« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012.03.31

120331-3 晴れました

晴れました 晴れ男の面目躍如!
 朝の雨が嘘のように晴れました。
 雲一つないきれいな夕闇が広がっています。
 明日は寒くなりそうだから、防寒の準備を忘れないようにしましょう。
 午前中は降水確率50%なので雪がちらつくかも知れません。
 午後から晴れたらインディアン平原の手前のピークまで足を伸ばしたいと思いますが、14時には折り返しますから、無理はしないよう狩野会長からもメールを戴きました。
 よろしくお願いします。
 ξ森井 潔

Posted on 3月 31, 2012 at 06:59 午後 | | コメント (0)

120331-2 エスプレッソ

エスプレッソ 土曜日は普段より15分早く岡場に着くので送迎バスを待つ間に珈琲を飲む時間があります。
 休日出勤にもそれなりの楽しみが必要ですよね。

Posted on 3月 31, 2012 at 08:18 午前 | | コメント (0)

120331 今日は雨、明日は?

120331_tenkizu120331_kousuikakuritu 今朝は暖かくて15.6℃もありますが、こぬか雨が降っています。
 天気図では西日本全体に前線がかかっていて、終日雨模様です。

 明日の福井県嶺南地方の降水確率は、午前中が70%でこのままでは例会は中止になりそうです。
 今日夕方17時の天気予報で決まります。


Posted on 3月 31, 2012 at 06:24 午前 | | コメント (0)

2012.03.30

120330 春

春 今朝は13℃。
 すっかり春めいて、コートを着るのが後ろめたいです。
 湿度は43%しかないけど、天気は下り坂です。

 4月1日の福井県嶺南地方の降水確率は今朝6時現在70%。
 例会は前日18時の予報で当日6時から18時の降水確率が60%以上だと中止ですから、微妙な段階です。

 例会が中止になったら、3ヶ月振りに家でゆっくりしたいところですが、せっかく青春18切符も買ったし、先日の下見で苦戦した追分三角点のピーク直下の急登斜面に虎ロープをフィックスして次回に備えたいから、独りで二回目の下見に行こうかと、思案中です。

 もちろん、例会が開催されたら、当日持参してフィックスするつもりで、20mの虎ロープは用意してあります。

Posted on 3月 30, 2012 at 07:56 午前 | | コメント (0)

2012.03.29

120329 春眠暁を覚えず

120329 春眠暁を覚えず120329 春眠暁を覚えず120329 春眠暁を覚えず 6時に一度目を覚ましたけど、二度寝してしまって、起きたら7時!
 慌てて顔を洗って飛び出しました。
 それでもチャンとお弁当を間に合わせるところ、さすがはベテラン主婦です。
 有り難う御座いました。

 御影駅も三宮駅も通勤ラッシュが始まっています。
 来週から新年度で新神戸からは新入社員研修らしいキャリーバッグを持った若い人たちがたくさん乗ってきました。
 季節は春です。

インディアン平原の雪はだいぶ融けたかな?

120329_122101 今日のお弁当は、ヒレカツと焼き鮭、ソーセージにカボチャ、ミニトマトでした。
 ご飯は黒ごまをすって振りかけ、必ず梅干しが一粒のせてあります。
 あとは焼き海苔4枚とヤクルト、それから母が送ってくる保健薬2包み
 こうやって書くと結構用意する品数が多いですね。
 毎日ご苦労様です。

 いくつになってもお弁当は開くときの楽しみが格別ですね。
 弁当箱は曲げわっぱの二段重ねです。
 最近は食べ終わったらすぐに洗って、きれいに水分を拭き取ってから持ち帰ります。
 木の素材がよいからか水分はすぐ抜けるしご飯もべたつかず二人ともお気に入りなんです。


Posted on 3月 29, 2012 at 07:53 午前 | | コメント (0)

2012.03.28

120328 星と嵐

120328 星と嵐 ガストン・レビュファと言っても、今や知る人も少ないでしょうが、フランスを代表するアルピニストです。
 やっとディーヴァーの「007 白紙委任状」を読み終えたので、山の本に戻ります。

Posted on 3月 28, 2012 at 06:52 午前 | | コメント (0)

2012.03.27

120327 しゃぶしゃぶ

120327 しゃぶしゃぶ 毎日帰宅が遅いけど、晩御飯はちゃんと食べています。
 昼もお弁当が楽しみだから、まだまだ食欲旺盛です。
 よく食べてよく働くから、あとはちゃんと寝るだけなんだけど、それだけはちょっと不足気味ですね。

Posted on 3月 27, 2012 at 09:31 午後 | | コメント (0)

2012.03.26

120321 【コース変更】 山行計画:4/1 敦賀・インディアン平原北陵/村田さんの足跡を訪ねる会 第10回

【コース変更】山行計画:4/1 敦賀・インディアン平原北陵から岩籠山
村田さんの足跡を訪ねる会 第10回
120325_indhianheigen_002 昨日(3/25)の下見は予定通りの行程を歩きましたが、コースは残雪が多く、かなり時間がかかりました。
 本番の4/1 例会では、追分三角点から、インディアン平原まで1時間強かかりますので、駄口までは足を伸ばすのは難しいと判断いたしました。
そのため、当初予定を変更して、追分三角点(629.6m)の先の鞍部で昼食後、同ルートを新疋田へ戻る行程に変更いたします。
 集合時間等の変更はありませんのでお間違いなきよう新快速にご乗車ください。
 また、深雪の登降になりますので、アイゼンは必携です。輪カンは持っておられる方だけで結構ですからご持参ください。
 当初予定の新疋田からインディアン平原、岩籠山コースを歩く計画は、今年の秋に再度例会に組みたいと思いますので、縦走を楽しみにしていただいた方には申し訳ありませんが、ご了解ください。
 4月10日まで青春18切符が使えますので、ご利用をおすすめします。(5枚綴り11500円:@2300)

【山行計画】
関西ハイク山友会 第70回例会  村田さんの足跡を訪ねる会・第十回
  敦賀 インディアン平原北陵から岩籠山
日 時:平成24年4月1日 (日) 10:00~16:30
集 合:JR北陸線・新疋田駅 9時50分

 参考:三ノ宮7:20⇒新快速・敦賀行き⇒大阪7:45⇒京都8:15⇒9:43新疋田(シンヒキタ)
 「青春18切符」が使えます

 【雨天の場合】
 前日(3/3) 17:00発表の気象情報で、福井県嶺南地方(0770-177)の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)の予報の場合は開催を中止します。
 ℡情報:0770-177(前3月31日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:28名 (定員20名ですが、JR利用なので問題ありません)
コース:新疋田駅(10:00頃)―大岩大権現―北陵-追分三角点(629.6m)―折返し-北陵―新疋田(解散、16:30頃)
  レベル:中級向き (残雪多し)
地 図:25000分の一陸側図「敦賀」「駄口」
行 程:約6.0km 所要時間:6時間30分(歩行:4時間00分、休憩昼食:2時間30分)
 新疋田(100m、10:00)→20分→大岩大権現(160m)→10分→林道終点(200m、疋田ルート登山口)→30分→北陵主尾根 (450m)→60分→追分(四等三角点629.6m、12:20頃、昼食)→折返し→60分→北陵主尾根→30分→疋田登山口→30分→新疋田駅(100m、16:30頃)
 新疋田16:33⇒新快速⇒17:59京都⇒18:30大阪⇒18:52三ノ宮
  (新疋田発の時刻:14:33、15:33、16:33、17:59、18:59、19:29)
装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、着替え、雨具、スパッツ、ストック、軽アイゼン
 (持っている方はご持参ください:輪カン、スノーシュー)
費 用:交通費各自(青春18切符が使えます)、他に参加費100円が必要です。
申込み: E-mail・往復ハガキ・FAXでリーダー・森井潔宛に申込み
  E-mail   kgh03517@nifty.com
  FAX    050-3156-3814
【下見】 第70回例会の下見を3月25日(日)に実施しました。
 同行していただいたISHさん、IWMさん有り難うございました。

