« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015.03.31

150331 マウスかトラックボールか

150331 マウスかトラックボールか150331 マウスかトラックボールか 五年近くも愛用していたロジクールのトラックボールの右ボタンの反応が悪くなったので買い替えることにします。
 マウスを使う人の方が圧倒的に多数派ですが、場所を取らないし、指先の操作で1mm単位でカーソルをコントロール出来ますから、トラックボールを手放せません。
 最近はユニファイング(Unifying)という無線レシーバーの採用で、レシーバー一つで複数のマウスやキーボードを同時に使えるから、きよもりのパソコンには、トラックボール以外に無線キーボードマウスまで繋げています。
 JNKさんはマウスしか使えないので、両方使えるようにしています。
 ヤレヤレ!

Posted on 3月 31, 2015 at 06:39 午後 | | コメント (0)

2015.03.30

150330 ポカポカ陽気

20150330_15242620150330_152529
 今日は春本番で暖かい一日になりました。
 予報では神戸の最高気温は17度ですが、マンションのベランダは28度もあって、初夏並みです。
 なかなか姫様ベッドに戻ってこなかったミルクちゃんですが、今日は午後から姫様ベッドの上で丸くなって熟睡です。
 何となく幸せです。


Posted on 3月 30, 2015 at 04:08 午後 | | コメント (0)

2015.03.29

150329 春の花Ⅳ:アーモンドと辛夷(コブシ)

20150328_11580620150328_115815

 昨日は暖かい好天気だったので、甲子園へ近江高校応援の帰路、青木(オウギ)で降りて「東水環境センター」のアーモンドの花を見に行きました。東水環境センターというのは神戸市の下水処理場のひとつですが、海沿いの運河に沿って、遊歩道が設置され100本あまりのアーモンド並木になっています。
 無粋な下水処理場に市民解放の花の並木を作るというのは粋な計らいだと感心します。
 アーモンドの花は桜よりかなり大きく桃の花のように少しピンクかかって、ほのかに甘い香りがしますから、もっと注目されてもよいように思います。
 毎年3月下旬頃に満開を迎えるそうですから、お奨めです。阪神の青木から15分、魚崎からも15分です。
 アーモンドですから当然アーモンドの実がなるのでしょうから、そのナッツをどのように処理されるのか気になりますね。

 気になったので更に検索してみました。
 「アーモンド並木が誕生するまで
 このアーモンド並木は阪神淡路大震災復興のシンボルとして、処理場の建設と平行して2001年から植樹されたんだそうです。
 そして、8月には熟したアーモンドの実を地元の子供達を招待して収穫しているそうですから、ご安心下さい。

20150329_13521220150329_135235

 今日は関西ハイク山友会の例会が雨の為中止になりました。
 朝から小雨が降っていて中止は正解でしたが、午後には雨も上がったので三宮へ出掛けました。
 桜はまだ3分咲き程度でしたが、駅前の交番の前に花をいっぱい付けたタムシバが咲いていて、樹下まで見に行きました。
 でも花をよく見ると萼のすぐ下に小さな葉が1枚付いているのでこれはタムシバでは無く辛夷のようです。
 そういえば、タムシバの花びらはもう少し花弁がねじれているように思います。
 神戸の市街地にはタムシバの植樹は多いのですが辛夷は珍しいです。


Posted on 3月 29, 2015 at 10:32 午後 | | コメント (0)

2015.03.28

150328 明日の例会は雨で中止になりました

150328_kosuikakuritu_kyotonanbu_60_ 明日3月29日(日)は関西ハイク山友会 第649回例会 京都北山『竹次谷から雲取山、国体尾根』を予定していましたが、本日(3/28) 17時発表の天気予報で、明日3月29日の京都南部の降水確率が午前60%、午後も60%となっていますので、残念ながら例会は中止とさせていただきます。
 折角 早春の尾根歩きを楽しみにしていただいていた会員の皆様には申し訳ありません。
 次回は三度目の正直になりますので、8月30日(日)の第5日曜日に再々挑戦したいと思います。
 7月8月は暑い時期ですが、谷歩きと樹林帯の尾根なので蒸すことは無いと思います。
 雲取峠のりょうぶの花に期待しましょう。
 よろしくお願い申し上げます。

Posted on 3月 28, 2015 at 05:26 午後 | | コメント (0)

150328 甲子園

150328 甲子園150328 甲子園 今日はひこにゃんつながりで、甲子園球場へ近江高校の応援に来ました。
 県岐阜商の豪腕、高橋の150kmの速球に手も足も出ず、チャンスが掴めません。

Posted on 3月 28, 2015 at 10:02 午前 | | コメント (0)

150328 山行記録:3/26 京都北山「芦谷西尾根から中央分水嶺、八丁峠、鴨瀬谷山、東塚谷峠」 の下見

150326_ashidaninishione_hattyotoge_150326_ashidaninishione_hattyotog_2

 快晴の暖かい天候に恵まれ、芦谷西尾根から中央分水嶺、八丁峠、鴨瀬谷山から東塚谷峠の下見は無事完了しました。
 気にしていた東塚谷峠から鴨瀬谷への古道の下りは途中までははっきりしたえぐれた古道が残っていて、ジグザグに下っていますが、谷に近づくにつれて、山腹斜面の崩壊によって、520m辺りから古道が寸断されていました。
 何度か古道の形跡を探して、480mまで下ってきて、谷底が近づいたので古道を離れ谷へ降りて無事に鴨瀬谷出合420m合流しました。


【山行記録】
京都北山「芦谷西尾根から中央分水嶺、八丁峠、鴨瀬谷山、東塚谷峠」 関西ハイク山友会例会の下見

日 時:平成27年3月26日(木) 8:47~15:50

参加者:3名/OONさん、OGTさん、きよもり

コース:京都6:50(JRバス1180円)8:11周山8:15(京北ふるさとバス510円)千谷口―芦谷西尾根取付―P590m―広域林道―八丁峠―鴨瀬谷山778.0m―八丁大道―東塚谷峠―鴨瀬谷―千谷口16:57(京北ふるさとバス510円)17:19周山17:40(JRバス1180円)19:06京都(解散)

レベル:中級向き (多少の藪漕ぎ、東塚谷峠からの下りは後半は古道不明瞭で要注意)

地 図:国土地理院25000分の一「上弓削」「中」、昭文社「京都北山」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約10.7km 所要時間:7時間03分(歩行:4時間52分、休憩昼食:2時間11分)、天候:快晴、気温:4℃→5℃→13℃→10℃
 京都駅前6:50(JRバス1180円)8:11周山8:15(京北ふるさとバス510円)8:37千谷口
 千谷口(320m)8:47―芦谷西尾根取付(350m)9:05―急登上(420m)9:16―小P470m9:24~29―小P580m(4℃)9:50~53―P590m10:05~12―丹波広域基幹林道(670m、5℃)10:35~47―林道歩き―芦谷林道分岐(680m)11:00―尾根へ―P708m11:07―八丁峠(690m、13℃)11:17~27―P770m11:47―林道交差(740m、昼食)12:00~33―P748m12:55~57―鴨瀬谷山778.0mⅢ(10℃)13:15~30―八丁大道(720m)13:43~55―東塚谷峠(550m)14:13―古道―古道探索14:30~45―鴨瀬谷出合(420m)15:00~17―千谷口(320m)15:50
 千谷口16:57(京北ふるさとバス510円)17:19周山(解散)17:40(JRバス1180円)19:06京都

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:交通費3,000円/JRバス1180円+京北ふるさとバス510円=1,690円×2=3,380円/回数券利用
  参考:周山タクシー: 075-852-0109
【写真】 150527追加
PicasaのWEBアルバム、写真は位置情報付きで88枚あります。

150326 芦谷西尾根から鴨瀬谷山、八丁大道・下見

【Youtubeのフォトムービー】 150530追加
再生時間は9分32秒です。
BGMは甘茶の音楽工房 から「春の予感」を使わせていただきました。

【写真】抜粋150329
150326_ashidaninishione_hattyotog_3150326_ashidaninishione_hattyotog_4

150326_ashidaninishione_hattyotog_5150326_ashidaninishione_hattyotog_6

150326_ashidaninishione_hattyotog_7150326_ashidaninishione_hattyotog_8

【地図】
歩行断面図
150326t_ashidaninishione_httyotoge_
歩行ルート図
150326t_ashidaninishione_httyotog_2
歩行ルート拡大図
前半
150326t1_ashidaninishione_hattyotog
後半
150326t2_ashidaninishione_hattyotog
GPSの歩行軌跡データ
「150326T_AshidaniNishiOne_HattyoToge_KamosedaniYama_HigashitukadaniToge.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 28, 2015 at 07:58 午前 | | コメント (0)

2015.03.27

150327 神戸港に巨大客船入港

150327_kobeko_kyodaikyakusen_01150327_kobeko_kyodaikyakusen_02

 今朝マンションのベランダから三宮の方向を見ると、大きな船が神戸港に入港しているのが見えました。
 以前も巨大客船が入港していてわざわざ神戸港まで見学に行きましたが、今回の客船「マリナー・オブ・ザ・シーズ」はその時の船より更に大きくて、13万8279トンもあります。
 今夕には出港するので見学に行けませんが、今年は巨大客船が続々と神戸港に入港する予定です。
 円安で海外、特に中国からの観光買い物客が益々増えています。

 神戸新聞の記事
 神戸港に過去最大級客船入港 マリナー・オブ・ザ・シーズ

Posted on 3月 27, 2015 at 10:44 午前 | | コメント (0)

2015.03.26

150326 鴨瀬谷山から東塚谷峠の下見完了

150326 鴨瀬谷山から東塚谷峠の下見完了 東塚谷峠からの古道は途中から崩れていましたが、何とか古道を探して無事に鴨瀬谷に降りることが出来ました。
 15:08のバスには間に合いませんが、16:57のバスで周山に出て、京都には19時頃戻ります。

Posted on 3月 26, 2015 at 04:33 午後 | | コメント (0)

150326 今日も快晴

150326 今日も快晴 今朝は6℃しかなくて京都は寒いです。
 午後から暖かくなる予想なので、張り切って行って来ます。
 周山方面は昨年11月以来なので久し振りです。

Posted on 3月 26, 2015 at 07:12 午前 | | コメント (0)

2015.03.25

150325 明日も好天

150325 明日も好天150325 明日も好天 明日の下見は中央分水嶺、鴨瀬谷山から八丁大道です。
 陽が長くなったのでゆっくり歩けそうです。
 地図読みのベテラン女性お二人と一緒なので気楽に歩けます。
 明日も好天です。

