« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016.03.31

160331 山行計画:4/6~4/7 京都北山『光砥山から天狗峠、三国岳』 関西ハイク山友会 4/24 №881例会の下見

140608_sasaritoge_onomurawaridake_k120708_tengutoge_sangokudake_027121019_jizotoge_sangokudake_038

 下見は路線バスを利用するため登山口まで歩く距離が増え、歩き出しも遅くなり、下山後のバスの便も悪くなりますので、一泊二日の行程とします。
 尾根歩きのロングコース。昨年2月に積雪のため途中で折り返した光砥山を目指します。深洞山から小野村割岳への主稜線をP927mで左折して天狗峠を経て三国岳で高島トレイルに合流します。
 天狗峠から三国岳、桑原の行程は平成24年7月8日(日)に歩いた行程ですが、早春の尾根歩きが楽しめると思います。
 天狗峠の先の草原で幕営します。水場は北側に下れば得られると思います。

【山行計画】
京都北山『光砥山から天狗峠、三国岳』 関西ハイク山友会 4/24 №881例会の下見

日 時:平成28年4月6日(水)~4月7日(木)

集 合:出町柳駅 京都バス乗り場 7時40分 7時50分発の広河原行きに乗車
 【雨天の場合】
 下見なので雨天決行です。

参加予定者:3名/3/31現在
 HMDさん、KWTさん、きよもり
  下見に同行していただける方はメールでご連絡下さい。

レベル:中級向き (ロングコース、光砥山まで長い登り尾根、三国岳まで曲折する尾根歩き)

コース:
4月6日(水) 出町柳7:50=京都バス990円=9:32能見口―能見北尾根取付―P856m―光砥山P951m―深洞山分岐P927m―P921m―天狗峠928m―草原870m(17:10頃、幕営)
4月7日(木) 草原(6:00出発)―P936m迷点―岩屋谷分岐―三国岳959.0m―高島トレイル分岐P943m―P686m―下壷谷登山口―桑原橋(9:40頃)9:49=高島市営バス220円=10:28朽木学校前10:36=江若バス740円=11:04安曇川11:18=12:00京都駅(解散)

地 図:国土地理院25000分の一「久多」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺倶楽部「北山分水嶺トレッキングマップ」
予定断面図
 4月6日(水) 光砥山から天狗峠
 4月7日(木) 三国岳から桑原
予定ルート図
 4月6日(水) 光砥山から天狗峠
 4月7日(木) 三国岳から桑原
予定ルート拡大図
 4月6日(水) 光砥山から天狗峠 前半後半
 4月7日(木) 三国岳から桑原

行 程:合計/約15.4km 所要時間:11時間10分(歩行:8時間45分、休憩昼食:2時間25分)
4月6日(水) 歩行距離:約10.1km 所要時間:7時間30分(歩行:5時間35分、休憩昼食:1時間55分)
 出町柳(集合7:40)7:50=京都バス990円=9:32能見口
 能見口460m(9:40頃出発)―40分―能見北尾根取付500m(10:30頃)―40分―支尾根上650m―50分―P856m(12:10頃、昼食)―20分―コウンド谷東尾根分岐860m(13:30頃)―20分―コウンド谷分岐870m―20分―光砥山P951m(14:20頃)―35分―深洞山分岐P927m(15:00頃)―30分―P921m―30分―天狗峠分岐890m―10分―天狗峠928m(16:20頃)―10分―天狗峠分岐890m―15分―東尾根分岐890m―15分―草原870m(17:10頃、幕営)

4月7日(木) 歩行距離:約5.3km 所要時間:3時間40分(歩行:3時間10分、休憩:30分)
 草原870m(6:00出発)―20分―P936m迷点―30分―小鞍部850m―20分―岩屋谷分岐890m―20分―三国岳959.0m(7:40頃)―10分―高島トレイル分岐P943m―30分―P686m―30分―下壷谷登山口430m―30分―桑原橋400m(9:40頃)
 桑原橋9:49=高島市営バス220円=10:28朽木学校前10:36=江若バス740円=11:04安曇川11:18=12:00京都駅(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック
個人幕営用具:寝袋、エアマット、ポリ容器(2L水汲み用)
  その他共同装備は別紙参照

費 用:3,000円
 交通費:バス代1,800円/出町柳~能見口990円+桑原~朽木220円+朽木~安曇川740円=1,950円(回数券購入)
 食 費:食材費1,200円/α米、カレーうどん食材、雑炊、おやつ、果物など、二日目の昼食は準備不要

【備考】
 桑原橋発バス時刻
  桑原橋7:29→8:08朽木学校前8:17→8:45安曇川9:17→10:00京都→10:43芦屋
  桑原橋9:49→10:28朽木学校前10:36→11:04安曇川11:18→12:00京都→12:43芦屋
  桑原橋12:49→13:28朽木学校前14:37→15:05安曇川15:18→16:00京都→16:43芦屋
  桑原橋13:49→14:28朽木学校前14:37→15:05安曇川15:18→16:00京都→16:43芦屋(江若バスが無いため上と同じ)
  桑原橋17:32→18:11朽木学校前18:17→18:45安曇川18:59→19:54京都20:07→20:58芦屋

装備表
160406_0407
食糧計画
160406_0407_2
【地図】
予定断面図
4月6日(水) 光砥山から天狗峠
160406_nomikuti_koundoyama_tengutog
4月7日(木) 三国岳から桑原
160407_tengutogehigashi_sangokudake
予定ルート図
4月6日(水) 光砥山から天狗峠
160406_nomikuti_koundoyama_tengut_2
4月7日(木) 三国岳から桑原
160407_tengutogehigashi_sangokuda_2
予定ルート拡大図
4月6日(水) 光砥山から天狗峠 前半
160406_1_nomikuti_koundoyama_tengut
4月6日(水) 光砥山から天狗峠 後半
160406_2_nomikuti_koundoyama_tengut
4月7日(木) 三国岳から桑原
160407_1_tengutogehigashi_sangokuda
GPSの予定ルートデータ
4月6日(水) 光砥山から天狗峠
「160406_Nomikuti_KoundoYama_TenguToge.gpx」をダウンロード
4月7日(木) 三国岳から桑原
「160407_TenguTogeHigashi_SangokuDake.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 31, 2016 at 06:36 午前 | | コメント (2)

2016.03.30

160330 5月6月の例会と下見山行計画:地図と行程

1604_1603231605_160323

1606_1603231607_160323

 平成28年5月6月の例会と下見の山行計画です。
 例会は会報発送の4月10日以前の参加申込みは出来ませんのでご留意下さい。 
 カレンダー記載の下見計画の行程は原則として例会と同じです。
 ただし、例会は日帰りですが、路線バスを利用する関係で以下の3件は一泊二日のテント泊になります。
 ① 4月6日(水)~4月7日(木) 下見 京都北山『光砥山から天狗峠、三国岳』
 ② 4月30日(土)~5月1日(日) 下見 若狭『箱館山から処女湖、近江坂古道』
 ③ 5月29日(日)~5月30日(月) 下見 若狭『赤坂山から三国山、乗鞍岳』

 また、日帰りの下見に関しても、貸切バスを利用する例会の場合、下見は路線バスを利用しますから、集合時間、場所、帰着時間が異なりますのでご注意下さい。
 ④ 5月12日(木) 下見 京都北山『大岩山から点名・奥山500.8m』
 ⑤ 6月9日(木) 下見 京都北山『竹次谷から雲取山、国体尾根』
 下見に同行していただける方はメールでご連絡下さい。
 よろしくお願い申し上げます。 

便宜上、4月6日(水)~4月7日(木)の下見も再掲します。

【下 見】
開催日: 4月6日(水)~4月7日(木)
京都北山 『光砥山から天狗峠、三国岳
参加予定者: 3 名/HMDさん、KWTさん、きよもり
行程: 約15.4km
4月6日(水) 歩行距離:約10.1km 所要時間:7時間30分(歩行:5時間35分、休憩昼食:1時間55分)
 出町柳(集合7:40)7:50=京都バス990円=9:32能見口
 能見口(460m、9:40出発)―40分―能見北尾根取付(500m、10:30頃)―40分―支尾根上(650m)―50分―P856m(12:10頃、昼食)―20分―コウンド谷東尾根分岐(860m、13:30頃)―20分―コウンド谷分岐(870m)―20分―光砥山P951m(14:20頃)―35分―深洞山分岐(P927m、15:00頃)―30分―P921m―30分―天狗峠分岐(890m)―10分―天狗峠928m(16:20頃)―10分―天狗峠分岐(890m)―15分―東尾根分岐(890m)―15分―草原(870m、17:10頃、幕営)
4月7日(木) 歩行距離:約5.3km 所要時間:3時間40分(歩行:3時間10分、休憩:30分)
 草原(870m、6:00出発)―20分―P936m迷点―30分―小鞍部(850m)―20分―岩屋谷分岐(890m)―20分―三国岳959.0m(7:40頃)―10分―高島トレイル分岐P943m―30分―P686m―30分―下壷谷登山口(430m)―30分―桑原橋(400m、9:40頃)
 桑原橋9:49=高島市営バス220円=10:28朽木学校前10:36=江若バス740円=11:04安曇川11:18=12:00京都駅(解散)
コメント:
 下見は路線バスを利用するため登山口まで歩く距離が増え、歩き出しも遅くなり、下山後のバスの便も悪くなりますので、一泊二日の行程とします。
 尾根歩きのロングコース。昨年2月に積雪のため途中で折り返した光砥山を目指します。深洞山から小野村割岳への主稜線をP927mで左折して天狗峠を経て三国岳で高島トレイルに合流します。
 天狗峠から三国岳、桑原の行程は平成24年7月8日(日)に歩いた行程ですが、早春の尾根歩きが楽しめると思います。
 天狗峠の先の草原で幕営します。水場は北側に下れば得られると思います。
備考: 桑原橋発バス時刻
 桑原橋7:29→8:08朽木学校前8:17→8:45安曇川9:17→10:00京都→10:43芦屋
 桑原橋9:49→10:28朽木学校前10:36→11:04安曇川11:18→12:00京都→12:43芦屋
 桑原橋12:49→13:28朽木学校前14:37→15:05安曇川15:18→16:00京都→16:43芦屋
 桑原橋13:49→14:28朽木学校前14:37→15:05安曇川15:18→16:00京都→16:43芦屋(江若バスが無いため上と同じ)
 桑原橋17:32→18:11朽木学校前18:17→18:45安曇川18:59→19:54京都20:07→20:58芦屋
【地図】 久多
予定断面図:
 4月6日(水) 光砥山から天狗峠
 4月7日(木) 三国岳から桑原
予定ルート図:
 4月6日(水) 光砥山から天狗峠
 4月7日(木) 三国岳から桑原
予定ルート拡大図:
 4月6日(水) 光砥山から天狗峠 前半後半
 4月7日(木) 三国岳から桑原


【下 見】
開催日: 4月16日(土)
六甲 『渦森台から六甲高山植物園
参加予定者: 3 名/OONさん、JNKさん、きよもり
行程: 約10.0km
 JR住吉駅改札(集合9:00)=バス210円=9:30渦森台300m(9:40出発)―50分―油コブシ分岐440m―50分―寒天山道分岐640m(11:30頃、昼食)―30分―六甲ケーブル山上駅740m―40分―みよし観音830m―10分―六甲高山植物園830m(13:50頃)―30分―瓢箪池800m―20分―六甲山上駅740m―50分―天望山482m―30分―六甲ケーブル下250m(17:40頃,10.0km)
コメント:
 渦森台公園から高羽道経由で油コブシに入り、六甲山上駅から六甲高山植物園で同時に咲く九輪草、石楠花、大山蓮華、エーデルワイスなどをゆっくり回遊します。六甲山上駅まで山上池を巡りながら戻ります。
【地図】 神戸首部、有馬
 予定断面図予定ルート図


【下 見】
開催日: 4月30日(土)~5月1日(日)
若狭 『箱館山から処女湖、近江坂古道
参加予定者: 5 名/HMDさん、OONさん、KURMさん、KURJさん、きよもり
行程: 約11.9km(二日間合計)
4月30日(土)
 芦屋7:29→京都8:15→9:05近江今津9:15=江若バス220円=9:34箱館山ゴンドラ下180m(10:00頃)―90分―箱館山547.0m(12:00頃、昼食)―30分―箱館山スキー場630m(13:30頃)―30分―最高点690m―40分―処女湖畔500m(15:00頃、幕営)
5月1日(日)
 処女湖畔500m(7:00発)―40分―平池490m―40分―ビラデスト今津ゲート500m(8:30頃)―30分―赤坂山475.2m―30分―鞍部360m(10:00頃)―30分―近江坂入口140m―30分―酒波寺(11:20頃)11:33=江若バス220円=11:58近江今津12:10→13:00京都駅(解散)→13:43芦屋
コメント:
 5月15日(日)に予定している例会では貸切バス利用なので日帰りが可能ですが、JR湖西線ではいると歩き始めが10時を過ぎるので、無理をせず一泊二日のテント泊とします。
初日の幕営は水辺の処女湖畔もしくは平池湖畔になると思いますが、いずれも幕営好適地です。
箱館山の三角点を踏んで、スキー場北斜面の処女湖畔に咲く石楠花の大群生を見物してから平池に抜け、ビラデスト今津ゲートから近江坂の古道を歩きます。
【地図】 熊川、海津
 予定断面図(二日分)予定ルート図


【例 会】
開催日: 5月7日(土)
六甲 『渦森台から六甲高山植物園、山上池巡り』 初心の山 7 
定員: 25名 一般向き(渦森台から油コブシは少し急登)
費用: 交通費各自 /路線バス利用
行程: 約7.5km 所要時間:6時間20分(歩行:3時間50分、休憩昼食:2時間30分)
 JR住吉駅改札(集合9:00)=バス210円=9:30渦森台300m(9:40出発)―50分―油コブシ分岐440m―50分―寒天山道分岐640m(11:30頃、昼食)―30分―六甲ケーブル山上駅740m―40分―みよし観音830m―10分―六甲高山植物園830m(13:50頃)―30分―瓢箪池800m―20分―六甲山上駅740m(16:00頃、解散)―50分―天望山482m―30分―六甲ケーブル下250m(17:40頃,10.0km)
コメント:
 渦森台公園から高羽道経由で油コブシに入り、六甲山上駅から六甲高山植物園で同時に咲く九輪草、石楠花、大山蓮華、エーデルワイスなどをゆっくり回遊します。六甲山上駅まで山上池を巡りながら戻ります。
備考:
 六甲山上駅で解散しますが、オプションで天望尾根をケーブル下まで歩きします。その場合の歩行距離は10.0km、所要時間は8時間になります。
【地図】 神戸首部、有馬
 予定断面図予定ルート図


