« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016.07.31

160731 長老ヶ岳から南へ縦走

160731 長老ヶ岳から南へ縦走160731 長老ヶ岳から南へ縦走 タクシーで長老ヶ岳下の駐車場500mまで入れたので、11時過ぎには長老ヶ岳に到達出来ました。
 早めに昼食を取って、12時から縦走路に向かいました。
 P884mから分岐の多い尾根を何度も迷いながらも何とか乗り切りました。
 迷点810mから岩峰が連続して、大苦戦しながら、巻いたり乗り越えたりしてようやく45分かけて通過出来ましたが、かなり消耗しました。

Posted on 7月 31, 2016 at 10:18 午後 | | コメント (0)

2016.07.30

160730 ピカチュウ ゲット~

160730 ピカチュウget160730 ピカチュウget 7月22日から日本でも公開されて、1日一度はテレビのニュースでも取り上げられ、色々話題になっている Pokemon GOですが、きよもりも話題に乗り遅れないよう、初日に早速DLしました。
 自宅周辺を歩き廻っているだけなのでなかなかレベルアップしないし、ポケモンにもあまり逢いませんが、今日やっとピカチュウを見付けてゲットしました。
 初めて見たけど、子供達が夢中になるのも納得できますね。
 可愛い~!

Img_2016073008161492_2Img_2016073008164222 ピカチュウ捕獲中の写真です。
 AR機能(背景とアニメの合成)は臨場感がありますが、ポケモンが動き回るので捕獲するにはARをオフにした方が捕まえやすいそうです。電池の消耗も少なくなります。
 ARとは、Augmented Realityの略語で、『拡張現実』と訳されるそうです。

 毎日何度かポケスポットを繋いで渡り歩いていると、ドラクエの最初の頃、主人公が村の周りをウロウロしながらスライムとか弱い敵を相手に棍棒程度の武器でやっつけながら経験値を上げているのとほとんど一緒だ、と気付きました。
 きよもりはまだレベル8です。


Posted on 7月 30, 2016 at 09:14 午前 | | コメント (0)

160730 猫ちゃんの散歩道

160730 猫ちゃんの散歩道160730 猫ちゃんの散歩道 毎朝5時過ぎから弓弦羽神社まで歩いていますが、JNKさんは地域猫ちゃんにすっかりなつかれて、近づくと寄って来てご飯をねだります。
 行きにお皿に盛って、お参りの帰りに皿を回収して、ご飯を残さないよう注意しているのは、猫嫌いの人もおられるからですが、この辺りの猫ちゃんはみんな耳カットされた一代限りの桜猫なのでこれ以上増えることがありませんから、幸せに暮らしてほしいですね。

Posted on 7月 30, 2016 at 08:48 午前 | | コメント (0)

2016.07.29

160729 土用の丑

160729 土用の丑160729 土用の丑 時々、無性に鰻丼が食べたくなります。
 今日も夕方から三宮に出て、いつもの「丸高」へ行ったら、満員状態でした。
 明日が土用の丑の日とは気付きませんでした。
 週末はまたテント泊ですから、スタミナ補給です。
 やっぱり美味しい!

Posted on 7月 29, 2016 at 11:37 午後 | | コメント (0)

2016.07.28

160728 8月と10月の下見計画

8月27日(土)~8月28日(日) 下見
若狭 『能登又谷~最低鞍部、三重岳~石田ダム』

参加予定者:5名/HMDさん、OONさん、KWTさん、KURJさん、きよもり

行程:
  三ノ宮9:53=芦屋10:00=京都10:45=12:15敦賀12:20=12:40美浜13:09=美浜町コミュニティバス300円=13:40松屋159m―30分―白谷橋200m―30分―能登又谷出合300m―30分―二股400m(16:00頃、幕営、6時出発)―90分―最低鞍部720m―40分―三重岳分岐850m(8:30頃)―30分―P889m―30分―P887m―30分―P943m―30分―三重岳974.1m(11:00頃)―20分―南尾根分岐950m―30分―P807m(12:20頃、昼食)―30分―P686m大ブナ―30分―支尾根上470m(14:10頃)―60分―石田川出合330m(15:20頃)―10分―八王子谷出合340m―30分―ワサ谷出合300m―20分―石田川ダム300m―40分―角川・光明寺下220m―10分―角川220m(17:30頃、JRバス670円)17:31=17:53近江今津18:25=19:33京都19:44=20:29芦屋

コメント;
  小浜線美浜からコミバスで松屋まで入り、能登又林道奥で幕営。 
  翌日、茶屋谷を最低鞍部まで詰めて高島トレイルに合流。三重岳分岐から三重岳まで縦走して、南尾根を石田川まで降りて、石田川ダムへ下山します。
  この行程は能登又谷から最低鞍部までの谷の詰めは今回初めてなので、初日に林道終点から出来るだけ最低鞍部の中間、二股辺りまでは入れたら翌日は何とかなると思います。谷が荒れている場合は、大御影側の支尾根を登ることになるかも知れません。
  最低鞍部から先は三重岳まで高島トレイルのルートなので問題ありませんが、三重岳分岐から三重岳までは結構時間がかかります。
  最後の三重岳南尾根は最後の下りが急斜面なので要注意です。"

歩行距離:18.7 km

地図:三方、熊川

【地図】
予定断面図(二日間の行程)
160827_28_notomatadani_sanjyodake_i
予定ルート図
160827_28_notomatadani_sanjyodake_2
予定ルート拡大図
前半
160827_28_1_notomatadani_sanjyodake
後半
160827_28_2_notomatadani_sanjyodake
GPSの予定ルートデータ
「160827_28_NotomataDani_SanjyoDake_IshidaDam.gpx」をダウンロード

10月8日(土)~10月9日(日) 下見
若狭 『野坂岳から三国山』

参加予定者:3 名/KURMさん、KURJさん、きよもり

行程:
  芦屋7:29=京都8:15=9:50敦賀(タクシー1台3,500円位)野坂岳登山口200m(10:30頃)―40分―栃ノ木地蔵420m―50分―行者の袖地蔵690m(12:10頃、昼食、水汲み)―30分―二ノ岳830m―20分―野坂岳避難小屋910m(14:00頃、泊、翌朝6:00出発)―30分―P797m―10分―鉄塔700m―20分―▲茶屋谷727.0m(7:10頃)―50分―葦谷山P866m―30分―P806m―10分―ブナ広場770m(9:00頃)―20分―P661m―10分―折戸峠・最低鞍部564m(9:50頃)―40分―P756m―20分―鉄塔810m―30分―三国山876.3m(11:40頃、昼食)―10分―黒河越分岐800m―30分―明王の禿東尾根790m(13:10頃)―10分―急登上700m―20分―P569m展望台(14:00頃)―20分―急登上490m―20分―東尾根取付340m―20分―黒河林道入口224m(15:20頃)―30分―白谷温泉140m(16:00頃、入浴)17:18(バス220円)17:36マキノ18:26=湖西線=18:34近江今津18:51=20:01京都20:14=20:58芦屋

コメント:
  高島トレイル、江若丹国境尾根縦走のオプションコースとして、マキノの三国山から更に北へ延びる加越国境尾根を歩きます。
  例会として11月に野坂避難小屋を利用した一泊二日の行程を予定していますので、事前に同行程を下見します。
  前日は敦賀からタクシーで登山口まで入り、夏道を登って野坂避難小屋に泊まります。
  翌日は早朝に出発して三国山まで7.5kmのアップダウンの多い国境尾根を縦走します。
  下山はルート開拓した明王の禿東尾根を黒河林道へ下り、白谷温泉で汗を流します。"

歩行距離:17.0 km

地図:敦賀、駄口

【地図】
予定断面図
161008_09_nosakadake_mikuniyamadanm
予定ルート図
161008_09_nosakadake_mikuniyama
予定ルート拡大図
前半
161008_09_1_nosakadake_mikuniyama
中間
161008_09_2_nosakadake_mikuniyama
後半
161008_09_3_nosakadake_mikuniyama
GPSの予定ルートデータ
「161008_09_NosakaDake_MikuniYama.gpx」をダウンロード

10月22日(土) 下見
六甲 『森林植物園からビーナスブリッジ』

参加予定者:2 名/JNKさん、きよもり

行程:
  JR三ノ宮駅(集合9:00)9:20=神戸市バス550円=10:00森林公園西門440m―15分―シアトルの森430m―30分―西門420m―25分―学習の森350m―30分―修法ヶ原池390m(12:20頃、昼食)―15分―再度越400m―25分―猩猩池280m―45分―燈籠茶屋160m(14:40頃)―10分―車道180m―15分―ビーナスブリッジ150m―15分―諏訪神社110m―10分―諏訪山公園下50m(16:00頃、解散)

コメント:
  神戸背山の三公園を巡る下り中心の楽な行程です。
  紅葉には少し早いが多種多様な木々と池を巡る森林公園の遊歩道を散策して、再度公園の修法ヶ原池に向かいます。
  再度越で六甲全縦走路を横切って、大師道を下り燈籠茶屋から諏訪山公園のビーナスブリッジで夕映えの神戸港の展望を楽しみます。

歩行距離:8.1 km

地図:神戸首部

【地図】
予定断面図
161022_shinrinsyokubutuen_binasubri
予定ルート図
161022_shinrinsyokubutuen_binasub_2
予定ルート拡大図
前半
161022_1_shinrinsyokubutuen_binasub
後半
161022_2_shinrinsyokubutuen_binasub
GPSの予定ルートデータ
「161022_ShinrinSyokubutuen_BinasuBridge.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 28, 2016 at 01:18 午前 | | コメント (0)

2016.07.27

160727 モバイルバッテリー特需

160727_mobilebattely 8月9日(火)~8月15日(月) 白峰三山と東京墓参で長期外出になるので、念のためスマホ用充電池をもう一台買おうとしたら、8月11日入荷予定で、旅行に間に合いません。

 何故 品切れかと思ったら、PokemonGOの爆発でスマホ用の充電器が猛烈な勢いで売れているそうです。
 確かに電源を入れたままGPSで送受信を繰り返すゲームですから、電池の消耗は早いです。
 7月25日、尾道往復で車中でずっと使っていたら、行き4時間の途中で電池残量が40%まで落ちましたから、すぐに充電器に接続して使うようにしました。
 ゲームに嵌まると10,000mAh程度のモバイルバッテリーは必需品ですね。
 Ankerのバッテリーは大容量でも3,000円程度ですから売れ筋№1です。
 モバイルバッテリー の 売れ筋ランキング


Posted on 7月 27, 2016 at 03:30 午後 | | コメント (0)

2016.07.26

160726 尾道へ

160726 尾道へ160726 尾道へ 6月30日以来なので、ひと月振りに尾道へ行きました。
 母はすっかり元気になって安心しました。
 主治医の先生から検査結果をお聞きしたら、病状は安定しているとのことで、ひと安心ですが、再発しないように食事、塩分、水分、薬、リハビリに関する注意を守るよう、念をおされました。
 帰りに尾道本通りの天狗寿司でにぎりずしをみんなで食べました。
 地元のシャコが柔らかくて甘く、口の中で融けるようで美味しかったです。

