« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011.05.31

110531 山行計画:6/11 京都北山・オバタケダン/新ハイキング関西

070602_03_horikoshitouge_obatakedan 5/20のブログでも紹介しましたが、新ハイキング関西例会で6/11(土) に若丹国境のオバタケダンへ行く予定です。
 リーダーの村田さんに代わって、安倉さんがリーダー、金谷さんときよもりがサブでお手伝いさせていただきます。

 オバタケダンは729.0mの三等三角点(点名:盛郷)で、昭文社「京都北山」でも圏外になっていますが、国道162号線・堀越トンネルのすぐ東にあります。京都・福井の県境はこのピークで大きくV字状に折り返していて、八ヶ峰に伸びています。
 オバタケダンという名前は大畠谷の源頭であることから付けられたものだと思われます。
 今回の行程は堀越トンネルの手前、国道162号線の途中でバスを降りて、結藤谷の林道を奥まで詰め、タケガダン(P743m) に突き上げる尾根を登り、オバタケダンへ続く植林尾根を北上して、国境尾根を堀越峠まで歩く行程です。

【山行計画】
京都北山「オバタケダン」(中級向き)
期 日:6月11日 (土) *雨天中止
 * 前夜の気象情報で当日の京都北部の降水確率が午前(6-12時)・午後(12-18時)のいずれかが60%以上(60%含む)の場合は中止します。
 Tel情報 0773-177(前10日の17時発表の予報)

集 合:JR京都駅/八条口 団体バスのりば 7時40分
 * 新ハイキングの黄色の小旗が目印

コース:約8.7km
 京都駅7:40⇒貸切バス/周山街道R162⇒盛郷・結藤谷出合
 結藤谷出合(320m)→結藤谷林道(410m)→中央尾根→P743m(タケガダン)→オバタケダン(△729.0m)→旧堀越峠(510m)→国道(380m)
 国道⇒貸切バス/R162周山街道⇒京都駅(18時頃、解散)

装 備:日帰り山行装備・雨具・ストック・スパッツ・帽子等
地 図:国土地理院25000分の1「口坂本」
 断面図 & 予定ルート図

費 用:約3,000円 (貸切バス代)
  * 山行運営費 400円・保険 100円別途
リーダー:安倉 正勝さん、Sリーダー:金谷 昭さん、きよもり 参加予定者:30名

連絡先:新ハイキング関西本部/Tel/Fax 0774-53-2754
問合せ:安倉リーダー/ケータイ 090-9254-0076

* 当日の感想・写真を本部へ添付メールで送信ください。
  アドレス shinhaikansai@kcn.jp

【参考】
 金久昌業氏「北山の峠」(中) P109~113 「堀越峠」を引用させていただきます。
 昔はボンネットバスが通っていた堀越峠にまつわるエピソード。
 きよもりはこの名文に触発されて、何度となくこの峠を訪れました。
「HorikoshiToge.pdf」をダウンロード
【地図】
予定コース断面図
 110611_obatakedandanmen

予定コースルート図
 110611_obatakedan

カシミール3Dの予定ルートデータ
「110611_ObatakeDan.gdb」をダウンロード

Posted on 5月 31, 2011 at 08:58 午後 | | コメント (0)

2011.05.30

110530 後遺症

110530 後遺症 熱帯低気圧の影響で高速道路が通行止めになっています。

Posted on 5月 30, 2011 at 09:35 午前 | | コメント (0)

2011.05.29

110529 今日も雨

1105290011 梅雨前線が沖縄近海まで近づいた台風2号と繋がって、広い範囲で雨が降っています。
 今朝の神戸は風も出てきて最悪の天気です。
 雨がたいしたことなければ、「六甲高山植物園」にオオヤマレンゲを見に行こうと思っていましたが、この天候では無理なので、昨日に続き映画を見に行くことにします。
 「阪急電車」です。

 台風が熱帯低気圧に変わったけど、夕方帰宅した頃には猛烈な北風が六甲山から海に向かって吹き荒れていました。
 「阪急電車」はいつも利用している阪急今津線の乗客の日常生活で起こる様々なトラブルや悩みをテーマに、名も知らぬ乗客同士が少しずつ相手に、希望や気持ちを切り替えるきっかけをつくる物語。
 爽やかでほのぼのする観賞後感でした。
 小林(おばやし)という駅は一度も降りたことがありませんが、何となく気になっていました。今回は駅周辺の様子も描かれていましたから、機会があったら是非途中下車してみます。

 ちなみに阪急今津線というのは27年前(1984年)までは宝塚から西宮北口を経由して阪神・今津まで一つの路線で繋がっていましたが、西宮北口駅の拡張工事に伴って南北に分断されました。それ以前の信号機で平面交差していた様子も懐かしく思い出します。

800pxst_nishinomiyakitaguchi


Posted on 5月 29, 2011 at 08:54 午前 | | コメント (0)

2011.05.28

110528 今日は雨?

110528 今日は雨? 降水確率90%で今日の大峰「観音峰」は残念ながら中止になりました。
 神戸の背山もすっぽりと雲に覆われています。
 仕方ないから、「プリンセス トヨトミ」を見に行きます。
 何故か「阪急電車」も同時期封切りです。
 関西ネタでの競合はもったいないですね。

110528001 「プリンセス トヨトミ」は大阪人の阪神タイガース贔屓に通じるような弱い者をいたわる、応援するという心意気を描いているように思いました。
 主人公の心情変化は最後の画面を見てやっと理解できました。

 映画を見終わった頃から雨が降り始め、しとしとと降り続いています。
 台風も近づいているから明日も晴れ間は望めません。

Posted on 5月 28, 2011 at 11:04 午前 | | コメント (0)

2011.05.27

110527 近畿地方も梅雨入り

110527_tenkizu 日本気象協会のHP tenki.jpによると、昨日近畿地方も梅雨入り宣言されたそうです。
 中国、四国、近畿地方で梅雨入り(2011年5月26日)
【記事引用】

 今日(26日)の午後2時。気象庁から「中国地方」「四国地方」「近畿地方」が梅雨入りしたとみられると発表がありました。

中国地方=平年より12日早く、昨年より18日早い
四国地方=平年より10日早く、昨年より18日早い
近畿地方=平年より12日早く、昨年より18日早い
梅雨入りとなりました。

ちなみに、中国地方は1951年の統計開始以降、3番目に早い梅雨入りとなり、近畿地方は1951年の統計開始以降、2番目に早い梅雨入りとなりました。


 GW明けから日本列島を東西に横断する前線が延びていましたから、まさかとは思いましたが、早々と梅雨前線が出現していたのですね。
 太平洋岸に沿ったこの前線の位置が南北に上下するため、天気予報は難しくなります。前線が列島にかかれば当然雨になりますが、大陸の高気圧に押されて前線が太平洋に下がれば、天気は回復します。
 今朝6時の気圧配置から見ると西から高気圧が移動して来てはいますが、移動は一日1目盛り(経度で5度)程度なので天気の回復は明後日で、明日は西日本は雨模様だと思います。
 天気予報でも明日の奈良県南部の降水確率は90%になっていて、新ハイキング・大峰「観音峰」は残念ながら中止の可能性が高いです。

Posted on 5月 27, 2011 at 12:33 午後 | | コメント (0)

2011.05.26

110526 山行記録の写真追加: 5/21 湖西・滝谷山から大谷山/新ハイキング関西、 5/22 湖西・箱館山から処女湖/山仲間例会

110522_hakodateyama_syojyoko_024 最近、月7回平均で山歩きを楽しんでいますが、山から帰ってすぐに記録やGPSトラックを整理して地図を整理するところまでは完了できますが、どうしても写真の整理に時間がかかります。
 今回も2回分をまとめて写真を抜粋し、位置情報をカシミール3D で付加し、更に写真それぞれにコメントを入れてから、PicasaのWebアルバムに登録していると最低でも3時間程度集中してやらないと完了できません。
 
 それでも何とかまとまりましたので、興味のある方は是非さかのぼってご覧下さい。

山行記録:5/21 高島トレイル・滝谷山から大谷山/新ハイキング関西

山行記録:5/22 湖西・箱館山から処女湖/山仲間第143回例会

Posted on 5月 26, 2011 at 02:30 午前 | | コメント (0)

2011.05.25

110525 山行計画:5/28 大峰・観音峰/新ハイキング関西

Benibanayamasyakuyaku 今週末は昨年12月の扇形山以来、久し振りの大峰山系「観音峰」です。洞川から稲村ヶ岳へ登る途中、法力峠から登山道が付いていますが、きよもりは初めてです。
 他の方のブログや写真を拝見すると6月半ばにはベニバナヤマシャクヤク(紅花山芍薬、Q10Tの気ままな呟き) が綺麗に咲いているようですから、見られたらよいのですが、今年は雪解けが遅れましたから、まだ蕾かも知れません。
 一方天候も不安定でそろそろ近畿地方も梅雨に入りそうな気配なのでこちらも気がかりです。天気予報では曇り一時雨、降水確率60%で微妙です。
 新ハイキング関西の例会で村田さんの企画ですが、体調不良のため安倉さんがリーダーで開催されます。村田さんの早期復帰をお祈りしております。

【山行計画】
大峰「観音峰」(一般向き)
期 日:平成23年5月28日 (土) *雨天中止
 * 前夜の気象情報で当日の奈良県南部の降水確率が午前(6-12時)・午後(12-18時)のいずれかが60%以上(60%含む)の予報の場合は中止します。
 Tel情報 0742-177(前27日の17時発表の予報)

