« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012.08.31

120831 西田眞人の神戸の絵画

120831 西田眞人の神戸の絵画120831 西田眞人の神戸の絵画 西田眞人さんは日本画家ですが、震災跡地や神戸の風景を題材として繊細な作風で描かれたています。
 再び六甲大橋を渡って住吉川河口に戻ってきました。

Posted on 8月 31, 2012 at 02:01 午後 | | コメント (0)

120831 昼マック

120831 昼マック 先週休館日で入れなかった六甲アイランドの神戸ゆかりの美術館へ来ました。
 1時間歩いただけで汗だくです。
 身体を冷やさないとのぼせそうなので、早めの昼食を兼ねてマックでアイスシェーク
 やっと汗が引きました。
 明日から9月なのに連日の快晴で、今年の8月は30度を越した日が29日だったそうです。
 山が恋しいですね。

Posted on 8月 31, 2012 at 11:40 午前 | | コメント (0)

2012.08.30

120830 坊主山から鉄塔下三角点へ

120830 坊主山から鉄塔下三角点へ120830 坊主山から鉄塔下三角点へ 坊主山から鉄塔下三角点の薮刈完了しました。
 花は綺麗なのに、蛇結茨(ジャケツイバラ) のとげは長くて強いから、今日は長袖と手袋の完全装備なのに満身創痍です。
 灘温泉で汗を流して、着替えてサッパリしたからバスで帰ります。

Posted on 8月 30, 2012 at 05:34 午後 | | コメント (0)

2012.08.29

120829 山行計画(最終版):9/9 敦賀「インディアン平原から岩籠山」/関西ハイク山友会・第152回例会

120826t_indhianheigenyabukari_034 8月26日(日)にISHさん、OKMさん、ISHさんのお孫さんにもご協力いただいて、下見と藪刈りをほぼ完了しましたので、9月9日(日)の例会の予定時刻を少し変更します。
 インディアン平原は岩籠山や駄口からのルートが一般的ですが、今回はインディアン平原の北にある三角点(点名:追分629.5m)から藪尾根を登る計画を組みました。
 追分三角点からのルートは新疋田駅からアプローチがよく、正味2時間で追分三角点に到達できます。追分からはいったん鞍部に下り、P670mを経てインディアン平原までの1kmは藪の登りが続きますが、下見の結果、ほぼ1時間半でインディアン平原まで登り切れる見通しです。
 インディアン平原から岩籠山に登って、折返し駄口までは通常の登山ルートなので多少ロングコースになりますが、17時過ぎには新疋田へ戻ってこられる予定です。

【山行計画】
関西ハイク山友会 第152回例会 敦賀「インディアン平原から岩籠山」
日 時:平成24年9月9(日)
 9:00~17:30
集 合:JR北陸線・新疋田駅 8:時45分
 参考:京都6:58=8:03近江今津(乗換)8:14=8:41新疋田
【雨天の場合】
前日(9/8) 17:00発表の気象情報で、福井県嶺南の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は開催を中止します。
℡情報:福井県嶺南 0770―177(前9月8日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:21名/8/29現在
コース:新疋田(9:00頃)―疋田林道終点―追分三角点(629.5m、11:30頃)―670mピーク―インディアン平原(14:00頃)―岩籠山(765.2m)―大岩―駄口登山口―新疋田駅(17:30頃、解散)
 参考:新疋田発 15:33(京都着16:59)、16:33(京都着17:59)、17:10(京都着18:51)、17:59(京都着19:44)、18:59(京都着20:49)、19:29(京都着21:05)
レベル:中級向き (正味700mの藪こぎ)
地図:国土地理院25000分の一「敦賀」「駄口」
 断面図予定ルート図

行 程:約9.1km 所要時間:8時間30分(歩行:6時間30分、休憩昼食:2時間00分)
新疋田(100m、9:00頃)―30分―疋田林道終点(200m)―50分―主稜線(440m)―50分―追分三角点(629.5m、11:30頃)―20分―鞍部(590m、昼食、12:30発)―20分―670mピーク―60分―インディアン平原(730m、14:00頃)―20分―岩籠山(765.2m)―40分―左折点(660m)―40分―大岩(410m)―30分―駄口登山口(180m、17:00頃)―30分―新疋田駅(100m、17:30頃、解散)
装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック、日よけ帽子、長袖シャツ、軍手、ノコギリまたは鎌
 留意点:
 藪刈りはかなり完了していますので、ノコギリをお持ちでない方は無しでも結構です。 藪こぎ用に長袖、軍手の着用をお奨めします。
 追分三角点からインディアン平原までは木陰がないので日よけ付きの帽子や日よけベールなどをお持ちください。
 尾根道で途中での水補給はできませんから、好天の場合は、飲み物を余分にお持ちください。
費 用:交通費各自/青春18切符が使えます (+参加費100円)

【参加者】
参加予定者:21名 【申込順敬称略】
204.IWM 351.HMD 097.NKJ 040F.TGH 040.TGS 163.WTN 072.OGR 115.YMS 244.KNK 048F.HMM 270.MYS 103.NZE 074.KTM 055.ASN 191.IWS 027.WTN 184.HRK 236.NKN 228.KMT 297.KSK 022.MRI

【写真】
8/26の下見の時の写真です。快晴に恵まれて敦賀湾はもちろん、東の伊吹山から西の青葉山まで360度の展望を楽しみました。

120826_インディアン平原藪刈り下見

【地図】
断面図
120909_indhianheigenyabukaridanmen
予定ルート図
120909_indhianheigenyabukari
「120909_IndhianHeigenYabukari.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 29, 2012 at 09:31 午前 | | コメント (0)

2012.08.28

120828 下見山行計画:9/1-9/2 若丹『横尾峠~堀越峠、棚野坂』 関西ハイク山友会 第156回例会の下見

070603_horikoshitoge_01_2070603_horikoshitoge_02_2 先月末に予定していた若丹国境の下見が中止になったので、例会の直前になってしまいましたが、9/1~9/2で下見を行います。行程としては、横尾峠から堀越峠ですが、二日目に棚野坂の丹波側の旧道を探ってみたいと思います。10月の例会では堀越峠からオバタケダンを歩きますので、次回の下見では若狭側から棚野坂に上がり、オバタケダンから知見へ下る予定です。
 堀越峠は5年前に8人で快適な幕営をしたのが楽しい思い出です。この時は今回と同じく福居・山森から横尾峠に上がって、16時には堀越峠に着きましたが、あまりに快適そうな芝生だったので、当初棚野坂まで行く予定を変更して幕営を決め込みました。翌日には知井坂、八ヶ峰を越えて、五波峠まで足を伸ばしましたから、かなり元気だった頃の話です。

【山行計画】
日時:平成24年9月1日-2日
集合:9月1日 京都駅北改札口(烏丸口) 正面のJRバスのりば 8:30発周山行きに乗車

行き先:若丹国境尾根・横尾峠から堀越峠、棚野坂旧峠道探索
 9/1:京都=周山=美山町山森-横尾峠-堀越峠
 9/2:堀越峠―棚野坂―トンネル入口―堀越峠-名田庄・流星館=小浜=近江今津=京都

参加予定者:3名/HMDさん、KRKさん、きよもり
 HMDさんはテント泊山行には初参加です。KRKさんは6/30以来の参加ですが、5年前の山行にも参加していただいています。

