« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010.10.31

101031 にしん蕎麦とじゃこ飯

101031 にしん蕎麦とじゃこ飯101031 にしん蕎麦とじゃこ飯 昨日の新ハイ例会の帰りに寄るつもりだった京都府立図書館ですが、昨日は来れなかったので、今日やってきました。
 昼時なので、にしん蕎麦とじゃこ飯で腹ごしらえしてから図書館に向かいます。

Posted on 10月 31, 2010 at 01:12 午後 | | コメント (0)

2010.10.30

101030-2 県立図書館

101030-2 県立図書館101030-2 県立図書館 また思い立って15時00分になってから、明石城の奥にある兵庫県立図書館へ行きました。
 着いたら16時30分で夕闇が広がり始めていましたが、無事目的の本が借りられたから満足です。
 帰り道に魚の棚にまわってスルメをかじりながら車中でビール

【写真】
101030_akashi_001101030_akashi_002101030_akashi_003

Posted on 10月 30, 2010 at 06:12 午後 | | コメント (0)

101030 今日の山行は雨天中止

101030_0300_tenkizu101030_amagumo 折角用意しましたが、昨日夕方17時の天気予報で10/30の滋賀県北部の降水確率は6:00~12:00が80%、12:00~18:00が70%となっていて、例会案内の通り、60%以上なので中止になりました。
 公共機関で行く場合は、少人数になっても、小雨でも決行は可能ですが、貸切バスでは前日に実行・中止の判断が必要なので、やむを得ないでしょう。
 近江坂は黄葉が進んでいるでしょうから久し振りに歩きたかったのですが残念です。

 台風は太平洋岸を東に向かっていて、近畿地方には直接の影響はなかったようですが、雨雲もほとんど消えていますので、午後から晴れると思います。

Posted on 10月 30, 2010 at 08:34 午前 | | コメント (0)

2010.10.29

101029 山行計画:11/6~7 江若国境尾根・おにゅう峠~百里ヶ岳/山仲間番外編・快気祝い

070715_hyakurigatakeomoide 3年、4年前までは毎月のようにテントを担いで歩いていた江若丹国境尾根も山仲間番外編のメンバーが東京や広島に帰ったり、お仕事が忙しくなったり、手術をされたりで、なかなか一堂に会して旧交を温める機会がありません。
 一方では経年劣化の影響で20kgもの荷物を担いで2日も3日も歩き通す根気も減退してきたように感じています。
 それでも、このエリアは山仲間番外編のメンバーにとっては一番落ち着ける奥座敷のようなものですから、手術あとが完治されたHSMさんの快気祝いを名目に久し振りに6人が揃えることになりました。

 おにゅう峠はAOKさんと二人で根来坂を初めて訪れた2002年7月にはまだ林道の工事中であちこち山肌を削っていたのを思い出します。
 林道が完全につながっておにゅう峠と命名され、立派な祠も出来たのは2006年頃だと思いますが、この峠の思い出はなんと言っても台風下でおにゅう地蔵の祠に雨風を避けた2007年7月の朽窪峠~木地山峠の縦走でしょう。この時は同行4名(AKEさん、KRKさん、NWHさん、きよもり)でしたが、今回はNWHさんは奥さん孝行で参加できませんが、HSMさんとMTNさん、AOKさんも加わり、6名の大所帯になります。
 HSMさんの病み上がりを理由にして、今回はテントでの幕営宴会が主目的と割り切って、天気と酒の残り具合を見て、江若丹国境の最高峰でもある百里ヶ岳(一等三角点931.3m)だけ往復することにします。

【山行計画】
日 程:平成22年11月6日(土)~7日(日)
集 合:11/6 9:00 京都駅八条西口 (新幹線/近鉄側) 正面・ホテルヴィスタ(VISTA)前/集合場所地図
 いつもの烏丸口ではありません。京都駅の南側になりますから間違わないようにして下さい。
 烏丸口は車が止められません。
 集合時間は広島から来られるKRKさんの到着にも配慮して遅くしました。
参加者:6名/HSMさん、AKEさん、MTNさん、AOKさん、KRKさん、きよもり
行 程:約5km
11/6
 京都9:00⇒AOK車・AKE車⇒10:30朽木⇒11:00小入谷⇒11:30おにゅう峠790m、(車デポ、昼食、水汲み)⇒13:00幕営地(幕営、宴会・夕食、21:00就寝)
11/7
 幕営地(6:00起床、朝食、撤収、8:00発)→20分→根来坂(830m)→60分→百里新道分岐(850m)→40分→百里ヶ岳(931.3m、11:30頃、昼食)→50分→百里新道分岐→50分→根来坂→20分→おにゅう峠(15:30頃)
 おにゅう峠(15:40発)⇒AOK車・AKE車⇒小入谷⇒朽木⇒京都駅(18:30頃、解散)
地 図:25000分の1「古屋」
>断面図、>予定コース図
費 用:一人6千円/食費2500円(5人)、ガソリン代:2000円、運転手当:1500円(4人)

【装備・食糧計画】
「101106_07.xls」をダウンロード

【地図】
断面図
101106_07_onyutoge_hyakurigatakedan

予定コース図
101106_07_onyutoge_hyakurigatake

カシミール3D予定コースデータ
「101106_07_OnyuToge_HyakurigaTake.gpx」をダウンロード
集合場所
Kyotoeki_8jyonisikuti

Posted on 10月 29, 2010 at 06:15 午後 | | コメント (2)

101029 栗御飯

101029 栗御飯 今日のお弁当は栗御飯です。
 今年は果物も高いようですが、涼しくなって値頃になったそうです。
 いかりのむき栗は手間いらずで便利ですが、結構立派な実で美味しいです。
 JNKさん、有り難う御座います。

Posted on 10月 29, 2010 at 12:11 午後 | | コメント (0)

101029 明日は天気のはずだけど!?

101029_0600tenkizu 明日10/30は新ハイキング関西の狩野さんの例会で湖北・滝谷山から近江坂、大谷山の高島トレイルが予定されています。
 天気図を見ると太平洋岸には台風から前線につながる雲の帯が長く伸びていますが、大陸の高気圧が日本海に張り出しているので、裏日本は冬型気圧配置です。
 今朝5時の天気予報の降水確率は10/30 6:00~12:00は80%、12:00~18:00は70%となっていて、このままだと例会は中止になりますが、夕方17:00の予報ではどうなっているでしょう。
 滋賀県北部では台風の影響はなさそうですが、高気圧の移動速度次第です。


Posted on 10月 29, 2010 at 09:42 午前 | | コメント (0)

2010.10.28

101028 Windows Home ServerのHard Disk交換

101028 Windows Home ServerのHard Disk交換101028 Windows Home ServerのHard Disk交換 自宅のWindows Home Serverの調子が悪くなって、10月初めから時々異常音がするようになりました。
 それでも一応毎日パソコン2台のバックアップは出来ていたので、騙し騙し使っていましたが、先週末、遂に電源が入らなくなりました。
 異常音はHard Diskが壊れたせいと見極めて、月曜日に秋葉原のクレバリーの通販サイトで2Tbyteのハードディスクを申し込んで昨夜到着したので、すぐ交換しました。
 壊れていたのは、昨年10月に最初に増設した250Gbyteのハードディスクだと判り、新規に購入した2Tbyteに交換したから、容量は8倍になりました。
 壊れた250Gbyteを買ったのは2007年ですが当時8千円くらいだったと思います。
今回購入した2Tbyteは7970円ですから、3年間で価格性能比が8倍になり、ムーアの法則通りです。