【下 見】
開催日: 5月12日(木)
京都北山 『大岩山から点名・奥山500.8m
参加予定者: 1 名/きよもり
行程: 約10.1km
 京都7:09(山陰線580円)7:53園部8:01(南丹市営バス560円)8:29四ッ谷―海老谷220m(9:10頃)―10分―奥山谷出合230m―60分―大岩山南尾根取付350m(10:30頃)―80分―大岩山758.3m(12:00頃、昼食)―60分―P656m―20分―海老谷林道590m(14:20頃)―30分―点名奥山500.8m(15:00頃)―70分―奥山谷出合230m―10分―海老谷220m(16:30頃)―四ッ谷17:35(南丹市営バス560円)18:03園部18:22(JR山陰線580円)19:05京都(解散)
コメント:
 昨年同時期の下見では大岩山の石楠花を見ることが出来なかったので、今年は大岩山へ直接登り、石楠花を見ながら点名・奥山を経由して海老谷集落へ戻ります。
【地図】 四ッ谷
 予定断面図


【例 会】
開催日: 5月15日(日)
若狭 『箱館山から処女湖、近江坂古道』 若丹国境尾根縦走 34
定員: 40名
会費: 3,300円/貸切バス利用
行程: 約11.9km
 京都駅(集合7:40)=貸切バス・朽木経由=箱館山ゴンドラ下180m(10:00頃)―80分―箱館山547.0m(11:30頃)―20分―箱館山スキー場630m(12:00頃、昼食)―20分―最高点690m―30分―処女湖畔500m(13:40頃)―30分―平池490m―30分―ビラデスト今津ゲート500m(15:00頃)―20分―赤坂山475.2m―40分―近江坂入口―20分―酒波寺(16:40頃)=貸切バス・朽木経由=京都駅(19:00頃、解散)
コメント:
 箱館山の三角点を踏んで、スキー場北斜面の処女湖畔に咲く石楠花の大群生を見物してから平池に抜け、ビラデスト今津ゲートから近江坂の古道を歩きます。
【地図】 熊川、海津
 予定断面図予定ルート図


【下 見】
開催日: 5月21日(土)
京都北山 『大比叡から横川越
参加予定者: 2 名/JNKさん、きよもり
行程: 約10.0km
 京都駅(烏丸口C6乗り場、8:20集合)8:30=京阪バス820円=9:52比叡山頂830m(10:10頃)―10分―大比叡848.1m―20分―根本中堂分岐700m―20分―釈迦堂660m(11:10頃)―20分―青龍寺分岐700m―30分―玉体杉710m(12:10頃、昼食)―10分―横川越690m―30分―横川中堂600m(14:00頃)―60分―安楽律院240m―40分―西教寺170m(15:50頃、解散)15:55=江若バス230円=比叡山坂本
コメント:
 京都駅から比叡山上までバスで入り、大比叡三角点から根本中堂、釈迦堂まで延暦寺の境内を抜けて、玉体杉から横川越を経て横川中堂へ出ます。横川の参詣道を西教寺まで下ります
【地図】 京都東北部、大原
 予定断面図予定ルート図


【例 会】
開催日: 5月27日(金)
京都北山 『大岩山から点名奥山』 北山の尾根と峠歩き 33
定員: 25名
会費: 3,300円/貸切バス利用 
行程: 約10.1km
 京都駅(7:40集合)=貸切バス・京都縦貫経由=四ッ谷・海老谷220m(9:10頃)―10分―奥山谷出合230m―60分―大岩山南尾根取付350m(10:30頃)―80分―大岩山758.3m(12:00頃、昼食)―60分―P656m―20分―海老谷林道590m(14:20頃)―30分―点名奥山500.8m(15:00頃)―70分―奥山谷出合230m―10分―海老谷220m(16:30頃)=貸切バス・京都縦貫経由=京都駅(18:00頃、解散)
コメント:
 昨年同時期に大岩山の石楠花を見ることが出来なかったので、今年は大岩山へ直接登り、石楠花を見ながら点名・奥山を経由して海老谷集落へ戻ります
【地図】 四ッ谷
 予定断面図予定ルート図


【下 見】
開催日: 5月29日(日)~5月30日(月)
若狭 『黒河林道から赤坂山、三国山から乗鞍岳
参加予定者: 1 名/きよもり
行程: 約15.4km
5月29日(日)  約3.9km
 京都7:24=湖西線1140円=8:40マキノ=タクシー3000円位=黒河林道入口(9:10頃)260m―10分―尾根取付290m―60分―右折点490m―30分―P569m(11:10頃)―40分―左折点700m―20分―尾根分岐750m―10分―水場(12:30頃、昼食、デポ)750m―10分―明王の禿750m―20分―赤坂山823.8m(14:00頃)―10分―明王の禿―10分―水場750m(14:30頃、幕営)
5月30日(月)  約11.4km
 水場750m(6:00発)―20分―黒河越分岐800m―15分―三国山876.3m(6:50頃)―15分―黒河越分岐800m―40分―黒河越570m(8:00頃)―10分―P620m―30分―白谷651.5mⅣ(8:50頃)―10分―P650m―50分―小P810m―15分―芦原岳分岐830m(10:20頃)―15分―P779m―10分―小P770m―30分―電波塔810m―10分―電波塔Ⅱ840m―10分―乗鞍岳865.2m(12:00頃、昼食)―20分―鉄塔780m―10分―P789m―20分―スキー場上580m―30分―国境バス停389m(14:50頃)15:20=江若バス220円=15:41マキノ=湖西線=京都(解散)
コメント:
 下見は昨年9月に赤坂山まで終わっているので、今回は三国山から乗鞍岳まで歩いて高島トレイルの起点に到達します。マキノスキー場から粟柄越えの登山道は冗長なので避け、例会で下る予定の明王の禿の東尾根を逆に黒河林道入口から取っ付き、明王の禿北の水場でデポして、赤坂山を往復します。
翌日は三国山へピストンして、黒河越えから高島トレイルを点名・白谷(猿ヶ馬場)、乗鞍岳と縦走して、国境のスキー場へ下山します。
初日、明王の禿東尾根の登高が予定より早く完了するようなら、初日の幕営地を変更して、黒河越えまで足を伸ばすことも視野に入れます
【地図】 海津、駄口
予定断面図
 5月29日(日) 黒河林道から赤坂山
 5月30日(月) 三国山から乗鞍岳
予定ルート図(二日分)
予定ルート拡大図 前半後半


【例 会】
開催日: 6月4日(土)
京都北山 『大比叡から横川越』 初心の山 8
定員: 30名
会費: 交通費各自払い/路線バス利用+入山料300円負担
行程: 約10.0km
 京都駅(烏丸口C6乗り場、8:20集合)8:30=京阪バス820円=9:52比叡山頂830m(10:10頃)―10分―大比叡848.1m―20分―根本中堂分岐700m―20分―釈迦堂660m(11:10頃)―20分―青龍寺分岐700m―30分―玉体杉710m(12:10頃、昼食)―10分―横川越690m―30分―横川中堂600m(14:00頃)―60分―安楽律院240m―40分―西教寺170m(15:50頃、解散)15:55=江若バス230円=比叡山坂本
コメント:
 京都駅から比叡山上までバスで入り、大比叡三角点から根本中堂、釈迦堂まで延暦寺の境内を抜けて、玉体杉から横川越を経て横川中堂へ出ます。横川の参詣道を西教寺まで下ります
【地図】 京都東北部、大原
 予定断面図予定ルート図


【下 見】
開催日: 6月9日(木)
京都北山 『竹次谷から雲取山、国体尾根
参加予定者: 1 名/きよもり
行程: 約9.2km
 京都駅6:50(JRバス1180円)8:11周山8:15(京北バス860円)8:49高山バス停―竹次谷出合390m(9:00頃)―60分―竹次谷林道640m(10:10頃)―30分―二俣740m―30分―雲取峠880m―20分―雲取山911.1m(11:50頃、昼食)―10分―雲取峠880m―10分―ハタカリ峠890m―10分―三ツ又山890m(13:20頃)―30分―P829m―30分―P608m鉄塔―30分―灰屋口バス停350m(15:00頃)15:22(京北バス760円)15:54周山16:40(JRバス1180円)18:06京都(解散)
コメント:
 前回の下見(2014/7/27)から二年経っているので、状況確認のため再度下見を行います。始発のJRバスで周山まで入り、灰屋行きの京北ふるさとバスに乗り換えます。竹次谷の林道終点から谷沿いに雲取峠に出て、雲取山へ往復し、後半は国体尾根をP829m、P608mを経て下降し灰屋口に出ます。
【地図】 上弓削、花背
 予定断面図予定ルート図


【例 会】
開催日: 6月12日(日)
若狭 『寒風から赤坂山』 若丹国境尾根縦走 35
定員: 40名
会費: 3,300円/貸切バス利用
行程: 約8.2km
 京都駅(7:40集合)=貸切バス・湖西道経由=マキノ高原190m(10:00頃)―60分―展望ベンチ550m―60分―寒風860m(12:20頃、昼食)―50分―粟柄越757m―10分―赤坂山823.8m(14:10頃)―10分―明王の禿750m―10分―支尾根分岐(750m、14:40頃))―20分―P569m―30分―P346m―10分―黒河林道入口260m(16:00頃)=貸切バス・湖西道経由=京都駅(18:30頃、解散)
コメント:
 昨年10月の続きで、寒風から赤坂山まで草原と展望の尾根を歩き、赤坂山から明王の禿で東に延びる支尾根を下ります。この尾根はほとんど歩かれた記録はありませんが、比較的ゆるい傾斜で黒河林道の入口付近へ続いています
【地図】 海津、駄口
 予定断面図予定ルート図


【下 見】
開催日: 6月18日(土)
播州 『桶居山から高御位山
参加予定者: 2 名/JNKさん、きよもり
【地図】 加古川
行程、地図などは未作成

【下 見】
開催日: 6月26日(日)~6月27日(月)
京都北山 『地蔵杉南尾根~長老ヶ岳~仏主
参加予定者: 1 名/きよもり
【地図】 島、和知
行程、地図などは未作成

【例 会】
開催日: 6月30日(木)
京都北山 『竹次谷から雲取山、国体尾根』 北山の尾根と峠歩き 34
定員: 40名
会費: 2,800円/貸切バス利用
行程: 約9.2km
 京都駅(7:40集合)=貸切バス=竹次谷出合390m(9:20頃)―60分―竹次谷林道640m(10:30頃)―30分―二俣740m―30分―雲取峠880m―20分―雲取山911.1m(12:10頃、昼食)―10分―雲取峠880m―10分―ハタカリ峠890m―10分―三ツ又山890m(13:40頃)―30分―P829m―30分―P608m鉄塔―30分―灰屋口バス停350m(15:30頃)=貸切バス=京都駅(17:30頃、解散)
コメント:
 大布施から桂川沿いに灰屋の最奥部に入ります。竹次谷の林道終点から谷沿いに雲取峠に出て、雲取山へ往復し、後半は国体尾根をP829m、P608mを経て下降し灰屋口に出ます
【地図】 上弓削、花背
 予定断面図予定ルート図

下見
開催日:4月6日(水)~4月7日(木)
京都北山 『光砥山から天狗峠、三国岳
【地図】 久多
予定断面図
4月6日(水) 光砥山から天狗峠
160406_nomikuti_koundoyama_tengutog
4月7日(木) 三国岳から桑原
160407_tengutogehigashi_sangokudake
予定ルート図
4月6日(水) 光砥山から天狗峠
160406_nomikuti_koundoyama_tengut_2
4月7日(木) 三国岳から桑原
160407_tengutogehigashi_sangokuda_2
予定ルート拡大図
4月6日(水) 光砥山から天狗峠 前半
160406_1_nomikuti_koundoyama_tengut
4月6日(水) 光砥山から天狗峠 後半
160406_2_nomikuti_koundoyama_tengut
4月7日(木) 三国岳から桑原
160407_1_tengutogehigashi_sangokuda
GPSの予定ルートデータ
4月6日(水) 光砥山から天狗峠
「160406_Nomikuti_KoundoYama_TenguToge.gpx」をダウンロード
4月7日(木) 三国岳から桑原
「160407_TenguTogeHigashi_SangokuDake.gpx」をダウンロード

下見
開催日:4月16日(土)
六甲 『渦森台から六甲高山植物園
【地図】 神戸首部、有馬
予定断面図
160507_uzumoridai_rokkokozansyokubu
予定ルート図
160507_uzumoridai_rokkokozansyoku_2
GPSの予定ルートデータ
「160507_UzumoriDai_RokkoKozanSyokubutuen.gpx」をダウンロード

下見
開催日:4月30日(土)~5月1日(日)
若狭 『箱館山から処女湖、近江坂古道
【地図】 熊川、海津
予定断面図(二日分)
160515_hakodateyama_syojyokodanmen
予定ルート図
160515_hakodateyama_syojyoko
GPSの予定ルートデータ
「160515_HakodateYama_SyojyoKo.gpx」をダウンロード

例会
開催日:5月7日(土)
六甲 『渦森台から六甲高山植物園、山上池巡り』 初心の山 7 
【地図】 神戸首部、有馬
予定断面図
160507_uzumoridai_rokkokozansyokubu
予定ルート図
160507_uzumoridai_rokkokozansyoku_2
GPSの予定ルートデータ
「160507_UzumoriDai_RokkoKozanSyokubutuen.gpx」をダウンロード

下見
開催日:5月12日(木)
京都北山 『大岩山から点名・奥山500.8m
【地図】 四ッ谷
予定断面図
160527_ooiwayama_okuyamadanmen
予定ルート図
160527_ooiwayama_okuyama
GPSの予定ルートデータ
「160527_OoiwaYama_Okuyama.gpx」をダウンロード