【下見の写真】
120325_indhianheigen_001120325_indhianheigen_002_2

120325_indhianheigen_003120325_indhianheigen_004

120325_indhianheigen_005120325_indhianheigen_006

120325_indhianheigen_007

【下見のGPSトラック行程図】
歩行断面図
120325t_indhianheigenshitamidanmen

歩行ルート
120325t_indhianheigenshitami

GPSデータ
「120325T_IndhianHeigenShitami.gdb」をダウンロード
【参加予定者:29名 申込順】
213.KMR 074.KTM 191.IWS 270.MYS 090.TDM 196.KWT 244.KNK 016.TKM 186.SMY 186F.SMY 019.NSM 256.YMT 040F.TGH 197.GTU 247.SMZ 248.TKB 137.TKH 078.GTU 163.WTN 217.HDT 189.ITO 131.OGT 184.HRK 351.HMD 179F.YMG 047.KBY 134.KTG 014.TKS 022.MRI


Posted on 3月 26, 2012 at 12:55 午後 | | コメント (0)

2012.03.25

120325 21:40 住吉

120325 21:40 住吉120325 21:40 住吉 予想以上の積雪で、時間がかかりました。
 新疋田に戻ってきたら、18時25分
 18時59分の新快速に乗ります。
 例会はインディアン平原の手前から往路を戻ります。

Posted on 3月 25, 2012 at 07:19 午後 | | コメント (0)

120325 晴れ

120325 晴れ120325 晴れ 雨が上がって晴れました。
 でも日本海側は冬型に戻って今日は雨または雪の確率80%です。
 三ノ宮07時20分発のお馴染みの新快速は昨年10月頃から8輌編成が12輌編成になりましたが、それでも結構混んでいます。
 カニのシーズンはもう終わり、かといって花見には早すぎるから皆さんどこへ行かれるのでしょう?
 見渡したところ、山の格好をしている人はほとんど見かけません。

Posted on 3月 25, 2012 at 08:12 午前 | | コメント (0)

2012.03.24

120324 春の嵐

120324 春の嵐120324 春の嵐 天気図を見ると低気圧が日本列島の上を真東に移動中です。
 神戸も10m以上の風ですが、10℃もあるから暖かい春の風です。
 明日は再び冬型に戻るからインディアン平原にも雪が降るかも知れません。
 防寒と防水、輪カンの用意をしました。
 明日は寒そうだから、久し振りに山の上でニシン蕎麦を作ることにします。

120324_tenkizu


Posted on 3月 24, 2012 at 06:35 午前 | | コメント (0)

2012.03.23

120323 天気は下り坂・春一番?

120323_tenkizu 今朝03:00時現在の天気図を見ると前線が西日本にかかっていて、天気が悪くなっています。
 例会の下見、3/25日の福井県嶺南地方の降水確率は80%
 例会なら中止に決まりですが、下見なので予定通り出かけることにします。
 この天気図からは推測の域を出ませんが、低気圧は北東に向かっているので、日本海に入ると春一番になる可能性があります。
 例会の行程は、二度歩いているので、コースに不安はありませんが、吹雪になるようなら、無理をせず途中から引き返します。
 追分三角点(629.5m)までは樹林帯なので北面ですが大丈夫でしょう。
 三角点まで上がって風が強いようならとっとと引き返すことにします。
 雪の状態さえ判れば4月1日(日)の例会本番のコース状態は予測が付くはずです。

 ISHさん、IWMさん、もし雨でも同行していただけるなら、よろしくお願い申し上げます。
 いずれにせよ、新疋田駅まで行って、高島さんにご挨拶だけはしたいと思います。


Posted on 3月 23, 2012 at 06:52 午前 | | コメント (0)

2012.03.22

120322 :@;p

120322 :@;p 一瞬何が表示されているのか判りませんでした。
 :@;pとキーボードの位置を見て納得!

 昨日朝、例会参加者のリストを修正していて、画面をそのままにして出勤したので、その後、ミルクちゃんが、またキーボードに乗っかって、続きを打ってくれたようです。

 片足で器用に4文字を規則正しく打ち分けているんですね。

 もう一つ、JNKさんから聞いた笑えない話ですが、同じく昨日、掃除機を掛けていてしばらくして、台所でカチッと音がしたので、何の音かと思って見に行ったら・・・
 なんとガスレンジのスイッチが入っていたんだそうです。

 これもミルクちゃんの仕業で、レンジの上に飛び乗る足がかりに、レンジの押しボタンに前足を一瞬引っかけてからレンジに乗っかるとき、押しボタン式のガスレンジのスイッチがはいったんだと思われます。
 一瞬ガスが出て、すぐ自動で止まったようですが、少しガス臭かった、とのことでびっくりしたと思います。

 ここからがJNKさんらしいところで、ミルクちゃんを捕まえて、ガスの火でやけどとか、真っ白な毛が焦げたりしていないか、ミルクちゃんの身体を隅々まで確認したんだそうです。
 叱ったりするどころか、これからは元栓を閉めとかないとと、反省する辺りは彼女らしいです。

Posted on 3月 22, 2012 at 06:41 午前 | | コメント (0)

2012.03.21

120321 【再掲】 山行計画:4/1 敦賀・インディアン平原北陵から岩籠山/村田さんの足跡を訪ねる会 第10回

100515_indhianheigen_shinhai_01 岩籠山は一昨年5月15日(2010/5/15)に村田さんの例会で駄口から登り、快晴のインディアン平原の高原歩きを楽しみました。
 昨年1月(2011/1/16)には積雪期登山として、同じ駄口からインディアン平原へのピストン登山を企画されましたが、豪雪のため中止になり残念でした。

 村田さんの足跡を訪ねる会第10回は駄口ルートを下山路にとり、登山ルートは新疋田駅から直接入れる疋田ルートをとります。
 疋田ルートはガイドブックなどにも紹介はありませんが、インディアン平原への最短ルートです。
 最後の1kmは藪尾根藪草原で夏場は非常に難渋しますが、山頂付近に雪が残るこの時期なら簡単にクリアできるのではないかと期待して挑戦します。
 もちろん当日になってみないと残雪の状況は判りませんので、軽アイゼンのほか、持っておられる方は輪カン、スノーシューをご持参ください。
 また、雪が残っていない場合はインディアン平原の手前は相当な藪になりますので、腕に自信のある方はノコギリを持ってきていただけたらありがたいです。

 4月10日まで青春18切符が使えますので、ご利用をおすすめします。(5枚綴り11500円:@2300)

【山行計画】
関西ハイク山友会 第70回例会  村田さんの足跡を訪ねる会・第十回
  敦賀 インディアン平原北陵から岩籠山

日 時:平成24年4月1日 (日) 10:00~16:30
集 合:JR北陸線・新疋田駅 9時50分
 参考:三ノ宮7:20⇒新快速・敦賀行き⇒大阪7:45⇒京都8:15⇒9:43新疋田(シンヒキタ)
 「青春18切符」が使えます

 【雨天の場合】
 前日(3/3) 17:00発表の気象情報で、福井県嶺南地方(0770-177)の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)の予報の場合は開催を中止します。
 ℡情報:0770-177(前3月31日(土) 17時発表の予報)

参加予定者:31名 (3/21現在)

コース:新疋田駅(10:00頃)―大岩大権現―北陵-追分三角点(629.6m)―インディアン平原-岩籠山-駄口―新疋田(解散、16:30頃)
  レベル:中級向き (残雪または藪こぎあり)
地 図:25000分の一陸側図「敦賀」「駄口」
 断面図予定ルート

行 程:約9.1km 所要時間:6時間30分(歩行:5時間30分、休憩昼食:1時間00分)
 新疋田(100m、10:00)→20分→大岩大権現(160m)→10分→林道終点(200m、疋田ルート登山口)→30分→北陵主尾根(450m)→60分→追分(四等三角点629.6m、12:20頃、昼食)→80分→インディアン平原(730m)→10分→岩籠山(765.2m)→60分→大岩(410m)→30分→駄口ルート登山口(180m)→30分→新疋田駅(100m、16:30頃)
 新疋田16:33⇒新快速⇒17:59京都⇒18:30大阪⇒18:52三ノ宮
  (新疋田発の時刻:14:33、15:33、16:33、17:59、18:59、19:29)
装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、着替え、雨具、スパッツ、ストック、軽アイゼン
 (持っている方はご持参ください:輪カン、スノーシュー、藪刈り好きの方:ノコギリ、のこ鎌など)
費 用:交通費各自(青春18切符が使えます)、他に参加費100円が必要です。
申込み: E-mail・往復ハガキ・FAXでリーダー・森井潔宛に申込み
  E-mail   kgh03517@nifty.com
  FAX    050-3156-3814

