« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013.08.31

130831 Mailbox full/NIFTYのメールボックスが満タンでエラー

130831_niftymailsakujyo 週末の下見山行の連絡でメールをやりとりしていたら、突然新しいメールが一切着信しなくなってしまいました。
 スマホを接続したから、ネットワーク回線がおかしくなったのかとパソコンを再起動したりしてみましたが、いっこうに修復できません。
 試しに自分で自分宛にメールを送ってみたり、JNKさんに送ってもらったりしましたが、原因が分かりません。
 何度か試行錯誤しているうちに、送信メールのエラーが出て、
 Sorry, Now this mailbox is full
 というエラーメッセージ
 ひょっとしたら、@niftyのメールボックスがいっぱいになったのではないかと、ようやく原因が分かりかけました。

 現在、メールは@nifty宛に送っていただいて、それをすべてG-mailに転送しているので、普段は@niftyのメールボックスを開いたり、容量確認をしたことがありませんでした。
 改めて、@niftyのホームページから、メール容量の設定などを見ると、
 @niftyのメールボックスは5Gbyteの固定であることが判りました。
 そして、きよもりのメールの使用容量を見ると、まさに5Gbyteで満タンになっています。
 それにしてもメールの件数が134,390件もあって、2008年から丸々5年間も溜まりに溜まって、今日満タンになったんですね。

 ここからが問題で、古いメールを全部消そうと思いメールリストで全件を選ぼうとしても全件選択の方法が判りません。
 あちこちのQAを調べてみると、一回の処理で消せるのは300件までだと書いてあります。
 134,390÷300=448 ですから、同じ削除処理を500回繰り返さないと全件は消せないと云うことです。

 ヤレヤレ!
 しこしこ消さないと駄目みたいですが、気が遠くなるような話です。
 G-mailに転送設定するとき、@niftyのメールを消す設定にしていなかったのは大間違いでした。
 やれやれ!

@niftyのメール削除方法の引用

まとめてメールを削除
まとめてメールを削除したい場合は、以下の方法でメールを複数選択してから削除を行ってください。
※ 一度に最大300件まで削除することができます。
メール一覧のチェックボックスにチェックを入れると、複数のメールが選択できます。
1通メールを選択し、キーボードの [ Shift ] キーを押しながら [ ↓ ] キーを押すと、表示されているメールが順に選択されます。
1通メールを選択し、キーボードの [ Shift ] キーを押しながらマウスの [ 左ボタン ] をクリックすると、マウスでクリックしたところまでメールが選択されます。
1通メールを選択し、キーボードの [ Ctrl ] キーを押しながら [ A ] キーを押すと、一番上のメールから300件のメールが選択されます。
キーボードの [ Ctrl ] キーを押しながらマウスの [ 左ボタン ] をクリックすると、クリックしたメールが複数選択されます。
※ メールソフトと同様の操作方法です。

Posted on 8月 31, 2013 at 09:15 午前 | | コメント (0)

2013.08.30

130830 週末の天気は?

130901_0900tenkizuTyphoon_1315_20130830090000large 今週末8月31日(土)~9月1日(日)に予定していた江若国境尾根の下見「大御影山から大谷山」は台風が近づいているのとゼンセンが日本列島を横切っているので、9月1日(日)~9月2日(月)に順延します。
 予想天気図や台風の進路予想を見ると9月1日(日)の午前中くらいで雨や風の峠を越して前線も東へ移動しそうなので、9月1日の午後からは天気が回復すると期待しています。
 雨でも下見は中止しないのが基本方針ですが、雨中の幕営はどうしても気持ちも萎え勝ちになるので、折角順延するから快適なテント泊に期待したいと思います。
 最近の下見は何故か順延続きで、雨の神様に好かれているのでしょうか?


Posted on 8月 30, 2013 at 11:27 午前 | | コメント (0)

2013.08.29

130829 山行計画:9/8 京都北山「皆子山南尾根」 関西ハイク山友会 第341回例会

下見の写真と重複していたので差し替えました。
ついでに下見と計画の順序を入れ替えました。
130826_minakoyamaminamione_016130826_minakoyamaminamione_022130826_minakoyamaminamione_031 皆子山は京都府の最高峰なので人気の山です。
 北の足尾谷からツボクリ谷に入って遡行し、山頂に至るコースが人気ルートです。
 皆子山からの下りは南の寺谷を下って平に戻るか、皆子谷を下って百井川の出合からヒノコヘ出るルートが一般的ですが、最近は東尾根を平に下るルートがよく歩かれているそうです。

 きよもりがこの山頂に登ったのは8年も前の重廣さんのラウンド琵琶湖が最後です。
 その時は県境尾根を忠実に辿るため、平から百井川を上流に向かい、林道が切れる辺りで川を徒渉して、急な植林尾根を県境に沿って登りました。
 下山は県境がツボクリ谷を横断しているため尾根を跨ぎ、最後は踏み跡もない足尾谷の源流を腰まで浸かって命がけで下りました。

 今回は叡電鞍馬駅に集合し、百井峠を越えてヒノコの北山修道院までタクシーで入ります。
 ヒノコから百井川左岸の少し荒れた林道を皆子谷出合まで下り、出合からすぐに尾根に取り付いて県境尾根に乗り、南尾根を皆子山まで登ります。
 8年前には一面の笹と雑木でほとんど展望が無く、京都府の最高峰にしてはぱっとしない山頂でしたが、現在は笹も枯れ、雑木も切り払われたのか、東と北側の展望が開けます。
 正面に比良の蓬莱山と武奈ヶ岳、北には峰床山と奥に白倉三山が見え、晴れていれば遠く湖北武奈や三重ヶ岳も望めます。
 下山は琵琶湖の湖面や権現山、霊仙山、南に比叡山を眺めながら東尾根を下りますが、最後は急な尾根になるので足元には十分注意してゆっくり降ります。
 ただし、この山域は昔から蛭が多いので快晴が続く今の時期でもヒル対策はしておいた方がよいと思います。

【山行計画】
京都北山/皆子山南尾根/関西ハイク山友会 第341回例会

日 時:平成25年9月8日(日) 9:30~15:30

集 合:叡山電鉄・鞍馬駅改札口  8時40分
 参考:出町柳7:54(叡電)8:24鞍馬
     出町柳7:50(京都バス・広河原行き)北大路駅前8:02→8:33鞍馬

 【雨天の場合】
 前日(9/7) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前9月7日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:27名/8/31現在

行き先:京都北山/皆子山南尾根

コース:鞍馬(タクシー)北山修道院・ヒノコ―皆子谷出合―皆子山南尾根―皆子山―東尾根―平15:59(江若バス)16:30堅田(解散)
レベル:中級向き(南尾根は途中少し藪漕ぎあり、東尾根の最後の下りは要注意)

地 図:25000分の一「花背」、昭文社「京都北山」
 断面図予定ルート図

行 程:6.7km、所要時間:6時間00分(歩行時間:4時間20分、休憩・昼食:1時間40分)
 鞍馬駅(8:50頃)=タクシー7台に分乗=北山修道院(9:20頃)
 ヒノコ(560m、9:30頃)―30分―皆子谷出合(530m)―50分―県境尾根(750m)―30分―P834m―30分―皆子山(971.5m、12:20頃、昼食)―30分―P941m―30分―P837m(14:20頃)―20分―支尾根分岐(720m)―30分―正教院(470m)―10分―平バス停(460m、15:30頃)
 平15:59=江若バス=16:30堅田(解散)16:38=16:57京都駅

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、ヒルよけスプレーなど

会 費:1500円/参加費 100円、交通費 1400円(タクシー割勘\700位、江若バス\760)
 江若バスは堅田での乗り換え時間が8分しかありませんので、事前に回数券を参加人数分購入しました。
 またタクシー代も2800円で4人乗りで一人あたり700円になりますので、鞍馬駅集合時に参加費込みで1500円徴収させていただき、タクシー代とバス代に充当させていただきます。
 江若バス回数券は760円が約13%引きで実際には661円ですが700円を充当しますのでご了解下さい。

【参考】
下見山行記録:8/26 京都北山「皆子山南尾根」 関西ハイク山友会 第341回例会の下見

【地図】
断面図
130908_minakoyamaminamionedanmen
予定ルート図
130908_minakoyamaminamione
GPS予定ルートのデータ
「130908_MinakoyamaMinamiOne.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 29, 2013 at 10:08 午前 | | コメント (0)

130829 下見山行記録:8/26 京都北山「皆子山南尾根」 関西ハイク山友会 第341回例会の下見

PicasaのWEBアルバムの写真45枚を掲載しました(8月31日)
080826_minakoyamaminamione_01080826_minakoyamaminamione_02080826_minakoyamaminamione_03 下見は例会と同じ曜日に実施するのが前提ですが、比叡北稜Ⅱの下見を雨中に実施して、ヒルに24匹も噛まれたので雨がひどいときには無理押せず、順延することにしました。
 今回の下見も8月25日(日)を予定していましたが、前日から雨になるのが確実だったので、早々と順延を決めて、8月26日(月)に同行程で実施しました。

 皆子山には8年ぶりですが、それまでは個人山行を含めて3回はいずれも足尾谷からツボクリ谷を詰めて登頂し、寺谷または皆子谷を下っています。
 8年前は平から入って百井川を徒渉して、植林尾根を県境に沿って登りました。
 下山も県境を忠実に下って、最後は踏み跡もない足尾谷の源流を腰まで浸かって命がけで坂下へ戻りました。