例会
開催日:5月15日(日)
若狭 『箱館山から処女湖、近江坂古道』 若丹国境尾根縦走 34
【地図】 熊川、海津
予定断面図
160515_hakodateyama_syojyokodanmen
予定ルート図
160515_hakodateyama_syojyoko
GPSの予定ルートデータ
「160515_HakodateYama_SyojyoKo.gpx」をダウンロード

下見
開催日:5月21日(土)
京都北山 『大比叡から横川越
【地図】 京都東北部、大原
予定断面図
160604_daihiei_yokawakoedanmen
予定ルート図
160604_daihiei_yokawakoe
GPSの予定ルートデータ
「160604_DaiHiei_YokawaKoe.gpx」をダウンロード

例会
開催日:5月27日(金)
京都北山 『大岩山から点名奥山』 北山の尾根と峠歩き 33
【地図】 四ッ谷
予定断面図
160527_ooiwayama_okuyamadanmen
予定ルート図
160527_ooiwayama_okuyama
GPSの予定ルートデータ
「160527_OoiwaYama_Okuyama.gpx」をダウンロード

下見
開催日:5月29日(日)~5月30日(月)
若狭 『黒河林道から赤坂山、三国山から乗鞍岳
【地図】 海津、駄口
予定断面図
5月29日(日) 黒河林道から赤坂山
160529_kurogorindo_akasakayamadanme
5月30日(月) 三国山から乗鞍岳
160530_mikuniyama_norikuradakedanme
予定ルート図
160529_30_akasakayama_mikuniyama_no
予定ルート拡大図
前半
160529_30_1_akasakayama_mikuniyama_
後半
160529_30_2_akasakayama_mikuniyama_
GPSの予定ルートデータ
5月29日(日) 黒河林道から赤坂山
「160529_KurogoRindo_AkasakaYama.gpx」をダウンロード
5月30日(月) 三国山から乗鞍岳
「160530_MikuniYama_NorikuraDake.gpx」をダウンロード

例会
開催日:6月4日(土)
京都北山 『大比叡から横川越』 初心の山 8
【地図】 京都東北部、大原
予定断面図
160604_daihiei_yokawakoedanmen
予定ルート図
160604_daihiei_yokawakoe
GPSの予定ルートデータ
「160604_DaiHiei_YokawaKoe.gpx」をダウンロード

下見
開催日:6月9日(木)
京都北山 『竹次谷から雲取山、国体尾根
【地図】 上弓削、花背
予定断面図
160630_takejidani_kumotoriyama_koku
予定ルート図
160630_takejidani_kumotoriyama_ko_2
GPSの予定ルートデータ
「160630_TakejiDani_KumotoriYama_KokutaiOne.gpx」をダウンロード

例会
開催日:6月12日(日)
若狭 『寒風から赤坂山』 若丹国境尾根縦走 35
【地図】 海津、駄口
予定断面図
160612_kanpu_akasakayamadanmen
予定ルート図
160612_kanpu_akasakayama
GPSの予定ルートデータ
「160612_Kanpu_AkasakaYama.gpx」をダウンロード

例会
開催日:6月30日(木)
京都北山 『竹次谷から雲取山、国体尾根』 北山の尾根と峠歩き 34
【地図】 上弓削、花背
予定断面図
160630_takejidani_kumotoriyama_koku
予定ルート図
160630_takejidani_kumotoriyama_ko_2
GPSの予定ルートデータ
「160630_TakejiDani_KumotoriYama_KokutaiOne.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 30, 2016 at 03:37 午後 | | コメント (0)

2016.03.29

160329 山行計画:4/3 六甲『社家郷山焼き肉と夙川堤花見』 関西ハイク山友会 第865回例会

山行計画:4/3 六甲『社家郷山焼き肉と夙川堤花見』 関西ハイク山友会 第865回例会

 関西ハイク山友会は平成23年11月に発足以来、創立五周年を迎えました。
 現在、会員数420名、リーダー15名、これまでの延べ例会参加人員17,394名の実績を積み重ねてこられたのも会員皆様の応援があったからと感謝申し上げます。
 この度、五周年を迎えたのを機に、会員の皆様には日ごろと違う面から楽しんでいただきたいとの思いで記念行事を計画しました。
 会員の皆様にはふるってご参加頂き、会員相互の親睦を図り、関西ハイク山友会の更なる発展に繋がればと願っております。
 今回は記念山行の初回として東六甲の社家郷山(シャケゴウヤマ)キャンプ場で焼き肉懇親会を楽しんだあと、満開を迎えた夙川堤の花見を堪能していただきたいと思います。

150620_syakegoyamacampjyo_02150620_syakegoyamacampjyo_03

【山行計画】
六甲 『社家郷山焼き肉と夙川堤花見』 関西ハイク山友会 第865回例会
  五周年記念行事 第1回

日 時:平成28年4月3日(日)  11:00~17:00(銀水橋到着)

集 合:現地集合 社家郷山キャンプ場 11時00分
  阪急夙川10:25、JRさくら夙川10:19、阪神西宮10:17(西宮戎バス停) 乗換の「さくらやまなみバス」利用が便利です
   「かぶとやま荘」バス停10:46着、徒歩5分
  【雨天の場合】
 食材手配の都合で前々日の降水確率で開催の可否を決定します。
 前々日(4/1) 17:00発表の気象情報で、兵庫県南部の4月3日(日)の降水確率が60%以上(60%を含む)の場合は中止します。(二日前なので午前午後の区別はありません)
 ℡情報:兵庫県南部週間天気予報 078-371-9999(前々4月1日(金) 17時発表の週間天気予報)
  http://www.jma.go.jp/jp/week/332.html

事務局より連絡事項:
 ① お手伝いをお願いしている方(名簿の黄色マーカー)で宮野リーダーのプレ山行に参加されない方、時間的に余裕のある方は1本早いさくらやまなみバスで会場にお越し下さい。(別紙時刻表参照、かぶとやま荘着9:58)
    食材などは事務局が14班に振り分けて持参しますので会場設営にそれ程時間はかからないと思います。

 ② 焼き肉は4人一組で14班に分かれて楽しみます。
    班長(名簿の赤色マーカー)以外の班分けは抽選ですので会費支払時にクジを引いて下さい。
    席が決まれば会場見取り図の ①~⑭ のテーブルに移動して、いったん荷物を置いて下さい。

 ③ 最初にメイン会場にて代表挨拶、乾杯などから開宴しますので、各テーブルからメイン会場に集まって下さい。

 ④ お湯はカマド担当の会員4名がやかんで沸かしますので、各自持参の珈琲やスープ、お湯割りにご利用下さい。

 ⑤ トイレはすぐ近くにありますが、トイレットペーパーは常備していないので各自ご用意下さい。

 ⑥ 終了後は紙コップ、アルミ食器、ペットボトル容器、箸、包装紙などは、廃棄しますので片付け時に本部・事務局(炊飯棟)へ集めて下さい。
    その場合、アルミ食器と燃えるゴミ(ペットボトル含む)は分別収集をお願いします。
    ビール・ジュースなどの空き容器は各自持ち帰って下さい。

 ⑦ 終了後は鉄板(黒舟)、トレイ、ナイフ・フォーク、鍋つかみ、ライター、塩胡椒、レモンなどは本部・事務局へ集めて下さい。

 ⑧ 班長持参のガスバーナー、鉄板は各班で責任持って回収して持ち主へお返し下さい。
    ガスボンベは一括して事務局が14個会場へ持参しますので各班長はバーナーだけ持参して下さい。
    使用したガスボンベは各班長に差し上げますので、お持ち帰り下さい。

参加予定者:55名/4/1現在

レベル:一般向き (社家郷山キャンプ場から北山公園は多少山歩きになります)

コース:社家郷山キャンプ場(11:00集合、11:30開宴、12:00~14:30懇親会、14:30~15:00終宴・片付、15:00出発)―北山貯水池―北山公園・池の花広場―展望台―銀水橋(自由解散)
   夙川堤花見組:銀水橋―夙川堤―阪急夙川駅
  甲陽園経由組:銀水橋―甲陽園駅(TUMAGARI)―夙川堤―阪急夙川駅
    参考:ケーキハウス 「ツマガリ(TUMAGARI)

地 図:国土地理院25000分の一「宝塚」「西宮」、昭文社「六甲・摩耶」

行 程:
 キャンプ場から銀水橋まで 約4.1km 所要時間:2時間00分(歩行:1時間45分、休憩:15分)
  社家郷山キャンプ場(11:00集合、11:30開宴、12:00~14:30懇親会、14:30~15:00終宴・片付)(15:00出発)―20分―鷲林寺交差点240m―5分―北山貯水池分岐220m―15分―北山貯水池西230m―10分―北山池分岐(左折点)230m―15分―池の花見広場分岐(テーブルロック)―5分―池の花広場210m―10分―北山池(ショーギ岩)190m―10分―展望台170m―15分―銀水橋90m(17:00頃、自由解散、夙川堤花見直行組と甲陽園TUMAGARI経由夙川堤組に分かれます)

 銀水橋から阪急夙川まで直行 2.6km 所要時間:1時間~1時間30分
  夙川堤花見組:銀水橋―20分―夙川堤(阪急夙川駅まで30分~1時間)阪急夙川駅
 甲陽園経由で阪急夙川まで 3.1km 所要時間:1時間30分~2時間
  TUMAGARI経由夙川堤花見組:銀水橋―20分―甲陽園駅50m―20分―夙川堤(阪急夙川駅まで30分~1時間)―阪急夙川駅

持ち物:おにぎりなど(ご飯は各自持参)、飲み物(ビール、お茶、ジュースなども各自持参下さい)、防寒具、雨具(念のための傘)、折りたたみイス(会場はイスが少ないのでイスがあれば便利です)、
   サラダ、果物、珈琲など嗜好品(食材は焼き肉、焼き野菜、わかめスープ、キムチを用意しています)
   コーヒーカップ(わかめスープと乾杯用の紙コップは事務局で用意します)

費 用:1,500円/会場費200円+食材費、備品代など一式/不足分は関西ハイク山友会で補助します。

140404_kitayamakoen_syukugawasakura140404_kitayamakoen_syukugawasaku_4140404_kitayamakoen_syukugawasaku_2140404_kitayamakoen_syukugawasaku_3

【地図、見取り図など】
交通アクセス

160403_
キャンプ場見取り図
160403_table
キャンプ場から北山公園ルート図
160201_rokkohoyoso_kitayamakoen_kur

Posted on 3月 29, 2016 at 10:00 午前 | | コメント (0)

2016.03.28

160328 しだれ桜

160329 しだれ桜160329 しだれ桜 神戸もようやく桜の花が咲き揃い出して、弓弦羽神社のしだれ桜も可愛い花が付きました。
 昨日まで寒くて朝は震えるほどでしたが、今日は暖かさが戻ってよかったです。
 今週末の夙川堤は桜がちょうど見頃です。

Posted on 3月 28, 2016 at 03:41 午後 | | コメント (0)

2016.03.27

160327 横断幕

160328 横断幕 今週末の例会は社家郷山キャンプ場で焼き肉懇親会を予定しています。
 懇親会のあとの夙川堤花見も楽しみです。
 懇親会は関西ハイク山友会の五周年行事なので久し振りに巨大プリントで横断幕を作りました。

Posted on 3月 27, 2016 at 11:32 午後 | | コメント (0)

2016.03.26

160326 山行記録:3/24 京都北山『衣懸坂から小塩山』 関西ハイク山友会 №858例会

P3240695P3240701

 天気予報では午前午後とも降水確率10%だったので、晴れると期待していましたが、冬型の気圧配置で雲が多く、どんよりした曇り空でした。
 気温は歩き始めで4℃でしたが、徐々に下がって小塩山では氷点下-0.5℃で粉雪までちらついて震え上がりました。
 京都北部の降水確率は午前中が30%、午後が10%で風が強い予報だったので、中央分水嶺に近い山域なので天候悪化はやむを得なかったのかも知れません。

 昨年5月31日にも歩いた菅原から衣懸坂の谷歩きは水量が少ないのが幸いして無難に遡行を終えて、予定より20分早く衣懸坂に登れたので小ピーク830mまで登り切ってから昼食をとりました。
 午後からの行程は小ピーク720mまで尾根上は藪こぎなので西側の尾根直下を巻くように藪を除けながら南下しました。
 下見の時は50分もかかりましたが、今回は無理せず尾根下を巻いたので30分あまりで小ピーク720mに到達しました。
 小P720mはこの尾根では最も展望が開けるスポットで、蓬莱山を背景に前景の峰床山も皆子山もよく見えました。
 小P720mから先は植林や樅やブナ、杉の巨木が続くので藪が消えて歩き易い広尾根が続きます。
 それでも歩き始めの小P830mから今回の縦走ゴールの小塩山まで4km以上あり、小さなアップダウンの繰り返しでかなり時間がかかります。
 P660m辺りから粉雪が降り始めて長い登り尾根で15時過ぎにようやく小塩山676.0mに到着しました。
 
 小塩山で大休止して、小塩上ノ町のバス停に向けて北西尾根の下りに入りました。
 この尾根は踏み跡は薄いものの藪がないので支尾根の分岐でその都度方向を確認しながらゆっくり下りました。 380mまで下ってきて左手に配水場が見えたので左折して配水場の横から階段を下り、難なく小塩のバス停に降りて来られました。小塩山からバス停まで予定通り50分あまりの行程でした。

 今回は気温が低く風もあり、途中から粉雪がちらつく最悪の天候で皆さん結構大変だったと思いますが、誰も遅れず最後まで歩き通していただき、全員無事下山できてホッとしました。
 お疲れ様でした。

【山行記録】
京都北山 『衣懸坂から小塩山』 関西ハイク山友会 3月24日 №858例会

日 時:平成28年3月24日(木) 9:51~16:14

参加者:32名

レベル:中級向き (ロングコース、下り尾根なので方向確認が必要)