【下見】 第70回例会の下見を3月25日(日)に実施します。
 集合時間などは例会と同じですので、同行していただける方はメールまたはFAXでご連絡下さい。
 3/21現在の下見参加者は3名( 038.ISHさん、 204.IWMさん、022.MRI)です。

【地図】
断面図
120401_indhianheigenkitaonedanmen
予定ルート
120401_indhianheigenkitaone
カシミール3Dの予定トラックデータ
「120401_IndhianHeigenKitaone.gdb」をダウンロード
【参加予定者:31名 申込順】
213.KMRさん 074.KTMさん 191.IWSさん 270.MYSさん 090.TDMさん 196.KWTさん 244.KNKさん 016.TKMさん 186.SMYさん 186F.SMYさん 019.NSMさん 256.YMTさん 040F.TGHさん 197.GTUさん 247.SMZさん 272.KSMさん 272F.KSMさん 248.TKBさん 137.TKHさん 078.GTUさん 163.WTNさん 217.HDTさん 189.ITOさん 131.OGTさん 184.HRKさん 351.HMDさん 179F.YMGさん 047.KBYさん 134.KTGさん 014.TKSさん 022.MRI

Posted on 3月 21, 2012 at 10:05 午後 | | コメント (0)

120321 インディアン平原の先達

091031indhianheigen関西ハイク山友会の第70回例会
期日:平成24年4月1日
山行名:敦賀『インディアン平原北尾根から岩籠山』
参加者はきよもりを含めて31名になっていますが、敦賀の先達・高島さんも参加していただけることになり心強い限りです。

高島さんにはFAXで参加のお礼を申し上げましたが、ISHさんが、わざわざ電話をしていただいて、アドバイスをちょうだいしましたので、引用させていただきます。
今週末3/25の下見は、きよもりと下見常連のISHさん、IWMさんの3名になりますが、輪カン、軽アイゼン+ノコギリが必携のようです。

【ISHさんのメール】
連絡がおそくなりました。
高島さんとお話ししました。

高島さんはインターネットはされないので 森井さんのブログを印刷してfax送信も。
(既に森井さんからも同文のfaxを頂いています・・・と仰ってました)

3月25日は下見には同行できないが当日 新疋田駅に顔合わせに来る・・・と仰ってます。

例会当日の4月1日頃は雪が溶けているかもしれないが下見の3月25日は雪道が抜ける状態かも?で
危険なのでワカン必携と。
岩の方へ行かないこと。
印をつけて歩くこと。
と三つ助言をいただきました。

コースは
趣味登のNGM氏?に頼まれてH21に道づくりを何度かして
新ハイ例会としてH21.10.31実施。

新ハイ誌を調べますと・・・当日はIWMさんも私も何故か参加していません。
25日は京都駅8:15発湖西線乗車=新疋田駅下車ですね!
よろしくお願いします。
ISH

111211_indhianheigen【きよもりの返信】
ISHさん、こんばんは!
高島さんを下見に誘っていただいてありがとうございます。 高島さんのアドバイス、仰るとおりですね。
高島さんのアドバイス1、輪カンはいずれにせよ持って行かないとだめだと思います。
今の時期は先週の青葉山と同じで、一週間違いで危険な岩場もハイキングコースになりますが、どのような状態であっても対応できる用意をしていかないとだめですね。
実は、途中の「追分」四等三角点までは最後の急登さえ注意すればそれほど気になるところはありませんが、追分三角点からインディアン平原までが雪次第でルンルンになるか、藪こぎと雪かきの二重苦になるか微妙だと思います。
下見に雪が残っていても、本番で31名もの人がいて、中途半端に雪があったらこれもまた困りものなんですね。

高島さんのアドバイス2、岩に近づかないというのはまさに、きよもりが12月11日の単独下見で、はまった罠なんです。
追分三角点(629.5m)から、いったん鞍部(580m)に下りきって、再度670mのピークに登り返すところで、左側(東)の岩が点在する斜面の方が登りやすそうに見えて、その前10月22日に登った正面の曲がりくねった枝が密生する斜面を避けたつもりがかえって丈の低い藪に足元を取られてどうにもならなくなり、670mまで登り切れず、640m辺りで時間切れで引き返したんです。

高島さんのアドバイス3、これは得意中の得意ですから虎テープを余分に持って行きます。
お二人も虎テープをお渡ししますので、是非お手伝いをお願い申し上げます。

新ハイキング関西110号、自宅にもあったので拝見しました。
新疋田から3時間でインディアン平原に到達されていますから、かなり速いピッチです。

11/10/22の最初の下見では8:50に新疋田を出て、インディアン平原着が13:13で、4時間25分もかかってしまいました。.
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2011/10/111023-1022-e9a.html

4月1日の関西ハイク例会に記載の山行計画では以下の通り、新疋田~インディアン平原を4時間見ていますので、たぶん大丈夫だと思います。
 新疋田(100m、10:00)→20分→大岩大権現(160m)→10分→林道終点(200m、疋田ルート登山口)→30分→北陵主尾根(450m)→60分→追分(四等三角点629.6m、12:20頃、昼食)→80分→インディアン平原(730m)→10分→岩籠山(765.2m)→60分→大岩(410m)→30分→駄口ルート登山口(180m)→30分→新疋田駅(100m、 16:30頃)

いずれにせよISHさん、IWMさん、よろしくお願い申し上げます。

森井 潔 【関西ハイク山友会】

Posted on 3月 21, 2012 at 01:01 午後 | | コメント (0)

2012.03.20

120320 阪神三宮駅東口

120320 阪神三宮駅東口120320 阪神三宮駅東口 今日から阪神三宮駅に新しい改札口がオープンしました。
 入り初めだから綺麗で気持ちいいです。
 でも丸高の鰻丼が950円から1280円に値上がりしていたのは残念です。

Posted on 3月 20, 2012 at 08:29 午後 | | コメント (0)

120320 ミルクとキーボード

120320 ミルクとキーボード120320 ミルクとキーボード100726_230601 パソコンのキーボードは猫にとっては丁度手頃な足裏のマッサージになるのでしょうか?
 亡くなったナッコ君もよくパソコンのキーボードに乗っかって入力の邪魔をして、遊ぼうよ〜と訴えていました。
 ミルクちゃんとナッコ君の違いはツツツ(TUTUTU)だったのに、ミルクちゃんは121212なんです。
 足が短いからか胴が短いのが影響しているからでしょうか

 ミルクちゃんはうちに来てから丸一年、きよもりにはもちろん、JNKさんにでも、なかなか警戒心を解こうとしませんでしたが、最近はテーブルの上にも、パソコンキーボードの上にも遠慮なく乗るようになったし、昨夜はきよもりがちぎってあげた舞鶴土産のちくわを美味しそうに食べてくれました。
 やっぱりうれしいです。

Posted on 3月 20, 2012 at 06:49 午前 | | コメント (0)

2012.03.19

120319 山行記録:3/18 若狭「青葉山」/関西ハイク山友会第62回例会

120318_aobayama_07 昨日は参加していただいた36名の皆さんお疲れ様でした。
 帰って地図を整理しかけたところで寝てしまい、今朝も時間がないので、地図と写真をピックアップして掲載します。
 当初の計画では、青少年旅行村から青葉山東峰に登り、西峰までの吊り尾根を横断して、松尾寺に下る縦走コースを考えていました。
 しかし、先週の下見で実際に歩いてみると、今年は例年の三倍もの残雪があり、東峰から西峰の夏道は雪で埋まって相当の危険と時間がかかることが判りましたから、例会本番は青少年旅行村から青葉山東峰を往復することにしました。
 それでも、最初の植林帯の登りは雪害による倒木でかなり時間がかかると覚悟して登り始めましたが、下見の時にお世話になった旅行村の管理人さんが、わずか一週間の間にあらかたの倒木を片付けていただいていて、ほとんど滞りなく通過することができました。管理人さん有り難うございました。
 展望台とすぐ上の金毘羅大権現に分かれて少し早めの昼食を終え、後半の雪尾根の登りも皆さん快調に山頂に向かいました。
 今日はあいにくの曇り空で、期待していた舞鶴湾も、面々と続く若丹の山々も全く望めず残念でしたが、唯一の岩場馬の背も無事越えて、最後の急斜面をしのいで、全員無事に青葉山東峰に立つことができました。
 積雪量が一週間で20cm位も減って、歩き易くなっていたのと、倒木を片付けていただいたおかげで、下山時間も1時間位早くなりました。
 皆さんお疲れ様でした。