集 合:近鉄・下市口駅 9時10分
 * 新ハイキングの黄色の小旗が目印
電 車:近鉄阿部野橋駅(吉野行き・急行) 7:50発⇒下市口 9:03着

コース 歩行距離:9.9km
 下市口駅9:10⇒貸切バス⇒10:10登山口
 登山口(790m)→11:00観音平(1060m)→12:00観音峰(三角点1347.4m、昼食) 13:30→14:00法力峠(1217m)→15:00洞川温泉(840m)
 洞川温泉15:30⇒貸切バス⇒下市口(17:00頃、解散)

装 備:日帰り山行装備、雨具・ストック・スパッツ・帽子等
費 用:約3,000円(バス代)
    * 山行運営費 400円・保険 100円別途徴収します。

地 図:昭文社「大峰山脈」、25000分の一「弥山」「洞川」
 断面図予定ルート図

リーダー:安倉 正勝さん、SL:中川 光郎さん 参加予定者:22名
連絡先:新ハイキング関西本部/Tel/Fax 0774-53-2754
* 当日は中川サブリーダーのケータイまで 080-5714-2324

* 当日の感想・写真を本部へ添付メールで送信ください。
     Eメールアドレス shinhaikansai@kcn.jp

【地図】
断面図
 110528_kannonminedanmen

予定ルート図
 110528_kannonmine

Posted on 5月 25, 2011 at 11:30 午後 | | コメント (0)

2011.05.24

110524 花の名前は蛇結茨(ジャケツイバラ)

1105212_kiirohana_1 先日(5/22)の山仲間例会では雨の中を箱館山から処女湖へ山越えで石楠花の名残花を見に行きましたが、午後からはすっきりと雨が上がって、スキー場から眼下に琵琶湖や比良の連峰が見渡せて、午前中の肌寒い雨中登山とは様変わりでよかったです。

 今の時期には春の名残の石楠花やイワカガミに混じって、タニウツギや藤なども咲き始め、雨に濡れて色鮮やかな新緑の中にひときわ黄色やピンクが映えていたように思います。

 普段登山道で出会う花はおおむね名前が判るようになってきましたが、今回は登山口で見かけたこの花がどうしても判らず、昨夜草花図鑑を3冊くらい最初から最後まで探しましたが、結局判らず、インターネットの花の名前問合せ「何の草花?掲示板」でヘルプを出しました。

 花の名前を聞いて、ちょっとショックを受けましたが、豆科の木花だそうですから、草花図鑑では出てこないのは道理です。幹にはきつい棘があって、蛇のように絡まって伸びるからジャケツイバラという名前が付いたそうですが、花のイメージとはかけ離れていて可哀想です。別名では河原藤というそうですが、花の付き方が何となく藤に似ていますから、まだこちらの方が無難でしょう。

1105212_kiirohana_21105212_kiirohana_3


Posted on 5月 24, 2011 at 12:36 午後 | | コメント (0)

2011.05.23

110523 山行記録:5/22 湖西・箱館山から処女湖/山仲間第143回例会 【110526 写真追加】

110523066 昨日は山仲間第143回の例会
 あいにく、出だしからの雨で全員完全装備で歩き始めました。箱館山の三角点も雨の中。
 何とかスキー場に着きましたが、雨の中では昼食もとりにくいので、予定を早めて、スキー場の管理棟の屋根下を借りて昼食。
 午後からは予定を変更して最短のCコースを往復しましたが、スキー場を登り始めた頃からすっきり晴れてきて、待望の石楠花も無事見ることが出来、戻り道は快適な空模様の中、無事下山しました。

【山行記録】
山仲間第143回例会:湖西・箱館山から処女湖
行き先:湖西・箱館山~スキー場~処女湖往復
日 時:平成23年5月22日(日) 9:40~14:58
参加者:13名/NROさん、NSNさん、NSEさん、ADTさん、DNNさん、きよもり、
    USIさん、TRNさん、YMNさん、HRTさん、FTSさん、MTHさん、JNKさん
地 図:25000分の一「熊川」
 断面図GPSトラック図
行 程: 約8.6km 所要時間:5時間18分(歩行時間:3時間38分、休憩・昼食1時間40分)、天候:雨のち晴れ、気温:18℃(スキー場)→16℃(処女湖鞍部)
 JR住吉7:22⇒7:29芦屋7:29⇒新快速⇒9:09近江今津9:15⇒湖北バス\370⇒9:35箱館山バス停
 箱館山ゴンドラ下(190m、雨具着用) 9:40→9:45登山口(200m、体操) 9:55→小谷ルート→10:18中間点(370m) 10:22→10:48主尾根上(520m) 10:52→11:00箱館山(一等三角点547.0m、あんパン、記念撮影) 11:13→11:30スキー場管理棟(640m、昼食、18℃) 12:00→12:12 Cコース入口(670m)→Cコース下り→12:43処女湖畔鞍部(500m) 13:01→石楠花急登→13:11急登上(570m、16℃) 13:16→13:43 Cコース分岐(670m) 13:56→14:06管理棟(640m、トイレ) 14:09→14:24小谷ルート分岐(520m)→小谷ルート下降→14:54登山口(200m)→14:58箱館山ゴンドラ下(190m)
 箱館山バス停15:03⇒湖国バス\370⇒15:21近江今津15:26⇒湖西線・普通⇒16:34京都(解散)
 京都(入浴、懇親会4名) 18:58⇒新快速⇒19:43芦屋19:44⇒19:50住吉
費 用:交通費 700円 (近江今津~箱館山往復/湖国バス 740円)
【会計報告】 集金700円×13名=9,100円、回数券2200円×4枚=8,800円(9,680円分)
 残金300円は会の予備費に預金します。
【写真】 110526追加
PicasaのWebアルバムです。
写真は位置情報つきで35枚あります。
 

110522 箱館山~処女湖/山仲間第143回例会

【スライドショー】

110523030

【地図】
断面図
110522t_hakodateyama_syojyokodanmen

GPSトラックのルート図
110522t_hakodateyama_syojyoko

Posted on 5月 23, 2011 at 07:39 午前 | | コメント (0)

2011.05.22

110522 山行記録:5/21 高島トレイル・滝谷山から大谷山/新ハイキング関西 【110526写真追加】

110522138 新ハイキング関西の例会に参加
 ビラデスト今津の奥、平池から処女湖畔の車道を下って、滝谷山登山口からジグザグの急登から、植林を抜けると滝谷山(735.2m)。 展望はなく平凡な山頂を過ぎるとブナの自然林や石楠花の群生の広い尾根道になって、爽快なアップダウンが続きました。
 平池から延びている近江坂との合流点で12:12。予定より少し早めに昼食を摂りましたが、まだ全行程の三分の一程度で、先が思いやられました。
 でも、大御影山への尾根道の途中から右折して、抜土に着いたのが14:22で何とかマキノまで行けそうな見込みが立ちました。
 再度急登をしのいで、国境稜線の合流点から少し登ると見通しのよい草原地帯。大谷山に15:56に着きました。
 あいにくの曇り空で眼下の琵琶湖は竹生島が霞み、対岸は全く見えず残念でした。
 寒風16:35ではほとんど休まないで、マキノスキー場を目指しました。

【山行記録】
湖西・「滝谷山から大谷山」
日 時:平成23年5月21日 (土) 9:50~17:40
参加者:42名/リーダー・狩野さん、Sリーダー・仲谷さん/OKMさん、ONOさん、GTUさん、ASNさん、MYNさん、FNMさん他、きよもり
地 図:25000分の一「熊川」「駄口」「三方」
 歩行断面図GPSトラックの歩行ルート図
コースタイム: 歩行距離:15.2km、所要時間:7時間50分(歩行時間:6時間05分、休憩昼食:1時間45分)、天候:曇り 気温:25℃(滝谷山登山口)→26℃(抜土)→24℃(大谷山)
 住吉6:17⇒快速⇒7:13京都駅(7:40集合) 7:36⇒貸切バス・湖西道路⇒8:55道の駅・藤樹の里9:05⇒9:43ビラデスト今津・平池
 平池(500m、準備、17℃、曇り) 9:50→処女湖畔車道→10:16滝谷山登山口(460m、25℃) 10:20→10:46急登上(600m) 10:50→植林尾根→11:25滝谷山(三等三角点735.2m、24℃) 11:30→ブナの自然林・石楠花→12:12近江坂合流点(710m、昼食) 12:56→13:21展望台13:25→13:34粟柄河内谷乗越(810m)→県境・高島トレイル(右折点、840m)→県境尾根急下降→14:22林道・抜土(580m、26℃) 14:32→高島トレイル・支尾根登り→14:48小ピーク(710m) 14:56→15:13県境尾根(右折)→15:29小ピーク(820m、24℃) 15:36→草原状のアップダウン→15:56大谷山(三等三角点813.9m、24℃) 16:10→16:35寒風(855m) 16:38→急な下り→17:10展望ベンチ(560m) 17:12→17:27スキー場上端(370m)→17:40マキノスキー場駐車場(200m)
 マキノスキー場17:57⇒貸切バス⇒18:30道の駅・藤樹の里(トイレ) 18:40⇒湖西道路⇒19:55京都駅(解散、懇親会12名) 21:43⇒快速⇒22:48住吉
費 用:3000円(貸切バス代 2500円、山行運営費 400円・保険 100円)