コース:出町柳(集合7:40)7:50=京都バス=9:39菅原―オリ谷林道終点―衣懸坂取付―衣懸坂―小P830m―小P720m―P622m―P660m―右折点570m―小P620m―小P650m―小塩山676.9m―北西尾根下降―小塩バス停17:01=京北ふるさとバス620円=17:27周山(解散)17:40=JRバス=19:06京都駅

地 図:国土地理院25000分の一「中」「上弓削」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺倶楽部「北山分水嶺トレッキングマップ」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約9.1km 所要時間:6時間23分(歩行:4時間46分、休憩昼食:1時間37分)、天候:曇時々雪、気温:4℃→3℃→0℃→-0.5℃
 出町柳(集合7:40)7:50=京都バス1050円=9:39菅原
 菅原470m9:51―オリ谷林道終点540m(4℃、曇)10:16~20―衣懸坂取付600m10:50~56―衣懸坂760m(3℃)11:20~30―小P830m(昼食、0℃)11:41~12:18―小P720m12:50~57―P622m13:16~20―P660m13:45~53―右折点570m14:07―小P620m14:18―小P620m14:24~30―小P650m14:57~59―小塩山676.8m(-0.5℃、雪)15:09~22―右折・迷点460m15:48―左折点・配水場上380m16:03―小塩バス停320m16:14
 小塩17:01=京北ふるさとバス620円=17:27周山(解散)17:40=JRバス1180円=19:06京都駅

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:2,700円/参加費200円+バス代行き:出町柳~菅原1,050円、バス代帰り:小塩~周山620円、周山~京都駅1,180円、合計2,850円/回数券購入で2,500円
 帰路のJRバスを福王子で下車される方は1,700円、京都市敬老パスをお持ちの方は600円差し引き。
 交通費精算
160324 集金:71,900円/2700円×23名、2100円×3名、2000円×1名、1700円×4名、1100円×1名=78,300円-参加費200円×32名=6,400円
 支払:71,960円/京都バス33530円-4370円、京北バス17360円-2260円、JRバス31860円-4160円=82,750円-割引10,790円
 差引:  -60円/不足金-60円は参加費から補填します。

【参考】 京北ふるさとバス小塩、灰屋線
 小塩発周山行きのバス時刻 小塩~周山620円、山の家~周山550円、井戸~周山460円
 小塩線・小塩15:01→山の家15:06→井戸発15:08→15:27(木曜日のみ)周山15:40→17:06京都
 灰屋線                   井戸発15:35→15:54周山16:40→18:06京都
 小塩線・小塩17:01→山の家17:06→井戸発17:08→17:27周山17:40→19:06京都
 灰屋線                   井戸発17:30→17:49周山18:40→20:00京都
 小塩線・小塩18:36→山の家18:41→井戸発18:43→19:02周山19:40→21:00京都
 灰屋線                   井戸発19:00→19:19周山19:40→21:00京都

【写真】
PicasaのWEBアルバム、写真は位置情報付きで56枚あります。

160324 衣懸坂から小塩山№858

160324_kinukakesaka_oshioyama_019160324_kinukakesaka_oshioyama_025160324_kinukakesaka_oshioyama_029160324_kinukakesaka_oshioyama_034

【地図】
歩行断面図
160324t_kinukakesaka_osioyamadanmen
歩行ルート図
160324t_kinukakesaka_osioyama
歩行ルート拡大図
前半
160324t1_kinukakesaka_osioyama
後半
160324t2_kinukakesaka_osioyama
GPSの歩行軌跡データ
「160324T_KinukakeSaka_OsioYama.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 26, 2016 at 03:02 午後 | | コメント (0)

2016.03.25

160325 マイナンバーカード

160325 マイナンバーカード 個人番号の通知は昨年末に来ていましたが、顔写真入りのマイナンバーカード(個人番号カード)の発行通知がやっと送られて来ました。
 早速、受取場所へやって来ましたが、書類確認を終えて暗証番号などを入力するところで、窓口のパソコンがシステムダウン
 いつ復旧するか見込みはありません。
 もう一度来るのも面倒ですから待つことにしました。
 9時30分に来たのでもう一時間待っていますが、いつにナルコトヤラ…
 それにしても、窓口は4つしかありませんが、この程度で区民の何割かが申請する顔写真入りマイナンバーカード申請者全員に対応できるのでしょうか?

 予想より早く、10時40分無事完了しました。

Posted on 3月 25, 2016 at 10:41 午前 | | コメント (0)

2016.03.24

160324 全員無事下山

160324 全員無事下山160324 全員無事下山 今日は終日曇り空で気温が-0.5℃~4℃位しかなく、午後から粉雪もちらついて、冬に逆戻りしたような天候で、風もあって震えましたが、皆さんお元気で最後まで誰も遅れず歩いていただきました。
 予定通り16時15分に小塩バス停に全員無事に降りて来ました。
 皆さんお疲れ様でした。

Posted on 3月 24, 2016 at 06:04 午後 | | コメント (0)

160324 今日も好天

160324 今日も好天 四条大橋を渡るときにはまだ曇っていましたが、次第に雲が消えて晴れ間が広がりました。
 今日も天気に恵まれてよかったです。
 これで例会は19回連続開催ですからお天気の神様に感謝申し上げます。

Posted on 3月 24, 2016 at 08:13 午前 | | コメント (0)

2016.03.23

160323 明日は晴時々曇

160323_kosuikakuritu すっかり陽が長くなり、桜の開花も迎えて、春が本格化しました。
 明日の№858例会は京都南部の降水確率が午前、午後とも10%で好天に恵まれそうです。
 気温が最低気温7度、最高気温12度の予想ですから、尾根ではかなり冷え込むと思いますので念のため防寒具もご持参下さい。
 また、菅原バス停から衣懸坂までは1時間程度 谷道を歩きますので、何度か谷の徒渉があります。
 水量が少ないので靴の甲が濡れる程度ですが、念のためスパッツもあった方がよいと思います。

Posted on 3月 23, 2016 at 07:49 午後 | | コメント (0)

2016.03.22

160322 山行記録:3/20 南山城『上醍醐から高塚山』 関西ハイク山友会 4/9 №869例会の下見

160320_kamidaigo_takatukayama_02160320_kamidaigo_takatukayama_07

 前日の雨はすっかり上がり、午前中は少し雲が出ていましたが、午後からはスッキリ晴れて 春らしい日差しに恵まれました。
 上醍醐の准胝堂は西国三十三観音の十一番札所ですが、2008年8月24日未明の落雷で全焼し、現在 朱印は醍醐寺の下伽藍観音堂(旧大講堂)で受けるようになっています。
 それでも上醍醐まで長い急な山道を歩く人は多く、当日も30名近い登山グループ以外にも多くの参詣客が女人堂から山道を登っていました。
 女人堂90mで入山料600円を払って、高低差310mの参道に入りましたが、不動の滝260mまであがってひと息つく頃には汗だくになっていました。
 不動の滝から十六丁峠400mまで高低差はあと140mですが、傾斜は更に強くなり、途中で立ち休憩を挟んで10時25分 やっと十六丁峠に到着しました。
 醍醐水から石段を登り切った准胝堂は以前なら数十名の参拝客が朱印を求めて行列を作っていましたが、今は礎石を残してきれいに片付けられて更地になり、昔の面影を偲べるのはわずかに残った側壁の焼け跡と奥の早咲きの桜のみでした。
 開山堂で展望を楽しんでから少し戻り、五大堂の左から山道に入りました。
 少し登ると 何でもない山道脇に醍醐山454mの標識があって、ここが最高点だと知りました。
 更に山道を下っていくと 横嶺峠400mに出ますが、ここには地蔵堂があるものの車道が交差しているため 峠の趣はありません。
 横嶺峠の先の陽だまりで ゆっくりと焼き肉昼食を楽しみました。
 
 午後から 最初は舗装道路の急坂を80m登って、再び左の山道に入ります。
 この山道は桜の馬場を経て牛尾観音へ下る道ですが、途中から左に分かれる尾根道に入り、高塚山に向かいました。
 ほとんど水平な尾根道をしばらく西に向かうと 高塚山485.0mに到着しますが、尾根の突起に過ぎず 展望もないので小休止ののち、長尾天満宮への長い下り尾根に入りました。
 この尾根は よく踏まれた登山道ですが、時々急な岩場下りもあり その都度 緩い迂回路をとって、徐々に高度を下げていきます。
 P343mで休憩を取って、咲き始めた馬酔木、狂い咲きのツツジ、山桜で目の疲れを休ませながら、高塚山から1時間15分かかって無事に長尾天満宮に降りてきました。

【山行記録】
南山城 『上醍醐から高塚山』 関西ハイク山友会 4月9日 №869例会の下見

日 時:平成28年3月20日(日) 9:00~15:10

参加者:6名/HMDさん、AIMさん、KWIさん、SGMさん、JNKさん、きよもり

コース:地下鉄・醍醐駅―醍醐寺山門―女人堂―不動の滝―上醍醐・准胝堂跡―開山堂―横嶺峠―牛尾観音分岐―高塚山485.0m―朱雀陵分岐―長尾天満宮―醍醐寺山門―地下鉄・醍醐駅(解散 15:10)

レベル:一般向き (醍醐寺から上醍醐までは急坂310mの参道)

地 図:国土地理院25000分の一「京都東南部」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約9.9km 所要時間:6時間10分(歩行:3時間35分、休憩昼食:2時間35分)、天候:曇のち晴、気温:10℃→15℃
地下鉄・醍醐駅30m9:00―醍醐寺山門40m9:10―トイレ9:16~20―女人堂90m9:28~34―不動の滝260m9:56~10:01―立ち休憩370m10:18~22― 十六丁峠400m10:25―醍醐水380m10:32~38―准胝堂跡400m10:40~43―開山堂440m10:53~11:05―五山堂440m11:08―醍醐山454m11:16―横嶺峠400m11:28―横嶺峠上410m(昼食・焼き肉)11:30~12:55―車道左折480m13:07―林道左折迷点480m13:12―牛尾観音分岐470m13:15―高塚山485.0m(10℃)13:24~31―朱雀天皇陵分岐360m13:48―P343m13:56~14:08―鉄塔140m(15℃)14:31~37―左折点110m14:41―長尾天満宮80m14:46―醍醐寺山門40m14:57~15:02―地下鉄・醍醐駅30m15:10(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:600円/上醍醐寺入山料

【写真】
160320_kamidaigo_takatukayama_01160320_kamidaigo_takatukayama_03

160320_kamidaigo_takatukayama_04160320_kamidaigo_takatukayama_05

160320_kamidaigo_takatukayama_06160320_kamidaigo_takatukayama_08

160320_kamidaigo_takatukayama_09160320_kamidaigo_takatukayama_10

【地図】
歩行断面図
160320t_kamidaigo_takatukayamadanme
歩行ルート図
160320t_kamidaigo_takatukayama
歩行ルート拡大図
前半
160320t1_kamidaigo_takatukayama
後半
160320t2_kamidaigo_takatukayama
GPSの歩行軌跡データ
「160320T_KamiDaigo_TakatukaYama.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 22, 2016 at 11:28 午後 | | コメント (0)

2016.03.21

160321 雪柳とタムシバ

Dsc_0556Dsc_0558 すっかり春らしくなり、今日は絶好の快晴、無風で日差しが暖かいです。
 御影の周辺でもタムシバが満開になり、足元には雪柳が枝が隠れるほどに白い花を付けています。
 3月24日(木)の衣懸坂から小塩山の尾根でもイワカガミやタムシバが見られるかも知れません。


Posted on 3月 21, 2016 at 11:05 午後 | | コメント (0)

2016.03.20

160320 上醍醐から高塚山の下見完了

160320 上醍醐から高塚山の下見完了160320 上醍醐から高塚山の下見完了 上醍醐までの長い参道坂を快調に登って、落雷で全焼した准胝堂(ジュンテイドウ)跡、開山堂の展望を終えて、横嶺峠で一時間半もゆっくり焼き肉でお昼ご飯。
 高塚山を踏んで、出発地の地下鉄醍醐に戻って来たら、まだ15時15分でした。
 同行していただいた皆さんありがとうございました。

Posted on 3月 20, 2016 at 04:27 午後 | | コメント (0)

2016.03.19

160319 山行計画:3/24 京都北山『衣懸坂から小塩山』 関西ハイク山友会 第858回例会

160310_kinukakesaka_oshioyama_01160310_kinukakesaka_oshioyama_03
 中央分水嶺近くの衣懸坂に隣接する小ピーク830mから長い尾根が南に7kmも延び、小塩山676.9mを越えて大堰川(桂川)に下っています。
 小塩山(オシオヤマ)と聞かれてもほとんどの方は京都西山のカタクリの名所「小塩山」を思い浮かべると思います。
 山頂にはババダンという表示があり、点名は馬場ですが、西の集落の名前から小塩山という呼称がぴったりします。
 今回は広河原手前の菅原から谷を詰めて衣懸坂で主稜線に乗り、目的の尾根に取っ付いて小塩山を目指します。

【下見の状況】
 下見では尾根の完全縦走を目指して12時13分に小ピーク830mから歩き始めましたが、最初の小ピーク720mまで800mに44分もかかってしまいました。
 小ピーク720mから先は植林境界になり、尾根上に作業道もあってはかどりましたが、地形図で見る通り小さなアップダウンが多く、やっと小塩山676.9mに到着したら15時26分でした。
 計画では小ピーク830mから小塩山676.9mまで休憩を含めて3時間とみていたので、最初の遅れを取り戻してほぼ予定通り3時間13分で歩けました。
 小塩山からバス停のある井戸まで計画では1時間40分としていて、途中のP538mまで50分とみていましたが、一人足を痛めた方が出たこともあって、実際には1時間12分もかかってしまいました。
 このまま計画通り井戸まで長い尾根を歩いていてはバスに間に合わない可能性があったので、小ピーク510mの先で右折して小塩下ノ町の「山の家」バス停に下り、かろうじて17時55分のバスに間に合いました。