【山行記録】
若狭・青葉山/関西ハイク山友会 第62回例会

日 時:平成24年3月18日 (日) 10:18~15:23

参加者:37名

コース:青葉山青少年旅行村・中山登山口(10:18)―展望台(昼食)―金毘羅大権現―馬の背―青葉山東峰(693m)―展望台―青葉山青少年旅行村(15:23)
  レベル:中級向き (雪面の登高と下降)

地 図:25000分の一陸側図「東舞鶴」
歩行断面図GPS歩行ルート図

行 程:約5.3km 所要時間:5時間05分(歩行:3時間34分、休憩昼食:1時間31分)、天候:曇り時々雨、気温:14℃~11℃~8℃
 JR京都駅7:40=貸切バス、京都縦貫=10:00青葉山青少年旅行村(中山登山口)
 青少年旅行村(120m、14℃)10:18―支尾根(270m)10:40~10:48―ベンチ(380m、11℃)11:11~11:18―展望台(470m、10℃、昼食)11:37~12:21―金毘羅大権現12:26―馬の背(640m、8℃)13:06―急な雪斜面―青葉山東峰(693m、折り返し)13:32~13:49―急下降―展望台(470m)14:22~14:37―支尾根(270m)15:05―青少年旅行村(120m)15:23
 青少年旅行村15:40=貸切バス、京都縦貫=18:51JR京都駅(解散)

費 用:参加費3000円
【写真】
PicasaのWEBアルバムです

120318 青葉山

【スライドショー】

【地図】
断面図
120318t_aobayamadanmen

GPS歩行ルート図
120318t_aobayama

地図データ
「120318T_Aobayama.gdb」をダウンロード
【写真】ピックアップ
120318_aobayama_01120318_aobayama_02

120318_aobayama_03120318_aobayama_04

120318_aobayama_06

【参加者】37名 有り難うございました。
351.HMD 213.KMR 177.HRE 073.KNM 033.MRI 053.HGN 270.MYS 160.KWS 115.YMS 196.KWT 203.KNO 244.KNK 016.TKM 080.KMT 197.GTU 040F.TGH 247.SMZ 051.KNU 141.NGS 123.TKU 065F.OKM 067.OGR 137.TKH 118.IMI 065.OKM 078.GTU 163.WTN 135.KMR 189.ITO 114.MWN 052.OOS 164.INU 108.HDK 259.SSK 236.NKN 138.TNB 022.MRI

Posted on 3月 19, 2012 at 06:47 午前 | | コメント (2)

2012.03.18

120318 次の例会は敦賀「インディアン平原」

111022_1211_indhianheigenTKSさん、こんばんは!
 ご無沙汰いたしております。

 はからずも関西ハイク山友会のリーダーを努めさせていただくことになりましたが、森井の担当は村田さんの愛された京都北山に足跡を訪ねる山旅です。
 岩籠山は3年前(2010/5/16)に駄口ルートを村田リーダーで登り、「山」へ下りましたが、昨年1月16日に予定されていた駄口ルートからインディアン平原の雪中登山は大雪で中止になり、それがなんとしても心残りになっています。

 貸切バスを使わずにインディアン平原に登るルートを地図で探していて、新疋田駅から採石場の間の尾根を登るか、北側の尾根から回り込むかと考え、インターネットで調べて、大岩大権現の林道から尾根に取り付く記録があったので、昨年10月22日に一人で歩きました。

 北陵から点名・追分までは歩きやすい尾根道でしたが、その先の尾根の藪こぎに苦労して何とかインディアン平原にたどり着きました。

 帰宅後、藪尾根がなければ関西ハイク山友会の例会に取り上げるには最適と考え、同じく昨年12月11日に再び一人でノコを片手に藪刈りに挑戦しましたが、一人ではなかなかはかどらず、やっと追分から南のコルまでしか拓けませんでした。

 今回の例会は、4月初めなら追分から下の稜線の雪はほとんど解け、逆に追分からインディアン平原までの広い稜線の藪にはまだ残雪があって、会員の皆さんでも歩けるのではないかと期待しています。

 地元の先達の参加は非常に心丈夫でありがたい限りです。
 よろしくお願い申し上げます。

 なお、前週、3月25日に、ISHさん、IWMさんにも同行していただいて、例会と同時間、同行程で下見を予定しておりますので申し添えます。

森井 潔 【関西ハイク山友会】
E-mail : kgh03517@nifty.com ブログ: http://morii3.cocolog-nifty.com/

Posted on 3月 18, 2012 at 01:42 午前 | | コメント (0)

2012.03.17

120317 明日は晴れ

120317 明日は晴れ 17時00分の京都北部の降水確率は午前午後ともに30%です。
 バス会社にも開催連絡を入れました。
 駐車場にも電話して無料で駐車出来ることを確認しました。
 今週は雪は降っていないそうです。
 電話に出た方が先週下見の時にお会いした方で今日も登ってきたそうです。
 ナダレの心配もないそうです。
 あとは明日朝、遅れないよう今日は早く寝ます。
 ξきよもり

Posted on 3月 17, 2012 at 06:07 午後 | | コメント (0)

120317 asnas

120317 asnas 阪神は球団はともかく、電車の駅は少しずつ改革が進んでいるようです。
 阪神三宮駅は20日から東口が開設されてポートライナー乗換や東口のダイエーやミントへのアプローチが便利になると書きましたが、御影駅にはasnasが03月28日にオープンします。
 駅前にローソンがありますが、やはり駅ナカと駅前とでは違います。
 今日も出勤ですが、JNKさんが参加申し込みをしていた宮野さんの例会「須磨アルプス」は雨で中止になり残念です。
 明日のきよもりの例会は今のところ降水確率20%なので大丈夫ですが、気温が上がっているから雪崩には警戒が必要です。
 無理はしないよう状況に応じて対応にします。

Posted on 3月 17, 2012 at 07:30 午前 | | コメント (0)

2012.03.16

120317 長寿

120317 長寿 2ヶ月前に山仲間のADTさんから戴いた蘭です。
 優しい紫が眼に和みます。
 可愛い小振りの花に疲れが癒されます。
 有り難う御座いました。

Posted on 3月 16, 2012 at 10:16 午後 | | コメント (0)

2012.03.15

120315 阪神三宮駅東口

120317_hanshinsannomiyaeki かれこれ5年も前から工事を進めていた阪神三宮駅の改造工事がようやく終盤を迎えたようです。
 駅のアナウンスで東口が03月20日から開設されると案内していました。
 ミントや図書館、好日山荘、もちろんポートライナー乗換など今までU字型に回り込んでいた動線が直線に変わるので2〜3分は短縮されて雑踏に揉まれる苦労も減ります。
 好かったね!

Posted on 3月 15, 2012 at 09:16 午後 | | コメント (0)

120315 山行計画:3/18 若狭・青葉山【コース変更】/若丹国境尾根縦走 第1回

 第62回例会 若狭・青葉山から吉坂(キッサカ)峠/若丹国境尾根縦走 第1回は、残雪が例年の三倍もあり、予定通りの行程は時間がかかりそうですから、青少年旅行村から青葉山東峰までの往復に計画変更いたします。.
 申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
021223_aobayama_01 山行計画:3/18 若狭・青葉山【計画修正】/若丹国境尾根縦走 第1回
 若丹国境尾根縦走は今回が第一回になります。
 3月10日、11日にOKMさん、ISHさん、IWMさん、KRKさん(会員外)に同行していただいて、下見を行いました。
 今年は残雪が多く、松尾寺住職の奥様のお話では例年の3倍位あるとのことでした。
 ということで、当初予定していた青葉山東峰から西峰への縦走は残雪が多く危険なので、雪はありますが危険性のない青葉山東峰への往復という行程に変更させていただきます。

【山行計画】
第62回例会 若狭・青葉山【計画修正】/若丹国境尾根縦走 第1回
日 時:平成24年3月18日 (日) 10:30~16:30
集 合:JR京都駅/八条西口 7時40分 団体バス乗り場

 【雨天の場合】
 前日(3/17) 17:00発表の気象情報で、京都北部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)の予報の場合は開催を中止します。
 ℡情報:0773-177(前3月17日(土) 17時発表の予報)
 なお、雨天で例会が中止になった場合は、翌月以降の計画をずらせて、全行程縦走を目指します。

