱帯夜170727 熱帯夜 夜明け前の気温が28.5℃、湿度が72%もあるので、蒸し暑さが堪えます。
 部屋の中はクーラーが効いているから、ミルクちゃんはのびのびとくつろいでいて羨ましいです。

Posted on 7月 26, 2017 at 05:51 午後 | | コメント (0)

2017.07.25

170725 LEDソーラーランタン

祇園祭 一昨日の友ヶ島テント泊でKWTさんが持ってこられたLEDソーラーパネルのランタン。
 軽くてかさばらなくて、電池がいらないのに結構明るいので感心しました。
 メーカー名と型番などをメモして昨日通販で購入しようとしましたが、LUCI OUTDOOR2.0はアメリカ製で、USAmazonの通販で19.95$で購入できますが、現地通貨で更に送料が商品代以上かかるので、海外からの購入は諦めました。

 ネットで「LEDソーラーランタン」をキーに探すと色々出てきますが、ほぼ同じ形の物は「MPOWERD アウトドア インフレータブルLEDソーラーランタン 充電残量表示付 防水 特許登録済」として3,218円で購入できました。
 MPOWERD アウトドア インフレータブルLEDソーラーランタン

Posted on 7月 25, 2017 at 10:04 午前 | | コメント (2)

2017.07.24

170724 山行記録:7/22~7/23 紀淡海峡「友ヶ島・行場廻りと砲台跡巡り」 8/19~8/20関西ハイク山友会№1158

170722_23_tomogashima_01170722_23_tomogashima_02

【地図】
歩行断面図
 7月22日(土)
 170722t_tomogashimagyobameguridanme
 7月23日(日)
 170723t_tomogashimahodaimeguridanme
歩行ルート図
170722_23t_tomogashima
歩行ルート拡大図
 7月22日(土)
 170722t_tomogashima_gyobameguri
 7月23日(日)
 170723t_tomogashima_hodaiatomeguri
GPSの歩行軌跡データ
 7月22日(土)
 「170722T_TomogaShimaGyobaMeguri.gpx」をダウンロード
 7月23日(日)
 「170723T_TomogaShimaHodaiMeguri.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 24, 2017 at 11:28 午後 | | コメント (0)

170724 京都の夏

170724 京都の夏祇園祭  山鉾巡行はほぼ終わっていますが、四条烏丸交差点辺りは今日も観光客と警備体制準備のお巡りさんがいっぱいです。
 曇り空ですが、34℃もあるから風がない京都はじっとりと粘り着くような蒸し暑さです。

Posted on 7月 24, 2017 at 01:14 午後 | | コメント (0)

2017.07.23

170723 友ヶ島の下見完了

16:30帰宅です。16:30帰宅です。 二日間の友ヶ島テント泊を無事完了しました。
 昨日は36℃の炎天下を2時間も岩場のへつりと最後の40mの岩登りで暑さと緊張でのどがカラカラ!
 でも無事に虎島の行場廻りを終えて南垂水のキャンプ場でのんびり出来ました。
 今日は一転、砲台跡と灯台巡りで下の西半分を散歩して早めの渡船で加太に戻ってきました。

Posted on 7月 23, 2017 at 05:39 午後 | | コメント (0)

2017.07.22

170722 めでたいでんしや

170722 めでたいでんしや170722 めでたいでんしや 和歌山市駅から加太線に乗り換えて加太まで、めでたいでんしやに乗ります。
 座席やつり革など鯛づくしで楽しいです。

Posted on 7月 22, 2017 at 08:54 午前 | | コメント (0)

2017.07.21

170721 タイムラプス(Time Lapse・微速度動画)テスト

170721_time_lapse 明日から友ヶ島ですが、ちょうど新月なので、星空に期待しています。
 一眼カメラなら開放にして星空の写真が撮れますが、バカちょんデジカメではそうもいきません。
 でもAW130のマニュアルを見るとタイムラプスという機能が使えそうなので、星の動きが捉えられるかも知れません。
 試しに自宅マンションからの風景を撮ってみました。
 もう少し長い動画が撮れたら良いのですが、まずまずの結果です。

170721_time_lapse 【動画】
 デジカメ(Nikon COOLPIX AW130)で撮ったタイムラプス(微速度動画)のテストをしました。
 風景写真を25分、5秒間隔で撮った写真を約10秒の動画にまとめたものです。

 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。


Posted on 7月 21, 2017 at 11:31 午後 | | コメント (0)

2017.07.20

170720 山行計画:7/29 若狭「能登又谷から三重岳」 関西ハイク山友会№1150例会

160827_28_notomatadani_sanjyodake_0160827_28_notomatadani_sanjyodake_2160827_28_notomatadani_sanjyodake_3

 三重岳(サンジョウダケ)974.1m二等三角点は高島トレイル80kmの最高峰です。
 ちなみに二位は針畑の三国岳(サンゴクダケ)959.0m、三位は大御影山950.1m、四位の百里ヶ岳931.3mまでが900m以上でそれぞれ各エリアを代表する山です。

 今回の行程は若狭美浜奥の松屋から能登又谷林道を二股まで歩き、急尾根を登って、大日尾根・三重岳分岐からアップダウンの多い長い稜線を南下して三重岳に到達するルートです。
 高島トレイルの行程の中でもアプローチが悪く、例会で取り上げるのは陽の長い今の時期しかありません。

 総行程が16.7kmもあり、その内6kmは林道歩きですが、真夏なので日除け帽や日傘などと共に、尾根筋での水分補給に普段より余分に飲み物などを持参していただくようお願いします。
 また、陽は長くなっていますが、下山が遅くなるのでヘッドランプもご持参下さい。 

【山行計画】
若狭 「能登又谷から三重岳」
関西ハイク山友会 №1150例会 若丹国境尾根縦走 42
日  時:平成29年7月29日(土) 10:00~18:40

集 合:京都駅八条東口 南側アバンティ前 団体バス乗り場 7時40分出発
 団体バス乗り場は京都駅東口南側のアバンティ(AVANTI)前になります。
 団体バス駐車場は更に規制が強くなって無料駐車時間10分(有料でも最大20分2,000円)という制約がありますので、7時40分に出発できるよう余裕を持って集まっていただくようお願い申し上げます。

 バスは京都バスの小型バスで満席ですから、整列乗車をお願い申し上げます。
 
 【雨天の場合】
 前日、7月28日(金) 17:00発表の気象情報で、滋賀県北部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:滋賀県北部 0749-177(前7月28日(金) 17時発表の予報)
     滋賀県の天気予報は南部、北部同じ案内なのでご注意下さい。

参加予定者:25名/7/20現在

コース:京都駅=名神・北陸道経由155km2:30、4,110円=若狭美浜・松屋(10:00頃)―白谷橋―能登又谷出合―二股―急登Ⅰ―急登Ⅱ―高島トレイル出合―大日尾根・三重岳分岐―P889m―P887m―P943m―三重岳974.1mⅡ―P844m―P762m―P698m―右折点585m―三重岳登山口―間谷出合―八王子谷出合―ワサ谷出合―石田川ダム(18:40頃)=保坂・朽木経由=京都駅(21:00頃、解散)

レベル:健脚向き (ロングコース。二股から高島トレイル出合まで360mの急登、大日尾根・三重岳分岐からアップダウンの多い3.1kmの尾根)

地 図:2万5千=「三方」「熊川」 高島トレイルクラブ「中央分水嶺・高島トレイル詳細マップ」
 予定断面図
 予定ルート図:前半後半
 予定ルート拡大図:1/32/33/3

行  程: 約16.7km 所要時間:8時間40分(歩行時間:6時間40分、休憩・昼食:2時間00分)
 京都駅(7:40出発)=名神・北陸道経由155km2:30、4,110円=若狭美浜・松屋159m
 松屋159m(10:00頃)―20分―白谷橋200m―30分―能登又谷出合300m―25分―林道終点380m―5分―二股400m(11:30頃)―25分―急登Ⅰ上520m―25分―急登Ⅱ上650m(12:30頃、昼食)―20分―高島トレイル出合760m―20分―三重岳分岐850m(14:00頃)―20分―P889m―20分―P887m―20分―P943m(15:10頃)―20分―大日分岐970m―5分―三重岳974.1mⅡ(15:50頃)―20分―P844m―15分―P762m―10分―P698m―10分―右折点585m―20分―三重岳登山口380m(17:20頃)―15分―間谷出合330m―15分―八王子谷出合340m―25分―ワサ谷出合300m―15分―石田川ダム300m(18:40頃)
 石田川ダム=保坂・朽木経由=京都駅(21:00頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物(余分に)、雨具、着替え、スパッツ、ストック、ヘッドランプ
 林道歩きが6kmあるので日除け帽子、日傘、着替えなどをご持参下さい。稜線上では途中水分補給はできませんから飲み物も余分に持ってきてください。
 陽は長くなっていますが、念のためヘッドランプも持ってきてください。