【写真】 110526追加
 PicasaのWebアルバムです。
 写真は位置情報つきで40枚あります。
 

110521 湖西・滝谷山~大谷山/新ハイキング関西

【スライドショー】

【地図】
断面図
110521t_takitaniyama_ootaniyamadanm

GPSトラック
110521t_takitaniyama_ootaniyama

Posted on 5月 22, 2011 at 06:28 午前 | | コメント (0)

2011.05.21

110521-3 無事下山

110521-3 無事下山 マキノスキー場に降りてきました。
 今日は13.5kmしか歩いていないけど、最後の寒風からの下り500mは堪えました。
 これから京都駅で反省会です。
 明日も山だから飲み過ぎて乗り過ごさないよう注意します。

Posted on 5月 21, 2011 at 06:09 午後 | | コメント (0)

110521-2 大谷山

110521-2 大谷山 16時00分大谷山に到着
 ロングコースですが皆さん元気です。

Posted on 5月 21, 2011 at 04:05 午後 | | コメント (0)

110521 また近江坂

110521 また近江坂110521 また近江坂 滝谷山から近江坂に合流したところで昼ご飯
 まだ三分の一
 先は長いです。
 皆さんからおかずをお裾分けいただいて、満腹です。

Posted on 5月 21, 2011 at 12:53 午後 | | コメント (0)

2011.05.20

110520 若丹国境・オバタケダンの思い出

Dc101440 新ハイキング例会で6/11(土) に若丹国境のオバタケダンへ行く予定です。
 リーダーの村田さんがご病気なので、開催は無理かなと思っていましたが、金谷さんが代行していただけるそうなので、予定通り開催される見込みです。
 きよもりもGPSを頼りにサブでお手伝いさせていただく予定です。

 オバタケダンは729.0mの三等三角点(点名:盛郷)ですが、昭文社の地図でも圏外ですが、国道162号線・堀越トンネルのすぐ東にあります。京都・福井の県境はこのピークで大きくV字状に折り返していて、八ヶ峰に伸びています。
 オバタケダンという名前は大畠谷の源頭であることから付けられたものだと思われますし、近くにあるP743mピークがタケガダンと呼称されているのは同様に竹ヶ谷という谷が近くにあるからだろうと勝手に思い込んでいます。

Dc101441Dc101445Dc101449

 このオバタケダンに最初に登ったのは2002年9月22日~23日です。
 UOさん、HSMさん、MTNさんと4人で知見奥・西畑の集落から支尾根をタケガダン目指して猛烈な藪こぎを強いられました。オバタケダンからは途中幕営して翌日、八ヶ峰まで国境尾根を歩きました。
 翌月始め(10/5~10/6)には一人で頭巾山からオバタケダンを目指しましたが、翌朝早く、堀越峠への急尾根の下りで、峠から登ってこられたMTNさんとお会いしたのが今でも忘れられません。
 更に翌週(10/12~10/14)には、UOさん、MTNさんに重廣さんご夫妻も参加していただいて、初めて八ヶ峰から頭巾山まで通しで縦走しました。
 この時、横尾峠への登り尾根があまりにも藪が茂りすぎていたので、翌週(10/19)またMTNさんにおつきあいいただいて日帰りで藪刈りに行きました。
 当時は国境尾根でさえ、猛烈な笹藪で、かろうじて獣道らしき踏み跡がある程度でしたが、江若丹国境尾根140km踏破の目標達成に向けて、このように尺取り虫よろしくほとんど毎週通ったのは今でも懐かしい思い出です。

 6/11(土)の予定時間等は追って参加者にはがき案内が送付されますが、予定コースの地図だけ先に掲載させていただきます。 
【地図】
予定コース断面図
 110611_obatakedandanmen

予定コースルート図
 110611_obatakedan

カシミール3Dの予定ルートデータ
「110611_ObatakeDan.gdb」をダウンロード

Posted on 5月 20, 2011 at 12:50 午前 | | コメント (0)

2011.05.19

110519 週末の天気は不安定

110519_tenkizu 今朝の天気図を見ると、高気圧が東に移動しつつあり、気圧の谷が近づきつつあります。
 大荒れになることはないでしょうが、今週末、土日にかけては多少の雨を覚悟した方がよいでしょう。
 5/21(土) は新ハイなので降水確率によっては中止の可能性がありますが、5/22(日) の山仲間例会は予定通り決行しますので、雨模様であれば、リスクを避けて、Cコースを往復するルートにしようと思います。
 雨具、傘(日傘兼用)などをお忘れ無く、現時点の参加者13名です。
 よろしくお願いします。


Posted on 5月 19, 2011 at 07:20 午前 | | コメント (0)

2011.05.18

110518 気になる空模様

110518001 今朝も神戸の空は上空は綺麗な青空が広がっているのに、三宮の方向は何となく黄色っぽくて霞がかかっています。
 50年も前ならスモッグだとか光化学スモッグで片付けてしまったでしょうが、最近は台高のような空気の澄んだ山へ登っても水平線方向は何となく霞がかかってすっきり見えません。

 黄砂の発生はWikipediaによれば、「1967年以降、日本での黄砂観測日数は平均20日程度であるが、2000年から2002年にかけては50日前後と大幅に増加した。日本で黄砂観測日数が増える年は、中国東北部で低気圧が発達しやすく、西風が強い傾向にある。日本で観測される黄砂は大気がかすみ、微量の砂が積もる程度で、大きな被害はほとんど報告されないが、軽微な物理的被害や健康被害は報告されている。気象観測における天気としては煙霧またはちり煙霧に分類される。
とありますが、今年も発生が増えているのではないでしょうか?

 また「飛来地側の日本では、春にあたる2月から5月の4ヶ月間に年間の約90%が集中」ともありますので、今月いっぱいはこのようにうっとうしい状態が頻発するのかも知れません。


Posted on 5月 18, 2011 at 06:49 午前 | | コメント (0)

2011.05.17

110517 母来神

110515_haharaishin_3 今年92歳になる尾道の母が久しぶりに会いに来てくれました。
 毎年恒例になっていた正月の清荒神詣りも今年は坂道30分はえらいからと、代参依頼してきたので少し心配していましたが、5/15、16とつむじ風のように来神して、精一杯神戸を楽しんで無事尾道に帰っていきました。
 今回はいつも話し相手になっていただいているTHKちゃんも同行してくださったので、往復の道中も安心でした。
 THKちゃん、有り難う御座いました。

 5/15は新神戸に着いて、その足でお気に入りの三宮の「宝寿司」で食事をしてから、「モロゾフ」でお茶したあと、きよもりと二人だけで94歳になるお兄さんが入院されている芦屋浜の病院にお見舞い。
 御影のマンションに戻って少し休んでから、夕食は芦屋川の畔にあるイタリア料理「ベリーニ」でゆっくりとコース料理を食べました。
 普通、これだけ高齢になれば、食事の量も半分程度で充分だと思いますが、肉 (じつは添え物の茄子)を一切れきよもりに譲っただけで、完食しましたから驚きです。

 昨日5/16はきよもりは仕事で同行できませんでしたが、JNKさんが元町へ案内して、夕方には「ステーキランド」でビーフステーキを食べてから、新神戸に見送ったそうです。

 母は若い時から活動的で、山登りも戦前から結構通っていたし、尾道へ移ってからも二匹の犬を毎朝散歩に連れて歩いていましたから、足腰は人様より丈夫です。
 それに加えて、歯がよいから何でもよく食べて内臓も丈夫で、お医者様が呆れるくらい健康です。多少耳が遠くなっていますが、心配していた目のかすみは日にち薬ですっかりよくなってきているそうで、安心しました。

 これだけ健康な母は何よりも息子孝行だと思います。
 有り難う御座います。いつまでも元気でいて下さい。

110515_haharaishin_1110515_haharaishin_2


Posted on 5月 17, 2011 at 01:15 午前 | | コメント (2)

2011.05.16

110516 携帯電話を中継機に使うインターネット接続サービス

110516_nikkeinews 会社では企業内LAN、自宅ではケーブルTVのLANを使っているので、普段は手持ちでE-mobileのWi-Fi無線モデム「D25HW」を使う機会はあまりありませんが、たまに私用でHPアクセスするときなどには簡単に切り替え可能なので結構重宝しています。
 E-mobileの好評に刺激されて、各社から同様の機器がどんどん出ており、使用料金も月額固定で4~5千円と処理速度から考えたら無難な価格設定だと思います。

 一昨日の日経新聞一面に「光」並み通信、携帯で中継
という記事があって、興味を持って読ませていただきました。
 スマートフォンに「LTE」サービスを載せ、携帯電話+無線モデムの機能を持たせるそうですが、これが普及すると公衆無線アクセスポイントなんて要らなくなるでしょう。

 問題は価格で、記事によるとNTT では定額通話料(月額5460円)+無線LAN接続料(月額約5000円)を想定しているのだそうです。
 これでは、現在携帯を持って、D25HWなどを持っている人が、わざわざダブル機能の機器を購入するメリットは何もありません。KDDIなどの価格戦略がどういう形で打ち出すのか興味を持って待とうと思います。きよもりの場合、メールの送受信以外、携帯電話としてはほとんど使っていないから、やはりダブル機能で6千円程度にして欲しいですね。

