« 170603 今日は快晴 | トップページ | 170605 ミルクちゃん元気 »

2017.06.04

170604 山行記録:6/3 六甲「油コブシから坊主山」 関西ハイク山友会№1116例会

170603_aburakobushi_bozuyama_021170603_aburakobushi_bozuyama_023

 6月に入ってもあまり暑くならず、今回も爽やかな快晴に恵まれました。
 少しずつ参加申込が増え、初参加の方2名を含め27名の盛況になりました。
 また5月21日(日)の下見に参加していただいた方(L含む) 9名中7名が例会にも参加していただけたので、地図読みの勉強会でも積極的にサポートしていただいて大変助かりました。
 参加者が多くなったので勉強会ではマイクとスピーカーを使いましたが、肝心の勉強会で使おうとしたら磁石の針がスピーカーの電磁コイルに反応して磁石が全く使い物にならなかったのは計算外でした。
 ちなみに翌日またネットで探してワイヤレスのマイク&スピーカーを購入しましたので、次回は問題ありません。

 住吉駅前から渦森台300mまでバスを利用したので今回は渦森台公園から油コブシ道まで300mの寒天山道を登り切るとあとはほとんど下りの楽な行程です。
 三つ葉躑躅など色鮮やかな春の花がほとんど終わりましたが、ガマズミやイボタノキなど白一色の花序(小さな花の集合)が日差しを浴びて輝いていました。
 寒天山道は後半のジグザグの急登を登り切ったらすぐに合流点で、油コブシ625.5m三角点には11時過ぎに到着しましたが、展望台でゆっくり昼食をとりました。
 展望台からは少し木立が邪魔をしますが、神戸の市街地や神戸空港、遠く淡路島や紀淡海峡の友ヶ島など、奥行きのある展望を楽しみました。
 高羽道を東に辿って、坊主山に登り返し、変電所上の車道までほとんど登山者が歩かないルートを下って来たところで、オオスズメバチに遭遇して肝を冷やしましたが、まだそれ程数は飛んでいなかったので被害はありませんでした。
 車道の途中からきよもりの山歩道である新田川沿いに大仏橋、頌栄短大、御影霊園、大林邸と下って、阪急御影駅に到着したらまだ14時過ぎでした。
 御影駅でいったん解散して、有志のみで餃子の美味しい御影「王将」直行組と「六甲おとめ塚温泉」経由「王将」組とに分かれそれぞれの方向に向かいました。
 参加していただいた皆さん、地図読み勉強会のサポートをしていただいた皆さん、有り難うございました。
 お疲れ様でした。

 今回は歩行距離が6.4kmしかなく時間に余裕があったので9月2日(土)にリベンジを予定している川上先生の地図読みハイクの予習を行いました。
 普段はリーダーが計画した行程を付いて歩くだけで、なかなか自分で進行方向をチェックしたり、遠くに見える山の名前を調べたりする機会がありませんが、地図とシルバコンパスを使う習慣がつけば、新たな山歩きの楽しみが増えるのは間違いありません。
 きよもり自身もGPSを頼って最近は滅多に地図を広げることもありませんでしたが、Step1~Step4の地形図とシルバコンパスの利用方法を改めて理解できてよかったです。
 次の機会にはもっと展望がよいコースを選びたいと思います。
 
【山行記録】
 六甲「油コブシから坊主山」 関西ハイク山友会 №1116例会 初心の山 19

 
日 時:6月3日(土) 9:09~14:21

参加者:27名

レベル:一般向き (寒天山道は300mの登り。油コブシの下りは急なので要注意)

コース:JR住吉駅(集合8:30)・市バス住吉駅前8:44=市バス38系統=9:06渦森台―寒天山道―油コブシ625.5m―高羽道―坊主山376m―変電所上―頌栄(ショウエイ)短大―阪急御影(解散 14時21分)

地図:2万5千=「神戸首部」 昭文社=「六甲・摩耶」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程: 約6.4km 所要時間5時間12分(歩行時間:2時間49分、講習・休憩・昼食:2時間23分)、天候:快晴、気温:25℃→22℃→26℃
 JR住吉駅(8:30集合)・・・バス停住吉駅前8:44=市バス38系統=9:06渦森台
 渦森台300m9:09―渦森台公園340m(地図読みStep1、Step2の勉強30分)9:17~55―寒天山道中間470m10:15~18―寒天山道・油コブシ合流点640m10:49~11:02―油コブシ625.5m(25℃)11:07~12―油コブシ展望台590m(昼食、地図読みStep3、Step4の勉強25分)11:17~12:16―油コブシ下・六甲ケーブル分岐440m12:35―高羽道分岐450m(22℃)12:44~58―坊主山分岐350m13:14―坊主山376m13:19―坊主山下340m13:24~28―変電所上車道・坊主山登山口230m(26℃)13:42~49―大仏橋150m14:02―頌栄短大80m14:12―阪急御影50m14:21(解散)
 有志のみ:御影「王将」で打ち上げ 10名、「六甲おとめ塚温泉入浴後・御影「王将」で打ち上げ 9名

計画行程:約6.5km 所要時間6時間00分(歩行時間:3時間20分、講習・休憩・昼食:2時間40分)  JR住吉駅(8:30集合)・・・バス停住吉駅前8:57=市バス38系統=9:17渦森台  渦森台300m(9:20頃)―10分―渦森台公園340m(地図読み勉強20分、9:40頃発)―60分―寒天山道640m―10分―油コブシ625.5m(11:00頃、昼食)―10分―展望台590m(地図読み勉強30分、12:30まで)―20分―油コブシ分岐440m―10分―高羽道分岐440m―20分―坊主山376m(13:40頃)―15分―車道・坊主山登山口230m―15分―大仏橋150m―15分―頌栄短大80m―15分―阪急御影50m(解散 15時20分頃)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、ストック、日除け帽子または日傘
  国土地理院・2万5千分の一地形図 「神戸首部」、シルバ3型コンパス
【参考】
 地図読みハイクの予習として、以下の4ステップに分けて、渦森台公園、油コブシ展望台で実地に勉強しました。
 また、ルート図に沿って、要所要所で進行方向を確認するStep2を実践し、少なくともStep2に関しては全員習得できました。
Step1 磁北線の引き方
Step2 目的地への方向の取り方
Step3 目標物の調べ方
Step4 現在地の調べ方

費 用:300円/参加費200円+バス代100円
  バス代は210円ですが、回数カードを利用し不足分は参加費で補填しました。

【参考】
地図の見方とコンパスの使い方
「170521_.doc」をダウンロード

170603_aburakobushi_bozuyama_031 【写真】
 Googleフォトの写真アルバムです。
 写真は位置情報付きで47枚あります。

 写真アルバムに歩行軌跡図、断面図も追加しました。

 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【地図】
歩行断面図
170603t_aburakobushi_bozuyamadanmen
歩行ルート図
170603t_aburakobushi_bozuyama
歩行ルート拡大図
前半
170603t1_aburakobushi_bozuyama
後半
170603t2_aburakobushi_bozuyama
GPSの歩行軌跡データ
「170603T_AburaKobushi_BozuYama.gpx」をダウンロード

Posted on 6月 4, 2017 at 11:29 午後 |

コメント

コメントを書く