費 用:4,500円/参加費200円+貸切バス代4,300円

【地図】
予定断面図
170729_notomatadani_sanjyodakedanme
予定ルート図
前半
170729k1_notomatadani_sanjyodake
後半
170729k2_notomatadani_sanjyodake
予定ルート拡大図
1/3
170729s1_notomatadani_sanjyodake
2/3
170729s2_notomatadani_sanjyodake
3/3
170729s3_notomatadani_sanjyodake
GPSの予定ルートデータ
「170729_NotomataDani_SanjyoDake.gpx」をダウンロード


Posted on 7月 20, 2017 at 04:13 午後 | | コメント (0)

170720 暑い!37℃

170720 暑い!27℃170720 暑い!27℃170720 暑い!27℃ 梅雨明け宣言と共に神戸も一気に気温があがって、15時現在37℃です。
 この暑さの中でも御影中の校庭では体操や球技をしています。
 大丈夫でしょうか?
 ミルクちゃんは一番涼しいクローゼットから出て来ません。

Posted on 7月 20, 2017 at 03:29 午後 | | コメント (0)

170720 山行計画:7/22~7/23 紀淡海峡「友ヶ島・行場廻りと砲台跡巡り」 8/19~8/20 関西ハイク山友会№1158例会の下見

040703_04_tomogashima_17040703_04_tomogashima_22040703_04_tomogashima_36

 10年以上前に一度だけ訪れた友ヶ島は東(虎島)に葛城二十八宿の行場、西(沖ノ島)に旧陸軍の高射砲基地跡や灯台があって、日帰りで両方歩くのは難しいので幕営の練習も兼ねて二日行程にします。
 波止場のある沖ノ島から行場のある虎島へは干潮時にしか往来できないので干満の差が大きい新月の時期を選びました。虎島の行場・観念窟は40mの一枚岩を登りますが、技術的に難しければ役行者像のある山上から覗きます。
 二日目は砲台跡から灯台へ途中一等三角点を踏んで沖ノ島の西半分を巡ります。
 幕営地の南垂水キャンプ場は広くてトイレや井戸もありますが、井戸水は塩分を含んでいるので飲料には向きません。各自料理用+飲料に水を2L程度持参して下さい。
 【友ヶ島】観光・キャンプ情報を完全網羅!

【山行計画】
紀淡海峡「友ヶ島・行場廻りと砲台跡巡り」 8/19~8/20 関西ハイク山友会№1158例会の下見

日 時:平成29年7月22日(土)~7月23日(日)

集 合:7月15日(土) 南海本線・難波駅北改札口(三階) 7時35分
 難波⑥番線 7:45発・特急サザン3号の5号車に乗車します。
 難波~加太 960円/回数券利用で約700円、特急料金無料

 【雨天の場合】
 下見なので雨天決行です。

参加予定者:6名/7/20現在
 HMDさん、KWTさん、KNKさん、KTGさん、NKZさん、きよもり

行き先:紀淡海峡「友ヶ島・行場廻りと砲台跡巡り」

コース:
7月22日(土) 難波7:45=特急サザン3号=8:43和歌山市駅8:51=9:16加太・・・加太港10:00=友ヶ島汽船・1000円=10:20友ヶ島・野奈浦桟橋―南垂水キャンプ場(デポ)―深蛇池分岐―亀ヶ崎―閼伽井跡(アカイアト)―虎島入口(昼食)―序品窟(ジョホンクツ)―観念窟―役行者像―虎島入口―亀ヶ崎―深蛇池―第4砲台跡―南垂水キャンプ場(16:20頃、幕営)
7月23日(日) 南垂水キャンプ場(7:00起床、朝食、8:00出発)―野奈浦分岐―第3砲台跡―コウノ巣山119.9m―桟橋分岐―海の家分岐―孝助松―灯台・第1砲台跡―第2砲台跡―池尻―海の家―野奈浦―南垂水キャンプ場(昼食、撤収)―野奈浦桟橋13:30=友ヶ島汽船・1000円=13:50加太港・・・加太14:28=14:52和歌山市駅14:59=特急サザン38号=15:59難波(解散)

レベル:中級向き (初日は岩場のへつりと45度の岩登り)

地 図:国土地理院25000分の一「加太」「由良」
 予定断面図:7/22 行場廻り7/23 砲台跡巡り
 予定ルート図
 予定ルート拡大図:7/22 行場廻り7/23 砲台跡巡り

行 程:
7月22日(土) 歩行距離:約7.4km、所要時間:6時間10分(歩行時間:3時間55分、休憩・昼食:2時間15分)

 難波⑥番線 7:45発=特急サザン3号(5号車乗車・難波~加太 960円/回数券利用で約700円、特急料金無料)=8:43和歌山市駅8:51=9:16加太・・・加太港10:00=友ヶ島汽船・1000円=10:20友ヶ島・野奈浦桟橋
 野奈浦桟橋0m(10:30頃)―20分―南垂水キャンプ場0m(10:50頃、デポ、11:10出発)―25分―深蛇池分岐20m―15分―亀ヶ崎30m―5分―閼伽井跡(アカイアト)0m―5分―虎島入口0m(12:20頃、昼食)―5分―序品窟(ジョホンクツ)0m―30分―観念窟10m―20分―役行者像40m(14:10頃)―40分―虎島入口0m―10分―亀ヶ崎30m―20分―深蛇池0m(15:30頃)―20分―第4砲台跡80m―20分―南垂水キャンプ場0m(16:20頃、幕営、夕食)

7月23日(日) 歩行距離::約6.1km、所要時間:5時間20分(歩行時間:3時間05分、休憩・昼食:2時間15分)
 南垂水キャンプ場0m(7:00起床、朝食、8:00出発)―5分―野奈浦分岐10m―30分―第3砲台跡100m―10分―コウノ巣山119.9mⅠ(9:00頃)―10分―桟橋分岐80m―10分―海の家分岐50m―10分―孝助松10m―20分―灯台・第1砲台跡50m(10:10頃)―20分―第2砲台跡10m―10分―池尻0m―10分―海の家0m―10分―野奈浦0m(11::10頃)―20分―南垂水キャンプ場0m(11:40頃、昼食、撤収、12:50出発)―20分―野奈浦桟橋0m(13:20頃)
 野奈浦桟橋13:30=友ヶ島汽船・1000円=13:50加太港・・・加太14:28=14:52和歌山市駅14:59=特急サザン38号=15:59難波(解散)
7/16 友ヶ島~加太 9:30 10:30 11:30 13:30 15:30 16:30

装 備:テント泊装備/シュラフ、マット他、昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)、水2L(調理用・島には飲料水がありません)、サンダル(キャンプ場での履き物)、サブザック(島内探索は荷物はデポしていきます)
 装備表は別紙参照
 
会 費:5,400円/交通費+食材費
 交通費:3,400円/南海電車往復1,400円(回数券利用)、友ヶ島汽船往復2,000円
 食材費:2,000円/α米、カレーうどん食材など
  食材内訳は別紙参照

040703_04_tomogashima_49 【写真・再掲】
 040703_04 友ヶ島・行場廻りと砲台跡、灯台
 Googleフォトの写真アルバムです。
 写真は位置情報付きで54枚あります。

 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【装備表と食糧計画】
1/2
170722_0723
2/2
170722_0723_4

EXCELファイル(装備食料計画表)
「170722_236.xls」をダウンロード

【地図】
予定断面図
7/22 行場廻り
170722_tomogashima_gyoubamegurida_2
7/23 砲台跡巡り
170723_tomogashima_hodaiatomegurida
予定ルート図
170722_0723_tomogashima_gyoba_hodai
予定ルート拡大図
7/22 行場廻り
170722_tomogashima_gyobameguri
7/23 砲台跡巡り
170723_tomogashima_hodaiatomeguri
GPSの予定ルートデータ
7/22 行場廻り
「170722_TomogaShima_Gyobameguri.gpx」をダウンロード
7/23 砲台跡巡り
「170723_Tomogashima_HodaiatoMeguri.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 20, 2017 at 02:40 午前 | | コメント (0)

