« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016.09.30

160930 気になる天気

160930_kosuikakuritu_50160930_tenkizu160930_eisei 10月2日(日)は若狭「青葉山から松尾寺」の例会を予定しています。
 久し振りの大型バスで40名定員ですが、駆け込みで参加申込みが増えて、現在参加予定36名になっています。
 参加申込みいただいた方にお礼申し上げます。

 気になるのは天気が不安定なこと。
 降水確率は週間予報では50%になっているので好転するか悪化するか微妙なところです。
 今年の9月は天気図を見るとおり、秋雨前線がずっと日本列島に居座っていて、太平洋高気圧と大陸の高気圧の押し合いで前線が北上したり南下したりを繰り返しています。
 例年なら太平洋高気圧の勢いが弱って少しずつ大陸の高気圧が張り出し、やがて冬将軍が訪れるのですが、今年は8月がほとんど雨が降らず太平洋高気圧の勢力が強かったのが9月の長雨の原因です。
 雲の様子を見ると西日本にかかっている雲はかなり薄くなっているので、少しずつ天気はよくなるような予感がありますが、明日の朝まで何とも言えません。
 好天を祈りましょう。

Posted on 9月 30, 2016 at 11:28 午後 | | コメント (0)

2016.09.29

160929 参考「京都趣味登山会」の掲示板

160929_kyotosyumitozankai160929_kyotosyumitozankai_seinenbu160929_kyotosyumitozankai_keikaku_g

 掲示板の設置で利用させていただいた teacup.レンタル掲示板 のカテゴリー検索で他のグループの掲示板を見ていたら、「京都趣味登山会交流掲示板」というのが目に付いたので、拝見しました。

 内容的には会員相互の情報交換が主体ですが、「京都趣味登山会」のHPへリンクが貼ってあるのでそちらも拝見すると、掲示板には一般向けと会員限定とがあり、会員限定はパスワードを入力するようになっています。
 興味があったのでHPの内容を少し見せていただきました。
1.会員数は300名弱とあるが、1948年3月に設立の歴史がある
2.青年部のHPがあって平行して運用されている
3.参加者のレベルを体力と技術との二面評価で行っている
4.会員募集は18歳~65歳と限定していて、61~65歳の入会希望者には体験山行を義務づけている
5.岩登りや海外遠征も行っている
6.京都府山岳連盟に加盟している 

 府岳連に加盟しているので基盤は非常にしっかりされているようですが、年会費が明記されていないのでかなりの高額かも知れません。
 HPの体裁は少し雑然としていますが、掲示板、例会案内、写真がメイン表示されています。
 ただし、例会予定は日程、行き先、リーダー、グレードだけなので行程や参加費、募集人員などは個別にリーダーに問い合わせないといけないようです。

 参考にさせていただきたいと思います。
 有り難うございます。

Posted on 9月 29, 2016 at 03:14 午後 | | コメント (4)

160929 「山行記録の掲示板」を設置

160929_keijiban01160929_keijiban02 きよもりのブログはかれこれ13年も続いていてアクセスカウンターもお陰様で150万回を超えています。
 ほとんどが山行やパソコンその他の雑記帳なので、斜め読みしていただければよいのですが、敷居が高いのかほとんど各記事にコメントを頂戴することがありません。
 コメントやトラックバックがすぐ記事に反映されればよいのですが、オープンにすると膨大なスパム攻撃を受けるので、コメントは承認制、トラックバックは拒否に設定してあります。
 これだけスパム攻撃を受けるのはおそらく@nifty.comのサーバーのフィルターのできが悪いせいだと思いますが、今更どうにもならないので、現状通りコメントは承認制にしておきます。

 以前から 関西ハイク山友会のHPに会員限定とフリー書込の掲示板を二つ設置してはどうかと思っていたので、試しに自分のブログに掲示板を設置してみました。

 無料掲示板の運営サイトは意外に多くて選択に迷いますが、以前ホームページビルダーが連携していたteacup.レンタル掲示板を使いました。
 これはもちろん無料ですが、バナー広告が表示されないプレミアム版(月額216円)もあります。
 取りあえず閲覧制限はかけませんが、設定で会員限定にも出来るようです。

 ココログのHPのサイドバーにある「山行記録の掲示板」リンクをマウスの右ボタンの「新規タブで開く」をクリックすると山行記録の掲示板が開きます。
 掲示板には文章はもちろん画像や音楽ファイルなども掲載でき、豊富な文字の装飾も可能ですから便利です。
 タイトルは山行記録の掲示板ですが、山以外のパソコンや、ペットのこと、愚痴など何でも書いていただいて結構です。
 必ず掲示板に返信させていただきます。
 少し慣れたら見栄えも変えてみます。

Posted on 9月 29, 2016 at 01:43 午後 | | コメント (0)

2016.09.28

160928 断捨離

160928 断捨離 山行計画書はブログとWordでデータとして保存されていますが、例会や下見の都度、紙に印刷して山行に持参するので、完了しても紙を捨てずに積み重ねています。
 報告書をブログやWordにまとめ終わったら、どんどん捨てていけばよいのに、何となく積んでいたら、二年間で千枚以上にもなってしまいました。
 やっと暇になったので、昼頃から整理しました。
 数十枚を残して、大半を捨てたらスッキリしました。
 厚みにしたら20cmもあったから、よく溜まったものです。
 残った数十枚も自炊すれば捨てられますが、そこまで余裕がありません。

Posted on 9月 28, 2016 at 05:35 午後 | | コメント (0)

2016.09.27

160927 ミルクちゃんのグーパー

160927_milkchan ミルクちゃんは、夏の間、普段はクローゼットかベッドの少し暗くて涼しいところでほとんど寝ているのですが、涼しくなったので今日はベランダの窓際に出てきて日向ぼっこをしています。
 お腹をさすってあげると気持ちがよいのか、のどを鳴らしながらグーパーをしてくれました。

Dsc_1703animation むかしはGIFアニメーターというソフトがあって、連続写真を数枚並べると動画のように動く画像が手軽に出来ました。
 最近はこちらが意図しなくてもGoogleフォトが勝手に動画ファイルを作ってくれます。
 この夕焼けの写真がそうですが、ミルクちゃんの写真はファイルが大きすぎてブログに掲載できなかったので久し振りにGIFアニメーター(Giam)を利用しました。

Posted on 9月 27, 2016 at 09:29 午後 | | コメント (0)

2016.09.26

160926 山行計画 16年9月から17年2月

160925_calender_1609_10160925_calender_1611_12160925_calender_1701_02

 晴れ男のきよもりとしては不本意ですが、9月は3回の例会のうち2回も雨天で中止になってしました。
 急に二週間も山行の無い日が続いたので身体が鈍ってしまいましたが、その間たまっていた懸案事項が結構片付いたので何となくホッとしています。

 12月までの例会山行計画はすでに確定して、下見の日程も決めましたが、時間が出来たので来年2月までの山行日程も仮に入れてみました。
 冬場の山行は遠出は出来ないので1月2月は例会は月二回に減らしますが、それに伴って下見も減りますからほぼ週一回のペースに戻っています。
 春になったらまた月三回の例会になるかも知れませんが、あまり無理をせず、山行日程を組みたいと思います。
 下見に同行していただける方はメールでご連絡いただくようお願い申し上げます。


Posted on 9月 26, 2016 at 09:53 午後 | | コメント (0)

2016.09.25

160925 牛しゃぶしゃぶ

160925 牛しゃぶしゃぶ160925 牛しゃぶしゃぶ 午後から京都へ出掛けた帰り道
 大阪で途中下車してドウチカで久し振りに牛しゃぶを食べました。
 ビールセットで大盛1700円位ですからお手軽です。
 しゃぶしゃぶnew KOBE

Posted on 9月 25, 2016 at 01:02 午後 | | コメント (0)

2016.09.24

160924 山行計画:10/2 若狭「青葉山から松尾寺」 関西ハイク山友会 №973例会

121104_aobayamashitami_08121104_aobayamashitami_09121104_aobayamashitami_13121104_aobayamashitami_14

 初心の山の番外編で、若狭まで遠出して平成24年3月18日に積雪のため東峰だけで引き返した青葉山に再挑戦します。

 青葉山ハーバルビレッジは青少年旅行村が5月に改称してハーブ園やコーヒーショップなどが出来ています。
 登山口からしばらく植林のジグザグ道を登り切ると展望台で一気に若狭湾の展望が開けます。
 昼食後、最後のひと頑張りで青葉山東峰683mに到着しますが、ここから50mの急下降で岩場を下ります。
 岩場にはハシゴや固定ロープが設置され危険はありませんが、足元が切れ落ちているのでゆっくり下ります。
 鞍部から青葉山西峰へ登りも急ですが、下りほど危険個所はありません。