Posted on 10月 28, 2010 at 01:09 午前 | | コメント (0)

2010.10.27

101027 コピースタンド CSC-10

101027 コピースタンド csc-10 絶版になった山の本を図書館で借りてきて、デジカメで撮影していますが、三脚ではどうしても、カメラと本が平行にならず台形に写ってしまいます。
 コピースタンドを使えば被写体とレンズが正対しますから、ばっちりです。
 LPLコピースタンドコラムCSC-10 ヨドバシで15,120円でした。

Posted on 10月 27, 2010 at 07:04 午前 | | コメント (0)

2010.10.26

101026 秋空

101026 秋空 ○○○心と秋の空
 一昨日午後から降り始めた雨が昨日も降ったり止んだりしていましたが、今朝はすっかりあがって、爽やかな秋空が広がりました。
 今日も裏六甲です。もちろん仕事ですけど、山を見ながら行けるから何となく楽しいです。

Posted on 10月 26, 2010 at 09:15 午前 | | コメント (0)

2010.10.25

101025 山行記録:10/24 湖北・栃ノ木峠から音波山/新ハイキング関西例会

101024_otonamiyama_2
101024_tochinokitoge_062 昨日は新ハイキング関西の例会で余呉トレイルの栃ノ木峠から音波山(おとなみやま、三等三角点872.6m)を歩きました。音波山と言われても国土地理院の陸測図にも山名表示がありませんから、きよもりとしては、3~4年前に重廣さんのラウンド琵琶湖で重廣さんやAKEさんが悪戦苦闘しながら歩かれた県境尾根という程度の知識しかありません。
 余呉トレイルは高島トレイルに続く尾根歩きとして立派なガイドマップも作成されているようですが、今回は入手が間に合わなくて、全体の概要もまだ掴めていません。ただ、3年前のラウンド琵琶湖の当時よりも地元の山岳愛好家の皆様の尽力でコースが切り開かれ、歩きやすくなっていましたから快適な尾根歩きを楽しめました。
 ただし、今回の目標だった小谷山から大谷山の尾根はまだ切り開きが途上で未整備だそうですから、次回以降は大変かも知れません。
 今回は当日朝の天気予報では降水確率が15:00以降50%になって、午後からの雨を覚悟していましたが、案の定、音波山で昼食を終えて、小谷山へ向かう途中、折り返し点で雨が降り出し帰路も降り続きましたから、小谷山まで足を伸ばさなかったのが正解だったと思います。
 登山者があまり入っていない新しい登山道ですが、音波山の手前から、小谷山の折り返しまでの尾根一体は樹齢10年~15年の若いブナの樹林が尾根全体の広がって緑に染まっていました。紅葉には少し早いものの静寂に包まれた深い樹林帯は圧倒的でした。春先や晩秋にはまた違う景色が広がるのでしょうが、もう少しアプローチがよければ新緑の頃や残雪期にでも再訪したい素晴らしいルートでした。
【山行記録】
湖北「栃ノ木峠から音波山」
日 時:平成22年10月24日 (日) 10:14~15:48
集 合:JR京都駅 八条口 7時40分
参加者:41名/リーダー:村田さん、SL宮野さん、狩野さん/ほか
地 図:25000分の一「板取」
 断面図GPSトラック図
行 程: 歩行距離:11.1km、所要時間:5時間34分(歩行:4時間25分、休憩・昼食:1時間09分)、曇りのち雨、23℃→20℃
 住吉6:17⇒快速⇒7:12京都(7:40集合) 7:43⇒貸切バス(名神・北陸道)⇒9:00神田SA(トイレ休憩) 9:13⇒(北国街道)⇒9:56ベルク余呉スキー場ゲート(520m、栃ノ木峠の1km南)
 スキー場ゲート(510m、点呼、体操) 10:14→関電巡視路→急登→10:26鉄塔1(580m)→10:34県境道分岐(23℃)→10:39鉄塔2→10:44尾根途中(705m) 10:48→10:51 P741m→10:57展望鉄塔3(730m) 11:03→11:15中継アンテナ(栃ノ木△765.0m)→11:23鉄塔4→11:30鉄塔5→11:34最終鉄塔6(810m)→12:01音波山(三等三角点872.6m、昼食、20℃) 12:40→13:12 P902m→13:22折り返し点(920m、雨) 13:34→14:10音波山(872.6m)→14:23登り尾根(840m、立ち休み) 14:25→14:28尾根上(840m) 14:34→15:01中継アンテナ(765.0m)→15:14展望鉄塔3(730m)→15:19 P741m→15:36鉄塔1(580m)→15:48ベルク余呉スキー場ゲート(520m)
 スキー場ゲート15:55⇒貸切バス(北国街道)⇒16:45神田SA(トイレ休憩) 17:00⇒(北陸道・名神)⇒19:33京都駅(解散)19:59⇒新快速⇒20:28大阪
費 用:3000円/貸切バス代2500円、山行運営費・保険500円

【写真】
picasaのWebアルバムです。
写真は位置情報つきで78枚あります。

101024 余呉トレイル「栃ノ木峠から音波山」

【地図】
断面図
101024t_tochinokitoge_otonamiyamada
GPSトラック
101024t_tochinokitoge_otonamiyama
カシミール3DのGPSトラックデータ
「101024T_TochinokiToge.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 25, 2010 at 09:42 午後 | | コメント (0)

2010.10.24

101024-3 午後から雨

101024-3 午後から雨 天気予報の通り、13時30分から雨が降り出しました。
 下谷山まで行く予定でしたが、雨が降りそうだから、13時30分に引き返すと決めていたのでドンピシャで折り返し
 その為、登山口に戻ってきたら15時48分で予定より1時間も早くてよかったです。
 あとは、京都で打ち上げ?

Posted on 10月 24, 2010 at 05:09 午後 | | コメント (0)

101024 音波山

101024 音波山101024 音波山 予定通り、12時に音波山(△872.6m)に着きました。
 南面の展望が大きく広がって大黒山がすぐ間近に見えます。

Posted on 10月 24, 2010 at 12:40 午後 | | コメント (0)

101024 今日は大型バス

101024 今日は大型バス 今日は43名の参加予定なのでいつもより大きなバスです。
 栃の木峠は北国街道の幹線道路だから問題ありません。
 それにしてもすごい参加人数ですね

Posted on 10月 24, 2010 at 07:28 午前 | | コメント (0)

2010.10.23

101023-2 思い立って京都

101023-2 思い立って京都101023-2 思い立って京都101023-2 思い立って京都 神戸市立図書館へ本を返すつもりで出掛けましたが、以前京都・東山の京都府立図書館で借りた「京都北部の山々」金久昌業著をもう一度借りて、写真で複写したくなり、急遽京都に向かいました。
 秋の週末ですが意外に静かです。
 白河から平安神宮の鳥居をくぐったら府立図書館です。
 借り終わったから、靫公園へナッコ君の写真を見に行きます。
 忙しいです!

