« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011.04.30

110430-3 赤坂山

110430-3 赤坂山 ビラデスト今津から近江坂を辿り、赤坂山で小休止
 酒波寺まであと1時間です。
 懐かしい古道歩き
 山仲間の皆さんと何度も歩いたルートです。

Posted on 4月 30, 2011 at 02:42 午後 | | コメント (0)

110430-2 箱舘山

110430-2 箱舘山 箱舘山は547.0m一等三角点
 竹生島と伊吹山が霞んでいます。

Posted on 4月 30, 2011 at 10:44 午前 | | コメント (0)

110430 猫に起こされて

110430 猫に起こされて まだお互いに何となく遠慮がちのミルクちゃんときよもりですが、今朝は05時に起きるつもりが、ミルクちゃんがゴソゴソして餌をねだる音に目が覚めたら06時00分
 京都集合07時40分ですから、顔も洗わず飛び出しました。
 6時33分住吉発でギリギリ間に合いそうです。
 ミルクちゃん有り難う!

Posted on 4月 30, 2011 at 06:50 午前 | | コメント (0)

110430 山行記録:4/29 湖北「賤ヶ岳」/新ハイキング関西

110429_shizugatake_01 昨日の新ハイキング関西の例会は、湖北・「金糞岳から白倉岳」の予定でしたが、村田リーダーが病気療養中のため、AGRさん、MTIさん、OGRさんの他数名の方がサブリーダーとして依頼されて、総勢58名の大人数の参加となりました。
 ところが、金糞岳への登山口として予定していた鳥越峠までの林道が滋賀県側は残雪のため通行禁止となっているとの村田さんからの情報で、八草トンネルで岐阜県側に抜けて、坂内川の支流・浅又川沿いの林道から鳥越峠に上がろうとしましたが、岐阜県側も残雪のため通行禁止になっていました。
 実際に浅又川の林道入口まで行ってみましたが、林道奥2kmから先はバスはもちろん軽トラックさえ入れないとのことで、金糞岳への登山は断念せざるを得ませんでした。

 ということで、岐阜県側まで迂回していて時間がかなり昼近くになってしまいました。かといってこのままスゴスゴと京都へ戻るのもしゃくですから、行き先を短時間で上がれて、展望も良く、残雪の心配がない、賤ヶ岳に変えて、余呉湖へ向かいました。

【山行記録】
湖北「賤ヶ岳」(残雪のため「金糞岳から白倉岳」の計画を行き先変更)
日 時:平成23年4月29日 (金・祝) 12:45~15:14
参加者:58名/リーダー・安倉さん、Sリーダー・三井さん、小栗さん/OKMさん、AOKさん、GTUさん、TKHさん、KNKさん、KWTさん、他、JNK、きよもり
地 図:25000分の一「木之本」
 断面図GPSトラックの歩行ルート図
コースタイム: 歩行距離:5.8km、所要時間:2時間29分(歩行時間:2時間02分、休憩:27分)、天候:晴 気温:12℃(中川清秀墓)→17℃(余呉湖荘)
 京都駅(7:40集合) 7:45⇒貸切バス2台・名神・北陸道⇒9:11多賀SA 9:20⇒9:47木之本IC⇒R303・八草トンネル/横山ダム折返し⇒10:47坂内・道の駅(ルート検討) 11:12⇒八草トンネル・R303⇒木之本⇒12:01余呉湖管理棟(昼食)
 余呉湖管理棟(130m) 12:45→12:53賤ヶ岳登山口→13:12余呉湖分岐→13:20林道(12℃)→13:24中川清秀墓(280m) 13:30→14:00急登上P349m(一の宮橋分岐)→14:19賤ヶ岳(△421.1m) 14:40→急坂下り→15:14余呉湖荘(130m、17℃)
 余呉湖荘15:25⇒貸切バス⇒15:34余呉湖管理棟(トイレ、着替え) 15:45⇒貸切バス・北陸道⇒16:50菩提寺SA17:00⇒18:05京都駅(解散)
費 用:3000円(貸切バス代 2500円、山行運営費 400円・保険 100円)

110429_shizugatake_011 【写真】 170322 PicasaのWEBアルバムからGoogleフォトの写真アルバムへ移行)
 Googleフォトの写真アルバム
 写真は位置情報付きで34枚あります。
 
 左の写真をクリックするとアルバムが開きます。

【おまけの写真】
 パノラマ写真2枚です
 110429_yogoko

 110429_shizugatake

【地図】
断面図
110429t_shizugatakedanmen

GPSトラックの歩行ルート図
110429t_shizugatake


Posted on 4月 30, 2011 at 12:39 午前 | | コメント (0)

2011.04.29

110429 何故か余呉湖

110429 何故か余呉湖 金糞岳へ行く予定でしたが、鳥越峠に上がる林道が滋賀県側も岐阜県側も積雪のため通行止めになっていました。
 行き先を賤ヶ岳に変更することになりましたが、バスを降りたらちょうど昼でしたから、まずは腹こしらえです。

Posted on 4月 29, 2011 at 12:28 午後 | | コメント (0)

2011.04.28

110428 山行計画:5/7 近江坂②/湖西「平池から闇見神社」/新ハイキング関西

041006_notogoe_kakushinbu 近江坂については何度か書いていますが、今回は2004年10月2日~3日にNWHさんと二人で挑戦した若狭側・能登野から県境尾根の能登越、更に天増川を横断して能登郷から再度県境尾根に出るルートの探索記録を掲載します。

 詳細は以下のブログをご覧下さい。
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2004/10/041005_.html
041005 近江坂・能登越旧道探索の報告
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2004/10/041006_.html
041006 能登越の旧道補足

 このルートが今どうなっているのかは最近歩いていないので知りませんが、04年当時は登山口に地元の十村山岳会のプレートがある程度で、近くの風神から三十三間山への登山ルートが一般の登山道ですから、こちらは全くマイナーな存在でした。
 それでも、若狭のえらいお坊さんが毎年、馬に乗って近江の酒波寺までお経を読みに通われた由緒正しい古道らしく、広い尾根沿いにかなり深くえぐれた古道が残っていて感心しました。
 現在の登山ルートは広尾根の途中から谷をいくつか巻いて直接、能登越に出るようにつけられていますが、往時の近江坂の通い道は谷を避けて掲載の地図にある旧道分岐下580m~旧道分岐上670mを尾根通しに登って、南に折れ、能登越え出たのではないかと勝手に推測しました。

 近江坂はこの能登越え古道にせよ、能登郷の木地師の廃村にしろ、県境尾根を延々と続くブナ林にしろ、自然と共生する人々の営みが偲ばれる素晴らしいルートだと思います。

 脇道に嵌りすぎて本題がおろそかになってしまいましたが、以下に新ハイキング関西の例会案内を転載させていただきます。
【山行計画】
湖西「平池から闇見神社」(一般向き)
期 日:5月7日 (土) *雨天中止
 * 前夜の気象情報で当日の滋賀県北部の降水確率が午前(6-12時)・午後(12-18時)の時間帯のいずれかが60%以上(60%含む)の場合は中止します。
 Tel情報 0775-177(前6日の17時発表の予報)

集 合:JR京都駅/八条口 団体バスのりば 7時40分
 * 新ハイキングの黄色の小旗が目印

コース:約15.9km
 京都駅7:40⇒貸切バス/湖西道路R161⇒ビラデスト今津・平池
 平池(490m)→滝谷山分岐(710)→抜戸分岐(粟柄河内谷乗越、810m)→大御影山(△950.1m)→三重岳分岐(850m)→能登越(650m)→上野集落→闇見神社(80m)
 闇見神社⇒貸切バス/R161湖西道路⇒京都駅(19時頃、解散)

装 備:日帰り一般装備・雨具・帽子・ストック・帽子・スパッツ等
地 図:国土地理院25000分の1「熊川」「三方」
 断面図 & 予定ルート図

費 用:約2,500円 (バス代)
  * 山行運営費 400円・保険 100円別途
リーダー:狩野 東彦さん 参加予定者:35名

連絡先:新ハイキング関西本部/Tel/Fax 0774-53-2754
問合せ:狩野リーダー/ケータイ 090-4302-0186

* 当日の感想・写真を本部へ添付メールで送信ください。
  アドレス shinhaikansai@kcn.jp

【地図】
断面図
110507_oumisaka_hiraike_kuramijinjy

予定ルート
110507_oumisaka_hiraike_kuramijin_2

Posted on 4月 28, 2011 at 02:15 午前 | | コメント (2)

2011.04.27

110427 山行計画:5/3~5 台高・明神平~池木屋山・桧塚/山仲間番外編/追加・装備食糧計画

 4/24に5/3~5の台高・台高・明神平~池木屋山・桧塚の計画を掲載しましたが、ようやく装備表と食糧計画を作成しましたので、追加して全体の計画を掲載させていただきます。
 今回もAKEシェフご自慢のこだわりのグルメをご馳走になります。
 一昨年の7月に江若国境・木地山峠で新鮮で豊富な食材のお座敷天ぷらをお腹いっぱいご馳走になりましたから、ふたたびあのような贅沢が出来るとは思いもよりませんでした。有り難う御座います。
山行記録:7/18~19 江若国境/駒ヶ岳~百里ヶ岳

090502_03_azamidake_takamiyama_035 ゴールデンウィークの前半は新ハイキング関西の例会が2日連続で入っています。(4/29 湖北「金糞岳から白倉岳」4/30 湖西・近江坂「箱舘山~酒波寺」)。
 後半も当初は新ハイキング関西・村田リーダー主催で台高「明神平周辺の山々」に山仲間のHSMさん、AKEさんと一緒に参加させていただく予定でしたが、中止になりました。

