« 170208 雪の比叡山 | トップページ | 170210 東淀川区役所まで遠出 »

2017.02.09

170209 山行計画:2/12 京都北山「大悲山から峰定寺」 関西ハイク山友会№1049例会

170129_taihisan_bujyoji_01170129_taihisan_bujyoji_06

 1月22日(日)の花折峠や2月4日(土)の天狗杉で輪カンやスノーシューを体験していただきましたが、それらは今回の例会のための予行演習と考えれば今回が本番となります。
 桑谷山周辺は15年2月14日の№623例会 「能見北尾根からコウンド谷東尾根」」で大雪を体験していただきましたが、今回も60cm~1mの深雪があります。
 おかげさまで参加人数が40名を越えましたので京都バスの中型バスを利用しますが、小型バスから変更したため補助席付きの中型バスで窮屈で申し訳ありません。
 集合場所は京都駅八条東口です。くれぐれも間違われないようご留意下さい

 尾根取付460mから桑谷山分岐720mまでは最初の急登50mを登り切れば少し傾斜が緩くなり、鉄塔Ⅰ付近(P622m)で樹林帯を抜けて雪原になります。
 桑谷山分岐720mで少し早めの昼食をとり、荷物をデポして桑谷山東峰930mへ高低差200mを空身でピストンします。
 今回は時間の関係で三角点のある西峰924.9mへは行けませんが、東峰の東面は展望が開けて比良・武奈ヶ岳や蓬莱山が正面に見えます。

 桑谷山東峰から往路を桑谷山分岐720mへ戻り、大悲山721mに向かいますが、桑谷山分岐へ戻ってくる時間が15時を過ぎるようなら、大悲山は諦めて鉄塔ⅠP622mを経て往路を下るようにします。

 大悲山721mは尾根上の小ピークですが、名前に引かれて山頂を目指す方も多いのか山名板もあり、いかにも京都北山の奥座敷といった雰囲気があります。
 ちなみに大悲山の大悲(だいひ)とは仏教用語で『衆生(しゅじょう)の苦を救う、仏・菩薩(ぼさつ)の大きな慈悲』のことだそうです。
 12月から3月まで積雪のため閉山になっている峰定寺の山号は「大悲山 峰定寺」です。

 大悲山から更に南へ尾根伝いに進むと半壊した奥の院の祠があり、峰定寺の山域に入りますが、尾根通しで峰定寺の山門へ下るのは急尾根と岩場があり立入禁止でもあり危険なので、祠の先にある尾根の分岐740mで右折して緩い尾根を西に下ります。
 この尾根は中間から南に振りながら後半は少し急になりますが、積雪があるので藪も無くゆっくり降りれば危険はありません。
 降り切った林道(車道)は峰定寺駐車場から400m下流、貸切バス降車の林道支線分岐から900m上流になります。

 積雪次第ですが、主稜線は西風が強くなりそうですから耳覆い付きの帽子、懐炉など防寒対策を充分してご参加下さい。
 多少湿雪ですから手袋の予備もあった方がよいと思います。
 好天を祈りましょう。

【山行計画】
京都北山「大悲山から峰定寺」 関西ハイク山友会№1049例会
  北山の尾根と峠歩き 44

日 時:2月12日(日) 9:30~17:30

集 合:京都駅八条東口 南側アバンティ前 団体バス乗り場 7時40分出発
 団体バス乗り場は京都駅東口南側のアバンティ(AVANTI)前に変更になりましたのでご注意下さい。

 バスは京都バスの中型バスです。定員42席で満席なので整列乗車をお願い申し上げます。
 会報では路線バス利用となっていましたが、貸切バス利用に変更になっています。
 そのため集合場所が出町柳から京都駅八条東口に変更になっていますから、間違わないようご注意下さい。

 【雨天の場合】
 前日、2月11日(土) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前2月11日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:38名/2月11日現在

行き先:京都北山「大悲山から峰定寺」

コース:京都駅(貸切バス・花背峠経由)大悲山口=9:10林道支線分岐―尾根取付―鉄塔ⅠP622m―桑谷山分岐―鉄塔Ⅱ―P813m鉄塔Ⅲ―桑谷山東峰930m―P813m鉄塔Ⅲ―鉄塔Ⅱ―桑谷山分岐―大悲山741m―奥の院祠―右折点740m―林道出合(車道)―林道支線分岐=大悲山口(貸切バス・花背峠経由)京都駅(19:10頃 解散)

レベル:中級向き(主稜線は1mの積雪なので中級の上レベル。積雪の状態次第では途中で折返します)

地 図:国土地理院25000分の一「花背」「久多」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」
 予定断面図予定ルート図
  注:予定断面図での沿面距離は8.7kmになっていますが、大悲山口から林道支線分岐まで貸切バスが入りますので実際の歩行予定距離は7.2kmになります。
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約7.2km、所要時間:8時間00分(歩行時間:5時間25分、休憩・昼食:2時間35分)
 京都駅(集合7:40)=貸切バス=大悲山口=9:10林道支線分岐
 林道支線分岐431m(9:30頃)―20分―尾根取付460m(10:00頃)―20分―急登上520m―25分―鉄塔ⅠP622m(10:55頃)―25分―桑谷山分岐720m(11:30頃、昼食)―25分―鉄塔Ⅱ750m―15分―P813m鉄塔Ⅲ―25分―桑谷山東峰930m(13:30頃、折返し)―15分―P813m鉄塔Ⅲ―10分―鉄塔Ⅱ750m―20分―桑谷山分岐720m(14:30頃)―15分―小P720m右折点―20分―大悲山分岐740m―5分―大悲山741m(15:20頃)―5分―大悲山分岐740m―5分―奥の院祠740m―10分―右折点740m(16:00頃)―25分―急尾根上670m―30分―林道出合(車道)440m―10分―林道支線分岐431m(17:30頃)
 林道支線分岐(17:40頃)=大悲山口=貸切バス=京都駅(19:10頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック、手袋、懐炉、ヘッドランプ、軽アイゼン(必携)、輪カンまたはスノーシュー(所有者のみ)
  日が短くなっていますので、念のためヘッドランプを持参して下さい。(日没17:40頃)
  歩き始めから40cm以上の積雪なので軽アイゼンは必ずご持参下さい。
  尾根の取付から先は50cm~1mの積雪が予想されますのでお持ちの方は輪カン、スノーシューも必ずご持参をお願いします。

参加費+貸切バス代:2,500円/参加費200円+貸切バス代2,300円

【地図】
予定断面図
170212_taihisan_bujyojidanmen
予定ルート図
170212_taihisan_bujyoji
予定ルート拡大図
前半
170212_1_taihisan_bujyoji
後半
170212_2_taihisan_bujyoji
GPSの予定ルートデータ
「170212_TaihiSan_BujyoJi.gpx」をダウンロード

Posted on 2月 9, 2017 at 12:48 午前 |

コメント

コメントを書く