Posted on 10月 23, 2010 at 01:58 午後 | | コメント (0)

101023 i文庫に『六甲山史』を保存

101023_040101101023 i文庫に『六甲山史』を保存 2週間前に神戸市立図書館で借りた本2冊、「神戸背山登山の思い出」と「プレイランド六甲山史」のうち、「神戸背山登山の思い出」は借りてきた日に全ページ(294頁+α)をデジカメの接写で写真に撮り、JPEGファイルをまとめて一つのPDFファイルに変換し、iTuneでiPadと同期を取って、i文庫HDで読めるようにしました。
 昨夜はもう一冊残っていた「プレイランド六甲山史」の全ページ(380頁+α)を同様に撮影して,i文庫HDに落としましたから、やっと図書館に本を返せます。

 世間では「自炊」による本の綴じ込みを断裁して両面スキャナで読み込み、i文庫HDに落とす技がはやっていますが、自分の本ならともかく入手できない貴重本なんかでは、きよもりのように写真で撮る方法か、片面スキャナで1頁ずつスキャンする方法しか思い当たりませんが、頁をめくりながら1頁ずつスキャンするより、デジカメで写真に撮る方が記録速度は圧倒的に速いのでお奨めです。
 ただし、正確に同じ形のフレームに納めるには、被写体になる本をきちっと押さえて、位置合わせをしなければいけませんので、結構神経を使います。

Posted on 10月 23, 2010 at 08:50 午前 | | コメント (0)

2010.10.22

101022 デッキ延長

101022 デッキ延長101022_075301阪神御影駅はエレベーターもエスカレーターもありません。
昭和初期に出来た駅だから仕方ありませんが、来年3月に北側のクラッセと直結するデッキが完成すると乗りやすくなります。

Posted on 10月 22, 2010 at 08:07 午前 | | コメント (0)

2010.10.21

101021 キスラシ山

101021 キスラシ山 今日も仕事で裏六甲に来ています。
 昨年例会で藪こぎをした丹生山系のキスラシ山の採石場が高速から見えます。

Posted on 10月 21, 2010 at 09:15 午前 | | コメント (0)

2010.10.20

100920 山行計画:10/30 湖西・滝谷山から大谷山/新ハイキング関西例会

080601_oumisaka_ootaniyama_1 高島トレイルが整備されて、江若国境や三重岳、湖北武奈ヶ岳はすっかり歩きやすくなりましたが、きよもりが一番最初に若丹国境の五波峠にUOさんと一緒に足を踏み入れた2002年5月当時には背丈以上の笹藪で獣道さえほとんど見分けられない未開の尾根でした。

 翌年、2003年8月に一人で天増川口から三十三間山、大御影山を越えて、粟柄河内谷林道の手前から県境に忠実に乗越(現在の抜土)に地図だけを頼りに方向を見定めて、急峻なブナ尾根を強引に下ったのを懐かしく思い出します。
 その後、次第にこの尾根道にも探訪者が増えて、最後までわれわれの進入を拒み続けた三重ヶ岳から湖北武奈ヶ岳の尾根も高島市の機動力で一般ルートが開かれたのは2004年のことです。

 一般向きルートになってからは、あまり訪れる機会のない尾根道になってしまいましたが、今回の計画の近江坂から大谷山へのルートは、2008年5/31~6/1にKRKさんと二人で初日は近江今津から入って三重ヶ岳から大御影山まで、二日目には県境に忠実に急なブナ尾根を抜土に下り、カンカン照りの中を大谷山、赤坂山まで脱水症状になりながらも歩き通して、最後にマキノのさらさの湯でKRKさんが500mlの缶ビールを一気飲みで2本飲んだのが強烈な印象でした。(080602 山行記録:5/31~6/1 三重岳~江若国境・大御影山~赤坂山)

【山行計画】
 高島トレイル№③コース
湖西「滝谷山から大谷山」(一般向き)
期 日:平成22年10月30日 (土) *雨天中止
 * 前夜の気象情報で当日の滋賀県北部の降水確率が午前(6-12時)・午後(12-18時)のいずれかが60%以上(60%含む)の場合は中止します。
 Tel情報 0775-177(前29日の17時発表の予報)
集 合:JR京都駅/八条口団体バスのりば 7時40分
 * 新ハイキングの黄色の小旗が目印
コース・予定タイム: 歩行距離:12.4km
 京都駅7:40⇒(貸切バス)⇒10:00滝谷山登山口
 滝谷山登山口→滝谷山→近江坂(昼食)→抜土→大谷山→寒風→マキノスキー場(17:00頃)
 マキノスキー場⇒貸切バス⇒19:00京都駅(解散)
 * バスは貸切、不要な荷物は車内に置いて歩けます。

装 備:一般日帰り山行装備・雨具・帽子・スパッツ・ストック等
費 用:約3,000円(京都駅からバス代)
 * 山行運営費 400円・保険 100円を別途徴収します。
リーダー:狩野 東彦さん 参加予定者:25名
地 図:25000分の一「熊川」「海津」
 断面図予定ルート図
連絡先:新ハイキング関西本部/Tel/Fax 0774-53-2754
    当日は狩野リーダーのケータイへ 090-4302-0186

【地図】
断面図
 101030_takitaniyama_ootaniyamadanme

予定ルート
 101030_takitaniyama_ootaniyama

080601_oumisaka_ootaniyama_2


Posted on 10月 20, 2010 at 02:18 午前 | | コメント (0)

101020 山行計画:10/24 湖北・栃ノ木峠から音波山/新ハイキング関西例会

2010911s027jpg1 9/23 (祝)に予定されていた新ハイキング関西の例会湖北「河内山から栃ノ木峠」が雨に流れたため、河内山から栃ノ木峠間は追って例会に組み込まれることになりますが、10/24 (日)の新ハイキング関西の例会は、栃ノ木峠からスタートして滋賀・福井県境尾根を更に東に辿ることになります。

【山行計画】
湖北「栃ノ木峠から音波山」(一般向き)
期 日:平成22年10月24日(日) *雨天中止
 * 前夜の気象情報で当日の滋賀県北部の降水確率が午前(6-12時)・午後(12-18時)のいずれかが60%以上(60%含む)の場合は中止します。
 Tel情報 0775-177(前23日の17時発表の予報)
集 合:JR京都駅/八条西口 団体バスのりば 7時40分
 * 新ハイキングの黄色の小旗が目印
コース・予定タイム: 歩行距離:12.4km
 京都駅7:40⇒(貸切バス/名神・北陸道 木之本インター経由)⇒9:40栃ノ木峠
 栃ノ木峠→11:00点名「栃ノ木」(765.0m)→12:00音波山(872.6m、昼食) 12:30→14:00下谷山(P971m、折り返し)→往路→17:00栃ノ木峠 
 栃ノ木峠⇒貸切バス⇒19:00京都駅(解散)
 * バスは貸切、荷物は車内に置いて歩けます。

装 備:一般日帰り山行装備・雨具・ストック・帽子・スパッツ等
費 用:約2,500円(京都駅からバス代等)
 * 山行運営費 400円・保険 100円を別途徴収します。
リーダー:村田 智俊さん サブリーダー:宮野 哲郎さん 参加予定者:43名
地 図:25000分の一「板取」
 断面図予定ルート図
連絡先:新ハイ関西本部/Tel/Fax 0774-53-2754
   * 当日は村田リーダーのケータイへ 090-3719-3045

* ブナ林が美しい江越国境尾根を歩き、栃ノ木峠~下谷山間を往復するコース。

【地図】
断面図
 101024_tochinokitoge_otonamiyamadan

予定ルート
 101024_tochinokitoge_otonamiyama

写真は「滋賀を歩こう 2010年09月18日 ブナ林のある音波山」 から拝借しました。

Posted on 10月 20, 2010 at 12:01 午前 | | コメント (0)