地図:25000分の一「口坂本」、昭文社「京都北山2」
 予定断面図 
9/19/2
 予定ルート図
9/19/2

行程
9/1
 京都8:30=JRバス1150円=9:58周山10:00=タクシー10000円位=11:00美山町福居・山森奥
 山森奥(320m、11:10)―20分―頭巾山登山口(360m)―90分―横尾峠(705m、13:00頃、昼食)―30分―横尾峠2(700m)―60分―P674m―60分―西谷(△675.2m)―30分―ムシュウ越(620m)―60分―堀越峠(510m、18:00頃、夕食、就寝)
9/2
 堀越峠(510m、6:00発)―40分―NTTアンテナ(630m)―30分―棚野坂(640m)―60分―堀越トンネル上(460m、8:30頃)―30分―堀越トンネル入口(380m)―30分―堀越トンネル上(460m)―30分―堀越峠(520m、10:30頃、撤収、11:00頃)―90分―林道分岐(330m、昼食)―60分―流星館(150m、14:00頃)
 流星館14:20=流星バス600円=15:08小浜(浜の湯入浴)16:55=JRバス1290円=17:53近江今津18:26=湖西線950円=19:33京都(解散)

【装備・食料】
団体装備はテント1張り(3人用)をきよもり持参、コンロ2台(KRK、きよもり)
食料は初日の昼食、夕食、二日目の朝食、昼食を各自用意
幕営は寝袋カバーだけでも大丈夫です。
二日目午前中は、貴重品、必要装備と行動食・飲み物だけ持って、棚野坂の旧道を探索しますのでサブザックをお持ち下さい。

【費用】
交通費 約4000円 /京都起点バスと湖西線 3990円 (周山~山森のタクシー代は共通費負担)
その他 入浴料 600円(小浜 「浜の湯」) 

【地図】
断面図
9/1
120901_yokootoge_horikoshitogedanme
9/2
120902_horikoshitoge_natasyodanmen
予定ルート図
9/1
120901_yokootoge_horikoshitoge
9/2
120902_horikoshitoge_natasyo
「120901_YokooToge_HorikoshiToge.gpx」をダウンロード
「120902_HorikoshiToge_Natasyo.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 28, 2012 at 11:08 午後 | | コメント (2)

2012.08.27

120827 下見山行記録:8/26 敦賀・インディアン平原藪刈り/関西ハイク山友回例会の下見

120826t_indhianheigenyabukari_030 長袖と麦わら帽子の完全装備でノコギリ片手にインディアン平原の北稜ルートを開拓しました。絶好の快晴に恵まれて、炎天下ながら尾根は爽やかな風が吹き渡り、予定通り、インディアン平原から岩籠山へも足を伸ばして、無事駄口に下山できました。
 同行していただいたISHさん、孫の悠介君、OKMさん、有り難うございました。
 追分三角点の先からいったん下った鞍部からP670mの急斜面の喬木の藪はほぼ切り払えたので、本番の例会では、P67mからインディアン平原の間、300mを低い藪を西側から迂回して登ることで藪こぎはかなり軽くなると思われます。 

【山行記録】
敦賀「インディアン平原から岩籠山」 関西ハイク山友会 第152回例会の下見 
日 時:平成24年8月26(日)
 8:45~18:16
参加者:4名/ISHさん、悠介君(ISHさんのお孫さん)、OKMさん、きよもり
コース:新疋田(8:45)―疋田林道終点―追分三角点(629.5m)―鞍部(590m、昼食)―670mピーク(往復して藪刈り)―インディアン平原(15:10)―岩籠山(765.2m)―大岩―駄口登山口―新疋田駅(18:16)
レベル:中級向き (正味700mの藪刈り)
地図:国土地理院25000分の一「敦賀」「駄口」
歩行断面図歩行ルート図

行 程:約10.2km 所要時間:9時間31分(歩行:6時間04分、休憩昼食:3時間27分)、天候:快晴、気温:32℃→30℃→28℃→30℃→27℃
 京都6:58(湖西線)近江今津8:03~14(北陸線)新疋田8:42
 新疋田(100m、32℃)8:45―大岩大権現(190m、30℃)9:00~14―疋田林道終点(200m)9:20―展望台(320m)9:36~9:46―主稜線(440m、28℃)10:05~17―急登上(610m、虎ロープ固定)10:45~52―追分三角点(629.5m)10:59~11:22―鞍部(590m、昼食、30℃)11:33~12:17―藪刈り―P670m(折返し)13:00―鞍部(590m)13:26~40―P670m 13:56―涸れ池(660m)14:00~08―小ピーク(690m)14:36~50―迂回路(700m)14:57~15:00―インディアン平原(730m、30℃)15:10~33―岩籠山(765.2m)15:45~16:01―駄口分岐16:10―ブナ林(690m)16:15―左折点(660m)16:35~47―展望台(560m)16:56―大岩(410m、27℃)17:15~22―奥野三角点(361.8m)17:27―駄口登山口(180m)17:45―新疋田駅(100m)18:16
 新疋田駅18:59(琵琶湖線)京都(解散)20:49

【写真】
2012/8/26のPicasaのWEBアルバムです。
写真は位置情報付きで57枚あります。

120826_インディアン平原藪刈り下見

【地図】
歩行断面図
120826t_indhianheigendanmen
GPSトラックの歩行ルート図
120826t_indhianheigen
「120826T_IndhianHeigen.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 27, 2012 at 11:55 午後 | | コメント (0)

2012.08.26

120826 下見完了

120826 下見完了120826 下見完了 絶好の快晴に恵まれましたが、追分からインディアン平原までの薮は半端ではありませんでした。
 取りあえず虎テープは付けたから、本番の例会は時間通りに歩けると思います。

Posted on 8月 26, 2012 at 07:31 午後 | | コメント (0)

2012.08.25

120825 久し振りに映画、『あなたへ』

120825 久し振りに映画へ120825 久し振りに映画へ 01月22日に『ALWAYS 三丁目の夕日'64』を見に行って以来、7ヶ月振りに映画を見ました。
 『あなたへ』は高倉健主演、降旗康男監督ですから、安心して見られますが、前知識無しで観たので、何となくしっくり来なくて、帰りにジュンク堂で原作本を立ち読みして、やっと納得できました。
 正確には脚本をベースにノベライズされたそうですが、映像だけからは伝わらない主人公の心情が一人称で描かれているから、得心がいきました。
 昼に映画館を出たら、眩しい夏空が広がっていました。

Posted on 8月 25, 2012 at 06:37 午後 | | コメント (0)

2012.08.23

120823 接戦

120823 接戦 3回裏、ノーアウト満塁をしのいだから、勝てるかも知れません。

 絶対のピンチをしのいで緊張感がゆるんだのか、見事なホームランを打たれてしまいました。
 追加点の2点はエラーがらみなので、好投していたピッチャーがかわいそうでした。

Posted on 8月 23, 2012 at 11:17 午前 | | コメント (0)

120823 甲子園球場

120823 甲子園球場120823 甲子園球場 青森県出身のJNKさんが光星高校の応援に行くというのでついてきました。
 きよもりは大阪出身だから、桐蔭の応援・・・というわけにもいかないので、三塁側の席に座りましたが、日陰なので有り難いです。
 どちらもガンバレ〜