 三人とも新ハイ関西の会員ですから、山仲間グループとして初めて団体参加できるのを楽しみにしていたので残念でしたが、折角その気になっていたので、新ハイの計画をそのまま拝借して明神平へ行くことになりました。

 明神平は直近では2009/5/2~5/3 台高・薊岳~高見山で大又から尾根通しで薊岳に登り、明神平で幕営し、翌日は国見岳から縦走路を北上し大峠を経て高見山に登っています。この時は今回の3名+MTNさんの4名でした。
 更にさかのぼって10年も前(2001/05/03~05/07)にきよもり単独で大峠から縦走路を南下して、明神平、霧ノ平、父ヶ谷源流、大台辻と、途中4泊して台高山脈を縦走しましたから、ゴールデンウィークの台高には縁があるのかも知れません。

010504_ikegoyayama_001010504_ikegoyayama_002  【山行計画】
日 程:平成23年5月3日(火・祝)~5日(木・祝)
集 合:5/3 10:00 近鉄大阪線・大和八木駅 南口・一般車乗降場付近(如意の反対側)

参加者:3名/HSMさん、AKEさん、きよもり
地 図:国土地理院25000分の1「大豆生」「大和柏木」「宮川貯水池」
 断面図予定ルート図
行 程:約27.8km
5/3 約2.5km、2時間00分
(歩行:1時間40分、休憩:20分)
 大和八木10:00⇒AKE車⇒11:40大又林道終点(車デポ、昼食)
 林道終点(860m、13:00発)→20分→あしび山荘跡(980m)→80分→明神平(1320m、15:00頃、幕営、夕食、就寝21:00頃)

5/4 約16.0km、12時間30分(歩行:10時間00分、休憩昼食:2時間30分)
 明神平(4:00起床、朝食、5:00発)→40分→明神岳(1432m)→30分→笹ヶ峰(1367m)→60分→千石岳(△1380.3m、7:20頃)→30分→最低鞍部(1200m)→60分→赤嵓山(1394m、9:20頃)→20分→千里峰(1390m)→20分→霧降山(1360m)→50分→池木屋山(△1395.9m、11:00頃、昼食、11:40発)→50分→霧降山(1360m)→20分→千里峰(1390m)→20分→赤嵓山(1394m、13:30頃)→50分→最低鞍部(1200m)→40分→千石岳(△1380.3m、15:20頃)→50分→笹ヶ峰(1367m)→30分→明神岳(1432m)→30分→明神平(1320m、17:30頃、夕食、就寝23:00頃)

5/5 約9.3km、7時間30分(歩行:4時間50分、休憩昼食:2時間40分)
 明神平(6:00起床、朝食、7:00発)→40分→明神岳(1432m)→60分→桧塚奥峰(1420m)→15分→桧塚(△1402.2m、9:00頃、9:30折返し)→15分→桧塚奥峰(1420m)→60分→明神岳(1432m)→30分→明神平(11:30頃、昼食、撤収、13:00発)→50分→あしび山荘跡(980m)→20分→大又林道終点(860m、14:30頃)
 大又林道終点(14:40発)⇒AKE車⇒大豆生「やはた温泉」(入浴\500、16:00発)⇒AKE車⇒大和八木(17:30頃、解散)

費 用:一人6千円/食費3000円、ガソリン代:1500円、運転手当:1500円

【装備食糧計画】
装備計画
110503_05

食糧計画
110503_05_2

装備食糧計画(EXCEL表)
「110503_05_.xls」をダウンロード

【地図】
断面図
 110503_05_myojindaira_ikegoyayama_h

予定ルート
 110503_05_myojindairagassyuku

カシミール3Dの予定ルートデータ
5/3 大又林道~明神平
「110503_Oomata_MyojinDaira.gdb」をダウンロード
5/4 明神平~池木屋山往復
「110504_MyojinDaira_IkegoyaYama.gdb」をダウンロード
5/5 明神平~桧塚往復~大又林道
「110505_MyojinDaira_HinokiDuka_Oomata.gdb」をダウンロード

Posted on 4月 27, 2011 at 12:42 午前 | | コメント (0)

2011.04.26

110426 季節は初夏へ

110426 季節は初夏へ110426 季節は初夏へ 昨日の田中好子さんの遺言メッセージには感動しました。
 天国に行っても震災で亡くなられた方々を慰めてあげて下さい。
 合掌
 災害からはや45日も経ち、遅々として進まない復興支援にも関わらず季節は移っていきます。

Posted on 4月 26, 2011 at 07:28 午後 | | コメント (0)

2011.04.25

110425-2 にわか雨

110425-2 にわか雨 谷上から岡場まで来たら、先ほどの豪雨が嘘みたいに快晴でした。
 御影の方でも雷が鳴って、雹(ひょう)まで降ったそうですが、やっぱりいまは止んでいるそうです。

Posted on 4月 25, 2011 at 08:33 午前 | | コメント (0)

110425 雷雨

110425 雷雨 神戸は今朝も晴れていましたが、裏六甲まで来たら、怪しい雲行きで稲光と雷が鳴り始め大粒の雨が降り始めました。
 山ひとつで天候が変わります。

Posted on 4月 25, 2011 at 08:09 午前 | | コメント (0)

2011.04.24

110424 山行計画:5/3~5 台高・明神平~池木屋山・桧塚/山仲間番外編

090502_03_azamidake_takamiyama_035 ゴールデンウィークの前半は新ハイキング関西の例会が2日連続で入っています。(4/29 湖北「金糞岳から白倉岳」4/30 湖西・近江坂「箱舘山~酒波寺」)。
 後半も当初は新ハイキング関西・村田リーダー主催で台高「明神平周辺の山々」に山仲間のHSMさん、AKEさんと一緒に参加させていただく予定でしたが、中止になりました。

 三人とも新ハイ関西の会員ですから、山仲間グループとして初めて団体参加できるのを楽しみにしていたので残念でしたが、折角その気になっていたので、新ハイの計画をそのまま拝借して明神平へ行くことになりました。

 明神平は直近では2009/5/2~5/3 台高・薊岳~高見山で大又から尾根通しで薊岳に登り、明神平で幕営し、翌日は国見岳から縦走路を北上し大峠を経て高見山に登っています。この時は今回の3名+MTNさんの4名でした。
 更にさかのぼって10年も前(2001/05/03~05/07)にきよもり単独で大峠から縦走路を南下して、天神平、霧ノ平、父ヶ谷源流、大台辻と、途中4泊して台高山脈を縦走しましたから、ゴールデンウィークの台高には縁があるのかも知れません。

010504_ikegoyayama_001010504_ikegoyayama_002  【山行計画】
日 程:平成23年5月3日(火・祝)~5日(木・祝)
集 合:5/3 10:00 近鉄大阪線・大和八木駅 南口・一般車乗降場付近(如意の反対側)

参加者:3名/HSMさん、AKEさん、きよもり
地 図:国土地理院25000分の1「大豆生」「大和柏木」「宮川貯水池」
 断面図予定ルート図
行 程:約27.8km
5/3 約2.5km、2時間00分
(歩行:1時間40分、休憩:20分)
 大和八木10:00⇒AKE車⇒11:40大又林道終点(車デポ、昼食)
 林道終点(860m、13:00発)→20分→あしび山荘跡(980m)→80分→明神平(1320m、15:00頃、幕営、夕食、就寝21:00頃)

5/4 約16.0km、12時間30分(歩行:10時間00分、休憩昼食:2時間30分)
 明神平(4:00起床、朝食、5:00発)→40分→明神岳(1432m)→30分→笹ヶ峰(1367m)→60分→千石岳(△1380.3m、7:20頃)→30分→最低鞍部(1200m)→60分→赤嵓山(1394m、9:20頃)→20分→千里峰(1390m)→20分→霧降山(1360m)→50分→池木屋山(△1395.9m、11:00頃、昼食、11:40発)→50分→霧降山(1360m)→20分→千里峰(1390m)→20分→赤嵓山(1394m、13:30頃)→50分→最低鞍部(1200m)→40分→千石岳(△1380.3m、15:20頃)→50分→笹ヶ峰(1367m)→30分→明神岳(1432m)→30分→明神平(1320m、17:30頃、夕食、就寝23:00頃)

5/5 約9.3km、7時間30分(歩行:4時間50分、休憩昼食:2時間40分)
 明神平(6:00起床、朝食、7:00発)→40分→明神岳(1432m)→60分→桧塚奥峰(1420m)→15分→桧塚(△1402.2m、9:00頃、9:30折返し)→15分→桧塚奥峰(1420m)→60分→明神岳(1432m)→30分→明神平(11:30頃、昼食、撤収、13:00発)→50分→あしび山荘跡(980m)→20分→大又林道終点(860m、14:30頃)
 大又林道終点(14:40発)⇒AKE車⇒大豆生「やはた温泉」(入浴\500、16:00発)⇒AKE車⇒大和八木(17:30頃、解散)

費 用:一人6千円/食費3000円、ガソリン代:1500円、運転手当:1500円


【地図】
断面図
 110503_05_myojindaira_ikegoyayama_h

予定ルート
 110503_05_myojindairagassyuku

カシミール3Dの予定ルートデータ
5/3 大又林道~明神平
「110503_Oomata_MyojinDaira.gdb」をダウンロード
5/4 明神平~池木屋山往復
「110504_MyojinDaira_IkegoyaYama.gdb」をダウンロード
5/5 明神平~桧塚往復~大又林道
「110505_MyojinDaira_HinokiDuka_Oomata.gdb」をダウンロード

Posted on 4月 24, 2011 at 11:21 午後 | | コメント (0)