2010.10.19

101019 11人の写真展 「11人展」のご案内

101021_26 JNKさんがナッコ君の写真を「11人個展」に出品するそうです。
 どういう経過でこうなったのかはあまり詳しく知りませんが、素人なりに一生懸命写真を選んだり、パネルに貼ったりしていましたので、もしお時間のある方がおられましたら、是非見に行ってあげて下さい。
 きよもりも、もちろん10/23の休日には行くつもりですが、場所が大阪市西区の靱公園の北側ですから、四つ橋線の肥後橋から歩くにしても、四つ橋線の本町から歩くにしても15分くらいかかるかと思います。
 大阪駅からならタクシーで15分、1200円くらいでしょう。


【地図】
101021_gallerymichi


Posted on 10月 19, 2010 at 09:14 午後 | | コメント (0)

101019 写真掲載:10/17 山仲間第135回例会 西六甲・ドーントリッジから弓削牧場

101017_dauntridge_yugebokujyo_20 昨日の記事「101018 山行記録:10/17 山仲間第136回例会:西六甲・ドーントリッジから弓削牧場」に写真を追加しました。参加者がたくさんおられましたので、写真も78枚になってしまいました。google MAPなどで写真の撮影場所をご確認下さい。


Posted on 10月 19, 2010 at 07:26 午前 | | コメント (0)

2010.10.18

101018 山行記録:10/17 山仲間第136回例会:西六甲・ドーントリッジから弓削牧場/写真を追加(101019)

101017_dauntridge_yugebokujyo_001 昨日は予想通り、絶好のお天気に恵まれて、2年半ぶりにドーントリッジの岩尾根を歩きました。
 先週の下見と同じコースでしたが、リハビリ特訓中のHSMさんに先頭を歩いていただき、20kgの荷物にもめげず終始余裕を持って21名の大部隊を引率していただき有り難うございました。
 このコースは再度山や布引の一般コースと隣接していながら、ほとんど一般登山者に会うこともなく、秋色が深まる尾根道は快適で、初参加の方が5名もおられたのにも拘わらず、最後まで皆さんお元気で無事弓削牧場に到着しました。参加していただいた21名の皆様、ミッチーちゃん有り難うございました。


【山行記録】
山仲間第136回例会:西六甲・ドーントリッジから弓削牧場
行き先:西六甲・高雄山~分水嶺越え~北ドーントリッジ~森林植物園展望台~弓削牧場
日 時:平成22年10月17日(日) 9:50~16:35
参加者:21名+1匹/HSMさん、MEDさん、ADTさん、DNNさん、SAiさん、きよもり
   TRNさん、USIさん、YMNさん、HRSさん(YMNさん同僚、初参加)、KTHさん(YMNさんの
友人、初参加)、SMDさん、HRTさん、TTKさん(HRTさんの友人、初参加)、FTSさん、MTHさん、MTSさん(MTHさんの娘さん、初参加)
   AKEさん、KMRさん、ARIさん(JNKさんの友人、初参加)、JNKさん
   ミッチー(HRTさんの愛犬)
コース:三宮バスターミナル⇒再度公園~高雄山~分水嶺越え~北ドーントリッジ~森林植物園展望台~弓削牧場~広陵中学校前
地 図:25000分の一「神戸首部」、昭文社「六甲・摩耶」
 断面図GPSトラック図
行 程: 約6.9km 所要時間:約6時間45分(歩行時間:3時間34分、休憩・昼食・喫茶3時間11分)、快晴、25℃
 三宮バスターミナル(集合9:00)9:20⇒市バス・バスカード利用⇒9:50再度公園
 再度公園(350m) 9:50→9:55修法ヶ原池分岐(準備、トイレ、体操、25℃) 10:18→蛇ヶ谷から尾根取付→10:44高雄山(476.0m) 10:50→南ドーントリッジ尾根→11:14分水嶺越え(手前小ピーク)11:17→11:32北ドーントリッジ取付(410m、水道局施設跡、軽食) 11:39→北ドーントリッジ尾根→12:00 P460m→12:18植物園東門道分岐12:26→12:40植物園東門尾根分岐→12:50植物園展望台(450m、昼食、記念撮影) 14:07→旧山田道→14:28森林植物園正門(420m)→車道→14:35弓削牧場山道分岐(420m)→14:55造成工事現場15:02→15:20弓削牧場(420m、生ビール・シフォンケーキなど喫茶) 16:20→車道→16:35広陵中学校前バス停(解散)
 広陵中学校前16:39⇒阪急バス\220⇒16:49谷上16:59⇒北神急行・地下鉄\520⇒17:09三宮
会計報告: 
  集金合計 6,300円 (一人300円×21名)
  支払合計 6,810円(三宮~再度公園@410×21=\8,610、1,800円割引)
   市バス昼間割引カード\6,000(\7,800円分)+\810
  差引不足  -510円 (会預金より支出します)
【写真】 101019 追加
picasaのWEBアルバムです。
写真は位置情報つきで78枚あります。

101017 ドーントリッジから弓削牧場

【地図】
断面図
 101017t_dauntridge_yugebokujyodanme
>
カシミール3DのGPSトラック
 101017t_dauntridge_yugebokujyo

GPSのトラックデータ
「101017T_Dauntriidge_Yugebokujyo.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 18, 2010 at 12:55 午後 | | コメント (0)

2010.10.17

101017 ドーントリッジから弓削牧場

101017 ドーントリッジから弓削牧場101017 ドーントリッジから弓削牧場 無事にドーントリッジを越して、森林植物園から弓削牧場に着きました。
 15時30分
 ゆっくりと生ビールやしぼりたて牛乳で喉の乾きをいやします。

Posted on 10月 17, 2010 at 03:44 午後 | | コメント (0)

101017 市バス昼間専用カード

101017 市バス昼間専用カード 今日のドーントリッジから弓削牧場の例会はバスの出発時間9:20と遅いので割引カードが使えます。
 1000円で1300円分使えるから23%も安くなります。
 JRの昼得のように、休日は終日使えるようになればもっと普及するのでしょうが、このカードは休日でも昼間しか使えません。
 今日は21名の参加なので、三宮〜再度公園410円×21が300円×21になると効果も大きいです。

Posted on 10月 17, 2010 at 07:40 午前 | | コメント (0)

2010.10.16

101016 明日も快晴

101016_tenkizu 一昨日、体調を崩して病院で検査を受けましたが、薬を飲んでよく寝たらだいぶ良くなりましたから、昨日は通常通り出勤しました。
 いざ出勤すると2日間の出張と病欠の付けで結構仕事が溜まっていて、結局片付け終わったら21時。朝の内は気になっていた身体のだるさも、夕方にはすっかり忘れていましたから、昔から仕事をしながら治すのが身についているようです。
 それでも念のため、今日の新ハイキング関西の例会・迷岳は、初コースでもあり、かなりの高低差ですから、リーダーにお詫びして、欠席させていただく事にしました。
 明日はきよもりがリーダーなので予定通り実施しますが、行程も短いし下見通りなので問題はありません。
 参加者がだんだん増えて21名+1匹になっています。天気も良さそうですから変化ある尾根歩きとちょっとした岩場、少しの藪こぎで、最後は弓削牧場でのティータイムですから、楽しい山行になると思います。

Posted on 10月 16, 2010 at 10:18 午前 | | コメント (0)

2010.10.15

101015 スカイツリーの点灯実験

101015_tokyoskytree NWHさんネタですみません。
 既に488mまで積み上がった東京スカイツリーの点灯実験が10/13に行われたそうです。
 動画で見る限りでは青みが強いおとなしい色合いですから、下町らしい落ち着いたイメージが出ているように思います。

Posted on 10月 15, 2010 at 11:43 午前 | | コメント (0)