2017.07.19

170719 山行記録:7/17 六甲「ロックガーデンから最高峰、有馬温泉」 個人山行

170717_rockgarden_saikoho_arimaonse 【写真】 170717 ロックガーデンから最高峰、有馬温泉
 Googleフォトの写真アルバムです。
 写真は位置情報付きで71枚あります。

 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。

 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。


【地図】
歩行断面図
170717t_rockgarden_saikoho_arimaons
歩行ルート図
170717t_rockgarden_saikoho_arimao_2
歩行ルート拡大図
前半
170717t1_rockgarden_saikoho_arimaon
後半
170717t2_rockgarden_saikoho_arimaon
GPSの歩行軌跡データ
「170717T_RockGarden_Saikoho_ArimaOnsen.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 19, 2017 at 11:32 午前 | | コメント (0)

2017.07.18

170718 チキンカレー

170718 チキンカレー170718 チキンカレー 土曜日、月曜日と山行が続いたので、体重が2.5kgも落ちました。
 水分補給と体力回復が必要です。
 今夜はまたまたカレー作りに挑戦して週末のテント泊に備えます。

Posted on 7月 18, 2017 at 11:17 午後 | | コメント (0)

2017.07.17

170717 ロックガーデンから六甲山最高峰へ

170717 ロックガーデンから六甲山最高峰へ170717 ロックガーデンから六甲山最高峰へ 高座の滝から岩尾根歩きで風吹岩まで登り、横池で一面の睡蓮に目を奪われました。
 雨ヶ峠で昼飯を食べてから七曲がりの長い登りをガンバってやっと六甲山最高峰に到着してホッと一息つきました。
 魚屋道の下り坂を快調に下り、有馬温泉に着いたら16:45でした。
 8:25から8時間20分、あまり日差しが強くなくて助かったけど、小学二年生が一番元気いっぱいで感心しました。

Posted on 7月 17, 2017 at 11:56 午後 | | コメント (0)

2017.07.16

170716 山行記録:7/15 京都北山「皆子山南尾根から東尾根」 関西ハイク山友会№1140例会

【地図】
歩行断面図
170715t_minakoyama_minamione_higash
歩行ルート図
170715t_minakoyama_minamione_higa_2
歩行ルート拡大図
前半
170715t1_minakoyama_minamione_higas
後半
170715t2_minakoyama_minamione_higas
GPSの歩行軌跡データ
「170715T_MinakoYama_MinamiOne_HigashiOne.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 16, 2017 at 11:37 午後 | | コメント (0)

170716 体重推移

170716 体重推移 昨日朝64.5kg、今朝62.6kgと体重差が1.9kgあります。
 同様に6月8日63.6kg、6月9日62.0kgで体重差が1.6kg。
 いずれも山行の翌日ですから、夏場は汗をかいて身体の水分が減っているからです。
 一週間後には戻りますから、あまり気にしないようにしています。

Posted on 7月 16, 2017 at 03:11 午後 | | コメント (0)

2017.07.15

170715 皆子山南尾根の例会無事完了

170715 皆子山南尾根の例会無事完了 鞍馬からタクシー9台に分乗して、ヒノコから尾根に取り付きました。
 晴天が続いたので油断して、ヒル除けを省略したら支尾根に乗ったところですぐ被害者が出てしまいました。
 油断大敵です。

 南尾根を快調に縦走して、予定通り西尾根合流点で昼食。
 午後は皆子山山頂で苺シャーベットを食べて身体を冷やしてから東尾根を下りました。
 予定より40分早く平に降りて来ました。

 バス停でチェックしたら、ヒル害に遭った方が更に5名もおられてショック。
 やっぱり皆子エリアは尾根歩きでもヒル対策が必要です。

 ヒル以外は全員快調で広葉樹林の尾根歩きは26℃で爽快でした。
 参加していただいた皆さんありがとうございました。
 折角ヒル除けスプレーを6本も持っていたのに申し訳ありません。

Posted on 7月 15, 2017 at 05:18 午後 | | コメント (0)

2017.07.14

170714 山行計画:7/17 六甲「ロックガーデンから最高峰、有馬温泉」個人山行

160102_rockgarden_saikoho_arima_010160123_higashiotafukuyama_rokkosaik

 ロックガーデンから六甲最高峰を越えて有馬温泉へ降りるコースは六甲・摩耶を代表する人気コースです。
 ロックガーデンはピラーロックや風吹岩からの展望が素晴らしいので急な岩尾根の緊張もほぐれます。
 横池から芦屋カントリークラブを抜けて雨ヶ峠までは展望も無く長い登りですから、休憩を取りながら登ります。
 雨ヶ峠で昼食をとってからいったん本庄橋まで下り、いよいよ七曲がりの急登にかかります。
 ここもあまり展望はよくありませんが、木陰道のジグザグ登りですから休憩を取りながらゆっくり登ります。
 一軒茶屋に着いたら是非六甲山高峰まで足を延ばしましょう。
 最高峰からは淡路島から金剛山、生駒山まで広々とした展望が楽しめます。
 一軒茶屋に戻り魚屋道(トトヤミチ)の下りに入ります。この道は江戸時代から有馬温泉の湯治客に住吉浜であがった新鮮な魚を天秤棒に担いで六甲越えで運んだ魚屋さんの通い道でした。
 魚屋道は途中二箇所ほど急なジグザグ下りがありますので膝に負担をかけないようゆっくりしたペースで下ります。
 時間配分には余裕を持たせていますので、熱中症にならないよう時々水分や塩分を補給しながら歩くようにしましょう。
 
【山行計画】
六甲「ロックガーデンから最高峰、有馬温泉」個人山行

日 時:平成29年7月17日(月・祝) 8:00~17:30

集 合:阪急神戸線・芦屋川 改札口北広場 午前8時
 【雨天の場合】
 雨の場合はコースを短縮して歩きます。

参加予定者:4名/7/14現在
 ARMさん、ARMjrさん、JNKさん、きよもり

行き先:六甲「ロックガーデンから最高峰、有馬温泉」

コース:阪急芦屋川30m(8時00分)―高座の滝200m―鉄塔320m―ピラーロック380m―風吹岩437m―横池440m―荒地山分岐450m―黒五谷分岐430m―ゴルフ場ゲート490m―雨ヶ峠600m(昼食)―本庄橋570m―七曲がり中間650m― 一軒茶屋880m―六甲最高峰931.3m― 一軒茶屋880m―尾根巻き道820m―瑞宝寺谷分岐630m―射場山下620m―有馬温泉近道560m―有馬温泉車道430m―有馬温泉入口360m(17時30分頃、解散)

レベル:一般向き

地 図:国土地理院25000分の一「西宮」「宝塚」「有馬」、昭文社「六甲・摩耶」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約13.4km、所要時間:9時間30分(歩行時間:7時間20分、休憩・昼食:2時間10分)
 阪急芦屋川30m(8:00頃)―50分―高座の滝200m(9:00頃)―30分―鉄塔320m―30分―ピラーロック380m(10:20頃)―20分―風吹岩437m―10分―横池440m(11:00頃)―10分―荒地山分岐450m―10分―黒五谷分岐430m―15分―ゴルフ場ゲート490m―25分―雨ヶ峠600m(12:20頃、昼食)―20分―本庄橋570m―40分―七曲がり中間650m―40分― 一軒茶屋880m―10分―六甲最高峰931.3m(15:00頃)―10分― 一軒茶屋880m―20分―尾根巻き道820m―20分―瑞宝寺谷分岐630m―10分―射場山下620m(16:10頃)―20分―有馬温泉近道560m―30分―有馬温泉車道430m―20分―有馬温泉入口360m(17:30頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物(余分に)、雨具、着替え、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)、手袋(岩場あり)
 
