« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012.05.31

120531 夏服

120531 夏服 明日から6月
 通学服もすっかり軽装になりました。
 最近は山の集合時間にあわせて普段の起床時間も4時になりました。
 朝が早いから通勤電車に乗る頃に丁度眠くなります。
 明るい笑い声にフト目を覚ますと、女子高生の夏服姿がまぶしかったです。

Posted on 5月 31, 2012 at 08:18 午前 | | コメント (0)

2012.05.30

120530 パソコンの買換2台と秋葉老舗「クレバリー」の倒産

120530_pasokonhikkoshi 自宅にはデスクトップパソコンが3台ありますが、うち2台はきよもりとJNKさんのパソコン、あと1台はバックアップ用のWHS(Windows Home Server)です。

 昨年12月にきよもりのパソコンが起動しなくなって、HDDを交換したりしても調子が悪く、購入したDELLサポートに電話しても、購入後5年経過で部品の在庫がないと断られたため、同じDELLのXPS8300 ダイレクトモデルを8万円で購入しました。
 今年になって、今度はJNKさんのパソコンが遅くなってきて、なかなか画面が切り替わらないというので、購入後4年経ちますから、そろそろ買換時と判断し、きよもりと同じく64ビットのWindows7を購入しました。
 こちらは4/14に手配して4月末に到着していましたが、仕事も山も忙しくなかなか手を付ける余裕もないままに梱包のまま玄関に置いてありましたが、ようやく先週末の土曜日が久し振りに休めたので、丸1日で現行のシャープ(PC-AX120V)からDELLのXPS8300へプログラムと200G以上ある写真データを中心にLANでつないで引越を完了しました。
 直接のコピーでは32ビットから64ビットへの引越は問題が出ますので、市販のアプリ(ファイナルパソコン引越し9plus)を購入して使ったのは成功だったと思います。このソフトは機番を認識するので、一台でしか使えませんが、3千円程度でいままで一週間かかっていた引越が一日で済むなら安いです。ただし、データのドライブはDOS画面からXCOPYコマンドの方が手続き不要で早くて簡単です。

120530_whs ということで、一段落ついたつもりでしたが、その前から、HDDのエラーが出ていたWHSのパソコンがどうもおかしく、HDDを入れ替えたら、全く電源が入らなくなってしまいました。
 どうも電源の故障のようですが、こちらも購入後4年経過で動作が不安定なのでこの際OS無しの安い機械(ただしWHSは64ビットなので、メモリーは8GByteが必要)を購入することにして、いままでの機器と同じ秋葉の老舗パソコンショップに手配しました。
 ところが今朝、ショップからのメールで「物流倉庫に問題が発生」のため受注をキャンセルして欲しいとのことで、白紙に戻ってしまいました。
 OS無しのデスクトップを扱っている業者やショップは意外に少なくて、結局、以前から何度か利用していたドスパラで64ビット、8Gのデスクトップを手配しました。OS無しモデルなので4万円弱でしたから、自宅パソコンの半額程度です。
 こちらは新規インストールなので、WHSの新規インストールとパソコン2台のバックアップ作業は時間勝負になります。

 最近のパソコンはなぜか、4年経つと壊れているから、3年の延長補償にはあまり意味がないことになり残念です。

【追記】
【 2012年5月30日 】
クレバリーが業務を停止、近日中に破産手続きを開始
 物流倉庫に問題発生というので、ひょっとしたらと、気にしていたら、この記事を書き終わった途端、ショッキングなニュースが流れてきました。
 東京にいた頃はもちろん、神戸に来てからも通販で本体やHDDを何度か購入させていただいていたので、非常に残念です。
 本店他何店舗か閉鎖して業務縮小中だったから、状況はよくないと思ってはいましたが、秋葉のパーツショップ・自作パソコンショップの老舗ですから、パソコンの街からスマホの街に急激に変貌しつつある時代の流れに乗れなかったんですね。
 残された従業員の皆さんが無事に再就職されるようお祈り申し上げます。

Posted on 5月 30, 2012 at 02:08 午後 | | コメント (0)

2012.05.29

120529 山行計画【最終版】:6/3 京都北山「寺山峠から雲取山」 関西ハイク山友会・第107回例会

120527_terayamatoge_kumotoriyamas_2 京都北山の初夏は緑に染められます。
 旧花背峠から北に延びる尾根には寺山峠、ハタカリ峠、雲取峠と、花背と芹生を結ぶ峠道がいくつもあります。 その尾根道と雲取山を源流とする二ノ谷、一ノ谷を結んで歩きます。

 5/27(日)に下見を行った結果、バスの便が少ないため、後半の天狗杉から花背峠は省略して、旧花背峠から旧道別れのバス停へ下って15:03のバスで戻ることにします。
 谷筋には九輪草の群生が点在し、寺山峠から旧花背峠への尾根筋にはピンクの山つつじが満開でした。例会本番でも参加者の皆さんの目を楽しませてくれると思います。

【例会参加の方への注意事項】  以下の4点です。
1.当日天候がよければ飲み水は多めに持参/尾根の途中では補給できません
2.二ノ谷、一ノ谷は蛭(ヒル)がいると聞いていましたが、下見では全く見かけませんでした。念のためスパッツをご用意ください。
持っておられる方は蛭除けもあった方がよいですが、リーダーも蛭除けを何本か持って行きます。
3.二ノ谷の下りは最初が急なのでストックがあった方が安心です。要所にはロープが張られていましたから、危険はありません。
4.気温が25℃を越すと蝿や羽虫が増えますので、虫除けなどもあった方がよいと思います。

【山行計画】
関西ハイク山友会・第107回例会 京都北山「寺山峠から雲取山」
 村田さんの足跡を訪ねる会・第12回
日 時:平成24年6月3日(日) 9:20~15:00
集 合:京都バス 出町柳駅前 7時40分  
 ※32系統 7:50発 広河原行きに乗車

 【雨天の場合】
 前日(6/2) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)の予報の場合は開催を中止します。
 ℡情報:075-177(前6月2日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:33名/5/28現在 (L)きよもり (SL) 016.TKMさん
コース: 出町柳7:50=9:02花背高原前(9:20頃)―寺山峠―ハタカリ峠―雲取山(△911.1m、昼食)―二ノ谷― 一ノ谷―寺山峠―旧花背峠―旧道別れ(解散、15:00頃)15:03=16:13出町柳 (最終バスは旧道別れ18:13=19:23出町柳)
 コメント:寺山峠、ハタカリ峠、雲取峠、旧花背峠の尾根歩きと雲取山を巡る谷歩き
九輪草、山つつじ、藤、ウツギなどの花が満開です。

レベル:一般向き(行程はアップダウンがありますが二ノ谷の下り以外は楽勝) 
地 図:昭文社=「京都北山」、2万5千=「花背」「大原」
 断面図予定ルート

行 程:約9.0km、所要時間:5時間40分(歩行時間:4時間20分、休憩昼食:1時間20分)
 出町柳7:50=京都バス\710=9:02花背高原前
 花背高原前(9:20頃)―30分―寺山峠―50分―ハタカリ峠―30分―雲取山(△911.1m、11:30頃、昼食)―30分―二ノ谷―30分― 一ノ谷―10分―寺山峠(13:30頃)―60分―旧花背峠―20分―旧道別れ(解散、15:00頃)
 旧道別れ15:03=京都バス\650=16:13出町柳
 寺山峠に戻るのが13:30を過ぎる場合は、そのまま花背高原前に下り14:58発のバスに乗ります。

装 備:昼食弁当、飲み物(暑いので余分に)、着替え、雨具、軍手、スパッツ、ストック
費 用:交通費各自/バス代1360円、(例会参加費100円が別途必要です)

【参加予定者】5/28 現在 33名(申込み順、敬称略)
040F.TGH  147.MTM  132.ONK  278.NSM  108.HDK  160.KWS  103.NZE  115.YMS  163.WTN  119.OON  207.KIS  164.INU  197.GTU  217.HDT  240.YSN  247.SMZ  270.MYS  048F.HMM  078.GTU  104.HYS  088.SZK  052.OOS  274.KTN  214.KBT  016.TKM  041.SOJ  244.KNK  084.SBT  314.NSJ  053.HGN  389.NBK  382.TMT  022.MRI(きよもり)
【写真】下見時の写真です。
  PicasaのWEBアルバムです。
 位置情報付きで30枚あります。

