« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010.11.30

101130 山行計画:12/4 12月例会下見/播州・桶居山~高御位山縦走

晴れ男さんも同行していただけることになりましたから、参加者は12/1現在2名です。
例会に参加できない方も是非一緒に下見に行きませんか。
061210_okesueyama_kinensatuei061210_okesueyama1113 加古川の西、姫路までの新幹線車窓から北には高御位山を中心として、平野の真ん中に岩肌が露出した尖った山並みが連なっています。
 高度は最も高い高御位山でも299.8mしかありませんから、山頂まで1時間強で上がれますし、JRの曽根駅や御着駅からも直接アプローチできる割にアップダウンが多くて変化の多い尾根歩きが楽しめます。

 一番最初に高御位山に登ったのは99/05/02(単独)ですから10年以上も前ですが、その後しばらく空いて、04/01/24(下見)、04/02/08(例会57・9名)で曽根から百間岩を越えて高御位山へ縦走しています。
 2年後の06/11/03(下見・6名)、06/12/10(例会91・18名)で桶居山から高御位山のロングコース縦走しています。
 そして最近では09/11/03(下見)、09/11/15(例会125・10名)で桶居山から百間岩までのハーフ縦走をしています。
 7回も同じ山域に行くのにはそれなりの魅力があるからですが、ひとつはアプローチ、今ひとつは展望がよい快適なアップダウンの魅力だと思います。

 今回は12月12日の例会の下見と云うことですが、同じ行程では面白みが少ないので、桶居山へ直接突き上げる支尾根を登って、下りは高御位山から直接南へ下る支尾根を歩いてみようと思い、ルートを考えました。
 桶居山へ直接突き上げる尾根は北側から登れそうですが、南側からの尾根は短くてやばそうですから、ひとつ手前のピーク(前桶居山)へ突き上げる支尾根を登ることにします。多分この尾根からはいつも気になっていたロッククライミングのゲレンデもよく見えると思います。

【山行計画】
山仲間第138回例会下見:播州・桶居山から高御位山
行き先:播州・桶居山~高御位山
日 時:平成22年12月4日(土) 9:30~15:00
集 合:JR山陽本線・ひめじ別所駅 改札口 9:00
 参考:京都7:14⇒新快速⇒7:45大阪⇒8:08三ノ宮⇒8:37加古川(乗換)8:44⇒普通⇒8:54ひめじ別所
  住吉7:41⇒快速⇒7:49三ノ宮⇒8:44加古川⇒8:54ひめじ別所(前から2両目に乗って下さい)
参加予定者:2名(12/1現在)/HSMさん、きよもり
 同行していただける方は、メールまたはFAXでご連絡下さい。直接ひめじ別所駅に来ていただいても結構です。
コース:
 別所駅⇒佐土新~神社~桶居山~射撃場北尾根~主稜線~高御位山~長尾バス停⇒JR曽根駅
地 図:25000分の一「加古川」
 レベル: 初級の中(岩尾根のアップダウンが多い)
 断面図予定ルート図
行 程: 約7.0km 所要時間:約5時間30分(歩行時間:4時間00分、休憩・昼食:1時間30分)
 別所駅9:14⇒神姫バス\170⇒9:20佐土新バス停
 佐土新(20m、9:30頃)→10分→神社登山口→20分→前桶居山(200m)→20分→桶居山(△247.6m、10:30頃)→30分→左折点→20分→射撃場北鞍部(140m、11:30頃、昼食)→40分→主稜線(230m)→60分→高御位山(△299.8m、14:20頃)→40分→長尾バス停(20m、15:00頃)
 長尾バス停15:13⇒高砂コミュニティバス\100⇒15:21JR曽根駅15:28⇒快速⇒16:32住吉
  備考:曽根発時刻 14:58、15:28、15:58、16:09、16:43、16:58、17:13
持ち物:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、ストック
費 用:270円/バス代
追 記:
  12月の例会は12/12(日)に播州・桶居山~高御位山縦走を予定しています。(名残の紅葉が見たいので一週間早めます)
   1月の例会は1/23(日)に京都北山・花折峠からナッチョの雪道の尾根歩きです。
   1月例会の前日、1/22(土)に塩屋から宝塚の六甲山全縦走を計画しています。東京からNWHさんも参加されますので、脚力に自信のある方は塩屋駅に1/22 深夜0:00出発に間に合うようお越し下さい。途中から同行していただける方は神鉄・鵯越え駅(1/22 6:00頃)、摩耶ロープウェイ山上駅(掬星台、11:00頃)からの参加もOKです。

【地図】
断面図
101204_okesueyama_takamikurayamadan

予定ルート図 7.0km 2:36
101204_okesueyama_takamikurayama
予定コースのカシミール3Dデータ
「101204_Okesue_Takamikurayama.gpx」をダウンロード


Posted on 11月 30, 2010 at 06:39 午後 | | コメント (2)

101130 快晴無風

101130 快晴無風 今日はもったいないような良い天気です。
 それにしても明日から12月なのに異常に暖かくて拍子抜け。
 今年は厳冬になるはずですが・・・
 大陸に大きな高気圧がありますから、今週末は寒くなるでしょう。

Posted on 11月 30, 2010 at 08:45 午前 | | コメント (0)

2010.11.29

101129 山行記録:11/28 山仲間第137回例会:洛西・牛松山から水尾・鶏すき

101128_mizuo 天気予報では晴れ時々曇りでしたが、亀岡に着いた頃から空はいまにも泣きそうな曇り空でした。予定通り、一行22名、亀岡市のふるさとバスをほとんど貸切で二駅だけ利用させてもらって北保津までショートカット。
 本性寺から牛松山山上の金比羅神社までは緩い傾斜ながら約2.5km高度差500mの尾根道ですが、時間はたっぷりあるので、後ろから手綱を絞られながらゆっくり登りました。
 それでも、金比羅神社に着いたらまだ10:42で予定より早めですが、軽く食事を摂って、11:20には北尾根に向かいました。

 北尾根は下見の時には地形図に惑わされて一時間半も寄り道してしまいましたが、今回は20分あまりの下りで寒谷の乗越に着き、今日最大の難関の谷道に入りました。
 谷道は細い杣道が谷に沿って続いていますが、倒木や崖崩れが何箇所かあって、足元が悪いので途中で小休止を挟んでゆっくり下りました。
 愛宕参詣林道から舗装道を神明峠に100m登り直し、車が行き交う車道を20分下って、13:14に水尾「六兵衛」に着きました。

 JR保津峡駅から先着されていたYMOさん、AOMさんと合流して、総勢24名で一年ぶりの鶏すきを囲み和やかなひとときを過ごしました。お刺身を差し入れしていただいたYMOさん、手作りの美味しいシュトーレンケーキをたっぷり持参していただいたARIさん、ご馳走様でした。
 参加していただいた24名の皆様有り難うございました。
 途中、愛宕参詣林道の溜め池でぱらぱら来て心配しましたが、最後まで雨にならずよかったです。

【山行記録】
山仲間第137回例会:洛西・牛松山から水尾・鶏すき
行き先:亀岡⇒北保津~牛松山・金比羅神社~愛宕参詣林道~神明峠~水尾「六兵衛」
日 時:平成22年11月28日(日) 8:50~13:14
参加者:22名+2名(鶏すきのみ)/NRSさん、YMOさん、HMDさん、HSMさん、NROさん、NSNさん、NSAさん、AOMさん、ADTさん、DNNさん、きよもり
   TRNさん、USIさん、SMDさん、HRTさん、FTSさん、MTHさん、
   AOKさん、AKEさん、KMRさん、TKDさん、SGMさん、ARIさん、JNKさん
コース:JR亀岡駅⇒北保津~福性寺~金比羅神社~牛松山~寒谷乗越~愛宕参詣林道~神明峠~水尾「六兵衛」(鶏すき)⇒JR保津峡駅
地 図:25000分の一「亀岡」、「京都北西部」
 断面図GPSトラック図
行 程: 約8.0km 所要時間:4時間24分(歩行時間:3時間01分、休憩・昼軽食1時間23分)、曇り、12℃→11℃→12℃
 住吉6:33⇒快速⇒7:31京都7:40⇒山陰線\400⇒8:08亀岡(集合8:30) 8:44⇒ふるさとバス\100⇒8:49北保津
 北保津(100m) 8:50→8:55福性寺(準備、体操) 9:11→尾根の参道登り→9:24鳥居→9:37展望台・六丁(310m) 9:44→9:58立ち休み(400m、12℃) 10:00→10:06十一丁→10:14十四丁(500m) 10:20→10:42金比羅神社(630m、昼軽食) 11:18→11:22牛松山(三等△629.2m)→急な北尾根下降→11:33分岐(左へ)→11:42寒谷乗越(530m、右折)→谷下降→11:55谷中間(410m、11℃) 12:00→12:15愛宕参詣林道(300m、左折)→舗装林道登り→12:22溜め池(315m) 12:30→12:36ショートカット上→12:47神明峠(400m) 12:50→車道下り→13:14水尾「六兵衛」(270m、入浴、鶏すき、懇親会)
 水尾16:10⇒送迎車(ピストン)⇒16:41JR保津峡16:50⇒山陰線\230⇒17:14京都(解散) 17:38⇒快速⇒18:42住吉
会計報告: 
  集金合計 144,000円 (一人6000円×24名)
  支払合計 140,600円
    「六兵衛」支払 138,400円(鶏すき@5000×20人、牛すき@5500×4人、ビール・酒・お茶16,400円)
    バス代       2,200円(亀岡ふるさとバス@100×22名)
  残 金     3,400円 (会預金に預け入れします)
【写真】
picasaのWebアルバムです。
写真は位置情報つきで70枚あります。

