« 170325 海津大崎から万路越の下見完了 | トップページ | 170327 尾道の白椿 »

2017.03.26

170326 山行記録:3/25 湖北「海津大崎から万路越え」 関西ハイク山友会 4/18 №1085例会の下見

170325_kaiduoosaki_higashiyama_ma_2170325_kaiduoosaki_higashiyama_ma_3

 海津大崎の大崎寺から急尾根を登って東山に到達し、北に延びる尾根を万路越えまで縦走するコースは日帰りで行ける縦走コースとしては琵琶湖や鈴鹿の山、比良やマキノ周辺の山の展望もよく、4月中旬には海津大崎の500本もの桜が満開で見所の多いコースです。
 これまで山仲間の時代に5回、関西ハイクになってから2回、この行程を歩いています。
 2010/4/3下見(5名)、4/18例会(14名)では永原から入って、万路越えから海津大崎まで歩きました。
 2010/5/1にはJNKさんと二人で大崎寺から万路越えまで歩いて万路谷を追坂峠へ下りました。
 2011/4/8下見(単独)、4/17例会では22名で海津大崎で花見をしてから大崎寺から東山まで登り、反射板展望台P566mから西に延びる支尾根をなかば強引に海津大崎入口へ下りました。
 新ハイキング関西になって2013/3/31下見(5名)、4/14例会は40名で永原から入り、初回と同じ行程で東山まで縦走して、大崎寺へ下りました。

 今回の下見は4月15日(土)の例会を想定して2010年5月1日とほぼ同じ行程で大崎寺から万路越えまで縦走して万路谷を下る行程を歩きました。
 過去7度も歩いたコースですから、ルートを誤ることはありませんでしたが、これまで経験したことがない残雪で予想外に苦戦しました。
 軽アイゼンを持って行きましたが、気温が上がって雪がザラメ状でアイゼンは役に立たないので終始壺足で歩きましたが、湿雪と雪解けの谷下りで靴の中まで濡れてしまいました。
 4月15日(土)の例会では残雪は大幅に減っているでしょうが、吹きだまりや北面には雪が残っているでしょうから防水の効いた革靴と雨具のズボン、スパッツ、履き替えの靴下など、春山に対応した服装で臨む必要がありそうです。
 急な下りはないのでアイゼンは不要だと思います。

 残雪で苦戦して計画より1時間下山が遅れてしまいましたが、今シーズン最後の雪山歩きが楽しめましたから、それなりに楽しい下見でした。
 同行していただいた皆さん、有り難うございました。お疲れ様でした。

【山行記録】
湖北 「海津大崎から万路越え」
関西ハイク山友会 4/16 №1085例会の下見

日  時:平成29年3月25日(土) 10:01~17:22

コース:マキノ=大崎寺―東山―P566m展望台―峯山―万路峠―小荒路=マキノ

参加者:5名/HMDさん、KNKさん、HIMさん、KTGさん、きよもり

レベル:中級向き (予想外の残雪に苦戦、大崎寺からP483mまでは350mの急登)

地 図:2万5千=「海津」 高島トレイルクラブ「中央分水嶺・高島トレイル詳細マップ」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行  程: 約8.5km 所要時間7時間21分(歩行時間:4時間56分、休憩・昼食:2時間25分)
 芦屋7:28=新快速=大阪7:45=京都8:18=9:26マキノ9:30(タクシー2台1,410円+1,410円)9:38大崎寺下
 大崎寺下100m10:01―大崎寺110m10:05―東山登山口100m10:10~12―小鞍部220m10:31~38―急登Ⅰ上300m10:50~55―急登Ⅱ上430m(10℃)11:16~23―P483m(古道分岐)11:31―尾根分岐560m11:47~54―残雪20cm―東山594.6mⅡ(昼食)12:15~13:00―残雪30cm~50cm―反射板・展望台P566m(14℃)13:25~36―小P510m(13℃)13:59~14:08―迷点3・右折点520m14:13―峯山531.8mⅣ(三角点不明)14:36~51―迷点2・広いピーク500m15:09―尾根分岐460m15:33―万路越420m15:43~58―万路谷中間240m16:34~42―林道出合230m16:44―林道ゲート180m16:52―道の駅・追坂160m17:02~16―小荒路バス停160m17:22
 小荒路バス停17:26(湖国バス220円)17:31マキノ17:50=18:01近江塩津18:05=琵琶湖線・新快速=19:42京都(解散)