参加予定者: 36名
コース:青葉山青少年旅行村(10:30頃)―展望台 (昼食)―青葉山東峰(折返し)―展望台―青葉山青少年旅行村 (16:30頃)
  レベル:一般向き (多少岩場あり)
地 図:25000分の一陸側図「青葉山」「東舞鶴」
行 程:約4.5km 所要時間:6時間00分(歩行:4時間30分、休憩昼食:1時間30分)
 京都駅(7:40頃)⇒京都縦貫・舞鶴道/貸切バス⇒青葉山青少年旅行村(10:20 頃)
 休暇村(140m、10:30頃)→60分→ベンチ→30分→展望台(470m、12:10頃昼食)→10分→金毘羅大権現(480m)→60分→青葉山東峰(683m、14:20頃)→50分→展望台(470m) →60分→青葉山青少年旅行村(140m、16:30頃) 
 青少年旅行村(16:40頃)⇒舞鶴道・京都縦貫/貸切バス⇒京都駅(19:00頃、解散)
装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、着替え、雨具、スパッツ、ストック、軽アイゼン
費 用:3000円(貸切バス代2900円+参加費100円)
申込み: E-mail・往復ハガキ・FAXでリーダー・森井潔宛に申込み
  E-mail   kgh03517@nifty.com
  FAX    050-3156-3814

【地図】
断面図
120318_aobayamadanmen
予定ルート
120318_aobayama

カシミール3Dの予定ルートデータ
「120318_Aobayama.gdb」をダウンロード

Posted on 3月 15, 2012 at 06:50 午前 | | コメント (0)

2012.03.14

120314 春休み

120314 春休み 昨日まで御影駅のホームで毎朝会っていたランドセルを背負った二人の小学生が今朝はいないので、どうしたのかと少し心配していました。
 神戸電鉄もいつもと様子が違って空いているので、やっと今日から学生さんは春休みだったんだと気付きました。
 山と仕事に追っかけられて、7年も毎日更新していたブログの書き込みを二日間も忘れるくらいですから、かなり重症の多忙症かも知れません。
 ヤレヤレ!

Posted on 3月 14, 2012 at 08:24 午前 | | コメント (0)

2012.03.13

120313 下見記録:3/10~11 若狭・吉坂峠―今寺、青葉山/関西ハイク例会の下見

 昨日一昨日と二日間もココログの更新が出来ませんでした。
 一昨日は、仕事から帰って、すぐに遅れていた5月6月の関西ハイク山友会の例会計画書作りに専念していてブログの更新漏れにさえ気づきませんでした。
 昨日は24時前に気づいたけど、例会の貸切バスの申込書作成に追われて、時間切れでまた更新できませんでしたから、今朝になってからバックデートで二日分をアップします。
 
120310_11_kissakatoge_aobayama__079 3月10日は翌日が例会下見の本番である青葉山なので、軽い足慣らしのつもりで、JR松尾寺駅から吉坂峠を経て青葉山の中腹を周遊する車道まで県境を忠実に歩く予定でした。
 吉坂峠までも夏道が判らず一苦労しましたが、峠から青葉山へ伸びる京都福井の県境尾根は積雪50cmで予想を遙かに上回る残雪に驚きました。
 100mそこそこの里山なので軽いトレッキングの心づもりでしたが、雪がべったり付いた広尾根でのルート判断の難しさを改めて認識しました。

 3月11日は朝8時に東三松の民宿から車で青葉山青少年旅行村まで送ってもらって、ルンルン気分で登り始めましたが、杉の植林に入った途端、雪害による倒木が登山道をふさいでいて、なかなか進めず、途中から杉のない草付き斜面にバイパスして、なんとか倒木帯を越えました。
 
 後は追って記録を掲載いたしますが、3月18日の例会は当初予定していた青葉山東峰から青葉山西峰への通過が雪の岩稜になり、40名の大所帯では時間がかかると判断し、例会の計画コースを青少年旅行村から青葉山東峰往復に切り替えさせていただきます。.

 東峰への登山ルートは前述の倒木帯は下見の時に同行していただいたOKMさん、ISHさん、IWMさん、KRKさんのご協力で、なんとか通れるようになっていますので、山頂手前の20mほどの岩場を迂回すれば、青葉山東峰までは積雪は多くても危険はありません。
 途中の展望台で昼食を摂って、ゆっくり往復しますので、安心してご参加下さい。

 取りあえず、GPSの歩行図と断面図をご覧になって、苦戦のあとをご想像下さい。


【山行記録】
若狭・吉坂峠から今寺、青葉山/関西ハイク山友会 第62回例会の下見

日 時:平成24年3月10日(土)―11日 (日)

参加者:5名/OKMさん、ISHさん、IWMさん、KRKさん(旧山仲間)、きよもり

コース:
 3月10日 JR松尾寺駅(11:48)―吉坂峠―三角点194.0m(点名:松尾寺)―高射砲基地跡―松尾寺分岐車道―今寺(16:53)
 3月11日 青葉山青少年旅行村(8:27)―展望台―青葉山東峰―西峰―青葉山登山口―松尾寺―JR松尾寺駅(19:00)

  レベル:中級向き (積雪1m以上の岩稜と急登、急下降で苦戦)

地 図:25000分の一陸側図「東舞鶴」「高浜」
 3/10 吉坂峠から今寺までの県境尾根
3/10 歩行断面図
 3/11 青葉山東峰から西峰を越えて松尾寺まで
3/11 歩行断面図
GPS歩行ルート図

行 程:約15.8km 所要時間:15時間38分(歩行:時間分、休憩昼食:時間分)、天候:晴れ、気温:14℃~16℃
 3/10 行 程:約6.2km 所要時間:5時間05分(歩行:4時間31分、休憩昼食:34分)、天候:晴れ、気温:10℃~11℃
 JR京都駅8:10=山陰線=8:56園部9:21=特急=9:56綾部10:32=11:02東舞鶴11:04=小浜線=11:11松尾寺
 松尾寺駅(40m、10℃、昼食)11:48―青葉トンネル西口(80m)12:22―藪刈り―吉坂峠(150m、10℃)13:07―急登―小ピーク(190m)13:22~13:36―四等三角点(194.0m、点名:松尾寺、標石不明)14:00~14:09―林道(230m)14:50~14:57―高射砲基地(240m)15:04―戻り15:26―高射砲基地下・左折(240m)15:38―小ピーク(200m)16:05~16:11―北へ―松尾寺分岐車道(260m)16:40―熊野神社・今寺(240m)16:53
 今寺17:14=送迎車=東三松・民宿「丹源堂」(宿泊、カニ鍋込み\8000)

 3/11 行 程:約9.6km 所要時間:10時間33分(歩行:4時間31分、休憩昼食:34分)、天候:晴れのち曇りのち小雪、気温:6℃~2℃~0℃~4℃3/11
 民宿「丹源堂」8:00=送迎車=8:16青葉山青少年旅行村(中山登山口)
 中山登山口(130m)8:27―木階段(180m)8:38~8:41―倒木刈取―倒木帯上(220m)9:40~10:04―髙野道合流(290m)10:14―ベンチ(380m)10:48~10:56―アンテナ(440m)11:10―展望台(470m、昼食)11:25~12:25―金毘羅大権現(490m)12:30―三つ目の小ピーク(620m、6℃)13:10~13:18―馬の背(630m)13:28―青葉山東峰(693m、雪)13:53~13:56―雪&岩稜の吊り尾根―鞍部(640m、0℃)14:33~14:37―雪&岩稜の吊り尾根―青葉山西峰(692m)15:23~15:47―積雪1mの急斜面下り―急斜面下(植林、370m、2℃)17:10~17:15―片鳥居・県境尾根分岐(340m、右へ)17:21―広い雪原―松尾寺(240m)18:05~18:12―車道―道路改修中(130m)18:30―松尾寺車道分岐18:47―JR松尾寺駅(40m、4℃)19:00
 松尾寺19:31=小浜線=19:38東舞鶴19:39=20:15綾部20:17=山陰線=21:16園部21:20=22:02京都(解散)22:09=22:53芦屋22:54=23:00住吉
費 用:11,780円
 交通費:3780円(京都~松尾寺往復 1890円×2)
 宿泊費:8000円(一泊二食+カニすき・民宿「丹源堂)