2010.10.14

101014 熱発

101014 熱発 昨夜、帰宅してから身体がだるいので、今朝は病院へ行きました。
 点滴と採血に時間がかかって、結局、今日は会社を休みました。
 折角の誕生日なのに残念です。

Posted on 10月 14, 2010 at 07:01 午後 | | コメント (3)

2010.10.13

101013 ヤマケイ文庫創刊

101013 ヤマケイ文庫創刊 11月01日にヤマケイ文庫が創刊されるそうです。
 加藤文太郎の『単独行』、松濤明の『風雪のビヴァーク』、山野井泰史の『垂直の記憶』など6点
 これで通勤時の楽しみが増えます。
 まとめて買うか一冊ずつ買うか、悩ましいです。

Posted on 10月 13, 2010 at 07:02 午前 | | コメント (0)

2010.10.12

101012 山行計画:10/17 山仲間第136回例会:西六甲・ドーントリッジから弓削牧場

101010_dauntridge_yugebokujyo_027 ようやく朝晩涼しくなり、過ごしやすい季節になりましたが、皆様ご健勝のことと存じます。
 9月の例会は湖東・長命寺から津田山へ初秋の琵琶湖を望みながら快適な尾根歩きを楽しんでいただけたと存じます。参加していただいた14名の皆様有り難うございました。
 10月の例会は、2年半ぶりになりますが、西六甲のドーントリッジを歩きたいと思います。ドーントリッジは明治末に日本に駐在した、英人・H.E.ドーント(Daunt)氏の名前にちなむ尾根道ですが、現在では南ドーントリッジは市ヶ原の西にある高雄山(476.0m)からの縦走でよく歩かれていますが、北ドーントリッジは踏み跡ははっきりしているものの訪れる人が少なく、南ドーントリッジ以上に岩場のアップダウンが断続するので変化があります。
 後半は森林植物園の境界を辿って、最後は弓削牧場に出て、ゆっくり絞りたてミルクやシフォンケーキ、あるいは生ビールでくつろいでいただく予定です。
 参加していただける方は、10/15(金)までにメールまたはFAXにてご連絡いただくようお願い申し上げます。


【山行計画】
山仲間第136回例会:西六甲・ドーントリッジから弓削牧場
行き先:西六甲・高雄山~南ドーントリッジ~分水嶺越え~北ドーントリッジ~森林植物園・展望台~弓削牧場
日 時:平成22年10月17日(日) 10:00~16:00
集 合:JR三ノ宮駅の海側ロータリー/三宮バスターミナル4番バス乗り場 9:00
 三宮バスターミナルはミント神戸(神戸新聞ビル)の一階にありJR三ノ宮駅の東に隣接しています
コース:三宮バスターミナル⇒再度公園バス停~高雄山~南ドントリッジ~分水嶺越え~北ドーントリッジ~森林植物園・展望台~弓削牧場~広陵中学校前バス停⇒神鉄・山の街
地 図:25000分の一「神戸首部」「有馬」、昭文社「六甲・摩耶」
 レベル: 初級の上(ドーントリッジは簡単な岩尾根、後半は少し藪漕ぎあり)
 断面図予定ルート図

行 程: 約6.6km 所要時間:約6時間00分(歩行時間:3時間40分、休憩・昼食2時間20分)
 三宮バスターミナル(4番乗り場) 9:20⇒神戸市バス\410⇒9:47再度公園
 再度公園(390m、10:00頃)→40分→高雄山(四等三角点476.0m)→30分→分水嶺越え・北ドーントリッジ取付(410m、11:30頃、軽食)→60分→森林植物園展望台(450m、12:40頃、昼食)→20分→森林植物園正門(420m、14:00頃)→10分→弓削牧場山道分岐(420m)→40分→弓削牧場(420m、15:00頃、喫茶)→20分→広陵中学校前バス停(370m、16:00頃)
 広陵中学校前16:18⇒阪急バス\200⇒16:27神鉄・山の街駅16:31⇒神戸電鉄\510⇒16:52新開地(解散)
 持ち物:昼食弁当、飲み物(尾根筋で水はありません)、雨具、着替え、ストック
費 用:1200円/交通費のみ
追 記:
  11月の例会は11/21(日)に水尾の鶏すきを予定します。
  12月の例会は第2日曜になりますが、12/12(日)に播州・桶居山に紅葉を見に行く予定です。

【地図】
断面図
101017_dauntridge_yugebokujyodanmen

予定ルート図
101017_dauntridge_yugebokujyo

Posted on 10月 12, 2010 at 11:48 午前 | | コメント (0)

2010.10.11

101011 山行記録:10/10 西六甲・高雄山からドーントリッジ、弓削牧場/例会下見

101010_dauntridge_yugebokujyo_035 昨日は雨がすっかり上がって秋晴れの爽快なハイキング日和に恵まれました。
 下見なのでバス時間やコースの状況確認が目的でしたが、初参加のARIさんの他にHSMさん、NSNさん、更には当日飛び入りでYMNさんも参加していただいたので6人パーティの賑やかな山行になりました。
 参加していただいた皆様有り難う御座いました。

 コースは初参加の方や病み上がりの方もおられることに配慮して、出来るだけ効率よく核心部をゆっくり歩けるよう三宮から森林植物園行きのバス(11月までの土日祝日のみ運行)を利用して、高尾山の西、修法ヶ原池に近い「再度公園」まで一気に上がり、高雄山の麓から歩き始めました。
 高雄山へピストンして、南ドーントリッジのよく踏まれた尾根を分水嶺越えまで北上して、踏み跡の薄い北ドーントリッジに取っ付きました。

 北ドーントリッジは道標もなく、岩場のアップダウンやちょっとしたナイフリッジもある変化の多い尾根歩きが楽しめますが、何故か歩く人が少ないようで静かな穴場です。
 ドーントリッジの北端は森林植物園の境界になっていて、展望台でちょっと遅めの昼食。初参加のARIさんの実家で造られている「大吟醸・神鷹」ですっかり気持ちよくなって、森林植物園の尾根伝いに山田道に入り、正門前に飛び出しました。

 最終行程は弓削牧場ですが以前から歩いている谷上に通じる道では弓削牧場へは登り返さないと駄目なので、国土地理院に記載された点線道をGPSを頼りに藪漕ぎも交えながら更に北を目指しました。
 途中から木立が突然消えて、大規模な造成の工事現場に出て驚きましたが、強引に縦断して少し藪を抜けたら無事弓削牧場の上に出ることが出来ました。

 弓削牧場で生ビールやシフォンケーキと絞りたてミルクでおもいおもいの別腹を満たして、弓削牧場の入口に接する住宅街を少し下って広陵中学校の前からバスで「山の街」に出て、新開地に向かいました。

