« 160408 明日は好天 | トップページ | 160409 全員無事下山 №869 『上醍醐から高塚山』 »

2016.04.08

160408 山行記録:4/6~4/7 京都北山『光砥山から天狗峠、三国岳』 関西ハイク山友会 4/24 №881例会の下見

160406_07_koundoyama_sangokudake_07160406_07_koundoyama_sangokudake_20

 光砥山から高島トレイルの三国岳(サンゴクダケ)の尾根縦走は4月24日(日) №881例会で歩く予定ですが、貸切バスを利用します。
 下見も無理をすれば日帰りも可能かも知れませんが、路線バス利用だと15km以上のロングコースになります。
 路線バスで能見口まで入り、能見北尾根取付のまで約40分のアプローチになります。
 また下山場所の針畑川・桑原橋も高島市営バスが利用できますが、一日5本の運行で17時32分が最終なので時間的に制約されます。
 ということで、日帰りでの下見は諦めて 一泊二日、正味1日半の行程を組みました。
 しかし天気予報では二日目の4月7日(木)の降水確率が70%になっていて、初日の行程が長いので、二日目は出来るだけ早く下山することにして予定通り出発しました。

 能見北尾根の取付500mは積雪期に二度深雪のラッセルで悪戦苦闘しましたが、今回は最初の70m急登を20分足らずで登り切ると、少し緩くなって10分で650mの支尾根上に到着しました。
 この辺りは昨年2月の雪中登山で風下の東斜面で昼ご飯をとったところ。今日はまだ11時20分だから、傾斜が緩くなった広尾根のタムシバの花を見上げながら高度をあげていきます。
 P856mで昼食を食べていると頭上4mも上に虎テープが残っていてびっくり!
 昨年の雪中登山の折に付けた虎テープで、2mの積雪を思い出しました。
 コウンド谷東尾根分岐は昨年の雪中登山で光砥山まで登るのを諦めて左折したポイントですが、今回は快適な尾根歩きでどんどん高度をあげ、分岐から40分、13時35分に光砥山P951mに到着しました。
 光砥山で武奈ヶ岳や蓬莱山、花背鉄塔の展望を楽しんで、小野村割岳からの縦走路に入ります。
 歩きやすい登山道は小さなアップダウンを繰り返して天狗峠へ向かいましたが、P927mから北に向きを変え針葉樹帯に入ると日差しが遮られます。
 ようやく花が開き始めたイワウチワに目を止めながらひたすら天狗峠を目指しますが、結構時間がかかり、天狗峠928mに到着したら16時25分でした。
 天狗峠も樹林に囲まれて見通しはありませんが、わずかに北が開けてはるかに百里ヶ岳の秀峰が望まれました。
 天狗峠分岐に引き返して東に向きを変えた尾根を下り登り返すとすぐに天狗原850mに到着17:25です。
 天狗原はきよもりが勝手に名前を付けた草原ですが、この山域では唯一の草原でP927m深洞山分岐からでもそれと判ります。
 当初からここで幕営と決めていましたが、水場の確認が出来ていませんでしたので多少不安がありました。
 設営を終えて北の谷を50m下ったところで予想通り源流になって豊富な水が得られました。
 明日は雨なので雨除けのタープを張りましたが、食事を終えて20時40分に就寝するまでは全く雨は降らず、星がきれいに見えていました。
 12時頃になって風にはためくタープの音が気になって眠れないのでテントから出ると外は強烈な風で雨が横殴りに降り始めていました。
 横風ではタープが役に立たないので取り外して巻き込み再度 眠りにつきましたが、更に風雨が強くなり嵐になりました。

 3時過ぎに目を覚まし、風雨は弱まりそうもないのでテントの中を片付けて朝食の雑炊を作り、朝食を終えました。
 外ではリュックのパッキングが出来ないので寝具や身の回りの片付けを終え リュックに詰め 雨具を着て ついでに靴まで履いて、夜が明けるのを待ちました。
 5時25分 外が明るくなったのでリュックを担いでテントを飛び出し、速攻でテントを撤収してリュックの上に乗せて、嵐の中を出発しました。
 草原から小ピークを越え、P936m迷点で今回も少し迷いましたが無事に縦走路に乗って、樹林帯で風は弱まったものの雨足が強いのでゆっくり休憩する時間も取れず、ひたすら三国岳を目指しました。
 岩屋谷分岐890mまで登り切り、最後の急登70mで7時02分 三国岳に到着しました。
 三国岳から高島トレイルに入りますが、岩谷峠へ下る斜面の途中から右折して桑原への支尾根に入ります。
 桑原までの下り尾根は普段なら急下降でもそれ程問題ありませんが、昨夜来の雨で落ち葉道はたっぷり水を吸い込んで不注意に踏むと、木の葉ごと足元をすくわれて転倒します。
 予想以上時間がかかりましたが、急坂下730mまで下ると尾根道の傾斜はゆるくなるので歩き易くなりました。
 下壷谷登山口430mまで降りてきて、やっと暴風雨下の縦走を終え、ホッとしました。
 予定通り桑原橋9時49分発の路線バスで朽木に向かいました。

 同行していただいたHMDさん、KWTさん、有り難うございました。
 お疲れ様でした。

【山行記録】
京都北山『光砥山から天狗峠、三国岳』 関西ハイク山友会 4/24 №881例会の下見

日 時:平成28年4月6日(水)~4月7日(木)