 青葉山西峰からは北の展望が開けて天気が好ければ日本海の大海原が遠くまで見晴らせます。
 西峰からの下り道は急ですがこちらもハシゴや固定ロープが設置されていますので慎重に下れば危険はありません。
 西峰からは急なジグザグ道を下って西国三十三ヵ所の二十九番札所・松尾寺(マツノオデラ)に参拝します。
 貸切バスは中型のためお寺まで上がって来られないとのことなので、徒歩で国道まで下りますが、途中から旧参道の集落を抜けてレトロなJR松尾寺駅前に向かいます。
 貸切バスが松尾寺まであがれないため、会報・HP記載の時間より京都駅帰着が1時間遅くなりますのでご了承下さい。
 
【山行計画】
若狭「青葉山から松尾寺」  関西ハイク山友会 第973回例会 初心の山 12

日 時:10月2日(日) 9:50~17:00

集 合:京都駅八条東口 南側アバンティ前 団体バス乗り場 7時40分出発
 団体バス乗り場は、京都駅東口南側のアバンティ(AVANTI)前に変更になっていますのでご注意下さい。

 バスは京都バスの中型バスです。
 参加予定者は定員40名に対して34名なので余裕がありますから整列乗車をお願い申し上げます。
【雨天の場合】
 前日(10月1日(土) 17:00発表の気象情報で、福井県嶺南地方の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:福井県嶺南 0770-177(前9月21日(水) 17時発表の予報)

参加予定者:34名/9/25現在

行き先: 若狭「青葉山から松尾寺」

コース:京都駅(7:40集合)=京都縦貫・舞鶴道東舞鶴JC経由(105.0km 1:49)=青葉山ハーバルビレッジ―髙野分岐―展望台―馬の背―青葉山東峰683m―鞍部―青葉山西峰―鳥居跡―松尾寺―旧参道分岐分―JR松尾寺駅前=東舞鶴IC舞鶴道・京都縦貫経由(102.0km 1:41)=京都駅(解散19時頃)

レベル:一般向き (東峰から西峰へは岩場の連続だがハシゴ、ロープが完備、西峰からの下りは急斜面なので要注意)

地図:国土地理院25000分の一「東舞鶴」「青葉山」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約8.6km 所要時間:7時間10分(歩行:5時間20分、休憩昼食:1時間50分)
 京都駅(7:40集合)=京都縦貫・舞鶴道東舞鶴JC経由=青葉山ハーバルビレッジ140m(9:40頃)
 青葉山ハーバルビレッジ140m(9:50頃)―40分―髙野分岐280m―50分―展望台470m(11:30頃、昼食)―50分―馬の背630m―20分―青葉山東峰683m(13:30頃)―20分―鞍部640m―20分―青葉山西峰692m(14:20頃)―50分―鳥居跡330m―20分―松尾寺240m(15:50頃)―30分―旧参道分岐60m―20分―JR松尾寺駅前40m(17:00頃)
 松尾寺駅前17:10=東舞鶴IC舞鶴道・京都縦貫経由=京都駅(解散19時頃)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、軍手、スパッツ、ストック
 ハシゴやロープがありますので軍手をご用意下さい。
 日本海に近いので気温によっては薄手の防寒具があった方が無難です。

会 費:4,500円/参加費 200円+貸切バス代4,300円(高速代含む)

【写真】
平成24年11月4日(日) 松尾寺から青葉山・下見の写真です。
 この時は前日に頭巾山行谷ルートの下見を行い、内浦湾のキャンプ場で幕営した翌日に松尾寺から青葉山西峰に登り、東峰へ縦走して髙野へ下山しました。帰路の途中に多祢寺(たねでら)にも寄り道しました。
 アルバムは青葉山例会の行程に合わせて写真を抜粋し、逆順に並べ替えてあります。
121104_松尾寺から青葉山・下見

【地図】
予定断面図
161002_aobayama_matunooderadanmen
予定ルート図
161002_aobayama_matunoodera
予定ルート拡大図
前半
161002_1_aobayama_matunoodera
後半
161002_2_aobayama_matunoodera
GPSの予定ルートデータ
「161002_AobaYama_MatunooDera.gpx」をダウンロード

Posted on 9月 24, 2016 at 08:59 午前 | | コメント (1)

2016.09.23

160923 夜明けの猫ちゃん

160923 夜明けの猫ちゃん160923 夜明けの猫ちゃん 毎朝、4時30分頃から弓弦羽神社へお参りに行く道端には沢山の地域猫がいて朝ご飯を待っています。
 神社の灯籠、神社奥の木立など、それぞれのテリトリーが決まっているので、結構時間がかかりますが、必ず出迎えてくれるから、何となく励みになって、続いています。
 今日は午後から晴れそうだからよかったです。

Posted on 9月 23, 2016 at 06:02 午前 | | コメント (0)

2016.09.22

160922 当たった!

160922 当たった!160922 当たった! ビールやお菓子など、応募券が付いている商品でポイントを貯めて応募しますが、これまで当たった記憶がありませんでした。
 タバコの箱に付いている応募券はバーコードを読み取って、ポイントが貯まったらネットで応募しますが、これまで20回以上応募しても全く当たらず、諦めていました。
 少し時間が空いたので、貯まっていた応募券を50枚位まとめて読み取り、応募したら二回目に当たってビックリ!
 格好良いZippoライターが楽しみです。

Posted on 9月 22, 2016 at 07:25 午前 | | コメント (0)

2016.09.21

160921 明日の例会は雨天中止です→9月22日(木・祝) 第965回例会 京都北山『地蔵杉から長老ヶ岳』

160921_kosuikakuritu_40_70 皆さん、こんにちは!

 折角台風が通り過ぎたのに、今日も何となくスッキリしない天候で懸念していました。
 17時00分発表の明日9月22日(木・祝)の京都府北部の降水確率は午前中が40%、午後が70%になっています。
 非常に残念ですが、規程により例会開催は中止とします。
 折角の祝日開催で楽しみにしていただいていながら、中止になり申し訳ありません。

 次回の例会は 10月2日(日) 第973回例会 若狭『青葉山から松尾寺』 です。
 今度こそはスッキリ晴れた秋晴れに期待したいと思います。
 残席がまだ7席ありますので、申込みされておられなければ明日の埋め合わせで是非ご参加下さい。

   森井 潔 【関西ハイク山友会】
 _/_/_/_/_/_/_/_/ 16.09.21 17:15 _/_/_/_/_/_/_/_/

Posted on 9月 21, 2016 at 05:32 午後 | | コメント (0)

2016.09.20

160920 台風16号

160920 台風16号 台風16号は四国から近畿に移動中です。(9/20 10:00現在)
 先ほど、神戸市全域に避難準備情報が発令されました。
 風が強くなっているので、外出は危険です。
 これから雨が強くなりそうです。

Posted on 9月 20, 2016 at 10:23 午前 | | コメント (0)

2016.09.19

160919 山行計画:9/22 京都北山「地蔵杉から長老ヶ岳・別ルート」 関西ハイク山友会 №965例会

160626_27_jizosugi_tyorogatake_11160731_0801_tyorogatake_onodam_01

 9/14~9/15の下見の結果で、9月22日(木)の例会の行程を変更することにします。
 コース変更に伴うルート図や行程表の修正に手間取って、計画書の作成がすっかり遅くなってしまいました。
 申し訳ありません。
 行程の変更に伴い、登路は技術的には問題なくなりましたが、距離があるので全体としてはロングコースになってしまいました。

 仏主(ホドス)から1kmほど奥に入ると「あまごの里」があります。ここは平成22年6月27日(日)に新ハイキング関西の例会で上乙見から長老ヶ岳に登った帰路に立ち寄って村田リーダーとあまごの塩焼きを囲んで談笑した場所です。
 「あまごの里」290mからゆるい傾斜で続く林道は長いですが非常に歩き易く、高度が上がって尾根を巻くようになると正面に地蔵杉の主稜線が望めます。
 林道終点まで詰めて支尾根に取っ付きますが主稜線まで40分程度ですから意外に簡単に地蔵杉898.9mの山頂に立てます。
 仏主から山頂まで高低差が600mありますが、距離にして4km、高低差370mは林道歩きなのでそれ程時間がかかりません。

 地蔵杉からの下りは頭巾山から長老ヶ岳までの長い尾根でも最もハードな部分になります。
 地蔵杉から核心部先の小P830mまで400mしかありませんが、80mの急斜面に続く岩稜のトラバースは緊張の連続です。
 ただし、3度の下見でルートははっきりしており、手掛かりもしっかりしていますので慎重に臨めば危険はあまりありません。
 核心部を過ぎると長老ヶ岳手前の林道出合まではアップダウンが連続する広尾根になりますが、3kmもあるので意外に時間がかかりますから、適宜休憩を挟んで歩くようにします。
 林道出合から長老ヶ岳まで100mの高低差がありますので、林道出合に荷物をデポして往復します。
 天気が好ければ長老ヶ岳からは京都北山や丹波の弥仙山、青葉山などの展望が開けます。
 ただし、長老ヶ岳手前の林道出合に16時までに到着できない場合は、長老ヶ岳への登頂を諦めてそのまま林道を下りますのでご了承下さい。
 林道出合からは舗装道路の下りになり、途中ショートカットも交えて仏主手前の長老森林公園分岐までひたすら下ります。
 ロングコースになるため京都帰着が遅くなり申し訳ありませんが、ご了承下さい。
 好天を祈りましょう。
 