120527 寺山峠から雲取山下見

【地図】コース修正後
断面図
120603_terayamatoge_kumotoriyamadan

予定ルート図
120603_terayamatoge_kumotoriyama2

カシミール3Dの予定コースデータ
「120603_TerayamaToge_KumotoriYama.gdb」をダウンロード

Posted on 5月 29, 2012 at 01:54 午後 | | コメント (0)

2012.05.28

120528 下見山行記録:5/27 京都北山・寺山峠から雲取山/関西ハイク山友会例会の下見

120527_terayamatoge_kumotoriyamashi 昨日は6/3に予定している関西ハイク山友会第107回例会の下見で寺山峠から雲取山へ行きました。
 きよもり自身は9年も前に歩いたきりで、その時に設置した峠の標識が残っているか興味を持って再訪しました。寺山峠、雲取峠、旧花背峠に長年の風雪にかなり傷んではいましたが、当時のまま残っていたので非常に懐かしかったです。
 今回の最大の拾いものは谷筋には九輪草の群生が点在し、寺山峠から旧花背峠への尾根筋にはピンクの山つつじが満開だったことです。例会本番でも参加者の皆さんの目を楽しませてくれると思います。

 行程は寺山峠からよく踏まれた北尾根に入り、ハタカリ峠から雲取峠へ左折するところをGPSを確認せずに、見過ごして、昭和63年の国体ルートに入ってしまい、途中で気づいて引き返したため、約30分もロスしてしまいましたが、雲取山にはちょうど12時に着きました。

 二ノ谷は下り始めがちょっと急ですが、要所に固定ロープが設置してあったので、例会でもまず問題は無いと思います。二ノ谷出合から一ノ谷に入り、当初の計画では谷に入ってすぐに右から入る支谷を詰めて寺山峠と旧花背峠を結ぶ乗越にあがるつもりでしたが、踏み跡も判りにくく多人数の遡行には不向きと判断して、一ノ谷の九輪草の群生も見応えがあると聞いていたので、そのまま一ノ谷のゆるい谷筋を詰めて、雲取峠への分岐から右折して、元の寺山峠に戻ってきました、
 寺山峠から南に延びる尾根は昔はすごい藪だったそうですが、「花背山の家」の整備によって見違えるように歩きやすい明るい尾根道に生まれ変わっていました。時期的にも尾根の両斜面にピンクの花を付けた山つつじが満開で思わず足を止めて見とれました。

 旧花背峠に着いたのが、15:18でしたから、寺山峠から休憩を挟んで1時間8分、今回は歩いていませんが、旧花背峠からバス停のある旧道別れまで10分見ればよいので、帰りのバス時間15:03に間に合わすには、13:30までに寺山峠に戻っるようにしたいと思います。寺山峠に戻ってくるのが13:30を過ぎるようなら、寺山峠から花背高原にそのまま往路を下るようにします。その場合、花背高原発14:58なので、14:20頃までに寺山峠に戻っておればよいことになります。

 下見では、途中30分ロスしたこともあって、15時のバスには間に合いませんでした。
 次の花背峠発18:18の最終バスまで3時間もあるので、旧花背峠から天狗杉まであがり、天狗杉を見に行ったあと、花背峠に向かう尾根道から南に折れる支尾根を一気に下って、旧峠道との合流点・峠下の車道にショートカットしました。
 それでも最終バスまで一時間半もあるので、自販機を目指して車道を叡電・鞍馬駅まで約1時間歩き、駅前の茶店で缶ビールをゲットして、ゆっくり叡電で帰路につきました。

 今回の下見の結果、例会参加の方への注意事項は以下の4点です。
1.当日天候がよければ飲み水は多めに持参/尾根の途中では補給できません
2.二ノ谷、一ノ谷は蛭(ヒル)がいると聞いていましたが、下見では全く見かけませんでした。念のためスパッツをご用意ください。持っておられる方は蛭除けもあった方がよいですが、リーダーも蛭除けを何本か持って行きます。
3.二ノ谷の下りは最初が急なのでストックがあった方が安心です。要所にはロープが張られていましたから、危険はありません。
4.気温が25℃を越すと蝿や羽虫が増えますので、虫除けなどもあった方がよいと思います。

【山行記録】
京都北山・寺山峠から雲取山/関西ハイク山友会 第107回例会の下見

日 時:平成24年5月27日(日) 9:12~18:08

参加者:5名/ 038.ISHさん、204.IWMさん、351.HMDさん、018.NKGさん、022.MRI(きよもり)
コース:花背高原―寺山峠―ハタカリ峠―雲取峠―雲取山―二ノ谷― 一ノ谷―寺山峠―寺山―旧花背峠―天狗杉―峠下バス停―叡電・鞍馬駅
   レベル:一般向き (つつじ満開の明るい尾根道と九輪草の谷、ただしバス時間に要注意)

地 図:25000分の一陸側図「花背」「大原」
 歩行断面図GPS歩行ルート図

行 程:約16.0km 所要時間:8時間56分(歩行:5時間59分、休憩昼食:2時間57分)、天候:快晴、気温:20℃→24℃
 阪急・御影5:36=阪急神戸線=6:00十三6:19=阪急京都線=7:02河原町―祇園四条7:11=京阪=7:18出町柳7:50=京都バス\710=9:02花背高原前
 花背高原前(580m、16℃)9:12―植林(740m)9:35~9:37―寺山峠(810m、20℃)9:46~9:51―北尾根へ―小ピーク(860m)10:08~10:12―京産大小屋上10:19―地蔵杉山(P899)の東ピーク(880m)10:23~10:32―ハタカリ峠(890m、気付かず直進)10:44―国体尾根・戻り(890m)11:01―ハタカリ峠(890m、西進)11:15~11:34―雲取峠(880m)11:44~11:49―雲取山(三等三角点911.1m、昼食)12:00~12:40―二ノ谷下降―立命館WG小屋(780m)13:00―二ノ谷出合(720m、25℃)13:15~13:26―支谷分岐13:30― 一ノ谷遡行―雲取峠分岐(770m、右折)13:52―寺山峠(810m、24℃)13:58~14:10―南尾根へ―乗越(840m)14:24~14:26―寺山P862m(レモン)14:38~14:50―旧花背峠(760m)15:18~15:37―天狗杉(三等三角点837.2m)15:50~16:16―天狗杉南尾根下降―P750m16:28―鉄塔(690m)16:36―車道(560m)16:50―峠下バス停(540m)16:56~17:07―古道橋17:16―扶桑橋17:39―鞍馬温泉17:57―叡電・鞍馬駅(240m)18:08解散
 鞍馬18:18=叡電\280=18:35岩倉―18:48国際会館18:54=地下鉄\270=19:14京都19:23=20:27住吉
交通費:710円(バス代片道)

写真は続きを読むをご覧下さい。

【写真】
  PicasaのWEBアルバムです。
 位置情報付きで30枚あります。

120527 寺山峠から雲取山下見

【地図】
歩行断面図
120527t_terayamatoge_kumotoriyamada
GPS歩行ルート図
120527t_terayamatoge_kumotoriyama
「120527T_TerayamaToge_KumotoriYama.gdb」をダウンロード

Posted on 5月 28, 2012 at 04:46 午後 | | コメント (0)

2012.05.27

120527無事下山→Re:下山

120527無事下山→Re:下山 15時のバスに乗れなかったから、天狗杉から鞍馬まで歩きました。
 鞍馬から国際会館に出て京都に向かっています。
 ξきよもり

>下山してるのですか?JNK
>

Posted on 5月 27, 2012 at 07:06 午後 | | コメント (0)

2012.05.26

120526 山行計画:6/3 京都北山「寺山峠から雲取山」 関西ハイク山友会・第107回例会

030406_kumotoriyama_kyuhanasetoge_0 京都北山の初夏は緑に染められます。
 今回は花背峠から西に延びる尾根を雲取峠の方から逆に歩いてみたいと思います。
 雲取峠から花背峠の間にはハタカリ峠、寺山峠、京見峠、旧花背峠と4つも峠が続きますので、花背と芹生を結ぶルートがいくつもあったと思われます。