【山行記録】
山仲間例会下見:西六甲・高雄山からドントリッジ~弓削牧場
行き先:西六甲・高雄山~南ドントリッジ~北ドーントリッジ~森林植物園~弓削牧場
日 時:平成22年10月10日(日) 9:50~15:58
参加者:6名/HSMさん、NSNさん、YMNさん、ARIさん(初参加)、JNKさん、きよもり
コース:三宮バスターミナル⇒再度公園バス停~高雄山~南ドントリッジ~分水嶺越え~北ドーントリッジ~森林植物園・展望台~弓削牧場~広陵中学校前バス停⇒神鉄・山の街
地 図:25000分の一「神戸首部」「有馬」
 断面図GPSトラック図
行 程: 約7.3km 所要時間:約6時間08分(歩行時間:3時間22分、休憩・昼食:喫茶2時間46分)、快晴、23℃
 三宮バスターミナル(4番乗り場) 9:20⇒神戸市バス\410⇒9:47再度公園
 再度公園(390m) 9:50→9:58修法ヶ原池分岐(370m、用意、準備体操) 10:15→10:49蛇ヶ谷・高雄山分岐→急登→10:24森林管理道分岐(横断)→10:38高雄山(四等三角点476.0m、23℃) 10:46→11:03右折点11:08→11:19分水嶺越え(410m)→11:23水道局施設跡・北ドーントリッジ取付(410m) 11:30→11:46 P460m→12:00東門道分岐(440m)→12:14東門尾根分岐(470m)→12:25森林植物園展望台(450m、昼食) 13:26→尾根散策道→13:40山田道分岐(フェンス)→13:45森林植物園正門→車道→13:57戻り→14:01藪道入口(420m)→14:14休憩(450m) 14:20→14:23造成工事現場→工事現場縦断→14:38弓削牧場上→14:43弓削牧場(420m、シフォンケーキ、生ビール) 15:45→15:58広陵中学校前バス停(370m)
 広陵中学校前16:18⇒阪急バス\200⇒16:27神鉄・山の街駅16:31⇒神戸電鉄\510⇒16:52新開地(解散)16:57⇒17:04三宮(懇親会3名・大関) 19:23⇒19:29御影
費 用:交通費 1120円 (三宮~再度公園\410、広陵中学校前~山の街\200、山の街~新開地\510)
【写真】
picasaのWEBアルバムです。
写真は位置情報つきで60枚あります。
 

101010 ドーントリッジから弓削牧場

【地図】
断面図
 101010t_dauntridge_yugebokujyodanme

GPSトラック
 101010t_dauntridge_yugebokujyo

カシミール3DのGPSトラックデータ
「101010T_DauntRidge_Yugebokujyo.gpx」をダウンロード

Posted on 10月 11, 2010 at 03:31 午後 | | コメント (0)

2010.10.10

101010-2 弓削牧場

101010-2 弓削牧場 予定より一時間早く弓削牧場に到着してシフォンケーキと生ビールで寛ぎました。

Posted on 10月 10, 2010 at 03:43 午後 | | コメント (0)

101010 ドーントリッジから森林植物園

101010 ドーントリッジから森林植物園101010 ドーントリッジから森林植物園  高雄山からドーントリッジを縦走して森林植物園で昼食
 天気が良くて酒がうまいから幸せです。

Posted on 10月 10, 2010 at 01:11 午後 | | コメント (0)

101010 多数決で快晴

101010 多数決で快晴 今日は晴れ男が二人、初参加のARIさんも晴れ女なので晴れが3人
雨男一人、雨女一人なので雨が2人で、3対2の多数決で晴れました。
 しかも体育の日(10月10日)は晴れの特異日だから確率的にも晴れることになっていたのでしょうね。
 晴れてよかったです。
 でも昨夜遅くまで強い雨が降っていたから、足元が悪いので滑らないよう慎重に行ってきます。

Posted on 10月 10, 2010 at 06:51 午前 | | コメント (0)

2010.10.09

101009 『神戸背山 登山の思い出』

101009 『神戸背山 登山の思い出』 ドーントリッジつながりで、『神戸背山 登山の思い出』と云う本を読んでみようと思い、インターネットで探しましたが、既に30年も経っているから、オンライン書店では見つからず、古本市場でも見つかりません。
 図書館で検索したら、神戸中央図書館にあったので、昨夜借りに行きました。
 ドーントさんが中心に18回発行された『INAKA』という機関誌を探し出して、内容を翻訳して一冊にまとめた本です。
 早速読み始めましたが、借り物だから2週間で返却しなければいけません。
 苦肉の策でデジカメで撮影して、iPadで読める青空文庫に変換しました。
 元はJPEGファイルをPDFにまとめたものだから、パソコンでも読めて便利です。
 それにしても、山羊の戸渡りのルーツがこんなところにあったとは、予想もしませんでした。

Posted on 10月 9, 2010 at 11:10 午前 | | コメント (0)

2010.10.08

101008 山行計画:10/16 台高支脈・迷岳/新ハイキング関西例会

Mayoidake0310k 迷岳は名前に惹かれる山の一つですが、神戸からでは日帰りで入るのは無理なので、諦めていました。
 今回は榛原から貸切バスで入りますから、アプローチは非常に楽で、迷岳は初めてなので非常に楽しみです。

 台高山脈は2001年5/3~5/7で高見峠から日出ヶ岳まで全縦走をしましたが、池小屋山から南の尾根道は誰に会うこともなく、道標もほとんど無くて、何回か迷って苦労しました。
 当時は泊まりはほとんど単独で1999年末12/28~12/30の三峰山~高見山縦走、2000年5/3~5/7の吉野~玉置山の奥駆と、結構元気に25kg以上の荷物を担いで頑張っていましたから、昔日の感があります。

 台高縦走以降、ほとんどこの山域に足を伸ばす機会が無く、日帰りで高見山や三峰山に登ったぐらいでしたが、09年5/7~5/8に山仲間番外遍で薊岳~高見山を縦走したのが久し振りの台高でした。

【山行計画】
台高支脈「迷岳」(中級向き)
期 日:平成22年10月16日(土) *雨天中止
 * 前夜の気象情報で当日の三重県中・北部の降水確率が午前(6-12時)・午後(12-18時)の時間帯のいずれかが60%以上(60%含む)の場合は中止します。
 Tel情報 059-177(前15日の17時発表の予報)

集 合:近鉄 榛原駅 バスのりば 8時30分
 * 新ハイキングの黄色の小旗が目印
電 車:●上本町駅7:35⇒榛原駅8:23着
     ●近鉄 京都駅6:55⇒7:64大和八木駅8:10⇒榛原駅8:23着

コース・予定タイム: 歩行距離:10.6km
 榛原駅8:30⇒(貸切バス)⇒10:00蓮ダム登山口
 蓮ダム登山口→10:40峠→布引滝上部→11:40山ノ神→11:50飯場(昼食)12:30→南尾根→13:30迷岳→14:00桃ノ木平→14:15口迷岳→15:00唐谷川→15:30林道終点→16:00スメール(入浴)17:00⇒(貸切バス)⇒19:00榛原駅(解散)

装 備:一般日帰り山行装備・雨具・帽子・スパッツ・ストック等
費 用:約3,000円(榛原駅からバス代) 入浴代700円要
 * 山行運営費 400円・保険 100円を別途徴収。
リーダー:村田 智俊さん サブリーダー:宮野 哲郎さん 参加予定者:25名
地 図:25000分の一「七日市」、昭文社「大台ヶ原」
 断面図予定ルート図
連絡先:村田リーダーまで/Tel/Fax 0774-53-2754
    当日は村田リーダーのケータイへ 090-3719-3045

【地図】
断面図
101016_mayoidakedanmen_2

予定ルート
101016_mayoidake_2

カシミール3Dの予定ルートデータ
「101016_Mayoidake2.gpx」をダウンロード
【写真】
Yamanokami

Posted on 10月 8, 2010 at 03:10 午前 | | コメント (0)

2010.10.07

101007 山行計画:10/10 ドントリッジから弓削牧場/山仲間例会下見

080120_dauntridge_001 10月9日~11日に予定していたHSMさんの快気祝い山行が11月6日~7日に延期になって、三日間空いてしまいましたから、10月10日は10月17日の山仲間第136回例会の下見に行きます。
 今回はJNKさんの友人が始めて山歩きに挑戦されるとのことで、道具など揃えられたので、できるだけアプローチが短くて、それでいて変化もあり、最後にケーキで別腹も満足できる欲張った行程を考えました。