110424 芦屋川ベリーニ

110424 芦屋川ベリーニ110424 芦屋川ベリーニ 5月に来る予定の尾道の母がフランス料理を食べたいと言うので、先週しゃぶしゃぶで舌見をしましたが、今日は芦屋川の畔にあるベリーニへ舌見に来ました。
 イタリア料理だそうですが、あっさりして美味しいです。

Posted on 4月 24, 2011 at 12:41 午後 | | コメント (0)

2011.04.23

110423 今日は雨

110423 今日は雨 今日明日と一泊で予定していた新ハイキングの例会が中止になって、会社に出勤しています。
 晴れていたら心残りですが、雨が降って気持ちの切り替えができました。

Posted on 4月 23, 2011 at 09:13 午前 | | コメント (0)

2011.04.22

110422 山行計画:4/30 湖西「箱舘山から酒波寺」/新ハイキング関西例会

041009_oumisaka_001041009_oumisaka_002 近江坂の名前を最初に知ったのは2002年の年末頃でしょうか。当時、金久昌業氏の「北山の峠」三部作を入手して、休日日帰りで岩谷峠や満樹峠、持越峠など、名文に惹かれて一人で歩き回っていました。
 そのような山行の合間に江若丹の国境尾根の藪刈りや、プレート付けをしていましたが、たまたま「北山の峠」の中に近江坂の記述を見つけ、若狭のお坊さんが毎年、山越えではるばる近江までお経を読みに来られた道を歩いてみようと思いました。

 04年10月09日にNWHさんと二人で初めて酒波寺から歩き始めましたが、近江坂の旧道登り口が判らず、尾根や谷間を強引に登って、ようやく旧道を探り当てたのを思い出します。
 翌月(04/11/07)にはUOさん、HSMさん、NWHさんと4人でビラデスト今津から逆に近江坂を下って、酒波寺までの道がようやく確認できました。
 近江坂の全行程は若狭の十村・能登野/闇見神社から能登越に至る旧峠道を上り、峠を乗越して荒れた谷を天増川に下ったところが木地師が住んでいた能登郷の廃村。
 能登郷から東に延びる広い尾根を登り切ってブナの原生林が延々と続く県境尾根に出て、尾根通しに小御影山、大御影山へブナ林の散歩道。
 後半は県境を離れ粟柄河内乗越を横切って、緩やかな尾根道を下り、ビラデスト今津を経て、赤坂山から酒波寺がゴールになります。
 この行程を通しで歩いたのはその年の12月11~12日でした。若狭の坊さんは馬で一日かけて酒波寺まで通われたのだそうです。

 今回の新ハイキングでは4/30と5/7の二回に分けてこの近江坂を歩きます。
【山行計画】
湖西「箱舘山から酒波寺」(一般向き)
期 日:4月30日 (土) *雨天中止
 * 前夜の気象情報で当日の滋賀県北部の降水確率が午前(6-12時)・午後(12-18時)の時間帯のいずれかが60%以上(60%含む)の場合は中止します。
 Tel情報 0775-177(前29日の17時発表の予報)

集 合:JR京都駅/八条口 団体バスのりば 7時40分
 * 新ハイキングの黄色の小旗が目印
 * 受付終了後にバスに乗ってください。

コース:約11.2km
 京都駅7:40⇒貸切バス/湖西道路⇒箱舘山ゴンドラ駐車場
 駐車場(190m)→スキー場(640m)→処女湖(500m)→平池(490m、昼食)→ビラデスト今津(520m)→赤坂山(475.2m)→酒波寺(150m、16:00頃)
 酒波寺⇒貸切バス⇒京都駅(18時頃、解散)
 * バスは貸切、不要な荷物は車内に置いて歩けます。

装 備:一般日帰り山行装備・雨具・帽子・スパッツ・ストック等
地 図:国土地理院25000分の1「熊川」「海津」
 断面図 & 予定ルート図

費 用:約3,000円 (京都駅からバス代等)
  * 山行運営費 400円・保険 100円を別途徴収します。
リーダー:狩野 東彦さん 参加予定者:25名

連絡先:新ハイキング関西本部/Tel/Fax 0774-53-2754
問合せ:狩野リーダー/ケータイ 090-4302-0186

* 当日の感想・写真を本部へ添付メールで送信ください。
  アドレス shinhaikansai@kcn.jp

【地図】
断面図
 110430_hakodateyama_sanamideradanme

予定ルート
 110430_hakodateyama_sanamidera

カシミール3DのGPS予定ルートデータ
「110430_HakodateYama_SanamiDera.gpx」をダウンロード
【金久昌業氏「近江坂」引用】

近江坂」金久昌業氏

Posted on 4月 22, 2011 at 11:59 午後 | | コメント (4)

2011.04.21

110421 山行計画:4/29 湖北「金糞岳から白倉岳」/新ハイキング関西例会

Kanakuso10 金糞岳は9年も前(2002/07/28)に重廣さんの分水嶺登山で登りましたが、その前日には、AOKさんの車でおにゅう峠まで入り、当時まともな踏み跡さえなかった江若国境尾根を吊り尾根から三国峠を目指して猛烈な藪漕ぎに挑戦しました。
 でも、あまりの暑さに二人とも脱水症状でP803までようやく登り着いたところでダウンし、一時間あまり昼寝をしておにゅう峠に引き返したのを思い出します。
 その夜は鳥越林道の中間辺りで仮眠して、翌日(7/28)、重廣さんやHSMさん、YNTさん達9名と合流し、鳥越峠から今回と同じコースを金糞岳から白倉岳、高山キャンプ場へと長い尾根を歩きました。
 コースにはほとんど日陰もなく、真夏の炎天下で干上がって途中で何度も裸になって汗を拭いたのを思い出します。
 今回の新ハイキング例会も全く同じ行程ですが、二週間前に深見峠からホサビ山を同行させていただいたKNYさんのお話では今年は雪が多くて長い尾根歩きではかなり難渋するのではないかと懸念しておられました。
 一方、リーダーの村田さんが体調を崩されておられるので、計画自体の実行が難しいのではないかと行程以上に心配しております。一日も早く快復されるよう祈っております。

【山行計画】
湖北「金糞岳から白倉岳」(中級)
期 日:4月29日 (祝) *雨天中止
 * 前夜の気象情報で当日の滋賀県北部の降水確率が午前(6-12時)・午後(12-18時)の時間帯のいずれかが60%以上(60%含む)の場合は中止します。
 Tel情報 0775-177(前28日の17時発表の予報)

集 合:JR京都駅/八条西口 団体バスのりば 7時40分
 * 新ハイキングの黄色の小旗が目印
 * 受付後、指定の貸切バスに乗車ください。

コース・予定タイム:約10.9km
 京都駅7:40⇒貸切バス・名神~北陸道/長浜インター経由⇒鳥越林道・金糞岳登山口
 金糞岳登山口(1050m)10:00→11:00金糞岳(1317m)→11:40白倉岳(△1270.7m、昼食)12:30→花房尾根→14:30奥山(△1056.5m)→16:00高山キャンプ場(290m)
 高山キャンプ場⇒貸切バス・往路⇒京都駅(18:30頃、解散)
 * バスは貸切、不要な荷物は置いて歩けます。

装 備:一般日帰り山行装備・雨具・帽子・スパッツ・ストック等
地 図:国土地理院25000分の1「近江川合」「虎御前山」
 断面図 & 予定ルート図

費 用:約2,500円 (京都駅からバス代等)
  * 山行運営費 400円・保険 100円を別途徴収します。
リーダー:村田 智俊さん 参加予定者:60名

連絡先:新ハイキング関西本部/Tel/Fax 0774-53-2754
問合せ:村田リーダー/Tel/Fax 0774-53-2754
      * 当日は村田リーダーケータイへ/携帯 090-3719-3045

* 当日の感想・写真を本部へ添付メールで送信ください。
  アドレス shinhaikansai@kcn.jp

【地図】
断面図
110429_kanakusodakedanmen

予定ルート
110429_kanakusodake

「110429_KanakusoDake.gpx」をダウンロード

Posted on 4月 21, 2011 at 12:46 午後 | | コメント (0)

2011.04.20

110420 咲き急ぐ

110420 咲き急ぐ110420 咲き急ぐ 先週、染井吉野が満開になったと思ったら、今週はじめには八重桜も満開、躑躅も花を付け出しました。
 そう言えば、白木蓮が満開になったのは2週間前で、その時も同時に染井吉野が一斉に咲き出していました。
 今年は春が遅くて花々がわずか三週間の期間に早春から初夏に駆け足で移ろうようです。

Posted on 4月 20, 2011 at 07:20 午前 | | コメント (0)

2011.04.19

110419 山行記録:4/17 湖北・海津大崎(花見)~東山

110417_kaiduoosaki_higasuiyama_058 4月の例会は昨年同時期(10/04/18)に引き続き、海津大崎の600本もの染井吉野の並木道で花見のあと、東山に登る行程を組みました。
 昨年はJRマキノから万路峠、峯山を経て東山に登り、海津大崎に下る縦走+お花見の行程でしたが、今年は逆コースにして、花見のあと大崎寺から急尾根を東山に登り、縦走路の途中、反射板展望台から西へ延びる尾根を下る8.5kmのショートコースでした。
 今回は後半の反射板からの下り尾根を先週の下見では歩けなかったので、ぶっつけ本番になりましたが、天罰てきめんで下り尾根の途中が大きな崩壊のため50mの崖になっていて、足元が崩れそうな急斜面の下降を余儀なくされてしまいました。初参加の方6名にとっては肝を冷やされたのではないかと思いますが、皆さん怪我もなくご無事で何よりでした。申し訳ありません。

