« 170621 巻き取りリール | トップページ | 170623 山行計画:8/9~8/13 北アルプス「雲ノ平から槍ヶ岳」 長女の夏山縦走に同行 »

2017.06.22

170622 井村屋あずきバーかき氷器

170622_imuraya_azukibar 井村屋のあずきバーは夏の定番です。
 アイスキャンデーやアイスクリームはこの季節になると数十種類もコンビニやスーパーに並びますが、家では常に井村屋のアイスバーを切らすことがありません。
 きよもりは歯が丈夫なので、固いまま歯を立ててカリカリかじりますが、JNKさんはゆっくり溶かしながら時間をかけてゆっくり食べます。
 ほどよい甘さとアズキの舌触りが格別で飽きが来ません。
 そのように愛用しているあずきバーについて、今日の日経トレンディーに「井村屋あずきバーかき氷器」が紹介されていました。
 トミカやリカちゃんなどちょっと目先の異なるおもちゃが得意なタカラトミーの発売ですから、それなりにこだわりがあって、記事を読んでみると、何となく試してみたくなります。
 でも、部品が多くて洗ったりするのが面倒そうで、買ってもすぐ飽きそうですね。

【引用】 日経トレンディー   

「あずきバー」を削ったら違うデザートになった!?
井村屋あずきバーかき氷器を実験 
2017年06月22日

タカラトミーアーツ「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」(2800円)

 タカラトミーアーツが、井村屋の「あずきバー」をかき氷にしてしまう「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」を2017年6月29日に発売する。これが発表されたとき、多くの人が「それは欲しい」「うまいところに目をつけた」と好意的な反応を示した。これは、すぐに反応するくらいに井村屋の「あずきバー」が固くてもう少しラクに食べたいと思っている人が多いということなのだろう。

 井村屋のあずきバーは、たっぷりのあずきと砂糖、コーンスターチ、塩、水あめだけを固めて凍らせてある。柔らかくなる要素がないので、カチカチになるのは当たり前だ。

 固いためになかなか食べられないことがあずきバーの特徴でもあるが、もどかしくもある。固いと感じていた人は多く、「硬度を調べたらすごく固いことが分かった」というニュースまで登場することもあったほどだ。だからこそ、その頑固なあずきバーを「削ってふわふわにして食べられる」ことは魅力になる。さらに、あの固いものを削る機器であるという技術的な興味もそそる。これまでも納豆を練るための「魯山人納豆鉢」や、スフレのようなオムレツが作れる「ふわしゅわびっくり!レッツ!オムレッツ!」、ふわふわのフローズンデザートが作れる「ツメタオイチーノ」など、数々のクッキングトイを開発してきたタカラトミーアーツへの期待もあったのだろう。

 今年の東京おもちゃショーで、タカラトミーアーツのブースには、「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」の数々の失敗作が並べられていた。これらはパッケージにも印刷されていて、ウェブサイトでも紹介され、開発が難航したことを力強く物語っている。実際にスティックタイプのアイスバーを固定して削る機器というのは、あずきバーでなくても難しそうだ。


 以下省略

Posted on 6月 22, 2017 at 01:06 午後 |

コメント

コメントを書く