【写真】
PicasaのWEBアルバムです。写真は88枚あります

120310_11 吉坂峠・青葉山下見

【スライドショー】
Youtubeの動画です

【地図】
断面図
3/10 吉坂峠から今寺までの県境尾根
120310t_kissakatogedanmen_2
3/11 青葉山東峰から西峰を越えて松尾寺まで
120311t_aobayamadanmen_2
GPSトラックのルート図
120310_11t_kissakatoge_aobayama2_2
GPSのトラックデータ
3/10 吉坂峠~今寺
「120310T_KissakaToge.gdb」をダウンロード
3/11 青葉山東峰~西峰~松尾寺
「120311T_Aobayama.gdb」をダウンロード

Posted on 3月 13, 2012 at 11:32 午後 | | コメント (0)

2012.03.12

120312 高射砲基地

120312 高射砲基地120312 高射砲基地 3月10日にJR松尾寺駅から吉坂峠に上がって、福井県と京都府の県境を歩きました。
 本番の青葉山は翌日なので、軽い足慣らしのつもりで県境尾根を歩き始めましたが、見ると聞くでは大違い
わずか100mそこそこの里山なのに尾根道は雪がべったり付いて50cm以上の残雪でビックリ!
 曲折した尾根を行くと、突然石垣が現れました。
 城跡かと思ったけど、石垣はコンクリートで固めてあるから、これは高射砲基地跡だと気付きました。
 きよもりは横須賀沖の猿島や紀淡海峡の友が島で同じような高射砲基地をみたことがありますが、陸地にあるにもかかわらず、ここは取り壊されず残されているようです。
 一番奥には写真のように白壁のきれいな部屋が残っていて、士官室だったと思われます。
 青葉山は大規模な舞鶴湾軍港の真東にあって、爆撃機の格好の航空目印ですから、ここに高射砲基地があるのは当然かも知れません。
 そういえば、昔、国土地理院の陸測図で地図の半分が真っ白な5万分の一地形図がまだ大阪駅前の旭屋なんかに置いてあったのを思い出しました。
 青葉山の陸測図もそうだったんでしょうね。
 きよもりが覚えているのは、俎石山(まないたいしやま)がある淡輪辺りの地図です。

Posted on 3月 12, 2012 at 08:05 午前 | | コメント (0)

2012.03.11

120311 Re:黙祷

Re:黙祷Re:黙祷 14時46分には青葉山の東峰から西峰への岩場で四苦八苦していました。
 なんとか下山できてよかったです。
 ξきよもり


>今日11日は東日本大震災が起きた日、14時46分に黙祷したいですね。JNK

Posted on 3月 11, 2012 at 09:00 午後 | | コメント (0)

2012.03.10

120310 タッチの差で乗り遅れ

タッチの差で乗り遅れ 今朝寝過ごして、JR住吉発の電車に乗り遅れました。
いくら頑張っても08時00分にしか京都に着きません。
 皆さんとは07時59分発の綾部行きに乗る約束だから、どうあがいても間に合いません。
 あとの特急に乗れば追い付けそうなので、ホッとしました。
 皆さんスミマセン!

 いま亀岡を出ました。
 愛宕山も牛松山も曇っています

Posted on 3月 10, 2012 at 08:43 午前 | | コメント (0)

2012.03.09

120309 山行記録:3/4 ・京都北山・百井峠からナッチョ/関西ハイク山友会第55回例会

120304_momoitoge_nattyo_031 元の計画では花背峠から歩き始めるつもりでしたが、前週の下見で雪が多くて、長い雪尾根を歩き通すのは時間がかかりすぎるので、スタートを百井峠に変更して時間短縮を図ることにしました。

 結果的には先週とは様変わりで尾根筋には全く雪が無くて、アイゼンをつけずに歩き通せたこともあって、予定より2時間も早く小出石に降りることが出来ました。
 皆さん健脚で、バスの待ち時間が1時間もあるからと、20名近い方はそのまま大原まで雨の中を歩きました。
 
 百井峠からの尾根は藁谷乗越まで、かなり曲がりくねっており、下見でも例会本番でも、つい尾根なりに下ってルートを外すこともありましたが、GPSのお陰ですぐに気づいて大過なく、予定コースを歩きました。
 途中でいったん林道に出て車道を渡りますが、少し上がった京都市埋蔵文化財研究所倉庫の広場で早い目の昼食を摂りました。
 後で金久昌業氏の「北山の峠」を読むとこの辺りが「旧前ヶ畑峠」だったようで、ここから小出石に続く「八丁坂」が始まっていたようです。また、おなじく「トンボユリ」の尾根ルートもここから小出石に山腹を縫いながら延びていたようですから、5月の例会で挑戦してみようと思います。

 昼食時から降り始めた雨は小降りながら最後まで止まず、見通しが利かなかったのは残念ですが、皆さん最後まで一糸乱れず無事歩き通していただきました。
 有り難うございました。

【山行記録】
京都北山 百井峠からナッチョ/関西ハイク山友会 第55回例会

日 時:平成24年3月4日 (日) 8:58~15:01

参加者:28名

コース:百井別れ(8:58)―百井峠―鞍部―前ヶ畑峠―埋文研究所倉庫(旧前ヶ畑峠・昼食)―藁谷乗越(686m)―ナッチョ(△812.6m)―小出石(解散、15:01)
  レベル:一般向き (雪がなくて快適)

地 図:25000分の一陸側図「大原」、昭文社「京都北山」
  >歩行断面図、 >歩行GPSルート図

行 程:約9.6km 所要時間:6時間03分(歩行:4時間41分、休憩昼食:1時間22分)
 出町柳7:50⇒京都バス\570⇒8:50百井別れ
 百井別れ(580m、5℃) 8:58―百井峠(740m) 9:22―天ヶ岳巻き道交差(尾根取付、680m、4℃) 9:30~9:37―鞍部(680m) 10:02~10:08―P731m(右折) 10:21―林道(660m) 10:53―前ヶ畑峠(仙人翁窟、640m) 11:02―京都埋文研究所倉庫・旧前ヶ畑峠(650m、昼食、5℃) 11:10~11:48―トンボユリ分岐(左折、700m) 12:24―藁谷乗越(686m、雨、2℃) 12:38―巻き道分岐(740m) 12:52~13:00―小出石分岐(790m) 13:12―ナッチョ(△812.6m) 13:17~13:36―三谷乗越(720m) 13:52―尾根分岐(610m) 14:10~14:14―車道14:50―15:01小出石バス停(290m、解散)
 小出石15:02―15:45 大原16:00⇒京都バス\440⇒17:15京都駅

費 用:交通費各自

【写真】
 2/26の下見と3/4例会本番のナッチョ
Dc0227336Dc030547

Picasaのweb写真アルバム
 

120304 百井峠からナッチョ

【地図】
歩行断面図
120304t_momoitoge_nattyodanmen

歩行GPSトラックルート図
120304t_momoitoge_nattyo

Posted on 3月 9, 2012 at 06:54 午前 | | コメント (0)

2012.03.08

120308 下見山行記録:2/26 ・京都北山・花背峠からナッチョ/関西ハイク山友会例会の下見

Dc0227312Dc030529 本番の例会も終わってしまいましたが、10日前の下見の記録をまとめました。
 下見は2月26日。本番の例会は3月4日で月が替わったとは言ってもわずか一週間で30cmも積もっていた雪が解けてしまって山の様子はすっかり変わっています。

 下見山行は一週間前と、こだわっているのはできるだけ期間を空けない方が山の様子や交通機関の混み具合などもそれほど変わらないだろうと考えてのことです。
 でも、今回の下見と例会本番とでこれほど様子が変わってしまうとすっかり戸惑ってしまいますが、雪を予想して、行程を短縮したのに、肩すかしを食ったようでした。
 ということで、雪があったらこんな感じという雰囲気を感じ取っていただければ好いなと思います。

【山行記録】
京都北山 花背峠からナッチョ/関西ハイク山友会 第55回例会の下見

日 時:平成24年2月26日 (日) 9:27~17:30

参加者:7名/OKMさん、ISHさん、IWMさん、OGTさん、INUさん、HMDさん、きよもり

コース:花背峠(9:27)―百井峠―鞍部(昼食)―前ヶ畑峠―藁谷乗越(686m)―ナッチョ(△812.6m)―小出石(解散、17:30)
  レベル:中級向き (雪と藪こぎあり)