計画行程: 約8.2km 所要時間6時間00分(歩行時間:4時間40分、休憩・昼食:1時間20分)
 芦屋7:28=新快速=大阪7:45=京都8:18=9:26マキノ9:35=タクシー\1500=9:50大崎寺下
 大崎寺下100m(10:00頃)―10分―東山登山口130m―20分―小鞍部220m―50分―P483m(11:30頃)―20分―支尾根分岐560m―20分―東山594.6m(12:20頃、昼食)―20分―反射板・展望台566m―10分―広尾根520m―15分―迷点3・右折点520m―25分―峯山531.8m(14:20頃)―15分―迷点2・広いピーク500m―10分―P493m―10分―万路越420m(15:10頃)―40分―万路谷下180m―10分―道の駅・追坂160m―5分―小荒路バス停160m(16:00頃)
 小荒路バス停16:07=湖国バス220円=16:37マキノ16:50=新快速=17:59京都(解散)
 ・ 東山の手前から万路越えまで残雪が30cm~50cmと多かったため苦戦して、計画より約1時間下山が遅れた。
 ・ 万路谷も融雪で足元が濡れているので本番では防水対策が必要。
 ・ 心配していた万路谷の倒木は片付けられていて、ノコギリは不要。

【参考】
 湖国バス時刻表 小荒路発(土曜日) 220円
  小荒路発13:07→13:37マキノ駅 、  小荒路発14:26→14:36マキノ駅
  小荒路発15:26→15:36マキノ駅 、  小荒路発16:07→16:37マキノ駅
  小荒路発17:26→17:36マキノ駅 、  小荒路発18:07→18:37マキノ駅
 
 JR マキノ発京都方面
 湖西線回り: マキノ15:50(新快速)→16:59京都→17:30大阪→17:43芦屋
 湖西線回り: マキノ16:50(新快速)→17:59京都→18:30大阪→18:43芦屋
 琵琶湖線回り:マキノ17:50→18:01近江塩津18:05(新快速)→19:42京都→20:15大阪→20:28芦屋
 湖西線回り: マキノ18:26→18:34近江今津18:51(新快速)→20:01京都→20:45大阪→20:58芦屋
 琵琶湖線回り:マキノ18:50→19:01近江塩津19:05(新快速)→20:42京都→21:20大阪→21:33芦屋
 湖西線回り: マキノ19:46→21:04京都

 近江タクシー(近江今津) 0740-22-0106

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、軽アイゼン、ノコギリ
 今年は残雪が多く、雪は腐っているので軽アイゼンではなく輪カンが必要でした。
 万路谷は倒木が片付けられていたのでノコギリは未使用でした。

費 用:700円/タウシー代割り勘・一人500円+バス代220円
170325 【会費精算】
 集 金:3,500円/700円×5名
 交通費:3,260円/タクシー2台1,410円×2台=2,820円+バス220円×5名=1,100円ー手持ち回数券660円
 余剰金:+240円/余剰金240円は預り金に入金します

170325_kaiduoosaki_higashiyama_manj 【写真】 Googleフォトの写真アルバム
 写真は位置情報付きで48枚あります。

 左の写真をクリックするとアルバムが開きます。

【参考】 過去の記録
平成25年3月31日(日)の下見
 湖北・万路越えから海津大崎/関西ハイク山友会 第272回例会下見

平成25年4月14日(日)の例会
 湖北・万路越えから海津大崎/関西ハイク山友会 第272回例会

平成22年5月2日(日)、今回とほぼ同行程
湖北/大崎寺から東山、万路峠縦走

【地図】
歩行断面図
170325t_kaiduoosaki_higashiyama_man
歩行ルート図
170325t_kaiduoosaki_higashiyama_m_2
歩行ルート拡大図
前半
170325t1_kaiduoosaki_higashiyama_ma
後半
170325t2_kaiduoosaki_higashiyama_ma
GPSの歩行軌跡データ
「170325T_KaiduOosaki_HigashiYama_ManjiKoe.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 26, 2017 at 11:52 午後 |

コメント

コメントを書く