 今回はJNKさんも一緒に青春18切符を使って行きました。
 長い車中は駅に止まる度にPokemonGOのポケスポットを探してボールをゲットしたり、車内に現れたポケモンを捕らえたりで結構忙しく、気が紛れました。
 ずっとGPSが接続されていたから、電池の消耗が激しいので、モバイルバッテリーを持って行ったのは正解でした。

Posted on 7月 26, 2016 at 09:16 午前 | | コメント (0)

2016.07.25

160725 山行記録:7/23 播州『桶居山から高御位山』 関西ハイク山友会 8/6 №939例会の下見

160723_okesueyama_takamikurayama_01160723_okesueyama_takamikurayama_04
 8月6日(土)に予定している№939例会の下見。
 初心の山の下見ではすっかりお馴染みになったHIMさん、KNKさん、JNKさんに今回も同行していただいて無事完了しました。
 前日の天気予報である程度の暑さは覚悟していましたが、歩き始めから雲一つ無い快晴で高御位山に着く15時頃になってやっと陽が雲に隠れましたが、炎天下の縦走になってしまいました。
 日差しにもめげず最後まで歩き通していただいた皆さん、有り難うございました。
 お疲れ様でした。

 山神社から前桶居山までは160mの高度差ですが、岩尾根の傾斜が次第にきつくなり、播州アルプスの名に恥じない岩稜は快適でした。
 前桶居山から主稜線の縦走になります。
 支尾根が四方に派生していてルートを間違いやすかったので、最後に歩いた2010年頃まではGPSで確認する必要がありましたが、今回久し振りに歩くと左折ポイントには道標が設置されて判りやすくなっていました。
 日差しが強いので昼食時を含め休憩は出来るだけ木の影で頻繁に取るようにしました。
 それでも百間岩から高御位山の主稜線合流点に着いたら13時50分で予定より10分程度遅れただけでした。
 主稜線に出ると人気コースだけ逢って一般登山者が増え、南斜面から吹き上がってくる風も心地よくなって午前中の炎天下の縦走よりかなりしのぎやすくなったので助かりました。
 高御位山でゆっくり休憩を取って、前回(3/5)は多人数での下降を避けて巻いた長尾尾根の急な岩尾根を慎重に下りました。
 例会本番は雲が日差しを隠してくれる曇天になるよう祈りたいと思います。
 桶居山(オケスエヤマ247.6m)は高御位山(タカミクラヤマ299.8m)に次ぐ高さの三角点で、いずれも300m未満の低山ですが、播磨灘が近いので展望は抜群でした。

【山行記録】
播州 『桶居山から高御位山』 関西ハイク山友会 8/6 №939例会の下見

日 時:平成28年7月23日(土) 9:20~16:03

集 合:JR山陽線・ひめじ別所駅 改札口 午前9時
 【参考】 京阪神からJRひめじ別所への時刻表
  京都7:14→新快速姫路行き→大阪7:45→三ノ宮8:08→8:36加古川8:40→8:50ひめじ別所
  京都6:30→快速網干行き→大阪7:06→住吉7:26→三ノ宮7:34→8:36ひめじ別所
  京都6:45→快速姫路行き→大阪7:21→住吉7:41→三ノ宮7:49→8:50ひめじ別所
  京都7:29→新快速播州赤穂行き→大阪8:00→三ノ宮8:24→8:52加古川8:55→9:04ひめじ別所
  京都~ひめじ別所 2270円、大阪~ひめじ別所 1490円、三ノ宮~ひめじ別所 970円

参加者:4名/HMMさん、KNKさん、JNKさん、きよもり

レベル:一般向き (アップダウンが連続するコース)

コース:ひめじ別所(神姫バス\170)佐土新バス停―山神社登山口―前桶居山―桶居山247.6m―鉄塔Ⅱ―P182m―大ハングピーク―主稜線―市ノ池分岐―高御位山299.8m―長尾尾根―阿弥陀新池・長尾バス停(神姫バス\230)JR宝殿(解散 16:40)

地 図:国土地理院25000分の一「加古川」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:合計/約7.6km 所要時間:6時間43分(歩行:3時間56分、休憩昼食:2時間47分)、天候:快晴のち晴、気温:32℃→35℃→30℃→36℃
 JRひめじ別所 9:13(神姫バス\170)9:20佐土新バス停
 佐土新バス停20m9:20頃―山神社登山口40m9:29~38―急登中間130m(32℃)9:53~56―前桶居山200m(35℃)10:07~21―鉄塔170m10:26―だるま落とし岩下190m10:37~45―桶居山247.6m10:53~59―小ピーク下190m11:19~29―鉄塔ピーク下・左折点220m11:46(昼食)12:30―鉄塔2160m12:37―右折点150m12:46―鞍部130m(30℃)12:50~13:03―P182m13:14―大ハングピーク175m13:23~33―主稜線230m13:50―急斜面下190m(36℃)13:55~14:06―市ノ池分岐200m14:12―小ピーク260m14:20~26―奥長尾分岐260m14:35―高御位山299.8m14:50~15:06―巻き道合流200m15:21―ベンチ170m15:22~31―長尾尾根鉄塔130m15:36―阿弥陀新池手前(自販機)20m14:50~58―長尾バス停20m16:03
 長尾バス停16:22(神姫バス\230)JR宝殿16:36~46(JR各停)加古川16:50~52(新快速)三ノ宮17:21

 ★帰り/加古川、三ノ宮方面行き
  宝殿発時刻 14:29、15:01、15:31、16:01、16:29、16:46、17:00、17:16、17:30、17:46
   宝殿~三ノ宮 760円、宝殿~大阪 1320円、宝殿~京都 1940円
  曽根発時刻 14:25、14:58、15:27、15:57、16:25、16:42、16:57、17:12、17:27、17:42
   曽根~三ノ宮 840円、曽根~大阪 1320円、曽根~京都 2270円

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、日除け帽子
 尾根歩きはほとんど日陰がありませんから日除け帽子は必須です。
 日傘はアップダウン時には使えませんから、あまり有効ではありません。
 飲み水は余分に持参する必要があります。

費 用:400円/バス代

【写真】 位置情報付きで60枚あります。
Googleフォトの写真アルバム
桶居山から高御位山の下見
PicasaのWEBアルバム

160723 桶居山から高御位山・下見

【地図】
歩行断面図
160723t_okesueyama_takamikurayamada
歩行ルート図
160723t_okesueyama_takamikurayama
歩行ルート拡大図
前半
160723t1_okesueyama_takamikurayama
後半
160723t2_okesueyama_takamikurayama
GPSの歩行軌跡データ
「160723T_OkesueYama_TakamikuraYama.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 25, 2016 at 11:39 午後 | | コメント (0)

2016.07.24

160724 8/9~8/15の期間は山行+帰省中のため、返信は8月16日以降になります

 長女の夏期休暇に合わせて、2014年8月6日(木)~8月9日『白馬大池から白馬岳、鑓温泉』、2015年8月5日~8月8日『常念岳から蝶ヶ岳、上高地』に続いて、今年も娘達の山仲間の山行に同行させてもらいます。
 足手まといにならないよう、今年は更に荷物の軽量化を図らないと、初日+二日目の北岳への登りはかなり厳しそうです。
 白峰三山は大学二年の夏山合宿で大門沢から入り、農鳥、間ノ岳、北岳と縦走して、両俣へ下り、仙丈ヶ岳へ登り返して最後は甲斐駒から韮崎へ下山しました。
 貧乏学生ですからもちろん5泊6日のテント泊でしたが、同行者は全員 高校山岳部OB仲間ですから、体力的には問題ありませんでした。
 50年振りの南アルプス、果たしてチャンと歩けるか少し心配です。

 ということで、8月10日前後に会員の皆さんに送達される関西ハイク山友会の会報に関して、森井の例会は9月10月も月三回定員制での開催になるため、参加申込みが初日ないしは二日目に集中する傾向があります。
 しかし、ちょうど会報をご覧になる頃は森井は山へ入っていて、メールは読めても受付処理が出来ないので、以下のような不在通知による自動返信の設定をして申込みいただいた方にご了解いただくようにしたいと思います。
 よろしくお願い申し上げます。

 なお、関西ハイク山友会のHPの更新も同様に対応できない可能性が強いので、各リーダーにおかれましてはご了解いただくようお願い申し上げます。


【不在通知の原案】
関西ハイク山友会の会員各位

 メール、有り難うございます。

 まことに申し訳ありませんが、森井は8月9日(火)~8月13日(土)は南アルプス(白峰三山)縦走のため返信が出来ません。
 また、8月14日(日)~8月15日(月)は東京の実家へ帰省しますので、神戸帰宅は8月15日(月)夜の予定です。

 関西ハイク山友会の例会参加申込みの受付に関しましては、メールの受信順に神戸帰宅後(8月16日(火)以降)に受付処理を実施し、返信させていただきますので、ご了承ください。
 FAXでの受付に関しましても同様です。

 不在であっても申込は受信順になりますので、参加申込みは従来通り、早めにお送りください。

【追記】
関西ハイク山友会、各リーダーの皆さんへ

 関西ハイク山友会のHPの更新も同様の事情で対応できない可能性が強いので、各リーダーにおかれましてはご了解いただくようお願い申し上げます。

 緊急の用件の場合は以下のスマホへお電話ください。

   森井 潔 【関西ハイク山友会】
   E-mail:kgh03517@nifty.com
   ブログ:http://morii3.cocolog-nifty.com/
    スマホ(Y!mobile):090-4491-0586
_/_/_/_/_/_/_/_/ 16.08.08 23:58 _/_/_/_/_/_/_/_/

Posted on 7月 24, 2016 at 10:32 午後 | | コメント (0)

2016.07.23

160723 お疲れ様

160723 お疲れ様160723 お疲れ様 天気予報では降水確率0%、10%で曇り時々晴れ、好天だけど日差しが雲に隠れてくれると期待して歩き出しました。
 ところが雲もなく風もほとんど無いので、気温がどんどんあがって32℃から、午後には36℃まで上昇したので、木陰を見つけては、短いピッチで休憩を取りながら歩きました。
 主稜線に出る頃になって海からの風が強くなり、少し息を吹き返して、予定通り15時に高御位山に無事到着出来ました。
 最後の急な下り尾根を慎重に下って長尾バス停に着いたので、全員自販機でペットボトルを買って一気飲みしてようやく渇きを癒やしました。
 お疲れ様でした。

Posted on 7月 23, 2016 at 11:19 午後 | | コメント (0)