 5/27(日)に例によって下見を行いますので、谷筋の様子や、尾根の状況によっては、6/3(日)の例会の行程は変更があるかも分かりませんのでご了解ください。
 下見に参加していただける方は、ISHさん、IWMさん常連ときよもりの先輩でもあるHMDさんが先月のトンボユリに引き続いて参加していただけますから4名になります。
 今日の明日で申し訳ありませんが、下見に同行していただける方は、5/27(日) 出町柳7:50発の広河原行きにご乗車ください。

【山行計画】
関西ハイク山友会・第107回例会  村田さんの足跡を訪ねる会・第12回
   京都北山 寺山峠から雲取山

日 時:平成24年6月3日(日) 9:20~15:00
 同行程で 5月27日(日) に下見を行います。下見参加者は4名の予定です。(5/26現在)
 日付以外の行程などは例会と同じです。

集 合:京都バス 出町柳駅前 7時40分  
 ※32系統 7:50発 広河原行きに乗車

 【雨天の場合】
 前日(6/2) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)の予報の場合は開催を中止します。
 ℡情報:075-177(前6月2日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:35名/5/26現在 (L)きよもり (SL) 016.TKMさん
下見参加予定:4名/5/26現在 038.ISH、204.IWMさん、351.HMDさん、 022.MRI(きよもり)

コース: 出町柳7:50=9:02花背高原前(9:20頃)―寺山峠―ハタカリ峠―雲取山(△911.1m、昼食)―二ノ谷―京見峠―天狗杉(△837.2m)―花背峠(解散、15:00頃)15:08=16:13出町柳 (または花背峠17:48=18:53出町柳)
 コメント:寺山峠、ハタカリ峠、雲取峠、など六つの峠と二つの三角点を巡る尾根歩き。時間が中途半端になったら鞍馬まで旧花脊峠道を下ります。
レベル:一般向き(一部藪漕ぎがあります、二ノ谷はヒルがいるのでスパッツ必携です) 

地 図:昭文社=「京都北山」、2万5千=「花背」「大原」
 断面図予定ルート

行 程:約8.8km、所要時間:5時間40分(歩行時間:4時間30分、休憩昼食:1時間10分)
 出町柳7:50=京都バス\710=9:02花背高原前
 花背高原前(9:20頃)―30分―寺山峠―50分―ハタカリ峠―30分―雲取山(△911.1m、昼食)―30分―二ノ谷―30分―乗越―50分―京見峠―30分―天狗杉(△837.2m)―20分―花背峠(解散、15:00頃)
 花背峠15:08=京都バス\620=16:13出町柳 (または花背峠17:48=18:53出町柳)

装 備:昼食弁当、飲み物(暑いので余分に)、着替え、雨具、軍手、スパッツ、ストック

費 用:交通費各自/バス代1330円、(例会参加費100円が別途必要です)

【地図】
断面図
120603_terayamtoge_kumotorisandanme



予定ルート
120603_terayamatoge_kumotoriyama

カシミール3Dのルートデータ
「120603_TerayamaToge_KumotoriYama.gdb」をダウンロード

【参加予定者】5/26 現在 35名(申込み順、敬称略)
040F.TGH 147.MTM 132.ONK 278.NSM 108.HDK 160.KWS 103.NZE 115.YMS 163.WTN 119.OON 207.KIS 164.INU 197.GTU 217.HDT 018.NKG 240.YSN 247.SMZ 270.MYS 048F.HMM 078.GTU 104.HYS 088.SZK 052.OOS 274.KTN 214.KBT 016.TKM 041.SOJ 244.KNK 084.SBT 167.IKD 314.NSJ 053.HGN 389.NBK 382.TMT 022.MRI(きよもり)

【写真】9年前の写真です。
030406_kumotoriyama_kyuhanasetoge_2030518_kumotoriyama_kyuhanasetoge_0030518_kumotoriyama_kyuhanasetoge_2

Posted on 5月 26, 2012 at 06:28 午後 | | コメント (0)

2012.05.25

120525-2 カラスのエンドウ

120525-2 カラスのエンドウ
120525-2 カラスのエンドウ
子供の頃は大阪市内でも結構田んぼや畑があって学校の帰り道にあぜ道に雀のエンドウやカラスのエンドウがありました。
ため池にはモロコやヤゴもいて、寄り道には不自由しなかったのを、裏六甲の会社の通勤道でたまたま見かけたカラスのエンドウの鞘を見つけて懐かしく思い出しました。
昔はテレビも無かったし、パソコンももちろん無かったけど、遊びには不自由しなかったですね。

Posted on 5月 25, 2012 at 06:19 午後 | | コメント (0)

120525 東京スカイツリーからの天望Ⅱ

Soramado120520_0000 実際に展望台に上がれるまで待てないから、という理由でもないのですが、やはり地元に出来た東京新名所のことは気になります。
 空窓の紹介はしましたが、年間1050円だったら使わないで公開するより、使ってみた方がよいといつもの野次馬根性で早速申込みしました。
 やはり、ズーム機能と日付・時間を選んで同じアングルの天望を見られるというのはかなり楽しいです。

 この写真はきよもりが25年間住んでいた墨田区北部の昨夜深夜のビューです。
 左手前の隅田川にかかる桜橋(X橋)、上流の白髭橋、右手上に伸びる光の帯は水戸街道でその先に四ツ木橋と新四ツ木橋が並びますから、まさに地元の様子が24時間いつでも見られるというのはかなり恵まれていると言ってよいでしょう。


Posted on 5月 25, 2012 at 09:50 午前 | | コメント (0)

2012.05.24

120524 JNKさん/西国街道5を無事完歩

 昨日は汗ばむほどの暖かい好天に恵まれ、JNKさんは関西ハイク山友会・西国街道5「上大市から石橋」に参加させていただきました。
 きよもりは仕事で出勤でしたが、JNKさんがGPSに歩行データを持って帰ってくれましたから、今度は歩いた軌跡を見ながら、街道の様子などを思い浮かべて楽しませていただきました。
 仲谷さん、同行していただいた会員のみなさんJNKがお世話になり有り難うございました。

【仲谷さんの例会案内】
第103回例会  ゆっくり歩こう28  街道シリーズ6                         
  西国街道5 上大市から石橋            初級向き
5月23日(水) 雨天中止:50 %以上、気象情報:大阪府(06 -177)  
集  合  門戸厄神駅(阪急今津線)  9時30分
行  程  門戸厄神駅―武庫川公園―昆陽寺―天神社―大鹿東口―辻の碑―住吉神社―石橋駅(阪急宝塚線)(解散16時20分頃)      
費  用  交通費各自
地  図  2万5千=「宝塚」「伊丹」
装  備  一般日帰り山行(平地歩きに適した服装・靴)
(L)   仲谷礼司  (SL)沖  伸
コメント:西国街道の5回目は上大市から石橋へ。ここには昆陽宿の中心になる昆陽寺があります。この区間は集合場所の都合で反対向きに歩きます。ゆっくり歩きます。歴史に関心のある方はご参加ください

【地図】 GPSの軌跡です
断面図は高低差がほとんど無いのであまり意味がありませんが、歩行時間:約6時間30分、歩行距離15.3km、で結構ロングコースです。
お疲れ様でした。
断面図
GPSトラックの歩行ルート図
前半・門戸厄神~昆陽寺
後半・天神社~石橋

断面図
120523t_saigokukaido5_montoyakujin_

GPSトラックの歩行ルート図
前半・門戸厄神~昆陽寺
120523t_saigokukaido5_montoyakuji_2

後半・天神社~石橋
120523t_saigokukaido5_montoyakuji_3

参考までにGPSのトラックデータを添付します。多分、googleMapなどでも読めるかもしれません。
「120523T_SaigokuKaido5_MontoYakujin_Ishibashi.gdb」をダウンロード

Posted on 5月 24, 2012 at 06:32 午前 | | コメント (0)

2012.05.23

120523-2 東京スカイツリーからの天望

120523_skytreeview01

120523_skytreeview02

 東京の自宅はスカイツリーから歩いても20分くらいの近くなので、工事中から結構興味を持ってみていましたが、いまは神戸なので、なかなか天望台にあがる機会がありません。
 そこでお奨めなのは360℃の天望を365日間限定で24時間WEBに公開する有料サービス。
 無料でも直近数時間の画面は見られるようですが、有料会員になると過去に遡って画像を見たり、ズームアップも出来るそうです。