Posted on 8月 23, 2012 at 09:52 午前 | | コメント (0)

2012.08.22

120822 六甲アイランド

120822 六甲アイランド120822 六甲アイランド 今日の散歩は方向を変えて、住吉川河口から橋を渡って六甲アイランドへ
 お目当ての『神戸ゆかりの美術館』は水曜定休で入れなかったので、六甲アイランドの外周5kmの遊歩道を一周しました。
 南端は六甲マリンパークで海が広がっていましたが、釣り人が二人いただけで、発着する船もなく閑散としていました。
 それにしても、山と違って木陰も無いから暑さに閉口しました。

 歩行時間:4:42、歩行距離:13.9km、17,172歩
【写真】
PicasaのWEBアルバム、写真は37枚あります。

120822 六甲アイランド

【地図】
ルートラボの地図
GoogleMAPの地図

より大きな地図で 120822 六甲アイランド一周 を表示

Posted on 8月 22, 2012 at 02:32 午後 | | コメント (0)

2012.08.21

120821 さんちかラーメンバトル

120821 さんちかラーメンバトル120821 さんちかラーメンバトル120821 さんちかラーメンバトル さんちかの奥にカウンターだけのラーメン屋さんが向かい合わせに4店並んでいます。
 この4店舗で半年ごとに売上高を競って、最低の店は撤退させられるそうです。
 そのため各店が味やメニューを工夫して熾烈な戦いを強いられているそうです。
 流石は関西商法だと感心します。
 一度食べ比べてみます。

Posted on 8月 21, 2012 at 04:49 午後 | | コメント (0)

2012.08.20

120820 山行記録:8/19 若丹国境尾根・頭巾山から横尾峠/関西ハイク山友会・第141回例会

120819_tokinsan_yokootoge_041_2120819_tokinsan_yokootoge_040_2120819_tokinsan_yokootoge_048

 昨日の頭巾山はまれに見る好天に恵まれ、北は能登半島から南は六甲山まで360度の展望を満喫できました。
 上谷の遡行は途中、2箇所の岩場の巻き道で緊張しましたが、全員無事に難所をクリアしました。
 頭巾山から横尾峠までの県境尾根は一般登山ルートなので道標もあり広尾根の快適なアップダウンが続きました。
 横尾峠から山森に下る旧峠道も10年前とは様違いで藪もなく明確な支尾根道で予定より20分早く山森のバス待機所に下山できました。
 谷あり、展望あり、尾根ありの変化の多い行程に満足していただけたと思います。
 参加していただいた皆さん有り難うございました。

【山行記録】
関西ハイク山友会 第141回例会 若狭「頭巾山から横尾峠」(上谷遡行)
日 時:平成24年8月19(日)9:35~16:22
参加者:25名

コース:京都駅 (バス) 山森―上谷―頭巾山(871.0m)―P783m―横尾峠―横尾尾根―山森 (バス) 京都駅
地 図:25000分の一陸側図「口坂本」
 歩行断面図GPSトラックの歩行ルート図

行 程:約8.9km 所要時間:6時間47分(歩行:4時間35分、休憩昼食:2時間12分)、天候:快晴、気温:32℃(山森)→28℃(上谷下)→26℃(上谷)→32℃(頭巾山)→30℃(山森)
 京都駅7:28=周山街道/貸切バス=周山=美山町福居・山森奥9:21
 山森奥(310m)9:35―上谷林道支線・登山口分岐9:50―林道終点・上谷取付(380m、28℃)9:55~10:00―飯場跡(425m、26℃)10:20~10:24―大岩下10:41―左岸巻き道―大岩上(490m)10:55~11:01―洞窟岩下11:08―左岸固定ロープ―洞窟岩上11:24―530m(27℃)11:30~11:37―上谷奥(590m、昼食、26℃)11:50~12:35―支尾根上部(730m)13:00~13:05―上谷分岐(770m)13:15―頭巾山(△871.0m、32℃)13:30~13:52―上谷分岐(770m)14:03―県境尾根―P783m14:17~14:26―P783南(770m)14:43~14:50―横尾峠(705m)15:10~15:26―横尾尾根―林道分岐15:34―P645m15:36―P502m15:56~16:02―山森奥(310m)16:22
 山森奥16:35=周山=周山街道/貸切バス=京都駅(解散)18:42 
費 用:3000円(貸切バス代2900円+参加費100円)

【写真】
PicasaのWEBアルバムです。
写真は63枚もありますが、すばらしい展望だったのでつい多くなりました。

120819_頭巾山から横尾峠・例会141

【地図】
断面図
120819t_tokinsan_yokootogedanmen
GPSトラックのルート図
120819t_tokinsan_yokootoge
「120819T_TokinSan_YokooToge.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 20, 2012 at 12:59 午後 | | コメント (0)

120820 美山サイクルグリーンツアー

120819_miyamatyolongraidchallenge_0120819_miyamatyolongraidchallenge_2 昨日は関西ハイク山仲間 第141回例会・若狭「頭巾山から横尾峠」で6回目の若丹国境縦走を無事完了しました。
 京都から貸切バスで周山街道を北上し、深見トンネルを越える辺りからやけにサイクリングのライダーの姿が目立ちます。
 安掛から鶴ヶ岡に入ってもライダーの数は増えるばかりで、中には小学生ライダーも混じっていて、いつもとは様子が異なるので、これは美山町が何らかのイベントを仕掛けたのだと判りました。
 美山町は茅葺きの里で一躍有名になり、町ぐるみで山村の過疎地域から脱皮を図り大成功したことで有名ですが、茅葺きの里だけでは春秋の観光シーズンしか賑わいは期待できませんから、様々な行事を企画して常時京阪神ほかからお客さんを呼び込む工夫をしているのです。
 町に入ると最初に気が付くのは道路がゴミ一つ無く綺麗なのと、家々の軒先や道ばたに四季折々、花が絶えることがないことです。

 今回のイベントは「美山サイクルグリーンツアー」のメインイベント「ロングライドチャレンジ130(LongRideChallenge130)」という走行距離を競うというか、おのおのの体力と時間に挑戦する耐久レースで、最大で130kmを8時間以内に走破するという催しです。

 バスで福居の最奥にある山森に近づいても自転車の数は減らないので、今まで10回以上山森まで車やタクシーで入ったけど、こんなに賑わっていたことはなかったから、国境尾根の緑と清流に囲まれた山村を都会の人たちに味わってもらうには最善の催し物だと思いました。
 車だと車窓からちらっと眺めるだけだけど、自転車ならちょっとペダルを止めて自然のたたずまいに目を向けてもよいし、場合によっては河原に降りて清流でほてった身体を冷ますのもよいですから、地元との密着度が深まります。

 仕掛けが上手な美山町は若狭と国境を接していますから、頭巾山から堀越峠、八ヶ峰を越え、三国峠までの20km(長老ヶ岳からだと30km)のすばらしい県境尾根にも目を向けて、高島トレイルのように山好きな人が気軽に訪れることができるような企画をしてほしいものです。
 再来年に開通する栗尾トンネルがよいきっかけになるかも知れません。

120819_miyamatyo_longridechallenge


Posted on 8月 20, 2012 at 07:34 午前 | | コメント (0)