101128 洛西・牛松山から水尾/鶏すき

【地図】
断面図
101128t_ushimatsuyama_mizuodanmen

カシミール3DのGPSトラック図
101128t_ushimatsuyama_mizuo

GPSのトラックデータ
「101128T_UshimatsuYamaMizuo.gpx」をダウンロード
【スライドショー】

Posted on 11月 29, 2010 at 06:22 午後 | | コメント (2)

2010.11.28

101128 牛松山と三郎ヶ岳

101128 牛松山と三郎ヶ岳 先週に引き続き、洛西の山へ
 亀岡から正面に牛松山、左手奥に三郎ヶ岳が続きます。
 今日は24人の大部隊で水尾の鶏すきです。

Posted on 11月 28, 2010 at 08:32 午前 | | コメント (0)

2010.11.27

101127-4 御堂筋

101127003101127007 神戸から大阪へは毎週のように出掛けますが、最近はほとんど駅周辺のヨドバシやデパ地下をうろうろするだけで、久し振りに淀屋橋から梅田まで歩いたら、昔と何も景色は変わっていないので懐かしい思いでした。

 1970年の万博を機に御堂筋が南行きの一方通行になって40年、大阪市内の慢性的な渋滞はかなり解消されたと思いますが、歌に詠まれた銀杏並木は健在で、排気ガスの規制のお陰で40年前よりはるかに元気よく小さめの葉が見事に色付いていました。

 堂島川の流れも万博を機に高速道路が縦横にまたいで殺風景になってしまうかと思いましたが、高速の街灯が水面に映ってゴッホの絵『星降る夜』のように幻想的でロマンチックな夜景を見せてくれました。

088

Posted on 11月 27, 2010 at 11:32 午後 | | コメント (0)

101127-3 北浜・華喜

101127-3 北浜・華喜101127_192301101127_205901 以前の仕事関係のOB会で懇親会が北浜で開催されましたが、ビジネス街なので日が暮れると人通りも無く、なかなか判りにくい場所です。
 神宗の本店のすぐ近くで結構格式高いお店です。
 酒屋並に銘柄が揃っていて酒飲みには堪えられないかも知れません。

Posted on 11月 27, 2010 at 07:35 午後 | | コメント (0)

101127-2 快晴

101127001
 神戸は今日も風が無くて過ごしやすい陽気です。
 今日は夕方から仕事関係のOB会で北浜の方へ行きますが、それまでは久し振りに家でのんびりしています。
 たまには好いですね。
 

Posted on 11月 27, 2010 at 01:11 午後 | | コメント (0)

101127 エボルタ君の東海道53次

101127 エボルタ君の東海道53次 09月23日に東京日本橋をスタートしたエボルタ君は箱根の坂道で一度挫折したけど小田原から再スターとして11月22日に無事京都三条大橋にゴール

 エボルタ東海道五十三次 | Panasonic

Posted on 11月 27, 2010 at 09:18 午前 | | コメント (0)

2010.11.26

101126-2 御影の王将

101126-2 御影の王将101126-2 御影の王将 王将はチェーン店だからあちこちにありますが、メニューも値段も各店独自です。
 中でも御影の王将は餃子210円で6個と安いのに中はジューシー外はカリカリでメッチャ美味しいんです。
 ビールは大瓶で504円。
 夜でも主婦中心に家族連れが多いのも納得です。
 一度はおいでませ!

Posted on 11月 26, 2010 at 08:03 午後 | | コメント (0)

101126 期待はずれの iPad バージョンアップ iOS4.2.1

Thumb_480_ph3_px480 根っからのAPPLEファンやMacユーザーには叱られるか判りませんが、きよもりの場合は、新しい流れを体感する目的でiPad を購入しましたから、普段は仕事でも自宅でもWindowsパソコンがメインです。
 iPad は購入当初、音楽を入れたり、写真のスライドショーを見たり、i文庫でPDFファイルを取り込んでそれなりに楽しんだり、感激したりしていましたが、一通りやってみるとそれで納得して引き出しに入ったままになっていました。

 今回はiPadのOSも iTouch iPhoneと同レベルのiOS4.2にバージョンアップしたので、少し遅れて一昨夜バージョンアップしました。
 いくつかの大きな変更点がある中で、関係ありそうなのはフォルダー機能と壁紙変更、50音順キーボードの追加、コントロールパネル画面の追加、の4点くらいです。
 OSのバージョンアップは従来通りiTuneからスムーズに完了しましたが、完了したはずなのに iPadの画面では見慣れない水滴の背景が出るだけで何も変化がありません。

 今日、各誌のネット記事を読んで設定の方法などを見ながらようやく少しずつ新機能をセットアップしてみました。

 最初にホームボタンをダブルクリックしたら、画面切り替えとコントロールパネルが出せるようになりました。これって便利かも知れないけどあまり気にするほどの新機能とは思えません。

 次は、フォルダー機能を使おうと試行錯誤しましたが、どうしても判らずに、またインターネットで探しまくって、デスクトップのアイコンを長押しして、震えた状態で同じフォルダーに加えたいアイコン同士を重ね合わせたらフォルダーが出来ることが判りました。
 今度はスクリーンから別のスクリーンへアイコンを移動したり、スクリーンをまたいでアイコンをフォルダーにまとめる方法が判らず 、また、ネットで調べたら、動かしたいアイコンやフォルダーを長押しして震える状態にしたままスクリーンの端まで持っていくとスクリーンが切り替わるのでそこでドラッグを解除するのだと判りました。
 その結果、4つあったスクリーンが2つにまとまりましたから、少しすっきりしました。

 残る50音順キーボードなんて使うことはないから、せめて背景を自分が気に入った写真に変更したら少しは見栄えも変わりましたから、良しとしました。

 このバージョンアップにどれほどの意味があったのか疑問ですが、少なくともATOKの漢字変換アプリがインストールできることになるでしょうからそれだけは楽しみです。
 それが終わったら、やっぱりJail Breakするでしょうね。
 『全てのiOS4.2又はiOS4.2.1のJailbreak手順。[iPad,iPhone,iPodtouch]
 違法ではなくなったけど、APPLE非公認なのでもちろん自己責任です。

Thumb_480_ph2_px480


Posted on 11月 26, 2010 at 03:19 午後 | | コメント (0)

2010.11.25

101125 三郎ヶ岳の三角点は100年/点の記

101125002 一昨日、新ハイキング関西の例会で登った丹波「三郎ヶ岳」は三等三角点で、山頂にはほとんど傷もなく苔が付いた標石が太い松の根に挟まれるように設置されていました。
 皆さんとのお話で、三角点設置当時はこの松の根はもっと細くて、このように挟まれた状態ではなかったはずだから、おそらく100年くらい前に設置された標石ではないか、ということでした。

 帰宅後、気になって、国土地理院の「点の記」を閲覧したら、設置は明治36年(1903年)5月だと判りました。
 予想通り100年前に設置されていたんですね。
 明治時代の測量官は剱岳・点の記のように誰も近づかないような深山に分け入って、数十キロもある三角点の標石を担ぎ上げて設置されていたのですが、100年経ってもこのように立派な姿で残っているのですから、大変な苦労をされたとは思いますが、やりがいもあったでしょう。

101123_saburogatake_036101123_saburogatake_038

Posted on 11月 25, 2010 at 08:37 午前 | | コメント (0)

2010.11.24

101124 山行記録:11/23 丹波・三郎ヶ岳から北舎峠/新ハイキング関西

101123_saburogatake_158 昨日は、亀岡駅の北、牛松山に隠れるように目立たない三郎ヶ岳へ行きました。
 高度も低いし、昭文社の地図にもヤマケイの分県ガイドにも記載のないマイナーな山ですが、その為もあって歩く人も少なく、尾根沿いのルートにもかかわらず、踏み跡は薄く、かつ植林の作業道が交錯していて、ルート判断が難しい山でした。
 仲谷リーダー中心に何度もこの山域を探査されておられたそうで、その甲斐あって、ほとんど迷うことなく、予定ルートを踏破できました。お疲れ様でした。
 それにしても、紅葉は見事でした。

 紅葉が見頃の松尾神社をあとに藪を抜けて北尾根に取り付き。
 尾根の途中からいったん谷間を上がって、北からの支尾根の道と合流。
 林道をしばらく行くと終点にはハンググライダーの発進所があり、そこからの眺めは雄大でした。
 林道を少し戻って再度尾根に入り少し登るとすぐに三郎ヶ岳の山頂に到着しました。
 10℃しかないけど風がないのでゆっくり昼ご飯。

 午後からは南尾根を下りましたが、途中2ヶ所右折するポイントがあって、初めて来たら必ず尾根通しにまっすぐ行ってしまいそうな迷点。
 仲谷リーダーが何度も迷われたのも納得できる判りにくい地形ですが、今回は確実にチェックして迷わず正規のルートを辿ることが出来ました。
 