会 費:無し/交通費は各自払い

【地図】
予定断面図
170717_rockgarden_saikoho_arimaonse
予定ルート図
170717_rockgarden_saikoho_arimaon_2
予定ルート拡大図
前半
170717_1_rockgarden_saikoho_arimaon
後半
170717_2_rockgarden_saikoho_arimaon
GPSの予定ルートデータ
「170717_RockGarden_Saikoho_ArimaOnsen.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 14, 2017 at 12:13 午後 | | コメント (0)

2017.07.13

170713 9月10月の山行計画 (一部日程変更)

17091710

 なかなかまとまった時間が取れなくて、遅れ遅れになっていた9月10月の山行計画を作成中です。
 やっと予定ルートの地図が出来上がりました。

平成29年9月2日(土) 一般向き
洛西「明智越え」
 地図読みハイク再開2 定員なし
歩行距離:約10.4km 地図:亀岡、京都西北部

行程:
 JR山陰線 亀岡駅北口(集合8時45分)/JR亀岡駅90m(9:05頃)―40分―明智越登山口150m―50分―峰の堂380m(10:50頃)―20分―土用の水400m―20分―関電道分岐380m―10分―関電道3本目の鉄塔420m(11:50頃、昼食&地図読み教室、13:20頃発)―10分―分岐に戻る380m―20分―水尾分岐330m―20分―高瀬山三角点340.6m(14:20頃)―10分―300m南の分岐東へ320m―50分―保津川沿いの林道120m―20分―JR保津峡駅(解散16:時頃)

コメント:
 川上リーダー主催で大好評だった地図読みハイクを再開します。5月例会が雨天中止になったので今回が初回になります。再開シリーズでも川上さんに講師をお願いして、地図読み技術の習得を図ります。ポイントポイントでコンパスを使って現在地と進行方向を確認しながらゆっくり歩きます。国土地理院の地図「亀岡」「京都西北部」とコンパス(シルバー3型または相当品)を必ず持って参加して下さい。地図読み初心者歓迎です。ベテランの方の参加も可能ですが、講習会では助手としてお手伝いをお願いします。

【地図】
予定断面図
170902_aketikoe_tizuyomidanmen
予定ルート図
170902_aketikoe_tizuyomi
予定ルート拡大図
前半
170902_1_aketikoe_tizuyomi
後半
170902_2_aketikoe_tizuyomi
GPSの予定ルートデータ
「170902_AketiKoe_TizuYomi.gpx」をダウンロード
地図読み用の地形図
170902map_aketikoe_tizuyomi

平成29年9月9日(土) 中級向き
京都北山「小野谷峠から大見尾根」 
北山の尾根と峠歩き50 定員25名
 7月1日(土)№1133例会のリベンジ
歩行距離:約13.1km 地図:花背、大原

行程:
 出町柳(7:30 集合)7:50=京都バス830円=9:13小野谷口380m―30分―林道終点500m―40分―小野谷峠650m(10:50頃)―30分―P771m―50分―P877m(12:20頃、昼食)―30分―P845m―30分―滝谷山872.6m(14:10頃)―30分―和佐谷峠810m―20分―杉ノ峠830m(15:20頃)―10分―百井尾根入口830m―20分―扶桑尾根分岐800m(16:00頃)―10分―百井峠車道700m―20分―P723m―20分―小P670m―20分―P555m―20分―林道出合440m―20分―扶桑橋300m(18:10頃)18:24=京都バス420円=19:03北大路駅前(解散)

コメント:
 7月1日(土)№1133例会のリベンジです。小野谷峠まで荒れた谷を詰め、峠から曲折した長い登り尾根になります。P877mから先は途中で林道と合流しますが出来るだけ尾根通しで歩きます。滝谷山、和佐谷峠を経て花背電波塔から百井尾根に入り、途中から右折して扶桑橋まで続く4kmの扶桑尾根を下ります。扶桑橋発18:24が最終バスです。

【地図】
予定断面図
170909_onotanitoge_oomionedanmen
予定ルート広域図
1/2
170909k1_onotanitoge_oomione_2
2/2
170909k2_onotanitoge_oomione
予定ルート拡大図
1/3
170909s1_onotanitoge_oomione
2/3
170909s2_onotanitoge_oomione
3/3
170909s3_onotanitoge_oomione
GPSの予定ルートデータ
「170909_OnotaniToge_OomiOne.gpx」をダウンロード

平成29年9月16日(土) 9月23日(土) 一般向き
六甲「芦屋地獄谷からキャッスルウォール」
 初心の山 22 定員25名
歩行距離:約5.5km 地図:西宮、宝塚

行程:
 阪急芦屋川30m(集合9:00)―40分―高座の滝200m―40分―ショウベン滝260m―20分―A懸310m(11:00頃)―30分―ピラーロック380m(12:00頃、昼食)―20分―キャッスルウォール350m(13:30頃)―20分―鷹尾山稜線410m―20分―岩梯子440m―30分―荒地山549m(15:30頃)―40分―芦屋ゲート360m(16:30頃)=阪急バス=芦屋川(17:00頃、解散)

コメント:
 ロックガーデンのバリエーションルート。芦屋地獄谷は短いながら小滝が連続して滝のへつりが楽しめます。A懸は初心者用の岩登りゲレンデとして人気がありますが、岩場の基部をトラバースする練習をします。ピラーロック周辺でロープを使ったアップダウンの練習も出来ればやりたいと思います。キャッスルウォールは岩場の左にあるガリー(岩溝)を登って高尾山からの稜線と合流し、岩梯子から荒地山を経て芦屋ゲートに下ります。

【地図】
予定断面図
170923_ashiyajigokudani_castlewalld
予定ルート図
170923_ashiyajigokudani_castlewall
予定ルート拡大図
前半
170923_1_ashiyajigokudani_castlewal
後半
170923_2_ashiyajigokudani_castlewal
GPSの予定ルートデータ
「170923_AshiyaJigokuDani_CastleWall.gpx」をダウンロード

平成29年10月7日(土) 一般向き
北六甲「丹生山から稚児ヶ墓山」
 初心の山 23 定員25名
歩行距離:約11.4km 地図:淡河、有馬

行程:
 地下鉄三宮駅前(集合8:50)9:10=市バス64系統・神戸北町行440円=9:28箕谷9:41=神戸市バス111系統・衝原行き140円(乗り継ぎ210円割引)=10:00衝原170m(10:10頃)―30分―林道分岐―30分―丹生山515m(11:30頃、昼食)―50分―帝釈山585.9m(13:20頃)―40分―岩谷峠430m―20分―双坂池386m―30分―稚子ヶ墓山596.9m(15:00頃)―10分―火打峠510m―10分―P514m―20分―小P380m―20分―志染道300m(16:20頃)―10分―柏尾台団地270m―10分―階段230m―30分―箕谷バス停(17:10頃、解散)17:16=市バス64系統三宮駅前行き440円=17:40三宮(解散)

コメント:
 7年前に歩いて以来の丹生山系西部縦走。丹生神社の参道は長いので衝原から義経道を登ります。丹生山から帝釈山は判りやすい尾根道ですが、帝釈山から岩谷峠、双坂池までいったん下って再度 稚児ヶ墓山へ登り返します。肘曲りからの志染峠道は石ころ道で歩きにくいので火打峠から藪尾根を下り、柏尾台団地に出ます。三宮から箕谷までは割安な市バスを利用します。Pitapa、Icocaを利用すると乗り継ぎのバスが210円割引になり、580円になります。

【地図】
予定断面図
171007_tanjyosan_tigogahakayamadanm
予定ルート図
171007_tanjyosan_tigogahakayama
予定ルート拡大図
前半
171007_1_tanjyosan_tigogahakayama
後半
171007_2_tanjyosan_tigogahakayama
GPSの予定ルートデータ
「171007_TanjyoSan_TigogahakaYama.gpx」をダウンロード

平成29年10月21日(土) 10月22日(日) 中級向き
京都北山「灰屋から雲取山西尾根」
 北山の尾根と峠歩き 51 定員25名 貸切バス利用 3,300円
歩行距離:約7.6km 地図:上弓削、花背