2012.08.19

120819 無事下山

120819 無事下山 参加者25名
 全員無事16時20分
 頭巾山から降りてきました。
 今日は絶好の快晴で愛宕山から六甲山まで見えました。

Posted on 8月 19, 2012 at 04:46 午後 | | コメント (0)

2012.08.18

120818 弓場線と御影町役場跡

120818 弓場線と御影町役場跡120818 弓場線と御影町役場跡 最近頻繁に出かける渦森台公園への散歩の歩き始めはマンションのすぐ西を南北に伸びる幅27mの弓場線を北へ上っていくことが多いです。
 でも弓場と云う地名はこの付近にはありませんから、不思議に思っていました。

 wikipediaで調べると、昔、御影町役場が置かれていた弓場筋を震災後、拡幅・延長して、深田池の北側で御影山手線という東西に延びるこちらも工事中の道路と接続する計画になっているそうです。ただ、道路としては戦時中に空襲時の避難道路として用地確保されたそうですから、70年を経てようやく完成に近づいています。
 更に調べると弓場というのは、阪神御影駅の南側一帯の古地名で『旧小字名であると同時に町制時代の区の名で「弓ノ場町」と呼ばれていた』由緒正しい呼称だそうです。御影のだんじり祭りには「弓場」のだんじりも威勢よく練り歩きます。

 調べついでに、旧御影町役場跡の石碑を見に行ってきました。ミドリ電化(エディオン)のすぐ西向かいにひっそりと石碑がありました。

120818


Posted on 8月 18, 2012 at 12:48 午後 | | コメント (0)

2012.08.17

120817 散歩記録:8/16 藪と茨と蜘蛛の巣をかき分けて「鉄塔下」三角点へ

120816_uzumoridaikoen_tettoshitasan 懸案だった坊主山の南にある四等三角点(点名:鉄塔下・246.5m)をようやく確認しました。 
 坊主山から三角点に向かう尾根の取付が判らず何度も行き来したけど、笹と茨の藪で踏み跡は判然とせず。 
 20mほど降りた辺りから尾根がはっきりして踏み跡もあり、急尾根を降り切ると鉄塔巡視路に合流し、無事三角点のある鉄塔に到着。 
 36℃の猛暑で、藪こぎと日差しに辟易しながら、「六甲おとめ塚温泉」に着いたときには青息吐息。
 綺麗な源泉と湯上がりのビールで息を吹き返しました。 
 お疲れ様!
【写真】
PicasaのWEBアルバムです。
写真は位置情報付きで40枚あります。

120816_渦森台から鉄塔下三角点

【地図】
カシミール3Dの断面図
120816t_uzumoridaikoen_tettousitasa
ルートラボの歩行ルート図

ルートラボの地図

GoogleMAPの地図

Posted on 8月 17, 2012 at 03:40 午前 | | コメント (0)

2012.08.16

120816 薮漕ぎと温泉

120816 薮漕ぎと温泉 軽い気持ちで坊主山から鉄塔下三角点へ向かいましたが、すごい薮と茨、蜘蛛の巣で泥んこの汗みどろになりました。
 このまま帰ったらひんしゅくを買いますから、気になっていたおとめ塚温泉で汚れや蜘蛛の巣を洗い流してサッパリ
 生ビールにゆで卵で空腹もおさまりました。
 朝65.4kgだったのに63.4kgに減っていました。

Posted on 8月 16, 2012 at 02:58 午後 | | コメント (0)

2012.08.15

120815 山行記録:8/12 京都北山「灰屋山から石仏峠」/関西ハイク山友会・第139回例会

120812_haiyayama_sekibututoge_018 夏場の尾根歩きは日なたはかんかん照りだと干上がります。最近は高齢者の熱射病が問題になっており、充分な水分補給と休憩時間を取らないと危険です。
 例会の計画立案時には尾根歩きなので日差しが強いのではないかと心配していましたが、7/22の下見で尾根道は杉の植林帯でほとんど直射日光が当たらず、黒田トンネル西口からトロー峠までの高度差300mの登りも古い峠道が残っていて、尾根の山腹を縫うように緩やかな登りが峠まで続いていることが判りましたから、水分を補給しながら30分ピッチで歩けば、例会の時も大丈夫だと確信しました。
 ただ、尾根筋にもかかわらず、ヒルが多いのと、石仏峠から地蔵谷へ下る峠道が途中で崩れ、最後の高度差100mは急斜面の下りなので注意が必要だと覚悟していきました。

 結果的には前日少し雨が降った影響もあって、やはりヒルに噛まれる方がおられてお気の毒でした。
 また最後の急斜面は足のけいれんで歩行が難しくなった方をカバーするため、虎ロープを杉の木にフィックスしながらロープを伝ってゆっくり下りました。
 最近必ず持参している虎ロープはあらかじめ1m置きに結び目を作ってあるので、ザイルよりはるかに使いやすいし、25mでも500gと軽いので使い勝手はよいです。
 ヒル害はありましたが、全員無事下山できてよかったです。
 お疲れ様でした。

【山行記録】
京都北山・灰屋山から石仏峠(いしぼとけとうげ)/関西ハイク山友会 第139回例会
   村田さんの足跡を訪ねる会・第14回

日 時:平成24年8月12日(日) 9:17~15:34

参加者:22名

コース:京都駅 (バス) 黒田トンネル西口―トロー峠―灰屋山(△732.9m)―池ノ尾峠―石仏峠―地蔵谷―井戸妹路谷―小祖父谷出合 (バス) 京都駅(解散 17:40)
   レベル:中級 (最後の下り急斜面は要注意)

地 図:25000分の一陸側図「上弓削」
 歩行断面図GPS歩行ルート図

行 程:約18.6km 所要時間:6時間17分(歩行:4時間11分、休憩昼食:2時間06分)、天候:曇りのち晴れ、気温:30℃→28℃→30℃
 住吉5:42=JR=6:54京都(集合7:40)7:37=貸切バス=8:40周山(休憩)8:50=9:04鶴野・黒田トンネル西口
 鶴野(320m、準備、30℃)9:17―黒田トンネル西口(330m)9:20―巻き道途中(460m)9:48~9:55―トロー峠(660m)10:27~10:39―灰屋山(点名:宮、三等三角点732.9m)10:50~11:03―蕗谷峠(650m)11:19―急登―P761m(昼食)11:40~12:22―鉄塔1(720m)13:00~13:06―石仏峠(810m)13:33~13:50―石仏二体(760m)13:55~13:59―急斜面上(660m)14:12~14:22―急斜面下降(虎ロープ使用)―地蔵谷奥・林道終点(560m)14:55~15:10―林道―妹路谷・小祖父谷出合(350m)15:34
 小祖父谷出合15:52=貸切バス=16:14周山(休憩)16:32=17:40京都(解散)19:08=JR=20:26住吉

費用:3000円/貸切バス代2900円+参加費100円

【写真】
PicasaのWEBアルバムです
写真は位置情報付きで38枚あります。

120812_灰屋山から石仏峠第139回例会

【地図】
歩行断面図
120812t_haiyayama_sekibututogedanme
GPS歩行ルート図
120812t_haiyayama_sekibututoge
「120812T_HaiyaYama_SekibutuToge.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 15, 2012 at 04:21 午後 | | コメント (0)