 北舎峠からは長い峠道を下って、30分かかって、国常立尊の磐嵓で一息入れてから、出雲大神宮に下りました。
【山行記録】
丹波「三郎ヶ岳から北舎峠」

日 時:平成22年11月23日(火・祝日) 8:35~14:37
参加者:31名/リーダー・仲谷さん、SL・沖さん、青木さん、加納さん/他男性:KNYさん、ISBさん、KWKさん、HYSさん、WKBさん、HSMさん(山仲間初参加)、きよもり 
地 図:25000分の一「亀岡」
 断面図DGPSトラック図
コースタイム: 歩行距離:7.3km、所要時間:6時間02分(歩行時間:4時間07分、休憩昼食:1時間55分)、天候:曇り、気温推移:16℃→14℃→10℃(山頂)→14℃
 住吉6:17⇒快速⇒7:14京都7:34⇒山陰線・快速\480⇒8:04八木駅(集合8:20) 8:24⇒京阪京都交通バス\280⇒8:33旭バス停
 旭バス停8:35→8:40松尾神社入口(130m、点呼、16℃) 8:48→8:50四等△「松尾」132.6m →8:58松尾神社(160m) 9:05→藪の登り→9:26北尾根鞍部(205m) 9:28→倒木の多い北尾根→9:46藪尾根上(295m、14℃) 9:48→10:22松尾神社分岐→10:24檜植林(480m、10℃) 10:33→尾根左の谷沿い道→10:55支尾根上(570m) 11:02→11:06林道(右折)→林道→11:12パラグライダー発進所・展望台11:18→林道戻り→11:28三郎ヶ岳(三等△613.7m、昼食、10℃) 12:16→南尾根下り→12:40分岐(500m) 12:43→12:53右折点・乗越(500m、迷点1)→12:58 P510m→13:02右折点・右斜面急下降(500m、迷点2)13:06→急斜面→13:14鞍部→13:30茂った尾根道(460m) 13:39→13:48北舎峠(きたやとうげ 420m、右折)→石ころと落ち葉の谷間道→14:20國常立尊(クニノトコタチノミコト、160m) 14:30→14:37出雲大神宮(130m、解散、酒盛り、14℃)
 出雲神社15:47⇒亀岡市ふるさとバス\200⇒16:00JR千代川駅16:25⇒快速\480⇒16:51京都
費 用:参加費 500円(山行運営費 400円・保険 100円)、交通費1440円(京都起点JR480×2、バス280+200)

【写真】
 picasaのWebアルバムです。
 写真は位置情報つきで70枚あります。
 

101123 丹波・三郎ヶ岳/新ハイキング関西例会

断面図
 101123t_saburodakedanmen

カシミール3DのGPSトラック図
 101123t_saburodake_2

GPSのトラックデータ
「101123T_SaburoDake.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 24, 2010 at 07:54 午前 | | コメント (0)

2010.11.23

101123-2 酒盛り

101123-2 酒盛り 14時35分に出雲大神宮に降りてきました。
 バスは15時47分までないから鮮やかに色付いた紅葉の下で男10人で酒盛りが始まりました。

Posted on 11月 23, 2010 at 03:23 午後 | | コメント (0)

101123 三郎ヶ岳

101123 三郎ヶ岳 山頂直下にはハンググライダーの発進所があります。
 半国山が正面です。

Posted on 11月 23, 2010 at 12:17 午後 | | コメント (0)

2010.11.22

101122 山行記録:11/21 但馬・西床尾山から東床尾山/新ハイキング関西

101121_tokonoosan_002

101121_higashitokonoosan_018 昨日(11/21)も先週の峰床山同様、快晴に恵まれ、風も穏やかで非常に快適な尾根歩きでした。
 但馬と聞いても具体的な山の名前が浮かびませんが、奥播磨の藤無山や氷ノ山、扇ノ山の東に位置する、豊岡南部の山です。
 東床尾山は、西床尾山、鉄鈷山(かなとこやま)を含めて糸井三山と呼ばれるそうですが、標高840m程度であまり目立つ山ではありません。
 しかし、周囲に高い山がないので、東は大江山から、西の氷ノ山、南の粟鹿山と云った山々が望める一等三角点で、山頂付近には高い木がないため360℃の展望が楽しめました。

 秋の行楽シーズンとあって、中国道は混乱を予想しましたが、予定より早く糸井川奥に着き、西床尾山の登山口から金鉱堀用に作られた川沿いの作業道を上がります。途中二又の手前からは右岸に渡って、杉の植林の急な支尾根を50分ほど登り、ちょうど正午に西床尾山に到着、昼食。
 山頂は木陰になる松や杉が多くて、全体を見渡す展望はありませんが、明るい日差しで気持ちがよいです。東方の大江山山塊の右奥に特徴のある青葉山の双耳峰を見つけて感激しました。

 午後からは、尾根続きの東床尾山へ。
 落ち葉を敷き詰めた尾根道はすっかり葉が落ちて冬景色で、非常に歩きやすく、見通しもよいので快調なアップダウン。40分足らずで床嶺の家跡分岐に着き、荷物をデポして、東床尾山に向かいました。
 東床尾山の山頂は西床尾山とは異なり、周囲にはほとんど木がないため、西の妙見山やその左手奥の氷ノ山、東の大江山など360℃の展望が楽しめました。足元は金糸梅(きんしばい)の群生で多少時季外れのため花はほとんど落ちていたのが残念でした。

 元の床嶺の家跡に戻り、急な植林の山腹をジグザグに降りて、かなり足がふらつくくらい一気に下って漸く植林を抜けて明るい川縁に着いて一息。
 川沿いにまだ残る紅葉を横目で見ながら更に下ると15分で糸井の大カツラ。ストックやスパッツを外して、バスが待つ林道合流点に向かいました。

【山行記録】
但馬「西床尾山から東床尾山」(一般向き)
日 時:平成22年11月21日(日) 10:25~15:05
参加者:23名/リーダー・村田さん、SL:安倉さん、宮野さん
コースタイム: 歩行距離:7.8km、所要時間:4時間40分(歩行時間:3時間18分、休憩・昼食:1時間22分)、快晴、18℃→15℃→18℃
 新大阪駅7:40⇒貸切バス/中国道⇒8:54加西SA9:04⇒播但道⇒9:50和田山⇒10:11糸井川・不動滝
 糸井川不動滝・西床尾山登山口(350m、18℃) 10:25→羅漢谷→10:53らいでん滝分岐→10:58二又手前(540m、右岸へ) 11:04→11:07二又→11:25支尾根中間(670m) 11:32→12:00西床尾山(843m、昼食、15℃) 12:40→13:19床嶺の家跡(830m、18℃) 13:22→13:34東床尾山(一等三角点 839.1m) 13:45→13:55床嶺の家跡分岐13:59→14:30急坂下・衣谷鉱山精錬所跡 14:32→14:46糸井の大カツラ(440m) 14:55→15:05林道分岐・東床尾山登山口(380m)
 東床尾山登山口15:07⇒貸切バス⇒15:48よふど温泉「極楽湯」(入浴\600) 16:43⇒貸切バス/舞鶴道⇒17:45上荒川PA17:55⇒18:55新三田駅(解散) 19:19⇒福知山線快速⇒19:37宝塚19:44⇒阪急・今津線⇒19:58西宮北口20:03⇒神戸線⇒20:14阪急御影(雨)
費 用:3,200円(バス代+運営費・保険) 入浴料600円
地 図:25000分の一「直見」「出石」
 断面図GPSトラック図
【写真】
 PicasaのWebアルバムです。
 写真は位置情報つきで60枚あります。
 

101121 但馬「西床尾山から東床尾山」

【地図】
断面図
 101121t_nishitokonoosan_higashitoko

GPSトラック図
 101121t_nishitokonoosann_higashitok

カシミール3D_GPSデータ
「101121T_Nishitokonoosann_Higashitokonoosan.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 22, 2010 at 05:21 午前 | | コメント (0)

2010.11.21

101121-2 東床尾山

101121-2 東床尾山 西床尾山で昼食をとって尾根伝いに1時間で東床尾山
 東は大江山から南の段ヶ峰、西の氷ノ山までよく見えます。
 西床尾山からは青葉山の双耳峰が見えたので感激しました。
 これから温泉です。

Posted on 11月 21, 2010 at 03:28 午後 | | コメント (0)

101121 今日も快晴

101121_mangetu_003 西の空、摩耶山に満月が沈みかけています。
 中天にオリオン座がはっきり見えていますから、今日もよい天気です。
 只今、5:00。これから用意して新大阪へ向かいます。

Posted on 11月 21, 2010 at 05:43 午前 | | コメント (0)

2010.11.20

101120 連絡歩道橋

101119_mikagebridge_2

101120 連絡橋101120 連絡橋 阪神御影駅と駅前のクラッセやタワーレジデンスを繋ぐ連絡歩道橋の工事が進められています。
 完成は来年3月頃ですが、待ち遠しいですね。
 駅まで便利で早くなります。
 今日もよい天気ですが、明日も山なので晴れが続くと快適な尾根歩きが期待できます。
 今年は紅葉が綺麗だそうです。

Posted on 11月 20, 2010 at 08:07 午前 | | コメント (0)

2010.11.19

101119-2 神戸ルミナリエ

101119-2 神戸ルミナリエ 全くポスターやパンフを見かけなかったので、今年は開催しないのかと気にしていましたが、例年通り開催されるようです。
 良かったヨカッタ!