【日経新聞引用記事】

「光」並み通信、携帯経由で ドコモなどパソコン向け
「LTE」中継のスマートフォン、12年までに 2011/5/14 2:02
 NTTドコモは携帯電話を中継機に使うインターネット接続サービスを開始する。2012年までには光回線並みの通信速度を持つ次世代携帯サービスにも対応するため、光回線などの固定回線を使わなくても、家庭やオフィスのパソコンで高速大容量のネット接続が可能になる。KDDIなども同様のサービスを拡大する見通し。NTT東日本・西日本などの光回線サービスと競合する。従来のすみ分けが崩れて携帯会社と固定通信会社が顧客を奪い合う構図になる。

 新サービスは携帯電話に中継機の機能を持たせ、家庭やオフィスのパソコンをネットに接続する。ドコモはNTT東・西と顧客を奪い合うことになるが、KDDIなど他の携帯会社が同サービスの強化を打ち出しており、対応を迫られていた。

 現在、パソコン向け光回線サービスはNTT東・西が約75%のシェアを持つ寡占状態にある。携帯各社の中継サービスが普及すれば寡占が崩れ、値下げ競争が本格化する。

 携帯各社は同サービスを強化するために巨額投資を伴う通信インフラの容量拡大が必要になる。投資を続ける体力がない企業が再編の対象になる可能性もある。

 ドコモは12年までに、通信速度が現在の携帯電話の約5倍になる携帯サービス「LTEに対応し毎秒38メガ(メガは100万)ビットの高速通信が可能な中継機能付きスマートフォン(高機能携帯電話)を発売する。LTEは2~3年後に広域で毎秒75メガビットと、光回線並みに高速化する予定。

 それに先立ち今夏には現行の携帯回線に対応した中継機能付きスマートフォン7機種を発売する。パソコン、携帯ゲーム機など最大5台の端末をネットに接続できる。スマートフォンと各機器との接続には「WiFi」と呼ばれる無線通信を使う。

 今夏からのサービスを使うにはスマートフォン向け定額料金(月額5460円)に加え、月額約5000円の利用料が必要。NTT東などの家庭向け光回線(利用料金は月額6000円弱)よりやや安くする。LTEに対応した新サービスも、競争力のある価格帯で提供するとみられる。

 現在は高速大容量の光回線サービスをNTT東・西などの固定通信会社、携帯サービスをドコモなどの携帯会社が提供する形ですみ分けている。技術革新で携帯の通信速度や容量が光回線に追いついてきたことで、このすみ分けが崩れ始めた。

 ドコモなどの新サービスが始まれば、利用者は利用形態に合わせて携帯回線か光回線のどちらかを選ぶようになる。

 NTT東・西では光回線などのネット接続サービスが売上高の約4割を占め、収益の柱となっている。ドコモなど携帯会社との競争によって、利用料金の引き下げなどを迫られ、収益を圧迫される可能性もある。

 海外では米グーグルの携帯電話向け基本ソフト「アンドロイド」を搭載した機種などが、ネット接続の中継機能を備えている。日本より光回線の普及が遅れている米国では、携帯を中継機にしたネット接続が主流になるとの見方もある。

Posted on 5月 16, 2011 at 05:28 午後 | | コメント (0)

2011.05.15

110515 山行計画:5/21 高島トレイル/湖西「滝谷山から大谷山」/新ハイキング関西

080601_ootaniyama_1 新ハイキング関西代表の村田さんが体調不良で入院されておられます。
 一日でも早く快復され、またご一緒できるよう願っております。

 高島トレイルが開設されたのは2007年だそうですが、それ以前、2002年5月に若丹国境・五波峠から2003年8月まで30回にわたって、若狭の三国岳から、加越の野坂岳まで福井・京都・滋賀の県境140kmを歩きました。
 当時は県境尾根全体が猛烈な笹藪に覆われていて、頭巾山北稜のように1日数百mしか進めないこと(2002年10月~11月)もありました。
 2005年以降、笹の花が咲いて尾根の笹藪が無くなったり、高島トレイルが開通して、馬酔木や犬山毛欅などの木藪が取り払われたお陰で、縦走路はすっかり歩きやすくなり、隔世の感があります。

 今回、予定されている抜土(粟柄河内谷林道)から大谷山の県境尾根は江若丹国境尾根縦走の仕上げで2003年8月に熊川から5日間もかけて一人で野坂岳まで歩いた時、3日目の雨上がりに歩いたのが最初ですが、当時から大谷山の周辺はほとんど高木がなく草原状の歩きやすい広尾根でした。

 大谷山で一番印象に残っているのは、ずっと下って2008年5月末にKRKさんと二人で三重岳から大御影山で幕営して、翌日、大谷山から赤坂山までカンカン照りの中を歩いた時のことです。
 マキノスキー場のさらさの湯で汗を流してKRKさんが缶ビールのロング缶2本を一気飲みしたのにはビックリしました。

 最近、新ハイキング関西の例会に同行させていただいて、再びこの山域を歩けるのは非常に懐かしく、有り難いと思っています。
【山行計画】
湖西「滝谷山から大谷山」(一般向き)
期 日:5月21日 (土) *雨天中止
 * 前夜の気象情報で当日の滋賀県北部の降水確率が午前(6-12時)・午後(12-18時)の時間帯のいずれかが60%以上(60%含む)の場合は中止します。
 Tel情報 0775-177(前20日の17時発表の予報)

集 合:JR京都駅/八条口 団体バスのりば 7時40分
 * 新ハイキングの黄色の小旗が目印

コース:約13.2km
 京都駅7:40⇒貸切バス/湖西道路R161⇒滝谷山登山口
 登山口(450m)→滝谷山(736m)→近江坂(昼食)→抜戸(580m)→大谷山(△813.9m)→寒風(860m)→マキノスキー場(160m)
 マキノスキー場⇒貸切バス/R161湖西道路⇒京都駅(19時頃、解散)

装 備:日帰り山行装備・雨具・帽子・ストック・スパッツ等
地 図:国土地理院25000分の1「熊川」「海津」「駄口」
 断面図 & 予定ルート図

費 用:約3,000円 (バス代)
  * 山行運営費 400円・保険 100円別途
リーダー:狩野 東彦さん 参加予定者:38名

連絡先:新ハイキング関西本部/Tel/Fax 0774-53-2754
問合せ:狩野リーダー/ケータイ 090-4302-0186

* 当日の感想・写真を本部へ添付メールで送信ください。
  アドレス shinhaikansai@kcn.jp

【地図】
断面図
110521_takitaniyama_ootaniyamadanme

予定ルート
110521_takitaniyama_ootaniyama

カシミール3Dの予定データ
「110521_TakitaniYama_OotaniYama.gdb」をダウンロード

Posted on 5月 15, 2011 at 04:59 午前 | | コメント (0)

110515 5/22 山行計画:山仲間第143回例会/湖西・箱館山から処女湖&石楠花

                                       平成23年5月15日
山仲間諸兄諸姉
                                       山仲間事務局 きよもり
5/22 山仲間第143回例会/湖西・箱館山から処女湖&石楠花
110508_hakodateyama_syojyoko_4110508_hakodateyama_syojyoko_5 東日本大震災と原発事故により、不安で不自由な避難生活を余儀なくされておられる方々をお見舞い申し上げます。
 震災によりお亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

 5月に入りましたが、連休が明けた途端に雨模様の日が続き何となく骨休めをされておられる方も多いかも知れません。
 4月の山仲間例会は昨年に続き湖北・海津大崎の桜並木と東山登山を楽しんでいただきましたが、最後の下りでは参加していただいた皆様の肝を冷やすような崖下りを強いてしまい申し訳ありませんでした。やはり下見は確実にしないといけないと反省しております。
 参加していただいた22名の皆様有り難う御座いました。

 5月の例会は当初、洛西・唐櫃越えを予定していましたが、新ハイキング関西の例会で訪れた処女湖の石楠花の蕾が印象的だったので、急遽予定を変更して、湖西・箱館山から処女湖(ショジョコ)を周遊するコースを歩きたいと思います。
 石楠花と言えば、昨年5月、京都北山・花脊峠から石楠花尾根(100516第131回例会)では、ほとんど花が見られず残念でしたが、今年はどの地域でも花付きがよいようですから、多少満開を過ぎているかも知れませんが、淡いピンクの大輪を観賞していただけると思います。
 近江今津マキノまでは先月に引き続き「春の関西ワンデーパス」2900円が使えますので昼得よりも割安です。発券に多少時間がかかりますので、前日までに乗車日(5/22)を指定して購入されるようお勧めします。
 参加していただける方は、5/20(金)までにメールまたはFAXでご連絡ください。