【山行計画】
京都北山「地蔵杉から長老ヶ岳」  関西ハイク山友会 第965回例会 北山の尾根と峠歩き 38

日 時:9月22日(木・祝) 9:40~17:50

集 合:京都駅八条東口 南側アバンティ前 団体バス乗り場 7時40分出発
 団体バス乗り場は、京都駅東口南側のアバンティ(AVANTI)前に変更になっていますのでご注意下さい。

 バスは京都バスの小型バスです。
 参加予定者は定員一杯の25名になりますので整列乗車をお願い申し上げます。
【雨天の場合】
 前日(9/21) 17:00発表の気象情報で、京都府北部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府北部 0773-177(前9月21日(水) 17時発表の予報)

参加予定者:25名/9/19現在

行き先:京都北山「地蔵杉から長老ヶ岳」

コース:京都駅(貸切バス・京都縦貫69km1:40)仏主・「あまごの里」―林道奥―主稜線―地蔵杉898.9m―岩稜―P768m―P752m―P812m―P831m―仏主林道分岐―長老ヶ岳916.9m―仏主林道分岐―P475m―長老森林公園分岐(貸切バス・京都縦貫69km1:40)京都駅(解散19時50分頃)

レベル:中級向き (ロングコース、地蔵杉から急斜面下降と岩稜トラバースは要注意)

地図:国土地理院25000分の一「和知」「島」、北山分水嶺トレッキングマップは範囲外
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半
行 程:約13.8km 所要時間:8時間10分(歩行:6時間10分、休憩昼食:2時間00分)
 京都駅7:40(貸切バス・京都縦貫/丹波IC経由69km1:40)仏主=「あまごの里」9:30頃
 「あまごの里」290m(9:40頃)―15分―林道二股P328m―20分―林道奥430m(10:20頃)―25分―展望所550m―25分―林道終点・尾根取付660m(11:20頃)―40分―主稜線870m―10分―地蔵杉898.9m(12:20頃、昼食)―20分―岩稜基部810m―岩稜トラバース20分―小P830m(13:50頃)―10分―小P850m・左折―10分―小P770m―10分―P768m(14:30頃)―10分―小P760m―10分―P752m・迷点(15:00頃)―20分―小P770m―10分―P812m―20分―P831m・三埜分岐―10分―仏主林道分岐810m(16:00頃)―15分―長老ヶ岳916.9m(16:20頃)―15分―仏主林道分岐810m(16:40頃)―5分―林道近道780m―15分―林道近道Ⅱ600m―15分―P475m―15分―林道ゲート330m―5分―長老森林公園分岐・七色の木(17:50頃)
 長老森林公園分岐18:00(貸切バス・京都縦貫/丹波IC経由69km1:40)京都駅(解散19時50分頃)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、軍手、スパッツ、ストック
 岩稜のトラバースは軍手があった方が安全です。

会 費:4,000円/参加費 200円+貸切バス代3,800円

【地図】
予定断面図
160922_jizousugi_tyorogatakedanmen
予定ルート図
160922_jizousugi_tyorogatake
予定ルート拡大図
前半
160922_1_jizousugi_tyorogatake
後半
160922_2_jizousugi_tyorogatake
GPSの予定ルートデータ
「160922_JIzousugi_TyorogaTake.gpx」をダウンロード

Posted on 9月 19, 2016 at 10:36 午後 | | コメント (0)

160919 散歩道のイノシシ

160919 散歩道のイノシシ160919 散歩道のイノシシ 小雨模様でしたが、いつも通り4:30頃から弓弦羽神社まで散歩して戻って来たら、目の前にイノシシが二頭通せんぼうしていてビックリ!
 しばらく、にらめっこしていて、いざとなったら手に持っていた傘で撃退しようとしていたら、相手の方が道をあけてくれました。
 夜明け前だから、結構緊張しました。
 御影辺りは山が迫っているから、先月はJNKさんがイノシシの家族六頭に遭遇して怖かったそうです。

Posted on 9月 19, 2016 at 05:27 午後 | | コメント (0)

2016.09.18

160918 山行記録:9/14~9/15 京都北山「地蔵杉から長老ヶ岳・別ルート」 関西ハイク山友会の下見

160914_15_jizosugi_tyorogatake_betu160914_15_jizosugi_tyorogatake_be_2

 8月25日(木)の№946例会「洞峠から地蔵杉」で最後は地蔵杉南尾根を川谷へ下りました。
 短い尾根ながら上部は藪が密生していて西側の山腹を迂回して下り、後半の岩尾根はルートを選びながら下るのに苦労しました。
 9月22日(木・祝)の№965例会「地蔵杉から長老ヶ岳」では、この尾根を登って地蔵杉898.9mへ最短ルートで到達するつもりでしたが、急尾根の登りで時間がかかる上に岩尾根や藪迂回を考えるとかえって効率が悪いので、別ルートを登ることに変更します。
【別ルート】
 仏主から地蔵杉の西の山腹を660mまで林道が通じているので、これを利用して林道終点から200mで主稜線に乗り、地蔵杉に登頂することにして、9月14日(水)~9月15日(木)に下見を行いました。
 このルートなら距離は長くても危険も無く、時間的には仏主から3時間30分程度で地蔵杉に到達できることが判りました。
 地蔵杉から長老ヶ岳までは今回で3度目の下見でしたが、地蔵杉から急斜面を80m下り、200m弱のトラバースに小ピーク40分程度かかります。
 長老ヶ岳からの下山ルートは2010年6月27日に新ハイキング関西の例会で村田リーダーに同行させていただいて登ったコースを下りましたが、長老ヶ岳から上乙見まで2時間弱かかりますので、9月22日(木)の例会は当初計画通り長老ヶ岳から仏主への林道を下ることにします。
【参考】 山行記録:10/6/27 丹波・長老ヶ岳/新ハイキング関西例会

 上乙見から和知へのバスルートは不定期なので下乙見まで車道を歩いて下乙見から和知への定期バスに乗るつもりでしたが、上乙見に早く降りて来れたので、バス会社に電話して、上乙見発12時35分のバスを運行していただき、早めに和知へ戻ることが出来ました。

 仏主から林道を終点まで上がって、地蔵杉手前で主稜線に乗るルートは約6kmありますが、休憩を挟んで仏主から地蔵杉まで3時間30分で歩きましたから、例会で「あまごの里」まで貸切バスで入れば、3時間で歩ける見込みがたちました。
 林道歩きが長いですが、未舗装で上部は山腹を縫うように高度を上げていきますから歩き易いです。
 林道終点から支尾根を200m登れば主稜線に乗れますので正味1時間で地蔵杉に到着できます。

 同行していただいたHMDさん、有り難うございました。
【山行記録】
京都北山「「地蔵杉から長老ヶ岳・別ルート」
関西ハイク山友会の下見

日 時:平成28年9月14日(水)~9月15日(木)

参加者:2名/HMDさん、きよもり

行き先:京都北山『地蔵杉から長老ヶ岳(別ルート)』

コース:
9月14日(水)
 京都駅6:37(山陰線970円)8:00和知8:03(京丹波町営バス400円)8:31仏主―林道二股―林道終点―地蔵杉898.9m―小ピーク830m―P768m―P752m―P812m―P831m―仏主林道―長老ヶ岳916.9m(幕営)
9月15日(木)
 長老ヶ岳916.9m(7:00出発)―上乙見分岐―谷ルート分岐―谷道合流―上乙見12:35(京丹波町営バス300円)12:45和知13:32(JR山陰線970円)14:12園部14:15→14:51京都(解散 15時)

レベル:中級向き (仏主から地蔵杉までは長い登り、地蔵杉からの下降は岩尾根)

地 図:国土地理院25000分の一「島」「和知」、昭文社「京都北山」
  (「北山分水嶺トレッキングマップ」は範囲外)
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:二日間合計/約14.3km  所要時間:11時間19分(歩行:6時間53分、休憩昼食:3時間56分、水汲み:30分)、天候:曇一時雨、気温:22℃→23℃→18℃→20℃