【日経ニュースの引用】
日経ニュース 2012年5月22日
東京スカイツリーからの眺望をWebで楽しむサービス、乃村工藝とテンクーが提供羽野 三千世=ITpro

 空間デザイン会社の乃村工藝とITベンチャーのテンクーは2012年5月22日、東京スカイツリー展望デッキからの眺望を、1時間ごとの360度パノラマ写真で提供する有料Webサービス「SKYTREE VIEW ソラマド」を開始した。東京スカイツリーのオープンから1年間の期間限定(2012年5月22日正午から2013年5月21日まで)で公開する。

 同サービスは、東京スカイツリーの第1展望台から撮影した360度パノラマ写真を、Web上で自由に動かしながら閲覧できるというもの。写真は1時間ごとに更新され、過去の写真はアーカイブとして24時間365日ストックされる。ストックされた景色は、好きな日の好きな時間を指定して見ることが可能だ。

 利用料金は通常1200円。同日からしばらくの間は、オープンキャンペーン価格の1050円で提供するという

Posted on 5月 23, 2012 at 10:29 午前 | | コメント (0)

120523 JNKさんは西国街道へ/関西ハイク山友会例会

120523_saigokukaido_moronaotuka_2120523_saigokukaido_tujinoishibum_2 今日は平日なので、きよもりは出勤ですが、JNKさんは仲谷リーダーの例会に参加させていただきます。
 約13kmの行程ですが、断面図を見てもほとんど高低差がないので、登りの苦手なJNKさんには向いていると思います。ほとんど舗装道路の筈なので歩き易い靴を履いて行ってください。
 昔の街道の名残を訪ねながらの西国街道歩きは好評で、今回も45名の参加だそうです。
 車や交差点の横断に気を付けてください。

 それにしても、自分の下見計画(5/27 寺山峠~雲取山)もできていないのに、カミさんに頼まれたらイヤとは言えない損な性格です。でも、古い街道の踏み跡を推測しながら予想ルートをカシミール3Dの地図に書き込んでいくと何となく町の様子が想像できて楽しいです。

【仲谷さんの例会案内】
第103回例会  ゆっくり歩こう28  街道シリーズ6                         
  西国街道5 上大市から石橋            初級向き
5月23日(水) 雨天中止:50 %以上、気象情報:大阪府(06 -177)  
集  合  門戸厄神駅(阪急今津線)  9時30分
行  程  門戸厄神駅―武庫川公園―昆陽寺―天神社―大鹿東口―辻の碑―住吉神社―石橋駅(阪急宝塚線)(解散16時20分頃)      
費  用  交通費各自
地  図  2万5千=「宝塚」「伊丹」
装  備  一般日帰り山行(平地歩きに適した服装・靴)
(L)   仲谷礼司  (SL)沖  伸
コメント:西国街道の5回目は上大市から石橋へ。ここには昆陽宿の中心になる昆陽寺があります。この区間は集合場所の都合で反対向きに歩きます。ゆっくり歩きます。歴史に関心のある方はご参加ください

【地図】行程をよく知らないので推測です
予定コース断面図
推測予定ルート
前半・門戸厄神~昆陽寺
後半・天神社~石橋

伊丹市のウエブサイト・師直塚
高師直(こうのもろなお)の塚
南北朝時代の武将で,このあたりで戦死した高師直の塚です。
南北朝時代の観応2年(1351年)2月,幕府の将軍足利尊氏(あしかがたかうじ)と執事の高師直(こうのもろなお)は,尊氏の弟直義(ただよし)と打出浜(芦屋市)で戦い,敗れました。師直・師泰父子は京都へ帰る途中,武庫川を過ぎたあたりで敵方に襲われ討たれました。場所はよくわかりませんが,江戸時代の山田村にはすでに高師直塚があり,「山崎通分間延絵図」にも塚地が西国街道北側に描かれています。大正4年(1915年)になって村の人々が石碑を建てましたが,その後場所が転々とかわって現在地に移りました。

伊丹市のウエブサイト・辻の碑
辻の碑(いしぶみ)
昭和40年(1965年)に市の史跡に指定された辻の碑は,西国街道と多田街道とが交叉するいわゆる「辻」に建っています。高さ92センチ,幅76センチの自然石で,鋭角を上方に向けて建てられています。平成9年末に碑を納める覆屋が新調され,石張りの広場が整備されました
更新日 2008年07月22日

碑の表面には銘文があって,多くの文字が刻まれていたようですが,長年の風雨にさらされて摩滅し,いまでは中央上方に刻まれた一行「従東寺拾里(とうじより10里)」のほかは読み取れません。しかし,寛政10年(1798年)に刊行された『摂津名所図会(ずえ)』によると,その下には,「距関戸(せきとにいたること)七里,距須磨(すまにいたること)七里,距天王(てんのうにいたること)七里,距大小路(おおしょうじにいたること)七里」ときざまれていたそうです。

関戸・須磨・天王・大小路は下に記すように,摂津国と四方の国との国境(くにざかい)に位置する地名です。つまり,ここは京都の東寺(教王護国寺)から約40キロで,かつ,四方の国境からそれぞれ約28キロの,摂津国の中心ということになります。

関戸  山城国との国境  京都府大山崎町の関戸院のこと
須磨  播磨国との国境  神戸市須磨のこと
天王  丹波国との国境  三田市母子(もうし)の天王嶺のこと
大小路 和泉国との国境  堺市大小路のこと
だれが,いつ,何のために,建てたかは,今のところわかりません。
【地図】
予定コース断面図
120523_saigokukaido5_montoyakujin_i
推測予定ルート
前半・門戸厄神~昆陽寺
120523_saigokukaido5_montoyakujin_2
後半・天神社~石橋
120523_saigokukaido5_montoyakujin_3
「120523_SaigokuKaido5_MontoYakujin_Ishibashi.gdb」をダウンロード


Posted on 5月 23, 2012 at 06:06 午前 | | コメント (0)

2012.05.22

120522 5/21 金環日食観測会/御影高等学校校庭


 連日の山歩きで大忙しですが、昨日は早朝から世紀の天体ショーの観測会。
 早くから準備された兵庫県立御影高等学校・天文地学部の部員の皆さんやお手伝いの先生、学生さんに深く御礼申し上げます。

 会場には山仲間のKMRさんご夫妻、ARMさんも来られて久し振りにご一緒しました。
 秋葉で480円で買った日食観測グラスはデジカメにセットして撮影するにはよかったけど、レンズの透明度が低いせいか画像がくっきり撮れなかったのは残念でした。
 これほど好天に恵まれてきれいに見えるんだったら、もっと本格的なカメラ用の遮光フィルターを買っておけばよかったですね。
 日本本土では今世紀中には次のチャンスはないから、まさに一期一会のイベントで満足しました。

Posted on 5月 22, 2012 at 05:02 午前 | | コメント (0)

2012.05.21

120521-2  山法師と日食観測

120521 山法師と日食観測120521 山法師と日食観測120521 山法師と日食観測120521 山法師と日食観測 今朝は金環日食を見るため早めにマンションを出て、前庭に満開の山法師を見てから御影高校の校庭へ
 早朝にも拘わらず数百人の方が詰めかけて大盛況でした。
 心配した雲も具合良く切れて、綺麗な金環を見ることができました。
 帰路、駐車していた単車のパネルに三日月型の影が投影されて、何となくうれしかったです。

Posted on 5月 21, 2012 at 08:44 午前 | | コメント (0)

120521 5/20 永谷坂から尼公峠 お地蔵様三体を中心に

 昨日は初夏を思わせる暖かくて穏やかな好天に恵まれました。
 ショートコースでアップダウンも少ない尾根歩きだったので、皆さん一糸乱れず最初から最後まで快調に歩き通していただいたので、川上で待機するバスに着いたらまだ15:15でした。
 これまでの例会ではなかなか実現できなかった立ち寄り温泉も今回は余裕を持って「あやべ温泉」でゆっくり汗を流せました。
 参加していただいた35名の皆さん、有り難うございました。

 取りあえず、記念写真と今回周りを片付け、前掛けで化粧直しできた菅ノ坂のお地蔵様を中心に、地蔵三体の写真を掲載させていただきます。
 さあ、金環日食を見に行きましょう!
【写真抜粋】
120520_nagatanisaka_nikotoge__01_2120520_nagatanisaka_nikotoge__02_2120520_nagatanisaka_nikotoge__03_2