Posted on 11月 19, 2010 at 06:59 午後 | | コメント (0)

101119 オジャマ猫

101119 オジャマ猫101119 オジャマ猫101119 オジャマ猫 パソコンに集中していると、必ずナッコ君はキーボードに乗って遊びます。
 おかげで5000と打つつもりが787百万円になってしまいました。

Posted on 11月 19, 2010 at 07:23 午前 | | コメント (0)

2010.11.18

101118 早起き日記

101118_hayaokinikki 自分では昔から飽きっぽいと思っていましたが、ブログも始めてそろそろ7年になるし、その間よほどのことがない限り毎日一回は書き込んできましたから、案外我慢強いのか頑固なんだと思います。
 同様にこの早起き日記も前のマンションに引っ越した2007年6月から毎朝起きた時間を書き込んでグラフを見て楽しんでいます。別に早起きが目標ではなく、日々の生活を備忘的に書いているだけなんですが、古い日記を読み返すようで昔の日常生活を振り返るのも結構楽しいです。
 早起き日記に遅れて始めたダイエット日記は一年間しかデータを見られないようなので不満ですが、体重移動と食生活の推移をみると面白いです。
 いずれにしても自己満足に過ぎませんから、サイドバーでも出来るだけ目立たないようにしています。


101118_dietnikki


Posted on 11月 18, 2010 at 07:30 午前 | | コメント (0)

2010.11.17

101117 iNOTES

101117 iNOTES iPadでLotus Notesを動かすアプリに挑戦中
 と言っても、きよもりには社内のゲートウェイの設定などは触れませんから、プロに設定はお任せです。
 画面操作などはこちらが馴れていますが、設定は試行錯誤しながらなので、結構奥が深いです。

 今のところ、メールの閲覧と返信まではOKですが、キーボードがないのとメニューが全く違うので使い勝手はまだよくありません。
 DB機能や、ワークフローまで使えるようにならないと、パソコン並みにNotesを使うことにはならないから、先は長いです。

Posted on 11月 17, 2010 at 06:09 午後 | | コメント (0)

2010.11.16

101116 山行計画:11/28 山仲間第137回例会:洛西・牛松山から水尾・鶏すき

101103_ushimatuyama_001 朝晩はめっきり涼しくなり、紅葉も色づく晩秋になりましたが、皆様お元気でしょうか。
 10月の例会は久し振りに西六甲のドーントリッジから森林植物園をかすめて弓削牧場まで尾根歩きと牧場での喫茶・生ビールを楽しんでいただきました。
 総勢21名の大部隊、初参加の方が5名もおられましたが、皆さんお元気で歩き通されたので予定通り終了できました。有り難うございました。

 11月の例会は恒例になりました柚子の里・水尾の鶏すきがメインですが、今回は亀岡の駅前から大きな山容が見える牛松山を越えて水尾まで歩く行程を組みました。
 牛松山頂までは麓の福性寺から高度差400m、1時間半程度の登り尾根ですが、山頂にある金比羅神社の参道になっているため歩きやすい坂道が続きます。
 金比羅神社の境内で軽く食事をして、牛松山三角点を経て尾根の途中から愛宕参詣林道に下ります。
 愛宕参詣林道からは神明峠に100m登り直し、水尾に下りますが、「六兵衛」には14:00前には着ける予定です。
 参加していただける方は、予約の関係もありますので11/25(木)までにメールまたはFAXにてご連絡いただくようお願い申し上げます。なお、昨年同様ひとテーブル(最大5名)だけ牛すきを用意しますので鶏が苦手な方も大丈夫です

【山行計画】
山仲間第137回例会:洛西・牛松山から水尾・鶏すき
行き先:JR亀岡⇒北保津~福性寺~牛松山~愛宕参詣林道~神明峠~水尾(鶏すき)⇒JR保津峡
日 時:平成22年11月28日(日) 9:00~14:00
集 合:JR嵯峨野山陰線・亀岡駅改札口 8:30
 京都駅(33番線)7:59発 ⇒嵯峨野山陰線\400⇒ 8:27亀岡 (前から2両目に乗って下さい)
 亀岡駅北口から千代川駅前行きのコミュニティバスが8:44に出発します。
コース:
 亀岡駅北口⇒コミュニティバス千代川駅前行き\100⇒北保津~福性寺~牛松山~寒谷~愛宕参詣林道~神明峠~水尾「六兵衛」~JR保津峡駅
地 図:25000分の一「亀岡」「京都西北部」、昭文社「京都北山」(一部のみ)
 レベル: 初級の中(牛松山の登り1時間30分)
 断面図予定ルート図

行 程: 約8.0km 所要時間:約5時間00分(歩行時間:3時間40分、休憩・軽食:1時間20分)
 京都7:59⇒JR嵯峨野山陰線\400⇒8:27亀岡駅・北口8:44⇒コミュニティバス\100⇒8:50北保津
 北保津(100m、9:00頃)→10分→福性寺(145m)→90分→牛松山・金比羅神社(640m、11:00頃、軽食30分)→10分→牛松山(629.2m)→30分→寒谷分岐(530m)→30分→愛宕林道(300m、13:00頃)→20分→神明峠(400m)→30分→水尾「六兵衛」(270m、14:00頃、入浴、鶏すき)
 水尾(17:00頃)⇒送迎⇒JR保津峡駅17:42⇒山陰線¥230⇒18:04京都(解散)
  参考:保津峡駅発京都行き時刻 17:08、17:24、17:42、17:51、18:09、18:19、18:44

持ち物:軽食弁当、飲み物、雨具、着替え、ストック
会 費:6000円/鶏すき\5,000、牛すき\5,500+飲み物(差し入れ歓迎)、コミュニティバス代込み
 水尾「六兵衛」 075-882-7461

追 記:
  12月の例会は12/12(日)に播州・桶居山を予定しています。
  2011年1月の例会は1/23(日)に9月に予定していた京都北山・花折峠からナッチョ(天ヶ森)の雪中登山です。

【参考】
 参考までに11/3の下見の写真をご覧下さい。
 下見では、途中ルートを外して、1時間30分程度遠回りしていますので、例会では問題ありません。
 101104 山行記録:11/3 洛西・牛松山から水尾/山仲間例会下見
 

【地図】
断面図
101128_ushimatsuyama_mizuodanmen

予定ルート図
101128_ushimatuyama_mizuo

カシミール3Dの予定ルートデータ
 「101128_UshimatsuYamaMizuo.gpx」をダウンロード


Posted on 11月 16, 2010 at 06:01 午後 | | コメント (0)

2010.11.15

101115 山行記録:11/14 京都北山・鎌倉山から峰床山/新ハイキング関西例会

101114kamakurayama 昨日は新ハイキング関西の例会で京都北山の鎌倉山から峰床山へ 
 参加者40名の大部隊でしたが、黄葉と紅葉が全山を彩る絶好の登山日和に恵まれて快適な尾根歩きが楽しめました。

 先週まで変わりやすい天候でしたが、今週になって天気も安定し朝晩は涼しくなってきましたから、北山でもそろそろモミジが色付いているのではないかと期待していきました。
 坊村からは比良山の白滝谷や奥の深谷、あるいは西南稜から武奈ヶ岳へ何度か登りましたが、西の鎌倉山から延びる尾根を登るのは初めてだったのと高度差が600m以上あるので結構緊張して尾根に取っ付きましたが、村田リーダーのゆっくり確実なピッチのお陰であまり汗をかいたり息を切らせることもなく、県境尾根の鎌倉山の山頂に11時に到着しました。

 大休止のあと県境尾根を南に向かいオグロ坂を目指しましたが、小さなアップダウンが連続して急斜面の下りは慎重に下りましたから少し隊列が乱れ、ショートカットするメンバーもいて、リーダーから前の人の踏み跡を外さないで歩くよう全員に注意がありました。
 オグロ坂は5年前に久多から登って幕営した峠なので懐かしかったけど、今回は素通りして峰床山を目指しました。鎌倉山から峰床山までの稜線は両側の斜面がちょうど黄葉や紅葉が最盛期で、午後から日差しもよくなって葉裏に受けた陽光に映え、更に色鮮やかに輝いていました。

 峰床山は5年前に来たのが6月と云うこともあって、山頂の周りは木が茂っていてほとんど見晴らしが出来なかったと覚えていますが、今回は山頂付近の木々はすっかり葉が落ちていたため、南側が開けて北山の峰々がよく見えましたが、中国大陸からの黄砂のせいで山容が霞んでいたのが残念でした。