行程:
 京都駅八条東口(7:40集合)7:40(貸切バス)8:40周山=9:20灰屋420m(9:30頃)―5分―橋400m―60分―鉄塔Ⅰ650m(10:50頃)―15分―鉄塔Ⅱ700m―30分―小P770m左折点(11:50頃、昼食)―20分―小P820m左折点―10分―小P830m(12:30頃)―20分―小P860m―5分―小P870m南尾根分岐(13:50頃)―20分―P899m―10分―小P880m右折点―15分―雲取山911.1m(14:50頃)―15分―展望ピーク910m―5分―雲取峠880m―30分― 一ノ谷分岐760m―10分―寺山峠810m(16:10頃)―30分―花背高原前580m(16:50頃)17:00(貸切バス)18:30京都駅(解散) 所要時間:7時間20分(歩行:6時間00分、休憩昼食:1時間20分)

コメント:
 雲取山は東の寺山峠から、南の芹生からの登山が一般的ですが、西の灰屋から尾根伝いに登ってみます。目立ったピークのない曲折した尾根歩きになりますのでGPSで現在地を確認しながら歩く必要があります。雲取山から寺山峠を経て花背高原へ下山します。路線バスでは朝の集合時間が早くなるのと帰りのバス時刻が遅くなりますので、貸切バスを利用します。路線バス利用の場合は往復で2,700円なので600円程度割高になりますがご了承下さい。

【地図】
予定断面図
171022_haiya_kumotoriyamadanmen
予定ルート図
171022_haiya_kumotoriyama
予定ルート拡大図
前半
171022_1_haiya_kumotoriyama
後半
171022_2_haiya_kumotoriyama
GPSの予定ルートデータ
「171022_Haiya_KumotoriYamaNishiOne.gpx」をダウンロード

【下見山行計画】
9月10月は例会のリベンジもしくはすでに下見完了している例会が多いので下見計画は二件しかありません。

平成29年9月23日(土) 9月17日(日) 地図データは例会と同じ物です。
京都北山「灰屋から雲取山西尾根」の下見
歩行距離:約7.6km 地図:上弓削、花背

行程:
 京都駅烏丸口(6:40集合)6:50(JRバス1,180円)8:11周山8:15(京北ふるさとバス860円)8:52灰屋420m(9:00頃)―5分―橋400m―60分―鉄塔Ⅰ650m(10:20頃)―15分―鉄塔Ⅱ700m―30分―小P770m左折点(11:20頃)―20分―小P820m左折点―10分―小P830m(12:00頃、昼食)―20分―小P860m―5分―小P870m南尾根分岐(13:20頃)―20分―P899m―10分―小P880m右折点―15分―雲取山911.1m(14:20頃)―15分―展望ピーク910m―5分―雲取峠880m―30分― 一ノ谷分岐760m―10分―寺山峠810m(15:40頃)―30分―花背高原前580m(16:20頃)18:00(京都バス660円)19:03北大路駅前(解散)

コメント:
 雲取山は東の寺山峠から、南の芹生からの登山が一般的ですが、西の灰屋から尾根伝いに登ってみます。目立ったピークのない曲折した尾根歩きになりますのでGPSで現在地を確認しながら歩く必要があります。周山からの路線バスの時間が変わったので日曜日は灰屋まで路線バスで入れるようになりました。下山は花背高原を予定していますが、時間が中途半端なら花背峠まで足を延ばして路線バスに乗ります。

【地図】
予定断面図
171022_haiya_kumotoriyamadanmen
予定ルート図
171022_haiya_kumotoriyama
予定ルート拡大図
前半
171022_1_haiya_kumotoriyama
後半
171022_2_haiya_kumotoriyama
GPSの予定ルートデータ
「171022_Haiya_KumotoriYamaNishiOne.gpx」をダウンロード

平成29年10月14日(土)
京都北山「魚谷山南尾根から二ノ瀬ユリ道」の下見
/例会は11月18日(土)を予定
歩行距離:約13.0km 地図:周山、大原

行程:
 北大路駅前(集合8:30)8:40(もくもくバス\500)9:04出合橋(9:10頃)―30分―魚谷南尾根取付347m―50分―区境界570m(10:50頃)―50分―左折点750m―10分―P764m右折(12:00頃、昼食)―40分―魚谷山816.2mⅢ(13:30頃)―10分―柳谷峠770m―20分―今西錦司レリーフ640m―10分―豆ノ木谷出合630m―30分―滝谷峠682m(15:00頃)―40分―貴船山P716m―10分―貴船山三角点699.6m(16:00頃)―5分―樋ノ水峠670m―20分―尾根ルート分岐560m―20分―大岩分岐450m―45分―叡電二ノ瀬駅180m(17:40頃、解散)

コメント:
 紅葉の時期に合わせて魚谷山南尾根を歩きたいと思います。もくもくバス利用で立案しましたが、林道歩き30分の短縮、日没が早いことを考えると北大路集合を8時00分頃にして直接 南尾根取付までタクシー(4000円位)を利用するのが得策かも知れません。後半は細ヶ谷を経て滝谷峠に出ますが、時間的には貴船へ降りる方が早いので状況を見てユリ道を割愛します。
 例会はもくもくバスでは人数が限られるので、北大路からタクシー8台程度で入ります。

【地図】
予定断面図
171014_iotaniyamaminamione_ninoseyu
予定ルート図
171014_iotaniyamaminamione_ninose_2
予定ルート拡大図
前半
171014_1_iotaniyamaminamione_ninose
後半
171014_2_iotaniyamaminamione_ninose
GPSの予定ルートデータ
「171014_IotaniYamaMinamiOne_NinoseYuriMiti.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 13, 2017 at 03:09 午後 | | コメント (0)

2017.07.12

170712 京都北山トレッキングマップ2017

170712 京都北山トレッキングマップ2017 北山トレッキングマップはA版全紙の裏表に京都北山のほぼ全域を収めた25000分の1地形図です。
 手元にあるのは2015年版ですが、今回ジュンク堂に取り寄せ依頼して昨日入手したのは2017年版。
 詳細な比較はまだしていませんが、例えば、廃村八丁のダンノ峠から菅原バス停まで旧版では下り1:30、登り1:40となっていて、OONさんからそんなに時間はかからない、と疑問を投げかけられて、気になっていました。
 2017年版を入手して最初にこの部分を確認したら、下り1:00、登り1:10と改訂されています。
 そのような目で両方を見比べて見ると、点線道の記載が増えたり、送電線の鉄塔位置も追記されていて、大幅な改訂だと納得出来ました。
 今回ジュンク堂で購入したのは8部ですでに5部は予約済みなので、更に購入希望者が出そうです。
 7月15日(土)の例会で当日購入希望の方には3部まではお渡しできますが、追加申込が出そうですから、注文だけお伺いして郵送なりでお渡しすることにします。

Posted on 7月 12, 2017 at 02:51 午後 | | コメント (0)

2017.07.11

170711 三ノ宮・うを勢

170711 三ノ宮・うを勢 また三ノ宮に用事があって昼前に出掛けました。
 日差しが強くなって32℃ありますが、風が通り抜けるので意外に爽やかです。
 今日は火曜日だからか人出は少な目です。

Posted on 7月 11, 2017 at 11:13 午後 | | コメント (0)

2017.07.10

170710 チキンカレー

チキンカレーチキンカレー 出来ました!

 TVのコマーシャルではありませんが、日本人だからでしょうか、時々無性にカレーを食べたくなります。
 何故か汗をかくほど暑くなるシーズンの方がカレーが美味しいですね。

 カレーを作りながら、ふっと考えたのは、レシピがあると、作る方は食材を買いそろえて、あとは書いてある通り作るだけなので、山登りへ行く時に適切な装備と、体力、あとは丁寧なガイドブックがあれば、山はそれ程敷居は高くありません。
 と、ここまで書いて気付いたのは、山歩きにはあと一つ、気候と天候という大きな不確定要素があります。
 いくら装備、体力、ガイドブックがあっても気候の変化、天候の変化に臨機応変に対応できなければ、遭難や死に繋がります。
 やっぱり山歩きは難しいです。

 もちろん、料理は奥深いし、作り手によって、食材によって、味が異なりますが、商売でない限り自分やカミさんが食べる料理ですから、失敗しても笑って済ませられるだけ気持ちは楽です。
 でも毎日メニューを考えて違う料理を作る主婦の皆さんは大変ですね。
 ご苦労様です。

 きよもりの場合は、本当に気が向いて作るわけですから、申し訳ないようなものです。
 隣の阪急オアシスでスパイスということ以外、どんな物かも知らないで「クミンパウダー」とか「ローリエ」を買ってきて、チャッチャと作れるのですからレシピ様々です。