120520_nagatanisaka_nikotoge__04_2120520_nagatanisaka_nikotoge__05_2120520_nagatanisaka_nikotoge__06_2


Posted on 5月 21, 2012 at 06:08 午前 | | コメント (0)

2012.05.20

120520 無事下山してあやべ温泉

120520 無事下山してあやべ温泉120520 無事下山してあやべ温泉 15時15分に尼公峠から川上に降りてきました。
 予定より1時間半早いので例会としては初めて、きよもりにとっても久し振りにあやべ温泉で汗を流して皆さん満足していただけたと思います。
 有り難うございました。

Posted on 5月 20, 2012 at 04:53 午後 | | コメント (0)

2012.05.19

120518 快晴の愛宕山

120518 快晴の愛宕山 予報通り今日は綺麗に晴れました。
 愛宕三角点から芦見谷、竜ヶ岳、愛宕神社、ツツジ尾根を周遊なので18kmもあるロングコースです。

Posted on 5月 19, 2012 at 08:32 午前 | | コメント (0)

2012.05.18

120518 明日は快晴

120518 明日は快晴 明日は関西ハイクの例会に愛宕山へ行きます。
 九輪草が見頃だそうですから、楽しみです。
 ロングコースなので水分塩分補給とJNKさんは蛭対策をしっかりして行きましょう。
 明後日もきよもりの例会だから久し振りに日帰り連チャンです。

Posted on 5月 18, 2012 at 06:30 午後 | | コメント (0)

2012.05.17

120517 関西ハイクの例会に参加:5/19 愛宕山から竜ヶ岳

Img_1516061_50669152_1_2 関西ハイク山友会が発足して半年あまり。
 リーダーとして例会はもちろん下見は毎週のように行っていますが、他のリーダーの山行にはなかなか参加できません。
 ようやく仕事の方が一段落して、土曜日が休めることになったので、初めて宮野さんの例会に参加させていただけることになりました。
 先に申込みしているJNKさんの付き添いが主体になりそうですが、よろしくお願い申し上げます。

 それにしても推測で予定ルートを書いてみたら、かなりのロングコースです。
 翌日には自分の例会がありますから、疲れを残さないようにゆっくり歩きたいと思います。

【例会案内の引用】
第99回例会  土曜チョット歩き7
  京都北山 愛宕山・竜ヶ岳
     一般向き

期 日:  5月19日(土) 
 雨天中止:60 %以上、気象情報:京都府南部(075 -177)  
集 合:  JR保津峡駅 8時30分
行 程:  JR保津峡駅―(東海自然歩道)―清滝―大杉谷―愛宕三角点―芦見谷―竜ヶ岳―愛宕神社境内―つつじ尾根―JR保津峡駅(解散16時頃)

費 用:  交通費各自
地 図:  昭文社=「京都北山」
 断面図予想ルート
装 備:  一般日帰り山行
リーダー:  宮野哲郎さん
コメント 【芦見谷湿地帯のクリンソウが咲いている頃です】

【地図】
断面図
120519_atagoyama_ryugatakedanmen

予想ルート
120519_atagoyama_ryugatake

 

Posted on 5月 17, 2012 at 12:13 午前 | | コメント (0)

2012.05.16

120516-2 日食観測の予行演習

120516 日食観測の予行演習120516 日食観測の予行演習120516 日食観測の予行演習 観測用めがねを使って太陽を撮影してみました。
 秋葉で500円で買ったけど接眼部分はガラス製でフラットだから意外に使いやすいです。

 光が遮断されるので、手持ちではどうしてもブレます。
 本番では三脚でカメラと観測用眼鏡を固定してズームで撮ると結構良い写真が撮れるかも知れません。
 もちろん天候次第ですけど・・・

 翌日、デジカメを使って、観測用眼鏡をレンズに固定して再度写真を撮りました。 
 あいにく太陽に雲がかかっていて、はっきりした輪郭は撮れていませんが、ブレは気にならない程度で、5倍ズームでも問題ないことが判りました。

【写真】デジカメの写真
120517_nissyokutest01120517_nissyokutest02

Posted on 5月 16, 2012 at 01:01 午後 | | コメント (0)

120516 5月21日の朝は金環食

120521_kinkansyoku 来週初めの5月21日は日本のかなりの地域で金環食が観測できます。
 本州で見られるのは1883年以来と云うことですから、実に130年ぶり、いま生きている人々には次のチャンスはありません。
 見える時間は朝7:30頃なので、ちょうど通勤時間中ですが、JNKさんなら、御影高校へ行って天文地学部の学生さん達の解説をお聞きしながら校庭でゆっくり観測できますね。
 真円のダイヤモンドリングが見られるのは東京、静岡、潮岬、枕崎を結んだ直線上が最高ですが、神戸市内でも短時間ですが円が欠けない金環状になりますから問題ありません。

 金環食観測のガイド頁がありましたので、非常に参考になります。
 有り難うございます。
神戸市東灘区の2012年5月21日の金環食予測

【御影高校グラウンドでの観測会のお知らせ】
神戸市東灘区の観測会・日食イベント情報
他にもご存じの方がいましたらぜひ当サイトにお知らせ下さい。自薦・他薦を問わず掲載は無料です!

名称 御影高校金環日食観察会
場所 御影高校グラウンド
時間 7:00~7:45
料金 無料
予約 無し
定員 500名
説明 日食観察用フィルターの無料配布(先着500名程度)
主催 兵庫県立御影高等学校 天文地学部
URL http://www.hyogo-c.ed.jp/~mikage-hs/h24/kinkan_nissyoku/kinkan_nissyoku.html

120521_kinkansyoku2


Posted on 5月 16, 2012 at 10:53 午前 | | コメント (0)

2012.05.15

120515 山行計画:5/20 若丹・永谷坂から尼公峠/関西ハイク山友会第102回例会

120512_nikotoge 山行計画:5/20 若丹・永谷坂から尼公峠
関西ハイク山友会第102回例会/若丹国境尾根縦走第3回

 第78回例会 若丹国境「吉坂峠から三国岳」は行程が長く、アップダウンが急で参加していただいた皆さんには大変ご苦労をおかけして申し訳ありませんでした。
 5月20日の第102回例会 若丹国境「永谷坂から尼公峠」は前回とは違って、アップダウンも少なく、最後の尼公峠(ニコトウゲ)から川上への下り道以外は長い下りもありません。尼公峠にも、その手前の菅ノ坂にも古いお地蔵さんがあって、若狭と丹波を結ぶ古道が残っていますが、車社会になって峠道はかなり荒れていますので、尼公峠からの下り道はご注意ください。
 天気がよければ、小浜湾や、青葉山の双耳峰を眺めながら新緑の広尾根歩きを堪能していただけると思いますのでご期待ください。

【山行計画】
関西ハイク山友会 第102回例会 若丹国境「永谷坂から尼公峠」
日 時:平成24年5月20(日)10:30~16:50
集 合:JR京都駅/八条西口 7時40分 団体バス乗り場

【雨天の場合】
前日(5/19) 17:00発表の気象情報で、京都北部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は開催を中止します。
℡情報:0773-177(前5月19日(土) 17時発表の予報)
なお、雨天で例会が中止になった場合、翌月以降の計画をずらせて、全行程縦走を目指します。

参加予定者:35名
コース:永谷坂(10:30頃)―妻谷尾(△412.2m)―鳩ヶ峰(△574.3m)―菅の坂―尼公峠―川上・田井谷林道(17:00頃)
レベル:一般向き
(展望良好)
地 図:25000分の一陸側図「東舞鶴」「高浜」「口坂本」
 断面図予定ルート図
行 程:約6.5km 所要時間:6時間10分(歩行:4時間30分、休憩昼食:1時間40分)
 京都駅(7:40頃)⇒京都縦貫・舞鶴道/貸切バス⇒府道1号・永谷坂(10:30 頃)
 永谷坂(280m、10:40頃)―30分―妻谷尾(△412.2m)―40分―右折点(510m、12:00頃、昼食)―60分―鳩ヶ峰(三等三角点574.3m)―20分―菅の坂(474m)―20分―左折点(530m)―60分―尼公峠(410m、16:00頃)―40分―川上・田井谷林道終点(16:50頃)
 川上(17:00頃)⇒京都縦貫/貸切バス⇒京都駅(19:30頃、解散)
  時間があれば、帰路に「あやべ温泉」TEL 0773-55-0262に寄ります。
装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、着替え、雨具、スパッツ、ストック
費 用:3000円(貸切バス代2900円+参加費100円)

