« 130905 大阪の880万人防災訓練は空振り? | トップページ | 130906 山行計画:9/15 若狭「オバタケダンから八ヶ峰」 関西ハイク山友会 第345回例会 »

2013.09.06

130906 ソニー、スマホ装着の高級レンズカメラを発表

 スマホは通話を主目的としたケータイとしての機能よりもインターネットの閲覧やメールのやりとりを主体に使っています。
 カメラとしても結構解像度もよくてデジカメを構えるよりもポケットからすぐ取り出して、スナップを撮ったり、動画を撮ったり出来るので便利になりました。
 それでも遠景を撮ったり、小鳥を撮ったりするとき、もっと望遠の倍率が上がらないかと不満に思っていました。
 夏に秋葉へ行ったとき、スマホに装着できるアタッチメントレンズを買ったりもしましたが、せいぜい2倍ズームしかできないので、すぐ飽きてしまいました。

Ls6_11024x682 そんなユーザーの不満を解消してくれそうなスマホ用の高級ズームレンズが今秋ソニーから発売されるそうです。

 ソニー、スマホ装着の高級レンズカメラを発表
 「DSC-QX100」のほうは、ソニー独自のCMOS画像センサー「Exmor R(エクスモア・アール)」と3.6倍の光学ズームを搭載した、20メガピクセルの広角レンズだ。もうひとつの「DSC-QX10」は、センサーは小さいものの、より長い10倍ズームを搭載した18メガピクセル・タイプだ。

 問題は値段ですが、
 これは奇妙な商品だ。価格はQX100が399ポンド(約62,000円)、QX10が179ポンド(約28,000円)で、どちらも手ごろな値段とはいえない。画質が、高品質のソニーのコンパクトカメラや同社のデジタル一眼である「NEX」カメラと同じになるとしてもだ。

 高画質よりも10倍ズームの方が魅力的なので、28千円なら買いかも知れません。
 ただ、スマホのレンズの位置がスマホ本体の端に付いている機種ではこのレンズを装着できるかどうかが気になります。
 ・・・と思って、別の動画を見るとこのレンズはスマホ本体のレンズに直接密着させるのではなく、スマホの中央に普通のデジカメのようにアタッチメントを付けて固定するようです。
 レンズだけを手持ちしてリモート操作できるなら当然と云えば当然ですね。

 動画を見ると判りますが、カメラと本体が離れていてもレンズに内蔵した電源を使って本体とWi-Fi接続できるそうですから、工夫次第でリモコンカメラにもなるのはすごいと思います。
 片方の手でレンズを持ち、もう一方の手で携帯電話を持って、リモートヴューファインダーのように使用することができることは便利だろう。

Posted on 9月 6, 2013 at 05:11 午前 |

コメント

コメントを書く