【山行記録】
山仲間第142回例会:湖北・海津大崎(お花見)から東山
行き先:湖北・海津大崎~東山~反射板西尾根
日 時:平成23年4月17日(日) 10:22~16:47
参加者:22名+1匹/SSKさん、HMDさん、HSMさん、ADTさん、きよもり、
    USIさん、TRNさん、HRAさん、SMDさん、KWUさん、MYSさん(初参加)、AITさん(初参加)、NKMさん(初参加)、
    HNMさん(例会初参加)、J.STNさん(初参加)、MRSさん(初参加)、HRTさん、FTSさん、MTHさん、SZKさん、
    AOKさん、JNKさん、ミッチー(HRTさんの愛犬)
地 図:25000分の一「海津」
 断面図GPSトラック図
行 程: 約8.5km 所要時間:6時間25分(歩行時間:4時間02分、休憩・昼食2時間23分)、天候:快晴、気温:18℃(大崎入口)→15℃(小鞍部)→17℃(反射板)→20℃(砂防公園)
 JR住吉7:02⇒快速⇒8:07京都8:15⇒新快速⇒9:29JRマキノ(集合9:30)9:52⇒シャトルバス(\200)⇒10:00海津大崎入口(90m、紹介、体操、18℃)
 海津大崎10:22→湖岸遊歩道(花見)→10:47大崎寺→10:49東山登山口(130m、登山準備)10:59→急登→11:17小鞍部(220m、リンゴ、軽食、15℃) 11:30→急登→11:50急登中間(350m) 12:00→12:20急登上(470m、ヨーグルト) 12:34→12:38 P483m→13:00東山(二等三角点594.8m、昼食) 13:53→14:10反射板展望台(566m、17℃) 14:20→西尾根の下り→14:35広尾根(左折、490m) 14:44→15:00左折点(370m) →15:08崖上(320m) 15:17→右の谷より迂回→15:27崖下(270m) 15:35→16:05車道→16:20竹生嶋酒造(トイレ) 16:27→16:47 JRマキノ(解散)
 マキノ17:27⇒17:35近江今津(乗換) 17:43⇒普通⇒18:51京都
費 用:交通費 200円 (マキノ~海津大崎入口/シャトルバス 200円)

110417_kaiduoosaki_higasuiyama_025 【写真】 170322 PicasaのWEBアルバムからGoogleフォトの写真アルバムへ移行)
 Googleフォトの写真アルバム
 写真は位置情報付きで113枚あります。

 左の写真をクリックするとアルバムが開きます。

【地図】
 断面図
 110417t_kaiduoosaki_higashiyamadanm

 GPSトラックのルート図
 110417t_kaiduoosaki_higashiyama

 カシミール3Dのトラックデータ
 「110417T_KaiduOosaki_HigashiYama.gpx」をダウンロード

Posted on 4月 19, 2011 at 12:58 午後 | | コメント (3)

2011.04.18

110418 お誕生日

110418 お誕生日 今日はJNKさんの5?歳のお誕生日です。
 5月に来神する母の夕食の下見を兼ねて近くのにしむら珈琲店【みかげ館】で但馬牛のしゃぶしゃぶです。

Posted on 4月 18, 2011 at 08:05 午後 | | コメント (0)

2011.04.17

110417 今日の例会は22名

110417 今日の例会は22名 綺麗に晴れ上がった山行日和です。
 海津大崎の桜も見頃だと思います。
 22名の参加で大人数になりました。
 有り難う御座います。
 男性12名女性10名ですが、初参加の方が6名もおられるので、状況を見ながらゆっくり登ります。

Posted on 4月 17, 2011 at 06:03 午前 | | コメント (0)

2011.04.16

110416-2 お参りと焼き肉

110416-2 お参りと焼き肉110416-2 お参りと焼き肉110416-2 お参りと焼き肉 動物霊園でお参りして、霊園から少し上がると、中山最高峰から清荒神に抜ける大林寺の裏山になります。
 開けた広い尾根でミニ焼き肉をしてから、満開の三つ葉躑躅や大林寺の枝垂れ桜を見ながらハイキングコースを清荒神駅に向かいます。

Posted on 4月 16, 2011 at 03:47 午後 | | コメント (0)

110416 四十九日

110416 四十九日110416 四十九日 今日は3月2日に亡くなったナッコ君の四十九日で宝塚へ来ました。
 折しも桜も満開です。

Posted on 4月 16, 2011 at 01:07 午後 | | コメント (2)

2011.04.15

110415 写真掲載:3/27 壷坂寺~高取城址、4/2-3 生杉~長治谷、4/9 海津大崎~万路峠、4/10 深見峠~ホサビ山/新ハイキング

110409_kaiduoosaki_higashiyama__28 三週間連続で土日の二日連チャンの山行が続いたため、何とか地図と記録は掲載できましたが、写真にコメントを入れたり、位置情報を付け込んだりする作業がなかなか出来ず、延び延びになっていました。
 会社から帰って夜遅くまで少しずつ片付ければよいのですが、最近は配送センターへパソコンをかついで行き来する日が続いて、帰宅してからパソコンに向かう余力がなかなかありませんでした。
 やっと、コメントも書き終わったので、今回もまとめて4回分写真を追加させていただきます。
 興味のある方は是非ご覧下さい。

 写真は全て位置情報付きですから、カシミール3Dやgoogle MAP等と連動してルートの様子を理解していただけると思います。

山行記録:4/10 京都北山・深見峠からホサビ山/新ハイキング関西例会

山行記録:4/9 山仲間例会下見/湖北・海津大崎から万路越え

山行記録:4/2~3 若丹国境・生杉~地蔵峠~長治谷で折返し

山行記録:3/27 山仲間第141回例会/ 大和・壷阪寺から高取城址&「ひな巡り」

Posted on 4月 15, 2011 at 04:59 午前 | | コメント (0)

2011.04.14

110414 再インストール

110414 再インストール Windows7の動作が極端に遅くなりました。
 ウイルスバスターやgoogleのバージョンアップの影響かも知れませんが、取りあえずWindows7のOSを再インストールしてみます。
 HDDが1Tbyteもあるから、インストールには何時間もかかりそうです。
 その間、何も出来ないから、お手上げです。

Posted on 4月 14, 2011 at 06:24 午前 | | コメント (0)

2011.04.13

110413 裏六甲の山桜

110413 裏六甲の山桜110413 裏六甲の山桜 裏六甲は住宅街でも表側の市街地より150mも標高が高いため、2〜3度気温が低く、朝晩はまだ寒いです。
 配送センターの敷地に咲く山桜もようやく五分咲きといった感じです。

Posted on 4月 13, 2011 at 07:17 午後 | | コメント (0)

2011.04.12

110412 山行記録:4/10 京都北山・深見峠からホサビ山/新ハイキング関西例会/写真掲載110415

110410_fukamitouge_hosabiyama__064 深見峠というのは周山から美山・安掛(あがけ)に抜ける162号線の深見トンネルの入口から旧車道を登りきった切り通しから、さらに尾根を少し登った616mの鞍部です。
 今回はリーダーの村田さんの体調がすぐれず、深見峠の先から出発点に戻られたため、急遽きよもりがGPSのルート図を頼りに宮野サブリーダーと一緒に先頭を歩かせていただきました。
 途中三ヶ所、尾根道の分岐があり迷いかけましたが、宮野さんやKNYさんほか始めベテランの皆様のおかげですぐに正規ルートに戻ることが出来、予定より少し遅れましたが、安掛の村はずれの平屋神社に降りてくることが出来ました。
 皆様、有り難うございました。

 コースは終始尾根歩きで天候もよく春めいた陽気でしたが、昼食ポイントの鉄塔(P731m)までは踏み跡が途切れ勝ちで、小ピークのアップダウンが続くためかなりのアルバイトを強いられました。
 昼食後は鉄塔巡視路がホサビ山まで続いていて、歩きやすくなりましたが、東に延びる支尾根が数ヶ所あって、何度か迷いましたが、皆様のサポートで、予定より40分遅れでホサビ山(750.2m)に到着。
 ホサビ山三角点から西に延びる長い下り尾根には安掛からピストンで往復する登山者が多いようで、テープが残っていて、迷うことなく平屋富士(570m)まで降りてきましたが、そこからの下りは200mの高度差を一気に下る急尾根で冷や汗をかきました。最後は半ば強引に林道への支尾根を下り、予定より1時間近く遅れましたが無事、平屋神社で村田リーダーに出迎えていただいて安掛に向かいました。

【山行記録】
京都北山「深見峠からホサビ山」
日 時:平成23年4月10日 (日) 9:40~16:58
参加者:42名/リーダー・村田さん、Sリーダー・安倉さん、宮野さん/KNYさん、KNUさん、OGRさん、KBYさん、GTUさん、NKJさん、WTNさん他、きよもり
地 図:25000分の一「中」「島」、昭文社「京都北山」
 コース断面図 GPSトラック図
コースタイム: 歩行距離:11.7km、所要時間:7時間18分(歩行時間:5時間23分、休憩昼食:1時間55分)、天候:快晴 気温:16℃
 京都駅(7:40集合) 7:36⇒貸切バス・周山街道/R162⇒8:50周山・道の駅9:05⇒9:24深見トンネル口
 トンネル口(点呼、420m) 9:40→旧車道→10:04登山口→10:28深見峠(616m)10:39→10:50トップ交代→藪尾根→11:18岩滝谷乗越(680m)11:23→藪尾根→11:56 P731m(鉄塔1、昼食) 12:40→鉄塔巡視路→12:50迷点(680m、東支尾根に入り戻る)→13:03戻り→13:20 P672m(鉄塔2)→13:30杉谷分岐手前(660m) 13:35→登り尾根→14:10ホサビ山(二等三角点750.2m) 14:24→14:33鉄塔3(展望広場、730m) 14:39→長い下り尾根→15:11小ピーク(745m) 15:14→15:40平屋富士(570m) 15:43→激下り→16:05急坂下(350m) 16:18→支尾根下り→16:28林道(230m)→16:33平屋神社(230m) 16:44→16:58安掛・道の駅(220m)
 安掛17:12⇒貸切バス・京都縦貫⇒17:54南丹SA18:00⇒19:17京都駅(解散)
費 用:3000円(貸切バス代 2500円、山行運営費 400円・保険 100円)