9月14日(水):約10.8km  所要時間:8時間47分(歩行:5時間04分、休憩昼食:3時間13分、水汲み:30分)
 京都駅6:37(山陰線970円)8:00和知8:03(京丹波町営バス400円)8:27仏主
 仏主260m8:31―「あまごの里」290m8:42―林道ゲート300m8:48―林道二股P328m8:57~9:09―林道奥・左折点430m(22℃)9:28~39―展望所550m10:04~15―崖崩れ600m10:24―小沢640m10:33―林道終点・尾根取付660m(23℃)10:40~56―急登上760m(リンゴ)11:15~29―主稜線870m(18℃)11:47~55―地蔵杉898.9m(昼食)12:05~57―急斜面―岩尾根基部810m13:16~19―岩稜トラバース―小ピーク830m13:37~47―小ピーク850m左折点(20℃)13:58~14:08―P768m左折点14:32~44―小ピーク760m14:58―P752m迷点15:08~18―小ピーク770m15:35―P812m15:46~58―P831m(三埜分岐)16:10―仏主林道810m16:21~27―水場730m16:39~45―折返し―仏主林道810m16:57~17:01―林道―上乙見・森林公園分岐17:10~12―長老ヶ岳916.9m17:18(幕営、夕食18:00、就寝20:00)

9月15日(木):約3.5km  所要時間:2時間32分(歩行:1時間49分、休憩:43分)、天候:曇、気温:18℃→20℃
 長老ヶ岳916.9m(起床6:00、朝食6:40)8:00―上乙見分岐870m8:05~24―右折点(谷ルート分岐)810m8:32―谷道出合610m(18℃)9:02~12―左岸へ530m9:23―右岸へ450m9:44~51―右岸へ430m9:56―林道出合400m10:03~10―林道ゲート280m10:24―上乙見奥270m10:27―上乙見260m10:32(バス予約、昼食、20℃)
 上乙見12:35(京丹波町営バス300円)12:45和知13:32(JR山陰線970円)14:12園部14:15→14:51京都(解散 15時)

【参考:上乙見発のバス時刻(不定期・予約制0771-84-1696/1時間前まで)】
上乙見12:35(京丹波町営バス300円)12:50和知13:32→14:12園部14:15→14:51京都
上乙見15:35(京丹波町営バス300円)15:50和知16:32→17:12園部17:15→17:52京都
上乙見16:50(京丹波町営バス300円)17:15和知17:31→18:11園部18:22→19:05京都
【参考:下乙見発のバス時刻】
下乙見8:50(京丹波町営バス300円)9:06和知9:38→10:15園部10:17→10:53京都
下乙見13:09(京丹波町営バス300円)13:25和知13:32→14:12園部14:15→14:51京都
下乙見16:08(京丹波町営バス300円)16:24和知16:32→17:12園部17:15→17:52京都
下乙見17:14(京丹波町営バス300円)17:29和知17:31→18:11園部18:22→19:05京都
 和知発園部行きのJR 11:32、12:32、13:32、14:32、15:32、16:32、17:31、18:40

 京丹波町営バス:0771-82-3801、バス運行会社:0771-84-1696
 南丹市営バス:0771-68-0003(南丹市交通対策室)、0771-75-1666(市営バス美山事務所)
 京都みやび交通:0120-207-011、0771-75-1177
 京都タクシー和知営業所:0771-84-0132

装 備:
 宿泊装備一式 /寝袋、マット、防寒具 /共同装備:二人用ツエルト、コンロほか炊事道具一式
 一般山行装備 /初日昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、ノコギリ

費 用:2,000円一人当たり
 交通費 700円/京丹波町営バス400円+300円
 食 費1,300円/夕食・朝食・昼食代+果物+おやつなど

【写真】
Googleフォトの写真アルバム
160914_15 地蔵杉から長老ヶ岳・別ルート・下見

【地図】
歩行断面図
160914_15t_hodosu_jizosugi_tyorogat
歩行ルート図
160914_15t_jizosugi_tyorogatake_bet
歩行ルート拡大図
前半
160914_15t1_jizosugi_tyorogatake_be
後半
160914_15t2_jizosugi_tyorogatake_be
GPSの歩行軌跡データ
9月14日(水) 仏主から地蔵杉、長老ヶ岳
「160914T_Hodosu_Jizosugi_TyorogaTake.gpx」をダウンロード
9月15日(木) 長老ヶ岳から上乙見
「160915T_TyorogaTake_KamiOtomi.gpx」をダウンロード

Posted on 9月 18, 2016 at 11:53 午後 | | コメント (0)

2016.09.17

160917 運動会ではなく体育会 & ウイルス駆除

160917 運動会160917 運動会 マンションのすぐ西に御影中学校があり、今日は体育会(運動会)を見に行きました。
 子ども達の小中学校以来なので、数十年振りになります。
 入場行進から、ラジオ体操、国旗掲揚と国体並で、最初の競技が全生徒参加の100m走、200m走ですから、やっぱり体育会という呼称はダテではありませんでした。

160917_virus_troj_genr023c0egi16 20年前のトレンドマイクロ設立当初から会社や個人のパソコンにはウイルスバスターを常駐して監視していますが、そのお陰で幸いこれまで個人のパソコンではウイルスに感染したことがありません。
 会社のコンピューターは社員個人所有のUSBメモリーからサーバーに感染して、復旧に半日かかったことがありますが、その後 監視体制を更に強化したので、きよもりの勤務中は大きな被害には遭いませんでした。

 今日午後になって、久し振りにウルスバスターから警告メッセージが表示されて驚きましたが、ファイル名が TROJ_GEN.R023C0EGI16 となっていますから、トロイの木馬型です。
 このタイプは20年前にはすでにありましたから、結構根強い人気?ですね。

Posted on 9月 17, 2016 at 03:03 午後 | | コメント (0)

2016.09.16

160916 実りの秋、食欲の秋

160916 実りの秋、食欲の秋160916 実りの秋、食欲の秋 今年は晴天続きの暑い夏でした。
 厳しさの見返りで、秋の果物はどれも甘くて美味しく豊作のようです。
 今日は横浜の次女からと彦根のひこにゃんから地産の梨が送られてきました。
 ありがとうございました。

 山から降りて来たらいつも体重が2Kg近く減っているので、今日は三ノ宮に出て、にぎり寿司をたっぷり食べて栄養補給しました。

Posted on 9月 16, 2016 at 05:00 午後 | | コメント (0)

2016.09.15

160915 下見完了、地蔵杉から長老ヶ岳別ルート

160915 下見完了、地蔵杉から長老ヶ岳別ルート160915 下見完了、地蔵杉から長老ヶ岳別ルート 心配していた雨もほとんど降らず、仏主から地蔵杉の西山腹を中腹まで続く林道を2時間歩いて最後は急尾根を1時間登ると呆気なく主稜線に到達出来ました。
 地蔵杉から南西へ急斜面、岩峰のトラバースを終えて仏主林道の出合で水を汲んで、予定通り長老ヶ岳山頂の休憩舎にテントを張りました。
 夜中も雨は降らず快適に眠れました。
 今朝は一時間も寝過ごして、8時出発でしたが、上乙見への下山道は6年前に新ハイキング関西の例会で村田リーダーに同行させていただいたルートだったので問題ありませんでしたが、谷道に入ってから、ルートをはずして少し迷いました。
 それでも、上乙見に着いたら10:30だったので山頂から2時間半で下山出来ました。
 12:35のバスで和知へ戻ります。
 京都には15:51帰着予定で予定通りです。
 同行していただいたHMDさん、ありがとうございました。

Posted on 9月 15, 2016 at 12:28 午後 | | コメント (0)

2016.09.14

160914 長老ヶ岳でテント泊

Dsc_1604 17時17分に到着して、今夜は長老ヶ岳の山頂でテント泊です。
 屋根があるから雨も大丈夫です。

Posted on 9月 14, 2016 at 06:13 午後 | | コメント (0)

160914 11月12月の山行計画

ルートの確認に手間取って、遅れ遅れになってしまいました。
11月3回、12月も3回の例会を予定しています。

11月5日(土)
六甲 「森林公園から修法ヶ原」 初心の山13
定員25名
JR三ノ宮駅(集合9:00)9:20=神戸市バス550円=10:00森林公園西門440m―15分―シアトルの森430m―30分―西門420m―25分―学習の森350m―30分―修法ヶ原池390m(12:20頃、昼食)―15分―再度越400m―25分―猩猩池280m―45分―燈籠茶屋160m(14:40頃)―10分―車道180m―15分―ビーナスブリッジ150m―15分―諏訪神社110m―10分―諏訪山公園下50m(16:00頃、解散)
 神戸背山の三公園を巡る下り中心の楽な行程です。紅葉には少し早いが多種多様な木々と池を巡る森林公園の遊歩道を散策して、再度公園の修法ヶ原池に向かいます。再度越で六甲全縦走路を横切って、大師道を下り燈籠茶屋から諏訪山公園のビーナスブリッジで夕映えの神戸港の展望を楽しみます。 森林植物園からビーナスブリッジ 森林植物園からビーナスブリッジ 森林植物園からビーナスブリッジ
8.1 km
神戸首部
【地図】
予定断面図
161022_shinrinsyokubutuen_binasubri
予定ルート図
161022_shinrinsyokubutuen_binasub_2
GPSの予定ルートデータ
「161022_ShinrinSyokubutuen_BinasuBridge.gpx」をダウンロード