 俵坂からは急斜面の植林帯をジグザグに下って、寺谷林道に降り立ち林道を峰定寺を目指しました。
【山行記録】
京都北山「鎌倉山から峰床山」
日 時:平成22年11月14日 (日) 9:05~15:45
集 合:JR京都駅 八条口 7時40分
参加者:40名/リーダー:村田さん、SL岡本さん/ほか JNKさん、きよもり
地 図:25000分の一「花脊」「久多」
 断面図GPSトラック図
行 程: 歩行距離:11.1km、所要時間:6時間40分(歩行:4時間44分、休憩・昼食:1時間56分)、曇りのち晴れ、20℃→17℃→20℃
 住吉6:17⇒快速⇒7:12京都(7:40集合) 7:44⇒貸切バス(大原・途中越)⇒8:42坊村(葛川市民センター前)
 坊村(310m、トイレ、体操、点呼、20℃) 9:05→急尾根→9:37モミジ平(510m、林道交差) 9:44→尾根道→10:04ブナ平(660m) 10:17→植林尾根道→11:00鎌倉山(三等三角点950.5m) 11:15→アップダウンの激しい県境尾根→11:31千年杉(P901手前)→11:58広尾根(930m、昼食、17℃) 12:41→13:02オグロ坂峠(870m) →13:20尾根上(910m) 13:31→急登→13:45峰床山(二等三角点970.0m、20℃) 14:02→支尾根下り→14:17林道横断→14:31俵坂峠(810m)→右折して谷へ→急斜面の下り→植林の長いジグザグ下り→14:56遊歩道入口(570m) 15:06→寺谷林道→15:33三本杉分岐→15:45峰定寺(ぶじょうじ)参道入口(460m)
 峰定寺16:09⇒貸切バス(花折峠・鞍馬・堀川通り)⇒17:26北大路バスターミナル(解散) 17:30⇒地下鉄\250⇒17:43京都駅17:53⇒新快速⇒17:34大阪
費 用:2500円/貸切バス代2000円、山行運営費・保険500円

【写真】
picasaのWebアルバムです。
写真は位置情報つきで70枚あります。

101114 鎌倉山から峰床山/新ハイキング関西

【地図】
断面図
101114t_kamakurayama_minetokoyamada

GPSトラック
101114_kamakurayama_minetokoyama

カシミール3DのGPSトラックデータ
「101114T_KamakuraYama_MinetokoYama.gpx」をダウンロード

101114minetokoyama


Posted on 11月 15, 2010 at 03:41 午後 | | コメント (0)

2010.11.14

101114-4 峰床山

101114-4 峰床山 5年振りの峰床山は山頂回りの木の葉が落ちて見違えるほどすっきりしていました。
 黄砂のせいで展望はよいのに霞んでいて残念でしたが、今日は登り尾根も下り谷も全山紅葉で見事だったから、皆さん満足されていました。

Posted on 11月 14, 2010 at 06:14 午後 | | コメント (0)

101114-3 鎌倉山からオグロ坂

101114-3 鎌倉山からオグロ坂101114-3 鎌倉山からオグロ坂 新ハイ例会の鎌倉山から峰床山は坊村から950mの鎌倉山まで600mの長い登りでしたが、ゆっくりベースで久し振り参加のJNKさんも楽々登り切れて良かったです。
 でも、鎌倉山からオグロ坂への県境尾根はアップダウンが多くて結構大変です。
 オグロ坂の手前の広尾根で昼ご飯になりました。
 16℃で少し寒いですが紅葉が見頃です。

Posted on 11月 14, 2010 at 12:34 午後 | | コメント (0)

101114-2 山行計画:11/23 丹波・三郎ヶ岳から北舎峠/新ハイキング関西

Img_0111 亀岡駅の北東には牛松山の大きな山容が広がりますが、その左手に目立たない小ピークがあって、それが三郎ヶ岳です。
 この山の存在はかなり以前から知ってはいましたが、どうしても牛松山の方が雄大で登頂意欲をそそりますから、なかなか登る機会がありませんでした。
 ですから、新ハイキング関西の例会でこの山が取り上げられたので、絶好のチャンスと、すぐ申し込みました。

 ホームページで探しても、三郎ヶ岳で出てくるのは奈良県の東・仏隆寺の近くにある高城山に隣接する三郎ヶ岳の方で、実際に昭文社の地図でも最近「京都北山」にも「京都西山」にも地図の端で掲載されていません。

【山行計画】
丹波「三郎ヶ岳から北舎峠」(一般向き)
期 日:平成22年11月23日(火・祝日) *雨天中止
 * 前夜の気象情報で当日の京都府南部の降水確率が午前(6-12時)・午後(12-18時)のいずれかが50%以上(50%含む)の場合は中止します。
 Tel情報 075-177(前22日の17時発表の予報)

集 合:JR山陰線 八木駅 8時20分
 * 新ハイキングの黄色の小旗が目印
 * JR京都駅7:40⇒八木駅8:18着
 * 8:24発<41系統>原行きのバスに乗車

コース・予定タイム: 歩行距離:5.9km
 八木駅8:24⇒京阪京都交通バス\280⇒8:33旭バス停
 旭バス停(140m、点呼)→9:00松尾神社(140m)→北尾根→11:30三郎ヶ岳(613.7m、昼食) 12:10→南尾根→13:30北舎峠(きたやとうげ 410m)→14:30出雲神社(130m)
 出雲神社15:47⇒亀岡市ふるさとバス\200⇒15:59JR千代川駅(16:10頃、解散)

装 備:一般日帰り山行装備(雨具・帽子・ストック・スパッツ等)
費 用:交通費各自(電車・バス代等
 * 山行運営費 400円・保険 100円別途徴収します。
リーダー:仲谷 礼司さん、サブリーダー:沖 伸さん 参加予定者:31名
地 図:25000分の一「亀岡」
 断面図予定ルート図
連絡先:新ハイ関西本部/Tel/Fax 0774-53-2754
   * 山行前日・当日は仲谷リーダーのケータイへ 090-1075-6929

* 当日の感想・写真を本部へ添付メールで送信ください。
  アドレス shinhaikansai@kcn.jp

【参考】
三郎ヶ岳 迷走、池のほとりの紅葉
明日天気になぁれ!「三郎ヶ岳(京都・亀岡)」

【地図】
断面図
101123_saburogatake_kitayatogedanme

予定ルート図
101123_saburogatake_kitayatoge

カシミール3D_予定ルートデータ
「101123_Saburogatake.gpx」をダウンロード


Posted on 11月 14, 2010 at 01:52 午前 | | コメント (0)

101114 山行計画:11/21 但馬・西床尾山から東床尾山/新ハイキング関西

0973306t1 当初は山仲間の11月例会を予定していた11/21(日)ですが、例会が11/28(日)に延期になり日程的に空きが出来たので、新ハイキング関西の例会で西床尾山から東床尾山へ行くことにしました。

 床尾山と聞いても何処にあるのかさえ知りませんでしたが、出石(いずし)の近くと聞いて兵庫県の奥だろう程度のイメージしか湧きませんでした。
 20万分の一の地図は山の位置関係とか調べるのには最適ですから、一等三角点である東床尾山が含まれる「鳥取」を見ると、今回は登山対象に含まれていませんが、東床尾山、西床尾山と並んで鉄鈷山(かなとこやま)という山がありますが、この山は京都府と兵庫県の県境になっていますから、東床尾山は播但線の東、豊岡市の南に位置することが判りました。
天気がよければ、夏に登った氷ノ山や扇ノ山も望めるかも知れませんので楽しみです。

【山行計画】
但馬「西床尾山から東床尾山」(一般向き)
期 日:平成22年11月21日(日) *雨天中止
 * 前夜の気象情報で当日の兵庫県北部の降水確率が午前(6-12時)・午後(12-18時)の時間帯のいずれかが60%以上(60%含む)の場合は中止します。
 Tel情報 0796-177(前20日の17時発表の予報)

集 合:JR新大阪/正面口一階 7時40分
 * 新ハイキングの黄色の小旗が目印

コース・予定タイム: 歩行距離:6.8km
 新大阪駅7:40⇒貸切バス/中国道・播但道⇒10:00和田山
 和田山→10:40糸井川不動滝・西床尾山登山口(340m)→羅漢谷→12:00西床尾山(843m、昼食) 12:40→14:00東床尾山(一等三角点 839.1m)→15:00糸井の大カツラ・東床尾山登山口(470m)
 東床尾山登山口⇒貸切バス⇒15:30よふど温泉「極楽湯」(入浴) 16:30⇒貸切バス/播但道・中国道⇒新大阪駅(19:00頃、解散)
 * バスは貸切バス、不要な荷物は車内に置いて歩けます。

装 備:一般日帰り山行装備・雨具・ストック・スパッツ・着替・タオル等
費 用:約3,000円(新大阪駅からバス代) 入浴600円各自
 * 山行運営費 400円・保険 200円を別途徴収します。
リーダー:村田 智俊さん、サブリーダー:安倉正勝さん、宮野 哲郎さん 参加予定者:21名
地 図:25000分の一「直見」「出石」
 断面図予定ルート図
連絡先:新ハイ関西本部/Tel/Fax 0774-53-2754
   * 当日は村田リーダーのケータイへ 090-3719-3045

* 当日の感想・写真(添付)を本部へ添付メールで送信して下さい。
  アドレス shinhaikansai@kcn.jp
【参考】
逆コースです。
 東床尾山(839m)~西床尾山(843m)
写真がたくさん
 TAJI&HM の 兵庫の山めぐり <北但馬編>