2016.07.22

160722 山行記録:7/21 京都北山『頭巾山から天狗畑、洞峠』 関西ハイク山友会 №933例会

160721_tokinsan_horatoge_029160721_tokinsan_horatoge_063

 梅雨が明けたのと降水確率が午前0%、午後10%の予想だったので日なたでは相当暑いと考えて、参加者の皆さんには水分を余分に持ってくるようお願いしましたが、幸か不幸か終日曇り空で尾根筋は終始爽やかな谷風が吹き上がり平均気温が20℃前後の過ごし易い天候でした。
 今回は行程が約13.6kmもあり、最初に野鹿の滝上370mから頭巾山871.0mまで高低差500mもあるのと、頭巾山から天狗畑848.3mまでアップダウンの多い尾根が4.4km続くので日帰り山行としてはかなり厳しいと覚悟して臨みました。
 結果的には予定より下山時間が25分遅くなってしまいましたが、皆さんの健脚に助けられて全員無事に下山することが出来ました。 
 参加していただいた皆さん、有り難うございました。お疲れ様でした。

 野鹿の滝上から登山口まで林道を歩き、頭巾山への急登が始まりますが、登山道がよく整備されているので高低差の割には時間がかからず 休憩18分を含めて1時間46分で頭巾山に到着できました。
 山頂で昼食をとり記念写真を撮りましたが、今日は生憎の曇り空で、青葉山の双耳峰が雲に隠れていたのは残念でした。
 頭巾山871.0mから天狗畑848.3mは小さなアップダウンと曲折した尾根が続きますが、危険個所はなくブナ混成林の広尾根は倒木も無いので歩きやすいです。
 ただ、尾根の曲折箇所は支尾根に入り込まないよう注意が必要なのと小さなアップダウンの繰り返しで結構時間がかかりました。
 ようやく天狗畑に到着したら計画より10分遅れ程度でしたが、天狗畑から急尾根を200m下って、更に洞峠まで小ピークを二つ越えるのにもかなり時間を消耗して、洞峠に着いたら計画より40分遅れの16:50でした。
 洞峠からは旧峠道を下る予定でしたが、予定時間の遅れを少しでも取り戻すため、途中の林道分岐から谷床へ下り、洞谷林道を谷沿いに下山しました。
 林道へショートカットしたお陰で洞集落の洞峠登山口に着いたら17:56で、計画(17:30)より26分遅れまで取り戻すことが出来ました。
 帰路は京都縦貫を使って京都駅まで多少時間短縮し、20:02京都駅に戻ってきました。(計画19:30)
 
【山行記録】
京都北山『頭巾山から天狗畑、洞峠』 関西ハイク山友会 第933回例会 北山の尾根と峠歩き 35

日 時:7月21日(木) 10:20~17:56

参加者:25名


行き先:京都北山『頭巾山から天狗畑、洞峠』

コース:京都駅(貸切バス)野鹿の滝上―頭巾山871.0m―P835m―P853m―P801m―P794m―天狗畑848.3m―鞍部―小P750m―洞峠―洞地蔵尊―洞谷林道―ゲート―洞峠登山口17:56(貸切バス)京都駅18:02 解散

レベル:中級向き (13.6kmのロングコース)

地図:国土地理院25000分の一「口坂本」「丹波大町」、北山分水嶺トレッキングマップは範囲外
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約13.3km 所要時間:7時間36分(歩行:5時間32分、休憩昼食:2時間04分)、天候:曇時々晴、気温:21℃→20℃
 京都駅発7:35=貸切バス=周山8:45~52=道の駅・名田庄9:45~53=野鹿の滝上10:13(予定10:20)
 野鹿の滝上370m10:20―登山口510m(21℃)10:40~48―ジグザグ急登上570m11:00―尾根上630m11:14~21―岩場下810m11:48―岩場上840m11:58~12:02―頭巾山871.0m12:06(昼食)50―P835m13:20~27―P853m右折迷点13:44~47―P801m14:07~16―小P800m右折14:31―P794m左折(20℃)14:45~51―天狗畑848.3m(20℃)15:18~30―急下降―鞍部660m15:54~16:00―小P750m16:27~35―洞峠660m16:50~17:00―洞地蔵尊580m17:13―丸木橋540m17:19―林道分岐530m17:24―林道歩き―福ヶ谷・一ノ滝370m17:36―旧道取付350m17:43―林道ゲート320m17:46―洞峠登山口290m17:56(予定17:30頃)
 洞峠登山口18:08=貸切バス=和泉18:22~30=園部17:02~11=京都縦貫1,240円=京都駅20:02(解散/予定19:30頃)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック

会 費:4,000円/参加費 200円+貸切バス代3,800円

【写真】
Googleフォトの写真アルバムです
写真は位置情報付きで88枚あります。
160721 頭巾山から天狗畑、洞峠/関西ハイク山友会 №933

160721 頭巾山から天狗畑、洞峠№933

【地図】
歩行断面図
160721t_tokinsan_tenguhata_horatoge
歩行ルート図
160721t_tokinsan_tenguhata_horato_2
歩行ルート拡大図
前半
160721t1_tokinsan_tenguhata_horatog
後半
160721t2_tokinsan_tenguhata_horatog
GPSの歩行軌跡データ
「160721T_TokinSan_TenguHata_HoraToge.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 22, 2016 at 11:57 午後 | | コメント (0)

2016.07.21

160721 無事下山

160721 無事下山160721 無事下山 頭巾山から天狗畑までアップダウンが多くて予定以上に時間がかかり、洞峠に着いたら、40分遅れの16時50分でした。
 峠道を途中から林道へショートカットして洞バス停には17時56分に降りて来ました。
 時間短縮で京都縦貫を利用します。
 20時頃、京都に着くと思います。

Posted on 7月 21, 2016 at 07:34 午後 | | コメント (0)

2016.07.20

160720 恐るべし任天堂/「ポケモンGO」(Pokemon Go)で復活

Shutterstock_41875282copy WiiやDSに固執するあまり、携帯→iPhone・Androidによるオープン化の流れに乗り遅れ、業績が低迷していた任天堂が、自社開発機へのこだわりを捨て、スマホで誰でも楽しめるゲーム開発に舵を切り替えて1年余りです。
 2015年7月には岩田社長が急逝され、暗雲が垂れ込めましたが、その不安を取り返すような快挙には、このところ海外勢に押されっぱなしだった日本の底力を久し振りに実感できて喝采しています。
 今回の「ポケモンGO」には『子供達を家の中でのゲーム漬けから解放し、外へ飛び出させるようなゲームを・・・』という故岩田社長の遺志が反映されているそうです。
 今日明日にも日本でも公開されるそうですから、大ブレイクは目前です。
 やっぱり、きよもりもDLするでしょうね。折角5.7インチの大画面ですから、興味津々です。

まぐまぐニュースの記事 2016.07.20
なぜ米国で「ポケモン」が特別な存在なのか? 現地NYからの分析
アメリカで空前の大ヒットを巻き起こしているスマホ用の無料アプリ・ゲーム「ポケモンGO」(Pokemon Go)。日本では今日にもリリースするとの噂ですが、NY在住でメルマガ「ニューヨークの遊び方」の著者・りばてぃさんは、アメリカで「ポケモンGO」が爆発的にヒットした理由を分析。なぜ「ポケモンGO」は、これだけ多くのアメリカ人を魅了して止まないのか? そこには、日本からは窺い知ることのできない、アメリカ人と「Nintendo」「Pokemon」、そして日本のポップカルチャーに対する、深くて長い「愛」の歴史がありました。

アメリカで「ポケモンGO」リリース
ニューヨークの街角では、スマホを片手に出歩く人々の姿を見かけることは、以前から頻繁にあって、別に珍しいことではなかったが、今週は、スマホを片手に出歩く人々がどっと増え、
「ピカチュー、どこでゲットできるの?」
とか
「なんだ、またズバットかぁー」
のような会話が、特に公園やパブリック・スペースで飛び交っていた。
突如、ポケモン旋風が吹き荒れたのだ。

ブログの方でも軽くご紹介したが、7月6日にオーストラリア、ニュージーランド、アメリカの3カ国で先行リリースされた無料のスマホ向けアプリ・ゲームの「ポケモンGO」(Pokemon Go)が、たった1週間でとてつもない記録を続々と打ち立てた。
アメリカ国内だけでも、連日、報じられる「ポケモンGO」のダウンロード数は、数百万単位、数千万単位へと増加。
ダウンロードしただけでなく、実際に使っている人々、つまり、アクティブ・ユーザー数も、1日最大2100万人に達し、あっという間にTwitterを抜き、SnapchatやGoogleMapに迫る勢いで、デビューしてたった1週間しか経っていない時点で、モバイル・ゲームとして米国史上最大のヒット作になったとも報じられている。

また、「ポケモンGO」自体は無料のゲーム・アプリだが、ゲーム内で販売しているゲーム中に使用する各種アイテムの売れ行きも好調だ。
推定額が明らかにされている米国内のiPhone向けアプリ(iOS)の売上げランキングによると、リリース開始からたった14時間という史上最速のスピードで、無料ゲーム部門の1位に!!!
その売上額は、デビューから数日後に、1日160万ドル(約1億6000万円)に達したという。
当然のことながら、ここに、金額が明らかにされていないアンドロイドOS向けの売上げも加算されるし、今後、アクティブ・ユーザー数が増えれば、ゲーム内販売からの売上もさらに増えるだろう。

そんなわけで、任天堂の株価も急騰。
「ポケモンGO」リリース後、わずか4営業日で任天堂の株価は6割も上昇し、年初来高値を更新。時価総額も、約8カ月ぶりに3兆円の大台を回復した。

今後、「ポケモンGO」は、スマホやインターネットが広く普及したドイツやイギリスなどのヨーロッパの先進諸国や、日本でも、順次、リリースされる予定になっているので、その反響次第では、さらに株価が上昇する可能性もあるという、とんでもない状況だ。
以下は紹介記事のリンクを参照してください。

Posted on 7月 20, 2016 at 10:27 午前 | | コメント (0)

2016.07.19

160719 満月

160719 満月160719 満月 やっと梅雨があけて、本格的な夏になり、昨日、今日はカラッと晴れあがりました。
 ミルクちゃんはクーラーの効いた部屋でのんびりあくび!
 綺麗な満月が中天にかかります。

Posted on 7月 19, 2016 at 11:59 午後 | | コメント (0)

2016.07.18

160718 山行計画:7/23 播州『桶居山から高御位山』 関西ハイク山友会 8/6 №939例会の下見

101212_okesueyama_takamikurayama_01101212_okesueyama_takamikurayama_02101212_okesueyama_takamikurayama_03

 3月5日(土)の第846回例会 播州『百間岩から高御位山』に引き続き5ヶ月ぶりで播州アルプスへ再挑戦です。
 暑い時期なので、日差しの強い尾根歩きは避けたいところですが、青春18切符が利用できる時期と云うことで例会本番は8月6日(土)になりましたので、今回の下見も青春18切符を使えます。