Posted on 3月 25, 2015 at 06:40 午後 | | コメント (0)

2015.03.24

150324 今週後半は好天

150324_tenkiyoho 先週末の皆子山西尾根の下見は暖かい快晴に恵まれましたが、今週は3月26日(木)の八丁大道の下見と、3月29日(日)の雲取山から国体尾根の例会と続きます。
 昨日から気温が下がりましたが、好天は続いていますから、3月26日(木)までは問題ないようです。
 週末3月29日(日)の降水確率が現在40%なので少し心配ですが、この行程は昨年10月に計画した例会のリベンジなので晴れるよう祈っています。

Posted on 3月 24, 2015 at 08:24 午後 | | コメント (0)

2015.03.23

150323 山行記録:3/22 京都北山「前坂峠から皆子山西尾根、東尾根」 関西ハイク山友会 4/12№658例会の下見

150322_maesakatoge_minakoyamanishio 鞍馬で早咲きの桜に見送られてタクシーで前坂峠を目指しましたが、今回も大見から先は除雪がされていないため、峠まで歩くことになりました。でも昨年3/23は峠を越えて更に尾越まで歩きましたから、峠まで20分あまりはそれ程気になりませんでした。
 前坂峠から大見尾根の分岐までわざわざ往復するのは、平成25年11月25日(月)の下見、平成26年3月16日(日)の例会で小野谷峠からチセロ山P871mを歩きましたが、大見尾根の主稜線から派生する形で皆子山へ尾根が続いているのが気になっていたからです。
 大見尾根までの寄り道は休憩を含めても往復1時間程度ですが、尾根にはテープは無くほとんど歩かれていないので、下りはGPSで方向を確認しながら支尾根に入らないよう注意する必要がありました。

 皆子山西尾根の取付から最初の標高点P897mまで170mの急登。踏み跡があり、テープもあるので一踏ん張りです。
 P897mは尾根筋から少し離れていますが、お馴染みの標識もあり少し展望もありました。
 前坂峠からのスタートが予定より40分位遅れましたが、広尾根は傾斜もゆるくなって、ピッチが上がりました。
 尾根上にはほとんど残雪は無く、北斜面や谷間の吹きだまりの雪は木の根元だけ雪が解けていてきれいな水玉模様になっていました。
 ヒノコから登ってくる南尾根と合流して、少しでP926mに到着、明るい展望広場で昼食を摂りました。
 P926mからは皆子山が初めて見え、山頂が近づくにつれて尾根上にも残雪があらわれましたが、ここ数日の好天で雪は固まっていて歩くのに支障はありませんでした。
 P926mから尾根は曲折しながら小ピークを4つ位越えますが、どれも10m程度の登りで、13時前に皆子山971.5mに到着しました。

 スタートでの遅れはほとんど取り戻せたので、吹きだまりになって2mもの雪が残る山頂で、比良山系の武奈ヶ岳1214.4mや蓬莱山1173.9m、北の峰床山970.0m、桑谷山930mの双耳峰を間近に眺めながら好天無風の展望を満喫しました。
 皆子山から平までの東尾根は杉植林の長い下りですが、道標はないもののはっきりした登山道があり、快適でした。
 西教寺への最後の急尾根は高度差260m、1年半前より登山道はさらにはっきりジグザグに付いていて、歩き易くなっていました。
 15:03に平に着いて、15:59のバスまでたっぷり待ち時間があるので、「杣の道」でビールやお茶の接待を受けました。(缶ビール・エビス324円)
 なお、この「杣の道」でも「北山分水嶺を歩く・トレッキングマップ」が販売されています。(800円)
 平発15:59のバスは折からのお彼岸の時期と重なったためか湖西道路の渋滞の影響で20分近く遅れましたが、16:55の湖西線に間に合って、京都へ向かいました。 

【山行記録】
京都北山「前坂峠から皆子山西尾根~東尾根」 関西ハイク山友会 4/22第658回例会の下見

日 時:平成27年3月22日(日) 9:15~15:03

参加者:5名/HMDさん、OKMさん、KWTさん、AKEさん、きよもり

コース:鞍馬・集合8:30(タクシー中型3720円)大見―前坂峠―皆子山分岐―前坂峠―P897m―南尾根合流―P926m―皆子山971.5m―東尾根―平15:59(江若バス780円)16:30堅田(解散)

レベル:中級向き (大見尾根分岐往復はルートに要注意)

地 図:国土地理院25000分の一「花背」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山分水嶺を歩く・トレッキングマップ」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約9.0km 所要時間:5時間48分(歩行:3時間53分、休憩昼食:1時間55分)
 鞍馬8:32(タクシー中型3,720円)大見(9:00頃)
 大見(610m)9:15―前坂峠(730m)9:37~43―大見尾根・皆子山分岐(800m)10:10~17―前坂峠(730m、14℃)10:40~46―P897m(快晴、きんつば)11:16~28―左折点(860m)11:32―南尾根合流(920m)11:48―P926m(昼食)11:57~12:31―右折点(910m)12:37―左折点(950m)12:50―皆子山971.5m(16℃)12:58~13:20―東尾根分岐(960m)13:23―P941m13:42~51―P837m14:05~10―急坂上(720m)14:22―西教寺(460m、16℃)14:44~58―平バス停(470m)15:03
 平15:59(江若バス780円)16:47JR堅田(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:交通費1,500円/タクシー3720円割り勘+江若バス780円・回数券利用
150322 集 金:     7,500円  1500円×5名
 支 払:     7,120円  タクシー中型・鞍馬駅~大見 3,720円+
                  バス代/江若バス・平~JR堅田3,400円(780円X5名=3900円/190円回数券20枚=3300円+100円/500円割引)
 差 引:       380円  余剰金380円は預かり金に預金します。

【写真】 150405追加
PicasaのWEBアルバム、写真は位置情報付きで76枚あります。

150322 前坂峠から皆子山西尾根、東尾根・下見

【Youtubeのフォトムービー】 150405追加
再生時間は7分46秒です。
BGMは甘茶の音楽工房 から「雪解け」を使わせていただきました。

【写真】 抜粋
150322_maesakatoge_minakoyamanish_2150322_maesakatoge_minakoyamanish_3

150322_maesakatoge_minakoyamanish_4150322_maesakatoge_minakoyamanish_5

150322_maesakatoge_minakoyamanish_6150322_maesakatoge_minakoyamanish_7

150322_maesakatoge_minakoyamanish_8150322_maesakatoge_minakoyamanish_9

皆子山971.5mの標識で積雪状況を比較/2013年8月26日との比較
150322_maesakatoge_minakoyamanis_11130826_minakoyamaminamione_026

150322_maesakatoge_minakoyamanis_10150322_maesakatoge_minakoyamanis_12

150322_maesakatoge_minakoyamanis_13150322_maesakatoge_minakoyamanis_14

150322_maesakatoge_minakoyamanis_15150322_maesakatoge_minakoyamanis_16

【地図】
歩行断面図
150322t_maesakatoge_minakoyamanishi
歩行ルート図
150322t_maesakatoge_minakoyamanis_2
歩行ルート拡大図
前半
150322t1_maesakatoge_minakoyamanish
後半
150322t2_maesakatoge_minakoyamanish
GPSの歩行軌跡データ
「150322T_MaesakaToge_MinakoYamaNishiOne_HigashiOne.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 23, 2015 at 11:52 午後 | | コメント (0)

2015.03.22

150322 下見完了しました

150322 下見完了しました 大見から先は雪でタクシーが入らず、前坂峠まで歩きましたが、尾根の雪はほとんど解けていましたから、行程ははかどりました。
 ほぼ予定通りの時間に皆子山に到着。
 平に降りてきたら15:05でした。
 15:59のバスまでお馴染みの「杣の道」でビールを飲んで、時間待ちです。

Posted on 3月 22, 2015 at 03:35 午後 | | コメント (0)

150322 今日は快晴

150322 今日は快晴150322 今日は快晴 鞍馬駅に8:30集合
 今日も暖かくて14℃もあります。
 駅前の老桜には赤い蕾がいっぱい付いて、ちらほらと開き始めています。
 ここからタクシーで大見まで入りますが、雪は解けているようです。

Posted on 3月 22, 2015 at 08:14 午前 | | コメント (0)

2015.03.21

150321 春の花Ⅲ:明日は好天

150321_harunohana_01150321_harunohana_04
 今日もよい天気で暖かい一日でしたが、昼前に空を見上げて、ビックリ!
 地震雲かと思いましたが、これは大気の流れが波打っているから現れる雲だそうです。
 鰯雲とか鱗雲と言われる中層雲だともっと密着した波状の雲ですが、これだけ離れていると何となく気持ち悪いですね。

 きよもりの好きな白木蓮は街中ではすっかり満開です。
 この頃になると北山でも六甲でもそろそろタムシバが膨らんできますが、花が開くのは今月末からでしょうか。
 今日はベランダの温度計が26.9℃になっていました。
 この調子で明日も晴れそうでよかったです。
 明日の下見は参加していただける方が増えて、5名になりましたから、鞍馬から5人乗りの中型タクシーで、大見の奥まで入ります。
 この気候なら雪も解けて前坂峠までタクシーで入れると思います。

 御影周辺の庭先には白木蓮以外にも、山茱萸(サンシュユ)や木瓜(ボケ)の花も満開になっていました。
 桜のつぼみもピンクに色付いて明日にでも開きそうです。

150321_harunohana_03150321_harunohana_05

150321_harunohana_07150321_harunohana_08


Posted on 3月 21, 2015 at 06:05 午後 | | コメント (0)

2015.03.20

150320 すっかり春

150320_milk_himesamabed_01150320_milk_himesamabed_02

 午後からどんどん気温が上がって、17時前にはベランダは25℃近くになっていました。
 つい、昨日まで床暖の上で寛いでいたミルクちゃん。
 今日は数ヶ月ぶりに窓際の日差しを受けて姫様ベッドで丸くなっていました。
 わが家ではミルクちゃんが一番季節の変化に敏感です。

Posted on 3月 20, 2015 at 05:33 午後 | | コメント (0)

2015.03.19

150319 山行計画:3/29 京都北山「竹次谷から雲取山、国体尾根」 関西ハイク山友会山友会 第649回例会

140727_takejidani_kumotoriyama_koku 昨年10月5日(日)に例会として予定していましたが、雨で中止になった行程の再挑戦です。
 雲取山911.1mは京都北山のほぼ中央に位置し、花背から簡単に登れるので人気の山です。
 しかし今回は北面の灰屋川の支流・竹次谷から入り、下りは国体尾根を下って灰屋川と桂川が合流する灰屋口に降りますので、滅多に歩かれることのない行程です。
 竹次谷(たけじだに)は出合の橋名が武地橋となっていることから、正しくは武地谷と書くべきですが、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」でも竹次谷と記載されていますから旧呼称を使います。