【地図】
断面図
101121_higasitokonoosandanmen

予定ルート図
101121_higasitokonoosan

カシミール3D_予定ルートデータ
「101121_HigashitokonooSan.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 14, 2010 at 12:52 午前 | | コメント (0)

2010.11.13

101113 Splashtop Remote

101113 Splashtop Remote101113 Splashtop Remote iPadでWindowsの画面をリモートで操作出来るソフトです。
 インターネットを使っての操作ではなく、あくまでも無線LANの届く範囲でのリモートコントロールですが、アイパッドの操作に連動してウィンドウズパソコンの画面が替わるのは何となく感激です。
 これで230円はやすいですね。
 海外のソフトですが、戸田覚さんの「iPad大人の活用術」に詳しい設定方法が掲載されています。

Posted on 11月 13, 2010 at 01:39 午前 | | コメント (0)

2010.11.12

101112 東京へ

101112 東京へ101112 東京へ 今日は休みをもらってハヤブサの川口プロマネのお話を聞きにNECの展示会へ行きます。
 インターネットで講演会の申し込みをしたら、受付番号が1番と2番でビックリ!
 久し振りにJRも新幹線も始発です。

Posted on 11月 12, 2010 at 06:22 午前 | | コメント (6)

2010.11.11

101111 ヤマケイ文庫 11/1刊行開始

101111_yamakeibunko 週末は毎週のように山へ行っているし、普段の通勤時間も往復90分くらいなので好きな本を読む時間はあまり取れませんが、それでも平均月2冊ペースで本を読んでいます。
 山の本に関して、ガイドブックはどんどん買いますが、最近は新しいガイドブックはあまり出ないというか、中身は既刊のコースの焼き直しが多いので滅多に買うこともなくなりました。
 自宅の本棚にはYMOさんから戴いた昭和30年代に白水社や朋文堂から出版された「たった一人の山」 浦松佐美太郎著、「八千米の上と下」 ヘルマン・ブール著などの名著が20冊あまり並んでいますが、B5版なので通勤時間で読むにはちょっと抵抗があります。
 参考:山の名著リスト

 そのような状況下で、山と渓谷社からヤマケイ文庫が刊行開始と聞いて楽しみにしていました。
 11/1から発売されていますが、御影の「メトロ書店」にはなくて、昨夜、ジュンク堂で6巻全巻揃っているのを見て、つい全巻買いかけてしまいましたが、その前にアマゾンで「氷雪のビヴァーク」「垂直の記憶」は手配してあったのでかろうじて踏みとどまりました。
 文庫本とはいえ、一般の書架にはなくて、山岳書・ガイドブックコーナーに置いてありましたから、書店でも扱いは専門書になっているのでしょう。

 「風雪のビヴァーク」松濤明著や「単独行」加藤文太郎著は高校生の頃、夢中で読んで単独行に憧れたのを思い出しますが、お二人とも厳冬期の北鎌尾根で遭難死されています。
 当時、読みながら感激したのは、普段は単独行が多いのに遭難時には同行者がいて、いずれも同行者が衰弱していく状況下で友を見捨てることなく死を共にした潔さでした。

 取りあえず、順番に6冊を読んでいくことにします。
 第二期の刊行はまだ決まっていないようですが、定期的に刊行されたらうれしいですね。


Posted on 11月 11, 2010 at 10:24 午前 | | コメント (0)

2010.11.10

101110 海上から六甲連山

101110_101001101110_101002101110_101003

神戸は海と山に挟まれた東西に長い街ですが、山の上から見る風景はいつも見慣れていますが、たまに海の方から眺めると塩屋から六甲山まで六甲山系全体を見渡せて結構目には新鮮です。
11月は毎年、六甲山全縦走のイベントがありますが、NWHさんが転勤されてからここ数年はすっかりご無沙汰していますから、来年辺り、もう一度歩いて脚力の確認をしたいものです。


Posted on 11月 10, 2010 at 12:58 午後 | | コメント (0)

2010.11.09

101109 山行計画:11/14 京都北山・鎌倉山から峰床山/新ハイキング関西例会

050625_26_minetokoyama_kamakuraya_2 鎌倉山と峰床山へ最後に行ったのは2005年6月25~26日のラウンド琵琶湖ですから、もう5年以上も前です。
 この時は、昼過ぎまで舞洲で野球の応援をしていて、JR、バス、タクシーを乗り継いで久多まで入り16:45から登り始めて、19:00にオグロ坂で幕営されていた重廣さん達9名の皆さん(重廣さん、元子さん、KMRさん、ARMさん、YMUさん、JNKさん、AOKさん、AKEさん、NWHさん)と合流しています。
 翌日は空身で峰床山へ往復して、重荷を背負って千年杉から鎌倉山に登り、TRDさんと愛犬リキとに束の間合流し、県境沿いにそのまま北へ下りました。
 途中県境は谷を下っていましたが、滝やガレ場の連続で、重荷では危険なため、西側の尾根に逃げて、最後は針畑川の車道に降りました。
 当時はJNKさんやKMRさん、ARMさんともそれほど一緒に山へ行く機会はなく、AKEさんと会ったのもこの山行が初めてでした。
 5年前の写真や記録を見ると当時のことが蘇って非常に懐かしいです。

【山行計画】
京都北山「鎌倉山から峰床山」(一般向き)
期 日:平成22年11月14日(日) *小雨決行
 * 前夜の気象情報で当日の京都府南部の降水確率が午前(6-12時)・午後(12-18時)の時間帯のいずれかが70%以上(70%含む)の場合は中止します。
 Tel情報 075-177(前13日の17時発表の予報)

集 合:JR京都駅/八条口 団体バスのりば 7時40分
 * 新ハイキングの黄色の小旗が目印

コース・予定タイム: 歩行距離:11.1km
 京都駅7:40⇒貸切バス⇒9:30坊村登山口
 坊村登山口(310m)→10:30ブナ平(660m)→11:30鎌倉山(950.5m)→12:20オグロ坂峠(870m、昼食) 13:00→13:40峰床山(二等三角点970.0m)→14:20俵坂峠(810m)→ナメラ谷→15:00寺谷林道(510m)→15:30峰定寺(470m)
 峰定寺⇒貸切バス⇒京都駅(18:00頃、解散)
 * バスは貸切バス、不要な荷物は車内に置いて歩けます。

装 備:一般日帰り山行装備・雨具・帽子・スパッツ・ストック等
費 用:約2,200円(京都駅からバス代)
 * 山行運営費 400円、保険 100円を別途徴収。
リーダー:村田 智俊さん 参加予定者:42名
地 図:昭文社「京都北山」、25000分の一「花脊」「久多」
 断面図予定ルート図
連絡先:新ハイ関西本部/Tel/Fax 0774-53-2754
   * 当日は村田リーダーのケータイへ 090-3719-3045

* 当日の感想・写真(添付)を本部へメールで送信して下さい。
  アドレス shinhaikansai@kcn.jp

【地図】
断面図
101114_kamakurayama_minetokoyamadan

予定ルート図
101114_kamakurayama_minetokoyama

カシミール3D予定ルートデータ
「101114_KamakuraYama_MinetokoYama.gpx」をダウンロード
【写真】2005/6/25~6/26
050625_26_minetokoyama_kamakurayama050625_26_minetokoyama_kamakuraya_3

050625_26_minetokoyama_kamakuraya_4050625_26_minetokoyama_kamakuraya_5

Posted on 11月 9, 2010 at 11:46 午後 | | コメント (0)

2010.11.08

101108 山行記録:11/6~11/7 江若国境・おにゅう峠~百里ヶ岳/山仲間番外編・快気祝い【写真追加101109】

101107_onyutoge
101107hyakurigatake 11/6、7は山仲間番外編メンバーが久し振りに揃って、HSMさんのリハビリ完治祝いも兼ねた江若国境尾根のテント泊でした。
 二日間とも絶好の日和に恵まれて、わずか3時間あまりの尾根歩き以外はひたすら飲んでいたような感じもありましたが、高島トレイルの縦走路から少し外れたブナ林に囲まれた広尾根で、久し振りに旧交を温めながら、AKEシェフの鯛とヤマノイモの昆布じめ、モツ+トロてっちゃん鍋、いくらと錦糸卵の親子ちらし寿司をご馳走になりながら、ビール4L、酒・焼酎・ウィスキーを3.8L飲み尽くしてご機嫌でした。