2012.08.14

120814 荒れ模様

120814 荒れ模様 予約してあったので、また神鋼病院の皮膚科へ
 今回はヒルに噛まれたのは一ヶ所なので病院へ行くほどのことではないけれど、折角だから見てもらいました。
 噛まれてすぐ塗る薬と膿みだしたら塗る化膿止め薬を調合してもらいました。
 帰りにまた御影山手に散歩で回るつもりでしたが、雨が断続的に降っているから、三宮まで歩くだけで我慢しました。

Posted on 8月 14, 2012 at 10:58 午後 | | コメント (0)

2012.08.13

120813 山行計画:8/19 頭巾山から横尾峠/関西ハイク山友会 第141回例会

120715_toukinsan_018 前回の例会は京都市北西部のゲリラ豪雨の影響で周山街道や京都縦貫が通行止めになり、予定していた尼来峠から丸山を越えて頭巾山へ登る行程は時間的に無理となり、野鹿の滝から頭巾山へピストンで往復しました。
 前回予定していた行程は11月に再挑戦しますが、当日参加申込みされていた方に優先的に参加していただくよう配慮いたします。ご了解ください。

 さて、若丹国境尾根縦走第6回は頭巾山から横尾峠へのなだらかな尾根道を歩きます。
 頭巾山がスタートなので、山頂までは京都側の山森から上谷の沢通しに登ります。
 谷筋なので多少の岩のへつりや岩場がありますが、二度の下見で危険箇所にはロープがフィックスしてあることを確認していますので、問題はありません。
 谷の詰めから藪尾根を登り切ったら頭巾山の直下の鞍部に出ます。

 頭巾山から横尾峠までは広葉樹林なので夏場でもそれほど暑さを感じないで歩いていただけると思います。横尾峠からは頭巾山頂の祠への参道としても地元の方が歩かれているなだらかな尾根を出発点の山森へ下山します。登りは谷筋なので、水量が多いようであれば、上谷林道支線から横尾峠に至る最短ルートを登ります。
 【山行計画】
関西ハイク山友会 第141回例会 若狭「頭巾山から横尾峠」
 若丹国境尾根縦走・第6回
日 時:平成24年8月19(日)
10:00~16:40
集 合:JR京都駅/八条西口 7時40分 団体バス乗り場
【雨天の場合】
前日(8/18) 17:00発表の気象情報で、京都府北部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は開催を中止します。
℡情報:京都府北部 0773-177(前8月18日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:25名(マイクロバス1台)/8/14現在
コース:京都駅 (バス) 山森(9:50頃)―上谷―頭巾山(△871.0m)―P783m―横尾峠―横尾尾根―山森 (バス) 京都駅(解散 19:00頃)

レベル:中級向き (上谷遡行は二箇所のロープフィックスした巻き道あり、要注意)
地図:国土地理院25000分の一「口坂本」、ヤマケイ分県登山ガイド「京都府の山」
 断面図予定ルート図

行 程:約8.3km 所要時間:6時間40分(歩行:5時間10分、休憩昼食:1時間30分)
 京都駅(7:40頃)=周山街道/貸切バス=周山=美山町福居・山森(9:50 頃)
 山森(320m、10:00発)―20分―林道終点(380m)―60分―洞窟岩下(500m)―40分―上谷奥(600m、12:20頃、昼食)―30分―上谷分岐―10分―頭巾山(△871.0m、13:50頃)―30分―P783m―50分―横尾峠(705m、15:20頃)―30分―P645m―40分―山森(16:40頃)
 山森(16:50頃)=周山=周山街道/貸切バス=京都(19:00頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック
 谷の遡行は岩場の巻き道があるので長袖シャツを着用ください。
費 用:3000円(貸切バス代2900円+参加費100円)

【地図】
断面図
120819_tokinsan_yokootogedanmen
予定ルート図
120819_tokinsan_yokootoge
「120819_TokinSan_YokooToge.gpx」をダウンロード

Posted on 8月 13, 2012 at 11:09 午後 | | コメント (0)

120813 人間ドック

120813 人間ドック
山歩きの翌日なので体重が減って、数値も昨年より良くなっています。
ナイスボディだそうです。
食べ過ぎなければ、健康ですから、食事量を増やさないようにします。

Posted on 8月 13, 2012 at 12:10 午後 | | コメント (1)

2012.08.12

お忘れ物・モンベルの350ccペットボトルケース

お忘れ物・モンベルの350ccペットボトルケース 京都駅でマイクロバスの前から5列目の足元にボトルケースが落ちていました。
 心当たりのある方はメールで連絡下さい。
 ちなみにボトルの中身は水が半分くらい残っています。

【持ち主判明】
 ペットボトルケースの持ち主が見つかりました。
 次回の山行でお返しします。
 よかったですね。

Posted on 8月 12, 2012 at 07:54 午後 | | コメント (0)

120812 タワー浴場

120812 タワー浴場 18時前に京都に戻ってきました。 
 タワー浴場で汗を流そうと、服を脱いだら左足に血が付いていたから、やっばりヒルに噛まれていたようです。

Posted on 8月 12, 2012 at 07:32 午後 | | コメント (0)

120812 無事下山しました

120812 無事下山しました 15時30分無事下山し、マイクロバスで周山の酒屋を目指しています。
 雨もなく快適でしたが、この山域はヒルが多いですね。
 無被害の方もいるのに何ヶ所も噛まれた方もおられます。
 ヒル除けスプレーは必須です。

Posted on 8月 12, 2012 at 04:16 午後 | | コメント (0)

2012.08.11

120811 つかしん

120811 つかしん120811 つかしん 西日本最大級の100円ショップがあるとのことで、初めてつかしんにやって来ました。
 ダイソーは1000㎡もあるから目的の商品を探すのも大変でした。

Posted on 8月 11, 2012 at 04:52 午後 | | コメント (0)

2012.08.10

120810 京都御所

120810 京都御所 10時から今出川で会合があって朝早くから出掛けました。
 今出川と言われてもピンと来ませんが、地下鉄からあがったところは、京都御所でした。
 中立売御門の正面に大文字が見えて、京都らしい景色です。

Posted on 8月 10, 2012 at 06:25 午後 | | コメント (0)

2012.08.09

120809 散歩か山歩か/8/8 渦森台公園から鶴甲

120808_uzumoridai_turukabuto_014 8/7、前日に踏み損ねた坊主山の南南西に伸びる尾根の下部にある四等三角点(点名:鉄塔下246.5m)を再度確認するため、また昼前から散歩に出ました。
 渦森台公園までは深田池の横から甲南病院の東に突き上げる最短ルートをとり、更に直線の車道を鴨子ヶ原の上端に上がって、13時前には渦森台公園に着きました。

 午後1時から、坊主山へ登るつもりで山道に入りましたが、途中の分岐から道標に展望所という表示があるのが気になって坊主山へ行く前に寄り道してもすぐ戻れる、とたかをくくって登り始めたら、これがまた相当な急登で、とてもじゃないけど戻るのがもったいなくなってきました。
 躊躇の末、三角点探訪は次の機会に譲ることにして、鶴甲を目指しましたが、展望所からの登山道はほとんど平坦な幅広い木陰道で、日差しが遮られて28℃くらいしか無くて快適でした。