地 図:25000分の一陸側図「大原」、昭文社「京都北山」
 歩行断面図歩行GPSルート図

行 程:約10.9km 所要時間:8時間07分(歩行:6時間22分、休憩昼食:1時間45分)
 出町柳7:50⇒京都バス\620⇒9:10花背峠
 花背峠(759m、-2℃、アイゼン装着) 9:07―尾根上(輪カン装着) 9:35~9:46―杉ノ峠 9:57―マイクロ分岐(830m) 10:05~10:15―植林急登の上(790m) 10:46~10:48―百井峠(740m) 10:56~11:06―天ヶ岳分岐11:18―天ヶ岳巻き道交差(尾根取付) 11:28―鞍部の手前(720m、昼食) 11:52~12:20―鞍部(680m) 12:30―P731m(右折) 12:44―輪カン外し 12:52~12:57―林道(660m、0℃) 13:18―林道分岐(650m、左折) 13:25~13:29―前ヶ畑峠(仙人翁窟、640m) 13:40―京都埋文研究所倉庫(650m) 13:50―トンボユリ分岐(左折、700m) 14:40―藁谷乗越(686m、-2℃) 14:50~15:00―巻き道分岐(740m) 15:16―小出石分岐(790m) 15:41―ナッチョ(△812.6m) 15:50~16:07―三谷乗越(720m) 16:24―アイゼン外し(620m、0℃) 16:38~16:46―車道17:19―17:30 小出石バス停(290m、解散)
 小出石17:40⇒京都バス\430⇒18:13国際会館

費 用:交通費各自(バス1050円)

【写真】
 2/26の下見と3/4例会本番のナッチョ
Dc0227336Dc030547

 Picasaのweb写真アルバム

120226 花背峠からナッチョ下見

【地図】
歩行断面図
 120226t_hanasetoge_nattyoshitamidan

歩行GPSトラックルート図
  120226t_hanasetoge_nattyoshitami

Posted on 3月 8, 2012 at 01:17 午前 | | コメント (0)

2012.03.07

120307 山行記録:2/5 京都北山・花背峠から天ヶ岳南尾根と龍王岳/関西ハイク山友会第43回例会

120205_hanasetoge_amagatakeminamion このひと月は以前にも輪を掛けて慌ただしい日々が続いていました。
 本来なら、例会が終わって翌週中には記録と地図、写真などをホームページに掲載できていたのですが、第43回の例会から帰って間もなく会報の第3号が到着しました。
 きよもりの担当する例会は月一回と決めていましたが、3月からは月二回に増やしました。
 会報が到着した2月10日から12日の三日間に例会参加申込みが140通もメールやFAX 、往復葉書で集中して対応に追われ、2月5日に開催した例会の報告がすっかり遅れてしまいました。
 申し訳ありません。

 花背峠から杉ノ峠、マイクロアンテナを経て、百井峠に続く尾根道は4年くらい前に初めて歩いてからすっかりお気に入りです。
 今回は完全な冬山で約30cmの積雪、花背峠からすぐにアイゼンを付けて、踏み跡もない新雪の尾根はルートも変化があって結構楽しめました。
 天ヶ岳南尾根は積雪も減って、見通しもほとんどない冗長な下りで少しうんざりしましたが、薬王坂から鞍馬へ下らず、カステラでエネルギー補給していただいて、龍王岳までもう一度登り返しました。
 龍王岳山頂からは正面に鞍馬寺の境内全体が見渡せ、何となく得をした気分で貴船口に下りました。
 参加していただいた26名の皆様有り難うございました。

【山行記録】
第43回例会  村田さんの足跡を訪ねる会・第八回
  京都北山 花脊峠から天ヶ岳南尾根・龍王岳

日 時:平成24年2月5日 (日) 9:34~16:43
参加者:26名
コース:花背峠―百井峠―鉄塔(昼食)―天ヶ岳(788m)―南尾根―戸谷(△525m)―薬王坂―竜王岳(500m)―叡電・貴船口(解散、16:50)
  レベル:一般向き (積雪あるも、ほとんど下り)
地 図:25000分の一陸側図「大原」、昭文社「京都北山」
 歩行断面図歩行GPSルート図

行 程:約11.4km 所要時間:7時間09分(歩行:5時間06分、休憩昼食:2時間03分)
 出町柳7:50⇒京都バス\620⇒9:10花背峠
 花背峠(759m、アイゼン装着) 9:34―杉ノ峠手前10:01~10:04―マイクロ分岐(830m、5℃)10:24~10:29―P386 10:42―植林11:01―百井峠(740m、0℃) 11:20~11:27―展望鉄塔(昼食) 11:41~12:35―天ヶ岳(788m) 12:51~12:58―P622m(アイゼン外し) 13:35~13:45―三又岳13:56―P516m 14:08―静原分岐 14:19~14:27―戸谷(△525.0m、4℃) 14:35~14:38―P437m手前(460m) 14:57~15:02―P437m 15:47―薬王坂(380m) 15:19~15:30―竜王岳(500m) 15:48~15:58―龍王岳西峯16:04―車道16:32―叡電・貴船口(解散、16:43)
 貴船口16:51⇒叡電\410⇒17:05岩倉

費 用:交通費各自(バス+電車代1030円)

【写真】
 Picasaのwebアルバムです。

120205 花背峠から天ヶ岳南尾根

【地図】
歩行断面図
 120205t_hanasetoge_amagatakeminamio

歩行GPSトラックルート図
 120205t_hanasetoge_amagatakeminam_2


Posted on 3月 7, 2012 at 03:34 午前 | | コメント (0)

2012.03.06

120306 啓蟄(けいちつ)

120306 啓蟄120306 啓蟄 今朝の気温は12.4℃
 久し振りに10℃を超えてコート無しでも歩けそうです。
 虫も這い出す啓蟄の節気は、気持ちも華やぐ季節の変わり目です。
 今年の冬は昨年に比べて京都北山でも雪の量も少なくて、一昨日のナッチョでもアイゼン無しで歩けました。
 このまま春にはならず、寒の戻りがあるかも知れませんが、確実に春の足音が聞こえます。

Posted on 3月 6, 2012 at 07:31 午前 | | コメント (0)

2012.03.05

120305 雨上がり

120305 雨上がり120305 雨上がり 二ヶ月一回の緑内障検査で今日は午後から出社
 昨日の午後から降り続いていた雨もようやく峠を越したようです。
 こちらも久し振りに峠越えで出社しました。

Posted on 3月 5, 2012 at 01:48 午後 | | コメント (0)

2012.03.04

120304 無事下山

120304 無事下山 15時00分に小出石に降りてきました。
 予定では17時30分としていたから、2時間30分も早くてビックリです。
 先週は新雪のラッセルに悪戦苦闘したのに今日はアイゼンさえ着けずに快適に歩けたし、下見のおかげで迷うこともなく、時間配分もうまくいったと思いますが、バスの待ち時間が1時間もあるからと、ほとんどの方が小出石から大原まで歩き始めたのには、呆れました。

Posted on 3月 4, 2012 at 04:17 午後 | | コメント (1)

120304 今日は曇りのち小雨

昨日夕方、17時の天気予報では今日の降水確率は40%だったから、例会開催が可能だと判断しましたが、今朝もう一度確認したら80%に跳ね上がっていてビックリ!
でも午後からの雨が1mmですからたいした雨量にはならないと期待して、予定通り開催します。

◇ MYお天気メール◇
京都府京都市左京区の天気予報
2012年03月04日(日)
☆今日の天気
晸 のち 暲
80% 2℃/13℃
◆詳細情報
今日
03時 晸 4℃ 0mm
04時 晸 4℃ 0mm
05時 晸 3℃ 0mm
06時 晸 3℃ 0mm
07時 晸 2℃ 0mm
08時 晸 3℃ 0mm
09時 晸 4℃ 0mm
12時 晸 9℃ 0mm
15時 暲 13℃ 1mm
18時 暲 10℃ 1mm
21時 暲 9℃ 1mm

Posted on 3月 4, 2012 at 06:19 午前 | | コメント (0)

2012.03.03

120303 明日の天気が心配

120303 明日の天気が心配 明日は関西ハイク山友会例会で京都北山・百井峠からナッチョ、で30名の参加が予定されています。
 天気が心配ですが、今日17時の天気予報で明日日中の降水確率60%以上なら中止になります。
 晴れたらよいのですが、雨なら二回目の下見かな?

