« 100704-2 オオヤマレンゲ | トップページ | 100706b はやぶさカプセルに微粒子 »

2010.07.05

100705 山行記録:7/4 大峰・弥山から八経ヶ岳/新ハイキング関西例会

100704_misenhakkyo_011 昨日は、雨上がりの大峰山・弥山から八経ヶ岳の新ハイキング関西例会に参加しました。
 前日夜まで雨がやまず、例会開催が危ぶまれましたが、集合地の橿原神宮に着いたときには雨は上がり曇り空
 行者還トンネル東口まで貸切バスで約2時間、宮滝から川上村、柏木、伯母峰トンネルを抜けて北山川に入り、途中から右折して、行者還りトンネル東口から登山開始
 高度差800m、往復12kmのハードな行程ですが、中級向けということで、参加者はベテランぞろい、弥山小屋まで5分前後の休憩を数回挟んだだけで、一気に登りました。

 お目当てのオオヤマレンゲは満開には一週間程度早かったようですが、開花間近な大輪の花びらが霧の中、艶やかに迎えてくれました。

【山行記録】
大峰「弥山から八経ヶ岳」/新ハイキング関西山行
日 時:7月4日(日) 10:04~17:15
集 合:近鉄・橿原神宮前駅/正面口 8時05分
参加者:14名/リーダー西上さん、KNKさん、きよもり他
地 図:25000分の1地形図「弥山」、昭文社「大峰山脈」 
 断面図、 GPSトラック図
行 程:歩行距離:12.9km、所要時間 7時間11分(歩行時間 6時間14分、休憩・昼食 57分)、曇り、24℃~20℃
 住吉6:17⇒快速⇒6:37大阪6:45⇒環状外回り\190⇒7:07JR天王寺・近鉄大阪阿部野橋7:20⇒急行\610⇒7:57橿原神宮前駅8:08⇒貸切バス⇒宮滝経由⇒8:53川上村・杉の湯(トイレ休憩) 9:00⇒新伯母峰トンネル⇒9:49行者還トンネル東口
 トンネル東口(1120m、スパッツ・雨具着用、体操) 10:04→10:08登山口→10:20論所の尾(1150m、雨具上脱ぐ、23.5℃) 10:24→急登→10:52急登尾根の上(1360m) 10:56→蔓紫陽花→11:13 一ノ垰(1460m)→尾根巻道→11:38トンネル西口分岐(1500m、軽食) 11:44→12:07弁天の森(三等三角点1600.1m) 12:09→12:36聖宝の宿趾(1560m) 12:40→急登→13:12木の階段(1750m) 13:16→13:37弥山小屋(1880m) 13:40→13:50大山蓮華(オオヤマレンゲ)自生地(写真撮影)→14:05八経ヶ岳(一等三角点1914.9m) 14:07→戻り道→14:29弥山小屋(1880m、記念撮影) 14:46→15:24聖宝の宿趾(1560m)→15:49弁天の森(1600.1m、20℃) 15:58→16:15トンネル西口分岐(1500m) 16:17→急降下の尾根→17:01行者還トンネル西口(1120m)→トンネル内歩行→17:15トンネル東口(1120m、着替え、泥落とし)
 トンネル東口17:39⇒貸切バス・往路戻り⇒18:28川上村・杉の湯(トイレ休憩、ビール) 18:35⇒19:18橿原神宮前駅(解散) 19:32⇒近鉄急行\610⇒20:12大阪阿部野橋・JR天王寺20:18⇒環状内回り\190⇒20:39大阪20:50⇒快速⇒21:11住吉
費 用:3,500円
 3,000円(橿原神宮前駅からのバス代)+「山行運営費」 400円+「保険料」 100円

【地図】
断面図
100704t_misen_hkkyogatakedanmen

GPSトラック
100704t_misen_hkkyogatake

【写真】ピックアップ
100704_misenhakkyo_001100704_misenhakkyo_002100704_misenhakkyo_003

100704_misenhakkyo_004100704_misenhakkyo_005100704_misenhakkyo_006

100704_misenhakkyo_007100704_misenhakkyo_008100704_misenhakkyo_009

100704_misenhakkyo_010100704_misenhakkyo_011100704_misenhakkyo_012

100704_misenhakkyo_013100704_misenhakkyo_014100704_misenhakkyo_015

100704_misenhakkyo_016100704_misenhakkyo_017100704_misenhakkyo_018

100704_misenhakkyo_019100704_misenhakkyo_020

Posted on 7月 5, 2010 at 12:05 午後 |

コメント

NKJさん、お久し振りです。
お互い、雨に遭わずでよかったですね。
八経ヶ岳は吉野から玉置山まで歩いて以来、10年ぶりなので、日帰りで行けるなんて思っても見ませんでした。
一の垰までと聖宝八丁の登りが厳しいと覚悟していきましたが、聖宝八丁の登りは、今は北側を巻くようにして以前の胸突き八丁の急登を登らないで弥山小屋まであがれたので助かりました。
それでも、7時間の内休憩1時間という神風登山は久し振りですから、月曜日は足にみが入っていました。
新ハイでは京都北山を中心として、村田さんと狩野さんの例会にしか出たことがありませんでしたから、初めての西上さんについて行けるのか不安でした。
その気持ちは引率される西上さんにとっても同じだったらしく、トンネル東口から登り始める前に、「今日は中級向けとしていますが、初参加の方が多いので、できるだけ短い休憩をたくさん取りながら登ります。」と言われ、要所要所で息継ぎの休憩を入れていただいたから、助かりました。
下りは1時間ワンピッチでしたから、これが本来のペースだとしたら、とてもついて行けなかったかも知れません。
でも、下山後、次回の例会はこのトンネル東口から、あの高塚山(△1363.5m)へ登りますと、お誘いの声をかけていただけたのがうれしかったです。
また、山でお会いしましょう。

投稿: きよもり | 2010/07/06 7:07:47

森井様 西上山行初見参は如何でした。
今日の大阪は暑い好天の一日でした。
 当方は昨日の新ハイ須磨岡山行、宍粟50名山シリーズ②高峰に参加をしました、前日の降雨率100%でしたが、須磨岡氏の天気図観測で当日11時から二時間半は小雨だから決行しますとの連絡で20名の処16名が参加し、登山口11時で小雨、すぐに止み、下山までの二時間半は降らずに下山後のバスに乗車したら振り出しました。リーダの予測通りに皆さん感心しておりました。
 私は新ハイでは西上山行の参加が多いのですが最近は彼の登りのペースにはついてゆくのが辛くなり初心者コースにしております。
 又何時かお会いできるのを楽しみにしております。

投稿: nakaji | 2010/07/05 21:16:43

コメントを書く