 桶居山(オケスエヤマ247.6m)は高御位山(タカミクラヤマ299.8m)に次ぐ高さの三角点ですが、いずれも300m未満の低山ですが、播磨灘が近いので展望は抜群です。
 また、桶居山や前横居山200mは円錐形のピラミッド峰で岩稜の登りは結構厳しくて楽しい尾根歩きになります。
 周囲には「山」の岩登りゲレンデもあり、途中のP182mの南面には大オーバーハングがあって、奇景が続きます。

 今回は佐土新から最短アプローチで播州アルプスのピラミッド・桶居山に登り、アップダウンが連続する播州アルプスの岩尾根を高御位山まで全縦走します。
 高御位山からの下山は前回は東側から山裾を巻いて下りましたが、今回は長尾尾根分岐から岩尾根を下りますが、岩が乾いておれば問題は無いと思います。

【山行計画】
播州 『桶居山から高御位山』 関西ハイク山友会 8/6 №939例会の下見

日 時:平成28年7月23日(土) 9:20~15:50

集 合:JR山陽線・ひめじ別所駅 改札口 午前9時
 【参考】 京阪神からJRひめじ別所への時刻表
  京都7:14→新快速姫路行き→大阪7:45→三ノ宮8:08→8:36加古川8:40→8:50ひめじ別所
  京都6:30→快速網干行き→大阪7:06→住吉7:26→三ノ宮7:34→8:36ひめじ別所
  京都6:45→快速姫路行き→大阪7:21→住吉7:41→三ノ宮7:49→8:50ひめじ別所
  京都7:29→新快速播州赤穂行き→大阪8:00→三ノ宮8:24→8:52加古川8:55→9:04ひめじ別所
  京都~ひめじ別所 2270円、大阪~ひめじ別所 1490円、三ノ宮~ひめじ別所 970円
 【雨天の場合】
 下見なので雨天決行です。

参加予定者:4名/7/21現在
 HMMさん、KNKさん、JNKさん、きよもり
  下見に同行していただける方はメールでご連絡下さい。

レベル:一般向き (アップダウンが連続するコース)

コース:ひめじ別所(神姫バス\170)佐土新バス停―山神社登山口―前桶居山―桶居山247.6m――鉄塔Ⅱ―P182m―大ハングピーク―主稜線―市ノ池分岐―高御位山299.8m―長尾尾根―阿弥陀新池・長尾バス停(神姫バス\230)JR宝殿(解散 16:40頃)

地 図:国土地理院25000分の一「加古川」
【地図】
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:合計/約7.4km 所要時間:6時間30分(歩行:4時間20分、休憩昼食:2時間10分)
 JRひめじ別所 9:13(神姫バス\170)9:17佐土新バス停
 佐土新バス停20m(9:20頃)―10分―山神社登山口―30分―前桶居山200m―30分―桶居山247.6m(10:50頃)―30分―鉄塔下・左折点220m―10分―鉄塔2160m(11:40頃、昼食)―30分―P182m―10分―大ハングピーク175m―20分―主稜線230m(13:40頃)―10分―市ノ池分岐―20分―小ピーク260m―20分―高御位山299.8m(14:50頃)―20分―長尾尾根鉄塔130m―20分―阿弥陀新池・長尾バス停20m(15:50頃)
 長尾バス停16:22(神姫バス\230)16:36JR宝殿(解散)

 ★帰り/加古川、三ノ宮方面行き
  宝殿発時刻 14:29、15:01、15:31、16:01、16:29、16:46、17:00、17:16、17:30、17:46
   宝殿~三ノ宮 760円、宝殿~大阪 1320円、宝殿~京都 1940円
  曽根発時刻 14:25、14:58、15:27、15:57、16:25、16:42、16:57、17:12、17:27、17:42
   曽根~三ノ宮 840円、曽根~大阪 1320円、曽根~京都 2270円

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、日除け帽子または日傘
 尾根歩きはほとんど日陰がありません。日除け帽子、飲み水なども余分にご持参下さい。

費 用:400円/バス代

【地図】
予定断面図
160806_okesueyama_takamikurayamadan
予定ルート図
160806_okesueyama_takamikurayama
予定ルート拡大図
前半
160806_1_okesueyama_takamikurayama
後半
160806_2_okesueyama_takamikurayama
GPSの予定ルートデータ
「160806_OkesueYama_TakamikuraYama.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 18, 2016 at 11:29 午後 | | コメント (2)

2016.07.17

160717 2対0で勝利、からとの湯でうま酒

160717 2対0で勝利、からとの湯でうま酒160717 2対0で勝利、からとの湯でうま酒 毎回ランナーを背負って苦戦しましたが、初回の三連打であげた二点を守りきって、昨日に続いて連勝
 疲れました。

Posted on 7月 17, 2016 at 03:48 午後 | | コメント (0)

160717 メールの送信予約 【Right inbox for Gmail】

160717_right_inbox160717_right_inbox_2 きよもりはメールのやり取りはGmailを使っています。
 Gmailは過去の履歴が全て保存されていて簡単に検索でき、パソコンでもスマホでも同期しながらどちらからも送受信できるので非常に重宝しています。
 この便利なGmailの唯一と言ってもよい欠点はメールの送信予約が出来ないことでした。

 最近、主催例会の開催回数が月3回に増え、当然下見の回数も増えたため月6日も山行があると結構スケジュールが詰まります。
 例会の開催案内や、参加申込みの受付返信、他のリーダーへ参加者数の増減や例会完了報告の返信など、夜中にパソコンを立ち上げてメールを書く機会が頻発していました。
 これまでは、夜中にメール送信しては先方にご迷惑をかけると判断して、翌朝にメールを作成して送るようにしたり、下書きに残しておいて、翌朝になってから送信したりしていました。
 ところが、メールを送ったつもりになって忘れていたり、下書きのままで送信ボタンを押し忘れたり、というミスが何度か起きて、これも頭の経年劣化のせいか、忙しすぎるのか、と気に病んでいました。

 少し時間が出来たので、思いついて、「メールの送信予約、Gmail」で検索したら、いろいろなアドオンやテクが出てきました。
 一番簡単そうで利用者が多いと思われたので、【 Right inbox 】というアドオンを入れて使ってみました。
 表示は英語ですが、何となく使えますので、お奨めです。
 使い方は以下のHPが判りやすいです。
 「Gmailで予約送信が簡単にできる「Right inbox for Gmail」がかなり便利

 早速使ってみると確かに簡単で、「send later」を選ぶと、プルダウンメニューが出て、1時間後とか2時間後の指定、送信日時指定などが選べます。
 ただし翌朝とか、翌日午後を選ぶ場合、今夜中の2時とかの場合、同じ日付ではなく翌日の朝8時とか15時になるようですから注意が必要です。
 初回なので4時間後で指定したら、Gmailの「下書き」に送信予定時間が明記されて、うまくいったことが判りました。

 これで、会員の皆さんを夜中にメール着信でたたき起こすこともなくなりそうですからご安心下さい。


Posted on 7月 17, 2016 at 03:55 午前 | | コメント (0)

2016.07.16

160716 5対1で快勝!

160716 快勝!160716 快勝! 毎年恒例の共栄会の野球大会
 雨で二週間延期になったので、応援に行けました。
 結果は5対1で快勝!!
 今日はうまいビールが飲めます。
 明日も神戸市のリーグ戦なので、応援に行く予定です。

Posted on 7月 16, 2016 at 05:22 午後 | | コメント (0)

2016.07.15

160715 サーバー再インストール

160715 サーバー再インストール160715 サーバー再インストール 先週まで約ひと月もパソコンが壊れて、復旧に四苦八苦して、ようやく使えるようになりました。
 ところが、WHSによる日々のバックアップが安定せず、サーバーにも異常があるようです。
 昨日までに9月10月の例会計画と貸切バスの配車依頼書が出来上がって、今日こそは来週7月21日の「頭巾山から天狗畑、洞峠」の計画書を作るつもりでしたが、どうしてもサーバーが気になって、結局、OSから初期化して再インストールを始めました。
 クリーンインストールなので、かなり時間がかかります。

Posted on 7月 15, 2016 at 05:03 午後 | | コメント (0)

2016.07.14

160714 山行計画:7/21 京都北山『頭巾山から天狗畑、洞峠』

151004_05_toukinsan_horatoge_05151004_05_toukinsan_horatoge_09

 頭巾山871.0m(二等三角点)は若丹国境尾根(福井・京都県境)の最高点で江若国境(福井・滋賀県境)の百里ヶ岳931.6m(一等三角点)に次ぐ高峰です。
 一方、長老ヶ岳916.9m(一等三角点)は周囲の山より50m程度高いので知名度は高いのですが、位置的に京都北山の最西端なのでアプローチが悪く、マイカーでの登山が中心になっています。
 今回は若丹国境の頭巾山と丹波の雄峰・長老ヶ岳を結ぶ20kmの頭長尾根(仮称)を4回に分けて歩きます。
 頭巾山871.0m(二等三角点)から天狗畑848.3m(三等三角点)、地蔵杉898.9m(三等三角点)、長老ヶ岳916.9m(一等三角点)と、三角点峰はすべて800m以上ですから、京都北山周辺でもかなり高所の尾根歩きになります。
 第一回目は頭巾山から天狗畑を踏んで洞峠(ホラトウゲ)から豊郷の洞(ホラ)へ下ります。
 歩行距離が長いので頭巾山へ最短時間であがるため、4年前(12/7/15)にピストンした野鹿の滝(ノカノタキ)上からの急尾根を登ります。
 頭巾山からは曲折する尾根のアップダウンを繰り返して天狗畑848.3mまで4km、尾根は長いですが、最初の下りさえ気をつければ後半は歩き易い植林帯になります。
 天狗畑からいったん200m下って小ピークを越えると洞峠で、毎年秋に催される綾部側と美山側からの「洞峠の風に吹かれて」という愛好グループの銘板が10枚以上立っていて驚きます。
 洞峠からは江戸時代に山肌を掘削して作道された旧峠道を約3km下ると林道に出て、洞のバス停まですぐです。
 この峠道は最初だけ岩稜と急峻な崖の間を掘削した険路ですが、そこを抜けると山腹を縫うように上手に造られたユリ道になり、時間があれば遍照金剛石碑から対岸の音谷の滝を眼下に眺めましょう。
【15/10/04~10/05 下見の写真】
 頭巾山から天狗畑、洞峠の下見
【下見の山行記録】
 15/10/4~10/5 若狭・京都北山『頭巾山から天狗畑、地蔵杉』 下見

 
【山行計画】
京都北山『頭巾山から天狗畑、洞峠』  関西ハイク山友会 第933回例会 北山の尾根と峠歩き 35

日 時:7月21日(木) 10:30~17:30

集 合:京都駅八条東口 南側アバンティ前 団体バス乗り場 7時40分出発
 団体バス乗り場は、京都駅東口南側のアバンティ(AVANTI)前に変更になっていますのでご注意下さい。