 竹次谷は中流まで林道があり林道終点からの遡行になります。
 二俣辺りまでは結構荒れていて、倒木をよけたり、徒渉したりしますが二俣から上流は金久氏の「北山の峠」でも『雲取山周辺でも第一級の谷』と賞賛されている通り、広い谷間の明るい谷間を京都府立大学の「りょうぶ小屋」まで快適に歩けます。
 雲取峠から少し足を伸ばして910mの展望ピークで京都北山や比良の展望を楽しみながら昼食とします。
 雲取山までピストンして雲取峠に戻り、ハタカリ峠のすぐ上から北へ曲がって国体尾根に入ります。

 国体尾根は昭和63年の京都国体山岳コースとして知られていますが、すでに26年も経っているため当時の面影は残っておらず途中に道標などもほとんどありません。
 三ツ又山(890m)で大布施への尾根と分かれて、長い下り尾根になりますが、中間の右折点(680m)までは尾根が錯綜し分岐も多いので地図と磁石で方向を確認しながら高度を下げていきます。
 右折点以降は鉄塔Ⅰ、Ⅱの少し先から灰屋目指して藪尾根を下ります。
 藪尾根ですが、途中から植林帯になり、30分位で灰屋口近くのバス道路に出ます。

 早春の尾根歩きはリョウブを中心とした若葉が芽を出し始めていると思います。
 空気が澄んでいれば、大見尾根や比良連峰、中央分水嶺など、展望も楽しめますから、好天を祈りましょう。

【山行計画】
140727_takejidani_kumotoriyama_ko_2京都北山「竹次谷から雲取山、国体尾根」 関西ハイク山友会 第649回例会
     北山の尾根と峠歩き 第14回

日 時:平成27年3月29日(日) 9:20~17:10

集 合:京都駅八条西口 団体バス乗り場 7時40分出発
 京都バスの中型バスです。
 【雨天の場合】
 前日(3/28) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前3月28日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:39名/3/19現在

行き先:京都北山「竹次谷から雲取山、国体尾根」

コース:京都駅(貸切バス)竹次谷出合(高山バス停)―竹次谷林道―雲取峠―雲取山―雲取峠―ハタカリ峠―国体尾根―三ツ又山890m―P829m―P608m―灰屋口バス停(貸切バス)京都駅(解散19:00頃)

レベル:中級向き(少し荒れた短い谷歩き、国体尾根は中間と最後の急斜面は要注意)

地 図:25000分の一「上弓削」「花背」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山分水嶺を歩く・トレッキングマップ」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:9.2km、所要時間:7時間50分(歩行時間:5時間55分、休憩・昼食:1時間55分)
 京都駅7:40頃(貸切バス)竹次谷出合(9:00頃)
 竹次谷出合(380m、9:20頃)―25分―林道橋(520m)―30分―林道終点(640m)―40分―二俣(740m、11:05頃)―25分―奥の二俣(810m)―20分―雲取峠(880m、12:00頃)―10分―展望ピーク(910m、12:10頃、昼食)―15分―雲取山911.1m―15分―雲取峠(880m)―15分―ハタカリ峠・国体尾根分岐(890m)―20分―三ツ又山(890m、14:20頃)―20分―小ピーク(900m)―20分―P829m―30分―右折点(680m、15:40頃)―15分―鉄塔Ⅰ(580m)―10分―P608m鉄塔Ⅱ―10分―左折点(590m、16:30頃)―30分―車道(360m)―5分―灰屋口バス停(350m、17:10頃)
 灰屋口バス停17:30頃(貸切バス)京都(19:00頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、軍手
  最初1時間30分位の谷遡行があります。徒渉はそれほど水量はありませんが、スパッツをお持ち下さい。

会 費:3000円/参加費 200円+バス代 2800円

【参考】下見の記録です
140730 山行記録:7/27 京都北山「竹次谷から雲取山、国体尾根」 関西ハイク山友会の下見

平成27年3月29日(日) 例会№649 京都北山 「竹次谷から雲取山、国体尾根」
【地図】
予定断面図
150329_takejidani_kumotoriyama_koku
予定ルート図
150329_takejidani_kumotoriyama_ko_2
予定ルート拡大図
前半
150329_1_takejidani_kumotoriyama_ko
後半
150329_2_takejidani_kumotoriyama_ko
GPSの歩行ルートデータ
「150329_TakejiDani_KumotoriYama_KokutaiOne.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 19, 2015 at 09:16 午後 | | コメント (0)

2015.03.18

150318 春の花Ⅱ:桜のつぼみ膨らむ

150318_matinohana_05150318_matinohana_01

Http__www_tenki_jp_sakura_expecta_2 春の花と云えばやはり桜。
 先週まで天気が安定せず暖かくなったり、寒さが戻ったりしていました。
 でも、昨日から昼間は汗ばむほどの陽気になり、今まで気付かなかった植え込みの沈丁花や雪柳のこぼれるような花々に気持ちも春めいてきます。
 春の主役、桜のつぼみも膨らみ始めました。
 気象庁の予報では神戸の開花は3月26日(木)、満開は4月4日(土)だそうですから、今月末から4月半ばに予定している5回の山行が楽しみです。

 昨日掲載したコゴメバナ(小米花)=雪柳は三宮では花が枝を隠すほどに付いていました。
 また、沈丁花も満開で辺りが香りに包まれていました。
 やっぱり春は待ち遠しいですね。

150318_matinohana_02150318_matinohana_03

150318_matinohana_04150318_matinohana_06

Posted on 3月 18, 2015 at 05:36 午後 | | コメント (0)

2015.03.17

150317 春の花

150317_matinohana_01150317_matinohana_05

 一昨日の京都北山はまだほとんど春の花が見られず、わずかにホソバオウレン(細葉黄連)の可愛い白い花が見つかっただけでした。
 週明けの神戸はすっかり春めいてきて、マンションの周囲も少しずつ春の花が開き始めています。
 今週末の皆子山ではどんな花が見られるでしょうか?

150317_matinohana_02150317_matinohana_03

150317_matinohana_04150315_mitudukoyama_hositoge_tito_3

Posted on 3月 17, 2015 at 07:30 午後 | | コメント (0)

2015.03.16

150316 山行記録:3/15 京都北山「三頭山から星峠、千歳山」 関西ハイク山友会 第639例会

150315_mitudukoyama_hositoge_titose150315_mitudukoyama_hositoge_tito_2

 前日まで降水確率が60%~70%となっていて、例会開催は無理だと覚悟していましたが、前日17時発表で午前中10%、午後40%に変わり、気持ちを切り替えて臨みました。
 今回の行程は昨年5月に下見は完了していますが、途中3個所の下りが藪尾根ないしは藪斜面で不安がありましたが、GPSのお陰で途中何度か方向を修正しながら何とか全員無事に歩き通していただけました。
 参加していただいた皆さん、有り難うございました。久し振りにハードな行程でお疲れ様でした。

 越畑から芦見峠は地蔵山、愛宕山へのアプローチとして何度も歩いていますが、一昨年9月の台風18号で崩れていた登山道がようやく修復され、歩き易くなっていました。
 三頭山は昨年2月に大雪の中を登りましたが、最後に尾根を間違えて時間切れのため引き返しましたから今回はそれのリベンジでもありました。
 星峠までの尾根道は三頭山手前の分岐から急尾根を下りますが、要所に道標やテープがあって問題ありません。廻り田池分岐から先は緩い下り坂で、尾根沿いに作業道が星峠まで続いています。

 午後から星峠山を経て鎌ヶ岳まで途中まではほとんど踏み跡がありませんが、藪の広尾根を過ぎると踏み跡がはっきりしてきて鎌ヶ岳まで問題なく到達できます。ただ、名前の割に鎌ヶ岳は展望も無く山頂の標識もほとんど無いので期待外れです。
 山頂前の分岐まで戻り、古い通い道を下っていくと今日の行程唯一の開けた展望斜面に出ます。長い休憩を取って、目前に迫った千歳山や三郎ヶ岳、竜王ヶ岳の展望を楽しんでから阿祇園寺から細野へ通じる林道に下りました。溜め池の上部で急斜面をショートカットして作業道に入りましたが、P470mとP506mの二個所の標高点へ寄るため、広尾根の藪漕ぎを二度も繰り返し、時間と体力をかなり消耗しました。
 P506mからの下りも藪の急斜面ですが、下りの途中から下見の時よりかなり北側に振ってしまい、R477の国道に降りたところは下見時より200m北の道路上でした。鎌ヶ岳から阿祇園寺までは予定より20分先行していましたが、二個所の標高点への藪漕ぎで時間を取られて、R477国道に着いたら予定通りの15時になっていました。
 
 最後の千歳山の登りはこの日最大の高低差で240mありますが、途中の休憩を挟んでほぼ予定通り、16時に山頂に到着できました。
 最後の神吉上バス停への下りでも、最初に方向を間違えて下見時よりかなり東の支尾根に引っ張られ、途中で気付いて斜め気味に西へ振り直し、何とか前回下った神吉上に通じる林道に降りてこられました。
 バス停に着いたら、16:45で計画では16:50としていましたから、最後に何とか帳尻を合わせられてよかったです。

 行程としては途中で星峠、阿祇園寺分岐、R477と三度も林道または国道を横切るため、高低差が大きなアップダウンが続きます。
 また今回も苦戦したP470mとP506mの標高点への寄り道は尾根通しはもちろん、作業道からのアプローチでも相当苦戦します。
 一日の行程として余裕を持って歩くためにはこの二つの標高点への寄り道は省略した方が無難だと思いました。
 久し振りの藪尾根歩きで結構消耗しましたが、同行していただいた会員の皆さんが誰も遅れず最後まで歩き通していただいたからこそと、感謝申し上げます。

【山行記録】
京都北山「三頭山から星峠、千歳山」 関西ハイク山友会 第639回例会
 北山の尾根と峠歩き 第13回

日 時:平成27年3月15日(日) 9:13~16:45

参加者:41名

行き先:京都北山「三頭山から星峠、千歳山」

コース:JR八木駅(8:20集合)=京阪京都バス=越畑―芦見峠―三頭山―星峠―鎌ヶ岳―P506m―千歳山―神吉上=京阪京都バス=JR八木駅(17:24 解散)

レベル:中級向き (アップダウンが多い 急な下りと藪漕ぎ)

