« 120618 山行記録:6/17 若狭・尼公峠から尼来峠 | トップページ | 120620 灘駅のステンドグラス »

2012.06.19

120619 下見山行計画:6/24 京都北山・三国岳(さんごくだけ)から天狗峠/関西ハイク山友会第128回例会の下見

D0126627_17231724 例会の前週に下見をするようにしていましたが、一週間前では下見の結果でコースの変更があると、会員の皆さんへの連絡が遅れるので、今回から原則として2週間前に下見を行うことにします。
 ということで、今回は7月第2週に実施予定の村田さんの足跡を訪ねる会第13回 第128回例会/京都北山「三国岳から天狗岳」の下見です。

 三国岳(さんごくだけ959.0m)は高島トレイルの起点の山ですから、現在は登山ルートも道標も整備されていますが、2004年頃には道標も未整備で三国岳から三国峠(775.9m)への京滋県境尾根は踏み跡さえありませんでした。
 今回初めて訪れる天狗峠(928m)は国土地理院の陸側図では天狗岳と記載されていますが、芦生特有の呼称として天狗峠の方がいかにもふさわしいように思います。
 コースは本来は小野村割岳(931.7m)から尾根通しに縦走して、天狗峠と三国岳を結びたいところですが、アプローチが悪いため、日帰り行程を組むのは難しいです。
 次の機会には小野村割岳からの縦走や、フカンド山(853.5m)からのアプローチも視野に入れたいと思います。

 会報では針畑川の桑原から丹波越え、経ヶ岳往復後に三国岳を経て天狗峠をピストンして久多川源流から久多上の町へ降りることになっています。
 しかし、きよもりが知っている久多川上流のルートは岩屋谷と久良谷(丹波越えの源流)だけなので天狗峠からの下山にどの程度時間が取られるのか分かりませんから、慎重を期して、午前中の経ヶ岳往復はやめて、桑原橋上流の下壺谷登山口から三国岳へ最短のルートをとって登るように変更します。
 それでも約11kmあるので、久多上の町に送迎タクシーを予約しておく関係で余裕を持った計画にしておこうと思います。

【山行計画】
日時:平成24年6月24日(日)
9:30―17:30
 雨天決行です
集合:6/24 湖西線・安曇川駅 7:30

行き先:京都北山・三国岳から天狗峠

コース:京都=JR湖西線\950=安曇川=京都バス\720=朽木支所前=高島市営バス\220=桑原橋―下壷谷登山口―高島トレイル―三国岳(969.0m)―P936m―天狗峠―滝谷支尾根―岩屋谷出合―久多上の町=タクシー=朽木=江若バス\720=安曇川=JR湖西線=京都(解散)

参加者:5名(6/19現在)/石原さん、岩本さん、岡本さん、浜田さん、きよもり

地図:国土地理院25000分の一「久多」、昭文社「京都北山」
 断面図予定ルート図

行程:約11.1km、所要時間:8時間(歩行時間:6時間10分、休憩昼食:1時間50分)
 京都6:31=湖西線\950=7:27安曇川7:47=江若バス\720=8:13朽木支所前8:35=高島市営バス\220=9:16桑原橋
 桑原橋(400m、9:30頃)―20分―下壷谷登山口―60分―P686m―60分―三国岳(二等三角点959.0m、12:20頃、昼食)―50分―P936m―50分―南尾根分岐(小野村割岳分岐。15:00頃)―20分―天狗峠往復―60分―滝谷上流(503m、16:30頃)―50分―久多上の町(17:30頃)
 久多上の町=タクシー\8000位=朽木学校前(18:10頃) 18:17=江若バス\720=18:45安曇川18:50=湖西線¥950=19:45京都(解散)

参考:
 朽木支所前発安曇川行き 15:34、16:38、17:44、18:17
 タクシー:近江タクシー高島 0740-36-0106、近江今津 0740-22-0106
       汽船タクシー安曇川 0740-32-4000

持ち物:昼食弁当、飲み物、雨具、スパッツ、ストック、ノコギリ、着替え

費用:交通費 3,560円(京都起算)、久多上の町から朽木までのタクシー代は下見共通費から支払

   

断面図
120624_sangokudake_tengutogedanmen

予定ルート図
120624_sangokudake_tengutoge

「120624_SangokuDake_TenguToge.gdb」をダウンロード

Posted on 6月 19, 2012 at 11:35 午前 |

コメント

コメントを書く