 バスは京都バスの小型バスです。
 参加予定者は定員一杯の25名になりますので整列乗車をお願い申し上げます。
【雨天の場合】
 前日(7/20) 17:00発表の気象情報で、京都府北部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府北部 0773-177(前7月20日(水) 17時発表の予報)

参加予定者:25名/7/15現在

行き先:京都北山『頭巾山から天狗畑、洞峠』

コース:京都駅(貸切バス)野鹿の滝―頭巾山871.0m―P835m―P853m―P801m―P794m―天狗畑848.3m―鞍部―小P750m―洞峠―洞地蔵尊―遍昭金剛石碑―旧道取付―洞バス停17:30頃(貸切バス)京都駅19:30頃 解散

レベル:中級向き (13.6kmのロングコース)

地図:国土地理院25000分の一「口坂本」「丹波大町」、北山分水嶺トレッキングマップは範囲外
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約13.6km 所要時間:7時間00分(歩行:5時間35分、休憩昼食:1時間25分)
 京都駅発7:40(貸切バス79km2:40)野鹿の滝10:20頃
 野鹿の滝390m(10:30頃)―25分―登山口510m―50分―岩尾根下730m―25分―頭巾山871.0m(12:20頃、昼食)―20分―P835m迷点―5分―迷点2 820m―10分―P853m右折―15分―P801m迷点3―20分―小P800m右折(14:20頃)―10分―P794m左折―30分―天狗畑848.3m(15:10頃)―20分―鞍部650m―20分―小P750m―10分―洞峠660m(16:10頃)―10分―洞地蔵尊580m―20分―遍昭金剛石碑500m―10分―急登上450m―10分―旧道取付350m―5分―林道入口320m―20分―洞バス停290m(17:30頃)
 洞バス停17:40頃(貸切バス64km2:10)京都駅19:30頃(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、日除け帽
 途中水場がないのとロングコースなので水分は余分にご持参ください。

会 費:4,000円/参加費 200円+貸切バス代3,800円

【地図】
予定断面図
160721_tokinsan_tenguhata_horatoged
予定ルート図
160721_tokinsan_tenguhata_horatoge
予定ルート拡大図
前半
160721_1_tokinsan_tenguhata_horatog
後半
160721_2_tokinsan_tenguhata_horatog
GPSの予定ルートデータ
「160721_TokinSan_TenguHata_HoraToge.gpx」をダウンロード
【GPSファイルのダウンロード手順】
 IE(インターネットエクスプローラー)でGPXファイルをダウンロードする手順は以下のPicasaのWEBアルバムをご覧下さい。
 https://picasaweb.google.com/109296178388291555089/6293358481221493681?authuser=0&feat=directlink
 IEでのダウンロード手順
 1.GPS予定ルートデータダウンロード_ファイルをマウスで選択
 2.右ボタンメニューで「GPSデータ_対象をファイルに保存(IE)」または「名前を付けてリンク先を保存(FireFox)」
 2-2.ファイルに保存_ファイル名変更_すべてのファイル*指定
 2-3.ファイルに保存_ファイル名変更_xml→GPX
 2-4.ファイルに保存_ファイル名変更_GPXと入力
以下省略

Posted on 7月 14, 2016 at 11:33 午後 | | コメント (0)

2016.07.13

160713 京都

160713 京都160713 京都 今日は関西ハイクの小委員会でしたが、昨日まで例会や会報原稿作成に追われ、やっと終わった脱力感で会議の日程を完全に忘れていて、ONOさんからの電話で、びっくりして飛び出しました。
 何とか1:50も遅れて終了前に会場に着きました。
 会議の終了時間を遅らせていただいたので、面目がたちましたが、ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。
 例によって京都駅前の立ち飲み屋で、喉をうるおして、帰路につきました。

Posted on 7月 13, 2016 at 07:38 午後 | | コメント (0)

2016.07.12

160712 山行計画:9月10月の例会予定

9月3日(土) 六甲『逢山峡から古寺山』
 初心の山 11
 一般向き
 定員 25名
 会費 交通費各自払い
 歩行距離 7.4km
【行程】
 神鉄・唐櫃台駅(集合9:00)320m―25分―高速下360m―10分―東山橋360m(9:45頃、遡行準備10:00出発)―20分―ゴルジュ380m―30分―鍋谷の滝420m(11:00頃)―20分―猪鼻の滝450m(遡行終了)―10分―河原470m(昼食、12:00頃)―20分―長尾谷出合520m―20分―古寺山取付550m(13:30頃)―50分―本堂跡630m―10分―古寺山636m(14:50頃)―20分―鉄塔490m―10分―車道400m―25分―からとの湯330m―10分―唐櫃台駅(16:20頃、解散)

【コメント】
 まだ残暑が残るので趣向を変えて、裏六甲の谷を遡行します。滝は小さなナメ滝が連続するので渓流靴があればシャワークライムが楽しめます。
 すぐ横を車道が並行するので、濡れたくない方は車道を歩いて下さい。
 午後からは古寺山(フルデラヤマ)の史跡跡を巡って、有馬街道に下ります。

【地図】 「有馬」
予定断面図
160903_hozankyou_furuderayamadanmen
予定ルート図
160903_hozankyou_furuderayama
GPSの予定ルートデータ
「160903_HozanKyou_FuruderaYama.gpx」をダウンロード

9月18日(日) 若狭『能登越から近江坂、大日』
 若丹国境尾根縦走 37
 中級向き
 定員 25名
 会費 3,800円
 歩行距離 13.7km
【地図】 「三方」
予定断面図
160918_notogoe_oumizakakodo_dainiti
予定ルート図
160918_notogoe_oumizakakodo_daini_2
GPSの予定ルートデータ
「160918_NotoGoe_OumizakaKodo_Dainiti.gpx」をダウンロード

9月22日(木) 京都北山『地蔵杉から長老ヶ岳』
 北山の峠と尾根歩き 38
 中級向き
 定員 25名
 会費 3,800円
 歩行距離 12.7km
【地図】 「島」「和知」
予定断面図
160922_jizosugi_tyorogatakedanmen
予定ルート図
160922_jizosugi_tyorogatake
GPSの予定ルートデータ
「160922_JIzosugi_TyorogaTake.gpx」をダウンロード

10月8日(土) 若狭『青葉山から松尾寺』
 初心の山 12
 一般向き
 定員 25名
 会費 4,300円(高速代含む)
 歩行距離 5.3km
【地図】 「東舞鶴」「青葉山」
予定断面図
161008_aobayama_matunoojidanmen
予定ルート図
161008_aobayama_matunooji
GPSの予定ルートデータ
「161008_AobaYama_MatunooJi.gpx」をダウンロード

10月16日(日) 若狭『黒河越から乗鞍岳』
 若丹国境尾根縦走 38
 中級向き
 定員 25名
 会費 3,800円
 歩行距離 10.5km
【地図】 「駄口」
予定断面図
161016_kurogogoe_norikuradakedanmen
予定ルート図
161016_kurogogoe_norikuradake
GPSの予定ルートデータ
「161016_KurogoGoe_NorikuraDake.gpx」をダウンロード

10月27日(木) 京都北山『長老ヶ岳から大野ダム』
 北山の峠と尾根歩き 39
 中級向き
 定員 25名
 会費 3,800円
 歩行距離 10.4km
【地図】 「和知」
予定断面図
161027_tyorogatake_oonodumdanmen
予定ルート図・前半
161027k1_tyorogatake_oonodum
予定ルート図・後半
161027k2_tyorogatake_oonodum
GPSの予定ルートデータ
「161027_TyorogaTake_OonoDumDANMEN.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 12, 2016 at 10:55 午後 | | コメント (0)

2016.07.11

160711 山行記録:7/10 若狭『三国山から黒河越』 関西ハイク山友会 №927例会

160710_meiounohage_mikuniyama_01160710_meiounohage_mikuniyama_06

 【Googleフォトの抜粋アルバム】
 https://goo.gl/photos/gBHzDVNjjueHg3kb7

【コメント】
 前日午後まで降っていた雨が止んで、曇り空が午後から陽が差す好天に恵まれました。
 湖西道は空いていて予定より25分早く東尾根に取っ付きました。
 今回のコースは黒河林道の中間から藪尾根の急登を上って、明王の禿直下に飛び出す明王の禿 東尾根(仮称:烏帽子尾根)を初めて歩きます。
 明王の禿からは高島トレイルの一般登山ルートを歩くので前半の難路がポイントになります。

 この尾根は取付340mから縦走路750mまで400mの高低差ですが、100m程度の急登が三ヶ所続くので、短いピッチで適宜休憩を取りながらゆっくり上りました。
 結果的には340mの取付出発(9:45)から昼食を挟んで、東尾根分岐の縦走路750mに12:48到着で、3時間03分・7ピッチかかりました。休憩昼食で1時間21分かけて、正味歩行時間は1時間42分だったので、予定していた歩行時間1時間45分はほぼ正しかったことになります。昼食時間30分を差し引いた休憩時間51分で、初回としてはまずまずでした。
 長い急登を登り切った脱力感からか、明王の禿や赤坂山、三国山で展望を楽しみながら通常より余計に休憩を取ったのでゴールの黒河林道駐車場に降りてきたら16時24分、取付時の25分の貯金を使い果たしてほぼ計画通りになっていました。

 参加していただいた皆さん、有り難うございました。お疲れ様でした。

 明王の禿 東尾根はホームページ等で探してもほとんど歩かれている記録がありませんが、距離的には三国山への最短ルートです。
 尾根は広葉樹林で途中、烏帽子岩などの巨岩群もあり高度が上がると展望も開け、広尾根ですから危険個所はありません。
 黒河越トイレ清掃に軽トラで上がってこられた地元の方のお話では、この尾根はむかし道があったそうですが、今は通る人も無くなったとのことでした。当時地元の小学生数名と先生が下り尾根で道を間違えて遭難騒ぎがあったとのことで、今回とったルートでも下る場合は右の谷へ迷い込まないよう注意が必要だと思います。

 高島トレイルの行程は次回『黒河越から乗鞍岳』(10月16日(日)を予定)でゴールになりますが、『湖北武奈ヶ岳から三重岳』、『近江坂古道から大日尾根、大御影山』の区間が積み残しになっていますので、出来れば今年中に踏査したいと思っています。
 
【山行記録】
若狭 『三国山から黒河越』  関西ハイク山友会 第927回例会 若丹国境尾根縦走 36

日 時:7月10日(日) 9:45~16:24

参加者:25名

行き先:若狭『三国山から黒河越』

コース:京都駅八条東口(7:30)=貸切バス・湖西道経由=黒河林道中間・駐車場―明王の禿東尾根―明王の禿―赤坂山823.8m―明王の禿―三国山876.3m―黒河越―黒河林道中間・駐車場=貸切バス・朽木経由=京都駅(19:06、解散)