地 図:国土地理院25000分の一「殿田」
 歩行断面図歩行ルート図
 歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約11.8km 所要時間:7時間32分(歩行:5時間42分、休憩昼食:1時間50分)、天候:曇り、気温:8℃→10℃→13℃→10℃
 八木駅前8:24=京阪京都バス560円=越畑8:58
 越畑(410m)9:13―芦見峠(590m、8℃)9:43~49―鉄塔(630m)10:02~07―三頭山(728.2m)10:26~35―星峠分岐(720m)10:38―廻り田池分岐(520m)11:04~10―P569m11:28~30―展望(500m)11:40~45―星峠(460m、昼食、10℃)11:53~12:28―星峠山(526.0m)12:38―藪広尾根―小P590m12:54―鎌ヶ岳(623m)13:00―鎌ヶ岳分岐(570m)13:07―展望斜面(490m、13℃)13:20~30―阿祇園寺分岐(390m)13:40―林道(410m)13:45―藪尾根―P470m14:00~14:07―巻き道(450m)14:12―藪尾根―P506m14:38~42―藪斜面急下降―車道R477(370m)15:00~08―車道R477―車道分岐(360m)15:13―千歳山取付(380m)15:18―登り尾根中間(500m、10℃)15:35~41―千歳山(622.3m)16:00~07―神吉上右折点(570m)16:13―藪斜面急下降―作業道(420m)16:37―林道(400m)16:40―神吉上バス停(360m)16:45
 神吉上17:04=京阪京都バス530円=17:24八木(解散)17:35=山陰線500円=18:15京都

 参考:
  京阪京都バス 神吉上発 14:05、17:04、18:44(最終)
  タクシー呼び出し(八木駅前) 京都タクシー:0771-42-2163、南丹タクシー:0771-42-2233

個人装備:昼食、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、手袋

費 用:600円/参加費200円+帰りバス代400円(リーダーが一括支払い、行きは各自払い)
 注意:行きの八木~越畑 560円は降車が京都市右京区なので京都市域バス共通回数券が使用出来ます。敬老パスは乗車地が南丹市のため使えません。
  帰りの神吉上~八木 530円は南丹市内乗降のため京都市域バス共通回数券は使用できません。
  「亀たんパス」は土日祝しか使えませんが、500円で一日乗り放題です。
  発売は京阪京都交通(株)亀岡営業所・亀岡駅前案内所・バス車内ですから、足の便が無いと事前購入は難しいですが、バスの車内でも運転手が2枚だけ持っているので当日購入できます。

【会計報告】バス代の精算
150315 集金:14,400円 (36名×400円/41名中5名は各自で亀たんパスを利用)
 支払:17,520円 (5000円回数券×3枚+亀たんパス500円×2枚+現金1,520円=17,520円
             バス代530円×36名=19,080円/支払17,520円→1,560円割引)
 差引:-3,120円 (不足分3,120円は預り金より補填します)

【参考】下見の記録
山行記録:5/6 京都北山「三頭山から千歳山」 関西ハイク山友会例会の下見
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2014/05/140507-56-e856.html

【写真】 150317追加
PicasaのWEBアルバム、写真は位置情報付きで74枚あります

150315 三頭山から星峠、千歳山№639

【Youtubeのフォトムービー】 150317追加
再生時間は7分32秒です。
BGMは甘茶の音楽工房 から「ないしょのお話」を使わせていただきました。


【地図】
歩行断面図
150315t_mituzukoyama_ryugatake_tito
歩行ルート図
150315t_mitudukoyama_hoshitoge_tito
歩行ルート拡大図
前半
150315t1_mitudukoyama_hoshitoge_tit
後半
150315t2_mitudukoyama_hoshitoge_tit
GPSの歩行軌跡データ
「150315T_MitudukoYama_HoshiToge_TitoseYamaDANMEN.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 16, 2015 at 07:54 午後 | | コメント (0)

2015.03.15

150315 全員無事下山しました

150315  全員無事下山しました150315  全員無事下山しました 参加者41名。
 アップダウンが多く、藪こぎが連続するロングコースでしたが、常連のベテラン揃いで、最後まで元気に歩き通していただきました。
 それにしても久し振りのハードな行程で疲れました。
 最後まで雨が降らなくてよかったです。

Posted on 3月 15, 2015 at 05:47 午後 | | コメント (0)

2015.03.14

150315 4月の下見計画の地図

 3月いっぱいの山行計画地図の作成は完了しました。
 4月は例会が二回、下見が三回になっていて、例会は3月4月に予定している下見が完了しないと山行計画地図は作れません。
 取りあえず、4月に二回予定している江若国境尾根の山行計画と中央分水嶺「海老坂から大岩山、肱谷坂」の地図を作成しました。 

平成27年4月4日(土)~5日(日) 下見 若狭 「天増川口~轆轤山~倉見峠~三十三間山登山口~三十三間山~能登越~能登野」

平成27年4月25(土)~26日(日) 下見 若狭 「能登越~近江坂~三重岳~河内谷~大御影山~松屋~新庄」

平成27年4月30日(木) 下見 京都北山 「海老坂から大岩山、肱谷坂」

【地図】
平成27年4月4日(土)~5日(日) 下見 若狭 「天増川口~轆轤山~倉見峠~三十三間山登山口~三十三間山~能登越~能登野」

予定断面図
4月4日(土)
150404_amasugawakuti_rokuroyama_kur
4月5日(日)
150405_33kenyama_notogoe_tomuradanm

予定ルート図 4月4日(土)~4月5日(日)
150404_05_amasugawakuti_rokuroyama_

予定ルート拡大図
4月4日(土) 前半
150404_1_amasugawakuti_rokuroyama_k
4月4日(土) 後半
150404_2_amasugawakuti_rokuroyama_k

4月5日(日) 前半
150405_1_33kenyama_notokoe_tomura
4月5日(日) 後半
150405_2_33kenyama_notokoe_tomura

GPSの歩行ルートデータ
4月4日(土)
「150404_AmasugawaKuti_RokuroYama_KuramiToge.gpx」をダウンロード
4月5日(日)
「150405_33kenYama_NotoGoe_Tomura.gpx」をダウンロード

平成27年4月25(土)~26日(日) 下見 若狭 「能登越~近江坂~三重岳~河内谷~大御影山~松屋~新庄」
【地図】
予定断面図
4月25日(土)
150425_notono_notokoe_sanjyodake_ko
4月26日(日)
150426_koutidani_oomikageyama_shinj

予定ルート図
4月25日(土)
150425_notono_notokoe_sanjyodake__2
4月26日(日)
150426_koutidani_oomikageyama_shi_2

予定ルート拡大図
4月25日(土)
前半
150425_1_notono_notokoe_sanjyodake_
後半
150425_2_notono_notokoe_sanjyodake_

4月26日(日)
前半
150426_1_koutidani_oomikageyama_shi
後半
150426_2_koutidani_oomikageyama_shi

GPSの歩行ルートデータ
4月25日(土)
「150425_Notono_NotoKoe_SanjyoDake_KoutiDani.gpx」をダウンロード
4月26日(日)
「150426_KoutiDani_OomikageYama_Shinjyo.gpx」をダウンロード

平成27年4月30日(木) 下見 京都北山 「海老坂から大岩山、肱谷坂」
【地図】
予定断面図
150430_ebisaka_ooiwayama_hijitanisa
予定ルート図
150430_ebisaka_ooiwayama_hijitani_2
予定ルート拡大図
前半
150430_1_ebisaka_ooiwayama_hijitani
後半
150430_2_ebisaka_ooiwayama_hijitani
GPSの歩行ルートデータ
「150430_EbiSaka_OoiwaYama_HijitaniSaka.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 14, 2015 at 10:25 午後 | | コメント (0)

150314 明日の例会は予定通り開催

150314_kosuikakuritu10_40 昨日までの天気予報では3月15日(日)の京都南部の降水確率は60%あるいは70%になっていて、明日の例会は中止になる可能性が高いと思っていました。
 ところが今朝になって、降水確率が40%に下がってきましたので、このままなら開催できそうかなと思い直しました。
 それでも、以前11時の発表で50%だったから開催を決めたら、17時の発表で60%になって大慌てで開催中止の連絡をしたことがあるので、今回は前回の轍を踏まないよう17時の天気予報を首を長くして待っていました。
 結果的には3月8日(日)の降水確率は午前中が10%、午後が40%で開催が決定できました。

 これで きよもりの例会は月2回開催していますが、昨年の平成26年10月19日(日)以来、12回連続で開催できていることになります。
 関西ハイク山友会の例会は月間15回~17回開催されていますが、平均すると月間2~3回は雨天中止になっていますから、きよもりの場合は、確かに雨に遭う確率は低いようで喜ばしい限りです。
 晴れ男宣言すると晴れの神様に叱られて突然雨に遭いますから、自分では雨の神様に嫌われている、と表現するようにしています。

 気になったので確認してみたら、関西ハイク山友会の昨日までの例会638回のうち雨天中止は107回で16.8%の中止確率でした。
 きよもりの例会は80回のうち雨天中止は10回で12.5%の中止確率です。
 8回に1回は中止になるということで、まずまずですが、過信は禁物です。


Posted on 3月 14, 2015 at 08:20 午後 | | コメント (0)

2015.03.13

150313 深海の戦艦武蔵のライブ:Musashi (武蔵) Expedition

150313_musashi04_2 /.の記事
フィリピン・シブヤン海で発見された戦艦武蔵、本日AM10時よりその様子をネットで生中継
http://it.slashdot.jp/story/15/03/12/1136235/?utm_source=newsletter&utm_medium=email+
あるAnonymous Coward 曰く、Microsoft共同創業者のポール・アレン氏がフィリピンのシブヤン海で発見した戦艦「武蔵」と思われる船の様子を、13日10時よりネットで公開するという(NHK、INTERNET Watch、告知ページ)。

無人の探査機に取り付けたカメラで撮影し、その映像を生中継するという。先に公開されている映像からこの船は武蔵であることはほぼ間違いないとされているという。配信はmusashi.paulallen.comもしくはYouTubeで行われ、1時間半~2時間程度の長さになる模様。
なお、動画は生中継終了後も閲覧できるようになる模様。

https://youtu.be/qNMmqagTt90
 追記:Youtubeの動画は2:55'12"もありますが、最初の26'20"はタイトルしか表示されないので、読み飛ばすようにして下さい。

10時から始まっていて、興味深く見せていただきました。
フィリピン沖1000mの海底にライブカメラを設定して、1時間以上の生中継は迫力がありました。

このため数十億円の私財を投じたポール・アレン氏に感謝します。
2014年3月8日、マレーシア航空の行方不明機の捜索もこういう篤志家が現れて早く見つかればいいですね。
マレーシア航空370便墜落事故