【参加者】
参加予定者:35名 【申込順敬称略】
196.KWT 213.KMR 343.NKJ 351.HMD 160.KWS 040F.TGH 135.KMR 016.TKM
115.YMS 027.WTN 052.OOS 285.MKN 244.KNK 189.ITO 078.GTU 080.KMT
131.OGT 141.NGS 041.SOJ 123.TKU 274.KTN 048F.HMM 197.GTU 033.MRI
177.HRE 134.KTG 145.FKS 270.MYS 114.MWN 051.KNU 039.KIK 365.TNB
088.SZK 065F.OKM 022.MRI

【地図】
断面図
120520_nagatanisaka_nikotogedanmen

予定ルート図
120520_nagatanisaka_nikotoge

Posted on 5月 15, 2012 at 01:40 午後 | | コメント (0)

2012.05.14

120514 腰痛

120514 腰痛 120514 腰痛 先週の東京出張で痛めた腰が2日間22kgを担いで若丹を歩いて更に痛みがひどくなりました。
 今朝病院へ行って、レントゲンを撮って検査してもらいました。
 骨には異常なく、筋肉疲労から軽い捻挫だそうで安心しました。
 腰を捻ると激痛が走るのでコルセットをもらって絞めたらスッキリ痛みが無くなりましたから、当分例会にはコルセットを着けていきます。
 JR灘駅は以前のレトロな感じからは一変しましたが、天井が高くてしっとり落ち着いた雰囲気が好ましいです。

Posted on 5月 14, 2012 at 01:56 午後 | | コメント (0)

2012.05.13

120513 無事下山

120513 無事下山120513 無事下山 尼来峠から野鹿谷出合まで林道を降りて、タクシーで小浜に帰ってきました。
 「濱の湯」で汗を流して小浜からJRバスで近江今津に出て帰ります。

Posted on 5月 13, 2012 at 06:34 午後 | | コメント (0)

2012.05.12

120512 山家へ

120512 山家へ 昨夜は2時就寝で、今朝は4時起きだからまだ目が覚めていません。
 昨夜、台湾から帰られたOKMさん、静岡からロングサポートを終えてやっと帰られたISHさん。
 皆さん多忙です。
 今日は休養を兼ねた山行になりそうです。

Posted on 5月 12, 2012 at 07:24 午前 | | コメント (0)

2012.05.11

120511 下見計画:5/12~13 若丹国境・尼公峠~尼来峠~頭巾山

041229_31_mikunidake_amagitouge025 関西ハイク山友会の例会で若丹国境尾根の縦走を3月から始めましたが、同行程を最後に歩いてからすでに4年近く(08/9/13~15)も経過しているため下見は欠かせません。
 下見は日帰りとはいかず幕営となるため、どうしても荷物が重くなります。今回は尼公峠から尼来峠(幕営)から頭巾山と初日はアップダウンは少ない楽な行程ですが、二日目は丸山と頭巾山の二回の登りがあり結構ハードです。
 下見に同行していただけるかたは3名です。
  038.ISHさん、065.OKMさん、204.IWMさん、よろしくお願い申し上げます。
 写真は2004年12月31日に単独で大雪の中やっとたどり着いた尼来峠で雪を被ったお地蔵様を撮ったものです。この時は三国岳から永谷坂で幕営し、二日目は雪と競争するように尼公峠までなんとか歩いて幕営、翌朝大雪の降り積もる中を昼過ぎに尼来峠に青息吐息で着きましたが、ここから大雪をラッセルをして頭巾山まで登る切る自信もなく、若狭側の尼来谷へ雪に覆われた倒木に七転八倒しながら下って、日没と競争するように林道を老左近(おいさこ)まで3時間歩きました。
 この時、カモシカとにらめっこしてお互いビックリしたのを思い出します
 050122 若丹国境52:続・三国岳~尼来峠

 今回はベテラン3名の方に同行していただけるので安心ですが、日帰りの例会を想定して、尼来峠から丹波側の下山ルートも確認する予定です。
 また、尼来峠は8年前とは様変わりで斜面全体が伐採されていますので、若狭側の登路も出来れば確認しておこうと思います。

【山行計画】
関西ハイク山友会 例会下見 若丹国境「尼公峠から尼来峠~頭巾山」
日 時:平成24年5月12日 (土)~13日(日)
集 合:JR山陰線・京都駅32番ホーム 6:38発 福知山行きに乗車(前から2両目)

 参考:住吉5:12⇒吹田5:50⇒6:27京都6:38⇒8:15山家

 雨天決行です
参加予定者:4名/038.ISHさん、065.OKMさん、204.IWMさん、 022.MRI

コース:
 5/12(土) 
 京都6:38⇒山家⇒タクシー⇒古和木川林道奥(9:00頃)
 古和木川林道―尼公谷出合―尼公峠―横谷三角点(昼食)―尼来峠―永谷出合(折返し)―尼来峠―尼来谷源流(17:00頃、幕営)
 5/13(日)
 尼来谷源流(7:00出発)―尼来峠―丸山―頭巾山(△871.0m、昼食)―野鹿谷林道―老左近(15:40頃)
 老左近⇒タクシー⇒小浜⇒JRバス⇒近江今津⇒湖西線⇒京都(解散)

レベル:中級向き (幕営装備、食料持参)

地 図:25000分の一陸側図「高浜」「口坂本」

行 程:約19.8km 所要時間:16時間30分(歩行:12時間10分、休憩昼食:4時間20分)
 5/12(土) 行程:8.6km 所要時間:7時間50分(歩行:5時間50分、休憩昼食:2時間00分) 
 京都6:38⇒8:15山家8:20頃⇒タクシー(日交タクシー)⇒古和木川林道奥(9:00頃)
 古和木川林道(250m、9:10頃)―30分―尼公谷出合(280m)―60分―尼公畑―20分―尼公峠(413m、11:10頃)―60分―横谷三角点(573.0m、昼食)―60分―P581m―30分―尼来峠(530m、15:00頃)―30分―永谷出合(325m、折返し)―40分―尼来峠(530m)―20分―尼来谷源流(480m、17:00頃、幕営、夕食、就寝20時頃)

 5/13(日) 行程:11.2km 所要時間:8時間40分(歩行:6時間20分、休憩昼食:2時間20分)
 尼来谷源流(480m、朝食、撤収、7:00出発)―30分―尼来峠(530m)―30分―丸山取付(610m)―30分―丸山(761m、9:00頃)―60分―北稜分岐(820m)―30分―頭巾山(△871.0m、11:00頃、昼食)―120分―野鹿谷林道(390m、14:00頃)―50分―尼来谷分岐(220m)―30分―老左近(180m、15:40頃)
 老左近16:00頃⇒タクシー(小浜・三福タクシー)⇒小浜(17:00頃)17:55⇒JRバス\1290⇒18:53近江今津19:14⇒湖西線⇒20:19京都(解散)
  小浜発JRバス時刻:14:55、15:55、16:55、17:55、18:55 (近江今津駅まで所要時間58分)
  近江今津発京都方面JR 時刻:16:09/16:57京都、17:08/17:57京都、18:26/19:33京都、19:14/20:19京都、19:59/21:05京都、19:10/22:02京都

装 備:昼食弁当2回分、夕食(ご飯おかず)、朝食/計4食分、副食、飲み物(尼来峠源流は水があります)、防寒具、着替え、雨具、スパッツ、ストック
幕営個人装備:寝袋、マット、ヘッドランプ
幕営団体装備:テント4人用(森井持参)、コンロ2個+ガス(OKM、森井各1)、湯沸かしコッフェル(OKM、森井各1)、食器+箸(森井4組持参)、魔法瓶(各自)、ランタン(森井)