レベル:中級向き (明王の禿 東尾根の急登と藪こぎ)

地図:国土地理院25000分の一「駄口」、高島トレイル運営協議会「高島トレイル詳細マップ」
 歩行断面図
 歩行ルート図
 歩行ルート拡大図

行 程:約9.0km 所要時間:6時間39分(歩行:4時間26分、休憩昼食:2時間13分)、天候:曇のち晴、気温:26℃
 京都駅八条東口7:30=貸切バス・湖西道経由=道の駅・藤樹の里8:38~48=黒河林道中間・駐車場9:27
 駐車場340m9:45―急登①中間390m9:57~10:01―急登①上部460m10:14~18―急登①上の広場490m10:25~34―烏帽子岩550m10:51―急登②上P569m(26℃)10:57~11:09―急登③中間610m11:21~24―急登③上部640m11:33~42―急登③上700m(昼食、26℃)11:51~12:31―沢横の左折点720m12:39―東尾根分岐750m12:48―明王の禿790m(荷物デポ)12:55~13:01―赤坂山823.8m(四等三角点、折返し)13:19~32―明王の禿790m13:48~55―東尾根分岐750m14:00―黒河越分岐800m14:17―三国山876.3m(三等三角点、折返し)14:32~50―黒河越分岐800m15:02―山腹道の鎖場660m15:28~36―林道支線620m15:40―黒河越・トイレ560m15:47~57―黒河林道―駐車場340m16:24
 黒河林道中間・駐車場16:38=貸切バス・朽木経由=道の駅・朽木本陣17:26~36=京都駅19:06(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、日除け帽、ノコギリ(所有者のみ)

会 費:4,000円/参加費 200円+貸切バス代3,800円

【地図】
歩行断面図
160710t_meiounohagehigashione_mikun
歩行ルート図
160710t_meiounohagehigashione_mik_2
歩行ルート拡大図
160710t1_meiounohagehigashione_miku
GPSの歩行軌跡データ
「160710T_MeiounoHageHigashiOne_MikuniYama.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 11, 2016 at 12:42 午後 | | コメント (0)

2016.07.10

Re:160710 全員無事下山

Re:160710 全員無事下山 湖西道の渋滞を避けての朽木廻りは正解でした。
 もうすぐ花折峠です。
 今年はネムノキの花がたくさん咲いています。
 朽木から大原への鯖街道は意外なほど車が少なくて助かりました。

Posted on 7月 10, 2016 at 06:07 午後 | | コメント (0)

160710 全員無事下山

160710 全員無事下山160710 全員無事下山 黒河林道の途中から藪尾根に取っ付いて、400mの急登を登りました。
 明王の禿から空身で赤坂山へ往復して、三国山から黒河峠まで下り、バスが待機する林道ゲートに着いたら、予定通り16:30でした。
 京都へ戻りますが、湖西道は渋滞しているので、朽木廻りで帰ります。

Posted on 7月 10, 2016 at 05:10 午後 | | コメント (0)

2016.07.09

160709 明日の例会は予定通り開催

160709_kosuikakuritu_0_0_2 17時発表の滋賀県北部の明日7月10日(日)の降水確率は、午前、午後共に0%で好天に恵まれそうです。
 予定通り、第927回例会 若狭『三国山から黒河越』を開催しますので、よろしくお願い申し上げます。
 参加者は昨日まで21名でしたが、今朝になって参加申込みを次々いただきましたので、最終的にはバスの定員通り、25名の参加となりました。

 今回はこれまでほとんど歩かれていない明王の禿 東尾根を登り、赤坂山と三国山の両山を制覇してから黒河越へ下ります。
 明王の禿 東尾根(仮称:烏帽子尾根)は高低差が400mあり、まだ多少の藪刈りが残っていますが、距離1.7kmと短いので、意外に時間がかからないと思います。
 100m位の急登が三ヶ所ありますので、黒河林道の取付から東尾根分岐まで2時間弱とみていますが、うまくいけば1時間30分程度で登り切れると思います。
 予想最高気温が32℃で暑くなりそうです。
 途中に水場もありますが、主稜線は日差しが強いので飲み物は余分にご持参下さい。
 後半、三国山から黒河越、黒河林道2.2kmは日除け帽子や日傘があると重宝すると思います。

 時間に遅れないよう京都駅八条東口に集合をお願いします。
 琵琶湖や湖北の展望を楽しみましょう。

Posted on 7月 9, 2016 at 05:47 午後 | | コメント (0)

160709 明日は快晴

160709_kosuikakuritu_0_0 昨日朝から雨が降ったり止んだり、今朝もまだ雨が降っていますが、西の方から雨はあがってきているようで、午後には晴れそうです。
 明日は関西ハイク山友会 №927例会 若狭『三国山から黒河越』を予定しています。
 昨日までの予報では降水確率が50%でやきもきしていましたが、今朝5時00分の発表では、滋賀県北部の明日7月10日(日)の降水確率は午前、午後共に0%になっています。
 国体尾根の例会6月30日(木)が中止になったので、不倒記録は26回で途切れましたが、まだ雨の神様には嫌われているようでよかったです。

 晴れを見通されたのか、今回は昨夜から参加申込みが三名もあって、参加予定者が24名になりました。
 有り難うございます。

 明日登路で予定している明王の禿 東尾根はイバラはありませんが、まだ多少藪刈りが残っていますので、ノコギリをお持ちの方はご持参いただければ助かります。

 この尾根に登路が出来ると赤坂山へも三国山へも最短の好ルートになります。
 明王の禿東尾根では名前が長すぎるので、中間にある巨岩・烏帽子岩にちなんで烏帽子尾根とでもしましょうか?
 ちなみに烏帽子尾根(仮称)の黒河林道からの取付は林道入口から約1km入ったところです。
 取付のすぐ手前には駐車場もあって、ここまでは舗装されていますので、マキノ駅からタクシーで入るのにも便利です。(3500円位)
 地図参照

160621_22_meiounohagehigashione_01

160710_meiounohagehigashione


Posted on 7月 9, 2016 at 06:51 午前 | | コメント (1)

2016.07.08

160708 山行計画:7/31~8/1 京都北山『長老ヶ岳から大野ダム』 下見

151104_tyorogatake_01160627_tyorogatake_01

 頭巾山から天狗畑、地蔵杉、長老ヶ岳と歩いてきた頭長尾根縦走の最終回。
 6月に歩いた長老ヶ岳から仏主の林道は冗長なので避け、七色の木の車道分岐から長老ヶ岳森林公園への車道を途中までタクシーで上がります。
 森林公園から登山道を山頂まで登り、熊坂峠への尾根に入ります。
 初日は音海分岐P884mの手前の鞍部で幕営します。地形的には西に30m下れば林道が交差していて50m下ると水も得られると思います。
 二日目は尾根歩きで未踏査ながら、美山トレイルのテープが残っていれば踏み跡ははっきりしていると思われます。
 植林帯で作業道があれば昼前には長瀬バス停に下山できますが、尾根がかなり曲折していて、アップダウンも多いのでGPSを確認しながら歩く必要がありそうです。
 今回の行程は二日間で11.2kmの歩行距離ですから、下見での確認次第ですが、藪こぎが少なければ例会では日帰りの行程で組めるかもしれません。

【山行計画】
京都北山『長老ヶ岳から大野ダム』
関西ハイク山友会の下見

日 時:平成28年7月31日(日)~8月1日(月)

集 合:京都駅山陰線32番線 6時37分発 福知山行きに乗車
 先頭から2両目に乗車して下さい。

 【雨天の場合】
 下見なので雨天決行です。

参加予定者:5名/OKMさん、HMDさん、OONさん、KWDさん、きよもり 7/24現在
 同行していただける方はメールでご連絡下さい。 
 7/24 久し振りにOKMさんから参加申込みをいただきました。有り難うございます。
 下見参加者はこれで5名になります。

行き先:京都北山『長老ヶ岳から大野ダム』

コース:
7月31日(日)
 京都6:37(山陰線970円)8:00和知(京都みやび交通一台6,000円位×2台)仏主林道中間―長老山森林公園―分岐―P782m―長老ヶ岳916.9m―P884m音海分岐(13:30頃、幕営)
8月1日(月)
 P884m―迷点810m―P822m左折点―P752m―大迫山分岐―熊坂峠―P363m大野ダム分岐―長瀬バス停13:14(南丹市バス200円)13:25和知13:32(JR山陰線970円)14:12園部14:15→14:51京都(解散)

レベル:中級向き (長老ヶ岳から熊坂峠までは曲折した尾根歩き)

地 図:国土地理院25000分の一「島」「和知」、昭文社「京都北山」
  (「北山分水嶺トレッキングマップ」は範囲外)
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半
 【参考】 長老ヶ岳森林公園MAP

行 程:二日間合計/約11.2km  所要時間:9時間20分(歩行:7時間00分、休憩昼食:2時間20分)
7月31日(日):約4.1km  所要時間:4時間20分(歩行:3時間00分、休憩昼食:1時間20分)

 京都駅6:37(山陰線970円)8:00和知8:10(京都みやび交通一台6,000円位×2台) 9:00仏主林道中間
 仏主林道中間420m(9:10頃出発)―30分―長老山森林公園500m―60分―分岐740m―30分―P782m―30分―長老ヶ岳916.9m(12:00頃、昼食)―30分―P884m音海分岐(13:30頃、幕営)

8月1日(月):約7.1km  所要時間:5時間00分(歩行:4時間00分、休憩昼食:1時間00分)
 P884m(7:00出発)―20分―迷点810m―30分―P822m左折点(8:00頃)―30分―P752m―20分―大迫山分岐730m(9:00頃)―60分―熊坂峠340m(10:20頃)―40分―P363m大野ダム分岐―40分―長瀬バス停170m(12:00頃、昼食)
 長瀬バス停13:14(南丹市バス200円)13:25和知13:32(JR山陰線970円)14:12園部14:15→14:51京都(解散 15時頃)

【参考:長瀬発のバス時刻】
長瀬13:14(南丹市バス200円)13:25和知13:32→14:12園部14:15→14:51京都
長瀬16:52(京丹波町営バス300円)17:06和知17:31→18:11園部18:21→19:05京都
長瀬17:45(南丹市バス200円)17:56和知18:40→19:11園部19:13→20:00京都

 京丹波町営バス:0771-82-3801
 南丹市営バス:0771-68-0003(南丹市交通対策室)、0771-75-1666(市営バス美山事務所)
 京都みやび交通:0120-207-011、0771-75-1177
 京都タクシー和知営業所:0771-84-0132

装 備:
 宿泊装備一式 /寝袋、マット、防寒具 /別途 装備表、食糧計画は後日掲載
 一般山行装備 /初日昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、ノコギリ