150313_musashi01150313_musashi02

150313_musashi03150313_musashi04

150313_musashi05150313_musashi06

150313_musashi07150313_musashi08

150313_musashi09150313_musashi10

Posted on 3月 13, 2015 at 11:30 午前 | | コメント (0)

2015.03.12

150312 梅は咲いたけど天気は下り坂

20150312_161956150312_kosuikakuritu_kyoto

 昨日は神戸でも雪が舞って寒さに震えましたが、今日は日差しが戻って暖かくなりました。 
 公園の梅もすっかり花が開き、春めいてきました。

 でも、週末にかけてまた天気が崩れそうで、3月15日(日)の№639例会 京都北山「三頭山から星峠、千歳山」の開催は微妙です。
 12日(木)現在、15日(日)の降水確率は60%になっています。
 昨年10月から11回連続で開催できているので、そろそろ雨に遭う頃かも知れません。

Posted on 3月 12, 2015 at 06:24 午後 | | コメント (0)

2015.03.11

150311 ミルクちゃんの毛繕い

 静かな昼下がり、外は寒の戻りで寒いけど、おうちの中は床暖で別世界。
 ミルクちゃんはゆったり座って、いつものように全身くまなく毛繕いです。
 毛繕いは英語ではGroomingとかPersonal groomingとか云うそうです。
 毛繕いには大事な意味があって、健康管理、毛艶維持、体熱放散、転移行動(ストレス切替)の役割があるそうです。
 一日の起きている時間のうち半分位、すなわち4時間も毛繕いしているとの報告もあります。
 うちのミルクちゃんは、お母さんやきよもりに撫でられるのも大好きです。
 でも、おなかはきよもりにしか撫でさせません。
 仰向けになってのどをゴロゴロ鳴らして気持ちよさそうですから、母猫としての記憶がよみがえるのでしょうか?
 その代わり、膝の上に乗って丸くなったり、寝ていると胸に乗って一緒に気持ちよさそうに寝るのはお母さんにだけで、きよもりには近づきもしません。
 親を使い分けているとしか思えません。


Posted on 3月 11, 2015 at 07:16 午後 | | コメント (0)

150311 山行計画:3/26 京都北山「芦谷西尾根から中央分水嶺、八丁峠、鴨瀬谷山、東塚谷峠」 の下見

140928_sotobatoge_kamosedaniyama_07141026kamosedaniyama_kakehasidaniya
 3月26日(木)の「芦谷西尾根から中央分水嶺、八丁峠、鴨瀬谷山、東塚谷峠」の下見は5月、6月の計画を作成していて、6月13日(土)に例会としてソトバ山から鴨瀬谷山を歩くので、八丁大道から鴨瀬谷へ下るルートを念のためもう一度歩いて確認しておこうと思い立っての下見計画です。

 鴨瀬谷山から八丁大道は下りと登りで二回歩いていますし、鴨瀬谷から鴨瀬谷乗越の登降も千谷山への縦走時に二回歩いていますが、いずれも鴨瀬谷からの取付が急斜面なので例会で40名もの会員が登降するには不安があり、時間がかかりそうです。
 今回の下見では東塚谷峠から鴨瀬谷へ下ってみます。このルートも谷の手前はかなり崩れているそうですから、実際に確認してルートを決めたいと思います。
【参考】 鴨瀬谷への登降路、過去4回の下見記録
140929 山行記録:9/28 京都北山「中央分水嶺/ソトバ峠から鴨瀬谷山」下見
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2014/09/140929-928-e7d8.html
141012 山行記録:10/11 京都北山「鴨瀬谷から千谷山、井戸峠」下見
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2014/10/141012-1011-b96.html
141024 山行記録:10/23 京都北山「筒江から千谷山、鴨瀬谷乗越」下見
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2014/10/141024-1023-8cf.html
141027 山行記録:10/26 京都北山「中央分水嶺/鴨瀬谷山から掛橋谷山」下見
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2014/10/141027-1026-107.html

 芦谷西尾根というのは仮称ですが、上弓削から深見トンネルへあがっていく周山街道はカモノセキャビンの先は植林帯の谷間を縫うように北西に続きます。
 周山街道の北側は中央分水嶺の尾根から派生する谷川が何本もあって、最も大きい谷が男鹿谷でかなり深見トンネル寄りですが、男鹿谷の東にはノウ谷、芦谷と続き、いずれも谷沿いには奥まで林道があります。
 今回登路に選んだ芦谷西尾根はこのノウ谷と芦谷とに挟まれた尾根ですから、おそらく支尾根には植林手入れ用の作業道があるだろうと推測しています。また、かなり長い尾根なので急登も少なく歩きやすいのではないでしょうか。
 尾根を登り切ると丹波広域基幹林道の男鹿峠と八丁峠の中間辺りで中央分水嶺の尾根を大きく南に迂回する位置になります。
 広域林道をそのまま東に辿ると八丁峠です。
 八丁峠から林道を離れ、P770mを経てしばらく中央分水嶺を歩きますが、P748mの手前で再度広域林道から北側の尾根に入りそのままP748mを経て鴨瀬谷山に到達します。P748mは平成26年10月26日(日)の下見では踏んでいないので、状況によっては省略するかも知れません。
 鴨瀬谷から八丁大道を下りますが、踏み跡ははっきりしているので迷う心配はありません。
 東塚谷峠からえぐれた峠道を鴨瀬谷へ下りますが、谷の手前は崩れていて道が消えているようですから、ルートを確認しながら降りるようにします。

【山行計画】
京都北山「芦谷西尾根から中央分水嶺、八丁峠、鴨瀬谷山、東塚谷峠」 関西ハイク山友会例会の下見

日 時:平成27年3月26日(木) 8:50~16:30

集 合:京都駅烏丸口・JRバス乗り場 6:40
 JRバス周山行き 6:50発に乗車
 【雨天の場合】
 下見なので雨天決行です。

参加予定者:3名/OONさん、OGTさん、きよもり /3/19現在 
 同行していただける方は、メールを下さい。

コース:京都6:50(JRバス1180円)8:11周山8:15(京北ふるさとバス510円)8:37千谷口―芦谷西尾根取付―P590m―広域林道―八丁峠―鴨瀬谷山778.0m―八丁大道―東塚谷峠―鴨瀬谷―千谷口16:57(京北ふるさとバス510円)17:19周山17:40(JRバス1180円)19:06京都(解散)

レベル:中級向き (多少の藪漕ぎ)

地 図:国土地理院25000分の一「上弓削」「中」、昭文社「京都北山」
 予定断面図予定ルート図
予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約10.0km 所要時間:7時間40分(歩行:5時間50分、休憩昼食:1時間50分)
 京都駅前6:50(JRバス1180円)8:11周山8:15(京北ふるさとバス510円)8:37千谷口
 千谷口(320m、8:50頃)―30分―芦谷西尾根取付(350m)―30分―小P470m―30分―小P580m―10分―P590m―40分―丹波広域基幹林道(670m、11:30頃、昼食)―30分―P708m―10分―八丁峠(690m)―30分―P770m―40分―鴨瀬谷山778.0m(14:20頃)―10分―八丁大道(720m)―20分―東塚谷峠(550m、15:00頃)―30分―鴨瀬谷出合(420m)―40分―千谷口(320m、16:30頃)
 千谷口16:57(京北ふるさとバス510円)17:19周山17:40(JRバス1180円)19:06京都(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:交通費3,000円位/JRバス1180円+京北ふるさとバス510円=1,690円×2=3,380円/回数券利用
  参考:周山タクシー: 075-852-0109

平成27年3月26日(木) 下見 京都北山 「芦谷西尾根から中央分水嶺、八丁峠、鴨瀬谷山、東塚谷峠」
【地図】
予定断面図
150326_ashidaninishione_hattyotoge_
予定ルート図
150326_ashidaninishione_hattyotog_2
予定ルート拡大図
前半
150326_1_ashidaninishione_hattyotog
後半
150326_2_ashidaninishione_hattyotog
GPSの歩行ルートデータ
「150326_AshidaniNishione_HattyoToge_KamosedaniYama_HigashitukadaniToge.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 11, 2015 at 11:57 午前 | | コメント (0)

150311 山行計画:3/22 京都北山「前坂峠から皆子山西尾根~東尾根」 関西ハイク山友会 4/22第658回例会の下見

東日本大震災から丸四年。
亡くなられた方々にお悔やみ申し上げます。
未だに行方不明の方々が一日も早く見つかりますよう願っています。
被災地で日々不自由な生活を余儀なくされている方々、原発被災でふるさとを離れて暮らす方々が一日でも早く安定した元の生活に復帰できるよう願っております。

140323_tawarasakatoge_minetokoyama_ 前坂峠は昨年の同時期、平成26年3月23日(日)に鞍馬からタクシーで百井峠を越えて大見に入り、そのまま前坂峠を越えて尾越まで行くつもりでしたが、予想外の積雪でタクシーが前坂峠手前の大見までしか入らず、徒歩で尾越に越えたのを思い出します。
 山行記録:3/23 京都北山「大見から俵坂峠、峰床山、寺谷峠」 下見
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2014/03/140319-323-c0ab.html

 今回は少人数なので、輪カンが余り役に立ちそうもないし、尾根通しで歩きますから、輪カンはやめて念のため軽アイゼンだけ持参することにします。
 前坂峠から大見尾根の分岐までわざわざ往復するのは、平成25年11月25日(月)の下見、平成26年3月16日(日)の例会で小野谷峠からチセロ山P871mを歩きましたが、大見尾根の背稜から派生する形で皆子山へ尾根が続いているのが気になっていました。
下見山行記録:11/25 京都北山「小野谷峠から知世路谷山」 関西ハイク山友会
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2013/11/131127-1125-b11.html
山行記録:3/16 京都北山「小野谷峠からチセロ山」 関西ハイク山友会 第447回例会
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2014/03/140318-316-447-.html

 ということで、今回は大見尾根の縦走コースと皆子山を結ぶ前坂峠を起点とした東西の尾根歩きになります。
 昨年と同時期なので雪が残っていて、大見までしかタクシーが入らない場合は大見尾根へのピストンは中止します。

 皆子山は南面からの県境尾根、東尾根、今回の西尾根で尾根歩きは大体終わります。
 あとはヒノコからの南尾根が残っていますが、機会があれば挑戦します。
 皆子山の北面は足尾谷へ急峻な短い尾根がありますが、むかし重廣さんのラウンド琵琶湖で皆子山から県境を下り、ツボクリ谷を横断して再度尾根に登り直し、足尾谷の上流に下りましたが、縦走コースとは言えないのでヒルも多いから敬遠します。
050606 重廣さんのラウンド琵琶湖:魚の子山~皆子山に参加
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2005/06/050605__6e09.html