費 用:3350円(交通費のみ)
 京都起点交通費
  JR京都⇒山家:1110円
  小浜⇒近江今津(JRバス):1290円
  JR小浜⇒京都: 950円
   山家から古和木谷奥まで、老左近から小浜までのタクシー代は山友会共通費で負担(2万円くらい)
   温泉はありませんが、時間に余裕があったら小浜の「御食国若狭おばま 濱の湯 \600」に行きます。
地図などは続きを見てください 

【地図】
断面図
 5/12
 120512_nikotoge_amakitogedanmen

 5/13
 120513_amakitoge_tokinsandanmen

予定ルート図
 5/12
 120512_nikotoge_amakitoge

 5/13
 120513_amakitoge_tokinsan

【カシミール3Dの予定コースデータ】
「120512_NikoToge_AmakiToge.gpx」をダウンロード
「120513_AmakiToge_TokinSan.gpx」をダウンロード

【8年前の写真】
041229_31_mikunidake_amagitouge028

Posted on 5月 11, 2012 at 05:08 午後 | | コメント (1)

2012.05.10

120510 ブログ1,000,000アクセス目前

120510_cocologaccess あと追いでブログの更新をします。
 ブログのサイドバーに表示されている通り、きよもりがブログを始めたのが2004年1月1日ですから、8年半になります。カウンターも95万アクセスを超えたので、今年いっぱいで壱百万アクセスを越えることはほぼ確実です。
 特に最近は関西ハイク山友会の会員の皆さんで毎日覗いていただける方が増えているようで有り難うございます。
 元々は、山の記録を手帳に書いていたものを地図や写真も含めて日記風に整理できたらよいなと思って始めましたが、無芸多趣味で山の話題がないときには電脳煩悩でパソコンの話題に触れたり、映画や読書、天気予報など何でも来いで日々途切れないように意識して写真付きの記事を書き続けてきました。
 2004年と云えばまだブログという呼称が一般化する前でしたから、8年以上もよく続けてきたと感心します。
 毎日更新と言っても、日付のバックデートや、予約が出来るようになったし、携帯からも投稿できるので、その気になったら毎日更新を装うのはそれほど難しくありません。でも、やっぱり毎日更新してこそ値打ちがありますから、今回のように3週間もしてから穴埋めするのは非常に心苦しいのですがお許し下さい。

120510_pasokonrack JNKさんのパソコンラックの脚が折れてしまいました。引っ張り出して修理しょうとしたら、また1本折れて、元々の脚コマ車がやわいためだとわかり、買い替えることにしました。
 パソコンの買換とほぼ同時だったので、新しいラックの到着まで買い替えたパソコンのインストールが遅れました。
 山と仕事に追われていたのでラックの修理が優先と言ってJNKさんには待ってもらいましたから、苦しい言い訳でした。

Posted on 5月 10, 2012 at 05:45 午後 | | コメント (0)

2012.05.09

120509 万世カツサンド

120509 万世カツサンド ちょっと早めにつくばを出て神戸に帰ります。
 大きなトラブルもなくてよかったけど、主力のいない裏六甲の会社の方が心配です。

Posted on 5月 9, 2012 at 06:44 午後 | | コメント (0)

120509 オナカスイタ

120509 オナカスイタ120509 オナカスイタ 今日もホテルに帰ったら24時30分
 昼間は一歩も会社の外へは出ないし、真っ暗の道をホテルへ戻るから景色を見られるのは、朝だけです。
 今朝は曇っていて筑波山は見えなかったから明日の朝も見られなかったら折角の張り合いがなくて残念です。

Posted on 5月 9, 2012 at 12:56 午前 | | コメント (0)

2012.05.08

120508 つくば

120508 つくば 2時に寝て06時30分に起きたから普段と同じです。
 コンピューターはちゃんと動いているから、安心です。
 熱は下がりましたか?

 つくばは関東平野がどこまでも広がって何もありません。
 でも、秋葉まで40分だから住宅地がどんどん増えているようですね。
 ξきよもり

>おはようございます。お疲れ様です。消化のいいものをゆっくり食べてくださいね〜。JNK
>
>>24時を過ぎてどこも開いていなかったから、セブンイレブンでミートスパゲティとおにぎり2個の晩ご飯でした。
>>三食おにぎりは初めてです。
>>ξきよもり

Posted on 5月 8, 2012 at 08:42 午前 | | コメント (0)

2012.05.07

120507-2 新幹線は満員

120507 新幹線は満員120507 新幹線は満員 新大阪駅は6時前なのにスーツに大きなバッグを持ったビジネスマンが改札口に殺到していて異様な雰囲気
 新幹線の指定席もダークスーツに大きなバッグを網棚に乗せた男性で満席です。
 GWの単身赴任帰省から東京の会社に直接出勤。
 6時00分始発だと8時28分東京なので始業時間に間に合うのです。

 こちらも久し振りに新幹線の車内でモバイルルータを使って社内にアクセスしましたが、早いし途切れないから快適です。
 新幹線もネットもどんどん早くなって生活に余裕が出来るはずが、かえって時間に追われるようになった気がします。

Posted on 5月 7, 2012 at 08:05 午前 | | コメント (0)

120507 始発

120507 始発 今日はまた始発の新幹線で東京に向かいます。
 昨日は例会で京都だったから、東京から帰ってきましたが、行ったり来たりで結構慌ただしいです。

Posted on 5月 7, 2012 at 05:11 午前 | | コメント (0)

2012.05.06

120506 無事下山

120506 無事下山 下見のお陰で心配した崖崩れの虎ロープもスイスイとクリアして、前ヶ畑峠のお地蔵様も復活していただいてお地蔵様の御利益で午後からは日射しも回復しました。
 予定より1時間早く下山できたので北大路で反省会をして帰ります。

Posted on 5月 6, 2012 at 06:14 午後 | | コメント (0)

2012.05.05

120505 ベレー帽

120505 ベレー帽120505 ベレー帽 アメ横だけは20年前と変わっていないと書きましたが、アメ横の中田商店は多分50年も前から同じ場所でアメリカ軍の放出衣料やバッグなどを販売しているのだと思います。
 このベレー帽はここにしか売っていません。

Posted on 5月 5, 2012 at 10:20 午前 | | コメント (0)

2012.05.04

120504 バーミヤン

120504 バーミヤン120504 バーミヤン 昼前に息子と合流して、昼ご飯
 息子は朝から何も食べていないからとラーメン、餃子、チャーハンにカルパチオと青菜炒めまで食べていましたが、こちらは、ビールとタケノコ肉炒めだけです。

Posted on 5月 4, 2012 at 04:19 午後 | | コメント (0)

2012.05.03

120503-3 晩ご飯は858円

120503-3 晩ご飯は858円120503-3 晩ご飯は858円 秋葉ですっかり時間が経ってしまったので、取りあえず錦糸町回りで帰りました。
 「クイーンズ伊勢丹」では、鶏のソテーもソーセージもライスまで半額処分だからメッチャ安いです。
 これと30%offのカツサンドとバナナまで買っても858円でした。
 でも息子は今夜も仕事なので、独りで食べる晩ご飯はやはり寂しいですね。
 ビールは昨夜帰ってくると言うので、わざわざ買っておいてくれたロング缶です。ちなみに息子は一滴も飲めません。

Posted on 5月 3, 2012 at 09:51 午後 | | コメント (0)

120503-2 秋葉変身

120503-2 秋葉変身120503-2 秋葉変身120503-2 秋葉変身 かつては家電の街であり、20年前にはパソコンの街へと時代に合わせて変身を遂げた秋葉原ですが、常にその時代を先取りしてきたこだわりがあったように思います。
 今日は独りで15時〜20時まで表、裏、最後にヨドバシと徘徊しましたが、食べ物屋が乱立し、アニメショップやゲーム機、携帯やMacなどなど多彩な店が表通りを席巻し、パソコンショップやバーツ屋は裏路地で細々と息をついでいました。
 やっぱり寂しいですね。

 ガンダムカフェやらAKB48カフェショップなど、いまのオタクはあくまでも明るくて開放的です。
 秋葉原デパートもatre1として綺麗な建物に生まれ変わりました。でも、あのごみごみした、秋葉にしかない飾らない雰囲気はすっかり影をひそめてしまったようです。
 やっぱり寂しいですね。

Posted on 5月 3, 2012 at 08:48 午後 | | コメント (0)