【計画一部変更】
 会報や下見の計画では、小塩山から井戸まで尾根を忠実に縦走することにしていましたが、小塩山から井戸までも結構アップダウンが多く、距離的にも3.2kmもあるので、行程を変更して小塩山から北西に延びる支尾根を1.4km下って小塩上ノ町の「小塩」バス停に下山することに変更します。
 下見と同様のペースで歩ければ小塩山には15時30分頃に到着できますので、小塩上ノ町まで1.4kmを1時間程度で下れますので、「小塩」バス停発17時01分に乗る予定です。
 なお、小塩上ノ町へ延びる支尾根の下見は出来ていませんが、横田和雄氏の『京都府の三角点峰』によれば、「藪こぎはなく、落ち葉が地下足袋に優しい文句なしのすぐれた尾根」とのことなので、問題なく下れると思います。
 このルートを使うと全行程が10.6kmから8.8kmになり時間的にも大幅に短縮されます。

【山行計画】
京都北山 『衣懸坂から小塩山』 関西ハイク山友会 3月24日 №858例会

日 時:平成28年3月24日(木) 9:50~16:50
集 合:出町柳駅 京都バス乗り場 7時40分 7時50分発の広河原行きに乗車
 【雨天の場合】
 前日(3/23) 17:00発表の気象情報で、京都府南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前3月23日(水) 17時発表の予報)

参加予定者:34名/3/19現在

レベル:中級向き (ロングコース、下り尾根なので方向確認が必要)

コース:出町柳(集合7:40)7:50=京都バス=9:37菅原―オリ谷林道終点―衣懸坂取付―衣懸坂―小P830m―小P720m―P622m―P660m―右折点570m―小P620m―小P650m―小塩山676.9m―北西尾根下降―小塩バス停17:01=京北ふるさとバス620円=17:27周山(解散)17:40=JRバス=19:06京都駅

地 図:国土地理院25000分の一「中」「上弓削」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺倶楽部「北山分水嶺トレッキングマップ」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約8.8km 所要時間:7時間00分(歩行:5時間20分、休憩昼食:1時間40分)
 出町柳(集合7:40)7:50=京都バス1050円=9:37菅原
 菅原470m(9:50出発)―30分―オリ谷林道終点540m―30分―衣懸坂取付600m―40分―衣懸坂760m(11:40頃、昼食)―20分―小P830m―40分―小P720m(13:30頃)―15分―P622m―25分―P660m(14:20頃)―10分―右折点570m―20分―小P620m―30分―小P650m―10分―小塩山676.8m(15:40頃)―5分―左折点630m―30分―左折点380m―15分―小塩バス停320m(16:40頃)
 小塩17:01=京北ふるさとバス620円=17:27周山(解散)17:40=JRバス1180円=19:06京都駅

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:2,700円/参加費200円+バス代行き:出町柳~菅原1,050円、バス代帰り:小塩~周山620円、周山~京都駅1,180円、合計2,850円/回数券購入で2,500円
 帰路のJRバスを福王子で下車される方は1,700円、京都市敬老パスをお持ちの方は600円差し引きとします。

【備考】
 井戸発周山行きのバス時刻(木曜日)
 3/24の従来時刻/井戸~周山460円、山の家~周山550円、小塩~周山620円
 小塩線・小塩15:01→山の家15:06→井戸発15:08→15:27周山15:40→17:06京都
 灰屋線                   井戸発15:35→15:54周山16:40→18:06京都
 小塩線・小塩17:01→山の家17:06→井戸発17:08→17:27周山17:40→19:06京都
 灰屋線                   井戸発17:30→17:49周山18:40→20:00京都
 小塩線・小塩18:36→山の家18:41→井戸発18:43→19:02周山19:40→21:00京都
 灰屋線                   井戸発19:00→19:19周山19:40→21:00京都

160310_kinukakesaka_oshioyama_04160310_kinukakesaka_oshioyama_02

【地図】
予定断面図
160324_kinukakesaka_osioyamadanmen
予定ルート図
160324_kinukakesaka_osioyama
予定ルート拡大図
前半
160324_1_kinukakesaka_osioyama
後半
160324_2_kinukakesaka_osioyama
GPSの予定ルートデータ
「160324_KinukakeSaka_OshioYama.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 19, 2016 at 02:27 午前 | | コメント (0)

2016.03.18

160318 ブログアクセス150万件突破、桜開花

160318_150 2004年から始めたブログはもう12年目に入りました。
 サイドバーに設置したカウンターを見たら、1,500,000を越えていて、ビックリ!
 最近は仕事関係もパソコン関係もアクセスが ぐっと減って山関係のアクセスがほとんどですから、なかなかカウンターがあがりませんが、それでもコンスタントに一日300件程度アクセスしていただいています。
 有り難うございます。

 100万件を突破したのは2012年7月なので50万件増えるのに3年8ヶ月かかっていますが、一日平均370件は結構よいペースです。
 120725_cocologアクセス 1百万回を突破
 ネタ切れにならないようこれまで通り、毎日更新を目指して頑張りますので、皆さん よろしくお願い申し上げます。

Dsc_0500Dsc_0506 毎朝6時頃から歩いている坂道散歩ですが、弓弦羽神社から深田池を抜けていくと先週まで梅しか咲いていなかったのに、今朝は深田池の湖畔にちらほらと桜が咲き始めました。
 蕾も一斉にふくらみ始めているので今週末から来週に掛けて開花を迎えそうです。


Posted on 3月 18, 2016 at 07:44 午後 | | コメント (2)

2016.03.17

160317 山行計画:南山城『上醍醐から高塚山』 関西ハイク山友会 4/9 №869例会の下見

070321_kamidaigo_iwamadera_01070321_kamidaigo_iwamadera_02070321_kamidaigo_iwamadera_03
 今週末3月19日(土)に予定していた南山城『上醍醐から高塚山』 4/9 第869回例会の下見ですが、天気予報によると19日の降水確率は70%になっています。
 2月の高御位山(2/20→2/21)に続いて、今回も下見の開催日を翌日3月20日(日)に順延したいと思います。
 桜のシーズンにはまだ早いので蕾程度ですが、4月9日例会の下見で上醍醐まで300mの参道を登ります。
 上醍醐で山城の展望を楽しみながら横嶺峠からは尾根上の車道を北上します。
 高塚山から長い下り尾根を長尾天満宮へ下り、スタート地点の醍醐駅に戻ります。

 備考:上醍醐寺は西国三十三ヶ所の十一番札所。本堂の准胝堂(ジュンテイドウ)は2008年8月24日落雷による火災により焼失しました。 復旧資金集めのため、現在 上醍醐への入山には600円の入山料が必要です。

【山行計画】
南山城 『上醍醐から高塚山』 関西ハイク山友会 4月9日 №869例会の下見

日 時:平成28年3月20日(日) 9:50~17:20
集 合:地下鉄・醍醐駅 改札口 9時00分
 JR山科駅から京都市営地下鉄東山線に乗り換えて4駅目
 JR山科8:45→8:53醍醐 260円、または山科8:37→8:45醍醐
 【雨天の場合】
 下見なので雨天決行です。

参加予定者:6名/3/19現在
 HMDさん、AIMさん、KWIさん、SGMさん、JNKさん、きよもり
  下見に同行していただける方はメールでご連絡下さい。

コース:地下鉄・醍醐駅―醍醐寺山門―女人堂―不動の滝―上醍醐寺―開山堂―横嶺峠―牛尾観音分岐―高塚山485.0m―朱雀陵分岐―長尾天満宮―醍醐寺山門―地下鉄・醍醐駅(解散 16:40頃)

レベル:一般向き (醍醐寺から奥醍醐までは急坂300mの参道)

地 図:国土地理院25000分の一「京都東南部」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約10.0km 所要時間:7時間30分(歩行:5時間20分、休憩昼食:2時間10分)
地下鉄・醍醐駅30m(集合9:00、9:10出発)―20分―醍醐寺山門40m―20分―女人堂90m(10:00頃)―50分―不動の滝260m―60分―上醍醐寺420m(12:20頃、昼食)―20分―開山堂440m―10分―醍醐山455m―10分―横嶺峠400m(13:50頃)―40分―牛尾観音分岐470m―10分―高塚山485.0m(15:00頃)―20分―朱雀陵分岐360m―30分―長尾天満宮80m(16:00頃)―10分―醍醐寺山門40m―20分―地下鉄・醍醐駅30m(解散 16:40頃)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:600円/奥醍醐寺入山料

【地図】
予定断面図
160320_kamidaigoji_takatukayamadanm
予定ルート図
160320_kamidaigoji_takatukayama
予定ルート拡大図
前半
160320_1_kamidaigoji_takatukayama
後半
160320_2_kamidaigoji_takatukayama
GPSの予定ルートデータ
「160320_KamiDaigoJi_TakatukaYama.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 17, 2016 at 03:38 午前 | | コメント (0)

2016.03.16

160316 スケッチソフトAKVIS Draw

Akvis_draw_milk_2
 10年以上前までは一人で気ままに山歩きをする機会が多く、昼食時間などに1時間位かけて山の展望や花などを持参した葉書版のスケッチブックに極細のボールペンでスケッチして、帰宅後、水彩色鉛筆で着色して楽しんでいました。
 最近は多人数での登山がほとんどで山行中にゆっくりスケッチをしているような時間が取れません。
 それではと写真から塗り絵のような線画に変換するソフトがあるので、色々使ってみましたが、線の濃さや太さ、細密度などの調整が難しくて、なかなか気に入った塗り絵原稿が出来ませんでした。

 今回見つけたAKVIS Drawというソフトは変換パターンのモデルが数十種類もセットされていて、その中から変換イメージを見ながら選べますから、自分のイメージに合ったパターンが作りやすくなっています。
 パターンを選んでそれを元に明るさを変えたり、線を太くしたりして更に加工できますので使い勝手もよいです。
 ミルクちゃんの場合、真っ白ですからこれまでの変換ソフトではなかなか気に入ったイメージの原画は作れませんでしたが、このソフトを使うとミルクちゃんのアーモンド型の目や下に敷いたクッションの質感なども含めて、結構スケッチ風の原画が出来上がります。
 Akvis_draw_bunagatake_2
 原画がうまく作れたら、あとの色づけは簡単で全体の色バランスや強調するポイントをうまく描き込むとそれなりの絵手紙が完成します。
 絵手紙で一番難しいのは白色をどう表現するかですが、このソフトだと山の輪郭を書かなくてもそれなりに残雪の感じが出るので苦労しません。

 AKVIS Drawにはモノクロタイプの線画しか描けないスタンドアローン版、カラーの線画が描けるデラックス(スタンドアローン+プラグイン)他の選択があります。
 Home - Standalone ($ 49) 3,200円~4,000円位
 Home Deluxe - PlugIn+Standalone ($ 69) ネット購入のみ円換算で9,000円位
 パソコンで使うだけなのでスタンドアローン版をダウンロードで購入しましたが、ミルクの目のように細かい色づけは色鉛筆やボールペンでは難しいので、デラックス版を買い直しました。
 ちなみに差額支払いのアップグレードは現時点では出来ませんから、最初からデラックス版を買った方がよいと思います。
 購入先:AKVIS.com.JP
 Home スタンドアローン版はソースネクストや、アマゾンでも購入できます。

160317_akvis_draw160317_akvis_draw2


Posted on 3月 16, 2016 at 11:50 午後 | | コメント (0)

2016.03.15

160315 下見の日程変更:3月19日(土)→3月20日(日)、山行計画:南山城『上醍醐から高塚山』

160315_kosuikakuritu_2 今週末3月19日(土)に予定していた南山城『上醍醐から高塚山』 4/9 第869回例会の下見ですが、天気予報によると19日の降水確率は70%になっています。
 2月の高御位山(2/20→2/21)に続いて、今回も下見の開催日を翌日3月20日(日)に順延したいと思います。
 同行を予定していただいていた方に連絡したところ、OONさんはご都合が悪いそうで残念ですが、HMDさん、AIMさんはOKとのことなので、開催日を3月20日(日)に順延させていただきます。
 皆さん、申し訳ありません。

【コメント】
 桜のシーズンにはまだ早いので蕾程度ですが、4月9日例会の下見で上醍醐まで300mの参道を登ります。
 上醍醐で山城の展望を楽しみながら横嶺峠からは尾根上の車道を北上します。
 高塚山から長い下り尾根を長尾天満宮へ下り、スタート地点の醍醐駅に戻ります。

備考:上醍醐寺は西国三十三ヶ所の十一番札所。本堂の准胝堂(ジュンテイドウ)は2008年8月24日落雷による火災により焼失しました。 復旧資金集めのため、現在 上醍醐への入山には600円の入山料が必要です。

【山行計画】
南山城 『上醍醐から高塚山』 関西ハイク山友会 4月9日 №869例会の下見

日 時:平成28年3月20日(日) 9:50~17:20
集 合:地下鉄・醍醐駅 改札口 9時00分
 JR山科駅から京都市営地下鉄東山線に乗り換えて4駅目
 JR山科8:45→8:53醍醐 260円、または山科8:37→8:45醍醐
 【雨天の場合】
 下見なので雨天決行です。

参加予定者:5名/3/16現在
 HMDさん、AIMさん、KWIさん、JNKさん、きよもり
  下見に同行していただける方はメールでご連絡下さい。

コース:地下鉄・醍醐駅―醍醐寺山門―女人堂―不動の滝―上醍醐寺―開山堂―横嶺峠―牛尾観音分岐―高塚山485.0m―朱雀陵分岐―長尾天満宮―醍醐寺山門―地下鉄・醍醐駅(解散 16:40頃)

レベル:一般向き (醍醐寺から奥醍醐までは急坂300mの参道)

地 図:国土地理院25000分の一「京都東南部」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約10.0km 所要時間:7時間30分(歩行:5時間20分、休憩昼食:2時間10分)
地下鉄・醍醐駅30m(集合9:00、9:10出発)―20分―醍醐寺山門40m―20分―女人堂90m(10:00頃)―50分―不動の滝260m―60分―上醍醐寺420m(12:20頃、昼食)―20分―開山堂440m―10分―醍醐山455m―10分―横嶺峠400m(13:50頃)―40分―牛尾観音分岐470m―10分―高塚山485.0m(15:00頃)―20分―朱雀陵分岐360m―30分―長尾天満宮80m(16:00頃)―10分―醍醐寺山門40m―20分―地下鉄・醍醐駅30m(解散 16:40頃)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:600円/奥醍醐寺入山料

