« 131015 またも台風直撃か? 台風26号本土上陸 | トップページ | 131016-2 台風は房総半島へ »

2013.10.16

131016 電動雲台とリモコンタンク

 以前紹介したsonyのレンズカメラDAC-10QXとDSC-100QXは、大人気で10月25日発売にもかかわらず、すでに予約がいっぱいで、ひと月待ちだそうです。
 レンズカメラとスマホをWi-Fiでつなぐと、スマホのカメラアプリ(PlayMemories Mobile)で遠隔操作できますから、デジカメを構えるとプィーとそっぽを向く我が家のミルクちゃんも自然な表情が撮れると思い、ひと月待ちで10倍ズームのDSC-10QXを24,980円で予約しました。
 ヨドバシの通販なら発表間もない頃に予約できたのですが、5年延長補償は通販では効きませんから、店頭予約が始まるまで待っていたので入手が遅れて残念です。

 さて、カメラの操作がリモートでできるようになると、次はレンズカメラ自体を遠隔操作して、パン(左右)やチルト(上下)が出来れば、アングルを変えたりすることが出来て楽しそうです。
 さらに、レンズカメラ自体をリモコン戦車のようなものに乗せれば、ミルクちゃんの動きに合わせて追っかけも出来そうです。

131016_remortundai_2 そう思って、リモコンでパンやチルトが出来て、レンズカメラを搭載できるような機器がないかと、ネットで検索してみました。

 リモコンでパン・チルトが出来る機器は「電動雲台」という呼称で、立派に一カテゴリーを形成していました。
 主にプロの映画撮影やビデオ撮影用の機器として結構需要があるようです。
 ただし、三脚がセットになった商品が多いので、雲台だけのものを探すと、海外商品ですが、eBenk EBRA-121Rsというリモコン操作の雲台があり、国内販売もされていて、13,800円となっています。

【商品紹介】引用記事
オートマチック パン チルト ヘッド (リモコン操作できる電動雲台)
パンチルトヘッドと呼ばれる電動雲台です。デジカメやビデオをセットすると付属のリモコンでパンチルト(上下左右)の遠隔操作ができるようになります。
商品は本体底面に三脚穴があるので、カメラ用三脚の上にネジで固定して設置することも可能です。カメラを取り付ける側はクイックシューがついているので、取り付け・取り外しが簡単です。 可動範囲は上下(チルト)が30度、左右(パン)が120度です。
http://stokjp.blogspot.jp/2012/08/blog-post.html
¥13,800

41wfierr0l さて、これがあればレンズカメラを上下左右、望遠、ズーム、動画撮影と何でも出来そうですが、レンズカメラと雲台を乗せて自走できるタンクみたいなものがないのでしょうか?
 ということで、もう一度ネットを探すと「遠隔操作カメラ」というカテゴリーがあることが判りました。
 これは、リモート操作できる壁面固定式の監視カメラと、小型カメラをリモコンタンクに乗せた、どちらかと言えば盗撮のようなあやしい目的で使うリモコンタンクに分かれています。
 欲しいのはカメラが乗せられる自走式のタンクなので、それらしいのを探すとディズニーアニメのWALL・E(ウォーリー)にそっくりでWi-Fi操作もできるカメラ搭載タンクCOM★MI-OMEGAがあり、値段も5,980円で手頃です。

 でも、DSC-10QXを電動雲台(EBRA-121Rs)にセットして、リモコンタンクに乗せるのは難しいようです。
 そもそもEBRA-121Rsにはカメラ自体のシャッター押下やズームを操作する機能まで付いているけど、DSC-10QXの操作はスマホ側でモニターを見ながらやるので、使うことがありません。
 また、ラジコン戦車の自走操作を別のリモコンでやるとなるととても手に負えません。

 幸い、今回ソニーが発表したレンズカメラの評判が非常によいので、その関連機器として「電動雲台」や「自走式タンク」などが発売されるのに期待したいと思います。 
 あるいは、パナソニックやオリンパスなど、デジカメでの生き残りを図る他メーカーからもレンズカメラが発売される予感があります。あるいはスマホとの連携で案外サムスンがすぐ対抗商品を出すかも知れません。

Posted on 10月 16, 2013 at 06:09 午前 |

コメント

コメントを書く