11月12日(土)~11月13日(日)
若狭 「野坂岳から三国山」 若丹国境尾根縦走 39
定員15名 野坂岳避難小屋利用予定
食材費1,800円
11月12日(土) 集合:京都駅8:15発(新快速1660円)9:50敦賀(タクシー)10:30野坂岳登山口200m―40分―栃ノ木地蔵420m(昼食)―60分―行者の袖地蔵690m―40分―二ノ岳830m―20分―野坂岳910m(14:30頃、避難小屋泊)
11月13日(日) 野坂岳913.5m(6:00発)―30分―P797m―10分―山分岐700m―20分―茶屋谷727.0m(7:20頃)―60分―葦谷山P866m(8:30頃)―30分―P806m―30分―P661m―10分―折戸峠564m(10:00頃)―40分―P756m―30分―P827m―30分―三国山876.3m(12:00頃、昼食)―10分―黒河越分岐800m―30分―明王の禿790m(13:30頃)―30分―東尾根P569m―40分―東尾根取付340m―20分―黒河林道入口224m(15:30頃)―30分―白谷バス停140m(16:10頃)16:14(バス220円)JRマキノ16:37(解散)"
 若狭国境尾根縦走の番外編。高島トレイルは三国山から東に向きを変え国境へ向かいますが、三国山から北へ延びる長い尾根は野坂岳に続きます。日帰りで三国山から野坂岳まで歩くのは時間的に難しいので野坂岳の避難小屋を利用して三国山まで縦走します。冬の装いのブナ林が迎えてくれるでしょう。
17.0 km
敦賀、駄口
【地図】
予定断面図
161008_09_nosakadake_mikuniyamadanm
予定ルート図
161008_09_nosakadake_mikuniyama
予定ルート拡大図
1/3
161008_09_1_nosakadake_mikuniyama
2/3
161008_09_2_nosakadake_mikuniyama
3/3
161008_09_3_nosakadake_mikuniyama
GPSの予定ルートデータ
「161008_09_NosakaDake_MikuniYama.gpx」をダウンロード

11月23日(水・祝)
京都北山 「竹次谷から雲取山、国体尾根」 北山の尾根と峠歩き 34
定員40名 貸切バス利用
会費3,300円
京都駅(7:40集合)=貸切バス=竹次谷出合390m(9:20頃)―60分―竹次谷林道640m(10:30頃)―30分―二俣740m―30分―雲取峠880m―20分―雲取山911.1m(12:10頃、昼食)―10分―雲取峠880m―10分―ハタカリ峠890m―10分―三ツ又山890m(13:40頃)―30分―P829m―30分―P608m鉄塔―30分―灰屋口バス停350m(15:30頃)=貸切バス=京都駅(17:30頃、解散)
 大布施から桂川沿いに灰屋の最奥部に入ります。竹次谷の林道終点から谷沿いに雲取峠に出て、雲取山へ往復し、後半は国体尾根をP829m、P608mを経て下降し灰屋口に出ます
9.2km
上弓削、花背
【地図】
予定断面図
160609_takejidani_kumotoriyama_koku
予定ルート図
160609_takejidani_kumotoriyama_ko_2
GPSの予定ルートデータ
「160609_TakejiDani_KumotoriYama_KokutaiOne.gpx」をダウンロード

12月3日(土)
京都北山 「沢ノ池から沢山」 初心の山14
定員25名
集合:京都駅7:5(JRバス\740)8:47菩提道104m(9:00頃)―50分―菩提の滝280m―20分―赤尾尾根分岐310m―40分―赤尾尾根道425m―20分―P491m(11:30頃)―30分―P515m(12:10頃、昼食)―10分―沢ノ池分岐390m―20分―沢ノ池湖畔380m―10分―ホトグリ峠410m―30分―沢山515.8m(14:30頃)―20分―上ノ水峠360m―20分―坂尻210m―30分―京見峠分岐140m―10分―源光庵前150m(16:20頃、解散)
 JR山陰線で亀岡に向かう車中から北に見える沢山、吉兆山の西に小さなピークが重なっています。山名も無い小ピークですが、冬枯れで歩き易くなっているので尾根通しで歩いてみます。後半は沢ノ池から沢山、上ノ水峠と京都一周トレイルを歩いて鷹が峯へ下ります
10.7 km
京都西北部
【地図】
予定断面図
161203_sawanoike_sawayamadanmen
予定ルート図
161203_sawanoike_sawayama
GPSの予定ルートデータ
「161203_SawanoIke_SawaYama.gpx」をダウンロード

12月11日(日)
京都北山 「宕陰から地蔵山、水尾鶏すき」 北山の尾根と峠歩き 35
定員25名
会費5,300円、4,300円
JR八木駅(集合)8:24(バス610円)9:03宕陰出張所前(9:10頃)―120分―地蔵山947.6m(11:30頃、昼食)―10分―反射板917m―20分―愛宕山分岐880m―10分―樒原分岐―20分―P675m―30分―神明峠400m―30分―水尾260m(14:20頃、解散後、有志のみで忘年会)
 地蔵山への最短ルートとして宕陰出張所前バス停から500m直登して地蔵山に登頂します。反射板、愛宕山分岐を経て神明峠へ下ります。例年通り水尾で鶏すきを楽しみます
7.0 km
亀岡、京都西北部
【地図】
予定断面図
161211_toin_jizosan_mizuodanmen
予定ルート図
161211_toin_jizosan_mizuo
GPSの予定ルートデータ
「161211_Toin_JizoSan_Mizuo.gpx」をダウンロード

12月22日(木)
京都北山 「点名:長子671.3mからジョウラク峠、飯森山」 北山の尾根と峠歩き 36
定員25名
貸切バス利用 会費3,800円
京都駅八条東口(集合)7:40(貸切バス)周山=山国・井戸(9:10頃)―60分―妹路谷分岐350m―30分―尾根取付450m―40分―長子671.3m(11:30頃、昼食)―30分―P656m―20分―ジョウラク峠570m(13:10頃)―30分―小P700m―30分―飯森山791m(14:20頃)―20分―反射板800m―20分―天童山775m(15:10頃)―20分―ハングライダー基地590m―20分―鳴の堂550m―10分―龍ヶ坂下440m―20分―林道分岐330m―40分―山国バス停250m(17:20頃)17:30(貸切バス)京都駅(19:00頃、解散)
 城丹国境尾根に北に派生する支尾根を点名:長子、ジョウラク峠を経て飯森山で国境尾根に乗ります。天童山からパラグライダー基地を経て尾根通しに鳴の堂に下ります。竜ヶ坂から山国へ下山します
11.3 km
上弓削、周山
【地図】
予定断面図
161222_tyoshi_jyorakutoge_iimoriyam
予定ルート図
161222_tyoshi_jyorakutoge_iimoriy_2
GPSの予定ルートデータ
「161222_Tyoshi_JyorakuToge_IimoriYama.gpx」をダウンロード

Posted on 9月 14, 2016 at 03:41 午前 | | コメント (0)

2016.09.13

160913 感震ブレーカー

160913 感震ブレーカー160913 感震ブレーカー 地震だ火を消せ!
 と云うのは、子供の頃から叩き込まれた防災標語ですが、現在はガスは配管元のガス会社が元栓を閉じる体制になっているので、都市ガスが漏れて引火する事は無いそうです。
 阪神淡路大震災で問題になったのは、震災のあと、比較的早く復旧した電気で、スイッチが入ったままの電気ストーブや電気コンロに通電して火事が発生して火災があちこちで起きたことです。
 ですから、地震が発生して避難する時には、まず電気のメインブレーカーを落として逃げるようにしないといけません。
 と言われても、とっさの時にブレーカーを落としている余裕があるか、自信がありません。
 まして、ブレーカーは天井に近いところにあるから、JNKさんは脚立がないとブレーカーに手が届きません。
 ということで、感震ブレーカーを買いました。
 これでひと安心ですね。

【参考】
株式会社リンテック21
リンテック21 感震ブレーカーアダプター【簡易タイプ】YAMORI(ヤモリ) GV-SB1

Posted on 9月 13, 2016 at 07:26 午前 | | コメント (0)

2016.09.12

160912 山行記録:9/11 湖南「上桐生・五周年記念懇親会&狛坂磨崖仏」 №956例会・芳沢リーダー

160911_kamikiryukonshinkai_komasaka160911_kamikiryukonshinkai_komasa_2

 昨日は芳沢リーダーを中心にたくさんの有志の方々が万全の準備をしていただいた五周年記念懇親会が上桐生の「若人の広場キャンプ場」で開催されました。
 焼き肉、餃子、焼きそば、おでん、お汁粉と盛りだくさんの食べ物を準備していただき有り難うございました。
 
 懇親会の様子は別途公開されますので、懇親会の前に腹ごなし?で歩いた狛坂磨崖仏への行程と写真を掲載させていただきます。

【山行記録】
湖南「上桐生・五周年記念懇親会&狛坂磨崖仏」関西ハイク山友会 №956例会・芳沢リーダー

日 時:平成28年9月11日(日) 歩行時間9:48~12:22 (以降は懇親会開催)