【地図】
予定断面図
160320_kamidaigoji_takatukayamadanm
予定ルート図
160320_kamidaigoji_takatukayama
予定ルート拡大図
前半
160320_1_kamidaigoji_takatukayama
後半
160320_2_kamidaigoji_takatukayama
GPSの予定ルートデータ
「160320_KamiDaigoJi_TakatukaYama.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 15, 2016 at 11:49 午後 | | コメント (0)

2016.03.14

160314 映画 『エヴェレスト 神々の山嶺』

160313_kamigaminoitadaki 山の映画なので、はずすわけにはいきません。
 夢枕獏原作「神々の山嶺」を映画化したもので、タイトルは「エヴェレスト 神々の山嶺」となって、エヴェレストに挑戦する登山家の苦闘を描く真面目な映画でした。
 主役は岡田准一ですが、完全にサブの阿部寛に食われていました。
 「何故山に登るのか」、「ザイルパーティが宙づりになったとき、パートナーが取れる行動」という二つのテーマが軸になっています。
 いずれも答えはないのですが、二つのテーマに命がけで挑戦する阿部寛は格好良すぎます。
 やはり見ておかないといけない映画でした。
 映像が見事で、それだけでも充分値打ちがあります。


Posted on 3月 14, 2016 at 11:39 午後 | | コメント (0)

2016.03.13

160313 山行記録:3/12 京都北山『大布施から地蔵杉山、雲取山』 関西ハイク山友会 №851例会

P3120312P3120317

 花背峠を源流とする別所川に沿って、西に長い尾根が大布施まで延びていて、花背尾根と呼称されています。
 花背尾根の前半 旧花背峠から寺山峠を経てハタカリ峠までは一般登山道が整備されよく歩かれていますが、後半 ハタカリ峠手前の地蔵杉山(P899m)から大布施まで続く尾根はほとんど歩かれていないようで、今回の例会ではその尾根に挑戦しました。
 気温が低いものの快晴に恵まれ風も無かったので快適な尾根歩きと展望を楽しみました。
 バスの待ち時間が長いので長駆 鞍馬まで歩くことになってしまいました。
 参加していただいた皆さん、有り難うございました。お疲れ様でした。

 当初は大布施バス停から桂川沿いに少し下って橋を渡り、花背尾根に取っ付くつもりでしたが、大布施の手前の小野谷口から花背尾根に取っ付きました。
 小ピーク560mまで180mは最大30度の急傾斜ですが、20分で主稜線の小ピーク560mに到着しました。
 P654mから下りの取付で東に振りすぎて、途中で気付き、トラバースで戻りましたが、藪こぎはP654mから始まり、いったん40m下って、水平尾根を南下し、再度登りにかかる区間 約400mです。
 馬力のあるサブリーダー二人に助っ人も加わって、ノコギリを片手に藪を切り開きながら順調に進み、25分で藪を抜けて植林帯の尾根630mに出ました。
 伐採直後の新しい鹿除けネットで行く手を遮られ、越えるのに少し時間がかかりましたが、P665mから踏み跡がはっきりした緩い登り尾根を辿りP802mで昼食をとりました。
 P802mから最後の急登80mで寺山峠からの一般登山道880mに合流しました。
 地蔵杉山899mをピストンしてハタカリ峠890mを経て雲取峠880mに到着したら13時23分で、予定より2時間近くも早いのでゆっくり珈琲タイムを取りました。
 雲取峠から雲取山911.1mへ往復するつもりでしたが、戻り道で展望ピーク910mに寄り道し、雪がほとんど消えた比良の武奈ヶ岳や蓬莱山がよく見えました。
 展望ピークからは雲取峠に戻らず、支尾根を東へ下り、途中から谷に降りて、一ノ谷の谷道に合流しました。
 一ノ谷分岐から寺山峠には15時00分に到着しましたが、花背高原発のバスが18時08分まで無いので、バス停へ向かう二人と別れて、花背尾根を寺山P862mを経て旧花背峠へ向かいました。
 旧花背峠から天狗杉まで登り返し、天狗杉南尾根を峠下まで下り、更にバス道を1時間弱歩いて叡電鞍馬に17時56分に到着して解散しました。
 きよもりは叡電で出町柳へ戻る方々と別れ、鞍馬温泉から1時間に二本出ている国際会館行きのバスに乗りました。

【山行記録】
京都北山 『大布施から地蔵杉山、雲取山』 関西ハイク山友会 第851回例会
  北山の尾根と峠歩き 第30回

日 時:平成28年3月12日(土) 9:27~17:56

参加者:18名

レベル:中級向き (取付の急登、P654mから約400mはかなりの藪漕ぎ、帰りのバスが遅いので時間配分が難しい)

コース:出町柳(集合7:40)7:50=京都バス=9:13小野谷口―尾根取付―小P560m―P654m―P665m―P802m―地蔵杉山899m―雲取峠―雲取山911.1m―展望ピーク― 一ノ谷分岐―寺山峠―寺山P862m―旧花背峠―天狗杉837.2m―峠下バス停―叡電鞍馬(解散)

地 図:国土地理院25000分の一「花脊」「大原」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺倶楽部「北山分水嶺トレッキングマップ」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半
 オプション:寺山峠から天狗杉峠下から鞍馬

行 程:約15.3km 所要時間:8時間29分(歩行:6時間17分、休憩昼食:2時間12分)、天候:晴時々曇、気温:0℃→2℃
 出町柳(集合7:40)7:50=京都バス830円=9:15小野谷口
 小野谷口380m9:27―尾根取付390m9:30―大布施分岐510m9:45―小P560m(0℃)9:50~55―P654m(2℃)10:20~25―藪漕ぎ―藪終わり630m10:52~59―鹿除けネット660m11:10~14―P665m11:17―P802m(昼食)11:46~12:23―尾根道出合880m(2℃)12:41―地蔵杉山899m12:52~54―国体尾根分岐・ハタカリ峠890m13:07~13―雲取峠880m13:23~40―雲取山911.1m13:52~14:00―展望ピーク910m14:12~24―支尾根下降― 一ノ谷合流800m14:40―雲取山荘770m14:47― 一ノ谷分岐760m14:53―寺山峠810m15:00~10―寺山P862m15:37~43―旧花背峠760m16:07~10―天狗杉837.2m16:22~32―天狗杉南尾根―鉄塔680m16:48―車道560m17:00―峠下バス停540m17:03―扶桑橋バス停300m17:34―鞍馬温泉250m17:48―叡電鞍馬240m17:56(解散)
 叡電鞍馬17:58=京都バス320円=18:26国際会館

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック、軍手(藪漕ぎ必携)、ノコギリ(所有者のみ)

費 用:900円/参加費200円+バス代行き:出町柳~小野谷口830円(回数券利用)
 交通費精算:
  集金 12,500円/バス代700円×17名+600円×1名=12,500円、別途:参加費200円×18名=3,600円
  支払 12,940円/出町柳~小野谷口830円×17名+北大路~小野谷口750円=14,860円-割引1,920円
  不足  -440円/不足分440円は参加費で補填します

【写真】
PicasaのWEBアルバム、写真は位置情報付きで71枚あります。

160312 大布施から地蔵杉山、雲取山№851

【参考】
鞍馬温泉発のバス時刻表/国際会館行きが1時間に二本運行
160312

花背高原前発バス時刻 11:23、14:58、18:08
 18:08 花背高原前~北大路660円、花背高原前~出町柳730円
 18:13 旧道別れ~北大路590円、旧道別れ~出町柳670円
 18:18 花背峠~北大路550円、花背峠~出町柳640円
 18:26 峠下~北大路490円、峠下~出町柳590円

【地図】
歩行断面図
160312t_obuse_jizosugiyama_kumotori
歩行ルート図
160312t_obuse_jizosugiyama_kumoto_2
歩行ルート拡大図
前半
160312t1_obuse_jizosugiyama_kumotor
後半
160312t2_obuse_jizosugiyama_kumotor
後半2:寺山峠から天狗杉
160312t_2_obuse_jizosugiyama_kumo_2
後半3:峠下から鞍馬
160312t_3_obuse_jizosugiyama_kumoto
GPSの歩行軌跡データ
「160312T_Obuse_JizosugiYama_KumotoriYama.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 13, 2016 at 11:10 午後 | | コメント (0)

2016.03.12

160312 京都は快晴

160312 京都は快晴
160312 京都は快晴
先程の写真が横向きになってしまったので再送します。
今日は快晴ですが、やっぱり京都は底冷えします。
少人数なので、行程がはかどりそうです。

Posted on 3月 12, 2016 at 08:14 午前 | | コメント (0)

2016.03.11

ココログテスト

ココログテスト


スパイラルズの決起懇親会です?

Posted on 3月 11, 2016 at 11:51 午後 | | コメント (0)

160311 山行記録:3/10 京都北山『衣懸坂から小塩山』 関西ハイク山友会 3/24 №858例会の下見

160310kinukakesaka_oshioyama_01160310kinukakesaka_oshioyama_02
 3月24日(木)に予定している「衣懸坂から小塩山」の下見を実施しました。
 曇り空で肌寒い一日で、尾根筋は風もあって終日防寒具を着て歩きました。

 小塩山(オシオヤマ)は点名:馬場で山頂にはババダンという山名板がかかっていましたが、今回は小塩山という呼称を使わせていただきます。
 2014年秋にHMDさん、OONさんと鴨瀬谷から千谷山の尾根を歩いた時、千谷越の鞍部から東にスッキリした三角峰が見え、帰宅後調べたらそれが小塩山676.9m三等三角点であることが判明しました。
 衣懸坂に隣接する小ピーク830mから派生した尾根が南に7kmも延び、小塩山を越えて井戸で大堰川(桂川)に接しています。

 この尾根を歩くにはいったん衣懸坂まであがって広域林道から小P830mに乗らなければいけません。
 広河原手前の菅原でバスを降りて、約1時間40分でオリ谷を詰めて衣懸坂に到着。小P830mで少し早めの昼食をとりました。
 小ピーク830mから次の小ピーク720mは踏み跡も薄く藪漕ぎもあって苦戦しました。
 予定では20分程度で歩けると思っていましたが、実際には44分もかかってしまいました。
 やっとたどり着いた小P720mは展望が開け、ほとんど雪が消えた蓬莱山がよく見えました。
 小P720mから先は植林界になり、足元もスッキリして格段に歩き易くなりましたが、600m前後の小ピークや標高点が続き、アップダウンが多いので結構疲れました。
 それでも目的の小塩山676.9mには15時26分到着でほぼ予定通りでした。
 小P830mを12時13分出発ですから4kmを約3時間で歩いた計算です。
 小塩山からは次第に高度を下げながら更に3kmの尾根が続きましたが、一人足を痛められた方が出て治療に何度か立ち止まったこともあって30分程度遅れ、当初の計画通り「井戸バス停」まで尾根通しで歩くとバスに間に合わない可能性があったので、420m辺りまで降りてきた時点で踏み跡に沿って右折し、最後は急尾根を下って、井戸の一つ手前の「山の家バス停」に下山しました。

 例会本番では井戸発17時30分のバスに乗る予定で、下見の時に乗った17時57分より30分早くなります。
 尾根が長いので、小塩山に15時30分までに着かないようであれば、小塩山から西へ伸びる支尾根を下って、小塩バス停に下山することにします。
 この尾根の下見は出来ていませんが、横田和雄氏の「京都府の三角点峰」によれば、『藪こぎはなく、落ち葉が地下足袋に優しい文句なしのすぐれた尾根』とのことなので、問題なく下れると思います。
 このルートを使うと全行程が10.6kmから8.8kmになり時間的にも大幅に短縮されます。

【山行記録】
京都北山 『衣懸坂から小塩山』 関西ハイク山友会 3月24日 №858例会の下見

日 時:平成28年3月10日(木) 9:42~17:47

参加者:7名/HMDさん、OONさん、KWTさん、AIMさん、HSMさん(山仲間)、AKEさん(山仲間)、きよもり

コース:出町柳(集合7:40)7:50=京都バス=9:35菅原―オリ谷林道終点―衣懸坂取付―衣懸坂―小P830m―小P720m―P622m―P660m―右折点570m―小P620m―小P650m―小塩山676.9m―右折点480m―P538m―ショートカット右折420m―山の家バス停17:55=京北ふるさとバス=18:16周山18:40=JRバス=20:00京都駅(解散)
 3月18日(金)まで井戸~周山のバスは社会実験中の臨時時刻で運行

レベル:中級向き (ロングコース、下り尾根なので方向確認が必要)

地 図:国土地理院25000分の一「中」「上弓削」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺倶楽部「北山分水嶺トレッキングマップ」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約10.7km 所要時間:8時間04分(歩行:6時間19分、休憩昼食:1時間45分)、天候:曇、気温:3℃→0℃→3℃
 出町柳7:50=京都バス1050円=9:35菅原
 菅原470m9:42―オリ谷林道終点540m(3℃)10:09~12―衣懸坂取付600m10:42~49―衣懸坂760m11:19~25―小P830m(昼食、0℃)11:43~12:13―小P720m12:57~13:10―P622m13:28―左折点600m13:32―P660m13:53~14:03―右折点570m14:15―小P620m14:33~41―小P650m(3℃)15:08~16―小塩山676.8m15:26~43―右折点480m16:38―鞍部470m16:40―P538m16:55~58―小P510m・左折点17:05―右折点470m(迷点)17:12―ショートカット右折420m17:24―急尾根下降360m17:35―山の家バス停290m17:47
 山の家17:55=京北ふるさとバス550円=18:16周山18:40=JRバス1180円=20:04京都駅(解散)
 3月18日(金)まで井戸~周山のバスは社会実験中の臨時時刻で運行

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:2,300円/バス代行き:出町柳~菅原1,050円、バス代帰り:井戸~周山460円、周山~京都駅1,180円、合計2,690円/回数券購入
160310 交通費精算
 集金:16,000円/2,300円×6名+2,200円×1名
 支払:16,860円/京都バス7,280円+京北バス3,850円+JRバス8,260円=19,390円-割引2,530円
 差引: -860円/不足金860円は預り金より補填します。