【山行計画】
京都北山「前坂峠から皆子山西尾根~東尾根」 関西ハイク山友会 4/22第658回例会の下見

日 時:平成27年3月22日(日) 9:10~15:20

集 合:叡山電鉄 鞍馬駅 8:30
 叡電・出町柳 7:45発→8:15鞍馬着
 叡電・出町柳 8:00発→8:30鞍馬着
 【雨天の場合】
 下見なので雨天決行です。

参加予定者:5名/HMDさん、OKMさん、KWTさん、AKEさん、きよもり /3/20現在 
 同行していただける方は、メールを下さい。

コース:鞍馬・集合8:30(タクシー中型6000円位)前坂峠―皆子山分岐―前坂峠―P897m―南尾根合流―P926m―皆子山971.5m―東尾根―平15:59(江若バス780円)16:30堅田(解散)

レベル:中級向き (短い行程ながら残雪次第で苦戦)

地 図:国土地理院25000分の一「花背」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山分水嶺を歩く・トレッキングマップ」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約7.5km 所要時間:6時間10分(歩行:4時間40分、休憩昼食:1時間30分)
 鞍馬8:30(タクシー4500円位)前坂峠(9:00頃)
 前坂峠(730m、9:10頃)―30分―大見尾根皆子山分岐(800m)―20分―前坂峠(730m)―40分―P897m―5分―左折点(860m)―30分―南尾根合流(920m、11:30頃)―5分―P926m―5分―右折点(910m)―20分―左折点(950m)―10分―皆子山971.5m(12:20頃、昼食)―5分―東尾根分岐(960m)―30分―P941m―20分―P837m(14:10頃)―20分―急坂上(720m)―30分―西教寺(460m、15:10頃)―10分―平バス停(470m、15:20頃)
 平15:59(江若バス780円)16:30堅田(解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、軽アイゼン、ヘッドランプ
  残雪がありそうなので軽アイゼン、ヘッドランプも念のためご持参下さい。

費 用:交通費2000円/タクシー割り勘1,200円+江若バス780円・回数券利用

平成27年3月22日(日) 下見 京都北山 「前坂峠から皆子山西尾根、東尾根」
【地図】
予定断面図
150322_maesakatoge_minakoyamanishio
予定ルート図
150322_maesakatoge_minakoyamanish_2
予定ルート拡大図
前半
150322_1_maesakatoge_minakoyamanish
後半
150322_2_maesakatoge_minakoyamanish
GPSの歩行ルートデータ
「150322_MaesakaToge_MinakoYamaNishiOne_HigashiOne.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 11, 2015 at 08:41 午前 | | コメント (0)

2015.03.10

150310 山行計画:3/15 京都北山「三頭山から星峠、千歳山」 関西ハイク山友会 第639回例会

140506_mitudukoyam_titoseyama_032140506_mitudukoyam_titoseyama_047140506_mitudukoyam_titoseyama_062
 3月15日(日)の第639回例会は三頭山から西に続く宕蔭の尾根歩きです。
 宕蔭(トウイン)という呼称は京都市内から見て愛宕山の裏に当たるからですが、亀岡から見ると愛宕山の続きで日当たりのよい尾根が三頭山(ミツズコヤ マ)から北西に千歳山までアップダウンを繰り返しながら続いていて、日陰のイメージはありません。
 山陰線と平行していますが、三郎ヶ岳(614m)や龍王ヶ岳(499m)の陰になって見えないため、あまり歩かれていないようです。
 宕蔭の越畑や神吉(カミヨシ)はこれらの山裾に挟まれ、傾斜があるため棚田が広がる田園地帯ですが、どの家も家構えが立派で歴史を感じます。

 今回の行程はアップダウンが多く、里山のため作業道が何個所も交差していて、錯綜した尾根は迷いやすく、藪漕ぎもあります。
 しかし、南面は神吉の豊かな田園が広がり、龍ヶ岳の向こうには八木の町並みも見えますから、爽やかな尾根歩きが楽しめます。
 また、地蔵山や牛松山の裾野を広げる美しい姿も普段見慣れない角度から見ますので新鮮な驚きがあります。
 天候に恵まれるよう祈りましょう。

 路線バス利用の場合は通常バス代金は各自払いとしていますが、今回は変則で行きは各自払い、帰りは一括して支払います。
 そのため集合時に参加費+帰りのバス代として合計600円を集金しますので小銭をご用意下さい。それ以外に行きのバス代として560円(共通回数券利用の場合は回数券2枚+100円)が必要です。

【山行計画】
京都北山「三頭山から星峠、千歳山」 関西ハイク山友会 第639回例会
 北山の尾根と峠歩き 第13回

日 時:平成27年3月15日(日) 9:10~16:50

集 合:JR山陰線 八木駅 改札口 8時20分
 八木駅 8:24発の京阪京都交通バスに乗車します。
 京都駅 7:35→ 8:05八木 胡麻行き
 京都駅 7:42→ 8:20八木 園部行き
 【雨天の場合】
 前日(3/14) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前3月14日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:44名/3/9現在

行き先:京都北山「三頭山から星峠、千歳山」

コース:JR八木駅(8:20集合)=京阪京都バス=越畑―芦見峠―三頭山―星峠―鎌ヶ岳―P506m―千歳山―神吉上=京阪京都バス=JR八木駅(17:24 解散)

レベル:中級向き (アップダウンが多い 急な下りと藪漕ぎ)

地 図:国土地理院25000分の一「殿田」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約11.3km 所要時間:7時間40分(歩行:5時間50分、休憩昼食:1時間50分)
 八木駅前8:24=京阪京都バス560円=越畑8:58
 越畑(410m、9:10頃)―30分―芦見峠(590m)―40分―三頭山(728.2m、10:30頃)―30分―廻り田池分岐(520m)―25分―P569m―20分―星峠(460m、11:50頃、昼食)―10分―星峠山(526.0m)―25分―鎌ヶ岳(623m、13:20頃)―20分―展望斜面(490m)―10分―阿祇園寺分岐(410m、14:00頃)―20分―P470m―20分―P506m―10分―車道R477(360m、15:00頃)―10分―千歳山取付(380m)―40分―千歳山(622.3m、16:00頃)―10分―神吉上右折点(570m)―30分―神吉上バス停(360m、16:50頃)
 神吉上17:04=京阪京都バス530円=17:24八木17:35=山陰線500円=18:15京都

 参考:
  京阪京都バス 神吉上発 14:05、17:04、18:44(最終)
  タクシー呼び出し(八木駅前) 京都タクシー:0771-42-2163、南丹タクシー:0771-42-2233

個人装備:昼食、飲み物、雨具、防寒具、着替え、スパッツ、ストック、手袋、ヘッドランプ
  神吉上発17:04に乗れる予定ですが、降り遅れた場合、18:44発の最終バスになりますので、念のためヘッドランプをお持ち下さい。

費 用:600円/参加費200円+帰りバス代400円(リーダーが一括支払い、行きは各自払い)
注 意:行きの八木~越畑 560円は降車が京都市右京区なので京都市域バス共通回数券、敬老パスが使用出来ます。
  帰りの神吉上~八木 530円は南丹市内乗降のため京都市域バス共通回数券は使用できません。
  行きは各自払いとしますが、帰りは参加者が多いので、リーダーが車中で回数券を購入して一括して支払います。
  端数不足が出ますが預り金より補填します。

【参考】下見の記録
山行記録:5/6 京都北山「三頭山から千歳山」 関西ハイク山友会例会の下見
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2014/05/140507-56-e856.html

【地図】
予定断面図
150315_mitudukoyama_hoshitoge_titos
予定ルート図
150315_mitudukoyama_hoshitoge_tit_2
予定ルート拡大図
前半
150315_1_mitudukoyama_hoshitoge_tit
後半
150315_2_mitudukoyama_hoshitoge_tit
GPSの歩行ルートデータ
「150315_MitudukoYama_HoshiToge_TitoseYama.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 10, 2015 at 04:43 午前 | | コメント (1)

2015.03.09

150309 山行記録:3/8 京都西山「唐櫃越から沓掛山」 関西ハイク山友会 第634回例会

150308_karatogoe_kutukakeyama_02_2150308_karatogoe_kutukakeyama_12

 きよもりの例会としては珍しい一般向きのコース。
 前日からの雨が朝方まで残って心配しましたが、馬堀に集合する頃にはあがって、曇り空ながら風も無く穏やかな天候になりました。
 唐櫃越は尾根上に出るまで高度差310mの急登で、前夜の雨でぬかるんでいるから立ち休憩2回を挟んでゆっくり登りました。
 みすぎ山430.1mは天気が好ければ北側正面に愛宕山や牛松山が見える絶好の展望ピークですが、あいにく雲がかかって愛宕山は雲の中でした。
 南面に小塩山は雲に隠れていましたが、鴻応山679mや湯谷ヶ岳622mなど北摂の山々の展望が得られました。
 みすぎ山の先で林道に出て、すぐ東のP412m標高点に寄り道し、林道に戻って小さなアップダウンを繰り返す400m前後の林道を東に向かい、P404m標高点の横で二度目の休憩を取りました。
 ここは山陰線の電化敷設工事のトンネル掘削残土を捨てたところですが、元来は天蓋峠という呼称の尾根越え道だったようで、南面に中ノ谷からの峠道が残っています。
 天蓋峠から林道は舗装道路になり、ワンピッチで老ノ坂・西山団地への分岐に到着。時間は11:15で予定より55分も早いけれど、この先は多人数で昼食を摂るポイントがないので早い目の昼食としました。

 午後からようやく林道を離れ、よく踏まれて尾根直下を巻くように付けられた登山道が沓掛山まで続きます。
 ようやく雲が切れて晴れ間が見えてきましたから緩いアップダウンが続く尾根歩きはついピッチが上がりました。
 沓掛山に12:40到着。予定は14:10としていたので、1時間半も先行してしまいました。
 時間調整も兼ねて野鳥園上(320m)の広場で大休止。ゆっくりティータイムを取りました。

 野鳥園内の遊歩道が交錯する下り尾根を途中から左折して、高度を下げると唐櫃越の最後の行程は竹林の続く京都らしい里山道。丁塚(140m)で左折して西芳寺の車道へ下る谷道に向かいました。
 この谷道も京都らしい穏やかな流れに沿った静かで歩きやすい道ですが、西芳寺奥の車道に合流するところは徒渉になります。前夜の雨で増水していて心配しましたが、男性陣のサポートで全員無事渡り終え、鈴虫寺前のバス停に向かいました。