Dc123106 【写真】 170322 PicasaのWEBアルバムからGoogleフォトの写真アルバムへ移行)
 Googleフォトの写真アルバム
 写真は位置情報付きで55枚あります。
 
 左の写真をクリックするとアルバムが開きます。

【地図】
コース断面図
 110410t_fukamitouge_hosabiyamadanme

GPSトラック図
 110410t_fukamitouge_hosabiyama

Posted on 4月 12, 2011 at 06:10 午後 | | コメント (0)

110412 山行記録:4/9 山仲間例会下見/湖北・海津大崎から万路越え

110409_kaiduoosaki_manjitoge__049110409_kaiduoosaki_manjitoge__078 4/17に予定している山仲間第142回例会/海津大崎から東山の下見に行きました。
 当初、HSMさんと二人の予定でしたが、風邪でダウンされたため、久し振りに一人での早春の尾根歩きになりました。計画ではP566mの反射板展望台から西へ延びる尾根を下る予定でしたが、尾根筋には思ったほど残雪がなく、歩きやすそうだったので、万路峠までの尾根の縦走に切替、最後は昨年例会の出発点、黒山集落からJR永原まで約13kmを歩きました。

【山行記録】
山仲間例会下見:湖北/大崎寺から東山~万路越え

行き先:湖北/JRマキノ~海津大崎~大崎寺~東山~P566~峯山~万路越え~黒山集落~JR永原
日  時:平成23年4月9日(土)
 9:30~17:10
地 図:25000分の一「海津」
 断面図GPSトラックルート図
行 程: 約13.1km 所要時間:約7時間40分(歩行:5時間16分、休憩昼食2時間24分) 、天候:曇りのち晴れ、気温:14℃
 住吉7:22⇒7:28芦屋7:29⇒新快速⇒9:26マキノ
 マキノ(80m) 9:30→9:57海津大崎入口(70m)→10:15前年下山点(80m、14℃)→10:24大崎寺下(80m)→10:28大崎寺→10:33東山登山口(登山準備、105m) 10:52 →11:10小鞍部(220m) 11:18→急斜面→11:53急登上(440m) 12:08→12:10広尾根(ブナ林)→12:18 P483m(西尾根分岐、12℃)→12:35小ピーク(570m)→植林界→12:45東山(二等三角点594.9m、昼食) 13:28→13:36支尾根分岐→13:50 P566m展望台 (反射板・西尾根ルート確認) 14:03→14:20広尾根鞍部(左折点、510m) 14:33→14:28迷点(植林帯右折、525m)→植林→15:00急登上15:07→15:15峯山(四等三角点532.0m) →15:45鉄塔尾根分岐(倒木切り) 15:50→15:57万路峠(430m) 16:01→谷道→16:19小屋跡(崩壊、225m) →林道→16:35獣除けゲート→16:38黒山集落外れ(装備解除、120m、14℃) 16:55→17:03磨崖仏→17:10JR永原駅
 永原17:22⇒17:35近江今津(乗換) 17:43⇒湖西線・普通⇒18:46山科18:52⇒新快速⇒19:43芦屋19:44⇒19:50住吉(解散)
費 用:2900円/交通費のみ(春の関西1デーパスを利用)

110409_kaiduoosaki_higashiyama__22【写真】 170322 PicasaのWEBアルバムからGoogleフォトの写真アルバムへ移行)
 Googleフォトの写真アルバム
 写真は位置情報付きで49枚あります。

 左の写真をクリックするとアルバムが開きます。

【地図】
断面図
 110409t_kaiduoosaki_manjikoedanmen

カシミール3Dトラックルート図
 110409t_kaiduoosaki_manjikoe

Posted on 4月 12, 2011 at 06:00 午後 | | コメント (0)

110412 山行記録:4/2~3 若丹国境・生杉~地蔵峠~長治谷で折返し/写真追加10415

110403_tyojidani 土日の一泊で生杉から林道を5km歩いて、地蔵峠から中山神社を経て野田畑峠まで入る予定でしたが、生杉(450m)の村はずれからすぐに50cm以上の残雪が林道を埋め尽くして、トレースの全くない輪カンの世界。
 何とか30分6ピッチで地蔵峠(680m)に着きましたが、メンバーに靴擦れで歩行困難者が出たのと上谷から野田畑までの谷通しは何ヶ所も徒渉があり、中山神社の下で上谷を渡るのに、二本橋で大苦戦したので、先が思いやられました。
 ということで、あっさり野田畑は諦めて、中山神社から上谷本流を少し下った長治谷作業小屋近く、長治谷の谷沿いで幕営することになりました。
【山行記録】
行き先:若丹国境・生杉~地蔵峠~長治谷作業小屋/往復
日 程:平成23年3月2日(土)~3日(日)

参加者:6名/HSMさん、AKEさん、AOKさん、KRKさん、HARさん、きよもり
地 図:25000分の1「古屋」「久坂」
 断面図GPSトラック歩行ルート図
 
行 程:約11.8km
4/2 晴れのち曇り、約5.9km、5時間06分
(歩行:3時間39分、休憩昼食:1時間23分)
 住吉5:52⇒6:19大阪6:21⇒快速⇒6:54京都
 京都駅八条口(集合7:00) 7:08⇒AOK車・AKE車/湖西道⇒7:45堅田コンビニ(ビール購入) 7:54⇒鯖街道・針畑川⇒8:43生杉・熊川出合(車デポ、輪カン装着)
 生杉・熊川出合(460m) 9:18→9:54若走路谷出合上(500m、14℃) 10:00→10:30林道中間10:40→11:04ゲート手前(560m、昼食) 11:29→11:43林道ゲート(570m)→12:00ゲート上(580m、8℃) 12:11→12:36峠下(640m、リンゴ) 12:49→13:00地蔵峠(680m、5℃) 13:06→13:32中山神社(650m) 13:41→13:50二本橋(輪カンを付けて渡る、2℃) 14:12→14:24長治谷作業所(620m、幕営、17:00宴会・山かけマグロ、夕食・カレー鍋、20:00~23:00就寝)
4/3 曇りのち晴れ、約5.9km、4時間03分(歩行:5時間00分、休憩昼食:2時間30分)
 長治谷作業所(620m、6:00起床、7:00朝食・卵雑炊) 8:09→8:15二本橋(渡りまたは徒渉、1℃) 8:35→8:52地蔵谷出合(670m) 8:57→9:02地蔵峠(680m)→9:05峠下(625m、リンゴ、4℃) 9:25→10:00ゲート(560m、5℃) 10:24→11:09若走路谷出合上(500m、6℃) 11:23→11:43若走路谷出合→12:12生杉・熊谷出合(460m、昼食・餅雑煮)
 生杉・熊谷(車デポ) 13:11⇒AOK車・AKE車⇒13:49朽木てんくう温泉(入浴、休憩) 15:04⇒15:10朽木(焼き鯖寿司) 15:22⇒鯖街道⇒16:47京都駅(解散)
 京都17:14⇒新快速⇒17:58芦屋18:00⇒18:05住吉
会計報告
 集金/36,000円
(一人6,000円)
 支払/36,770円
  食 費:10,170円 (AKE:6,500円、HSM:1,000円、MRI:1,500円、ビール:1,170円)
  入浴料: 3,600円 (てんくう温泉1人600円)
  ガソリン代:14,000円 (AKE:7,000円、AOK:7,000円、@165×340km÷8km/L×2台)
  運転手当:9,000円 (AKE:4,500円、AOK:4,500円)
 過不足/-770円 (会計予備費より補填)


110402_03_oisugi_tyojitanideai__053 【写真】 170322 PicasaのWEBアルバムからGoogleフォトの写真アルバムへ移行)
 Googleフォトの写真アルバム
 写真は位置情報付きで78枚あります。
 
 左の写真をクリックするとアルバムが開きます。

【地図】
断面図
 110402_03t_oisugi_tyojitanidanmen

GPSトラック歩行ルート図
 110402_03t_oisugi_tyojidani

Posted on 4月 12, 2011 at 05:55 午後 | | コメント (0)

110412 山行記録:3/27 山仲間第141回例会/ 大和・壷阪寺から高取城址&「ひな巡り」/写真登録110415

110327_tubosakadera_takatorijyoshi_ 3/27開催の山仲間第141回例会の記録掲載が2週間も遅れてしまい申し訳ありません。
 壺阪山駅から高取城址に至る城下町は3月いっぱい町家のひな巡りのイベントを開催中で、軒を連ねた町家の各お家で所有されている雛飾りを座敷や窓際に飾り付けて公開されています。
 元城下町だけあって、立派なひな壇飾りが多くて華やかな雰囲気に包まれていました。
 雛飾りを左右に見ながら右折して、壷阪寺への参道を登ると、こちらも壮大な堂宇や石造りの観音像や釈迦像が境内のあちこちに建立された壷阪寺。
 境内には入らず、車道を少し辿って、途中から五百羅漢の周遊コースに入り、高取城への参内道を進むと広大な高取城址に着きます。
 城址で日差しを浴びながらゆっくり昼食をとり、城下町から登ってくる大手道を国見櫓や猿石を見物しながら急坂を経て、砂防公園で一息入れてから高取の城下町に下りました。