【備考】
井戸発周山行きのバス時刻(木曜日)
 ~3月18日までの実験期間中
 井戸発15:57→16:16周山16:40→18:06京都
 井戸発17:57→18:16周山18:40→20:00京都
 井戸発19:27→19:46周山(連絡バス無し)

 井戸発周山行きのバス時刻(木曜日)
 3/24の従来時刻/井戸~周山460円、山の家~周山550円、小塩~周山620円
 小塩線・小塩15:01→山の家15:06→井戸発15:08→15:27周山15:40→17:06京都
 灰屋線                   井戸発15:35→15:54周山16:40→18:06京都
 小塩線・小塩17:01→山の家17:06→井戸発17:08→17:27周山17:40→19:06京都
 灰屋線                   井戸発17:30→17:49周山18:40→20:00京都
 小塩線・小塩18:36→山の家18:41→井戸発18:43→19:02周山19:40→21:00京都
 灰屋線                   井戸発19:00→19:19周山19:40→21:00京都

【地図】
歩行断面図
160310t_kinukakesaka_oshioyamadanme
歩行ルート図
160310t_kinukakesaka_oshioyama
歩行ルート拡大図
前半
160310t1_kinukakesaka_oshioyama
後半
160310t2_kinukakesaka_oshioyama
GPSの歩行軌跡データ
「160310T_KinukakeSaka_OshioYama.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 11, 2016 at 11:22 午後 | | コメント (0)

2016.03.10

160310 衣掛坂から小塩山の下見完了

14576047896930_2016031019132014576048354662_20160310191358 終日肌寒い一日でしたが、7kmの長い尾根歩きを無事完了出来ました。
 前半は藪こぎもあって時間がかかりましたが、後半は植林界を歩けましたから、何とか予定通りの時間に下山出来ました。
 同行していただいた皆さんありがとうございました。

Posted on 3月 10, 2016 at 09:26 午後 | | コメント (0)

2016.03.09

160309 山行計画:3/12 京都北山『大布施から地蔵杉山、雲取山』 関西ハイク山友会 第851回例会

160228_obuse_jizosugiyama_kumotoriy160228_obuse_jizosugiyama_kumotor_2

 花背峠から別所川に沿って大布施までは東は大見尾根、西は花背尾根に挟まれて、前半は花背高原の広い流域、後半は両岸が迫った谷間を曲折しながら大布施から西に向きを変えて上桂川になります。
 今回はすでに踏破している大見尾根の対岸に位置する花背尾根を歩きます。
 地図を見ると、例会では花背尾根のうち、地蔵杉山から寺山峠、旧花背峠の区間、地蔵杉山からハタカリ峠は、三ツ又山890mから灰屋口までの国体尾根を除いて全て歩き終えていますから、今回、大布施から地蔵杉山まで歩けば、このエリアの主な尾根は歩き終わることになります。

 当初は大布施バス停から桂川沿いに少し下って橋を渡り、花背尾根に取っ付くつもりでしたが、大布施の手前の小野谷口から花背尾根に取っ付きます。
 小ピーク560mまで180mの急登を過ぎればP654mまで尾根は緩くなります。
 P654mからかなりの藪漕ぎで時間がかかり、更にP665mの手前は鹿除けネットもあり歩行が鈍ります。
 P665mからP802mまでは傾斜もゆるく歩き易い尾根に戻ります。
 P802mから寺山峠からの尾根道に合流し、地蔵杉山899mをピストンしてハタカリ峠890mを経て雲取峠880mへ向かいます。
 雲取峠から雲取山911.1mへもピストンになりますが、戻りの途中で展望ピーク910mに寄り道し、大見尾根や花脊鉄塔の展望を楽しみたいと思います。
 雲取峠からは一ノ谷の源流を分岐760mまで下って寺山峠810mに登り返し、最後は花背高原前580mへ下ります。

 ただし、花背高原発のバスは18時08分までありませんので、寺山峠に16時前に着くようなら更に足をのばして、花背尾根を旧花背峠もしくは天狗杉まで歩き、古径別れ(旧道別れ)または花背峠からバスに乗るようにします。

【山行計画】
京都北山 『大布施から地蔵杉山、雲取山』 関西ハイク山友会 第851回例会
  北山の尾根と峠歩き 第30回

日 時:平成28年3月12日(土) 9:30~17:30
集 合:出町柳駅 京都バス乗り場 7時40分 7時50分発の広河原行きに乗車
 【雨天の場合】
 前日(3/11) 17:00発表の気象情報で、京都府南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前3月11日(金) 17時発表の予報)

参加予定者:21名/3/9現在

レベル:中級向き (取付は急登、P654mから約400mはかなりの藪漕ぎ)

コース:出町柳(集合7:40)7:50=京都バス=9:13小野谷口―尾根取付―小P560m―P654m―P665m―P802m―地蔵杉山899m―雲取峠―雲取山911.1m―展望ピーク―雲取峠― 一ノ谷分岐―寺山峠―花背高原前18:08=京都バス=19:23出町柳(解散)

地 図:国土地理院25000分の一「花脊」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺倶楽部「北山分水嶺トレッキングマップ」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半
 オプションルート:寺山峠から旧花背峠

行 程:約8.0km 所要時間:8時間00分(歩行:6時間10分、休憩昼食:1時間50分)
 出町柳(集合7:40)7:50=京都バス830円=9:13小野谷口
 小野谷口380m(9:30頃出発)―10分―尾根取付390m―20分―大布施分岐510m―10分―小P560m(10:20頃)―30分―P654m―藪漕ぎ50分―藪終わり630m―30分―P665m(12:20頃、昼食)―40分―P802m―30分―尾根道出合880m―10分―地蔵杉山899m(14:30頃)―20分―国体尾根分岐890m―10分―雲取峠880m―20分―雲取山911.1m(15:30頃)―20分―展望ピーク910m―10分―雲取峠880m(16:20頃)―20分― 一ノ谷分岐760m―10分―寺山峠810m(17:00頃)―30分―花背高原前バス停580m(17:30頃)
 花背高原前18:08=京都バス730円=19:23出町柳
 花背高原前発バス時刻 11:23、14:58、18:08

オプション行程:寺山峠から旧花背峠、天狗杉 約3.9km 所要時間:2時間00分(歩行:1時間40分、休憩:20分)
 寺山峠810m―30分―寺山P862m―30分―旧花背峠760m―20分―天狗杉837.2m―20分―花背峠759m
 花背峠18:18=京都バス730円=19:23出町柳

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック、軍手(藪漕ぎ必携)、ノコギリ(所有者のみ)

費 用:900円/参加費200円+バス代行き:出町柳~小野谷口830円(回数券利用)
 帰路は乗車駅も下車駅も未確定なので各自支払とし、行きのバス代のみ参加費共で集合時に集金します。
 【参考】 バス代帰り:
 18:08 花背高原前~北大路660円、花背高原前~出町柳730円
 18:13 旧道別れ~北大路590円、旧道別れ~出町柳670円
 18:18 花背峠~北大路550円、花背峠~出町柳640円
 18:26 峠下~北大路490円、峠下~出町柳590円

【地図】
予定断面図
160312_obuse_jizosugiyama_kumotoriy
予定ルート図
160312_obuse_jizosugiyama_kumotor_2
予定ルート拡大図
前半
160312_1_obuse_jizosugiyama_kumotor
後半
160312_2_obuse_jizosugiyama_kumotor
オプションルート/寺山峠から旧花脊峠
160312_3_obuse_jizosugiyama_kumotor
GPSの予定ルートデータ
「160312_Obuse_JizosugiYama_KumotoriYama.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 9, 2016 at 01:50 午前 | | コメント (0)

2016.03.08

160308 山行計画:3/10 京都北山『衣懸坂から小塩山』 関西ハイク山友会 3/24 №858例会の下見

141011_kamosedanisendanyamaidotoge_ 小塩山(オシオヤマ)と聞かれても大部分の方は京都西山のカタクリの名所「小塩山」を思い浮かべると思います。
 地元京北ではカラタキ、ユルメダ、パレアナ山等と呼称されているようですが、点名の馬場あるいはババダンではなく小塩山という呼称がぴったりしますので、あえて同じ名前を使わせていただきます。
 2014年秋にHMDさん、OONさんと鴨瀬谷から千谷山の尾根を歩いた時、千谷越の鞍部から東にスッキリした三角峰が見え、帰宅後調べたらそれが小塩山676.9m三等三角点であることが判明しました。
 更に地図を見ると中央分水嶺近くの衣懸坂に隣接する小ピーク830mから派生した尾根が南に7kmも延び、小塩山を越えて井戸で大堰川(桂川)に接していることが判りました。
 今回は少しロングコースになりますが、広河原手前の菅原から谷を詰めて衣懸坂で主稜線に乗り、目的の尾根に取っ付いて小塩山を目指します。
 衣懸坂から井戸まで延びている尾根はアップダウンが多く時間がかかりそうですが、尾根に植林の作業道が付いていれば快適に歩けるかも知れません。
【備考】 バス時刻について
 現在京北ふるさとバスは社会実験という名称で変則ダイヤでの運行になっています。
 3月18日(金)までとのことですが、下見の時は実験期間に当たるため、井戸から周山のバスは一日3本しかありません。予定では井戸発17:57に乗るつもりですが、その前は15:57なので時間的には難しいと思います。
 下見の結果次第ですが、3月24日(木)の例会本番は通常時刻に戻りますので、小塩山を15:30に出発できれば、井戸バス停に17時00分頃に降りて来られるので、井戸発17:08のバスに乗り、京都駅に19:00到着になります。

【山行計画】
京都北山 『衣懸坂から小塩山』 関西ハイク山友会 3月24日 №858例会の下見

日 時:平成28年3月10日(木) 9:50~17:20
集 合:出町柳駅 京都バス乗り場 7時40分 7時50分発の広河原行きに乗車
 【雨天の場合】
 下見なので雨天決行です。

参加予定者:7名/3/8現在
 HMDさん、OONさん、KWTさん、AIMさん、HSMさん(山仲間)、AKEさん(山仲間)、きよもり
  下見に同行していただける方はメールでご連絡下さい。

コース:出町柳(集合7:40)7:50=京都バス=9:37菅原―オリ谷林道終点―衣懸坂取付―衣懸坂―小P830m―小P720m―P622m―P660m―右折点570m―小P620m―小P650m―小塩山676.9m―右折点480m―P538m―小P510m―井戸バス停17:57=京北ふるさとバス460円=18:16周山18:40=JRバス=20:00京都駅(解散)
 3月18日(金)まで井戸~周山のバスは社会実験中の臨時時刻で運行

レベル:中級向き (ロングコース、下り尾根なので方向確認が必要)

地 図:国土地理院25000分の一「中」「上弓削」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺倶楽部「北山分水嶺トレッキングマップ」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約10.6km 所要時間:7時間30分(歩行:6時間00分、休憩昼食:1時間30分)
 出町柳(集合7:40)7:50=京都バス1050円=9:37菅原
 菅原470m(9:50出発)―30分―オリ谷林道終点540m―30分―衣懸坂取付600m―40分―衣懸坂760m(11:50頃、昼食)―10分―小P830m―20分―小P720m―20分―P622m―30分―P660m(14:00頃)―10分―右折点570m―20分―小P620m―40分―小P650m―20分―小塩山676.8m(15:40頃)―40分―右折点480m―10分―P538m―10分―小P510m―30分―井戸バス停290m(17:20頃)
 井戸17:57=京北ふるさとバス460円=18:16周山18:40=JRバス1180円=20:00京都駅(解散)
 3月18日(金)まで井戸~周山のバスは社会実験中の臨時時刻で運行

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:2,300円/バス代行き:出町柳~菅原1,050円、バス代帰り:井戸~周山460円、周山~京都駅1,180円、合計2,690円/回数券購入

【備考】
井戸発周山行きのバス時刻(木曜日)
 ~3月18日までの実験期間中
 井戸発15:57→16:16周山16:40→18:06京都
 井戸発17:57→18:16周山18:40→20:00京都
 井戸発19:27→19:46周山(連絡バス無し)

 井戸発周山行きのバス時刻(木曜日)
 3/24の従来時刻
 井戸発15:08→15:27周山15:40→17:06京都
 井戸発15:35→15:54周山16:40→18:06京都
 井戸発17:08→17:27周山17:40→19:06京都
 井戸発17:30→17:49周山18:40→20:00京都
 井戸発18:43→19:02周山19:40→21:00京都
 井戸発19:00→19:19周山19:40→21:00京都

【地図】
予定断面図
160310_kinukakesaka_oshioyamadanmen
予定ルート図
160310_kinukakesaka_oshioyama
予定ルート拡大図
前半
160310_1_kinukakesaka_oshioyama
後半
160310_2_kinukakesaka_oshioyama
GPSの予定ルートデータ
「160310_KinukakeSaka_OshioYama.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 8, 2016 at 02:34 午後 | | コメント (0)

160308 春Ⅲ

Dsc_0286Dsc_0310 先週から暖かくなってこのまま春を迎えそうです。
 今朝も5時30分に家を出て、渦森台公園に6時30分。
 いったんバスに乗って白鶴美術館前で下車、瀟洒な邸宅が並ぶ御影山手のお屋敷通りを抜けて深田池経由で帰宅したら7時25分でした。
 冬場なら寒くて夜明け前の暗闇を二時間も歩けませんが、朝から15℃もありますから、散歩も苦になりません。
 でも、2時間の散歩はちょっとハードです。

 今年も春が一気に花を運んできた感じで、梅が散る前に早くも白木蓮が満開を迎えそうですから、来週辺り桜のつぼみも膨らむかも知れません。
 やっぱり春は何となく気持ちが高揚します。

Posted on 3月 8, 2016 at 01:29 午後 | | コメント (0)

2016.03.07

160307 山行記録:3/5 播州『百間岩から高御位山』 関西ハイク山友会 第846回例会

160305_hyakkeniwa_takamikurayama_03160305_hyakkeniwa_takamikurayama_01

 今週は後半全国的に暖かくなり、高御位山(タカミクラヤマ)の尾根道も汗ばむような陽気に恵まれました。
 快晴でしたが春霞が立ったため期待していた播磨灘の展望はあまり得られませんでしたが、姫路城や桶居山(オケスエヤマ)の遠望を楽しみながら2011年1月24日に発生した山火事で南側の山肌がすっかり燃えて見通しがよくなった麓の展望や岩尾根を登ってくる登山者に手を振りながらゆっくり歩きました。