【山行計画】
山仲間第143回例会:湖西/箱館山から処女湖&石楠花
行き先:湖北・箱館山から処女湖回遊
日  時:平成23年5月22日(日)
 9:40~16:30
集 合:JR湖西線・近江今津駅/改札口 9:10
 参考:JR三ノ宮7:20⇒新快速・湖西レジャー号⇒7:28芦屋⇒7:43大阪⇒8:14京都⇒9:09近江今津
 またはJR住吉7:22⇒7:28芦屋7:29⇒新快速・湖西レジャー号⇒9:09近江今津
 湖西レジャー号は後ろから2両目辺りにお乗り下さい。また近江今津でのバス乗り換え時間は6分しかありませんので、トイレなどは車中(最後尾車両)で済ませておくか、バス降車の箱館山ゴンドラ下まで我慢していただくようお願い申し上げます。
地 図:25000分の一「熊川」  レベル:初級の上(箱館山まで300mの急登、行程が11kmのロングコース)
 断面図予定ルート
行 程: 約11.4km 所要時間:約6時間50分(歩行:5時間15分、休憩昼食1時間35分)
 近江今津9:15発⇒湖国バス\370⇒9:33箱館山
 箱館山ゴンドラ下(190m、トイレ)→5分→登山口(200m、体操、準備、9:50発)→50分→小谷ルート尾根上(520m)→10分→箱館山(一等三角点547.0m、11:00頃)→15分→スキー場(トイレ、640m)→30分→Bコース入口(650m)→50分→処女湖畔・Aコース合流(480m、12:40頃、昼食、13:30発)→30分→湖畔車道・Cコース入口(480m)→30分→鞍部(500m、14:40頃)→40分→スキー場(トイレ、640m、15:30頃)→20分→小谷ルート尾根上(520m)→35分→箱館山ゴンドラ下バス停(190m、16:30頃)
 箱館山16:46⇒湖国バス\370⇒17:04近江今津駅17:08⇒新快速⇒17:59京都(解散)⇒18:30大阪

  参考:箱館山発バス時刻 15:03(15:21近江今津着)、15:42(16:01着)、16:46(17:04着)、17:38(17:56着)
      近江今津発新快速 15:09、16:09、17:08、普通18:26(京都行き)
持ち物:昼食弁当、軽食、飲み物、雨具、ストック、軍手、帽子(日傘/車道歩きあり)、スパッツ
費 用:交通費700円(湖国バス往復) (参考:春の関西ワンデーパス/2900円)
    5/31まで春のワンデーパスが利用可能です。近畿圏全域(例:姫路~敦賀)で使えます。
追 記:
 6月の例会は、6/19(日)に摩耶山で焼き肉をして山羊の戸渡りを下ります。
 7月は7/17(日)に裏六甲赤子谷で流し素麺をやります。

きよもり 【山仲間】
E-mail : KGH03517@nifty.com
  URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
  _/_/_/_/_/_/_/_/ 11.05.15 3:22 _/_/_/_/_/_/_/_/

断面図
110522_hakodateyama_shojyokodanmen

予定ルート
110522_hakodateyama_shojyoko

カシミール3Dの予定ルートデータ
「110522_HakodateYama_ShojyoKo.gdb」をダウンロード

Posted on 5月 15, 2011 at 03:23 午前 | | コメント (0)

2011.05.14

110514-2 アルゲリッチの東日本復興支援チャリティCD

Argerich_schumann_chopin_pianocon_2 JNKさんはピアノを弾くのでポリーニやアルゲリッチなどピアノの巨匠には結構うんちくがありますが、きよもりは全くの素人です。

 震災復興とアルゲリッチと聞いただけで、すぐ買うと言いましたが、ニュースを見たのが発売日前だったのですっかり忘れていました。
 今日、5月に入って初めて時間が取れたので一緒に出掛けて三宮のタワーレコードやHMVを探しましたが、何処も取り扱い無しで空振りでした。
 帰宅してネットで調べてもamazonでも楽天でもなかなか見つかりません。
 ようやくヤマハの通販サイトで扱っていることが判りました。

【CD】マルタ・アルゲリッチ / シューマン、ショパン:ピアノ協奏曲

【参考記事】

【仙台の工場で製造】マルタ・アルゲリッチ 東日本復興支援チャリティCD緊急発売!
ピアニスト、マルタ・アルゲリッチの東日本復興支援チャリティCDが、2011年5月3日に緊急発売。

 昨年、シューマンとショパンの生誕200年を記念した彼女のコンサートが、東京・すみだトリフォニーホールで行なわれました。この二晩のコンサートは、高品位録音で記録され、これを収めたCDが、今年70歳を迎えるアルゲリッチの誕生日(6月5日)を祝う目的で準備されておりました。
 しかし、3月11日に発生した東日本大震災に心を痛めたアルゲリッチと指揮者アルミンク、および新日本フィルハーモニー交響楽団は、この録音の一部を復興支援のためのチャリティCDとして発売することを決定いたしました。
 このCDは、震災で被災したのち早期に復旧を果たした(株)オプトロムの工場(仙台市青葉区)でプレスされています。公演のためかつて訪れた仙台でこのCDが製造されることに、アルゲリッチ本人は東日本復興の兆しを感じております。
 なお、この録音は同時に高品位ハード・ガラスCD(Extreme HARD GLASS CD)でも発売されます。

【収録曲目】
シューマン: ピアノ協奏曲 イ短調 op.54
ショパン: ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 op.11

【演奏】
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
クリスティアン・アルミンク(指揮)
新日本フィルハーモニー交響楽団

Posted on 5月 14, 2011 at 04:03 午後 | | コメント (0)

110514 山行記録:写真追加  5/3~5/5 台高・明神平~池木屋山・桧塚往復、5/7 近江坂② 平池~能登野&花の回廊 /新ハイキング関西、5/8 湖西・箱館山~処女湖&石楠花/山仲間例会下見

110507_oumisaka2_002 今年の5月連休は5/3~5/5 台高・明神平から池木屋山・桧塚(山仲間番外編) を挟んで、4/29 賤ヶ岳(新ハイ)、4/30 近江坂①箱館山から酒波寺(新ハイ)、5/7 近江坂②大御影山から能登越(新ハイ)、5/8 箱館山から処女湖(山仲間下見)
と10日間で7日も山歩きを楽しみましたので、非常に充実していました。

 体力的には23kgが限界ですが、年齢に反比例して足の疲れがあまり残らないようになってきたのは、神経が鈍感になったのか、山行回数が増えたせいで身体が馴れてきたのかどちらでしょう。

 冬場の山行は今年のように雪が多いと苦労も多いけれど、雪上ならこその楽しみがあります。
 しかし、5月の今の時期は木々や草花の新しい息吹が目を楽しませてくれますし、夏場のように汗でばてるようなこともありませんから、年間通して最も登山にはむいているように思います。
 特に今年はカタクリや、イワウチワ、タムシバ、石楠花など通常の年よりもひとしお色鮮やかに花が咲いていたように感じます。
 台高、近江坂②、処女湖の写真を整理しましたので、興味のある方は是非ご覧下さい。

山行記録:5/3~5/5 台高・明神平~池木屋山・桧塚往復

山行記録:5/7 近江坂② 平池~能登野&花の回廊 /新ハイキング関西

山行記録:5/8 湖西・箱館山~処女湖&石楠花/山仲間例会下見

Posted on 5月 14, 2011 at 04:54 午前 | | コメント (0)

2011.05.13

110513 やっと晴れ

110513 やっと晴れ 天気の回復が遅くて、やっと前線が東に去り、晴れました。
 今週は仕事でずっと裏六甲に通いましたが、ようやく今日から上着無しです。
 気が付けば季節は初夏を迎えています。

Posted on 5月 13, 2011 at 08:30 午前 | | コメント (0)

2011.05.12

110512 今日は小雨

110512 今日は小雨 三日間降り続いた雨もようやく峠を越したようです。
 明日からは晴れそうでヨカッタ。

Posted on 5月 12, 2011 at 09:12 午前 | | コメント (0)

2011.05.11

110511 前線と台風

110511_tenkizu 昨日に引き続き今日も好天は望めませんが、天気図を見ると日本列島全体を東西に延びる前線が横切っています。
 更に沖縄には台風1号が接近していますから、今週後半も変わりやすい天気が続きそうです。
 きよもり同様、尾道の母も晴れ女で、昔から、遊びに行く時には滅多に雨に遭わないそうですから、来神する15日(日) はきっと晴れるでしょうが、台風の行方が気になるところですね。

 14日(土) は久し振りに映画を見に行くつもりですが、『岳 -ガク-』の評判はどうなんでしょうか?
 原作漫画は読んでいませんが、『剱岳・点の記』のように襟を正して見なくても良さそうだから、せいぜい山の綺麗な画像に期待したいと思います。
 今まで見た山岳映画では『運命を分けたザイル』が一番印象に残っています。


Posted on 5月 11, 2011 at 04:14 午前 | | コメント (0)

2011.05.10

110510 今日明日は雨

110510 今日明日は雨 連休明けを待っていたように、昨夜から雨模様です。
 連休中は出勤日を挟んで10日間の内、延べ7日も山三昧だったから、今週末は山は休みです。
 尾道の母が来神しますのであまり休養にはなりませんが、久し振りなので楽しみです。

Posted on 5月 10, 2011 at 11:18 午前 | | コメント (0)

2011.05.09

110509 山行記録:5/8 湖西・箱館山~処女湖&石楠花/山仲間例会下見 【写真追加 110514】

110508_hakodateyama_syojyoko_1110508_hakodateyama_syojyoko_2110508_hakodateyama_syojyoko_3