 8年前には一面の笹と雑木でほとんど展望が無く、京都府の最高峰にしてはぱっとしない山頂でしたが、現在は笹も枯れ、雑木も切り払われたのか、東と北側の展望が開けて見違えるばかりで驚きました。

【山行記録】
京都北山/皆子山南尾根/関西ハイク山友会 第341回例会の下見

日 時:平成25年8月26日(月) 9:15~15:02

参加者:6名/IWMさん、HMDさん、OONさん、OGTさん、AKEさん(山仲間)、きよもり

行き先:京都北山/皆子山南尾根

コース:鞍馬(タクシー)北山修道院・ヒノコ―皆子谷出合―皆子山南尾根―皆子山―東尾根―平15:59(江若バス)16:30堅田(解散)
レベル:中級向き(南尾根は途中少し藪漕ぎあり、東尾根の最後の下りは要注意)

地 図:25000分の一「花背」、昭文社「京都北山」
 歩行断面図GPSトラックの歩行軌跡図

行 程:7.2km、所要時間:5時間47分(歩行時間:3時間34分、休憩・昼食:2時間13分)、天候:晴れ、気温:25℃→23℃→22℃→26℃
 鞍馬駅8:39=タクシー2台に分乗=9:05北山修道院
 ヒノコ(560m、25℃)9:15―皆子谷出合(530m)9:41~45―660m(24℃)10:14~25―県境尾根(750m)10:39~43―800m(23℃)10:59~11:13―P834m11:22―900m(23℃)11:41~46―皆子山(971.5m、昼食)11:59~12:55―P941m(22℃)13:17~25―P837m13:48~14:05―支尾根分岐(720m)14:17―正教院(470m、26℃)14:42~56―平バス停(460m)15:01
 平15:59=江若バス=16:34堅田(解散)16:38=16:57京都駅

費 用:1630円/交通費 タクシー2800円割勘\930、江若バス\700

【写真】
PicasaのWEBアルバムです。写真は位置情報付きで45枚あります。

130826 皆子山南尾根下見

【地図】
歩行断面図
130826t_minakoyamaminamionedanmen
GPSトラックの歩行軌跡図
130826t_minakoyamaminamione
GPSトラックのデータ
「130826T_MinakoYamaMinamione.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 29, 2013 at 08:37 午前 | | コメント (0)

2013.08.28

130828 鰯雲

鰯雲鰯雲 今朝、散歩に出て、ふと空を見上げたら、一面に鰯雲が広がっていました。
 秋の気配を身近に感じます。

Posted on 8月 28, 2013 at 08:31 午前 | | コメント (0)

2013.08.27

130827 堅田へ

130827 堅田へ 9月8日の例会は行きは鞍馬からタクシー分乗ですが、帰りは平から堅田へ江若バスの路線バスを利用します。
 堅田での乗換時間が8分しかないので、個別にバス代760円を払っていては乗換に間に合いませんから事前に回数券を渡しておくようにします。
 回数券は堅田にしか売っていないので、長岡京から堅田へ寄り道して、2000円の回数券を8冊買いました。
 個人負担が60円安くなります。

Posted on 8月 27, 2013 at 06:24 午後 | | コメント (1)

130827 サントリービール工場

130827 サントリービール工場130827 サントリービール工場 今日は仲谷さんの例会で、山崎から水無瀬の滝、十方山を経て、小倉神社へ降りて来ました。
 これからサントリービール工場の見学会です。
 プレミアムモルツが楽しみです。

Posted on 8月 27, 2013 at 02:55 午後 | | コメント (0)

130827 寝過ごし

130827 寝過ごし 高槻まで起きていたのに、気がついたら長岡京!
 一本早い電車に乗っていてよかったです。
 一駅戻っても集合時間には間に合います。

Posted on 8月 27, 2013 at 09:13 午前 | | コメント (0)

2013.08.26

130826 皆子山下見完了

130826 皆子山下見完了130826 皆子山下見完了 天気が回復して快適な尾根歩きを満喫しました。
 ヒルはいましたが、喰われたのは二人だけだったからからまずまずです。
 ヒル除けはそれなりに効果があります。

 皆子山の山頂は8年前の記憶では狭くて見通しがきかない三角点という印象しかありませんが、笹が全部枯れ、見違えるばかりに広々としていました。
 正面に蓬莱山、左に武奈ヶ岳、北に峰床山や白倉三山、遙かに湖北武奈や三重ヶ岳も見えて素晴らしい景色でした。
 東尾根ははじめて下りましたが、よく踏まれた快適な尾根道で最後の急下降さえ注意すれば、1時間半位で下山できます。

Posted on 8月 26, 2013 at 03:33 午後 | | コメント (0)

2013.08.25

130825 雨上がり

130825 雨上がり 予報通り、昨夜から今日の午前中はかなり雨が降りました。
 雨上がりで気温も25℃に下がりましたが、夕方にはまた30℃に戻ったので、明日も暑くなりそうです。

Posted on 8月 25, 2013 at 06:11 午後 | | コメント (0)

2013.08.24

130824 明日の下見は順延

130824_kosuikakuritu 神戸でも昨日夜から小雨が降り出して、今日も小降りが続いています。
 明日8月25日(日)は皆子山南尾根の下見を予定していましたが、明日の降水確率が午前中80%なので、早々と順延を決めました。
 明後日は降水確率30%なので大丈夫だと思いますが、ヒノコから林道を東に進み、皆子谷を渡って、南尾根に取っ付くので、今日明日の雨量によっては皆子谷を渡るのに苦労するかも知れません。
 その場合は、ヒノコの北側の尾根、皆子山西南尾根に取っ付いて皆子山へ登ることにします。


Posted on 8月 24, 2013 at 10:02 午前 | | コメント (0)

2013.08.23

130823 城丹国境尾根とは?

Dc073175 関西ハイク山友会の会報は隔月刊なので山行計画も2ヶ月毎に立案することになります。
 8月10日頃に9・10月号が発送されましたが、実際にはひと月前の7月10日に計画を提出しています。
 次号は10月10日頃に11・12月号が発送されるので、9月10日までに計画を作成しないといけませんが、今回は早めに作成完了し、何となく肩の荷が下りました。

 12月から来年3月までは積雪のため江若丹国境尾根は入れませんので、この4ヶ月は京都北山または雪の少ない地域に行き先を変更します。
 そこで、以前から気になっている城丹国境もしくは京北トレイルを歩いてみようかと考えました。
 京北トレイルは、8月11日(日)の№328例会「桟敷ヶ岳から城丹国境尾根」で後半、飯森山から天童山の尾根に何ヶ所か立派な「京北トレイル」の道標があったので、城丹国境尾根と京北トレイルとは重複する行程もあるようですが、当日の帰宅途中、京都駅で「京北トレイルマップ」を購入して見たら、城丹国境尾根と重複するのは前述の飯森山から天童山のわずかな行程だけのようです。

 「京北トレイル」は「京都一周トレイル」の一環として2010年3月に追加制定されたそうですが、コースを見ると必ずしも尾根道だけを歩くわけではなく、飯森山から天童山も茶呑峠からの延長線というか寄り道的に設定されているようです。

 きよもりは尾根歩きをベースに例会の計画を組んでいるので、京北トレイルにはあまりなじみそうもありませんので、再度、城丹国境尾根にこだわった行程を例会に組みたいと思います。
 取りあえず来年1月は、8月11日(日)の例会で天童山から降りてきた茶呑峠(544m)を起点に、ごく低いながら尾根道が伏見坂(480m)、雲月坂(470m)としゃれた名前で笠峠(450m)まで続く行程を歩いてみようと思います。

 笠峠から先はタカノス(654.0m)、田尻峠(530m)、朝日峯(688.3m)、松尾峠(600m)と尾根通しで愛宕山へ3月には到達します。

 目標が決まったのはよいのですが、城丹国境尾根という呼称は山城国と丹波国の国境尾根という意味でしょうが、浅学のため山城国と丹波の境界をはっきり線引きできていないので何となくスッキリしません。

2_3 しつこくネットで探していたら、「山城五十山」というHPを見つけました。
 筆者は「京都市内とその境界上で標高400メートル以上の三角点のある山」という基準で選定されたそうです。
 改めて見直してみると、きよもりが一度は訪れた山が41峰ありましたから、結構なじみ深い山が多いと云うことですね。
 それはともかく、HP掲載の五十山の配置図に山城国(京北町編入前の京都市)の境界が赤い点線で記載されていますので、これで納得いきました。
 上西さん有り難うございました。五十山位置図を転載させていただきます。

【地図】
断面図
1401_tyanomitoge_kasatogedanmen
予定ルート図
1401_tyanomitoge_kasatoge

Posted on 8月 23, 2013 at 11:46 午後 | | コメント (0)

2013.08.22

130822 下見山行計画:8/31~9/1 若狭「大御影山から大谷山」

080531_0601_oomikageyama_ootaniya_5 前回の江若国境尾根縦走の下見は三十三間山、能登越えで天増川林道出合の先から十村へ長い尾根を下りました。
 まだ暑い盛りですが、今回は8/4下山の十村からの入山になります。
 初日は、十村から天増川林道まで3km、高度差650mはかなり厳しいので、大御影山まで無理なようなら手前の最低鞍部で水を得て幕営します。
 翌日は早い時間に出発して、大谷山、寒風を経てマキノ高原へ14時30分頃に下山し、さらさの湯で汗を流して帰ります。