 油コブシ分岐からは六甲ケーブル下までお馴染みの登山ルートを逆に下って、日差しにうんざりしながら、十善寺を目指しましたが、バス道から十善寺に通じる道はないようで、20mくらい登って十善寺の奥の院からお寺へ出ました。多分十善寺へは山側から入る一般道はなく、通常は高羽交差点から上がってくるのだと思われます。
 あとはお馴染みの灘温泉・六甲店で汗を流し、御影に新しくできたパン屋さんに寄って帰宅したら18:15でした。
 
 六甲山頂には上がってないとはいえ、高度450mなら立派な登山と言ってもよいかも知れません。
 散歩なのか山歩なのか微妙ですが、登山スタイルで歩いたわけではないからやはり散歩としておきます。
 ちなみに歩行距離は13.0km、所要時間は温泉入浴の1時間込みで6時間24分、歩数は一日で19.069歩でした。

【地図】
カシミール3Dのトラックデータ
断面図
120808t_uzumoridaikoen_turukabutoda
GPSトラックのルート図
120808t_uzumoridaikoen_turukabuto

120808_渦森台から鶴甲

ルートラボの市街地地図
http://yahoo.jp/6cWPgc
Google Mapの市街地図
http://goo.gl/maps/1bGgw
ルートラボの特徴は
1.歩行GPSデータを元に行程の断面表示ができる
2.経過時間にシミュレーションされた歩行の模擬体験ができる
3.航空写真データが新しい
GoogleMapの特徴は
1.ストリートビューで歩いたルートの視覚化ができる

どちらもそれなりの特徴がありますが、共通した欠点は写真の埋め込みが地図ルートと連動していないと言うことです。

Posted on 8月 9, 2012 at 07:24 午後 | | コメント (2)

2012.08.08

120809 Boulangerie bienvenue/花屋さん、いいえ御影にオープンしたパン屋さんです

120809 花屋さん、いいえ御影にオープンしたパン屋さんです120809 花屋さん、いいえ御影にオープンしたパン屋さんです 一昨日、坊主山から降りてきて帰る途中、山手幹線を渡りかけたら、道路の向かいに何十もの花が道に溢れるばかりに並んでいました。
 最初はお花屋さんかと思ったけど、それにしては店先にたくさんの人だかりで、中にコックの帽子をかぶった人が見えたので、新しい料理屋さんがオープンしたんだと思いました。
 野次馬根性でわざわざ信号を渡って石屋川の方へ戻り、お店の前を通りながら、それとなく店の看板を見ても、フランス語のようで判りません。でも、奥行きが少ないから、てっきり新しいケーキ屋さんだと納得して帰りました。
 帰宅後も気になったので、明日、散歩の帰りに寄り道して、ケーキを買って帰ろうと思い、店の名前も分からないから、写真を撮っておけばよかったけど、明日寄れるからと寝てしまいました。

 さて、今日は昼から、渦森台公園から長駆、鶴甲まで歩いて、JR六甲の灘温泉で汗を流してから、気になっていたお店に寄りました。
 お店に入ってから、あれ!
 ケーキ屋さんだと思ったら、なんとパン屋さんでした。
 それにしてもパン屋さんでこんなに花が贈られるなんてよほど有名な職人さんが店を出されたんだろうと思い、何はともあれ、試しに買ってみようと、閉店近くだったのであまり種類が多くない中から食パンと、ピザトーストなど買って帰宅しました。
 飲み会から帰って、お店でいただいた名刺を頼りにインターネットで検索すると、オープン二日目にもかかわらず、たくさんヒットして二度びっくり!

 このお店は、芦屋の「ビゴの店」で6年間修行され、「神戸北野ホテル」のブーランジェリー(フランス語でパン職人)部門「イグレックプリュス」を立ち上げ、直前まで堂島ロールで有名な「モンシュシュ」で勤務されていて、このたび、独立されて、御影にお店を出されたのだと知りました。
 道理で、溢れるお花の中に「モンシュシュ」からのお花があったのですね。

 自宅から歩いたら10分くらいですから、今度は早めに行って、是非クロワッサンを買わせていただこうと思います。
 明日の食パンの朝食が楽しみです。 
 ちなみに、Bienvenue( ビアンヴニュ)とは同じくフランス語でようこそ!という意味だそうです。

Boulangerie bienvenue大下尚志オフィシャルブログ。
パンと笑顔と思い出作れる職人目指します。
Boulangerie bienvenue大下尚志オフィシャルブログ

120808_ ブーランジェリー ビアンヴニュ(Boulangerie Bienvenue)
 神戸市東灘区御影1丁目16番15号エクセレンス御影1F
 078-771-2866
 営業時間:8:00~19:00
 定休日:日曜日
 ※パンは60種程並ぶそうですが時間帯により変動すると思います

Posted on 8月 8, 2012 at 11:59 午後 | | コメント (0)

120808 渦森展望台から灘温泉

120808 渦森展望台から灘温泉120808 渦森展望台から灘温泉120808 渦森展望台から灘温泉 今日は夕方から飲み会があるけど、何となく気になっていた坊主山の三角点を確認するつもりで昼前に出掛けました。
 ところが、坊主山への分岐からちょっと覗くつもりで展望台へ寄り道したら、これが結構急登で、同じ道を下るのも面妖なのでそのまま、尾根を縫って途中で油コブシの分岐をへて鶴甲に降りてしまいました。
 十善寺でゆっくり休んで、灘温泉で汗を流して帰るから飲み会にはぎりぎり間に合いそうです。

Posted on 8月 8, 2012 at 05:21 午後 | | コメント (0)

2012.08.07

120807 渦森展望公園から坊主山


より大きな地図で 120807 渦森展望公園から坊主山 を表示
気になっていた坊主山へ初めて登ってきました。
本当は坊主山の南にある三角点まで行きたかったけど、藪のようなので次回の楽しみにしておきます。
今日の行程は9.8km、3:51でした。
万歩計は14,845歩になっています。
体重は1.6kg減っていました。

ルートラボでカシミール3Dのトラックデータを.GPXのファイルに落としたものを読み込むと、所要時間や各ポイントでの時間まで表示されます。
また、ルートのトレースが経過時間通りのスピードで移動します。
ルートラボの地図

【おまけ】
ルートラボでGPSデータを読み込みできることが確認できたので、過去のトラックも読み込んでみました。
7月19日に初めて渦森展望台公園まで登り、住吉川の河口まで高度差350mを登り下りしたデータです。

コメント:
頌栄短大横から新田川沿いに上がり、新神戸変電所の手前で鴨子ヶ原への階段を上がり、更に川の左岸沿いの車道を奥まで行くと急階段。
急階段を上ったところは渦森台の入口で、団地を迂回しながら最奥の渦森展望公園で大休止。
後半は住吉川へ向かうため、西山谷の河原から寒天橋、渦森橋、赤塚橋と下って、白鶴美術館の横から住吉川の河原に降り、左岸を河口まで歩きました

Posted on 8月 7, 2012 at 06:30 午後 | | コメント (0)

120807 Voyager of the Seas

120807_voyage_of_the_seas_03 何気なくベランダから三宮方向を眺めていて、いつもと様子が違うことに気づきました。
 左手に真っ白なホテルのような建物・・・、
 と見えたのは、神戸港に寄港している超大型の客船でした。