 市販のカレールゥ de 絶品チキンカレー

Posted on 7月 10, 2017 at 05:06 午後 | | コメント (0)

2017.07.09

170709 山行記録:7/8 裏六甲「逢山峡・沢歩きと水無滝」 8/5 関西ハイク山友会№1152例会の下見

170708_hozankyo_mizunashitaki_17170708_hozankyo_mizunashitaki_41

 前日まで降水確率が高くて心配しましたが、天気が回復して、日差しが強くなる中を東山橋で、沢靴やわらじに履き替えて逢山峡の遡行を始めました。
 昨年と比べてかなり水量が多く、登山靴では渡れない徒渉もあり沢靴が快適でした。
 沢通しに歩き、途中一度だけ堰堤を巻いて、鍋谷ノ滝に寄り道してから再度堰堤を巻いて谷へ降りると今日の目玉、ゴルジュに到着。
 ゴルジュは予想通り水かさが多く3m位ありそうですから、とてもへつりの取付まで行けませんでしたが、若い軽装の沢屋さんが二人、挑戦しておられるのを見物して楽しみました。
 このゴルジュは更に上に滝が続いていて3m+8m+3mの三段の滝(行者滝)になっており、最下段の3mがゴルジュに落ち込んでいるそうですから、例会本番では出来れば中段の滝下へも行ってみます。
 午後から水無滝を目指しましたが、仏谷の谷沿いルートで最後の分岐を間違えて高尾山の登山道まで追い上げられてしまいました。
 大きな山腹の崩壊を沢の本流と勘違いして右寄りにルートをとったためですが、沢の分岐点では方向確認しなければいけないという原則を忘れたミスで、反省します。
 水無滝はこれまでよりは水量がありましたが、名前の通りほとんど途中で飛沫になってしまうほどの水量なのが残念です。
 でも、滝の両岸は覆い被さるような岩壁で迫力があります。
 水無川は谷筋は倒木が多くて歩けないので左岸沿いに下り、堰堤辺りからようやく踏み跡がはっきりしたので歩き易くなります。
 仏谷で迷ったこともありますが、午後からの行程は4時間20分もかかってしまいました。
 計画では2時間20分程度とみていましたが、仏谷の谷道や水無川の下降に予想以上時間がかかりそうですから例会では4時間程度として組み直す必要があります。
 下見に同行していただいた皆さん、有り難うございました。
 下山時間が遅くなり申し訳ありませんでした。

【山行記録】
六甲「逢山峡・沢歩きから水無滝」 8/5関西ハイク山友会№1152の下見

日 時:平成29年7月8日(土) 9:04~17:51

参加者:6名/HMMさん、KNKさん、HIMさん、NKZさん、JNKさん、きよもり

行き先:六甲「逢山峡から水無滝」

コース:神鉄・唐櫃台駅―東山橋―逢山峡谷遡行―鍋谷ノ滝―ゴルジュ―猪ノ鼻滝(遡行終了)―河原(昼食)―仏谷峠―水無滝―車道―高速下―神鉄・有馬口駅(17:51、解散)

レベル:一般向き (今回は沢靴かわらじが必携)

地 図:国土地理院25000分の一「有馬」、昭文社「六甲・摩耶」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約8.4km、所要時間:8時間47分(歩行時間:5時間01分、休憩・昼食:3時間46分)、天候:晴時々曇、気温:32℃→25℃→26℃
 神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m9:04―高速下360m9:22―東山橋360m(遡行準備、32℃)9:28~52―沢遡行―堰堤・不動明王390m10:30~43―鍋谷ノ滝分岐400m11:04~09―鍋谷ノ滝420m11:15~18―鍋谷ノ滝分岐400m11:22―車道ゴルジュ分岐11:30―ゴルジュ410m11:35~46―車道(遡行終了)420m11:50―猪ノ鼻滝440m11:55―広河原460m12:03(昼食)13:37―仏谷上流(迷点)570m14:13―支尾根上部640m14:33~46―仏谷峠610m14:53~15:05―水無峠・鬼ヶ島分岐610m15:16―水無滝分岐490m15:31~40―水無滝510m15:51~57―水無滝分岐490m(25℃)16:03~16―水無川・荒れ谷下降―堰堤Ⅰ(左階段)460m16:35―堰堤Ⅱ下430m16:40~50―堰堤Ⅲ(右階段)400m17:07―車道340m(26℃)17:21~34―高速下310m17:39―神鉄・有馬口駅290m17:51(解散)

計画行程:約7.9km、所要時間:6時間10分(歩行時間:3時間50分、休憩・昼食:2時間20分)
 神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m―25分―高速下360m―10分―東山橋360m(9:45頃、遡行準備10:00出発)―20分―堰堤390m―20分―鍋谷ノ滝420m(11:00頃)―20分―ゴルジュ430m―10分―猪ノ鼻滝450m(遡行終了)―10分―広河原460m(昼食、12:00頃)―40分―仏谷峠610m―10分―鬼ヶ島分岐610m―10分―水無滝510m(14:00頃)―30分―車道340m―10分―高速下310m―15分―神鉄・有馬口駅290m(15:10頃、解散)

装 備:沢靴またはわらじ+地下足袋、昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)
 
会 費:無し/交通費は各自払い

170708_hozankyo_mizunashitaki_39 【写真】 170708 逢山峡から水無滝・下見

 Googleフォトの写真アルバムです。
 写真は位置情報付きで50枚あります。

 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。

 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
170708t_hozankyo_mizunashitakidanme
歩行ルート図
170708t_hozankyo_mizunashitaki
歩行ルート拡大図
前半
170708t1_hozankyo_mizunashitaki
後半
170708t2_hozankyo_mizunashitaki
GPSの歩行軌跡データ
「170708T_HozanKyo_MizunashiTaki.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 9, 2017 at 11:29 午後 | | コメント (0)

2017.07.08

170708 逢山峡から水無滝の下見完了

170708_hozankyo_gorge_01170708_hozankyo_gorge_02170708_hozankyo_gorge_03

 昨日の午前中までの予報では降水確率が60%でしたが、夕方になって30%まで下がったので、安心して出掛けました。
 東山橋から沢に降りて、沢靴に履き替えましたが、地下足袋・わらじの方が一人おられて、わらじの付け方をお教えしましたが、学生時代に大峰・台高の谷を歩いていた頃を思い出されて懐かしかったです。
 やっぱり地下足袋・わらじはカッコいいですね。

 昨年は水量が少なくて沢の中をどんどん歩けましたが、今年は前日までの雨のせいでかなり水量が多く、本流を徒渉する時には躊躇する場面が何度もありました。
 お目当てだったゴルジュも目の前まで行きましたが、水深が3mもあって泳いでいかないと側壁のへつり取付まで行けませんから、単独で挑戦する若い谷やさんを見物させていただきました。

 午後から仏谷を峠へ登る途中でルートを間違えて一汗かきましたが、何とか水無滝を見上げて荒れた谷の左岸を巻きながら有馬口を目指しました。

Dsc_4688
 水無滝分岐辺りでスマホの忘れ物を拾いました。
 帰宅後充電してメールアドレスが判明したのでご本人に連絡したら、返信があったので無事お渡しできそうでよかったです。
 偶然ですが同じ東灘区にお住まいの方のようです。

Posted on 7月 8, 2017 at 09:41 午後 | | コメント (2)

2017.07.07

170707 昼食は藁焼きカツオのたたき

Dsc_4682Dsc_4683 今日は昼前に湊川まで出掛けたので、帰りに三宮で降りてまた「土佐清水ワールド」藁焼きカツオのたたきを食べました。
 前回は10切れもあって食べきれないほどだったので今日は8切れにしましたが、それども一口では食べきれないほどの厚切りですからお腹いっぱいになります。
 昼時なので近くの勤め人の客がほとんどですが、意外に女性客が多いようです。
 夜は魚をアテに呑めるようですから繁盛しています。


Posted on 7月 7, 2017 at 11:27 午後 | | コメント (0)