 10日以上雨が降っていないので25度の岩稜登りの百間岩もよく乾いていて登山靴のグリップがよく効いて200mの百間岩を15分で全員無事登り切りました。
 反射板から西に姫路の町と姫路城が見えましたが、姫路の左奥に見えるはずの家島諸島や小豆島は霞んで見えず少し残念でした。
 百間岩から高御位山までアップダウンの多い岩尾根は、暑いので短いピッチで小休止を取りながら歩きました。
 それでも高御位山に着いたら13時18分でしたから予定より40分速いペースでした。
 高御位山から長尾への南尾根は、上部に急な箇所があるので東の参道から右折して巻き道に迂回し、高御位山の東面スラブを登るクライマーを見上げながら岩嵓(イワクラ)の直下を巻きました。
 急な岩場下で南尾根に合流し、傾斜の緩くなった岩尾根を阿弥陀新池へ向かいました。
 阿弥陀新池からJR曽根駅までつくしんぼが頭を出した農道を横切り、阿弥陀の街中を抜けて曽根駅に着いたら15時15分で予定より二本早い15時27分発の電車で帰路につきました。
 参加していただいた皆さん、有り難うございました、お疲れ様でした、

【山行記録】
播州 『百間岩から高御位山』 関西ハイク山友会 第846回例会 初心の山 第5回

日 時:平成28年3月5日(土) 10:15~15:15

参加者:30名

コース:JR曽根駅9:43=神姫バス210円=9:53鹿島神社―百間岩―鷹ノ巣山264.2m―桶居山分岐―市の池公園分岐―高御位山299.8m―南尾根―阿弥陀新池―JR曽根駅(15:15 解散)

レベル:一般向き (ショートコースながら百間岩の登り、高御位山からの下りは岩尾根なので慎重に)

地 図:国土地理院25000分の一「加古川」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半後半2/阿弥陀新池からJR曽根駅

行 程:約7.8km 所要時間:5時間00分(歩行:3時間09分、休憩昼食:1時間51分)、天候:快晴、気温:20℃→23℃
 JR曽根駅(集合9:30)9:55=神姫バス210円=10:00鹿島神社
 鹿島神社20m10:15―鹿島神社40m10:20~24―百間岩下90m10:30―百間岩上180m10:45~55―反射板210m11:00~05―小ピーク250m11:20~26―鷹ノ巣山264.2m11:36―桶居山分岐230m11:46―市の池公園分岐200m(昼食、20℃)11:58~12:40―小ピーク260m(長尾奥分岐)12:55~58―小ピーク280m13:06~10―高御位山299.8m(23℃)13:18~34―南尾根巻き道分岐270m13:38―南尾根巻き道下200m13:50―南尾根中間170m13:54~14:02―鉄塔130m14:07―阿弥陀新池20m14:24~37―阿弥陀交差点10m14:57―JR曽根駅10m15:15(解散)
 JR曽根15:27=15:34加古川15:37=新快速=16:05三ノ宮(二次会)

【参考】
 JR曽根駅発→加古川→三ノ宮方面
 曽根14:24→14:31加古川14:37→15:05三ノ宮(新快速)
 曽根14:58→15:05加古川15:07→15:36三ノ宮(新快速)
 曽根15:27→15:34加古川15:37→16:05三ノ宮(新快速)
 曽根15:57→16:04加古川16:07→16:35三ノ宮(新快速)
 曽根16:09→16:16加古川16:22→16:50三ノ宮(新快速)
 曽根16:25→16:32加古川16:37→17:05三ノ宮(新快速)
 曽根16:42→16:49加古川16:52→17:20三ノ宮(新快速)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック、手袋(岩場の怪我防止)

費 用:400円/参加費200円+神姫バス:曽根駅~鹿島神社210円

  乗降をスムーズに行うためバス代を含めて集合時に集金します。
  回数券は発売していませんのでバス代は210円ですが、差額10円は預り金で補填します。
【参考2】
バス時刻表
帰り:
 長尾16:22→16:36宝殿 230円
 他は10:57発、13:57発(土曜のみ)
 または
 霊園前16:11→16:18JR曽根 210円も可能
 他に9:10発、10:10発、13:10発
【写真】
PicasaのWEBアルバム、写真は位置情報付きで76枚あります。

160305 百間岩から高御位山№846

【地図】
歩行断面図
160305t_hyakkeniwa_takamikurayamada
歩行ルート図
160305t_hyakkeniwa_takamikurayama
歩行ルート拡大図
前半
160305t1_hyakkeniwa_takamikurayama
後半
160305t2_hyakkeniwa_takamikurayama
後半2
160305t3_hyakkeniwa_takamikurayama
GPSの歩行軌跡データ
「160305T_HyakkenIwa_TakamikuraYama.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 7, 2016 at 04:15 午後 | | コメント (0)

160307 春Ⅱ

Dsc_0259Dsc_0268 夜明けが早くなり、暖かくなってきたので今日は5時30分から歩き始めました。
 梅は満開、白木蓮も白い花が開きだして何となく気持ちも浮き立ちます。
 渦森台公園に6時30分に着いて、バスで白鶴美術館まで降りてきてから再度深田池で鳩にもご飯をあげました。
 帰宅したら7時30分、朝から2時間の散歩は堪えますね。

 雲南黄梅も緋寒桜もネットで名前を教えていただきました。
 有り難うございます。

Posted on 3月 7, 2016 at 04:00 午後 | | コメント (0)

2016.03.06

160306 春

1457241642517114572416217190 今週後半はすっかり春らしくなりました。
 320mの渦森台公園でも18℃もあります。
 これから花が一斉に咲き揃うのが楽しみです。

Posted on 3月 6, 2016 at 04:20 午後 | | コメント (0)

2016.03.05

160305 百間岩から高御位山の例会無事完了

160305 百間岩から高御位山の例会無事完了 絶好の快晴に恵まれて、岩尾根を快適に歩きました。
 阿弥陀新池に14:24に降りて来て、曽根駅まで歩き、予定より30分早いJRで三ノ宮に戻ります。

Posted on 3月 5, 2016 at 03:42 午後 | | コメント (0)

2016.03.04

160304 明日は曇時々晴

160304_kosuikakurituhyogonanbu 今週は後半になって暖かくなり、日中は18℃近くまで気温が上がりすっかり春めいてきました。
 週末は天気が下り坂ですが、明日の兵庫県南部の降水確率は午前午後とも10%(3/4 11時発表)ですから、例会は予定通り開催できそうでよかったです。
 姫路方面の気温は最低9℃、最高18℃の予想ですから、日当たりのよい尾根なので汗ばむ陽気になりそうです。
 お茶などこれまでより余分に持ってこられるようお奨めします。
 風が少しありそうですが、かえって涼しくてよいかも知れません。


Posted on 3月 4, 2016 at 02:46 午後 | | コメント (0)

2016.03.03

160303 鍋焼きうどん

160303 鍋焼きうどん160303 鍋焼きうどん 今日の昼は鍋焼きうどん(国産小麦使用 簡単さぬき鍋焼きうどん)にしました。
 冷凍食品ですが、かなり人気があって到着まで10日位待たされました。
 あげやエビ天も入っていて、沸騰したお湯に入れて、柔らかくなったら出汁を加え、再度沸騰したら完成です。
 折角だから、出汁を入れる前に玉子を落として鍋に盖をして火をいれました。
 さっぱりした味ですが讃岐麺だからこしがあり、歯ごたえが良くて美味しいです。
 一食432円の値打ちがありました。

Posted on 3月 3, 2016 at 11:35 午前 | | コメント (0)

2016.03.02

160302 ナッコ君の五周忌

160302 ナッコ君の五周忌 先代の愛猫ナッコ君が亡くなった2011年は、公私とも悲しい出来事が続いた年でした。
 3月2日にナッコ君が亡くなって間もない 3月11日に東日本大震災が起きて今も災害復興が完了していません。
 身の回りでも6月5日、新ハイ関西の村田さんが亡くなられて、ショックが連続しました。

 ナッコ君は最期まで生きようと必死にがんばってくれました。
 頭が良くてやんちゃ坊主で別れが辛過ぎました。
 虹の橋で元気いっぱい遊んでいると思います。
 合掌!

Posted on 3月 2, 2016 at 12:20 午後 | | コメント (0)

2016.03.01

160301 山行計画:3/5 播州『百間岩から高御位山』 関西ハイク山友会 第846回例会

160221_hyakkeniwa_takamikurayama__0160221_hyakkeniwa_takamikurayama__4

 山陽新幹線やJR山陽線に乗り加古川を過ぎると北側に特異な岩峰が連なっています。
 姫路の手前に連なる播磨アルプスは300mに満たない岩尾根ですがアップダウンが多く、播磨灘の展望もよいので人気の山です。
 今回の例会では京都や奈良方面から来られる方も多いので集合時間を遅くして行程を短くし、200mの岩稜・百間岩から主峰・高御位山(タカミクラヤマ)を縦走します。
 高御位山から南尾根を下りますが、こちらも岩尾根なので足元に注意しながらゆっくり下ります。
 百間岩の更に西に桶居山(オケスエヤマ)のピラミッドピークが目立ちますが、次の機会に桶居山から百間岩の行程も例会に組みたいと思います。

 下山後はバスの便が悪いので出発地のJR曽根駅まで50分歩きますのでご了解ください。

 3月1日以降なので青春18切符が使えます。
 大阪駅より遠方の方、京都、奈良方面からは青春18切符の利用が割安です。
 片道料金:大阪~曽根1,320円、京都~曽根2,270円、奈良~曽根2,270円。
 往復なのでそれぞれ2,640円、4,540円、4,540円です。
 青春18切符はチケットショップで1枚当たり2,500円~2,800円で入手可能です。

【山行計画】
播州 『百間岩から高御位山』 関西ハイク山友会 第846回例会 初心の山 第5回

日 時:平成28年3月5日(土) 10:10~16:00

集 合:JR山陽線・曽根駅 改札口 9時30分 神姫バス9時44分発の鹿島神宮行きに乗車
 【雨天の場合】
 前日、3月4日(金) 17:00発表の気象情報で、兵庫県南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:兵庫県南部 078-177(前3月4日(金) 17時発表の予報)

参加予定者:32名/3/1現在

コース:JR曽根駅9:43=神姫バス210円=9:53鹿島神社―百間岩―鷹ノ巣山264.2m―桶居山分岐―市の池公園分岐―高御位山299.8m―南尾根―阿弥陀新池―JR曽根駅(解散)

レベル:一般向き (ショートコースながら百間岩の登り、高御位山からの下りは岩尾根なので慎重に)

地 図:国土地理院25000分の一「加古川」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半後半2/阿弥陀新池からJR曽根駅

行 程:約7.8km 所要時間:5時間50分(歩行:4時間10分、休憩昼食:1時間40分)
 JR曽根駅(集合9:30)9:43=神姫バス210円=9:53鹿島神社
 鹿島神社20m(10:10出発)―20分―百間岩下90m―30分―百間岩上180m―10分―反射板210m(11:20頃)―30分―鷹ノ巣山264.2m(12:00頃、昼食)―10分―桶居山分岐230m―10分―市の池公園分岐200m(13:10頃)―20分―小ピーク260m―20分―高御位山299.8m(14:00頃)―20分―長尾尾根巻き道下200m―10分―鉄塔130m―20分―阿弥陀新池20m(15:00頃)―20分―阿弥陀交差点10m―30分―JR曽根駅10m(16:00頃、解散)
 JR曽根駅発→加古川→三ノ宮方面
 曽根14:24→14:31加古川14:37→15:05三ノ宮(新快速)
 曽根14:58→15:05加古川15:07→15:36三ノ宮(新快速)
 曽根15:27→15:34加古川15:37→16:05三ノ宮(新快速)
 曽根15:57→16:04加古川16:07→16:35三ノ宮(新快速)
 曽根16:09→16:16加古川16:22→16:50三ノ宮(新快速)
 曽根16:25→16:32加古川16:37→17:05三ノ宮(新快速)
 曽根16:42→16:49加古川16:52→17:20三ノ宮(新快速)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック、手袋(岩場の怪我防止)

費 用:400円/参加費200円+神姫バス:曽根駅~鹿島神社210円

  乗降をスムーズに行うためバス代を含めて集合時に集金します。
  回数券は発売していませんのでバス代は210円ですが、差額10円は預り金で補填します。
【参考】
バス時刻表
帰り:
 長尾16:22→16:36宝殿 230円
 他は10:57発、13:57発(土曜のみ)
 または
 霊園前16:11→16:18JR曽根 210円も可能
 他に9:10発、10:10発、13:10発

【写真】 抜粋
160221_hyakkeniwa_takamikurayama__2160221_hyakkeniwa_takamikurayama__3

160221_hyakkeniwa_takamikurayama__5160221_hyakkeniwa_takamikurayama__6

160221_hyakkeniwa_takamikurayama__7160221_hyakkeniwa_takamikurayama__8

160221_hyakkeniwa_takamikurayama__9160221_hyakkeniwa_takamikurayama__1

【地図】
予定断面図
160305_hyakkeniwa_takamikurayamad_2
予定ルート図
160305_hyakkeniwa_takamikurayama_2
予定ルート拡大図
前半
160305_1_hyakkeniwa_takamikurayam_2
後半
160305_2_hyakkeniwa_takamikurayama
後半2/阿弥陀新池からJR曽根駅
160305_3_hyakkeniwa_takamikurayama
GPSの予定ルートデータ
「160305_HyakkenIwa_TakamikuraYama.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 1, 2016 at 08:33 午後 | | コメント (0)

160301 朝の散歩再開

160301 朝の散歩再開160301 朝の散歩再開 ひと月近く中断していた朝6時頃からの坂道散歩を昨日から再開しました。
 昨日は暖かかったけど、今朝は渦森台下でも0℃で風があって手先が凍えそうです。
 山からの風に運ばれて粉雪がちらついていますが、空気が澄んでいて気持ちいいです。

Posted on 3月 1, 2016 at 01:13 午後 | | コメント (0)