 大日山から三重岳分岐までは近江坂のブナ尾根が続く快適な登り、三重岳分岐から先は高島トレイルのコースなので歩き易い行程になります。
 夏場の尾根歩きなので、日差しが心配ですが、初日の十村からの登りと2日目の大谷山から寒風までの草原歩きがポイントになるので、飲み水を充分持って歩くようにしたいと思います。
 2日目は大御影山と抜土で水が補給できます。

【下見山行計画】
8月31日(土)~9月1日(日) 江若国境「大御影山から大谷山」 関西ハイク山友会例会の下見

日 時:平成25年8月31日(土)~9月1日(日)
集 合:8月31日(土) JR湖西線・近江今津駅 JRバス乗り場 8:10
 近江今津発8:15 小浜行きのJRバスに乗車

 参考:京都発 6:59→近江今津着 8:03
【雨天の場合】下見なので雨天決行です
 
参加予定者:9名/8/22現在
 ISHさん、IWMさん、OKMさん、HMDさん、OONさん、MYSさん、HSMさん(山仲間)、AKEさん(山仲間)、きよもり

コース:
8月31日(土) 近江今津8:16(JRバス)8:55上中(タクシー)十村―大日山―大御影山(幕営、17:00頃)
9月1日(日) 大御影山―抜土―大谷山―寒風―マキノ高原温泉さらさ16:18(近江鉄道バス)16:37JRマキノ16:50(湖西線)17:57京都(解散)
レベル:中級向き (幕営山行)

地図:国土地理院25000分の一「三方」「熊川」「海津」「駄口」、高島トレイル運営協議会「高島トレイル詳細マップ」

断面図
 8月31日(土) 十牧から大御影山
 9月1日(日) 大御影山からマキノ
予定ルート図
 8月31日(土) 十村から大御影山
 9月1日(日) 大御影山からマキノ

行 程:約17.9km 所要時間:15時間00分(歩行:11時間20分、休憩昼食:3時間40分)
8月31日(土) 行 程:約8.1km 所要時間:7時間30分(歩行:5時間50分、休憩:1時間40分)
 JR近江今津8:15=JRバス\960=8:55上中9:00=ジャンボタクシー\5000位=9:20十村・能登野神社
 能登野神社(50m、9:30頃)―10分―林道分岐(80m)―30分―鉄塔Ⅱ(250m)―20分―鉄塔Ⅰ(340m、10.40頃)―20分―点名:桂(488.6m)―40分―支尾根分岐(620m)―20分―十村分岐(700m)―10分―P726mマイクロ跡(12:30頃、昼食)―30分―大日山(750.9m)―20分―P784m能登郷分岐(14:10頃)―50分―三重岳分岐(850m)―40分―最低鞍部(710m)―60分―大御影山(950.1m、17:00頃、幕営)
 
9月1日(日) 行 程:約9.8km 所要時間:7時間30分(歩行:5時間30分、休憩:2時間00分)
 大御影山(950.1m、7:00発)―50分―県境分岐(840m)―10分―P810m―40分―抜土(580m、9:00頃)―60分―左折点(820m)―30分―大谷山(813.9m、11:00頃)―40分―寒風(860m、11:50頃、昼食)―40分―P562m―10分―分岐(430m)―50分―マキノ高原温泉さらさ(160m、14:30頃、入浴)
 マキノ高原16:18=近江鉄道バス\200=16:37JRマキノ16:50=湖西線・新快速=17:57京都(解散)
 参考:
  マキノ高原→JRマキノ→近江今津→京都の乗換時刻
  マキノ高原15:13→15:36JRマキノ15:50→(新快速)→16:57京都
  マキノ高原16:18→16:37JRマキノ16:50→(新快速)→17:57京都
  マキノ高原17:13→17:36JRマキノ18:27→18:35近江今津18:42→19:44京都
  マキノ高原18:18→18:37JRマキノ19:46→(普通)→21:05京都
 
個人装備:弁当(1食)、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック、手袋、寝袋、マット、水タンク(2L~3L入り、水は途中で汲みます)など
 初日の夜、2日目の朝と昼の食材は一括準備します。
団体装備:テント4人用+3人用+2人用各1、シート4枚、ガスコンロ3台、カセット、鍋+コッフェル1組など

費 用:一人あたり 4000円
 交通費:約1800円(バス代\1160、タクシー代割り勘\600)、食費:約1500円(α米、食材)、予備費:約700円(入浴料\600ほか)

【参考】 2008年6月の山行記録です。KRKさんと二人で三重ヶ岳から大御影山、大谷山を楽しく歩きました。
山行記録:5/31~6/1 三重岳~江若国境・大御影山~赤坂山

【写真】2008年5月31日~6月1日三重岳~大御影山~大谷山の抜粋です
080531_0601_oomikageyama_ootaniyama080531_0601_oomikageyama_ootaniya_2

080531_0601_oomikageyama_ootaniya_3080531_0601_oomikageyama_ootaniya_4

080531_0601_oomikageyama_ootaniya_5080531_0601_oomikageyama_ootaniya_6

【地図】
断面図
8月31日(土) 十村から大御影山
 130831_tomura_oomikageyamadanmen 
 9月1日(日) 大御影山からマキノ
 130901_oomikageyama_makinodanmen
予定ルート図
8月31日(土) 十村から大御影山
 130831_tomura_oomikageyama
9月1日(日) 大御影山からマキノ
 130901_oomikageyama_makino
GPSトラックの予定ルートデータ
 8月31日(土) 十村から大御影山
 「130831_Tomura_OomikageYama.gpx」をダウンロード
 9月1日(日) 大御影山からマキノ
 「130901_OomikageYama_Makino.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 22, 2013 at 11:24 午後 | | コメント (0)

2013.08.21

130821 下見山行計画:8/26 京都北山「皆子山南尾根」 関西ハイク山友会 9/8 第341回例会の下見

8月25日(日)は雨で翌日に順延しますので、内容を修正します。
参加者予定者は6名になりました。
050605_minakoyamaminamione_03 皆子山は京都府の最高峰なので人気の山ですが、一般ルートは北の足尾谷から遡行し、皆子山からは南の寺谷または皆子谷を下って平に戻るか、地元の有志が拓かれた皆子山東尾根を平に下るようです。
 きよもりがこの山域に登ったのは8年も前の重廣さんのラウンド琵琶湖が最後です。
 その時は県境尾根を忠実に辿るため、平から百井川を上流に向かい、林道が切れる辺りで川を徒渉して、急な植林尾根を県境に沿って登りました。
 平を出発するときから首輪もない野良ちゃんが一匹付いてきて、南尾根の急登も元気に登り、昼弁当もみんなからもらって、後半は足尾谷の源流を悪戦苦闘しながら最後まで一緒に下りました。

 皆子山は地形的には独立峰なのでバリエーションルートや縦走ルートが取りにくいからかも知れませんが、長らく足が遠のいていたので久し振りに挑戦してみたいと思います。
 この山域は昔から蛭が多いので快晴が続く今の時期でもヒル対策はしておいた方がよいと思います。
 また、ルート次第ですが、平に降りてくる時間によって、早ければ平発15:59江若バスに乗れますが、16時を過ぎるようなら平発17:31京都バスになります。

【山行計画】
京都北山/皆子山南尾根/関西ハイク山友会 9/8 第341回例会の下見

日 時:平成25年8月26日(月) 9:30~15:30

集 合:叡山電鉄・鞍馬駅改札口  8時30分
 参考:出町柳7:54(叡電)8:24鞍馬

 【雨天の場合】注釈通り8月25日を8月26日に順延します。
 前日(8/24) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は開催を翌日8月26日(月)に順延します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前8月24日(土) 17時発表の予報)
参加予定者:6名/IWMさん、HMDさん、OONさん、OGTさん、AKEさん(山仲間)、きよもり

行き先:京都北山/皆子山南尾根

コース:鞍馬(タクシー3500円)北山修道院・ヒノコ―皆子谷出合―皆子山南尾根―皆子山―東尾根―平15:59(江若バス)16:30堅田(解散)

地 図:25000分の一「花背」、昭文社「京都北山」
 断面図予定ルート図

行 程:6.8km、所要時間:6時間00分(歩行時間:4時間00分、休憩・昼食:2時間00分)
 鞍馬駅(8:50頃)=タクシー2台に分乗/1台\3500位=北山修道院(9:20頃)
 ヒノコ(560m、9:30頃)―30分―皆子谷出合(530m)―30分―県境尾根(750m)―20分―P834m―50分―皆子山(971.5m、12:00頃、昼食)―30分―P941m―20分―P837m(14:00頃)―20分―支尾根分岐(720m)―30分―正教院(470m)―10分―平バス停(460m、15:30頃)
 平15:59=江若バス\760=16:30堅田16:38=16:57京都駅(解散)

 参考:平からのバス
  江若バス 平発15:59=16:30JR堅田/760円
  京都バス 平発17:31=18:17出町柳/780円
  京都バスは土日のみ運行なので下山が遅れた場合は平から堅田へはタクシーを利用します。(1台\4500位)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:約2000円/交通費 タクシー割勘\1000~\1200位、江若バス\760

【地図】
断面図
130825_minakoyamaminamione_higasion
予定ルート図
130825_minakoyamaminamione_higasi_2
GPS予定ルートのデータ
「130825_MinakoYamaMinamione_Higasione.gpx」をダウンロード

2005年6月5日の写真
050605_minakoyamaminamione_01050605_minakoyamaminamione_02050605_minakoyamaminamione_04

Posted on 8月 21, 2013 at 05:28 午後 | | コメント (0)