費 用:4,000円一人当たり
 交通費2,700円/タクシー代割り勘2,500円+京丹波町営バス200円
 食 費1,300円/夕食・朝食・昼食代+果物+おやつなど

【地図】
予定断面図
160731_0801_tyorogatake_oonodumdanm
予定ルート図
160731_0801_tyorogatake_oonodum
予定ルート拡大図
前半
160731_0801_1_tyorogatake_oonodum
後半
160731_0801_2_tyorogatake_oonodum
GPSの予定ルートデータ
7月31日(日) 仏主から長老ヶ岳
 「160731_Hodosu_TyorogaTake.gpx」をダウンロード
8月1日(月) 長老ヶ岳から長瀬
 「160801_TyorogaTake_Nagase.gpx」をダウンロード
長老ヶ岳森林公園MAP
Map

Posted on 7月 8, 2016 at 09:06 午後 | | コメント (0)

2016.07.07

160707 外猫

160707 外猫160707 外猫 毎朝、弓弦羽神社までの散歩道には飼い主のいない地域猫が沢山います。
 耳カットされているので、去勢手術や避妊手術が終わっている一代限りの猫ちゃんですから、近くの住民も皆さん安心して、ご飯をあげています。
 最近はJNKさんにも馴れて、5:30頃には出迎えてくれるようになりました。
 神社手前の震災慰霊碑横の灯籠や兼安公園、それぞれテリトリーがあるようで、上手に共存しています。

Posted on 7月 7, 2016 at 04:11 午後 | | コメント (0)

2016.07.06

160706 山行計画:7/10 若狭『三国山から黒河越』 関西ハイク山友会 №927例会

160621_22_meiounohagehigashione_01160601_02_mikuniyama_kurogogoe_01

 6月12日(日)の 『寒風から赤坂山』の続きです。前回は赤坂山へピストンして、粟柄越えからマキノスキー場へ下りましたが、今回は黒河越林道の中間から明王の禿 東尾根を登り、明王の禿から赤坂山へピストンして三国山から黒河越に下ります。
 明王の禿 東尾根はホームページ等で探してもほとんど歩かれている記録がありませんが、距離的には三国山への最短ルートです。
 6月1日~6月2日、6月21日~6月22日の二回の下見で、ルートは確認できていて、時間をかけて藪刈りも完了していますので問題ありませんが、多少藪が残っているのと100m程度の急登が三ヶ所ありますのでゆっくり登りたいと思います。
 尾根は広葉樹林で途中、烏帽子岩などの巨岩群もあり高度が上がると展望も開けますので楽しんでいただけるでしょう。広尾根ですから危険個所はありません。
 三国山から黒河越への山腹道、黒河越から約2kmの林道は日差しが強いと暑いので日除け帽子や日傘があると重宝します。

 高島トレイルの行程は次回『黒河越から乗鞍岳』でゴールになりますが、『湖北武奈ヶ岳から三重岳』、『近江坂古道から大日尾根、大御影山』の区間が積み残しになっていますので、出来れば今年中に踏査したいと思っています。
 
【山行計画】
若狭 『三国山から黒河越』  関西ハイク山友会 第927回例会 若丹国境尾根縦走 36

日 時:7月10日(日) 10:10~16:30

集 合:京都駅八条東口 南側アバンティ前 団体バス乗り場 7時40分出発
 団体バス乗り場は、京都駅東口南側のアバンティ(AVANTI)前に変更になっていますのでご注意下さい。

 バスは京都バスの小型バスです。
 定員25名ですが、駆け込みで参加していただける方が増えて参加予定者は定員一杯の25名になりましたので整列乗車をお願い申し上げます。
【雨天の場合】
 前日(7/9) 17:00発表の気象情報で、滋賀県北部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:滋賀県北部 0775-177(前7月9日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:25名/7/9現在

行き先:若狭『三国山から黒河越』

コース:京都駅八条東口(集合7:40)=貸切バス・湖西道経由=黒河林道中間・駐車場―明王の禿東尾根―明王の禿―赤坂山823.8m―明王の禿―三国山876.3m―黒河越―黒河林道中間・駐車場=貸切バス・湖西道経由=京都駅(19:00頃、解散)

レベル:中級向き (明王の禿 東尾根の急登と藪こぎ)

地図:国土地理院25000分の一「駄口」、高島トレイル運営協議会「高島トレイル詳細マップ」
 予定断面図
 予定ルート図
 予定ルート拡大図

行 程:約9.0km 所要時間:6時間20分(歩行:4時間45分、休憩昼食:1時間35分)
 京都駅八条東口(7:40集合)=貸切バス・湖西道経由=黒河林道中間・駐車場(10:00頃)
 駐車場340m(10:10頃)―30分―急登上490m―30分―烏帽子岩550m(11:20頃、昼食)―30分―急登上700m―15分―東尾根分岐750m(13:00頃)―10分―明王の禿750m―20分―赤坂山823.8m(13:40頃、折返し)―15分―明王の禿750m―30分―黒河越分岐800m―15分―三国山876.3m(14:50頃、折返し)―10分―黒河越分岐800m―40分―黒河越・トイレ560m―40分―駐車場340m(16:30頃)
 黒河林道中間・駐車場(16:40頃)=貸切バス・湖西道経由=京都駅(19:00頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、日除け帽(日傘)
 ノコギリ(多少藪刈りが残っていますので、お持ちの方はご持参下さい)

会 費:4,000円/参加費 200円+貸切バス代3,800円 
  申し訳ありませんが、今回から貸切バス代を500円上げさせていただきます。

【地図】
予定断面図
160710_meiounohagehigashione_mikuni
予定ルート図
160710_meiounohagehigashione_miku_2
予定ルート拡大図
160710_1_meiounohagehigashione_miku
GPSの予定ルートデータ
「160710_MeiounoHageHigashione_MikuniYama_KurogoGoe.gpx」をダウンロード
【GPSファイルのダウンロード手順】
 IE(インターネットエクスプローラー)でGPXファイルをダウンロードする手順は以下のPicasaのWEBアルバムをご覧下さい。
 https://picasaweb.google.com/109296178388291555089/6293358481221493681?authuser=0&feat=directlink

 IEでのダウンロード手順
 1.GPS予定ルートデータダウンロード_ファイルをマウスで選択
 2.GPSデータ_対象をファイルに保存_右ボタンメニュー
 2-2.ファイルに保存_ファイル名変更_すべてのファイル*指定
 2-3.ファイルに保存_ファイル名変更_xml→GPX
 2-4.ファイルに保存_ファイル名変更_GPXと入力
以下省略


Posted on 7月 6, 2016 at 11:59 午後 | | コメント (0)

2016.07.05

160705 パソコンほぼ復活

160705 パソコンほぼ復活160705 パソコンほぼ復活 6月9日から1ヶ月近くも壊れていた自宅のパソコンが、ほぼ復活しました。
 元々はデスクトップのリンク(ショートカット)がエラーになったので、D-driveを新しいHDDに交換して完了のつもりでしたが、交換してもうまくいかず、色々試行錯誤しているうちに、Windowsが起動しなくなり、Windowsを再インストールして、結局全てのHDDの中身をWHSのバックアップデータでリカバリーすることになり、更に時間がかかりました。
 最終的には、D-driveのリカバリーはどうしてもエラーでWHSのバックアップデータを読み込めませんでした。
 D-driveにはデスクトップファイルが保存されているので困りましたが、リンクファイルは、元のプログラムやデータは別のディスクにありますから、リンクを貼り直すことにします。
 疲れました。

 WHSのバックアップファイルは日毎にサーバーに保存されていて、D-driveのデータも6月8日まで正常に保存されているように見えますが、ファイルを指定して、クライアントのドライブを指定すると、ネットワーク接続が途中で切れてその先は進みません。

【WHSのエラーメッセージ】
 ファイルまたはフォルダーの復元
  復元処理は正常に行われませんでした。
  間違ったフォーマットのフォーマットのプログラムを読み込もうとしました。
・・・というエラーメッセージで、他のC-driveやF-driveでは正常に接続できてリカバリーも問題なく完了します。
 クライアント側のHDDのフォーマット形式が間違っているわけではなく、考えられる原因は過去数ヶ月にわたってD-driveのバックアップデータに何らかの損傷があって、リカバリーで読み込む処理が正常に完了しなくなっていた、と考えるのが一番妥当な理由のようです。
 WHSのバックアップは2015年8月21日から残っていますが、最も古いバックアップデータからリカバリーしようとしてもエラーですから、D-driveの損傷はその頃から起きていたと思われます。
 いずれにしても今回HDDを交換しましたから、当分は大丈夫です。

 ひと月近くもJNKさんのパソコンにきよもりをユーザー登録して、一台のパソコンを二人で共有していましたが、JNKさんには大変ご迷惑をかけて申し訳ありませんでした。

Posted on 7月 5, 2016 at 11:44 午後 | | コメント (0)

2016.07.04

160704 山行記録:7/3 大峰『高塚山』 関西ハイク山友会 小野リーダー №922例会

160703_oomine_takatukayama_01160703_oomine_takatukayama_02

160703_oomine_takatukayama_03160703_oomine_takatukayama_04

【地図】
歩行断面図
160703t_oomine_takatukayamadanmen
歩行ルート図
160703t_oomine_takatukayama
GPSの歩行軌跡データ
「160703T_Oomine_TakatukaYama.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 4, 2016 at 04:07 午後 | | コメント (0)

160704 のびのびミルクちゃん

14676017297750_2016070412085214676017452411_2016070412090714676017625922_20160704120925 今日は外は猛烈な暑さで、16時になってもベランダの温度計は34.6℃になっています。
 家猫のミルクちゃんは暑いときでも寒いときでも、部屋の中で一番快適な居場所を知っていて、今日はクーラーの効いた寝室のサイドボードのひこにゃんタオルケットの上でのんびり眠っています。
 写真を撮ろうとして部屋の電気を点けたら、チラッと目を開いてのびのび手足を伸ばしました。
 でも元々足が短いので白い足をいっぱい伸ばしてもほとんど解らない位ですから愛嬌があり可愛いです。


Posted on 7月 4, 2016 at 04:06 午後 | | コメント (0)

2016.07.03

160703 小野さん例会/無事完了

160703 小野さん無事完了 今日も絶好の好天に恵まれて、谷風を頬に受けて快適な尾根歩きを満喫出来ました。
 晴明ノ尾から急登400mを登り切って奥駆道に乗り、一ノ垰(いちのたお)の先で奥駆道を左折して片道一時間半で高塚山へ往復。
 アップダウンが多くて結構時間がかかりました。
 奥駆道に戻ったら15:26、急坂を下って行者還トンネル東口に下山したのが16:39で予定通りでした。
 昨日今日の連チャンでしたが、爽やかな天候に恵まれて久し振りの奥駆道を楽しめました。
 小野さん、ありがとうございました。

Posted on 7月 3, 2016 at 05:43 午後 | | コメント (0)

