« 150214 無事下山 | トップページ | 150216 富士山 »

2015.02.15

150215 山行記録:2/14 京都北山「能見北尾根からコウンド谷東尾根」 関西ハイク山友会 第623回例会

150214_noumikitaone_koundodanihigas150214_noumikitaone_koundodanihig_2

 昨年の同時期、京都マラソンの当日も芦見谷林道で40~50cmのラッセルで雪道を歩きましたが、今年は当初から京都マラソンを避けて、前日に雪が多くて比較的傾斜の緩い尾根歩き、というコンセプトで能見北尾根に決めました。
 当初計画では能見北尾根から光砥山(P951m標高点)まで行くつもりでしたが、2月1日(日)に実施した下見では1m以上の積雪で40cm~50cmのラッセルが続き、P856mの少し北にあるコウンド谷東尾根分岐まで歩いて東尾根を下りました。
 例会の計画も下見と同様、コウンド谷東尾根分岐から東尾根を下ることに変更して、全員輪カンまたはスノーシューを用意していただいて24名で臨みました。

 一番寒い今の時期に、わざわざ大雪の中を40cm以上も雪にもぐりながら悪戦苦闘するなんて、何とも物好きな話ですが、猫がこたつで丸くなるのと反対に犬は雪の中を駆け回ってはしゃぐのが好きですから、山好きの人たちの中には冬になると雪山へ行きたくなる方も多いようです。
 今回は最近降った新雪が30cm程度だったので下見の時ほどはもぐりませんでしたが、それでも取付から最後の下山まで平均40cmのラッセルが続きました。ただ、人数が24名もいたのと、半分近くがスノーシュー持参だったので、先頭グループをスノーシュー中心にお願いしたお陰で、輪カンの方もラッセルが軽く済み、結果的にはかなりピッチがあがりました。
 
 バスが途中でチェーン装着に手間取ったこともあって能見口の到着が予定より30分も遅れ、歩き始めるのが20分遅くなってしまいました。
 帰りのバスが決まっているので懸念しましたが、元気な方が中心の隊編成で適宜先頭を交代しながらラッセルしていただいたお陰で、支尾根上には当初計画通り12:10に到達できました。
 P856mで休憩していながらうっかり磁石で方向確認を忘れて東の支尾根に入ってしまい、桑谷山の見える方向が違うので初めて間違いに気付いて、元のP856mに戻り16分ロスをしましたが、それでも最高到達点のコウンド谷東尾根分岐には予定の14:30より15分早く到着して、ゆっくり東尾根の下降に入りました。
 車道に出る最後の急斜面は間伐で落とされた枯れ枝の上に雪が積もり、油断すると新雪を踏み抜いて輪カンやスノーシューが抜けなくなり転倒します。
 悪戦苦闘しながらも光砥口橋の少し上手の車道に16時に降りてきましたから能見口の最終バスには1時間近く余裕を持って全員無事下山しました。
 参加していただいた皆さん、有り難うございました。
 ラッセル、お疲れ様でした。また来年もこの時期に雪尾根歩きを企画しますのでよろしくお願いします。

【山行記録】
京都北山「能見北尾根からコウンド谷東尾根」 関西ハイク山友会 第623回例会
 北山の尾根と峠歩き 11

日 時:平成27年2月14日(土) 10:20~16:40

参加者:24名

行き先:京都北山「能見北尾根からコウンド谷東尾根」

コース:出町柳(京都バス990円)能見口―能見集落―能見北尾根―P856m―コウンド谷東尾根―P662m―光砥口橋―能見口(16:40解散)

レベル:中級向き (積雪1m以上の雪中登山、輪カンまたはスノーシューが必携)

地 図:国土地理院25000分の一「久多」、昭文社「京都北山」
歩行断面図歩行ルート図
歩行ルート拡大図(核心部)

行 程:約9.0km 所要時間:6時間20分(歩行:4時間48分、休憩昼食:1時間32分)、天候:曇のち晴、気温:2℃→3℃→2℃→3℃
 出町柳7:50=京都バス=10:07能見口(予定到着時刻9:32、チェーン装着のため大幅遅れ)
 能見口(460m)10:20―長戸谷出合(輪カン装着、460m)10:35~44―光砥口橋(480m)11:00―能見北尾根取付(500m)11:14~20―支尾根上(650m)12:10―支尾根上の先(660m、昼食、2℃)12:14~46―尾根途中(800m、3℃)13:22~25―P856m(14:00頃)13:37~42―東の支尾根へ―戻り(840m)13:51―P856m13:58―コウンド谷東尾根分岐(860m)14:15~28―尾根中間(680m)14:58~15:05―小ピーク(660m)15:16―P662m(2℃)15:26~33―車道(480m)15:59~16:09―光砥口橋(480m)16:11―能見口(460m、3℃、解散)16:40
 能見口17:37=京都バス=19:14北大路駅前
 参考:能見口発バス時刻
  出町柳行き 10:52、14:27、17:37/土曜日は一日3本しかありません

個人装備:昼食、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック、手袋、輪カンまたはスノーシュー(必携)、軽アイゼン
 積雪が1m以上ありますので、輪カンまたはスノーシューが必携です。

交通費:各自払い+参加費:200円

【写真】 150224追加
PicasaのWEBアルバム、写真は位置情報付きで65枚あります。

150214 能見北尾根から光砥谷東尾根№623

【Youtubeのフォトムービー】 150225追加
再生時間は6分44秒です。
BGMはDOVA-SYNDROMEから 「Valentine’s Day」by 北岡 継理を使わせていただきました。

【写真】 抜粋
150214_noumikitaone_koundodanihig_3150214_noumikitaone_koundodanihig_4

【地図】
歩行断面図
150214t_noumikitaone_koundodanihiga
歩行ルート図
150214t_noumikitaone_koundodanihi_2
歩行ルート拡大図
150214t1_noumikitaone_koundodanihig
GPSの歩行軌跡データ
「150214T_NoumiKitaone_KoundodaniHigashione.gpx」をダウンロード

Posted on 2月 15, 2015 at 10:39 午後 |

コメント

コメントを書く