2017.07.06

170706 山行計画:7/15 京都北山「皆子山・南尾根から東尾根」 関西ハイク山友会№1140例会

170617_minakoyama_minamione_higashi170617_minakoyama_minamione_higas_2

 皆子山の登山ルートは10年位前には、北面の足尾谷からツボクリ谷を源流まで遡行するルートがメインで、山頂からは南面の皆子谷や寺谷を下っていました。
 谷歩きなので雨上がりにはヒルが多くて閉口した記憶があります。
 2014年9月の台風18号による増水でいずれの谷も壊滅的な打撃を受け、橋が流され、倒木が谷を埋め、一般登山道とは言えなくなっています。
 現在は平・正教院の横から尾根通しで山頂に至る東尾根ルートが一般向きの登山ルートとして整備されています。
 きよもりの例会では、多人数での谷歩きは時間がかかるので敬遠し、過去二度の例会ではいずれも尾根ルートを歩きました。
 2013年9月8日 №341「皆子山南尾根(県境尾根)
 2015年4月12日 №658「前坂峠から皆子山西尾根、東尾根
 今回歩く皆子山南尾根は2013年9月の例会で登った県境尾根ではなく、皆子山から西に延びる西尾根の中間から南に分岐する尾根です。
 紛らわしいので2015年の尾根は県境尾根、今回の尾根を南尾根と呼称していますが、西・南尾根という呼称が一番相応しいかも知れません。その場合さしずめ前坂峠からの西尾根は西・北尾根と呼称すれば判りやすいでしょう。

 ヒノコからの取付は北山修道院の横から直接尾根に入るルートは多人数で私有地を抜けるのははばかられますので、ヒノコ大見分岐から大見川沿いに300m北上した大見川に架かる橋の横から取っ付きます。
 植林のはっきりした作業道をジグザグに登って支尾根に乗り、二度ほど短い急登を登り切ると北山修道院から北上する主稜線と合流します(小P840m)。
 主稜線は小さなアップダウンを繰り返しますが、明るい広葉樹林の広尾根で踏み跡もはっきりして非常に歩き易い行程で、1時間程度で西尾根との合流点に到着します。
 時間が早ければ昼食前に更に足を延ばして皆子山971.5mⅢまで曲折した尾根を歩きますが、この尾根は寺谷の源流地帯ですがなだらかな草付きの谷間になっていて心が洗われるようです。

 皆子山山頂からは比良の武奈ヶ岳や蓬莱山が一望でき、北には峰床山や桑谷山の双耳峰も間近に見えますから、ゆっくり時間を取ります。
 午後は一般ルートの東尾根を下りますが、下り口からは比良南端の霊仙山、琵琶湖の三上山や比叡山も見えますが、平までは後半は急尾根を下降しますので最後まで気を抜かないようゆっくり下りたいと思います。

【山行計画】
京都北山「皆子山・南尾根から東尾根」 関西ハイク山友会 №1140例会 初心の山 20

日 時:7月15日(土) 9:20~15:30

集 合:叡山電鉄・鞍馬駅 8時40分
 ※ 鞍馬駅からタクシーに乗りますので叡電・鞍馬駅に集合します。
 【参考】 叡山電鉄・出町柳~鞍馬/所要時間30分 420円
  出町柳 7:30=叡山電鉄叡山本線・鞍馬行=8:00 鞍馬
  出町柳 7:45=叡山電鉄叡山本線・鞍馬行=8:15 鞍馬
  出町柳 8:00=叡山電鉄叡山本線・鞍馬行=8:30 鞍馬
  出町柳 8:15=叡山電鉄叡山本線・鞍馬行=8:45 鞍馬

 【雨天の場合】
 前日、7月14日(金) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前7月14日(金) 17時発表の予報)

参加予定者:36名/7/6現在
 叡電・鞍馬駅からタクシー9台に4名ずつ分乗してヒノコまで入ります。

行き先:京都北山「皆子山・南尾根から東尾根」

コース:叡電鞍馬駅(8:40集合)=タクシー9台分乗1台3500円位=ヒノコ―支尾根上―小P840m―P889m―小P930m―西尾根合流(昼食)―P926m―皆子山971.5m―P941m―P837m―急坂上720m―正教院―平バス停15:59=江若バス\760=16:30堅田(解散)

レベル:中級向き (取付から280mの尾根登りを過ぎればあとはなだらかな広尾根。ショートコース)

地 図:国土地理院25000分の一「花背」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」
 ※ 北山分水嶺クラブ=「北山トレッキングマップ」を購入希望の方はリーダーまでメールでご依頼ください。
 当日には間に合いませんが、取り寄せて送付申し上げます。(前払い800円)

 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約7.2km、所要時間:6時間10分(歩行時間:4時間30分、休憩・昼食:1時間40分)
 叡電鞍馬駅(8:40集合)=タクシー3,500円=ヒノコ(9:10頃)
 ヒノコ560m(9:20頃)―5分―取付・「モモイ248」電柱560m―15分―支尾根上640m―20分―急登上710m(10:10頃)―25分―小840m―20分―P889m(11:00頃)―15分―小P930m―10分―西尾根合流920m(11:30頃、昼食)―10分―P926m―10分―右折迷点910m―30分―皆子山971.5m(13:10頃)―30分―P941m―20分―P837m(14:10頃)―20分―急坂上720m―30分―正教院460m―10分―平バス停460m(15:30頃)
 平バス停15:59=江若バス\760=16:30堅田(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック

会 費:1,700円/参加費200円+交通費1,500円(タクシー代・割り勘870円位+江若バス760円/昼間回数券購入630円位)
 タクシー代にはタクシー待機駐車料500円を含みます。タクシーメーターは3,000円くらいです。

【地図】
予定断面図
170715_minakoyama_minamione_higashi
予定ルート図
170715_minakoyama_minamione_higas_2
予定ルート拡大図
前半
170715_1_minakoyama_minamione_higas
後半
170715_2_minakoyama_minamione_higas
GPSの予定ルートデータ
「170715_MinakoYama_MinamiOne_HigashiOne.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 6, 2017 at 10:40 午前 | | コメント (0)

2017.07.05

170705 山行計画:7/8 六甲「逢山峡・沢歩きから水無滝」 8/5関西ハイク山友会№1152の下見

160903_hozankyo_furuderayama_017001008_hozankyo_01001008_hozankyo_02

 昨年9月の例会で歩いた逢山峡ですが、意外?に好評だったので今年も沢歩きを楽しみたいと思います。
 【参考】 16/9/3 六甲「逢山峡から古寺山」 関西ハイク山友会 №951例会

 昨年は時間の都合もあって、鍋谷ノ滝から車道にあがりましたが、今回は堰堤上から再度谷へ降りて、ゴルジュと猪ノ鼻滝の河原へ行ってみます。
 ゴルジュは深さは腰辺りまでですが、出口に大きなチェックストーンがあって上がれません。
 左の側壁に登れば何とかなりそうですが、写真は17年も前のものですから、今回の下見で状況を確認しないと何とも言えません。
 猪ノ鼻滝はきれいな滑滝ですからその気になれば滝横を登れそうですが、眺めるだけで満足することになりそうです。

 逢山峡は神鉄・唐櫃台駅から手軽に入れる沢として人気があります。
 鍋谷ノ滝と猪ノ鼻滝以外は大きな滝はなく、小滝が連続しますがいずれも沢靴かわらじなら簡単に直登できます。
 谷は広くて明るく、すぐ横を一般車両が通らない車道が並行するので遡行するにしても巻くにしても臨機応変に対応できますから、沢歩きの初心者でも気軽に挑戦できます。
 途中数ヶ所で堰堤を巻く必要がありますが、その点を割り引いても夏の沢遊びとしてはお奨めです。
 午後は仏谷を源流まで詰めて仏峠を越え、水無谷を神鉄・有馬口へ下山します。
 水無滝は水量が少なく残念ですが、上部がハングした直滝で迫力があります。
 時間によりますが、唐櫃台で途中下車して「からとの湯」で汗を流して帰りたいと思います。

【山行計画】
六甲「逢山峡・沢歩きから水無滝」 8/5関西ハイク山友会№1152の下見

日 時:平成29年7月8日(土) 9:00~15:10

集 合:神戸電鉄有馬線・唐櫃台駅 改札口 午前9時
 【参考】 京阪神から唐櫃台(カラトダイ)への時刻表
 京都7:14⇒JR新快速⇒8:07三ノ宮―地下鉄三宮8:17⇒地下鉄⇒8:28谷上8:35⇒神鉄有馬線・三田行⇒8:44唐櫃台
 【雨天の場合】
 下見なので雨天決行です。