160703 山行記録:7/2 湖南『音羽山から幻住庵』 関西ハイク山友会 7/2 №921例会

160702_otowayama160702_otowayama_2

 尾根は28℃で谷間から吹き上げる風で爽やかでしたが、幻住庵への谷道を下り切った溜め池辺りでは34℃もあって、日差しが強くて閉口しました。
 逢坂の関からジグザグの階段が続く長い急登は大変でしたが、音羽山599.2mで山科や東山の向こうの京都に市街地、比叡山、比良山、琵琶湖の展望に疲れが癒されました。
 パノラマ台の先で左折して谷沿いに下った音羽山トイレで昼食をとりました。
 溜め池の間を抜けると市街地になりますが、午後の日差しが強く京阪石山寺駅まで東海自然歩道を歩くのは堪えますから、幻住庵で打ち切って解散とし、バスでJR石山に向かいました。

【山行記録】
湖南『音羽山から幻住庵』』 関西ハイク山友会 第921回例会 初心の山 9

日 時:平成28年7月2日(土)8:57~14:22

参加者:27名

レベル:一般向き (音羽山へ450m急登)

コース:京阪・大谷駅―蝉丸神社―ベンチ ― マイクロアンテナ―音羽山599.2m―パノラマ台―尾根分岐450m―音羽山トイレ―池の下―幻住庵(14:22、解散)

地 図:国土地理院25000分の一「京都東南部」「瀬田」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:合計/約8.4km 所要時間:5時間25分(歩行:3時間24分、休憩昼食:2時間01分)、天候:快晴、気温:28℃→30℃→34℃
 京阪・大谷駅160m8:57―蝉丸神社180m8:58~9:06―急階段Ⅰ上250m9:29~35―ベンチ310m9:47~56―急階段Ⅱ上470m10:15~24―マイクロアンテナ500m10:29―トイレ520m10:38~45―音羽山599.2m(28℃)11:08~22―パノラマ台550m11:44~50―尾根分岐450m12:11~19―音羽山トイレ300m(昼食、30℃)12:44~13:38―池分岐(左折点)210m13:43―池の下210m13:57―幻住庵150m(34℃)14:22解散
 幻住庵14:46=京阪バス230円=JR石山駅14:56

費 用:参加費200円

【地図】
歩行断面図
160702t_otowayama_genjyuandanmen
歩行ルート図
160702t_otowayama_genjyuan
歩行ルート拡大図
前半
160702t1_otowayama_genjyuan
後半
160702t2_otowayama_genjyuan
GPSの歩行軌跡データ
「160702T_OtowaYama_GenjyuAn.gpx」をダウンロード

Posted on 7月 3, 2016 at 03:32 午後 | | コメント (0)

2016.07.02

160702 例会無事完了 湖南『音羽山から幻住庵』

160702_otowayama160702_otowayama_2

 梅雨明けを思わせる好天に恵まれました。
 蝉丸神社から音羽山まで高低差400mは途中二ヶ所の長い階段の急坂があり、結構厳しい登りですが、短めのピッチで何とか登り切って、ほぼ予定通り、11時08分に山頂に到着して大展望を楽しみました。
 パノラマ台の先から左折して谷間を下り、音羽山トイレで遅めの昼食。
 最後は池の下から日照りの車道を20分歩いて幻住庵からJR石山駅に向かいました。

 参加していただいた皆さん、ありがとうございました。
 お疲れ様でした。

【補足】
 日差しの強い夏には日傘が重宝しますが、赤外線や輻射熱を遮断する効果が抜群の「SunBarrier100(サンバリア100)」の日傘を紹介申し上げます。

160702sunbarrier100_1160702sunbarrier100_2 ホームページは http://uv100.jp/ です。
 阪急 岡本駅から少し南に下がった「Hand In Hand(ハンドインハンド)」でも購入できますが、品切れの場合も多いので、サンバリア100の通販で購入される方がよいかもしれません。写真は JNKさんが購入した日傘ですが、ショートと折りたたみの2段折り。折りたたみは、3段折もあります。また手元は木曲がり手元と木ストレート手元が選べます。男性用もあり、サイズも豊富です。


Posted on 7月 2, 2016 at 10:21 午後 | | コメント (0)

2016.07.01

160701-2 山行計画:7/3 大峰『高塚山』 関西ハイク山友会 小野さん例会 №922

041111_ennogyoujyathumb000503_07_oomineokugake_010000503_07_oomineokugake_011 7月2日(土)のきよもりの例会に続き、翌7月3日(日)には小野リーダーの例会があり、きよもりとJNKさんは連チャン山行になります。
 大峰「高塚山」と聞いてもほとんど知られていませんが、行者還岳1546.5mと弥山1895mの中間にある一ノ垰1458m(いちのたお)のすぐ南から東へ延びている支稜線上にある三等三角点1363.7mです。
 大峰山脈は奥駆道(2000年5月3日~5月7日)を含めてこれまで何度も行く機会がありましたが、ほとんどが主稜線上を歩いていましたから、支稜線は初めてなので楽しみです。


【小野リーダーの計画書】
関西ハイク山友会 第922回例会のご案内      気になる山と名所旧跡15 ~奈良13~
 大峰「高塚山」 (やや健脚向き)

 行者還林道(国道309号線)から清明の尾根に上がり、奥駆道を経由して、支尾根を高塚山に向かいます。大普賢岳、行者還岳、弥山、八経ヶ岳、鉄山、稲村ヶ岳、仏生ヶ岳など、大峰の雄峰を真近に眺めながらの尾根歩きです。

 下見を2回実施した結果、安全を見て、下山ルートを変更することに致します。ご了承下さい。
 当初、高塚山からの尾根を東南に辿り、P1194を左折して、カラオト滝付近で和泉谷に降り、西原集落へ出る予定でしたが、林道最深部の崩壊の影響からか、作業用モノレール沿いの急降下が避けられない区間がありますので、高塚山から奥掛道に登り返し、論所の尾を経由してトンネル東口に出ることにします。なお、大和八木駅への帰着予定時刻に大幅な変更はありません。

 注意点は以下の通りです。
①特に危険な区間はなくなりましたが、距離10km余、累積標高差は登り940m、下り870m、歩行時間5時間半と歩きでのあるコースです。ペース配分に気を付けて歩きましょう。
②気温や湿度が高くなりそうなときは、水分をいつもより多めにお持ち下さい。
③マイクロバス2台を利用します。受付時に指定された号車に乗車して下さい。
④席取りをしない、ゴミを置き去りにしないなど、忘れ物をしないなど、乗車マナーの向上に引き続きご協力をお願いします。なお、参加予定者は40名で、補助席は使いません。

 体調管理に気を付けて、楽しくご参加下さい。

期 日: 2016年7月3日(日) 日帰り
    ※前日17時発表の天気予報において、奈良県南部の当日の午前(6‐12時)・午後(12‐18時)のいずれかの降水確率が、60%以上(60%含む)の場合は中止。 TEL.情報0744-177

集 合: 近鉄大和八木駅南口 団体バス乗場(ローソン前) 7時45分
 交 通 ○京都6:35(近鉄京都線急行・橿原神宮前行、13駅)大和西大寺7:36 880円
    ○鶴橋6:39(近鉄大阪線・榛原行、24駅)大和八木7:35 560円

行 程: 大和八木駅(バス)道の駅杉の湯川上(バス)行者還林道 清明の尾根取付―(清明ノ尾根)―奥掛道出合―一ノタワ―奥掛道別れ―P1418m―高塚山(1363.5m)三等三角点―P1418m―奥掛道出合―一ノタワ―(論所の尾)―行者還トンネル東口(バス)道の駅杉の湯川上(バス)大和八木駅(解散19時頃)

費 用: 3,500円(例会参加費200円、貸切バス代3,300円)

地 図: 昭文社=「大峰山脈」、25000分の一「弥山」

リ―ダー:小野 和良

装 備: 一般日帰り山行(昼食・非常食、ストック、雨具必携、着替え、ヘッドランプ等)

連絡先: 小野まで(前日21時以降の連絡は携帯へ)

キャンセル:6月27日(月)以降のキャンセルについては、貸切バス代に相当する3,300円をキャンセル料として申し受けることがあります。ご留意下さい。
 キャンセル待ちの方と交代できた場合はこの限りではありません。

【地図】
予定断面図
160703_oomine_takatukayamadanmen
予定ルート図
160703_oomine_takatukayama
GPSの予定ルートデータ
「160703_Oomine_TakatukaYama.gpx」をダウンロード
【GPSファイルのダウンロード手順】
 IE(インターネットエクスプローラー)でGPXファイルをダウンロードする手順は以下のPicasaのWEBアルバムをご覧下さい。
 https://picasaweb.google.com/109296178388291555089/6293358481221493681?authuser=0&feat=directlink
 IEでのダウンロード手順
 1.GPS予定ルートデータダウンロード_ファイルをマウスで選択
 2.右ボタンメニューで「GPSデータ_対象をファイルに保存(IE)」または「名前を付けてリンク先を保存(FireFox)」
 2-2.ファイルに保存_ファイル名変更_すべてのファイル*指定
 2-3.ファイルに保存_ファイル名変更_xml→GPX
 2-4.ファイルに保存_ファイル名変更_GPXと入力
以下省略

Posted on 7月 1, 2016 at 11:59 午後 | | コメント (0)

160701 明日の例会は予定通り開催します

160701 明日の例会は予定通り開催します皆さん、こんばんは!

梅雨明けが近いのか、今日からしばらくは好天が続きそうです。
明日7月2日(土)の京都南部の降水確率は午前中が0%、午後が10%ですから、予定通り例会を開催させていただきます。
ただ、予想最高気温が34℃になっていますので、案内にも記載の通り、日よけ帽子、日傘などが重宝すると思います。

なお、幻住庵からなおも車道を京阪石山寺駅まで歩くのは酷かもしれません。
計画通りだと幻住庵の下に14時00分に着きますので、予定を少し変更して、幻住庵下でいったん解散します。
時間のある方は幻住庵まであがって、ゆっくり庵を拝見してからバス停まで戻り、京阪バスでJR石山駅へ向かうのが最善だと思います。
幻住庵には寄らず、バス停からそのままJR石山駅に向かわれても結構です。

計画書にも記載の通り、集合駅の京阪大谷駅は無人駅ですから、京阪山科駅から乗車されるときに乗車券を購入するようにしてください。
ICOCA以外は使えません。
また、帰路に幻住庵からJR石山駅まで京阪バスを利用する場合、京都市域共通回数券が使えません。(電話で確認済み)
バス料金は各自ご用意ください、230円です。

最後は日差しの中を歩きますが、前半の音羽山までも昼前の音羽山トイレまでも樹林帯なので快適な木漏れ日を浴びながら歩けますからご安心ください。

Posted on 7月 1, 2016 at 09:28 午後 | | コメント (0)