 今日も休日出勤
 神鉄の車窓から見える高取山、全縦走で頑張ったのはまだ一年ちょっと前なのに、そのあとちょうど1年前の3月2日にナッコ君が亡くなり、3月11日に東日本大震災が起き、更に追い討ちで6月5日に新ハイキング関西の村田さんが亡くなられて不幸が続きました。
 身辺での環境も一年前とはガラッと変わりましたから、この一年は慌ただしい変動期でした。

Posted on 3月 3, 2012 at 07:50 午前 | | コメント (0)

2012.03.02

120302 下見山行計画:3/10~11 若狭・青葉山/関西ハイク山友会第62回例会の下見

111127_jyusangokuyama_manjyutoge_00 関西ハイク山友会例会第62回は若狭・青葉山へ日帰りで行く予定で、すでに計画をHPにも掲載しています。
 3/10、11で下見を行う予定ですが、例会本番は貸切バスで行くからよいとして、下見は少人数なので公共交通機関を使うことになり、日帰りは難しいので、一泊2日の計画になります。
 当初はテントを担いでいくつもりでしたが、積雪の心配と重荷を背負って海抜0mから692mまで登るのはかなりハードなので、今回は前日、東三松の民宿に泊まって、翌日青葉山に登りそのまま京都へ戻ることにします。
 3/10は京都駅7:59の山陰線に乗ると綾部・東舞鶴乗り換えで11:11に松尾寺駅に着きます。
 民宿に入るのは夕方でよいから、3/10の午後は、きよもりも歩いたことがない青葉トンネルの吉坂峠(きっさかとうげ)から県境尾根を松尾寺への分岐まで約2kmを偵察しておこうと思います。
 翌日は例会当日、貸切バスが入る「青葉山青少年旅行村」までタクシーがあれば利用しますが、そこから例会の予定ルートを青葉山東峰・西峰と越えて、松尾寺へ下るか、前日の逆コースで吉坂峠まで歩いて、松尾寺駅に戻る予定です。
 3/1現在の下見参加者は5名(038.ISHさん 065.OKMさん 204.IWMさん 山仲間KRKさん 022.MRI)です。

【山行計画】
関西ハイク山友会 第62回例会の下見
  若狭・青葉山のトレッキングと登山

日 時:平成24年3月10日(土)~11日(日)
集 合:JR京都駅/山陰線ホーム 7時50分
 【雨天の場合】 雨天でも決行します

下見参加予定:5名
  038.ISHさん 065.OKMさん 204.IWMさん 山仲間KRKさん 022.MRI

コース:
 3/10 JR松尾寺駅(12:00頃)―吉坂峠―三角点・松尾寺―松尾寺分岐―青少年旅行村―東三松・民宿「丹源堂」(17:00頃)
 3/11 東三松(8:00頃)―青葉山青少年旅行村―青葉山東峰(昼食)―青葉山西峰―松尾寺―三角点・松尾寺-吉坂峠-JR松尾寺駅(17:30頃)

  レベル:一般向き (多少岩場あり、雪次第)

地 図:25000分の一陸側図「青葉山」「東舞鶴」
  断面図予定ルート

行 程:
3/10 約9.6km 所要時間:5時間00分(歩行:4時間30分、休憩:30分)

 京都駅 7:59 ⇒山陰線⇒ 9:46 綾部 10:32 ⇒JRリレー号⇒ 11:02 東舞鶴 11:04 ⇒小浜線⇒ 11:11 松尾寺
 JR松尾寺駅(50m、昼食後12:00頃出発) →30分→青葉トンネル西口→20分→吉坂峠(140m)→20分→三角点・松尾寺(194.0m)→40分→P245m→60分→松尾寺分岐(260m、15:30頃)→30分→髙野(140m)→30分→青少年旅行村(140m)→40分→東三松(0m、17:00頃)
3/11  約8.1km 所要時間:9時間30分(歩行:6時間40分、休憩:2時間50分)
 東三松(0m、8:00頃出発)→60分→青少年旅行村(140m)→50分→金毘羅大権現(480m)→60分→青葉山東峰(683m、11:30頃、昼食)→20分→青葉山西峰(692m)→40分→県境尾根分岐(340m)→30分→松尾寺分岐(260m)→10分→松尾寺(240m)→10分→松尾寺分岐(260m、15:00頃)→40分→P245m→30分→三角点・松尾寺(194.0m)→10分→吉坂峠(140m)→40分→JR松尾寺駅(17:30頃)
 JR松尾寺 17:34 ⇒小浜線⇒ 17:41 東舞鶴 17:47 ⇒舞鶴線⇒ 18:15 綾部 18:16 ⇒山陰線⇒ 19:11 園部 19:13 ⇒山陰線⇒ 20:00 京都(解散)
 または 東舞鶴18:07⇒特急まいづる14号(特急券自由席1360円)⇒19:53京都

装 備:初日昼食弁当、飲み物、防寒具、着替え、雨具、スパッツ、ストック、軽アイゼン
  輪カン(念のためお持ちの方はご持参ください)、ヘッドランプ、非常食
費 用:約1万4千円
 交通費:3,780円 JR京都―松尾寺/1890円×2 (帰路に特急利用の場合は+1360円)
   3/1~4/10は青春18切符が使えますが、1枚当たり2300円なので通常で購入した方が安いです。
   きよもりのように三ノ宮からならJRは昼得を使っても2430円なので18切符が少しだけ安いです。
   ただし、特急には乗れません。
 宿泊費:10,000円位 (朝食、昼弁当+夕食料理・酒込み)
  宿泊場所 「丹源堂旅館」
   住所 〒919-2382 福井県大飯郡高浜町東三松5-13-2
   電話番号 0770-72-1596
   電話で予約したら、カニすきは出来ないので、10日の夕食は近くの料亭に予約してもらいます。
   朝食込み、旅行村までの送迎込みで一人一泊5千円だそうです。
   (行程は取りあえず青少年旅行村から東三松まで歩行で予定を入れてありますが、送迎が使えれば1時間程度行程は短縮されます。)

【地図】
断面図
 120310_11_aobayamashitami1_2danmen

予定ルート
 120310_11_aobayamashitami1_2


Posted on 3月 2, 2012 at 04:11 午前 | | コメント (0)

2012.03.01

120301 EXCELとGmail

120301_095301120301_095302 関西ハイク山友会例会の参加申込者が各回30名から40名もおられて、おかげさまで大盛況です。
 有り難うございます。

 メールで申し込んでいただいた方にはEXCELで作った参加者名簿に書き込んでから折り返し受付番号を折り返し返信しています。
 FAXでの申し込みは送信日時が紙の端に印字されているので、メールでの受付時間の前後関係で判断して、不公平にならないように受付番号を付番し、受付内容をEXCEL表からWORDに貼り付け、そのままペーパーレスFAXで返信します。

 このようにメールもFAXも割合にシステマチックに処理できるように仕掛けを作りました。
  問題は往復葉書で申し込んでいただいた方への返信です。
 受け付けましただけの返信では山行計画の詳細をお教えできないので、きよもりのHPに掲載している例会の計画書から必要部分を抜粋し、写真や地図をはずして、なんとか葉書の枠に収めて投函しています。
 受付番号は不利にならないよう、葉書の消印日の午前零時と見做して参加者名簿の前後関係から付番しています。

 ここまでは長い前置きです。
 さて、ある程度参加人数が確定するのは例会開催日の二週間前ですが、その方法は、計画書のWORD文書をそのまま貼付しても、携帯メールの方は読めないので、文字情報だけの計画書をテキストでメール本文に貼り付け、パソコンメールでご覧になる方用にはWORD文書も貼付します。
 さて、メールメールアドレスは一人ずつEXCEL表からコピーしてGmailのto(宛先欄)に貼り付け始めましたが、フット思い付いて、EXCELの参加者名簿のメールアドレス列を縦に数十列コピーして、試しにGmailの宛先欄に貼り付けてみたら、いったんは縦にずらずらとアドレスが表示されますが、次の瞬間!
アドレス間をコンマで区切られて数十人分が一気に入力完了しました。

 久し振りに大感激!
 関数で何でも出来るEXCELも凄いけど、融通が効いて痒いところに手が届くGmailも凄いです。
 感謝感激!

Posted on 3月 1, 2012 at 08:35 午前 | | コメント (1)