【山行記録】
日 程:平成22年11月6日(土)~7日(日)
行き先:江若国境・おにゅう峠(幕営、懇親会)~百里ヶ岳往復
参加者:6名/HSMさん、AKEさん、MTNさん、AOKさん、KRKさん、きよもり
行 程:約5.1km
11/6
 京都駅八条口(9:00集合)9:11⇒AOK車・AKE車/湖西道路⇒10:00堅田セブンイレブン(トイレ・買い物)10:06⇒途中・梅の木・古屋経由⇒10:55小入谷⇒11:20おにゅう峠(790m、車デポ)11:35→11:50幕営地(幕営、昼食、昼寝・散策・仕込み、16:00開宴、鯛とヤマノイモの昆布じめ、モツ+トロてっちゃん鍋、いくらと錦糸卵の親子ちらし寿司、21:00就寝)
11/7
 幕営地(6:00起床、6:40煮込みラーメン、5種豆サラダ、撤収、15℃) 8:28→8:35おにゅう峠(790m、荷物デポ) 8:45→9:06根来坂(840m) 9:14→9:43百里新道分岐(850m、リンゴ、17℃) 10:00 →10:28百里ヶ岳(931.3m、昼食) 11:14→11:36百里新道分岐(850m、21℃) 11:45→12:10根来坂(840m)→12:25おにゅう峠(790m)
 おにゅう峠12:40⇒AOK車・AKE車⇒能家・朽木経由⇒13:35てんくう温泉(入浴、軽飲食) 15:19⇒途中・堅田経由⇒17:30JR山科駅(解散)
地 図:25000分の1「古屋」
断面図GPS歩行軌跡
費 用:
集金 38,000円/一人7千円×5人+3千円
支払 38,000円/食費19500円(@3900×5人)、ガソリン代:9000円(@4500×2台分、6人@1500)、運転手当:9000円(@4500×2台分、6人@1500)、その他500円
残金      0円

【写真】101108追加
PicasaのWebアルバムです。
写真は位置情報つきで90枚あります。

101106_07 おにゅう峠&百里ヶ岳/山仲間番外編・快気祝い

【地図】
断面図
101107t_onyutoge_hyakurigatakedanme

GPS歩行軌跡
101107t_onyuutoge_hyakurigatake

カシミール3Dのトラックデータ
「101107_OnyuToge_Hyakurigatake.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 8, 2010 at 07:18 午前 | | コメント (2)

2010.11.07

101107-3 AKEシェフの新兵器

101107-3 AKEシェフの新兵器 昨日のブログにも写真を載せましたが、大鍋の下に写っているのは、鍋をコンロに乗せるための五徳です。
 偶然か計算通りかは不明ですが、きよもりが持って行った大鍋がピッタリ収まる大きさで、まるで誂えたようです。
 あまりにも相性が良さそうなので大鍋をそのままお持ち帰りいただきました。
 これでNWHさんの後継の鍋担当が誕生しました。
 AKEさんよろしくお願いします。

Posted on 11月 7, 2010 at 07:17 午後 | | コメント (0)

101107-2 ヨドバシ京都

101107-2 ヨドバシ京都 予定通り、京都で降りて11月05日オープンのヨドバシ京都に寄り道しました。
 外見は三階から上は梅田や秋葉と同じですが、南側は二階部分がステンドグラスで京都の風物画、東側一段下がってアーチの回廊風なので落ち着いた雰囲気です。
 西側北側は二階まで蔦が絡まる緑の壁です。
 売り場は縦横とも広いから見応えがあります。
 でも、買いたい物は品切れでした。
 ちなみに買いたかったのは、ロジクールのワイヤレストラックボールM570とキングジムが発売するiPad用のスタンド兼ケースです。
 どちらも新製品だから梅田や秋葉ならあるかも知れませんが、新店舗では開店準備でそこまで手が回らないのかも知れません。

【追記】
 帰宅してから、調べたら、ロジクールのトラックボールM570は価格が安いためかなりの人気商品でメーカー品切れが続いているようです。
 iPad用のスタンド兼ケースは12月発売だそうです。
 ヨドバシ京都さん失礼しました。

【写真】

101107_ヨドバシ京都

Posted on 11月 7, 2010 at 06:59 午後 | | コメント (0)

101107 百里ヶ岳

101107 百里ヶ岳101107 百里ヶ岳 12時45分
 今朝も良い天気に恵まれ08時45分おにゅう峠を出て、百里ヶ岳を往復
 天気が良いから登山者が多かったです。
 これからてんくう温泉で汗を流します。

Posted on 11月 7, 2010 at 01:26 午後 | | コメント (0)

2010.11.06

101106 おにゅう峠

101106 おにゅう峠 13時45分
 昼前におにゅう峠に着いて、縦走路から少し離れた広尾根で幕営準備が完了しました。
 まだ昼過ぎだから昼寝して時間をつぶします。

Posted on 11月 6, 2010 at 01:45 午後 | | コメント (0)

2010.11.05

101105-2 ヨドバシ京都

101105_yodobashikyoto01_2
 ヨドバシカメラの京都店は今日11/5の9:30にオープンしました。
 ホームページを見ると、今までの梅田や秋葉原と外観は同じように見えますが、1階部分のウィンドウやアーケードには何となく落ち着いたヨーロッパ風の雰囲気があります。
 また、東本願寺と接する北面や西面にはつたの絡まる緑の壁が全面を囲んでいて、古都らしい雰囲気を壊さないように配慮されています。
 もちろん2階から上は梅田・秋葉と同じ白い縦スリットのお馴染みの外装ですから、気になる方は上を見上げないようにしましょう。

 一昨日も京都駅に戻ってきたけど、オープン前だったので少し残念でした。
 明後日は山の帰りなので、早ければちょっと立ち寄りたいとは思いますが、荷物があるからちょっと思案どころです。
101105_yodobashikyoto02101105_yodobashikyoto03101105_yodobashikyoto04


Posted on 11月 5, 2010 at 10:10 午前 | | コメント (0)

101105 尖閣ビデオがYouTubeで世界に公開

101105_senkaku 予言通りというか、今朝のTVニュースのトップに尖閣ビデオがインターネットの動画サイトに流されたとあり、ビックリしました。
 中国漁船は明らかに意図して衝突してきていますので、正否はこれを見てもはっきりしていますが、それはそれで事実を知らしめた点ではよかったと思います。

 でも、44分にも及ぶ動画が流れたと言うことで、また中国からは映像の管理が悪いとして日本政府が責められるのは間違いありません。
 政府は、また知らぬ存ぜぬを通すくらいなら、いっそ開き直ってすべての映像を世界に公開すると宣言した方がよいのかも知れません。

 尖閣ビデオ「意図的衝突明らか」限定公開で会場ピリピリ:日本経済新聞 http://goo.gl/c352
 kiyo_moriの11/2のTwitter

Posted on 11月 5, 2010 at 07:35 午前 | | コメント (0)

2010.11.04

101104 山行記録:11/3 洛西・牛松山から水尾/山仲間例会下見 【101105写真追加】

101103_ushimatsuyama_ushimatuyama_0 昨日は絶好の秋晴れに恵まれて、11月の例会下見をなんとか無事に終わりました。
 なんとかという理由は、牛松山の三角点から、北へ向かう尾根筋の分岐でルートを取り間違えて、約一時間ロスしたためですが、これはGPSなればこその間違いで、国土地理院の点線道に忠実に歩こうとして、本来の牛松山北陵の登山道から意識して?外れたためです。
 2004年の例会当時には地図だけを頼りに登山道を外すことなく歩いていますから、文明の利器にも功罪があると云うことですね。
 余分に1時間あまり、100mの急坂のアップダウンをさせてしまったHSMさん、JNKさん、申し訳ありませんでした。

 牛松山へは亀岡駅北口から一日6便程度のコミュニティバスがあります。歩いても30分程度ですが、北保津までの車道は結構距離感があるので、本番でもこのバスを利用します(100円)。
 牛松山までは山頂の金比羅神社の参道なので明るい尾根沿いの緩い登り道が続きます。
 牛松山からは北陵に比較的明確な踏み跡が続いていますが、途中で分岐があり、地図通りに右へ入ると北陵からは外れるので、分岐は左にとって、尾根を巻くようにして下ると最低鞍部の西側の寒谷に下る鞍部に出ますので、右側(東面)の谷へ下ります。
 この谷は踏み跡が乱れていて、途中何回か谷を渡りますが、水量が少ないので緊張感はありません。中流以降は緩い下り道がはっきりして、愛宕林道に飛び出します。
 愛宕林道を少し上がって、綺麗な2つの溜め池で一息。
 池からは車道に沿って、神明峠へ100mくらい登り、越畑からの車道と合流して、30分で水尾に着きました。

 下見なので、前述の分岐で一時間程度ロスをしましたが、正味では8kmなので、9時に歩き出したとしても、水尾には13:30頃には到着できると思います。
 昨日は水尾からJR保津峡駅までの4kmも歩いたので、歩行距離は12.8kmになり、保津峡に着いたのが16:40でしたが、例会本番では水尾からはJR保津峡駅まで車で送迎していただけますから、軽食の時間30分も含めて所要時間は4時間30分程度でしょう。