2013.08.20

130820 また京都へ

130820 また京都へ130820 また京都へ 一日置いて今日も京都へ向かっています。
 夕方からの会合ですが、神戸からなので暑い盛りになってしまいます。
 月末にはサントリーのビール工場見学付きの山行があるので楽しみです。

Posted on 8月 20, 2013 at 04:50 午後 | | コメント (0)

130820 山行記録:8/18 若狭「野田畑峠から三国峠」 関西ハイク山友会 第330回例会

130818_nodabatatoge_mikunitoge_04 8月18日(日)は若丹国境尾根縦走の14回目の最終ラウンドで野田畑峠から三国峠を歩きました。
 一週間以上好天が続いていて熱中症を心配しましたが、終始樹林帯の行程で日差しは遮られていたのでほとんど風もない状況にもかかわらず全員最後まで元気に歩き通していただきました。
 参加していただいた46名の皆さんお疲れ様でした。有り難うございました。

 野田畑峠は芦生側からだと地蔵峠、中山神社を経て野田畑谷を遡れば2時間程度の行程ですが、46名もの人が入るには入山許可が取れないので、福井県側の永谷廃村からのアプローチになりました。
 永谷廃村は原発の夜間電力を利用した揚水ダム建設の計画があって、住民は強制立ち退きとなり、1985年頃に廃村になったそうです。
 その後揚水ダム計画は中止になったものの永谷集落に戻る住民もなく家屋は当時のまま無残な姿を晒していて哀れでした。
 名田庄から登山口までの永谷林道は小型バスでギリギリ通れる道路で、名田庄・道の駅から約40分かかり、林道奥の駐車スペースに着いたら10:30、京都駅から約3時間かかりました。

 永谷林道終点から沢沿いに約40分詰めて、野田畑峠の登山口で軽く食事を摂り、高度差300mの急登尾根に取っ付きました。
 急登尾根と云っても先月の虫谷から杉尾坂の高度差350mの急登と比較すると踏み跡は明確でジグザグに切られていてゆっくりのペースで2ピッチ半、1時間あまりで無事野田畑峠に着くことが出来ました。
 野田畑峠は野田畑谷の中流にあって、一般的に谷の源流にある峠のイメージとは異質で広々した野田畑谷の河川敷が数キロも続き、いつ来ても緑に囲まれた別世界です。

 野田畑峠で二度目の昼食を摂って、ブナの樹林帯が広がる広尾根や、中山尾根への急登、永谷尾根の旧峠道に続くP767mを経て、最後の急登を越え予定より40分早い15:08、三国峠・若丹国境尾根の終点に着きました。

【山行記録】
若狭「野田畑峠から三国峠」 関西ハイク山友会 第330回例会
 若丹国境尾根縦走・第14回

日 時:平成25年8月18(日) 10:48~16:13

参加者:46名 貸切バス2台に分乗

コース:JR京都駅=貸切バス=名田庄・永谷―野田畑峠―中山尾根分岐―三国峠―朽窪峠―生杉林道・若走路谷登山口=貸切バス=京都(解散18:48)
レベル:中級向き (永谷から野田畑峠への登りさえクリアできれば、行程は短いので楽勝)

地図:国土地理院25000分の一「久坂」「古屋」、昭文社「京都北山」
 歩行断面図GPSトラックの歩行ルート図

行 程:約6.2km 所要時間:5時間25分(歩行:3時間25分、休憩昼食:2時間00分)、天気:快晴、気温:32℃→30℃
 京都駅(集合)7:32=周山8:30~41=名田庄9:33~43=永谷林道奥10:25
 永谷奥(260m、32℃)10:48―永谷登山口(300m)11:01―営林省看板(360m)11:27~36―野田畑峠取付(379m、軽食)11:47~55―急登上(500m)12:09~19―尾根上部植林(610m)12:38~46―野田畑峠(680m、昼食、30℃)12:58~13:32―急登尾根上(750m)13:56~14:05―中山尾根分岐(800m)14:12~18―P767m(永谷尾根分岐)14:30~39―急登上(770m)14:55~59―三国峠(775.9m)15:08~25―朽窪峠(618m)15:41~47―生杉林道(若走路谷登山口、490m)16:13
 若走路谷登山口16:30=能家経由=朽木道の駅17:13~26=出町柳18:30=京都駅(解散)18:48

費 用:3000円(貸切バス代2900円+参加費100円) 
【写真】 131001追加
PicasaのWEBアルバムです。
写真は位置情報付きで37枚あります。

130818 野田畑峠から三国峠№330

【写真】抜粋
130818_nodabatatoge_mikunitoge_05130818_nodabatatoge_mikunitoge_01

130818_nodabatatoge_mikunitoge_02130818_nodabatatoge_mikunitoge_03

【地図】
歩行断面図
130818t_nodabatatoge_mikunitogedanm
GPSトラックの歩行ルート図
130818t_nodabatatoge_mikunitoge
GPSの軌跡データ
「130818T_NodabataToge_MikuniToge.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 20, 2013 at 01:25 午後 | | コメント (0)

2013.08.19

130819 au接続エラー解決

130819 au接続エラー解決130819 au接続エラー解決 auのネットワークが下山してauの圏内に入ってもいつまでも繋がらない原因はモバイルネットワークが有効になっていなかったためだと判明しました。
 設定 → 無線とネットワーク → その他の設定 → モバイルネットワーク → モバイルデータとLTEデータ通信に✓をいれる

 何故チェックが外れていたのか?
 原因は不明です。

 節電系のアプリやタスクキラー系アプリを利用していると、何かのきっかけでモバイルネットワークのチェックが外れることがあるそうですが、山から下りてきても生杉のようにネットワーク接続が出来ない場合もあるので、モバイルネットワーク設定が有効になっているかを確認することを覚えておかないといけません。
 画面の一番上にあるタスクバーの右の方にLTE、3Gの表示があるかが目安になります。

Posted on 8月 19, 2013 at 05:32 午前 | | コメント (0)

2013.08.18

130818 au接続エラー?

130818 au接続エラー? 下山の報告をしようとしましたが、どうしても繋がりません。
 auがおかしいのだと思います。
 スマホが繋がらないとお手上げです。

Posted on 8月 18, 2013 at 08:30 午後 | | コメント (0)

130818 無事下山しました

130818 無事下山しました130818 無事下山しました 三国峠から16:13に生杉に下山しました。
 生杉から針畑川を下って、梅ノ木に出ると、途中に酒屋さんもないので、能家からコンビニがある朽木に回り道をして17:30京都に向かいます。

Posted on 8月 18, 2013 at 08:30 午後 | | コメント (0)

130818 Uターンラッシュ

130818 Uターンラッシュ 今日も例会で京都に向かっています。
 最近は京都行きの始発に乗るのが当たり前になりました。
 住吉発5:13で6:26に京都に着くから7:40の集合時間より一時間も早いのですが、例会参加の方も7時前にはかなり来られています。
 始発ですからいつもはガラガラですが、今日は夏休みの最終日なので帰省客の新幹線乗換で満員電車並みになっています。
 ご苦労様です。

Posted on 8月 18, 2013 at 06:01 午前 | | コメント (0)

2013.08.17

130817 明日の例会は予定通り開催します

130818_kosuikakuritu0_10 かれこれ二週間ほとんど快晴の猛暑日が続いています。
 明日も京都北部の降水確率は午前が0%、午後が10%です。(8/17 17:00発表)
 多少のお湿りに期待したいところですが、望み薄です。
 でも、野田畑峠から三国峠の尾根はほとんど樹林帯なので熱中症の心配はありません。
 出来れば若狭湾からの海風があればいいのですが・・・

 参加していただく47名の皆さん、京都駅でお待ちします。

Posted on 8月 17, 2013 at 05:11 午後 | | コメント (1)

130817 ナッコ君の墓参り

130817 ナッコ君の墓参り130817 ナッコ君の墓参り 今朝は8時に出発して、陽が高くなる前に宝塚動物霊園でナッコ君の墓参りを終えました。
 そのまま清荒神に回ってお参りしましたが、楽しみにしていた明石焼きの屋台はお盆休みのせいか出ておらず残念でした。

 明日はきよもりは若狭の野田畑峠から三国峠の例会です。
 降水確率は午前中0%、午後10%です。
 暑くなるから水分補給しながらゆっくり歩きたいと思います。

130817 ナッコ君の墓参り メンバーが揃うか心配していた会社の野球部の準決勝も11名も参加できるそうなので、安心しました。
 是非勝って6年ぶりの優勝を目指して下さい。

Posted on 8月 17, 2013 at 12:56 午後 | | コメント (0)

2013.08.16

130816 山行記録:8/11 京都北山「桟敷ヶ岳から城丹国境尾根」 関西ハイク山友会 第328回例会

130811_sajikigatake_jyotankokkyoone 真夏の例会は日差しが問題なので、ある程度曇っていて風がないと尾根歩きは大変だと懸念していました。
 ところが、日本列島全体が大きな高気圧に覆われ、四国では41度にもなる猛暑で風もないので、熱中症にならないよう、登りはゆっくりのピッチを心がけ、30分ごとの休憩や昼食時間も余分に取るよう留意しました。
 幸い城丹国境尾根は鉄塔や反射板のある直射日光が差す一部を除いて、広葉樹林や杉植林が続きますので、登りで少し遅れる方がいましたが、前を歩いていただいてピッチを落としたこともあって、最後まで全員無事に歩き通していただけました。
 晴天が続いているため杉植林でも蛭はいないと考えていましたが、数名の方が蛭に食いつかれたので、晴れているからといって対策を怠ると被害に遭うと反省しています。