【山行記録】
山仲間第141回例会:大和・壷阪寺から高取城址
行き先:大和・壷阪寺から高取城址・町家のひな巡り
日 時:平成23年3月27日(日) 9:15~15:52
参加者:18名+1匹/HMDさん、NSNさん、NSEさん、ADTさん、DNNさん、きよもり、
    TRNさん、HARさん、YMNさん、YMMさん(初参加)、TRMさん(初参加)、HRTさん、FTSさん、
    AOKさん、KMRさん、TKDさん、SGMさん、JNKさん、ミッチー(HRTさんの愛犬)
地 図:25000分の一「畝傍山」
 断面図GPSトラック図
行 程: 約11.1km 所要時間:6時間37分(歩行時間:3時間52分、休憩・昼食2時間45分)、天候:快晴、気温:14℃(壷阪寺)→4℃(八幡神社下)→15℃(高取城址)→20℃(砂防公園)
 JR住吉7:17⇒快速⇒7:38大阪7:41⇒環状内回り⇒8:01天王寺・大阪阿部野橋8:20⇒近鉄吉野線・急行\690⇒9:05壺阪山
 壺阪山駅(集合9:10、体操、130m) 9:15→高取・土佐町→9:30四つ辻(右折)→9:33お里沢市の墓→9:47バス道(左折、170m)→車道→9:52壷阪寺参道入口(左折、190m)→参道谷道→10:14壷阪寺(ひな巡り№95、300m、14℃) 10:25→10:41壷坂峠下(五百羅漢分岐左折、370m) →10:46五百羅漢(400m、5℃)→五百羅漢遊歩道→11:20八幡神社→11:25八幡神社下(トイレ、490m、4℃) 11:36→11:56高取城址本丸(昼食、15℃) 12:55 →13:00高取山(三等△583.9m)→13:20国見櫓(展望台) 13:25→大手筋下山路→13:30猿石(475m) →13:47宗泉寺分岐(270m) 13:50→14:00砂防公園(トイレ、200m、20℃) 14:11→高取・土佐町→14:35四つ辻(解散、ひな巡り見物、地酒購入など自由行動) 15:40→15:52壺阪山駅(130m)
 壺阪山駅15:54⇒急行\690⇒16:42大阪阿部野橋・天王寺16:48⇒環状内回り⇒17:15大阪
費 用:1380円/交通費のみ(近鉄・大阪阿部野橋~壺阪山/\690往復)
【写真】 110415追加
 Picasaの写真です。
 位置情報つきで76枚あります。
 

110327 壷阪寺~高取城址

【スライドショー】
 
【地図】
断面図
 110327t_tubosakadera_takatorijyoshi

GPSトラックのルート図
 110327t_tubosakadera_takatorijyo

Posted on 4月 12, 2011 at 05:50 午後 | | コメント (0)

110412 4/17 山行計画:山仲間第142回例会/湖北・海津大崎の桜並木と東山登山

                                       平成23年4月12日
山仲間諸兄諸姉
                                       山仲間事務局 きよもり
4/17 山仲間第142回例会/湖北・海津大崎の桜並木と東山登山
110409_kaiduoosaki_higashiyama__001110409_kaiduoosaki_higashiyama__002 東日本大震災と原発事故により、不安で不自由な避難生活を余儀なくされておられる方々をお見舞い申し上げます。
 震災によりお亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。
 京阪神では先週末から桜の花が満開を迎え、時節柄自粛ムードながら、花見の行楽に出掛ける方も増えつつあるようです。
 4月の山仲間例会は例年開花が遅い湖北・海津大崎の桜並木を通り抜けて、昨年の例会とは逆コースで東山へ登りたいと思います。海津大崎の桜は1936年(昭和11年)に大崎トンネルが開通した、湖岸道路の整備工事と平行して、マキノ町が約600本の染井吉野を植樹したのが始まりです。街道4kmにわたる樹齢75年の桜のトンネルは「日本の桜名所百選」にも選ばれ、シーズンには大勢の花見客で賑わいます。
 山仲間では昨年4月18日にも第130回例会として湖西線・永原駅から万路峠、峯山、東山と南下して最後は藪こぎで海津大崎に降りて桜を見ていただきました。
 今年は昨年の逆コースになりますが、マキノ駅から海津大崎の入口を経て桜並木を抜けて岬にある大崎寺から東山に登るルートを取ります。万路峠までは距離がありますので今回は途中の反射板展望台(566m)から西に延びる支尾根を下って、海津大崎の入口に戻る予定です。
 東山への登り、前半の300mが急なのと展望台(566m)からの下り尾根は下見が出来ていないので多少の藪こぎが予想されるため初級の中にしていますが、脚力に不安のある方は大崎寺からマキノへ戻るか、大崎トンネルを抜け、湖岸の春を楽しみながら永原まで約7km散策する約2時間コースもお奨めです。
 なお、今回はNWHさん、FTSさんと二度にわたって六甲山全縦走を12時間台で踏破された会社のHNM一さんと一緒に最近オーストラリアの子会社から転籍されたJ・STNさん(豪生まれ)も同行されますのでよろしく願いします。
 マキノまでは神戸方面からだと「春の関西ワンデーパス」2900円を使った方が昼得よりも割安です。当日でも駅の「みどりの窓口」で購入可能ですが、発券に多少時間がかかりますので、前日までに乗車日(4/17)を指定して購入されるようお勧めします。
 参加していただける方は、4/15(金)までにメールまたはFAXでご連絡ください。

【山行計画】
山仲間第142回例会:湖北/海津大崎の桜並木と東山登山
行き先:湖北・大崎寺から東山
日  時:平成23年4月17日(日)
 9:40~16:30
集 合:JR湖西線・マキノ駅/改札口 9:30
 参考:JR三ノ宮7:20⇒新快速・湖西レジャー号⇒7:28芦屋⇒7:43大阪⇒8:14京都⇒9:26マキノ
 またはJR住吉7:22⇒7:28芦屋7:29⇒新快速・湖西レジャー号⇒9:26マキノ
 湖西レジャー号は12両編成ですが、近江今津で切り離して前4両が敦賀行きになりますので、前から2両目にお乗り下さい。近江今津で乗り移られても結構です。
地 図:25000分の一「海津」  レベル:初級の中(大崎寺から急登、展望台から多少の藪漕ぎ有り)
 断面図予定ルート
行 程: 約10.4km 所要時間:約6時間50分(歩行:5時間40分、休憩昼食1時間10分)
 マキノ(9:40頃)→30分→海津大崎入口→40分→大崎寺下(11:00頃、100m)→10分→大崎寺→10分→登山口(130m)→20分→小鞍部(軽食、220m)→急斜面→50分→広尾根(ブナ林、 440m、13:00頃)→30分→P483m(西尾根分岐)→30分→東山(二等三角点594.9m、昼食、14:00頃)→30分→P566m展望台 (反射板、15:00頃)→展望台西尾根下降→30分→左折点(370m)→30分→海津大崎入口(100m、16:00頃)→30分→JRマキノ駅 (16:30頃)
 マキノ16:50⇒新快速⇒17:59京都⇒18:30大阪(解散)
  参考:マキノ発新快速 13:50、14:50、15:50、16:50、マキノ発普通 17:27、18:27
持ち物:昼食弁当、軽食、飲み物、防寒具、雨具、ストック、スパッツ
費 用:交通費各自 (参考:春の関西ワンデーパス/2900円)
    5/31まで春のワンデーパスが利用可能です。近畿圏全域(例:姫路~敦賀)で使えます。
追 記:
 5月の例会は、日程を変更して5/22(日)に洛西・唐櫃越えを予定します。
 6月の例会は、摩耶山で焼き肉をして山羊の戸渡りを下ります。

きよもり 【山仲間】
E-mail : KGH03517@nifty.com
  URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
_/_/_/_/_/_/_/_/ 11.04.12  5:25 _/_/_/_/_/_/_/_/

断面図
110417_kaiduoosaki_higashiyamadanme

予定ルート
110417_kaiduoosaki_higashiyama

カシミール3Dの予定ルートデータ
「110417_KaiduOosaki_HigashiYama.gpx」をダウンロード

Posted on 4月 12, 2011 at 06:50 午前 | | コメント (0)

2011.04.11

110411 待ち

110411 待ち110411 待ち ミルクちゃんはのら生活が長いのに自分で畑の野菜や人が持っている食べ物を取ったりしたことがないそうです。
 うちに来ても同じです。ひたすら台所に置いてある専用のお茶碗の前に座って、一声も鳴かずお母さんがご飯を入れてくれるのを一時間でもじっと待ちます。
 少しくらい物欲しそうに鳴けばよいのに、おとなしく待っていたら、いつかはご飯がもらえると、我慢強く待つことに馴れているんでしょうね。
 足も胴も短くて可愛いから和歌山でもそうして待っていたら、ご近所の方や学校帰りの生徒さん達もつい餌をあげたくなるので得だったと思います。

 同じ猫でも、ナッコ君とミルクちゃんでは性格も動きもこんなにも違うとは思いませんでした。
 ミルクちゃんはおっとりで動きもおかしいくらい鈍くさくて、テーブルに飛び乗ったりはもちろん低いベッドに乗るときでさえ、時々失敗しているんだそうです。

Posted on 4月 11, 2011 at 07:53 午前 | | コメント (0)

2011.04.10

110410 平屋富士

110410 平屋富士 今日は臨時でトップを仰せつかって、終始先頭を歩きました。
 分岐が多くて難しい尾根でしたが、GPSとベテランの先輩がその都度、早めに修正していただけたから、大過なく無事安掛に降りて来れました。
 有り難う御座いました。
 17時15分これから京都縦貫で戻ります。

Posted on 4月 10, 2011 at 05:27 午後 | | コメント (0)

2011.04.09

110409-4 独り列車酒場

110409-4 独り列車酒場 最終の新快速に乗り遅れたから永原から近江今津乗換の鈍行です。
 いつもなら盛り上がる列車酒場ですが、今日は一人なのでブランデーと柿の種で粛々とおなかを暖ためています。
 最初の急登がきついから12kmと短い割に疲れました。
 例会は逆コースの方が楽かも知れませんが、大崎寺からゆっくり上がって、東山のすぐ北の反射板展望台から西に下る尾根を下るルートなら花見の時間を取っても時間的には無理がなさそうです。。
 オナカスイタ!