 山仲間第143回例会は5/22(日)に当初予定を変更して、箱館山から処女湖を周遊し、処女湖畔に咲く石楠花を見るつもりですが、箱館山から処女湖畔に下るBルートは4/30(土)に新ハイキング関西の例会で歩いていますが、今回は平池・ビラデスト今津の方へは行かず、湖畔の車道を下って、処女湖の堰堤からCコースを登り直して、箱館山へ戻るルートを考えたので、石楠花の開花状況の確認とCコースのルート確認のための下見に行きました。
 当初はJNKさんと二人で行く予定でしたが、つい3日前まで台高・明神平合宿で同行させていただいたHSMさん、AKEさんも同行していただけることになり、更に前日になって、三人娘、HRTさん、FTSさん、MTHさんも同行していただけることになったので、下見山行としては久し振りの7人の大部隊になりました。
 箱館山への高度差350mの急登と、処女湖への高度差150mの往復で結構厳しい行程でしたが、道ばたを彩る岩鏡や岩団扇、処女湖畔の斜面に咲き競う石楠花やタムシバ、山桜に目を奪われて、あまり疲れを感じないで快適な下見山行が出来ました。同行していただいた5名の皆様有り難う御座いました。
 本番の5/22は二週間先なので、石楠花の最盛期は過ぎているかも知れませんが、株数が多いので、遅咲きのピンクの花に期待して、予定通り開催させていただきます。

【山行記録】
山仲間例会下見:湖西/箱館山から処女湖&石楠花

行き先:湖西/箱館山ゴンドラ下~箱館山~スキー場~Bコース~処女湖~Cコース~スキー場~箱館山ゴンドラ下
日  時:平成23年5月8日(日)
 9:33~16:12
地 図:25000分の一「熊川」
 歩行断面図GPSトラックの歩行ルート図
行 程: 約12.7km 所要時間:約6時間39分(歩行:5時間16分、休憩昼食2時間24分) 、天候:曇りのち晴れ、気温:14℃
 住吉7:22⇒7:28芦屋7:29⇒新快速⇒9:09近江今津9:15⇒湖国バス\370⇒9:33箱館山
 箱館山ゴンドラ下(190m) 9:33→9:38登山口(210m、体操、準備、29℃) 9:50→小谷登山路→10:15支尾根中間(370m) 10:20→10:40尾根道合流(530m)→10:50箱館山(一等三角点547.0m、ヨーグルト、抹茶バームクーヘン、記念写真) 11:05→11:20スキー場(640m、トイレ)→11:40最高点(690m)→11:47Bコース入口(650m)→石楠花群生の下り斜面→12:15処女湖畔(480m)→湖畔へつり道→12:33Aコース合流点(480m、昼食) 13:18→13:32車道(390m、左折)→処女湖北岸車道→13:48Cコース入口(480m、27℃)→13:58芝生の堰堤(480m) 14:03→14:14分岐(540m)→14:21戻り(550m)→14:28元の分岐(540m、左折下降)→14:32鞍部(500m) 14:41→14:50急坂上(560m) 14:56→緩い尾根道→15:20スキー場・Cコース合流(670m)→15:25スキー場(640m、トイレ) 15:30→15:41小谷登山路分岐(530m)→15:47伊井城分岐(480m、右折)→ジグザグの下降路→16:08登山口(210m)→16:12箱館山ゴンドラ下バス停(190m)
 箱館山バス停) 16:46⇒17:01近江今津17:08⇒新快速⇒17:57京都(解散)
費 用:700円/バス代往復のみ(春の関西1デーパス\2900を利用)
【写真】 110514追加
Picasaの写真です。
写真は位置情報つきで72枚あります。

110508 湖西・箱館山から処女湖&石楠花

【WEBアルバム】

【地図】
歩行断面図
110508t_hakodateyama_syojyokodan

GPSトラックの歩行ルート図
110508t_hakodateyama_syojyoko

Posted on 5月 9, 2011 at 07:03 午前 | | コメント (0)

2011.05.08

110508 下見

110508 下見110508 下見 12時33分、石楠花が満開の処女湖を周遊して遅めの昼食です。

Posted on 5月 8, 2011 at 05:14 午後 | | コメント (0)

110508 山行記録:5/7 近江坂② 平池~能登野&花の回廊 /新ハイキング関西 【写真追加110514】

110507_oumisaka2_001110507_oumisaka2_002 昨日は最高の天候と花盛りに恵まれましたが、9:40~17:54まで約8時間、17.0kmのロングコースはさすがに疲れました。
【山行記録】 湖西・近江坂②「平池から闇見神社(能登野)」 日 時:平成23年5月7日 (土) 9:40~17:54
参加者:35名/リーダー・狩野さん、Sリーダー・仲谷さん/OKMさん、GTUさん、ASNさん、TKHさん、MYNさん、KNKさん、NSTさん、FNMさん、SDUさん他、きよもり
地 図:25000分の一「熊川」「三方」
 歩行断面図GPSトラックの歩行ルート図 コースタイム: 歩行距離:17.0km、所要時間:8時間14分(歩行時間:6時間27分、休憩昼食:1時間47分)、天候:曇りのち快晴 気温:17℃(平池)→22℃(大御影山)→20℃(三重岳分岐)
 住吉6:17⇒快速⇒7:13京都駅(7:40集合) 7:35⇒貸切バス・湖西道路⇒8:41道の駅・藤樹の里8:54⇒9:29ビラデスト今津・平池
 平池(500m、点呼、準備、17℃、曇り) 9:40→山腹道バイパス→10:17尾根道合流点(700m) 10:22→雪解ぬかるみ、イワウチワ群生→11:02滝谷山分岐(720m) 11:09→石楠花満開、カタクリ→11:37展望台→11:47粟柄河内谷乗越上(810m) 11:54→広尾根→12:02県境分岐(高島トレイル)→12:38大御影山(三等三角点950.3m、昼食、快晴、22℃) 13:25→下り坂→13:57最低鞍部(710m)→14:08登り尾根途中(770m) 14:13→14:28三重岳分岐(860m、20℃) 14:36→15:02旧能登郷分岐(P784m)→15:07能登郷分岐(780m) 15:16→15:42能登郷・天増川林道(580m) 15:45→15:51戻り(610m)→15:57元の林道・能登越入口(580m)→荒れ谷→16:11能登越(650m) 16:18→県境尾根→16:26近江坂旧道分岐(670m、左折)→旧道下り坂→16:59中間点(410m) 17:05→17:14谷沿い道(310m)→17:18近江坂能登越え登山口(280m) 17:21→無舗装林道→17:46舗装林道合流(100m)→17:54能登野車道(70m、闇見神社の500m北)
 能登野車道18:06⇒貸切バス⇒18:25道の駅・熊川宿(トイレ) 18:35⇒R367経由⇒18:55道の駅・朽木本陣(コンビニ) 19:01⇒20:03出町柳⇒20:24京都駅(解散) 20:43⇒快速⇒21:46住吉
費 用:3000円(貸切バス代 2500円、山行運営費 400円・保険 100円) 【写真】 110514追加
写 真:190625 Googleフォトで再掲載
 Googleフォトの写真アルバムです。
 下の写真をクリックすると写真アルバムが開きます。

 110507 湖西・近江坂②「平池~大御影山~能登越」/新ハイキング関西
110507_hiraike_oomikageyama_notokoe_057

 

【地図】
歩行断面図
110507t_oumisaka2danmen
GPSトラックの歩行ルート図
110507t_oumisaka2

 

 

Posted on 5月 8, 2011 at 06:32 午前 | | コメント (0)

2011.05.07

110507-4 熊川宿

110507-4 熊川宿 全員無事下山しました。
 16.2km、よく歩きました。
 京都には20時00分過ぎになりそうです。

Posted on 5月 7, 2011 at 06:34 午後 | | コメント (0)

110507-3 能登越え

110507-3 能登越え 16時00分、能登越えに到着
 あとは下るだけ

Posted on 5月 7, 2011 at 04:20 午後 | | コメント (0)

110507-2 大御影山

110507-2 大御影山110507-2 大御影山 懐かしい大御影山で少し遅めの昼食です。
 持って来た玉子焼きは食べられなかったけど、皆さんのおかずをいただいて満足です。

Posted on 5月 7, 2011 at 01:23 午後 | | コメント (0)

110507 花回廊

110507 花回廊110507 花回廊 近江坂は花いっぱい

Posted on 5月 7, 2011 at 12:42 午後 | | コメント (0)

天井桟敷

天井桟敷天井桟敷天井桟敷 山歩きの疲れでぐっすり寝ていたら、JNKさんに揺り起こされて、リビングの天井を見上げたら、わが家で最も背が高い飾りケースの上からミルクが下界を見下ろしています。
 短足短胴でベッドに飛び乗るときでさえ時々失敗しているドンクサなのに、どのようにして2mも上に飛び上がったのでしょうか?
 さすがは元ノラですが、ひとりで降りてこられるのか心配してあげます。
 ヤレヤレ!