120503 東京スカイツリー

120503 東京スカイツリー120503 東京スカイツリー120503 東京スカイツリー 東京の家は東京スカイツリーのすぐ隣の駅なので昼ご飯のついでちょっと見ようと、押上のペッパーステーキを食べに来たら雨にもかかわらずすごい人出
 駅前のペッパーステーキは居抜きでトンカツ屋に替わっていましたが、ハラミステーキが800円だから名前が変わっただけかも知れません。
 今からアメ横です。

Posted on 5月 3, 2012 at 02:20 午後 | | コメント (2)

2012.05.02

120502 花隈

120502 花隈 はなくまと聞いても、ドラゴンクエストでブレイクした堀井雄二さんの出世作「ポートピア連続殺人事件」で名前だけは知っていた程度です。
 三ノ宮が神戸の歓楽街の中心になる前には元町と直結した歓楽街として栄えたのは今は昔のお話です。
 今日もJNKさんにお付き合いして花隈の専門病院に来ました。
 生憎の雨です。

Posted on 5月 2, 2012 at 09:58 午前 | | コメント (0)

2012.05.01

120501 妙心寺

120501 妙心寺120501 妙心寺120501 妙心寺120501 妙心寺 病院からその足で京都御室へやって来ました。
 妙心寺北門に地蔵尊の前掛けを売っているのをネットで見つけたので、高熱でおとなしくしていればいいのに、JNKさんも一緒です。
 塔頭の霊雲院の深紅の躑躅や退蔵院の牡丹など平日なのでゆっくり拝観させていただきました。
 もちろん、地蔵さんの涎掛けもバッチリ!

 さすがは八百八寺と云われる京都、地蔵盆の街角の行事も健在だし、念仏寺のよう何百体ものお地蔵様をおまつりするお寺もあるからこそでしょう。
 右京区御室・妙心寺北門前にあるカワシマという婦人服店兼業のお店です。
 電話での注文も受けておられるそうです。

Posted on 5月 1, 2012 at 03:23 午後 | | コメント (0)

120501 熱発-3

120501 熱発-3120501 熱発-3120501 熱発-3 きよもりの発熱は一晩で下がって例会の下見も無事完了しました。
 ところがJNKさんの熱が丸三日間下がらず、今日は朝から神鋼病院で精密検査を受けました。
 でもインフルエンザでも肺炎でも無いと判って少し安心しました。

 昨夜は泊まりの下見の練習も兼ねて、ピンチヒッターで久し振りにキッチンに立ってポトフを作りました。
 朝からほとんど何も食べていなかったこともあって結構おいしかったです。
 お粥しか食べられないJNKさんもジャガイモが美味しいとほとんど全部食べられてしまいました。

 病院前の車道脇にひっそりと咲いていた小さな花
 直径1cm位しかありませんが鮮やかなコバルトブルーで目を引きました。
 今回も何の草花?掲示板で教えていただきました。
 ファセリア・カンパニュラリア(Phacelia campanularia)というカリフォルニア原産の園芸種だそうです。

Posted on 5月 1, 2012 at 11:50 午前 | | コメント (0)

120501 山行計画【最終版】:5/6 京都北山「トンボユリからナッチョ」 関西ハイク山友会・第89回例会

120429_tonboyuri_nattyo__049 トンボユリという名前は昭文社の「京都北山1(旧版)」にも記載されているので、ご存じの方も多いのかも知れませんが、きよもりは3/4の第55回例会「百井峠からナッチョ」で京都市埋蔵文化財研究所の倉庫からナッチョに向かう途中で参加会員の方がここから下るとトンボユリ、と教えていただくまで全く知りませんでした。
 その時、石楠花が綺麗とお聞きしていたので、今回の例会に取り上げた次第ですから、割にいい加減な動機かも知れません。

 今回歩くにあたって、HPで色々検索しましたが、限られた数グループの方しか歩いておられず、かつ、ユリ道は長年の放置でかなり荒れているようでした。

 4/29(日)の下見で事前確認ができましたから、当初の予定を若干変更しますが、トンボユリの南尾根からはいって、旧前ヶ畑峠までよく踏まれたトンボユリの古道をたどります。
 午後からはナッチョを往復して最後はトンボユリの北尾根を下って小出石に戻りたいと思います。

 なお、金久昌業氏の「北山の峠・上」に八丁坂として、40年以上前の記述ですが、情緒溢れる文章で詳しい記述がありましたので引用させていただきます。
 樅の大木の根方にひっそりとたたずむお地蔵様の健在は下見の時に確認できましたから、周りの清掃も含めてお手伝いをお願いします。

【山行計画】
関西ハイク山友会・第89回例会  村田さんの足跡を訪ねる会・第11回
   京都北山 トンボユリからナッチョ

日 時:平成24年5月6日(日) 8:30~16:30
 同行程で 4月29日(日) に下見を行いました。同行していただいた4名の皆様有り難うございました。

集 合:京都バス 国際会館駅前 7時30分  
 ※19系統 7:40発 大原・小出石行きに乗車

 【雨天の場合】
 前日(5/5) 17:00発表の気象情報で、京都南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)の予報の場合は開催を中止します。
 ℡情報:075-177(前5月5日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:30名/4/30現在 (L)きよもり
下見参加者:5名/4/29完了 204.IWMさん、104.HYSさん、351.HMDさん、 227.OOIさん、022.MRI(きよもり)

コース:  国際会館駅前(バス)小出石―北谷出合―トンボユリ南尾根―トンボユリ道―旧前ヶ畑峠―ナッチョ812.6m(昼食) ―トンボユリ北尾根―小出石集会所(解散16時20分頃)
 【トンボユリという名前に惹かれて、2月は天候に恵まれなかったナッチョに再挑戦. トンボユリの尾根はシャクナゲとツツジが見頃です】
レベル:一般向き(一部藪漕ぎがあります、ユリ道は路肩が崩れている箇所があります) 
【留意点】
1.当日天候がよければ飲み水は多めに持参/尾根なので途中補給はできません
2.最初に浅い川を2回渡ります。スパッツ必携です。防水性の弱い靴なら靴下の替えをお持ちください。水量は足首までです。
3.トンボユリはほとんどアップダウンがない平坦な道ですが、処々路肩が崩れています。虎ロープを張ってきましたが、足元にご注意ください。慎重にゆっくり歩きます。

地 図:昭文社=「京都北山」、2万5千=「大原」
 断面図予定ルート

行 程:約9.3km、所要時間:8時間00分(歩行時間:6時間10分、休憩昼食:1時間50分)
 国際会館駅前7:40=京都バス\430=8:15小出石
 小出石(280m、8:30頃発)―30分―北滝橋(320m)―10分―トンボユリ南尾根―90分―ユリ道起点(570m)―60分―旧前ヶ畑峠(630m、12:00頃、昼食)―60分―ナッチョ(△812.6m、14:00頃、折返し)―30分―北尾根分岐(700m)―60分―北滝橋(320m)―30分―小出石(280m、16:30頃、解散)
 小出石16:40=京都バス\430=17:15国際会館駅前

装 備:昼食弁当、飲み物(暑いので余分に)、着替え、雨具、軍手、スパッツ、ストック
  旧前ヶ畑峠周辺を片付けますのでお持ちの方は、ノコギリもご持参下さい

費 用:交通費各自/バス代往復860円、(例会参加費100円が別途必要です)

【参考引用】 金久昌業著「北山の峠・上」 23~27頁
1
2
【地図】
断面図(変更しました)
120506_tonboyuri_nattyodanmen

予定ルート(変更しました)
120506_tonboyuri_nattyo

カシミール3Dのルートデータ(変更しました)
「120506_Tonboyuri_Nattyo.gdb」をダウンロード
【参加予定者】4/26 現在 29名+きよもり(申込み順、敬称略)
087.SDU 132.ONK 278.NSM 160.KWS 016.TKM 103.NZE 163.WTN 285.MKN 244.KNK 236.NKN 078.GTU 189.ITO 119.OON 123.TKU 048F.HMM 110.FNM 197.GTU 301.TKT 018.NKG 145.FKS 240.YSN 247.SMZ 270.MYS 067.OGR 088.SZK 134.KTG 290.YMZ 027.WTN 198.SSK 022.MRI
【写真】
120429_hattyosaka_ojizousama_3


Posted on 5月 1, 2012 at 12:02 午前 | | コメント (0)