 Voyager of the Seasは、名前の通り、世界を周遊する巨船で、排水量は137千トン、全長が311m、全幅が39mで、旅客定員2840名とありますから、ホテルがそのまま浮かんでいるようです。
 ちなみに現在世界最大の客船はAllure of The SeasとOasis of The Seasで225千トン、全長360m、全幅65m、 
 上には上です。

120807_voyage_of_the_seas_02120807_voyage_of_the_seas_01

巨大客船ランキング
120807_bigship


Posted on 8月 7, 2012 at 10:02 午前 | | コメント (2)

120807 みなとこうべ海上花火大会 8/4 

120804_kobehanabi01 8/4は夕方から神戸港の花火大会を見に行きました。
 会社がポートアイランドにあったので毎年見る機会があったのですが、花火大会の日はたいてい休日出勤か山へ行っていたので昨年初めてまともに見物しました。
 海上と言っても神戸港は周りをぐるーっと埠頭に囲まれているので、見物する場所は非常に広くて、前の人の頭で見えないなどということはまずありません。
 町に隣接しているので、スターマインが中心で尺玉などは望むべくもありませんが、その分、数でこなそうと1万発の連射なので迫力があります。
 今年は第42回とのことですから、昔からの恒例行事になっているのですね。
 花火は桜と一緒で、ぱっと咲いてあっけなく消えていく諸行無常の様は、何となく日本人の琴線に触れるのでしょうか。
 急逝されたKNUさんの無念を思いながら見物しました。

120804_kobehanabi02 昨年は三宮にいて、花火が上がりだしたのでもっとよく見えるところへ行こうと、ポートライナーに乗って、二駅目のポートターミナルの岸壁で途中から花火見物をしました。
 今年は、19:40の開始時刻に合わせて、昨年と同じポートターミナル駅の岸壁に着いたので最初からゆっくり花火見物ができました。
 前半は写真を撮っていましたが、なかなか花火が開く瞬間を捉えにくいので、後半はもっぱらデジカメの動画で撮りました。
 20:30で花火大会は終了ですから、正味50分のうち、後半の20分をYoutubeにアップしましたので、ヒマな方はご覧ください。No2の方がフィナーレなので迫力があります。

120804 Fireworks in Kobe port No1 みなとこうべ海上花火大会
120804 Fireworks in Kobe port No2 みなとこうべ海上花火大会

Posted on 8月 7, 2012 at 04:52 午前 | | コメント (0)

2012.08.06

120806 山行計画:8/12 京都北山・灰屋山から石仏峠/関西ハイク山友会 第139回例会 

120722_haiyayama_sekibututoge_020 8/12の第139回例会は、昨年3月27日に村田さんが歩かれたルートを逆に歩きます。
 新ハイキング関西の会報は118号で廃刊になったため、11年2月までの記録しか掲載されたおらず、この時の記録は掲載されていませんが、FC2さんのブログに写真を含めてその時の様子がアップされていますので、ご覧ください。
 この時は積雪が多くて、ルート確認に苦労されたようですが、今回は夏場なので日差しが心配ですが、城丹国境手前までは杉の植林や混成樹林の尾根道で熱中症の心配はありません。
 ただし、尾根道で水補給はできませんから、飲み物は余分にご持参ください。

 7月22日に下見を行いましたが、さわやかで非常に快適な尾根歩きが楽しめました。
 ただし、下見の時は前日まで雨だったため、ヒルがいましたから、天候次第ですが、ヒルよけスプレーやロングスパッツなど対策をお忘れ無く。森井の方でも治療薬とダニ除けは余分に持ってきます。

 石仏峠は賀茂川と大堰川(桂川)の分水の峠ですが、桟敷ヶ岳から城丹国境尾根を縦走して足を伸ばすことはあってもなかなか灰屋の方から登る機会はありません。
 例会では貸切バスで往復しますので、林道の途中まではバスが入れますから、下山後はそれほど長い林道歩きは避けられる予定です。 

【山行計画】
関西ハイク山友会 第139回例会 京都北山「山城・灰屋山から石仏峠」
日 時:平成24年8月12(日)
9:30~16:40
集 合:JR京都駅/八条西口 7時40分 団体バス乗り場
【雨天の場合】
前日(8/11) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は開催を中止します。
℡情報:京都府南部 075-177(前8月11日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:21名(マイクロバス1台)/8/6現在
コース:京都駅 (バス) 黒田トンネル西口(9:30頃)―トロー峠―灰屋山(△732.9m)―池ノ尾峠―石仏峠―地蔵谷―井戸妹路谷―井戸 (バス) 京都駅(解散 18:30頃)

レベル:中級向き (石仏峠からの下りのみ急斜面、要注意)
地図:国土地理院25000分の一「上弓削」「周山」、昭文社「京都北山」
 断面図予定ルート図

行 程:約10.0km 所要時間:7時間10分(歩行:5時間20分、休憩昼食:1時間50分)
 京都駅(7:40頃)=周山街道/貸切バス=周山=鶴野・黒田トンネル西口(9:20 頃)
 黒田トンネル西口 220m、9:30発)―60分―トロー峠(650m)―20分―灰屋山(△732.9m、11:00頃)―20分―蕗谷峠(650m)―20分―P761m―20分―池ノ尾峠(720m、12:20頃、昼食)―30分―鉄塔1―20分―城丹国境尾根(820m、14:00頃)―10分―石仏峠(810m)―50分―地蔵谷奥(560m、15:30頃)―20分―地蔵谷・妹路谷出合(450m)―20分―妹路谷・小祖父谷出合(350m)―30分―井戸(290m、16:40頃)
 井戸(16:50頃)=周山=周山街道/貸切バス=京都駅(18:30頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック
 前日まで雨の場合はヒルがいます。ヒル除けスプレー、服装などをご用意ください。
費 用:3000円(貸切バス代2900円+参加費100円)

【参加者】
参加予定者:21名 【申込順敬称略】
209.AIZ 197.GTU 065F.OKM 145.FKS 115.YMS 065.OKM 189.ITO 104.HYS 043.KMY 119.OON 166.ARK 052.OOS 270.MYS 067.OGR 196.KWT 247.SMZ 275.SND 039.KIK 114.MWN 217.HDT 022.MRI

【写真】
7/22下見時のPicasaのWEBアルバムです。
位置情報付きで55枚あります。

120722_灰屋山から石仏峠下見

【地図】
断面図
120812_haiyayama_sekibututogedanmen
予定ルート図
120812_haiyayama_sekibututoge

Posted on 8月 6, 2012 at 01:17 午後 | | コメント (0)

120806 ホームページビルダー

120806_roleover_2 ブログは2004年から始めているので、8年以上になりますから、使い勝手は大体理解しています。
 しかし、ホームページの作成に関しては、全くの素人で、関西ハイクのHP作成も前身の新ハイキング関西ハイク山友会の頃からHPの作成維持を一人で引き受けてこられたNSMさんに手ほどきを受けながら、参加人数の更新や、計画書の作成のお手伝いを始めました。
 毎月同じことを繰り返すので、慣れてしまえばそれほど、難しくはないのですが、今回のように訃報のニュースを掲載したり、そこから別文書にリンクするといった作業はこれまでNSMさんにお任せしていたので、いざ自分でやるとなって、結構試行錯誤しました。
 昨日(8/5)は9月10月の会報原稿ができあがったので、それをホームページに転載する作業を行いましたが、一覧表の作成や、個別計画の作成と一覧表からのリンク設定までは2ヶ月ごとに実施してきたことなので、時間はかかりますが何とか夕方までに作業を完了しました。
 それにしても2ヶ月に35回もの例会開催計画になっていますから活動は非常に活発です。
 亡くなられた村田さんや、今回不慮の事故に遭われた狩野さんも天国で喜んでおられると思います。