 祖父谷林道の奥から270mの急登で桟敷ヶ岳のすぐ手前の鉄塔に至る登山路は3年半前の平成22年1月24日(日)に村田さんの新ハイキング関西例会として北大路集合でタクシーに分乗して祖父谷林道奥まで入って取り付いたのと同じルートです。
 今回は小型の貸切バス2台に分乗してのアプローチでしたが、下山路を山国・中江橋に変えて、日差しの中の林道歩きを避けました。
 最初の急登さえしのげば、あとは50m~70m程度のアップダウンが続くだけなので予定より速いペースで進行し、展望の開ける伐採尾根の木陰で早い目の昼食をゆっくり摂ることが出来ました。
 気温は30度、風もなく厳しい天候にもかかわらず、木陰の尾根歩きは予想以上に快適で、都会にいては味わえない天然のクーラーを浴びて別世界の尾根歩きを満喫できてよかったです。
 参加していただいた39名の皆さん、有り難うございました。お疲れ様でした。

 このコースの留意点としては鉄塔Ⅱから始まる城丹国境尾根にはほとんど道標がないにもかかわらず、巻き道の分岐や小ピークからの左折点など迷点が4個所もあります。
 尾根が曲折していますので地図読みはもちろん鞍部やピークでは必ず足を止めて方向を確認して歩く必要があります。 

【山行記録】
京都北山 「桟敷ヶ岳から城丹国境尾根」/関西ハイク山友会 第328回例会
  村田さんの足跡を訪ねる会 第30回

日 時:平成25年8月11日(日) 9:05~16:25

参加者:39名

コース:京都駅=祖父谷林道奥・桟敷ヶ岳登山口―鉄塔Ⅰ―桟敷ヶ岳―ナベクロ峠―展望尾根―飯森山―天童山―茶呑峠―鳴の堂―竜ヶ坂―山国・中江橋=周山=京都駅(解散18:26)

レベル:中級向き (最初の急登270m、少しロングコース)

地 図:25000分の一「周山」「上弓削」、昭文社「京都北山」
  歩行断面図歩行ルート図

行 程:10.6km、所要時間:7時間20分(歩行時間:4時間41分、休憩・昼食:2時間39分)、天候:快晴、気温:28℃→30℃→32℃→30℃
 京都駅(7:40集合)7:43=貸切バス2台=祖父谷林道・桟敷ヶ岳登山口(610m)8:45~9:03
 桟敷ヶ岳登山口9:05―急登上(740m、28℃)9:25~30―鉄塔Ⅰ(880m、30℃)9:50~10:05―桟敷ヶ岳(二等三角点△895.8m)10:12~20―ナベクロ峠(850m)10:43―鉄塔Ⅱ(860m)10:48~11:00―左折点(迷点、820m)11:05―小ピーク(大岩の手前を右折、820m)11:22―展望尾根(伐採跡、790m、昼食)11:26~12:20―小ピーク(左折点、780m)12:28―P751m12:32―飯森山(791m)13:07~19―鞍部(730m)13:26~31―反射板(800m)13:45―反射板先(790m、29℃)13:47~14:00―天童山(775m)14:10~18―パラグライダー基地分岐(730m)14:27―茶呑峠(544m、32℃)14:52~15:12―ユリ道―鳴の堂(550m、30℃)15:43~50―竜ヶ坂下(440m)16:05―林道分岐(330m)16:15―山国・中江橋(260m)16:25
 山国・中江橋(260m)16:44=貸切バス=周山・道の駅16:50~17:10=京都駅(解散、18:26)

費 用:2000円(貸切バス代1900円+参加費100円)

【写真】 131001追加
PicasaのWEBアルバム
写真は位置情報付きで43枚あります。

130811 桟敷ヶ岳から城丹国境№328

【地図】
歩行断面図
130811t_sajikigatake_jyotankokkyoda
GPSトラックの歩行ルート図
130811t_sajikigatake_jyotankokkyo
GPS軌跡データ
「130811T_SajikigaTake_Jyotankokkyo.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 16, 2013 at 03:23 午前 | | コメント (0)

2013.08.15

130815 猛暑の峠

130801_14_tenki130815_24_tenki 甲子園の熱戦が続いていますが、今年は昨年以上に好天高温が続いているようで、運営する方は雨の心配が無くてよいけど、選手はもちろんのこと、観客席の応援やお客さんは大変です。
 きよもりも、一昨日は朝5時から夕方16時まで甲子園にいましたから、日差しの中でビール3杯、お茶と氷を4本位飲みました。
 更に翌日は人間ドックで胃カメラを飲んだから、何となく体調が狂っています。
 でも、昨夜辺りから夕方には浜風が吹いて涼しくなったようなので、やっと猛暑も峠を越したのかも知れません。


Posted on 8月 15, 2013 at 11:26 午後 | | コメント (0)

2013.08.14

130814 大応援団と歓声/甲子園球場

130813_hikonehigashiouen_01130813_hikonehigashiouen_02 昨日は朝4時から起きて、4:41の始発に乗って甲子園球場へ
 JNKさんのひこにゃんつながりで彦根東高校の応援です。
 彦根東高校は彦根城のすぐお堀端にあり、いつも前を通っていたので何となく馴染みがあります。

 試合は、残念ながら5対9で負けましたが、後半必死の追い込みで大いに盛り上がり、大応援団の迫力がすごかったから大満足でした。


Posted on 8月 14, 2013 at 08:36 午前 | | コメント (0)

2013.08.13

130813 また勝った

130813 また勝った130813 また勝った 8月11日の神戸C級準々決勝はまた1対0で勝ったそうです。
 次は準決勝です。
 8月18日は山の例会でまた応援に行けませんが、ここまできたら是非勝って決勝に進んでください!
 夏休み中だからメンバーが揃うか心配です。

 甲子園球場の当日券売り場は徹夜組もいて既に3000人位並んでいます。

Posted on 8月 13, 2013 at 06:28 午前 | | コメント (0)

130813 甲子園球場へ

130813 甲子園球場へ 何故か朝一番の阪神電鉄で甲子園に向かっています。
 ヤレヤレ!

Posted on 8月 13, 2013 at 04:48 午前 | | コメント (2)

2013.08.12

130812 関西ハイク山友会 会報2013年9月10月号

250910 関西ハイク山友会の会報は二ヶ月に一回の隔月刊です。
 偶数月の10日前後にゆうメールで送付されますが、ゆうメールの配達地域によってあまり時間的な差が出ないよう、最近は週末金曜日の夕方集配局に持ち込んで、土日の配達がないので、月曜日に各配達局で個別に配達されるように事務局の方で配慮していただいています。
 ホームページへの掲載は、会報誌が配達されるタイミングを見計らって、ユーメールが配達される日の夕方に掲載するようHP担当の方が配慮されています。
 
 今回も9月10月の例会山行計画をご覧になって、早い方は8月12日(月) 11:01にきよもりの参考への参加申込みをメールで受け取りました。
 きよもりの方ではまだ会報誌は受け取っていないのでのんびり構えていたからビックリしましたが、ホームページを見てもまだ公開されていないので、会報誌をご覧になってすぐ申込みしていただいたのですね。
 有り難うございます。

 ホームページへの掲載はタイムスタンプを調べたら、8月12日(月) 17:36となっていましたから、それ以前にきよもりの例会に参加申込みをいただいた35件のメールは会報をご覧になって手打ちで申込みされたと云うことになります。
 12日中には55件申込みなので、13日、14日までで多分100件位の申し込みになると思います。有り難うございます。

 例会の開催は10数名のリーダーが月1回か2回の例会開催が原則なので、例会開催回数はひと月15回から20回の開催になっています。
 ちなみに今回の会報を見ると例会開催は9月は18回、10月が17回でした。会員数が434名だそうで、例会の参加者は平均10名~30名にもなっていますから、発足2年の山の会としては非常に活発な活動状況だと思います。

 以前にも掲載しましたが、入会手続きなど詳しいことは関西ハイク山友会のホームページをご覧下さい。
 

Posted on 8月 12, 2013 at 11:26 午後 | | コメント (0)

2013.08.11

130811 無事下山しました

130811 無事下山しました130811 無事下山しました 予定より早く16:20に山国町に下山しました。
 途中の登りで少し遅れる方がいて心配しましたが、ピッチを落として慎重に歩いたので最後まで無事下山出来ました。
 皆さんお疲れ様でした。

Posted on 8月 11, 2013 at 05:38 午後 | | コメント (0)

2013.08.10

130810 猛暑にステーキ、明日の例会は予定通り開催します

20130810_1654061 今年の夏は昨年よりも暑さが厳しく感じます。
 夏の暑さは覚悟していても、何となく空気がよどんでモワーッとしているのは、PM2.5のせいもあるのかも知れません。
 今日はついに四国で40度を超したそうですから、全国的に厳しい暑さです。
 それにもかかわらず東北では集中豪雨で大きな被害が出ているのには心が痛みます。

高知・四万十市で40.7度 国内6年ぶりに40度超え
 日本列島は10日も晴れて各地で厳しい暑さとなった。気象庁によると、全国927の
観測点のうち、正午までに171地点で35度以上の猛暑日となった。同日午後1時過
ぎ、高知県四万十市で気温40.7度を記録。今夏の全国最高気温を更新した。東京都心
でも午前、気温36.9度の猛暑日を記録し、今年一番の暑さとなった。気象庁による
と、最高気温が40度を超えたのは、2007年8月以来、6年ぶり。