Posted on 5月 7, 2011 at 01:45 午前 | | コメント (0)

2011.05.06

110506 山行計画:5/8 湖西・箱館山~処女湖/山仲間第143回例会下見

110430_hakodateyama_sanamidera_036 5/22開催の山仲間第143回例会は洛西・唐櫃越えを予定していましたが、行き先を箱館山~処女湖(ショジョコ)に変更したいと思います。

 先月末、4/30に新ハイキング関西の湖西・近江坂①「箱館山から酒波寺」で処女湖の南斜面一面に大きな蕾を付けた石楠花の群生が気になっています。
 当日、蕾がかなり膨らんでいましたから、今週末から来週末辺りが見頃ではないでしょうか。あるいは今年は春が遅いので、山仲間の例会開催予定の5/22でもまだ花がたくさん見られるかも知れません。

 昨年5月に実施した京都北山・花折峠から石楠花尾根が期待はずれで、参加していただいた方々には申し訳なかったので、今年は是非見事な石楠花の群生をお見せしたいと思います。

 ということで、5月例会の下見を兼ねて、連休明け早々になりますが、5/8(日) 箱館山から処女湖(ショジョコ)へ行きたいと思います。
 同行していただける方は、5/8 三ノ宮発7:20の新快速・湖西レジャー号(芦屋7:29、尼崎7:37、大阪7:45、京都8:15)の後ろから2両目にお乗り下さい。
 今のところ参加者はHSMさんとJNKさん、きよもりの3名になっています。

 なお、JR「春の関西ワンデーパス」2900円は今月いっぱい使えますので、神戸方面の方はこちらを利用された方が1500円程度安くなります。(三ノ宮~近江今津・片道2210円)

 処女湖の南斜面は石楠花の他にもタムシバ、豆桜、オオカメノキなどの木花、イワカガミ、イワウチワ、イワナシ、ショウジョウバカマなどの草花も群生しています。詳細は以下のブログをご覧下さい。
 110501 山行記録:4/30 湖北・近江坂①「箱館山から酒波寺」/新ハイキング関西


【山行計画】
山仲間第143回例会下見:湖西・箱館山~処女湖&石楠花探訪
行き先:湖西・箱館山~処女湖の周遊コース
日  時:平成23年5月8日(日) 9:50~16:30
集 合:JR湖西線・近江今津駅/湖国バス(今津コミュニティバス) 総合運動公園線 9:15発に乗車
参加予定者:3名(5/6現在)/HSMさん、JNKさん、きよもり
 同行していただける方は、当日上記の新快速(三ノ宮発7:20)の後ろから2両目に乗車して下さい。
 近江今津から運動公園行きのバスに乗り換えですが、乗り換え時間が9分しかありませんのでご注意下さい。
 参考:JR三ノ宮7:20⇒新快速・湖西レジャー号⇒7:28芦屋⇒7:43大阪⇒8:14京都⇒9:06近江今津
 またはJR住吉7:22⇒7:28芦屋7:29⇒新快速・湖西レジャー号⇒9:06近江今津

地 図:25000分の一「熊川」
 断面図予定ルート
レベル:初級の中(行程が長くアップダウン多い)

行 程: 約11.0km 所要時間:約6時間40分(歩行:5時間00分、休憩昼食1時間40分)
 近江今津 9:15⇒湖国バス\370⇒9:34箱館山
 箱館山ゴンドラ下(190m、9:50発)→40分→尾根上(500m、10:30頃)→10分→箱館山(一等三角点547.0m)→20分→スキー場管理棟(11:00頃)→30分→スキー場最高点→10分→Bコース入口(651m、11:50頃、昼食、12:30発)→20分→処女湖畔(500m)→20分→Aコース合流点(13:20頃)→10分→湖畔車道→20分→Cコース入口(470m)→60分→スキー場上(670m、15:10頃)→30分→伊井城分岐(480m、15:50頃)→30分→箱館山ゴンドラ下
 箱館山バス停16:40⇒湖国バス\370⇒16:58近江今津17:08⇒新快速⇒18:30大阪(解散)
  参考:箱館山発バス時刻 15:00(15:18近江今津着)、15:44(16:03着)、16:40(16:58着)、17:35(17:53着)
      近江今津発新快速 15:09、16:09、17:08、普通18:26(京都行き)

持ち物:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、軍手、帽子、ストック、スパッツ
費 用:740円(バス代往復)/春の関西ワンデーパス2900円は別途前日までにお求め下さい。)
    5/31まで春のワンデーパスが利用可能です。近畿圏全域(例:姫路~敦賀)で使えます。

【地図】
断面図
 110508_hakodateyama_syojyokodanmen

予定ルート図
 110508_hakodateyama_syojyoko

予定コースのGPSデータ
「110508_HakodateYama_SyojyoKo.gpx」をダウンロード

Posted on 5月 6, 2011 at 05:45 午後 | | コメント (0)

110506 山行記録:5/3~5/5 台高・明神平~池木屋山・桧塚往復 【写真 110514追加】

110506375110506546 5月の三連休は当初、新ハイキング関西の例会で台高・明神平をベースに伊勢辻山や桧塚をピストンする計画でしたが、村田リーダーのご都合で中止になったため、参加予定で申し込みしていたHSMさん、AKEさんときよもりの3名で当初計画に沿う形で明神平をベースに南下して池木屋山のロングコースと、東の桧塚とをピストンしました。
 明神平には麦谷から薊岳を経て上がってこられた新ハイキング関西のメンバーTKHさん、KWTさん、NSTさんの3名も幕営されていて、目指したコースは異なりましたが、下りは大又林道駐車場までご一緒させていただきました。

 季節的には一昨年、大又から薊岳~明神平、翌日 伊勢辻山から高見山へ縦走した時と同時期ですが、石楠花の蕾もようやく付き始めた段階で、今年は台高でも春の訪れが遅いようです。
 それでも三日間天候にも恵まれ、大峰山系の男性的な尾根とは違って、下草の無い広尾根に続くブナ林の緩い起伏を軽装で快適に歩けて楽しい連休をすごせました。
 三日間終始先頭でペースメーカーをしていただいたHSMさん、雲上でのお座敷天ぷらや揚げたてのヘレカツカレーを完璧な腕裁きでご馳走していただいたり、八木からの運転までしていただいたAKEさん、大変お世話になりました。有り難う御座いました。

【山行記録】
行き先:台高・明神平BC/池木屋山・桧塚往復
日 程:平成23年5月3日(火・祝)~5日(木・祝)

参加者:3名/HSMさん、AKEさん、きよもり
地 図:25000分の1「大豆生」「大和柏木」「宮川貯水池」
 歩行ルート断面図GPSトラック歩行ルート図
 
行 程:三日間合計 約31.4km
5/3 約3.6km、3時間00分(歩行:2時間18分、休憩:42分)、天候:曇り、気温:17℃(林道)→15℃(明神滝下)→14℃(ベンチ)

 阪神御影8:07⇒特急⇒8:23尼崎8:26⇒阪神・近鉄⇒8:54鶴橋8:55⇒急行⇒9:27大和八木(集合10:00)9:36⇒9:44オークワ(ビール購入) 9:52⇒AKE車・菟田野経由⇒11:20大又林道駐車場

 大又林道駐車場(700m、車デポ、昼食) 12:00→林道・登山届→12:32林道終点(登山口、870m、17℃) 12:39→谷沿いの道→12:55アシビ山荘跡→13:12右岸山道(1020m、15℃) 13:19→13:32明神滝(1080m)→13:52谷沿い道上部・ベンチ(1150m、リンゴ、14℃) 14:06→整備された登山路→14:43明神平・東屋(1340m、ビール) 14:57→15:00明神平幕営地(幕営、水汲み、17:10夕食・天麩羅、天丼、20:30就寝)
 
5/4 約16.9km、11時間10分(歩行:8時間49分、休憩昼食:2時間21分)、天候:快晴(黄砂濃い)、気温:8℃(笹ヶ峰手前)→14℃(千石山)→15℃(赤嵓山手前)→16℃(千里峰)→16℃(池子屋山)→18℃(霧降山)→15℃(笹ヶ峰)

 明神平幕営地(4:00起床、4:45朝食、うどん雑炊) 5:57→6:13三ツ塚→6:27明神岳(1432m)→6:53小ピーク(1390m、キジ撃ち、8℃) 7:08→7:15笹ヶ峰(1367m) →7:28瀬戸越(1310m)→7:35小ピーク(1330m、シャツ脱ぐ) 7:38→7:57千石山(三等三角点1380.3m、14℃) 8:03→8:12急坂上(1390m、右折)→急降下→8:26急坂下(最低鞍部、1230m、水場) →8:39小ピーク(1240m)→8:47赤嵓山手前(1240m、リンゴ、15℃) 9:08→9:19小ピーク(1280m、右折)→9:42赤嵓山(1394m) 9:47→10:08千里峰(1390m、16℃)→10:26奥ノ平峰(1350m、右折)→10:34霧降山(1360m)→11:05池木屋の池→11:13池木屋山(二等三角点1395.9m、昼食、16℃) 11:59→折返し→12:36霧降山(1360m、18℃)→12:43奥ノ平峰(1350m、左折)→13:00千里峰(1390m) 13:10→13:30赤嵓山(1394m)→14:22急登手前(最低鞍部、1230m、水場、水汲み) 14:44→15:05急坂上(1390m、左折)→15:15千石山(△1380.3m)→15:42瀬戸越(1330m) 15:52→16:05笹ヶ峰(P1367m、15℃)→16:12小ピーク(1390m)→16:39明神岳(1432m) 16:42→17:05明神平→17:07幕営地(17:40サラダ、18:20夕食、カツカレー、22:20就寝)

5/5 晴(黄砂)、約10.9km、7時間30分(歩行:4時間37分、休憩昼食:2時間53分)、天候:晴れ、気温:12℃(明神岳)→14℃(明神岳戻り)
 明神平幕営地(5:00起床、5:40朝食、フカヒレ雑炊) 6:35→7:01明神岳(1432m)→7:07斜面下(1380m、キジ撃ち、12℃) 7:23→7:42判官平(ホウガンタイラ、1370m、右折)→7:53 P1394m(左折)→8:06桧塚奥峰→8:22桧塚(三等三角点1402.0m、リンゴ) 8:42→折返し→8:56桧塚奥峰(1420m、ビール) 9:26→9:45判官平→10:14明神岳(1432m、14℃) 10:25→10:50明神平幕営地(11:30昼食、餅雑煮、撤収) 12:15→12:28水場(水補給) 12:31→12:47ベンチ(1150m)→13:00明神滝(1080m)→13:22アシビ山荘跡→13:35林道終点(登山口、870m) 13:43→14:05大又林道駐車場(700m)