【山行記録】
京都西山「唐櫃越から沓掛山」  関西ハイク山友会 第634例会

日 時:平成27年3月8日(日) 8:32~14:57

参加者:46名

行き先:京都西山「唐櫃越から沓掛山」

コース:JR馬堀(集合8:30)―宝泉寺―みすぎ山430.1m―唐櫃越―P424m―沓掛山414.7m―野鳥園上―西芳寺―苔寺・すず虫寺バス停(解散 14:57)

レベル:一般向き (少しロングコース)

地 図:国土地理院25000分の一「亀岡」「京都西北部」「京都西南部」、昭文社「北摂・京都西山」
歩行断面図歩行ルート図
歩行ルート拡大図:前半後半

行 程:約11.9km 所要時間:6時間25分(歩行:4時間06分、休憩昼食:2時間19分)、天候:曇りのち晴、気温:10℃→12℃→16℃
 JR馬堀(90m)8:32―宝泉寺(120m、10℃)8:49~9:03―立ち休憩(280m)9:24~27―尾根上(380m)9:45~48―みすぎ山(430.1mⅡ)9:56~10:09―P412m鉄塔10:20~23―林道(370m)10:29―P404m(天蓋峠、旧土砂捨て場)10:47~56―舗装道路―老ノ坂・西山団地分岐(400m、昼食)11:15~56―立ち休憩(360m)12:26~30―沓掛山(414.7mⅢ)12:40~50―野鳥園上(320m)13:14~37―展望台(310m、12℃)13:42―竹林(190m)14:10―丁塚・西芳寺分岐(140m)14:20~26―谷道―西芳寺奥車道(徒渉、60m)14:40~50―苔寺・すず虫寺バス停(50m、解散)14:57

 参考:苔寺・すず虫寺発 京都バス時刻(無印は京都駅前行き、四は四条河原町行き) 
     15:06四、15:16、15:26四、15:36、15:56
     16:06四、16:16、16:26四、16:36、16:56
     17:06四、17:16、17:26四、17:36、18:00

個人装備:昼食、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:交通費各自払い+参加費200円

【写真】 150314追加
PicasaのWEBアルバム、写真は位置情報付きで60枚あります。

150308 唐櫃越から沓掛山№634

【Youtubeのフォトムービー】 150314追加
再生時間は6分14秒です。
BGMは甘茶の音楽工房 から「街路灯の明かり」を使わせていただきました。

【写真】 抜粋
150308_karatogoe_kutukakeyama_01150308_karatogoe_kutukakeyama_03

150308_karatogoe_kutukakeyama_04150308_karatogoe_kutukakeyama_05

150308_karatogoe_kutukakeyama_06150308_karatogoe_kutukakeyama_07

150308_karatogoe_kutukakeyama_08150308_karatogoe_kutukakeyama_09

150308_karatogoe_kutukakeyama_10150308_karatogoe_kutukakeyama_11_2

【地図】
歩行断面図
150308t_karatogoe_kutukakeyamadanme
歩行ルート図
150308t_karatogoe_kutukakeyama
歩行ルート拡大図
前半
150308t1_karatogoe_kutukakeyama
後半
150308t2_karatogoe_kutukakeyama
GPSの歩行軌跡データ
「150308T_KaratoGoe_KutukakeYama.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 9, 2015 at 05:17 午後 | | コメント (1)

2015.03.08

150308 唐櫃越から沓掛山の例会完了

150308 唐櫃越から沓掛山の例会完了150308 唐櫃越から沓掛山の例会完了 曇り空ながら風もなく穏やかな山行日和でした。
 参加者46名全員予定より一時間も早く15:00に西芳寺に無事下山しました。

Posted on 3月 8, 2015 at 05:09 午後 | | コメント (0)

2015.03.07

150307 e-Taxで確定申告

20150306_155035 山行記録の整理や山行計画の作成に追われて、気が付いたら2月が終わっていました。 
 やっと時間の余裕が出来たので、気になっていた確定申告の書類を作成し、昨夜e-Taxで申告完了しました。
 やれやれ!

 毎年一回のことなのでその時には判ったつもりでも、一年経つとまた最初から試行錯誤です。
 評判が悪かったe-Taxのシステムも年を追うごとに改善され、入力しやすくなってきましたが、一般の市販ソフトと比較するとまだまだ不親切で、今回も具体的に年金収入や健康保険料、医療費などを入力できる段階に到達するまで、1時間位試行錯誤してしまいました。

 1.電子証明書の有効期限は3年
   住基カードは取得していますが、これに電子証明書の機能を付加するには別個手続きが必要で、付加した機能は住基カードの有効期限(10年)とは無関係に三年ごとに更新が必要です。
   更にIDやパスワードも別に設定しないと駄目ですから、e-Tax入力時にも両方のパスワード入力が求められ、混乱します。
   今回はちょうど電子証明書の有効期限が切れて、更新手続きをしました。

 2.Internet Explorerで起動
   普段のネット接続はFirefoxを使っているので、Firefoxでe-Taxを起動しましたが、途中で入力を受け付けなくなります。
   最初からInternet Explorerでe-Taxのソフトを起動しないと駄目です。

 3.電子証明書の再登録が必要
   昨年もe-Taxで申告していますから、そのまま使えると思っていましたが、電子証明書の期限が切れて更新したときは電子証明書の再登録が必要です。
   再登録に際して、e-Taxのソフトの再インストールが必要です。
   手順としては、以下の順に進めます。
   Step1. e-Taxソフトの再インストール
   Step2. パソコンの再起動
   Step3. 電子証明書の再登録

 4.医療費の入力はExcelのデータ利用が有効
   「医療費集計フォーム」を使うと少額で数十件もある診療費や、医薬品、通院交通費などの入力が楽になります。
   ただし、コツがあって、国税庁が公開している「医療費集計フォーム」はあくまでも医療費などを一件ずつ入力することを想定しているので、Excelが本来持っているコピーや集計、関数利用などは非常に使いにくいので、自分で別に医療費入力の集計表を作って、「医療費集計フォーム」の入力項目と書式に合わせて列の右にコピー式や関数式を入れたワークシートを作りました。
 そこから「医療費集計フォーム」用にデータをコピー&ペーストする方法が簡単です。

 一番時間がかかるのは少額で件数の多い医療費の入力ですから、e-Taxを始める前に、1年分の細々した領収書を相手先別、日付順に並べておかないと大変です。
 今回もJNKさんが、前日に領収書関係を整理しておいてくれたから作業がスムーズに終わりました。
 でも、確定申告で数万円戻ってくるけど、還付金の振込先はJNKさんの家計口座に指定しましたから、きよもりの手元には何も入ってこないのが少し残念です。

電子証明書の再登録
20150306_155142
「医療費集計フォーム」への書式変換
Photo_2

Posted on 3月 7, 2015 at 10:50 午前 | | コメント (0)

2015.03.06

150306 「北山分水嶺を歩く」トレッキングマップを五部入手

150306 「北山分水嶺を歩く」トレッキングマップを5部入手 新ハイキング関西時代からお世話になっていた壇上さんが中心となってまとめられた「北山分水嶺クラブ」発行の「北山分水嶺を歩く」トレッキングマップは花背交流の森の管理事務所でしか入手困難ですが、三宮のジュンク堂に五部在庫があったので全部購入しました。
 
 A1全紙判の裏表に京都北山の全域が国土地理院の二万五千分の一地形図をベースに収められています。
 昭文社の「京都北山」は五万分の一地形図がベースですから、情報量は圧倒的に差があります。
 「高島トレイル詳細マップ」や「余呉トレイル詳細マップ」と同じ体裁で携帯にも配慮されていますからお薦めです。
 なお、写真では北部となっていますが、裏面が南部で1部で京都北山の全域がカバーされています。大布施と皆子山を結ぶ線が南北の境界です。
 関西ハイク山友会でまとめて購入してもよいかも知れません。

 取りあえず明後日の「唐櫃越から沓掛山」例会に今回入手した五部を持参しますので、ご希望の方は事前にメールにてご依頼下さい。
 先着順に当日お渡しします。 一部800円です。
【追記】 15/03/06 24:20
手持ちの五部が全て予約済になってしまいました。
引き続き予約は受けますが、お渡しは3月15日(日)の例会以降になりますのでご了解下さい。


 まだまだ足りないと思いますのであと15部発注しましたから、当日お渡し出来なかった方には後日開催の例会、または下見の折りにでもお渡しします。
 ちなみに、四条河原町のジュンク堂でも扱っているようですが、先週 塚本さんが残っていた二部を購入されたそうですから、行かれても在庫は切れているかも知れません。

150228 「北山分水嶺を歩く」トレッキングマップ

Posted on 3月 6, 2015 at 11:55 午前 | | コメント (0)

2015.03.05

150305 3月後半の山行計画地図

 5月6月の山行計画と1月2月の例会山行報告が出来たので、少し余裕が出ました。
とは言っても、今週末から例会と下見が続くので時間があるうちに少しでも先行して準備しておきます。

 3月15日(日)の「三頭山から星峠、千歳山」の例会は昨年5月に下見は完了しているので、例会もその行程がベースになります。

 3月22日(日)の「前坂峠から皆子山西尾根、東尾根」の下見は東尾根以外は初めてのコースなので例会同様タクシーで前坂峠まではいるつもりですが、雪は解けているでしょうか。

 3月26日(木)の「芦谷西尾根から中央分水嶺、八丁峠、鴨瀬谷山、東塚谷峠」の下見は5月6月の計画を作成していて、6月13日(土)に例会としてソトバ山から鴨瀬谷山を歩くので、八丁大道から鴨瀬谷へ下るルートを念のためもう一度歩いて確認しておこうと思い立っての下見計画です。鴨瀬谷山から八丁大道は下りと登りで二回歩いていますし、鴨瀬谷から鴨瀬谷乗越の登降も千谷山への縦走時に二回歩いていますが、いずれも鴨瀬谷からの取付が急斜面なので例会で40名もの会員が登降するには不安があり、時間がかかりそうです。
今回の下見では東塚谷峠から鴨瀬谷へ下ってみます。このルートも谷の手前はかなり崩れているそうですから、実際に確認してルートを決めたいと思います。

 3月29日(日)の「竹次谷から雲取山、国体尾根」の例会は昨年10月に計画したコースのリベンジです。下見は昨年7月に完了しています。

 と言うことで、以下の四回分の地図を準備しました。
平成27年3月15日(日) 例会№639 京都北山 「三頭山から星峠、千歳山」
平成27年3月22日(日) 下見 京都北山 「前坂峠から皆子山西尾根、東尾根」
平成27年3月26日(木) 下見 京都北山 「芦谷西尾根から中央分水嶺、八丁峠、鴨瀬谷山、東塚谷峠」
平成27年3月29日(日) 例会№649 京都北山 「竹次谷から雲取山、国体尾根」