20130810_1400281 暑さに参って、家に引っ込んでいても身体によくないから、最近味を占めたステーキランドのランチステーキを食べに行きました。
 160gの神戸ビーフが1380円ですから、お奨めです。

130811_kousuikakuritu 明日の京都南部の降水確率は午前中が20%、午後が30%ですから、予定通りに例会を開催します。
 ヒルの心配はなくなりましたが、一部日差しの下を歩きますから、飲み水や、水分のあるものを余分にお持ちください。
 下山後バスの待機場所まで車道を20分程度歩きますから、日傘などもお忘れ無く。

 、

Posted on 8月 10, 2013 at 05:04 午後 | | コメント (0)

2013.08.09

130809 長女は木曽駒岳へ

213838 日本国中暑くて下界から逃げ出したいところです。
 きよもりが通う京都北山や若丹国境はせいぜい900mだから、なかなか別天地の涼しさを味わうところまでいきませんが、信州や木曽は3000m方が連なるから、山上は涼しいでしょうね。
 長女は最近山ガールに目覚めて、屋久島や富士山など結構山歩きを楽しんでいます。
 うらやましいけど、まだまだ未経験だから体調と天候変化には充分気を付けて楽しんでください。

 昨夜からは中央アルプスの木曽駒を目指しています。
 以下は親子のやりとりです


2013年8月8日 22:54
天気は良さそうだから、展望が楽しめますね。
日差しが強いから、水分補給を充分して下さい。
午後には天候が崩れることがあるから早めに小屋に着くようにしてください。
よい山歩きになるように祈ります。
きよもり

2013年8月8日 21:56
こんばんは~(*^▽^)/
いまバスで向かってるとこです。
そっかぁ、確かに関西からは行きづらそうだね。私たちも最初は中央アルプスは遠いから迷ってたんだけど、思いきって前泊までして行くことにしたんだ♪
ロープは持ってこなかったなー(^o^;)
無理せず、状況と体力と相談してからチャレンジします!
それじゃ、行ってきま~す♪
SKE

2013年8月8日 21:21
SKEちゃん、こんばんは!
お父さんは、中央アルプスは何故か一度も登ったことがありません。
学生時代から冬も含めて何度か登る計画があったけど、結局一度も登ってないのは、関西からだと木曽福島や上松から入るので結構アプローチが長くて入りにくかったからでしょうね。
今なら関西からでも車で、飯田側の駒ヶ根に簡単に行けるけど、40年も以前は高速も通じていなかったのです。
ということで、宝剣岳ももちろん知りませんが、岩稜で毎年滑落事故が起きているから、初心者だけで挑戦するなら、時間と天候を見極めて宝剣山荘でもアドバイスを受けてから挑戦してください。
展望だけなら、木曽駒と同高度だから、無理して登ることもないけど、元気が有り余っているなら、登る価値はあると思います。
長袖シャツ、雨具、防寒具はもちろん、あれば20m位の補助ロープは持っていた方がよいと思います。
もう遅いかも知れないけど、よい山旅を楽しんでください。
きよもり

2013年8月8日 18:33
どうもありがとう(*´∀`)
おととし富士山登った時は高山病の気配すら無かったので私は大丈夫だと思うんだけど、他の子の為にその時買った酸素スプレー持ってくね!
ロープウェイ混む噂を聞いたので、今晩夜行バスで出て、駒ヶ根のビジネスホテルに前泊するんだ(^-^)v
それで明日は山小屋にも泊まるので、かなり余裕のスケジュールなの。
宝剣岳にも行ってみて、無理そうなら引き返そうって事になってるんだけど、登ったことある?
SKE

2013年8月7日 14:14
SKEちゃん、こんにちは!
木曽駒になったんですね。
駒ヶ岳のロープウエイで上がるから楽ですね。
でも、何時間もロープウエイを待ったと聞いたことがあるので、空いていたらいいですね。
1700mのしらび平駅から2600mの千畳敷駅まで一気に900mも上がるので、高山病にならないよう、もし頭が痛いとか、吐き気がするようなら無理をせず診療所で治療してもらってください。
高山病は急激な気圧低下に身体の順応が追いつかないから起きるので心配いりません。
一時間位静かにお花畑ででも時間をつぶせば治ると思います。
天気が好ければ、富士山、南アルプス、御岳、が近くに見えるし、運がよければ北アルプスも見えるでしょう。
楽しんできてください。
きよもり

Posted on 8月 9, 2013 at 08:22 午前 | | コメント (0)

2013.08.08

130808 山行計画: 8/18 若丹国境「野田畑峠から三国峠」 関西ハイク山友会 第330回例会

130504_06_sugisaka_nodabata_kutikub130504_06_sugisaka_nodabata_kutik_2 来週末、8月18日(日)は若丹国境尾根縦走の第14回、野田畑峠から三国峠の尾根歩きです。
 平成24年3月18日(日)の青葉山から始めて福井県と京都府の県境尾根/若丹国境を12回にわたって月一回ペースで歩き継いできましたが、第11回の「オバタケダンから八ヶ峰」の区間を残して、今回が最後になります。

 オバタケダンから八ヶ峰の例会は9月に予定していますので、残り一回の段階でこれまで若丹国境の例会(下見含む)に参加していただいた方が何名おられるのか気になったので、過去の参加者名簿を見直してみました。
 105名の方が、延べ497回、一回平均38.2名参加していただいていることになります。
 有り難うございます。
 更に13回中、皆勤の方が2、3名おられるかと思って、一人の方が何度参加していただいているのか確認しました。
 すると、なんと9名もの方が皆勤で例会もしくは下見に参加していただいていて、驚きました。
 065F.OKMさん、114.MWNさん、115.YMSさん、135.KMRさん、141.NGSさん、189.ITOさん、197.GTUさん、204.IWMさん、244.KNKさん、有り難うございます。女性が7名なのは何となく納得できます。

 今回は前回、7月21日(日) №323回の続きなので、永谷から野田畑峠に上がり、県境尾根を三国峠まで歩きます。 尾根はほとんどが樹林帯なので熱中症の心配はありません。
 三国峠はその名の通り、京都、福井、滋賀の県境です。ここまでは福井、京都の県境なので若丹国境尾根でしたが、三国峠から北へ延びる県境尾根は滋賀、京都の県境、江若国境尾根になります。
 また、地蔵峠から続く高島トレイルとも重なりますので、次回以降に予定している江若国境尾根縦走は木地山峠の先、駒ヶ岳の東まではよく整備された高島トレイルを歩くことになります。

 下見の方はどんどん先行していて、先週までに木地山峠から天増川を越えて、三十三間山まで進んでいますが、例会で三十三間山を歩くのは多分、来年7月か8月頃になりそうなので、開催順序を入れ替えるなどして、熱中症対策を考えておこうと考えています。

【山行計画】
若狭「野田畑峠から三国峠」 関西ハイク山友会 第330回例会
 若丹国境尾根縦走・第14回

日 時:平成25年8月18(日) 10:50~17:00

集 合:JR京都駅・八条西口 団体バス乗り場 7時40分
【雨天の場合】
前日(8/17) 17:00発表の気象情報で、京都府北部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は開催を中止します。
℡情報:京都府北部 0773-177(前8月17日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:46名/8/17現在 
 貸切バス2台に分乗します。

コース:JR京都駅(集合7:40)=貸切バス=名田庄・永谷―野田畑峠―中山尾根分岐―三国峠―朽窪峠―生杉林道・若走路谷登山口=貸切バス=京都(解散19:00頃)
レベル:中級向き (永谷から野田畑峠への登りさえクリアできれば、行程が短いので楽勝)

地図:国土地理院25000分の一「久坂」「古屋」、昭文社「京都北山」
 断面図予定ルート図

行 程:約5.9km 所要時間:6時間10分(歩行:4時間30分、休憩昼食:1時間40分)
 京都駅(7:40)=周山=名田庄=永谷林道奥(10:30 頃)
 永谷奥(260m、10:50頃)―20分―永谷登山口(300m)―40分―野田畑峠取付(379m、12:00頃、昼食)―60分―野田畑峠(680m、13:50頃)―40分―中山谷尾根分岐(800m)―50分―三国峠(775.9m、15:40頃)―20分―朽窪峠(618m)―40分―生杉林道・若走路谷登山口(490m、17:00頃)
 若走路谷登山口(17:20頃)=生杉=梅ノ木=京都駅(19:00頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック
費 用:3000円(貸切バス代2900円+参加費100円) 

【参考】
下見山行記録:5/4~5/6 若丹国境「杉尾坂から野田畑峠~三国峠」

【地図】
断面図
130818_nodabatatoge_mikunitogedanme
予定ルート図
130818_nodabatatoge_mikunitoge
GPSの予定ルートデータ
「130818_NodabataToge_MikuniToge.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 8, 2013 at 10:11 午後 | | コメント (0)

2013.08.07

130807 山行記録:8/3~8/4 江若国境「天増川口から三十三間山」 関西ハイク山友会例会の下見

130803_04__01130803_04__02130803_04__03 今回の下見も好天に恵まれて、尾根歩きは快適でした。
 でも、先月の木地山峠から駒ヶ岳、天増川口でも2日目はカンカン照りで熱中症寸前でしたが、今回の天増川口から三十三間山、十村でも十村への長い下り尾根がカンカン照りで、十村へ降りてから駅までの車道歩きは堪えました。
 駅の近くには酒屋もなくて、諦めかけたら、また親切な方がおられて、酒屋まで車で送っていただき、無事ビールをゲットできてラッキーでした。
 同行していただいた皆さん、お疲れ様でした。