【山行記録】
山仲間第137回例会下見:洛西・牛松山から水尾
行き先:洛西・牛松山~神明峠~水尾
日 時:平成22年11月3日(水) 8:52~16:34
参加者:3名/HSMさん、JNKさん、きよもり
コース:
 亀岡駅北口⇒コミュニティバス千代川駅前行き\100⇒北保津~福性寺~牛松山~寒谷~愛宕林道~神明峠~水尾「六兵衛」~JR保津峡駅
地 図:25000分の一「亀岡」「京都西北部」、昭文社「京都北山」(一部のみ)
 レベル: 初級の中(牛松山の登り1時間30分)
 GPS断面図GPS歩行軌跡
 GPS断面図(正規ルートデータ)GPS歩行軌跡(正規ルートデータ)
行 程: 約12.8km 所要時間:約7時間42分(歩行時間:4時間45分、休憩・昼食:2時間57分)、快晴、16℃~12℃ 
   【正規ルートでは約8.0km、所要時間4時間50分(歩行時間:3時間05分、休憩・昼食:1時間45分)】
 住吉6:47⇒快速⇒7:50京都8:05⇒JR嵯峨野山陰線\400⇒8:28亀岡駅・北口8:44⇒コミュニティバス\100⇒8:50北保津
 北保津(100m) 8:52→9:03福性寺・牛松山登口(145m、体操) 9:14→9:28鳥居→9:38七丁・展望台(310m、梨) 9:47→10:06十二丁下(450m) 10:13→10:40金比羅神社(640m、16℃、昼食) 11:34→11:40牛松山(三等△629.2m、記念写真) 11:44→11:50下り尾根(ヤッケ着る、12℃) 11:52→11:55二又分岐(600m、左へ)→戻り尾根→12:06元の二又分岐(600m、右へ)→12:20尾根ルート確認(530m、ルート無し) 12:31→鉄塔への急下り→12:35鉄塔(490m、折返し)→急登の戻り→12:55元の二又分岐(600m、再度左へ) 13:03→13:10寒谷分岐(530m) 13:12→谷へ下る→13:30谷中間(390m) 13:36→13:45愛宕林道(300m)→13:55溜め池(315m、柿) 14:03→林道登り→14:18神明峠(400m) 14:20→車道下り→14:50水尾「六兵衛」(270m、予約確認)15:43→遊歩道→16:01明智越え分岐→16:07車道→16:34JR保津峡駅
 保津峡16:40⇒山陰線¥230⇒17:00京都(解散、「味彩屋」)18:38⇒快速⇒19:43住吉
費 用:730円/京都起点JR+バス代
追 記:
  11月の例会本番は日程変更して11/28(日)に牛松山から山越えで水尾の鶏すきです。(会費6千円)
    例会での歩行時間は歩行距離8km、所要時間は約4時間30分(休憩+軽昼食30分)になります。
  12月の例会は12/12(日)に播州・桶居山を予定しています。(紅葉が見たいので一週間早めます)
【写真】
PicasaのWebアルバムです。
写真は位置情報つきで50枚あります。

101103 牛松山から水尾へ(例会の下見)

【地図】
GPS断面図
101103t_ushimatsuyamadanmen

GPS歩行軌跡
101103t_ushimatsuyama

GPSトラックデータ
「101103T_Ushimatsuyama.gpx」をダウンロード
GPS断面図(正規ルートデータ)
101103t_syusei_ushimatsuyamadanmen

GPS歩行軌跡(正規ルートデータ)
101103t_syusei_ushimatsuyama

GPSトラック(正規ルートデータ)
「101103_Syusei_UshimatsuYama.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 4, 2010 at 12:35 午後 | | コメント (2)

2010.11.03

101103 快晴

101103 快晴 今日は晴れ男二人と雨女一人なので快晴です。

Posted on 11月 3, 2010 at 07:01 午前 | | コメント (0)

2010.11.02

101102 山行計画:11/3 洛西・牛松山から水尾/山仲間鶏すき例会下見

すみません、朝の京都駅発の山陰線時間が間違えていました。
京都駅7:59発 ⇒嵯峨野山陰線\400⇒ 8:27亀岡 になります。
亀岡駅北口から千代川駅前行きのコミュニティバスが8:44に出発します。
041219_ushimatuyama_001 恒例になりました洛西・水尾「六兵衛」の鶏すきですが、毎年、愛宕周辺の山道を経由して昼過ぎに水尾へ入る行程を組んでいますが、鶏すきが目的なので、歩く時間をせいぜい3~4時間程度におさめるためには、コースの選定に結構苦労します。
 今年は、牛松山から山越えで神明峠を経て水尾に入るコースを歩きたいと思います。

 牛松山は亀岡駅の北東、愛宕山の前山のような形で裾野が広がった端正な姿の山ですから、結構なじみがありますが、周囲の著名な山々からは独立しているため、アプローチが悪くなかなか登る機会がない山かも知れません。
 この牛松山へは6年も前に山歩仲間67回例会(2004/12/19)で今回と同じ福性寺から上がって、牛松山から北に続く北稜を越畑までロングコースを歩いたことがあります。

 今回は北陵に入って下り切ったコルから寒谷という谷道を愛宕林道へ降りますから、行程としては短いのですが、亀岡から保津町の福性寺近くまではコミュニティバスを利用します。
 バスの本数が少ないので、早めの集合になりますが、下見に同行していただける方がおられましたら、京都駅・嵯峨野山陰線ホーム(33番線)8:05発・福知山行き快速の前から2両目に乗って下さい。
 下見なので残念ながら今回は鶏すきの舌見はありませんが、お土産に新ものの柚子がいただけるかも知れません。
 なお、行程には含めていませんが、帰路の水尾から保津峡までは1時間程度歩きます。

【山行計画】
山仲間第137回例会下見:洛西・牛松山から水尾
行き先:洛西・牛松山~神明峠~水尾
日 時:平成22年11月3日(水) 9:00~14:20
集 合:JR嵯峨野山陰線・亀岡駅改札 8:30
 参考:京都駅(33番線) 7:59⇒8:27亀岡 前から2両目に乗って下さい
参加予定者:3名(11/2現在)/HSMさん、JNKさん、きよもり
 同行していただける方は、メールまたはFAXでご連絡下さい。直接京都駅に来ていただいても結構です。
コース:
 亀岡駅北口⇒コミュニティバス千代川駅前行き\100⇒北保津~福性寺~牛松山~寒谷~愛宕林道~神明峠~水尾「六兵衛」~JR保津峡駅
地 図:25000分の一「亀岡」「京都西北部」、昭文社「京都北山」(一部のみ)
 レベル: 初級の中(牛松山の登り1時間30分)
 断面図予定ルート図
行 程: 約8.0km 所要時間:約5時間20分(歩行時間:4時間10分、休憩・昼食:1時間10分)
 京都7:59⇒JR嵯峨野山陰線\400⇒8:27亀岡駅・北口8:44⇒コミュニティバス\100⇒8:48北保津
 北保津(100m、9:00頃)→10分→福性寺(145m)→90分→牛松山・金比羅神社→10分→牛松山(629.2m、11:00頃)→30分→寒谷分岐(460m)→30分→愛宕林道(300m、12:10頃、昼食)→40分→神明峠(400m、13:30頃)→40分→水尾「六兵衛」(14:20頃、予約確認)→60分→JR保津峡駅(16:00頃)
 保津峡16:03⇒山陰線¥230⇒16:22京都
  備考:保津峡駅発京都行き時刻 15:23、15:43、16:03、16.23、16:40、16:50、17:08
持ち物:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、ストック
費 用:730円/京都起点JR+バス代
追 記:
  11月の例会本番は日程変更して11/28(日)に牛松山から山越えで水尾の鶏すきです。(会費6千円)
  12月の例会は12/12(日)に播州・桶居山を予定しています。(紅葉が見たいので一週間早めます)

【地図】
断面図
101103_ushimatsuyamadanmen_2

予定ルート
101103_ushimatuyama_2

GPS予定ルートデータ
「101103_UshimatuYama.gpx」をダウンロード
【写真】2004/12/19
041219_ushimatuyama_002

Posted on 11月 2, 2010 at 03:37 午前 | | コメント (0)

2010.11.01

101101-4 大阪駅ホーム階上の連絡通路開設

101101-4 大阪駅ホーム階上の連絡通路開設101101-4 大阪駅ホーム階上の連絡通路開設101101-4 大阪駅ホーム階上の連絡通路開設 6年も前(2004年5月着手)から工事が始まった大阪駅の大改造工事は来春に完成(2011年5月)しますが、階上の連絡通路だけ今日から開設されました。
 まだ出口が出来ていないので、別のホームに乗り換えることにしか利用できません。
 新しいから物珍しいですけど。

Posted on 11月 1, 2010 at 05:32 午後 | | コメント (0)

101101 晴れた

101101 晴れた 午後からすっきり晴れました。
 この山は双子山(616m)です。

 今から大阪へ行きます。

Posted on 11月 1, 2010 at 04:23 午後 | | コメント (0)

101101-2 今年は栗が豊作

101101-2 今年は栗が豊作 今日のお弁当は栗御飯
 先週に続いて二回目ですが、大粒なので食べごたえがあります。
 有り難う御座います。

 果物でも野菜でも、旬の時期は出回り量も多くて価格が下がりますし、最も美味しいですから、その時その時で一番安いモノを買っておいて間違いはありません。
 寒くなってきましたから梨はそろそろ終わりで、次は柿、ミカンと続きます。

Posted on 11月 1, 2010 at 12:36 午後 | | コメント (2)

101101 裏六甲は曇り空

101101 裏六甲は曇り空 今日は電車で裏六甲
 昨日の雨が残っているため、今日もすっきりしないお天気です。
 六甲は表と裏では2度くらい温度が違うから肌寒いです。
 来週あたりからコートがいるかも知れません。
 今夜は本町で懇親会だから楽しみですが、結構離れているから18時00分に間に合うでしょうか?

Posted on 11月 1, 2010 at 08:28 午前 | | コメント (0)