参加者:45名位? (懇親会参加者は60名)

レベル:一般向き (長い登り坂、谷道は足元注意)

コース:JR草津(帝産バス\430)上桐生―オランダ堰堤―第二名神―桐生辻分岐―狛坂磨崖仏(折返し)―桐生辻分岐―第二名神―逆さ観音―オランダ堰堤―上桐生・若人の広場キャンプ場(12:22帰着)

地 図:国土地理院25000分の一「瀬田」「三雲」
 歩行断面図
 歩行ルート図

行 程:合計/約7.0km 所要時間:2時間34分(歩行:2時間19分、休憩昼食:15分)、天候:快晴、気温:27℃→30℃
 JR草津9:00(帝産バス\430)上桐生9:30
 若人の広場170m9:48―オランダ堰堤180m9:52―第二名神ガード下240m10:07―分岐手前350m(27℃)10:35~40―桐生辻分岐370m10:44―狛坂磨崖仏460m11:05~15―折返し―桐生辻分岐370m11:30―第二名神ガード下240m11:58―逆さ観音200m12:07―オランダ堰堤(30℃)180m12:18―上桐生・若人の広場キャンプ場170m12:22(懇親会場)

装 備:飲み物、着替え、ストック

費 用:1,700円/参加費200円+懇親会食材費1,500円

【写真】 Googleフォトの写真アルバム
9/11 湖南「上桐生・五周年記念懇親会&狛坂磨崖仏」 №956

【地図】
歩行断面図
160911t_kamikiryukonsinkai_komasaka
歩行ルート図
160911t_kamikiryukonsinkai_komasa_2
GPSの歩行軌跡データ
「160911T_KamikiryuKonsinkai_KomasakaMagaibutu.gpx」をダウンロード

Posted on 9月 12, 2016 at 02:40 午後 | | コメント (0)

2016.09.11

160911 草津へ

160911 草津へ 今日は関西ハイク山友会、五周年の記念山行で金勝アルプスへ向かっています。
 天気がよくなって良かったです。

Posted on 9月 11, 2016 at 08:14 午前 | | コメント (0)

2016.09.10

160910 ひこにゃんからお礼

Dsc_1583 ひこにゃんは彦根市のゆるキャラですが、全国組織のファンクラブがあって、当然JNKさんもメンバーです。
 年会費は5千円ですが、ひこにゃんファンクラブは彦根市が運営していますので、会費はふるさと納税になっているそうです。
 そのこともあって、四季折々にひこにゃんからお礼の手紙や荷物が到着するのでJNKさんは楽しみにしています。
 今日着いたのはひこにゃんのフェースタオルでした。
 よかったね!


Posted on 9月 10, 2016 at 03:29 午前 | | コメント (0)

2016.09.09

160909 山行計画:9/18 若狭「能登越から近江坂、大日」 関西ハイク山友会 №962例会

150425_26_notokoe_sanjyodake_oomika150425_26_notokoe_sanjyodake_oomi_2

 昨年7月19日のリベンジ。近江坂の古道を能登越まで登り、いったん天増川に下って能登郷の廃村跡を抜けて再度 大日尾根に登り返します。大日尾根のブナ林を見ながら三角点・大日から県境尾根を回り込んでマイクロ跡を経て能登越手前から往路の近江坂古道を下ります。13.7kmのロングコースなので身軽な装備で参加して下さい。
 近江坂は能登野の闇見神社から近江の酒波寺までほとんど尾根通しに続く長い古道で、江戸時代から数百年にわたって能登野のお坊さんが馬に乗って酒波寺の御経を読みに通った古道は地元有志の方々の尽力で藪は刈り払われ、倒木も片付けられていますので、往時を偲びながら歩きたいと思います。
 
 能登越までの登り尾根は最初の取付以外は広葉樹林のジグザグ道で高度を上げます。広い樹林帯は秋の気配が見られるでしょう。
 能登越で若狭の展望を楽しんで天増川河岸の能登郷跡にいったん下ります。能登郷は林道が通じる前には木地師の集落があった廃村で南北1kmの広い河川敷は周囲を山に囲まれた桃源郷です。
 能登郷跡から関電の鉄塔巡視路がある長い尾根を登り返すと有名な大日尾根の山毛欅プロムナードが迎えてくれます。
 ブナ林の散歩道を大日まで北上し、マイクロ跡P726mで三方五湖や若狭湾の展望を楽しんでから南下し、往路で登った近江坂古道を十村へ戻ります。
 好天を祈りましょう。

【山行計画】
若狭『能登越から近江坂、大日山』 関西ハイク山友会 第962回例会
 若丹国境尾根縦走 第37回

日 時:9月18日(日) 10:00~17:20

集 合:京都駅八条東口 南側アバンティ前 団体バス乗り場 7時40分出発
 団体バス乗り場は京都駅東口南側のアバンティ(AVANTI)前に変更になっています。

 バスは京都バスの小型バスです。
 【雨天の場合】
 前日、9月17日(土) 17:00発表の気象情報で、滋賀県北部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:滋賀県北部 0775-177(前9月17日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:23名/9/10現在

行き先:若狭「『能登越から近江坂、大日山』

コース:京都駅八条東口(貸切バス)十村駅入口―近江坂古道取付―能登越―能登郷跡―近江坂P784m―大日750.9m―P726m―能登越―近江坂古道―十村駅入口(貸切バス)京都駅(解散 19時40分頃)

レベル:中級向き (尾根越えのロングコース)

地図:国土地理院25000分の一「三方」、高島トレイル運営協議会「高島トレイル詳細マップ」
 予定断面図
 予定ルート図
 予定ルート部分拡大図

行 程:約13.7km 所要時間:7時間20分(歩行:5時間50分、休憩昼食:1時間30分)
 京都駅八条東口7:40(貸切バス)9:50十村駅入口
 十村駅入口(30m、10:00頃)―50分―林道終点(210m)―10分―近江坂古道取付(270m)―60分―巻き道分岐(580m)―15分―近江坂古道分岐(680m)―5分―能登越(660m、12:40頃、昼食)―10分―天増川林道(580m)―10分―能登郷跡(560m)―10分―鉄塔道取付(560m)―20分―鉄塔Ⅱ(680m)―10分―鉄塔Ⅰ(720m)―10分―能登郷分岐P784m(14:40頃)―10分―大日750.9m―20分―P726mマイクロ跡―10分―天増川林道分岐(640m)―15分―近江坂古道分岐(680m、15:50頃)―10分―巻き道分岐(580m)―30分―近江坂古道取付(270m)―10分―林道終点(210m)―35分―十村駅入口(30m、17:20頃)
 十村駅入口17:30(貸切バス)京都駅(解散 19時40分頃)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック

会 費:4,000円/参加費 200円+貸切バス代3,800円

【参考】 ブログ記事
4/25~4/26 若狭「能登越から近江坂、三重岳と河内谷から大御影山、新庄」の下見
再掲:040916 「北山の峠」の記事:近江坂

【地図】
予定断面図
160918_notogoe_oumizakakodo_dainiti
予定ルート図
160918_notogoe_oumizakakodo_daini_2
予定ルート部分拡大図
160918_1_notogoe_oumizakakodo_daini
GPSの予定ルートデータ
「160918_NotoGoe_OumizakaKodo_Dainiti.gpx」をダウンロード

Posted on 9月 9, 2016 at 11:18 午後 | | コメント (0)

2016.09.08

160908 山行計画:9/14~9/15 京都北山「地蔵杉から長老ヶ岳・別ルート」関西ハイク山友会の下見

160626_27_jizosugi_tyorogatake_11160731_0801_tyorogatake_onodam_01

 8月25日(木)の№946例会「洞峠から地蔵杉」で最後は地蔵杉南尾根を川谷へ下りました。
 短い尾根ながら上部は藪が密生していて西側の山腹を迂回して下り、後半の岩尾根はルートを選びながら下るのに苦労しました。
 次回の№965例会「地蔵杉から長老ヶ岳」では、この尾根を登って地蔵杉898.9mへ最短ルートで到達するつもりでしたが、急尾根の登りで時間がかかる上に岩尾根や藪迂回を考えるとかえって効率が悪いので、別ルートを検討しました。
 仏主から地蔵杉の西の山腹を660mまで林道が通じているので、これを利用して林道終点から230m登り主稜線に乗ることにします。
 このルートなら距離は長くても危険も無く、時間的には仏主から4時間程度で地蔵杉に到達できそうです。