 ドントリッジ(DauntRidge)は英国人のH.E.Dauntさんがよく歩かれた尾根道と言うことで名前が付けられましたが、「六甲山をあそぶ」というHPではかの有名な(?)山羊戸渡もこのDauntさん達の山仲間の会の名称『The Kobe Mountain Goats Club(神戸カモシカ山岳会)』から付いた名前だという説が書かれていて非常に興味深いです。

 ドントリッジへは足かけ3回行っていますが、最後に行ったのは平成20年1月20日の第104回例会でした。 その時の写真を見ると東京へ戻られたNWHさん、広島へ戻られたKRKさんもおられて非常に懐かしいですが、11名の参加者全員まだ元気で山歩きを続けておられますから、頼もしいです。

 下見のコースは北ドントリッジの取付である分水嶺越えのすぐ近くに神戸市バス(25系統)の「学習の森前」というバス停がありますが、そこから歩き始めたら歩行距離が4kmくらいしかありませんので、いくら初めての方が一緒とはいえさすがに短すぎるので、一つ手前の「再度公園」で降りて、修法ヶ原池から高尾山(476.0m)に登り、南ドントリッジから分水嶺越え、北ドントリッジへ北上することにします。
 北ドントリッジの北端からは森林植物園の境界を回り込んで、車道を横切って山道をさらに北上し弓削牧場でお茶をして、最後は谷上へは降りず、西の住宅街の「広陵中学校前」から阪急バスで神戸電鉄「山の街」駅に出て新開地に戻ってくる予定です。

【山行計画】
山仲間第136回例会下見:西摩耶・高尾山からドントリッジ、弓削牧場
行き先:西摩耶・高尾山~ドントリッジ~弓削牧場
日 時:平成22年10月10日(日) 10:00~17:00
集 合:JR三ノ宮駅南側ロータリー 9:00
参加予定者:4名(10/07現在)/HSMさん、JNKさん、NOIさん(JNK友人)、きよもり
 同行していただける方は、メールまたはFAXでご連絡下さい。
 当日、9時に三宮駅南ロータリーに来ていただいても結構です。
コース:三宮バスターミナル⇒再度公園~高尾山~南ドントリッジ~分水嶺越え~北ドントリッジ~森林公園展望台~弓削牧場~広陵中学校前⇒神鉄・山の街駅
地 図:25000分の一「神戸首部」「有馬(無くても可)」、昭文社「六甲・摩耶」
 レベル: 初級の中(少し岩尾根)
 断面図予定ルート図
行 程: 約6.3km 所要時間:約7時間00分(歩行時間:4時間30分、休憩・昼食・喫茶:2時間30分)
 三宮バスターミナル(ミント神戸の1階です)9:20⇒神戸市バス\410⇒9:47再度公園
 再度公園(390m、10:00頃)→60分→高尾山(476.0m)→40分→分水嶺越え(410m、12:00頃、昼食)→60分→森林公園展望台(450m、14:00頃)→30分→森林公園車道(430m)→50分→弓削牧場(410m、15:30頃、喫茶)→30分→広陵中学校前(370m、17:00頃)
 広陵中学校前17:18⇒阪急バス\200⇒17:27山の街駅17:31⇒神戸電鉄\510⇒17:57新開地(解散)
  備考:広陵中学校前発バス時刻 15:18、15:48、16:18、16:48、17:18、17:53
持ち物:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、ストック
費 用:1120円/交通費:バス、神戸電鉄
追 記:
  10月の例会は10/17(日)に下見ルートにあわせて西摩耶・ドントリッジから弓削牧場へ行きます。
  11月の例会は11/21(日)に牛松山から山越えで水尾の鶏すきを予定しています。
  12月の例会は12/1912/12(日)に播州・桶居山を予定しています。(紅葉が見たいので一週間早めます)

【参考】(HP引用)
六甲山をあそぶ
『山羊戸渡 考』
 連れさんが行った山羊の戸渡について、私の考えていることを一言薀蓄。
 以下はINAKA を翻訳した「神戸背山 登山の思い出」 編著 棚田 眞輔 を参考にしました
 ただしこれは誰も言っていない(おそらく)ので、あくまでもあたしの意見ですから為念。

 明治の後期から大正にかけて六甲山を歩きつくした人にH.E.Dauntという人がいる。
 彼はJ.P.Warren(黄蓮谷オーレン谷の名前が残っている)らとともに、The Kobe Mountain Goats Club(さしずめ神戸カモシカ山岳会)と言うものを作った。

 山岳会とはいっても会則も何もない同好会のようなものだったらしいが、とにかくこの人達の健脚には恐れ入るばかりである。

 彼らは六甲山のゴルフ場が閉鎖される12月から3月(時には4月)まで六甲山を歩きつくしている。
 そして山の中のあちこちに自分達だけの愛称をつけていった。

 長嶺山の天狗塚はドクターズ・ノブ(博士の鼻 神戸ゴルフクラブの初代理事長の顔によく似ていたらしい)とかアイスロードとか。そのうちのいくつかは今でも残っていて我々も使っている。アゴニー坂など

 この人たちは三宮あたりに住んでいたので六甲山に登る時にしばしば杣(そま・きこりのこと)谷を使った。
この谷にはカスケードバレーと言う名をつけている。

 そこからアイスロードを通ってゴルフ場の側にあるDaunt rockと称するドーントさんの別荘によく行っていた。
 そして彼らが使っていた尾根がGoat ridge ゴートリッジと呼ばれていた。

 その後日本人も山登りをするようになり、日本流の名前に買えていったものと思われる。
 先のオーレン谷など。

 その時カモシカは六甲山にはいないから山羊とかえ、切れっ戸の連想から山羊の戸渡と変えたのではないだろうか。

 大正7年か8年に天狗塚に登った人(日本人)の手記にはゴートリッジという表現で地図の山羊の戸渡りのことを書いている。
 この翻訳した本には地名がたくさん出てくるのだが、現在の名前と一致しないところがたくさんある。
 行程などから推定するのだが、雨の日などには机上のいい散歩になる。
【地図】
断面図
101010_dauntridge_yugebokujyodanmen

予定ルート図
101010_dauntridge_yugebokujyo

カシミール3Dの予定ルートデータ
「101010_DauntRidge_YugeBokujyo.gpx」をダウンロード
【写真】(平成20年1月20日例会)
080120_dauntridge_002

Posted on 10月 7, 2010 at 04:22 午前 | | コメント (2)

2010.10.06

101006 クロッカス?→いいえサフランです

101006 クロッカス101006 クロッカス クロッカスって春の花だと思っていましたが、清楚な姿で満開です。

 念のため、wikipediaで確認したら、やっぱりクロッカスは春に咲く花です。
 同じような花の形でサフランは秋に咲きますから、この写真の花はサフランだと思われます。

 サフランで思い出すのは三宮センタービル地下のミントカレーのサフランライス。名前は知っていてもクロッカスと同じ花型とは気づきませんでした。

101005_safuran


Posted on 10月 6, 2010 at 08:30 午前 | | コメント (0)

2010.10.05

101005 天高く

101005 天高く すっかり秋の空になりました。
 夏が暑い年は冬も寒くて雪も多くなりそうです。
 今日も裏六甲は涼しいです。

Posted on 10月 5, 2010 at 07:54 午前 | | コメント (0)