 駐車場14:07⇒AKE車⇒14:16大又バス停⇒14:20「やはた温泉」(入浴\500) 15:20⇒AKE車⇒16:35大和八木駅(解散) 17:02⇒近鉄急行⇒17:36鶴橋17:47⇒近鉄・阪神快速急行⇒18:30魚崎18:34⇒18:37御影

会計報告
 集金/21,000円
(一人7,000円)
 支払/22,000円
  食 費:11,500円 (AKE:7,700円、HSM:2,000円、MRI:800円、ビール:1,000円)
  入浴料: 1,500円 (大又・やはた温泉1人500円)
  ガソリン代:4,500円 (AKE車)
  運転手当:4,500円 (AKEさん)
 過不足/-1,000円 (会計予備費より補填)


 写真は580枚もありますので来週掲載できると思います。
【写真】 110514追加
Picasaの写真です。
写真は全部で170枚もあるので、前半(5/3と5/4池木屋山まで) 87枚と後半(5/4池木屋山復路と5/5) 83枚に分けてあります。
いずれも位置情報つきです。
前半 

110503_05 台高・明神平~池木屋山、桧塚 【前半 池木屋山まで】

後半 
110503_05 台高・明神平~池木屋山、桧塚 【後半 池木屋山復路と桧塚】

【スライドショー】
前半 
後半 

【地図】
 5/3 大又林道駐車場~明神平(幕営) 3.6km、3時間00分
 5/4 明神平~赤嵓山~池木屋山(往復) 16.9km、11時間10分
 5/5 明神平~桧塚~明神平(撤収)~大又林道駐車場 10.9km、7時間30分
断面図
110503_05t_myoujindaira_ikegoya_hin

GPSトラックの歩行ルート図
110503_05t_myoujindaira_ikegoya_h_2

Posted on 5月 6, 2011 at 07:43 午前 | | コメント (2)

2011.05.05

110505 無事下山

110505 無事下山110505 無事下山 今朝も良い天気に恵まれて、桧塚へ往復して明神平に戻って昼ご飯を食べてから大又へ下りました。
 下りは新ハイキングのTKHさん、KWTさん、NSTさんと一緒でバス停まで同乗して、我々3人はやはた温泉で汗を流して15時20分ゆっくり八木に向かいます。

Posted on 5月 5, 2011 at 03:32 午後 | | コメント (0)

2011.05.04

110504 池木屋山

110504 池木屋山 無事11時間かけて池木屋山へピストン完了しました。
 疲れた!
 お腹空いた!
 今夜はカツカレーです。

Posted on 5月 4, 2011 at 05:59 午後 | | コメント (2)

2011.05.03

110503 明神平

110503 明神平110503 明神平 日が暮れる前からお座敷天ぷらで飲み始めて、今日の分の酒が無くなって寂しいですからもう寝ます。
 20時10分

Posted on 5月 3, 2011 at 08:33 午後 | | コメント (0)

110503 黄砂

110503 黄砂 昨日も終日靄がかかったように摩耶山は霞んでいましたが、今朝も同様です。
 空は曇っていますが、三連休の天気は何とか保ちそうです。

Posted on 5月 3, 2011 at 05:40 午前 | | コメント (0)

2011.05.02

110502 写真掲載:4/29 湖北「賤ヶ岳」/新ハイキング関西、4/30 湖北・近江坂①「箱館山から酒波寺」/新ハイキング関西

 110429_shizugatake
 昨日のきよもりのブログを訪問していただいた方は809名で、アクセスカウントは1095件となっています。
 2004年1月1日から書き始めて7年と4ヶ月(2680日)にもなりますが、ほぼ毎日更新を続けてこられたのは、ひとえに日々閲覧していただいている皆様のご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。
 最近は一日平均の閲覧者数がコンスタントに600名を超え、開始以来のアクセスカウントも累計で70万件になり、益々励みにさせていただいております。
 有り難う御座います。

 さて、昨日のカウントが一千件を超えたのは4/29、4/30の新ハイキング関西の例会の記録に期待されて開いていただいた方も多いのではないかと思いますが、いつも記録や写真の掲載が遅れて申し訳ありません。
 今朝方ようやく両日の写真を掲載できましたので、もし興味がありましたら是非ご覧になって下さい。

4/29 湖北「賤ヶ岳」/新ハイキング関西
4/30 湖北・近江坂①「箱館山から酒波寺」/新ハイキング関西

Posted on 5月 2, 2011 at 06:25 午前 | | コメント (2)

2011.05.01

110501 山行記録:4/30 湖北・近江坂①「箱館山から酒波寺」/新ハイキング関西/写真追加110502

110430105 昨日は晴れて、暖かくなるという天気予報でしたが、予報が外れて、終日肌寒く、時折小雨がぱらつく不安定な天候で、最後は雹(ヒョウ)まで降ってきてビックリしました。
 それにもかかわらず、26名と狩野さんの例会としては比較的少人数でほとんど顔なじみのベテランばかりでしたから、終始整然と急斜面の処女湖(ショジョコ)の下りや、残雪の残る湖畔の急斜面のトラバースもこなして、ビラデスト今津から近江坂の古道を酒波寺に予定通り16時前に到着しました。

 例年4月末なら躑躅も咲き出す時期ですが、箱館山のスキー場から処女湖を巡る周遊コースにはタムシバの花と豆桜が同時に咲き、ポツポツと石楠花の大輪も開き始めていて、早春から初夏の花々が同時に咲き競う見事な花の回廊を楽しめました。足元にはイワウチワ、イワカガミ、イワナシ、ショウジョウバカマも斜面を彩り、つい足を止めて皆さんカメラに納めるのに忙しいほどでした。
 石楠花は大きな蕾がふくらんでいましたから、5月の10日前後には処女湖の斜面全体がピンクの花に埋め尽くされると思われます。昨年は何処もあまり石楠花の花は不作だったようですが、今年は一昨年並の見事な石楠花が見られるのではないでしょうか。機会があったら、5月の中頃にもう一度、石楠花の群生を見に来たいものです。
 当初はスキー場と人造湖を結ぶ家族連れのコースかと思っていましたが、予想に反して、変化も多くて自然が残り、国境尾根の展望も楽しめる楽しいルートでした。

【山行記録】
湖西・近江坂①「箱館山から酒波寺」
日 時:平成23年4月30日 (土) 9:30~15:47
参加者:26名/リーダー・狩野さん、Sリーダー・仲谷さん/ONOさん、ASNさん、OKZさん、FNMさん、SDUさん他、きよもり
地 図:25000分の一「熊川」「海津」
 断面図GPSトラックの歩行ルート図
コースタイム: 歩行距離:12.3km、所要時間:6時間17分(歩行時間:4時間37分、休憩昼食:1時間40分)、天候:曇り時々小雨 気温:17℃(ゴンドラ駐車場)→12℃(箱館山)→10℃(スキー場管理棟)→15℃(処女湖)→16℃(酒波寺)
 住吉6:33⇒快速⇒7:31京都駅(7:40集合) 7:39⇒貸切バス・湖西道路⇒8:48道の駅・藤樹の里8:56⇒9:18箱館山ゴンドラ駐車場
 ゴンドラ駐車場(200m、点呼、17℃) 9:30→登山道→9:57立ち休憩(410m) 10:00→10:10伊井城分岐(490m、12℃) 10:13→10:23箱館山(一等三角点547.0m) 10:45→10:58スキー場管理棟(640m、10℃、小雨) 11:06→11:33 Bコース入口(650m)→11:44 Bコース処女湖下降口→石楠花の急坂→12:06処女湖畔→残雪のトラバース道→12:25 Aコースとの合流点(490m、昼食、15℃) 13:13→13:38平池(500m) 13:40→散策路→14:00ビラデスト今津(560m、トイレ) 14:06→車道沿いの近江古道→14:33赤坂山(点名:深清水・三等△475.2m、小雨) 14:41→14:55車道分岐(380m)→近江坂古道→15:20別荘地車道→15:47酒波寺(170m、16℃)
 酒波寺16:00⇒貸切バス・湖西道路⇒16:16道の駅・藤樹の里16:27⇒18:15京都駅(解散、18:30懇親会LION) 20:28⇒21:22三ノ宮
費 用:3000円(貸切バス代 2500円、山行運営費 400円・保険 100円)
【写真】
 PicasaのWEBアルバムです。
 写真は位置情報つきで80枚あります。
 

110430 箱館山から酒波寺/新ハイキング関西


【スライドショー】
 
【地図】
断面図
 110430t_hakodateyama_sanamideradanm

GPSトラックの歩行ルート図
 110430t_hakodateyama_sanamidera

Posted on 5月 1, 2011 at 08:39 午後 | | コメント (0)

110501 雨中の苦戦

110501 雨中の苦戦 今日は雨の予想でしたが止んだから予定通り開催されました。
 試合が始まった途端に降り出して厳しい試合運びになりました。

 結果は2回終了時点で雨のためサスペンデッドゲームとなり、後日3回表から再試合となりましたが、0対4で厳しい状態です。

Posted on 5月 1, 2011 at 12:06 午後 | | コメント (0)