« 140609 神戸元町を歩く | トップページ | 140611 六甲連山バイブル »

2014.06.10

140610 山行記録:6/8 京都北山「佐々里峠から小野村割岳、コウンド谷西尾根」関西ハイク山友会 第496回例会

140608_sasaritoge_onomurawaridake_0140608_sasaritoge_onomurawaridake_2 佐々里峠から小野村割岳は約5km、時間的には3時間あれば歩けるのと途中大きなアップダウンもなく迷点は途中2箇所くらい分岐で注意すれば主稜線の歩き易い尾根なので人気があります。
 ほとんど広葉樹と伏条台杉の樹林帯ですから真夏でも日差しは遮られ、由良川からの風が心地よい登山道です。
 それでも佐々里峠まで入るにはマイカーでピストンするか、広河原バス停から車道を3km、60分かけて上るしかありません。
 また、下山道も小野村割岳から南尾根の急斜面を少し下り早稲谷林道に出てから、約4km 60分かけて下之町のバス停に出るルートが最短コースになります。
 きよもりはこの行程を3年前、最初は早稲谷から佐々里峠の逆コースで歩き、翌週は広河原から車道を歩いて佐々里峠に登り、小野村割岳から早稲谷林道を下りました。
参考
山行記録:11/7/9 京都北山・小野村割岳/新ハイキング関西・足跡の会下見
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2011/07/110711-79-ded4.html
山行記録:11/7/17 京都北山・小野村割岳/村田さんの足跡を訪ねる会・第1回
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2011/07/110719-717-1-a0.html

 この時の山行は3年前の平成23年6月5日(日)に「新ハイキング関西」代表の村田智俊さんが亡くなられ、村田さんの足跡を訪ねる会として新ハイキング関西の会員の皆さんに声をかけさせていただいて、企画した山行の第一回でした。
 あれから丸3年、関西ハイク山友会と名前は変わっても、当時をご存じの方も多く、懐かしく思い出しながら歩きました。

 例会の案内では、「小野村割岳から佐々里峠」としていましたが、折角貸切バスで行けるので登りを省略して佐々里峠から小野村割岳に向かって歩くことにし、ついでではありませんが、長い割に変化のない早稲谷林道の下降をやめて、小野村割岳から1km、30分ほど南東にあるP951m(光砥山)からコウンド谷の西尾根を能見口に向かって下山することにしました。

 佐々里峠から小野村割岳の尾根道は時期的には草花が大体終わり、山法師や、蔓紫陽花、朴木の木花がいずれも白い花びらに陽を受けてよく目立っていました。
 P911mの右折迷点で昼食を摂り、小野村割岳を経て、光砥山(951m)に向かいました。
 光砥山というのはきよもりが付けた呼称で地図ではP951mとしか表示されていません。
 しかし、951mの標高は京都府の山(山名リスト)には表記がありませんが、同リストで1位:皆子山9715m、2位:峰床山970.0m、3位:三国岳(サンゴクダケ)959.0m、4位:鎌倉山950.5m、5位:地蔵山947.6mとなっていて、小野村割岳931.7mは8位になっていますから、このP951mが山名認知されたら京都府第4位の高峰になると期待しています。
 小野村割岳はほとんど眺望も利きませんが、光砥山(P951m)は東に武奈ヶ岳を中心とした比良連峰、南に花背鉄塔や峰床桑谷山などの北山連山が望めますからもっと人気があってもよいピークだと思います。
 寄り道ついでに書きますが、小野村割岳からの下山ルートとして光砥山を取る場合は、今回歩いたコウンド谷西尾根は4.5kmもあって長いので、光砥山から少し西に向かってすぐに分かれるコウンド谷東尾根を下るルートがお奨めです。
 ほとんど藪もなく、途中一箇所、能見町の北側に続く主稜との分岐さえ間違わず右に曲がれば、光砥山から2時間足らずで能見町の車道に降りられますので、そこから25分で能見口バス停に着きます。
【山行記録】
京都北山「佐々里峠から小野村割岳」 6/8 関西ハイク山友会 第496回例会
 村田さんの足跡を訪ねる会 第44回

日 時:平成26年6月8日(日) 9:36~17:08

集 合:京都駅八条西口 団体バス乗り場 7:40

参加者:40名

コース:京都駅(バス)佐々里峠―雷杉―エイリアン杉―P911m―小野村割岳931.7m―光砥山P951m―コウンド谷西尾根―P737m―P686m―能見口(バス)京都駅(解散 18:50)

レベル:中級向き (少しロングコース、能見口への最後の下りは要注意)

地 図:国土地理院25000分の一「中」「久多」「花背」、昭文社「京都北山」
歩行断面図歩行ルート図(広域)
歩行ルート図詳細
 前半:佐々里峠から小野村割岳後半:光砥山からコウンド谷西尾根

行 程:約11.6km 所要時間:7時間32分(歩行:5時間30分、休憩昼食:2時間02分)、天候:晴のち曇り、気温:24℃→22℃→20℃→22℃
 京都駅7:38=貸切バス=交流の森8:46~9:00=佐々里峠9:21
 佐々里峠(740m)9:36―灰屋分岐(790m)9:52―P840m10:00~07―迷点(800m、左折)10:22―P832m(24℃)10:40~49―雷杉(830m、右折)11:00―赤崎東谷鞍部(800m)11:05―エイリアン杉(860m、22℃)11:26~33―広河原北尾根分岐(870m)11:45―P911m(昼食、23℃)11:54~12:38―小野村割岳(931.7m)13:05~14―光砥山・P951m13:42~50―にわか雨(940m、雨具着用)14:02~05―小ピーク900m(雨具脱ぐ)14:25~30―林道・早稲谷分岐(870m)14:36―右折点(780m、20℃)14:50~59―右折点(720m)15:15―P737m15:30~36―右折点(710m)15:46―P686m16:08~15―迷点・右折点(660m)16:25―右折点(620m)16:34―車道(460m)16:58~17:06―能見口(460m、22℃)17:08
 能見口17:20=貸切バス=交流の森17:29~41=京都駅18:50(解散)

費 用:貸切バス代2900円+参加費100円


【写真】
PicasaのWEBアルバム、写真は位置情報付きで89枚あります。

140608 佐々里峠から小野村割岳_コウンド谷西尾根

【Youtubeのフォトムービー】
再生時間は5分53秒です
BGMは甘茶の音楽工房 から「お出かけ日和」を使わせていただきました。

【地図】
歩行断面図
140608t_sasaritoge_onomurawaridake_
歩行ルート図(広域)
140608t_sasaritoge_onomurawaridak_2
歩行ルート図詳細
 前半:佐々里峠から小野村割岳
 140608t1_sasaritoge_onomurawaridake
 後半:光砥山からコウンド谷西尾根
 140608t2_sasaritoge_onomurawaridake
GPSの軌跡データ
「140608T_SasariToge_OnomurawariDake_KounndodaniNishione.gpx」をダウンロード

Posted on 6月 10, 2014 at 10:28 午前 |

コメント

コメントを書く