2010.10.04

101004 Android端末「IS03」au SHARP、発表会をUstreamで実況中継

101004_au_sharp
 10月4日、au+SHARPが携帯とスマートフォンとの融合を更に進めた「IS03」が発表されました。
 機能自体は今までの携帯にAndroidOSを載せたものですから、特別目新しいアピールポイントはありません。

 iPhone同様のマルチタッチスクリーンでカメラもワンセグもついていますから、携帯とスマートフォンを二台持つ必要はなくなりますが、ほとんどメールのやりとりでしか使わないきよもりのような使い方ではそれほどメリットは感じられません。
 スライド式キーボードも防水機能もつかないから今回も買換は見送りです。

 面白かったのは、10時からの発表会をUstream でライブ中継したことで、10時に見ようとしたら、5分位何も中継されておらず、横にTwitterのぼやきや苦情の書込が数十件以上も流れるように表示されてすごく生々しい感じでした。5分後にはまともにライブ中継がスタートしましたから、KDDIも非難を避けられてホッとしたでしょう。


【IT mediaの記事引用】
おサイフケータイ対応Android端末「IS03」 au、11月下旬以降に発売 2010年10月04日 10時17分 更新
 KDDIは10月4日、スマートフォンとして初めて、おサイフケータイ機能を備えたAndroid端末「IS03」(シャープ製)を11月下旬以降に発売すると発表した。「1台目として必須の機能」を備え、メイン端末として使えるという。

 KDDIは10月4日、スマートフォンとして初めて、おサイフケータイ機能を備えたAndroid端末「IS03」(シャープ製)を11月下旬以降に発売すると発表した。「1台目として必須の機能」を備え、メイン端末として使えるという。

 OSはAndroid 2.1で、FlashLite 4.0を採用。3.5インチダブルVGA(960×640ピクセル)ディスプレイ搭載し、マルチタッチ操作が可能だ。有効957万画素カメラを搭載。おサイフケータイのほか、ワンセグや赤外線通信、メール(@ezweb.ne.jp)など「1台目として必須の機能」を備えている。

 コンテンツサービス「LISMO!」や、歩行ナビ「au one ナビウォーク」、ソーシャル機能「サンシャイン王国」といったアプリにも対応する。

Posted on 10月 4, 2010 at 11:18 午前 | | コメント (0)

101004 山行記録:10/02 湖南アルプス・笹間ヶ岳から堂山/新ハイキング関西例会 【写真追加 101005】

101002_sasama_doyama_012 一昨日の土曜日は新ハイキング関西の例会できよもりとしては2年半ぶり(2009.03.16)の笹間ヶ岳から堂山の尾根と谷を縦走するコースです。
 今回は集合時間がJR石山駅9:30と遅めだったので途中、迎え不動から鎧ダムには回らずに天神ダムから浅見尾根という支尾根を登って、堂山へショートカットしました。
 参加者は32名の大勢でしたが、高齢の方が多いにもかかわらず皆さん最後までお元気で、堂山への岩尾根も軽々こなし、最後は五味谷から天神ダムへ戻り、当初の予定通りアルプス登山口17:02発のバスに間に合いました。
 今回も好天に恵まれ、2週間前なら堂山の岩尾根の日射に閉口していたかも判りませんが、日差しは強いものの気温は24℃で爽やかな秋風だったから快適でした。

【山行記録】
湖南アルプス「笹間ヶ岳から堂山」
日 時:平成22年10月2日 (土) 10:06~16:50
集 合:JR石山駅/帝産湖南バスのりば 9時30分
参加者:32名/リーダー:村田さん、SL山高さん、/ほかNKTさん、NKJJさん、KUTさん、KNKさん、MZTさん、きよもり
地 図:25000分の一「瀬田」「朝宮」
 断面図GPSトラック図
行 程: 歩行距離:10.5km、所要時間:6時間44分(歩行:4時間43分、休憩・昼食:2時間01分)、快晴、24℃
 住吉7:47⇒快速⇒9:06石山駅9:40⇒帝産湖南バス\360⇒10:04上関バス停
 上関バス停(90m) 10:06→10:09新茂智神社(点呼、ストレッチ)10:23→10:52支尾根(220m) 11:00→11:10展望台→11:20林道横断→11:40笹間ヶ岳・八畳岩(433.0m三等三角点、昼食、24℃)12:30→尾根道→13:00大谷河原(350m、左折) 13:07→13:13池→13:21御仏河原(340m、左折)→谷道→13:48天神川林道(180m、左折) 13:58→車道下り→14:02天神川河原(140m、右岸へ)→14:16浅見尾根・五味谷分岐(180m、右折)→浅見尾根→14:30尾根中間(280m) 14:39→15:06鎧ダム分岐・乗越(340m、左折)→岩尾根→15:15主尾根15:23→15:40堂山(384m) 15:48→西尾根下り→16:15五味谷(天神川第4堰堤)→谷道→浅見尾根分岐(180m)→16:33天神川河原(140m) 16:40→車道下り→16:50アルプス登山口(120m)
 アルプス登山口17:02⇒帝産湖南バス\380⇒17:30石山駅(解散、慰労会4名)18:58⇒新快速⇒19:58芦屋19:59⇒20:05住吉
費 用:1240円/山行運営費・保険500円、交通費740円(バス代)

【写真】 101005追加
 遅くなりましたが、写真を掲載します。
 PicasaのWEBアルバムです。
 位置情報付きで44枚あります。

101002 笹間ヶ岳~堂山

【地図】
断面図
 101002t_sasamagatake_doyamadanmen
GPSトラック
 101002t_sasamagatake_doyama
カシミール3DのGPSトラックデータ
 「101002T_Sasamagatake_Doyama..gpx」をダウンロード

Posted on 10月 4, 2010 at 02:17 午前 | | コメント (0)

2010.10.03

101003 カワチ画材

101003 カワチ画材店 ハリパネを買いに心斎橋まで来ましたが、カワチ画材には初めてなので、色々な画材やペン、絵の具などあって楽しいです。
 銀座の伊東屋と感じがよく似ています。
 カワチ画材は1920年(大正9年)創業だそうですから、創業90年の老舗です。大阪で創業したからカワチではなく、社長のお名前のようです。

Posted on 10月 3, 2010 at 01:56 午後 | | コメント (0)

2010.10.02

101002-3 堂山

101002-3 堂山 15時40分に堂山に到着
 天神川へ下って、予定通りアルプス登山口発17時02分のバスに乗りました。

Posted on 10月 2, 2010 at 05:11 午後 | | コメント (0)

101002 笹間ヶ岳

101002 笹間ヶ岳 11時40分
 笹間ヶ岳に着いて早めの昼ご飯です。
 八畳岩の上は暑いから足元でゆっくりとビール

Posted on 10月 2, 2010 at 12:05 午後 | | コメント (0)

101002 石山駅集合

101002 石山駅集合 よく晴れたハイキング日和
 お馴染みの顔ぶれがたくさんおられます。

Posted on 10月 2, 2010 at 09:39 午前 | | コメント (0)

2010.10.01

101001 秋晴れ

101001 秋晴れ ここ数日、はっきりしない天気が続きましたが、今朝は摩耶山の緑が青空の下にクッキリ映えています。
 明日も晴れそうです。

 天気図では大陸からの高気圧が張り出してきているようですが、それほど大きく無いので明日の夕方からまた下り坂です。女心と秋の空、しばらくは変わりやすい天気が続いて次第に寒さが増すでしょう。

101001_tenkizu


Posted on 10月 1, 2010 at 07:20 午前 | | コメント (0)