参加予定者:6名/7/6現在
 HMMさん、KNKさん、HIMさん、NKZさん、JNKさん、きよもり

行き先:六甲「逢山峡から水無滝」

コース:神鉄・唐櫃台駅―東山橋―逢山峡谷遡行―鍋谷ノ滝―ゴルジュ―猪ノ鼻滝(遡行終了)―河原(昼食)―仏谷峠―水無滝―車道―高速下―神鉄・有馬口駅(15:10頃、解散)

レベル:一般向き (今回は沢靴かわらじが必携)

地 図:国土地理院25000分の一「有馬」、昭文社「六甲・摩耶」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約7.9km、所要時間:6時間10分(歩行時間:3時間50分、休憩・昼食:2時間20分)
 神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m―25分―高速下360m―10分―東山橋360m(9:45頃、遡行準備10:00出発)―20分―堰堤390m―20分―鍋谷ノ滝420m(11:00頃)―20分―ゴルジュ430m―10分―猪ノ鼻滝450m(遡行終了)―10分―広河原460m(昼食、12:00頃)―40分―仏谷峠610m―10分―鬼ヶ島分岐610m―10分―水無滝510m(14:00頃)―30分―車道340m―10分―高速下310m―15分―神鉄・有馬口駅290m(15:10頃、解散)

装 備:沢靴またはわらじ+地下足袋、昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)
 
会 費:無し/交通費は各自払い

【地図】
予定断面図
170708_hozankyo_mizunashitakidanmen
予定ルート図
170708_hozankyo_mizunashitaki
予定ルート拡大図
前半
170708_1_hozankyo_mizunashitaki
後半
170708_2_hozankyo_mizunashitaki
GPSの予定ルートデータ
「170708_HozanKyo_MizunashiTaki.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 5, 2017 at 03:48 午後 | | コメント (0)

2017.07.04

170704 @niftyもJ:COMもサイバー攻撃?

170704 @niftyもJ:COMもサイバー攻撃?170704 @niftyもJ:COMもサイバー攻撃? スマホでも@niftyに繋がらないので、Wi-Fiを切って4G接続にすると@niftyにもJ:COMにも繋がりました。
 J:COMの【緊急のお知らせ】が読めたので原因がDDoS攻撃による急激なアクセス増加による、とのことです。
 原因には納得出来ましたが、@niftyもほぼ同時に同じような障害が発生していますから、@niftyもDDoS攻撃による急激なアクセス増加が原因かも知れません。
 この状況では、当分復旧は難しいようです。
 このような多重攻撃が更に拡散しなければよいのですが、心配です。

ダウンディテクターの@niftyへのコメント引用】
ふみ • 10時間前 のコメント
> 我が家もJCOMですが、つながりません。
> スマホでWifiを切って4Gで試すとつながります。
> やはりJCOMが何か関係しているようです。

こちらもふみさんと 同じ状態であることを確認しました。
別のノートパソコンで無線LAN(フォン MyPlace)でもつながらないので、J:COMのエラーとは関係無いのかも知れません。
スマホでWi-Fiを切って4Gにしたら@niftyにつながりました。

スマホからJ:COMの【緊急のお知らせ】を開けたので読むと
【関西エリア全域/熊本局】インターネットサービス不安定のお知らせ

DDoS攻撃と思われるアクセス増加によって弊社DNSサーバーに負荷がかかった為、インターネットサービスが不安定な状況が発生しております。
また障害発生したころより、弊社カスタマーセンターへお問い合わせを多数頂戴しており、お電話が繋がりにくい状況となっております。

・発生日時
2017年07月03日(月) 11時50分
・対象エリア
関西エリア全域・熊本局
・対象サービス
J:COM NET

◆ 平成29年7月4日(火) 9時45分に復旧しました。
  よかったです!

DDoS攻撃

フラッド型のDoS攻撃には、大量のマシンから1つのサービスに、一斉にDoS攻撃を仕掛けるDDoS攻撃(ディードスこうげき、分散型サービス妨害攻撃、英: Distributed Denial of Service attack)という類型がある。

DDoS攻撃の類型は2つあり、第一のものは攻撃者が大量のマシン(踏み台)を不正に乗っ取った上で、それらのマシンから一斉にDoS攻撃をしかける協調分散型DoS攻撃である。

第二の類型は、DRDoS攻撃(Distributed Reflective Denial of Service attack。DoSリフレクション攻撃、分散反射型DoS攻撃)と呼ばれる。
DRDoS攻撃では、攻撃者が攻撃対象のマシンになりすまして大量のマシンに何らかのリクエストを一斉に送信する。するとリクエストを受け取ったマシン達は攻撃対象のマシンに向かって一斉に返答を返すことになるので、攻撃対象のマシンには大量の返答が集中し、高負荷がかかることになる。
DRDoS攻撃は協調分散型DDoS攻撃と異なりマルウェアなどで踏み台を乗っ取らなくても実行可能なため攻撃が発覚しづらい。

主なDRDoS攻撃として、Domain Name Systemを利用したDNSアンプ攻撃(DNS amplification attacks。DNS amp攻撃、DNSリフレクター攻撃、DNSリフレクション攻撃とも)や ICMP echo を利用したSmurf攻撃などがある。

Posted on 7月 4, 2017 at 09:20 午前 | | コメント (0)

170704 6/17 京都北山 「皆子山南尾根から東尾根」のGoogleフォト

ココログのサーバーがエラーで開けません。
自宅のネットサーバー、J:COMも接続エラーです。
どちらか一方がエラーなのか、両方共にエラーなのか、解りませんが、スマホからの更新は出来るので、遅ればせながら6/17の下見の写真をアップします。

https://goo.gl/photos/vmp8cZav985G6R1r7

Posted on 7月 4, 2017 at 05:58 午前 | | コメント (0)

2017.07.03

170703 サーバーエラーはJ:COMが原因

170703 サーバーエラーはJ:COMが原因 昼頃から@niftyに接続出来ませんが、ダウンディテクターでエラーが発生しているエリアが関西に集中しているので、ひょっとしたらと考えて、J:COMのサーバーに接続しようとしたら、J:COMのホームページも接続エラーになります。
 MyJ:COMには、障害報告があがっていますが、パソコンからではこのメッセージは見られませんから、何のための障害報告かわかりません。

Posted on 7月 3, 2017 at 08:05 午後 | | コメント (0)

170703 @nifty 障害

170703 @nifty 障害 今日は昼頃から@niftyのサーバーがダウンしています。
 17:50現在も接続出来ません。
 状況確認もサーバーに繋がらないとできませんが、ダウンディテクター
というサービスで確認すると、昼頃から障害が発生して現在も復旧していないことが判ります。
少なくとも、ユーザー側の問題では無いことが判りましたから、復旧を待つしかありません。

Posted on 7月 3, 2017 at 06:00 午後 | | コメント (0)

2017.07.02

170702 梅雨明け?

170702 梅雨明け?170702 梅雨明け? 今朝の天気図を見ると梅雨前線は日本海まで上がり、太平洋の高気圧が北上しています。
 この気圧配置になると夏型ですから、梅雨明け宣言がそろそろ出ると思います。
 ベランダの温度計も朝9時でも28℃を超えていますから、今日は35℃近くまで上昇する気配です。

Posted on 7月 2, 2017 at 09:48 午前 | | コメント (0)

2017.07.01

170701 三ノ宮

170701 三ノ宮170701 三ノ宮  予想通り、9時頃には雨は上がって日差しが眩しくなり残念ですが、雨天中止のルールに沿った中止だから仕方ありません。
 例会が雨天中止になったので久し振りに三ノ宮に出て、ステーキランドで神戸肉を食べました。
 週末なので外人客は少ないかと思ったら大間違い、11時の開店前からたくさん並んでいるのはほとんど外人観光客で、カウンター席は満員でした。
 客足が更に増えたせいか、調理スタッフも若いメンバーが激増して、ミディアム指定にもかかわらず、中まで火が通っていないどころか冷たい赤身ステーキを食べさせられました。
 ステーキランドもレベルが下がってしまい残念です。

 帰宅後、夕御飯は玉ねぎを炒めたカレーライスを作りました。
 肉が続きましたが、カレーはカレーで結構美味しいです。
 30分位で手軽に作れるから簡単です。

Posted on 7月 1, 2017 at 11:27 午後 | | コメント (0)