 今回の行程は最初の天増川口から県境に乗るところがポイントです。
 2003年7月19日にはじめて天増川口に立った時は北川を渡っても尾根の取付が無いようだったので、天増川の村まで川沿いの道を遡り、集落奥の神社の裏手から谷間を強引に藪こぎして県境尾根に立ちました。
 そこは現在風のコルと呼称している風通しのよい鞍部だったので、それが名称になりました。
 二回目に県境尾根に立ったのは2003年8月13日で、夏期休暇を利用して5日間かけて野坂岳まで単独で歩き通しましたが、天増川口からの取付は水道橋を渡ってほぼ真っ直ぐ急斜面に取っ付き、230m付近で県境尾根に乗っています。ちなみにこの時、天増川口を8:10に出発し、風のコルには10:50に到着していますから2時間40分かかっています。
 今回の下見では9:02に天増川口を出発し、180m付近で県境尾根に立って、風のコルには11:53に到着していますから2時間51分かかっています。例会で日帰り装備なら、2時間半程度が目安になると思います。 

【山行記録】
8月3日(土)~8月4日(日) 江若国境「天増川口から三十三間山」 関西ハイク山友会例会の下見

日 時:平成25年8月3日(土)~8月4日(日)
 
参加者:6名 ISHさん、IWMさん、HMDさん、OONさん、AKEさん(山仲間)、きよもり

コース:
8月3日(土) JR近江今津駅(JRバス\800)天増川口―P358m―風のコル―P384m―P401m―鹿の水場(幕営)
8月4日(日) 鹿の水場―轆轤山―風神上―三十三間山―P838m―能登越え―天増川林道―点名:桂―JR十村(小浜線\200)上中(JRバス\960)近江今津(湖西線)京都

レベル:中級向き (幕営山行)

地図:国土地理院25000分の一「熊川」「三方」、高島トレイル運営協議会「高島トレイル詳細マップ」

歩行断面図
 8月3日(土) 天増川口から鹿の水場
 8月4日(日) 轆轤山から三十三間山
GPSトラックの軌跡ルート図
 8月3日(土) 天増川口から鹿の水場
 8月4日(日) 轆轤山から三十三間山

行 程:約17.7km 所要時間:14時間06分(歩行:8時間38分、休憩昼食:5時間28分)
8月3日(土) 行 程:約5.8km 所要時間:5時間42分(歩行:3時間27分、休憩:2時間15分)、天候:晴れ、気温:26℃→24℃→25℃
 JR近江今津8:15(JRバス\800)8:43天増川口
 天増川口(120m)8:46―水道橋(90m)8:50~9:02―県境尾根(180m、26℃)9:29~54―急登上(320m、リンゴ、25℃)10:24~42―P358m10:51―小P(420m、フルーツ)11:22~37―風のコル(310m、昼食、24℃)11:53~12:22―P384m12:43―小P(340m、25℃)12:56~13:12―P401m13:27―迷点(480m)13:44~14:04―右折点(500m)14:14―鹿の水場14:28(580m、水汲・幕営、17:00夕食/馬刺・麻婆豆腐、21:00就寝)
 
8月4日(日) 行 程:約11.9km 所要時間:8時間24分(歩行:5時間11分、休憩:3時間13分)、天候:快晴、気温:24℃→28℃→30℃
 鹿の水場(580m、4:00起床、4:50朝食、24℃)6:20―倉見峠分岐(610m)6:30―P635m・鹿之楽園6:35―轆轤山(662.5m)6:45~55―P692m7:09―右折点(700m)7:19~29―P771m7:35―風神上(740m、25℃)7:50~58―三十三間山(△842.3m、24℃)8:20~39―P838m9:04~18―左折点(770m)9:48~56―右折迷点(700m)10:10~13―能登越え(660m、昼食)10:20~11:22―天増川林道分岐(640m)11:43~12:00―林道―十村分岐(700m、28℃)12:11~19―支尾根分岐(左折、620m)12:32~39―広尾根(500m、30℃)12:58~13:05―点名:桂(△488.6m)13:15~20―鉄塔1・左折点(340m)13:31~40―鉄塔2(250m)13:47―林道(80m)14:07~13―JR十村駅(20m)14:45
 十村14:59(小浜線\200)15:11上中15:15(JRバス\960)15:54近江今津16:06(湖西線)16:59京都・解散

団体装備:テント3人用+ツエルト2人用×2、シート4枚、ガスコンロ3台、カセット、鍋+コッフェル1組など

【費用精算】
会費 24,000円
支払 24,320円
不足   -320円(預り金より補填)
130803_04

【写真】2013-10-1追加
PicasaのWEBアルバムです。
写真は位置情報付きで84枚あります。

130803_04 天増川から三十三間山、十村

【Youtubeのフォトムービー】 150408追加
再生時間は10分08秒です。
BGMは甘茶の音楽工房 から「八月の青い空」を使わせていただきました。

【地図】
歩行断面図
8月3日(土) 天増川口から轆轤山
130803t_amasugawa_shikanomizubadanm
8月4日(日) 轆轤山から三十三間山
130804t_rokuroyama_sanjyusangenyama
GPSトラックの歩行軌跡図
8月3日(土) 天増川口から轆轤山
130803t_amasugawa_shikanomizuba
8月4日(日) 轆轤山から三十三間山
130804t_rokuroyama_sanjyusangenya_2
GPSトラックのデータ
8月3日(土) 天増川口から轆轤山
「130803T_Amasugawa_ShikanoMizuba.gpx」をダウンロード
8月4日(日) 轆轤山から三十三間山
「130804T_RokuroYama_SanjyusangenYama_Tomura.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 7, 2013 at 03:58 午後 | | コメント (0)

2013.08.06

130806 LINEに挑戦

130806 LINEに挑戦 携帯もスマホもメールとインターネットでしか使わないけど、国内で4500万人、世界で1億5000万人ものユーザーがいるラインLINEなるものがどんなものか興味が湧いたので、スマホにインストールしてみました。
 相手もLINEユーザーでないと使えませんから、当分は飾り物です。
 息子や娘が入れたら、使えるかも知れません。

Posted on 8月 6, 2013 at 10:27 午後 | | コメント (0)

2013.08.05

130805 ステーキ丼で栄養補給

130805 ステーキ丼で栄養補給130805 ステーキ丼で栄養補給130805 ステーキ丼で栄養補給 泊まりの山行で帰ると、体重が2kgくらい減っています。
 今回もタワー浴場で計ったら62.8kgになっていて、びっくりしました。
 行く前には65.5kgだったから、減り過ぎです。
 ということで、今日は三宮に出て久し振りにステーキ丼で栄養補給しました。
 ついでにIBS石井に寄って、カセットガスの補給と一本紛失したテントのペグも買いました。
 今回の山行でヘッドランプのケースも壊れたのでこれも修理依頼しました。
 アフターケアも結構大変です。

Posted on 8月 5, 2013 at 10:04 午後 | | コメント (0)

2013.08.04

130804 三十三間山の下見完了

130804 三十三間山の下見完了130804 三十三間山の下見完了 天増川から三十三間山、能登越の下見は無事完了しました。
 14:45に十村に降りて来ました。
 暑さに閉口しました。

Posted on 8月 4, 2013 at 03:41 午後 | | コメント (0)

2013.08.03

130803 轆轤山手前で幕営

130803 轆轤山手前で幕営130803 轆轤山手前で幕営 天増川から取っ付いて、爽やかな風を頬に受けながら15時には幕営地に着いて焚き火を囲みながら満天の星を堪能しました。

Posted on 8月 3, 2013 at 09:43 午後 | | コメント (0)

2013.08.02

130802 山行計画:8/11 京都北山「桟敷ヶ岳から城丹国境尾根」 関西ハイク山友会 第328回例会

100124_sajiki_jyotankokkyo_022100124_sajiki_jyotankokkyo_033 桟敷ヶ岳から城丹国境へ続く尾根歩きは、3年半前の平成22年1月24日(日)に村田さんの新ハイキング関西例会として同じ行程を歩いています。
 この時は残雪のせいもあって、途中の巻き道の分岐を見過ごして、1時間程度ロスしましたが、最後は茶呑峠から稲荷谷を下って林道を周山まで歩きました。
 今回は夏場なので、炎天下の林道歩きを避けて、茶呑峠から林間のユリ道を鳴の堂、竜ヶ坂のジグザグの下りを経て山国・比賀江へ下ります。
 7月30日(火)の下見は前日雨が降ったため、桟敷ヶ岳への杉植林の急登では蛭がいましたので、天候次第では蛭除けの対策(スパッツ、蛭スプレー、塩など)もお持ちください。

 祖父谷林道奥まで小型バス二台で入りますが、登山口の500m下から歩き始めます。
 天候次第ですが、城丹国境尾根では京都北山の展望が楽しめると思います。

【山行計画】
京都北山 「桟敷ヶ岳から城丹国境尾根」/関西ハイク山友会 第328回例会
  村田さんの足跡を訪ねる会 第30回

日 時:平成25年8月11日(日) 8:50~17:20

集 合:JR京都駅八条西口 団体バス乗り場 7時40分出発
 今回は京都バスの小型バス2台に分乗します。バス会社表示にご注意ください。

 【雨天の場合】
 前日(8/10) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前8月10日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:39名/8月2日現在