参加者:3名/HMDさん、KWTさん、きよもり

レベル:中級向き (ロングコース、光砥山まで長い登り尾根、三国岳まで曲折する尾根歩き)

コース:
4月6日(水) 出町柳7:50=京都バス990円=9:36能見口―能見北尾根取付―P856m―光砥山P951m―深洞山分岐P927m―P921m―天狗峠928m―天狗原870m(幕営)
4月7日(木) 天狗原(6:00出発)―P936m迷点―岩屋谷分岐―三国岳959.0m―高島トレイル分岐P943m―P686m―下壷谷登山口―桑原橋9:49=高島市営バス220円=10:28朽木学校前10:36=江若バス740円=11:04安曇川11:18=12:00京都駅(解散)

地 図:国土地理院25000分の一「久多」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺倶楽部「北山分水嶺トレッキングマップ」
歩行断面図
 4月6日(水):光砥山から天狗峠
 4月7日(木) :天狗原から三国岳
 歩行ルート図

歩行ルート拡大図
 4月6日(水) 前半:能見口から光砥山
 4月6日(水) 後半:光砥山から天狗峠
 4月7日(木) :天狗畑から三国岳

行 程:合計/約15.6km 所要時間:11時間14分(歩行:7時間59分、休憩昼食:3時間15分)
4月6日(水) 歩行距離:約10.3km 所要時間:7時間33分(歩行:5時間05分、休憩昼食:2時間28分)、天候:曇、気温:16℃→19℃→16℃→17℃
 出町柳(集合7:40)7:50=京都バス990円=9:36能見口
 能見口460m(20℃)9:52―能見北尾根取付500m(16℃)10:28~41―急登上570m10:58~11:07―支尾根上650m11:18―660m(前回昼食地)11:20~28―左折点740m11:41~48―P856m(昼食、19℃)12:10~45―コウンド谷東尾根分岐860m12:57―小ピーク910m(16℃)13:12~13:19―コウンド谷分岐900m13:21―光砥山P951m13:35~51―深洞山分岐P927m14:30~40―イワウチワ900m14:55~15:09―P921m(17℃)15:27~34―天狗峠分岐890m16:10~15―天狗峠928m16:25~31―天狗峠分岐890m16:41~45―小ピーク900m16:59~17:06―東尾根分岐890m17:12―天狗原850m17:25(幕営、17:51~18:18水汲み・片道6分、19:00夕食、20:40就寝)

4月7日(木) 歩行距離:約5.3km 所要時間:3時間41分(歩行:2時間54分、休憩:47分)、天候:雨・暴風、気温:6℃→8℃
 天狗原870m(3:05起床、3:50朝食、4:00~5:15片付け・待機、5:20撤収)5:25―P936m迷点5:45~50―小鞍部850m6:22―広尾根870m6:30~38―岩屋谷分岐890m(6℃)6:50―三国岳959.0m7:02~16―桑原分岐920m7:25―急坂下730m(8℃)7:52~8:00―下壷谷登山口430m8:42~54―桑原橋400m9:06
 桑原橋9:49=高島市営バス220円=10:28朽木学校前10:36=江若バス740円=11:04安曇川11:18=12:00京都駅(解散)

費 用:3,000円
 交通費:バス代1,800円/出町柳~能見口990円+桑原~朽木220円+朽木~安曇川740円=1,950円(回数券購入)
 食 費:食材費1,200円/α米、カレーうどん食材、雑炊、おやつ、果物など、二日目の昼食は準備不要

【備考】
 桑原橋発バス時刻
  桑原橋7:29→8:08朽木学校前8:17→8:45安曇川9:17→10:00京都→10:43芦屋
  桑原橋9:49→10:28朽木学校前10:36→11:04安曇川11:18→12:00京都→12:43芦屋
  桑原橋12:49→13:28朽木学校前14:37→15:05安曇川15:18→16:00京都→16:43芦屋
  桑原橋13:49→14:28朽木学校前14:37→15:05安曇川15:18→16:00京都→16:43芦屋(江若バスが無いため上と同じ)
  桑原橋17:32→18:11朽木学校前18:17→18:45安曇川18:59→19:54京都20:07→20:58芦屋

【写真】
PicasaのWEBアルバム、写真は位置情報付きで28枚あります。

160406_07 光砥山から三国岳・下見
 

【地図】
歩行断面図
 4月6日(水) 光砥山から天狗峠
160406t_nomikuti_koundoyama_tenguto
 4月7日(木) 天狗原から三国岳
160407t_tenguhara_sangokudake_kuwab
歩行ルート図
160406_07t_koundoyama_sangokudake
歩行ルート拡大図
4月6日(水) 前半:能見口から光砥山
160406t1_nomikuti_koundoyama_tengut
4月6日(水) 後半:光砥山から天狗峠
160406t2_nomikuti_koundoyama_tengut
4月7日(木) 天狗畑から三国岳
160407t_tenguhara_sangokudake_kuw_2
GPSの歩行軌跡データ
 4月6日(水) 光砥山から天狗峠
 「160406T_Nomikuti_KoundoYama_TenguToge.gpx」をダウンロード
 4月7日(木) 天狗原から三国岳
「160407T_TenguHara_SangokuDake_Kuwabara.gpx」をダウンロード

Posted on 4月 8, 2016 at 11:17 午後 |

コメント

コメントを書く