 急な計画で申し訳ありませんが、9月14日(水)~9月15日(木)で新ルートの下見をします。
 地蔵杉から長老ヶ岳までは過去に二度歩いた行程ですが、地蔵杉からの急下降と岩尾根のトラバースがあるので時間に余裕を見ておく必要があります。
 長老ヶ岳からの下山ルートとしては地元のタクシー会社・みやび交通の運転手・坂本さんお奨めの上乙見から長老ヶ岳への最短尾根ルートを確認しておこうと思います。
 この尾根ルートは2010年6月27日に新ハイキング関西の例会で村田リーダーに同行させていただいたコースに隣接する尾根道だと思います。
 尾根ルートの分岐は判りませんが、みやび交通の坂本さんのグループで登山道を整備されたとお聞きしているので道標なども整備されていると期待しています。
 尾根ルートは明確では無いので、添付の予定ルートは2010年6月27日の軌跡をベースに作成しました。
【参考】 山行記録:10/6/27 丹波・長老ヶ岳/新ハイキング関西例会

 京丹波町営バスは土日は運行していませんので、平日の下見になります。
 上乙見から和知へのバスルートがありますが、事前予約制なので下山時刻が未確定のため上乙見から下乙見迄2.6kmの車道歩きになります
 幕営地は長老ヶ岳山頂を予定していますが、仏主林道出合で水を汲む必要がありますので時間によっては林道出合付近での幕営になります。
【山行計画】
京都北山『「地蔵杉から長老ヶ岳・別ルート』
関西ハイク山友会の下見

日 時:平成28年9月14日(水)~9月15日(木)

集 合:京都駅山陰線32番線 6時37分発 福知山行きに乗車
 先頭から2両目に乗車して下さい。

 【雨天の場合】
 下見なので雨天決行です。

参加予定者:2名/HMDさん、きよもり 9/12現在
 同行していただける方はメールでご連絡下さい。 

行き先:京都北山『地蔵杉から長老ヶ岳(別ルート)』

コース:
9月14日(水)
 京都駅6:37(山陰線970円)8:00和知8:03(京丹波町営バス400円)8:31仏主―林道二股―林道終点―地蔵杉898.9m―小ピーク830m―P768m―P752m―P812m―P831m―仏主林道―長老ヶ岳916.9m(幕営)
9月15日(木)
 長老ヶ岳916.9m(7:00出発)―上乙見分岐―谷ルート分岐―谷道合流―上乙見―下乙見16:08(京丹波町営バス300円)16:24和知16:32(JR山陰線970円)17:12園部17:15→17:52京都(解散 18時頃)

レベル:中級向き (仏主から地蔵杉までは長い登り、地蔵杉からの下降は岩尾根)

地 図:国土地理院25000分の一「島」「和知」、昭文社「京都北山」
  (「北山分水嶺トレッキングマップ」は範囲外)
 予定断面図 9/13~9/14
 予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:二日間合計/約16.3km  所要時間:13時間00分(歩行:10時間00分、休憩昼食:3時間00分)
9月14日(水):約10.3km  所要時間:9時間20分(歩行:7時間10分、休憩昼食:2時間10分)

 京都駅6:37(山陰線970円)8:00和知8:03(京丹波町営バス400円)8:31仏主
 仏主260m(8:40頃出発)―20分―作業棟290m―30分―林道二股P328m(9:40頃)―40分―林道奥430m―100分―林道終点660m(12:20頃、昼食)―40分―主稜線890m―10分―地蔵杉898.9m(14:00頃)―20分―岩尾根基部810m―20分―小ピーク830m―20分―小ピーク850m左折点(15:10頃)―25分―P768m左折点―15分―小ピーク760m―10分―P752m迷点(16:10頃)―20分―小ピーク770m―15分―P812m―15分―P831m(三埜分岐)―10分―仏主林道810m(17:20頃、水汲み20分)―20分―長老ヶ岳916.9m(18:00頃、幕営)

9月15日(木):約6.0km  所要時間:3時間40分(歩行:2時間50分、休憩:50分)
 長老ヶ岳916.9m(7:00出発)―5分―上乙見分岐870m―5分―谷ルート分岐810m―40分―谷道合流610m(8:00頃)―40分―林道400m―30分―上乙見奥270m(9:30頃)―5分―上乙見260m―45分―下乙見180m(10:40頃、昼食)
 下乙見13:09(京丹波町営バス300円)13:25和知13:32(JR山陰線970円)14:12園部14:15→14:51京都(解散 15時頃)

【参考:下乙見発のバス時刻】
下乙見8:50(京丹波町営バス300円)9:06和知9:38→10:15園部10:17→10:53京都
下乙見13:09(京丹波町営バス300円)13:25和知13:32→14:12園部14:15→14:51京都
下乙見16:08(京丹波町営バス300円)16:24和知16:32→17:12園部17:15→17:52京都
下乙見17:14(京丹波町営バス300円)17:29和知17:31→18:11園部18:22→19:05京都
 和知発園部行きのJR 11:32、12:32、13:32、14:32、15:32、16:32、17:31、18:40

 京丹波町営バス:0771-82-3801
 南丹市営バス:0771-68-0003(南丹市交通対策室)、0771-75-1666(市営バス美山事務所)
 京都みやび交通:0120-207-011、0771-75-1177
 京都タクシー和知営業所:0771-84-0132

装 備:
 宿泊装備一式 /寝袋、マット、防寒具 /別途 装備表、食糧計画を掲載しました
 一般山行装備 /初日昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、ノコギリ

費 用:2,000円一人当たり
 交通費 700円/京丹波町営バス400円+300円
 食 費1,300円/夕食・朝食・昼食代+果物+おやつなど

【装備計画】
160913_0914
【食糧計画】
160913_0914_2
【地図】
予定断面図
 9/14~9/15
 160913_14_hodosu_jizosugi_tyoroga_2
 9月14日(水) 仏主から地蔵杉、長老ヶ岳
 160913_hodosu_jizosugi_tyorogataked
 9月15日(木) 長老ヶ岳から下乙見
 160914_tyorogatake_shimootumidanmen
予定ルート図
160913_14_hodosu_jizosugi_tyorogata 
予定ルート拡大図
前半
160913_hodosu_jizosugi_tyorogatake
後半
160914_tyorogatake_shimootumi
GPSの予定ルートデータ
 9月14日(水) 仏主から地蔵杉、長老ヶ岳
 「160913_Hodosu_Jizosugi_TyorogaTake.gpx」をダウンロード
 9月15日(木) 長老ヶ岳から下乙見
 「160914_TyorogaTake_ShimoOtumi.gpx」をダウンロード

Posted on 9月 8, 2016 at 11:09 午後 | | コメント (0)

2016.09.07

160907 京都へ

160907 京都へ やっとノートパソコンのセットアップが終わりましたが、今日はまた京都で会議ですから出かけます。
 なかなか、ゆっくり息を抜く暇がありません。
 今回は名簿の整備を行うに際して、EXCELのVBAやマクロ、条件付書式など、色々勉強になりました。

Posted on 9月 7, 2016 at 12:05 午後 | | コメント (0)

2016.09.06

160906 ノートパソコン

160906 ノートパソコン160906 ノートパソコン さんざん迷った挙げ句、ノートパソコンを購入しました。
 これまではデスクトップパソコンだけで、インターネット接続やHPの更新、メールのやり取りをこなして来ましたが、関西ハイク山友会の事務作業が増えそうなので、データの持ち出しや出先での閲覧や作業を円滑に進められるようにしたいと考えての対応です。
 昼過ぎに着いたので、ネットのWi-Fi接続設定、Office、ATOK、WZ-Editorのインストールを終えて、Dropbox、FireFox、G-mail をインストールすると、デスクトップパソコンとの同期が取れますから、必要最小限の環境が無事に整いました。
 昔ならデータの同期付けは大変でしたが、DropboxやG-mailのおかげで自宅でも外出先でも最新のデータを利用出来るようになって助かります。
 クラウド環境なればこそです。

Posted on 9月 6, 2016 at 11:25 午後 | | コメント (0)

2016.09.05

160905 昼は豚まん1個

Dsc_1551 昼食ダイエットを始めてから毎日同じでは飽きるので、時々は551蓬莱の豚まんを食べます。
 コンビニの肉まんや中華街の有名な豚まんとの大きな違いは、コロモが甘いことです。
 小学生の頃からなじんだ味なのでやっぱりこの甘さを忘れられません。
 でも、さすがに昼ご飯に豚まん1個では夕方になると空腹が我慢できなくなりますね。


Posted on 9月 5, 2016 at 11:13 午後 | | コメント (0)

2016.09.04

160904 山行記録:9/3 六甲「逢山峡から古寺山」 関西ハイク山友会 №951例会

160903_hozankyo_furuderayama_011160903_hozankyo_furuderayama_040

 多少雲があって日差しが弱まるので夏の沢歩きには最適な天候でした。
 折角沢靴を持っておられたのに登山靴で参加された方もおられたのは計画書の記載が登山靴または沢靴と明記しなかったためで、申し訳ありませんでした。
 夏休みが終わったためか、沢筋にはわれわれ以外遡行者はいなくてゆっくり沢歩きを楽しめました。