行き先:京都北山/桟敷ヶ岳~城丹国境尾根縦走

コース:京都駅=祖父谷林道奥・桟敷ヶ岳登山口―鉄塔―桟敷ヶ岳―ナベクロ峠―右折点―飯森山―天童山―茶呑峠―鳴の堂―竜ヶ坂―山国・比賀江=周山=京都駅(解散18:30頃)
レベル:中級向き (最初の急登270m、少しロングコース)

地 図:25000分の一「周山」「上弓削」、昭文社「京都北山」
  断面図予定ルート図

行 程:11.0km、所要時間:8時間30分(歩行時間:6時間00分、休憩・昼食:2時間30分)
 京都駅(7:40発)=貸切バス2台=祖父谷林道・桟敷ヶ岳登山口(610m)8:30~8:50―30分―急登上(780m)―30分―鉄塔(880m、10:00頃)―10分―桟敷ヶ岳(二等三角点△895.8m)―30分―ナベクロ峠(850m)―10分―鉄塔Ⅱ(860m、11:00頃)―10分―左折点(迷点、820m)―20分―小ピーク(大岩の右折点、820m)―10分―展望尾根(伐採跡、790m、12:00頃、昼食)―10分―小ピーク(左折迷点、780m)―10分―P751m―30分―飯森山(791m、14:00頃)―20分―反射板(800m)―20分―天童山(775m、14:50頃)―10分―パラグライダー基地分岐(730m)―20分―茶呑峠(544m、15:30頃)―40分・ユリ道―鳴の堂(550m)―20分―竜ヶ坂下(440m)―10分―林道分岐(330m、16:50頃)―20分―山国・比賀江バス停(270m)17:20~40=貸切バス=京都駅(解散、18:30頃)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、帽子
 天候に応じて持参の装備:日傘(快晴の場合の暑さ対策)、蛭スプレー/塩など(雨後の場合のヒル対策)

費 用:2000円(貸切バス代1900円+参加費100円)

参考
【下見山行記録】
7/30 京都北山「桟敷ヶ岳から城丹国境」 関西ハイク山友会 8/11 №328例会の下見

【地図】
断面図
130811_sajikigatake_jyoutankokkyoda
予定ルート図
130811_sajikigatake_jyotankokkyo
GPSトラックの予定ルートデータ
「130811_SajikigaTake_JyoutanKokkyo.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 2, 2013 at 03:28 午後 | | コメント (0)

2013.08.01

130801 山行計画:8/3~8/4 江若国境「天増川口から三十三間山」 関西ハイク山友会例会の下見

030719_21_komahigashi33kenyama_01030719_21_komahigashi33kenyama_02 6月から、江若国境尾根を歩き始めて、今回は3回目になります。
 前回は炎天下の尾根歩きで天増川口まで降りてきた時には脱水症状でかなりへばりましたが、今回も轆轤山から三十三間山までは草原状の尾根が続くので、炎天下を避けて2日目の早朝に三十三間山まで登るようにしたいと思います。
 初日の幕営地は轆轤山の手前、倉見峠への分岐辺りを予定していますが、2007年11月に同じ場所で幕営した時には谷間で水汲みに行きましたから今回も早い時間に着くようにして水を確保します。
 
 このルートを最後に歩いたのは6年前の2007年11月で、今回同様、天増川口から入って轆轤山の手前で幕営、2日目は三十三間山を越えて三重岳の分岐まで、3日目は近江坂を大御影山からビラデスト今津まで二泊三日で歩きました。その時はHSMさん、NWHさん、MNBさん、AOKさん、きよもりの5名でした。
 071127 山行報告:11/23~25 三十三間山~大御影山

 掲載の写真は更に遡って10年前の2003年7月にこの尾根を始めて歩いた当時のものです。
 一人で麻生・横谷から入って江若国境を北上して寒風山山頂で幕営。2日目はいったん天増川に下り、天増川集落の神社裏から県境尾根に乗って、藪と錯綜した尾根に悪戦苦闘しながら何とか日暮れ前にP635m(鹿之楽園)に着いて幕営。3日目は轆轤山でMTNさんと待ち合わせをして、三十三間山まで同行し、三方五湖などの展望を楽しんでから風神に戻って、倉見へ下りました。
 この時はまだ轆轤山から風神上まで猛烈なスス竹で難渋したのを思い出します。

【下見山行計画】
8月3日(土)~8月4日(日) 江若国境「天増川口から三十三間山」 関西ハイク山友会例会の下見

日 時:平成25年8月3日(土)~8月4日(日)
集 合:8月3日(土) JR湖西線・近江今津駅 JRバス乗り場 8:10
 近江今津発8:15 小浜行きのJRバスに乗車

 参考:京都発 6:59→近江今津着 8:03
【雨天の場合】下見なので雨天決行です
 
参加予定者:6名/8/1現在
 ISHさん、IWMさん、HMDさん、OONさん、AKEさん(山仲間)、きよもり

コース:
8月3日(土) JR近江今津駅(JRバス\800)天増川口―P358m―風のコル―P384m―P401m―鹿の水場(16:00頃、幕営)
8月4日(日) 鹿の水場―轆轤山―風神上―三十三間山―P838m―能登越え―天増川林道―マイクロ跡―点名:桂―能登野神社―JR十村(小浜線\200)上中(JRバス\960)近江今津(湖西線)京都・解散

レベル:中級向き (幕営山行)

地図:国土地理院25000分の一「熊川」「三方」、高島トレイル運営協議会「高島トレイル詳細マップ」

断面図
 8月3日(土) 天増川口から轆轤山 8/3断面図
 8月4日(日) 轆轤山から三十三間山 8/4断面図
予定ルート図
 8月3日(土) 天増川口から轆轤山 8/3予定ルート図
 8月4日(日) 轆轤山から三十三間山 8/4予定ルート図

行 程:約16.7km 所要時間:15時間50分(歩行:11時間30分、休憩昼食:4時間20分)
8月3日(土) 行 程:約5.5km 所要時間:6時間30分(歩行:4時間40分、休憩:1時間50分)
 JR近江今津8:15(JRバス\800)8:41天増川口
 天増川口(120m、9:00頃)―30分―県境尾根(210m)―30分―P358m―30分―風のコル(410m)―60分―P384m(12:00頃、昼食)―60分―P401m―20分―迷点(480m、14:20頃)―20分―右折点(500m)―30分―鹿の水場(580m、15:30頃、幕営)
 
8月4日(日) 行 程:約11.2km 所要時間:9時間20分(歩行:6時間50分、休憩:2時間30分)
 鹿の水場(580m、7:00発)―10分―倉見峠分岐(610m)―20分―轆轤山(662.5m、7:40頃)―30分―P692m―30分―P771m―20分―風神上(740m)―30分―三十三間山(842.3m、10:00頃)―30分―P838m―40分―小ピーク(770m)―20分―能登越え(660m、11:40頃、昼食)―40分―天増川林道分岐(640m)―20分―P726m・マイクロ跡(13:30頃)―10分―十村分岐(700m)―50分―点名:桂(488.6m、14:40頃)―20分―鉄塔・左折点(340m)―30分―林道分岐(80m、15:40頃)―10分―能登野神社(35m)―30分―JR十村駅(20m、16:20頃)
 十村16:24(小浜線\200)16:36上中17:15(JRバス\960)17:53近江今津18:25(湖西線)19:33京都・解散
 参考:
  十村→上中→近江今津→京都の乗換時刻
  十村13:51→14:03上中14:15→14:53近江今津15:09(新快速)15:58京都
  十村14:59→15:11上中15:15→15:53近江今津16:09(新快速)16:57京都
             上中16:15→16:53近江今津17:08(新快速)17:57京都
  十村16:24→16:36上中17:15→17:53近江今津18:25(普通)19:33京都
  十村17:26→17:38上中18:15→18:53近江今津19:13(普通)20:19京都
  十村18:27→18:38上中19:15→19:53近江今津19:58(普通)21:05京都
 
個人装備:弁当(1食)、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック、手袋、寝袋、マット、水タンク(2L~3L入り、水は途中で汲みます)など
 初日の夜、2日目の朝と昼の食材は一括準備します。
団体装備:テント3人用+ツエルト2人用×2、シート4枚、ガスコンロ3台、カセット、鍋+コッフェル1組など

費 用:一人あたり 4000円
 交通費:約2000円(バス代\1760、JR小浜線\200)、食費:約1500円(α米、食材)、その他:約500円(予備費)

【地図】
断面図
8月3日(土) 天増川口から轆轤山
130803_amasugawa_shikanomizubadanme
8月4日(日) 轆轤山から三十三間山
130804_shikanomizuba_notokoe_tomura
予定ルート図
8月3日(土) 天増川口から轆轤山
130803_amasugawa_shikanomizuba
8月4日(日) 轆轤山から三十三間山
130804_shikanomizuba_notokoe_tomu_2
GPS予定ルートのデータ
8月3日(土) 天増川口から轆轤山
「130803_Amasugawa_ShikanoMizuba.gpx」をダウンロード
8月4日(日) 轆轤山から三十三間山
「130804_ShikanoMizuba_Notokoe_Tomura.gpx」をダウンロード

【装備食糧計画】
EXCELの表です。
「130803_046.xls」をダウンロード

【写真】2003年7月19日~7月21日
030719_21_komahigashi33kenyama_01030719_21_komahigashi33kenyama_03030719_21_komahigashi33kenyama_04

030719_21_komahigashi33kenyama_02_2030719_21_komahigashi33kenyama_05

Posted on 8月 1, 2013 at 10:53 午前 | | コメント (0)