Posted on 4月 9, 2011 at 05:59 午後 | | コメント (0)

110409-3 東山二等三角点

110409-3 東山二等三角点110409-3 東山二等三角点110409-3 東山二等三角点110409-3 東山二等三角点 予定より5分遅れで東山二等三角点に着きました。
 雪はほとんど無いから、コースを変更して万路峠まで縦走して黒山集落からJR永原に下ります。

Posted on 4月 9, 2011 at 01:03 午後 | | コメント (0)

110409-2 単独行

110409-2 単独行 近江今津駅に着いてもHSMさんの姿が見えないので、電話したらご自宅で風邪でダウンされていました。
 パソコンのメールを見損なったようです。
 一人なので大崎寺まで一時間歩いて、今から尾根に取り付きます。
 雨は止んで、雪もないから、ゆっくり上がります。

Posted on 4月 9, 2011 at 10:51 午前 | | コメント (0)

110409 雨は上がったけど

110409 雨は上がったけど 雨はほとんど止みましたが、比良山系はすっぽりとガスに包まれています。
 対岸の三上山は見えているから、午後にはガスも晴れるでしょう。

Posted on 4月 9, 2011 at 08:48 午前 | | コメント (0)

2011.04.08

110408 山行記録:3/26 紀北・湯浅駅から紀伊内原/新ハイキング関西

110326_yuasa_kiiuchihara__024 紀伊路の日帰り熊野古道、今回は4回目です。このシリーズは次回の紀伊内原から西御坊で終了し、その後は夏頃に一泊シリーズで企画されているそうですから楽しみです。
 前回の行程は、紀伊宮原から湯浅まで160mの糸我越えのショートコースでしたが、今回は紀伊路最大の難関、鹿ヶ瀬越えで高低差も300m以上あります。
 今回も少し肌寒いながら好天に恵まれて津兼王子から馬留王子をへて、長い登りを順調に鹿ヶ瀬峠に昼過ぎに到着。午後からはすっかり春景色に染まった川沿いの山里を菜の花、スミレ、レンゲ、ムラサキハナナ等の草花、梅、桜、木瓜、藪椿、木蓮、マンサク、ミツマタ、ネコヤナギなどの木花、一斉に咲き揃う花々の競演を楽しみながらゆっくりと紀伊内原に向かいました。 

【山行記録】
紀北「湯浅駅から紀伊内原駅」
日 時:平成23年3月26日 (土) 10:06~16:01
参加者:18名/リーダー・狩野さん、Sリーダー・仲谷さん/NKHさん、KTUさん、ONOさん、FNMさん、SDUさん、OKZさん他、きよもり
地 図:25000分の一「湯浅」「高家」
 歩行断面図、GPSトラック歩行ルート 前半後半

コースタイム: 歩行距離:17.7km、所要時間:5時間55分(歩行時間:4時間21分、休憩昼食:1時間34分)、天候:晴 気温:10℃(馬留王子)→6℃(鹿ヶ瀬峠)→14℃(高家王子)
 JR住吉7:02⇒快速⇒7:23大阪7:30⇒紀州路快速⇒8:57和歌山9:15⇒紀勢線⇒9:57湯浅(集合10:00)
 JR湯浅(点呼18名、10m) 10:06→10:15勝楽寺→10:18久米崎王子10:20→広川沿い車道→10:57津兼王子(井関王子、30m) 11:02→11:20丹賀神社→11:25河端王子(トイレ) 11:33→11:42馬留王子(60m、10℃)→ジグザグ登り→12:07急坂上(240m、6℃、お菓子) 12:11→12:26鹿ヶ瀬峠(360m、昼食、6℃) 13:13→13:22小峠→石畳道→13:34古道公園→13:45金魚茶屋跡(トイレ、125m、14℃) 13:52→14:02沓掛王子(105m) 14:05→14:18爪かき地蔵→14:30黒竹民芸館(休館)→14:36西の馬留王子(65m)→14:58内ノ畑王子15:06→15:30高家王子(トイレ、20m、14℃) 15:40→16:01JR紀伊内原(15℃、解散)
 紀伊内原16:31⇒紀勢線⇒17:30和歌山17:41⇒17:50紀伊(途中下車で川永へ往復) 18:37⇒紀伊路快速⇒20:00大阪20:05⇒20:26住吉
費 用:500円(山行運営費 400円・保険 100円)
【写真】
 PicasaのWEBアルバムです。
 写真は位置情報つきで56枚あります。
 

110326 湯浅~紀伊内原

【スライドショー】

【地図】
歩行断面図
 110326t_yuasa_kiiuchiharadanmen

GPSトラック歩行ルート
 前半
 110326t_yuasa_kiiuchihara01

 後半
 110326t_yuasa_kiiuchihara02

Posted on 4月 8, 2011 at 09:07 午後 | | コメント (0)

2011.04.07

110407 写真を洗う

110407 写真を洗う110407 写真を洗う 被災地の悲惨な町の破壊状態を見るたびに気になっていたのは、津波で何キロも流されてしまった住居にあった家財などを回収する方策。
 家財を元の持ち主に戻すことも大切ですが、それぞれの思い出を記録した写真を集めてきれいに泥を落とし、避難所の壁に貼って元の持ち主に返す活動を続けている女川役場の女子職員の様子が取り上げられていました。(4/6 22:00 TV朝日 報道ステーション)
 元の持ち主にとっては何物にも代え難い、貴重な平安だった日々を思い出すよすが ですから、是非他の町でも始めていただきたいです。

Posted on 4月 7, 2011 at 06:11 午前 | | コメント (0)

2011.04.06

110406-2 花の春

110406-2 花の春110406-2 花の春 ポートアイランドの白木蓮が満開になりました。
 追いかけるように染井吉野も一斉に咲き出しました。
 今週から神戸は花盛りです。
 今日からやっとコート無しです。

Posted on 4月 6, 2011 at 09:29 午前 | | コメント (0)

110406 山行計画:4/9 湖北・海津大崎~東山/山仲間第142回例会下見

100501_oosakidera_manjitoge_013 神戸でも今週から一斉に桜花が咲き出して、週末には花見の行楽客が増えそうです。
 4月の例会は昨年4/18にも第130回例会で歩いた湖北の海津大崎と湖岸から北に急斜面でせり上がる東山に花見も兼ねて出掛ける予定です。

 海津大崎の花見の時期としては4月下旬は最適ですが、先週末の若丹では林道でも70cm、地蔵峠では1mもの残雪がありましたから、緯度の高い湖北の尾根道ではまだ残雪が多すぎて、かなり難渋することが予想されます。
 そこで、昨年の逆コースで海津大崎から東山に登って、少し北の566mの反射板から西に下るルートを取ってみようと思います。

 反射板から西に下る尾根が歩けるかどうかは行ってみないと判りませんので、今週末の土曜日、4/9に下見に行きたいと思います。もし尾根道が輪カンなしでも歩けるなら、万路峠まで縦走して谷沿いに永原へ下る昨年の逆ルートを取ることも考えられますが、成り行き次第とします。

 下見なので、花はまだ咲いていないかも知れませんが、晴れていれば琵琶湖の眺めは素晴らしいです。
 同行していただける方は三ノ宮発7:20の新快速・湖西レジャー号敦賀行きの前から2両目にお乗り下さい。8両編成の後ろ4両は近江今津で切り離しです。
 なお、マキノまでは神戸方面からだと「春の関西ワンデーパス」2900円を使った方が昼得よりも割安です。当日でも駅の「みどりの窓口」で購入可能です。

【山行計画】
山仲間例会下見:湖北/大崎寺から東山
行き先:湖北/大崎寺から東山
日  時:平成23年4月9日(土) 10:00~16:20
集 合:JR湖西線・マキノ駅/改札口 9:30
参加者:2名(4/5現在)/HSMさん、きよもり
 同行していただける方は、当日9:30 JRマキノ駅の改札へおこし下さい。
 参考:JR三ノ宮7:20⇒新快速・湖西レジャー号⇒7:28芦屋⇒7:43大阪⇒8:14京都⇒9:26マキノ
 またはJR住吉7:22⇒7:28芦屋7:29⇒新快速・湖西レジャー号⇒9:26マキノ
地 図:25000分の一「海津」
 断面図予定ルート
行 程: 約6.6km 所要時間:約6時間20分(歩行:4時間20分、休憩昼食2時間00分)
 マキノ 9:40⇒近江タクシー\1500⇒9:50大崎寺下
 大崎寺下(100m、10:00頃発)→10分→大崎寺→10分→登山口(130m)→20分→小鞍部(220m)→急斜面→40分→広尾根(ブナ林、440m、11:30頃)→30分→P483m(西尾根分岐)→30分→東山(二等三角点594.9m、昼食、12:40頃)→20分→P566m展望台(反射板、14:00頃)→展望台西尾根下降→30分→左折点(370m)→30分→海津大崎入口(100m、15:30頃)→40分→JRマキノ駅(16:20頃)
 マキノ16:50⇒新快速⇒17:59京都⇒18:30大阪(解散)
  参考:マキノ発新快速 13:50、14:50、15:50、16:50 (永原発は5分前) マキノ発普通 17:22、18:22