 原稿ができて、確認して初めて気が付いたのが、個別計画へのリンクボタンの表示がおかしい、ということです。
 以前のHTMLソースリストを見て、色々試行錯誤してみましたが、どうしてもうまくいきません。
 最近の市販パッケージには簡単な入門書しか付いていなかったり、マニュアルはPDFデータがCD-ROMに入っているといったケースが大半ですから、リンクボタンの表示方法も入門書だけでは判りません。
 やっと、リンクボタンの「詳細」という画像が切り替わるのはロールオーバー効果、という処理だと判りましたので、インターネットで検索して、設定方法が判りましたので、無事トルク効果を設定できました。

 ホームページビルダーは日本ではもっとも普及しているホームページ作成用のソフトですが、V11までは日本IBMが発売していて、その後、ジャストシステムが販売を引き継いでいるようです。
 解説のページは現在でもIBMが消さないで残してくれているので、助かります。
 ジャストシステムの解説ページは結局どこにあるのか判りませんでした。

日本IBM
ホームページ・ビルダー・オンラインサポート

個人のホームページ作成ノウハウ
ロールオーバー効果設定方法
ホームページビルダー解説

Posted on 8月 6, 2012 at 08:39 午前 | | コメント (0)

2012.08.05

120805 送り花火

120805 送り花火120805 送り花火 昨夜は神戸港の花火大会がありました。
 今朝も相変わらず35℃近くまであがりましたが、夕方になると風があって心持ち涼しいです。

Posted on 8月 5, 2012 at 07:00 午後 | | コメント (0)

2012.08.04

120804 夏空

120804 夏空 今日も真っ青な夏空が広がっています。
 昨日のお通夜に続いて告別式に伺います。

 夏草やつわものどもが夢のあと 芭蕉
 合掌!

Posted on 8月 4, 2012 at 06:00 午後 | | コメント (0)

2012.08.03

120803 部屋の片付け中

 JNKさんに追い立てられるようにして、まず山の本のうちもう一度読む気がない本、今後行きそうもない山域のガイドブックを捨てました。パソコンソフトの解説書はEXCELなどを除いてすべて捨てました。
 小説や文庫本も一度読んだ本は全部捨てました。
 多分本の冊数で言うと500冊が200冊位に減っていると思います。

 次に音楽CDと映画などのDVDですが、こちらは媒体だけ個別のケースから取り出して、アルバムに移しましたが、ケースの裏の解説や歌の歌詞などのプリントは、CDサイズに切り取ってアルバムに一緒に入れました。
 CDケースやDVDのケースは結構かさばりますから、積み上げた厚みで3mくらいあったのが、80枚入りアルバム7冊になりましたから、かさは50cmくらいまで減ったと思います。

120803_233801 120803_234101 続いて、戴いた写真や、デジカメ以前のネガから焼いた写真の整理ですが、これはすでに書いたように、古い山行記録や手帳などを見ながら撮影日を写真の裏に書き込んで、すべてを日付順に並べ直して、買い換えたシートスキャナ(ナカバヤシ/フォトレコW)で約800枚ある写真の読み取りを開始しました。
 これは気が遠くなるような作業ですが、読み取る順序を狂わさないようにして、スキャナの横にパソコンを置いてEXCELで連番リストを作り、撮影日やコメントを入れて同時に対比表を作るようにしています。

 あとは山の計画書や、ブログのHPのプリントなどA4用紙に印刷した1万枚もある紙の行き先ですが、当初は数百枚とたかをくくっていましたが、棚を整理していくと本箱の裏からも数千枚規模で、プリントしたA4用紙が出てきたので、これを写真のように並べ直すだけで何ヶ月もかかりそうだから、まず取捨選択して、元データがパソコンやブログ上に残っている物はすべて捨て、紙ベースしかないものだけ、数百枚規模にして、前述のスキャナでPDFデータにするようにしたいと思います。
 そうなんです、ナカバヤシのフォトレコWはすぐれもので、葉書までの紙はJPEGの画像データに、それ以上、A4までの紙データはPDFファイルにしてくれるんです。

120727_111301120803_234201 あらゆる物理的媒体を捨てるかパソコンのデジタルデータに変えることで、棚1台(210cm×90cm×奥行45cm)の空間が空きましたから、三年ぶりにパソコンルームの奥の壁が日の目を見ることになりました。

 あとの課題は、国土地理院の25000分の一陸側図です。
 約500枚、引き出し2段分ありますから、山域別に仕切って、取り出しやすくしたいと思っています。

Posted on 8月 3, 2012 at 11:46 午後 | | コメント (0)

2012.08.02

120802 訃報 狩野東彦氏逝去

 関西ハイク山友会の代表 狩野東彦(かの はるひこ)氏が7/31 山行先の飯豊連峰で事故死されました。
 謹んで哀悼の意を表します。
 新しい会の発足に全精力をかけ、ようやく丸一年、会の運営も活動も活発で二年目を迎えようという矢先の事故ですから、ご本人はもちろん、会員全員にとっては非常にショッキングな出来事です。

ご都合で、通夜、葬儀の日程が変更になりました。
式場、時間も確定しましたので、訂正して掲載させていただきます。
 
通  夜 8月3日(金) 午後7時から
告別式 8月4日(土) 12時 ~1時
式  場 京都市南区西九条池ノ内町60
    公益社南ブライトホール(京都駅八条口西へ約5分)
    電話075-662-0042
尚、香典等は喪主 狩野栄子様がご辞退されています。

関西ハイクのホームページにも掲載いたしました。

 合掌!!

Posted on 8月 2, 2012 at 11:21 午前 | | コメント (0)

2012.08.01

120801 ルートラボの散歩軌跡


 GoogleMAPで散歩道の軌跡を表示することができて、ストリートビューが楽しめましたが、Yahoo!ロコの地図データを使ったルートラボでもGPSの軌跡データを取り込めましたので、試しに公開します。
 こちらのおもしろいのは歩行の矢印マークが移動します。
 それだけのことですが、航空写真はGoogleより新しいようで、マンションとかは最近の様子にほぼ近いです。
 しかし、公開用のURLでは地図と航空写真の切り替えができないようです。

 こちらではどうでしょうか。
 リンクで飛ぶと、うまく航空写真の切り替えもできます。
 歩行速度を変えたり、歩行マークの高度が表示されたり、結構こちらも楽しいです。

 GPSの機器はGARMINの地図が表示できるオレゴン(Oregon550TC)やイートレック(eTrex30)などの機種だと8万円から10万円もしてなかなか手が出ませんが、いまきよもりがやっているように歩いた軌跡だけをデータとして残すなら、GPSロガーとして1万円以下(例:I/Oデータ旅レコ 7500円位)で手に入りますから、パソコンと組み合わせて、軌跡を地図に表示させたり、メールで送ったりもできます。

Posted on 8月 1, 2012 at 01:40 午後 | | コメント (0)