« 150318 春の花Ⅱ:桜のつぼみ膨らむ | トップページ | 150320 すっかり春 »

2015.03.19

150319 山行計画:3/29 京都北山「竹次谷から雲取山、国体尾根」 関西ハイク山友会山友会 第649回例会

140727_takejidani_kumotoriyama_koku 昨年10月5日(日)に例会として予定していましたが、雨で中止になった行程の再挑戦です。
 雲取山911.1mは京都北山のほぼ中央に位置し、花背から簡単に登れるので人気の山です。
 しかし今回は北面の灰屋川の支流・竹次谷から入り、下りは国体尾根を下って灰屋川と桂川が合流する灰屋口に降りますので、滅多に歩かれることのない行程です。
 竹次谷(たけじだに)は出合の橋名が武地橋となっていることから、正しくは武地谷と書くべきですが、北山分水嶺クラブ「北山トレッキングマップ」でも竹次谷と記載されていますから旧呼称を使います。

 竹次谷は中流まで林道があり林道終点からの遡行になります。
 二俣辺りまでは結構荒れていて、倒木をよけたり、徒渉したりしますが二俣から上流は金久氏の「北山の峠」でも『雲取山周辺でも第一級の谷』と賞賛されている通り、広い谷間の明るい谷間を京都府立大学の「りょうぶ小屋」まで快適に歩けます。
 雲取峠から少し足を伸ばして910mの展望ピークで京都北山や比良の展望を楽しみながら昼食とします。
 雲取山までピストンして雲取峠に戻り、ハタカリ峠のすぐ上から北へ曲がって国体尾根に入ります。

 国体尾根は昭和63年の京都国体山岳コースとして知られていますが、すでに26年も経っているため当時の面影は残っておらず途中に道標などもほとんどありません。
 三ツ又山(890m)で大布施への尾根と分かれて、長い下り尾根になりますが、中間の右折点(680m)までは尾根が錯綜し分岐も多いので地図と磁石で方向を確認しながら高度を下げていきます。
 右折点以降は鉄塔Ⅰ、Ⅱの少し先から灰屋目指して藪尾根を下ります。
 藪尾根ですが、途中から植林帯になり、30分位で灰屋口近くのバス道路に出ます。

 早春の尾根歩きはリョウブを中心とした若葉が芽を出し始めていると思います。
 空気が澄んでいれば、大見尾根や比良連峰、中央分水嶺など、展望も楽しめますから、好天を祈りましょう。

【山行計画】
140727_takejidani_kumotoriyama_ko_2京都北山「竹次谷から雲取山、国体尾根」 関西ハイク山友会 第649回例会
     北山の尾根と峠歩き 第14回

日 時:平成27年3月29日(日) 9:20~17:10

集 合:京都駅八条西口 団体バス乗り場 7時40分出発
 京都バスの中型バスです。
 【雨天の場合】
 前日(3/28) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前3月28日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:39名/3/19現在

行き先:京都北山「竹次谷から雲取山、国体尾根」

コース:京都駅(貸切バス)竹次谷出合(高山バス停)―竹次谷林道―雲取峠―雲取山―雲取峠―ハタカリ峠―国体尾根―三ツ又山890m―P829m―P608m―灰屋口バス停(貸切バス)京都駅(解散19:00頃)

レベル:中級向き(少し荒れた短い谷歩き、国体尾根は中間と最後の急斜面は要注意)

地 図:25000分の一「上弓削」「花背」、昭文社「京都北山」、北山分水嶺クラブ「北山分水嶺を歩く・トレッキングマップ」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行 程:9.2km、所要時間:7時間50分(歩行時間:5時間55分、休憩・昼食:1時間55分)
 京都駅7:40頃(貸切バス)竹次谷出合(9:00頃)
 竹次谷出合(380m、9:20頃)―25分―林道橋(520m)―30分―林道終点(640m)―40分―二俣(740m、11:05頃)―25分―奥の二俣(810m)―20分―雲取峠(880m、12:00頃)―10分―展望ピーク(910m、12:10頃、昼食)―15分―雲取山911.1m―15分―雲取峠(880m)―15分―ハタカリ峠・国体尾根分岐(890m)―20分―三ツ又山(890m、14:20頃)―20分―小ピーク(900m)―20分―P829m―30分―右折点(680m、15:40頃)―15分―鉄塔Ⅰ(580m)―10分―P608m鉄塔Ⅱ―10分―左折点(590m、16:30頃)―30分―車道(360m)―5分―灰屋口バス停(350m、17:10頃)
 灰屋口バス停17:30頃(貸切バス)京都(19:00頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、軍手
  最初1時間30分位の谷遡行があります。徒渉はそれほど水量はありませんが、スパッツをお持ち下さい。

会 費:3000円/参加費 200円+バス代 2800円

【参考】下見の記録です
140730 山行記録:7/27 京都北山「竹次谷から雲取山、国体尾根」 関西ハイク山友会の下見

平成27年3月29日(日) 例会№649 京都北山 「竹次谷から雲取山、国体尾根」
【地図】
予定断面図
150329_takejidani_kumotoriyama_koku
予定ルート図
150329_takejidani_kumotoriyama_ko_2
予定ルート拡大図
前半
150329_1_takejidani_kumotoriyama_ko
後半
150329_2_takejidani_kumotoriyama_ko
GPSの歩行ルートデータ
「150329_TakejiDani_KumotoriYama_KokutaiOne.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 19, 2015 at 09:16 午後 |

コメント

コメントを書く