持ち物:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、ストック、スパッツ、輪カン(念のため)
費 用:2900円/春の関西ワンデーパス+タクシー1台1500円
    5/31まで春のワンデーパスが利用可能です。近畿圏全域(例:姫路~敦賀)で使えます。

【地図】
断面図
110409_kaizuoosaki_higashiyamadanme

予定ルート
110409_kaizuoosaki_higashiyama

「110409_KaizuOosaki_Higashiyama.gpx」をダウンロード
【昨年の記録】 5/1に大崎寺から万路越まで歩いた時の記録です。
 100502 山行記録:5/1 湖西/大崎寺から東山、万路峠縦走

Posted on 4月 6, 2011 at 12:33 午前 | | コメント (0)

2011.04.05

110405 山行計画:4/10 京都北山・深見峠からホサビ山/新ハイキング関西

Hosabiyama 深見峠というのは周山から美山・安掛(あがけ)に抜ける162号線の深見トンネルの峠です。この新しいトンネルを抜けてほとんど真っ直ぐな新しい道を車で下り切ったドン突きが安掛で、ここから右へ折れると美山や芦生、五波峠などお馴染みの山域、安掛から左折すると堀越峠や頭巾山へのルートになります。
 聞き慣れた深見峠に比べて、ホサビ山という名前は全く記憶にありませんでしたが、安掛から真東、美山の茅葺きの里から南に位置しているので、今まで何度も目にしていながら、北側に面々と連なる若丹国境の方ばかり意識していたので気が付かなかったのです。
 ちなみにホサビ山の名称はどのような漢字を当てるのか判りませんが、由良川の支流ホサビ谷の源流の山なので、谷の名前を取っているのかも知れません。でも、ホサビという木も草も無いからワサビが訛ったものか古い地名かも、全く想像もつきません。点名は「河内谷村・二等三角点」で北側の村の名前を取っています。

【山行計画】
京都北山「深見峠からホサビ山」(一般向き)
期 日:4月10日 (日) *小雨決行
 * 前夜の気象情報で当日の京都府南部の降水確率が午前(6-12時)・午後(12-18時)の時間帯のいずれかが70%以上(70%含む)の場合は中止します。
 Tel情報 075-177(前9日の17時発表の予報)

集 合:JR京都駅/八条西口 団体バスのりば 7時40分
 * 新ハイキングの黄色の小旗が目印

コース・予定タイム:約10.4km
 京都駅7:40⇒貸切バス・周山街道/R162⇒深見トンネル口
 深見トンネル口(420m)10:00→10:30深見峠(530m)→12:00 P731m(昼食) 12:40→13:00杉谷分岐(590m)→13:30ホサビ山(二等三角点750.2m)→13:50鉄塔広場(730m)→15:00平屋富士(745m)→16:00安掛220m)
 安掛⇒貸切バス⇒京都駅(18:30頃、解散)

装 備:日帰り山行装備・雨具・帽子・スパッツ・ストック等
地 図:昭文社「京都北山」、国土地理院25000分の1「島」「中」
 断面図 & 予定ルート図

費 用:約3,000円 (京都駅からバス代等) 
  * 山行運営費 400円・保険 100円を別途徴収します。
リーダー:村田 智俊さん、SL:安倉 正勝さん、宮野 哲郎さん 参加予定者:42名

連絡先:新ハイキング関西本部/Tel/Fax 0774-53-2754
問合せ:村田リーダー/Tel/Fax 0774-53-2754
      * 当日は村田リーダーケータイへ/携帯 090-3719-3045

* 当日の感想・写真を本部へ添付メールで送信ください。
  アドレス shinhaikansai@kcn.jp

【地図】
断面図
110410_fukamitoge_hosabiyamadanmen

予定ルート図
110410_fukamitoge_hosabiyama

カシミールGPS予定データ
「110410_Fukamitoge_HosabiYama.gpx」をダウンロード

Posted on 4月 5, 2011 at 07:38 午前 | | コメント (0)

2011.04.04

110404 山行記録:4/2~3 若丹国境・生杉~地蔵峠~長治谷で折返し

110403_tyojidani 土日の一泊で生杉から林道を5km歩いて、地蔵峠から中山神社を経て野田畑峠まで入る予定でしたが、生杉(450m)の村はずれからすぐに50cm以上の残雪が林道を埋め尽くして、トレースの全くない輪カンの世界。
 何とか30分6ピッチで地蔵峠(680m)に着きましたが、メンバーに靴擦れで歩行困難者が出たのと上谷から野田畑までの谷通しは何ヶ所も徒渉があり、中山神社の下で上谷を渡るのに、二本橋で大苦戦したので、先が思いやられました。
 ということで、あっさり野田畑は諦めて、中山神社から上谷本流を少し下った長治谷作業小屋近く、長治谷の谷沿いで幕営することになりました。
 記録写真などは追って、掲載します。

【写真】
上谷の二本橋を輪カンをつけて渡る
110402_03_oisugi_tyojidani__059


Posted on 4月 4, 2011 at 07:30 午前 | | コメント (0)

2011.04.03

110403-2 てんくう温泉

110403-2 てんくう温泉 汗を流してくつろいでます。
 あとは焼き鯖寿司を買って帰ります。

Posted on 4月 3, 2011 at 02:57 午後 | | コメント (0)

110403 13時10分無事下山

110403 13時10分無事下山110403 13時10分無事下山110403 13時10分無事下山 昨夜は残雪の多さに野田畑まで行くのを断念して中山神社近くの長治谷出合で幕営しました。
 今朝は同じルートを地蔵峠に戻り、林道を昨日同様輪カンを付けて下りました。
 餅雑煮で腹こしらえして、これからてんくう温泉に向かいます。

Posted on 4月 3, 2011 at 01:43 午後 | | コメント (0)

2011.04.02

110402 朽木へ

110402 朽木へ 比良は蓬莱山に雪が残っている程度ですが、朽木から奥の生杉はまだ70cmも雪が残っているそうです。

Posted on 4月 2, 2011 at 08:06 午前 | | コメント (0)

2011.04.01

110401 山行計画:4/2~3 若丹国境尾根・野田畑峠

                                                       平成23年4月 1日
山仲間番外編メンバー各位
                                                 山仲間事務局 きよもり
              山行計画:4/2~3 若丹国境尾根・野田畑峠

Dc0804102 野田畑峠は芦生の奥、まわりを山に囲まれ。清流が流れる別天地です。
 当初は3日間かけて野田畑峠を中心に残雪の山歩きを楽しむつもりでしたが、日程が二日間に変わったため、野田畑峠と県境尾根の縦走に切り替えます。
 また、AKEさんの地元役所などへの情報収集で残雪が非常に多いとの事なので、バリエーションルートは諦めて、無雪期に何度となく歩いている、地蔵峠を経て谷沿いで野田畑峠に入り、翌日は県境尾根を三国峠、朽窪峠と歩き、雪崩の危険を避けて、おにゅう峠に続く吊り尾根の起点から支尾根を生杉に下る計画を組みました。

 今回は骨折事故からほぼ快復されたKRKさん、番外編仲間に加わったHARさんと、お馴染みのHSMさん、AKEさん、AOKさん、きよもりの6名パーティになります。

【山行計画】
日 程:平成23年3月2日(土)~3日(日)
集 合:3/2 7:00 京都駅八条西口
(新幹線/近鉄側) 正面・ホテルヴィスタ(VISTA)前
 いつもの烏丸口ではありません。京都駅の南側になりますから間違わないようにして下さい。
 烏丸口は車が止められません。
参加者:6名/HSMさん、AKEさん、AOKさん、KRKさん、HARさん、きよもり
行 程:約13.6km
4/2 約8.1km、7時間40分
(歩行:5時間40分、休憩昼食:2時間)
 京都7:00⇒AOK車・AKE車⇒8:30朽木⇒9:00生杉(車デポ)
 生杉(450m、9:20発)→60分→若走路谷出合(490m)→120分→林道ゲート(570m、13:00頃、昼食)→60分→地蔵峠(680m)→60分→野田畑谷出合(650m)→40分→野田畑峠(680m、17:00頃、幕営、宴会・夕食)
4/3 約5.5km、7時間30分(歩行:5時間00分、休憩昼食:2時間30分)
 野田畑峠(6:00起床、朝食、撤収、8:00発)→40分→中山尾根分岐(810m)→60分→三国峠(△775.9m、10:00頃)→30分→朽窪峠(618m)→30分→広いピーク(700m)→30分→吊り尾根起点(709m、12:00頃、昼食)→60分→熊谷林道(490m)→30分→熊谷出合(460m)→20分→生杉(450m、15:30頃)
 生杉(15:40発)⇒AOK車・AKE車⇒朽木⇒てんくう温泉(16:30~17:30、入浴)⇒京都駅(19:00頃、解散)
地 図:25000分の1「古屋」「久坂」
費 用:一人6千円/食費2500円(6人)、ガソリン代:2000円、運転手当:1500円(4人)

地図
断面図
4/2
110402_oisugi_nodahatadanmen
4/3
110403_nodahata_oisugidanmen
予定ルート
110402_03_oisugi_nodahata
GPSトラック予定ルート
「110402_03_Oisugi_Nodahata.gpx」をダウンロード
「110403_Nodahata_Oisugi.gpx」をダウンロード
装備・食糧計画
「110402_03_.xls」をダウンロード

Posted on 4月 1, 2011 at 07:08 午前 | | コメント (0)