地図は続きを読むで表示されます。

平成27年3月15日(日) 例会№639 京都北山 「三頭山から星峠、千歳山」
【地図】
予定断面図
150315_mitudukoyama_hoshitoge_titos
予定ルート図
150315_mitudukoyama_hoshitoge_tit_2
予定ルート拡大図
前半
150315_1_mitudukoyama_hoshitoge_tit
後半
150315_2_mitudukoyama_hoshitoge_tit
GPSの歩行ルートデータ
「150315_MitudukoYama_HoshiToge_TitoseYama.gpx」をダウンロード

平成27年3月22日(日) 下見 京都北山 「前坂峠から皆子山西尾根、東尾根」
【地図】
予定断面図
150322_maesakatoge_minakoyamanishio
予定ルート図
150322_maesakatoge_minakoyamanish_2
予定ルート拡大図
前半
150322_1_maesakatoge_minakoyamanish
後半
150322_2_maesakatoge_minakoyamanish
GPSの歩行ルートデータ
「150322_MaesakaToge_MinakoYamaNishiOne_HigashiOne.gpx」をダウンロード

平成27年3月26日(木) 下見 京都北山 「芦谷西尾根から中央分水嶺、八丁峠、鴨瀬谷山、東塚谷峠」
【地図】
予定断面図
150326_ashidaninishione_hattyotoge_
予定ルート図
150326_ashidaninishione_hattyotog_2
予定ルート拡大図
前半
150326_1_ashidaninishione_hattyotog
後半
150326_2_ashidaninishione_hattyotog
GPSの歩行ルートデータ
「150326_AshidaniNishione_HattyoToge_KamosedaniYama_HigashitukadaniToge.gpx」をダウンロード

平成27年3月29日(日) 例会№649 京都北山 「竹次谷から雲取山、国体尾根」
【地図】
予定断面図
150329_takejidani_kumotoriyama_koku
予定ルート図
150329_takejidani_kumotoriyama_ko_2
予定ルート拡大図
前半
150329_1_takejidani_kumotoriyama_ko
後半
150329_2_takejidani_kumotoriyama_ko
GPSの歩行ルートデータ
「150329_TakejiDani_KumotoriYama_KokutaiOne.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 5, 2015 at 10:13 午前 | | コメント (0)

2015.03.04

150304 美人顔のミルクちゃん

 静かな昼下がりのリビング。
 ミルクちゃんは床暖で寛いでいます。
 
BGMは甘茶の音楽工房 から「苺バニラ」を使わせていただきました。

Posted on 3月 4, 2015 at 08:29 午後 | | コメント (0)

2015.03.03

150303 週末の天気は晴

150308kosuikakuritu20 今週末、3月8日(日)は「唐櫃越から沓掛山」の例会を予定していますが、今日は午後から雨、3月7日(土)も雨が予想されています。
 三寒四温で少しずつ春めいてきて、朝夕の気温も上がり、過ごし易くなってはいますが、何となく天気が安定しないので気になります。
 天気予報では3月8日(日)の降水確率は20%と晴時々曇の予報ですが、前日の雨がずれるようだと日曜日に持ち越す恐れもあるので予断は許しません。
 きよもりの例会は雨になる確率が低く、最近も昨年10月11日以降10回の例会は一度も雨で中止になっていません。
 でも過信は禁物、いつかは雨に当たるので、ある程度は覚悟しておかないといけませんが、今回は参加者が50名にもなっているので、晴天を祈ります。

 昨日から5月6月の例会と下見の日程を作成していますが、5月から第二日曜に開催していた京都北山の例会を第二土曜日開催に変更します。
 交通の便などは土曜日も日曜日もほぼ同じですが、例会に参加していただいている会員の皆さんにはご迷惑をお掛けすることになるかも知れませんがご了承下さい。 
 第三日曜日に開催していた若狭の山行は従来通り日曜日の開催で継続します。
 また、年間4回ぐらいある第五日曜日も例会を開催しますがこれも日曜日開催を継続します。


Posted on 3月 3, 2015 at 11:46 午後 | | コメント (0)

2015.03.02

150302 陽は長く

150302 陽が長く150302 陽が長く 今日の神戸の日没は17:55
 1月初めには17:00だったから一時間近く早くなりました。
 それ以上に驚くのは太陽の沈む場所が、一月には高取山の右肩だったのが今日は布引ハーブ園辺りまで北に寄っています。
 国立天文台の 暦計算室で確認すると神戸の1月2日(金)は日没が17:00、242.4度だったのが二ヶ月後の3月2日(月)は17:55、261.7度になっています。
 日の出も1月2日(金)の7:06から3月2日(月)は6:28に早くなっていますから、日中の時間が1時間半以上長くなったと云うことです。
 日の出が38分早くなっているのに、日の入りが55分も遅くなっているのはなぜでしょうか?

Posted on 3月 2, 2015 at 11:24 午後 | | コメント (0)

2015.03.01

150301 山行計画:3/8 京都西山「唐櫃越から沓掛山」 関西ハイク山友会 第364回例会

150221_karatogoe_kutukakeyama_022150221_karatogoe_kutukakeyama_076
 唐櫃越はどのガイドブックにもコース案内が掲載されているほど知られています。
 関西ハイク山友会の例会としても老ノ坂からのアプローチや嵐山の烏ヶ岳を経由する行程など、よく取り上げられています。
 きよもりが例会で取り上げたのは唐櫃越は京都北山の尾根と峠を歩く一環ということと、冬場の尾根歩きとして雪にはほとんど縁が無いコースという趣旨です。
 コースはよく歩かれているので一般向きとしましたが、お陰様で参加申込みが多く、50名近くになりました。
 有り難うございます。

 馬堀から歩き始めますが、尾根に乗るまでの高低差が250mありますので時間を掛けてゆっくり高度を上げたいと思います。
 好天に恵まれたら、みすぎ山からは北面の愛宕山や京都北山、比良の山々がよく見えます。また、南面には北摂の山並みが連なります。
 みすぎ山から先で林道に出て、1時間半位続きますので、途中変化を付けるためにP412mの標高点に寄り道します。
 老ノ坂の分岐で昼食を摂りますが、午後からは林道を離れ地道になりますので唐櫃越らしい展望のよい尾根歩きになります。
 沓掛山から野鳥園を経由して最後は丁塚で左折して西芳寺道に出ますが、尾根歩きから下り尾根、竹林の道、谷沿いの道と後半は変化の多い行程を楽しんでいただけると思います。
【参考】
 2月21日(土)下見のYoutubeのフォトムービー「唐櫃越から沓掛山」
  Youtubeから下見の記録や地図のブログにリンクしています。

【山行計画】
京都西山「唐櫃越から沓掛山」  関西ハイク山友会 第634例会

日 時:平成27年3月8日(日) 8:40~16:20

集 合:JR山陰線 馬堀駅 改札口 8時30分
 京都駅 8:00→ 8:25馬堀 福知山行き
 京都駅 7:42→ 8:08馬堀 園部行き
 【雨天の場合】
 前日(3/7) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前3月7日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:49名/3/4現在

行き先:京都西山「唐櫃越から沓掛山」

コース:JR馬堀(集合8:30)―宝泉寺―みすぎ山430.1m―唐櫃越―P424m―沓掛山414.7m―野鳥園上―西芳寺―苔寺・すず虫寺バス停16:20頃(解散)

レベル:一般向き (少しロングコース)

地 図:国土地理院25000分の一「亀岡」「京都西北部」「京都西南部」、昭文社「北摂・京都西山」
予定断面図予定ルート図
予定ルート拡大図:前半後半

行 程:約11.6km 所要時間:7時間40分(歩行:5時間30分、休憩昼食:2時間10分)
 JR馬堀(90m8:40頃)―30分―宝泉寺(120m)―50分―尾根上(380m)―10分―みすぎ山(430.1mⅡ、10:20頃)―10分―P412m鉄塔―30分―P404m(天蓋峠、11:10頃)―20分―P413m―20分―車道・老ノ坂分岐(400m、12:10頃、昼食)―20分―P424m―40分―沓掛山(414.7mⅢ、14:10頃)―30分―野鳥園上(320m)―40分―丁塚・西芳寺分岐(140m、15:40頃)―20分―西芳寺奥車道(60m)―10分―苔寺・すず虫寺バス停(50m、16:20解散)

 参考:苔寺・すず虫寺発 京都バス時刻(無印は京都駅前行き、四は四条河原町行き) 
     15:06四、15:16、15:26四、15:36、15:56
     16:06四、16:16、16:26四、16:36、16:56
     17:06四、17:16、17:26四、17:36、18:00

個人装備:昼食、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:交通費各自払い+参加費200円
  バス代230円/京都バス均一料金区間

【地図】
予定断面図
150308_karatogoe_kutukakeyamadanmen
予定ルート図
150308_karatogoe_kutukakeyama
予定ルート拡大図
前半
150308_1_karatogoe_kutukakeyama
後半
150308_2_karatogoe_kutukakeyama
GPSの歩行ルートデータ
「150308_KaratoGoe_KutukakeYama.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 1, 2015 at 07:32 午後 | | コメント (1)

150301 ナッコ君の四周忌

20150228_15004020150228_150104
 先代の愛猫ナッコ君が亡くなった2011年(平成23年)は同じ3月11日に東日本大震災、6月5日には新ハイキング関西の村田代表の逝去と悲しい出来事が続きました。
 ナッコ君は3月2日が命日ですが、昨日お天気がよいので宝塚動物霊園へお墓参りに行きました。
 丸四年経っても茶目っ気の多い彼の仕草が目の当たりに浮かびます。
 現在の愛猫ミルクちゃんはおとなしいので家の中でもほとんど鳴きませんが、同じ猫でもこれほど所作が違うのは驚きですが甘え振りは同じで二匹ともよくなついてくれて癒されます。

150301_atagoyama 昨日の好天と打って変わって、今日は大荒れの天気で朝から冷たい雨が降っています。
 愛宕山もすっかり雪雲を被って見えません。
 週末の唐櫃越の天気が心配ですが、参加申込みがどんどん増えたので定員を50名に増員しました。
 好天で展望が楽しめたらいいですね。


150221_karatogoe_kutukakeyama_001150221_karatogoe_kutukakeyama_002

150221_karatogoe_kutukakeyama_003


Posted on 3月 1, 2015 at 09:19 午前 | | コメント (0)