 逢山峡は上流の猪ノ鼻滝、鍋谷ノ滝以外は大きな瀑布は無く、中流から下は谷幅も広いので、水際を登山靴で歩くことも可能で、何度か徒渉があるものの、それ程濡れずに沢沿いに歩けます。
 沢靴だと積極的に浅瀬をジャブジャブ歩けるので夏場は快適です。
 今回は鍋谷ノ滝の二股までで遡行を打ち切りましたが、好評だったので、来年は同時期に二股上のゴルジュを抜けて、猪ノ鼻滝下まで遡行行程を伸ばしたいと思います。
 
 午後は長尾谷出合から古寺山取付まで林道を歩いて、古寺山を目指しました。
 古寺山は、現在 北山麓にある多聞寺が、源平合戦の頃まではこの山上にあって、広大な寺領を有して栄えていたそうです。
 源義経によって焼き払われたため廃寺になり、今は山名に名を留めるのみになっていますが、本堂跡には柱石の遺構も残っています。
 平清盛は福原遷都の折、福原の鬼門に当たる この旧多聞寺を特に庇護したそうで、今も山頂に「清盛の涼み岩」が残ります。
 15年前にこの山へ始めて登った頃は、ほとんど踏み跡も無く、錯綜した山頂付近で藪こぎに難渋したのを思い出しますが、最近は登山道が整備されて歩き易くなっています。
 古寺山からは、表参道とは名ばかりの急な坂道を六甲トンネル北の車道に下りて、唐櫃台駅に戻ったらまだ14時27分でした。
 参加していただいた皆さん、有り難うございました。

【山行記録】
六甲「逢山峡から古寺山』 関西ハイク山友会 №951例会 初心の山 11

日 時:平成28年9月3日(土) 9:02~14:27

参加者:18名

行き先:六甲「逢山峡から古寺山」

コース:神鉄・唐櫃台駅―東山橋―逢山峡谷遡行―鍋谷ノ滝(遡行終了)―猪ノ鼻滝―広河原(昼食)―古寺山取付―本堂跡―古寺山636m―「ひと休み」スポット―車道―唐櫃台駅(解散 14時27分)

レベル:一般向き (沢歩きは足元に注意)

地 図:国土地理院25000分の一「有馬」、昭文社「六甲・摩耶」
 歩行断面図
 歩行ルート図

行 程:約7.9km、所要時間:5時25分(歩行:3時間24分、休憩昼食:2時間01分)、天候:晴、気温:27℃→30℃
 神鉄・唐櫃台駅320m9:02―高速下360m9:18―東山橋360m(遡行準備)9:25~40―谷遡行―車道・不動明王390m10:24~35―二股400m10:49~51―鍋谷ノ滝420m(27℃)10:55~58―二股400m(遡行終了)11:03~07―車道―猪ノ鼻滝上450m11:18―広河原470m(昼食)11:25~12:07―長尾谷出合520m12:20―古寺山取付550m12:27~36―急登上610m(27℃)12:45~53―本堂跡630m13:07―古寺山636m13:11~28―「ひと休み」スポット510m13:44~54―車道400m(30℃)14:06―唐櫃遺跡330m14:23―唐櫃台駅320m14:27(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)
 
参加費:200円/交通費は各自払い

【写真】
Googleフォトの写真アルバム
位置情報付きで47枚あります。
160903 逢山峡から古寺山 №951

【地図】
歩行断面図
160903t_hozankyo_furuderayamadanmen
歩行ルート図
160903t_hozankyo_furuderayama
GPSの歩行軌跡データ
「160903T_HozanKyo_FuruderaYama.gpx」をダウンロード

Posted on 9月 4, 2016 at 11:52 午後 | | コメント (0)

160904 虹

160904 虹 この時期には珍しい虹が三ノ宮辺りにかかっています。
 明日は台風が接近するから、天気が下り坂です。

Posted on 9月 4, 2016 at 03:14 午後 | | コメント (0)

2016.09.03

160903 例会無事完了

160903 例会無事完了 初心の山 11は裏六甲の逢山峡の沢歩き
 さすがはベテラン揃い、やばいへつり、渡渉をなんなくクリアして予定より35分早く11:25に猪鼻の滝上の広河原に着いて遡行を終え昼食を摂りました。
 午後からは林道をシュラインロード手前まで詰めて、古寺山に取っ付き、山頂に着いたら13:11で1時間40分も早いので、丹生山脈や谷上辺りの住宅街の展望を楽しんで出発点の唐櫃台へ下りました。

Posted on 9月 3, 2016 at 11:43 午後 | | コメント (2)

2016.09.02

160902 山行計画:9/3 六甲「逢山峡から古寺山」 関西ハイク山友会 №951例会

160820_houzankyo_03_2

160820_houzankyo_01160820_houzankyo_02 直前の案内になって申し訳ありません。
 
 逢山峡は谷が短い六甲の沢の中では流域面積が広いため比較的水量も豊富で中流には鍋谷の滝や猪鼻の滝もあり、沢のすぐ横を舗装道路が平行しているので家族連れの水遊び等でも人気スポットです。
 夏場なので、沢靴を履いて水の中をジャブジャブ歩くのも楽しいですが、会員の方はほとんど沢靴やわらじを所有されていないので、今回は登山靴のままで流れに沿って岸辺を歩いたりナメ滝の横をへつったりしたいと思います。
 数ヶ所の徒渉がありますが、注意して渡ればカカト辺りまでしか濡れることはありません。
 谷歩きの区間は短いですが、数ヶ所の徒渉と、小滝の横をへつったりしますので、濡れてもよい靴と履き替え用の靴下、念のため着替えタオルなどをご持参下さい。
 前記二つの滝は滝壺の下まで見物に行きますが、写真のように登る予定はありませんのでご安心ください。

 古寺山(フルデラヤマ)は逢山峡の奥まで林道を辿り、シュラインロード手前の登山口から80mの高低差で山頂に到達できる手頃な山ですが、山頂にある「清盛の涼み岩」からは北六甲の帝釈山系の展望が広がります。

【山行計画】
六甲「逢山峡から古寺山』 関西ハイク山友会 №951例会

日 時:平成28年9月3日(土) 9:00~16:20

集 合:神戸電鉄有馬線・唐櫃台駅 改札口 午前9時
 【参考】 京阪神から唐櫃台(カラトダイ)への時刻
 京都7:14⇒JR新快速⇒8:07三ノ宮―地下鉄三宮8:17⇒地下鉄⇒8:28谷上8:35⇒神鉄有馬線・三田行⇒8:44唐櫃台
 【雨天の場合】
 前日、9月2日(金) 17:00発表の気象情報で、兵庫県南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:兵庫県南部 078-177 前9月2日(金) 17時発表の予報

参加予定者:19名/9/2現在

行き先:六甲「逢山峡から古寺山」

コース:神鉄・唐櫃台駅―東山橋360m―逢山峡谷遡行―鍋谷の滝―猪鼻の滝450m(遡行終了)―広河原(昼食)―古寺山取付―本堂跡―古寺山636m―鉄塔―車道―唐櫃台駅(16:20頃、解散)

レベル:一般向き (谷歩きは足元に注意)

地 図:国土地理院25000分の一「有馬」、昭文社「六甲・摩耶」
 予定断面図
 予定ルート図
 予定ルート拡大図(核心部)

行 程:神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m―25分―高速下360m―10分―東山橋360m(9:45頃、遡行準備10:00出発)―谷遡行50分―鍋谷の滝420m(11:00頃)―20分―猪鼻の滝450m(遡行終了)―10分―広河原470m(昼食、12:00頃)―20分―長尾谷出合520m―20分―古寺山取付550m(13:30頃)―50分―本堂跡630m―10分―古寺山636m(14:50頃)―20分―鉄塔490m―10分―車道400m―30分―唐櫃台駅(16:20頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、替え靴下、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)
 
参加費:200円/交通費は各自払い

【地図】
予定断面図
160903_hozankyou_furuderayamadanmen
予定ルート図
160903_hozankyou_furuderayama
予定ルート拡大図(核心部)
160903_1_hozankyo_furuderayama
GPSの予定ルートデータ
「160903_HozanKyou_FuruderaYama.gpx」をダウンロード

Posted on 9月 2, 2016 at 12:02 午後 | | コメント (0)

2016.09.01

160901 昼食ダイエット

Dsc_1521 数ヶ月前まで65kg遇った体重が62kg台まで落ちました。
 以前は昼食はサッポロ一番塩ラーメンにキャベツとベーコンと玉子をごま油で炒め、仕上げにバターを乗せて食べていましたが、おいしすぎてスープまで全部飲んでいたらだんだん体重が増えて、これはいかん!、とラーメンはやめてざる蕎麦やお稲荷さん、豚まん1個を代わる代わる食べるようにしたら、摂取カロリーが減ったため少しずつ体重が落ちてきて安心しました。
 年相応に食事量を減らさないとなかなか体重は減りませんから、出来ることから始めて現在の体重を維持したいと思います。

Posted on 9月 1, 2016 at 11:55 午後 | | コメント (0)